<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

<2013年5月18日>Fツアー(甘利山・千頭星山):富士山絶景パノラマ縦走

祝!「富士山」 世界文化遺産登録指定!\(⌒∇⌒)/



★世界遺産・富士山の大展望台・「甘利山&千頭星山」


Fツアー5月例会は「甘利山&千頭星山」。南アルプスの前衛に位置し、素晴らしい富士山絶景が満喫できる展望台として非常に人気が高い山。世界遺産・大パノラマを見ながらの山旅は感動モノでした!


  .....(左)Fツアーのパノラマ山行、甘利山での頂上集合写真 (右)雲海の上に素晴らしい富士の姿.......
c0119160_6504399.jpgc0119160_6505980.gifc0119160_6511112.jpg
c0119160_6512413.jpg


     .......甘利山・千頭星山は南アルプス・鳳凰山の前衛に位置しており手軽に登れる山........
c0119160_1984158.gifc0119160_1985589.jpgc0119160_199870.jpg
c0119160_199314.jpg




c0119160_1994957.jpg


前回の軽井沢山行と同様に新橋駅集合(6時半出発)、首都高から中央道経由で山梨へと向かいます。今日の天気予報は快晴予報!と心を躍らせていたのに笹子トンネルを抜けた辺りから濃厚ガスが立ち込めてきた・・。アレレ、予報は外れちまった~(泣) 今回はバス宴会がメインと最初から達観モード


  ......晴れていたのに笹子トンネルを越えると曇りに・・。霧に包まれ今日の山行は期待薄と落胆........
c0119160_19203229.jpgc0119160_19204748.jpg

c0119160_19211574.jpg
c0119160_19213441.jpg


中央道・韮崎ICを降りて韮崎市内(中田英寿の故郷)から西側の山をバスはドンドン登っていきます。バス車窓からの山裾野には藤の花がアチコチ群生している!初めて見る自生の紫花群は実に圧巻!


    ........野生藤の群生が沢山見られた!甘利山駐車場(標高1640m)まで一挙に上がる........
c0119160_20192722.jpgc0119160_20201031.jpg

c0119160_20203260.jpg






★甘利山からの大眺望、感動のパノラマ・ウォーキング

9:40甘利山駐車場に到着すると光景は一変していました!一点の雲なき青空の雲海に奥秩父連峰が浮かび上っている・・!我々は単に朝靄の中にいただけで雲上はやはり快晴だったのか~、嬉!


  ......(左)甘利山駐車場到着、一転快晴の青空!(右)奥秩父が雲海上に浮かぶ!感嘆の声........
c0119160_2193563.jpgc0119160_2195076.jpgc0119160_2110797.gif


c0119160_21103068.jpg


登山開始後すぐに東屋展望台へ到着・・Wonderful~、今度は雲海に浮かぶ富士山大展望が目に飛び込んできました。これは凄い!パノラマ登山を一時諦めたメンバーの心は一挙地獄から天国へ!


   .......甘利山の東屋展望台へ!視界が一挙に開け富士山大展望!一同は感嘆の声!........
c0119160_21165058.jpgc0119160_21171577.jpgc0119160_21172871.gif

c0119160_21174623.jpg


    ........(左)笹原の木道を行く (右)甘利山の準平原から仰ぐ雲海富士はまさに荘厳!.......
c0119160_21224818.jpgc0119160_21232950.jpgc0119160_212639100.jpg


c0119160_21241557.jpg


甘利山頂上(1730m)にはアッという間に到着!頂上で集合写真(冒頭)を撮り奥甘利山へと向かおう。今日は登山じゃなく大パノラマ満喫のお気楽な高原歩きだネ~、ナンテ、この時は舐めていたのかも・・・


  .......(左)本日のコース予定(奥甘利山⇒千頭星山⇒御所山⇒青木鉱泉) (右)オオカメノキの可憐花.......
c0119160_21293361.jpgc0119160_21295743.jpg

c0119160_213111100.jpg
c0119160_21301717.jpg


     ........雲海に浮かぶ世界遺産は絵画の如し!滅多にお目にかかれない絶景だ~!........
c0119160_2142074.jpg
   
甘利山頂上からは明るい笹原やカラマツ林が交互に現れる広い平坦地の歩きが続きます。準平原と呼ばれる南アルプスでよく見られる地形。遥か向こうに浮かぶ雲海富士は壮大なキャンパスの絵の如し


