<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

<2015年11月1日>両国探訪歩きで知る江戸・東京の歴史  【墨田区探訪:⑧】

c0119160_154917.gif


墨田区は過去スミからスミまで何度も徘徊ズミなので殆どネタ切れ状態ですが、第8回探訪記事は「すみだ探訪・両国編」をレポートしたいと思います。そのトリガーとなったのは高校同級生のH井真吾が主宰する「物語シアター」朗読劇公演が今年秋は両国の劇場で開催されることになったからです。

c0119160_15504818.jpgc0119160_15505896.jpg

c0119160_15511739.jpg


                                過去に公開した「墨田区探訪シリーズ」はコチラから



★鎌倉歩きのメンバーで両国探訪を企画


H井主宰「物語シアター」朗読劇公演は毎年1~2回開催。柏崎の中高同級生は毎回観劇に集まり、終了後は懇親会というパターンが恒例行事ですが、今回は両国開催(15時)であり、5月の鎌倉新緑歩き(H井も参加)をしたメンバーに「両国探訪してから観劇に行こうよ」と提案したところ、即賛同の声!


     ....(左)JR両国駅前の風景 (右)江戸東京博物館内の日本橋欄干で集合写真...
c0119160_161960.jpgc0119160_1612023.jpgc0119160_161398.jpg


c0119160_1615220.jpg


                        <2015年4月日>新緑の鎌倉アルプス(中高同級生ハイク)
 

朝10時過ぎ、両国駅に同級生ウォーカー5人が集合!歴史を感じる駅舎西側の改札手前には横綱全身を描いた優勝額が飾られています。改札を出て右手には「力相撲」石像と記念撮影用の顔出し力士パネルが鎮座。この手にノリがいい積極派のN-minto様は早速顔を入れ、「写真撮って~!」と懇願


  ....両国駅は力士の街、優勝額や石像がある。N-minto様は毎回ノリよくドスコイ・パフォーマンス...
c0119160_167062.jpgc0119160_1671394.jpgc0119160_1673569.jpg

c0119160_1674950.jpg
c0119160_1681250.jpg


大相撲の殿堂「両国国技館」は今回パスして、まずは「旧安田庭園」に入ってみよう! 緑豊かな日本式庭園は、四季折々の花・紅葉が楽しめ、スカイツリーや両国公会堂の景観を楽しむことができます


   ....江戸大名庭園が明治時代に安田善次郎の所有「旧安田庭園」、スカイツリーが見える!...
c0119160_16232434.jpgc0119160_16234312.jpgc0119160_16235891.jpg


c0119160_16242284.jpg




★関東大震災と東京大空襲の犠牲者16万人が眠る「東京都慰霊堂」


安田庭園を通り抜けると「東京都慰霊堂」(巨大寺院と三重塔)が鎮座する「震災記念公園」に出ます。関東大震災と東京大空襲の犠牲者16万人が眠る国内最大の鎮魂地、ここは4回目の訪問ですが戦後70年節目なのでご案内・・。小学児童5千人の弔魂碑や焼け爛れた機械等が痛ましい。


      ....(左)両国駅周辺の地図 (右)「東京都慰霊堂」は耐震工事でお色直し中...
c0119160_1648231.jpgc0119160_16482688.jpg
c0119160_16484182.jpg


                          <2012年3月>東京都慰霊堂の訪問レポートはコチラから

    ....(左)小学児童5千人の死を悼んだ弔魂碑 (右)焼け爛れた機械や線路が屋外展示...
c0119160_1655541.jpgc0119160_16551441.jpgc0119160_1655327.gif

c0119160_1656119.jpg


まずは復興記念館の中に入ってみよう。内部には関東大震災時の資料が多数展示されています。写真から大地震と直後に発生した大火災(東京を焦土化)のパニックぶりが生々しく伝わってきます。


   ....(左)「震災復興記念館」の廊下風景 (右)関東大震災被害の写真の数々がパネル展示...
c0119160_171833.jpg
c0119160_1712049.jpg

