<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

<2014年2月>静岡東部探訪(その2):「富士・沼津・伊豆の国」編

新年の冒頭記事で世界文化遺産・富士山と富嶽信仰に関するルーツ(富士宮周辺)を紹介しましたが、(その2)では富士田子ノ浦・沼津・伊豆の国市の風景・歴史に関する見所をレポートしたいと思います。

                     霊峰富士と共に恭賀新年!静岡東部探訪(その1):「富士宮」編
 



★万葉集にも歌われた富士の絶景「田子ノ浦」


「田子ノ浦」といえば万葉集で山部赤人に「田子ノ浦、打ち出でてみれば白妙の、富士の高嶺に雪は降りつつ・・」と歌われた程かつて白砂青松の名所浜でしたが、少年時代に抱いていたイメージは高度成長期に製紙工場が吐き出すヘドロ公害に悩む工業港の姿でした。昔ヘドラとかいう怪獣もいたナア・・


  .....美しい空気と海を取り戻した「田子ノ浦港」から「愛鷹山(左)」と「冠雪富士」(右)を望む......
c0119160_21531422.jpgc0119160_21532648.jpgc0119160_21533723.jpg




c0119160_2154097.jpg


しかし環境技術の進歩や企業努力で日本から「公害」という言葉は殆どなくなりました。ヘドロが浮いていた田子ノ浦も今は青く静かな海を取り戻し、工場煤煙で汚れていた空気は清浄となり美しい富士山を綺麗に仰ぐことができます。工業港のため工場・タンク・煙突の風景から逃れることはできませんが・・


   ......高度成長期にヘドロ公害で失われた万葉の風光明媚さが復活!富士山&愛鷹山........
c0119160_222256.jpgc0119160_2214734.jpg

c0119160_2221761.jpg


工業港の中を走り抜け駿河湾方面へと向かうと2012年に完成した「田子ノ浦みなと公園」が現れます。田子ノ浦港の大型船入港を可能にするため海底から掘り出した土砂を利用して整備された公園


    ......(左)「沼津アルプス」(香貫山・徳倉山等)が海に浮かぶ (右)「三保の松原」も遠望......
c0119160_2274025.jpg c0119160_2275595.jpgc0119160_2281847.jpg


c0119160_2283565.jpg


広大な公園の芝生にはアスレチック遊具が並び冒険広場や休憩用ベンチが整備されており市民が憩える場となっています。目の前には駿河湾越しに沼津アルプス・西伊豆半島、右に目をやれば三保半島(土壇場で世界遺産指定された三保ノ松原)も見える。テトロラポットは邪魔だが万葉時代の感動を共有


   .......(左)「田子ノ浦みなと公園」は広い芝生 (右)田子の浦港からの南アルプス(真っ白!).......
c0119160_22164080.jpgc0119160_2217242.jpgc0119160_22172010.jpgc0119160_22173577.gif


c0119160_2218264.jpg


    .......「みなと公園」からの駿河湾大絶景!(左)沼津アルプス&(右)伊豆半島の西側.......     
c0119160_22264571.jpg


嗚呼・・、かくも美しき世界遺産・富士を綺麗な空気で堪能できるなんて、日本人は幸せだなあ・・。中国に生まれなくてよかった・・シミジミ。富士市で田子ノ浦絶景を満喫後、国道1号で沼津へと向おう!





★沼津の青松海岸&「御用邸公園」


   .......「沼津・千本松原」は、田子ノ浦から沼津・狩野川河口まで続く10kmの松並木海岸......
c0119160_5542723.jpgc0119160_5544955.jpg

c0119160_555755.jpg


万葉集で歌われた白砂青松風景は「沼津・千本松原」に今も残っており、近くにはかつての皇室別荘「沼津御用邸」や若山牧水記念館が佇んでいます。詩情溢れる短歌で知られる若山牧水は、明治18年に宮崎県で生まれ、大正9年に沼津へ移り住み、晩年の8年間を沼津で過ごしました。


        .......風光明媚な沼津千本松原の中に佇む「若山牧水記念館」.......
c0119160_15443411.jpgc0119160_15445148.jpg



c0119160_1545829.jpg


千本松原をこよなく愛した牧水の歌には、沼津周辺の風物を詠んだものが多く見られます。温暖かつ風光明媚な気候、駿河湾に面した砂浜から眺望する霊峰富士、新鮮な魚介類が豊富な地。皇室や数々の著名人がここを静養地とした理由がよく解ります。地震・津波がチョット怖いけれどね・・


