<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

<2014年12月>「RW・年末狂歌」 2014年・回顧レビュー 

c0119160_11312996.jpg
c0119160_12265073.jpg



★2014年を振り返って

2014年も残すところあと僅か、まさに光陰矢のごとし・・.。皆様方には「RW逍遥日記」&「洋楽My Favorite Songs」へ日々ご愛顧を賜り、1年間楽しく交流させて頂き感謝申し上げます。今年駆け巡った数多くの報道ネタから、「RW年末狂歌」を吟じながら2014年を回顧レビューしてみたいと思います。

c0119160_12461290.gif

                               *写真をクリックすると拡大表示で御覧になれます。



【 国内時事編 】


(01)「消費税二重表示に騙されて 安いと思えば小銭の追加」 (4月)
c0119160_11372491.jpg

⇒アベノミクスも消費勢反動や天候不順・災害で予想外の景気停滞、10%増税延期で信任得た安倍政権だが、今後のカジ取りはいかに?今年の漢字は「税」でした。ゼー・ゼー、当面は108%の金を付けながら(108つの鐘を突きながら)除夜で苦悩を払いたい・・





(02)「号泣で耳をすませば聞こえてる 佐村河内も笑ろうてら」 (6月)
c0119160_11395282.jpg

⇒「アホな野々村のおかげで俺の話題が完全に薄まってくれた・・笑」←(実は耳を澄まさなくとも聴こえていたサムラコ゛ーチ様)  しかし何度見ても笑えるこの映像 (歴史に残る笑撃会見だった・・)





(03)「政活費 県議の切手は生活費 セクハラヤジは都議の活力」 (6月)
c0119160_12532613.jpg
                
⇒地方議員の不祥事続出、旅行費もカラ出張費も税金で・・、セクハラ謝罪は心から謝ってる?
生活費にしていた政活費・・、アホな野々村のおかげで美味しい汁を吸っていた俺達にもトバッチリが・・(泣・痴呆議員) 





(04)「偽りで国を貶め罪深き恥辱の朝日 今何思う」 (8月・12月)
c0119160_1333090.jpg
                 
⇒朝日新聞の犯した罪は大き過ぎ!どれほど母国を貶めたのか・・(悲) 今年の象徴漢字は「偽」や「嘘」の方でもよかったのでは・・。(京都清水寺貫主) オボチャンもついに検証実験でも再現できずにジ・エンド・・、あれは何だったのかいね~? 「♪ありのぉ~ままで~♪」





(05)「大雪に豪雨・噴火や大地震 いつか自分に降りかかるかも」 (2・7・8・9・11・12月)
c0119160_1345623.jpg
                 
⇒予測不能の災害列島日本、他人事ではいられない。明日は我が身に起こることなのかも・・(恐)
今年はあらゆる種類の災害が次々に襲いかかった物凄い厄年だった・・。被災地の方々にはあらためてお見舞い申し上げます。





(06)「ゴタついたSTAP細胞 辟易し ノーベル受賞で一挙青空!」 (10月・12月)
c0119160_13205069.jpg
                
⇒小保方様に振り回された科学界・・、落胆した理系学生達の心にも再び希望の光が!やはり日本人は凄かった、congratulation!でも天野浩教授の奥さんはチトはしゃぎ過ぎ、目に余ったかも・・





(07)「円安で外人旅行者押し寄せて 爆買い頼みの低迷経済」 (11月)
c0119160_13215879.jpg
                
⇒消費税や天候不順で景気回復は停滞気味に・・、120円突入の円安局面で各業界は悲喜こもごも・・。外人観光客での急増で支えられた感あり。原油の大幅な値下がり (何と一時期の半分の50ドル台) が今後の最大光明!





