タグ:サッカー ( 7 ) タグの人気記事

 

<2014年8月10日>サッカーW杯2014(ブラジル大会)総括レビュー:【後編】

c0119160_7253867.gif

                              2014W杯(ブラジル大会)総括レビュー【前編】から続く



★優勝争いの最終ステージへ!


ドイツが見事な優勝を飾った2014W杯ブラジル大会が終わってまだ1ケ月ですがあの熱狂も遠い昔のように感じます。ベスト4決定までの前編記事に続き、後編は準決勝・決勝の結果、24年ぶりに優勝したドイツ復活の育成PJ、各国監督や美女サポーター、そして日本の課題と今後の期待をレポートします。


 ....W杯公式ソング(ノリのいいラテンリズム、ジェニファーロペスも出演)、ブラジルも途中までは大盛り上り!.....
              
準決勝に勝ち上がって来たのはブラジル、ドイツ、オランダ、アルゼンチン、顔ぶれはまさに順当!大会中盤までは波乱の様相でしたが、結果的には実力ある強豪が勝ち残ってくるのがW杯なのだと再認識しました。ブラジルも苦労しながらもネイマールやジュリオセザール等の活躍で何とか踏ん張り優勝争いの終盤へ


      .......ついに準決勝ステージ!やはり強豪国が強かにベスト4へと駒を進めてきた......
c0119160_1353390.jpgc0119160_10335290.jpg

c0119160_10341451.jpg


優勝候補同士ドイツVSブラジルの決戦に世界中の目が注がれました。しかし母国優勝を疑わないブラジル国民は嘗て見たことがない惨劇を経験することになるのです。前試合で腰椎骨折したネイマールと主将Tシウバを欠くセレソンはドイツ・クローゼに2点目を叩き込こまれると茫然自失、守備はパニック状態へ


      .......ドイツがブラジルに7:1圧勝!誰も予想不可能だった結果に世界は驚愕!......
c0119160_1037302.jpgc0119160_10373975.jpgc0119160_10375624.jpg
c0119160_10381055.jpg


ドイツは赤子の手を捻るように次々と連続得点!観客席では子供や女性の悲鳴が聞こえ、やがて嗚咽(終盤は嘲笑)へと変わる1対7の大惨敗・・。夢遊病者の様にピッチを彷徨うサッカー王者の姿、世界の誰も信じられない光景が繰り広げられ、さらに3位決定戦でも敗れどん底のファイナルとなりました。


   ......ブラジル国民は一挙に奈落の底へ!オランダとの3位決定戦も屈辱結果。ネイマールも涙......
c0119160_1048881.jpgc0119160_10482887.jpgc0119160_10484341.jpg


c0119160_10493812.jpg
c0119160_10494763.jpg


一方の準決勝はメッシ(今大会MVP)擁するアルゼンチンと、スピードで切り裂くロッベンのオランダの激突、知謀監督同士の高度な戦術応酬はともに両エースを封じ込め0対0・延長戦でも決着つかずもアルゼンチンがPK戦で決勝へ!メッシばかり目立った同国ですが陰の立役者は獅子奮迅の活躍マスチェラーノかも・・


      .......アルゼンチンVSオランダは高度な応酬の末、PK戦。アルゼンチンがついに決勝へ!......
c0119160_10553737.jpgc0119160_10555194.jpg

c0119160_10561257.jpg


名門オランダは今回も悲願の初優勝を果たせず・・。小生がW杯に嵌ったのは40年前のヨハンクライフが見せたトータルフットボール、サッカー常識を覆したオランダにも勝利の女神が微笑んであげてもいいのでは・・





★ここで一服、目の保養!美し過ぎる各国の美女サポーター達

c0119160_1114467.jpg

今回前編記事でブログ仲間「風の又三郎」様より各国の美人サポーター特集をしてほしいとリクエストを頂戴し、何と素晴らしい提案!と感銘。早速採用させて頂き、数々の美女写真を鼻息荒くGET!(笑)

                     
        .......(左)ブラジル                (中)コロンビア          (右)クロアチア......
c0119160_11294432.jpgc0119160_11295787.jpg
c0119160_11301091.jpg

   
       .......(左)ベルギー               (中)オランダ             (右)フランス......
c0119160_12251361.jpgc0119160_12253339.jpg
c0119160_12254822.jpg


写真に撮られ大会の花としてクローズアップされる美女達もツイッター・ブログで世界配信されることを大いに意識してコスチュームをバッチリ決めています。今後は4年ごとの大会記事の定番にしたいと思います。


      .......(左)ロシア           (中)アルゼンチン                 (右)韓国.....
c0119160_12361837.jpgc0119160_12364498.jpg
c0119160_12365422.jpg


     .......(左)ドイツ        (中)日本 (ヤマトナデシコ?)             (右)オーストラリア.....
c0119160_12411575.jpgc0119160_12412718.jpg
c0119160_12413931.jpg






★白熱の決勝戦、ドイツ24年ぶりの優勝!ドイツの国内強化PJ戦略が開花


決勝戦はW杯史に燦然と輝く名勝負となりました。美しく剛健ブレ-のドイツと勝負強いアルゼンチン、戦前予想は圧倒的にドイツ有利の声でしたが、欧州と南米の強豪国同士は互いに一歩も退かず攻防を繰り返す大熱戦となりゴールは延長戦終了まで決まらずハラハラドキドキ!世界中が魅了されたのです。

c0119160_1257597.jpgc0119160_12571994.jpgc0119160_1257336.jpgc0119160_12574436.jpg

PK戦突入かと思った延長終盤、弱冠22才のゲッツェからミラクルゴールが生まれました!胸トラップからのボレーゴールは実にお見事!彼は2018年W杯でネイマール(ブラジル)、ハメスロドリゲス(コロンビア)と並ぶスーパースターになるでしょう。ついにドイツが24年ぶり(1990ベッケンバウワー監督以来)の優勝を獲得しました。


     ......ゲッツエの胸トラップでの芸術的ボレーゴール!ついにドイツが6大会ぶりの優勝!.....
c0119160_1314927.jpgc0119160_132111.jpgc0119160_1321569.gif



c0119160_1323344.jpg


そして驚異的な活躍を見せたGKノイアーは実質的なMVPとの称賛の声。通算で大会16得点のW杯新記録達成した35才のクローゼ!あらゆる年齢層で高い実力者を勢揃いさせるドイツの強さには感服


      ......(左)鉄壁GKノイアーの大活躍 (右)クローゼついにW杯通算16得点で新記録.....
c0119160_13165655.jpgc0119160_13172999.jpgc0119160_13175072.jpg

c0119160_1318182.jpg


c0119160_13304372.gif


c0119160_13331648.gif

南米諸国がスーパースターの個人力に頼っていたのに対し、ドイツは高い実力者勢揃いの中で組織力を生かしながら、各ポジションが勤勉に動き互いにフォローする見事な体制。まさに世界一になるべくしてなったチーム。しかも代表メンバー半分以上がバイエルンミュンヘン所属なのです。チーム練習自体が代表合宿みたいなもので連携の相互理解が深まる訳だ!スペイン優勝もバルセロナ所属者で占めていたなあ・・


     .....レーヴ監督(柴田恭兵似)の元で、個々の高い実力とチームワークで完璧な強さだった.....
c0119160_13373089.jpgc0119160_13375738.jpg


c0119160_1343273.jpg


世界一を長い目で目指し、明確なコンセプトを示しつつ若手育成PJを着実に積み重ねてきたドイツの努力が今回実を結びました。さらに強い意志の強いレーヴ監督は前任のクリンスマン監督時代の戦術コーチでしたが昇格して8年目の政権。結果が出ないとすぐ有名監督にコロコロ変える各国とは一線を画す。






★悲喜こもごも代表監督の表情 (人生いろいろ・・)


結果を残せれば称賛、逆ならばボロクソに罵倒される代表監督は本当に大変。W杯までに素晴らしいプロセスや努力が数多く積み重ねられてもラストの実績で殆ど印象が変わってしまうんだからなあ・・。アルゼンチンを準優勝に導いたサベーラ、コロンビアやコスタリカの監督は中堅国を大活躍させた功績で評価躍進


      ......名将の顔。(左)ペケルマン(コロンビア)   (右)準優勝のサベーラ(アルゼンチン)......
c0119160_1410520.jpgc0119160_14101915.jpg


c0119160_141035100.jpg

オランダのファンハールが準々決勝で見せた秘策(PK戦専用のキーパー起用)や米国チームに闘志あふれる諦めない姿勢(ゲルマン魂)を徹底したクリンスマン(RWは選手時代からの大ファン)は本当に大したもの!因みにファンハールは香川が所属するマンチェスターユナイテッドの監督となりましたが、今後香川の運命はいかに!


  .....(左)策士のファンハール(蘭) (右)米国にゲルマン魂を植え込だ元ドイツ代表・クリンスマン(米).....
c0119160_14153354.jpg
c0119160_14154653.jpg

    
それに比べて一挙に奈落の底に貶められたのがブラジルのフェリペスコラーリ監督とスペインのデルボスケ監督、超強豪国は優勝が当然と思われている中で大差の惨敗は全く予想できないアクシデントでした。失意のブラジルは次期監督に闘将ドゥンガ(かつてジュビロ磐田に所属)を指名しリベンジ再発進をします。


   .....(左)悪夢の大敗で落胆・フェリペスコラーリ(ブラジル) (右)前回優勝国惨敗・デルボスケ(スペイン)....
c0119160_14185558.jpg
c0119160_1419792.jpg

今大会の総得点は史上タイ171点、決定力の差が勝敗を分け、また過去優勝経験国が聞いたこともない大量失点を喫するなど特筆される大会でした。「過去最高レベルの質が高かった大会」とFIFAプラッター会長が評した通り各国実力がハイレベルかつ均衡した内容だったと思います。面白かった~!







★日本代表は再び試練の道へ!苦闘の歴史は続く・・

c0119160_1436249.gif
                  
然して今回の日本は・・!ザックJAPANは欧州名門クラブで活躍する選手を数々揃え史上最強チームでベスト4にも進出できるのでは!と国民全体の大期待(今から思えば傲慢の極み)、本人達も強気コメントを発していましたが結果を見れば残念ながら1分2敗(得点2・失点6)と惨敗、マスコミも掌返し(泣)


   ....ザックJAPANの通算成績は53戦30勝12分13敗、100得点58失点(プロセスは立派な結果).....
c0119160_1437412.jpgc0119160_1437564.jpgc0119160_1438133.jpg

c0119160_14382626.jpg

(1993)ドーハの悲劇⇒(1997)ジョホールバルの歓喜⇒(1998)W杯初出場し屈辱3連敗⇒(2002)日韓W杯・決勝T初進出⇒(2006)大期待のジーコJAPN・一挙奈落GL敗退⇒(2010)岡チャン背水の陣・決勝T進出・・、サッカー後進国だった日本は2006大会を除き、着実に進歩のステップアップを重ねてきました。


     ......本田圭佑、  香川真司、    長友佑都、    岡崎慎司、    内田篤人......
c0119160_1450475.jpgc0119160_14501763.jpgc0119160_14503251.jpgc0119160_14504521.jpgc0119160_1451179.jpg

   ......長谷部誠、    遠藤保仁、    吉田麻也、      川島永嗣、    今野泰幸......
c0119160_14571257.jpgc0119160_14573191.jpgc0119160_14574663.jpgc0119160_14575863.jpgc0119160_14581377.jpg

前大会でベスト16、欧州遠征はベルギーを破り、オランダと引分け、直前壮行試合ではコスタリカに勝利、世界でも戦えるチーム一歩手前だったことは間違いありません。しかし世界はそんなに甘くはなく、簡単に勝たしてはくれない現実を認識しました。ほんの僅かな勝負の分かれ目で全ての評価が決定・・


  ...... 柿谷曜一朗、  清武弘嗣、    森重真人、   山口蛍、   大久保嘉人......
c0119160_1510279.jpgc0119160_15101871.jpgc0119160_15103276.jpgc0119160_15104633.jpgc0119160_1511046.jpg

グループリーグはC組、緒戦はコートジボワールに挑みました。本田の豪快シュートで先制!コレは行けると思ったらドログバが投入された後半で一挙に連続2失点(2分間)!悪夢の逆転負け・・、W杯は緒戦敗退チームのGL突破の確率は過去統計から2割未満、次回のギリシャ戦は何としても勝利が必要となった。


    ......コートジボワール戦は本田が先制点!後半ドログバ投入で流れが一変、悲しい結果に・・......
c0119160_15325249.jpgc0119160_15331066.jpgc0119160_1533225.jpgc0119160_15333598.jpg


c0119160_15335811.jpg


第2戦(ギリシャ)では日本は最初から積極的に攻め、さらに相手のレッドカード退場で10人・・コレは行けると思ったら老獪ギリシャは引分け狙いで超守備固め戦略に変更。最後まで決め手を欠き痛恨ドロー。


    .......第2戦は10人のギリシャを攻め続けるが痛恨ドロー、ついに自力突破の道が消える......
c0119160_15462262.jpgc0119160_15391844.jpgc0119160_15394993.jpg


c0119160_15393546.gif
c0119160_1539261.jpg


ついに日本は崖っぷち!コロンビア勝利が絶対条件でしかもコートジボワールとギリシャの結果次第という他力本願に追い込まれました。PKで先制されるも前半終了間際に岡崎が芸術的なヘディングゴールで同点!コレは行けると思ったら・・後半はロドリゲス投入で一挙に流れが変わり1対4でサンドバッッグ状態


     .......僅かな望みをかけたコロンビア戦、前半終了間際に岡崎が同点ヘディングゴール!......
c0119160_15522275.jpgc0119160_15525446.jpgc0119160_15532194.gif
c0119160_1554849.jpg
c0119160_15542848.jpg

c0119160_15544140.jpg


     .......後半ハメスロドリゲスが投入、日本は一挙に連続失点が続きついに1対4の大敗......
c0119160_1652931.jpgc0119160_1655169.jpgc0119160_166726.gif

c0119160_1662743.jpg


この経緯は2006年ドイツ大会(中田英寿を擁するジーコJAPAN)と奇しくも全く同じ!壮行試合では連勝を重ね国民期待は頂点でしたが、緒戦オーストラリアに逆転負けのスタート、第2戦は欧州クロアチアに引分け、最終戦は南米ブラジルにボコボコ状態となり失意の帰国・・何と完全なデジャブ状態ではないか!