    .......(左)伊豆半島をバックに砂浜で遊ぶ子供たち (右)富士山&青松は絶妙のコンビ.......
c0119160_558116.jpgc0119160_5585334.jpg





c0119160_5591474.jpgc0119160_5592852.jpg
 
「沼津御用邸」は明治~昭和中期まで使われた皇室別荘(大正天皇が皇太子時代に静養)。15万㎡の敷地を誇り千本松原と連なる広大な松林の中にあります。1969年廃止されましたが、記念公園として翌年保存され、多数の来園者が美しい庭園や優雅な皇室邸宅を静寂の中で楽しんでいます。


     .......(左)「沼津御用邸記念公園」の入口 (右)記念公園(皇室の旧保養所)の庭......
c0119160_6513664.jpgc0119160_6515220.jpg





c0119160_6529100.jpg


西附属邸は皇室で使用された家具・調度品が復元されており、当時の皇族の暮らしに触れることができます。東附属邸は皇孫殿下の学問所としての性格を受け継ぎ、文化活動施設となっています。


  ......「沼津御用邸西付属邸」の内部、天皇家の別荘内部は威厳と高貴な雰囲気に満ちる......
c0119160_6571725.jpg
c0119160_6573382.jpg
 




★新鮮な海の幸、活気溢れる「沼津漁港」


沼津といえば何と言っても新鮮な海の幸が味わえる場所。沼津漁港周辺には海産センターや市場食堂が軒を連ね美味しい鮨・海鮮丼等が目一杯味わえます。静岡勤務時代に漁港食堂で時たま食事をしましたが結構お値段は高い気がしました。バスツアーで多くの観光客が乗り付けて大人気ですからネ~


   ......沼津港は海の幸・宝庫(ひものが特に有名)、豊かな駿河湾の恵みが続々と水揚げ.......
c0119160_218356.jpgc0119160_2184417.jpgc0119160_219058.jpgc0119160_2191328.jpg




c0119160_219373.jpg


   .......(左)沼津海産センターは観光客で賑わう (右)光るような新鮮ネタ満載の寿司・海鮮丼.......
c0119160_21255637.jpgc0119160_21263535.jpg


c0119160_21264541.jpg




c0119160_2127515.jpg


2011年には水産会社が経営する「深海水族館」が沼津港にオープンしました。日本で初めて「シーラカンス」(生きた化石)を常時展示しており評判も高いらしい。地元水族館では「淡島マリンパーク」が老舗で有名


   ........沼津漁港にある「深海水族館」、「シーラカンス」の冷凍保存姿は世界で当館だけらしい........
c0119160_21391035.jpgc0119160_21392439.jpg


c0119160_21395074.jpg

     .......沼津レジャーランドの老舗は「淡島マリンパーク」、家族連れで賑わうイルカ・アシカのショー......
c0119160_21462413.jpgc0119160_21464967.jpg



c0119160_21471718.jpg


駿河湾は最深2500mを誇る深海湾、その沖には黒潮が流れており大量プランクトンに支えられる多重な食物連鎖によって豊穣の海が形成されています。伊豆半島西側付根には「大瀬崎」という有名なダイビングSPOTもあり、カラフルな魚や珊瑚の海中鑑賞が楽しめます。正に世界に誇る生態系・宝庫の海!


      .......(左)大瀬崎の風光明媚な風景 (右)スキンダイビングを楽しむ海中楽園の写真......
c0119160_21522727.jpgc0119160_21524150.jpgc0119160_21525426.jpg

豊穣の海は黒潮からの恵みだけではなく、静岡東部・伊豆半島の海洋地形学的な造山プロセスにも大きな要因があります。日本列島を東西に分断するフォッサマグナ西側構造線は静岡東部(富士川沿い)から親不知・富山湾まで走っていますが、駿河湾・富山湾とも底深く落ち込んでおり深海魚の宝庫
また日本の交流周波数(東50Hz・西60 Hz)の境界も糸魚川・静岡構造線に沿って分断されています。


