<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

<2013年11月>2012山陰山陽の旅⑤:「スサノオ・八岐大蛇伝説」の史蹟を訪ねて

★日本神話・最大のヒーロー「スサノオ伝説」の地へ


昨年11月に訪ねた山陰・山陽の旅から早くも1年が過ぎてしまいました。鳥取(米子・大山)・松江・出雲大社・稲佐の浜・日御碕と紹介しましたが、いよいよスサノオノミコト・八岐大蛇伝説の史蹟へ入ります。


   .....(左)日本神話の中で荒ぶる神の象徴「スサノオノミコト」 (右)映画「わんぱく王子の大蛇退治」.....
c0119160_21245166.jpgc0119160_2125856.jpgc0119160_21252184.gif


c0119160_21254372.jpg

 
                        山陰山陽の旅①:「鳥取風景~出雲・神話の里」 

小学生時代に見た映画「わんぱく王子の大蛇退治」(1963東映)は、スサノオノミコトや八岐大蛇の古事記伝説をスペクタクルに描いた長編大作でした。あの感動が忘れられず憧れの伝説地を遂にこの目で・・




★宍道湖・奥出雲周辺に点在する古事記神話史蹟


島根県はまさに日本神話の宝庫。昨年秋の山陰旅はレンタカーを駆使し昼食時間も惜しんで古事記史蹟を回りまくりましたが全てを訪問することはできませんでした。数が余りにも多すぎる上、遠隔地点在により移動が大変。レポート済み・未訪問地(ネット検索)も含めて古事記所縁の地をあらためてご紹介


 ......(左)宍道湖・奥出雲周辺は古事記伝説の神社が沢山 (右)須佐之男命を祀る「熊野大社」....
c0119160_21322594.jpgc0119160_21323779.gif

c0119160_21325072.jpg

  
熊野というと世界遺産に指定される和歌山の熊野本宮大社が有名ですが、そのルーツとも言える「熊野大社」は「出雲一の宮」(出雲大社と同格)で、火の発祥の神(スサノオと同一神)が祀られています。「出雲二ノ宮」は「佐太神社」(天孫降臨の案内役の猿田彦が主神)、神在月ではここも神々の集結地


 .....出雲二ノ宮の由緒ある「佐太神社」(猿田彦が主神)、神在月に全国八百万の神が集結.....
c0119160_2138478.jpgc0119160_2139332.jpg

c0119160_21391732.jpg


スサノオノミコト(素戔嗚尊、須佐之男命)は父が伊邪那岐命(イザナギノミコト)、母が伊邪那美命(イザナミノミコト)、姉が天照大神(アマテラス)というエリート家系ながらも高天原では落ちこぼれの暴れん坊神でした。


  ......(左)「日本神話の系譜図」(複雑すぎて覚えきれない) (右)イザナギ・イザナミの国生み......
c0119160_21413888.jpgc0119160_21415150.gif
c0119160_2142131.jpg


その理由は父母の離婚にありました。伊邪那岐、伊邪那岐は天津神から命じられ力を合わせ日本の国造りに励み次々と神々を誕生させましたが、イザナミは火の神を生む際に火傷して亡くなってしまいました。妻の死を悲しんだイザナギは、黄泉の国(死後世界)を訪ね愛するイザナミに会いに行くことに・・


     ......(左)イザナミノミコトを祀る「神魂神社」 (右)本殿は日本最古の建築様式(国宝)......
c0119160_21474997.jpgc0119160_21481016.jpg

c0119160_214834100.jpg

 
死んだイザナミは「生き返り地上界へ戻ることが可能か黄泉の神に相談するが絶対に覗かないで」と言い残し御殿に入ります。しかしいつまでも妻が現れず、痺れを切らしたイザナギは御殿に入りイザナミの腐り朽ち変わり果てた姿を目撃してしまうのです。「見たな~!」イザナミは大激怒しイザナミを追います。


