<2016年2月5日>デビッド・ボウイ回顧展・【DAVID BOWIE is】鑑賞・・・彼の心境によせて

                   <デビッド・ボウイ一周忌:特別レポート>

c0119160_5494855.jpg
c0119160_550022.jpg




★「デビッド・ボウイ」衝撃の死から1年経過・・、天王洲アイルで回顧展開催


昨年1月に亡くなった世界的なロックスター「デビッド・ボウイ」の生涯を振り返る回顧展「David Bowe is」が天王洲アイル・寺田倉庫で開催中!20世紀で最も影響力あるアーティストと評価されたボウイの音楽人生・アート・ファッションの真髄展を観に行ってきました。!リキを入れて思う存分に紹介します!


   .....2016年逝去のロックミュージシャン達、余りにも多過ぎて衝撃的な年でしたが今年も同様かも....
c0119160_671693.jpgc0119160_5555955.gif
c0119160_5561241.jpg

昨年は往年のロック大物アーティストが次々とこの世を去りましたが、デビッド・ボウイの死がまさに皮切りであり衝撃的なニュースでした。その後もグレン・フライ、モーリス・ホワイト、ジョージ・マーチン、キース・エマーソン、プリンス、レオンラッセル、グレッグレイク、ジョージマイケル・・・、70~80年代の洋楽を一世風靡した至宝達も後期高齢者なので相次いで亡くなるのは致し方なきことかな・・(泣)

                   遺作となった名盤「ブラックスター」(2016年1月)の記事はコチラから


   .....2016年1月10日に逝去したデビッド・ボウイ、遺作「ブラックスター」は全米NO1に!....
c0119160_6144627.jpgc0119160_615084.jpgc0119160_12285783.jpgc0119160_6263231.jpg



c0119160_3343724.jpg
c0119160_6151485.jpg

    
最期まで男の美学を貫いてカッコよく死を迎えたのがデビッドボウイ!癌闘病生活(18ケ月)に耐えながら天に召されましたが、2日前(彼の誕生日)に遺作「ブラックスター」を全世界にリリースした直後、宇宙へと旅立ったのです。精悍な声で「私は死に往く・・」と歌ったボウイの姿はまさに驚異的だ~!


  .....「私はもうすぐ死に往くのだ・・」と末期の心境を歌い上げた「ダラー・デイズ」(遺作ブラックスター)....
               

デビッドボウイ回顧展は品川区の「天王洲アイル」にある「寺田倉庫ビル」で開催されています。ここは江戸幕府が第4台場を置いた場所で、RWが若い頃は東京商船大や臨海工場があったエリア。今は豊洲に隣接する超高層ビル群が林立する未来都市。街全体が無機質過ぎるのが気になるけど・・


 ....(左)高層ビルが立ち並ぶ未来都市「天王洲アイル」 (右)寺田倉庫ビルで回顧展が4/9まで開催中.....
c0119160_22253760.jpgc0119160_22284716.jpg

c0119160_22261014.jpg


回顧展は2013年にヴィクトリア博物館(ロンドン芸術殿堂)で開催された内容を世界109都市に巡回展示しており、観覧者数は170万人に迫り驚異的観客数となっています。さあ早速入場してみよう!
c0119160_22324062.jpg
c0119160_2233296.jpg

                          天王洲アイルの記事(品川区探訪・前編)はコチラから





★幻想・前衛・美しき世界観、新技術を駆使した画期的な展示


ヘッドフォン装着の体験型展示方式は実にユニークで画期的!彼が歩んだ歴史別のミュージックビデオが随所に流されており、そこに立つと彼の名曲が自動的に耳に流れてくる仕組み!所有の楽器・手書の歌詞、奇抜なコスチューム・ファッション等、所蔵品厳選の300点の貴重な品々が展示されているゾ!


     .....幻想的な会場レイアウト(写真撮影禁止につき、以下はインターネット拝借写真を使用).....
c0119160_22435198.jpg
c0119160_2236766.jpg


ボウイのデビューは1967年「David Bowie」。実質の音楽活動開始は1964年とは結構古いネ~!本名はデイビー・ジョーンズですが、当時大人気だったモンキーズのDジョーンズ(同性同名)と区別するためにボウイと名を変えた事を初めて知りました。若い頃から実にハンサムだったのだと再認識した次第


  .....(左)ボウイ若き日の姿 (下)直筆の作曲楽譜 (右)デビュー盤ジャケット、やはりハンサムだネ~.....
c0119160_22381586.jpgc0119160_22455476.jpgc0119160_2239551.jpg
c0119160_3391686.jpg

c0119160_22461456.jpg






★1970年前後は「宇宙人の申し子」を演じ続けたボウイ


彼が世界中で知られたのは1969年、映画『2001年宇宙の旅』モチーフで創られた「スペース・オデティ」!アポロ11号打上げに合わせて制作され、世界が注視する月面着陸のTV放送でBGMとして使われてことで一挙に大ブレイクしました。この曲はRWが洋楽カラオケで得意に歌いあげる名曲の一つ!