     ......(左)日本列島を東西分断していたフォッサマグナ (右)交流周波数(Hz)の東西境界......
c0119160_21585316.jpgc0119160_624547.gifc0119160_21591167.jpg


c0119160_21594254.jpgc0119160_21595683.jpg

伊豆半島はかつて太平洋上の火山島が日本列島へ接近し衝突して今の形になっています。衝突時に富士山や日本アルプスが形成されたのかも・・(インドがユーラシア大陸に衝突しヒマラヤ山脈ができた過程と同じ)!地球を巡る海洋深層水は沼津・焼津沖からも採取され、健康水として商品化されています。


    ......(左)伊豆半島衝突・形成のプロセス (右)静岡県の沖合から採取される海洋深層水.....
c0119160_2210115.jpgc0119160_2210381.jpgc0119160_6345911.jpgc0119160_22102423.gif

久しぶりに沼津を訪問しましたが、海鮮市場の賑わいや風光明媚さは全く変わっていません。沼津からは南下し伊豆大仁・韮山・三島方面へと向かうルートを取りました。この辺も大いに見所があります。




★伊豆大仁の「葛城山・城山・発端丈山」&「沼津アルプス」縦走の思い出
                     

沼津から伊豆半島北部「伊豆の国市」へと向かいました。平成の市町村合併で生まれた地名で耳慣れない方も多いと思いますが「伊豆大仁」(巨人長嶋若き時代の自主トレキャンプ地で有名)と聞けばピンと来るかも・・。ホノボノとした水田風景が広がっており、右手には「葛城山・城山・発端丈山」が見える!


  ......(左)伊豆大仁の田園地帯から見る葛城山・城山 (右)2010年1月Fツア-登山以来の再訪......
c0119160_2213539.jpgc0119160_22142279.jpgc0119160_2215723.jpg


c0119160_22153078.jpg

c0119160_22154387.jpg

   
この連山には4年前「Fツアー」メンバーとバスを仕立てて登山したことがよき思い出。城山は低山ですが巨大な岩壁が聳え立っており、眼前にロッククライマーが垂直に近い岩の登攀にチャレンジしていました。頂上から見る絶景パノラマは超一級!駿河湾越しに富士山と南アルプスの大絶景を見ることができます。


   ......2010Fツアー登山時に間近で見た「城山・大岩壁」(ロッククライマーが数人攀じ登っていた).......
c0119160_6505260.jpgc0119160_6512350.jpgc0119160_6514139.jpg










c0119160_6521597.jpg


                            2010/1月「伊豆大仁ハイキング」(葛城山・城山)の記事 


  .......葛城山から俯瞰できる「駿河湾越しの南アルプス連峰と冠雪富士」、冬こそが見頃です!.......
c0119160_21444354.jpg
          
沼津には葛城連山の他に「沼津アルプス」という最近大人気の低山連峰があります。昔からの憧れでしたが静岡在住時(2001) 、山仲間・食山人氏(当時・三島在住)に案内して頂き遂に夢を実現しました。


   ......2001年(43才)、食山人氏と「沼津アルプス」縦走、鷲頭山の背景には真っ青な駿河湾.......
c0119160_21451452.jpg
c0119160_21452787.jpg

 
この山の縦走は低山だと思って舐めてかかると禁物です!アルプスの名前が冠されているだけあり厳しいアップダウンが繰り返され結構難関の山です。しかし縦走路からの眺望は絶景パノラマの連続!やはり岩崎元郎の新・日本百名山に選ばれただけはあるネ~。富士山が美しく見える冬の時期がお薦め


  ......(左)葛城山ルートから見た沼津アルプスの山並 (右)内浦湾にポッカリ浮かぶ「淡島」mini富士?......
c0119160_2150146.jpgc0119160_21503216.jpg


c0119160_2151328.jpg





★「葛城山」に潜む古代史ミステリー (役行者と鴨族の謎)


葛城山と聞けば思い出すのが修験道開祖「役小角」(超能力で全国の山を巡った役行者)が修業した大和・葛城山。2009年家族旅行で南伊豆「石廊崎」を訪ねた時「役行者」銅像を発見して驚きました。奈良山奥にいた役小角が何故に伊豆最南端の海に足跡を残したのか?と大いに疑問なのでした。


  .......(左)石廊崎岩壁には「石室神社」が建つ (右)役小角像は南伊豆・賀茂郡の地に立つ......
c0119160_5523488.jpgc0119160_553296.jpgc0119160_22372066.jpgc0119160_22373478.jpgc0119160_223737.jpg
c0119160_22375989.jpg
c0119160_22362491.jpg


