<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

<2014年11月>群馬・埼玉の世界遺産探訪(後編):藤岡・伊勢崎、深谷・小川

c0119160_1150169.jpg


★「絹産業構成遺産群」(その1)「高山社跡」


昨年秋に世界遺産指定の「富岡製糸場」「荒船風穴」を訪ね前編で記事を公開しましたが、後編は構成遺産「高山社跡」「田島弥平旧宅」をレポート!埼玉県に入り、渋沢栄一(富岡製糸場創設者)の生家(深谷)、最後は和紙・世界無形文化遺産を祝って小川町も訪問したのであわせて御覧下さい。


   .....(左)富岡製糸場・東繭倉庫の雄姿 (右)ポール・ブリュナー館を背景に・・(昨年秋).....
c0119160_852065.jpgc0119160_852164.jpgc0119160_8522865.jpg

c0119160_8524144.jpg

      
                  「群馬・埼玉の世界遺産探訪(前編):荒船風穴&富岡製糸場」より続く


     .....富岡製糸場の他に、世界遺産・構成遺産3ケ所を全て廻った(藤岡に宿泊).....
c0119160_1055548.gifc0119160_1056737.jpg
c0119160_1056199.jpg

  
今回のミニ旅は、初日に荒船風穴・冨岡製糸場を訪問して藤岡駅前のビジネスホテル宿泊。翌日は早朝出発し高山社跡へ!駐車場からは竹林遊歩道が整備されておりチト長い時間を歩かされましたが、静謐な空気が爽やかで気持ちいい~!充実したスケジュールのスタートを飾るにはナイスな朝の雰囲気!


      .....高山社跡への見学遊歩道、朝の竹林道、風情がありすがすがしさを満喫.....
c0119160_10583914.jpgc0119160_10585013.jpg

c0119160_1059452.jpg

 
     .....(左)紅葉鮮やか・朝の空も実に爽やか! (右)遊歩道終点から.高山社跡へ....
c0119160_1131357.jpgc0119160_1132432.jpg
c0119160_1134050.jpg

開場30分前に到着したので時間を持て余し周囲を散策。道祖神や道端石碑群が日本の原風景を感じさせます。開門時刻を迎えると数人の地元ボランティアに迎えられ丁寧な案内をして貰えました。


    .....(左)史蹟近くの道端には道祖神や石碑群 (右)立派な石垣坂道を登り正門へ.....
c0119160_118524.jpgc0119160_1181956.jpg


c0119160_1184710.jpg


        .....「高山社跡」に入って見ると立派な庭!紅葉が実に鮮やかでした~.....
c0119160_1112516.jpgc0119160_1113454.jpg

c0119160_11132065.jpg


「高山社跡」は、養蚕法「清温育」研究と人材育成をした創始者・高山長五郎の生家で絹産業遺産群の構成資産(国指定史跡)に指定されました。長五郎は明治6年「養蚕改良高山組」を組織、自宅で養蚕法改良と組合員指導を行い、現在は蚕室(養蚕用家屋)が当時の面影を残してくれています。


          .....高山社(繭の教育機関)の応接間、朝の光が蚕室に差し込む.....
c0119160_11283868.jpgc0119160_11313217.jpg
c0119160_11293324.jpg


奥座敷は歴史を感じる風格ある落ち着いた佇まい、二階に上がると蚕室になっています。5歳頃の親父の本家では養蚕をしていたので、子供の頃を思い出して非常に懐かしい光景が蘇りました。


     .....2階の蚕室、ここで清温育法が確立され日本絹産業発展に大貢献を果たした......
c0119160_11401976.jpgc0119160_11403391.jpg


c0119160_11405012.jpg


絹産業発展の礎の一つを勉強して得した気分で藤岡から伊勢崎へ移動。次の世界構成遺産「田島弥平旧宅」がある島村へと向おう。利根川の雄大な流れと広い空、開放感溢れる群馬の光景だ!




