タグ:同級会・OB会 ( 24 ) タグの人気記事

 

<2017年4月8日>中高同級生:葛飾お花見ウォーキング(柴又・亀有)


                        <2016年秋>中高同級生・山梨白州ハイキング旅 より続く



★還暦を迎える歳に入った柏崎中高同級生!2017年も元気に始動!


5~6年前から、柏崎・中高同級生(気が合う仲間)で都内ウォーキングや登山を企画してきましたが、今春はお花見を兼ねた江戸川・葛飾ウォーキングを開催!楽しく健康的な一日を過ごしました。新年会(1/21)で本企画を皆様に提案し、新規2名(ヒーチャン・U山氏)が加わり一層賑やかな会に発展!


   .....2017新年会(新橋汐留)にて、「葛飾お花見ウォーキング」を提案。新たに2名が参加表明.....
c0119160_15275110.jpgc0119160_12382922.jpgc0119160_13040789.jpg

c0119160_13104710.jpg


  .....(左)亀有のコチ亀・両さん像を囲む (右)柴又駅・フーテン寅さん像、今年はさくら像も新設.....
c0119160_15380962.jpgc0119160_15401487.jpgc0119160_15405045.gif






c0119160_15412182.jpg


                                   2014新緑の観音崎・横須賀ウォーキング 





★矢切の渡し舟に乗って葛飾柴又へ!の筈が・・


「♪連れて逃げてよォ~、ついておいでよォ~、夕暮れの雨が降る 矢切の渡し~」 江戸川を挟み、千葉松戸から葛飾を結ぶ渡し舟の歌は、細川たかしのイメーシ・印象(1983年レコード大賞受賞)が強いですが、実は1976年ちあきなおみバージョンがオリジナル(今年2月逝去した船村徹が作曲)です。


   .....(中)江戸川を渡る慕情の木船「矢切の渡し」 (右)ちあきなおみの曲こそオリジナル!.....
c0119160_15525249.jpg      
「矢切の渡し」は一度体験したいと昔から憧れており、今回千葉松戸からアプローチし川舟に乗って葛飾柴又へ入る計画を立てました。新年会で決めた日程は4月8日、通常年なら桜がもう散っている時期と諦めていましたが、今年は寒の戻り(3月)の影響で丁度満開タイミングとなり幸せ気分!


      .....(左)松戸市下矢切からスタート! (右)小雨でイキイキした満開の枝垂桜に見とれる..... 

c0119160_15553627.jpgc0119160_15562134.jpgc0119160_15571283.jpg




c0119160_16024429.jpg


松戸駅に9:20集合、京成バスに乗って下矢切へ!朝は残念ながら小雨天気でしたが、ウォーキングには全く問題ないコンデション。まずは地元の鎮守「矢切神社」を参拝、静かな住宅街を歩き進み西蓮寺(伊藤左千夫の小説「野菊の墓」を記念する文学碑)を経由して江戸川河川敷へと向います。


  .....矢切神社は稲荷を祀り屋根瓦が実にユニーク!小雨の中でスタートとなったが暖かい日だ.....
c0119160_16185048.jpg
c0119160_16364288.jpg

   .....「野菊の墓」文学碑のある八幡山・西蓮寺にて、満開桜の下で集合写真!..... c0119160_08100789.jpg
c0119160_16404243.jpg
c0119160_16394394.jpgc0119160_16413254.jpg
c0119160_16425968.jpg

目の前は帯状に広がる緑の広大耕地となっており、江戸川沿道には桜が満開に咲き誇っている。ここが東京23区隣接地とは思えない!河川脇に「日本の音風景100選」記念碑があり、「日常生活で耳を澄ませば聞こえてくる良好な音環境を維持する支援活動」が行われる指定地域らしい。



   .....(中)江戸川の河川敷に入り矢切渡しを目指す (右) 「日本の音風景100選」記念碑.....
c0119160_16563380.jpgc0119160_16573670.jpgc0119160_17003484.jpgc0119160_08244222.jpg
c0119160_17011786.jpg

さあ次は目的地の「矢切の渡し」へ!江戸川両岸に田んぼを持つ農民が耕作するため関所の渡しを通らず自由に行き交う必要に迫られ農民特権を認めて設置された渡し舟の発着場なのです。


  .....桜満開となった江戸川堰堤の風情をたっぷり満喫、ここを下れば舟着き場だ!.....
c0119160_17072136.jpg
c0119160_17074970.jpg

船着き場(松戸側・矢切の渡し)は木陰に隠れた地味な感じの場所。しかも誰もいない!何とロープが張られ「本日は営業中止」という貼り紙が・・。「ガ・ガ~ン!渡し舟に乗れなければ今日の周遊計画を全て見直しせざるを得ない・・!」(泣) 幹事としては朝から梯子を外され茫然とした心境に・・


  ....松戸側の「矢切の渡し」 目の前に見えているのが目的地の葛飾柴又なのに・・..... c0119160_17103529.jpgc0119160_17111857.jpgc0119160_17124384.jpg
c0119160_17133476.jpg


「松戸駅に戻るロスタイムをどうすべきか?」と頭を悩ませ遊歩道で佇んでいると、河川敷パトロールの優しきおじさんから「菜ノ花道の先にある新葛飾橋が歩いて渡れる」とアドバイスを頂きホッツとしました。


  .....菜ノ花咲く河川歩道、遥か先の新葛飾橋を目指し再び歩き出す。何とかリカバリーできた~.....
c0119160_17200542.jpg
c0119160_17203406.jpg
c0119160_17242231.gifc0119160_17245318.jpgc0119160_17252183.jpg
c0119160_17260106.jpg

「新葛飾橋」(水戸街道)を渡ると東京都葛飾区へ入ります。橋から眺める江戸川風景は実に素晴しい!レトロな雰囲気を持った2基の煉瓦建物(三角帽子塔&丸帽子塔)が見えてきた。これは金町浄水場の取水塔!矢切渡し舟には乗りそびれましたが、橋から眺めた絵画調風景に大満足!


      .....新葛飾橋から眺めた江戸川パノラマ・・!川に浮かぶ金町浄水場の取水塔2基..... c0119160_17380405.jpgc0119160_17402763.jpg
c0119160_17413209.jpg
c0119160_17455021.jpgc0119160_17462469.jpg
c0119160_08145712.jpg
c0119160_17473606.jpg
c0119160_17480967.jpg
c0119160_17551463.jpg
c0119160_17554340.jpg


                           2015秋:両国探訪歩きで知る江戸・東京の歴史 





★「男はつらいよ」、昭和の柴又を大満喫!「寅さん記念館」


江戸川の桜並木(金町浄水場脇)を楽しみ、堰堤道を歩き進んで行きやっと柴又側「矢切の渡し」に到着。目の前には鰻料理「川甚」のビルが聳えています。当店は夏目漱石、谷崎潤一郎作品にも登場し、松本清張・三島由紀夫・黒澤明・手塚治虫らビッグネームが来店した由緒ある老舗です。


   ..... 「矢切の渡し」(柴又発着場)、目の前はうなぎ老舗「川甚」&「柴又帝釈天」が鎮座.....
c0119160_18001470.jpg
c0119160_18004453.jpg
c0119160_18024979.jpg
c0119160_18032022.jpg

柴又帝釈天や参道に行く前に「寅さん記念館」&「山田洋次ミュージアム」に入館してみよう!「男はつらいよ」の昭和世界へ!エントランスは山田洋次監督・スタッフのロケ現場が再現!実際に使用した大船撮影所セットが移設されたものです。入口を入ると昭和時代の邦画名作シネマ看板がズラリ登場!


   .....「寅さん記念館」に入ると、「男はつらいよ」撮影現場、昭和映画館のレトロポスターもズラリ.....
c0119160_18093384.jpgc0119160_18102652.jpgc0119160_18105100.jpg
c0119160_18120063.jpg
c0119160_18170583.jpg
c0119160_18182060.jpg
c0119160_18203777.jpgc0119160_18200795.jpg
c0119160_18213230.jpg

寅さんの少年時代を6編ジオラマで紹介。当時の時代背景を伝える新聞記事とともに展示(ナレーション:さくら役の倍賞千恵子) 奥へ進むとステテコ姿の寅さんや印刷工場(タコ社長)が迎えてくれます。


  .....(左)寅さん生涯のミニジオラマが登場 (右)くるま菓子舗.が再現、寅さんパネルが続々登場....
c0119160_18380277.jpgc0119160_18382924.jpg
c0119160_18394953.jpg

c0119160_19452553.jpg
c0119160_19514173.jpg

先を進むと佳境ゾーンに突入!寅さんが少年時代を過ごした昭和30年代の帝釈天周辺街並みを遠近手法で臨場感たっぷりと再現。当時の柴又にタイムスリップしたかのような感覚を味わえました。


       .....昭和30年代は我々が小学生だった時代!懐かしい街情景が蘇る!.....
c0119160_19592460.jpgc0119160_19595860.jpg
c0119160_20040953.jpg

レトロ街ジオラマの先には葛飾柴又鉄道「故郷駅」の改札が出現!金町~柴又間の1.5kmを帝釈天への参拝客を乗せて運んだ「帝釈人車鉄道」(明治32年~大正2年)の客車を再現しています。


     ....(左)寅さんの丹前・旅鞄などお宝物が沢山 (右)葛飾柴又鉄道「故郷駅」の改札へ入る.....
c0119160_20100550.jpg
c0119160_20104458.jpg
c0119160_20130920.jpgc0119160_20160294.jpg
c0119160_20175207.jpg

「寅さん記念館」のラストを飾るのは「男はつらいよ」に出演した歴代マドンナ達のBIGパネル・・何とも艶やか!1968年TV喜劇ドラマを出発点に映画化されて第1作が1969年に公開、その後48作(1997年)まで続き昭和を代表する映画となりました。数多くのマドンナ達に愛された寅さん、羨ましい~!


    .....歴代のマドンナ達、吉永小百合・浅丘ルリ子・いしだあゆみ・桃井かおり等が勢揃い!.....
c0119160_20261892.jpgc0119160_20272059.jpg
c0119160_20285947.jpg

   .....締めは山田洋次監督映画作品を紹介するミュージアム見学。「武士の一分」等の名画が満載.....
c0119160_20352047.jpgc0119160_20361098.jpg
c0119160_20384631.jpg





★葛飾「柴又帝釈天」に参盛り上る詣、参道を歩き昭和レトロを満喫!


「男はつらいよ」の映画舞台になった柴又帝釈天の正式名は題経寺(日蓮宗)。入口の二天門は実に立派!今回で4度目訪問ですがいつも風格・威厳を感じる姿を見せています。帝釈堂の細やかな彫刻ギャラリーは今回時間がなくパスしましたが必見です!皆様も一度は御覧になって下さい。


  ....「柴又帝釈天」は今回で4度目だが、いつ来ても風格・威厳を感じる姿を見せている.....
c0119160_20532819.jpg
c0119160_20541990.jpg

  .....帝釈堂・彫刻ギャラリー脇の休憩室で「花より団子」の昼食会!大いに盛り上る.....
c0119160_21002272.jpgc0119160_21013390.jpgc0119160_21023616.jpg
c0119160_21065135.jpg

さていよいよ柴又帝釈天の参道歩きへ!煎餅屋・団子屋、仏具・縁起物等の店が犇めき合い、見て歩くだけでも楽しい。一番有名なのが老舗「高木屋」、「男はつらいよ」映画撮影時に毎回に部屋を貸しており店内には色々な撮影時の写真が飾られています。寅さん愛用の団子用予約席も・・


      .....「柴又帝釈天参道」、寅さん映画舞台の髙木屋団子店などを楽しく散策.....
c0119160_21340612.jpgc0119160_21344616.jpg
c0119160_21370866.jpg
c0119160_21540699.jpgc0119160_21564381.jpg
c0119160_21585212.jpg
c0119160_22020267.jpg
c0119160_22023901.jpg

さらに進むと交差道角に「柴又ハイカラ横丁おもちゃ博物館」が出現。水鉄砲・お手玉など昭和の子供達を夢中にした玩具が満載!2階に上がればおもちゃ博物館があり少年マガジン・サンデー雑誌や懐かしきゲーム機、最後は懐かしき東宝怪獣映画予告編を観賞して昭和世界にフラッシュバック・・


     ....「柴又ハイカラ横丁おもちゃ博物館」は帝釈天参道の人気スポットの一つ.....
c0119160_22064484.jpg
c0119160_22072531.jpg

       .....懐かしきパチンコ台・ゲーム台、昭和時代の少年向け雑誌がビッシリ並ぶ.....
c0119160_22095628.jpgc0119160_22113605.jpgc0119160_03540002.jpg
c0119160_22135677.jpg
c0119160_22162656.jpg
c0119160_22165430.jpg

   .....ゴジラ映画第4作「モスラ対ゴジラ」(1964)、雌雄を決する怪獣バトル映画の金字塔名作... c0119160_22202975.jpgc0119160_22211793.jpg

京成柴又駅前には旅鞄を持った「寅さん銅像」が一人佇んでいましたが、今年3月25日に妹「さくら」の銅像が新たに完成!山田洋次監督、さくらを演じた女優倍賞千恵子が除幕式に駆けつけ盛大に祝ったばかり!放浪の旅に出る寅さんを見送るさくらの2銅像を皆で囲んで集合写真撮影! 


        .....妹さくら像がこの春に完成し、寅さんもこれで寂しくなくなるネエ~!.....
c0119160_22242402.jpgc0119160_22250871.jpgc0119160_22260202.jpg
c0119160_08070716.jpg

c0119160_22274239.jpg

                              <2014年9月>中高同級生との鎌倉散策記事 





★こちら亀有駅前「両さん」銅像巡りでフィナーレ!


柴又駅から次は亀有駅へ!ご存知長寿マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台で昨年9月に少年ジャンフ連載40年(単行本200巻の金字塔)に幕を下ろし最終回で大いに話題となりました!駅周辺に「こち亀」銅像が沢山あるので、両さん銅像を訪ねる亀有街歩きを楽しんでみよう!


  ....京成柴又駅から亀有駅へ移動、「こち亀」銅像巡り楽しむ。「両さん」を探せ!.....
c0119160_04225998.jpg
c0119160_04232787.jpg

    .....亀有駅前には両さんがヨッとお出迎え、街中には14体のこち亀銅像がある..... c0119160_04262879.jpgc0119160_04271209.jpg
c0119160_16020988.jpg

c0119160_04282326.jpg
c0119160_04290485.jpg

ベンチに座る「ひとやすみ両さん」から始まり、街中を巡ると小さな○○両さん像が随所に発見できます。活気あるレトロチックな商店街を巡りながらまるで宝物さがしのような街歩きを楽しみました。


     .....(左) ひとやすみ両さん像 (右)こち亀の作者・秋元治氏と並ぶ両さん.....
c0119160_04403752.jpgc0119160_04420320.jpgc0119160_04425781.jpg
c0119160_04435808.jpg

        .....①敬礼両さん        ②ダブルピース両さん    ③サンバ両さん    ④ワハハ両さん.....
c0119160_05013584.jpgc0119160_05022228.jpgc0119160_05031670.jpgc0119160_05040622.jpg
c0119160_05044429.jpg

          .....(左)少年両さん像トンチンカン3人が勢揃い (右)ハマジュリ様・ryoko様と握手.....  
c0119160_05152611.jpgc0119160_05175675.jpgc0119160_05184416.jpg
c0119160_05195177.jpg

亀有駅周辺は見事な桜並木が沢山あることを発見!今が盛りの満開桜を楽しみながら2万3千歩の葛飾ウォーキング(同級生10回目のイベント)は無事終了!健康的に春を満喫し尽くし、最後は亀有駅近くの磯丸水産で打ち上げ会!お疲れ様~!還暦を迎える軍団はますます元気盛んです。


         .....亀有駅周辺は意外にも素晴しい桜並木が多くある!満開桜歩きを楽しむ.....
c0119160_05273428.jpg
c0119160_05280983.jpg

 .....打上げ反省会、15時から飲み始め4時間で1人3200円とは安かった!また秋に再会しよう!.....
c0119160_05314837.jpgc0119160_05330608.jpgc0119160_05340968.jpgc0119160_05374879.jpg
c0119160_05383388.jpg

                               2015新緑の鎌倉アルプス(中高同級生ハイク)   



                                                      おわり

  by rollingwest | 2017-04-24 07:00 | Comments(5)

<2016年11月11~12日>大学サークル同期アラ還合宿(横須賀・南房総の旅)

c0119160_21481737.jpgc0119160_21484415.jpg
c0119160_214906.jpg




★今年3回目の旧友との再会イベント (大学サークル同期との千葉合宿)


アラ還を迎え、学生時代旧友との再会行事(人生節目)が増える傾向ですが、今年は7月GDM(サークル登山仲間)、10月中高同級生と山梨ハイク、今回は大学サークル同期との千葉合宿会と目白押し(M本夫妻・S木氏幹事お疲れ様~)!まさに中高大メンバーで中高年・大盛り上がりの年だった・・


  .....大学サークル同期生が還暦(小生は来年)を迎え、久しぶりに南房総民宿で集結合宿.....
c0119160_21543791.jpgc0119160_21544725.jpgc0119160_2155510.jpg

c0119160_21552353.jpg
c0119160_21553789.jpg


                  <2016年7月>「GDM」(大学サークル登山仲間)のOB会(富士樹海ツアー)

                  <2016年10月>中高同級生メンバーとの山梨・白州ハイキング一泊旅行


今回の集結地は南房総の民宿「甚五郎」。大学の旅サークルの卒業生追い出しコンパ(3月)で毎年宿泊した場所。建替えして当時の面影(昔は平屋)は全くないが、やはり懐かしい場所!今回参加者は18名の大盛況・・毎年チョクチョク飲んでるメンバー主体だが、何年かぶりの懐かしい顔も数名いる!


  .....往路は寂恋法師(一番右)を川崎で拾い横須賀観光。久里浜からフェリーで千葉金谷へ.....
c0119160_22155434.gifc0119160_22161218.jpgc0119160_22162699.jpg

c0119160_692383.jpg
c0119160_22181632.gif


メンバーの大勢は東京駅からJR内房線で岩井駅に集合ですが、小生は横須賀・久里浜からフェリーで渡り、翌日は南房総観光をしてアクアラインで帰宅するマイカー周遊での参加。今回、寂恋法師(広島から上京)がアクアラインに一度行きたいと切望しており同乗。横須賀から珍道中・観光2人旅がスタート


   .....帰りは東京湾アクアライン経由で「海ほたる」へ!寂恋法師・長年の夢がついに叶う.....
c0119160_22304158.jpg
c0119160_2230529.jpg




★横須賀観光をして久里浜から千葉・金谷へ


寂恋法師は広島から新幹線始発に乗って上京。彼を武蔵小杉駅前で10:30ピックアップ、昼前に横須賀に到着(第三京浜経由)。まずは「横須賀海軍カレー」で腹ごしらえ、ミルク入りの甘口味だった・・


  .....横須賀市内の有名店「よこすか海軍カレー」に入る。店内はレンガ風のお洒落な雰囲気.....
c0119160_6102263.jpgc0119160_6104594.jpgc0119160_611685.jpg
c0119160_6112450.jpg


  .....大日本帝国海軍糧食に由来する「海軍カレー」、艦内乗組員の栄養に配慮したミルク味.....
c0119160_6233640.jpg
c0119160_6235150.jpg
c0119160_626311.jpgc0119160_626199.jpg



c0119160_6263837.jpg


次はメインイベントである「YOKOSUKA軍港めぐり」のクルージングへ参加!米海軍第7艦隊の基地がある横須賀本港の湾内を巡り、自衛隊艦船や潜水艦を間近で見られる魅力的な周遊ツアーでした。


  .....「YOKOSUKA軍港めぐり」のクルージングを楽しむ(当日は真冬の様な寒さでブルブル).....
c0119160_711685.jpgc0119160_7112077.jpg

c0119160_7114196.jpg

c0119160_2135773.jpgc0119160_2141294.jpg

c0119160_2142918.jpg

           <2014年4月>中学同級生との観音崎・横須賀、新緑ウォーキングc0119160_7404777.gif

c0119160_20574134.jpgc0119160_21161254.jpg
c0119160_21163078.jpg
c0119160_21155529.gif


次は「ペリー公園」を訪問。開国を求めて来航した米国海軍提督ペリー上陸(1853)、記念碑建立(1901)と正に日本近代史の発祥地!再来年は明治150年で当地も大いに盛り上ることでしょう!