                           彼の最高傑作「スペース・オデティ」の記事はコチラから


   .....米国のアポロ11号月面到着の年に大ブレイク!超名曲「スペース・オデティ」(1969) .....
c0119160_1233465.jpgc0119160_2253964.jpgc0119160_22535291.jpg

c0119160_22542135.jpg
c0119160_2254354.jpg


               

RWが彼の名前を初めて知ったのは1971年。異星から到来した架空ヒーロー「ジギー」がロック王者として成功する映画作品主題歌を歌い、ML誌でその存在が強烈に紹介された日でした。歴史的な名曲「ライフ・オン・マーズ」(1971)や「スターマン」(1972)など当時のボウイはまさに宇宙人そのものでした。


 .....(左)火星生活を歌いあげた「ライフ・オン・マーズ」 (右)世界に大ブレイクした名曲「スターマン」(1972)....







★妖艶なグラムロックの王者として君臨!その後もファッションの前衛を疾走!


RWがロックに嵌った1970年初頭、彼は「グラムロック」の旗手に変身してマークボラン(T-Rex)とともに大活躍しました。ド派手・奇抜な衣装とメイクでキワモノに見えましたが、その後の彼は音楽性・ファンションは時の流れに合わせてドンドン変化させていき、間違いなく最先端を疾走していたのです。


 .....夢中で聴いたグラムロック時代の名曲「スターマン」を歌う映像と当時の本物衣装が展示.....
c0119160_2384674.jpg
c0119160_2385751.jpg
               
   .....妖しき華美なグラムロック王者として君臨していた頃の名曲「ジーン・ジニー」(1973).....
               
長年の薬物中毒に冒され精神疲労が限界に達した彼は1976年自分自身を建て直し復活しました。「白人の黒人音楽実現」というテーマを掲げ、自らを「プラスティックソウル」と呼び音楽の方向性を大転換させたのです。グラムロック時代の面影は完全に抹殺し、新たな変化を重ねカメレオンの如く生き抜きました。


  .....ボウイの着た数々の先進的衣装が飾られている!まさにトレンド最先端なものばかり.....
c0119160_23113016.jpg
c0119160_2311459.jpg

c0119160_357583.jpgc0119160_3574187.jpgc0119160_358666.jpg


c0119160_3583344.jpg


ボウイは山本寛斎と交流し日本の最先端ファッションを次々と取り入れました。「アラジンセイン」の独特ズボン衣装!「出火吐暴威」の漢字が躍る白いマント、日本の侍や歌舞伎にインスパイアされた衣装は実に個性溢れ進歩的!そのデザインの斬新かつ彫刻的な造形で世界は彼に再注目をしたのです。


 ....山本寛斎がデザインした「アラジンセイン」衣装や「出火吐暴威」と漢字表現の白マントも出現!.....
c0119160_4162664.jpgc0119160_4164344.jpgc0119160_4165997.jpg

c0119160_4171573.jpg


1977~1979年、ボウイは西独ベルリンに移住します。ブライアン・イーノとコラボして「ベルリン三部作」をリリースします。当時はニューウェーブ全盛期の中で、骨董品の様なシンセサイザーを用いて成功を収めました。


  .....本展クライマックスの「ショウモーメント」のセクションではライブ姿や前衛的な芸術的空間が炸裂.....
c0119160_4261919.jpg
c0119160_4263466.jpg

ボウイの幅広い交流は数々の大物ロックアーティスト達とのコラボも実現しました。ジョンレノン、ブライアンイーノ、ルーリード、クイーンとの共演映像は貴重!先に紹介したミックジャガーとのMTVはやはり笑えますネ~。

                      Dボウイ&Mジャガー「ダンス・インザ・ストリート」の記事はコチラから

 
   .....1980~90年代に入ると往年のキワモノ感は全くなくなりお洒落でダンディーな雰囲気!.....
c0119160_4294212.jpg
c0119160_429573.jpg

ボウイは東西冷戦の終焉象徴「ベルリンの壁崩壊」に繋がる伝説コンサート(1987)を開きました。東西ベルリン壁の前で野外ライブを行い、壁の向こうにいる社会主義体制に抑圧された若者達にロックを聴かせたのです。自由に憧れる東独の若者達はついに立ちあがり断絶の壁を打ち崩したのです。


 ....1987年ベルリンの壁の前で行ったボウイライブが東独若者を奮い立たせ東欧社会主義崩壊.....
c0119160_439864.jpgc0119160_439241.jpg

c0119160_4394694.jpg

                 

先へ進むと、彼が尊敬した三島由紀夫肖像画が登場!ピカソの如く熱情と迫力を感じました。1983年映画「戦場のメリークリスマス」(大島渚監督)で共演者・北野武、坂本龍一がボウイの思い出を語るインタビュー映像のコーナーもありました。ボウイがいかに日本を愛してくれたのかと再認識した~


    .....(左)ボウイが描いた三島由紀夫の肖像画 (右)彼が使ったシンセサイザーも展示.....
c0119160_4455313.jpgc0119160_5145034.jpg
c0119160_4472947.jpg

 .....大島渚監督の映画「戦場のメリークリマス」(1983)で共演した坂本龍一・ビートたけしも登場.....
c0119160_4493033.jpg

        c0119160_4502671.jpg

ボウイの栄光の歴史をビジュアル体験する素晴しい展示を大いに堪能し有料エリアを出ると右手にはボウイ三昧のお土産売り場やフードコート、ここにも彼のタペストリーやグッズが沢山あり圧倒されました。