       ....十二階摩天楼「浅草凌雲閣」(明治大正時代のスカイツリー)が大地震で崩壊....
c0119160_174194.jpgc0119160_1733356.jpgc0119160_1734678.jpg


c0119160_1741633.jpg


明治大正時代の摩天楼「凌雲閣」(浅草十二階)が大地震で一挙崩壊、そして避難場所だった当地(陸軍被服廠跡)には火災を逃れ何万人が集まる中で想像を絶する「火災旋風」が襲来したのです。猛火の上昇気流で人々が木の葉の如く舞い上がってしまう大悲劇が発生!嗚呼何たる地獄図・・


  ....(左)燃える永代橋から隅田川に飛び込む人々 (右)猛火上昇気流で発生した火焔竜巻...
c0119160_17101156.jpgc0119160_17102442.jpg
c0119160_17105821.jpg


         ....震災により焼け爛れた建物や機械は焼けただれて無残な姿に・・....
c0119160_17174073.jpg
c0119160_17175264.jpg

復興記念館には関東大震災(1923)の悲惨さを伝える絵画・写真・陳列物が数多くあります。そして震災からまだ100年経っていないことに気がつきました。壮大な地球史の中では一瞬のまばたき・・


         ....震災復興記念館の大ホール、震災の悲惨さを伝える絵画や陳列物が...
c0119160_17181849.jpg
                
       ....(左) 震災後の浅草仲見世の風景. (右)隅田川の鉄橋だけが残り全ては灰燼...
c0119160_17213766.jpg
c0119160_17215392.jpg

    ....(左)災害状況を描いた巨大壁絵 (中)両国国技館も壊滅 (右)昭和天皇が馬乗慰問...
c0119160_17233885.jpgc0119160_17235393.jpgc0119160_1724535.jpg

c0119160_17242049.jpg


ここは東京都大空襲の悲惨さも同時に伝えている場所です。今年は戦後70年、天皇陛下も当慰霊堂で供花されました。今年は戦争を深く知る上で自分自身も大変勉強になった年だった気がする・・


           ....(左)東京空襲の絵画 (右)上空から焼夷弾攻撃をするB29機...
c0119160_17334131.jpgc0119160_17335920.jpgc0119160_17373154.jpgc0119160_9412547.jpg

c0119160_17375477.jpg


        ....慰霊堂の祭壇に祈る。今年は戦後70年で天皇陛下も慰霊訪問し供花...
c0119160_17435377.jpgc0119160_17441021.jpgc0119160_17444068.gif
c0119160_1745837.jpg

c0119160_17452568.jpg


                            <2015夏>都心ド真ん中にて思う「戦後70年」の節目
 




★リニューアルした江戸東京博物館!実に素晴らしい~!


さて次は散策の最大見所「江戸東京博物館」を訪問してみよう。1993年開所からもう22年が経過したのか・・。今回でRWは5回目の訪問ですが、ここはいつ来ても新鮮な驚きを感じることができます。実は昨年もスカイツリー登頂後に来ましたが改装工事中だったのでリニューアル展示は非常に楽しみだ!

 
  ....リニューアルされた「江戸東京博物館」にいざ入ってみよう!入口には豪華な熊手飾り...
c0119160_1883818.jpgc0119160_1885912.jpg

c0119160_189207.jpg


                      昨年スカイツリー登頂後訪問した「江戸東京博物館」記事はコチラから

入館して見るといきなり大きな木造橋が出現!よく見ると江戸時代の「日本橋」再現と知りビックリ!浮世絵で思い浮かぶ丸みを帯びたイメージとは異なりストレートな平橋ではないか!更に進めばミニチュア大名屋敷や豪華な大名籠も出現!会場全体が一大テーマランドの様になっている!大変貌だ~(驚)


    ....入口には大きな江戸時代の日本橋(実際に渡れる木製橋)が再現されている!...
c0119160_18145248.jpgc0119160_1815979.jpg
c0119160_18152727.jpg


c0119160_8262373.jpg


         ....(左)寛永の大名屋敷がミニチュア再現. (右)豪華で優雅な大名籠...
c0119160_18173764.jpg
c0119160_18175170.jpg