(08)「女性起用 観劇やワインでウチワもめ 終ってみれば余裕の団扇」 (10月・12月)
c0119160_13242690.jpg
                
⇒ウチワから観劇・ワイン記載ミス、政策費の粗捜しで泥仕合・・。でも安倍さんのしたたかさで皆さんの禊を済ませ帳消しチャラにしてリセット!結果的には自民党圧勝劇のトリガーとなった逆転劇





(09)「安倍政権 奇襲選挙で圧勝し 日本の進路 賽の目は如何に?」 (12月)
c0119160_132450100.jpg
               
⇒今年の流行語大賞は集団的自衛権。選挙信任されたと過信して暴走や油断をしちゃうと、「駄目よ~、駄目・駄目」 でも民主党政権に比べたらどれだけシッカリしていることか・・!成果はこれから





【海外時事編】


(10)「マレーシア消える飛行機 謎だらけ ウクライナでは撃墜もされ」 (3月・7月・12月)
c0119160_924577.jpg
                 
⇒なぜマレーシアの航空機ばかり悲劇に襲われる?年末にはマレーシアのLCCでまたも事故のニュース!今年は世界的に航空機や船舶の大事故が続発。日本の航空会社もコスト削減ばかりでなく安全第一で! 財閥がいい加減な経営をしているナッツリターンの大韓航空は大丈夫かいな・・?





(11)「沈没の韓国船に呆れ果て 言論弾圧 朴も沈没」 (4月・10月)
c0119160_1340287.jpg
                 
⇒我一人まっ先逃げ出す船長の姿に目がテン・・!日本人なら助け合うでしょうに・・。朴槿惠は逆ギレで産経記者を在宅起訴(中国・北朝鮮並みの言論統制?) このエキセントリックな頑固オバサンはもう適当にあしらっておこう。





(12)「やっかいな隣人ばかり中朝韓 密漁・大気・領土・核・拉致」 (毎月々・沢山ありすぎて)
c0119160_13421795.jpg
                
⇒中国とは外交改善のきざしは出たものの・・、根本的な和解と信頼構築は無理だろうネエ・・(泣)
ご近所同士で仲良くしたいが、常識はずれの隣人ばかりでもう辟易・・、ah疲れる(再び・泣)





(13)「100億に近い人類 警告か? 異常気象にエボラやデング」 (8月)
c0119160_13445419.jpg
                
⇒18世紀の世界人口は僅か8億人だった・・、RWが小学校時代(1965)に習った当時は33億人だった・・、それから僅か100年後の2065年には100億人突破の予想!(間違いなく地球は破滅の道へ・・) 目に見えない神の警告が発せられているのに違いない。




(14)「地図広げイスラム国を探してみれば 血染めの銃に旗がたな引く」 (9月)
c0119160_1402042.jpg
                
⇒何とも恐ろしい組織(国ではありませぬ)が肥大化したものだ・・、衝撃的な映像を次々に晒す恐怖集団。世界の若者を一斉リクルートして洗脳化。日本人も志願したとは驚きだった。





(15)「ウクライナ米露冷戦板挟み 北方領土またも棚上げ」 (11月)
c0119160_1411933.jpg
               
⇒安倍さんもプーチンと握手はしたいけれども・・、まあ今はアメリカの顔色を窺っていた方が得策? ロシアは冬季五輪を開催したのに一挙に孤立。強気だったロシアは原油大暴落でルーブル経済も大急落、本当にこの国は大丈夫なのかいな? そのうち熟した柿が落ちてくるかも・・





(16)「北朝鮮 調査するよと言いながら 小出し焦らしでまだラチ開かず」 (11月)
c0119160_14104042.jpg
                
⇒中国に見離された北朝鮮、外交多角化で金せびる。日本に期待をさせて見返りなければジラシ作戦・・。こんな態度じゃ拉致問題解決は期待薄だね・・。金正恩暗殺のパロディ映画は北朝鮮のサイバー攻撃による封切り阻止にも負けず結局公開。これ以上反撃をやらかしてしまうと、米国・虎の尾を踏んで滅亡するぞ・・。





(17)「赤珊瑚 隠れて獲るのが密漁で 堂々盗るのは海賊と呼ぶ」 (11月)
c0119160_14115342.jpg

⇒自分の国の空気汚染だけでなく、他国の海底遺産も荒らして汚しまくるとは、環境破壊国の無節操・横暴ぶりには呆れるばかり。ホントは中国政府が裏で糸を引き、日本の海上保安庁の実力試しをしてたんじゃないの?