★「絹産業構成遺産群」(その2):「田島弥平旧宅」

        .....伊勢崎市へと入る。「利根川」堰堤の道を散歩する人、ジョギングする人.....
c0119160_1233423.jpgc0119160_1234887.jpgc0119160_124987.jpg

c0119160_1243164.jpg


田島弥平旧宅の観光地運営は地味ながらも地元有志達により手作りで維持されており真心溢れた雰囲気を感じました。冨岡製糸場が世界遺産指定され郷土愛に火がついた人達が盛り上げて行こうという前向き心がヒシヒシ伝わってきます。観光事務所では無料レンタサイクルのサービスが実に嬉しい!


     ......田島旧宅がある「島村」は蚕種業発展に大きく貢献した農村(レンタサイクルで周回).....
c0119160_12193945.jpgc0119160_122049.gifc0119160_12202554.jpg


c0119160_12204475.jpg


島村の蚕種業開始は約2百年前、文政年間で利根川が頻繁な洪水で多くの田畑を失った農家が桑の木(氾濫土砂の土質は桑栽培に適す)を育て蚕種農家に転換しました。明治初期は全村の2/3を占めたとのこと。利根川沿岸は通船業が盛んで交通利便を生かし商売繁盛だったことでしょう。


         .......(左)世界遺産「田島弥平の旧宅」 (右)養蚕新論の版木(石碑)......
c0119160_12263856.jpgc0119160_122658100.jpg
c0119160_12272250.jpg


c0119160_12274038.jpg


      .....偉大な養蚕農家の邸宅は実に立派!田島旧宅を背景に満悦でポーズ取る.....
c0119160_12325990.jpgc0119160_1233188.jpg

c0119160_12333666.jpg


1822年、養蚕農家に生まれた田島弥平は当時の養蚕技法(自然育が基本)に改良を重ね、空気循環の風通しの良い状態で蚕を飼育する養蚕技法「清涼育」を確立しました。屋根の上に「櫓」小窓を設け蚕室内の環境調整する構造、以後全国の養蚕建物の模範となりました。素晴らしいアイディア!


        .....(左)農家正門を出ると素晴らしい小菊の道 (右)「進水館」も貫録あり.....
c0119160_14111658.jpg
c0119160_14132378.jpg

        .....(左)田島一族村の養蚕農家 (右)島村の養蚕農家は全て天窓がある.....
c0119160_14153425.jpg
c0119160_14155769.jpg

当エリアの魅力は豪華な養蚕農家が集中的に犇めいており、ユックリとサイクル周遊見学できること!遠くから全体俯瞰できるポイントもありその圧巻光景に驚かされました。自転車を返却し今度は資料館内の見学。日本繭の高品質さを世界に示した田島弥平という偉人の存在・業績を初めて知りました!


   .....(左)田島弥平の肖像画 (中)蚕の発育順序模型 (右)繭といえば「モスラ~」、ッヤ!.....
c0119160_1422995.jpgc0119160_14225030.jpgc0119160_142346.jpg


c0119160_14232121.jpg


           .....島村の養蚕農家の家並みを遠望!絵になる光景でした・・!.....
c0119160_14345148.jpg
       
「富岡製糸場」「荒船風穴」「高山社跡」「田島弥平旧宅」、群馬県の世界遺産を十分満喫し、次は埼玉県深谷市へと向います。富岡製糸場創設者・渋沢栄一の故郷であり煉瓦建築宝庫の穴場SPOT


      .....群馬・埼玉の県境を流れる「小山川」、近代産業の父「渋沢栄一」の故郷へ.....
c0119160_1435143.jpgc0119160_14354745.jpgc0119160_14353613.jpg






c0119160_14361283.jpg





★日本の資本主義経済の父「渋沢栄一」の偉業ルーツを訪ねる

       .....深谷ネギ畑が地平線の如く一面と広がる!左「妙義山」、右が「赤城山」.....
c0119160_1565157.jpgc0119160_1574568.jpgc0119160_1581044.jpg
c0119160_15825100.jpg
c0119160_157463.gif