      .......世界との実力差をあらためて思い知らされた。期待されたザッケローニの辞任会見......
c0119160_16141721.jpgc0119160_16143682.jpgc0119160_1615051.jpg


c0119160_16151572.jpg


日本人の心を知るザッケローニ期待は高かったものの結果を出せなければ選手起用・采配が悪かったとボロクソに言われます。課題は残ったもののザックは着実に日本を進歩させW杯の大舞台に立たせたくれました。(感謝!) しかしもっと強靭な体力や闘志、ずる賢さ・強かさがまだまだ足らないのか?



    .......後任は元メキシコ代表監督のアギーレ、挫折した日本サッカーをさらに進化させられるか?......
c0119160_16213618.jpgc0119160_16214762.jpgc0119160_16221412.jpgc0119160_1622262.jpg


次期監督はハビエル・アギーレ氏!メキシコを強豪国に育てた手腕が買われた推薦ですが、結構いい人選なのでは・・!見た目が美しいパスサッカーだけでは勝利を生まれません。体を張って守備を万全にしながら、泥臭く強かに得点をもぎ取る。そんな新たな息吹を摂り入れ、さらに日本を強くしてほしい!

c0119160_1627386.gifc0119160_16274927.gif c0119160_1628040.gifc0119160_16282694.jpg
c0119160_16283637.jpg


                                     「日本のW杯・挑戦の苦闘史」
 
感動と興奮を1ケ月間に思う存分味わった「2014W杯・ブラジル大会」、最後を飾る曲は日本代表テーマソングとして誰でも耳にしたことのある「サラブライトマン」(英国オペラ歌手)の「Question of Honour」で締めることにします。この名曲はRW洋楽コーナーの年末ラスト記事を飾る曲として再公開でレポート予定



        .......サッカー日本代表の壮行歌(TV朝日系)の「クエスチョンオブオーナー」(サラ・ブライトマン)......
              




                                                          おわり

  by rollingwest | 2014-08-10 00:00 | エトセトラ | Comments(76)

<2014年7月16日>サッカーW杯2014(ブラジル大会)総括レビュー:【前編】

c0119160_7253867.gif


★2014W杯(ブラジル大会)、白熱の1ケ月間をレビュー


4年に1度世界を興奮の渦に巻き込んだサッカー祭典W杯、2014ブラジル大会・1ケ月の戦いがついに閉幕。1976西独大会(高2サッカー部時代)から雑誌・TVでW杯を夢中で見続けてきたRWは2010南アフリカ大会後に過去歴史を含めたレビュー記事を書きましたが、今後は一大会ごとに総括記事をレポート

c0119160_76585.jpgc0119160_772476.gif



c0119160_774372.jpg

                                     W杯・歴史エピソード:マイレビュー(その1)
 

開催前の工事進捗遅れ・反対デモ(経済低迷・民衆不満)で大会運営不安が懸念されたブラジル。でも大会が始まっちゃえば南米ラテン気質、当初は母国の快調発進もあり一挙ハイテンション!その結末は・・
c0119160_7131290.gifc0119160_7133543.jpg




c0119160_71485.jpg


サッカー王国ブラジル(歴代最多優勝5回)の母国開催は64年ぶり。1950年は世界最大のマラカナンスタジアムが完成し初優勝の夢に国全体が燃え上がりました。しかしあと一歩・優勝杯を手にする寸前、ウルグアイに土壇場で逆転負けを喫し国民は大悲嘆、自殺者続出の事態(マラカナンの悲劇)となったのです。


   .......ブラジルの優勝は最多5回、しかし1950母国開催では栄冠を逃し一挙奈落の悲劇......
c0119160_531787.jpgc0119160_7274016.jpg


c0119160_728023.jpg




c0119160_7282326.jpg


今度こそ母国開催優勝で雪辱!ベスト4まで着実に勝ち抜き国民期待は大いに盛り上がりました。しかしネイマールの骨折で悲劇へのトリガーが・・。何とドイツとの準決勝はブラジが過去ル栄光史で経験したことがない最多失点で無残な敗退、屈辱ドン底に貶められるとは誰が予想したでしょうか!加点されるごとにブーイングは悲鳴・嗚咽に変わり、そして沈黙。最後は得点に拍手さえ湧き、ヤケッパチの嘲笑へ・・(悲)


   .......母国開催の優勝を期待していた国民は一挙に奈落の底へ!「ミネオランスタジアムの惨劇」......
c0119160_8152880.jpgc0119160_8154741.jpgc0119160_837244.jpg

c0119160_815796.jpg
c0119160_816166.jpg

ブラジルのW杯7失点は最悪記録、6点差敗戦は94年ぶり歴史的敗退・・!サッカー命の熱狂的国民には母国開催で屈辱大敗を喫した絶望は測り知れず、各地で暴動騒ぎも起きました。優勝以外は許されない代表セレソン・・、夢が大きすぎる半面その落胆ぶりは日本国民の比でありません。ベロオリゾンテで起きた惨劇は永遠に刻まれた悪夢の一日。さらに3位決定戦も0-3で敗れ傷口にカラシが塗られた・・



c0119160_22544723.jpgc0119160_2255525.gif
c0119160_22573456.jpg

今回はドイツが圧倒的な強さを見せ、決勝戦では南米の雄アルゼンチンを1:0で撃破し通算4度目の優勝を飾りました。南米開催W杯は南米チームが優勝するというジンクスがついに破られたのです。大会MVPにはアルゼンチンのメッシが受賞。得点王は6点を記録したハメスロドリゲス(コロンビア)、最優秀GKにはノイアー(ドイツ)が獲得しました。ノイアーが実質的なMVPだという程の素晴しいセーブの数々、魅せられました。


   .......ドイツが4度目の優勝、決勝点を決めたゲッツェ(ドイツ)、MVPはメッシ(アルゼンチン)が獲得......
c0119160_232205.jpgc0119160_2324648.jpg




c0119160_2333693.jpg


メッシは欧州リーグで4年連続バロンドールに輝く世界のスーパースターですがW杯は毎回力を発揮できず国民から非難を浴び続けていました。しかし今回は大活躍を見せついに母国に面目躍如!アルゼンチンが優勝だったらMVPは間違いなくメッシでした。しかし今回の個人受賞より念願の優勝が叶わず悔しき涙






★出場32ケ国が生き残りをかけるグループリーグ戦がスタート!


開幕戦は地元ブラジルとクロアチアの対戦。オウンゴールで先制を許したブラジルでしたが、流れを変えたのは2得点を上げたネイマール(22才若きスーパースター)の活躍!逆転勝利3―1で好スタートを切ったのです。日本人審判団も開幕試合初デビュー!毅然とした判定(クロアチア側は非難・・)で無事重責を果たしました。


  ......(左)開幕戦・ブラジル好発進!西村主審デビュー (右)前回優勝スペインがオランダに5失点大敗......
c0119160_9185914.jpgc0119160_91954100.jpgc0119160_919319.jpg



c0119160_922174.jpg


グループリーグは波乱の様相、まず前回優勝国スペインがオランダに何と1:5の大敗スタート!W杯連続失点記録継続の名GKカシージャスはボロボロ状態。連覇を狙ったスペインパスサッカーの限界が露呈したのか・・?


   .......32ケ国が8グループ(A~H組)に別れ、進出枠(上位2つ)を争う。日本はC組でした......
c0119160_9303489.jpgc0119160_9304787.jpg


c0119160_931933.gif
c0119160_9312215.jpg

     
「死のD組」に入ったコスタリカは優勝経験3国(イタリア・ウルグアイ・イングランド)の草刈り場になると誰もが思っていたのに蓋を開ければ何と1位通過の奇跡的な大健闘!サッカー母国イングランドは56年ぶりのGL敗退(初得点ルーニーも涙)、前々大会優勝イタリアも2年連続で屈辱を味わうとは・・。ビッグサプライズ・・! 


    .......(上)歴代優勝国イングランド・イタリアが予想外の敗退 (下)コスタリカ旋風が吹き荒れた......
c0119160_1072119.jpgc0119160_1073779.jpgc0119160_1082868.jpg


c0119160_1092040.jpg
c0119160_109022.jpg


日本の試合経過は最後で詳細紹介しますが既に皆様ご存知の通り落胆の結果でした。日本は壮行試合で好成績(コスタリカには3-1勝利)が続き国民はベスト8も行けると期待しましたが大いなる勘違いでした。アジア勢(韓国・オーストラリア・イラン)は全て惨敗。次回の出場枠は確実に減ることでしょう。


     .......日本・韓国ともに2敗1分で敗退、アジア勢は全て最下位の無残な結果に・・......
c0119160_1029327.jpgc0119160_10295191.jpgc0119160_1030973.jpg

波乱万丈のリーグ戦はついに16強が決定(南米5、欧州6、アフリカ2、北中米3、アジア0)!中南米国が絶好調の印象が強まりました。ウルグアイのスアレス噛みつき出場停止も大いに話題になりましたが・・


   .......(左)ベスト16が決定! (右)噛みつきスアレスのウルグアイは決勝Tに進出はしたが・・......
c0119160_10444841.jpgc0119160_10451216.jpgc0119160_10453780.jpg

c0119160_10455378.jpgc0119160_1046524.jpg

決勝トーナメントに入り、ブラジルはチリをPKで制し何とか準々決勝へ。W杯常連国のメキシコは6大会連続16強止まり(意外!)コロンビアはスアレス不在のウルグアイに快勝し初の8強入り!そして新たなスーパースターが出現!ハメスロドリゲスはスーパーゴールで2得点、得点ランク首位!やはりコロンビアは超強豪国だった・・  


     .......若きスーパースターが大活躍!得点王に輝いたハメス・ロドリゲスの登場が衝撃的!......
c0119160_1055599.jpgc0119160_10552789.jpgc0119160_105543100.gif

c0119160_1056119.jpg


今回登場した新しいスーパースターのハメスロドリゲス(コロンビア)、ゲッツェ(ドイツ)、ネイマール(ブラジル)は全員22~23才の若さ。間違いなくこれから世界をリードしていく天才達。次回W杯での活躍が大いに楽しみ!





★驚異のスーパープレイ、記録と記憶を残した名選手達


序盤GL戦でまず驚いたスーパーゴールはファンペルシー(オランダ)のダイビング゙ヘッド、合わせるタイミングも軌道も驚愕的!ケーヒル(オーストラリア)強烈一撃、ダビドルイス(ブラジル)のスーパーFK等が実に素晴らしかった!


  ......(左)ミューラー(独)大会初のハットトリック  (中)ケーヒル(豪)破壊力  (右)ファンペルシー(蘭)ダイブヘット.....c0119160_11253894.gifc0119160_11245967.jpgc0119160_11251857.jpg

c0119160_11255452.jpg
c0119160_11261764.jpg
c0119160_11414789.jpg


不屈の伝統国ドイツは前大会の得点王ミューラーが今大会初のハットトリックで大活躍、W杯通算16得点記録のクローゼ(前述)、メルテザッカー、ラーム、エジル、シュバインシュタイガーも健在で職人揃いの安定感!有力国(スペイン・イングランド・イタリア)が次々姿を消して行く欧州勢の中で意地を見せたのがオランタ、ドイツ、フランスでした。


   .......(左)スピードで切り裂く大活躍のロッベン(蘭)はPKをもらう名手  (右)ベンゼマ(仏).......
c0119160_11551752.jpgc0119160_11484051.gifc0119160_11485710.gif
c0119160_11492096.jpg


オランダは前回準優勝の中心選手ロッベン、スナイデル、ファンペルシーが更に磨きをかけ高い完成度を披露!しかしオランダロッベンの切れまくりは凄かった!PKを誘うダイビングは気になるがスピードは驚異的! 前回は無残にGL敗退したフランスも今回ベンゼマやジルーの活躍が光り泥臭い印象ながら復活を遂げました。


  .......(左)ダビドルイス(ブラジル)のスーパーFKも目がテン! (右)メッシ弾(アルゼンチン)が炸裂......
c0119160_11352232.jpg
c0119160_11353382.jpg

反面、欧州期待の星・クリスチャン・ロナウド(ポルトガル)やバロテッリ(イタリア)、王国を謳歌し続けていたスペインのスター達(シャビ、イニエスタ、フェルナンドトーレス、セルヒオラモス等)は全く見せ場を作れず寂しく消え去りました。


   ........(左)期待外れバロテッリ(イタリア) (右)失意のクリスチャンロナウド(ポルトガル)&シャビ(スペイン)......
c0119160_2271172.jpgc0119160_5233942.gifc0119160_22649100.jpgc0119160_227257.jpg


c0119160_2274270.jpg


今大会の特筆はGKスーパースターが続出したことです。無敗でW杯を去った大旋風コスタリカを鉄壁で支えたのナバスは本当に素晴らしかった!奇跡のファインセーブを次々見せたメキシコのオチョアやノイアー(ドイツ)、W杯最多セーブを記録したハワード(アメリカ)、こんなにもGKが活躍しクローズアップされた大会は珍しい!