                            <2009年2月>南伊豆(河津・下田)家族旅行の記事 

役小角は「鴨族」(賀茂氏)出身、「鴨・賀茂・葛城」キーワードに日本古代史ミステリーが潜んでいそうな気が・・。「鴨族」は「葛城氏」(歴史から抹殺された大和朝廷匹敵の豪族)から派生しましたが、そのルーツは伊豆半島や三宅島に縁が深い氏族らしい。大和政権から島流しされたか、元来は伊豆に大勢力を構えた国かは不明ですが、魏志倭人伝に登場する「伊都国」(一般では九州説)は「izu」とも読めるゾ・・


  .....伊豆半島・最南部「石廊崎」(賀茂郡)は断崖絶壁が続く大奇岩の海(2009年家族旅行)......
c0119160_7193874.jpg
c0119160_7195537.jpg

天皇の重要祭祀は京都「上賀茂・下鴨神社」で行われ、裏天皇「八咫烏」(原始キリスト教系・秦氏で祭祀を司る最高氏族→鴨族)が行っているらしい。神社祭祀ルーツは古代イスラエルにあると云われ、鴨族はユダヤ民族で最高祭祀を司る「レビ族」の末裔。八咫烏は神武東征時に高皇産霊尊が神武天皇の元に遣し熊野国から大和国へ道案内をした鳥。神武神話で奇跡を起こした金鵄とは八咫烏の化身です。


   .......天皇祭祀は京都「上賀茂・下鴨神社」で「八咫烏」(裏天皇)が取り仕切ると云われる.......
c0119160_7281727.jpgc0119160_7284581.jpgc0119160_729087.jpg


c0119160_7292434.jpg
c0119160_7295336.jpg


天孫降臨神話で瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が高天原から降りる際、迎えに出た「猿田彦大神」の姿は鼻が長く正に天狗の姿と完全一致する。神仏習合の修験道には必ず天狗と烏天狗が登場してきます。


 ....超能力駆使で全国飛翔した「役行者」、修験道「烏天狗」や「猿田彦」「八咫烏」との繋がりは?.....
c0119160_7403790.jpgc0119160_7405249.jpgc0119160_741797.jpgc0119160_7411827.jpg


c0119160_7415931.jpgc0119160_7413878.jpgc0119160_7425836.jpg

全国を飛翔する役行者と修験道・烏天狗と八咫烏の共通点。天狗のルーツは天孫降臨の「猿田彦」?呪術を駆使した役行者と裏天皇が執り行う陰陽道の関係、秦氏・鴨族と上賀茂・下鴨神社(天皇祭祀)の関係・・、これらキーワードには隠された秘密が必ずあるはず。日本古代ミステリーの謎は深まるばかり・・


     .......葛城山頂から望む伊豆の国市&狩野川(kanogawa)風景、少年時代の源頼朝像も.......
c0119160_841328.jpgc0119160_842975.gifc0119160_844161.jpgc0119160_845859.jpg



c0119160_85266.jpg
c0119160_854186.jpg


葛城山頂には少年時代の源頼朝像がありました。山頂東側には伊豆の国市を流れる狩野川光景が広がりますが、平野部の中に源頼朝が北条政子と逢引きを重ねた「蛭ケ小島」があるのです。今度は頼朝・政子のロマンス愛や源氏再興に向け挙兵に祈願した社(三島大社・伊豆山神社)を紹介します。


        ......沼津・伊豆大仁を訪ねた後はいよいよ「三島大社」や「韮山反射炉」へと向かう......
c0119160_8134564.gifc0119160_814696.jpgc0119160_8142048.jpg


c0119160_8144525.jpg



                           静岡東部探訪(その3):「北伊豆・韮山」編へと続く

                                                       おわり

  by rollingwest | 2014-02-18 00:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(90)

<2014年2月>埼玉探訪(東松山・川越)&義母(一周忌)の思い出

c0119160_2272390.jpgc0119160_2273719.jpgc0119160_2274749.jpg
c0119160_2275717.png


★義母の一周忌を迎えるにあたって


昨年2月15日に義母が逝去して一周忌を迎えます。直前まで病気とは全く無縁の元気さでしたが、病院検査で突然「すい臓がん末期」と宣告され急遽入院(自覚症状なく発見困難)。その後、僅か2ケ月余りで亡くなってしまい御本人も無念だったと思います。カミさんが臨終を看取ることはできましたが・・