「日本資本主義の父」と呼ばれた渋沢栄一の故郷「深谷」は埼玉北部(群馬との県境)にあり、利根川沿いの有名な深谷ネギの大生産地。その地名は「血洗島」という恐ろしく物騒な地名ですが、妙義山・赤城山を遠望できる広大な農村風景。その中に「渋沢栄一記念館」が堂々と聳えていました。


      .....(左)「渋沢栄一記念館」の外観 (右)渋沢栄一が成した偉業の数々が展示.....
c0119160_15244868.jpgc0119160_15251527.gif



c0119160_15253252.jpg

c0119160_153331100.jpgc0119160_15335393.jpg
c0119160_1534832.jpg


冨岡製糸場は渋沢栄一により器械製糸導入・技術者養成を目的として建設され、深谷市出身の偉人達も大きな役割を果たしました。初代工場長も渋沢の従兄弟である尾高惇忠が就任しています。


  ....栄一は冨岡製糸場を設立し養蚕業発展に貢献、東京商業会議所や銀行等を次々に創立.....
c0119160_15545759.jpgc0119160_1556082.jpg


c0119160_15434416.jpg


さて次は渋沢栄一の生家を訪ねてみましょう。重厚な門をくぐると屋根に蚕室を擁した大きな二階屋が眼前に広がり、右手には数棟の倉が・・。ここは「青淵塾・渋沢国際会館」と呼ばれ、日本語や日本文化研究を目的として我国を訪れる海外留学生のための寮として使われていたとのことです。


    ....渋沢栄一故郷・生家を訪ねる。当地名は深谷「血洗島」・・、実に物騒な名前だナ~!.....
c0119160_15541188.jpgc0119160_15481413.jpgc0119160_15483184.jpg



c0119160_15484893.jpg


      .....(左)旧・渋沢邸「中の家」 (中)若き日の渋沢栄一像 (右)主屋の奥風景.....
c0119160_15581615.jpgc0119160_1558356.jpg

c0119160_1558584.jpg
c0119160_15591144.jpg


中の家は留学生の異国文化で賑い活気に溢れていたようです。屋敷裏手に回れば鬱蒼とした木立と深い水を湛えた池があり、深い水の青さに由来し「渋沢青淵」という別称がついたと言われます。


      .....渋沢邸「中の家」をグルリと廻って見る。屋敷の裏庭には立派な石碑が・・!.....
c0119160_1653956.jpg
c0119160_165516.jpg

実は東京都(北区王子)でも彼の偉大な業績を知ることができます。2012年1月、大学同期達で「都電荒川線」巡り(大塚駅→早稲田)を楽しんだ時、「飛鳥山公園」(桜名所)の中に「渋沢史料館」を発見しました。彼の全生涯に渡る資料が収蔵・展示されており、興味深く見学したことが懐かしい!


     ....2012年1月、大学同期旧友(中年軍団)で「都電荒川線」巡りを楽しんだ.....
c0119160_1619379.jpgc0119160_16195912.jpg

c0119160_16203267.jpg

    
   ....北区「飛鳥山公園」(王子駅の隣)の中に「渋沢栄一記念館」が堂々と鎮座していた.....
c0119160_1627294.jpgc0119160_16272121.jpg
c0119160_16274285.jpg

c0119160_1628391.jpg

 
               「都電荒川線ぶらり旅」(飛鳥山・渋沢栄一史料館)の記事はコチラから

第一国立銀行・東京商工会議所・証券取引所・三井銀行・王子製紙・東京電力・東京ガス・日本郵船・東京海上・石川島播磨重工・サッポロビールなど有名企業500社、日本赤十字社・帝国ホテル・帝国劇場・早稲田大学・日本女子大の創設にも関わり、日本初の田園都市構想(田園調布)も提唱・・


 ....(左)栄一喜寿祝いで建築された「晩香蘆」(飛鳥山別邸) (右)若き日の雄姿&第一国立銀行.....
c0119160_16332341.jpg
c0119160_16334193.jpg

c0119160_16341390.jpg


史料館の隣接庭園は大正期建築「晩香廬」&「青淵文庫」(旧渋沢邸の一部で国指定の重要文化財)が当時のまま威厳ある姿で残っていました。都心にかくも立派な建物があったとは驚きでした~





★埼玉県「深谷」は煉瓦建築の宝庫の街!