【スポーツ芸能編】


(18)「ソチに咲く羽生・葛西の栄光も 感動・涙 真央のレジェンド」 (2月)
c0119160_15392361.jpg
               
⇒真央ちゃんの不屈の舞は国中に大感動!メダルは取れずとも、最後は国民感動の涙が目垂る(medaru) また次回五輪も再挑戦してくれるのか? レジェンド葛西・今年大ブレイク羽生も凄すぎ・・!





(19)「ブラジルを粉砕ドイツ強すぎる!噛みつきスアレス馬鹿すぎる」 (6月)
c0119160_15245038.jpg
               
⇒色々あったW杯でしたが、実にエキサイティングで面白かった~。本当に強かったドイツ!この国を倒せるのどいつじゃい?それにしても母国開催ブラジルの大惨敗で国民の落胆ぶりは可哀想過ぎた・・

                            サッカーW杯2014(ブラジル大会)総括レビュー:【前編】



(20)「W杯 夢を見過ぎた日本人 ベスト4もとか言ってたなぁ」 (7月)
c0119160_15252042.jpg
                
⇒過剰期待だったザックJAPAN。前々回惨敗したジーコJ監督と全く同じ、でも次回こそ夢を見たい~!ところでアギーレさん、八百長疑惑、本当に大丈夫なの? こんなモヤモヤ状態でアジア杯に臨むくらいなら、いっそ日本人監督(またも岡チャンかい?)でやってもらった方がスッキリするね。

                            サッカーW杯2014(ブラジル大会)総括レビュー:【後編】

 




(21)「次々と若き力が台頭し 少子化時代も何のその」 (8~9月)
c0119160_15303279.jpg
                
⇒プロ野球(大谷はベーブルースに次ぐ記録)、サッカー(KOボーイの武藤が彗星出現)、水泳(萩野・瀬戸ライバル対決)、陸上短距離(桐生)・女子スキージャンプ(高梨沙羅チャン)と、若き新星が続々登場! 物おじしない今の若者達(驚) こりゃ2020年の東京五輪が楽しみだ・・・!





(22)「中年のパワー炸裂 凄すぎる!山本マサに葛西やイチロー」 (8~9月)
c0119160_15315178.jpg
                
⇒いやいや中高年軍団だって負けてはおりませぬ!そういえばキングカズ(サッカー)、伊達キミコ(テニス)、旭天鵬(大相撲)、吉田沙保里(レスリング)、法華津様(馬術)もおりました。スポーツ界の高齢軍団もまだまだ元気現役!(定年はありませぬ) この中からまだ五輪選手が出るかも!





(23)「ゼロ並ぶスコアボードの50回 不屈の姿 勝ち敗けはなし」 (9月)
c0119160_15335726.jpg
                
⇒まるで劇画ドラマの延長50回、マー君・斉藤祐樹もビックリ!まさに歴史的な死闘、お疲れ様でした。高野連もついにタイブレーク方式導入を検討


  


(24)「錦織の快挙に続き出雲沸く 華燭の典でWの慶(圭)」 (10月)
c0119160_15354845.jpg
                
⇒出雲出身のニシゴリくん、ホントに貴方は凄かった!古事記「国譲り」の皇室・出雲宮司の結婚でWの慶びに沸いた出雲、今年世界に大きく羽ばたいた錦織の圭事、来年こそは圭のグランドスム初制覇でノドグロを肴に慶祝乾杯! 須佐之男命様、大国主様、お願い申しあげまする!





(25)「モンゴルが歴史を作る大相撲 顔も似てるし諦めの境地」 (11月)
                    
⇒白鳳はついに大鵬に並び32回目の優勝、鶴竜は横綱に昇進、そして怪物・逸ノ城のブレイク、本当に恐れ入りやした~! まあ相撲ルーツは蒙古だし、顔も似てるしDNA同根だから許せるけれど・・、日本人力士よ、もっと頑張れヨ~!
c0119160_15371250.jpg

                                     「双葉山の故郷・大相撲の歴史」


 