新展示は収蔵品の見せ方が実に斬新でダイナミック!実物大模型やミニチュアを多用し、人の動きや表情・風俗文化・各時代の江戸・東京の雰囲気をコンパクトに纏め参加型の歴史博物館となっています。


     ....朝野新聞社(明治時代、東京で発行された民権派の政論新聞社)の正門社屋...
c0119160_18194622.jpgc0119160_182028.jpg

c0119160_828936.jpg


c0119160_18201987.jpg


       ....明治時代の銀座通り、精巧なミニチュア再現の技術は大したもんだなア・・....
c0119160_18235930.jpg
     
明治時代の威厳ある新聞社建物、銀座通りの賑い、江戸時代では日本橋・両国橋の袂で往来する人々や舟、越後屋呉服店の商売繁盛ぶり、江戸庶民生活・職人風景、何でも目に飛び込んでくる!


      ....(左)お江戸日本橋を闊歩する江戸庶民  (右)両国橋西詰の出入り船風景...
c0119160_19254545.jpgc0119160_19282087.jpg

c0119160_19304657.jpg


    ....「三井越後屋呉服店」(三越ルーツ)の大活況光景、現金掛値なしの商売が大繁盛!...
c0119160_202129100.jpgc0119160_2022813.jpg
c0119160_2022335.jpg


           ....(左)町人の木箱作り風景 (右)寺子屋で勉強する子供達...
c0119160_20314586.jpgc0119160_7272942.jpgc0119160_20322466.jpgc0119160_20323752.jpg

c0119160_2032580.jpg


c0119160_7211258.jpg
c0119160_20331528.jpg


家康が江戸に入り天下普請し20年後の人口は40万人程度でしたが、寛永末期は京都に追いつき、元禄期は85万人に達して日本一に、そして18世紀には100万人で世界最大級都市になりました。


       ....江戸時代の鮨や蕎麦、現代とは何か違う雰囲気もあるが粋な食べ方...
c0119160_2040205.jpg
c0119160_20405485.jpgc0119160_20403263.jpg

c0119160_7304294.jpg


    ....(左)大判小判の詰箱 (右)何でも率先挑戦するryoko様、天秤棒を担ぐアラヨッ!...
c0119160_20491538.jpgc0119160_7355525.jpgc0119160_2049308.jpg



c0119160_20494512.jpg

歌舞伎舞台が大発展したのは江戸時代、精巧な仕掛や演出が凝らされ、花道舞台やせり上げ・廻り舞台などが登場!そのような舞台空間の裏側も見せてくれます。四谷怪談の仕掛けも面白い~


     ....(左)江戸時代の樽廻船 (右)歌舞伎舞台、大見えを切る和傘振る舞いの睨み...
c0119160_2052552.jpg
c0119160_20531128.jpg

   ....江戸芝居小屋は、初代中村勘三郎が寛永元年に興した「猿若座」(中村座)に始まる...
c0119160_20553968.jpgc0119160_20555460.jpg

c0119160_2056781.jpg


       ....「四谷怪談」のしかけ(お岩さんの亡霊が仏壇から現れる)...
c0119160_7432812.jpgc0119160_9473492.gifc0119160_20595892.jpg
c0119160_2101217.jpg


明治末~大正時代の東京風景も実にモダンで゙アカデミック!西洋文化と融合したお洒落な成熟感が溢れています。先程、震災復興記念館で見た「浅草凌雲閣」も崩壊前の美しき姿が再現されていた!


         ....(左)御茶ノ水のニコライ堂 (右)海外の演劇を披露した「電気館」...
c0119160_2254993.jpg
c0119160_226778.jpg

          ....(左)銀座通りは華やかな雰囲気 (右)フォード車の威厳ある姿...
c0119160_2274999.jpg
c0119160_2281640.jpg

    ....フォード車の先には、関東大震災で崩壊した「凌雲閣」(浅草十二階摩天楼)の雄姿が!...
c0119160_22103769.jpg
c0119160_22105399.jpg

その他も神田祭の風景や懐かしき昭和レトロの光景もドンドン出てきて盛沢山過ぎる!ゆっくり見ていたら1~ 2時間では回りきれない程に面白い!江戸・東京文化の懐の深さをあらためて認識!