   .....久里浜海岸の「ペリー公園」。ペリー上陸の記念碑を見て、東京湾フェリーへ乗り込む.....
c0119160_21251367.jpgc0119160_2126472.jpgc0119160_21261943.jpg


c0119160_21263713.jpg

c0119160_2133949.jpgc0119160_21332345.gif
c0119160_21334356.jpg


フェリー乗船手続を済ませ15:40久里浜港を出発、40分の船旅を満喫して千葉・金谷港に到着。昔は川崎港から富津までフェリー(現在は廃止)で東京湾を横断したことがあるがこのルートは初体験だ!


     ......久里浜港&金谷港を約40分で結ぶカーフェリーの船旅を楽しみ、千葉県へ上陸.....
c0119160_21391252.jpg
c0119160_21392893.jpg
c0119160_21394251.jpg
c0119160_21395898.jpg

集合時刻17:30にはまだ時間の余裕があるので、「菱川師宣記念館」を見学してみよう。浮世絵の先駆者「菱川師宣」の業績が紹介されており、少年時代に切手収集マニアだったRWはやはり「月に雁」「見返り美人」を見ると懐かしい気持に・・!この2つは全く手が出ない高価な切手だった~!


     .....浮世絵の先駆者「菱川師宣」(見返り美人の作者)の記念館が当地にあった!.....
c0119160_22202415.gifc0119160_22205635.jpg

c0119160_2225544.gif
c0119160_22354729.jpg
c0119160_22355948.jpg


        ....切手デザインで有名な「見返り美人」とコラボする寂恋法師(美人見返り男).....
c0119160_2237307.jpgc0119160_22374584.jpgc0119160_22385349.jpg





c0119160_2239949.jpg





★大学サークル同期(懐かしのメンバー)と爆笑の宿泊大宴会


17:30「甚五郎」に到着(当時の面影は全くなくコンクリート4階建てビルでビックリ) 東京駅からのJR組は既に到着しておりミニ宴会がもう開始されている。全員が揃って18:00過ぎ、宴会部長ワカボンの乾杯音頭で本番懇親会がスタート!2次会は各自が持ち寄ったプレゼント交換をしながら、近況報告会


    ....民宿「甚五郎」へ夕方到着、東京駅からのJR組はすでにビール・おつまみでミニ宴会状態.....
c0119160_554339.jpgc0119160_5542573.jpg





c0119160_5544488.jpg


      ....全員が集合、ワカボン乾杯の音頭で本宴会がスタート!(ハイテンションでの仕切りまくり).....
c0119160_559195.jpg
c0119160_662440.jpg
c0119160_601499.jpgc0119160_604028.jpg


c0119160_605845.jpg


名司会・M本幹事の提案で近況報告は質問攻めの時間がタップリ用意されています。学生時代とても明かせなかった個人的秘話をカミングアウトさせられる企画で大爆笑の連続!12時近くとなり、更に残った3次会メンバー数人では麻雀のあり方について激論。ドーデモイイ下らない話で夜は更け行く・・


     ....2次会は各自近況報告&皆からの公開尋問を受ける会(過去タブー秘話にドンドン迫る).....
c0119160_611756.jpg
c0119160_6112212.jpg


       ....(左)麻雀天敵:S木&A木 (右)過去逸話の多いRWも逆襲の質問攻めを連射.....
c0119160_614512.jpg
c0119160_6143485.jpg


翌朝は爽やかな快晴!学生時代ハチャメチャな飲み方をしていた皆様も昨夜は意外と早めに切り上げてスッキとした表情をしている方が多いような気がする。還暦を迎え分別が付いたのかアルコール消化能力が衰えたのか?小生は懲りず、またも二日酔い・・。毎回反省しながら再反省を繰り返す・・


     ....皆さん、深酒をせずに爽やかな表情で朝を迎える。RWはまたも二日酔い(毎回反省).....
c0119160_6165963.jpgc0119160_6171879.gif

c0119160_617365.jpg


      ....民宿前でお別れ集合写真、2日目は鋸山観光。RWと寂恋法師は2日目も別行動.....
c0119160_621113.jpg
        
実に楽しい一夜でした!快晴青空の元、民宿前で集合写真を撮影して皆様とはお別れ・・!主流メンバーは鋸山観光へ、小生と寂恋法師は南房総観光をしてアクアライン経由で川崎に戻る行動計画




★南房総・一人旅(2006年鋸山・日蓮所縁の地):レビュー写真を紹介


今回は鋸山登山を外したものの、ここは南房総のメイン観光地(素晴しい絶景が味わえる)!未訪問の方は絶対お薦めの場所なので、10年前に訪ねた絶景写真を添付しておきたいと思います。


  ....鋸山は南房総メイン観光地、2006年に登山したことが懐かしい!驚異の大絶景が楽しめる.....
c0119160_74815.jpg
c0119160_742558.jpg

日本寺は聖武天皇勅詔で行基が開山した寺で31mの大仏(奈良や鎌倉大仏より巨大)があります。更に日本最大の磨崖仏もあり隠れた名所。鋸山山頂には「地獄のぞき」と呼ばれる崖が聳え、絶壁の上に突き出したライオン岩も大絶景!そして眼前には相模湾越しの富士山が眺望できます。


     ....(左)日本寺大仏 (右)日本最大の磨崖仏 (右)鋸山からの海富士大絶景に感動!.....
c0119160_744356.jpg
c0119160_745793.jpg
c0119160_75978.jpg

鴨川は日蓮聖人生誕地「誕生寺」と日蓮宗の立教開宗を宣言した「清澄寺」があります。杉巨木や「南無妙法蓮華経」を日の出の海に向かって唱える日蓮像、「鯛の浦」もお薦めの場所です。


      ....安房鴨川は日蓮の誕生地「誕生寺」「鯛の浦」、日蓮の題目開眼「清澄寺」も見所.....
c0119160_213528.jpgc0119160_2132543.jpg

c0119160_2124530.jpg

c0119160_2153652.jpg

                                   日蓮聖人の足跡・史蹟の記事はコチラから c0119160_21142718.jpg
c0119160_2115116.jpg

 






★南房総観光の隠れた名所探訪・・、いざ出発!


今回の南房総観光(寂恋法師との珍道中)は一般的には殆ど知られていないレアなお宝場所を訪問することが目的。まずは鴨川市山間部にある大山千枚棚田を訪問。まさに日本の原風景・・


            ....「大山千枚田」は、房総半島のほぼ真ん中の鴨川市山間にある.....
c0119160_21352670.jpgc0119160_21353995.jpg

c0119160_21355551.jpg


海岸部へ戻ると相模湾越しに冠雪の富士山が見える・・!ああ日本人に生まれてよかった・・!感動風景を噛みしめながら、館山市へ入ります。「常楽山萬徳寺」の巨大な釈迦涅槃仏にはビックリ!


      ....前日の寒さから10度近く暖かい快晴日(小春日和)だ!相模湾越しの冠雪富士.....
c0119160_21413298.jpg
c0119160_21414718.jpg

    
            ....「常楽山萬徳寺」の巨大な釈迦涅槃仏像(足の裏に願い事を祈念).....
c0119160_21444380.jpgc0119160_2145817.jpg

c0119160_21452840.gif
c0119160_21501921.jpg

    
    ....安房国一宮「洲崎神社」、源頼朝が平家打倒で石橋山の戦いに破れ参拝。リベンジ成功.....
c0119160_21585878.jpgc0119160_21591425.jpgc0119160_21592838.jpg
c0119160_21594691.jpg


次は館山の洲崎を訪問。ここには安房国一宮「洲崎神社」(神武天皇期からの深い歴史、源頼朝のリベンジ祈願)があります。もう一つは「洲崎灯台」、野島崎灯台と並ぶ南房総・海上交通の要所。東京湾へ出入する船舶の目印となっています。ここから眺望する海の絶景には圧倒されました!


        ....「洲崎灯台」(館山)は東京湾を航行する船舶の目印( 房総海上交通の要所)....
c0119160_2281279.jpgc0119160_2285110.jpg

c0119160_2292914.jpg

c0119160_22134971.jpg

        ....南房総の岩礁海岸に白波打ち寄せる(対岸に三浦半島、背後には洲崎灯台.....
c0119160_22141835.jpgc0119160_2214382.jpg
c0119160_22145984.jpg


館山市の城山公園には戦国大名里見氏の最後の居城跡である館山城跡があります。里見氏を題材にした「南総里見八犬伝」に関する資料展示と現在まで続く八犬伝人気を紹介しています。


        ....戦国大名里見氏の館山城跡(城山公園)、「南総里見八犬伝」の各種資料展示.....
c0119160_22195524.jpgc0119160_22201575.jpg



c0119160_22203427.jpg

c0119160_2224553.jpg
c0119160_22241942.jpg

館山城天守閣からの絶景を満喫後は、館山海軍航空隊赤山地下壕跡を探索。壕内は空襲が激しくなった戦争末期は防空壕として使われたとのこと。南房総穴場を十分堪能していざ帰路へ!


             ....館山城の天守閣からの絶景、目の前には沖ノ島が見える.....
c0119160_22314824.jpg
c0119160_22274363.jpg

c0119160_22273148.jpg


          ....館山海軍航空隊の「赤山地下壕跡」(戦争時は防空壕に使用された).....
c0119160_22332083.jpgc0119160_22333564.jpg

c0119160_22335098.jpg






★旅のフィナーレは東京湾アクアライン「海ほたる」の絶景


ラストフィナーレは寂恋法師が憧れていた東京湾アクアラインの「海ほたる」へご案内。館山自動車から富津を経由して東京湾のド真ん中に位置するパーキングエリアは快晴休日で大混雑!本当に外国人観光客が増えたな~!今回4回目訪問ですが快晴に恵まれ、過去最高の絶景を満喫できました!


       ....帰路は富津から東京湾アクアライン経由で川崎へ!「海ほたる」PAが見えて来た!....
c0119160_22523713.jpgc0119160_22534163.jpg
c0119160_22535568.gif


    ....今回で4回目、これ程の快晴絶景は初めて!通行料800円は安い(森田健作に感謝).....
c0119160_2258942.jpgc0119160_22583280.jpg
c0119160_22584866.jpg


        .....(左)川崎市浮島沖合の「風の塔」 (右)アクアライン掘削のシールドマシン機モニュメント....
c0119160_2345888.jpg
c0119160_2351076.jpg

東京都側に面した展望台にはアクアライン工事で海底掘削したシールドマシンのカッター機がモニュメントとして聳えています。ここからさらに下の堤防部まで降りることができます。対岸には世界に誇るスカイツリーも含めた大都会・東京のシルエット!川崎浮島の「風の塔」(トンネル内部の空気を排気)も印象的!


             ...海ほたるの回廊ウッドデッキを通り、千葉県側の展望台へ移動.....
c0119160_2372759.jpg
c0119160_2373988.jpg


       ....新日鉄住金・君津製鉄所が見える!京葉工業地帯のシルエットも美しい~!.....
c0119160_23123496.jpg
           
この素晴しい風景は世界観光遺産指定になるべき・・と思うくらいのパノラマ!またまた日本人に生まれた幸福感を噛みしめながら、海底道を通過し16:00に寂恋法師を川崎駅へ送り届けました。


   ....東京スカイツリー&ゲートブリッジも遠望!世界に誇る大都市絶景を海の真ん中から大満喫!....
c0119160_231305.jpg
c0119160_2313266.jpg
c0119160_23134349.jpg
         
今回ルート(横須賀・南房総・アクアライン)での周遊旅は、南房総での同期合宿が提案されなければ思いつかなかったかもしれません。M本ご夫妻・S木幹事様、ナイスな企画を頂き誠にありがとうございました。来年はついに還暦を迎えるのか~!また懐かしい旧友との再会が沢山ありそうだ・・!



                                                        おわり

  by rollingwest | 2016-11-30 00:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(122)

<2016年10月29~30日>中高同級生・秋のハイキング一泊旅行(山梨・白州)

c0119160_15481922.jpg
c0119160_15484628.jpg



★1年ぶりの中高同級生ハイキング!山梨白州一泊旅行


4年前から気の合う中高同級生メンバーと年に1~2回都内散策や近郊ウォークをしてきましたが今年は初の1泊2日登山旅行を提案。本格登山は未体験のT鳥氏・ハマジュリ様・ryoko様がついに山デビュー

                             [2015新緑の鎌倉アルプス](中高同級生ハイク)

                             [2015秋:両国探訪歩きで知る江戸・東京の歴史」


    .....中高同級生ハイキング仲間と初めての1泊の山旅企画。山梨県北杜市の白州へ!.....
c0119160_15515693.jpgc0119160_1552914.jpg

c0119160_15522431.gif

↑ 中学同級(N-minto様・ryoko様・ハマジュリ様)、高校同級(T鳥氏)、& ピースするRW


今回はRW車に5人が乗り込み山梨県北杜市を自由に移動する旅。初日が「尾白川渓谷ハイキング」&サントリー白州工場見学、翌日は花崗岩の大絶景「日向山」(hinatayama)登山という企画です。


      ....朝8時過ぎにJR相模湖駅に集合(RWは車で出迎え)、中央高速・須玉ICへ.....
c0119160_1556193.jpgc0119160_2111740.jpgc0119160_1556321.gif

c0119160_15564838.jpg


朝8時、JR相模湖に集合してもらい、中央高速の相模湖ICから須玉IC経由で10:20尾白川渓谷駐車場へ到着!週末天気予報は一部雨マークで心配しましたが何と絶好の快晴日ではないか!
皆さん各自装備を揃えて素晴しい心構え。山準備を整えて10:30尾白川渓谷ハイクへといざ出発!




★尾白川渓谷ハイキング゙


   .....(左)白州ハイキングコース(尾白川渓谷・日向山) (右)尾白川ハイクの看板前で集合写真.....
c0119160_160871.jpgc0119160_1683189.jpg
c0119160_1684842.jpg


スタート地点の竹宇駒ヶ岳神社は大学3年の甲斐駒ケ岳登山(黒戸尾根コース)以来40年ぶり!本当に懐かしいネ~。神社は杉の古木と花崗岩の巨石に囲まれ厳かな雰囲気があります。縄文時代からルーツがあり山岳修験者が開山した深い歴史の里宮です。無事安全祈願を参拝して出発


       .....(左)渓谷の出発地は「甲斐駒ケ岳神社」 (右)無事安全の祈願を済ませる.....
c0119160_16123373.jpg
c0119160_16124876.jpg

  .....駒ケ岳神社は大学3年以来40年ぶり、皇太子殿下の駒ケ岳登山時参詣の石碑がある.....
c0119160_16293420.jpgc0119160_16164625.jpgc0119160_16162253.jpg


c0119160_16173725.jpg


神社から左脇の吊り橋から尾白川渓谷ウォークがスタートします。期待感に胸を膨ませて揺れる吊り橋を渡り進むと、早速日本名水百選の風景が現れました!甲斐駒ヶ岳を源とする清流水が集められた渓谷美はまさに南アルプス天然水のルーツ!橋の下に降り、登山女史達は早速歓声を上げる。


             ....左脇にある吊り橋を渡り、尾白川渓谷ハイキングがスタート.....
c0119160_16423682.jpg
c0119160_16425156.jpg

c0119160_16453580.gifc0119160_16455844.jpg


c0119160_16462220.jpg


歩いてすぐ黒戸尾根(甲斐駒ヶ岳登山道)の分岐に到着。本道は「日本三大急登」の筆頭難所(最近は登る人も減ってきたルートで標高差2200mを直登)、40年前の苦しかった登山の思い出が蘇ってきた・・。先程、皇太子様が登った記念碑があったがよくぞこんな厳しい道を選んだものだ。偉い!


   ....甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根(日本三大急登)の分岐、40年前の苦しかった登山が蘇る.....
c0119160_16511471.jpgc0119160_165144100.jpg

c0119160_165256.jpg


                                   「南アルプス」・名峰レビュー (北部編)

  .....(左)黒戸尾根分岐を過ぎると千ヶ淵 (右)尾根道からアプローチ、思った以上にキツイ!.....
c0119160_1659362.jpgc0119160_16592455.jpg
c0119160_16594075.jpg


登りは尾根道ルートでしたが結構ハードな傾斜!登山初心者・ハマジュリ様が慣れない登りにビックリして御苦労かけましたが、12:00尾白川渓谷の最大見所「神蛇滝」に無事到着することができました。


      ....尾白川渓谷の最大見所「神蛇滝」に到着!観瀑台からの大絶景に息を呑む.....
c0119160_17144986.jpgc0119160_17152198.jpgc0119160_605369.jpgc0119160_17154887.jpg




c0119160_1716438.jpg

c0119160_5523363.jpg
c0119160_1717745.jpg


3段で流れ落ちる神蛇滝は渓谷滝の中でも最も美しく、名前通り神がかった蛇がうねりながら谷を降ってくるような滝絶景はまさに圧巻!観瀑台から眺めを十分楽しんだ後は早速楽しいランチタイム


    .....お待ちかね昼食タイム!N-minto様のビールがシャワー噴出ハプニング、大笑いのひととき.....
c0119160_1740060.jpgc0119160_17402399.jpg
c0119160_17404177.jpg


昼食を終え、いよいよ下山路へ!こんなに厳しい傾斜道とは予想しておらず鎖やロープを使うスリリング体験をいきなりさせてしまい申し訳なし。反省しつつ皆の安全確保をフォローしながら慎重に下山


          .....渓谷ルートを下る。百合ヶ淵からは急傾斜のスリリングな下山が続く.....
c0119160_1745456.jpgc0119160_1746634.jpg
c0119160_17462742.jpg

c0119160_19193525.jpgc0119160_21123252.jpgc0119160_21372020.jpgc0119160_19195353.jpg
c0119160_19201055.jpg


旭滝周辺の水量は大迫力!マイナスイオンが溢れる渓谷道を順調に下りて千ヶ淵を通過し、14:20吊り橋へ再び戻って来れました。甲斐駒神社に無事安全で帰ってこられた御礼参拝をして駐車場へ


              .....「旭滝」に到着、轟音の渓谷風景が次々と現れる.....
c0119160_1934440.jpg c0119160_19342847.jpgc0119160_19353816.jpg


c0119160_1936140.jpg


   .....(左)厳しいコースを乗り切った同級生達の喜びの笑顔 (右).無事吊り橋へ戻ってこれた...
c0119160_19443823.jpg
c0119160_19445281.jpg





★サントリー白州工場見学


さて次はサントリー白州蒸溜所の見学へ行こう!「シングルモルトウイスキー白州」や「南アルプス天然水」の製造工程を見ることができます。世界に誇る高品質なウイスキーを作る白州蒸溜所は尾白川渓谷の清水と日本人の卓越した技術と拘りから生み出されています。ここは絶対のお薦めコースです!


    ....サントリー白州蒸溜所見学へ!紅葉が始まった「ウイスキー博物館」前で集合写真.....
c0119160_19551713.jpgc0119160_19554295.jpg

c0119160_19561120.jpg


博物館は同社創業80周年を記念し、1979年に開館しました。1923年京都・山崎に蒸溜所第1号が開設された麦芽乾燥塔の再現や蒸留製法過程の解説、創始者・鳥井信治郎の遺品、TVCMグッズ等、約1万点の収蔵資料が満載展示、日本と世界のウイスキーの歴史が深く語られています。


       .....「ウイスキー博物館」は充実の展示、醸造・蒸留道具などの歴史が満載.....
c0119160_2013571.jpgc0119160_631568.jpgc0119160_20111293.jpg

c0119160_20112846.jpg

c0119160_2014289.jpgc0119160_20144934.jpg
c0119160_2015455.jpg


        .....(左)サントリー創始者・鳥井信治郎 (中右)レトロなCMポスターやアンクルトリス.....
c0119160_20215117.jpgc0119160_20221816.jpg
c0119160_2022432.jpg


中世から現代までの各種蒸留釜などのレプリカと実物展示は見応えがあるネ~。3階は200年前、密造酒時代のスコットランド・アイルランド、開拓時代の米国など世界各国のウイスキーの歴史や酒場にまつわる大衆史という切り口、昭和30年代の「トリスバー」等が展示されており素晴しいの一言!


