タグ:同級会・OB会 ( 24 ) タグの人気記事

 

<2013年6月29日>鎌倉・湘南探訪(その6):大学仲間との鎌倉紫陽花ハイキング

★大学サークル仲間と、紫陽花シーズンの鎌倉歩き


昨年2月に「都電荒川線ぶらり旅」をしたメンバー(大学サークル仲間)で「紫陽花シーズンの鎌倉歩き」を楽しんできました。昨年メンバー(しむけん様・ワカボン・モッチャン)にガバチョ様・ナベチャンを加え、6名の中年軍団は源氏山ハイキングコースや街歩きを、朝9時から16時までタップリと7時間かけて2万3千歩のウォーキング!

                            「都電荒川線ぶらり旅」飛鳥山・巣鴨編はコチラから


    ........朝9時過ぎ、北鎌倉駅に集合!雨の天気予報だったが嬉しい誤算で快晴だ!.......
c0119160_175217.jpgc0119160_17521417.jpg

c0119160_17522676.jpg


当初の天気予報は雨(雷も懸念)、雨具をシッカリ揃えろと指示したものの予報は全く大外れ(嬉しい誤算~!)。もう一つの誤算は、集合時刻を当初より早めた幹事(紫陽花季節での大混雑予想から)自身が不覚にも目当ての電車に乗り遅れ数分遅刻・・。朝から白い目で睨まれ苦渋のスタート(平身低頭)


    .......「鎌倉の紫陽花」と言えば、まずはメジャーな明月院から・・。木橋や鐘楼も見応えあり.......
c0119160_17542740.jpgc0119160_17543956.gif

c0119160_1755012.jpg
c0119160_17551213.jpg


鎌倉紫陽花の最大名所の一つ「明月院」(紫陽花寺)からまず訪ねてみよう。このお寺の花階段を登る光景は有名、水色の紫陽花は明月院ブルーとも呼ばれ約2500株を誇る古刹はやはり素晴らしい!
鎌倉は山合い地形なので土砂崩れを防ぐ目的に多くの紫陽花を植え、張り巡らせた根で地盤を強化


 
  .......(左)「明月院」の定番アングル、階段からの紫陽花風景 (下)開山堂 (右)方丈書院造の〇窓......
c0119160_180965.jpgc0119160_1805141.jpgc0119160_1811027.jpg










c0119160_1815055.jpg

  
花の盛りはもう終わりかと懸念したが満開!こちらも嬉しい誤算、紫陽花寿命って結構長いんダネ~
次の訪問は縁切寺として有名な「東慶寺」、江戸時代では女性からの離縁はご法度(今とは大違い)で女性の駆け込み寺でした。我々の腐れ縁仲間はこの寺に駆け込んでも中々切れそうにはない・・

c0119160_18111927.jpg
c0119160_18102100.jpg

      .......縁切寺・駆け込み寺とも呼ばれた「東慶寺」、北条時宗夫人が開山した尼寺.......
c0119160_1894485.jpgc0119160_18104520.jpg






c0119160_18113842.jpg


「浄智寺」(鎌倉五山・第4位)は南宋時代の中国風・山門が立派な名刹ですが、外観の俯瞰に留め(実は拝観料の節約)、浄智寺脇の北鎌倉ハイキングコースへと入って行きます。(葛原岡神社へと歩く)


   .......(左)「浄智寺」(鎌倉五山)の石階段 (右)中国風山門と紫陽花のコラボがいいですナ~.......
c0119160_19341690.jpgc0119160_19343999.jpgc0119160_19345636.jpg



c0119160_19351881.jpg





★葛原岡ハイキングコース(源氏山公園経由)から「海蔵寺」へ


山道を歩き抜き11時前、葛原岡神社に到着!ここは鎌倉倒幕を企てた日野俊基(後醍醐天皇の側近)を祀った神社。鎌倉末期に活躍し天皇を支えた俊基は、正中の変・元弘の変で鎌倉幕府に捕えられて、志半ばで処刑されました。神社参道脇には最期を遂げた場所に辞世の句碑が立っています。


  ......(左)「葛原岡ハイキングコース」を歩き「葛原岡神社」ヘ到着 (右)今回歩いた全コースのルート地図.....
c0119160_19531931.jpgc0119160_19535271.jpgc0119160_1954734.jpg









c0119160_19544368.jpgc0119160_1955197.jpg





c0119160_1955209.jpg


しかし神社には明るい雰囲気が漂っており、俊基の悲劇は全く感じさせません。「縁結びの神社」PR作戦で工夫し、近年女性の憧れSPOTになっているらしい。縁結び・・若い女性を惹き付けるキーワード


  ......(左)ピカピカ赤祠には稲荷様が祀られる (右)葛原岡神社の男女縁結び石、エロッぽさはない.....
c0119160_2014550.jpg
c0119160_20134693.jpg


神社から暫く歩くと源氏山公園に到着。ここに源頼朝の像があり鎌倉の街を睥睨するように座しています。平家追討の時、源氏の戦勝を山頂で祈願した場所で、白旗山・旗立山とも呼ばれたとのこと。


  ......(左)有名な源氏山公園の「源頼朝像」 (右)難所「化粧坂」(kewaizaka)をロープ添いに下る.....
c0119160_2048876.jpgc0119160_20333625.jpgc0119160_20335521.jpgc0119160_20345434.jpg
c0119160_20344043.jpg



c0119160_20351449.jpg


ここから鎌倉で有名な難所坂である「化粧坂」(ハイキングの覚悟で来れば全く大したことはないが・・)をロープを使いながら平地・住宅街へと下って行き、水の寺と呼ばれる名刹「海蔵寺」を訪ねてみました。


  ........(左)民家の塀を走り渡るリス(鎌倉に多く生息) (右)「海蔵寺」の境内は明るく上品が漂う......
c0119160_2105860.jpgc0119160_2114089.jpgc0119160_212267.jpg






c0119160_2122093.jpg


海蔵寺は落着いた雰囲気に包まれた真言宗の寺跡で、1394年に足利幕府の命で上杉氏定が再建。境内に入って左が仏殿(薬師如来本尊が祀らる)、正面の本堂には十一面観音が祀られています。濃厚な緑色の苔に包まれた「やぐら」(鎌倉独特の横穴墓墳)の中から見る額縁の庭風景が抜群!


  ........(左)海蔵寺のやぐらを覗いてみるナベチャン (下)やぐらから庭園撮影 (右)白ユリが一輪.......
c0119160_21115133.jpgc0119160_21121280.jpg





c0119160_21124462.jpg

    
       .......薬師堂には本尊・薬師如来坐像、両脇には日光・月光菩薩像が鎮座.......
c0119160_21182862.jpg
c0119160_21184458.jpg


次は海蔵寺の裏手を通り「十六井」を訪問、やぐら洞窟の中には多くの丸井戸があり、透明度の高い水の世界が広がっている!掘られた16の井穴(16菩薩)からは何百年経った今も水が湧き出づる。


    .......海蔵寺を見学した後は、十六井へと向かう。境内裏手の紫陽花の小道を通過.......
c0119160_21205685.jpg
c0119160_2121760.jpg


   ......(左)切通しの道を通っていく (右)これが「十六井」、岩窟の中に沢山の湧水井戸が!.......
c0119160_21233135.jpgc0119160_21234796.jpg


c0119160_21241682.jpg






★鎌倉隋一の金運神社「銭洗弁天」~霊験あらたかな「佐助稲荷」


さて昼になったので海蔵寺近くの広場でシートを広げ持参したビールや弁当でワイワイとランチタイム!北鎌倉を出発したのは5人でしたが、ガバチョ様(モッチャンの旦那)が東京から湘南新宿線・鎌倉駅経由でタクシーにて途中から合流。ガバチョ様はモッチャン命令の下、家事を済ませてからの駆け付け。頭が下がりマス


   .......(左)昼食タイム、ガバチョ様も合流し6人フルメンバーが揃う (右)やぐら利用の穴倉駐車場.......
c0119160_2134292.jpgc0119160_21343045.jpgc0119160_21344975.jpg




c0119160_2135927.gif

 
さて腹ごしらえ後は再び源氏山へと登り返し、金運ご利益で有名な「銭洗弁天」を訪ねて見ることにしました。難所と呼ばれる化粧坂を往復する鎌倉ハイカーも珍しいのかも・・。まあ馴れればヘッチャラだネ・・


  ........(左)再び化粧坂を登り返し銭洗弁天へ (右)「銭洗弁天」へ到着、正式名は宇賀福神社.......
c0119160_5512140.jpgc0119160_5533321.jpgc0119160_5534978.jpg




c0119160_554851.jpg

 
13時、「銭洗弁天」に到着!洞窟社の中でお札を洗って御守りにしておくと金運に恵まれると云われ源氏山周辺では屈指の観光SPOT。「紅洗い善天」と何度も言い間違え、口が旨く回らんナア・・(苦笑)


    ........銭洗弁天の鳥居から洞窟へ(新婚時代にカミさんと訪れて以来、四半世紀ぶり).......
c0119160_642949.jpgc0119160_65892.jpg

c0119160_652936.jpg

 
   ........(左)鳥居のトンネルを潜り行くワカボン様 (右)銭洗弁天の境内は大賑わい!大人気・・.......
c0119160_671155.jpg
c0119160_673071.jpg

洞窟・鳥居道を抜けると、視界が一挙に開けて銭洗弁天の境内が出現!晴天に誘われて人出の数が凄いね~!「上ノ水神宮」を参拝した後は、お金を増すための銭洗い儀式(現世利益)へと入ろう。


   ........(左)駄菓子店・お土産店が立ち並びレトロな雰囲気 (右)弁天の「上ノ水神宮」を参拝.......
c0119160_6504194.jpg
c0119160_6505762.jpg

  
   ........洞窟内の納札所には柄杓と笊が置いてあり、お札を洗うと金運に恵まれる言い伝え......
c0119160_6524277.jpgc0119160_6525524.jpg






c0119160_6531786.jpg

 
洞窟の中は不思議なオーラが漂っておりご利益がありそうな気もする。昔しむけん様は、奥方が弁天で洗ったお札を干してあったのに無断使用してマジに怒られたらしい。罪償い・リベンジで多分、沢山のお札を綿密に洗ったと思われる。小生は心清らかに千円札を1枚だけささやかに洗った。(ホントカイナ?)