  .......(左)ナバス(コスタリカ) 今大会はスーパー守護神のGK達が大活躍  (右)オチョア(メキシコ)......
c0119160_12363469.jpgc0119160_12364965.gifc0119160_1237594.jpg


c0119160_12372898.jpg


   .......(左)W杯最多セーブのハワード(アメリカ) (右)ノイアー(ドイツ)は今大会MVP級の大活躍......
c0119160_12412238.jpgc0119160_12415989.gifc0119160_12421799.jpg


c0119160_12423514.jpg

                                   W杯・歴史エピソード:マイレビュー(その2) 






★決勝トーナメントも大詰めへ!(今大会のTOPICSも交えて)


ベスト8に進出したのは全てGL各組1位の国でした。ベルギーは延長戦で米国を破りましたが、クリンスマン監督率いる米国の大健闘は大称賛だった!今大会の台風の目コスタリカはギリシャ土壇場の同点でPK戦になってもGKナバスの奇跡的な好守で勝ち抜きついに初の準々決勝8進出!大旋風は続く!


      .......(左)ベルギーVSアメリカ戦は壮絶な死闘   (右)コスタリカ旋風は止まらない!......
c0119160_14151944.jpgc0119160_14154193.jpg


c0119160_1416657.jpg


準々決勝は、欧州伝統隣国決戦ではドイツがフランスを強かに撃破し4大会連続で準決勝進出!注目の南米対決はブラジルがコロンビアを制し11度目のベスト4。しかしネイマールが何と腰椎骨折のビッグアクシデント!自国優勝を狙うブラジルは絶対エースが突然不在となりこれがブラジル惨劇の引き金となりました。


   .......(左)ブラジル勝利しだが、ネイマールが絶望の骨折 (右)ドイツがしたたかにフランスを下す......
c0119160_1422322.jpgc0119160_14225019.jpgc0119160_1423884.jpg


c0119160_14232744.jpg


もう一方の南米の雄アルゼンチンはベルギーを下しましたが、4強進出が24年ぶりと聞き意外!オランダはPK戦でコスタリカに勝利(延長激戦にも関わらず交代枠を1つ残し最後にPK専用GKを投入したファンハール監督の策が的中)。今回コスタリカの大健闘は実に立派!最後までオランダを苦しめたのですから


   .......(左)オランダが死闘の末PK戦、大健闘コスタリカを破る (右)アルゼンチンがベルギーを撃破......c0119160_14414730.jpgc0119160_14275392.gif
c0119160_14281328.jpg


今大会から導入された誤審防止の新兵器は「ゴールラインテクノロジー」!各箇所に設置された監視カメラが正確なゴール判定情報を主審腕時計へ一瞬の内に送信するのです。一方の目玉は白線のバニシングスプレー!FK時の守備ブロック陣に停止ラインを明示する環境に優しい(数分で芝生に溶ける)優れ物


      .......今大会から導入されたゴールラインテクノロジー!誤審を防ぐゴール判定の新兵器......
c0119160_14461791.jpgc0119160_14465470.jpgc0119160_14463868.jpg






c0119160_14472349.jpg


   .......(左)フリーキック停止線を明示する白スプレー (右)日本人サポーターの好マナーが話題に!......
c0119160_1454740.jpgc0119160_14543668.jpgc0119160_14545749.jpg



c0119160_14551494.jpg

母国敗退でも冷静な姿で自応援席のゴミを協力して後片付けする日本人サポーターは世界から大称賛を受けました。東日本大震災でも他人を思いやる日本人の美しさ・本質が認められ嬉しいことだ。




★W杯2014【後編】へと続きます!


次回は準決勝(ドイツvsブラジル、アルゼンチンvsオランダ)、決勝戦(ドイツvsアルゼンチン)、優勝したドイツ監督レーヴの戦略と悲喜こもごもの各国代表監督の表情などを語ってみたいと思います。そして日本代表の悔しき戦いの足跡、ザッケローニからバトンタッチする新監督アギーレへの今後の期待も含めて・・!


      .......(左)レーヴ監督 (下)クローゼW杯歴代新記録得点 (右)歓喜のドイツイレブン......
c0119160_5112331.jpgc0119160_5131659.jpg


c0119160_5145841.jpg


   ......(左)日本代表悔しい敗戦 (中)ザッケローニ監督 (右)次期新監督と目されるアギーレ......
c0119160_5204742.jpgc0119160_52178.jpgc0119160_5212389.jpgc0119160_20163754.jpg
c0119160_20101447.gif
c0119160_20103158.gif




                         2014W杯(ブラジル大会)総括レビュー②:【後編】へと続く




                         

  by rollingwest | 2014-07-15 00:00 | エトセトラ | Comments(87)

 <2010年11月15日>W杯・歴史エピソード:マイレビュー(その3):日本のW杯・挑戦の苦闘史

あの世界的な熱狂から5ケ月近く経ち、何か懐かしい気も・・。そして12月3日には、2022年のW杯開催地(日本も立候補)がFIFAで決定されるのです。久しぶりにサッカー記事でお楽しみ下さい。
c0119160_775874.jpg
「W杯・歴史エピソード:マイレビュー」(その1)          「W杯・歴史エピソード:マイレビュー」(その2)




                   <日本のW杯・挑戦の苦闘史>

★はじめに

今年2010大会で日本代表は惜しくもベスト8を逃しましたが、世界レベルに近づく素晴らしい戦いを見せてくれました。W杯開幕直後は醒めたムードだった国内も、カメルーン戦勝利後は一挙ボルテージアップ!そして大会で戦いを重ねるごとにチームは成長し、日本国民に大きな感動を与えてくれました。
c0119160_12141429.jpg
c0119160_12144117.gif


高2で初めて見たW杯(1974西独大会)、そのレベルの高さに驚愕し日本のW杯出場は永遠に不可能と思えました。30数年後に日本がW杯で世界に誇れる大健闘を見せてくれるとは・・、感慨!
現在、日本W杯出場は当然となっていますが、辛い苦闘の歴史が積み重ねられて来たのです。
c0119160_12201565.gif
c0119160_12202761.gif


東京・メキシコオリンピックのサッカー強化の黎明期から銅メダル偉業達成、その後の長い低迷期~Jリーグ発足、ドーハの悲劇等のターニングポイントを経て、日本がW杯に挑戦し続けた歴史を紹介しましょう。





★その(1): 東京・メキシコ五輪の栄光~長い低迷期へ


サッカー後進国だった日本は、東京オリンピック(1964)に向けて強化を図るためにドイツ人コーチを招聘しました。日本サッカーの父と呼ばれるクラマーです。彼に基本の徹底とサッカー哲学を植え込まれた日本は東京五輪でアルゼンチンを破り快挙ベスト8!メキシコ五輪(1968)では偉業・銅メダルを達成したのです。


   .....(左)日本サッカーの父・クラマー (中)クラマーのコーチ風景   (右)メキシコ五輪で銅!釜本大活躍.....
c0119160_12233331.jpgc0119160_12234576.jpg
c0119160_12235537.jpg


日本リーグが発足(1965)し、五輪で活躍した釜本・杉山の人気で一時日本のサッカー熱は大いに盛り上がったものの、その後日本リーグは人気低迷。閑古鳥鳴く状態に陥り暗黒時代が長く続きました。
W杯挑戦も韓国(一早くプロ化)との実力差は開き、毎回苦汁の涙を飲まされ続けて悔しかった・・。



  .....(左)日本サッカーリーグ時代 (右)85年W杯予選(日韓戦)、木村和司の劇的なFK弾も・・.....
c0119160_1229566.jpg
c0119160_1230363.jpg


しかし読売クラブ(ヴェルディの前身)が発足し、与那城・都波・加藤久らの活躍で日本リーグに旋風を巻き起こしました。実質プロチームとして先鞭をつけた名門ですが、今や落日状態に陥り寂しいことだ・・




★その(2): Jリーグ発足でついにプロ化実現、日本サッカーの躍進! (1992~1993)

日本サッカー協会はW杯に向け真剣に出場を目指すことを考え始めました。初の外人代表監督オフト(オランダ)の元で、日本代表はダイナスティ杯・アジア杯を次々と制し急成長を遂げて行きました。


        .....オフト監督のもとで日本の実力はメキメキ向上!92年アジア杯で初優勝...
c0119160_1238146.jpgc0119160_12382687.jpg
c0119160_12383725.jpg


日本W杯出場実現のためには日本サッカーもプロ化が不可欠だと、93年にJリーグがついに発足!
当時川渕三郎氏に講演依頼したところ、JリーグのPRならばどこへでも出向くと快く引き受けて頂きました。講演前の控室、目の前で日本サッカーの進むべき道を熱く語っていた川渕チェアマンの姿が印象深い・・


   .......(左)93年Jリーグ開幕(ヴェルディ対マリノス) (右)プロ化実現の功労者・川渕三郎氏.....
c0119160_12481387.jpgc0119160_12451359.jpgc0119160_12453413.gif

c0119160_12455221.jpg


Jリーグ発足に伴い海外から一流プレイヤーが続々と来日(盛りを過ぎたメンバーが多かったが・・笑)、
日本選手にとって憧れのスター達と一緒にプレーできる喜びは大きかったに違いありません。そして彼らの技術やプロ意識を着実に吸収したJリーグメンバー達のレベルは確実に向上。日進月歩の時代!


....初期Jリーグ活躍の海外スター達 ①ラモン・ディアス ②ジーコ ③リトバルスキー ④ストイコビッチ ⑤エムボマ.....
c0119160_20583738.jpgc0119160_20598100.jpgc0119160_20592692.jpgc0119160_20594556.jpgc0119160_20595927.jpg




★その(3):ドーハの悲劇 (W杯出場まであと一歩!土壇場で夢が潰える・・)


93年アジア最終予選は6ケ国がW杯出場(上位2チーム)に向け総当たり戦に入りました。夢を目指し実力向上した日本代表(カズ・柱谷・ラモス・井原・長谷川らの戦士)はオフト体制で快進撃を続け、サウジ・韓国と最終決戦段階に・・。最終イラク戦に勝てば日本はついに夢が叶う所まで来たのです。


      ......①加茂監督とドーハ戦士達 ②井原正巳 ③ラモス ④柱谷哲二 ⑤三浦カズ.....
c0119160_21251481.jpgc0119160_21253669.jpgc0119160_21255748.jpgc0119160_21261731.jpgc0119160_21263133.jpg

最終戦はカズ&中山の得点で2:1とリードして残り1分、このロスタイムを凌ぎ切ればついに夢が叶う!
イラク最後のコーナーキック・・・、センタリングが上がりイラク選手のヘッド、しかしボールはGK松永の頭上をすり抜け無情にも日本ゴールへ・・。結果、逆転でW杯切符は韓国の手に。一挙に奈落の底へ・・(涙)


      .....夢のW杯出場が土壇場で潰える、ショックの涙(ドーハの悲劇)、ゴン中山号泣!....
c0119160_21335258.jpgc0119160_21341788.gif


c0119160_21343873.jpg


何たる悲劇・・、ここまで夢の実現を信じ戦ってきた戦士達は茫然自失、次々とピッチに倒れこむ・・
しかしこの「ドーハの悲劇」こそが日本サッカー再発展ドラマの始まりとなったのです。この時の悔しさはW杯ベスト8あと一歩まで実力ステージを積み上げた日本の原動力・バネのDNAとして刻まれました。





★その(4): ジョホールバルの歓喜!W杯フランス大会へ悲願の初出場 (1997~1998)


加茂監督ゾーンプレス体制でW杯への再挑戦がスタート。当時主力はカズ・中山・城・中田英・名波・井原・秋田・名良橋、川口で最終予選を戦うも、アジア・中東勢に苦戦が続き、ついに加茂監督解任・・。後任は突然ご指名で岡ちゃんへ。初采配ウズベキスタンは呂比須の起死回生同点で首の皮一枚!