(26)「健さんを慕って文太もドス納め 唐獅子牡丹も暮れ涙」 (11~12月)
c0119160_15474640.jpg
                
⇒暮れも押し迫る中で任侠映画の両巨頭が次々と逝く。ああ、昭和は遠くになりにけり・・(哀悼)
  でもこの2人が並んだ姿を見ていると昭和のよさが濃くなるばかり・・





【Private編】


(27)「皆様のコメント入れば嬉々として 殆どビョーキ 転がりの西」 (1月)
c0119160_15525588.jpg
                
⇒安上がり趣味のRWブログ、猿もおだてりゃ木に登る。肩すかしならばローリング、テキトーにあしらって下さい。(笑)来年はもっともっとマニアックな旅記事を紹介致しまする。

                       「出雲大社&伊勢神宮」(日本神話に潜む謎の関係)
 
 






(28)「九州の山と古代史 初デビュー こだわり探訪さらに深めん」 (5月)
c0119160_15542438.jpg
                
⇒九州の雄大な自然、宇佐神宮・国東半島、いや~完全に嵌りました!でもこれから旅費の工面が悩みです。航空早割・格安レンタカー・安宿取って欲張って廻りまくるビンボー症のRW(苦笑)

                       九州登山デビュー&歴史探訪旅②:(椎葉峠越え&市房山)

                                  【ローリングウエスト山紀行:INDEX】
  


 


(29)「世界遺産 人混み避けて訪ねても やっぱり行列 絹の富岡」 (6月・11月)
c0119160_1555457.jpg
                 
⇒少しは過熱が収まったかと秋に訪問してみたが、富岡はやはり混雑。行きたい名所は世界遺産指定される前に行くのが秘訣かな。和紙の世界無形遺産登録もめでたし!日本の技術はやはり凄いねo( ̄^ ̄)oぐっ 

                       群馬・埼玉の世界遺産探訪「荒船風穴&富岡製糸場」
 





(30)「洋楽もようやく100回積み重ね まだまだやるよ!500回まで」 (8月)
c0119160_15571591.jpg
                
⇒年末に112回目となり洋楽メイトの数も増えて嬉しい一年でした。「継続は力なり」・・!往年の有名ロックミュージシャン達も後期高齢者に近くなり次々と鬼籍入りのニュースは悲しいが皆様お元気で長生きして下さい。ミックジャガーみたいに古稀を過ぎても元気にロックを愛したいのだ・・!

                       「RW/洋楽コーナー」:【My Favorite Songs】INDEX
  





(31)「来年はいよいよ娘も就活か 学生優位も油断は禁物」 (12月)
c0119160_15583084.jpg
                
⇒娘よ、氷河期の先輩に比べれば十分恵まれてると思うべし、会社訪問活動の健闘を祈る!





(32)「年初め富士を仰いで願うこと 無事と健康に優るものなし」 (2015・新年も)
c0119160_15594897.jpg
                
⇒来年も優美で穏やかなる富士山の雄姿を心安らかに望めますように・・!富士はやはり日本一!
  世界に誇る富士を誇りとして2015年もよき年でありますように!

                     <2014年>霊峰富士と共に恭賀新年!静岡東部探訪:「富士宮」







★年末最後の御挨拶


皆様今年は大変お世話になりました!来年もRWとの交流が一段と楽しく続けられますよう心より祈念しております。皆様方が健康で心穏やかに、よきお正月をお過ごし下さい。

c0119160_1604381.jpgc0119160_1605553.jpg
c0119160_161539.jpg



最後は毎年恒例のユニクロックの「美女ダンス」(アキタカ様の御用達で7年連続の締め)でお楽しみ頂き2014年さようなら~!また新年元日に新たな気持で再会いたしましょう!


                            「ユニクロック美女時計」年末カウントダウン

  
c0119160_1685553.jpgc0119160_16484098.gif
c0119160_1634844.jpg





                                                          おわり


c0119160_12461290.gif

  by rollingwest | 2014-12-22 20:00 | 「RW年末狂歌・回顧レビュー」 | Comments(108)

<2014年11月>群馬・埼玉の世界遺産探訪(前編):荒船風穴&富岡製糸場

c0119160_5595540.jpg
c0119160_22324874.jpg


★群馬・埼玉の世界遺産を訪ねる旅


今年は6月に「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)が世界文化遺産に、11月は「和紙」が同・無形文化遺産登録のお目出度いニュースが飛び込んできました。昨年の「富士山」と「和食」に続きこの2年間で日本は一挙に4つの世界遺産が誕生!日本人ノーベル受賞と合わせ何と誇らしいことだ!