          ....神田神社・須田町の山車、江戸三大祭りの筆頭は神田祭...
c0119160_4511289.jpgc0119160_4522379.jpg

c0119160_4524989.jpg


       ....(左)「スバル360」を囲んで集合写真 (右)懐かしき昭和の居間風景...
c0119160_5211341.gifc0119160_5212692.jpgc0119160_521435.jpg

c0119160_5215832.jpg


もう時間は12時を過ぎている!まだまだ博物館を楽しみたかったものの昼は両国駅前の「ちゃんこ料理店」を予約してあるので見学も終わりに致しましょう!昼からビールで乾杯しちゃんこ鍋に舌鼓


    ....いや~楽しく学ぶことができた!再び両国駅へ戻る。さあ昼食タイムを迎えます...
c0119160_527158.jpgc0119160_5272938.jpg



c0119160_5274862.jpg


  ...両国といえばやはり「ちゃんこ鍋」、昼宴会は「ちゃんこ道場」で楽しく飲み、盛り上りました...
c0119160_5354522.jpgc0119160_836543.gif c0119160_5425363.jpgc0119160_8301051.gif

c0119160_536167.jpg

c0119160_945168.gif



★両国の史蹟をさらに散策して朗読劇公演へ

「回向院」は江戸勧進相撲興行が初開催(1768)された場所であり、相撲協会が歴代相撲年寄の慰霊の為に建立された「力塚の碑」もあります。先日急逝された大横綱・北の湖も今後ここに入ることでしょう。北の湖のような憎らしい程に強い日本人横綱が再出現するのは一体いつのことやら・・。


  ....江戸興行相撲の発祥地「回向院」、「力塚」は歴代年寄の慰霊碑(北の湖親方・・合掌)...
c0119160_5473235.jpgc0119160_5475099.jpgc0119160_5481018.jpg

c0119160_5482943.jpg


当地も江戸の大慰霊所であり、明暦大火の焼死者10万8千人が幕命で葬られています。あの有名な「ねずみ小僧」のお墓(生涯に100度以上大名屋敷に忍び込んで盗んだ物を貧しい人に分け与えた江戸時代の義賊)もあります。墓石を削りパウダー状の粉を袋に入れればお守り袋になるとのこと


   ....(左)回向院で集合写真 (右)「ねずみ小僧」のお墓を熱心に削り開運を祈る女性陣....
c0119160_6165148.jpgc0119160_6171421.jpgc0119160_9134298.jpg
c0119160_617491.jpg


回向院から少し歩いた所には、勝海舟の生誕地や吉良上野介(忠臣蔵の悪役)の屋敷跡もあります。いや~さすが江戸の歴史が重ねられてきた街!こまめに歩いてみると色々な史跡を発見でます。


  ....(左)江戸東京博物館で飾られていた勝海舟の肖像画 (右)勝海舟の生誕地の石碑...
c0119160_6224254.jpgc0119160_623202.jpgc0119160_6233599.jpg

c0119160_6235066.jpg


   ....本所松坂町公園に吉良上野介屋敷跡。悪評高いけれどいい人だったという説も・・...
c0119160_627404.jpgc0119160_6454611.jpgc0119160_646460.jpg

c0119160_6462477.jpg


朝から両国の見所をたっぷり満喫し、15時から始まるH井真吾朗読劇へ!「メトロに乗って」は浅田次郎原作の時空を超えたミステリー(親子・兄妹愛の物語)。高校同級生達も多く見に来ていました。


     ....劇場シアターXでH井の朗読劇「メトロに乗って」(映画でも見たネ~)を観賞...
c0119160_6521876.jpg
c0119160_6523356.jpg

朗読劇公演終了後は、高校同級の恒例飲み会が企画されていましたが、今日は朝から沢山歩き昼間からアルコール漬け、明朝は早め出勤につき欠席させてもらい、ウォーキングメンバーにて喫茶店で軽く打上げ反省会としました。来年は花見ウォーキングでの再会を誓って、両国駅にて解散!お疲れさ~ん!