再び深谷風景に戻しましょう。渋沢記念館から深谷駅に向う途中の小山川沿いに佇む渋沢・喜寿祝いで建築された「誠之堂」や所縁ある「清風亭」は必見!渋沢が創設した第一銀行の関係者が寄付したものでお洒落な建築が河川敷大地に堂々と聳えており、不思議な気持ちになりました。


     .....渋沢栄一の喜寿記念で第一銀行員の出資で建築された「誠之堂」(深谷市).....
c0119160_16302818.jpgc0119160_1631067.jpg
c0119160_16314415.jpg



c0119160_1632393.jpg

     .....大正建築史の貴重な白壁煉瓦造「清風亭」、迎賓観内部は高貴な雰囲気!.....
c0119160_16395714.jpg
c0119160_16401349.jpg

深谷は江戸時代から屋根瓦の名産地でしたが、冨岡製糸場建設計画で洋煉瓦製造技術が必要となり瓦職人が集められました。地元の赤土を利用した国産煉瓦は近隣に名建築を多く残しました。


    .....日本の近代産業発展を支え続けた日本煉瓦製造(ドイツ人技師が指導)の工場煙突....
c0119160_16491580.jpgc0119160_16493854.jpg
c0119160_16495734.jpg

c0119160_16502417.jpg



c0119160_16503817.jpg


暫く進むと長い煙突がある工場資料館が出現!これこそ渋沢栄一が創業した日本煉瓦製造の深谷工場。ホフマン輪窯で焼く初の国産煉瓦工場は2006年まで操業しており、当工場で焼いた煉瓦は鹿鳴館・東京駅・迎賓館・東大・法務省・日銀など明治期の名だたる建築の壁に採用されたのです。


     .....(左)日本煉瓦製造の施設模型 (右)ホフマン輪窯で焼き上げられた初の国産煉瓦.....
c0119160_1715240.jpgc0119160_172144.jpg
c0119160_1725224.jpg

c0119160_173935.jpg


       .....「プレートガーター橋」とよばれる福川鉄道の鉄橋。現在は遊歩道脇に移築.....
c0119160_1784382.jpgc0119160_1785452.jpgc0119160_1791292.jpg

c0119160_1792546.jpg


煉瓦製造工場と深谷駅を輸送往復した専用線「福川鉄道」(廃線マニアでは有名地)やJR深谷駅の見事な煉瓦建築にもご対面。深谷市は「レンガのまち」をPR、随所にテーマパークの様な雰囲気が・・;


        .....JR深谷駅の見事な建築、まるで東京駅の様な風格を見せている!.....
c0119160_1714283.jpgc0119160_17144197.jpg




c0119160_1715127.jpg


   .....(左)塚本燃料商会 (下)旧・柳瀬金物店倉庫 (右)甲子園出場した名門・県立深谷商業.....
c0119160_17193141.jpg
c0119160_17195056.jpg
c0119160_17203843.jpgc0119160_17221920.jpg







c0119160_17223648.jpg




この2日間、富岡製糸場を中心とする群馬の世界遺産群を徹底的に廻り、その設立の最大貢献者「渋沢栄一」の生れ故郷(埼玉県深谷市)の隠れた魅力を発見でき満足気分で帰宅の途に・・。関越道を走っていると小川の地名!10月に世界遺産登録が決まった和紙の里もついでに立ち寄ろう!