 ......2012/GW信州家族旅行、元気だった義母(一番右)がこの7ケ月後,末期癌で逝去(享年79)......
c0119160_22104382.jpgc0119160_22105511.gif

c0119160_2211732.jpg

 
                                  2012GW信州旅行②「塩田平・上田城」 

「親孝行したい時には親はなし」とならぬよう、お袋・義母との家族旅行を3年連続(2010~12)実施でき後悔せずに済みましたが、まさかこんなに早く別れが来るとは予想もしなかった・・。手元に残る義母の写真を整理し、家族旅行の過去記事を振り返りながら1年目の追善供養日を迎えたいと思います。


 .....(左)2010/3月、初めて両母参加での越後路の旅 (右)2011/5月、清津峡から松之山温泉へ.....
c0119160_22133474.jpgc0119160_22134881.gifc0119160_22135762.gif

c0119160_22141839.jpg

 
                        2011GW①越後旅行「清津峡、魚沼・石川雲蝶彫刻の寺」 

義母が生まれ過ごした埼玉県「東松山市」(カミさん実家:東武東上線)は知名度こそ高くありませんが、近隣には川越・秩父もあり歴史的にお薦めの穴場SPOTが多くある街。義母が元気な頃、家族で散策した写真も未整理だったので、今機会に東松山・川越の見所も一緒に紹介したいと思います。





★深い歴史が息づく東松山(埼玉県)周辺の見所


埼玉県は「さきたま古墳群」など古代史蹟が多い県ですが、義母には実家周辺で最も有名な「吉見百穴」へ案内してもらいました。古墳時代後期(6~7世紀)の横穴式墓穴群(日本最大)であり、小学校の教科書にも載っていました。授業ではhyakketsuと習いましたが地元ではhyakuanaと呼ぶそうな・・


  .....東松山近くの「吉見百穴」(国指定史跡)の奇観!軍用洞窟もあり坑内を歩く義母と娘......
c0119160_22172975.jpgc0119160_22174460.jpgc0119160_22175835.jpg

c0119160_22181759.jpg


凝灰岩質の岩山に蜂巣の如く200基以上の横穴が空けられており、発掘当初はコロポックル(縄文期伝承の小人)の住居跡かと云われましたが、その後は古墳時代の死者埋葬用の墓穴だと判りました。一般的に古墳は棺桶安置の台座がありますが吉見百穴にも台座が発見され墓穴であることが証明


         .......(左)吉見百穴は古墳時代後期の横穴墓群遺跡 (右)土器も多く発掘......
c0119160_22262667.jpg
c0119160_22264238.jpg

 
敷地内には吉見町埋蔵文化財センターもあり、当地域で発掘された縄文土偶・弥生時代土器、戦国時代の出土品等が展示されており町の歴史を伺い知ることができます。いくつかの百穴には国指定の天然記念物「ヒカリゴケ」(平野部の自生例は非常に珍しい)も見られ不思議な光を放っていました。


      .......吉見町・埋蔵文化センターに展示される弥生式土器や縄文時代のビーナス土偶......
c0119160_5424144.jpgc0119160_5431567.jpgc0119160_5434486.jpg




c0119160_5442450.jpg

c0119160_5444672.jpg


 ......(左)百穴散策コースを登って行く (下)戦時は軍需工場として利用 (右)ヒカリゴケが岩闇に輝く.....
c0119160_5554655.jpgc0119160_556228.jpg





c0119160_5561859.jpg


岩山には戦時中に地下軍需工場用で掘られた巨大洞窟もあり中に入ることができます。戦争末期に全国の軍需施設は米軍B29の爆撃を受けました。その対策で中島飛行機(現・富士重工)が全施設を百穴洞窟に移転したのです。昼夜突貫工事で掘られた地下工場でしたが本格稼働前に終戦へ・・


  .......第2次大戦中に軍需工場の目的で掘削された洞窟の内部(道幅は広く奥深い).....
c0119160_632787.jpg
c0119160_634362.jpg

吉見百穴の近くには埼玉では珍しい磨崖仏が並ぶ「岩殿観音」があります。奈良時代に諸国行脚した僧が当地で修行していたところ観音が霊夢に現れた岩に千手観音を刻んで安置したとのこと