   ......(左)黄泉の国(死者世界)との結界「黄泉比良坂」、イザナギはイザナに逢いに行くが・・......
c0119160_21521566.jpgc0119160_2152488.jpgc0119160_2153526.jpg

逃がれたイザナギは黄泉国と地上間を岩で塞ぎ、やむなく2人は絶縁、日本国を生んだ神夫妻の離婚場所こそ黄泉比良坂です。スサノオは母イザナミを慕い泣き暮らす毎日。さらに高天原で大暴れして姉アマテラスの逆鱗に触れてしまい、遂にスサノオは高天原から追放。アマテラスも天岩戸に隠れてしまいました。


 ......(左)日本初の離婚舞台となった黄泉比良坂の磐境(千引岩) (右)イザナミはもう2度と帰らず......
c0119160_21565231.jpgc0119160_21571475.jpg
c0119160_21573273.jpg


 ......(左)高天原で大暴れしたスサノオはついに追放 (右)アマテラスは岩戸に隠れウズメノミコトが躍る......
c0119160_21595125.gifc0119160_22067.gifc0119160_2202218.jpg


c0119160_2203898.jpg


                               山陰山陽の旅②:「松江探訪」(宍道湖・松江城等) 





★いよいよ「八岐大蛇」伝説の地へ


  ......(左)天岩戸をこじ開ける手力雄神 (右)いよいよスサノオ「八岐大蛇」伝説の地へと向かう......
c0119160_20393840.jpgc0119160_20395298.jpg
c0119160_20402033.jpg

高天原を追われたスサノオは奥出雲の斐伊川上流に聳える「船通山」(鳥髪山)に降り立ちます。川を遡ると一人の娘を囲み泣いている老父母を発見しました。その理由を聞くと「八岐大蛇が毎年襲って来て娘を次々に食べられ、今年は末娘の奇稲田姫(クシナダヒメ)の番を迎えて涙が止まらない」とのこと


  ......(左)スサノオが初めて地上に降り立った「船通山」(鳥髪山)、(右)山頂で行われる「宣揚祭」......
c0119160_20522749.jpgc0119160_20524321.jpgc0119160_2053114.jpgc0119160_20531229.jpg


c0119160_20533438.jpg
c0119160_675987.jpg
c0119160_681338.jpg


スサノオは暫く考えて「この美しき娘を自分の妻として娶らさせて頂けるならば大蛇を退治してやろう。」と答えます。老夫婦(アシナヅチ、テナヅチ)はこれを快く受け入れて、スサノオに運命を預けることとしました。


    .....奥出雲の「八岐大蛇公園」には、キングギドラの様な龍(八岐大蛇)とスサノオの対決像が!......
c0119160_20594358.jpgc0119160_2101069.gif


c0119160_2104735.jpg



c0119160_211273.jpg


スサノオは稲田姫を避難させ、老夫婦に「垣根と8つの門を作り強い酒を置くように」と指示し準備万端、ついに八岐大蛇が凄まじい地響きを立ててやってきました。大蛇は壺を見つけ頭を入れてガブガブ酒を飲み干し、酔っ払って鼾をかき眠り始めたのです。その時、スサノオは剣を一挙に振りかざします!


       ......睨み合う対決の像、当日は雨に煙り独特な神話雰囲気が漂っていた!......
c0119160_21636100.jpgc0119160_2165059.gif

c0119160_2171516.jpg
c0119160_217297.jpg


        ......(左)八岐大蛇が住んでいたといわれる「天が淵」は紅葉が見頃だった......
c0119160_2121474.jpgc0119160_2136135.gif

c0119160_21214617.jpgc0119160_21254926.jpg



c0119160_21253624.jpg

スサノオはついに大蛇の体を切り刻んで無事に退治を果たし尻尾からは剣が出てきました。これぞ三種の神器の一つ「天叢雲剣」(=草薙の剣)、日本神話の最大クライマックスの場面。奥出雲の八岐大蛇が住んでいたという「天が淵」に「蛇帯」と呼ばれる青と赤の筋石があり大蛇の足跡と伝えられます。