        ....公演終了後の締めは、サンマルクカフェで打ち上げ本日の反省会...
c0119160_6541525.jpgc0119160_6542871.jpg

c0119160_6544140.jpg


       ....(左)両国街路にある力士モニュメント (右)夕暮れの両国路地も風情あり...
c0119160_6593561.jpgc0119160_6595188.jpgc0119160_70851.jpg


c0119160_702491.jpg




                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-11-29 09:00 | 都会の風景 | Comments(118)

<2015年10月>錦秋の「斑尾山・戸隠山」(北信五岳の山旅)

c0119160_10262615.gif


★「北信五岳」の2座(斑尾山・戸隠山)へ挑戦


妙高高原・野尻湖を囲むように聳え立つ長野県北部の名峰5座(妙高山・黒姫山)は「北信五岳」と呼ばれます。飯縄山は17年前に、昨年は黒姫山、今秋は斑尾山・戸隠山を制覇して4座目をクリア


     ....越後と北信濃に鎮座する「北信五岳」、今回「斑尾山・戸隠山」登頂で4座制覇....
c0119160_10304881.gif
c0119160_10272510.jpgc0119160_10273559.jpg
c0119160_10274426.jpg
  
                           <2014年7月>北信濃・歴史旅&「黒姫山」(200名山)


残るは「妙高山」だけですが、日本百名山達成記念を飾る山にしたいとも考えており「北信五岳」全山制覇はまだ時間がかかるかな?今回、斑尾山・戸隠山は晴天日恵まれ最高の山旅となりました。


     ....「戸隠山」から眺望した雲海大絶景、右側遥かに北アルプス連峰(クリックで拡大表示)...
c0119160_10322481.jpg
       




★開放感あるススキ平原が印象的だった「斑尾山」


今回の1泊2日旅(斑尾・戸隠山の順番)も素晴らしい天気に恵まれました。RWはここ数年雨になった確率は1~2割、「晴れ男かな?・・」と勝手に自己満足\(^o^)pV 東京駅を朝6:30に出発。今春に開業した人気の北陸新幹線(実に格好いい車両!)に初乗車し飯山駅に8:20到着、便利になったネ~


  ....斑尾山は「飯山駅」が基点、今年開業の北陸新幹線駅ができ飛躍的に交通アクセス向上...
c0119160_10342823.jpgc0119160_10352321.jpgc0119160_10353767.jpg
c0119160_10361657.jpg





c0119160_10363655.jpg

飯山駅からタクシーで荒瀬原登山口に到着し9:15出発。斑尾山は信越トレイルのスタート地点、長野・新潟の県境に位置する標高千m前後の低山脈尾根を横断するに国内有数のロングトレイルの山道です;


  ....(左)信越トレイル(全長80km)の出発地 (右)荒瀬原登山口から出発(黒姫山をバックに)...
c0119160_10561832.jpgc0119160_10564116.gifc0119160_10565231.jpg
c0119160_105747.jpg

標高を上げ行くと徐々に紅葉光景に包まれてきた。今年は夏の日照時間が少なかったのでやや心配でしたが全国各地の山はいい感じの紅葉になっています。青空あってこそ錦秋は映えるもの!


    ....紅葉まっ盛りの山道を行くマツ氏の後ろ姿、イヤ~素晴らしい晴天日になったネ~!...
c0119160_1133878.jpgc0119160_1135172.jpgc0119160_20202996.jpg
c0119160_1145660.jpgc0119160_115665.jpg

c0119160_1153429.jpg


「北信五岳」は殆どが2千m級ですが斑尾山だけは1400m足らずの低山。しかし頂上手前の大明神岳からの眺望は実に素晴らしい~!目の前には野尻湖が美しい姿を見せています。昨年の黒姫登山時にナウマン象博物館など、湖の周遊観光したことが懐かしい!11:30斑尾山頂へ到着し昼食・・