           ......杉の木立を登りゆく、広い笹原に出て再び針葉樹林への道........
c0119160_752482.jpgc0119160_754041.gifc0119160_6244141.jpg
c0119160_76544.jpg


  ......縦走路からの大パノラマ!(クリックで拡大表示) 右手前の緩やかな山は櫛形山(アヤメで有名).......
c0119160_7112095.jpg





★奥甘利山から千頭星山へ


気持ちいい新緑カラマツ林・笹原道を歩き抜けると今度は八ケ岳の勇姿が!何か欧州の様な山風景(行ったことないけど)!先日レポートした「出羽三山」の濃厚な修験の雰囲気とは対照的な明るさ!


       ........(左)新緑の針葉樹林 (右)八ケ岳連峰のパノラマも素晴らしかった!........
c0119160_7414917.jpgc0119160_742276.jpgc0119160_742064.jpg
c0119160_7422041.jpg


11時頃に奥甘利山頂上で再び集合写真、霊峰富士の絶景は一段と素晴らしい!雲海があるからこそ映えるパノラマ!右には毛無山塊、まるでオホーツク海に浮かぶ利尻富士と礼文島の様に見えた!


    ......奥甘利山頂上に立つ!世界遺産・富士山を背景に単独&集合写真(アキタカ様提供)......
c0119160_8104229.jpgc0119160_811932.jpgc0119160_12281810.gif
c0119160_81137100.jpg


      .......霊峰富士のパノラマ歩きは続く、富士の右側には毛無山・雨ケ岳の山塊が鎮座........
c0119160_814338.gifc0119160_8141922.jpg



c0119160_1025759.gif


c0119160_814341.gif

         
11:30に大西峰(御所山への稜線分岐)に出たぞ。コースを左に向かえば千頭星山への頂上は近い!山頂到着は丁度お昼前でした。3度目の集合写真を撮った後、チョット下った笹原でランチタイム!


    ........(左)鳳凰山・地蔵岳(オベリスク)が目前に迫る (右)八ケ岳をバックに広い笹原を行く........ 
c0119160_819234.jpgc0119160_819235.jpgc0119160_8195049.jpg

c0119160_8265955.jpg


            ........千頭星山の頂上に立ち、Fツアー集合写真(3回目:アキタカ様よりご提供)........
c0119160_8311975.jpgc0119160_8313771.jpgc0119160_8315051.jpg

c0119160_623347.jpgc0119160_832964.gif


c0119160_832318.jpg

         
いつもの如くビールで乾杯!持ち寄ったツマミ・惣菜を交換しワイワイガヤガヤ!まあ、これが楽しみに山に来ているようなものですが今回は爽やかな初夏の風を感じながら素晴らしいパノラマでの贅沢な時間


       ........お楽しみの昼食タイム。ビールで乾杯、それぞれ持参の惣菜を交換し合う........
c0119160_8375423.jpgc0119160_838541.gif


c0119160_838172.jpg






★御所山経由で青木鉱泉へ・・、予想外の苦労下山


楽しいランチタイムもそこそこに12:40下山開始。千頭星山・大西峰(分岐)を経由し、カラマツ林稜線を進み御所山へと向かいます。午後初っ端は平原の木道歩き、視界開けた明るい雰囲気が依然続く。


         ........(左)延々と長く続く木道   (右)針葉樹から遥かに望む富士........
c0119160_8522122.jpg c0119160_8524072.gif


c0119160_8531099.jpg


先に進むと背丈の高い笹原や自然林が徐々に多くなり南アルプスらしい雰囲気へと徐々に変わってきた。道の道標も分かりにくくなってきたよう気がする。御所山の頂上は視界もなく平凡な雰囲気。
しかしその後の下山が予想外に大変でした。膝に堪える急勾配でわかりにくい道・・、苦労の連続へ