              .....スサノオが大蛇の首を埋めたと伝わる「八本杉」......
c0119160_21373180.jpgc0119160_21374734.gif


c0119160_2138752.jpg


   .....大蛇の尻尾から出た「天叢雲剣」(三種神器の一つ)は名古屋の熱田神宮に祀られる......
c0119160_214533.jpg
c0119160_21451974.jpg

奥出雲(雲南市)には大蛇伝説史蹟が幾つか点在していますが、ここまで訪ね来る観光客は殆どいないのか観光案内版が整備されておらずカーナビと地元の人に道を聞きながら何とか廻りました。時間がなくて訪問できなかった場所(上下のネット写真SPOT等)も沢山あり、奥出雲は懐が深すぎて困る・・。


 ......(左)奥出雲おろちループ (中)鬼の舌震の紅葉、探勝コース看板 (左)貴布禰稲荷両神社......
c0119160_21524784.jpgc0119160_2153386.jpgc0119160_215751100.gifc0119160_2233151.jpg




c0119160_21593691.jpg


八岐大蛇とは、斐伊川の氾濫(荒れ狂う暴れ川が八頭大蛇で表現)の姿とも云われ、スサノオとは治水技術を駆使した英雄が突然現れた伝説だったのかもしれません。妻に娶った「稲田姫」は潅水整備され水稲栽培確立の象徴とも云われます。そして子孫の大国主が豊作を続け大繁栄させたのでは・・


  .......氾濫で人々を苦しめてきた「斐伊川」、八岐大蛇伝説は治水・稲作技術の象徴とも・・......
c0119160_22214955.jpgc0119160_2222885.jpg



c0119160_22233832.jpg


    .....小学生の時に見た東映映画「わんぱく王子の大蛇退治」は今も深く心に残っている......
c0119160_22281618.jpg              

                      山陰山陽の旅③:60年ぶりの大遷宮を迎える「出雲大社」 







★スサノオ&稲田姫(円満夫婦)を祀る数々の神社


   .....(左)須佐之男命を祀った「須佐神社」 (右)出雲国風土記にも記された歴史深いお宮......
c0119160_1115193.jpg
c0119160_11151995.jpg


出雲大社の南に須佐之男命を祀った「須佐神社」があります。やや地味な鳥居ですが、参道を進み神門をくぐると正面に立派な拝殿が現れてきます。出雲国風土記にも記された由緒ある歴史深い神社


       ......(左)黄葉が色づく境内  (右)大蛇退治を終え、身を清めた「スサノオの塩井」......
c0119160_11203877.jpgc0119160_11205321.jpg

c0119160_1121213.jpg


当神社境内には七不思議がありその一つが「塩井戸」、日本海満潮時に附近の地面に潮の花が吹くらしい。須佐之男命が自ら潮を汲み当地を清め自らの御魂を鎮め置いた霊跡神社であったとのこと。
後方奥に鎮座する本殿は大社では威厳と風格に満ち溢れています。やはり出雲の社は凄いなア・・!


  .........(左)須佐神社の大杉は物凄い生命力を感じた (右)うねる大杉根元は八岐大蛇の如し......
c0119160_11271599.jpgc0119160_11281143.jpgc0119160_11282848.jpg






c0119160_11285624.jpg


   .......本殿は檜皮葺の大社造、威厳に満ちた社を仰ぐことができ出雲にいることを実感!.......
c0119160_1138731.jpgc0119160_11382990.jpg


c0119160_11385378.jpg


出雲にはスサノオに助けられて妻となった稲田姫(クシナダヒメ)が祀られる「稲田神社」がありました。この場所が稲作発祥地とされ、氾濫川を統治する技術が生まれ弥生時代の豊作に繋がった原点かも!