   .......坂東10番札所に指定されている「岩殿観音」は718年に開山された真言宗寺......
c0119160_661969.jpg c0119160_663381.jpg








c0119160_66539.jpg


      .......観音堂裏の岩肌には、日本百観音と四国八十八か所の石仏が並ぶ......
c0119160_1948843.jpgc0119160_19482441.jpg



c0119160_1949377.jpg


東松山の市名由来は、室町時代築城の松山城が起源(交通要所で戦国期は多くの戦さが・・)。徳川家康が関東に入国すると当地に松平家が入城して松山藩と命名されました。当初は松山市とする予定でしたが、愛媛県松山市が既に使用していたため関東の松山という意味で名づけられたとのこと


   ......松山城は街道が交錯する要衝地に築城。上杉・北条・武田が争奪戦を繰り返した......
c0119160_19543062.jpgc0119160_19545397.jpg


c0119160_1957292.jpg
c0119160_19571329.jpg


東松山には歴史1300年を誇る「箭弓(yakyu)稲荷神社」が鎮座しています。和銅5年(712)に創建され(古事記と同い年!)、威厳に満ち溢れた大規模な社殿を誇り,あらたかな霊験で地元信仰も篤い


 .......(左)鎮座1300年、深い歴史を誇る「箭弓稲荷神社」 (右)東松山は秩父・川越にも近い......
c0119160_20481117.jpgc0119160_20295654.jpg


c0119160_20432863.jpg
c0119160_20434199.jpg


箭弓稲荷神社は五穀豊穣・商売繁盛・家内安全祈願が中心ですが、「箭弓」と「野球」をかけて最近はプロ野球選手や野球少年も多く参拝。当日は梅が盛りを迎えていましたが、当神社の名物は牡丹・藤の名所。大正12年に東武鉄道から寄贈されたもので、花の季節には多くの来園者が訪れます。


  ......「yakyu」語呂合いでプロ野球選手も参拝に訪れる名所、バットの絵馬掛けが沢山あった.....
c0119160_2053974.jpgc0119160_20532989.jpgc0119160_20534831.gifc0119160_20535912.gif



c0119160_20543430.jpg


      .......訪問当時は箭弓神社の天神殿には萌え立つ梅が盛りを迎え始めていた......
c0119160_2151729.jpg
c0119160_2163191.jpg

東松山市は「物見山公園」(展望塔タワーが人気)、「こども動物自然公園」(動物とのふれあいを大切にし、可愛いコアラも大人気)、大東文化大キャンパスなど、地味な印象とは違って結構見所が多いですよ~


   .......(左)物見山公園の平和資料館と展望塔タワー (右)こども動物自然公園にはコアラも!......
c0119160_21101597.jpgc0119160_21103931.jpgc0119160_21105372.jpg





★想い出の家族旅行レビュー(2010~2013年)


お袋・義母を招いての家族旅行は2010年からスタート。それぞれが伴侶を亡くして(義父2007/7月、親父2009/10月逝去)一人暮らしとなっていたので、たまには孫と一緒に過ごし温泉慰労する企画。最初の年は広大な越後平野にある美肌の湯「月岡温泉」(新津油田跡や瓢湖・弥彦山も訪問)でした。


 .....(左)【2010/3月】月岡温泉旅行、広大なる越後平野&弥彦・角田山 (右)新津「石油の里公園」.....
c0119160_21384874.jpgc0119160_2139534.jpgc0119160_21392094.gif


c0119160_21393868.jpg


広大な越後平野を走り阿賀野川を越え白鳥の湖で有名な瓢湖(旧・水原町=現・阿賀野市)を訪問。昭和29年、飛来した野生白鳥に吉川重三郎氏が餌付け成功し2008年ラムサール条約登録されました。


          ......「瓢湖」は白鳥や渡り鳥が集結するバードウォッチングのパラダイス......
c0119160_2151144.gifc0119160_21493829.gif

c0119160_2150043.jpg

                                  2010/3月:越後旅行「蒲原平野、月岡温泉」 

月岡温泉は新潟の奥座敷・歓楽温泉のイメーシでしたが北陸加賀に匹敵する名湯。歴史は意外と新しく大正時代に石油開発目的で掘削したらたまたま湯が出たとのこと。柏崎温泉と同じで石油臭い湯は実に懐かしい~!美人名湯と云われるだけあってお肌はツルツル!温泉に浸かった後は定番の卓球