  ....目の前には「野尻湖」を俯瞰!バックは妙高山(左)黒姫山(右)、何たる絶景~!...
c0119160_11254658.jpgc0119160_11252980.jpgc0119160_23203294.jpg
c0119160_1126631.jpg
c0119160_2321359.jpg
      ....(左)斑尾山の頂上にて (右)雲海が広がる秋の山、大パノラマ!最高の日だ!...
c0119160_1291279.jpgc0119160_1293178.jpgc0119160_1295452.jpg


c0119160_12101196.jpg

下山は斑尾高原スキー場方面へ!開けた視界を楽しみながらの緩やかな山下り。一面のススキ原はまさに圧巻!爽やかな空気の中で心癒される雄大な光景は紅葉とはまた違う趣を感じました。


       ....ススキ原が広がる裾野を下山、何たる開放感!風情がありますなア~...
c0119160_1220452.jpgc0119160_1221023.gif


c0119160_12211855.jpg

c0119160_1223404.jpgc0119160_1224196.gifc0119160_12241780.jpgc0119160_20243065.jpg




c0119160_12243659.gif

スキー場ゲレンデを下り切って、脇の斑尾高原ホテルのテラスにてビールで乾杯~!ああ今日は楽チンでした。さてここからはバスに乗って長野駅経由で乗り換えて戸隠高原(善光寺門前を通過)へと向います。


  ...(左)斑尾高原スキー場へ下る (右)ホテルのテラスにてビールで祝杯!この瞬間が堪らない...
c0119160_12404747.jpgc0119160_12411015.pngc0119160_12422975.jpg
c0119160_1242123.jpgc0119160_2322675.gifc0119160_23222811.jpg

         ....次は長野駅からバスに乗って戸隠高原へ(善光寺の前を通過し山へと登る).....
c0119160_12553397.jpgc0119160_12555315.jpg
c0119160_1256829.gif

戸隠高原ホテルに宿泊。眼前には戸隠山のギ゙ザギザ岩稜線が大迫力姿で鎮座しているぞ!右にピラミダルな高妻山の雄姿!山の端に消えゆく夕日を見届けて、湯上りは豪華食事で前祝い!乾杯~


   ....(左)戸隠高原ホテル宿泊 (下)豪華夕食で前祝い (右)戸隠山が目の前、美しいサンセット光景...
c0119160_13153943.jpgc0119160_13162224.jpg
c0119160_13163850.jpg

c0119160_13165553.jpg
c0119160_13171137.jpg

c0119160_1558394.jpg
c0119160_155856100.jpg





★神話と信仰の霊山「戸隠山」へ挑戦!超危険ルートの緊張登山!


翌朝は3時半に目が覚めてしまい入浴してリフレッシュ!山の準備を整えて朝食も済ませて宿を5時半過ぎに出発。宿のご主人が登山口に繋がる戸隠奥社入口まで車で送ってくれたことに感謝・感謝!


     ....翌朝5:50出発、戸隠奥社(登山口)に向い巨大杉の参道を延々と進んでいく...
c0119160_1335180.jpgc0119160_13432316.jpgc0119160_2247287.jpgc0119160_13352626.jpg





c0119160_13361137.jpg
c0119160_13362666.jpg


戸隠奥社への参道は立派な巨木杉の間をひたすら進みます。20分程歩くと茅葺きの「随神門」が現れて来た。そして右手に奥には真っ赤な朝焼けの戸隠岩峰が聳えている!何たる感動的な光景


    ....(左)朝日を浴びて戸隠山が真っ赤に染まる (右)随神門に到着、奥社はまだ先...
c0119160_13454876.jpgc0119160_1346233.jpgc0119160_13461615.jpg


c0119160_13472458.jpg


6時半に戸隠奥社到着!朝日当る紅葉が真っ青な空に映え実に美しい!奥社・九頭龍社に無事登山を祈願します。実は戸隠山も天岩戸の伝説地なのです。天照大神がウズメの舞で少し戸を開けた時、すかさず天手力雄命が岩屋の戸を放り投げ、岩戸は信濃まで飛んできて戸隠山になったのだ。