  ....稲田姫(クシナダヒメ)が祀られる「稲田神社」、氾濫川が統められた後の稲作発祥地とされる.....
c0119160_11463893.jpgc0119160_1147795.gifc0119160_11472793.jpg

c0119160_1148155.jpg



c0119160_11481949.jpg


2人は須我という地に新居を求め、スサノオは空に美しい雲が立ち上がるのを見て「八雲立つ出雲八重垣、妻籠めに八重垣造るその八重垣を」と歌を詠みました。三十一文字の和歌発祥地、さらにこの歌が出雲の国名の起源となりました。古事記・日本書紀に書かれた日本初之宮が須我神社なのです。


   ....(左)須佐之男命が稲田姫を娶り、日本初の和歌を詠んだ「須我神社」 (右)スサノオの歌碑.....
c0119160_1585132.jpgc0119160_15101599.jpg



c0119160_15103244.jpg
c0119160_15252890.jpg
c0119160_15254215.jpg

2人が新居を構えた場所が今は縁結び神社として女性に大人気の「八重垣神社」。宝物殿には2人の姿を描いた壁画があり、神社の障壁画としては日本最古といわれています。社殿後方には「奥の院」が鎮座し、「鏡の池」と呼ばれる神池や「夫婦杉」と呼ばれる2本の大杉、「連理の椿」があります。


    .....(左)「八重垣神社」縁結び神社として大人気 (右)ここに日本最古の神社障壁画が存在.....
c0119160_14543130.jpgc0119160_15456.jpg


c0119160_1456433.jpg







c0119160_1532082.gif

「鏡池」は稲田姫が八岐大蛇から身を隠した間、鏡代わりに姿を映したと伝えられる池でコインでの良縁占いが大人気。薄い半紙の中央にコインを乗せて池に浮かべお告げ文字が浮き出る手法、遠くへ流れていけば遠方の人と縁あり、早く沈めば早く結婚できるらしい。池の周りではキャ~と黄色い声が!;


   ......八重垣神社「縁結びの鏡池」では、硬貨の婚活占い・祈願をする女性達で賑わう......
c0119160_15391319.jpgc0119160_15394028.gifc0119160_15395385.jpg

c0119160_15453257.jpg







c0119160_1545485.jpg


    ......八重垣神社の境内にスサノオとクシナダヒメの縁結び障壁画がある。(クローズアップ)......
c0119160_1556068.jpgc0119160_15561758.jpg


c0119160_15563556.jpg


日本で初めて結婚式が行われた所でもあり「古代結婚発祥地」の案内も堂々聳えています。神社には愛の象徴と言われる夫婦椿も存在し一層箔を着けている。出雲という地は神在月の結び縁会議だけでなく、夫婦の由来でも日本初のパワースポットが幾つもあるのか!縁結びの奥が深いネ~出雲は!


   ......古代結婚式発祥の地の立札もある八重垣神社。出雲は縁結びSPOTの宝庫......
c0119160_166454.jpgc0119160_1661785.jpg
c0119160_1663363.jpg


波乱万丈なるスサノオノミコトの生涯・・、天上界から地上界に転落した荒らぶるワガママ神でしたが、最後は良き伴侶を迎えて素晴らしき一生を全うして何より・・。やはり「終わりよければ全てよし」がいいネ~!

c0119160_5414682.jpg
c0119160_542059.jpg

                 <山陰山陽の旅④:「出雲大社&伊勢神宮」(日本神話に潜む謎の関係)
                  



                                                         おわり

  by rollingwest | 2013-10-22 00:00 | 山陰・山陽の旅 | Comments(74)

<2013年GW>山形歴史紀行(その4):「酒田から鶴岡・天童」

★映画ロケ地としても有名な「酒田・鶴岡」の街


山形歴史紀行も4回目(前回は歴史溢れる酒田・象潟の街や鳥海山を紹介、本記事ラストにURL貼り付け)を迎えますが、今回は映画の街としても有名な酒田・鶴岡をロケ地・映画村からの視点でアプ゚ローチして行きましょう。当時は桜咲く時期だったので今の季節感とは混乱しますが、ご容赦・・!<(_ _)>