      .....中世から現代までの各種蒸留釜・酒樽輸送などのレプリカと実物を展示.....
c0119160_20304676.jpg
c0119160_2031248.jpg
c0119160_20314438.jpgc0119160_20315975.jpg
c0119160_20321748.jpg


    ....パリのカフェ、開拓時代の米国酒場、大正時代日本の洋食風景など大衆史も再現.....
c0119160_20384458.jpgc0119160_2039664.jpg
c0119160_20392115.jpg


最後に「南アルプス天然水」の見学コースに参加。解りやすい説明を受け、天然水から生まれた「ヨーグリーナ」の試飲などの御接待も・・。こんな濃密な時間を頂き全て無料とはさすが超一流企業だネ~


       .....「南アルプス天然水」の製造工程見学コース(無料)を大いに楽しませてもらう.....
c0119160_2042191.jpgc0119160_20423556.jpg


c0119160_2043179.jpg

c0119160_2049584.jpgc0119160_20503483.jpg


c0119160_20505382.jpg



        .....最上階の展望台からは八ヶ岳連峰の雄姿が一望して工場にお別れ・・.....
c0119160_20583570.jpg



                 

★スパティオ小淵沢に宿泊!超盛り上りの夕餉


コンビニ店でお酒・おつまみの買い出しをして本日の泊まる天然温泉宿「スパティオ小淵沢」へ!豪華夕食にビールで乾杯!ハードな初体験と楽しかった濃厚な一日を振り返り、充実感に溢れました。2次会は中学卒業写真を見て45年前の思い出を語り合いながらの大笑い、宴はさらに佳境へ!


   .....(左)天然温泉スパティオ小淵沢「延命の湯」に宿泊 (右)乾杯~!お疲れ様~!.....
c0119160_21215416.jpgc0119160_21143486.jpgc0119160_2122218.jpg

c0119160_21224233.jpg


     .....2次会に突入!日本シリーズ第6戦や中学卒業アルバムなどで大いに盛り上る!.....
c0119160_21295818.jpg
c0119160_21302217.jpg
c0119160_21305080.jpgc0119160_21311073.jpg
c0119160_21313726.jpg
c0119160_21325138.jpg

円内は中学生時代の↑RW (チビでクラスではいつも前から2~3番目)


翌朝、小生は完全に二日酔い状態・・ワインの飲み過ぎは実に堪える・・。豪華朝食、窓には南アルプス絶景が広がっています。山ガール(?)達は今日の登山にヤル気満マン、相当煽られそうだ。


     ....朝の食堂からの展望。広大な赤松林の背景には幻想的な雲と南アルプス絶景.....
c0119160_21412728.jpg
           
     ....豪華で美味しい朝食を楽しむ (RWは前夜のワイン飲み過ぎで二日酔い状態).....
c0119160_21415582.jpgc0119160_21154444.gifc0119160_21421472.jpg

c0119160_21423834.jpg






★花崗岩・大絶景の「日向山」


今日登る「日向山」は白砂山頂で花崗岩の風化した岩の珍しい大絶景が楽しめる標高1660mの山で頂上まで1時間45分程で気軽に登れる初心者やファミリーにも超人気の山です。尾白川林道の山道を上り詰めると矢立石の登山口。駐車スペースは少ないのでもうかなりの車で埋まっている!


   .....いい場所に車を駐車し「日向山」へいざ登山開始、樹林帯の中をゆったり登っていく.....
c0119160_21562946.jpgc0119160_21564816.jpg

c0119160_21595815.jpg
c0119160_2201925.jpg




    .....今年は残暑が長引いたため、紅葉はまだ早かったが随所に美しい色が見られた.....
c0119160_2261085.jpg
c0119160_2263156.jpg

このハイキングコースはよく整備されており歩きやすい。1/10から10/10までの道標があり、ゴール地点までの距離をつかみながら歩けます。2時間ほどかけて歩き11時過ぎに頂上へ到着!この時点では霧に覆われてパノラマは開けていませんでしたが幻想的な光景。軽食を摂り岩塔群方面へ・・


       ....山頂は白砂と奇岩の風景(花崗岩の崩壊地)、霧に包まれた幻想的なムード.....
c0119160_2282692.jpgc0119160_2284434.jpg
c0119160_229589.jpg



c0119160_2291978.jpg


     ....暫くすると霧が晴れて来た!白砂のトラバス登山道、聳える花崗岩岩塔群へと向う.....
c0119160_22143888.jpg
c0119160_2215112.jpg

歩き始めると何と霧があっという間に晴れてきた!山頂付近の花崗岩崩壊地の大パノラマ全貌が少しずつ姿を現し始めてきます。美しい白砂と深い谷と奇岩の連続!何と驚嘆光景ではないか~


  ....目を見張るような大絶景、吸い込まれる様な深い谷!「凄い~!」女性陣からの感嘆の声.....
c0119160_22152676.jpg
c0119160_22153842.jpg

       ....花崗岩の雁ヶ原・岩塔(大明神)に立つ!登山初体験のハマジュリ様も目がテン.....
c0119160_22185083.jpgc0119160_221986.jpg


c0119160_2219306.jpg


雁ヶ原はまさに雪山の中にいるようです。花崗岩が風化した白砂の斜面トラバース道を渡り、岩塔群の頂上部(大明神)に立つと山デビューの女史達は大興奮状態!N-minto様の自撮り棒は大活躍


    .....超元気で高い所はヘッチャラ(左)N-minto様&ryoko様 (右)RWはこういう所が大好き.....
c0119160_22251330.jpg
c0119160_2226653.jpg
c0119160_22262831.jpg
c0119160_22264219.jpg


            .....霧は完全に晴れ、平野部も大展望!大パノラマの感動で大団円!.....
c0119160_22342826.jpgc0119160_22345151.jpgc0119160_223514100.jpg

c0119160_22353893.jpg


満足感に溢れ林道を下山。皆さん登山のコツをしっかり身につけ1時間で矢立石・駐車場に下りてくることができました。締めは道の駅で昼食を摂りお土産を購入して中央高速で帰京の途へ・・


     .....感動・充実の満足感に浸りカラマツ樹林対を下っていく(皆さん快調ペース・1時間で下山).....
c0119160_22403345.jpg
c0119160_22404682.jpg

             .....矢立石登山口に無事下山、一生心に残る素晴しい山旅でした。.....
c0119160_22421358.jpgc0119160_22423351.jpg
c0119160_22424615.jpg


c0119160_2243514.jpg


今回は山デビューの皆様に快晴の中でレアな絶景を楽しんで頂き幹事としても大満足。「次はどこに連れて行ってくれるの?」とリクエストも強まり嬉しい限り。いつかこのメンバーで屋久島の頂上に立ってみたいものだ。とりあえず次回企画は春の花見を兼ねて「矢切の渡し・葛飾ウォーキング」に決定



                                                        おわり





   【サントリー白州工場:南アルプス天然水】    【宇多田ヒカル:南アルプス天然水CM】
  

  by rollingwest | 2016-11-15 19:40 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(144)

<2016年7月23~24日>アラ還・大学サークルOB会(山中湖・富士樹海ツアー)

c0119160_18422065.jpgc0119160_18423834.jpgc0119160_18425620.jpg
c0119160_1843628.jpg


★10年ぶりに大学時代の山仲間が再集結!


7月下旬、富士山麓で大学サークル「旅の会」GDM(登山グループ)のOB会を開催しました。第1回目(1984)が丹沢で開催、第2回目は軽井沢での開催(2006・RWが幹事)、今回も幹事を仰せつかり1日目は山中湖ホテルに夕方集合して大宴会。翌日は富士樹海ツアーを楽しむ内容で案内しました。


   .....「旅の会:GDM」(山仲間)メンバーで10年ぶりのOB会を開催(宿泊・ラフォーレ山中湖)....
c0119160_18492745.jpgc0119160_1850239.jpgc0119160_18502359.jpg
c0119160_8315191.jpg


c0119160_1850516.jpg


   .....翌日は「富士樹海ツアー」(西湖コウモリ穴の洞窟探検)を楽しんだ還暦前後の中年軍団....
c0119160_19304885.jpgc0119160_1944192.jpgc0119160_8564336.jpg


c0119160_1931412.jpg

c0119160_19312467.jpg


10年前はラフォーレ軽井沢で懇親会を行い、翌日「浅間隠山」に登頂する内容でした。前夜はkozueさん(GDMの華)も参加頂きましたが翌年突然逝去され本当にショックでした。今回はド派手ヒロイン・TARA嬢やishigami先生が急遽欠席となったことも残念でしたが10年ぶりに懐かしいメンバーが再集結


   ..... 2006年「ラフォーレ軽井沢」の前夜祭!今は亡きkozueさん(左2番目)もお元気でした.....
c0119160_19522090.jpgc0119160_195241100.jpg


c0119160_1953086.jpg

                            「2006GDM-OB会・浅間隠山登山」の記事はコチラから


   ..... GDM略称は「グループ・ド・モンターニュ」(仏語で山仲間)、10年前は日本200名山に登頂.....
c0119160_2063785.jpgc0119160_2065135.jpg

c0119160_858272.jpg
c0119160_2071166.jpg
c0119160_2073137.jpg






★【1日目】:富士山麓「ラフォーレ山中湖」で10年前の爆笑宴会が再現


今回参加者は15~18回生の4世代メンバー13名、富士急行「富士山駅」に現地集合で案内済み。RWは車で10時自宅出発。サブ幹事ナベちゃん(リョースケさんも一緒)と15時前に待ち合わせ酒・ツマミを買出し完了。16時に改札口で出迎えましたが電車の皆様は相当飲んで出来上がっていた!


   .....幹事としての準備(買い出し等)を済ませ富士急「富士山駅」で皆様を16時出迎える....
c0119160_20352318.jpgc0119160_20355351.jpgc0119160_20361798.jpg
c0119160_2036521.jpg


   ....今回もナベちゃんに手配頂き「ラフォーレ山中湖」へ宿泊、17回生(同期)5人で集合写真....
c0119160_2112252.jpg
c0119160_2113915.jpg

車3台で移動し「ラフォーレ山中湖」に夕方チェックイン。17:30にビュッフェに集合し夕食会。茶さんの乾杯音頭で宴開始!今は亡きkozueさん・N際君の遺影も飾り、昔懐かしき話題に花を咲かせました。


  .....(左)夕食はビュッフェ形式 (右)茶さん(ロッククライマーを集めた会社社長)が乾杯音頭で開宴....
c0119160_2145283.jpgc0119160_215613.jpg

c0119160_2155842.jpg


  .....乾杯~!今は亡きkozueさん(10年前は健在)&N際君(初回幹事)の遺影も一緒に!....
c0119160_21111133.jpg





c0119160_21113577.gif
c0119160_21115347.jpg


     .....昔の若かりし頃の写真を見たり、会員誌(旅友)の懐かしい文章を読んで爆笑....
c0119160_21202972.jpgc0119160_21214752.jpg
c0119160_21223055.jpg


c0119160_21224829.jpg


宴が盛り上った頃、各自の近況報告。40年前の外観はかなり変貌を見せているものの懐かしき思い出を語れば心は青春時代に逆戻り。閉宴時刻を過ぎても最後まで居残るズーズーしさも不変


 .....(左)近況報告トップバッター15回生T田さん (右)次は神楽坂様、自称・広瀬すずヘアスタイル....
c0119160_21381714.jpg
c0119160_21383060.jpg

  .....(左)OH塚さん、真面目な銀行員は仮面だった (右)亀吉様、常に話題と注目の的!....
c0119160_21402380.jpg
c0119160_21403950.jpg

   .....(左)昔はジュリーと呼ばれたしむけん様、自ら変遷経緯を語る (右)1次会終え温泉に....
c0119160_21422557.jpgc0119160_21425336.jpgc0119160_21431398.jpg
c0119160_2143275.jpg


1次会終了後は各自温泉に入り、幹事部屋に再集結して2次会へ突入。まずはリョースケさんが福岡名物くろがね堅パンを配り大好評!今回は初参加のOH塚様が品行方正・銀行員の仮面を脱ぎ去り本性現して、スケコマシY沢様とのWシモネタ話題が炸裂!宴会は10年前と同じ大爆笑の佳境へ!


   .....(左)2次会開始!くろがね堅パンを配るリョースケさん (右)笑顔のI井さん、堂々の鎮座....
c0119160_21485426.jpgc0119160_21491497.jpg



c0119160_21494111.jpg


      .....シモネタ旋風連続の16回生エロコンビ、ついに本性を現わしたOH塚氏&Y沢氏....
c0119160_21554011.jpgc0119160_2156026.jpgc0119160_21562240.jpg

c0119160_21564249.jpg


当日は夏休みスタート初日であり宿泊層は幼児連れ家族客が殆ど。昭和期・職場旅行の乗りで大騒ぎしまくったアラ還軍団・・、ナベチャン(ラフォーレ)今回も苦虫状態・・またもご迷惑をおかけしました。10年前は午前2時頃まで飲んでいましたが、今回は0時頃には就寝。明日もあるので年相応に・・


       .....(左)大爆笑の2次会は延々と続く (右)ついに夢の世界へ入ったF沢さん...
c0119160_221159100.jpgc0119160_22121583.jpg

c0119160_22123071.jpg





★【2日目】:富士樹海&コウモリ穴・洞窟探検ツアー


昨日はガス・小雨天気でしたが、今朝は素晴しき快晴となり富士山の雄姿も見えている!前夜の行いの良さに天も呆れ果て味方してくれたのか?茶さん・しむけん様は所用があるため朝のうちに帰京予定でお別れ。2人を見送り、残り11名は富士樹海&西湖コウモリ穴の探検ツアーへいざ出発


  .....(左)今朝は富士山が雄姿を見せた!(右)茶さん・しむけん様と別れを惜しみ、いざ出発....
c0119160_22275483.jpgc0119160_222893.jpg

c0119160_22282664.jpg


 .....青木ケ原樹海・西湖方面へ車3台で向かう(山中湖からは結構距離あり1時間は必要)....
c0119160_223308.jpg

    .....山中湖展望所から世界遺産「富士山」の美しき姿に感動!天候に恵まれた~....
c0119160_22342392.jpgc0119160_22343663.gif


c0119160_2047144.jpg


c0119160_22345460.jpg


9:45に樹海ツアー案内所に到着。「青木ケ原樹海ツアー」はガイドが案内してくれる2時間コース予約を入れてあります。コウモリ穴探検なので「バットマン」が鎮座している!スタート前に樹海の成立過程(太古の大噴火で流出した溶岩地から樹海形成に至る)を科学的見地から蘊蓄解説をしてくれました。


  .....「バットマン」が鎮座する案内所。事前にエコガイドが樹海形成の解説。勉強になった~!....
c0119160_22392877.jpgc0119160_2240444.jpgc0119160_22394619.jpg
c0119160_22402273.jpg


富士樹海と言えば、磁場を狂わせ道に迷う森・自殺名所としても有名。何だか怖い場所というイメージでしたが、道は整備(ウッドチップが敷き詰められフワフワ)されており非常に歩き易い!ガイド付きの観光コースなので全く安心です。ヘルメットを装着し、いよいよコウモリ洞窟へと足を踏み入れていきます。


   ....樹海洞窟探検へ!ナベちゃん(中央)は昨夜の騒宴で精神的にヘトヘト?お疲れ気味....
c0119160_22521891.jpgc0119160_22524057.jpgc0119160_22525726.jpg

c0119160_22531967.jpg


    .....いよいよ「西湖コウモリ穴」(天然記念物の蝙蝠が生息)、洞窟探検がいざスタート!....
c0119160_2257918.jpg
c0119160_2257267.jpg

c0119160_5414783.jpgc0119160_542021.jpg
c0119160_835236.jpg
c0119160_542234.jpg


ガイドに先導され洞窟入口へ向うと鉄階段、下って行くと広大な空洞エリアに降り立ちます。真っ暗ダ~!そこから先へと進むと狭い横穴が出現!中腰でしゃがんで進まざるを得ずヘルメットに岩がゴツンコヅンと当る~。富士大噴火が創り上げた溶岩跡の迫力!これは一度体験する価値ありです!


   .....ウワ~真っ暗・・!ガイド指示に従い木道を渡って、狭い洞窟へ向う。コリャ、面白そう~....
c0119160_5471283.jpg
c0119160_5473387.jpg


   .....腰を屈めながら狭い洞窟をくぐる(頭上注意)、平安大噴火の溶岩跡が生々しい....
c0119160_5495821.jpgc0119160_5501486.jpg

c0119160_5503251.jpg

c0119160_553713.jpgc0119160_5532770.jpg
c0119160_203451.gif

c0119160_5534840.jpg


洞窟を出て次は富士樹海をグルリ周遊するコースへ!先導するガイドおじさんは遊歩道沿いにその都度立ち止まり、樹海自然(植生・動物)への蘊蓄を過剰な程ご丁寧に語り続けてくれます。もう正午に近い・・。「スミマセン、説明を端折って早めに進めてくれませんか?」焦る幹事としては巻を入れる。


  .....蘊蓄絶好調~(饒舌過剰気味)のネイチャーガイドおじさんに引率され樹海コースを進み行く....
c0119160_603722.jpgc0119160_605555.jpg



c0119160_61195.jpg

c0119160_662756.jpgc0119160_67844.jpg





c0119160_665239.jpg
c0119160_681434.jpg


N巻がガイドに巻きを入れるとフジの蔓巻きが出現!これは左巻きとか言われて意味不明・・。暫く歩くと西湖根場浜へ到着!ここからは富士山を仰ぐことができて樹海から開けた解放感に浸る!


        .....(左)富士の藤、弦巻・N巻・左巻~! (右)西湖の根場浜へ漸く到着....
c0119160_617079.jpgc0119160_20185074.jpgc0119160_61713100.jpg
c0119160_6173418.jpg

c0119160_6221931.jpg
c0119160_6223368.jpg


     .....(左)根場浜からは、西湖越しに富士山が姿を現した! (右)透明感ある湖水....
c0119160_6241385.jpg
c0119160_6243734.jpg

樹海コースを楽しく歩き終えて「西湖いやしの里」に到着。ここで昼食を取り打ち上げ会と致しました。蕎麦を注文してビールで乾杯!楽しい再会行事も1日足らずでしたが実に濃厚な時間を共有した気がします。ここで精算を済ませ現地解散としました。皆様に喜んで頂き幹事としてもホッと安堵感・・


      .....(左)樹海コースを歩き切る (下)「西湖いやしの里」に到着、茶屋で昼食会....
c0119160_627962.jpgc0119160_627323.jpg
c0119160_6275638.jpg
c0119160_6281173.jpg


  .....(左)乾杯~!酒を飲む時は超幸せ満願「西條・寂恋呆師」 (下)蕎麦を食してフィナーレ....
c0119160_63275.jpg
c0119160_6322618.jpg




★帰路途中で「富士湧水の里:忍の八海」に立ち寄る


「西湖いやしの里」で解散後、大半の皆様は「富士山駅」から帰京。小生は遠路・西日本から駆け付けてくれたI井先輩と寂恋呆師を御殿場駅に送り届けるため富士五湖道路を南下していきます。途中でお二人に富士湧水の観光名所として有名な「忍の八海」を案内することにしてチョット道草・・


      .....帰路途中で I井さん・寂恋呆師を「忍の八海」(富士湧水の里)に案内する....
c0119160_7502983.jpg
c0119160_7505113.jpg
c0119160_854831.jpgc0119160_8422545.jpgc0119160_86476.jpg






c0119160_862241.jpg


忍野八海を訪問するのはこれで5回目ですがここは何度来ても心が洗われる富士の湧水風景が広がっている。富士山の雪解け水が地下溶岩の間で数十年の歳月をかけてろ過され湧水となり8か所の泉を形成、神奈川県水源(相模川水系)は忍野八海がルーツ!美味しい水の理由に納得~


    .....(左)「忍の八海」は太古は富士6つ目の湖だった (右)湧水にはバイカモが似合う....
c0119160_8104984.jpgc0119160_8111518.jpgc0119160_8114552.jpg
c0119160_845312.jpg



c0119160_812350.jpg
c0119160_8164272.gif
c0119160_816582.jpg


昔は素朴で清らかな湧水里風景が静かに佇んでいました。しかし今は中国人観光のゴールデンルートとなっておりワイワイガヤガヤ喧騒の極み・・。PM2.5汚染空気に工場排泄水に辟易とする環境劣悪な中国人にとってかくも深い透明な水に鯉が泳ぐ奇跡的光景は夢のような世界に見えるのでしょう。


   .....(上)中国人観光客が溢れ返る程、犇めき合う (下)深蒼透明の湧水には鯉が犇めく....
c0119160_8191388.jpg
c0119160_8192639.jpg
c0119160_8193917.jpgc0119160_8195354.jpg
c0119160_8201069.jpg






★光陰矢の如し・・、思い出深いGDM山行(若き青春時代)


RWが本格的な登山の魅力に嵌ったのは1977年(大学2年19歳)。GDM先輩に連れて行ってもらった6月の八ツ岳縦走(美濃戸口~行者小屋~南八主峰・赤岳~横岳~硫黄岳~北八ケ岳)。


  .....本格的登山を初体験したのは1977年「八ケ岳縦走」、皆若いネ~(オーレン小屋にて)....
c0119160_6351818.jpgc0119160_635313.jpg


c0119160_6355271.jpg

      
続く8月「北アルプス裏銀座大縦走」(雲ノ平~裏銀座~槍ケ岳~大キレット~北穂高~涸沢~上高地)、重いキスリングを背負い辛かったが、日本にはこんな迫力ある素晴しい絶景があるのかと大感動!