    ......97年W杯アジア予選を戦っていた頃の代表メンバー(第1期岡田監督体制).....
c0119160_21424318.jpgc0119160_21485176.jpg
c0119160_21434293.jpg

しかしライバル韓国を13年ぶりに敵地で撃破!ここから流れは大きく変わり息を吹き返した岡田ジャパンは、ジョホールバルで第3代表をかけてついにイランとの最終戦に臨みます。日本国民が見守る中、ゴン中山が先制!アジジ、ダエイに2点で逆転されるとベンチは動き、カズに変えて呂比須・城を投入


  ......(左)岡野ゴール!念願W杯出場決定(ジョホールバル) (右)歓喜のイレブン!歴史的な一夜.....
c0119160_2154642.gifc0119160_21542375.jpg
c0119160_21545955.jpg

城がゴールを決めて追付き、緊迫の最終時間を迎えます。中田ヒデの放ったシュートは相手GKが弾き、そこへ野人・岡野が詰めた!ゴ~ル、歓喜の一瞬!日本はついにW杯出場の扉をこじ開けた~!
国民が待ち望んだ日がやってきました!W杯初出場決定!何と、長かったことか、オメデトウ日本!

c0119160_215719100.jpg

カズ・北澤のW杯落選は残念でした。これまでW杯出場を夢にした二人も運命を受け入れることに。初出場の日本は強豪アルゼンチンとクロアチア(最終3位)と対戦し敗れはしましたが、大いに健闘したと思います。でもジャマイカには勝ってほしかったなア・・。W杯の初得点・ゴンゴールは見られましたが・・


  .....(左)カズW杯落選 (右)アルゼンチンに惜敗しW杯全敗、中山が初得点(ジャマイカ戦)で一矢.....
c0119160_2282545.jpgc0119160_22935.jpg
c0119160_2292684.jpg






★その(5): 日韓大会で、日本・初の決勝トーナメント・ベスト16進出!(2002)


いよいよ日韓大会が開幕!国内でW杯を間近に見る夢がついに21世紀冒頭に実現しました。
でも日本単独開催を狙っていたのに韓国の巻返しで共催となり開幕式も譲ったのはチト悔しい。


 .......(左) 日韓大会開幕!ソウルで開幕式 2002年6月の熱狂 (右)横浜の決勝戦で閉幕.....
c0119160_22201721.jpg
c0119160_22203783.jpg

トルシエ監督は自分のサッカー哲学実現のため、選手に規律を厳しく求め徹底させる戦術を採りました。賛否両論ありますが、ケースバイケース対処法を型にはめて繰り返し練習し、体に刷り込ませる指導。反発する者や規律に合わない選手は容赦なく切り捨てる。中村俊輔も結果的に排除されました。


  .....(左)GK楢崎ブレイク! (中)鈴木ベルギー戦、爪先得点 (右)トルシエ、日本をベスト16へ導く...
c0119160_2227611.jpgc0119160_22272120.jpgc0119160_22273697.jpg
c0119160_22275034.jpg


本大会主力は、中田英・小野・稲本・宮本・鈴木隆・森島・中田浩・戸田・松田・楢崎。ベルギー戦で引分け、史上初めて勝点1を上げた!勢いに乗り第2戦で強敵ロシアを1:0で破り史上初の勝利


  ....(左)稲本がゴールを引裂き強豪ロシアを粉砕  (右)チュニジア戦も連勝!歓喜の中田・森島.....
c0119160_22362248.jpg
c0119160_223649100.jpg

チュニジア戦も森島・中田のゴールで1次゙リーグを首位通過。日本は地の利があったとはいえ、好成績で初の記録ラッシュ!本当に興奮したナ~!決勝トーナメント緒戦はトルコだ、有名国じゃないし勝てると皆が思ったかも・・。しかし結果は0:1敗退、力が抜けた・・。でもトルコは最終3位の強豪国だった。




★その(6):ドイツ大会のショック!期待大きかった日本代表挫折、1次リーグ敗退 (2006)


ジーコ監督はトルシエと逆で選手の自主性に任せる監督でした。黄金世代のチームはアジア杯・W杯予選で奇跡的勝利を重ねて、大会前テストマッチでは強豪ドイツと引分けた。当然に国民の期待は高まっていました。しかも緒戦は豪州!ラグビー王国でサッカーは強くない国だと皆が勘違いしていたと思う・・


   ....豪州にまさかの逆転負け、残り6分までリードしていた日本は一挙に3点を奪われる。.....
c0119160_2241415.jpgc0119160_2242164.jpg
c0119160_2242227.jpg

豪州戦は俊輔の先制点で勝利は間近!しかし終盤、ケーヒル同点弾を受けて突然混乱し自滅3点を失い大ショック!あっという間の出来事でした。次のクロアチア戦も勝てずに背水の陣。臨む最終戦は強豪ブラジルと対決。玉田の鮮やかな先制で一瞬夢を見たもののその後4点を奪われてジ・エンド・・


....(左)クロアチア戦、川口の気迫 (中)玉田・ブラジル戦の鮮やか得点(右)1次リーグ敗退、傷心のヒデ.....
c0119160_23181880.jpgc0119160_23184156.jpgc0119160_23202631.jpg
c0119160_2319617.jpg

ドーハの悲劇以来、着実にステージを積み上げてきた日本でしたが、初の踊り場で停滞(後退?)した大会だったかも。期待が高かっただけに裏切られた気持ちの落差は大きかった。ジーコ采配は結果的に規律も調和もないチームと非難されました。勝てば官軍・負ければ賊軍、代表監督は厳しい・・




★その(7):再び日本国民に夢を与えてくれたサムライブルー!海外初のベスト16 (2010)

             
ドイツW杯終了後、オシム監督が就任し「考えて走るサッカー」を徹底。尊敬されるカリスマ監督は日本に期待を与えましたが、脳梗塞で倒れるというショックなニュースが入ったのです。またも岡チャンがピンチヒッターで起用、そういう運命なんだねエ・・。W杯アジア予選は豪州に次ぎ2位で出場を早目に決めた。
c0119160_22261647.jpg
c0119160_22264753.jpg

しかしW杯開幕直後まで、今回の日本には全く期待しないという冷めたムードが漂っていました。「W杯に出場するのは当り前、岡田監督の手腕は全くなく、一次リーグに勝ち抜くチームではない。」とサッカーに目の肥えてきた国民の要求は厳しく、事前テストマッチ4連敗の岡チャンに批判は集中しました。

c0119160_2228427.gif
不安を抱えながら、ついに2010年W杯が開幕!一次予選はオランダ・デンマーク・カメルーンの強豪揃い。全敗も予想される中で、緒戦カメルーンとの対決へ・・。岡チャンはここで開き直り、本田をトップに据え松井・大久保の攻撃陣、阿部をアンカーに配置する守備的布陣でカウンターを狙う戦術体制に土壇場変更


   .....(左)緒戦カメルーン戦で本田が決めた!この1発が・・! (左)日本全国がW杯の虜に!....
c0119160_7444086.jpg
c0119160_745116.jpg

戦術変更はカメルーン戦で大当たり!長友がエトーを封じ、カウンターで反撃。松井からクロスを受けた本田がゴールに叩きこみ勝利!チームのムードは一変!これには伏線があり、W杯開幕前の不調に危機感に迫られた選手達が自主的にミーティングを開き本音を語り合い団結力と相互信頼を深めたからなのです。



 .....(左)影の立役者・アンカー阿部 (中)走り続けチャンスを切り開いた大久保 (左)岡崎も活躍....
c0119160_9563654.jpgc0119160_7472076.jpg
c0119160_747188.jpg

緒戦の勝利は自信とチーム団結力を飛躍的に向上させました。次戦は今回準優勝した強豪オランダ。
残念にも0:1で敗退しましたが、日本鉄壁守備陣は大健闘で互角に亘る善戦を見せたのだ~!
川島よ、あのスナイデルの超強烈シュートは致し方なしダヨ・・。日本の惜しいシュート場面も幾つかあった。


    .......第3戦、デンマーク戦で決めた本田の無回転フリーキック弾!喜びに吠える本田.....
c0119160_7502273.jpgc0119160_7505412.jpg

c0119160_752295.jpg


そして1次リーグ突破をかけて運命のデンマーク戦!華麗なる本田・遠藤のFKが連続で決まりました。本田のアシストを受け岡崎も決めて3:1で快勝!海外W杯で初の決勝トーナメント出場を決め日本国内は一挙に興奮状態となったのです。開幕まで冷めていたマスコミ・国民の豹変ぶりにはチト呆れた。
c0119160_8264138.gif

 ....(左)遠藤もFK決めデンマーク撃破!(中)エトーを完全に封じた長友(左)中沢・闘利王の闘志守備.....
c0119160_828976.jpgc0119160_22434660.jpg
c0119160_8282539.jpg


決勝トーナメントは南米強豪パラグアイとの死闘、延長120分でも0:0!勝負がつかずPK戦の決着へ
残念ながら駒野が外して、初のベスト8進出の夢は実現できませんでした。川島の奇跡的なセーブを期待したが残念・・(でも川島の大活躍は素晴らしかった!)。日本侍戦士達よくぞやり切った~!


   ....(左)決勝トーナメントは120分の死闘で決着はPK戦に (左)駒野PK外す、悔しい瞬間!.....
c0119160_8311059.jpgc0119160_8321896.gif
c0119160_8314823.jpg

c0119160_16463335.jpg
国民はサムライブルーの健闘を大いに讃え、当初は散々批判された岡チャンも帰国後に名監督評価に変わっていた。期待されなかっただけに様変わり・・、前大会ジーコとは全く反対のパターンだなあ・・。
でも岡チャンには拍手!オシムの後はプレッシャー大きかったと思うけど日本に走るサッカーを植え込んだ。


  .......実にエネルギッシュに走り、体を寄せて魂心の気持ちで守り切った!武士道サムライブルー!.....
c0119160_8563097.jpg
c0119160_8565099.gifc0119160_857925.jpg

c0119160_16283979.jpg
c0119160_1628994.jpg

c0119160_8304889.gif


★おわりに

今回の日本代表の活躍は、不況や閉塞感の漂う日本に大きな感動と元気を与えてくれた。そして名将・ザッケローニ監督のもとで新生日本10月8日にアルゼンチンを破るという歴史的快挙を達成し衝撃的なデビュー!c0119160_659553.jpg
c0119160_704367.jpg

攻撃重視戦略のザッケローニ新監督は侍精神の逞しさを身に付けた新チームをさらに進化・昇華させ、必ず次大会ではベスト8以上の実績を残してもらいたい!12月2日FIFAが2022年W杯開催地(色々あったけど・・)を発表します。日本は再び立候補しており、是非とも単独開催の果報を待っている!
c0119160_942784.gif
c0119160_943726.gif

W杯・南アフリカ大会の素晴らしい戦いを見て、80年間のW杯歴史を振り返ってみたいと思い立ち今回記事に纏めてみました。自分自身もあらためて頭の中がレビュー整理されて非常によかった・・
c0119160_971257.jpg

高校時代から見てきたW杯ですが、日本国民も含め世界中の人達がここまで熱狂する大会になるとは想像しませんでした。今後も世界の数々の素晴らしいプレーとドラマを大いに期待したい!そして夢に向かって着実に一歩一歩積み重ねてきた日本代表、さらなる成長を見守っていきたい!


                                      

 

  by rollingwest | 2010-11-15 00:00 | エトセトラ | Comments(26)

<2010年7月14日>W杯・歴史エピソード:マイレビュー (その1)

★はじめに

c0119160_22434859.gif

世界中を熱狂の渦に巻き込んだ夢の祭典・2010W杯(第19回南アフリカ大会)は、無敵艦隊スペインが悲願の初優勝!史上初めてアフリカ大陸で開催された今大会は当初の治安懸念も吹き飛ばし、300万人以上の観客動員(歴代3位)・・!成功裏で歓喜のフィナーレを飾りました。ブブゼラboo~!


   .......(左) 2010大会ポスター (右)スペインが悲願のW杯初優勝!喜びに沸く世界一のイレブン........
c0119160_22471430.jpgc0119160_22485712.jpg



c0119160_22491359.gif


4年に一度開催される世界的な大イベント「ワールドカップ」、待ちに待った6月11日華やかに開幕の日を迎えました。記念すべき大会第1号のゴールは地元南アフリカの選手が見事に決めたのです。


    .........6月11日、アフリカ大陸で初のW杯が開幕!1ケ月の熱戦の舞台が始まった!......
c0119160_22562770.gif
c0119160_22571645.jpg
c0119160_22591814.gif

大会に選ばれた栄光の32ケ国は、A~Hの8リーグに分かれ16強・決勝トーナメントに生き残るために死闘を繰り広げました。或る意味、このリーグ戦こそが世界各国がエキサイトして一番面白いのかも・・
今大会総括は(その2)で十分語りますが、決勝はスペインvsオランダ!初顔合わせとなったたのです。


     ........スペインを世界一に導いたイニエスタの決勝ゴール!全身で喜びを表すヒーロー!........
c0119160_2385753.jpg
c0119160_2391089.jpg


パスをリズムよく刻む華麗なサッカーを展開した芸術的なスペインサッカー、まさに世界一の称号にふさわしい究極の美しさだった~!強豪・無敵艦隊スペインは過去何度もW杯優勝候補に挙げられながらも、国内各地域の対抗意識が強く代表のまとまりに欠け、本番では毎回弱く途中敗退の歴史でした。
  

   ...........予想100%的中の奇跡のタコ占い師パウル君、水槽の中でW杯が授与される。....c0119160_23132329.jpgc0119160_23134328.jpg



c0119160_23135893.jpg

しかし忌まわしい歴史に喘いだスペインも、今や世界一有名な軟体動物となったタコのパウル君が栄光の予言を与え、実際に夢が現実となったのです。パウル君の予言は8連勝で的中率100%!


   .......(左)3度目決勝も優勝叶わず、大健闘オランダ準優勝 (右)若手が台頭のドイツが3位!.....
c0119160_23192040.jpg
c0119160_23201624.jpg


準優勝はオランダ、この準強豪国も毎回優勝候補に挙げられながら、まだ夢を実現していません。
今大会も3回目の決勝に進んだものの栄誉にあと一歩で無念の涙となりました。次回こそ・・。
そしてこの準優勝オランダに1対0で善戦した我らが日本代表!数々の感動を与えてくれました。


   ........(左)準優勝オランダを相手に大健闘・日本! (右)FKを決め喜びの遠藤(デンマーク戦)......
c0119160_23245998.jpgc0119160_23254717.jpgc0119160_23262051.gif

c0119160_23263557.jpg


惜しくもベスト8を逃した日本代表でしたが、W杯の大舞台でここまで国民を熱狂に巻き込み夢と感動を与えてくれたチームは今までになかったかもしれません。本当によかった!岡チャン、おめでとう!


.......↓あの感動場面をもう一度!2010年W杯(南アフリカ大会)、日本代表・活躍のハイライト......


この嬉しい余韻に浸りながらこれから3回に渡ってW杯の記事を公開してみたいと思います。





★W杯の歴史を振り返ってみる・・。


今年はW杯が初めて開催(1930)されて、80年の節目を迎えました。当時のFIFA会長ジュール・リメはサッカーを創ることが夢で各国の説得に奔走し、ついに記念すべき最初の大会がウルグアイで開催!