     .......(左)「下ノ水神宮」の拝殿 (右)mini滝が注ぐ清流池には鯉が沢山泳いでいた.......
c0119160_71128.jpg
c0119160_711757.jpg


        ........(左)下ノ水神宮前にて集合写真 (右)久々の銭洗弁天を十分に満喫.......
c0119160_733375.jpg
c0119160_735734.jpg


「下の水神宮」も参拝して中年軍団は鳥居の前で集合写真。さすが鎌倉屈指の人気SPOT、実に楽しかったね~!次は、佐助の小さな谷にある「佐助稲荷神社」へと向かいました。ここも実に見応えあり


   .......(左)13:30「佐助稲荷」へ、紫陽花を尻目に赤鳥居を潜り行く (右)立派な狐塚.があった......
c0119160_76587.jpgc0119160_75118.jpg
c0119160_752660.jpg


源頼朝の夢枕に稲荷神が翁姿で現れ、平家打倒の挙兵を「今で゙ショ!」と勧めた由緒ある神社です。住宅街の路地を抜ければ100本以上の朱塗り鳥居が現れ、本殿へと誘ってくれます。祭神は銭洗い弁天と同じ「宇迦御魂命」(宇賀神様)。そういえばサークル後輩に由緒ある同じ名字の女性がいました。


       ........(左)狐塚頂上部には舞い跳ぶ緑の狐 (右)白狐の置物が立ち並ぶ.......
c0119160_21204492.jpg
c0119160_2121160.jpg

    
    ........(左)佐助稲荷の本殿へ長い石段を登り行く (右)本殿にも狐の大軍団が鎮座.......
c0119160_21233220.jpgc0119160_21241974.jpg




c0119160_21245734.jpg





★「扇ガ谷」大豪邸エリアから「寿福寺」(政子・実朝の墓)へ


扇ガ谷を散策中に、地元の薀蓄を語りたがるオジーチャンが我々に近づき声をかけてきました。「この坂の上に旺文社・創業者の故・赤尾社長の旧大豪邸跡があるから案内してあげよう。」と・・。快くお願いしてオジーチャンの後を付いていきます。「赤尾の豆単」で有名な赤尾様はTV朝日の創業者でもあった。


    .......故・赤尾社長の旧邸宅跡地、目の前には建設頓挫した美術館(社長コレクション品を展示)......
c0119160_21315534.jpg
c0119160_21321324.jpg


赤尾社長は生前、自宅前に巨大な美術館を建設中でしたが社長死去で計画は頓挫、広大な施設は野晒しとなっていました。現在所有者「センチュリー文化財団」は鎌倉市に寄付を申し出て世界遺産指定後に情報発信の拠点施設にと目論んだようですが、遺産登録は叶わず・・。今度どうなることやら・・


  .......(左)鎌倉栄光教会 (右)扇ガ谷の大豪邸(オジーチャンによると昔・浜口雄幸邸だったらしい).......
c0119160_21352475.jpgc0119160_21354595.jpg

c0119160_21361973.jpg


鎌倉世界遺産指定の難航理由をジーチャンに聞くと戦火・地震・津波で国宝級史蹟は殆ど残っていないからだとのこと。豪邸見学後に「寿福寺」に行こうとしたら、またも世話好きジーチャンは「私が案内してあげよう」と先導し始めた。断るに訳にもいかず好意に甘えたが、ジーチャンの蘊蓄語りは益々絶好調~!


 ......鎌倉五山第3位「寿福寺」(源氏家の父祖伝来地)へ、鎌倉のお寺としては珍しく長い参道だ......
c0119160_21445336.jpgc0119160_21454598.jpgc0119160_21461363.jpg

c0119160_21465333.jpg





c0119160_21585867.jpg


鎌倉ガイド通を自称するジーチャンは御年75歳、実に矍鑠として元気過ぎる・・。次は北条政子・源実朝の墓を案内してくれるらしい。ハイ・・アリガトウゴザイマス。コチラが聞いてもないのに次から次へ新たな蘊蓄を語り始め、喋り捲りで遂には鶯鳴きの真似まで始めた。ホー・ホケキョ、ケキョケキョケキョ・・、生き甲斐ナンデスネ


  ........(左)切通しの先は生活道入口 (右)寿福寺裏山の墓所群へ(いつも若々しいナベチャン).......
c0119160_2203964.jpg
c0119160_2211254.jpg

     
先述しましたが、鎌倉には「やぐら」という岩山を削った横穴墳墓(鎌倉は土地が狭いので岩窟祠を墓代わり)が多く点在しています。「やぐら」に入ることができたのは僧侶・武士など身分の高い人達だけ


    .......鎌倉時代のやぐらには高貴なお方の墓所が・・(左)北条政子&源実朝の墓所(右).......
c0119160_2234628.jpg
c0119160_2235812.jpg

 
  .......鎌倉語り部のジーチャン先導で、英勝寺の前を通りJR横須賀線沿いに薬王寺へと向かう.......
c0119160_2274012.jpg
c0119160_228217.jpg


蘊蓄ジーチャンはさらに「元・日ハム監督の大沢親分(喝!で有名)の墓がここから20分先の薬王寺にあるが案内してあげよう」。小生は「OK!」と返事。他のメンバーは「もう十分歩いたし、RWのブログネタに付き合わせるだけだろ?」っていう顔(ハイ、その通り)をしていましたが、まだ日が高いので行きましょう!


  .......(左)薬王寺山門 (右)ベランメエだった大沢親分の墓、供物はモルツビール(野球チーム名にも).......
c0119160_22112579.jpgc0119160_2212013.jpgc0119160_22122416.jpg





c0119160_22124080.jpg

 




★「鎌倉小町通り」を散策~居酒屋で「反省会」

薬王寺からは小川沿いに鎌倉駅方面に歩いていきます。蘊蓄ジーチャンの地元愛着の語りはさらにハイテンションとなり、途中で「川喜多映画記念館」(欧州映画輸入と日本映画の海外への輸出に尽力した川喜多長政氏の自宅跡に作られた記念館)まで案内してくれました。もう15時を過ぎ、だいぶ疲れが・・


   .......川喜多映画記念館のチラシ「東宝映画のスターたち」を見ながら若き日の俳優の名前当て......
c0119160_602729.jpgc0119160_604792.jpg

c0119160_61667.jpg


小町通りに入ると圧倒的に若者が増えてストリートは大賑わい!原宿・吉祥寺・巣鴨を足して3で割った様なお洒落で活気溢れる街。鎌倉は世界遺産にならずとも人気は凄い。指定されない方がいいかも


    .......「小町通り」は大賑わい!活気に溢れ芋の子洗い、改めて鎌倉人気の高さを実感.......
c0119160_652293.jpgc0119160_654246.jpg






c0119160_66554.jpg

c0119160_6375149.jpgc0119160_6382167.jpg

c0119160_6384713.jpg


蘊蓄ジーチャンは小町通りまでお付き合い頂き、別れ際にお薦め居酒屋まで教えてくれました。3時間も中年軍団のご案内を頂き感謝・・。この方はWナベさんと仰っていたが見知らぬ人に鎌倉の魅力を教える名物ジーチャンかも・・(健康維持の秘訣カナ)。最後は今日の7時間ウォーキングの疲れを癒し乾杯~!


    ........最後は小町通りの居酒屋で16時前から反省会。乾杯~!お疲れさんでした~!.......
c0119160_6511265.jpgc0119160_6515618.gifc0119160_6512765.jpgc0119160_6522386.jpg



c0119160_65241100.gif


c0119160_6525790.jpg


c0119160_6531397.gif


酒宴は進み大笑いの連続。メンバー話題は相も変わらず学生時代の逸話が中心(進歩しないネ~!) 今日は天気に恵まれ鎌倉の魅力を十分満喫して本当に充実した一日でした!今度は都電荒川線や葛飾柴又の歩きをしようと次回企画に思いを馳せて解散。腐れ縁は永遠に切れそうにもない。(笑)


     ........19時頃にはお開き、心地よい疲れを感じて鎌倉駅の夕暮れ風景を後にする.......
c0119160_2122368.jpgc0119160_21234138.jpgc0119160_21235100.gif






c0119160_21235633.jpg




                     「都電荒川線のぶらり旅」鬼子母神・雑司ケ谷・早稲田はコチラから



                                                        おわり

  by rollingwest | 2013-07-06 00:00 | 鎌倉・湘南探訪 | Comments(72)

<2013年3月23日>東京・多摩川上流:散策レポート(羽村・福生・青梅)

★中学同級生と羽村取水堰の桜を満喫


           .......今年のお花見は羽村(多摩川上流)の堰堤桜を楽しむ......
c0119160_1758140.jpgc0119160_17581359.gifc0119160_1843614.jpg

c0119160_20344051.gifc0119160_20344051.gifc0119160_20344051.gifc0119160_20345938.gifc0119160_203539.gifc0119160_203539.gifc0119160_203539.gifc0119160_203539.gifc0119160_203539.gif

c0119160_17582540.jpg


今年の桜は東京では3月16日開花宣言!厳しい冬にもかかわらず3月上旬の暖かさで過去最速(2002年とタイ)の春到来となりました。お花見イベントを事前に企画していた自治体や旅行会社等は大慌てだったのでは・・。今年は中学時代同級生と多摩川上流部(羽村・青梅)で花見を楽しみました。


   .......中学同級生と羽村桜道にて。男性陣が急遽欠席で1:3。三方・背景も華やかなり......
c0119160_1885910.jpgc0119160_1891126.jpgc0119160_189205.jpg

c0119160_1893953.jpg


当初は3月23日に居酒屋で単なる同級飲み会予定でしたが、予想外に早い桜前線に合わせ急遽お花見企画に切り替えました。男性陣は急遽欠席もあり結果的には小生一人、1対3の構図に・・。「女三人寄れば姦しい」・・ナンテことは申しませんが、元気な3人の女史に囲まれ楽しい一日でした。