                    <2013GW>山形歴史紀行(その1):「上杉藩ゆかりの米沢」探訪

c0119160_19444134.jpg
c0119160_19445393.gif
                  
 .....映画「おくりびと」のNKエージェント会社のモデルとなった旧・割烹「小幡」、正面は和風の料亭玄関....
c0119160_19494340.jpgc0119160_19495797.jpg


c0119160_19501434.jpg


2008年にアカデミー賞最優秀作品の栄光に輝いた「おくりびと」(滝田洋二郎監督)の撮影地が酒田にあることは前回紹介しましたが、主人公・大悟(本木雅弘)が地元山形でUターン就職先として選んだNKエージェントの社屋は旧・割烹「小幡」。立派な3階建ての洋館ですが、玄関は完全に和風建築だネ!


    ......NKエージェントの事務所内部や社長(山崎努)の使っていた机も再現されている....
c0119160_19561110.jpg
c0119160_19562292.jpg
 
旧割烹「小幡」は昭和初めに栄えた料亭で、部屋数も多く洋館の1階部分ではダンスホールとしても使われていたらしい。また映画に登場した「鶴の湯」は市内で実際に営業していた銭湯でしたが2009年に不採算のため廃業。その後、市民から保存要望の声が上がり、庄内映画村に移転改築されました。


    ......(左)NKエージェントの建物を撮影する観光客 (右)銭湯「鶴の湯」(2009年廃業)...
c0119160_2062751.jpgc0119160_2064599.jpg


c0119160_20765.jpg


3回目記事で紹介した庄内シンボル「山居倉庫」や回船問屋「旧鐙屋」は昭和58年NHK朝の連続TVドラマ「おしん」のロケが行なわれた場所。平均視聴率53%、最高視聴率63%を記録した怪物番組は世界各国で放送され、共感を呼んだ苦労人生ドラマは「おしんドローム」の言葉で世界的な大ヒットとなりました。


  ......おしんが働いた米問屋の舞台は、「山居倉庫」(酒田の米積出し拠点)が撮影に使われた....
c0119160_20162194.jpgc0119160_20194496.gif





c0119160_2029624.jpg


小林綾子(少女期)、田中裕子(青春・成年期)、乙羽信子(老年期)、苦難を乗り越え明治・大正・昭和を生きたおしんの姿は感動を巻き起こしました。酒田の豪商達が繁栄を築いた陰には奉公名目で奴隷の如く働かされた労働力があったからこそ。寒村・貧しい家に生まれた人達の辛さは如何ばかりか・・


  ......(左)回船問屋の豪商家「旧・鐙屋」(abumiya) (右)随所に懐かしき「おしん」の姿が・・......
c0119160_2032715.jpgc0119160_20322859.jpg


c0119160_20324620.jpg

    
     ......(左)立派な黒光りの金庫 (右)おしんのポスター(小林綾子&田中裕子)....
c0119160_20431826.jpg
c0119160_20424524.jpg

酒田市に隣接する鶴岡市(県内人口第2位13万人)も庄内藩の城下町として栄え、撮影ロケに使われるSPOTの多い街。ここには「致道館博物館」という庄内地方の民俗資料館がありますが、名称は旧庄内藩・藩校「致道館」に由来。品格ある建物や歴史的建造物など価値ある背景が沢山見られます。


      ......(左)致道館博物館は映画「花のあと」の撮影地に (右)庄内藩校「致道館」....
c0119160_20462180.jpgc0119160_20463793.jpgc0119160_20514738.jpg

c0119160_2173756.jpg




c0119160_205254.jpg


          ......(左)致道館周辺の観光MAP跡   (右)致道館は庄内藩主邸宅....
c0119160_21482064.jpg
c0119160_21483467.jpg