 ....(左)初代のジュール・リメ杯(ブラジル永久保存となったが盗難) (右)現在のFIFA優勝トロフィー.....
c0119160_17325377.jpgc0119160_17331135.jpg
c0119160_17335560.jpg


途中で第二次世界大戦が勃発し中断(12年間ブランク)されましたが、1950年に再開されて19回の歴史を刻みました。歴代優勝国は下記のとおり7大強豪国に独占されており、スペイン・オランダ・ロシア・東欧の準強豪国は栄誉Gの仲間入りに挑戦して来ましたが、毎回苦汁の涙を飲んできたのです。


   ......(左)前大会までのW杯・歴代優勝国  (右)スペインが悲願の優勝!8番目の仲間入り.....
c0119160_2338640.jpg
c0119160_20295944.jpg


しかし今回スペインがついにその分厚い壁をつき破り、第8番の栄誉国としてその歴史に名を刻む事になったのです。長かった~!と国民は悲願が達成できた感涙の喜びに浸っていることでしょう。
両国とも歴史ある超一流国なのに長い道程。W杯優勝国の重みをあらためて感じさせられます。
c0119160_20314655.gifc0119160_2032091.gif

c0119160_20321912.gif

小生がW杯に興味を持ち始めたのは1970年代前半、もう40年近くになります。中高6年間サッカー部に所属していたため、必然的に先輩からの影響を受け世界のスーパースター達の名が脳裏に刻まれました。当時のビッグネームはペレ(ブラジル)、サッカーの神様として既に伝説的な存在だったのです。


   ........ (左)サッカーの神様・ペレ    (右)高校時代、我々の憧れだったベッケンバウワー&クライフ....
c0119160_20384628.jpgc0119160_20392312.jpg

c0119160_2043613.gif

c0119160_2043613.gif
c0119160_20433061.gif


W杯試合をTVで初めて観戦したのは1974年西独大会(ベッケンバウワーやクライフが大活躍)でした。
当時、TV東京系「三菱ダイヤモンドサッカー」という番組で、W杯が日本で初のTV中継がされたのです。世界超一流のスーパープレイを観戦、日本のW杯出場は永遠に無理だと思う位に衝撃を受けたなア・・

          
     ...... (左)「三菱ダイヤモンドサッカー」 (右)1974W杯の優勝を勝ち取った西独チーム......
c0119160_2343652.jpg
c0119160_23433366.jpg


それ以来、W杯を興味に持ちサッカー誌などで大まかな歴史は掴んできたつもりですが、ブログ開設して初大会であり日本の大活躍もあったので、W杯の歴史をマイレビューとして紹介してみましょう。

c0119160_21182291.gif

            (その1)第1回ウルグアイ大会~第12回スペイン大会の歴史・エピソード
            (その2)第13回メキシコ大会~第19回南アフリカ大会(今回)の歴史・エピソード
            (その3)日本のW杯・挑戦の苦闘史 (東京五輪~今回W杯までの道のり)





★第1回ウルグアイ大会(1930)~第7回チリ大会(1962)


現在世界中の人々が熱狂するW杯が開催された記念すべき第1回大会は80年前に南米の小国ウルグアイで開催されました。何故この国でと疑問も湧きますが、当時はオリンピックを連覇したサッカー大国だったからです。しかし当時の海外移動手段は船なので欧州参加は僅か4ケ国のみでした。


   ...... (左)第1回ウルグアイ大会(1930)      (右)W杯初優勝の栄冠は開催国ウルグアイ......
c0119160_21401580.jpg
c0119160_21394793.jpg



c0119160_7295784.gif

 
歴史的な初代大会の優勝は地元開催のウルグアイが栄冠に輝いています。(決勝相手はアルゼンチン)
80年前のレトロなる白黒写真ゴールシーンですが、初代ポスターは洗練され全く古さを感じさせません。


   ...... (左)第4回ブラジル大会(1950)  (中)ウルグアイ逆転優勝  (右)巨大なマラカナンスタジアム......
c0119160_2130451.jpg
c0119160_21262477.jpg
c0119160_2132366.jpg


ウルグアイは第4回1950年大会も優勝を成し遂げました。この大会に向け地元開催ブラジルが巨大スタジアムを建設し初優勝の夢に国全体が燃え上がっていました。決勝は南米対決ブラジル対ウルグアイ
終了間際の優勝達成寸前にブラジルは土壇場で逆転負け!国民は悲嘆し、自殺者続出の悲劇・・


.....(左)第6回スウェーデン大会(1958) (中)新星ペレ登場(オーバーヘッド)、(右)得点王フォンティーヌ(仏)....
c0119160_21505795.jpg
c0119160_21525659.jpg
c0119160_21533644.jpg


1958年ブラジルは悲願の初優勝をついに達成することができました。歴史的な天才プレイヤー・17歳のペレが4得点衝撃デビューを飾ったのです。優勝5回サッカー大国の栄光はここから始まりました。
ジュス・フォンティーヌ(20世紀最優秀選手)が記録した6試合13得点は今も破られない世界記録です。




★第8回イングランド大会(1966) :優勝(イングランド)


本大会が開催された当時は9歳だったのでサッカーは全く知りません。当然W杯の存在自体も・・。
サッカー発祥の母国イングランドがついに栄光に輝いた伝説の大会としてのちに知ることとなりました。


    ........ (左)66大会ポスター  (中)ボビーチャールトン(英)  (右)鉄壁のゴードンバンクス(英)......
c0119160_21574866.jpg
c0119160_21582132.jpg
c0119160_21583977.jpg


ボビーチャールトン、ボビー・ムーア、ゴードン・バンクスの名選手を擁し、本命期待に応えて見事に初優勝!
決勝は西独との延長戦、英国の放ったボールがゴールラインの真上に落ちて判然としないまま認められた「疑惑のゴール」にて栄冠を獲得。そういえば今大会では両者対決で立場逆転の大誤審が・・


   ..... (左)黒豹・エウゼビオ(ポルトガル) (右)サッカー史上初のスーパースター、ジョージベスト(北アイルランド)......
c0119160_2235758.jpg
c0119160_2242455.jpg


本大会でのサプライズは初出場・北朝鮮がイタリアを破りベスト8に進出したことです。しかしその快進撃もポルトガル・エウセビ゙オに打ち砕かれました。(今回も北朝鮮はポルトガルと当たり7失点、世界の壁)
そしてこの大会で大人気だったのが北アイルランドのジョージベスト!世界初、サッカー界のアイドルでした。




★第9回メキシコ大会(1970) :優勝(ブラジル)


この大会もリアルタイムで見た訳ではありませんが、ペレが「サッカーの神様」として活躍し尊敬を集め、世界の注目を集めた記憶に残る大会です。(当時小生は中学進学し、サッカー部に入ったばかり)
我々の間では「キングペレ」というサッカーシューズが憧れになっていましたが、高くて手が出なかった・・


   ..... (左)70大会ポスター (中)圧倒的強さで優勝のブラジル、歓喜のペレ (右)憧れのキングペレ.....
c0119160_2213489.jpgc0119160_22142553.jpg



c0119160_2216663.jpg

この大会で見せたブラジルのパフォーマンス溢れる戦いは、完璧と評される強さでした。ペレの他にもリベリーノ、ジャイルジーニュ、トスタン、Cアルベルトの名選手が自由自在に動き、初の無敗優勝を飾りました。


  ....(左)史上最高のGKヤシン(ソ連)  (中)ジャイルジーニョ&リベリーノ(ブラジル) (右)マッツォーラ(伊)......
c0119160_22193685.jpgc0119160_2232832.jpgc0119160_2220466.jpg
c0119160_22233026.jpg

c0119160_2224294.gif


他の国でも華あるスーパースター達が多く輩出しましたが、ペレを擁するブラジルの強さがひときわ耀き、ブラジルは優勝3回の偉業を成し遂げたのです。当時、優勝栄冠「ジュール・リメ杯」は3回優勝した国に永久保存となるルールだったのでブラジルに渡りましたが、盗難にあって現在も行方不明・・(残念)




★第10回西ドイツ大会(1974) :優勝(西ドイツ)


小生がW杯の魅力に憑かれたのは74年西独大会です。前述の通り日本初のTV中継されたことも大きな理由ですが、それ以上にW杯史上で最もエキサイティングな大会であり、サッカー概念を覆す歴史的なスーパースターが出現したからです。トータルサッカーを実現したオランダのエース「クライフ」は凄かった~!



   .....(左)74大会ポスター (右)世界を驚愕させたオランダのトータルサッカー!空飛ぶオランダ人・クライフ.....
c0119160_22403750.jpgc0119160_22411085.jpg



c0119160_22421065.gif

c0119160_22424996.gif


全員が固定ポジションにとらわれず攻守に次々と参加、入れ替わって攻撃を仕掛けるオランダのトータルサッカーは世界に衝撃を与えました。自在に空中も飛び美しい得点を決めるクライフはまさに伝説の人


 ....(左)クライフを封殺したフォクツ (中)西独軍団歓喜、皇帝ベッケンバウワー  (右)爆撃機・Gミュラー.....
c0119160_6455228.jpgc0119160_6461248.jpg
c0119160_6463791.jpg


誰もが優勝はオランダと信じました。しかしゲルマン魂溢れる西独は、フォクツが完璧にクライフを抑え、皇帝ベッケンバウワーの闘志指令塔でゲームを支配、最後はGミューラーの決定弾で、地元西独が栄冠を見事に掲げたのです。当時は高校2年、自分にとって本大会こそが最初に興奮したW杯となりました。




★第11回アルゼンチン大会(1978) :優勝(アルゼンチン)


78年大会は強豪アルゼンチンが自国開催して初優勝した大会。パワー溢れるマリオ・ケンペスが3試合で6点の大活躍を見せ、MVP得点王に輝きました。しかしこの大会は自分の記憶に全くない・・。


   ......(左)78大会ポスター (右)アルゼンチがン初優勝、6得点でMVPに輝いたケンペス.....c0119160_655278.jpg
c0119160_6503446.jpg


それほどに印象の薄い大会ですが、歴史的にも各国のスーパースターの名は殆ど見当たらず、後世に評価される試合も少ないようだ。アルゼンチン優勝も疑惑ありなど、散々な言われ方をしています。





★第12回スペイン大会(1982) :優勝(イタリア)


本大会はダークホースのイタリアがロッシの大活躍(6得点、準決勝はハットトリックを記録)、鉄壁のGKゾフが西独を完璧に抑え(この決勝戦は名勝負)優勝しました。しかし当時はタレント揃いのブラジルが世界的な人気の本命、イタリア優勝を素直に喜べない人が多いかも・・。ブラジルはイタリアに準決勝で敗退


  ....(左)82大会ポスター (右)本命ブラジルを撃破したイタリアが優勝(ロッシのゴール) (右)名GKゾフ.....
c0119160_6532692.jpgc0119160_6582654.gifc0119160_659683.jpg
c0119160_6592838.jpg


ジーコ、ソクラテス、ファルカン、セレーゾのブラジル中盤は、華麗な攻撃・守備で世界を魅了「黄金のカルテット」と呼ばれました。ジーコは残念ながらW杯栄冠を勝ち取ることはできませんでしたが、ペレに次ぐブラジル英雄として崇敬されます。ブラジル代表の「セレソン」の尊称はこの時代に確立されたような気が・・


   ......ルンメニゲ(西独) (中)芸術的なブラジル黄金のカルテット、その中心だったジーコ(右)......
c0119160_753963.jpgc0119160_755563.jpg
c0119160_711271.jpg


この大会あたりから、W杯が世界的に人気が沸騰し始めてきたように思えます。日本でもサッカーの人気が上昇し(アニメ「キャプテン翼」の影響が大きい)、W杯への興味も広がり始めた時代。次大会はマラドーナが登場、21世紀に入りW杯人気はオリンピックを凌ぐ世界的な大イベントとなっていくのです。

c0119160_2043613.gifc0119160_2043613.gifc0119160_2043613.gifc0119160_2043613.gif
c0119160_2043613.gif



                                                    つづく


次回は、「W杯・歴史エピソード:マイレビュー」(その2)をお送りします。

c0119160_7154326.jpgc0119160_7162797.jpgc0119160_7164636.jpgc0119160_717147.jpg

  by rollingwest | 2010-07-15 00:00 | エトセトラ | Comments(38)

<2010年7月23日>W杯・歴史エピソード:マイレビュー (その2)

                             「W杯・歴史エピソード:マイレビュー」(その1) より続く



★第13回メキシコ大会(1986) :優勝(アルゼンチン)


86大会は「マラドーナのための大会」と呼ばれる程、奔放な天才寵児が席巻し世界を驚かせました。
準々決勝の対イングランド戦、左手で決めた「神の手ゴール」、直後の5人抜きゴールでその伝説は永遠
アルゼンチンはマラドーナの大活躍で2度目の優勝!彼は国民から「神の子」として崇められることに・・


         .....(左)86大会ポスター 伝説となった(中)マラドーナ・5人抜き&神の手ゴール(右).....
c0119160_911493.jpgc0119160_916781.jpg

c0119160_9165094.gif
c0119160_9132996.jpg

当時タレントは結構揃っており、将軍と呼ばれたフランスのプラティニ、イングランドのリネカー、ブラジルのジーコ、西独ローター・マテウス、前評判の高かった各国スター達もマラドーナ一人の活躍で完全に霞んでしまった・・。


 .....(左)将軍プラティニ(仏)   (中)6人の守備に囲まれるマラドーナ    (右)山猫リネカー(英)......
c0119160_9174715.jpgc0119160_9183422.jpg
c0119160_9184934.jpg

その後、マラドーナの人生は転落の一途(コカイン使用、94大会はドーピング追放、03年は肥満・薬物で危篤に陥る)となりましたが、今回アルゼンチン監督として名声復活!お茶目な姿や言動が大受け~!
c0119160_6507100.jpgc0119160_9202815.jpg
c0119160_921563.jpg




★第14回イタリア大会(1990) :優勝(西ドイツ)


3大会連続で決勝進出しながらも、74年大会以来なかなか栄冠に届かなかった強豪西独がついに3度目の王座に輝きました。ベッケンバウワーが監督として、完成度の高いチームを創りあげたのです。


   .....(左)90大会ポスター (中)西独優勝!リトバルスキー、マテウス歓喜 (右)憧れのクリンスマン.....
c0119160_9264778.jpgc0119160_927182.jpg
c0119160_9275120.jpgc0119160_928391.jpg
W杯最多出場を誇るマテウスを中心に、リトバルスキー、クリンスマン、フェラー、ブッフバルトらの名選手達は、まさにゲルマン魂の塊・職人軍団だった。ベッケンバウワーは選手・監督として優勝2回、準優勝2回、3位1回の前人未到の大記録を積上げ、皇帝の名に相応しくローマで戴冠式を受けまたも歴史に刻まれた。


 .....(左)お茶目な踊りロジェ・ミラ(カメルーン) (右)フリット、ライカールト、ファンバステン擁したオランダ軍団.....
c0119160_9305562.gifc0119160_9364586.jpgc0119160_9331525.jpg
c0119160_9334547.gif

他ライバル国でもスーパースターが多く輩出した大会でした。カメルーンは驚異的な破壊力で38歳ロジェミラを擁して大旋風を巻き起こしました。活躍が期待されたオランダはフリット、ライカールト、ファンバステンの3トリオ


   .....(左)ガスコイン(英)       (中)得点王スキラッチ(伊)     (右)ストイコビッチ(ユーゴスラビア).....
c0119160_9465470.jpgc0119160_9471582.jpg
c0119160_9473822.jpg

イタリアからは彗星の如く現れ得点王に輝いたスキラッチ、カテナチオの象徴バレージ。並外れたボールタッチで、イングランドを牽引したガスコイン&リネカー。妖精ピクシーの愛称・ユーゴスラビアのストイコビッチ、正にキラ星の如し!