        ........(左)羽村駅はJR青梅線(立川発) (右)堰堤桜は7分咲き状態.....
c0119160_19531355.jpgc0119160_19531791.gifc0119160_1953351.gifc0119160_19534127.jpg

c0119160_1954412.gif


今回は多摩川上流の羽村・青梅の春を楽しむ企画。羽村駅(JR青梅線)に10時半集合、まずは駅前の「まいまいず井戸」を見学。確かにマイマイ(カタツムリ)の様な形状。奈良時代からの歴史ある井戸で当時は弱い土質を筒状に掘れずに渦巻状に井戸を掘削。千数百年も渇水したことがないらしい。


 .....羽村駅前の「まいまいず井戸」、渦巻状の路・蝸牛の如し(井戸に見入るN-minto女史)........
c0119160_20114092.jpgc0119160_20114720.jpgc0119160_20122170.gif




c0119160_2017699.jpg

   ........青梅の古刹「禅林寺」(室町中期の臨済宗寺)、中里介山(大菩薩峠)の墓が裏手に.....
c0119160_2020580.jpgc0119160_20202333.gifc0119160_20203461.jpg





c0119160_20204931.jpg


世界最長小説「大菩薩峠」を著した「中里介山」の墓がある「禅林寺」を訪ねた後に多摩川堰堤へ。一挙に視界が開けてきた・・。当日の都内はまさに桜満開でしたが、青梅・羽村はやや気温に違いあるので桜は7~8分咲きといったところ。それでもユキヤナギは華麗、河原には暖かな春の空気が・・


        ........咲き始めの桜を見ながら、多摩川堰堤の散歩道をゆっくり歩く.....
c0119160_20485014.jpgc0119160_20493130.jpgc0119160_2049565.jpg






c0119160_2050823.jpg


  ........(左)満開時の桜堤はこんな光景に!(ネット写真) (右)公園脇・ユキヤナギは見事だった!.....
c0119160_2059572.jpg
c0119160_210171.jpg


羽村取水堰は、1653年徳川家綱(4代将軍)の時に、江戸の水不足解消のために羽村から四谷大木戸まで43㎞の水路が開かれました。これが「玉川上水」であり、その第一取水場所が羽村堰です。ここに「玉川兄弟」の銅像があり、多摩川と武蔵野開墾の大事業を完成させた多大なる功績が顕彰


      .......「羽村取水堰」は、緩やかな弧を描いた段差が重なる優雅な姿を見せる.....
c0119160_2132873.jpgc0119160_2135173.jpgc0119160_2135746.gif


c0119160_2142037.jpg


    ........(左) 玉川上水を開いた「玉川兄弟」の像、 (右)河川の氾濫を制御した「牛枠」.....  
c0119160_21144278.jpgc0119160_21145784.jpgc0119160_21151838.gif






c0119160_21153492.jpg


羽村堰堤桜の散歩を楽しんだ後は、お待ちかねの「ランチタイム」。レジャーシートを広げ各自が持参した弁当・惣菜・スィーツを前にして乾杯~!春のうららにアルコールも程よく回り、青春時代の話題に花が咲く・・


   .......川原でお昼、弁当・惣菜を広げて乾杯~!(左からryoko様、seki様、N-minto様).....
c0119160_21382371.jpgc0119160_21273977.jpgc0119160_21274723.jpg


c0119160_21281841.jpg


         ......多摩川上流堰の川原で遊ぶ家族連れ、桜開花の休日を楽しむ......
c0119160_21332038.jpgc0119160_21333940.gif



c0119160_2134945.jpg


さて羽村風景と桜を十分楽しんだ後は、青梅に向かい次のステージ(釜ケ淵公園・多摩川七福神歩き、そして昭和レトロの街歩き)へ・・。JR線に乗って青梅の街に向かうために再び羽村駅へと戻ります。


    .......羽村の街には風情ある民家が多い。でも羽村市の公民館はお洒落な洋館でした.....
c0119160_21483367.jpgc0119160_21485456.jpg

c0119160_2149381.jpg






★多摩川上流(福生)を歩いた2010秋の夕暮れ(レビュー)


     .......2010年秋に同メンバーと歩いた多摩川上流(福生)風景、真っ白なススキの群生......
c0119160_20422067.jpgc0119160_20424198.jpg



c0119160_2043420.jpg


実はこのメンバーで2年半前の秋に多摩川上流を散策しており、当時の写真が手元に残っていたので本記事でレビュー公開しておきます。あきるの市の同級生を訪ねた後に福生の多摩川沿いを散策


  ......福生側の玉川上水に架かる「新堀橋」、秋の夕暮れにススキが輝いていた......
c0119160_20474250.gifc0119160_2047547.jpg


c0119160_20482181.jpg
      
         ........(左)「神明社」の境内にて (右)晩秋の多摩川土手をウォーキング......
c0119160_2162820.jpgc0119160_216529.gif

c0119160_2171339.jpg


この羽村堰から1km程下流(都心方面)は福生市となり玉川上水沿いの緑道歩きを楽しむことがでます。当時は夕日に映えるススキが黄金色に輝き、あの日の光景がフラッシュバック。近くには「神明社」や「長徳寺」等の寺社もありますが、やはり200年近い歴史を刻む福生の老舗「田村酒蔵」が必見!


      ........福生の有名な造り酒屋「田村酒造場」を訪ねてみる。立派な蔵と土塀......
c0119160_21115034.jpgc0119160_21121372.jpgc0119160_2112315.gif



c0119160_21124875.jpg


       ........当時は鮮やかな銀杏黄葉と真っ赤な紅葉が輝いておりました~!......
c0119160_21214348.jpgc0119160_2122792.jpgc0119160_21222512.jpg









c0119160_21224177.jpg


田村酒蔵は幻の酒「嘉泉」で有名な造り酒屋(当主は15代目)。田村家は多摩川の上水を個人の敷地に分水させる程の大庄屋で地元の灌漑水・生活用水も支配したとのこと。旨い水が自由自在であれば仕込み水で銘酒も造れる訳だ。福生には石川酒造というもう一軒立派な酒蔵もあるらしい。


        ......SUNSETで輝く黄金の多摩川ススキ・・、実に風情がありました......
c0119160_21405797.jpgc0119160_21411125.jpg

c0119160_21413995.jpg


      ........田村酒造の前には「長徳寺」、八角燈籠と禅宗お堂が立派でした!......
c0119160_21453568.jpgc0119160_21454217.gif

c0119160_2146251.jpg


多摩川の堤は歩行者用専用道路となっており、大気の澄む秋は奥多摩の山々の遠望も楽しめました。羽村や福生は東京都下ではやや地味な存在に見えますが、お薦めSPOTが結構ありますよ。


          ........福生の多摩川中央公園から眺めた夕暮れの河川敷風景......
c0119160_21532100.jpgc0119160_21531641.jpg


c0119160_21533113.jpg

        
 



★青梅で七福神とレトロの街歩きを楽しむ


      ........青梅駅から釜の淵公園方面に歩いていくと「清宝院」、枝垂れ桜が満開.....
c0119160_6354767.jpgc0119160_636697.jpg


c0119160_6364869.jpg


再び羽村・青梅の春レポートに戻したいと思います。青梅駅を降りると「バカボンのパパ」がお出迎え!青梅は散策を楽しむには実に楽しい所で、過去2回程訪ねました。山一面が梅林で咲き誇る「吉野梅郷」は本当にお薦め!また青梅は七福神歩きや昭和レトロが大いに満喫できる郷愁の街です。


   ........昭和レトロの宝庫「青梅駅」へ、「バカボンのパパ」が逆立ちでお出迎え(コレでいいのだ!).....
c0119160_6485338.jpgc0119160_649944.gif


c0119160_6493253.jpg


                <2009年3月>「青梅・吉野梅郷」と「玉川上水の源」を訪ねるはコチラから


        ........同級生で桜写真、清宝院(青梅七福神)は恵比寿様を祀っていた.....
c0119160_6572280.jpgc0119160_6574552.gif

c0119160_658518.jpg





c0119160_6593999.jpg


今回の青梅歩きは、地元の七福神に立ち寄りながら、「釜の淵公園」(青梅市街の南方:多摩川が蛇行)を訪ねてみました。岩盤を削る渦巻く多摩川の流れによって川底が深く抉られた淵が形成され川遊びやバーベキューが楽しめる市民の憩いの公園。青梅は気温が低いので桜はチト早かったかな


        ........「釜の淵公園」へ到着。青梅の桜は5分咲きだったが木蓮は満開.....
c0119160_8402165.jpgc0119160_8403476.gif


c0119160_841136.jpg


     ........(左)柳淵橋にて (下)満開時の桜(ネット写真) (右)真横に泳ぐ鮎の少女像.....
c0119160_8452042.jpgc0119160_8455454.jpg







c0119160_8461734.jpg


公園東側には青梅市郷土博物館や国指定重要文化財である「旧宮崎家住宅」があり、中を覗くと当主の宮崎さんが幼少時代に萱葺家で暮らした昔話や地元歴史を誠丁寧にお話ししてくれました。


    ........公園内には古民家「旧・宮崎家住宅」、宮崎さんの丁寧な説明にご満悦のお三方.....
c0119160_919578.jpgc0119160_9201180.jpgc0119160_9203291.jpg



c0119160_9204936.jpg


釜の淵公園から青梅市街へ向かう途中には「宗建寺」(毘沙門天)や「延命寺」(大黒天)等の七福神が点在。「六蛙」(ムカエル)石像や呑龍上人・千羽鶴を興味深く味わいながら青梅の春を満喫しました。


     ........(左)「宗建寺」の六蛙(ムカエルが迎える) (右)青梅七福神「毘沙門天」が祀られる.....
c0119160_9275191.jpgc0119160_9281878.gif


c0119160_9284074.jpg


    ........(左)花が咲き誇る「延命寺」(大黒天) (右)呑龍上人の文字が千羽鶴芸術で表現.....
c0119160_13321173.jpgc0119160_13323554.jpg





c0119160_1333815.jpg


さていよいよ青梅の街中心部へ。商店街の軒先や街角に映画看板が立ち並ぶ街風景は懐かしき昭和時代の雰囲気・郷愁をタップリ満喫することができます。「昭和幻燈館」「青梅赤塚不二夫会館」「昭和レトロ商品博物館」と昭和文化の常設3館共通の割安チケットを購入する方がお得と思います。