  .....1977年 (左)薬師岳仰ぐ雲ノ平を踏破 (右)裏銀座から槍ケ岳、大キレットから穂高へ....
c0119160_6404570.jpg
c0119160_6405885.jpg
            
翌年1978年(大学3年)は北アルプスの後立山縦走(白馬大雪渓~白馬~唐松~五龍~爺ケ岳)、秋は奥穂高岳(涸沢から登り岳沢へ山)、そして1979年(大学4年)は表銀座から槍穂高縦走(キレット~奥穂高・ジャンダルム~西穂高~上高地)、当時は北アルプスのメインコースばかり登っていたもんだ。


  ....1978年 (左)白馬大雪渓から後立山連峰へ (右)奥穂高岳(しむけん様がジュリ-時代)....
c0119160_6463417.jpg
c0119160_6464834.jpg

  .....1979年 (左)北アルプス表銀座から槍・穂高・ジャンダルム・西穂縦走 (右)冬の北八ケ岳....
c0119160_6483593.jpgc0119160_6485389.jpg


c0119160_6491695.jpg

 
社会人になりGDMメンバーとはお別れになりましたが1984年第1回GDM・OB会が亡きN際君幹事によって開催。彼も天国から第3回目OB会が継続されていることを喜んでいることでしょう。


 ...第1回GDM・OB会(1984秋:丹沢)(左)鹿島槍で遭難死する2ケ月前に開催してくれた幹事N際クン...
c0119160_6531648.jpgc0119160_6535967.jpgc0119160_6541470.jpg

c0119160_6544581.jpg


次回OB会は福岡(リョースケ様が幹事)で開催することが決定!アラ還を迎えて皆様ますます元気なのは何より!今回参加できなかったお二人も博多中州にご参集頂き、楽しい仲間達と爆笑しながら盛大に楽しい時間を過ごしましょう!全員が健康第一で5年後の再会を迎えたいものです!


    .....楽しかった第3回OB会、根場浜での集合写真、西湖の霊峰富士(絵画の如し)....
c0119160_6581423.jpgc0119160_6584892.jpgc0119160_6583117.jpg







c0119160_659597.jpg



                                                        おわり

  by rollingwest | 2016-08-18 07:30 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(120)

<2015年11月1日>両国探訪歩きで知る江戸・東京の歴史  【墨田区探訪:⑧】

c0119160_154917.gif


墨田区は過去スミからスミまで何度も徘徊ズミなので殆どネタ切れ状態ですが、第8回探訪記事は「すみだ探訪・両国編」をレポートしたいと思います。そのトリガーとなったのは高校同級生のH井真吾が主宰する「物語シアター」朗読劇公演が今年秋は両国の劇場で開催されることになったからです。

c0119160_15504818.jpgc0119160_15505896.jpg

c0119160_15511739.jpg


                                過去に公開した「墨田区探訪シリーズ」はコチラから



★鎌倉歩きのメンバーで両国探訪を企画


H井主宰「物語シアター」朗読劇公演は毎年1~2回開催。柏崎の中高同級生は毎回観劇に集まり、終了後は懇親会というパターンが恒例行事ですが、今回は両国開催(15時)であり、5月の鎌倉新緑歩き(H井も参加)をしたメンバーに「両国探訪してから観劇に行こうよ」と提案したところ、即賛同の声!


     ....(左)JR両国駅前の風景 (右)江戸東京博物館内の日本橋欄干で集合写真...
c0119160_161960.jpgc0119160_1612023.jpgc0119160_161398.jpg


c0119160_1615220.jpg


                        <2015年4月日>新緑の鎌倉アルプス(中高同級生ハイク)
 

朝10時過ぎ、両国駅に同級生ウォーカー5人が集合!歴史を感じる駅舎西側の改札手前には横綱全身を描いた優勝額が飾られています。改札を出て右手には「力相撲」石像と記念撮影用の顔出し力士パネルが鎮座。この手にノリがいい積極派のN-minto様は早速顔を入れ、「写真撮って~!」と懇願


  ....両国駅は力士の街、優勝額や石像がある。N-minto様は毎回ノリよくドスコイ・パフォーマンス...
c0119160_167062.jpgc0119160_1671394.jpgc0119160_1673569.jpg

c0119160_1674950.jpg
c0119160_1681250.jpg


大相撲の殿堂「両国国技館」は今回パスして、まずは「旧安田庭園」に入ってみよう! 緑豊かな日本式庭園は、四季折々の花・紅葉が楽しめ、スカイツリーや両国公会堂の景観を楽しむことができます


   ....江戸大名庭園が明治時代に安田善次郎の所有「旧安田庭園」、スカイツリーが見える!...
c0119160_16232434.jpgc0119160_16234312.jpgc0119160_16235891.jpg


c0119160_16242284.jpg




★関東大震災と東京大空襲の犠牲者16万人が眠る「東京都慰霊堂」


安田庭園を通り抜けると「東京都慰霊堂」(巨大寺院と三重塔)が鎮座する「震災記念公園」に出ます。関東大震災と東京大空襲の犠牲者16万人が眠る国内最大の鎮魂地、ここは4回目の訪問ですが戦後70年節目なのでご案内・・。小学児童5千人の弔魂碑や焼け爛れた機械等が痛ましい。


      ....(左)両国駅周辺の地図 (右)「東京都慰霊堂」は耐震工事でお色直し中...
c0119160_1648231.jpgc0119160_16482688.jpg
c0119160_16484182.jpg


                          <2012年3月>東京都慰霊堂の訪問レポートはコチラから

    ....(左)小学児童5千人の死を悼んだ弔魂碑 (右)焼け爛れた機械や線路が屋外展示...
c0119160_1655541.jpgc0119160_16551441.jpgc0119160_1655327.gif

c0119160_1656119.jpg


まずは復興記念館の中に入ってみよう。内部には関東大震災時の資料が多数展示されています。写真から大地震と直後に発生した大火災(東京を焦土化)のパニックぶりが生々しく伝わってきます。


   ....(左)「震災復興記念館」の廊下風景 (右)関東大震災被害の写真の数々がパネル展示...
c0119160_171833.jpg
c0119160_1712049.jpg

       ....十二階摩天楼「浅草凌雲閣」(明治大正時代のスカイツリー)が大地震で崩壊....
c0119160_174194.jpgc0119160_1733356.jpgc0119160_1734678.jpg


c0119160_1741633.jpg


明治大正時代の摩天楼「凌雲閣」(浅草十二階)が大地震で一挙崩壊、そして避難場所だった当地(陸軍被服廠跡)には火災を逃れ何万人が集まる中で想像を絶する「火災旋風」が襲来したのです。猛火の上昇気流で人々が木の葉の如く舞い上がってしまう大悲劇が発生!嗚呼何たる地獄図・・


  ....(左)燃える永代橋から隅田川に飛び込む人々 (右)猛火上昇気流で発生した火焔竜巻...
c0119160_17101156.jpgc0119160_17102442.jpg
c0119160_17105821.jpg


         ....震災により焼け爛れた建物や機械は焼けただれて無残な姿に・・....
c0119160_17174073.jpg
c0119160_17175264.jpg

復興記念館には関東大震災(1923)の悲惨さを伝える絵画・写真・陳列物が数多くあります。そして震災からまだ100年経っていないことに気がつきました。壮大な地球史の中では一瞬のまばたき・・


         ....震災復興記念館の大ホール、震災の悲惨さを伝える絵画や陳列物が...
c0119160_17181849.jpg
                
       ....(左) 震災後の浅草仲見世の風景. (右)隅田川の鉄橋だけが残り全ては灰燼...
c0119160_17213766.jpg
c0119160_17215392.jpg

    ....(左)災害状況を描いた巨大壁絵 (中)両国国技館も壊滅 (右)昭和天皇が馬乗慰問...
c0119160_17233885.jpgc0119160_17235393.jpgc0119160_1724535.jpg

c0119160_17242049.jpg


ここは東京都大空襲の悲惨さも同時に伝えている場所です。今年は戦後70年、天皇陛下も当慰霊堂で供花されました。今年は戦争を深く知る上で自分自身も大変勉強になった年だった気がする・・


           ....(左)東京空襲の絵画 (右)上空から焼夷弾攻撃をするB29機...
c0119160_17334131.jpgc0119160_17335920.jpgc0119160_17373154.jpgc0119160_9412547.jpg

c0119160_17375477.jpg


        ....慰霊堂の祭壇に祈る。今年は戦後70年で天皇陛下も慰霊訪問し供花...
c0119160_17435377.jpgc0119160_17441021.jpgc0119160_17444068.gif
c0119160_1745837.jpg

c0119160_17452568.jpg


                            <2015夏>都心ド真ん中にて思う「戦後70年」の節目
 




★リニューアルした江戸東京博物館!実に素晴らしい~!


さて次は散策の最大見所「江戸東京博物館」を訪問してみよう。1993年開所からもう22年が経過したのか・・。今回でRWは5回目の訪問ですが、ここはいつ来ても新鮮な驚きを感じることができます。実は昨年もスカイツリー登頂後に来ましたが改装工事中だったのでリニューアル展示は非常に楽しみだ!

 
  ....リニューアルされた「江戸東京博物館」にいざ入ってみよう!入口には豪華な熊手飾り...
c0119160_1883818.jpgc0119160_1885912.jpg

c0119160_189207.jpg


                      昨年スカイツリー登頂後訪問した「江戸東京博物館」記事はコチラから

入館して見るといきなり大きな木造橋が出現!よく見ると江戸時代の「日本橋」再現と知りビックリ!浮世絵で思い浮かぶ丸みを帯びたイメージとは異なりストレートな平橋ではないか!更に進めばミニチュア大名屋敷や豪華な大名籠も出現!会場全体が一大テーマランドの様になっている!大変貌だ~(驚)


    ....入口には大きな江戸時代の日本橋(実際に渡れる木製橋)が再現されている!...
c0119160_18145248.jpgc0119160_1815979.jpg
c0119160_18152727.jpg


c0119160_8262373.jpg


         ....(左)寛永の大名屋敷がミニチュア再現. (右)豪華で優雅な大名籠...
c0119160_18173764.jpg
c0119160_18175170.jpg

新展示は収蔵品の見せ方が実に斬新でダイナミック!実物大模型やミニチュアを多用し、人の動きや表情・風俗文化・各時代の江戸・東京の雰囲気をコンパクトに纏め参加型の歴史博物館となっています。


     ....朝野新聞社(明治時代、東京で発行された民権派の政論新聞社)の正門社屋...
c0119160_18194622.jpgc0119160_182028.jpg

c0119160_828936.jpg


c0119160_18201987.jpg


       ....明治時代の銀座通り、精巧なミニチュア再現の技術は大したもんだなア・・....
c0119160_18235930.jpg
     
明治時代の威厳ある新聞社建物、銀座通りの賑い、江戸時代では日本橋・両国橋の袂で往来する人々や舟、越後屋呉服店の商売繁盛ぶり、江戸庶民生活・職人風景、何でも目に飛び込んでくる!


      ....(左)お江戸日本橋を闊歩する江戸庶民  (右)両国橋西詰の出入り船風景...
c0119160_19254545.jpgc0119160_19282087.jpg

c0119160_19304657.jpg


    ....「三井越後屋呉服店」(三越ルーツ)の大活況光景、現金掛値なしの商売が大繁盛!...
c0119160_202129100.jpgc0119160_2022813.jpg
c0119160_2022335.jpg


           ....(左)町人の木箱作り風景 (右)寺子屋で勉強する子供達...
c0119160_20314586.jpgc0119160_7272942.jpgc0119160_20322466.jpgc0119160_20323752.jpg

c0119160_2032580.jpg


c0119160_7211258.jpg
c0119160_20331528.jpg


家康が江戸に入り天下普請し20年後の人口は40万人程度でしたが、寛永末期は京都に追いつき、元禄期は85万人に達して日本一に、そして18世紀には100万人で世界最大級都市になりました。


       ....江戸時代の鮨や蕎麦、現代とは何か違う雰囲気もあるが粋な食べ方...
c0119160_2040205.jpg
c0119160_20405485.jpgc0119160_20403263.jpg

c0119160_7304294.jpg


    ....(左)大判小判の詰箱 (右)何でも率先挑戦するryoko様、天秤棒を担ぐアラヨッ!...
c0119160_20491538.jpgc0119160_7355525.jpgc0119160_2049308.jpg



c0119160_20494512.jpg

歌舞伎舞台が大発展したのは江戸時代、精巧な仕掛や演出が凝らされ、花道舞台やせり上げ・廻り舞台などが登場!そのような舞台空間の裏側も見せてくれます。四谷怪談の仕掛けも面白い~


     ....(左)江戸時代の樽廻船 (右)歌舞伎舞台、大見えを切る和傘振る舞いの睨み...
c0119160_2052552.jpg
c0119160_20531128.jpg

   ....江戸芝居小屋は、初代中村勘三郎が寛永元年に興した「猿若座」(中村座)に始まる...
c0119160_20553968.jpgc0119160_20555460.jpg

c0119160_2056781.jpg


       ....「四谷怪談」のしかけ(お岩さんの亡霊が仏壇から現れる)...
c0119160_7432812.jpgc0119160_9473492.gifc0119160_20595892.jpg
c0119160_2101217.jpg


明治末~大正時代の東京風景も実にモダンで゙アカデミック!西洋文化と融合したお洒落な成熟感が溢れています。先程、震災復興記念館で見た「浅草凌雲閣」も崩壊前の美しき姿が再現されていた!


         ....(左)御茶ノ水のニコライ堂 (右)海外の演劇を披露した「電気館」...
c0119160_2254993.jpg
c0119160_226778.jpg

          ....(左)銀座通りは華やかな雰囲気 (右)フォード車の威厳ある姿...
c0119160_2274999.jpg
c0119160_2281640.jpg

    ....フォード車の先には、関東大震災で崩壊した「凌雲閣」(浅草十二階摩天楼)の雄姿が!...
c0119160_22103769.jpg
c0119160_22105399.jpg

その他も神田祭の風景や懐かしき昭和レトロの光景もドンドン出てきて盛沢山過ぎる!ゆっくり見ていたら1~ 2時間では回りきれない程に面白い!江戸・東京文化の懐の深さをあらためて認識!


          ....神田神社・須田町の山車、江戸三大祭りの筆頭は神田祭...
c0119160_4511289.jpgc0119160_4522379.jpg

c0119160_4524989.jpg


       ....(左)「スバル360」を囲んで集合写真 (右)懐かしき昭和の居間風景...
c0119160_5211341.gifc0119160_5212692.jpgc0119160_521435.jpg

c0119160_5215832.jpg


もう時間は12時を過ぎている!まだまだ博物館を楽しみたかったものの昼は両国駅前の「ちゃんこ料理店」を予約してあるので見学も終わりに致しましょう!昼からビールで乾杯しちゃんこ鍋に舌鼓


    ....いや~楽しく学ぶことができた!再び両国駅へ戻る。さあ昼食タイムを迎えます...
c0119160_527158.jpgc0119160_5272938.jpg



c0119160_5274862.jpg


  ...両国といえばやはり「ちゃんこ鍋」、昼宴会は「ちゃんこ道場」で楽しく飲み、盛り上りました...
c0119160_5354522.jpgc0119160_836543.gif c0119160_5425363.jpgc0119160_8301051.gif

c0119160_536167.jpg

c0119160_945168.gif



★両国の史蹟をさらに散策して朗読劇公演へ

「回向院」は江戸勧進相撲興行が初開催(1768)された場所であり、相撲協会が歴代相撲年寄の慰霊の為に建立された「力塚の碑」もあります。先日急逝された大横綱・北の湖も今後ここに入ることでしょう。北の湖のような憎らしい程に強い日本人横綱が再出現するのは一体いつのことやら・・。


  ....江戸興行相撲の発祥地「回向院」、「力塚」は歴代年寄の慰霊碑(北の湖親方・・合掌)...
c0119160_5473235.jpgc0119160_5475099.jpgc0119160_5481018.jpg

c0119160_5482943.jpg


当地も江戸の大慰霊所であり、明暦大火の焼死者10万8千人が幕命で葬られています。あの有名な「ねずみ小僧」のお墓(生涯に100度以上大名屋敷に忍び込んで盗んだ物を貧しい人に分け与えた江戸時代の義賊)もあります。墓石を削りパウダー状の粉を袋に入れればお守り袋になるとのこと


   ....(左)回向院で集合写真 (右)「ねずみ小僧」のお墓を熱心に削り開運を祈る女性陣....
c0119160_6165148.jpgc0119160_6171421.jpgc0119160_9134298.jpg
c0119160_617491.jpg


回向院から少し歩いた所には、勝海舟の生誕地や吉良上野介(忠臣蔵の悪役)の屋敷跡もあります。いや~さすが江戸の歴史が重ねられてきた街!こまめに歩いてみると色々な史跡を発見でます。


  ....(左)江戸東京博物館で飾られていた勝海舟の肖像画 (右)勝海舟の生誕地の石碑...
c0119160_6224254.jpgc0119160_623202.jpgc0119160_6233599.jpg

c0119160_6235066.jpg


   ....本所松坂町公園に吉良上野介屋敷跡。悪評高いけれどいい人だったという説も・・...
c0119160_627404.jpgc0119160_6454611.jpgc0119160_646460.jpg

c0119160_6462477.jpg


朝から両国の見所をたっぷり満喫し、15時から始まるH井真吾朗読劇へ!「メトロに乗って」は浅田次郎原作の時空を超えたミステリー(親子・兄妹愛の物語)。高校同級生達も多く見に来ていました。


     ....劇場シアターXでH井の朗読劇「メトロに乗って」(映画でも見たネ~)を観賞...
c0119160_6521876.jpg
c0119160_6523356.jpg

朗読劇公演終了後は、高校同級の恒例飲み会が企画されていましたが、今日は朝から沢山歩き昼間からアルコール漬け、明朝は早め出勤につき欠席させてもらい、ウォーキングメンバーにて喫茶店で軽く打上げ反省会としました。来年は花見ウォーキングでの再会を誓って、両国駅にて解散!お疲れさ~ん!