★第15回アメリカ大会(1994) :優勝(ブラジル)


10数年前までは「アメリカ国民のスポーツに、サッカーは根付かない。(野球・アメフト・バスケットが中心)」との見方が主流でした。しかし今の米国は立派なサッカー強豪国に成長しており、今回W杯でドラマチックな試合を多く見せてくれました。(米国民も大いに熱狂)その契機となったのが94年米国大会です。


       .....(左)94大会ポスター   (中) 伊・カテナチオの要・バレージ (右)ストイチコフ(ブルガリア)....
c0119160_1014946.jpgc0119160_1071969.jpg
c0119160_1073329.jpg

開催国アメリカはララス・メオラの活躍でコロンビアを下し決勝トーナメント進出、コロンビア自殺点のエスコバルは帰国後に銃で暗殺される悲劇も・・。印象深い選手は、ブラジル(ロマリオ、ドゥンガ、レオナルド、タファレル),イタリア(Rバッジョオ、バレージ、マルディニ),ブルガリア(ストイチコフ)、メキシコ(GKカンポス),ルーマニ(ハジ)等の名が挙がります。


 ....(左) ブラジル優勝!MVP・ロマリオ歓喜 (中)PK外し項垂れるRバッジオ (右)闘将ドゥンガ咆哮......
c0119160_10104630.jpgc0119160_1011665.jpg
c0119160_10112075.jpg

暑い熱気の大会、序盤不調に喘いだイタリアはRバッジオ復調で奇跡的な決勝進出を果たし、本命のブラジル(ロマリオ絶好調)との顔合わせ。0対0で決着がつかず史上初のPK決戦、終盤にドラマが・・。
何とRバッジオがPKを外しブラジルの優勝が決定!悲しみに暮れるバッジオの姿が印象的だった・・。
c0119160_75288.gif




★第16回フランス大会(1998) :優勝(フランス)


20世紀最後の本大会で新たなW杯優勝国が誕生しました。それまで6ケ国(欧州3・南米3)優勝独占の栄誉グループに入るため挑戦し続けてきた準強豪(フランス・オランダ・スペイン・ロシア・東欧)は何度も苦汁を嘗め続けてきました。その高い壁をついに破り念願の優勝を実現したのは開催国フランス!


       .....(左)98大会ポスター (中)ジダン大活躍 (右)初優勝を成し遂げたフランス軍団.....
c0119160_1016728.jpgc0119160_10162663.jpg
c0119160_10164794.jpg

フランスは精鋭が実に豊富、ジダン、デシャン、アンリ、テュラム、デサイー、リザラス、ブティ、GKバルテス・・、多彩~
決勝戦の相手はロナウド、ドゥンガ、ロベカル、エジミウソン等スター軍団が勢揃いの前回覇者国ブラジルでした。
優勝決定はジダンのドンピシャ2発ヘッド!本人も8年後マツェラッティにヘッドして退場とは想像だにせず・・


.....(左) ロベルト・カルロス(ブラジル) (中)猛攻ダービッツ(オランダ) (右)優勝貢献、アンリ(フランス).....
c0119160_10185657.jpg
c0119160_1019285.jpg
c0119160_10194259.jpg

脇役国からも名星が多く輩出しました。オランダ(クライファート、ダービッツ)、クロアチア(シュケル、ボバン)、チリ(サモラノ、サラス)、デンマーク(ラウドルップ)・・、でも最大の話題は18歳オーウェン(英)の衝撃デビューでしょうネ~


 .....(左)バティステュータ(アルゼンチン) (中)得点王シュケル(クロアチア)(右)18歳英オーウェン衝撃デビュー.....
c0119160_10213699.jpgc0119160_10215048.jpg
c0119160_10221027.jpg


本大会は日本がついに念願のW杯に初出場を果たした記念すべき大会でもありました。日本W杯挑戦の歴史は終章で述べますが、対戦はレベルが断トツに高い強豪国アルゼンチン・クロチアなどで3連敗
バティステュータ・オルテガ・ベロン擁するアルゼンチン、3位躍進のクロアチア。この強豪相手に善戦したと思う。




★第17回日韓共催大会(2002) :優勝(ブラジル)


21世紀初頭、ついに日本でW杯が開催されました。韓国と共催ながら夢のような出来事が実現!
本大会は強豪国(アルゼンチン・フランス・ポルトガル)が予想外にも1次リーグで早々敗退し破乱のスタート
逆にドイツは一挙に若手(クローゼ・バラック)が台頭、名GKオリバーカーンの闘志で引っ張り決勝へ進出


     ......(左)02大会ポスター (右)ブラジル5度目の優勝!ロナウド(大五郎カット)が得点王.....
c0119160_17583294.jpgc0119160_17591973.jpg
c0119160_17594366.jpg

本命ブラジルはロナウド、ロナウジーニョ、リバウド、ロベカル、カフー等のオールスター軍団で横綱相撲の順当進出
決勝は2:0でブラジルが貫録の優勝!長いW杯歴史で5度目のV達成・大偉業を成し遂げました。


 ....(左)ロナウジーニョ(ブラジル)飛翔   (中)オリバーカーン ドイツ準優勝の立役者(右)バラック&クローゼ.....
c0119160_182563.jpgc0119160_1822947.jpg
c0119160_1825053.jpg

この大会のビッグサプライズはトルコ(3位)韓国(4位)セネガル等の新興国が躍進したことでしょう。
「テーハ・ミングク~!」盛り上がる韓国民の大合唱にジェラシーを感じながらも朴智星の活躍に驚き!
因みに日韓大会は、開会式がソウルで、決勝戦は横浜で行われました。次回は日本単独がいいネ


  .....(左)英貴公子ベッカム (中)韓国・夢のベスト4 (中)米国ドノバン活躍 (右)ラウル(スペイン).....
c0119160_1861196.jpgc0119160_1865972.jpgc0119160_1874867.jpg

c0119160_188810.jpg





★第18回ドイツ大会(2006) :優勝(イタリア)


カテナチオ」(かんぬき)はイタリア鉄壁の守備に与えられてきた尊称です。ブルーユニフォームからアズーリ(青)の愛称も持つイタリア軍団が伝統の守備力を生かして24年ぶりに4回目の優勝を飾りました。


   .....(左)06大会ポスター (右)イタリアが4度目の優勝、歓喜のカンナバロ、ザンブロッタ、トニ、ブッフォン.....
c0119160_18112352.jpgc0119160_18114469.jpgc0119160_18121360.jpg
c0119160_1813743.jpg

決勝戦はイタリア対フランス。1対1で延長戦も勝負がつかずPK戦に突入した末の決着となりました。
しかし本大会で一番記憶に残るシーンは、やはり「ジダンの頭突き退場」でしょう。日韓大会で苦汁を嘗めたフランスの老齢軍団が決勝まで進んだのに、全てはあのシーンで敗北の印象に変わった感が・・


    .....(左)MVPジダン、怒りの頭突き退場で終焉    (中)ラーム(独) (右)ロッベン(オランダ).....
c0119160_18153498.jpgc0119160_1816434.jpg
c0119160_18162037.jpg

地元開催のドイツは、優勝を逃すもバラック・クローゼ・ラーム・ポドルスキー等の伸び盛り軍団の健闘で3位を確保。前回大会で実力発揮できなかったポルトガルは、フィーゴ復活・クリスチャン・ロナウトの活躍でベスト4
ブラジル・アルゼンチン・イングランドはベスト8止まりで批判に晒されました。日本ならベスト8は歓喜なのに。


    .... .(左)フィーゴ復活 (中)クリスチャン・ロナウド  ポルトガル健闘  (右)ルーニー(英).....
c0119160_181882.jpgc0119160_18182336.jpg
c0119160_1818587.jpg

日本は最強のチームとして期待されながら、緒戦オーストラリアにショックの逆転負け。ジーコJAPANは心身ともバラバラ崩壊、無念の1次敗退に終わり空虚感は暫く尾を引きました。しかし今大会でリベンジ!




★第19回南アフリカ大会(2010) :優勝(スペイン)

c0119160_701835.gif
アフリカ大陸で初めて開催された記念すべき大会は、当初の懸念(悪い治安風評)を完全に吹き飛ばし300万人強の観客(史上3位)を集め、大成功を収めました。華麗なるパスサッカーを繰り広げるスペインがついに悲願の初優勝!熱狂的な国民性でもあり、決勝戦のTV視聴率は何と91%~!(驚)


       .....(左)今大会のポスター(アフリカ大陸を象る)  (中・右)スペイン歓喜の初優勝!.....c0119160_1821656.jpgc0119160_18212439.jpg
c0119160_18215651.jpg

ベスト8までは南米勢・強しの印象でしたが、終わってみれば準優勝オランダ・3位ドイツで欧州が独占
この大会では過去からのジンクスが幾つか崩れました。①欧州以外の開催大会で欧州勢が初優勝②2年前の EURO王者は勝てないジンクスを破った。③緒戦敗退したチームが優勝したことも初めて。
健闘したが地元南アフリカ・1次リーグで敗退、開催国が決勝トーナメントに進めなかったのも初の出来事


 ....(左)スペインの主力:プジョル、シャビ、イニエスタ (右)GKカシージャス、決勝戦でロッベン1対1を阻止!....
c0119160_18262865.jpg
c0119160_18265217.jpg

準優勝オランダはスナイデルが大活躍!日本戦で叩きこんだ強烈シュートやブラジルの夢を破る鮮やかなヘッドは印象に残ります。オランダは未だ優勝実現せず、でもなぁ・・スペインの決勝戦で2度もフリーになったロッベン、あれは決めなきゃぁ・・。勝利のW杯女神様、早くオレンジ軍団に微笑んであげて下さい。


  .....(左)オランダのスナイデル(得点王に輝く活躍) (右)オランダは準々決勝で本命ブラジルを撃破....
c0119160_2236331.jpg
c0119160_22365811.jpg

ウルグアイとパラグアイ(紛らわしい~)・南米の準強豪2国の粘りは実に大したものでした。ウルグアイは古豪だけの名を返上。オランダとパラグアイに堂々と善戦した日本代表も十分評価が上がったのだ~
得点王はフォルラン(ウルグアイ)、ビジャ(スペイン)、スナイデル(オランダ)、Tミュラー(独)の4人、フォルランはMVP!


....(左)パラグアイ(中)ウルグアイの南米勢が大健闘 (右)MVP・得点王に輝いたフォルラン(ウルグアイ).....
c0119160_22401816.jpgc0119160_22404497.jpgc0119160_2241811.jpg
ドイツはエジル、Tミュラーの若い力が台頭!ベテラン勢(クローゼ、シュバインシュタイガー、ポドルスキー)も頑張って3位に!でもアルゼンチンを4:0の大差で破った時、断然に優勝間違いなしと思える位の強さでした。
往年スター・Gミューラーに縁ある慶事2題(クローゼがミュラーに並ぶ歴代2位得点、同名若手Tミュラー台頭)


.....(左)W杯歴代14得点となったクローゼ(独) (中)大活躍ビジャ(スペイン) (右)新星T・ミュラー(独).....
c0119160_2249198.jpgc0119160_22495984.jpg
c0119160_2250235.jpg

c0119160_781484.gif

優勝候補の最右翼ブラジルとアルゼンチンは今大会も強さが際立ちましたが、残念にも8強で終焉・・。国民が優勝しか許さない両国代表は本当に厳しい・・。メッシ、クリスチャンロナウド、カカ・・、活躍が期待されたスーパースター達は残尿感を感じたなぁ・・。パロンドールの前年輩出国は勝てないジンクスもまだ続く・・


.....不完全燃焼に終わったスター達(左)メッシ(アルゼンチン) (中) C・ロナウド(ポルトガル)(右)カカ(ブラジル).....
c0119160_2253836.jpgc0119160_22534357.jpgc0119160_22547100.jpg

c0119160_22573841.jpg

歴代の伝統強豪国フランスとイタリアは1次リーグで無残にも敗退・・。内紛でチ-ムワークゼロのフランスは国民からボロカス状態の非難。前回優勝のイタリアもまさかの結果に、カテナチオ伝説は崩壊・奈落の底へ・・。
1次リーグ敗退のスイス。優勝国スペインを緒戦で破り、W杯無失点世界記録を樹立したことを讃えたい!