       ........(左) レトロな御食事処(営業中)も出現 (右)ミステリアスな「昭和幻燈館」.....
c0119160_13394119.jpg


c0119160_1340842.jpg


              ........「赤塚不二夫会館」と「昭和レトロ商品博物館」.....
c0119160_1341388.jpgc0119160_1342754.gif






c0119160_13422759.jpg


昭和漫画で育った小生にとって「赤塚不二夫記念館」はノスタルジアの殿堂。夢中になって読んだ少年マガジン・サンデー・キング等の懐かしき週刊漫画誌。この表紙号は覚えているという冊誌も幾つかあった!昭和漫画の歴史を彩った名漫画家が若かりし頃、下宿していた豊島区「トキワ荘」のジオラマも・・


    .......(左) 赤塚キャラクターの靴下沢山 (右)懐かしき2大漫画誌(少年マガジン&少年サンデー).....
c0119160_1353186.jpgc0119160_13533096.jpg




c0119160_13535631.jpg


     ........(左)伝説のトキワ荘(ジオラマ) (右) 赤塚不二夫&藤子不二雄(今や超お宝写真).....
c0119160_14124841.jpgc0119160_1413331.jpg

c0119160_14132174.jpg


懐かしき赤塚漫画のキャラクターも次々と登場、おそ松クン・イヤミ・ちび太・ハタ坊・ダヨ~ンのおじさん・デカパン、そして天才バカボンのパパ・ニャロメ・ケムンパス・レレレのおじさん・ピストル警官、モーレツあ太郎・・、ア~切りがない。女性陣の人気はもっぱら「ひみつのアッコちゃん」(テクマクマヤコン・・)のように見えました。


     ........(左)昭和ノスタルジアに浸るお三方  (下)「ひみつのアッコちゃん」(右)イヤミ(シェ~).....
c0119160_14184054.jpgc0119160_1420434.jpg







c0119160_14203698.jpg


「昭和レトロ商品博物館」は昭和映画のポスター、懐かしき道具や商品が満載に飾られています。2階に上がれば「雪女の間」・・、小雲八雲「怪談」に登場する雪女は青梅の民話がルーツだったとのこと


       .......「昭和レトロ商品博物館」、懐かしい名画のパネルやポスターが!.....
c0119160_1428118.jpg
c0119160_14284193.jpg

       .......青梅は雪女のルーツだった!地元民話を取り上げた「小泉八雲」.....
c0119160_14314479.jpgc0119160_14324938.jpgc0119160_1432527.jpgc0119160_14322244.gif






c0119160_14331181.jpg


昭和30~40年代ってやはり郷愁溢れる素晴らしい時代だったナア・・などと感慨に耽りながら、もう16時。「今日はもうそろそろお開きにしましょう」と青梅駅からJR青梅線・中央線経由で其々の家路へ・・


      ........高度成長期にお世話になった数々の道具や商品、ああ、昭和は遠くなりにけり.....
c0119160_1440129.jpgc0119160_14405556.gif




c0119160_14412051.jpg
c0119160_14413452.jpg


青梅や羽村・福生の玉川上水周辺は清涼感に溢れ、歴史探索でもブラリ散策するには非常に面白いコース、この他にも拝島や秋川渓谷などもあり、皆様も一度歩いてみてはいかがでしょうか?


         ........ 薄淡い桜に多摩川上流の堰堤水門、周辺地図や観光SPOT.....
c0119160_14511536.jpgc0119160_1534027.jpgc0119160_1451389.jpg

        ........(左) 多摩川に竿をたむける太公望 (右)都民の水源にも春来たる.....
c0119160_14552328.jpgc0119160_14553025.gif



c0119160_14555058.jpg




                                                          おわり

  by rollingwest | 2013-04-06 00:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(87)

<2012年11月10日>旧友と過した秋の山梨「昇仙峡」(甲斐の国:パワースポット探訪)

★渓谷歩きでの中学同級生との集い


定期的に交流(Jリーグ観戦・飲み会)を重ねている中学時代(柏崎)同級生メンバーの一人(N-minto女史)から「山ガール(?)にデビューしたいので連れて行け」と従前より盛んにリクエストされていました。「マア、近い内に行きましょう」と適当に社交辞令をしていたら本当に山装備をバッチリ揃えてしまった・・!


    ......「昇仙峡」は読売新聞が選定した「平成百景」で全国第2位に輝いた景勝地.......
c0119160_224254.jpgc0119160_2211084.jpg






c0119160_2212928.jpg


コレは本気ッぽい・・、対応せねばマズイ雰囲気になってきた・・。まさか2人で行く訳にはいかないので同級生メンバーGeさんにもお付き合い頂き、紅葉や渓谷で有名な「昇仙峡」(山梨)へ案内することにしました。ここならば一般観光客向けでもあるし、山と渓谷美の醍醐味を存分に味わえるオススメ場所


     ......今回歩いた「昇仙峡」コース(渓谷歩き・仙蛾滝・弥三郎岳・金杉神社)の概要図.....
c0119160_2283221.jpgc0119160_228573.jpg









c0119160_60988.jpg


今回コースは昇仙峡を下から渓谷沿いに歩き登り、メイン奇勝「覚円峰」や名瀑「仙娥滝」を満喫⇒水晶館や神社を見学⇒ロープウェイでパノラマ台を廻り展望岩場でお弁当⇒弥三郎岳頂上まで登り、富士山・南アルプスの大パノラマを遠望⇒同じ道を下ってスタート地点へと戻りました。約2万数千歩も歩いた~!





★奇岩が連続する紅葉渓谷を登っていく


関東・中部エリアの方に人気が高い「昇仙峡」は、数々の奇岩が織り成す雄大な渓谷美、次々と現れる変化に富んだ絶景、水晶も多く産出されるパワースポットとして古くから親しまれた魅力的な景勝地。読売新聞「平成百景」(2009選定)では何と全国第2位(1位は富士山)の栄冠に輝いているのです。

                                      読売新聞「平成百景」はコチラから


        ......長潭橋(nagatorobasi)から出発、橋から俯瞰した見事な渓谷紅葉!.......
c0119160_6502845.jpgc0119160_6472038.gif




c0119160_6474335.jpg


朝5:30に自宅を車で出発、御二人を7:30JR相模湖駅で出迎えました。中央道・甲府南IC経由で「長潭橋」に9:00到着。昇仙峡ハイクの登山口は快晴青空の下で真っ赤な紅葉に彩られている!
9:15出発、舗装道路でやや物足りないけど、渓流音を聞きながらトテ馬車も並び歩き、趣き十分!


  ......(左)水の音を心地よく聞きながら渓谷道を登り行く (右)観光用のトテ馬車がポックリポックリ.......
c0119160_22403920.gifc0119160_21414470.jpgc0119160_2142096.jpg



c0119160_2142844.jpg


    .....次々と奇岩が出現  (左)猿岩(ウ~ン、ヨォワカラン・・) (右)松茸石(コリャ、ワカリ易~イ!)......
c0119160_214812100.jpg
c0119160_21482862.jpg

まずは渓谷を左に見て歩き出していくと、次々に変わった名前のついた大きい石が現れてきます。オットセイ岩・トーフ岩・亀石・猿岩・松茸石・・、命名由来が?の石も一部ありましたが沢山の奇岩が鎮座


     .......(左)奇岩群の中で大満足! (右)オットセイ石(水から上がったばかり?).......
c0119160_7282390.jpg



c0119160_7281991.jpg


       .......今度は「亀石」!確かに巨大なガメラの様な顔が浮かび上がっている!.......
c0119160_7582077.jpgc0119160_21514957.jpg



c0119160_2152271.jpg


30分程歩くと「天鼓林」という美しい紅葉樹林に囲まれた東屋に到着、ここはまさに幻想的な赤の世界で素晴らしい雰囲気!名前由来は木の根や地下の空洞岩で太鼓の如く音が響くためらしい。


   ........(左)有名な紅葉spot「天鼓林」 (右)遂に山ガール(?)デビュー!喜びのN-minto女史......
c0119160_2251769.jpgc0119160_225275.jpg



c0119160_2255166.jpg


渓流道を進んで行くと「羅漢寺」が出現。甲斐国では平安時代に天台・真言密教の影響で金峰山の山岳信仰が成立し、当寺はその拠点となる修験道場でした。本堂の左手前に五百羅漢像の保存庫(檜材の一木造りの立像で合計154体)があります。宝石園の土産物通りに出ると人が賑やか~


      .......(左)羅漢寺の羅漢像群  (右)宝石園・土産物通りには何故かゴジラも!.......
c0119160_2291779.jpg
c0119160_2293512.jpg





★昇仙峡の最大ハイライト「覚円峰」&名瀑「仙娥滝」


いよいよ紅葉渓谷のハイライトが近づいてきました。前方に垂直に屹立する高さ約180mの屹立する巨岩が出現!これぞ昇仙峡のシンボル「覚円峰」、その昔「覚円」という修行僧がこの頂上(数畳の広さ)で修行したと言い伝えられています。観光客は一様に聳え立つ巨岩を見て驚嘆の声を上げる・・


  .......(左)これぞ屹立する大巨岩「覚円峰」 (右)N-minto女史、鮮やかなる紅葉に大感激!.......
c0119160_2211227.jpgc0119160_22114238.jpg









c0119160_22115535.jpg


   .......(左) 巨大花崗岩に囲まれた石門で集合写真 (右)青空・渓流に赤・黄の色彩映える.......
c0119160_22295460.jpgc0119160_2230822.jpgc0119160_2218851.jpg






c0119160_22175456.jpg


やがて岩の歩行者専用遊歩道となり、巨大な花崗岩に囲まれた「石門」が登場、何か崩れてしまいそうな不安定構造!石門を潜ると巨岩「覚円峰」の真下に・・、その迫力にあらためて圧倒される!
                 