        ....公演終了後の締めは、サンマルクカフェで打ち上げ本日の反省会...
c0119160_6541525.jpgc0119160_6542871.jpg

c0119160_6544140.jpg


       ....(左)両国街路にある力士モニュメント (右)夕暮れの両国路地も風情あり...
c0119160_6593561.jpgc0119160_6595188.jpgc0119160_70851.jpg


c0119160_702491.jpg




                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-11-29 09:00 | 都会の風景 | Comments(118)

<2015年4月25日>鎌倉・湘南探訪 (その 10 ):新緑の鎌倉アルプス(中高同級生ハイク)

                      鎌倉・湘南探訪 (その10 )


★昨年秋に企画した「鎌倉アルプス縦走」、新緑ハイクでリベンジ

2014年9月に中高同級生との鎌倉アルプス縦走を企画しましたが、朝から小雨模様につき臨機応に予定を変更し市内の寺社巡り(円覚寺・建長寺・鶴岡八幡宮・報国寺・浄妙寺・杉本観音など)を楽しみました。2015年こそリベンジしようと誓い合い、今回は新緑時期で漸く実現の運びとなりました。


  ....2014年秋、中高同級生4人で鎌倉アルプス登山を計画したが、市街寺社巡りに急遽変更....
c0119160_6464795.jpgc0119160_6465877.jpgc0119160_647102.jpg

c0119160_6525382.jpgc0119160_8234954.jpgc0119160_824773.jpg





c0119160_1571047.jpg
c0119160_6472294.jpg


                             <2014年9月>中高同級生との鎌倉散策の記事

柏崎同級生メンバーは計6名、男性陣はT鳥氏が残念ながら都合付かず欠席でしたが、H井shingo(声優、某TV局ナレーター)が初参加。女性陣はN-minto様が娘さんと一緒に、Ryoko様も健在、そしてハマジュリ様が初めてウォーキングシューズを買い揃えて初参加。北鎌倉駅に集合して10時出発~!

c0119160_5353794.jpg

     .....今年は素晴らしい新緑日和にリベンジ登山。メンバーは総勢6人に増えて盛況!.....
c0119160_6553813.jpgc0119160_6554829.jpgc0119160_656247.jpg

c0119160_6561687.jpg


   ....半年ぶりに建長寺へ!前回は一度境内から出てしまい今回は迷った教訓を生かす.....
c0119160_7203510.jpgc0119160_721183.jpg


c0119160_2211443.jpg

c0119160_7211896.jpg


前回は円覚寺・建長寺を見学後に外に出てから鎌倉天園コースを探したのですが登山口がよく認識できず、よく調べてみると建長寺境内から繋がっていることが解り入管料支払が必要なので要注意


    .....(左)威風堂々たる鎌倉大本山の顔「建長寺三門」 (右)今回は新緑のお出迎え.....
c0119160_20352370.jpgc0119160_20354126.jpg

c0119160_2036447.jpg


        .....(左)参道の牡丹が豪華! (右)法堂へ向かう多くの参拝客.....
c0119160_2171466.jpgc0119160_2173487.jpg

c0119160_2174943.jpg


「建長寺」は臨済宗建長寺派大本山であり、鎌倉五山の第一位に位する我国最初の禅寺です。北条時頼(5代執権)が国の興隆と北条家菩提のため中国より名僧「蘭渓道隆」を招き1253年建立し、創建当初は中国宋時代の7堂伽藍・49院の塔頭を有し、千人を越す雲水が修行していたとのこと


    .....(左)仏殿の前には花嫁と新郎が (右)仏殿・法堂を脇に鮮やかな唐門が見える.....
c0119160_21443131.jpg
c0119160_21445278.jpg

立派な破風造り唐門(境内奥)左側から入り暫く進むと、鎌倉アルプスの登山道へと繋がっています。輝く青空に新緑は素晴らしい!「目に青葉、山ホトトギス・初鰹」の句が浮かんできた。H井(たのshingo)は朗読劇でウグイスの声をよく使いますが、鎌倉ウグイスの鳴き声は完璧だ!と感動し録音していた。

c0119160_21455235.jpg

    .....(左)タケノコが沢山(取っちゃ駄目デスの看板あり) (右)鎌倉アルプス登山、いざ開始!.....
c0119160_21463098.jpgc0119160_2146493.jpgc0119160_8263816.jpg


c0119160_2147686.gifc0119160_2147686.gifc0119160_2147686.gifc0119160_2147686.gif


c0119160_21474765.jpg





★鎌倉アルプス(天園コース)の醍醐味を体感!

鎌倉は海と山に囲まれた地形。北部の山尾根を中心に本格的なハイキングが楽しめ、6つのコースが整備されています。その中で最も距離が長いのが「鎌倉アルプス」とも呼ばれる「天園コース」(建長寺~瑞泉寺、3.8km約2時間)です。季節に応じた花絶景も味わえる素晴らしいウォーキングが満喫できます。


  .....(左)3つ下↓ウグイス美声 (右)半僧坊はもう間近、新緑とツツジの輝きが実に素晴らしい!.....
c0119160_22185937.jpgc0119160_22191315.jpg
c0119160_22194578.jpg





c0119160_2220182.jpg


半僧坊へと向かう「半僧坊道」は長閑な散歩道が続きますが、急な石段が出現!周囲には天狗軍団が立ち並び睨みを効かせている。これは壮観!明るい新緑や躑躅とコラボした天狗も面白い!


        .....(左)長く急な半僧坊への石階段 (右)烏天狗・大天狗が続々登場.....
c0119160_8305633.jpgc0119160_8311948.jpgc0119160_8313398.jpg





c0119160_8315443.jpg
c0119160_8321095.jpg


半僧坊からさらに石段を上ると勝上献展望台や十王展望台に辿り着きます。ここからは建長寺や相模湾が見渡すことができました。この場所は鶴岡八幡宮の裏手にあたることから海に向かって真っすぐに延びる若宮大路が見えます。絶好天気でしたが富士山は霞んで見えなかったのはチト残念


    .....「十王岩展望岩」到着、建長寺や相模湾が遠くに見える!富士はガスって見えず.....
c0119160_8424436.jpgc0119160_8432554.jpgc0119160_8434394.jpg






c0119160_8441638.jpg
c0119160_8443420.jpg


先日NHK-BSで全国の山好きが選ぶ「にっぽんトレッキングBest20」なる番組がありましたが、何と鎌倉アルプスが第13位に名を連ねてビックリしました。1位は尾瀬、第2位屋久島でしたが、錚々たる山々が並ぶ中、伊吹山・白神山・裏磐梯・大台ケ原等の名峰を抑えての人気度はチト評価され過ぎかな~


     .....鎌倉アルプス(天園コース)はハイカーに大人気、快適なトレッキング山歩きが楽しめる.....
c0119160_8544450.jpg c0119160_8551770.jpgc0119160_8553471.jpg


c0119160_8555095.jpg

c0119160_912122.jpgc0119160_914378.jpg



c0119160_92831.jpg
c0119160_922292.jpg


昼前に大平山(鎌倉アルプス最高峰)に到着、「鎌倉カントリー」のクラブハウスがあり、下は広場になっており木陰で弁当を広げてランチタイム。持参した冷えたビールをプシュ!毎回女性陣からの差入れ惣菜が沢山あって本当にありがたきことかな。上空から餌を窺う鳶を尻目に楽しい会話でひと花が咲きました。


       .....(左)大平山に到着、鎌倉CCのクラブハウスも見える (右)木陰でワイワイと昼食.....
c0119160_915159.jpgc0119160_9152188.jpgc0119160_9154256.jpgc0119160_1462236.jpg

c0119160_916184.jpg


さて腹拵えが済んで、再び鎌倉アルプス縦走路へ!少し登ると鎌倉カントリーコースを見渡せる場所があります。最近、たのshingoはゴルフを覚えて羨ましそうに見学。小生は才能がなくて8年前に足を洗っています。暫く進むと天園茶屋に到着。ここまでくれば3/4位の距離を歩いたのでもう下山路は近い。


          .....苔生した急な石階段も竹藪の道も実に風情あり、天台山へ向う.....
c0119160_9441662.jpg
c0119160_9443137.jpg
     
        .....(左)椎の木に囲まれて雰囲気あり (右)天園峠の茶屋にようやく到着.....
c0119160_9565524.jpg
c0119160_9303521.jpg

途中に「貝吹き地蔵」という聞き慣れない石仏が出現。1333年新田義貞軍による鎌倉攻め(後醍醐天皇が建武新政を実現)に耐え切れず、終に自害した北條高時(鎌倉幕府執権)の首を守った伝説地蔵。敗走する北條氏部下を助けるため敵を欺く法螺貝を吹き鳴らした由来で付いた名前らしい。


    .....(左)吉田松陰の足跡も発見 (右)新田義貞・鎌倉攻め(北条敗走)の逸話「貝吹地蔵」.....
c0119160_9333442.jpgc0119160_934485.jpg c0119160_9321293.gifc0119160_933107.jpgc0119160_939187.jpg




c0119160_9342049.jpg

胡桃山は鎌倉アルプスのラストピーク、真下を覗くと鎌倉高級住宅街。途中で吉田松陰・留跡地石碑も発見してビックリ!安政大獄(井伊直弼)で萩から江戸獄中に繋がれるため当地を通過しました。無念の鎌倉道だったと思いますが松下村塾が世界遺産推薦ニュースも入り松陰も喜んでいることでしょう。


          .....胡桃山から望む鎌倉の住宅街、もうハイキングコースの下山口は近い.....
c0119160_9594040.jpgc0119160_9595636.jpg

c0119160_1001766.jpg


c0119160_10191722.gifc0119160_10193179.gif
c0119160_10194325.gif


     .....(左)無事下山! (右)輝く新緑と季節外れの紅葉(?)のコントラストが鮮やか!.....
c0119160_10361274.jpgc0119160_1053628.jpgc0119160_1055692.jpgc0119160_106127.jpg


c0119160_1063462.jpg


やがて山道は徐々に標高を下げて、住宅街の中へと出ました。実質的な登山はこれにて終了。次は鎌倉の古刹巡りをしながら鎌倉駅方面へ向います。次はかねてからの憧れだった瑞泉寺を訪問





★鎌倉の古刹・文学館を訪ねて2万6千歩

瑞泉寺は「鎌倉の花寺」と呼ばれ、一年を通して花の多いお寺ですが梅・紫陽花・紅葉と各季節の表情が美しいの評判のお寺です。「夢窓疎石」(京都の天龍寺・苔寺の庭も手がけた超一級デザイナーの高僧)が造営した石庭も素晴らしい!巨大やぐら(高貴な人を祀る祠)が池に映る光景は必見


       .....(左)鎌倉一の紅葉名所で有名な「瑞泉寺」に到着 (右)七福神堂も鎮座.....
c0119160_10231011.jpgc0119160_10232618.jpg


c0119160_10235033.jpg


   ....瑞泉寺は「巨大やぐら」(高貴人物の墓)が水面に映る庭池があり四季風景が素晴らしい....
c0119160_10373142.jpgc0119160_10374810.jpg

c0119160_1038438.jpg


                         <2013年6月>大学仲間との鎌倉紫陽花ハイキンクの゙記事
  
瑞泉寺を堪能して長い石階段を下り、次は鎌倉宮へと向います。鳥居をくぐり拝殿には真っ赤な「獅子頭守」が鎮座しています。後醍醐天皇(鎌倉幕府倒し建武新政)の皇子「護良親王」が祭神です。


         .....(左)瑞泉寺の風情ある石畳道を下る (右)次は鎌倉宮へ向う.....
c0119160_10452733.jpgc0119160_12395041.jpgc0119160_10454266.jpg


c0119160_1046455.jpg


           .....「鎌倉宮」の鳥居をくぐると立派な神楽獅子の頭が2つ!.....
c0119160_10505591.jpgc0119160_10511640.jpgc0119160_10541858.jpg
c0119160_1054341.jpg


鎌倉宮創建当初から伝わる「厄割り石」が拝殿前に置かれており、息を吹きかけ身体の中の悪い気を移して投げ割ると無病息災の願が叶うらしい。N-minto女史の豪快な投げっぷりにビックリ!(笑)


    .....(左)武士の祈り像は実に珍しい (右)厄割石を思いっきり投げつけるN-minto女史.....
c0119160_10572413.jpgc0119160_10573739.jpgc0119160_12362116.jpg

c0119160_10575587.jpg


荏柄天神社は、太宰府天満宮、北野天満宮とともに日本三天神に数えられる神社。天神の名が示す通り菅原道真(平安時代の学者・政治家)が祀られ、立派な松門や神木も実に印象的な社でした。


         .....(左)「荏柄天神社」の松門 (右)境内には立派な神木や絵筆塚が鎮座.....
c0119160_12432537.jpgc0119160_12434595.jpgc0119160_12435926.jpg



c0119160_1455377.jpg





c0119160_12442791.jpg
c0119160_1246185.jpg


赤い社殿に参拝し右手には華やかな神輿が、左手に横山隆一等多くの漫画家が建てた絵筆塚が奇妙な姿で鎮座している。この辺でウォーキング終るのが丁度よかったのですが、まだ14時過ぎだ・・


          .....荏柄天神社の真っ赤な本殿、脇には煌めく神輿が収められている.....
c0119160_13141148.jpg
c0119160_13143121.jpg

打上げ会にはまだチト早いので最後に鎌倉文学館の訪問を提案したところ一応異論なし。しかし賛成を得たとはいえ、皆の足は相当にパンパン状態となっていたのでした。鎌倉駅から近いと思ったものの結構な距離を歩かせてしまい、終盤では「隊長、いつ着くの~?」と遂に悲痛な訴えが・・(-_-;)


      .....最後は「鎌倉文学館」(川端康成・三島由紀夫等、多くの鎌倉文士が集った)を訪問....
c0119160_1304549.jpgc0119160_131162.gifc0119160_1311771.jpg


c0119160_14563091.jpg


c0119160_136249.jpg


鎌倉文学館は3年ぶりの訪問ですが老舗ホテルのような雰囲気ある建物。重厚な佇まいの洋館は、前田侯爵家の旧・鎌倉別邸を改築したもので鎌倉文士(川端康成・三島由紀夫・芥川龍之介・大佛次郎・与謝野晶子ら)の直筆原稿や愛用品等が展示されています。眺めも雰囲気も素晴らしい~!

                             <2012年7月>映画・文学の都、鎌倉の風景の記事
  

      .....(左)立派な洋館庭園にて集合写真 (右)鎌倉文学館の気持ちいい新緑道.....
c0119160_13183512.jpg
c0119160_13184949.jpg

鎌倉文学館からの帰路は「由比ヶ浜駅」から江ノ電に乗り鎌倉駅経由で横浜駅西口の居酒屋へ!今日は初参加者に2万6千歩も歩かせてしまい大いなる反省をした幹事でした。<(_ _)><(_ _)>


         .....江ノ電「由比ヶ浜駅」から横浜へと向う(皆さん、かなりヘトヘト状態).....
c0119160_13205538.jpgc0119160_13212275.jpg


c0119160_1322268.gifc0119160_1322145.jpg
c0119160_13224797.jpg

c0119160_13292577.jpgc0119160_13294436.pngc0119160_1330891.jpg
c0119160_13302541.jpg


とはいえ参加者の皆様はチャレンジで歩き切った達成感・充実感でご満足の様子で少し安心。「また是非とも次回企画を!」と迫られるRWですが、本格的登山はまだ無理なメンバーもいるのであまり欲張らずに最大公約数の平地歩きコースの選定ですかな・・。これに懲りずにまたお付き合い下さい。


     .....今日は疲れたけど・・、最後は定番の打上げ会!皆様は再び元気に復活!.....
c0119160_13334994.jpgc0119160_13341917.jpgc0119160_13343287.jpgc0119160_13344657.jpg



c0119160_133555.gifc0119160_13351950.jpg





c0119160_13495811.jpg



                             <2012年1月>「極楽寺~鎌倉大仏・由比ケ浜」の記事


                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-05-18 00:00 | 鎌倉・湘南探訪 | Comments(108)

<2015年5月>すみだ水族館(東京スカイツリー)から両国への散策

                           【墨田区探訪:⑦】


★都心のアクアミュージアム・家族連れで賑わう「すみだ水族館」

今回の記事は、今年冒頭の「東京スカイツリー」レポート(昨年12月訪問の浅草寺&スカイツリー天望回廊)からの続編(墨田探訪7回目の記事)です。まずは前回紹介した浅草寺や大都会パノラマを再レビュー

c0119160_20205240.jpg
c0119160_2021568.jpg

       ......浅草「吾妻橋」から見る東京スカイツリーとアサヒビール本社(2014年12月).....
c0119160_20235523.jpg
                        
                                 2015元旦記事「浅草寺&東京スカイツリー大絶景」

昨年12月冬快晴日を狙って初めてスカイツリー天望回廊へ昇り日本一の展望体験をようやく果たしました。RWは登山で色々な眺望を満喫してきたものの、大都会中心部で634m標高パノラマにはさすが唸らせられた!真下を覗けばスカイツリーの影も覗けて高所恐怖症の方はチト怖い光景かも・・(笑)


       .....(左)天望デッキからの光景に驚く家族 (右)宇宙船のような天望回廊の内部.....
c0119160_2027463.jpg
c0119160_20275850.jpg

天望回廊は斜めに巻き上げる様な構造(蝸牛の如し)になっており、回廊を歩き進むと高度を徐々に上げながら360度パノラマを楽しめる仕組は画期的。東京湾のパノラマは雄大!房総半島やアクアライン「風の塔」・ゲートブリッジやディズニーラントの眺望も全て俯瞰することができて満足!狙い目は冬です。


       .....(左)東京ディズニーランド&金色に輝く東京湾 (右)隅田川に映るスカイツリーの影.....
c0119160_20302918.jpg
c0119160_20304331.jpg

                      ......東京タワー(右端)と港区・品川の高層ビル群.....
c0119160_20495573.jpg
c0119160_20501220.jpg

大眺望を満喫後は、スカイツリー商業施設「そらまち」の「すみだ水族館」で珍しい海洋生物達を見学しました。国内最大規模の屋内開放型プール水槽で海洋生物と間近に出会え、家族連れで賑います。


            ....そらまちタウン(スカイツリー商業施設)の「すみだ水族館」へ!.....
c0119160_21291449.jpgc0119160_2129285.jpg

c0119160_2129506.jpg


              .....すみだ水族館エントランスは淡水魚の水槽から始まる.....
c0119160_21393539.jpgc0119160_2139557.jpg





c0119160_21401448.jpg


中に入ると50mスロープに色鮮やか照明で照らされた数多くのクラゲ水槽が設置され、クラゲと一緒に鏡世界を漂っているような幻想的な演出は見事!壁と天井に鏡が敷き詰められ万華鏡ウォークを体験


          .....クラゲと一緒に鏡の世界を漂っているような幻想的な浮遊体験.....
c0119160_22111884.jpgc0119160_22115655.jpgc0119160_22132113.jpgc0119160_22133910.jpgc0119160_22121465.jpg
c0119160_22123618.jpg
c0119160_22141463.jpg

            .....マリンブルーの世界に入り込み不思議な空間の中に身を置く.....
c0119160_8271746.jpgc0119160_8273652.jpgc0119160_828912.jpg



c0119160_8284627.jpg
c0119160_829512.jpg


美術館のように水槽が並ぶ「ゆりかごの連なり」、360度全方向から鑑賞できる美しい珊瑚礁、小笠原村の協力で再現した「東京大水槽」が続き、必見は水量約350t国内最大級の屋内開放プール型水槽で育まれるペンギンやオットセイ達。可愛い海洋生物が間近に見られるとあって歓声が絶えません。


         .....国内最大規模の屋内開放型のプール水槽を持つ最新鋭の水族館.....
c0119160_8404646.jpg
                   
都心で千km離れた小笠原諸島(東京都)を体験できるのも凄い!水槽にはカラフルで他水族館では珍しい魚(チンアナゴや貴重な甲殻類も)が多く展示されておりマニア向け水族館だなあと感心しました。


    .....ニョロニョロした体に斑点が特徴的なチンアナゴ、グロテクスク顔の魚、オウム貝・エビなど続々登場.....
c0119160_951542.jpgc0119160_953657.jpgc0119160_955513.jpg




c0119160_961920.jpg
c0119160_963284.jpg


「オットセイトンネル」も面白い!メチャクチャ速い泳ぎをガラス越しに見られて圧巻!観光地併設の水族館は家族連れ、カップルを意識した楽しいコンセプトと展示に工夫が凝らされ皆様にも観賞をお薦めします。


    .....プール型水槽で育まれるペンギン・オットセイ・アシカが間近に見られ見学者歓声が絶えない.....
c0119160_12401423.jpgc0119160_12403586.jpg


c0119160_1241214.jpg

c0119160_12462332.jpgc0119160_12464127.jpgc0119160_1247678.jpg

c0119160_12472417.jpg






★両国駅へ足を延ばし、「江戸東京博物館」見学

c0119160_12544171.jpg

            .....スカイツリー駅をあとにして、お相撲さんの街・両国駅へ向う.....
c0119160_1255762.jpg
c0119160_12553066.jpg

次は両国駅に移動。国技館がある大相撲の街ですが江戸東京博物館を久しぶりに訪問してみよう。江戸・東京の歴史と文化に関わる資料が満載で、常に新しい企画展が開催されており今回で4回目ですが飽きることはありません。新しい施設の印象があるが、開館からもう22年が経つのか・・(驚)


      .....駅出口から右に歩くと(左)両国国技館 (右)江戸東京博物館が出現.....
c0119160_13255018.jpgc0119160_13261711.jpgc0119160_13263911.jpg

c0119160_13272893.jpg


常設展示室は江戸ゾーン(浮世絵や城下町・江戸に関する展示)と東京ゾーン(明治維新・文明開化・関東大震災・東京大空襲)に分かれており、400年に渡り栄えてきた江戸・東京の様々な資料が展示


         .....常設展示室入口には江戸から昭和までの懐かしグッズが販売.....
c0119160_13323745.jpg
c0119160_13325442.jpg


訪問時は館内修復中で大きな企画展は未開催だったので常設展を覗いてみました。常設展示室に入ると最初に目に入るのが江戸幕府を開いた徳川家康や日本橋の江戸の地図や再現模型が・・!