★祝!和紙の世界無形文化遺産登録!(小川町)

       .....帰路の途中、道の駅にある「和紙の里」(埼玉伝統工芸館)を訪問.....
c0119160_17413939.jpgc0119160_17415454.jpg



c0119160_17421427.jpg


小川インターを下りて暫く行くと道の駅「おがわまち」に到着、この中に埼玉伝統工芸館があり、世界遺産登録された小川和紙や細川紙(東秩父)の魅力が紹介されており製作工程も公開されています。


        .....めでたく無形文化遺産登録に輝いた埼玉県の小川和紙・細川紙.....
c0119160_1745962.jpgc0119160_17452623.jpg


c0119160_17454521.jpg


             .....和紙の作製作業は初めて見たような気がする!.....
c0119160_17484972.jpg
c0119160_1749178.jpg

和紙原料は楮(kouzo)や三椏(mitumata)、独特な紙の風合いで色々な製品が生み出されるものだナと感心!和食に和紙と日本の高い技術力と分化が評価され世界に発信されて何よりなことです。


     .....(左)細川和紙と着物のコラボ (右)和紙と竹細工で表現された和紙行燈芸術.....
c0119160_1801562.jpgc0119160_1803594.jpgc0119160_181281.jpg


c0119160_1814594.jpg


「祝ユネスコ無形文化遺産登録!」の懸垂幕や幟が誇らしげにたなびいています。小川・細川紙を育み脈々と技術を伝えてきた地元・小川町と東秩父村の関係者の喜びはひとしおだったことでしょう!


    .....(左)祝!埼玉和紙の世界無形文化遺産登録 (右)世界遺産三昧の2日間でした.....
c0119160_1892890.jpgc0119160_1894935.jpgc0119160_1810030.jpg


c0119160_18103568.gifc0119160_18104687.jpg
c0119160_18105613.jpg


                                      「埼玉県探訪」の記事
                                      「秩父探訪」の記事


今旅では富岡製糸場・構成遺産、創設者達の偉業、深谷の煉瓦街、小川和紙を勉強し、日頃は地味な印象の群馬・埼玉がかくも魅力的なのだと再発見!満足感に浸りつつ筆を置きたいと思います。


                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-02-22 00:00 | 旅の風景 | Comments(110)

<2015年1月24日>Fツアー山仲間達との新春ハイキング「房州アルプス・嵯峨山」

c0119160_655534.jpgc0119160_655191.jpg
c0119160_6553496.jpg


★今年の初登山は千葉の山 (Fツアー・ハイキング)


今年の初登山はFツアー山仲間と千葉「房州アルプス&嵯峨山」に登りました。Fツアーへの参加は昨年2月スノーシュ-ハイク以来で皆様とは1年ぶりの再会。今回は低山ハイク・水仙・餃子パーティ企画が楽しみ!

                          <2014年2月>絶景パノラマ・Fツアー!「スノーシューハイク」 


       .....Fツアーバスは新橋駅を6:30出発、朝のレインボーブリッジが見えて来た!.....
c0119160_20123059.jpgc0119160_20124917.jpgc0119160_2013039.jpg
c0119160_6342115.jpg

c0119160_20131749.jpg


朝6:30、チャーターバスが待つ新橋駅SL前広場に集合!首都高速レインボーブリッジを通過するあたりで日の出を迎え、アクアラインで東京湾を横断して千葉県に入り富津から房総半島を南下していきます。


         .....レインボーブリッジを渡ればいよいよ朝日が昇り始めて来た~!.....
c0119160_20324171.jpgc0119160_20325284.jpg
c0119160_2033424.jpg


    .....東京湾アクアラインを渡り(海ほたる通過)、千葉コンビナートが遥かに見えている!.....
c0119160_20445374.jpgc0119160_2045133.jpgc0119160_20452554.jpg




c0119160_20454290.jpg


登山口に近い鹿原(Sippara)に8時頃到着し歩き出しました。今日のスケジュールは「房州アルプス」「嵯峨山」を歩き、途中の水仙ロードを満喫、お昼はフライパン持込みでの餃子パーティ、実に楽しそうな計画!