    .......覚円峰の真下で再び仰ぎ見る。大絶壁奇岩を見上げ驚嘆の声を上げる紅葉ハイカー.......
c0119160_22482745.jpgc0119160_2249745.gifc0119160_22491761.jpg










c0119160_22495279.jpg
c0119160_2250374.jpg


            .......輝くような紅葉の渓谷は青空のもとでますます映えていく.......
c0119160_22582952.jpgc0119160_22584639.jpg



c0119160_2259461.jpg


石門から上流300m程進んだところが昇仙橋、さらに岩肌の下を削ったような遊歩道を進むともう一つのハイライト「仙娥滝」が出現!地殻断層によってできた高さ30mの壮麗な滝は日本の滝百選にも選ばれています。滝の轟音は神聖な雰囲気、大自然オーラに思いっきり包まれることができました。


              ......昇仙峡・最大スポットの一つ「仙娥滝」がついに現る!.......
c0119160_6531231.gifc0119160_6532518.gif
c0119160_6534810.jpg


     .......(左) 「仙娥滝」クローズアップ!(右)滝壺には飛沫が日光に反射しが見える!.......
c0119160_6562434.jpgc0119160_6564418.gifc0119160_6571569.jpg





c0119160_6572461.jpg






★水晶のパワースポットに満ち溢れた甲斐の国

仙娥滝から長い階段を登り滝の上部に出ると、右手は商店街で、左手に「昇玉堂」と「天幸五龍神」があります。「昇玉堂」殿内には巨大球体の水晶が!パワーストーン好きのN-minto女史は大興奮!


    ..... (左)縁起の良い風水の神様「天幸五龍神」 (下)立ち並ぶ宝石店のテラスには七福神.......
c0119160_20455636.jpgc0119160_20462154.jpg









c0119160_20463299.jpg


   ......「昇玉堂」、御神体は何と巨大水晶!N-minto女史、大水晶に抱きつきパワー貰い過ぎ.......
c0119160_20552895.jpg
c0119160_20554641.jpg

c0119160_2056863.jpg


宝石や土産品店街を抜けると静観橋、バス停「昇仙峡滝上」を通過して行くと「夫婦木神社・姫の宮」が鎮座していました。性器木が祀られる神社で、結婚縁祈願、子供の欲しい夫婦が参詣すれば子宝に恵まれるとのこと。夫婦木神社の上社は最後で紹介する金桜神社の近くに鎮座していました。


  .....(左)さらに進むと「夫婦木神社・姫の宮」 (右)「夫婦木神社・上社」は金桜神社の近くに鎮座.......
c0119160_2153421.jpgc0119160_215593.gif

c0119160_2161049.jpg


甲府市は日本一の水晶の街、現在も世界中からも多くの原石が集められ、高い技術の水晶加工を駆使する職人・企業が集まってお互いに競い合っています。超巨大な白水晶オブジェが飾られる観光展示場の「クリスタルサウンド」に入館するとビックリ!様々な鉱石が展示され豪華な水晶アートが沢山!


    .......水晶の展示殿堂「クリスタルサウンド」、入口には大結晶オブジェ。ホールに入っても水晶だらけ......
c0119160_2110190.jpg
c0119160_2110176.jpg

c0119160_21122641.jpgc0119160_21125089.jpg
c0119160_21125440.jpg


千年前に昇仙峡の奥地「金峰山」(日本百名山)から水晶の原石が多く発見されたことが名産地に発展した起源。江戸時代には数珠や帯止めに利用される水晶の需要が高まり、世界屈指の水晶細工の技術地として確立されたのです。オ~、甲斐の武田信玄に因んで川中島合戦の作品もある!


    ......数々の芸術的な水晶細工 (左)川中島決戦図も水晶製 (右)神秘的なクリスタルオブジェ.......
c0119160_2121075.jpgc0119160_21211183.gif


c0119160_21214188.jpg





★昇仙峡ロープウェイ~弥三郎岳頂上(富士山・南アルプスの大絶景)


さて今度はロープウェイでパノラマ台まで上がってみよう。紅葉シーズン真っ只中でもあり乗車を待つ人混みは相当なものだ・・。パノラマ台はその名の通り眺望は抜群!「八雲神社」に祈願して見晴らしの岩へ


        ......昇仙峡ロープウェイに乗ってパノラマ台(富士山眺望が抜群)をめざす.......
c0119160_21325138.jpg
c0119160_2133136.jpg


      .......パノラマ台に鎮座する「八雲神社」、縁結びの神(ここもパワースポットかな?).......
c0119160_21361255.jpg
c0119160_21362643.jpg


ポカポカの陽気、見晴らし良い花崗岩の上に座り各自で持参した弁当・オニギリやおかずを広げました。眼前には遮る物なし、雄大な富士山・南アルプスの大パノラマが・・!昼食後は珈琲タイムで幸せ気分・・


    ......青空に映える冠雪富士を満喫しながら昼食。山岳コンロでお湯を沸かして珈琲ブレイク.......
c0119160_2139381.jpgc0119160_2274458.jpgc0119160_21391648.jpg


c0119160_21393716.jpg


c0119160_21394341.jpg

      ......右手には南アルプス!鳳凰山・甲斐駒ケ岳の雄姿が見事!あ~珈琲が旨い!.......
c0119160_22101637.jpgc0119160_2210491.jpg



c0119160_22111241.jpg



c0119160_22113948.jpg


昼食を済ませて、次は弥三郎岳(羅漢寺山の最高峰)の頂上をめざし登山道を上がっていきます。頂上手前の花崗岩にある鎖場・鉄梯子では登山客が順番待ちの大渋滞。ゴールはもう目前に迫る!


     .......(左)羅漢寺山(弥三郎岳頂上)をめざす (右)スリルある花崗岩の登りが続く.......
c0119160_22203532.jpgc0119160_22205572.jpg




c0119160_22212365.jpg


ついに登頂!雪化粧したばかりの富士山は雲ひとつない快晴の中で貫録の鎮座!左手には金峰山や奥秩父連峰、その足元には荒川ダム、右手を見れば南アルプス連峰、言うことなしの大パノラマ!
登山初体験のお二方、かくも素晴らしい眺望を見られて大感激、コッチも連れてきた甲斐があったネ~


        .......ここから眺望する富士山は均衡ある左右対称形、まさに八面玲瓏!.......
c0119160_22245044.jpgc0119160_2225735.jpg

c0119160_2244385.gif





c0119160_22253055.gif


      .......(左)左手には荒川ダムが見える (右)花崗岩・大岩から見る南アルプス大展望!.......
c0119160_22271650.jpgc0119160_22273679.jpgc0119160_22274210.jpg



c0119160_2228561.jpg






★再び昇仙峡の紅葉路を下り、金桜神社を訪ねて帰京

絶景を堪能した後、ロープウェイ駅に降着。まだまだ観光客の行列は続いている。そして今日辿ってきたコース(仙娥滝・石門・覚円峰・渓流道)を逆に戻ります。紅葉はさらに陽光を浴びて輝いている!


         .......帰りも同じ道を下る。日光を浴びた紅葉はますます輝きを増していた!.......
c0119160_739215.jpgc0119160_7391892.jpg







c0119160_7395673.jpg


スタートした長潭橋の駐車場に到着したのは15時。アチコチ道草を食いながら、真珠展示・神社・ロープウェイ・昼食タイム等を入れ5時間半の行程、結構歩きましたね~。歩数計を見たら2万数千歩、お二方もこんなに歩いたのは初体験らしいが疲れを全く感じていない感じ。水晶パワーの御利益でしょうか。
c0119160_1228524.jpgc0119160_12291469.jpg






c0119160_12294696.jpg


ハイキングを満喫し最後は昇仙峡のパワースポット神社に寄って帰京しました。金櫻神社の由来は約2千年前、少彦名命が金峰山に降り立ったと云われ、ヤマトタケルが東征の帰路に参詣して社殿の造営を命じたとのこと。八重桜・染井吉野・枝垂桜・山桜が600本も植えられている桜の美しい神社です。


        .......(左)ヤマトタケルも参詣したパワースポット・金櫻神社 (右)龍のトーテムポールみたい.......
c0119160_82168.jpgc0119160_823228.jpg
c0119160_83057.jpg


          ......本殿の両脇には、復元された昇龍・降龍の彫刻があった!.......
c0119160_872426.jpgc0119160_21425440.jpgc0119160_874083.jpg



c0119160_881765.jpg


日本は世界有数のパワースポット国と云われます。地殻変動の激しい日本は地球からの気のパワーが多く噴出されているからでしょう。日本最大級のパワースポット「富士山」がある山梨県も霊験修行の痕跡が多く存在しています。水晶・滝・奇岩・霊験神社・・、昇仙峡も大いに運気が強い場所かも・・!