            
           .....(左)江戸幕府を開いた徳川家康 (右)江戸時代の古地図.....
c0119160_13354224.jpgc0119160_13362297.jpg


c0119160_13364246.jpg


             .....(左)浮世絵の数々 (右)お殿様が乗った大名駕籠.....
c0119160_1342532.jpgc0119160_13412477.jpg

          .....(左)和紙の高い技術が紹介 (右)団扇の扇風機や和傘も展示.....
c0119160_17543034.jpgc0119160_17545050.jpgc0119160_17561999.jpg





c0119160_17564790.jpg


あらためて展示物見ると世界に誇る江戸時代の文化・歴史、明治維新・文明開化の東京の色々な側面を窺い知ることができます。しかし明暦の大火・安政大地震・関東大震災・東京大空襲と数々の災禍に見舞われてどれだけの貴重な資料や文化・宝物が失われたことでしょう。惜しいことだ・・


     .....(左)クラシック自転車に乗って楽しむ母娘 (右)人力車やレトロ自動車も.....
c0119160_2045194.jpgc0119160_20501575.jpg


c0119160_20505958.jpg


               .....(左)懐かしき読み物・漫画・玩具 (右)木製スキー.....
c0119160_20582642.jpgc0119160_20584456.jpgc0119160_20593038.jpg


c0119160_20595178.jpg


          .....(左)日本初の電髪器(パーマ) (右)昭和の家電・三種神器.....
c0119160_21101132.jpgc0119160_2182427.jpgc0119160_2184252.jpg
c0119160_2195151.jpg
c0119160_218010.jpg


当博物館は2020年東京オリンピックでは外国人観光客外で大賑わいになることでしょう。日本観光ブームはこの1年間で飛躍的な勢いですが、気づいていない日本の魅力・文化発信をドンドンしてほしい。





★「両国国技館」周辺の見所

両国といえば国技館があるので、やはりお相撲さんの日常姿が見られる街。3年前の夏に両国を訪ねお蔵入りしていた写真も引っ張り出して力士の散歩風景や両国周辺の見所も紹介しましょう。


        .....(左)5月10日から始まる2015年五月場所 (右)力士が浴衣姿で歩く.....
c0119160_2135677.jpgc0119160_2135463.jpgc0119160_2136530.jpgc0119160_21362328.jpg


c0119160_21365352.jpg

2014年は大相撲の人気が右肩上がりで回復した1年でした。若貴全盛時代(1996)以来18年ぶりに14日間満員御礼を記録、年6場所合計の大入は58日間となりました。これも大鵬の優勝記録を更新した白鵬(夏場所で史上初2度目の7場所連続優勝34回目の優勝をめざす)の存在が大きい。


    .....無敵の強さ白鵬に対して、若手の照ノ富士・遠藤・逸ノ城らが五月場所で挑む.....
c0119160_21465095.jpgc0119160_21473551.jpgc0119160_21475749.jpgc0119160_21481787.jpg

c0119160_2149654.jpg


                                       双葉山・大鵬を師と仰ぐ「白鵬」の記事 

国技館に隣接する旧安田庭園は、徳川時代における大名庭園の典型をなす名園で、明治時代に安田財閥の所有となりました。関東大震災後復旧され園内には両国公会堂が建てられました。


    ....(左)両国公会堂からスカイツリーの頭が (右)旧・安田庭園からは国技館の頭が覗く.....
c0119160_20255991.jpgc0119160_20262378.jpg
c0119160_20265362.jpg


        .....再び大相撲人気が高まっており、国技館・両国駅は大賑わい.....
c0119160_20365174.jpgc0119160_21255157.jpg


c0119160_2037113.jpg

両国回向院は、振袖火事と呼ばれる明暦大火の焼死者10万8千人を葬った万人塚(将軍・徳川家綱の幕命)が始まりで、安政大地震犠牲者や罪人・横死者等の無縁仏も埋葬する慰霊場所でした。


       .....明暦の大火の焼死者10万8千人を幕命で葬った「両国回向院」.....
c0119160_21265242.jpgc0119160_21271419.jpg

c0119160_21273487.jpg


                        墨田区には「関東大震災復興記念館&東京都慰霊堂」も・・ 


   .....災害犠牲者、水死者、罪人・処刑者等、無縁仏の魂は猫がお守りしていた.....
c0119160_2133815.jpgc0119160_21332770.jpg





c0119160_21334791.jpg


江戸時代の勧進相撲興行(公共社会事業の資金集め)とも縁が深い場所であり、1768年に回向院初めて開催されました。寛政~文政年間に至るまで勧進相撲興行の中心は当境内だったのです。


    .....「力塚の碑」、昭和11年に相撲協会が歴代相撲年寄の慰霊の為に建立.....
c0119160_2142469.jpg
c0119160_21422991.jpg

両国には吉良上野介(忠臣蔵の悪役)の吉良屋敷跡もあり、昭和9年地元有志が発起人となって邸内の「上野介の首洗い井戸」を本所松坂町公園として整備、その後東京都に寄付されています。


      .....吉良上野介も自分の屋敷跡が区民公園となり喜んでいることでしょう.....
c0119160_2145680.jpgc0119160_21454649.jpgc0119160_21463320.jpg


c0119160_2147133.jpg


墨田区探訪記事も7回目となりもう殆ど紹介するネタも尽きかけてきましたが、スカイツリーという新たなシンボルが出現して絵になる場所が増えて今後は穴場の撮影スポットはドンドン増えて行くと思います。人気が復活した大相撲、増える外人観光客、この夏の隅田川花火はさらに混雑することでしょう。


        .....2012年4月(スカイツリーがオープン直前)隅田川で見学した早慶レガッタ.....
c0119160_21594584.jpgc0119160_220744.gifc0119160_2201993.jpg




c0119160_2203588.jpg

               
                        <2012年4月>開業を待つ東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー 


  ....隅田川花火大会が江戸時代行われた場所は「両国橋」でした。玉屋~鍵屋~!.....
c0119160_226524.jpgc0119160_2262355.jpgc0119160_2263551.jpg




c0119160_2265225.jpg

  
                        <2008年7月>東京下町(浅草・向島・隅田)の夏風景 

                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-05-04 00:00 | 都会の風景 | Comments(108)

<2014.9.20>鎌倉・湘南探訪 (その9):小雨の秋風情、中高同級生との鎌倉散策

c0119160_19182663.jpg


★1年3ケ月ぶりの鎌倉ウォーキング

昨年初夏に大学時代仲間と鎌倉紫陽花ウォーキングを楽しみましたが、今秋は中高同級生との鎌倉散策を企画。当初予定は鎌倉アルプスのハイキングコースでしたが、朝から小雨模様だったので臨機応変、鎌倉寺社(メジャースポット)の散策旅に切り替えました。でも6時間近くも歩き回り結構疲れました~(笑)


     ......(左)北鎌倉駅前に集合! (右)まずは超メジャーの円覚寺(臨済宗)から......
c0119160_19184379.jpg c0119160_19185436.jpg


c0119160_19191983.jpg


柏崎同級生メンバーは今年4月の横須賀ウォーキングで御一緒した女性陣(N-minto様・Ryoko様)、男性陣では今回からT鳥氏が初参加。北鎌倉駅で9時45分に現地集合して10時より円覚寺からスタート
総門から長い石階段を登り上がると威厳ある山門が出現!何度来ても円覚寺は風格を感じます。

                              新緑の観音崎・横須賀ウォーキング(2014年4月) 

  ......長い石階段を登り、円覚寺(鎌倉五山・第2位)の山門(三門)をくぐって境内へ!......
c0119160_19264724.jpgc0119160_1927193.jpg
c0119160_19271287.jpg


c0119160_1927269.jpg


      ......円覚寺仏殿へ。昭和39年再建の御本尊「宝冠釈迦如来像」が安置......
c0119160_19345824.jpg
c0119160_1935961.jpg

執権・北条時宗が創建(1282年)した臨済宗・円覚寺派総本山は、武士の精神的支柱である禅宗の無学祖元を開祖として建立された鎌倉を代表する古刹。数ある鎌倉寺社の中でも鶴岡八幡宮・建長寺・円覚寺がビッグ3と謂われます。大小30の建物が広大な敷地に配置されスケールがでかい!


    ......(左)開祖「無学祖元」 (右)在家信者が座禅を組む修行者道場「居士林」......
c0119160_1937298.jpgc0119160_19371395.jpgc0119160_19373278.jpg



c0119160_1943542.jpg


円覚寺の国宝「舎利殿」は、小学生時に嵌った趣味切手のデザインで目に焼き付いていた禅宗様式建築の最高峰!出会いを期待したものの通常非公開で、門から遠目に覗くだけで少し残念でした。


    ......国宝「舎利殿」(切手収集趣味の定番)、一般参拝客は建物内部に入れない......
c0119160_19593083.jpgc0119160_2001740.jpgc0119160_2003045.jpg





c0119160_2005381.jpg


次は「大方丈」へと入ります。寺の住職居住する場所ですが、各種儀式や行事に使用されています。前庭には多くの観音像が置かれ「百観音」と呼ばれ、拙叟尊者が岩窟を穿った観音がルーツらしい。


      ......「大方丈」は広い畳敷きで心が洗われる!前庭には「百観音」が置かれる.....
c0119160_2053149.jpg
c0119160_20133035.jpg

     ......(左)ヒガンバナ&木彫り仏 (右)近くには風呂桶屋があるのが鎌倉らしい風景.....
c0119160_20153457.jpgc0119160_20154760.jpgc0119160_2016230.jpg
c0119160_20161581.jpg

「明月院」は御存知「紫陽花寺」として超有名!昨年の大学仲間と訪れましたが、今回季節が外れているし、今日は盛り沢山コースで時間がなくなりそうな予感・・。総門前で集合写真のみに留めました。


   ......(左)昨年初夏に巡った明月院 (右)総門前で集合写真(欄干の石ウサギは元気そう)......
c0119160_2032191.jpgc0119160_20323497.jpgc0119160_20324898.jpg





c0119160_20331772.jpg


                            大学仲間との鎌倉紫陽花ハイキング(2013年6月) 




★鎌倉五山の第一位「建長寺」

「建長寺」は臨済宗建長寺派大本山であり、鎌倉五山の第一位に位する我国最初の禅寺です。北条時頼(5代執権)が国の興隆と北条家菩提のため中国より名僧「蘭渓道隆」を招き1253年建立し、創建当初は中国宋時代の7堂伽藍・49院の塔頭を有し、千人を越す雲水が修行していたとのこと


   ....「建長寺」総門、鎌倉メジャー人気の臨済宗本山(けんちん汁は建長汁が名のルーツ)......
c0119160_2113211.jpg
c0119160_2113149.jpg

     .....(左)威風堂々たる鎌倉大本山の顔「建長寺三門」 (右)開祖「蘭渓道隆」......
c0119160_21162895.jpgc0119160_21164486.jpg


c0119160_20122194.jpg






c0119160_2117536.jpg

     
毎週土曜日の昼前後2回、三門の下で法話が行なわれており熱心に聞いている人が沢山いました。建長寺では山門を「三門」と呼びますが「三解脱門」の略で悟りに至るため通過する3つの関門(空・無作・無相)のことらしい。煩悩から逃れられぬRWは門をくぐっても法話を聞いても効果ないかも・・


        ......(左)三門での土曜法話に耳を傾ける人達 (右)茅葺きの梵鐘......
c0119160_21255362.jpgc0119160_21261746.jpg


c0119160_2126461.jpg


          ......(左)三門を境内から振り返る (右)本尊の「地蔵菩薩像」......
c0119160_765743.jpg
c0119160_21331184.jpg

法堂本尊には千手観音像が祀られており、その前には釈迦苦行像(苦行・断食でアバラ骨)がありました。ガンダーラ文明遺産像の模造は2005年愛知万博で陳列後、パキスタンから建長寺に寄贈されたとのこと。天井には迫力ある雲龍図!創建750年記念事業の一環で3年に亘って製作された大作・・


   ......(左)建長寺「仏殿・法堂」の威容 (右)法堂の「千手観音像」&「釈迦苦行像」.......
c0119160_2136465.jpg
c0119160_21362146.jpg

    ......(左)法堂の天井画雲龍図 (右)パキスタン奉納の釈迦苦行像(ガリガリ状態だ!).....
c0119160_21372651.jpg
c0119160_21373739.jpg

 
さらに奥に進むと立派な破風造りの唐門が出現!大庭園を持つ方丈(龍王殿)見学していると予定時刻を結構オーバーしたことに気付き、慌てて次へと向うことに・・。小雨は相変わらず降り続いており、創建時に植えられた樹齢760年「柏槇(ビャクシン)の大木」を見ながら建長寺・大伽藍を後にしました。


        ......(左)鮮やかな唐門が見えてきた  (右)方丈の優雅なる庭園......
c0119160_2143971.jpg
c0119160_21432216.jpg

     ......創建時から760年も生き抜いてきた建長寺「柏槇(byakushin)の大木」......
c0119160_21455626.jpgc0119160_2146149.jpgc0119160_21462932.jpg


c0119160_2147949.jpg





★鎌倉のシンボル「鶴岡八幡宮」


次は鎌倉武士の守護神「鶴岡八幡宮」へと向います。鎌倉駅から若宮大路経由で正面から入るのが通常ですが、我々は建長寺帰りなので裏手神殿から入りました。小雨なので人出はやや少なめ


      ......(左)鶴岡八幡宮の段上から舞殿を見下ろす (右)裏口から入りました~......
c0119160_224055.jpgc0119160_2243167.jpg


c0119160_2251583.jpg









c0119160_2281039.jpg


鶴岡八幡宮は、全国八幡社の中で三大八幡宮にも数えられ、石清水八幡宮(京都)を厚く信仰していた源頼義が鎌倉に勧請したことが始まりと謂われます。武内社には宇佐神宮(応神天皇が祭祀)の神輿が並んでいました。なる程!宇佐神宮を建立した秦氏が源氏ルーツであることがよく解ります。

                            「宇佐神宮」(八幡神社総本宮)の深い謎 

 ....源氏は秦氏の流れを汲む氏族。八幡の鳩(hato)・白旗(hata)に秦(hata)の語源が見える.....
c0119160_22122565.jpgc0119160_22123812.jpgc0119160_22125528.jpg


c0119160_22131457.jpg


鶴岡八幡宮のシンボル大銀杏(樹齢千年の天然記念物)は、3代将軍源実朝を暗殺した公暁が隠れていた「隠れ銀杏」、鎌倉の歴史を見守ってきた大樹は2010年3月の強風で根元から倒伏してしまいました。しかし2年後には残った根から新芽が出ていることが確認され、再び成長を続けています。


  .....(左)本宮への石階段を登る参拝者 (右)倒壊した「大銀杏」はまだ生きている。ガンバレ!.....
c0119160_22221374.jpgc0119160_22223985.jpgc0119160_22225310.jpg









c0119160_2223980.jpg


境内の中央部にある「舞殿」では厳かに一般の方の結婚式が行われていました。この舞台こそ、源頼朝が義経追討で「静御前」(義経の恋人、白拍子)を捕え、ここで舞を命じさせた歴史的な場所です。


      ......境内の中央部にある「舞殿」では結婚式が厳かに催されていた......
c0119160_22293165.jpgc0119160_2229481.jpg
c0119160_22301953.jpg

静御前は、頼朝の前で毅然とした態度で「しずやしず・・しずのおだまき 繰り返し・・」(静・静と私の名を呼んだ義経様が懐かしい)と歌い舞ったのです。頼朝は激怒し、それを冷静に諌めたのが北条政子でした。こんな歴史的舞台で観衆に見守られながら華燭の典を挙げられるとは実に羨ましい!


     ......舞殿は「静御前」(義経の恋人)が頼朝の前で舞を踊らされた演舞台......
c0119160_2232255.jpgc0119160_22322122.jpgc0119160_22323410.jpg

c0119160_20174776.jpg

c0119160_22325071.jpg


広い境内を歩き白旗神社や若宮を通過して「源平池」へと向います。蓮池のベンチで昼食タイム!各自が用意してきた弁当を広げビールで乾杯!女性陣はアルコールでなくスイーツ・・(別腹とはよく言ったもの)


     ......(左)白旗神社(源氏の白い旗の象徴) (右)若宮(下宮)も風格あり......
c0119160_2247792.jpgc0119160_22472980.jpg


c0119160_22475664.jpg


      ......建長寺に隣接する「源平池」(蓮が咲き誇る)のベンチでお弁当タイム......
c0119160_6331250.jpgc0119160_6333390.jpg


c0119160_6335229.jpg


昼食後は「鎌倉国宝館」を見学、写実・躍動的な鎌倉期仏像の素晴らしさを堪能!そして歩いて行くと砂利が敷き詰められた馬場道に出ました。ここがあの有名な流鏑馬神事が行われる場所。源頼朝の流鏑馬で始まった神事は武家文化の歴史を体感できるイベントとして海外観光客も魅了します。


      ......源平池隣の「鎌倉国宝館」を鑑賞(十二神将像や閻魔像が続々登場)......
c0119160_6382917.jpgc0119160_6384482.jpg


c0119160_638581.jpg


     ......毎年2度行われる流鏑馬神事の馬場は長い直線コース!次は雪ノ下へと向う......
c0119160_644659.jpgc0119160_6444192.jpg


c0119160_6503135.jpg




c0119160_6504665.jpg

                                   「極楽寺~鎌倉大仏・由比ケ浜」編




★高級住宅街経由で報国寺・淨妙寺・杉本観音~ウォーキング完了

雪ノ下の高級住宅地を散策すると「古き良き時代」を彷彿とさせる建物が多く、まるで小津安二郎映画の舞台の如し・・川に鯉が泳いでいる。暫く行くと鎌倉竹の寺として知られる「報国寺」へ到着~!