   ....戸隠山も天岩戸伝説の山!今年は宮崎と長野で天岩戸を2つとも対面できた~(嬉)...
c0119160_13541719.jpgc0119160_13544143.jpgc0119160_1355154.jpg

c0119160_14115792.jpg


c0119160_13554870.jpg
c0119160_13553279.jpg
c0119160_164363.jpgc0119160_1645783.jpgc0119160_22401080.jpg


c0119160_1654370.jpg
c0119160_166143.jpg


                        <2015年5月>高千穂・神話探訪旅③(天岩戸伝説)

 
日向国から信濃国に飛んできた天岩戸が形を変えた戸隠山、奥社から見上げる雄姿は神々しく紅葉と青空に浮かび上がっている。いざ出発!感動的な素晴らしき錦秋登山がいよいよ始まります。


        ....奥社登山口から戸隠山の荒々しい山容を見上げる、いざ登山開始!...
c0119160_1613397.jpgc0119160_1614161.jpg
c0119160_16142475.jpg
c0119160_16144059.jpg


     ....標高を稼ぎ上げて行くと岩峰がさらに迫る!そして眼下には美しい紅葉と雲海...
c0119160_1621133.jpgc0119160_16213828.jpgc0119160_20294672.jpgc0119160_1622127.jpg
c0119160_16223483.jpg

急坂の尾根道を暫く行き、最初の鎖場を過ぎると「五十間長屋・百間長屋」という岩回廊に出ました。ここは古の修験者が神力を得るために修行した岩の祠。ここから眺めた雲海絶景は素晴らしい~!


  ....「五十間長屋・百間長屋」という断崖絶壁下に穿たれた岩回廊(地蔵祠)を通過して行く...
c0119160_16355351.jpgc0119160_1636739.jpg
c0119160_16363087.jpg

c0119160_16371817.jpgc0119160_16374489.gifc0119160_16381296.jpg
c0119160_659467.jpg


c0119160_16383592.jpg
c0119160_1639848.jpg


雲海広がる大絶景の右手は長大なる北アルプス連峰、中央部の白い海原には山々が島の如く浮かんでいる。遥かに見える巨大な島は八ケ岳!絶好気象条件が重ならないと体験できないレア光景!


     ....紅葉と雲海に浮かぶ山々(遥か彼方に八ケ岳)のコラボ、感動的な絶景が続く...
c0119160_16583582.jpgc0119160_16585397.jpg

c0119160_1659102.jpg

c0119160_2033117.jpg

c0119160_20521072.gifc0119160_1701383.jpgc0119160_16595131.jpg

c0119160_1703196.jpg


戸隠最上部まで来ると危険な登りが連続出現。岩壁直登を繰り返していくと、ついに出ました~最大難関「蟻ノ戸渡り」!ここは日本で最も危険な登山ルートの一つ、命にかかわる程の恐怖の道・・!


        ....いよいよ危険な登山道へ!まずは断崖絶壁の鎖場を攀じ登っていく...
c0119160_1718473.jpgc0119160_17522312.jpgc0119160_175357.jpgc0119160_17533416.jpg

c0119160_1719934.jpg


    ....そして最大難関「蟻ノ戸渡り・剣ノ刃渡り」が出現!転落即死事故が多発する危険稜線...
c0119160_17341337.jpgc0119160_17343648.jpgc0119160_1735027.jpgc0119160_173516100.jpg

c0119160_17353553.jpg

c0119160_17355271.jpg


戸隠連峰は地質が凝灰角礫岩で風化崩壊が激しく滑り易い危険な山。「蟻ノ戸渡り」は両方が断崖絶壁となっている道で引き返す登山者も多いのです。最大恐怖の「剱ノ刃渡り」は何と最小幅が僅か15cmのナイフブリッジ!滑落すれば両崖に墜落して即死。毎年事故が起きている最大危険箇所です。