                             過去に紹介した「甲斐の国探訪シリーズ」はコチラから


         ....... 甲府に戻る昇仙峡ラインから眺望した富士山と甲府盆地の絶景.......
c0119160_816070.gifc0119160_8162489.jpg


c0119160_817359.jpg




c0119160_8163469.gif




c0119160_8171223.jpg

絶景とパワースポットに元気をもらい、登山初体験のお二方は大変感激されたようで、N-minto女史は今度娘さんも連れて参加したいとのこと。お付き合い頂いたGeさんからも新たな提案が・・。ここまで満足されると幹事も遣り甲斐あり。次回は同級会メンバーが数名増えて一層楽しい会になりそうだ。


c0119160_8292029.gif
c0119160_8275294.jpg


                                                          おわり

  by rollingwest | 2012-12-08 00:00 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(58)

<2012年4月>待ちに待った2012満開桜、旧友・家族と楽しんだ春爛漫(後編)

                                                                                                                                        いよいよゴールデンウィークに突入!大型連休を皆様いかにお過ごし予定でしょうか?あれだけ待ちに待った桜も今は昔・・。新緑やツツジの季節となりましたが、今年の桜記事に再度お付き合い下さいマセ~

c0119160_2171130.jpg
c0119160_2175953.jpg


                          2012満開桜、旧友・家族と楽しんだ春爛漫(前編)から続く



★④4月9日(月):昼休みに横浜大岡川の満開桜を満喫 (ポカポカ陽気!最高の花見日和)


            ......圧巻!横浜の大岡川沿いの堰堤桜(4月10日、昼食後の散歩).....
c0119160_21272796.jpgc0119160_2127495.jpg



c0119160_224481.jpg


後編は横浜「大岡川の桜」を紹介したいと思います。当日は平日(月曜)でしたが、前日に続きポカポカ陽気の絶好日和!昼休みにコンビニでおにぎりを買い込み堰堤を歩いて満開桜を再度満喫しました。大岡川に寄り添う800本の桜並木は実に壮観風景!桜名所として横浜市民に親しまれています。


             .......桜の下を屋形船が通過、タグボート風の屋形船も来たぞ~!.....
c0119160_214034.jpg
c0119160_21401991.jpg

大岡川は上大岡方面から横浜港(桜木町)に流れる河川、かつてここは歓楽街・赤線地帯があったことから昔からチト近づきがたいムードのディープな街でした。しかし今はチョンの間なども一掃され、マンションが増えています。今はランドマークタワーを背景とした堰堤桜で明るいイメージの観光SPOTへと徐々に変身・・


       ........かつての赤線地帯「日ノ出町~黄金町」(マンションは増えたが、昭和の名残りも・・).....
c0119160_2143358.jpgc0119160_21432771.gifc0119160_21434683.png  



c0119160_6485279.jpgc0119160_6505038.jpgc0119160_2144954.jpg
  
            ........堤防沿いには長屋の飲み屋街、ディープな昭和レトロ風景が続く.....
c0119160_21543634.jpg
c0119160_21544741.jpg

今日は実にいい日だ!平日の昼休みなので人も疎ら・・。でもユックリ散策していると午後勤務が始まるので、若干早足で歩いてナイスアングルを見つけてはカシャカシャ。青空の下、携帯カメラでも鮮やかな色彩


          .......満開桜の季節、大岡川にもユッ~クとリ屋形船が遊覧していた.....c0119160_2158184.jpgc0119160_21582084.jpg



c0119160_21583812.jpg

      .......今度はパトロール艇が現れた!昔は不法係留ボートが多かったが今はもう殆ど撲滅.....   
c0119160_2273726.jpgc0119160_2275367.jpg


c0119160_2281214.jpg

大岡川桜のメインは黄金橋からの光景!花塊ひしめく川沿いの先に、ランドマークタワ―が聳えています。今や完全にスカイツリーにお株を奪われちまった横浜摩天楼ですが、満開桜とのコラボ光景はお宝物!


   .....(左)黄金橋からの満開桜&ランドマークタワー、最高! (右)大岡川デッキよりランドマークタワーを眺望.....
c0119160_610049.jpgc0119160_6103246.gif
c0119160_6105469.jpg

  
パトロール艇が来たナアと思ったら、艇はプカプカ浮きながらゆっくり流れる川に身を任せています。よく見れば女性パトローラーさんが昼休みで桜を見ながらまったり寛いでいるではないか!正に春ですナア~
大岡川は夜桜も幻想的!川面に映るランドマークタワーのイルミネーション&満開桜の中で歩く横浜もgood!


    .....日頃厳しい監視を行う河川パトロール艇も春ポカポカ陽気の中でマッタリして眠そう・・..........
c0119160_6192491.jpgc0119160_6191134.jpg
c0119160_928325.jpg

c0119160_620592.jpg

               ........夜桜はこんな感じです!幻想的だネ~(ネットより拝借)..........
c0119160_6271387.jpg
c0119160_627795.jpg







★⑤4月14日(土):夢終えて、花冷えの葉桜風景  (花散らしの雨)


翌土曜日は一日中、花散らしの雨。1週間前にカミさんと散策した二ケ領用水を再び訪ねてみると、もう完全に葉桜・・。あれだけ首を長くして待ち続けた桜はもう終わり、早いもんだ・・。移ろいの季節


         ........雨の土曜日、二ケ領用水は完全に葉桜。待ちかねた満開桜も幻の如し.....
c0119160_7304840.jpgc0119160_7341280.jpgc0119160_734278.gif


c0119160_735337.gif

 

          .......1週間前はこんなにも明るく豪華に咲いていたのに・・(夢の如く時は過ぎる)..... 
c0119160_8174290.jpgc0119160_8183788.gif
c0119160_8202750.jpg





c0119160_945998.jpg


輝く新緑に向けて移ろう時期。アクセントが感じられない斑模様の葉桜ですが、むしろ地面や水溜りの方が華やか!道・用水沿いには一面の桜絨毯が敷き詰められています。これもまた風情の一興!


         ........雨の葉桜風景、道や用水沿いは散り桜で華やかなる絨毯絵となっていた!.....
c0119160_8282341.jpg
c0119160_8284880.jpg


           ........自宅近くの西公園でも親子連れが桜の絨毯風景を名残り惜しんでいた.....
c0119160_850166.jpgc0119160_8314162.jpgc0119160_83233.jpg
c0119160_1214141.gif


c0119160_832442.jpg







★⑥4月15日(日):スカイツリーを背景に隅田川・早慶レガッタを楽しむ (葉桜から新緑への期待)

大学サークル仲間のラン様から、「55年卒同期の稲門会が数年前から発足しており、今回早慶レガッタ応援イベントがあるので是非とも参加して~!」とのお誘いを受けました。ラン様は同期会事務局とのこと


    ......4/15春の隅田川、伝統の「早慶レガッタ」を大学同期生と観戦、スカイツリーは吾妻橋前にて.....
c0119160_9333955.jpgc0119160_9341565.jpgc0119160_9352026.gif

c0119160_93649.gif





c0119160_936691.jpg


野球・ラグビーは過去何度も応援してきましたが「早慶レガッタ」観戦は生れて初めて。でも興味あり!先日「都電荒川線ぶらり旅」のメンバー達も同様の反応だったので皆で初参加することにしました。


      .......浅草寺「仲見世通り商店街」には早慶レガッタの装飾が一面に施されていた....
c0119160_9481816.jpg
c0119160_9483080.jpg

浅草駅に11時集合、「仲見世通り商店街」を歩いて浅草寺に向かうと「早慶レガッタ」横断幕や旗が飾られ街を盛り上げている!ナルホド~!地元と一体化したイベントに成長したんだなあアと感心・・!


       ........(左)春の陽気に賑う「伝法院通り」 (右)浅草裏小路にスカイツリーを発見!....
c0119160_9503665.jpgc0119160_9501881.jpgc0119160_1003992.jpg


c0119160_13223915.jpg


c0119160_9512045.jpg


何度も参詣した浅草寺は今回パスして伝法院通りから浅草六区通りを進んでみると、浅草公会堂前には「スターの広場」が出現、有名人の手形が地面にズラリと埋め込まれており壮観!オススメSPOT


   .....有名人の手形が地面展示「スターの広場」(美空ひばり・森繁久彌・三船敏郎など続々)....
c0119160_1033794.jpgc0119160_1035154.jpg
c0119160_10411100.jpg

11時半となったので昼の混雑前に腹ごしらえをしてしまおう!再会を祝し(2ケ月ぶりダローガ・・!)、まずは生ビールで乾杯!新鮮な刺身・旬素材の掻揚で昼間からエネルギー補給。健康が話題の中心・・


          ......まずは寿司屋で腹ごしらえ(アルコールのエネルギー補給)、ア~お腹一杯!....
c0119160_10122157.jpgc0119160_1013813.jpg

c0119160_10133391.jpg

ほろ酔いの七人は満腹状態、浅草寺雷門の前を通り過ぎて吾妻橋へと向かっていきます。オ~、東京スカイツリーが大迫力の雄姿で屹立している!二階建てバスや観光人力車も頻繁に往来。来月開業を迎える頃は果たしてどんな状況になってるのかネ~!街往来は人混みで人力車も大渋滞かも・・


    ......(左)雷門前は大いなる賑い! (右)街には人力車が往来、背景にスカイツリーの威容.....
c0119160_10254845.jpgc0119160_1026171.jpgc0119160_10264377.gifc0119160_1750186.gif



c0119160_10274819.jpg


吾妻橋で集合写真を撮り、隅田川堰堤通りに出て桜橋に向かっていきます。♪春のうら~ら~の隅田川~♪桜は完全に葉桜ですが、今日は春爛漫の暖かな日和・最高のシチュエーション!早くも早慶レガッタの前哨戦が展開!レガッタのゴールを迎える桜橋では早くも両校の応援エール交換が行われています。


       ......第2エイトのレガッタ競争(前哨戦)が繰り広げられている!堰堤は春爛漫!....
c0119160_10354250.jpg
c0119160_10355893.jpg

        .......第1エイト戦(メインイベント)がいよいよ始まる!桜橋前に両校が並んで応援....
c0119160_1039961.jpg
c0119160_10405737.jpg

14時50分、第1エイト(1軍代表)の決戦火蓋がついに切られました!両校の応援も果敢にスタート!実況中継を聞くと、早稲田が遅れを取っているようだ。チアガールもコンバットマーチで応援に集中している。


    .....チアガールも勇壮に拳を突き上げコンバットマーチ応援、右は30数才年下の後輩と集合写真....
c0119160_1123047.jpgc0119160_1125919.jpgc0119160_1131954.jpg


c0119160_17541126.gif

c0119160_1134056.jpg


     ........(左)早慶ボートよりも後方護衛艇の方が目立つナア・・ (右)慶応勝利!早稲田苦杯・・....
c0119160_11115898.jpg
c0119160_11121275.jpg

レースは慶応が終始リード、差をつけてゴール桜橋に近づいてきた。慶応は最後まで早稲田の先行を許さずそのままゴールインし勝利!2年連続の苦杯をリベンジ、慶応エイトは喜びを全身で現していました。


   ......(左上)敗れて残念だが頑張った早大エイト (左下)勝利の喜びを全身で現わす慶大エイト!...
c0119160_1115518.jpgc0119160_11161496.jpg
c0119160_11162596.jpg










c0119160_11165970.jpg


負けはしたが早大も健闘!競技終了後、ラン様紹介で「55年次卒同期・稲門会」の皆様と集合写真。白髪で貫禄・愛敬溢れる太田会長はロサンゼルス・ソウル五輪での銀メダリスト。以前、同期のマラソン瀬古氏・サッカー前監督オカチャン・野田首相も参加したとの事。我々ノーテンキ同期とは相当違い過ぎる・・(苦笑)