      .....会場を出るとお土産コーナーの外設展示場にもボウイのタペストリーが次々登場.....
c0119160_4534326.jpgc0119160_541277.jpg
c0119160_454293.jpg

さすが「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」にも選ばれただけの理由がよくわかりました。あれから1年、存命ならば古稀を迎えたこの時期に東京で回顧展が見られたとは貴重な体験でした。


   ....宇宙から来た男デビッドボウイ!最後まで男の美学を貫きカッコよく宇宙へ旅立って行った.....
c0119160_4562215.jpgc0119160_4564395.jpgc0119160_4581269.jpg
c0119160_4592735.jpg
c0119160_4594496.jpg


  .....彼の名曲は非常に多過ぎて一遍に紹介しきれない!彼の名曲TOP20でお楽しみ下さい!.....
             

ボウイは間違いなく地球に降りてきたスターマンでありジギー・スターダスト(宇宙から来た架空のロックスター&救世主)でした。そして予言するかのように別れを告げてblack★に帰っていくとは・・。地球の皆にラストメッセージを残した最期のお別れ曲「I Can't Give Everything Away」でラストを締めることとしましょう。


 ....辞世の歌「私は全てを与えられずに、この世を去るが・・」と直訳されるが真の意味は一体・・!?.....
               

デヴィッド・ボウイ50年間に渡る創作活動を振り返る回顧展「DAVID BOWIE is」はアジアでは唯一日本だけの公開!これは見逃せません!4月9日(日)まで開催なので興味ある方はまだ十分チャンスがあります。当日チケット販売もありますが、予約制なのでコンビニ窓口等で事前購入がお薦めです。

                                                        おわり

  # by rollingwest | 2017-02-18 06:00 | 洋楽(ロック・POPS) | Comments(123)

<2015年8月>「毛野国」探訪④:(源氏・東国武士のルーツ探訪)

c0119160_5554333.gifc0119160_5555680.jpg
c0119160_556615.jpg


                               「毛野国探訪」③:(足尾銅山&田中正造)より続く



★清和源氏の流れを汲む「東国武士」のルーツ紹介!


両毛エリア(群馬・栃木)の魅力を紹介するシリーズ「毛の国探訪」(第4編)は源氏をルーツとする関東の有名武将の所縁の地を紹介。「太平記」(鎌倉末期・建武新政が記載)の主人公「足利尊氏・新田義貞」の出身は両毛地区です。所謂ゆる「坂東武士」とは一体何なのか?を明らかにしていきます。


   .....「太平記」の主人公・「足利尊氏」は栃木県足利市、新田義貞は群馬県「太田市」の出身.....
c0119160_55936.jpgc0119160_5591580.jpg
c0119160_5592723.gif


ところで徳川家康のルーツは一般的には愛知三河と認識されがちですが、実は群馬県太田市であることを御存知でしょうか?太田市の「世良田(serada)東照宮」は日光東照宮から家康遺骸を改葬した1644年建立されました。これを知ったのは5年前、いつか来ようと思い念願が叶った~!


    .....太田市「世良田(serata)東照宮」は2015年に家康の没後400年で結構賑った.....
c0119160_643578.jpgc0119160_644778.jpg




c0119160_65795.jpg

c0119160_681185.jpg
c0119160_682293.jpg


源頼朝・足利尊氏・徳川家康・・、ともに征夷大将軍に任ぜられましたが、実は将軍になる必須条件は「清和源氏」系(清和天皇を祖とする諸流)だったのです。頼朝と尊氏は間違いなく清和源氏の系統ですが、家康の場合はチト怪しいとも謂われ征夷大将軍となるために捏造があったという説もあります。


   .....「清和源氏諸流」(八幡太郎・義家)の子孫しか、「征夷大将軍」にはなれなかった!.....
c0119160_6112385.jpgc0119160_6113583.jpgc0119160_6121883.gifc0119160_6123744.jpg
c0119160_6125597.jpg


戦国武将の殆どは源氏or平氏末裔だと名乗っています。平氏(桓武天皇系統)の系統は平清盛・鎌倉北条氏・織田信長・明智光秀・小田原北条氏・・、かたや源頼朝・足利尊氏・徳川家康・武田信玄は源氏系統。政権は源平で交互に入れ替わったのです。確かに事実だ!非該当は秀吉だけ・・


  ....清和天皇系統図、源頼朝・義経、足利・新田の祖先もここに始まる。武田信玄も源氏の流れ.....
c0119160_625144.jpgc0119160_6251671.jpg


c0119160_7158100.jpgc0119160_6253271.jpg
c0119160_6254698.jpg


源氏・平氏末裔は皇族子孫ですが、藤原氏の専制で中央における活躍の場は全くありませんでした。彼らは東国(坂東)に下向し、私墾田を開発し徐々に実力を蓄積していったのです。関東で起きた「平将門の乱」はその象徴事件!源氏も八幡太郎義家が着々と東国に地盤を築いていきました。


    ....東京大手町の「平将門の首塚」(祟りが強烈)、平氏から分派した東国武士の代表格.....
c0119160_2157172.jpgc0119160_21571767.jpg
c0119160_21573228.jpg