   .........御所山からの下りは予想外の悪路、道標は不明確、急激な下山路に四苦八苦........
c0119160_931195.jpgc0119160_985754.gifc0119160_99989.gif
c0119160_993096.jpgc0119160_189566.gifc0119160_18101018.jpg







c0119160_9151864.jpg


それもその筈、下山ゴール青木鉱泉の標高は1150m、千頭星山(2138m)からは一挙に千m近くも下る訳だから当然の急勾配!甘利(モトイ、余り)にも登りが楽チン過ぎただけに苦労の反動、甘くないネ~


     .......ブナの森に囲まれた下山路に新緑が輝く!」厳しい下り道もあともう少しだ!........
c0119160_9193610.jpgc0119160_9195862.gif

c0119160_9201785.jpg

     
       ........(左)堰堤の渓流にようやく到着~!  (右)渓流道を渡り青木鉱泉へ........
c0119160_9273553.jpgc0119160_9274978.jpg

c0119160_928245.jpg

      
その後も急坂の下山路は延々と続きました。皆さん相当にヘロヘロになりながら15時過ぎ青木鉱泉に到着。ア~苦行終了!その下山場所にバスが待ってくれているありがたさ!これぞFツアーの真骨頂


     ........(左)下山すればバスが待機、感謝の一言です (右)ニセアカシアの花が満開だった.......
c0119160_9331010.jpgc0119160_9332617.jpg

c0119160_9334923.jpg




c0119160_9382452.jpg





★甲斐武田氏の鎮護神社「武田八幡宮」


全員下山の無事を確認後、バスに乗り込んでリラックスタイム(ビールで乾杯)!温泉で疲れを癒す前に定番カリキュラムとなっっている歴史探訪タイム、今回は甲斐武田の守護「武田八幡神社」を訪ねてみました。


     ......「武田八幡宮」(武田氏ルーツの神社)を訪ねる。山門には威厳ある大木が聳える........
c0119160_1029268.jpgc0119160_10291787.jpg
c0119160_10293742.jpg


武田八幡神社は武田王を祀っていた宮社に九州宇佐八幡神社を勧請(嵯峨天皇勅命)、八幡太郎義家(奥州征伐で有名)の弟・信義が武田郷に居館を構え「武田太郎」と名乗ったことが甲斐武田氏の氏神となった発祥由来。甲斐源氏を守る八幡神は尊崇を集め1541年信玄公が本殿を造営しました。

c0119160_1163084.jpg

         ........(左)武田八幡宮の階段から演舞殿へ (右)拝殿へと登っていく........
c0119160_10334381.jpgc0119160_1034183.jpgc0119160_10341490.gif


c0119160_10344251.jpg

八幡武神の霊験は戦国最強と呼ばれる軍隊を組織した武田信玄を輩出させました。「人は石垣・人は城」、信玄は野望をもち近隣諸国へ侵攻を企てますが、そこに越後の上杉謙信が立ちはだかります。川中島の戦いは八幡神と毘沙門天の2大武神が激突する神の代理戦争だったのかも・・。


    .......武田八幡宮の本殿建築は実に見事!源為朝(源頼朝の叔父・弓の名手)も祀る........
c0119160_1119734.jpgc0119160_11192230.jpg

c0119160_11194425.jpg


信玄死後、勝頼が跡を継ぐものの長篠合戦(1575)で信長・家康連合軍に大敗を喫し、勝頼はその後天目山で自害、あっけなく武田家滅亡・・。守護神・武田八幡様は何か思う処があったのでしょうか・・?最後は毎回お決まりコース(温泉&バス宴会)、帰路バス車窓からは富士山・南アルプス絶景を再度満喫