       ........ 55年卒同期稲門会、Oh田会長(とても同期と思えない貫録)らとニコヤカ集合写真....
c0119160_11333923.jpgc0119160_11342791.jpg
c0119160_1135366.jpgc0119160_11355142.jpg


c0119160_11353646.jpg


ここ数年、中高大の旧友と会う機会が増えてきました。皆が青春時代を懐かしむ歳になったという訳か・・。利害関係なき仲間と思い出を語り合う機会が一番楽しいのかも。今後も継続したいモンダネ

                               <2009年>旧友との夏の再会の記事はコチラから

      ......(左)向島のビル谷間から仰いだスカイツリー (右)スカイツリー駅(旧・業平橋)から乗って帰宅....
c0119160_11583568.jpgc0119160_11591254.jpgc0119160_120631.jpg








c0119160_1204179.jpg


レガッタ満喫後、向島に渡り業平橋まで歩き東京スカイツリーを真下から見上げてみました。やはり首が疲れる程高~い!オープン直後の「とうきょうスカイツリー駅」(旧・業平橋)で現地解散、帰路に着きました。

c0119160_12122836.gifc0119160_12132577.gifc0119160_12125872.jpgc0119160_9315732.jpg

c0119160_12135416.jpg
c0119160_17302423.gif


桜の季節も終わり、目に眩しい青葉輝く季節となりました。新緑GWが明ければスカイツリーの開業を迎えます。花のお江戸の隅田川、ライトアップも粋に雅に・・、世界一電波塔は名実とともに輝き出します。


      ......5月22日開業まであと僅か!スカイツリー夜間照明は(粋)&(雅)!実に幻想的~!....
c0119160_1223510.jpgc0119160_12231788.jpgc0119160_12233462.jpg
c0119160_12235382.jpg




                                                          おわり




次回、鎌倉・湘南探訪「江の島」編は延期し、GW家族旅行(信州・別所温泉)記事に掲載変更します。
c0119160_21111161.jpgc0119160_2111349.jpgc0119160_21115268.jpg

  by rollingwest | 2012-04-28 00:00 | 花鳥風月(季節の風景) | Comments(52)

<2012年4月>待ちに待った2012満開桜、旧友・家族と楽しんだ春爛漫(前編)

                                                                    ★待ちに待った2012年の春(満開桜)


今年は厳冬の影響で梅や桜の開花は遅く、春の訪れが本当に待ち遠しかったですね~!東京の桜開花宣言は3月末、満開桜の見頃は4月7~8日でした。しかし翌週末はもう葉桜・・短い命ダネ~


    .......(左)4月7日(土)、花冷えの大宮公園 (右)4月8日(日)自宅近くの川崎中原平和公園.....
c0119160_21591142.jpg
c0119160_21592724.jpg

桜開花に同調し3月末~4月中旬の週末は学生時代(中・高・大学)の旧友との再会が3週連続も重なりました。大宮・川崎・横浜の満開桜も含め、今年春爛漫の満喫レポートを前・後編に分け掲載します。

c0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif

【前編】
  ①3月31日(土):風情ある神楽坂の街歩きを楽しむ (春の嵐去り、翌日開花宣言)
  ②4月7日(土):中学時代同級生と恒例のJリーグ観戦 (花冷えの中、桜満開!)
  ③4月8日(日):カミサンと地元モトスミ桜を満喫 (ポカポカ陽気!最高の花見日和)
【後編】
  ④4月9日(月):昼休みに横浜大岡川の満開桜を満喫 (ポカポカ陽気!最高の花見日和)
  ⑤4月13日(金):横浜夜桜風景(中華街~開港の道~みなとみらい) (花の命は短くて)
  ⑥4月14日(土):夢終えて、花冷えの葉桜風景  (花散らしの雨)
  ⑦4月15日(日):スカイツリーを背景に隅田川・早慶レガッタを楽しむ (葉桜から新緑への期待)





★①3月31日(土):風情ある神楽坂の街歩きを楽しむ


       ........(左)神楽坂のシンボル、毘沙門天「善国寺」  (右)神楽坂の街小路を散策.....
c0119160_227584.jpgc0119160_2271992.jpg

c0119160_2274190.jpg


毎回ブログで愛の鞭・毒舌苛めを頂く神楽坂様(大学サークル先輩)と猫わか様(高校同級生)ご夫妻を一昨年引き合わせて以来お互い意気投合し定期的に飲む機会が増えましたが、3月末は神楽坂で集まろうとの企画。当日は春の大嵐来襲予報でしたが、夕方前に通過し一安心。桜開花は翌日でした。


          ........(左)何と珍しい~!「虎の狛犬」だ (右)「毘沙門天」のご本尊.....
c0119160_22182188.jpgc0119160_22184543.gif



c0119160_221911100.jpg


神楽坂の街は風情・歴史ある花街という印象を持ってはいましたが、ジックリと散策するのは今回が初めてかもしれません。神楽坂のシンボルといえば「毘沙門天・善国寺」(徳川家康開基の名刹)とのこと


     ........(左)毘沙門天の石標と解説版 (右)狛虎の尻尾は体に巻きつき異様に長い!....
c0119160_2225341.jpgc0119160_2226279.gifc0119160_2226496.jpg




c0119160_22271440.jpg


4人は17時「毘沙門天」で集合。まず虎の狛犬を発見してビックリ!狛犬対面では、三囲神社のライオンや秩父の狼に以前遭遇しましたが色々あるネ~。左側の狛虎は尻尾が破損しており「コマットラ~」という表情をしていました。(謝oyajgyag)  さて早速、風情ある神楽坂小路を探索してみようではないか!


          ........(左)猫わか様と神楽坂様の後ろ姿  (右)旅館「和可菜」の小路.....
c0119160_22344617.jpg
c0119160_2235022.jpg

神楽坂様はさすが地元お住まいなので的確なナビゲーター!路地中を先導、まず黒塀旅館「和可菜」を案内してくれました。野坂昭如・山田洋次・深作欣二・市川森一・伊集院静らが本旅館に泊まって執筆した作品が軒並みヒット!この旅館は縁起がよい「出世旅館」と呼ばれ文人界では有名な所らしい。


      ........(左)旅館「和可菜」の正面黒塀 (右)雰囲気ある神楽坂の路地は楽しいね~.....
c0119160_654142.jpgc0119160_6542295.jpg


c0119160_6544080.jpg


               ........風情ある料亭や唐破風屋根の銭湯も残っているぞ~!.....
c0119160_702438.jpg
c0119160_704493.jpg

神楽坂といえばやはり芸者さん・花街・・。路地裏を歩くと芸者料亭がいくつかあり雰囲気があります。「神楽坂をどり」の組合稽古場もある!日本芸能が連綿と受け継がれているのだ。因みに東京の花街は、新橋(銀座)・向島・浅草・芳町(浜町)・赤坂・神楽坂の六ケ所をいうのだそうな。勉強になった・・


              .......お江戸の「花街」、「神楽坂をどり」の組合稽古場もある.....
c0119160_22153421.jpgc0119160_2216984.jpgc0119160_22192395.jpg




c0119160_22164393.jpg


    .......(中)神楽坂路地に佇む「伏見稲荷」 (右)神楽坂医院、ちょっとペンション風......
c0119160_22325852.jpgc0119160_22333493.jpgc0119160_556136.jpg

c0119160_2234373.gif



c0119160_557199.jpg
c0119160_22342974.jpg


神楽坂様は猫好きの猫わか様に配慮し、猫グッズ専門店「ふくねこ」に案内してくれました。猫マニアにとってはお宝グッズが満載~。小生は猫よりも、店内雰囲気がまさに昭和の家、ソチラに興味が向いた・・


          ........(左)猫グッズ専門店「ふくねこ」  (右)ショーケースの黒い招き猫.....
c0119160_2245137.jpg
c0119160_22461555.gif
c0119160_22463870.gifc0119160_605269.jpg



c0119160_2247540.jpg


神楽坂の街中には、昔懐かしい銭湯や牛乳屋さんもある。いや~楽しい街歩きでしたネ~!いよいよメインイベントの懇親会。折角なので神楽坂らしい場所で飲んでみたいけれど敷居が高そうな店ばかり?
神楽坂様紹介の「竹子」なる店に入りました。白暖簾たなびき一見高級料亭風だが、何とその店は・・


    .......(左)牛乳屋さんも健在 (右)高級料亭風「竹子」、超リーズナブルな庶民の居酒屋でした~.....
c0119160_22581676.jpgc0119160_22583364.gifc0119160_2259820.jpgc0119160_642330.jpg




c0119160_22591456.jpg


店の雰囲気もいい「竹子」は何とビール一杯180円、5時間飲んでも一人3千円ポッキリ~!恐るべし神楽坂!レディガガ風のお目々で「竹子」姐さん登場でお酌をしてもらったら更に狂喜乱舞だったかも・・
当初は市ヶ谷のお花見も計画していましたが、まだ蕾状態。その代わり神楽坂の街を大いに堪能~





★②4月7日(土):中学時代同級生と恒例のJリーグ観戦 (花冷えの中、桜満開!)