鶴岡&映画といえば藤沢周平!1973年に直木賞受賞後、数々の名作品を世に送り出し「蝉しぐれ」「たそがれ清兵衛」「武士の一分」「隠し剣鬼の爪」は大ヒット映画の脚本としてブレイク!鶴岡市は全国的メジャーに!1997年惜しまれながら69歳で逝去、県民栄誉賞の授与とともに記念館も造られています。


            ......(左)藤沢周平記念館 (右)藤沢の書斎が再現されている....
c0119160_21512519.jpg
c0119160_21513776.jpg

湯田川温泉(鶴岡奥座敷と称される庄内3名湯)の守り神「由豆佐売神社」は「たそがれ清兵衛」の舞台で有名。市内には数々の映画撮影地がありMAP片手にロケ地巡りを楽しむ観光客も多いらしい。


      ......(左)(中)「由豆佐売神社」は「たそがれ清兵衛」のロケ地 (右)「武士の一分」....
c0119160_21531376.jpgc0119160_2153296.jpgc0119160_21534540.jpg
c0119160_2154289.jpg

         ......(左)「蝉しぐれ」のオープンセット(2008年まで公開) (右)「隠し剣鬼の爪」....
c0119160_2204637.jpgc0119160_2211642.jpg
c0119160_2213313.jpg






★庄内映画村(資料館&オープンセット)を訪問

「松ヶ岡開墾場」は、庄内藩士達が明治維新後に開拓した緑豊かな大地で国指定史跡の指定を受けています。3階建ての蚕室(カイコ飼育場)が5棟現存(内1棟が修復され松ケ岡開墾記念館)されており、周辺には食事処や米造り用具収蔵庫・・、そして5番蚕室が「庄内映画村資料館」となっています。


   ......(左)「庄内映画村資料館」 (右)レトロ建物の中に陶芸教室や小物アクセリー店が沢山.....
c0119160_771388.jpgc0119160_772944.jpg

c0119160_775345.jpg


     ......(左)桜の花も雨に散る庄内の遅い春でした。(右)有名映画のバナーも装飾....
c0119160_79407.jpgc0119160_710324.jpg


c0119160_710203.jpg


資料館では「おくりびと」「十三人の刺客」等、庄内映画村で支援した映画作品のアイテム見学が可能。映画で使用した衣装・小道具・絵コンテ等が展示され、下記に紹介する庄内映画村オープンセットと一緒に映画世界を満喫できます。しかし交通アクセスが悪いのが難点、車がないと訪問はチト厳しいかも・・


             ......(左)「おくりびと」の納棺風景 (右)「十三人の刺客」....
c0119160_1956265.jpg
c0119160_19564143.jpg
 
           ......(左)「デンデラ」のロケ広間 (右)おしん生家の土間も再現....
c0119160_2018036.jpg
c0119160_2018152.jpg
 
NHKおしんTV放映(昭和58年)から早くも30年の月日が過ぎました。ついに今年の秋「おしん」が映画で復活。10月12日全国公開予定で、現地では数々のイベントが行われ盛り上がっているようです。小生が訪ねたGW時期には「おしんの生家」が公開を始めたばかりだったので足を運んでみました。


     ......(左)「庄内映画村」のMAP (右)さて次はオープンセット「おしんの生家」へと向かう....
c0119160_20212479.jpg
c0119160_20213782.jpg

c0119160_13403815.jpgc0119160_22104954.jpg

        ......2013GW、散りぎわの桜並木パノラマ、雨に煙る「松ケ岡開墾場」の道....
c0119160_20504810.jpg
             
「庄内映画村」のオープンセットは羽黒町(月山の麓)に位置する広大な映画撮影場。「蝉しぐれ」の映画製作時にスタッフ参加したIT企業経営者が庄内地方の企業や住民の後援を得て敷地88haを買い受けて時代劇のオープンセットとして整備したものです。でも資料館からの移動も結構大変、車は必須だネ。