     .....(左)鹿原(Sippara)入口で準備開始 (右)中高年パワー軍団、いざ出発!.....
c0119160_20512674.jpgc0119160_2051383.jpg
c0119160_20515485.jpg


                          <2011年9月>越後名山ツアー「ニ王子岳」~新発田散策
 




★房州アルプスから水仙ロード


     .....(左)房州アルプス登山道の入口 (右)千葉の低山縦走路、冬のハイク風景.....
c0119160_2059199.jpgc0119160_20592044.jpg


c0119160_20594047.jpg


アスファルト道路が果て、房州アルプスの登山道に入ります。暫く歩いて行くと東京湾パノラマが開けました。遥か彼方に見えるは横浜のランドマークタワー!対岸からいつも房総半島を眺めているが今その場所にいるのか・・と実感!これからパノラマハイクがずっと続くと期待しましたが海の絶景はここだけでした。


             .....朝の東京湾遠景が薄明に輝く、遥かに横浜ランドマークタワーが見える!.....
c0119160_21275978.jpgc0119160_2128128.jpg

c0119160_2212711.jpg


   .....(左)滑る登山道を慎重に進み行く (右)房州アルプスのユッタリした山容風景が拡がる.....
c0119160_21314135.jpgc0119160_2132051.jpg

c0119160_2214583.jpg


房州アルプス最高点は267mの無実山(minasiyama)。この山名由来が山頂標識脇に滲んだマジックで書かれていました。⇒源頼朝がこの道を馬に乗って通過中、椎の実が頭に当たって激怒、「花は咲いても実はなるな」と椎の木に八つ当たり、以来山の椎には実がならなくなったという伝説とのこと


     .....(左)房州アルプス最高点「無実山」(267m)へ!(右)無実(minasi)の由来は頼朝故事....
c0119160_2138041.jpgc0119160_21382490.jpgc0119160_21384263.jpgc0119160_21385998.jpg
c0119160_21391850.jpg


皆はこれを見て源頼朝をボロクソ批難!「人間が小さいネ~!弟・義経を妬みで滅ぼす奴だからな~」と厳しい意見。椎の木は源頼朝を傷つける意図はなく無実であり、「無実山」と呼ぶ説もあるそうな。頼朝も草葉の陰から「そんな事実はない!ガセネタだ!私は無実だ~」と叫んでいるのかも・・(苦笑)


         .....マテバシイの原生林へと入る!ここは縦走路における最大のハイライト.....
c0119160_2156336.jpgc0119160_21565298.jpg
c0119160_2157971.jpg

c0119160_22324445.jpgc0119160_6371890.jpg

c0119160_21572877.jpg


照葉樹林の平坦道、ジグザク下り道、尾根道を過ぎて左側を巻くトラバス道、そして分岐に出ると幻想的な風景が広がってきました。美しいマテバシイの原生林の山道が出現!気分は一挙にリフレッシュ~!


       .....何と素晴らしい幻想的な道!マテバシイ原生林の不思議な魅力に圧倒される.....
c0119160_2231332.jpgc0119160_2233131.jpgc0119160_2234581.jpg

そして次は水仙ロード出現!ここも今回のお目当ての道です。人工的に植えられ手入れされているとは思いますが本来自生している斜面もあり、登山者の心を大いに癒してくれる嬉しい花登山です。


             .....今度は水仙が咲き誇る風景が登場!春を感じますネ~.....
c0119160_6523955.jpgc0119160_653075.jpgc0119160_6532741.jpg


c0119160_6535626.jpg

         .....(左)春を感じる風景の道を歩く (右)ミツマタの花が咲き始めている!.....
c0119160_78070.jpgc0119160_782893.jpgc0119160_784014.jpg



c0119160_785897.jpg


房総半島は「花の半島」として知られますが、水仙ロードは随所に見られます。田園風景(農道両側)の道沿いに広がる多くの水仙は優しい甘い香りを発しており皆は写真をバシャバシャと撮りまくる。


         .....嵯峨山への道中は、水仙風景を十分楽しむながらいい時間を過ごす.....
c0119160_715733.jpgc0119160_7152194.jpg


c0119160_7213498.jpg

c0119160_7225475.jpgc0119160_723889.jpgc0119160_7232487.jpg





c0119160_7234043.jpg



                       <2012年9月>「能郷白山」~「越前大野」弾丸ツアー 





★結構ハードな「嵯峨山」、そして餃子パーティで大いに盛り上る!