.....(左)監督・選手の内紛でバラバラだったフランス (右)前回優勝国イタリア、まさかの1次リーグ敗退.....
c0119160_2331857.jpg
c0119160_2333677.jpg

今回、最大の悲劇国は準々決勝で敗れたガーナでしょう。古豪ウルグアイを相手に堂々120分を戦い抜き、延長後半ロスタイム・シュートは決定的サヨナラゴールと一瞬思ったものの、ウルグアイのスアレスが意図的ハンドで防いだのです。でもジャンのPK、ガーナ勝利でアフリカ勢初のベスト4と誰も信じました。しかし・・外した~!このショックは駒野の比じゃない!そしてPK合戦でも敗れ、ついにアフリカの星は散った・・


.....(左)ハンドで決定打を弾いたウルグアイのスアレス  (右)アフリカの期待ガーナ、FK戦に敗れ項垂れる。.....
c0119160_6273727.jpg
c0119160_628839.jpg

今大会で使用された公式球は「ジャブラニ」という完全球に近いもので、無回転シュートだと魔球の様な軌道(本田シュートの例)を描くGK泣かせのボールでした。そしてご存知、ブブゼラ大音響!スタジアムに集まった数万人が一斉に鳴らすですだから監督指令の声は完全にかき消されました。boo~!


.....(左)無回転シュートで軌道が読めぬ公式球ジャブラニ  (右)今大会の象徴となったブブゼラ.....
c0119160_6351647.jpgc0119160_6344966.gif←クリックして見て下さい。c0119160_6354347.jpgc0119160_636170.gif
記念すべき20回の節目となる次回大会はブラジルで開催されます、今度の応援風景は南米サンバのリズムでまた熱気が溢れることでしょう。2大会連続ベスト8に終わったブラジルは開催国として優勝が義務付けられるのでそのプレッシャーは想像もできない。また途中敗退したら暴動発生かも・・(笑)


.....FIFAトロフィーを目指し64試合の激闘(8リーグ戦と決勝トーナメント)が繰り広げられた。.....
c0119160_641919.jpg
c0119160_6412383.jpg

c0119160_763945.gif

1次リーグ予選を突破するかどうかでその国の盛り上がり方が一変します。日本もリーグ敗退だったら国内がサッカー熱気に包まれることはなかったことでしょう。やはり勝たないとネ・・。6月11日から1ケ月に渡って繰り広げられた熱戦の連続、寝不足になりながらも大いに楽しませてもらいました。

                                                      おわり


次回は、W杯・歴史エピソード:マイレビュー(その3):日本のW杯・挑戦の苦闘史をお送りします。

  by rollingwest | 2010-07-14 00:00 | エトセトラ | Comments(22)

<2009年7~8月>往く夏を惜しむ(その2):旧友との夏の再会


学生時代の旧友と会う機会を毎年定期的に設けていますが、今年の夏は3ステージ(中・高・大)の開催が一挙集中しました。久しぶりに会った人や本ブログに日頃登場頂ける人、さまざまなメンバーとワイワイ賑やかに旧交を温めることができました。お互い健康であればこその楽しみです。
c0119160_8465133.jpg




★【7月4日】:中学時代のメンバーとJリーグ定期観戦会(at大宮)


柏崎第一中学時代のメンバーは柏崎小学校の入学時から同級生なので実質9年をともにした仲。帰省時も集まりますが、最近は首都圏在住者での定期懇親会の方が頻繁に開催されているかも。

  .....大宮ナックファイブスタジアムはオレンジ色に染まっていく!(大宮アルディージャの本拠地).....c0119160_995025.jpg










c0119160_850741.gif

数年前からJリーグ観戦後に飲み会というパターンが定番になっています。皆は結構サッカー好き!
今回メンバーは6名。常連のヒーチャン・ゲサン・セキ女史・ミンコロ女史に、新メンバーのH井を加えて大宮観戦


         ........豊かな自然を残す大宮公園の散策路(ナック5スタジアムに向かう道).....c0119160_9103668.jpgc0119160_9105338.jpg

高校同級で近隣に住むH井は第三中なので母校は違いますが、今回の企画に誘い込んでまた皆の輪が広がりました。大宮公園を訪れるのは2年ぶり、鉄道博物館とジョンレノンミュージアムを見た帰りに寄って以来だな・・。池・緑の静かな散策路を抜けると本日の球場ナックファイブスタジアムが現れた!

                                               リンク:大宮探訪

    .....(左)横浜Fマリノス(青色)のサポーター       (右)大宮アルディージャ(橙色)のサポーター.....
c0119160_953691.jpgc0119160_9532240.gifc0119160_9533936.jpg

セキ女史は大のFC東京ファン、昨年冬は調布「味の素スタジアム」でアルビレックス新潟との試合を観戦しました。今回はミンコロ女史(ハンドルネーム由来は愛犬の名前)が、大宮アルディージャvs横浜Fマリノスの観戦をスポンサー様提供で企画して頂きました。(ミンコロ様ご勤務・MSN銀行が大宮の協賛企業)

                               リンク:調布探訪(FC東京vsアルビ新潟観戦)


    ......(左)キックオフ!カクテル光線の中の対戦       (右)日本の鉄壁「中澤佑二」.....c0119160_1014741.jpg




c0119160_102210.jpgc0119160_1021764.jpg

試合結果は0対0の凡戦に終わりましたが今日・最大目的はボンバーヘッドの異名「中澤佑二」!日本最強の鉄壁DFのプレーを間近に見られただけでも大いに価値がありましたね〰。最高〰!


          .........アルディージャのビブスを装着(ヒーチャン・小生・ゲサン・H井・ミンコロ女史・セキ女史).....c0119160_10185016.gif
c0119160_10191248.jpg







c0119160_10192817.gif



試合後、大宮駅へ向かう人の行列。大宮公園から氷川神社参道を抜けて、駅近くの繁華街にある監獄ホラーの店「ロックアップ」へ・・。恐怖の館が売物の店で、ミンコロ様(ホラー好き?)のご推奨
c0119160_10303961.jpgc0119160_10305434.jpg

乾杯後の会話は機関銃の如く連弾発射!(特に女性陣が元気なこと)、H井も初対面で圧倒されながらも楽しい雰囲気に完全に馴染んでいた。宴も盛り上がってきた終盤、いよいよショータ〰イム!
c0119160_10385995.jpg






c0119160_10391735.gif
c0119160_10393164.gif

店中が暗くなり稲光にホラーBGMが鳴り響き始める!あちこちの部屋から「キャ〰」という悲鳴が・・!
そして我々の部屋にも妖怪登場!果敢なるゲサンが防戦応酬!激しいバトルが繰り広げられた!
c0119160_1045292.jpg
c0119160_10451457.jpg

最後はゲサンも降参。妖怪にチューされて本人もちょっとビミューな気分!皆はこんなお馬鹿で楽しい夜を過ごして次回の開催を誓い合うのでした。またも友達の輪を拡大して盛況にやりましょう!
c0119160_10511564.jpg





★【8月8日】:大学時代のメンバー「TARA様帰国・夏季の宴」 (at高田馬場)


毎年恒例・・、スイスから帰国したTARA様の帰朝報告会が高田馬場「花福」にて開催されました。
「ハリケーンTARA」の異名通り、この方が出現すると東京の騒音度は10デシベル程上昇します。


  ....「花福」にてワイワイ談笑。さりげなく撮影しても常にカメラ目線で意識する神楽坂様(左端)....
c0119160_10575352.jpg



c0119160_10581010.jpg

大学サークル同級8名(TARA・しむけん様・モッチャン・ガバチョ様・スズメ・キンチャン・シゲモリ)、もう一人は1級上で常に我々のご意見番として鎮座する神楽坂様の参加を得て、合計9名の歓迎会となりました。


          .......ヒョーキンにおどけるしむけん様、常時必携の白タオルを肩にかけるスズメ殿.....c0119160_11304760.jpgc0119160_11311226.gif



c0119160_17395151.jpg

c0119160_11312813.jpg

スズメはこの日、大阪でゴルフをして上京。しかもカミサン待つ自宅には帰らずに明日も明後日もゴルフだと・・・。あきれ果ててモノが言えない・・。(それで120叩きで上達せんとは・・、再度・呆)


 .......妖怪人間、ガラガラ蛇ブーツと数々の異名を取るTARA様、カメラを向ければ即刻反応する。....c0119160_11375619.jpgc0119160_11381029.jpg



c0119160_1648126.jpg

c0119160_16413264.jpg


しむけん様は最近デジカメ動画機能をよく駆使しており、今回も談笑風景を撮り始めました。それまで脳のテッペンからスットンキョーな嬌声で笑い転げていたTARA様は、機敏に外向けの表情に切り替えオスマシの目線!猫を被るとはこのこと!(ガラガラ蛇・豹柄の置物も被っているのかもしれない)


          ........一次会、終了~。「花福」入り口の前で恒例の集合写真....
c0119160_11422433.jpg

宴たけなわで、一次会は一旦締めて店の前で集合写真。いつもなら次は「大響・カラオケ」へと足を向けるはずですが、キマ・マウス様が終盤に合流したため、再び居酒屋でワイワイ語らうことにしました。


             ........二次会は昭和レトロをモチーフにした居酒屋「半兵衛」........c0119160_12244388.jpg
c0119160_1225596.jpg


二次会は昭和レトロの雰囲気に彩られた「安兵衛」。BGM・店内装飾とも半世紀前の世界にタイムスリップ!それで1人3千円もかからぬ値段で十分飲めるんだから本当にお得!さすが学生街だね~
c0119160_12291587.gif

 .......常にカメラ目線になってしまう女性陣・・(皆、自分が吉永小百合だと思っているのか?).....c0119160_12323116.jpgc0119160_12345021.jpg

懐かしい映画ポスターにブロマイド、レトロなる日用品・・etc。この店がユニークなのは店内装飾だけではありません。何と、生ビールはヤカンに入っているのです。(スズメが注いでいる上段写真をご参照)
c0119160_1241999.jpg

      .......楽しくて見飽きることがない「半兵衛」のレトロな店内風景(値段もメチャクチャ安い!).......c0119160_1243436.jpgc0119160_12435993.jpg








c0119160_12444052.jpg

現在独身のTARA様、スイスで24歳イケメン若者と付き合っている事実を吹聴。(現在、喧嘩中らしい)
「ホントか~?24歳・老犬の間違いじゃないの?」店内は若者で大賑わい!うちのテーブルは馬鹿者で大賑わい!親子程違う年齢をものともせず、若者に負けぬ騒音を発信し続ける我が陣でした。              


  .....高田馬場駅前の夜は更けていく・・(BIG-BOXは、昔とはイメージが変わったなあ・・)........c0119160_16591875.jpg

台風時期に合わせて毎年日本を来襲するTARAハリケーン。今年は大地震も発生させています。
c0119160_1791677.jpg
さてさて夜は更けて終電時間も近い。いつもならばスズメが徹マンに巻き込もうとする時間ですが、翌日ゴルフなのでさすがの絶倫男もおとなしくせざるを得まい。修羅場は回避、めでたく終了~。ホッ






★【8月14日】:柏崎高校サッカー部・同窓会:「T先生を囲む会」 (at新潟市)
c0119160_17403933.gif

今から30数年前に一緒にボールを蹴り走り回った高校サッカー部時代の懐かしいメンバーでOB会を開催(幹事として企画)しました。当時の顧問・T先生は新任教師で柏崎高校に赴任し、同・校長先生として凱旋着任。そしてこの3月にめでたく定年を迎えて、最後の花道を飾った経緯にあります。


......新潟市のシンボル「万代橋」、新潟駅から橋を渡って今日の会場「新潟グランドホテル」へ......c0119160_17123464.jpg

先生のお住まいが新潟市なので、各自で新潟グランドホテルに昼集合。RWの同期・1年先輩・後輩メンバーが15名も多数参集頂き、賑やかな同窓会となりました。30数年ぶり再会の方も数人いた。


         ........T先生を囲んでサッカー部の面々が勢ぞろい!(新潟グランドホテルのロビーにて)......c0119160_17191055.jpg

 .......各自近況報告、右は柏崎原発再稼動の鍵を握るS田・刈羽村村長(1級先輩)の挨拶.......c0119160_17254291.jpgc0119160_1726566.jpg

風貌が全く変わってしまった方、殆ど当時のままの方、貫禄がついた方、各自其々が人生の歴史を刻んで来ましたが、やがて会話が弾む中で一緒にボールを追いかけた当時の日々がフラッシュバック!
大病・大怪我を経験した人(小生も含め)も数人いて、健康のありがたさを改めて噛み締めた次第



   ......K司さんから、T先生への花束贈呈(校長先生退職慰労)、長い間お疲れ様でした~.......
c0119160_17451330.jpg
c0119160_17313210.jpg

グランドホテル中華料理店での一次会は盛況の中、先生への花束贈呈を終えて15時に中締め完了。二次会は河岸を変えて駅前近くの蕎麦屋の二階で再びワイワイ!昼間から鱈腹飲んでいましたね~


         ........再び万代橋を渡り新潟市内の「須坂屋そば」で二次会(再び旧交を温める)......c0119160_17325732.jpgc0119160_17331292.jpg

16時過ぎには現地解散し、それぞれの家路に着きます。小生はJR信越線柏崎行・電車時刻まで時間が余ったので、万代橋周辺を散策。快晴の信濃川風景をほろ酔い気分で写真撮影して帰柏。
万代橋光景や柏崎への車窓風景は以下写真にてご覧あれ。 サッカー部OB会またやりましょう。c0119160_18101923.gif


c0119160_18104194.gif

同窓会は上記の他にあと2系統(高校3年1組、大学お組)ありますが、また定期開催しないと・・




★【10月3日】:大学時代の下宿・先輩たちとの再会

大学入学して上京したときは目白館という賄い付き下宿におりました。(目白駅から左側に行った下落合3丁目:宿主のバーチャンが猫を30数匹も飼っていて猫屋敷と呼ばれていた。)
S田さんの音頭取りで当時の懐かしい先輩たちと30数年ぶりに再会が実現!旧交を温めました。
c0119160_7482238.jpg

麻雀ばかりのビンボー学生だったあの頃、当時の逸話で皆大笑い!下らない話がいつまでも蒸し返され、その都度爆笑~!昔の話ばかり思い出していてはもう我々も老人の仲間入りか・・?
c0119160_750502.jpg

当時はやっていた懐かしい流行歌を歌いまくり、同じ店で6時間も粘っていました。このビンボー度はいつまでも変わらんね~!我々には決して似合わない目白駅がますます洗練されており、時代の変化とともに無骨な目白館メンバーとはますますのギャップを感じる中秋の名月の晩でした。
c0119160_7552656.jpg
c0119160_7553913.jpg
また何年か後に、さらにオバカなメンバーを拡大して、またこの目白の地に集いましょう!