名武将達は皇室の流れを汲む源平末裔と名乗り、高貴なる血統継承者として権威を高めたかったのでしょう。平清盛→源頼朝→北条氏(平氏)→足利尊氏(源氏)・・・後醍醐天皇(天皇親政)・・・織田信長(平氏)→秀吉(例外)と来たので、家康は次は絶対自分は源氏末裔と名乗ると画策したのかも・・





★新田義貞の史蹟を訪問


世良田東照宮の隣には「新田荘歴史資料館」(1985開館)がありました。ここには、鎌倉・稲村ヶ崎で奇跡を起こした新田義貞の伝説(黄金太刀を投げ入れ龍神に祈願)の銅像が立っているぞ!


   ....「新田荘歴史資料館」(世良田東照宮に隣接)のモニュメントは「新田義貞の龍神祈願像」.....
c0119160_2210512.jpgc0119160_2211647.jpg

c0119160_22112838.jpg


その伝説は、①新田義貞が後醍醐天皇綸旨を受け鎌倉幕府を攻めたものの稲村ヶ崎に来たら満潮で通過不可能に!②海上から北条の大軍が迫って来た!③義貞が海に黄金太刀を投げ入れて龍神に祈願すると潮が引いた!④北条軍も遠く沖に流され進軍突破ができた、という伝説です。

                           <2013年>鎌倉・湘南探訪(稲村ケ崎)の記事はコチラから


   .....(左)太平記で語られる「新田義貞の遠征ルート」 (右)稲村ヶ崎での龍神への祈り伝説図.....
c0119160_2215460.jpg
c0119160_22151630.jpg


次は新田義貞故郷にある「生品神社」(新田義貞挙兵伝説地、1934年国指定史跡)を訪問しました。境内に義貞が旗挙げの「旗挙塚」や陣を構えた「床几塚」があります。鎌倉攻めの稲村ヶ崎において、 龍神への祈りが通じたのも霊験あらたかな生品神社のご加護があったからなのかも・・


  ....1333年、新田義貞は後醍醐天皇の命を受け、鎌倉幕府を滅ぼすため「生品神社」で挙兵.....
c0119160_22231659.jpgc0119160_22233733.jpgc0119160_22235210.jpg

c0119160_22241177.jpg

c0119160_2231125.jpg
c0119160_22311637.jpg


    .....稲村ヶ崎・龍神の祈りの奇跡は、生品神社の神がを叶えたのだろうか・・!?.....
c0119160_22332882.jpgc0119160_22334754.jpgc0119160_22348100.jpg

c0119160_22342930.jpg


今度は太田市・山合にある金山城に登ってみました。太田市周辺はかつて新田一族が治める荘園だったため、新田義貞が築城したと言われますが、実際は横瀬氏というは新田家老直系のようです。金山は190mの独立峰ですがここに要塞の様な山城が築かれていたのです。凄い迫力!


    .....(左)まさに要塞の様な石垣 (右)金山城(日本100名城、関東7名城)の鳥瞰図.....
c0119160_5383834.jpgc0119160_5385266.jpg



c0119160_5391369.jpg


   .....井戸「月の池」登場!岩盤を掘り下げて湧水点を探し当てるとは並々ならぬ技術力!.....
c0119160_5443271.jpg
c0119160_547432.jpg


金山城は、中世の城には殆ど見られない石垣が用いられた近世のような城郭だ!月の池なる巨大井戸を過ぎ、さらに進むと要塞のような竪堀が次々と登場!よくもまあこんな急峻な山上に城を築く気になったもんだ!防衛上や見晴らしはいいが、こんな不便なところに住むのは嫌だなあ・・。


   .....(左)頂上部には新田神社が鎮座  (右)要塞の様な石垣が次々と積み上がっている.....
c0119160_5533668.jpgc0119160_5535440.jpg




c0119160_5541790.jpg


      .....頂上部には物見台がある。石壇や柱石群も発見され、展望用の施設が!.....
c0119160_60730.jpg
c0119160_603555.jpg

群馬県太田市(上野国)で新田義貞ゆかりの地を十分堪能し、次は栃木県足利市(下野国)へと入ります。やはり渡良瀬川はいつ来てもいいなア・・。森高千里や相田みつをが魅せられる訳だ!


    .....両毛エリアを象徴する渡良瀬川。森高千里の名曲「渡良瀬橋」は素晴しい~!.....
c0119160_623146.jpgc0119160_624513.jpg


c0119160_63278.gif

c0119160_673036.jpgc0119160_674882.jpgc0119160_671633.jpg



                     「毛の国」探訪②:(足利・桐生・渡良瀬川)の記事はコチラから





★ちょっと寄り道。「佐野厄除け大師」&「佐野ラーメン」


佐野市(栃木県)は、隣接する館林市・足利市・桐生市・太田市と同じで群馬県なのか栃木県なのか?他県民からは殆ど判別がつきません。両毛エリアは埼玉県も含み3県境エリアが一緒くた・ゴッチャになっているので解りにくいネ~!でも佐野といえば厄除け大師とラーメンが全国的に有名です。