         ......高級住宅街「雪ノ下」を通って行く。自然あふれる静かな路地......
c0119160_785221.jpg
c0119160_791487.jpg

  ......(左)雪ノ下住宅街の小川には大きな鯉が泳ぐ (右)「報国寺」門前で集合写真.....
c0119160_7121862.jpgc0119160_7124587.jpgc0119160_713977.jpg



c0119160_7132828.jpg


「報国寺」はミシュラン三ツ星指定された外人さんの人気スポット!境内の見事な竹林、やぐらと呼ばれる鎌倉時代の墳墓、実に雰囲気があります。女性陣は静謐竹林の中でお茶を楽しんでおりました。


    ......報国寺境内には「やぐら」と呼ばれる鎌倉時代の墳墓もあり穏やかな風景......
c0119160_864562.jpgc0119160_87166.jpg

c0119160_875069.jpg


       ......報国寺のハイライトは素晴らしい竹林、煎れたての抹茶を味わう御二方.....
c0119160_8125972.jpgc0119160_813125.jpgc0119160_8132443.jpg







c0119160_8134192.jpg


「浄妙寺」は鎌倉五山の第五位で嘗ては広大な寺地を有し現在でも付近の地名は「浄明寺」(妙の代わりに明を用いる)として名残を残しています。静かな枯山水と爆睡していた猫が印象的でした。


        .....「淨妙寺」は鎌倉五山・第五位の古刹、受付で爆睡していた猫......
c0119160_821302.jpgc0119160_8215082.jpg




c0119160_8221547.jpg

c0119160_8223227.jpg


             ......(左)浄妙寺の枯山水 (右)茶室で寛ぐ女性2人......
c0119160_10483449.jpg
c0119160_10484781.jpg

「杉本観音」は「坂東観音霊場三十三番札所」の第一番。臨済宗の高貴で威厳ある鎌倉寺では珍しく、秩父観音のような素朴さが漂っています。最近、秩父霊場巡りがマイブームになっているN-minto女史は目を輝かせていました。秩父巡礼が結願したら今度は坂東観音が視野に入っているようだ。


       .....「杉本観音」の物凄く長~い石階段、苔生した感じが実に風情あり......
c0119160_8355227.jpgc0119160_8361033.jpgc0119160_8362242.jpg



c0119160_8365332.jpg

      
             ......(左)神童子の像? (右)途中で洞窟の祠も登場......
c0119160_839427.jpgc0119160_840092.jpg
c0119160_8401973.jpg

堂内には、十一面観音(本尊)・毘沙門天・不動明王・地蔵菩薩などゴッタ煮状態、熊野と白山の大権現社もあってまさに神仏習合。五輪塔・石塔・石仏が多数置かれ壮観!裏手の山一帯は杉本城跡(三浦氏一族の杉本氏が築いた城)で、ここからの鎌倉高級住宅街の眺めはなかなのものでした。


      ......(左)杉本観音の本堂 (右)本尊の十一面観音の他に多数の仏が鎮座......
c0119160_843565.jpg
c0119160_8431849.jpg

        ......(左)裏手の山から見下ろす鎌倉住宅街 (右)膨大な石塔の数々.....
c0119160_8524621.jpg
c0119160_853344.jpg

帰りは再び鶴岡八幡宮へと向いますが、途中に源頼朝の墓と白旗神社があったので参拝。頼朝は相模川周辺で落馬にて不慮の事故だったとのこと。白旗神社は、源氏の軍旗である白旗に由来


           ......(左)清泉女学院小脇の道 (右)源頼朝の墓と白旗神社......
c0119160_8483670.jpgc0119160_8484999.jpg
c0119160_849082.jpg


            ......再び、「鶴岡八幡宮」の境内へと戻る。雨も晴れて来た......
c0119160_8573463.jpgc0119160_9199.jpg




c0119160_912586.jpg


鶴岡八幡からはメインルート「若宮大路」経由で鎌倉駅へ・・、とはいえ「小町通り」の方が賑やかなので右折して雑踏へと紛れ込む。今日はハイキング変更して平場ウォークでしたが結構欲張って歩いた~!


    .....「若宮大路」は鶴岡八幡と鎌倉駅を結ぶ鎌倉象徴のメインルート(訪問した寺社は太枠)......
c0119160_983779.jpgc0119160_98558.jpgc0119160_9999.jpg




c0119160_992679.jpg


       ......「鎌倉小町通り」はやはり大賑わい!コチラを通って駅へ向った方が楽しい......
c0119160_9124880.jpgc0119160_91339.jpg

c0119160_9133598.jpg


打ち上げ会は横浜西口の雑踏に紛れ込み16:30から居酒屋、その後は定番カラオケ大会♪。中高生時代の気持に回帰、こちらもエネルギー大放出状態!お疲れ様~、次回はハイキングのリベンジかいな・・?


          .....最後の締めは、横浜駅西口の居酒屋で反省会&カラオケ歓声会......
c0119160_9201965.jpg c0119160_9203914.jpg
c0119160_9205524.jpg

c0119160_9211280.jpg


                                       「映画・文学の都、鎌倉の風景」編
                                   


                                                         おわり

  by rollingwest | 2014-10-13 00:00 | 鎌倉・湘南探訪 | Comments(102)

<2014年4月12日>2014新緑の観音崎・横須賀ウォーキング

★中学同級生と観音崎の海岸歩きを楽しむ

柏崎同級仲間で3年前からウォーキング班(有志)を発足させましたが、今年の春企画は観音崎・横須賀歩きを計画提案。今回も男性陣が都合付かず、結果的にRyoko様、N-minto様&娘さん、さらに娘さんの会社同僚も加め女性4名が参加。両手にW花束状態で案内役を務めることに・・。


      .......三浦半島観音崎ウォークを楽しんだ一日(観音埼灯台で集合写真)......
c0119160_12312551.jpgc0119160_1231412.jpg

c0119160_12315359.gif


c0119160_1232878.jpg

    
「観音崎」は三浦半島東端に位置し、東京湾(浦賀水道)を挟み対岸は房総半島が間近。安房富津岬までは直線距離は7km、まさに神奈川県と千葉県が接近する場所。付近は県立公園として整備されコース散策が楽しめます。京浜急行浦賀駅に朝集合し、バスを使って観音崎に9時に到着


      .......浦賀駅からバスで観音崎に到着!ハマダイコンの花が咲き誇っていた......
c0119160_12442290.jpgc0119160_12443220.jpg




c0119160_12444524.jpg


      .......(左)浦賀水道沖に巨大軍艦発見! (右)女性陣集合、いざ出陣!......
c0119160_1258993.jpgc0119160_12582081.jpgc0119160_12582890.jpg

c0119160_12591439.jpg


オ~!沖合に軍艦が航行する姿を早速発見!さすが横須賀軍港に近い浦賀水道。歓声を上げた女性陣を、露頭の磯海岸(横須賀市天然記念物)コースへと引率。この辺りは「三浦枕状溶岩」と呼ばれ、約4千万年前に海底火山の噴出物がプレート沈み込みによりつくられた景観です。


   .......観音崎の海岸磯を歩く。固まった溶岩が波で削られ平坦な岩棚が形成......
c0119160_1392073.jpgc0119160_1393180.jpg


c0119160_1395027.jpg

c0119160_13135662.jpgc0119160_13141415.jpg








c0119160_13143483.jpg


軍艦を追っていくと背景には何やら工場らしき建物が!あれはどこかな?と思ったら後程調べてみると「富津LNG火力発電所」だったことを認識。次は観音崎県立公園のコース散策路へ向かいます。


      .......航行する軍艦をクローズアップ!大迫力光景、さすがヨコスカ~!......
c0119160_1435922.jpgc0119160_1441977.jpgc0119160_1444191.jpg

c0119160_14559.jpg


♪「おいら岬の~灯台守は~」♪木下恵介監督・佐田啓二・高峰秀子主演の松竹映画「喜びも悲しみも幾歳月」(1957)の舞台となった「観音埼灯台」は日本初の洋式灯台として1868年デビュー!ペリー黒船来航(1853)で横浜が開港され航路上の灯台が必要となり、観音崎に設置が決定されました。 


      .......日本初の洋式灯台「観音埼灯台」、映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台......
c0119160_14162932.jpgc0119160_14164540.jpgc0119160_14171461.jpg

c0119160_1417323.jpg




c0119160_14175327.jpg


フランス人設計師ヴェルニーにより建設され点灯開始して以来今日まで約150年間、浦賀水道を往来する船の安全を守るため照らし続けてきました。当時の光源は落花生油を燃料だったらしい。初代灯台は大正地震で亀裂、2代目は関東大震災で崩壊、現在は3代目(1925)となっています。


    .......(左)灯台光源レンズが展示 (右) 観音埼灯台を設計したヴェルニー......
c0119160_14282156.jpgc0119160_14284759.jpgc0119160_14283422.jpg


c0119160_1429210.gif


観音埼灯台最上部に登ってみると浦賀水道が一望です。ワ~(女性陣が一斉大歓声)、今度は潜水艦を発見!実際に航行する姿を見るのは初めてだ!小型漁船・大型貨物船まで1日で400~700隻の船が往来する世界有数の海上交通路、本当に過密海域だということが解ります。


    .......灯台から「浦賀水道」を眺望、潜水艦発見!クローズアップすると人の姿も見える!.....
c0119160_1441122.jpgc0119160_14501464.jpgc0119160_14413422.gif




c0119160_1442764.jpg


脳裏に浮かぶのが1988年「なだしお事故」(遊漁船が海上自衛隊潜水艦と衝突し沈没)や昨年の貨物船同士(パナマと韓国)の衝突。海幅最小 6.5km の狭水道で航行する船の数は多く、潮流も早いことから日本海域では有数の航海難所と言われ海難事故が起こりやすい所なのです。


       .......(左)観音崎自然散策路の木陰道を行く (右)砲台モニュメント(手作り木製)......
c0119160_14545658.jpgc0119160_14551299.jpg



c0119160_14553268.jpg


次は県立観音崎公園へと向かおう。途中には自然博物館や黒船砲台の木製モニュメントがあります。公園に到着すると何とゴジラの足跡が・・。アレ?初代ゴジラの本土上陸は品川・八ツ山橋だった筈だが・・。嘗て「たたら浜」に地元人気のコジラ滑り台があったが老朽化撤去で足跡を残したらしい。


  ......観音崎公園(たたら浜)でゴジラ足跡発見!今、ゴジラ滑り台は横須賀久里浜にある......
c0119160_1503137.jpgc0119160_1504843.jpg



c0119160_151108.jpg


1954年に初代ゴジラが世界に衝撃デビューし今年は60周年、米国でゴジラ復活映画がついに完成し日本では7月公開予定。それに先立ち1954初代映画(最高傑作)がデジタルリマスターで劇場リバイバル


 ......還暦を迎える「ゴジラ」、米国で記念映画が作られ、日本では1954映画がデジタル復元....
c0119160_1551848.jpg        
                               ■「GODZILLA」 公式サイトはコチラから

観音崎の磯海岸、観音埼灯台を十分満喫し、浦賀水道の軍艦・潜水艦を目にし、ゴジラ還暦に思いを馳せて、朝から充実のウォーキングスタートを切ったネ~。さて次は走水(hasirimizu)へ!


     .......(左)たたら浜で元気全快4人 (右)LNG(天然ガス)輸送船が登場!......
c0119160_16322714.jpgc0119160_16324529.jpg






c0119160_1633024.jpg




★「防衛大学」と「ヤマトタケル・古事記伝説」が同居する「走水」(hashirimizu)

観音崎を後にして海岸線を歩き進むと、迷彩服姿の若者達が訓練に励む姿が目に入ってきました。「防衛大学・走水訓練場」の施設名が門に表記されている。隣国脅威の国防強化が求められている現情勢で将来の日本を防衛する若者達がここで育っているのか!女性若手2人の瞳はキラキラ


       ......防衛大学「走水訓練場」、将来の日本国防を担う卵達が訓練中......
c0119160_16394529.jpgc0119160_16402286.jpgc0119160_16403744.jpg



c0119160_16405584.jpg


訓練所から歩くこと10分弱で「走水神社」へ到着!ここは古事記神話が大好きなRWが是非訪問したかったパワースポット。「日本武尊」(ヤマトタケル)東征の成功分岐となる事件がここで起きたのです。


  ......「ヤマトタケル」の妻「弟橘媛」(ototachibanahime)伝説に由緒深い「走水神社」訪問......
c0119160_1652165.jpgc0119160_16543833.jpgc0119160_1655258.jpg


c0119160_16563369.jpg


      .......(左)走水神社・御神木 (右)「弟橘媛」を称える和歌石碑(皇族親王の書)......
c0119160_1751576.jpgc0119160_1753957.jpgc0119160_1761678.jpgc0119160_1763732.jpg



c0119160_177220.jpg


日本武尊が走水の海に船で到着時、海が荒れ狂い前進が不可能になりました。海神の怒りを解くために「弟橘媛」(オトタチバナヒメ)は「夫の身に替わり海に入水するので皇子東征を護らせ給え!」と念じ身を投げたのです。すると波は鎮まり、ヤマトタケルは上総国(千葉)へ船を進められた神話舞台


   ......(左)日本武尊(ヤマトタケル)の遠征ルート (右)弟橘媛は入水し海神の怒りを鎮め夫を救う......
c0119160_17195816.jpgc0119160_1720159.jpg


c0119160_17202743.jpg




c0119160_17205282.jpg


      .......走水神社に参拝する人も古代神話の愛とロマンに思いを馳せる?......
c0119160_17325525.jpg
c0119160_1733994.jpg

さすが古事記神話に語られる歴史ある神社。走水三社(神明社・須賀社・諏訪社)が古代祭祀の祠社で鎮座している。三社は「伊勢神宮」「出雲大社」「諏訪大社」の別名ですが何か謎めいた雰囲気


    .......(左)走水三社(神明社・須賀社・諏訪社) (右)本殿内部にはヤマトタケル神話絵馬......
c0119160_17363983.jpg
c0119160_17365753.jpg

11時半、馬堀海岸に到着。南国風の街路樹が爽やかな風になびき海外リゾート地にいる感覚です。垢抜けて開放感あふれるビーチサイドでお待ちかねの昼食タイ~ム。RWはビール缶をプシュと開けて乾杯~!お弁当を広げると上空には鳶が狙って旋回周遊。あっち行け~と追い払いながらワイワイガヤガヤ


    ......(左)南国風でお洒落「馬堀海岸」散策路 (右)木道脇で昼食、猿島クローズアップ......
c0119160_17384378.jpgc0119160_1739453.jpgc0119160_17392757.jpgc0119160_17394888.jpg

c0119160_17401742.jpg


昼食後は浦賀駅(朝バス出発で集合の駅)へ戻り京急線で横須賀市内へと向かいました。横須中央駅で下車し、次は「龍本寺」&「横須賀中央公園」を訪ね高台から横須賀市内を一望するコースです。


★横須賀の高台から市内眺望、軍港の「三笠公園」へ向かう

横須賀中央駅を下車し、登り坂に沿った駅前商店街を暫く進み左手に曲がると閑静な住宅街に入って行きます。さらに奥へ進むと威厳ある古刹が出現!横須賀猿島の由来となった「龍本寺」だ。


     .......横須賀の鎮守「龍本寺」。龍の彫刻彫が見事!当寺も日蓮伝説が!......
c0119160_1753183.jpgc0119160_17532158.jpg

c0119160_1753574.jpg




c0119160_17542675.jpg


日蓮上人が布教のため房総半島から海上渡航で鎌倉を目指した際、船底に穴が開き沈みそうになり題目を唱えると命が救われ何とか猿島に漂着しました。そこに白い猿が現れ日蓮に陸地の方(現在の米ヶ浜)を指差したのです。日蓮はそこに草庵を結び現在の龍本寺となっています。


     ....... 猿島の名由来は日蓮伝説、本尊に見事な猿の彫物で再現されていた......
c0119160_180491.jpg
c0119160_1801797.jpg

猿島が間近に見える臨海部高台の横須賀中央公園へと向かいました。三浦半島の歴史も学べる自然・人文博物館があり、核兵器廃絶・平和都市宣言を記念した平和モニュメントもあります。この公園は何と旧日本軍の演習砲台跡に造られたとのこと。ここからは猿島越しに房総半島が眺望できる!


         .......(左)横須賀中央公園 (右)結構な距離を歩いた~!一休み......
c0119160_182546.jpgc0119160_1822412.jpg

c0119160_1824485.jpg


        ......中央公園から猿島を遠望、さて今度は横須賀市内散策へ向かう......
c0119160_187987.jpgc0119160_187262.jpg


c0119160_1875323.jpg


再び坂を下りて横須賀中央駅から軍港でもある「三笠公園」へと向います。その名前由来は日露戦争でバルチック艦隊(当時は世界最強)を打ち破った戦艦「三笠」!世界を驚愕させた「日本海海戦」のヒーローはご存知「東郷平八郎」!ここからは横須賀軍港の歴史が大いに味わえるコースを辿ります。


    .....本日メインイベント「三笠記念公園」へ!日露戦争の英雄「東郷平八郎」がお出迎え!......
c0119160_18113473.jpgc0119160_1811504.jpg

c0119160_1812429.jpg

c0119160_18121770.jpg




★横須賀沖の「猿島」に上陸、近代の軍事要塞の探索ウォーキング

       .......(左)戦艦「三笠」の巨大雄姿 (右)フェリーに乗船し、いざ猿島へ!......
c0119160_18254050.jpgc0119160_1826763.jpg


c0119160_18263181.jpg


いよいよ本日のメインイベント「猿島」探検!戦艦「三笠」脇の乗船場からフェリーで猿島へ上陸(RWは島に渡るのはこれで3回目)。散策開始すると早速女性陣の歓喜の声「スゴ~イ、大感動!」予想通りの反応にRWはニンマリ。ここは煉瓦積みの美しいトンネル等要塞(旧軍施設)の散策が楽しめるのだ!


    .......(左)フェリーで猿島上陸! (右)島内の旧・陸海軍要塞跡の探索いざ出発!......
c0119160_183422.jpgc0119160_18342079.jpgc0119160_18343421.gif


c0119160_1834544.jpg


猿島は幕末から太平洋戦争まで江戸・東京および横須賀を守る台場・要塞として利用されてきました。戦争が終わるまで一般人の立入りが禁止され続け、戦後も長い間国有地だったために観光開発の手が加わらず、豊かな自然とともに明治期の巨大構築物がしっかりと残されています。


      .......煉瓦積みトンネルや豊かな大自然散策ができる猿島探検は魅力的......
c0119160_19533682.jpgc0119160_19535928.jpgc0119160_19541798.jpg


c0119160_19544780.jpg


       .......(左)ルート散策には日蓮洞窟跡 (右)急傾斜な階段が連続する......
c0119160_2035964.jpg
c0119160_2041616.jpg

軍事要塞跡(弾薬保管庫・戦闘指令所)や煉瓦トンネル・砲台跡が残り、最奥部には日蓮が上陸した祠の岩礁地もあり、ワクワク気分が連続する1時間の島内散策を十分満喫し再び横須賀へ戻りました。


      .......(左)日蓮洞窟からの岩礁風景 (右)猿島浜から対岸の横須賀市内を望む......
c0119160_2081957.jpg
c0119160_2083675.jpg


さていよいよお待ちかね、戦艦「三笠」の見学!三笠は日露戦争(1904)で東郷平八郎率いる連合艦隊の旗艦。日本海海戦では敵の集中砲火に耐えて奮戦し当時世界最強と恐れられたバルチック艦隊を全滅させた日本海軍の伝説的軍艦であり、1926年保存公開されて既に90年近くが経ちます。


     .......連合艦隊旗艦を務めた名艦「三笠」に乗り込み砲弾モニュメント前にて......
c0119160_20422325.jpgc0119160_20424459.jpg


c0119160_2043621.jpg


明治時代の戦艦に乗れる機会は実に貴重体験なので早速見学してみよう。(入艦料500円)入口階段を上がると砲弾モニュメントが登場、甲板に上がるとさすがにドデカイ!高さ50mマストを見上げて艦首方面に向うと40口径主砲と30.5cm連装砲が船体前部と後部に装備されています。大迫力~!


