カーペンターズ「青春の輝き」

★(031):カーペンターズ 「青春の輝き」  (1976年)   (2012.4.3公開)


c0119160_21275411.jpg我青春のBGM「カーペンターズ」、中学~大学生時代まで二人の美しいコーラスをリアルタイムに聴いて青春を過ごしハタチに・・。何も起こらなかった寂しいわが青春・・(苦笑)、数々の名曲は自分の心を今も癒してくれます。1969年デビューの兄妹デュオ初の曲「遙かなる影」(close to you)が初購入EPレコードでした。当時はバートバカラック秘蔵ッ子と言われましたが、その後は2人の力で「トップオブザワールド」「スーパースター」「シング」「イエスタディワンスモア」等の名曲を次々に放ち70年代を代表するアメリカンPOPSの最高峰に登り詰めました。1983年拒食症により32歳の若さで急逝したカレン、1976年リリースの「青春の輝き」は彼女が最も気に入っていた曲でした。「気付くのに時間が掛かった。私は恋をするべき時間を無駄にしたことは分っている。完璧を求めたお馬鹿さんの私、真面目に走り過ぎていた。蒔かない種は生えはしない。気付くまで随分と高くついたみたい・・。「青春の輝き」は、カーペンターズが大ブレイクしても、多忙の中で寂しさ・空疎な気持ちを感じていた兄妹の気持ちが出ています。恋するカップルを見て羨む心情が「青春の輝き」の曲名とは正反対の境地だったのかもしれない・・。70年代に世界制覇した偉大なる姉妹、栄光の彼らとは全く反対のRWですが、甘い「青春の輝き」がなかったという点では一緒だなア・・。すみません、無理矢理こじつけたネ~・・。(苦笑) 

  # by rollingwest | 2002-11-01 00:04 | 洋楽(ロック・POPS)

フリートウッド・マック「ドリームス」

★(010):フリートウッドマック 「ドリームス」  (1977年)                 (2011.9.11公開)


c0119160_628826.jpg1970年代中期の洋楽POPヒットチャートを席巻した「フリートウッドマック」の最大ヒット曲「ドリームス」を紹介。1977年リリースの最高傑作「噂」(Rumours)からのシングルカットは全米第1位に輝き、彼等をイーグルスと並ぶ米国ロックの代表存在(アルバムは31週間・米ビルボード1位、1700万枚セールス)に導きました。淡々としたドラムスと堅実に奏でるギターとシンバル、絡むような印象深い女性ボーカル(スティービーニックス)、風格ある名曲でした。POP名曲の数々「ライアノン」「ゴーヨアオウンウェイ」「ソングバード」「ドントストップ」等の名曲は小生の寂しき青春時代を癒してくれました。実は元々彼らは当初は泥臭いブルースバンドでした。1967年、ミック・フリートウッド(リーダー)&ピーターグリーン(ブルースの盟主)により英国で結成され、ローリングストーンズと並ぶ白人ブルースで人気を博していました。その後音楽性の違いから70年にピーターが脱退、相次ぐメンバーチェンジや音楽性の変換でバンドは低迷期を迎えます。しかし1975年に2人の女性ボーカル(スティービーニックス&クリスティーンマクビー)を迎え一挙にPOP路線へと転換。新生メンバー再出発の「ファンタスティック・マック」(1975)は大ヒット、栄光への邁進となりました。泥臭さをこよなく愛するブルースファンの立場からすれば、一挙に軟弱路線へ変節した堕落バンドだったのかも・・。当時そんな背景を知らなかったRWは、洗練のPOPサウンドに魅せられ、夢中でFENラジオから彼らのヒット曲を毎日聴いていたのでした。

  # by rollingwest | 2002-11-01 00:03 | 洋楽(ロック・POPS)

イーグルス 「ラストリゾート」

★(006):イーグルス 「ラストリゾート」  (1976年)  (2011.8.13公開)


c0119160_564144.jpgウエストコーストサウンドを代表する伝説の米国ロックバンド「イーグルス」、不朽名作「ホテルカリフォルニア」(1976)の最終を飾る感動バラードが「ラストリゾート」。美しく崇高で彼らの最高名曲と今も崇めます。彼らは1971年、瑞々しいカントリーロックバンドとしてデビューし、その後音楽性を高めて数々の名盤を生み、米国を代表するアーティストへと成長しました。金字塔「ホテルカリフォルニア」のラストシーンはドンヘンリーとグレンフライが創り上げた佳曲で静かに締めくくられます。静かなピアノイントロから始まり、透明感ある美しさに包まれる曲ですが、実は歌詞内容は「米国象徴の夢のカリフォルニアはもはや幻想」と退廃的に歌っているのです。「1969年ウッドストックの魂はどこへ?」と無念に歌い上げる曲には、全体を覆う寂しさや終末感も漂います。また当時のイーグルス自体が最高を極め飽和状態となり、事実上の終焉状態だった事も一因なのでしょう。1982年に解散した彼らですが、2007年「ロングロード・アウトオブ・エデン」(右)での復活は嬉しいニュースでした。「最後の楽園から長い道のりだった」と溜息つく様な表題でしたが、この復活盤には往年の懐かしいイーグルスサウンドが全く失われておらず安心した次第。そして名盤「ホテルカリフォルニア」で忘れらないのは「時は流れて」(wasted time)・・、この名曲も当時イーグルスはまさにローソクの炎が燃え尽きる前の最大の閃光を放った時期かもしれません。

  # by rollingwest | 2002-11-01 00:02 | 洋楽(ロック・POPS)