    ......(左)富岡製糸場・世界遺産登録決定のニュース (右)群馬・埼玉の世界遺産を巡る.....
c0119160_22282666.jpgc0119160_2228472.jpg


c0119160_2229532.jpg


冨岡製糸場は約10年前に家族で訪問しましたが、当時は繰糸場内部が見学できなかったし、新たに3史跡も構成遺産群で加わったことから年内にリベンジする機会を窺っていました。また埼玉県にも足を延ばし製糸場設立者「渋沢栄一」の生まれ故郷(深谷市)、「和紙」の小川町も探訪しました。


          ......(左)「東繭倉庫」の雄姿 (右)富岡製糸場と絹産業遺産群MAP.....
c0119160_22322847.jpgc0119160_2233025.jpg

c0119160_22331519.jpg


今回のミニ旅は藤岡市内のビジネスホテル宿泊し2日間で下記のルートを廻りました。①荒船風穴⇒②冨岡製糸場⇒③高山社跡(藤岡)⇒④田島弥平旧宅(伊勢崎)⇒⑤渋沢栄一史蹟(深谷)⇒⑥煉瓦建築群(深谷)⇒⑦和紙のふるさと(小川)。前編は「荒船風穴」&「冨岡製糸場」を紹介致しましょう。


       ......(左)関越道から藤岡JCTで上信越道へ (右)下仁田ICから南牧川を遡上.....
c0119160_22382375.jpgc0119160_22383427.jpg

c0119160_2238507.jpg







c0119160_22434084.jpg







★名峰「荒船山」:家族登山を懐かしく思い出す

まずは一番山奥で遠い「荒船風穴」から攻めてみることにしました。上信越道・下仁田ICを下りて南牧川を遡上し、標高を上げて行くと「荒船山」(頂上がテーブル状の奇観が特徴的)が見えてきました。


           ......群馬の名峰「荒船山」(200名山)がついに見えて来た!.....
c0119160_22462785.jpgc0119160_2246414.jpg

c0119160_22465533.jpg



この山は10月に登った「御座山」(サンセット&サンライズ絶景)のすぐ近くに鎮座、2005年に家族登山を楽しんだことが懐かしい思い出です。最近はカミさんも娘も全く山に付き合ってくれなくなった・・(泣)


                                 <2014年10月>「御座山」単独行の記事

      ......テーブルマウンテンの奇観(ギアナ高地みたい)の荒船山は意外とお手軽に登れます.....
c0119160_2252111.jpgc0119160_22522996.jpg




c0119160_22524033.jpg

日本の山で頂上部が平な山は「平ケ岳」「苗場山」「美ケ原」等が有名です。いずれも高層湿原や高原状ですが荒船山は平な「艦岩」(tomoiwa)が頂上となっており国内では珍しい景観の岩山!遠くから見ると正に戦艦の如し!意外と簡単に登れますが断崖絶壁で高所恐怖症の人はチト怖いかも・・


     ......(左)2005年、家族3人で登頂 (右)クレヨンしんちゃん作者はこの崖から転落死.....
c0119160_22593621.jpgc0119160_231889.jpgc0119160_2313173.jpg


c0119160_2314850.jpgc0119160_2381844.jpg
c0119160_232519.jpg


あっ、横道に外れてしまいました。(失礼~) 中年オヤジの気ままな一人旅の記事に戻しましょう。
荒船山の真下を通り、神津牧場を経由していくと荒船風穴の駐車場。ここからまた山道を20~30分程歩かなければなりません。夏場の炎天下でこの道を歩かされるのは辛いだろうなアと思いました。





★蚕・繭の大量生産に繋がった天然の冷気保存庫


山道を歩き漸く構成遺産の一つ「荒船風穴」に到着しました。明治時代後期から大正時代にかけては、全国的に風穴を蚕種(蚕の卵)の貯蔵に利用することが行われていました。その中でも、荒船風穴は最大規模の蚕種貯蔵施設として機能しており、繭の大量生産に大きな役割を果たしたのです。