 ......(左)オープンセットへ向かう道、残雪脇には広大な木の柵が連続 (右)入口の幟り旗が見えてきた...
c0119160_20512244.jpgc0119160_20513751.jpg


c0119160_20515441.jpg


     ......(左)庄内映画村オープンセット正門に到着 (右)赤い巡回バスを背景に記念写真....
c0119160_12502850.jpgc0119160_1251198.jpg

c0119160_12513578.jpg


ようやく到着、戦国大手門が雰囲気を出している!350mに渡って続く漁村や40棟からなる宿場町、炭焼小屋や水車小屋がある山間集落、姥捨山等が再現されています。映画ロケセットの宝庫ですナ~


     ......(左)オープンセットの事務所・入口脇には戦国砦が聳える (右)宿場町エリアの光景....
c0119160_12562656.jpgc0119160_12564255.jpg




c0119160_1257875.jpg


     ......山形の寒村風景ロケセット(農村エリア)の奥へと進むと「おしんの生家」が現れる!....
c0119160_1354223.jpgc0119160_13133637.jpg


c0119160_1361344.jpg


c0119160_1365246.jpg


本当に広大な敷地、全部を見て回るには巡回バスを利用した方がいいかもしれない。しかしもう夕方近くでもう殆ど時間がない・・。小生は「おしんの生家」だけに目的を絞って農村エリアだけを訪ねてみることにしました。20分程歩いていくと山麓の田んぼ脇に明治時代の藁葺農家が再現されています。


       ......(左)おしん生家の内部 (右)懐かしいNHKおしん出演者達の写真パネル....
c0119160_13214286.jpgc0119160_13221585.jpg

c0119160_13223892.jpg


藁葺民家の中を覗いて見ると薄暗い貧しい農家風景(囲炉裏・農作業道具・竈の土間など)が広がっています。懐かしのNHKおしん、映画おしん(撮影クランクアップ完了直後)の出演者パネルもありました。


   ......(左)寒村農家の囲炉裏端 (右)2013映画「おしん」で主役を演じる濱田ここね&上戸彩....
c0119160_1328487.jpgc0119160_1330265.gifc0119160_1330413.jpg


c0119160_13313042.jpg


30年前にNHKロケで撮影使用された「おしんの生家」は中山町という場所にあったようですが、数年前の記録的な大雪で古民家は屋根が崩落し倒壊の危機に瀕し、この映画村に移設されたそうな・・


      .....山形の寒村風景ロケセット、雨に煙っていた農村エリアには独特の寂しさが漂う....
c0119160_13381657.jpg
c0119160_1338313.jpg


おしん生家や農村エリアを見て回りエントランスに戻ったらもう17時近い時刻だ。今日は山形県中央部の天童市に宿を予約してあるので到着が19時近くになるかも・・。やば~い、車をぶっ飛ばして天童へ


  ......もう夕方も深まり、天童へと向かう。雪解けの藤島川の流れ。庄内とはこれでサヨウナラ・・・....
c0119160_1342894.jpgc0119160_13434135.jpgc0119160_1343537.gif


c0119160_1344213.jpg


              <2013GW>山形歴史紀行(その2):日本最大級パワースポット「出羽三山」探訪






★将棋の街「天童」を楽しみ、再び「奥の細道」の風情に浸る


前日夕方遅くルートイン天童に投宿、今日はいよいよ山形歴史紀行ドライブ旅のLASTDAYを迎えました。天童といえば将棋駒の生産地として全国的に有名な場所。市内の随所に将棋モニュメントがあり、市街地を流れる倉津川にかかる橋には、王将橋、金将橋などそれぞれ将棋の駒の名前がついています。


     ......(左)天童で迎えた朝は久しぶりに快晴!(右)橋の欄干には王将将棋の駒....
c0119160_13513215.jpgc0119160_13514943.jpg

c0119160_13521789.jpg


駅近くにあるテンスイ醤油は大正10年の木造工場で実に風情あり。JR天童駅(奥羽本線上と兼用軌道の山形新幹線停車駅)は大規模な橋上駅舎で駅舎には天童市の将棋資料館も入っています。