      .....超有名寺院「佐野厄除け大師」は佐野市ゆるキャラ「さのまる君」がご紹介....
c0119160_6194120.jpgc0119160_619576.jpg






c0119160_6202547.jpg
c0119160_6203920.jpg


JR佐野駅・南西側の春日岡山にあり、惣宗寺の名前より佐野厄除け大師の通称の方でよく知られている天台宗の寺院です。第18代天台座主の良源(比叡山中興の祖)が平安時代に開創したとのこと。厄よけ・身体安全を中心に家内安全・商売繁盛・心願成就などに御利益があるらしい。


     ....関東全域から多くの人が参拝客で賑わう。年末年始と厄除け時期は大混雑!.....
c0119160_715994.jpg
c0119160_722085.jpg

佐野市には2013年「ゆるキャラ・グランプリ」で優勝した「さのまる」や佐野プレミアムアウトレットも有名!しかし一番有名なのは佐野ラーメン!各店に個性がありますが、手打麺と透き通る淡白味スープの2点が共通しています。青竹で打った麺が特徴で、RWは万里という店に入りましたが旨かった~!


   .....(左) 「佐野厄除け大師」の目の前にある店 (右)「万里」は国道沿いにあるお薦め店.....
c0119160_735027.jpgc0119160_74940.jpgc0119160_742876.jpg


c0119160_745095.jpg


          .....渡良瀬川に車を走らせて行き、さあ次は栃木県・足利市へ!.....
c0119160_795725.jpgc0119160_7101767.jpg





★足利市内探訪(日本最古の学校と足利尊氏のルーツを訪ねる)


  ......(左)「足利学校」のシンボル学校門 (右)日本遺産に認定され今後は世界遺産も目指す.....
c0119160_20414923.jpgc0119160_2056591.jpgc0119160_20431240.jpgc0119160_2049418.jpg

c0119160_20441157.jpg


足利で一番有名なのは日本最大の藤ガーデン「あしかがフラワーパーク」かも・・。しかし「足利学校」(日本最古の学校)と足利尊氏のルーツ「鑁阿寺」(bannaji)を紹介しない訳にはいきません。フランシスコザビエル(イエスズ会宣教師)が「日本最大の大学」と世界に紹介した驚くべき学問の府だったのです。


   .....往年の姿が見事に復元されている。茅葺屋根の方丈(講義場)や庫裏(台所・食堂).....
c0119160_2104444.jpgc0119160_2111489.jpgc0119160_2113071.jpg








c0119160_2115595.jpg


日本最古の学校の堂中央には孔子廟が鎮座し、右手に茅葺屋根の方丈や庫裏、さらに巡ると衆寮があります。遺跡図書館には古文書が多数保管。関東管領上杉憲実が学校整備したとのこと


    .....(左)ミニチュアで足利学校の全貌も再現 (右・下)孔子廟は徳川4代将軍・家綱が造営.....
c0119160_21101991.jpg
c0119160_21103588.jpg
c0119160_21111499.jpg

c0119160_21161528.jpg
c0119160_21162638.jpg


創建は不明ですが平安初期に小野篁が建てたとも・・、足利2代目義兼が子弟を教育する学問所がルーツ等、色々な説がありますが歴史が実に深い!かつて古えの学生達はどんな想いで学生生活を過したのだろう。足利学校では入場券代わりに入学証が発行されてRWも入学生になった~




★足利尊氏のルーツ、「鑁阿寺」(bannaji)を最後に訪問

今回最大の興味ある場所「鑁阿寺」へ念願の訪問が実現しました。このお寺は足利尊氏のルーツであり市民からは「大日様」として親しまれている国の史跡で最近「日本遺産」にも指定されました。足利氏始祖である源義国が当地に居館を築き大日如来を祀り足利氏の氏寺として崇められます。


   ....「鑁阿寺」は周囲を濠に囲まれ広い城郭のよう!歴史深い風情の中で学校門へ向う.....
c0119160_21184946.jpgc0119160_2119685.jpg

c0119160_21192569.jpgc0119160_21194074.jpg

c0119160_21262636.jpg


   .....(左)学校門をくぐると国宝指定された大御堂(本堂)が見えて来た!威厳があるネ~.....
c0119160_21353157.jpg
c0119160_21355854.jpg
c0119160_21361725.jpg
c0119160_21363279.jpg


どっしり構えた山門が歴史あるお寺の風情を醸しています。武家屋敷で周囲は濠とによって囲まれたまるで城郭のような厳重な作りになっています。重厚ながらもどことなく優雅な雰囲気の佇まい!太鼓橋を渡って鑁阿寺の境内へ!普通のお寺とは少し違う!鑁阿寺ならではの光景!