         ......「荒船風穴」に到着、世界遺産祝福の看板の前で、はいポーズ.....
c0119160_549226.jpgc0119160_5491730.jpg

c0119160_5493656.jpg


         ......「荒船風穴」とは蚕種(卵)の貯蔵所跡(岩の中は、冷気保存庫.....
c0119160_552212.jpgc0119160_5521889.jpg


c0119160_5523332.jpg


蚕は春に孵化するので、増産には蚕種が孵る時期を遅らせ夏・秋に養蚕数を増やす必要がありました。活用されたのが夏でも冷風が噴き出す風穴だったのです。風穴は孵化の目安となる蚕を卵のまま留めおくのに適し、気温差ずらしで孵化時期を分散し蚕種の大量生産に成功したという訳か!


    .....風穴から蚕種を時期を変えて取り出す→孵化時期をずらし蚕の大量生産を実現......
c0119160_19282333.jpgc0119160_19285962.jpgc0119160_19293225.jpg






c0119160_19295643.jpg


ガイドの方が数名この山奥で待機しており懇切丁寧に解説をしてくれました。やはり世界遺産指定されただけあって地元は気合が入っているね~!国内蚕産業の仕組を知り大変勉強になりました。


      ......(左)荒船風穴の近くにある「神津牧場」 (右)牧場の背後には「浅間山」.....
c0119160_1936414.jpgc0119160_1937883.jpg c0119160_19381462.jpg

c0119160_1939012.jpg


行き帰りに通過したのは「神津牧場」、ここも家族登山の帰りに訪れて牧場特製のソフトクリームを食べたことが懐かしい。当時は夏で牛が沢山いたけれど、今回はシーズンオフで一頭も姿を見なかった・・


     ......(左)神津牧場の夏風景 (右)晩秋は放牧牛は牧舎内に入れているのかな.....
c0119160_19421149.jpgc0119160_1942249.jpg





c0119160_19424057.jpg


      ......(左)「妙義山」の奇観はいつ見ても圧倒される (右)南牧川が再び現れる.....
c0119160_1950133.jpgc0119160_19502248.jpg




c0119160_19504260.jpg






★「富岡製糸場」と10年ぶりのご対面!

さて次はいよいよ「富岡製糸場」!日本初の本格的な器械製工場であり開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存する日本の近代化、絹産業の技術革新・交流に大貢献した国指定史跡は2014年6月ついに世界遺産として正式登録されました。ブームが収まったかなと思ったがやはり混雑でした~


     ......「富岡製糸場」の正門、ブームが収まった頃を狙ってきたがやはり人気は衰えず....
c0119160_20141171.jpgc0119160_20144972.jpg



c0119160_20151255.jpg
c0119160_20153013.jpg


ここも10年前、荒船山登山後に家族で訪問しましたが、当時は世界遺産登録に向けて市民運動が始まったばかり。構内も全て見学できる状態ではありませんでした。最近の世界遺産登録は年々ハードルが厳しくなっており、富岡は難しいと思っていたが10年の努力を実らせよくぞ夢を叶えました!


      ......初めて富岡製糸場を訪れたのは2005年夏(家族で訪問)、約10年ぶり!.....
c0119160_20305358.jpgc0119160_2031579.jpgc0119160_20311764.jpg
c0119160_20314350.jpg


構内見学は解説員がグループ別(10数名)に案内してくれるのでまずは予約の申し込み。エントランス横に富岡製糸場の概要・歴史が展示披露されているので学習いたしましょう。富岡製糸場は1872年、明治政府が富国強兵策の一環で産業近代化のために設置した国内初の模範・器械製糸場です。 


           ......(左)製糸場の全景 (右)案内ガイドへの申し込みを行う.....
c0119160_203763.jpg
c0119160_20373020.jpg

黒船来航後の鎖国解禁で日本は外国貿易を開始、当時最大の輸出品は生糸でした。輸出急増で需要が高まった結果、質の悪い生糸が大量につくられる問題がおき、政府は生糸の品質改善・生産向上をめざし技術指導者の育成に向けて洋式の繰糸器械を備えた模範工場を創設したのです。