     ........(左)武田乃湯・白山温泉にて汗を流す (右)その後はいつも通りのバス宴会に........
c0119160_12145895.jpgc0119160_12152114.jpgc0119160_12255433.jpg

c0119160_6281734.jpg
c0119160_12154219.gifc0119160_12155463.jpg


c0119160_12161656.jpg


       ........(左)南アルプス(鳳凰三山&甲斐駒)をクローズアッップ (右)一路都心に向かう........
c0119160_1230542.jpgc0119160_12311779.jpg



c0119160_12313639.jpgc0119160_12314927.jpg
c0119160_1232039.gif

 
甘利山&千頭星山は霊峰富士の絶好展望台として有名だったなので楽しみにしていましたが、ここまで期待通りに富士山や名峰達の絶景を味わえるとは思いませんでした。Ah、満足の極みだった~


     .......(左)雲海に浮かぶ富士山をもう一度! (右)甘利山からの富士夜景(ネット写真)........
c0119160_12375788.jpgc0119160_12381971.jpgc0119160_12383098.jpg



c0119160_12384594.jpg


世界文化遺産に目出度く登録された富士山に再度お祝い申し上げます。今回のような霊験あらたかなるお姿、何度も見せて下さいませ!やはり富士山は遠くから仰ぐ山ですネ~!\(⌒∇⌒)/


       ........世界遺産となった霊峰富士を大いに堪能♪「富士は日本一の山~」!........
c0119160_1245159.jpgc0119160_12453641.jpgc0119160_12455773.jpg




c0119160_12461513.jpg


               
                              「富士山世界遺産登録」お祝いの記事はコチラから



                                                        おわり         

  by rollingwest | 2013-06-24 00:00 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(78)

<2013年GW>山形歴史紀行(その2):日本最大級のパワースポット「出羽三山」探訪

                           山形歴史紀行(その1):「上杉藩ゆかりの米沢」より続く


★見るなかれ、聞くなかれ・・。奥秘パワースポット「湯殿山神社」


米沢のビジネスホテルを早朝に出発、東北中央自動車道を北上、いよいよ憧れの「出羽三山」(羽黒山・月山・湯殿山の総称)へ!出羽三山は其々が神の住む信仰の山で遥かなる歴史に包まれた修験道の聖地。神仏習合の権現を祀っていましたが、明治以降は廃仏毀釈で神の山と指定されました。


       .......米沢から修験の聖地「出羽三山」 (湯殿山・月山・羽黒山)へと向かう.....
c0119160_21543727.jpgc0119160_2154499.jpgc0119160_2155187.jpg

c0119160_21551556.jpg

   
湯殿山は大山祇命・大国主命・少彦名命、羽黒山は稲倉魂命、月山は月読命が祀られますが、この山々に息づいてきた独特の羽黒修験道は継承されています。まずは湯殿山へ、標高を上げるにつれ残雪の高さが増してきた。GWの東北エリアは天気に恵まれず、当日も終始、曇りの一日でした。


 ......(左)雪一色の光景、山道(膨大な残雪量)をドンドン登る (右)湯殿山が見えてきた!......
c0119160_2214319.jpg
c0119160_2215667.jpg

     
両脇雪壁の山道を行くと、残雪の湯殿山(1504m)の麓に真っ赤な大鳥居が出現!雪山に巨大な赤鳥居、不思議なオーラを一際放つ威厳の光景は日本各地でも滅多に見られない感動的な絵だ~!


     .......湯殿山神社の真っ赤な大鳥居、ここからバスに乗って御神体鎮座の聖地へ.......
c0119160_225346.jpgc0119160_225586.jpgc0119160_226156.jpg


c0119160_2228291.jpg




c0119160_2263136.jpg

 
バスの中で湯殿山礼拝の説明を受けました。「湯殿山神社は社殿を持たず、御神体は茶褐色の巨大な磐です。ここは昔から「見るなかれ、聞くなかれ」と言い伝えられてきた奥秘の地なので参詣前には神主のお祓いを受け神域に入る際は裸足になって頂きます。写真撮影も一切禁止です。」・・と


 .....ココから写真撮影禁止(右ネット拝借写真)、お祓いを受け裸足で入域する究極のパワースポット......
c0119160_5374675.jpgc0119160_538490.jpg



c0119160_5383516.jpg


社殿のない神社(大神神社など)は仏教が日本に伝来する以前の古い信仰の姿であり、磐や山自体が御神体です。柵に囲まれた茶褐色の御神体には注連縄と神鏡が!巨大磐からは鉄分の湯が沸き出し、磐の向こうは断崖絶壁で轟音を響せる滝が落ちていました。正に神の降臨する磐座だ!