当エリアの土壌は粘土質、前々日の雨影響もあり足元が滑り易く結構苦労しました。次の「嵯峨山」はアップダウンが多く予想以上にハードな歩きで房州アルプスよりコチラの方がアルプスの名に相応しいとの声も


     .....(左)いよいよ嵯峨山の頂上が間近! (右)山頂には愛宕神社の祠が鎮座.....
c0119160_10135030.jpgc0119160_1014983.jpgc0119160_10214567.jpg


c0119160_10143474.jpg


11:20ついに嵯峨山に登頂!頂上付近はかなり狭く18人全員が写真に収まるのは困難ですが、ギューギュー詰めになりながらの記念撮影!昼食を摂る敷地確保が難しいため下山途中で広いスペースを探して歩くことに・・。なかなか適当地が見つからない、12:00となり皆のお腹はグーグー状態に・・


           .....嵯峨山山頂にて総勢18名の集合写真!芋の子洗い状態.....
c0119160_10261164.jpgc0119160_10262571.jpgc0119160_10264318.jpg
c0119160_1027863.gifc0119160_10314445.jpg


c0119160_10272241.jpg


漸く適当な場所が見つかりやっと昼食タイム!今回来られなかった山仲間のKz山氏が地元名物「野田餃子」を差入れてくれ、皆で食材・コンロ・フライパンを運んでアツアツ出来立て餃子を食するナイスな企画!


     .....(左)お待ちかねの昼食会、餃子パーティ準備開始 (右)RWはホットワイン配給担当.....
c0119160_1034469.jpgc0119160_10342040.jpgc0119160_1046851.jpgc0119160_10343486.jpg

c0119160_10345370.jpg


焼き餃子・水餃子を調理する女性陣、小生もワイン・焼酎を温めて配布する係⇒働いているフリが上手・・(笑)  皆様が各自持ち寄って来た自慢つまみも交換しながらワイワイと楽しい宴会になりました。


    .....(左)水餃子が煮えたゾ、美味しそう! (右)焼き餃子もコンガリと焼き上がりました!.....
c0119160_10484021.jpgc0119160_10485669.jpgc0119160_10493494.jpgc0119160_1049478.jpg

c0119160_10501685.jpg
c0119160_10502778.jpg


いや~満腹・満願・満足の充実なる餃子パーティでした!さて調理道具・荷物を撤収して下山いたしましょう!冬の時期は関東低山をただ単に歩くだけでなく余裕をもった楽しみ方もいいものだと再認識


         .....満足の昼食を終えてさあ全員パッキングが完了、いざ下山へ再出発.....
c0119160_1059241.jpgc0119160_10591735.jpgc0119160_10593287.jpg

c0119160_10595028.jpg


        .....(左)足元が不安定な橋を渡る (右)途中には美しい竹林風景も出現.....
c0119160_1161779.jpg
c0119160_1163053.jpg
  
小さな春の息吹を少しずつ感じながら下山完了、終点・小保田でチャーターバスが待機してくれています。房総半島の海岸線を走り温泉へ直行!この至れり尽くせりのセッティングが実にありがたき事かな~