    ....(左)現在の本堂は足利氏7代足利貞氏が鎌倉時代に再建  (右)足利氏の家紋.....
c0119160_214109.jpgc0119160_21412486.jpgc0119160_21413832.jpg

c0119160_21415956.jpg


後醍醐天皇・建武新政が独裁的だ!と不満が高まる中、足利尊氏は武家独自政権を創始する動きを見せます。後醍醐天皇はこれに激怒して尊氏討伐を命じました。天皇派武士は北畠顕家・楠木正成・新田義貞・・、天皇に闘いを挑み南北朝を分裂させた尊氏は逆族イメージが今も残っています。


   .....(左)太平記:足利尊氏の遠征ルート(東北から九州まで) (右)鑁阿寺国宝指定は2013年.....
c0119160_22163565.jpgc0119160_22165036.gif
c0119160_22152615.jpg

       .....約40,000㎡ある鎌倉時代の武家屋敷「足利氏宅跡」として国の史跡に指定.....
c0119160_21485177.jpg
c0119160_2149347.jpg

一見、地味に見える両毛エリアですが、徳川家康・足利尊氏・新田義貞というビッグネームの故郷だったという事実にはあらためて驚きを隠さざるを得ません。お宝物が次々と発掘できたRWには相当嬉しい旅となっています。あと2回くらい魅力満載「毛の国」探訪の記事をレポートしたいと考えております!

        
         .....新田は群馬県、足利は栃木県。でも実際は同じエリア(源氏ルーツのライバル同士).....
c0119160_21503321.gif
c0119160_21504494.jpg



                     「毛の国」探訪①群馬県:「高崎・安中・館林」の記事はコチラから



                                                        おわり

  # by rollingwest | 2017-02-02 22:59 | Comments(150)

<2015年9月>長崎・上五島・雲仙の旅③:祈りと大自然の島「上五島」を巡る

c0119160_8283792.jpgc0119160_828507.jpg
c0119160_829125.jpg


★長崎旅は祈りの島「五島列島」に舞台を移す


2015年9月、カミサンと2人で巡った長崎旅行(長崎市内・上五島・雲仙島原)の第3編を公開します。「長崎教会群とキリスト教関連遺産」・世界文化遺産登録は紆余曲折(コンセプト不明確と指摘受け)の末、 2018年に推薦延期となりました。本シリーズ(全5編)もそれに合わせ3年越しの悠長な公開とします。


  .....2015年9月「風頭公園」の竜馬像にて。長崎旅は市内2泊、上五島、雲仙島原に各1泊.....
c0119160_8365047.jpgc0119160_84903.jpgc0119160_849229.jpg

c0119160_9111183.jpgc0119160_922272.jpg
c0119160_8542512.jpg


カミサンとの2人旅は久しぶり!最近は旅同伴にサッパリ付き合ってくれない彼女も今回提案には飛びついてくれました。実は新婚期に家族ぐるみで交流していたT先輩が上五島で勤務しており、「先輩が定年退職を迎える前に行っておかないともう一生見られない場所だぞ」と説得して成功実現!

                           長崎・上五島・雲仙の旅①:「長崎市街探索」(前編)


     .....長崎教会遺産群は2018年の世界遺産指定実現に向けてリベンジで再申請中....
c0119160_9172832.jpg
c0119160_9173952.jpg


長崎市内の観光巡りを満喫・堪能し、いよいよ五島列島旅へ出発!心配した台風もなく快晴の好条件。長崎港「大波止ターミナル」に入って乗船手続を行い夕方出発の観光フェリーに乗り込みました。

                           長崎・上五島・雲仙の旅②:「長崎市街探索」(後編)
 

   .....長崎港「大波止ターミナル」(背景は稲佐山)を夕方の便で五島列島へと向う!いざ出発.....
c0119160_923939.jpgc0119160_9232954.jpg


c0119160_9234373.jpg

c0119160_9273165.jpg







★上五島に到着、世界遺産候補「頭ヶ島天主堂」へ


RWが今まで体験した島旅は佐渡ケ島、利尻・礼文島、伊豆大島・三宅島・神津島・八丈島、竹生島、今回初の九州・東シナ海の島旅が実現!自然と信仰溢れる島へ旅する気分は特別な感慨!


 .....観光フェリーは長崎湾を進み「女神大橋」の下をくぐり外海に出て祈りの離島「上五島」へ!.....
c0119160_1018438.jpgc0119160_10185970.gifc0119160_10191677.jpg



c0119160_10194537.jpg

c0119160_10265721.jpgc0119160_10271012.gif
c0119160_10344392.jpg

c0119160_10272690.jpg


1時間40分の航行、中通島(五島列島の北端)が見えてきた!新上五島の玄関口・鯛ノ浦港に降り立つとT先輩がお出迎え。お久しぶりですネ~!先輩は現在、上五島石油備蓄基地サービスの社長の要職にあり地元観光への貢献も大きい方。島の名店で美味しい料理を御馳走になりました。


 .....(左)鯛ノ浦港に到着、T先輩が出迎えてくれ夜は御馳走に預かる (右)ホテルメリッサに宿泊.....
c0119160_10391740.jpgc0119160_104273.jpg
c0119160_10404772.jpgc0119160_10401857.jpg
c0119160_1040278.jpg


翌朝T先輩にホテル前にマイカーで出迎え頂き、島内の特別ナビ観光が早速スタート!まずはお薦めの遠浅風景が美しい「蛤浜」を見せてもらいました。潮の満引きが大きい砂浜の干潮絶景に感激!