  .......「湯殿山・奥宮」(神社HPより拝借)&「ご神体」(鉄分温泉が湧き出す巨大な赤岩に神鏡)......
c0119160_6343032.jpg c0119160_6345071.jpgc0119160_635947.jpg








c0119160_635418.jpg
c0119160_6355313.gif


裸足になり本宮をお参りした後、ご神体・磐座(温泉が滲み出ている)の上を歩き、滝の頂上で手を合わせます。滝の両側には13の末社が祀られており「お沢駆け」という修行が行われるそうです。


    .......湯殿山の山岳修行風景(滝行)、コチラも撮影禁止エリアにつきネット公開写真で代替......
c0119160_6461428.jpgc0119160_6462983.gifc0119160_6464578.jpg






c0119160_647834.jpg


湯殿山は神のおわす深い神秘の地、出羽三山の奥の院は最も重要な聖地として崇められました。これ程までのパワースポットとは知らなかった・・!次は湯殿山近くの即身仏ミイラのお寺を訪ねました。




★即身仏(修行僧ミイラ)が鎮座する2つお寺を訪問


少年時代に読んだ雑誌で、東北地方の「即身仏」(土中修行で瞑想を続けそのまま絶命、ミイラになった僧)の存在を知り、初めて写真を見た時は衝撃的でした。いつか見てみたいと思いながら40数年、ようやくその望みが叶いました。今回2つのお寺を訪ねましたがいずれも湯殿山に所縁があります。


    ....... (左)田んぼ脇に萱葺山門!湯殿山総本寺「大日坊・瀧水寺」(右)本地堂.......
c0119160_22162490.jpg
c0119160_22163730.jpg

c0119160_22165426.jpg


「大日坊・瀧水寺」は弘法大師空海により開創された湯殿山の総本寺。かつて湯殿山は女人禁制であり、女性は当寺を訪れてお山を参拝したのです。ここに「真如海上人」の即身仏はおりました。96歳で生身のまま土中修行し絶命、弟子達が掘り起こし、洗い清めて乾されミイラで保存


    .......これが「即身仏」だ!土中に籠り瞑想を続け絶命後ミイラ仏になった「真如海上人」.......
c0119160_2224111.jpgc0119160_22242065.jpg


c0119160_22244529.jpg
c0119160_2225138.jpg


即身成仏の思想は真言密教・空海の教義「即身成仏義」により確立されたとのこと。お堂の中に入ると大日如来が祀られていましたが、その他にも様々な神仏(不動明王・菩薩・大黒天等)がゴッタ煮状態でした。さすが神仏習合の寺だけありますなア・・。神仏集合の方が言い得て妙かも・・(笑)


     .......金剛界・胎蔵界曼荼羅の頂点「大日如来」が本尊、四天王や諸観音像も並ぶ......
c0119160_22335840.jpg
c0119160_22341165.jpg

 ......神仏習合・密教の神がズラリ!(左)三宝荒神像(右)剣を抱える波分大聖不動明王像......
c0119160_2237768.jpgc0119160_22372417.jpg


c0119160_22374653.jpg


このお寺は徳川将軍家の祈願寺であり春日の局(徳川3代将軍・家光の乳母)が参詣し大日如来を奉納しました。かつては全国に名を轟かす由緒あるお寺として有名だったのです。しかし明治時代の廃仏毀釈運動でお寺は悲劇を迎えます。「神社に鞍替えしろ」と明治政府に迫られたのです。


   .......(左)飛鳥時代の金銅如来立像も (右)象に乗る文殊菩薩  神仏ゴッタ煮のお寺!......
c0119160_64565.jpgc0119160_651524.jpgc0119160_651113.jpg

c0119160_653933.jpg

 
住職はこれに反目、「弘法太師が開基した由緒ある寺を神社には鞍替えはしない」と断ったそうです。住職は政府によって殺され本堂は焼かれてしまい、大日坊だけが残ったとのこと。恐ろしい話だ・・