  ......(左)美肌の湯で有名な「月岡温泉」 (右)温泉卓球で熱闘、義母は結構強かったなア・・......
c0119160_21583733.jpgc0119160_2265016.jpgc0119160_21591595.jpgc0119160_21593668.jpg



c0119160_220457.jpg


2回目は2011GWに越後魚沼の清津峡や石川雲蝶彫刻で有名な禅寺、松之山温泉(棚田も見学)し越後山里の遅い春を楽しみました。女性陣が沢山のフキノトウ新芽を夢中で採っていた姿が懐かしい。


 ....【2011/GW】越後十日町の松之山温泉旅行、残雪棚田風景が美しかった!フキノトウが取り放題....
c0119160_2213483.jpgc0119160_22133564.jpgc0119160_22135119.jpg







c0119160_22141591.jpg


越後のミケランジェロと呼ばれた「石川雲蝶」(江戸時代)が彫った下記大傑作が越後魚沼の「開山堂」に存在します。また「松之山温泉の棚田風景」(特に残雪期)と「美人林」は必見のお薦め!透明感あるエメラルドグリーンの鏡池はまさに神秘的!残雪に輝くブナ美林で散策すれば心身ともリフレッシュ間違いなし!


   .......(左)石川雲蝶の大傑作「道元禅師猛虎調伏の図」 (右)松之山「美人林」(ブナ森林)......
c0119160_6484110.jpgc0119160_6485794.jpg



c0119160_6492577.jpgc0119160_6494289.gif

c0119160_6495981.jpg


                                 2011年GW②「越後・松之山の棚田風景」 

3回目は2012GWに信州「別所温泉」を訪問しました。「信州の鎌倉」と呼ばれる程に歴史深く素朴な寺社が多く点在し、温泉の奥にある「北向観音」は厄除観音として古くから全国的に信仰されています。平安時代・枕草子にも謳われた別所温泉は信州最古の湯と云われ、愛染かつらでも有名な場所


   ......【2012/GW】信州別所温泉 (左)北向観音を参拝し温泉街へ (右)豪華夕食!......
c0119160_19515351.jpgc0119160_19523824.jpgc0119160_19532734.jpg









c0119160_19534963.jpg


                                  2012GW信州旅行①「更埴・別所温泉」 

当地の見所は国宝・「八角三重塔」がある安楽寺や塩田平(信州の鎌倉)、更埴の「あんずの里」、真田幸村で有名な上田城、上田の街には北国街道の風情も残ります。信州は本当に素晴らしい~!


     .......(左)国宝・「八角三重塔」(青木村の安楽寺) (右)更埴「あんずの里」......
c0119160_20232959.jpgc0119160_20234823.jpg


c0119160_20243486.jpg

c0119160_20245594.jpg





★小江戸と呼ばれた蔵造り街・「川越」の見所


末期がん宣告後、義母は川越にある埼玉医大総合医療センターに入院し(カミさんは毎日泊まり込み)、お袋との最後の対面は亡くなる1ケ月前に何とか実現しました。(新幹線の大宮駅に出迎えて川越へ)


     ......(左)「川越の街並」(小江戸)&大田道灌像 (右)川越シンボル「時の鐘」......
c0119160_20553289.jpgc0119160_20555226.jpgc0119160_2056899.jpgc0119160_20562944.gif







c0119160_2057144.jpg
c0119160_2057249.jpg


見舞いに来たお袋を大宮駅まで車で送る際、カミさんから「柏崎から折角出て来てくれたのだから川越の街を案内してあげて」と指示を受け、途中で市中心部に立ち寄り娘と3人で歴史散策をしました。


       .......壮観な「蔵造り」の街並み、今は人気SPOTとなった川越のレトロ風景......
c0119160_21164543.jpgc0119160_21211062.jpgc0119160_21212794.jpg




c0119160_21215128.jpg


川越は水陸両道(街道と新河岸川航路)が開かれて繁栄し、江戸文化が花開いた「小江戸」と呼ばれる城下町。「蔵づくり」の街並や「時の鐘」など歴史的建物群が醸し出す風情が魅力的。黒い土蔵(重厚な開き扉)・堅牢な瓦屋根を取り入れた防火対応建築で、明治時代の川越大火にも耐えたとのこと