    .....翌朝、T先輩の車に乗って島内巡り出発!まずは遠浅の白浜「蛤浜」をご案内頂く.....
c0119160_1117085.jpg
c0119160_11171631.jpg

次は上五島のメイン見所「頭ケ島天主堂」へ!世界遺産登録後の観光交通を見据えて上五島空港(現在休業中)を基点としたシャトルバス運行がトライ実験されています。ここで乗り換えて、いざ出発~!


    .....五島列島の風光明美な風景に驚嘆!頭ケ島(kasiragahama)の天主堂へと向う.....
c0119160_1119283.jpgc0119160_1120280.jpg

c0119160_11204068.jpg

c0119160_5491998.jpg


     .....頭ケ島天主堂へは上五島空港(現在休業中)でシャトルバスに乗り換える必要あり.....
c0119160_11252128.jpgc0119160_1125381.jpg


c0119160_11255755.gif


世界遺産構成資産の筆頭的な教会「頭ケ島天主堂」は石造りの珍しい姿を見せています。戦国時代、五島支配の城主がキリスト教布教を認め一時は2千人の信者がいましたが幕府禁教令で没落。その後、鯛ノ浦キリシタンが迫害を逃れて住み着き、明治初期に仮聖堂を置かれたのが始まりです。


   .....(左)「頭ヶ島天主堂」全国的にも珍しい石造教会 (右)五島キリシタン復活信仰顕彰の碑.....
c0119160_11315637.jpgc0119160_11321894.jpg
c0119160_114052.jpg



c0119160_11323319.jpg


     .....江戸時代後期、五島荒地開墾移住で外海から潜伏キリシタンが集落を築く.....
c0119160_11431828.jpg
c0119160_11433436.jpg


上五島領だった頭ヶ島は江戸末期の入植で潜伏キリシタンが増加しましたが、明治初めの弾圧(五島崩れ)が起き信者は拷問を受け島民全員が島を一時脱出しました。迫害が終わり、当地に戻ってきたキリシタン達は島の石を切り出し1917年に完成させました。(2001年に国の重要文化財に指定)


         .....頭ヶ島天主堂近くにはキリシタン墓地、美しい海岸風景に見惚れる.....
c0119160_11483290.jpg
c0119160_11484663.jpg

c0119160_11505939.jpg
c0119160_115112100.jpg






★矢堅崎から若松島へ!(五島リアスの美しい大自然&教会群を満喫)


次は北東部にある「矢堅崎」と「青砂ケ浦天主堂」を目指します。途中に「坂本竜馬ゆかりの広場」があるので案内してもらいました。龍馬が海に向って祈りを捧げているとは珍しい!練習船の遭難で亡くなった12名の同士の死を悼んでいる姿とのこと。そして、いよいよ矢堅崎が見えてきた!


  .....(左)坂本竜馬ゆかりの広場 (右)美しい海岸線を走ると矢堅崎の岩が見えて来た!.....
c0119160_12492513.gifc0119160_12494417.jpgc0119160_1250351.jpg


c0119160_12503099.jpg
c0119160_12504330.jpg


矢堅崎には上五島の名産品を販売する「矢堅目の駅」があります。隣接する「矢堅目の塩・製造所」は五島海水を汲み上げ十分な時間と手間を掛け作っています。まさに手塩をかけて・・。T先輩は製塩社長と懇意でありその精製する工程をジックリ見学させてもらう貴重な機会を頂きました。


    .....「矢堅目の塩・製造所」、五島列島の海水を天日乾燥させジックリ精製された天然塩.....
c0119160_1462658.jpgc0119160_1465568.jpg


c0119160_1472642.jpg
c0119160_1474635.jpg


   .....上五島産品館「矢堅目の駅」、あご(トビウオ)・うどん、地元産の肉・餅、教会の模型も!.....
c0119160_14154583.jpg c0119160_1417663.jpgc0119160_14172496.jpgc0119160_14173811.jpg




c0119160_14322555.gif



c0119160_1418681.jpg
c0119160_14182345.jpg


いよいよ矢堅目崎へ!海へ突き出た出円錐形巨岩が眼前に迫る展望所からは、自然の景色や星空を眺めることができます。美しい夕陽や星空が眺められる地元民だけが知る超穴場SPOT


  ..... 「矢堅目展望所」(夕日・星空が美しい場所)に立つ。矢堅崎の円錐形奇岩が目の前に迫る.....
c0119160_14364463.jpgc0119160_1437373.jpg




c0119160_14372828.jpg

次は「青砂ケ浦天主堂」を訪問しました。明治初期に初代教会(木造)が建てられ、1910年には信徒が総出で煉瓦造りの教会を新たに建設しました。均整のとれた構造で風格もあり感動的な姿!教会堂は「祈りの場」、見学マナーを守り厳粛な雰囲気の中で観光してほしいとT先輩のお言葉・・


     .....「青砂ケ浦天主堂」(国指定重要文化財)へ!煉瓦造りの重層屋根構造の教会堂.....
c0119160_14423074.jpgc0119160_14424860.jpgc0119160_1443480.jpg



c0119160_1443192.jpg


「中ノ浦教会」は海沿いに立つ木造教会(大正14年建立)で、波静かな中ノ浦湾に優美な姿を映しています。メルヘンチックな外観と同様に、堂内も明るく華やいだ雰囲気に満ちているネ~。隣接の若松島にある「若松大浦教会」は小さな民家風教会で見逃してしまいがちな程、質素な佇まいでした。