   ....「蟻ノ戸渡り」(両側断崖絶壁)の細い稜線を恐る恐る岩にへばり着き跨ぎながら進む...
c0119160_1858132.jpg
c0119160_1919587.jpg

c0119160_19245595.jpgc0119160_19261038.jpgc0119160_19253810.jpg
c0119160_19264453.jpg

c0119160_19285216.jpgc0119160_19291927.jpgc0119160_19293512.jpgc0119160_19295647.jpg

c0119160_1930309.jpg


今日は風もない安定快晴だったので何とか無事通過できましたが、雨が降り強風だったら転落危険は高まり確実に引き返したと思います。最大難所を乗り切り「八方睨」に到着!雲海絶景はついに360度の大パノラマとなり難関超えた安堵と満足で充実感!戸隠山頂上はピストン往復で満願達成!


   ....「八方睨」到着!大パノラマ絶景!ここから戸隠山頂上に空身ピストン、眼下には黒姫山...
c0119160_202372.jpgc0119160_20233672.jpgc0119160_20235082.jpg

c0119160_20243818.jpg

c0119160_2035351.jpgc0119160_20352145.jpg

c0119160_2241444.jpg
c0119160_20354712.jpg

頂上景色はさらに絶景大パノラマが広がっていました!北アルプス・妙高・黒姫山の北信五岳が一望!至福時間を大満喫して下山。再び「蟻ノ戸渡り・剣ノ刃渡り」を渡る恐怖を味わいましたが・・(苦笑)


  ....(左)戸隠最高峰「西岳」(超危険) (中)北アルプス「白馬岳」 (右)北信五岳盟主「妙高山」...
c0119160_20405841.jpgc0119160_20412284.jpgc0119160_20414823.jpg
c0119160_20422617.jpg





★無事故下山の御礼参り(戸隠中社)、戸隠そばで締めて帰京


帰路も最大難関を越えて再び「五十間長屋・百間長屋」へ到着。ここまで来ればもう安全、しかし神々しい雲海絶景ともお別れです。巨大杉参道・随神門を経過し、12:00奥社入口へと戻りました。


     ....素晴らしい雲海を楽しみながら下山。「蟻ノ戸渡り」再び挑み、無事通過で安堵....  
c0119160_22423285.jpgc0119160_22425095.jpg
c0119160_2243865.jpg
     
       ....神々しい巨木杉の参道は多くの観光客で賑い沢山の人が歩いていた.... 
c0119160_22461474.jpgc0119160_22463815.jpgc0119160_2248688.jpg

c0119160_2247751.jpgc0119160_22523896.jpg




c0119160_22482177.jpg


戸隠中社に到着し無事下山の御礼参拝。社祭神は「天八意思兼命」(天照大神の天岩戸隠れで、ウズメに岩戸神楽を舞わせる策を提案)で境内には樹齢700~800年超の巨木杉が林立している。最後は名物「戸隠そば」を頂き(ビールで乾杯)、山旅有終の美・至福を倍加させました。


    ....(左)「戸隠中社」前の巨大な神木杉 (右)この神社は日本有数のパワースポットで有名...
c0119160_21523559.jpgc0119160_2153163.jpgc0119160_2023353.jpg

c0119160_21532394.jpg


       ....戸隠中社に無事下山の御礼参拝を行い、最後は戸隠そばで打ち上げ会...
c0119160_2233174.jpgc0119160_2234992.jpgc0119160_224582.jpgc0119160_2242116.jpg







c0119160_2244865.jpg


今回で日本200名山は156座目を踏破達成!戸隠山は懸念していた難関でしたがマツ氏の綿密な計画立案と快晴日に恵まれ無事安全に終えて感謝感謝!強烈な印象の山を噛みしめながらの帰宅となりました。日本の山はバリエーションがあって実に魅力的。来年はどんな登山ができるのだろう・・


  ....超危険な難関峰「戸隠山」を無事下山でき本当によかった~!安全あってこそ登山の喜び...
c0119160_711088.jpgc0119160_2212810.jpgc0119160_22122963.jpg


c0119160_22125143.jpg
c0119160_221388.jpg


                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-11-14 00:00 | 山紀行・名峰レビュー | Comments(124)