    ......「注連寺」は何とミシュランガイド★★のお寺、本堂正面階段の上には立派な鰐口の鐘.......
c0119160_6434457.jpgc0119160_644026.jpg c0119160_6444194.jpg




c0119160_6445849.jpg


次は「注連寺」を訪ねてみました。ミシュランガイドでも紹介されるこのお寺も弘法大師空海によって開基され、空海が桜の木に祈祷で注連縄(しめなわ)をかけたことが名前の由来。また本堂天井を見上げると、故・村井石斉画伯による伝統絵画と4人の現代作家の絵画展示も楽しむことができます。



       .......当寺も大日如来が祀られており空海が開基、豪雪に耐える建築構造.......
c0119160_2235620.jpg

c0119160_2241715.jpg

      
    .......故・村井画伯が描いた天井画が見事!(左)天に昇る竜 (右)老婆の祈りの合掌.......
c0119160_2274284.jpg
c0119160_228015.jpg


ここに安置される即身仏は「鉄門海上人」(湯殿山の仙人沢で修行し数々の事業を成し得た高僧)。文政時代に江戸では眼病が蔓延し人々が苦しんでいました。江戸にいた鉄門海は「私の祈祷で病を治そう」と決意し、両国橋の上に立って読経、自身の左目を刀でえぐり出し隅田川の龍神に捧げました。祈祷は天に通じて眼病の人々が次々と平癒し,江戸から眼病が消えたといわれています。


      .......(左)干支別由来の諸観音 (右)最も有名なミイラ即身仏「鉄門海上人」が鎮座.......
c0119160_229159.jpgc0119160_2293916.jpg

c0119160_2295738.jpg


日本に即身仏は幾つあるのだろうと調べてみました。全国で17体、そのうち12体は山形(8)新潟(4)、その内一体が我が故郷・柏崎(真珠院・秀快上人)に、もう一体が長岡・寺泊(西生寺・弘智法印)と知ってビックリ!長らく見たいと思っていた即身仏が地元にあったのか~!灯台下暗しでした。

                                            日本全国の即身仏17体
 



★素晴らしい錦秋パノラマの思い出・・「月山」の紅葉


さて次は羽黒山へと向かおう!道途中で蕎麦屋を見つけたのでフラリと入ってみました。やはり山形蕎麦はコシが強くて旨いね~!腹ごしらえを終え、田園風景の中をドライブしていくと湯殿山の雄姿が迫ってきた!その右隣奥には真っ白に霞む山が見える。春スキーで有名な百名山「月山」の山容だ!


    .......(左)美味しそうな蕎麦屋を発見! (右)噛みごたえある山形蕎麦を味わう.......
c0119160_22143758.jpgc0119160_2215193.jpg




c0119160_22151870.jpg


  ......(左)斑模様の残雪峰が「羽黒山」 (右奥)白く霞む山が「月山」(雪が降っている)......
c0119160_22195560.jpgc0119160_22201344.jpg

c0119160_2220331.jpg


日本百名山「月山」は2005年秋、東北「Fツアー」で登頂しました。前半は天候に恵まれず雨の登頂でしたが、午後の下山時にはガスが突然消えて晴れ渡る中、鮮やかな紅葉平原が一挙に現れたのです。イヤ~、実に感動的だった!大雪山と並び、生涯で見た中で最も美しい紅葉パノラマの一つでした。


  ......(左)2005・Fツアーメンバーと雨中の月山山頂 (右)雨が上むと一挙に紅葉光景が出現........
c0119160_22231876.jpgc0119160_22233035.jpg


c0119160_2224472.jpg


    .......美しい紅葉で有名な月山、評判違わず眩い程の錦秋!絶景に目を奪われた!.......
c0119160_22272035.jpgc0119160_22273613.gifc0119160_2228090.jpg

c0119160_22283393.jpg


月山は標高2千m未満の山ですが、日本海からの季節風をまともに受けるため世界有数の豪雪地帯でもあり万年雪を抱く山。そして山形の夏は意外と暑い・・、この激しい気温の寒暖差により美しい紅葉が生み出されるのでしょう。月山は高山植物の宝庫で約350種類以上もあると言われます。