★越後の晩夏・諸風景


最後に「往く夏を惜しむ」の表題の納めを飾り、「越後の晩夏・諸風景」をお届けして本特集記事を終えましょう。今回の新潟市訪問や帰省途中で撮った数枚のスナップ写真です。(^_^)/~夏よ、サヨナラ~


(万代橋周辺のスナップ)

           .........信濃川に浮かぶ万代橋のシルエット(雲一つない快晴は本当に久しぶり)......
c0119160_18164716.jpg

   ......信濃川・河川敷の芝生で寛ぐ人たち(本当に爽やかな日であった。)......
c0119160_18224981.jpg

           ...........川に係留された艀船、川面には日光が乱反射していた。......c0119160_1825573.jpgc0119160_18252833.jpg




(JR信越線からの車窓風景)

     ......青い稲が輝く越後・田園風景を車窓から眺める。(今年は日照不足で不作が懸念)......
c0119160_18324012.jpgc0119160_18325734.jpg

   .......新潟からの列車は信濃川を渡り、柏崎へとに向かう。やがて名峰・米山さんがお迎え......
c0119160_18392837.jpgc0119160_1839403.jpg

 ....柏崎駅前は旧・柏崎製油所跡地が完全更地となり水溜り風景となっていた。(背景は米山).....
c0119160_1922431.jpg




(とんぼ)

   ......(左)実りを迎える前の稲穂風景(背景は故郷の刈羽黒姫山)、(右)とんぼクローズアップ!.....c0119160_19291334.jpgc0119160_19293974.jpg

           ..........(左)ハグロトンボ(糸蜻蛉の一種)(右)黒い羽根を開き始めた!......
c0119160_193517100.jpg
c0119160_19353397.jpg





(魚沼の風景)

 ....(左)越後川口の沼地、遥かに「越後三山」の雄姿、(右)堀ノ内簗場にて、鮎を掬うファミリー.....c0119160_19422386.jpgc0119160_19423995.jpg

           .......晩夏の「魚野川」、名峰「八海山」を背に鮎釣りに興じる太公望.....
c0119160_19463714.jpg

今年は天候不順が続き、涼しく短い夏に終わりました。もう秋を迎えてしまいますが、これからは爽やかな快晴日を多く迎えたいものです。内輪の記事に長々とお付き合い頂き、お礼申し上げます。


                                                       おわり


次回記事は、【食山人氏・日本百名山達成記念】:北アルプス・フォッサマグナの名峰「雨飾山」をお送りします。
c0119160_6362520.jpg

  by rollingwest | 2009-08-16 08:41 | エトセトラ | Comments(40)

<2008年11月30日>東京調布:Jリーグ観戦&中学同級・定例会

★中学同級定例会(Jリーグ観戦)

五十路(isoji)を過ぎると各代の同級会が増える傾向ですが、ここ数年は大学・高校にあわせ中学メンバーとの定例会も恒常化してきました。利害関係ない昔の仲間で大笑いしたり元気をもらったりしてお互いストレス解消をしています。今年も恒例のJリーグ観戦&懇親会をメンバー拡大で開催~!


         ......調布市・「味の素スタジアム」(FC東京のフランチャイズ)の正門....
c0119160_733433.jpg

今年は定例メンバー(麗しの2女史+ヒーチャン)にゲサンと、カネ(中高6年間サッカー部同僚)を加え調布「味の素スタジアム」で「FC東京」vs「アルビレックス新潟」(最終節直前)、6人での観戦企画。
16時キックオフですが、折角の機会なので私は昼過ぎに到着、周辺見所を一人歩くことにしました。
c0119160_733349.gif


★「武蔵野の森公園」と「調布飛行場」をぐるり散策


「味の素スタジアム」は京王線「飛田給」駅で下車。(通常は急行が止まらない駅ですがJリーグ開催時は停車)   スタジアムでの待ち合せ場所を事前確認し、外周の銀杏並木道を延々と歩き「武蔵野の森公園」に向かいました。周辺はグランド施設が充実、少年たちがスポーツ練習に励んでいます。


     ......(左)調布スタジアムの目の前に広がる秋景色 (右)「武蔵野の森公園」の銀杏色づく....
c0119160_8235182.jpgc0119160_824781.jpg


「武蔵野の森公園」は、「調布飛行場」と隣接する三鷹・府中・調布にまたがる都立公園です。
まさに紅葉真っ盛り!でも日頃の紅葉光景とは何か違う。何と東京で青空地平線なのだから・・。

     ......(左)「調布飛行場」を遠くに見て真っ赤な紅葉 (右)上空にセスナが飛び行く....
c0119160_8291980.jpg






c0119160_8294557.jpgc0119160_8302451.jpg

「調布飛行場」は太平洋戦争では日本軍・特攻隊基地となりましたが、戦後は米軍占領を経て、今は伊豆諸島(大島・新島等)へ飛ぶ東京都飛行場として民間コミューター会社(株)新中央航空が運営しています。散策している時もセスナが島嶼(東京都)に向かい、数機飛び立っていました。


     ...... (左)調布飛行場の広大な敷地、右遥かに味の素スタジアム (右)セスナ機を近撮....c0119160_8391262.jpg






c0119160_8394629.jpg

お~、もう「味の素スタジアム」があんなに遠くなってきた。やはり飛行場の外周は距離が長いな・・。
風が強くて今日は西高東低の冬型。それだけに雲一つない青空だ!いやぁ、結構歩いたね~!

c0119160_15151744.gif
c0119160_132118100.gif

     ......飛行場・管制塔と事務所建物、青空に映える紅葉が素晴らしいぞ~!....
c0119160_155138.jpg

我々が抱く紅葉盛り期のイメージは10月下旬~11月ですが、最近平場で観る錦秋は完全に1ケ月遅れになってきました。正月の紅葉が将来当り前になっちゃうのかもしれません・・。地球温暖化?



★三鷹の「国立天文台」

c0119160_8584322.jpg

三鷹市の国立天文台。江戸幕府が浅草に設置した天文台がルーツ。その後、東京帝大天文台を経て大正期に当地に移転してきたとのこと。チョット遠いけどここまで来たからニャ~、意地じゃ!歩く。
調布飛行場隣接の大沢グランドから野川を渡り、坂を上がると杜が見える。ここは三鷹市の最西部。

     ......(左)武蔵野を静かに流れる野川 (右)国立天文台(三鷹市)の正門....
c0119160_99792.jpgc0119160_992215.jpg

先週の「はけの道」に続き、今回も武蔵野風景の中に身を置いています。湧き水の「野川」がうららと流れ、紅葉はまさに真っ盛り!先週も鮮やかで素晴らしかったけれど、今日もまた実にいいね~


   ......(左)天文台構内の鮮やかな紅葉コントラスト (右)アインシュタイン塔(太陽光を観測)....c0119160_9174974.jpg












c0119160_9152750.jpg

国立天文台は三鷹市に本部を置いていますが、全国各地(岩手水沢・野辺山・乗鞍・岡山)に観測所を持っています。(ハワイ・チリにもある) 「アインシュタイン塔」等のレトロ建築物がいくつかあり興味をそそられましたが、Jリーグ観戦時刻も迫り、ゆっくり構内施設を見学できなかったのが残念・・。


   ......構内見学を終えて天文台に別れを告げる。夕日斜光に映えた紅葉は燃ゆる......
c0119160_9373655.jpg


坂を下り再び調布の街に戻ります。調布市はスポーツ施設が充実した所(野球リトルリーグも有名)で、Jリーガーを夢見る少年が黙々とボールを蹴っている。街全体がスポーツに熱心で理解がある所に思えます。さてさてピッチを上げて戻らないと味の素スタジアムの集合に遅れちゃうぞ・・。早足~

    .......調布グランドでサッカーの練習に励む少年、目指せ!未来のJリーガー....
c0119160_9412682.jpg

c0119160_12394682.gif



★「FC東京」vs「アルビレックス新潟」


同級仲間とスタジアムで合流(何とか、間に合った)!今日は寒いけれどやはり観戦席ではビールで乾杯!皆この企画を楽しみにしてくれており、その笑顔を見ると幹事としてやり甲斐があります。
日暮れが早くカクテル光線も点灯。両チームの熱狂的なサポーター応援を見て16時キックオフ!

    ........(左)FC東京の応援風景.、両チームともサポーターは熱狂的、(右)キックオフ!....c0119160_9493762.gifc0119160_950134.jpg




c0119160_9501310.jpg




c0119160_9502549.gif

今季の「FC東京」は最後まで優勝に絡み健闘しましたが、当日時点で優勝の可能性は消え、ACL出場に望みを託します。一方の「新潟」はJ2降格圏内に迫っており、ここで負けてしまうと危機・・ヤバイ状況を迎えていました。前半はボディチェックの激しい展開、プレスの早い新潟が優勢気味。セットプレーから何度か惜しいシーンがありましたが、ゴールポストとGK塩田に阻まれます。0:0膠着状態でハーフ


    ........ハーフタイムで場外に出てみると鮮やかな街の夕暮風景、でも身を切るような寒さ!....
c0119160_9535815.jpg
c0119160_9541245.jpg


今日は昼間ポカポカとしていたのに、冬型気候なので試合中の冷え込みは時間を追うごとに厳しくなってきました。FC東京ファン・セキ女史はJリーグ観戦は場慣れたもので当然ホカロンと膝掛けを持参
小生は寒くてその恩恵に預かります。ヒーチャン・ゲサンはこの寒さの中、何ともう4~5杯目のビールだ!
c0119160_1013387.jpg

    .......夕闇に包まれ、スタジアムの芝生がカクテル光線に映える。後半開始、熱戦は続く。....c0119160_1051273.gifc0119160_1052689.jpg




c0119160_1054524.jpg



c0119160_1042119.gif

後半はFC東京が主導権を握り、本来の強さが出てきます。そして83分コーナーキックから交代したばかりの赤嶺がヘディングシュート!ゴォ~ル・・!城福監督の交代起用がバッチリ当たってFC東京が勝利

....終盤ついに均衡破れる。FC東京・赤嶺が決勝弾!歓喜の選手。右は静まり返る新潟応援席....c0119160_10294132.jpg

c0119160_1030991.jpgc0119160_10302838.jpg

新潟サポーター席は当然盛り上らず、落胆で帰路する故郷の人を思うと可愛そうな気がしました。
でも結果的に新潟は最終節でガンバ大阪を下し、来季もJ1にめでたく生き残れたのです。ヨカッタネ~

     ......(左)試合終了後、皆で集合写真! (右)柏崎第一中学(現在校舎)と米山さん....c0119160_1036460.jpg



c0119160_10362149.jpgc0119160_10363426.jpg

今年のJリーグは鹿島が史上初・連覇2度目の偉業を成し遂げましたが、最後まで混戦状態が続きおもしろかった。(昨年の鹿島大逆転優勝はもっと凄かったけど・・)大分トリニータの大躍進、レッズの予想外の低迷、ジェフ千葉の奇跡的なJ2残留・最終逆転劇、今季も沢山のドラマがありました。

c0119160_10564163.gif



★締めの懇親会


さて京王線から井の頭線に乗り換えて、下北沢で下車して居酒屋に直行(一足早い忘年会開催
お酒が入ると饒舌・大笑いになって盛り上り、やはりこの時間が一番楽しい。女性陣も日頃のストレス解消が十分できたとのこと。スタジアムでビール5杯を仕込んだヒーチャンは当然酔いが早かったかな(笑) 

     ......左から、ヒーチャン(半分でゴメン)、貫禄のカネ、ナオミ・セキの両嬢?、ゲサン写らずゴメン....c0119160_10594594.gifc0119160_10595896.gifc0119160_11312769.jpg








c0119160_1102762.gif

明日は月曜日だし、皆結構遠い所から集まってくれているので深酒せず適度な時刻でお開き・・・。
いや~、今回も実に楽しかった。一中の皆様、また今度夏あたりに皆で集りましょう・・!


                                                     おわり


       ......今回辿った調布周辺のコース↓を下記地図に紹介します。....
c0119160_1154069.jpg


             ......今年最後の盛りの紅葉も十分堪能できました。....
c0119160_117192.jpg

  by rollingwest | 2008-11-30 07:27 | エトセトラ | Comments(26)