         ....中通島の美しい海岸を見ながらドライブ、「中ノ浦教会」が見えてきた!.....
c0119160_14485887.jpgc0119160_14491335.jpg


c0119160_14493573.jpg


   .....(左)メルヘンチックな外観「中ノ浦教会」 (右)隣接の若松島には素朴な「若松大浦教会」.....
c0119160_14535643.jpgc0119160_14542185.jpgc0119160_14543499.jpg

c0119160_14551286.jpg

 
若松島(面積31km2)は、五島列島中央部に位置し中通島とは若松大橋で結ばれています。火山活動で出現した五島の島々は入り江が食い込んだリアス式海岸で島全体に山岳が連なる風光明媚な島。複雑に入り組んだ地形は西海国立公園に指定され、漁業の島としても栄えてきました。


       .....(左)若松島へ渡る (右)リアス式地形の若松島の大自然の美しさに感動!......
c0119160_1504410.jpg
c0119160_151232.jpg


   .....若松島と中通島は「若松大橋」(平成3年開通)で結ばれる。橋欄干からのT先輩とカミサン.....
c0119160_1575465.jpg c0119160_15101581.jpg




c0119160_15104357.jpg


     .....リアス式島湾の大パノラマ!こんなお宝物場所は一般観光じゃ来れない穴場!万歳~.....
c0119160_15164617.jpgc0119160_1517375.jpg




c0119160_15172460.jpg


「桐教会」は外海地方より移住した信徒により信仰の種がまかれ、明治30年に中五島エリアでは最初に設立された巡回教会です。聖堂は昭和33年に改築されたお洒落な姿。目の前には美しい海風景が広がっています。教会はまだ沢山ありますが全てを廻るには相当の時間を必要とします。


         .....中五島に初めて設立された「桐教会」、目の前の海が美し過ぎる!.....
c0119160_15271629.jpgc0119160_15273830.jpg





c0119160_1530451.jpg


       .....(左)信仰の先駆者顕彰碑文 (右)明治30年に造られた美しい「桐教会」....
c0119160_1548337.jpgc0119160_15372533.jpg

c0119160_15473210.jpg


c0119160_15381249.jpg


     .....桐教会からの真下に見えるリアス式湾内のミニ漁港、実に絵になっているなア・・.....
c0119160_15534858.jpg






★鯛ノ浦へ戻り、先輩とお別れ!フェリーで再び長崎へ


充実・濃厚な島観光を満喫後、夕方の長崎行きフェリー時刻も近付いているので再び鯛ノ浦へと戻ります。T先輩は鯛ノ浦周辺の見所も丁寧な案内。樹齢650年のあこう樹(奈良尾神社)にはビックリ


    .....(左)再び中通島の鯛ノ浦へ戻る (右)鯛ノ浦の名所・あこう樹(奈良尾神社).....
c0119160_15541215.jpgc0119160_15543615.jpgc0119160_15545235.jpg

まだフェリー時刻に余裕があるので、T先輩は最後に鯛ノ浦教会へ案内してくれました。明治13年にパリ宣教会によって建立。敷地内に聖地ルルドが設置され、慈愛の微笑みを湛えるマリア像が鎮座


      .....ラストの訪問は「鯛ノ浦教会」(沢山のマリア像)や鷹ノ巣キリシタン殉教碑を見学.....
c0119160_15585241.jpgc0119160_15591657.jpg

c0119160_15593448.jpg

c0119160_1644124.jpgc0119160_165773.jpgc0119160_1652594.jpg


c0119160_1654090.jpg


たった1日でこれ程多くの教会を巡り島の大自然を堪能させて貰い大感激でした。一般観光ツアーでは絶対見られない魅力の穴場ばかり!やはり島内を熟知し計画的に丁寧な案内を頂いたT先輩がいたからこそ!御礼挨拶をして長崎行きフェリーに乗り込みお別れしました。本当に感謝です!


         .....(左)上五島の歴史・大自然を十分満喫し、鯛ノ浦から長崎へ戻る.....
c0119160_16163022.jpgc0119160_16164452.jpg

c0119160_16165844.jpg

       .....長崎港・大波止ターミナルに到着、景色は一変!再び美しい夜景と賑いの街へ.....
c0119160_16171279.jpg
c0119160_16172454.jpg


江戸時代初期のキリシタン弾圧を描いた遠藤周作の「沈黙」(日本文学最高峰と評価)が映画化され「沈黙-サイレンス」が1月21日に全国公開されます。ハリウッドと日本の技術・才能が融合された壮大な映像の歴史大作でアカデミー賞候補になるかも・・!早速カミサンと一緒に鑑賞したいと思います。


    .....映画「沈黙-サイレンス」(巨匠スコセッシ監督、原作・遠藤周作)、長崎外海や五島が舞台.....
                  

2018年は「長崎教会群とキリスト教関連遺産」が世界文化遺産登録されると期待しています。続篇(雲仙・島原の旅)は登録祝賀を込めて来年公開にしたいと思います。気長にお待ち下さいネ~



                                                       おわり

  # by rollingwest | 2017-01-15 17:00 | 九州の山旅・歴史旅 | Comments(138)