    ......2005年撮影の写真を数枚貼り合せ、スキャナーでPCに取り込んで公開してみました~......
c0119160_22312835.jpg
          



★修験道の聖地・羽黒山①:「国宝・五重の塔」&「巨木杉の参詣石段」


出羽三山の最後は羽黒山を訪ねました。正式参拝ルートは羽黒山⇒月山⇒湯殿山ですが、小生は全く逆コース・・、まア、いいか~!勿論お目当ては国宝「五重の塔」、本殿まで続く巨木杉の道(長い石階段)。ここはミシュランガイド★★★指定の大霊場。高尾山の三ツ星はチト疑問だが当地は大いに納得!


      .......(左)羽黒山の出羽三山神社(残雪多い境内) (右)有名な国宝「五重の塔」......
c0119160_751922.jpgc0119160_753975.jpgc0119160_755364.jpg






c0119160_763017.jpg


羽黒山の参詣は、「随神門」(平場にある)から入り長い石階段を登って出羽神社(三神合祭殿)へ向かうルートが正式とされています。しかし今日も濃密に廻ってきて残り時間が少なくなったので全部の石階段は無理と判断、「五重の塔」と「杉木立」の道を暫く歩き、雰囲気をまず味わってみよう。


     .......(左)羽黒山の鳥居をくぐり随神門へ (右)静寂な杉林、摂社群の中を歩いて行く.......
c0119160_6115187.jpg
c0119160_6121369.jpg


随神門から継子坂を下ると祓川に架かる赤い神橋(対岸には須賀の滝&祓川神社)が見えてきました。ここが俗世界と羽黒山との結界であり、かつて参拝者はこの川で罪や穢れを洗い流して山に参詣したそうです。そしていよいよ国宝・五重の塔が出現!鬱蒼とした杉林に威厳漂う古塔が鎮座


           .......(左)須賀の滝&祓川神社 (右)祓川に架かる真っ赤な神橋.......
c0119160_6131559.jpg
c0119160_613507.jpg


    .......渓谷の先には、羽黒山神社「国宝・五重塔」が現れる!脇には巨木なる爺杉が屹立.......
c0119160_6183892.jpgc0119160_6185422.jpgc0119160_6192846.jpg


c0119160_6195974.jpg


五重塔や巨大杉の石階段を登り幽谷風情(ミシュランガイド★★★に指定されるだけの価値あり)を満喫し、次は出羽神社(三神合祭殿)に向かおう!本来は石階段を登り切っていくのが正調ですが、もう時間が足らない。再び随神門に戻って車でお山を登ることにしました。修行先達は、しかめ顔?


         ....五重塔をバックにパチリ!巨大杉の石階段も途中まで登り、雰囲気を味わう.......
c0119160_13153967.jpgc0119160_13155985.jpg

c0119160_1317394.jpg

c0119160_1323177.gif



                        

★修験道の聖地・羽黒山②:「国宝・五重の塔」&「巨木杉の参詣石段」


    .......徳川家も篤く信仰した出羽三山の神々は羽黒山「三神合祭殿」に合同で祀られている.......
c0119160_1325857.jpgc0119160_15121598.gifc0119160_13252816.jpg




c0119160_13273136.jpg

   
カーブの続く山道を車で登り切り羽黒山(414m)の山頂駐車場に到着。暫く歩くと檜皮葺の豪壮な社殿が登場!これぞ羽黒山神社「三神合祭殿」です。迫力あるね~!社殿の前には鏡池があり古代はこの池自体が祈りの対象だったらしい。ここからは平安・鎌倉期の神鏡が多く出土したそうな・・


       .......(左)三神合祭殿の本殿へ (右)本殿にはパワースポットの荘厳な雰囲気が漂う.......
c0119160_13375396.jpg
c0119160_13381173.jpg