          ......(左)甲板デッキも一大展示場 (右)三笠軍艦の甲板先頭部......
c0119160_20472956.jpgc0119160_20482383.jpgc0119160_20484143.jpg




c0119160_20485820.jpg


電信室や艦橋を見学し最前線に立てば完全に東郷元帥の気分、船内を順路に従って艦内へ入って行くと船員が過した部屋や長官公室・会議室も見学できます。バルチック艦隊を壊滅させた日本海海戦の再現映像もあり大変勉強になりました。若手女子は愛国心に燃える勇ましさで敬礼!(笑)


       .......威厳ある艦長室内部、東郷元帥の等身大の絵が飾られるた......
c0119160_20545735.jpg
c0119160_20551024.jpg

   .......東郷平八郎や海軍志士達のボードパネルをバックに集合写真、若手女子・敬礼!......
c0119160_20571896.jpgc0119160_20573842.jpgc0119160_20575149.jpg


c0119160_20581897.jpg




c0119160_20583432.jpg


1992年世界船舶基金(英国)から造船史上価値の高い船舶として認められ海事遺産賞を授与された名艦「三笠」を十分満喫することができました。次は記念公園を巡って米軍横須賀基地へ


  .......(左)戦艦頂上部から記念公園を見下ろす (右)米軍横須賀基地正門前のモニュメント......
c0119160_2155197.jpgc0119160_216548.jpg


c0119160_2162592.jpg


当然基地の中は覗けませんが、正門ゲートからは日本のプレートナンバーを付けた車が多く出入りすることにビックリ!また基地の前には横須賀名物の海軍カレー店が多くあり、街を歩けば防衛大生の姿も沢山。まさに横須賀市は米軍基地や防衛大学と一緒に生活を成り立たせていることがよく解ります。


      .......(左)防衛大学生が多い街 (右)横須賀は「海軍カレー」の店が沢山!......
c0119160_2110997.jpgc0119160_2110367.jpgc0119160_21104951.jpg




c0119160_21112518.jpg

c0119160_2111397.jpg



最後は「どぶ板通り」を通って帰路につきます。米軍基地文化が漂い最も街の泥臭さを残す商店街、名前は、戦前にこの通り道に流れるドブ川に海軍工廠から分厚い鉄板を貰って川蓋をした所に飲食店等が次々林立した由来にあります。今はコンクリートブロックにドブ板の模様が刻まれているだけ・・


     .......「どぶ板通り」には米軍兵士が寛げるアメリカンテイストな店が軒を連ねる......
c0119160_21162738.jpgc0119160_21163747.jpg

c0119160_21165324.jpg


かつてこのストリートは風俗喧騒・暴力など危なくて地元の人も近づけなかった場所でしたが、今は観光拠点の一つとして整備され、そんな雰囲気は一切ありません。米軍も若い兵士が騒ぎを起こして県民感情を害することを恐れており地元警察と一緒に米軍警察も繁華街を巡回しているらしい。


   .......何かハリウッド映画のロケ舞台みたい!パブでは米軍若者が盛り上がっていた......
c0119160_21201376.jpg
c0119160_21202445.jpg

今日は朝9時から夕方16時半まで相当の距離を歩きましたが、観光名所を盛り沢山に廻り充実の一日でした。最後は横浜西口の居酒屋で心地よく反省会をして解散!次回企画もお楽しみに~!


        .......猿島砂浜から見た対岸風景、今日満喫した横須賀の街!......
c0119160_21214293.jpg


                                                        おわり

  by rollingwest | 2014-05-01 00:00 | 神奈川県 | Comments(112)

<2013年師走>年の瀬は「秩父」三昧・・!(黒山三滝・紅葉ハイク&秩父夜祭り)

c0119160_1654085.jpg
c0119160_1732471.gif


2013年もあと残り僅か・・、歳を取ると時の経過が早く感じられます。今年1年間、拙ブログと交流頂いた皆様方にあらためて感謝申し上げます。年の瀬は「秩父三昧」(①中高同級生との紅葉ハイクや忘年会,②カミさん・大学時代旧友と秩父夜祭を満喫)、本編コーナーは当記事にて今年最後の締めとします。
                 


c0119160_16542351.gif


★(2013.11.23):「黒山三滝」紅葉ハイク&中高同級生との忘年会


昨年秋の「昇仙峡」紅葉ハイクで山に嵌ってしまったN-minto女史から今年も同級会ハイキング開催を切望され、秩父の紅葉ハイクを6名(N-minto女史&娘さん・セキさん・ryokoさん・H井真吾)にて企画したが、H井真吾・ryokoさんが持病・手術の足腰痛で残念リタイア、セキさんも親戚ご不幸で急遽欠席の連絡・・・


    .......(左)東武線「越生(ogoae)」の駅前には多数のハイカー (右)黒山三滝への入口.......
c0119160_170897.jpg
c0119160_1702318.jpg

開催延期を通知(変にカミサンに誤解されると困るので・・苦笑)したものの、N-minto女史からは「娘も楽しみにしているし快晴に恵まれて紅葉真っ盛り、是非お願い!」と懇願され結局3人で出かけることに・・。朝9時過ぎに東武線「越生駅」で現地集合し、バスに乗り換えて黒山三滝ハイキングの登山ゲートへ


    ......清々しい朝の空気の中で登山開始。三滝川沿いには茶屋・釣堀り処が点在.......
c0119160_1763146.jpgc0119160_177471.jpg
c0119160_1771433.jpg

            ......天狗滝に向かう渓谷(黒山三滝の1番目)の入口.......
c0119160_17151699.jpg
c0119160_17152921.jpg

 
今回設定コースは、黒山三滝の渓谷道を歩き、花立松ノ峠経由で関八州見晴台のパノラマ絶景を満喫、高山不動を参拝し西武線吾野駅へ下るルート。朝の渓谷道には清々しい空気が流れて気持がいい・・
c0119160_20384788.jpg


  .......「天狗滝」渓谷でN-minto女史・娘さんと3shot(←家族登山と誤認されたと思う).......
c0119160_17182878.jpgc0119160_17185629.jpgc0119160_1944536.gif

c0119160_17191887.jpg

 
黒山三滝とは荒川水系源流部の三滝川にかかる男滝(落差10m)・女滝(5m)と、支流の天狗滝(20m)の3つの滝の総称です。渓谷のスケールは天狗滝に軍配がありますが、水量・ビューロケーションでは男滝・女滝の方が優れており豪快さが味わえます。マイナスイオン溢れるこの場所はストレス解消には最適です。


    .......ここがメインSPOTの「男滝&女滝」、目の前のアーチ橋から夫婦の滝を望むRW.......
c0119160_17361798.jpgc0119160_1736369.jpgc0119160_17364818.jpg


c0119160_1945037.gif


c0119160_1737627.jpg


 .....豪快な男滝をバックに.ピ-スサインのN-minto母娘(姉妹に見えると茶化すと娘さんが不満顔)・笑....
c0119160_17451637.jpgc0119160_17495954.jpg








c0119160_1746411.jpg


娘さんは今年山ガールデビューらしいが、会社先輩に連れられ何ともう5~6回以上登っているとのこと。「どこに登った?」と尋ねたら「全くわかりませ~ン」との返事でズッコケましたが、よく聞くと最近は「爺ケ岳」に登っている!エッ、北アルプス後立山連峰ではないか・・と目がテン!全然意識してないのも凄い(笑)


   .......(左)木漏れ日の杉木立の山道を歩くお二人さん (右)枝垂れのような鮮やか紅葉.......
c0119160_182314.jpgc0119160_1822299.jpg

c0119160_1824373.jpg












c0119160_183188.jpgc0119160_1831563.jpg

      .......(左)今日は雲一つない大快晴 (右)小春日和でススキの穂も鮮やかに輝く......
c0119160_18133024.jpgc0119160_18135098.jpg


c0119160_18141259.jpg


今日は一点の雲もない好天の青空!色づきが遅かった今年の紅葉でしたが最高の日となりました。三滝の上から山道や林道を登り進め(花立松ノ峠から関八州見晴台への分岐点がやや判りにくかった・・)、出発から2時間半(昼過ぎに)最大メイン展望地(関八州見晴台)へ到着することができました。


   .......(左)いよいよ「関八州見晴台」へと登り行く (中)遥か彼方に新宿高層ビル群も見える!......
c0119160_18181877.jpgc0119160_18195045.jpg
c0119160_1820539.jpg

      .......(下)展望広場からは関東平野が一望! (右上)昼食前に集合写真パチリ.......
c0119160_18232477.jpg
               
展望台は正に名前の通り関東平野(新宿高層ビル群やスカツリー等)が一望!冠雪富士、秩父の武甲山・両神山、日光連山も見えるぞ!疑似親子を演じながら、パノラマ満喫の昼食タイムを楽しみました。(笑)
 

 ......(左)奥秩父連山から冠雪の「霊峰富士」 (右)ピラミダルな「武甲山」、右遥かには「両神山」.......
c0119160_18235099.jpgc0119160_1824665.jpg

   .......(左)仲睦まじき初老夫婦も秋を満喫 (右)まるで墨絵の様な重畳たる山並風景.......
c0119160_18253836.jpg
c0119160_18255067.jpg


大展望と昼食(2人はさらにスイーツタイム)を十分満喫した後は、高山不動尊に立ち寄って西武秩父・吾野方面への下山ルートを取りました。高山不動は成田(千葉)高幡(東京)と並ぶ関東三大不動の一つ


    .......輝く紅葉・木漏れ日の中、高山不動尊方面へと「関東ふれあいの道」を下り行く.......
c0119160_18331316.jpgc0119160_1833379.jpg











c0119160_18335953.jpg


   .......威厳ある立派な高山不動尊の本堂が出現!真っ赤な紅葉と屋根が見事にマッチ!.......
c0119160_19494291.jpgc0119160_19495859.jpg




c0119160_19501996.jpg


高山不動に14時頃到着、さすが関東三大不動と称されるだけあり立派な本堂が出現!幕末に再建された由緒ある寺(国指定有形重要文化財)は、かつて山伏修験道場として大いに栄えていたらしい。


    .......(左)本堂の太い梁を見上げるN-minto女史 (右)梁屋根の木彫り彫刻が見事.......
c0119160_19584792.jpgc0119160_19591315.jpg









c0119160_19592719.jpg


本堂天井を見上げるとワイルドに組まれた太い梁が興味深い。真赤なトタン屋根は紅葉とコラボして独特の風情が醸し出されています。お堂の前には樹齢800年の大銀杏、正にパワースポット!帰りは秩父の山間道を下り吾野駅へ・・。娘さんは干し柿風景に、N-minto女史は100円柚子(無人販売)に大喜び


  .......(左)大銀杏の下で語らう母娘 (右)本堂から下に降り、木立越しに見上げた高山不動尊.......
c0119160_2033228.jpgc0119160_2035145.jpg









c0119160_2041539.jpg


       ......雰囲気ある杉木立の道を下り行く、出発からもう5時間近くは歩いている.......
c0119160_20102188.jpgc0119160_20103676.jpg






c0119160_2011094.jpg


  .......(左)秩父山間に佇む民家(結構空き家が目立つ) (右)西武線・吾野駅も多くのハイカ-が・・......
c0119160_2018451.jpg
c0119160_20182454.jpg

朝から歩くこと5時間半、吾野駅に15:30漸く西武線・吾野駅に到着しました。結構歩いたネ~!レッドアロー号に乗って池袋駅へ。そして今回参加できなかったH井真吾・Ryokoさんも集合して居酒屋で忘年懇親会、2次会はカラオケで歌いまくりとパワー全開の締めとなりました。次回こそは全員で登りましょう!


    .......ハイキングに参加できなかったお二方も池袋に集合、居酒屋懇親会&2次会はカラオケ......
c0119160_202108.jpgc0119160_20211427.gifc0119160_2021358.jpg

c0119160_20215817.jpg





★(2013.12.3):本年最後の逍遥イベントは、日本三大曳山祭「秩父夜祭り」を初体験!


今年最後のRW逍遥イベントはまたも秩父三昧でした。上記の秩父ハイキングをした10日後(12/3)に、カミサンと大学旧友の3人と連れ立って「日本三大曳山祭り」の一つ「秩父夜祭り」に出かけてきました。いつか見てみたいと久しく憧れていた豪華な夜祭をついに初体験して本当に感動的な夜でありました~!


    .......「秩父夜祭り」は京都祇園・飛騨高山と並ぶ「日本三大曳山祭り」、まさに豪華絢爛!.......
c0119160_21455875.gifc0119160_21461657.jpg




c0119160_21463956.jpg

             
本企画は初夏の鎌倉紫陽花ハイキングのメンバー(大学サークル同期)に声をかけ4人で行く予定でしたが、モッチャンが土壇場になって発熱を起こし泣く泣く断念。でも彼女は皆の特急指定券を購入していたためチケットを受け渡しのためにわざわざ渋谷まで出てきてくれました。体調不良にも関わらず申し訳なし・・


    ......(左)カミサンも連れ出し、ワカボン(大学同窓)と3人で (右)西武秩父駅前から仰ぐ武甲山......
c0119160_2152485.jpgc0119160_2153461.jpg

c0119160_21533191.jpg

    
  ....(左)西武秩父駅前に聳える大木杉(紅葉する杉もあるんだ!) (右)仲見世通りは大賑わい......
c0119160_21563362.jpgc0119160_21565132.gif


c0119160_21571342.jpg


最近はウォーキングイベントには殆ど付き合ってくれないカミサン(昔は積極的な山ガールだったのに・・)も珍しく参加意思を表明、東松山市出身の彼女も実は秩父夜祭りはまだ見たことがなく昔から憧れていたとのこと。3人は西武池袋駅に15:40頃に到着しましたが物凄い人出!やはり超有名な祭りですネ~!


   .......(左)聖人通りは大きな建物がなく空が広い (右)立ち並ぶ露天テント後方には巨大ゴリラ.......
c0119160_2213640.jpgc0119160_2215112.jpg


c0119160_222747.jpg


   .......(左)カルチャー館前の休処広場は大賑わい (右)子供歌舞伎の囃子太鼓が小気味よく・・.......
c0119160_2255320.jpg
c0119160_2261739.jpg


当日は比較的暖かく天候に恵まれましたが通常は相当冷えるので使い捨てカイロを持参した方がお薦め。駅裏から聖人通り経由で上町・繁華街のカルチャー館前へ。16:30頃には「子供歌舞伎」の舞台前は多くの人が開演を待ち構えていました。広場に配置された御休みテーブル席を確保してビールで乾杯~!


       ......ビールケース椅子に座ってワカボンとビールで乾杯!そして次は焼酎お湯割りに・・.......
c0119160_2275783.jpgc0119160_7512135.jpgc0119160_738212.gif





c0119160_2274418.jpg


     .......(左)子供歌舞伎も見事な演技! (右)カミサンとワカボンもダウンジャケで防寒対策バッチリ.......
c0119160_22105255.jpgc0119160_2211930.jpg

c0119160_22114092.jpg

     
大人顔負けの子供歌舞伎を楽しんだ後は秩父神社へ。秩父夜祭りは秩父神社の例大祭(2日宵宮・3日本祭)、提灯で飾り付けられた屋台・笠鉾の曳き回しや冬の花火大会がコラボすることで有名です。


   .......秩父夜祭りは秩父神社の例大祭、神社創建の歴史は古く第10代崇神天皇時代とのこと.......
c0119160_204562.jpgc0119160_20452586.gifc0119160_20454171.jpg




c0119160_2046742.jpg


秩父神社の例祭は、知知夫彦大神と武甲山信仰が起源と謂われます。当地方は、崇神天皇時代に「知知夫彦命」が初代国造に任じられ養蚕と機織りを秩父地方に教示し広めたとのこと。江戸中期、秩父神社に立った絹織物の市、「絹大市」の経済的な発展と共に、盛大に行われるようになりました。


         .......秩父神社に集結していた屋台、これから市内の曳き回しが始まる.......
c0119160_20564445.jpgc0119160_2057963.gif
c0119160_20573280.jpg


c0119160_20575285.jpg


何故、秩父山奥に京都・祇園祭の様な華やかな祭りが・・?秩父には高麗の地名があり、平安京の造営に力を尽くした渡来人「秦氏」(鋳造・養蚕・機織など技術集団だった)の痕跡が多く見られます。


   ......華やかなイルミネーションの笠鉾・屋台。オーリャオーリャのかけ声とともに秩父市街を練り廻る.......
c0119160_21101780.jpgc0119160_21103812.gif


c0119160_21111637.jpg


日本初の通貨「和同開珎」は武蔵国秩父郡から献上された和銅から鋳造されたものであり、渡来人文化の繋がりから秩父山奥には京都祇園祭と似た優雅な祭りが存在しているのではないでしょうか。


     .......秩父夜祭りは、養蚕や機織りで発展した秩父の大行事として江戸時代から続く....
c0119160_2119119.jpgc0119160_21192062.gif

c0119160_21194234.jpg



c0119160_2120176.jpg


    .......(左)本町近くの蕎麦屋に入り再び乾杯! (右)夕食後はいよいよ屋台巡行の見物へ.......
c0119160_213894.jpg
c0119160_2135275.gif

夕刻から6基の笠鉾・屋台が出され、秩父神社への宮参りした後、本町・中町・上町通りの曳き回しが行われ、18:30頃には秩父神社から1kmほど離れた御旅所に向けて御神幸行列が出発します。


       ......交差点に入った屋台は、2本のテコ棒で90度に方向転換!実に壮観でした.......
c0119160_2142676.jpg
c0119160_21421786.jpg

     .......(左)脇道に入れば猿回し演芸が! (右)昔懐かしい射的に夢中で興じる男の子.......
c0119160_214448.jpg
c0119160_21442056.jpg


迫力ある華やかな笠鉾と屋台で秩父の街は大賑わい。脇道では猿回し、立ち並ぶ露天には射的の縁日風景・・、久しぶりに見たね~。散策途中でいよいよ秩父祭りの名物「冬花火」が上がり始めた!


        .......秩父夜祭のハイライトはやはり冬の花火、澄んだ空気に大輪の花が咲く!.......
c0119160_21501750.jpg
c0119160_21503353.jpg

屋台の団子坂への曳き上げや御旅所に整列する壮観な光景が繰り広げられる頃が祭りの最高潮となります。豪華なイルミネーションの屋台&華麗な冬花火のコラボ・・、こんな冬祭風景は日本で唯一かも・・

           .......冬花火のスターマインが何発も打ち上がり夜祭りはクライマックスへ!.......
c0119160_2153978.jpg
c0119160_21532659.jpg

     ......(左)有料桟敷「御旅所」(右)西武秩父駅前広場も絶好の観覧場所で大混雑状態.......
c0119160_21554672.jpg
c0119160_2156530.jpg

花火を最後まで楽しみかったものの、21時過ぎ以降の特急レッドアロー号(全席指定)は1ケ月前から予約満杯であり、モッチャンに確保してもらった20:46秩父発で池袋へ帰りました。それにしてもこの10日間で特急レッドアロー号に2回も乗ってしまい、まさに秩父三昧の年の瀬。錦秋満喫も含めを十分に堪能~


  .......(左)駅前の大木杉から見る枝垂れ花火も素晴しい! (右)レッドアロー号の予約はお早めに.......
c0119160_21582875.jpgc0119160_21584951.jpg






c0119160_21591035.jpg
c0119160_227192.jpg

さて皆様への年末最後ご挨拶は12/28洋楽コーナーのお知らせ欄であらためてさせて頂きますが、本編の逍遥記事は今回の秩父レポートで今年最後となります。そういや昨年のラストレポートも秩父だった・・


                             昨年末の「秩父探訪&観音三十四ケ所巡り」レポート

c0119160_22141426.jpgc0119160_22142558.jpg
c0119160_22144173.jpg

12/28洋楽コーナー公開で今年最後の御挨拶とさせて頂きます。また2014年新年記事(毎年恒例の富士山風景&年間記事計画)は年始早々に再開予定。クリスマス・忘年会、年賀状・年末大掃除・帰省準備と多忙な年の瀬を迎えますがお風邪など召されぬように・・。それでは皆様よいお年を~!(^O^)/ 



                                                         おわり

  by rollingwest | 2013-12-20 00:49 | 秩父探訪 | Comments(90)