              .......武州銀行・川越支店など洋館建物も威厳と歴史あり......
c0119160_21281954.jpg

c0119160_21283958.jpg

 
古き良き物を大切にし共生を願う川越商人の心意気が感じられ、魅力的な店舗が軒を連ねます。小路に入れば、静かな暮らしの小風景や清閑な雰囲気の寺院等に趣が溢れている。また明治初期からの「菓子屋横丁」(芋菓子が有名)には、昔懐かしい駄菓子を売る店も並びノスタルジーに浸れます。


  ......(左)法善寺境内 (下)小江戸名所巡りバス路線 (右)薩摩芋の名産地で芋菓子が有名......
c0119160_2132252.jpgc0119160_21322135.jpg





c0119160_21324568.jpg


       ......観光客でにぎわう川越の街通り、「時の鐘」周辺がやはり一番賑っている......
c0119160_21393365.jpgc0119160_21395166.jpg



c0119160_21402839.jpg


「時の鐘」は寛永期に川越城主・酒井忠勝が建てた街のシンボル的な存在で一番人気のSPOTです。かつては毎時鐘が打ち鳴らされていましたが、現在は1日4回、時を告げる鐘が機械式で鳴るとのこと


 .......薬師神社(時の鐘の奥)で3人SHOT (右)次は五百羅漢のある「喜多院」へと向かう。......
c0119160_2144074.jpgc0119160_21441744.jpg





c0119160_21443282.jpg


「喜多院」(川越大師と親しまれる)は徳川家ゆかりの寺院で、江戸城から移築再建した書院・客殿、「徳川家光誕生の間」「春日局化粧の間」「五百羅漢」など見所満載!1月の達磨市でも有名ですね。


  .......川越大師で親しまれる「喜多院」(関東の天台宗本山)、初詣・だるま市は大いに賑わう.....
c0119160_2154269.jpgc0119160_21542327.jpg


c0119160_2154431.jpg

      
   .......天海僧正が創建、徳川家光は喜多院で誕生、慈恵堂、春日局の化粧間などが見所......
c0119160_2222468.jpgc0119160_2224024.jpgc0119160_222542.jpg



c0119160_2231737.jpg


徳川家光が生まれた地だけあってここは聖地扱いとされたのでしょう。陰で権力を駆使した天海僧正や春日局(家光の乳母)に所縁深い品々や、日光東照宮を模した建物等を見学することができます。


           .......(左)多宝塔をバックにお袋・娘と3人で (右)仙波東照宮......
c0119160_22103510.jpg
c0119160_22104994.jpg

喜多院の「五百羅漢」は特にお薦めSPOTで「日本三大羅漢」の一つに数えられます。各羅漢の顔は実におもしろい!笑い顔・泣き顔・怒り顔、ヒソヒソ話に驚きの顔と一人一人の豊かな個性が溢れ出ており、観光客を飽きさせることはありません。お袋・娘と一緒に楽しい羅漢達の表情を満喫しました。


  .......(左)五百羅漢の敷地に入ってみる (右)中央に釈迦如来、両脇に文殊・普賢菩薩.....
c0119160_22131023.jpgc0119160_22134064.jpg

c0119160_22135829.jpg


    .......ひょうきんな表情の「五百羅漢」、自分に似た羅漢の頭を撫でると願いが成就......
c0119160_22171385.jpgc0119160_22173078.jpg










c0119160_22174782.jpg


川越を散策した後は車で見舞いに来たお袋を大宮駅に送り届けました。しかしその1ケ月後に義母はカミさんが見守る中で臨終を迎えました。今年、娘も成人式を無事迎えましたが義母に晴れ着姿が見てもらえなかったことはちょっと残念。心身とも健康で、適度な年齢で長生きできることが一番です。


  ......(左)松之山温泉「ひなの宿千歳」 (右)別所温泉「玉屋旅館」、浴衣姿で集合写真......
c0119160_22405470.jpg
c0119160_2241977.jpg

    .......当時17才だった娘も今年1月に成人式。義母には晴れ姿を見せたかったが・・......
c0119160_22252060.jpg
c0119160_22254520.jpg


c0119160_22261572.jpg
c0119160_22262910.jpg




                                                          おわり

  by rollingwest | 2014-02-06 20:53 | 旅の風景 | Comments(82)