三神合祭殿内に入ってみましたが、山岳修験と日本神道が融合した独特なムードが漂っています。三神合祭とは、出羽の三山神社がここで一つに祀られるという意味。月山・湯殿山は豪雪の山中にあり冬に参拝ができないため、標高が低く比較的積雪が少ない羽黒山に合祀されているのです。


           .......(左)荘厳なる本殿が金色に輝く (右)日本神話を物語る彫刻......
c0119160_13401931.jpgc0119160_13403665.jpg


c0119160_1341310.jpg


     .......(左)合祭殿に鎮座する日本の神々と神馬の像 (右)出羽三山歴史博物館の内部.......
c0119160_1343397.jpg
c0119160_1343542.jpg


合祭殿の隣には出羽三山歴史博物館があります。滅多に見られない神仏習合の美術品・お宝物が満載でビックリ!出羽三山を開山した恐ろしげな「蜂子皇子」肖像も大迫力!実はこの方は崇峻天皇(蘇我馬子によって暗殺された)の皇子、自らの身に及ぶ危険を察し出羽に逃れてきたのです。


    .......(左)「天の岩戸神話」、正に神仏習合! (右)開山尊像「蜂子皇子」(恐ろしい顔ダ~)......
c0119160_13463414.jpg
c0119160_13465182.jpg


          ......博物館内には、大日如来像と数々の仏像・観音像が展示されている.......
c0119160_10245450.jpg
c0119160_1025186.jpg


出羽三山に日光東照大権現の掛軸があるとは・・(徳川家の篤い信仰)!更に修験道開祖・役行者、不気味な三面大黒天、巨大な天狗面、まア・とにかくゴッタ煮、キワモノっぽい雰囲気が実に興味深い!


 .....(左)三面大黒天&役行者像 (右)ド迫力,烏天狗&赤天狗 (下)東照大権現(家康)の掛軸.....
c0119160_10303559.jpgc0119160_10354299.jpgc0119160_10345518.jpgc0119160_10385672.jpg



c0119160_10384758.jpg







c0119160_10311959.gif
c0119160_1165681.jpg


さらに羽黒修験道の行者に関する解説もあるゾ!山伏の峰入儀式が詳細に再現されていました!古来山岳とは神霊が存在し死者の帰る他界でした。その踏み入れてはならない山に深く分け入り、行を重ね超自然力を獲得し加持祈祷等の宗教的呪術を行う人々、修験者と呼ばれる超人達です。


          .......冬の峰行が最も厳しい修行、こんな展示はここでしか見られないレア物.......
c0119160_1185664.jpgc0119160_11121483.jpg


c0119160_11125978.jpg
c0119160_11131684.jpg


     ......迫力の檜皮葺き神殿前には残雪がまだ多く残っていた。今年は豪雪だったからなア・・......
c0119160_11193077.jpg
c0119160_11214366.jpg

    
出羽三山は森羅万象に神が宿る信仰の原風景!期待通りに興味深く目から鱗の連続!出羽三山は「東日本随一の山岳霊場」として江戸時代は「西の伊勢参り」に対し「東の奥参り」と称された憧れの地、月山には年間3万人参詣者があったそうな!(驚) 芭蕉が当地を訪れた理由がよく解った。


      .....芭蕉も憧れたパワースポット「出羽三山」にて、芭蕉・曾良が残した紀行文・俳句の数々......
c0119160_1126075.jpgc0119160_11264716.jpg
c0119160_1127318.jpg


芭蕉が出羽三山で残した主な句は「凉しさやほの三日月の羽黒山」、「雲の峰いくつ崩れて月の山」、「語られぬ湯殿にぬらす袂かな」。次回も芭蕉が訪ねた鶴岡・酒田・象潟のレポート予定、お楽しみに~


          ......日本有数のパワースポット「出羽三山」を十分満喫し鶴岡・酒田・象潟へ!.......
c0119160_1140274.jpg


      
                                                      おわり

  by rollingwest | 2013-06-12 00:00 | 山形歴史紀行 | Comments(54)