           ......展示場に飾られている機織器や工場内の繰糸器.....
c0119160_20391275.jpg
c0119160_20392521.jpg

富岡が選定された理由は、①養蚕が盛んな土地で大量の繭が確保可能 ②工場建設に必要な広い土地あり ③製糸に必要な水が確保可能 ④近隣で燃料採取可能(高崎・吉井炭田) ⑤外国人指導の工場建設への地元理解でした。伊藤博文と渋沢栄一は官営器械製糸場建設のため横浜の生糸検査人(フランス技師)「ポール・ブリューナ」と契約を結び工場建設・技術移転に携わらせたのです。


   ......(左)明治天皇の払下げ許諾状  (下)製糸場開業に尽力者達 (右)美しい生糸....
c0119160_20414766.jpgc0119160_2042744.jpg

c0119160_20423551.jpg
c0119160_20424550.jpg


さていよいよガイド案内が始まり構内見学へ!東繭倉庫の立派な煉瓦建築がまず登場し当時まだ、煉瓦製造技術が未発達だった時代の話から始まりました。今は煉瓦の街として有名な埼玉深谷(渋沢栄一故郷)から瓦職人が集められて洋風煉瓦製造に挑戦した苦労話を聞かせてもらいました。


       ......流暢で解り易い解説の案内ガイド、グループ別に編成され構内を廻る.....
c0119160_20523095.jpg
c0119160_20524815.jpg

富岡製糸場には400人以上の工女(主に旧士族の娘)が就労しましたが、彼女らの労働環境は相当恵まれていたようです。当時では先進的な7曜制導入と日曜休み、年末年始・夏期休暇、1日8時間労働、食費・寮費・医療費は工場が負担、制服も貸与、まさに福利厚生の先がけだったのですナ。


      .....(左)立派な煉瓦造りの「東繭倉庫」 (右)「西繭倉庫」 (下)「女工館」の寮.....
c0119160_20541671.jpgc0119160_20543984.jpgc0119160_20545633.jpg





c0119160_20551315.jpg


           ......(左)東繭倉庫と繰糸場間の構内道 (右)工女の診療所.....
c0119160_2125860.jpgc0119160_2131845.jpg

c0119160_2133553.jpg

c0119160_2135950.jpg


さあいよいよ繰糸所の中へと入ってみよう!前回訪問時(10年前)はこの工場内はまだ一般公開されていなかったのでようやく念願が叶いました!あの錦絵に表現された繰糸所は敷地中心部にあり奥行140mの長大な建物、トラス構造の高い天井、鉄製ガラス窓で明るい大空間を実現しています。


           ......(左)繰糸場の入り口 (右)構内は繰糸器械がズラリと並ぶ.....
c0119160_2194011.jpg
c0119160_2195480.jpg

     ......繰糸場の天井はトラス構造、小学校の木造校舎(運動場)の天井を思い出す.....
c0119160_21272319.jpgc0119160_21275312.jpg






c0119160_21281443.jpg


続いては「ブリュナ館」!建設指導者として雇われたフランス人「ポール・ブリュナ」が家族と暮らし住居です。家族3人で320坪の家に暮らし、地下室やワイン貯蔵室もあったとは!もう完全に超VIP待遇だね~


         ......首長ポール・ブリュナ(フランス人)が家族やメイドと暮らしていた住居.....
c0119160_21355663.jpgc0119160_21361385.jpg


c0119160_21363012.jpg


かたや今年2月の大雪で倒壊してしまった「繭乾燥場」の無残な姿にはビックリしました。山梨や群馬は比較的大雪が降らない地域ですが、地球温暖化によってこんなリスクが年々高まってくるのかも・・


   ......「繭乾燥場」の倒壊現場、世界遺産建築がこんな姿になっていたとは想像もせず.....
c0119160_21405753.jpgc0119160_2141812.jpgc0119160_2141223.jpgc0119160_21413567.jpg



c0119160_21415252.jpg


明治政府官営工場は後に民間払い下げされ、原・三井財閥へ所有権が移り変わり1939年から「片倉富岡製糸所」となりました。空襲被害も受けることなく、戦時中も一貫して操業を続け終戦を迎えています。1952年からは電化刷新を進め、1974年は史上最高生産量を誇る大工場となりました。


          ......製糸場の取水源となった「鏑川」、夕方の絶景に癒された.....
c0119160_2149056.jpg
c0119160_21491485.jpg

しかし和服需要減少の社会情勢に加え1972年日中国交正常化で中国産の廉価な生糸の輸入増で生産量は減少し1987年操業停止となりました。それでも片倉工業は閉業後も「貸さない・売らない・壊さない」の方針を堅持、莫大なコストをかけて今の姿を保ったのです。片倉の貢献は素晴らしい!