       ......(左)テンスイ醤油工場 (右)天童駅の改札にも王将将棋の駒....
c0119160_14927.jpgc0119160_1492887.jpg
c0119160_1494811.jpg


天童市中心部にある舞鶴山に車で上がってみました。一帯は市民憩いの公園であり、山頂の展望広場からは、月山や朝日連峰、最上川などが一望できます。桜の名所としても知られ、4月中旬「天童桜まつり」では桜満開の下で「人間将棋」(人間の扮する駒でプロ棋士が将棋を指す)が行われます。


     ......(左)天童市街の風景が一望 (右)毎年桜満開の中で行われる「人間将棋」....
c0119160_14192831.jpgc0119160_14224251.jpgc0119160_1423274.gifc0119160_14232642.jpg





c0119160_14234086.jpg


    .....「天童舞鶴公園」の石段上には「王将の石碑」、ここから人間将棋広場を見渡す....
c0119160_14375140.jpgc0119160_1511514.jpg

c0119160_14383456.jpg

  
天童市内で山形蕎麦が旨い店を尋ねたら「水車」を紹介されたので入ってみました。ここは市内で最も有名な老舗らしく、物凄い人混み!ここはお蕎麦以外の鳥中華が大人気のメニューですが、小生は定番の板蕎麦を注文。やはり山形蕎麦(そば粉100%使用もちもち食感)は歯応えがあって美味しい!


      .....天童一の有名な山形蕎麦の店「水車」(江戸時代に遡る創業50年を誇る老舗)....
c0119160_1514177.jpgc0119160_1514253.jpgc0119160_15143967.jpg







c0119160_15145972.jpg


天童の「将棋むら天童タワー」(ドでかい王将オブジェが目を引く)にも寄ってみました。将棋駒に関する土産物センターで観光バスも乗り付けています。♪「吹けエば~、飛ぶような将棋の駒に~」(ムラタだ・・!)


      .....「将棋むら天童タワー」は将棋駒「王将」オブジェ(鯉幟とのコラボ).、お土産がズラリ!...
c0119160_13265115.jpg

c0119160_13331954.jpg


隣接の「芭蕉庭園」は松尾芭蕉が辿った名勝が凝縮的に再現され、名句を刻んだ句碑が点在する美しい日本庭園です。今日はこれから山寺に向かうので「奥の細道」マインドが再び盛り上がってきた・・!


       .........「将棋むら」の脇には「芭蕉庭園」があり、数々の句碑が立っている.......
c0119160_15231064.jpgc0119160_15251987.jpg


c0119160_15255762.jpg
c0119160_15262021.jpg


当地では「五月雨を集めて早し最上川」の句が相応しいかな・・。芭蕉・曽良が最上川の本合海(内陸と庄内を結ぶ水運の重要中継地)で詠んだ句は、地元俳人達と俳諧を楽しんだ後に日本海側(酒田方面)へ向かう一行に対し、船着き場に別れを惜しんで見送りに来てくれた人達に送った俳句とのこと


       ......(左)最上川SAにも「五月雨を集めて早し」の句碑 (右)堰堤桜が咲き誇る....
c0119160_15383227.jpgc0119160_15385326.jpgc0119160_1539878.jpg







c0119160_15393730.gif


c0119160_15414441.gif


         .....次回は、山形の芭蕉紀行で最も有名な「山寺・立石寺」を紹介予定....
c0119160_15495879.jpgc0119160_15502713.jpg





c0119160_1550449.jpg

     
いよいよ次回、「奥の細道」のクライマックス「山寺・立石寺」(閑さや岩にしみ入る蝉の声)のレポートで山形歴史紀行シリーズは終了する予定ですが、桜満開時期でしたので季節感を考慮し3月下旬に公開予定
            

                          <2013GW>山形歴史紀行(その3):「酒田・象潟」探訪


                                                          おわり

  by rollingwest | 2013-10-11 00:00 | 山形歴史紀行 | Comments(80)