        .....(左)最後の林道 (右)春の息吹も感じられる楽しい冬ハイクでした!.....
c0119160_118079.jpgc0119160_1182272.jpg

c0119160_1184378.jpg


    .....チャーターバスが下山路で待機。房総海岸線を走り我々を温泉に連れて行ってくれる....
c0119160_1111827.jpgc0119160_11135987.jpg

c0119160_11142095.gifc0119160_11143214.jpg

c0119160_11144833.jpg


    .....(左)グランビュー岩井で入浴 (右)当地区は「ふしぎな岬物語」の映画ロケ地だった.....
c0119160_11232045.jpgc0119160_11233382.jpg

c0119160_11235286.jpg

 
房総の観光地「岩井」にある温泉はコンドミアム形式の「グランビュー岩井」!何と12Fにある展望温泉が売り物なのだ!温泉から東京湾が一望でき対岸には神奈川三浦半島も眺望でき大感動でした!


       ..... 12F眺望温泉の入口から見た千葉県の山々、左は富山(tomiyama).....
c0119160_11261016.jpg
c0119160_11262579.jpg


      .....12F眺望風呂から見た贅沢な東京湾風景、対岸には三浦半島が見える!.....
c0119160_11501724.jpgc0119160_11505059.jpgc0119160_1151675.gif
c0119160_11512649.jpg


体が温まれば当然ビールで乾杯!帰りは恒例の宴会状態バスに昇華するのは必然でした。今回は18名も集まったためチャーターバス固定費が薄まり、参加費は7千円(餃子パーティ込み)!毎度のことお安い参加費、バスの機動性、楽しい仲間達の濃厚時間!本当にいつ来てもFツアーは素晴らしい~!


       .....道の駅「富楽里とみやま」でワンブレイク、帰りは宴会バスと化してしまいました.....
c0119160_12191383.jpg
c0119160_12192778.jpg

c0119160_1220476.jpgc0119160_12202444.jpgc0119160_12203875.jpg



c0119160_12205493.gif


                         <2013年4月>Fツアー「鼻曲山」&軽井沢・碓氷峠の旅
 


      ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆


★千葉県の山や渓谷も素晴らしいですよ!(2006年訪問レビュー)


最後に千葉県の山の魅力を紹介して記事の筆収めとしましょう。当県から山を連想する人は少ないことと思います。実際に東日本で百名山・200名山が一座もないのは千葉県だけ。(因みに西日本は愛知・京都・広島・山口・香川) しかし千葉県の山の最大魅力は海越しの富士山が望めることです!


  .....(左)「鋸山」地獄覗きから見た相模湾・大絶景(2006年) (右)日本寺の巨大な石大仏.....
c0119160_14284254.gifc0119160_14285966.gifc0119160_14291397.jpg
c0119160_14311378.jpg


     .....(左)相模湾越しの富士山は実に感動的! (右)地獄のぞき・別名「ライオン岩」.....
c0119160_14365427.jpgc0119160_14371139.jpgc0119160_14373061.jpg
c0119160_14375785.jpg


2006年に鋸山(今回縦走した房州アルプスの隣接)は最高の天気に恵まれて相模湾越しの富士山・三浦半島の絶景を堪能しました。空気が乾燥する秋や冬の快晴日を狙って登ればこの絶景に対面する確率は高まります。また当山の巨大石仏・摩崖仏・石仏群は隠れた関東の見所、お薦めです!


             .....千葉鋸山には巨大な崖観音や石仏群もあるのです!.....
c0119160_14434739.jpgc0119160_1444567.jpgc0119160_14573575.jpg





c0119160_14442673.jpg


      ....千葉・大多喜には「養老渓谷」という穴場名所も!心安らぐハイクが楽しめる....
c0119160_153475.jpgc0119160_1535945.jpgc0119160_1574748.jpg

c0119160_1541745.jpg



                          <2013年5月>Fツアー(甘利山・千頭星山):富士山絶景 

今年の山計画は3月に山梨県の「七面山」(宿坊に泊まる予定)、5月に九州「大崩山」(昨年敗退のリベンジ)&「尾鈴山」、7月に「会津駒ケ岳」、秋は日本最大のパワースポット「戸隠山」に挑戦予定です。



                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-02-09 06:24 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(108)