           ......最後に「寄宿舎」の遠景を満喫して富岡製糸場を後にする.....
c0119160_21532236.jpg
c0119160_21535964.jpg
               
    ......世界遺産指定は寂れていた地方都市に活性化の起爆剤!「お富さん」も大喜び.....
c0119160_21573420.jpgc0119160_2157546.jpgc0119160_21581386.jpg

c0119160_21583186.jpg


富岡製糸場は10月に国宝指定も決定されました。富岡市の人口は5万人、地方都市の衰退が問題視されている中で、今回の世界遺産指定は確実に街の活性化へ繋がり素晴らしいことです!片倉工業の文化遺産を守る企業姿勢と市民一丸となった世界遺産に推挙した運動の結果ですね~


              ......鏑川の夕暮れ風景、心癒される田園風景.....
c0119160_225382.jpg
c0119160_225539.jpg
c0119160_2282910.jpg
c0119160_2284195.jpg

今日は朝から絶好天気に恵まれ世界遺産2つを十分堪能できました。山ばかり登っていた群馬ですが広大平野・川風景も素晴らしい!美しい夕焼け田園風景を見ながら藤岡へ車を走らせました。


           ......紅葉の群馬絶景を楽しみながら宿泊地・藤岡へと向う.....
c0119160_22105282.jpg





            

★後編は藤岡・伊勢崎(群馬)&深谷・小川(埼玉)を徘徊!


藤岡ビジネスホテルに泊まり、翌日は早朝から「高山社」(藤岡市の高山長五郎が設立した養蚕業の研究・教育機関)や、伊勢崎市の「田島弥平」が養蚕理論に基づき改築した民家等を見学しました。


      ......(左)構成資産の一つ「高山社跡」 (右)ネギ畑の遥か彼方には「赤城山」.....
c0119160_73546.jpgc0119160_74782.jpgc0119160_742797.jpg

c0119160_745772.jpg
c0119160_751481.jpg


         .....「田島弥平旧宅」は、群馬県伊勢崎市境島村にある歴史的建造物.....
c0119160_19504236.jpgc0119160_2005578.jpg




c0119160_2013041.jpg


続いて埼玉県深谷市に入り富岡製糸場の生みの親(日本近代産業の父)である「渋沢栄一」の生家や深谷市内の煉瓦建築の数々を堪能、最後は世界無形文化遺産に登録された小川町を訪問!この詳細なレポートは後編で紹介しますが、埼玉県の魅力をここでも再発見できて実によかったな~!


           ......深谷市(埼玉県)に入り、「渋沢栄一」の生家「中の家」を見学.....
c0119160_19591930.jpgc0119160_19513247.jpg


c0119160_19524420.jpg

c0119160_1953387.jpg


   ......(左)深谷市「常盤園茶舗」倉庫 (右)渋沢栄一の喜寿を祝って建てられた「誠之堂」....
c0119160_2015584.jpgc0119160_20162418.jpg


c0119160_20164525.jpg
c0119160_2017380.jpg


         ......和紙が世界無形文化遺産に指定登録、埼玉・小川町の和紙を見学.....
c0119160_20232054.jpgc0119160_20234578.jpgc0119160_2024447.jpg



c0119160_20242787.jpg


後編は来年1~2月頃の公開となります。今年の「逍遥旅日記」旅記事編はこれでラスト公開といたします。次回は「RW年末狂歌・回顧レビュー」で今年1年を振り返り本編の筆収めとさせて頂きます。



                                                         おわり

  by rollingwest | 2014-12-11 21:45 | 旅の風景 | Comments(106)