柏崎の中学時代同級生とは毎年定期的に集まって飲んでいますが、数年前からJリーグ観戦を交えたイベントが増えてきました。今回はミンコロ様の会社スポンサー恩恵に預かり大宮アルディージャVSセレッソ大阪戦


              .......花冷えの中で「大宮公園」の池には満開桜が咲き誇っていた......
c0119160_6224550.jpgc0119160_6275067.jpg





c0119160_6232163.jpg


                              <08年11月>調布Jリーグ観戦&中学同級定例会


待ちに待った桜は開花宣言が出てちょうど1週間目、まさにこの週末が満開となりました。東武「大宮公園駅」で待ち合わせ、ユルリ散歩しながら公園内を通り抜けて行き大宮ナックスタジアムへと向かいます。


            ........弓道競技会で熱心に矢を射る若者達(県営大宮公園弓道場).....
c0119160_6311481.jpgc0119160_6315232.gif



c0119160_6315659.jpg


今日は気温が殆ど上がらず相当な花冷えとなりました。でも公園内は多くの花見客で大いに盛り上がっている!そうだヨナア~、昨年は東日本大震災で自粛ムードだったし、今年の開花は相当待たされたし・・。寒くたって一挙に弾けたいという皆様の気持ちが伝わってきます。さてスタジアムに入りましょう。


       ........(左) 露天立ち並ぶ桜並木 (右)花見客で大いに盛り上がってますな~!.....
c0119160_6411933.jpgc0119160_6453286.jpg


c0119160_6462149.jpg


応援席はオレンジと桜ピンク色に彩られています。小生はセレッソの清武に注目期待かな・・(ミンコロ様ゴメン)16時にキックオフ、前半は盛り上がりに欠けて0:0ドロー。気温は下がり風も吹いて寒くなってきた~!


     ........(左)大宮アルディージャ側(ホーム)の応援席  (右)セレッソ大阪側(アウェイ)の応援席.....
c0119160_795530.jpgc0119160_711185.jpgc0119160_7112125.gif



c0119160_7113969.jpg


 .....(左)試合開始前、ボールパーソン(球拾いさん)も脚光 (右)照明点灯゚時は風も吹き花冷え強まる....
c0119160_7161340.jpg
c0119160_7165234.jpg

ハーフタイムになった時点で、もう皆の気持ちは完全に「花よりダンゴ・サッカーより熱燗」の心境に傾いています。寒いスタジアムも早々に引き上げ大宮駅・居酒屋へ行こう。賛成~!再び満開桜の公園内を通過


      ......いや~!この日は本当に寒かった~!早くも居酒屋へ足を向け再び園内散策.......
c0119160_7193019.jpgc0119160_7194361.jpg










c0119160_7202069.jpg


その前に公園内で鎮座する「大宮氷川神社」を参拝して行こう。ここは全国200社の氷川神社の総本社。セキさんは息子さんが来年2月大学受験を迎えるので早くも祈願。チト早すぎるような気も・・(笑)


        .......スサノオノミコトを祀る氷川神社、社名は出雲肥河(斐伊川)に由来するらしい.....
c0119160_7302957.jpgc0119160_7305047.jpg

c0119160_7311835.jpg

大宮駅前の居酒屋で40年前の青春時代にタイムスリップ、また明日への活気が漲ります。肝心の試合結果は3:0セレッソ勝利(清武も得点)でしたが、サッカーも桜も初めから二の次って感じだったかな・・(笑)


            .......やはりこれが一番!中学時代の思い出話で大いに盛り上がる.....
c0119160_21315928.jpgc0119160_21253386.jpgc0119160_7321194.jpg



c0119160_21254926.gif

c0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif






★③4月8日(日):カミサンと地元モトスミ桜を満喫 (ポカポカ陽気!最高の花見日和)


翌日は天候が一転!一点の雲なき爽やかな青空と暖かな陽気、満開桜を楽しむには最高の日となりました。殆どの人がお花見や散歩に出かけたのではないでしょうか。毎週旧友とばかり出掛けていてはマズイので、カミサンと2人で近所の花見SPOT(中原平和公園・モトスミ桜)を散策して春爛漫を満喫


       ........(左)法政二高正門(川崎市中原区)の桜  (右)渋川桜の用水でカメラを向ける人.....
c0119160_820167.jpgc0119160_8212330.jpgc0119160_8212760.jpg



c0119160_82202.jpg


           ........「川崎中原平和公園」の桜並木、今日は暖かく素晴らしい日だ~.....
c0119160_8262976.jpgc0119160_8265226.jpg

c0119160_828218.jpg





c0119160_8355959.jpg


モトスミ渋川沿いにある法政二高(巨人・柴田勲の母校、甲子園優勝校)からスタート、川沿いから川崎平和記念公園へと向かいます。昨日の花冷えとは一変、花見客は心の底から満開桜を楽しんでいます。


                 ........川崎中原平和公園の野外音楽堂、桜並木にて.....
c0119160_843294.jpg
c0119160_8432312.jpg

          .......住吉高校校庭グランドから見る中原平和公園の桜と武蔵小杉高層マンション群.....
c0119160_846513.jpg

中原平和公園をグルリと一周し二ケ領用水に沿って武蔵小杉方面へと向かいました。この用水の堰堤桜は毎年来ますが飽きない光景。満開ピークと青空が映え、関東の桜名所は最高の日となりました。


          .......東住吉小学校脇の二ケ領用水、しだれ柳も風に揺れる散策路....
c0119160_847060.jpgc0119160_848459.jpgc0119160_8483635.gif


c0119160_8484798.jpg


            .......武蔵小杉サライ通り近くの二ケ領用水沿い風景.....
c0119160_9312820.jpgc0119160_9313165.gif




c0119160_932729.jpg

                      2011年春に紹介した「モトスミ・武蔵小杉の桜風景」はコチラから


★後編:④~⑦へ、桜記事はまだまだ続きます。

④4月9日(月):昼休みに横浜大岡川の満開桜を満喫 (ポカポカ陽気!最高の花見日和)  
⑤4月13日(金):横浜夜桜風景(中華街~開港の道~みなとみらい) (花の命は短くて)
⑥4月14日(土):夢終えて、花冷えの葉桜風景  (花散らしの雨)
⑦4月15日(日):スカイツリーを背景に隅田川・早慶レガッタを楽しむ (葉桜から新緑への期待)


c0119160_935173.jpgc0119160_9351349.jpgc0119160_9372610.jpg

  by rollingwest | 2012-04-18 00:00 | 花鳥風月(季節の風景) | Comments(46)

<1月28日>「都電荒川線のぶらり旅」(その2)後編:「鬼子母神・雑司ケ谷・早稲田」

                                                                                                                                                                                                           
                      「都電荒川線のぶらり旅」(その1)前編(飛鳥山・巣鴨)より続く


c0119160_21132617.jpg


★昭和の異空間・オソレイリヤの「鬼子母神」


懐かしい昭和光景と活気溢れる「おばあちゃんの原宿・巣鴨」を後にして、最寄り駅「庚申塚」から「鬼子母神」~「雑司ヶ谷」へと向かいます。この辺りが都電沿線では最も雰囲気がある場所かも・・


        .......「巣鴨」の街を十分楽しみ「庚申塚駅」から「鬼子母神駅」へと向かう.....
c0119160_21244487.jpgc0119160_21504792.jpg
c0119160_21503837.jpg


c0119160_21435467.jpg

「鬼子母神駅」を降りると風情あるケヤキ並木が出迎えてくれます。沿道にはお洒落なマンションや高級邸宅もあるし古い木造家も残っている。恐ろしげな地名とは対照的に実に雰囲気ある路だね~!


   .......(左) 鬼子母神「ケヤキ並木通り」入口  (右)怪獣アントラーorエレキングみたいな大ケヤキ.....
c0119160_21564890.jpgc0119160_21565830.jpgc0119160_21572086.jpg
c0119160_21573410.jpg


しむけん様が過去何回かここを訪れており俄かに蘊蓄を発揮、「都電駅名はkishibojinだけど本当の読み方はkisimojinが正しいのだ。鬼の漢字は角が取れて上の点がないんだよ。」・・、ホントだ~!


        .....「鬼子母神」は子育ての神が祀られる日蓮宗のお寺(350年前に建立).....
c0119160_2205179.jpgc0119160_2211339.jpg


c0119160_2214080.jpg


参道に入ると今度は名物の大銀杏!高さ33m幹廻り11mの大木は「子育て銀杏」と呼ばれ樹齢600年とのこと、都内では麻布・善福寺にある逆さイチョウに次ぐ2番目に大きい銀杏。毛細血管の如く無数の枝を広げる巨木の姿は邪気を吸い取り、浄なる霊気を吐き出しているようにも見える・・

                            麻布・善福寺の大イチョウの記事はコチラから


   .......(左) 名物の「子育て・大銀杏」  (右)江戸時代からの駄菓子屋が風景に溶け込む.....
c0119160_2284439.jpgc0119160_229432.jpg








c0119160_2292852.jpg


参道脇には古い駄菓子屋「上川口屋」があります。「この店は江戸時代に創業された都内最古の駄菓子屋だよ。」しむけん様が更に鬼子母神に纏わる蘊蓄をご披露。 ヘ~、よく商売が続いたナア~!


         .......「古社武芳稲荷」は、倉稲魂命(ウケタマノミコト)=稲の精霊・食物神が祀られる.....
c0119160_22571381.jpgc0119160_22574214.jpgc0119160_2258071.jpg



c0119160_22584651.jpg


鬼子母神はインド由来の安産・子育の神。訶梨帝母という子供を食べる鬼女の過ちを正すため、お釈迦様は鬼女の子供を隠してしまいました。その時の帝母の嘆き悲しむ様は限りなく、お釈迦様は「自分の子供を失う悲しさを知ったら、他の子を食らう時、その父母の嘆きを知れ!」と戒めました。


      ........ 「鬼子母神・拝殿」、中を覗くと「鬼子母尊神」の提灯、安産祈願の多くの絵馬が・・.....
c0119160_239287.jpgc0119160_2310136.jpg



c0119160_23191398.jpg

子を失った悲しさで鬼女は初めて自分の過ちを悟り、釈迦に帰依し安産・子育の神となることを誓いました。確かに顔は恐ろしげだが、羽衣をつけ菩薩的お姿。改心し鬼でなくなり角が取れて「鬼の字」の点も削られたらしい。この寺の節分豆まきでは敢えて「鬼は~外」とは言わないのだそうだ。


             ........拝殿の横には「鬼子母神像」、初夏は「朝顔市」で賑う.....
c0119160_2322899.jpgc0119160_2318131.gif

c0119160_23182014.jpg


c0119160_647111.jpg

鬼子母神では毎年7月に朝顔市が行われます。実は台東区入谷にも鬼子母神があり、こちらの朝顔市の方が東京の初夏風物詩を飾る行事(粋なお姉さん・いなせ姿)として圧倒的に有名。そう・・「オソレイリヤの鬼子母神~!」は、台東区由来の江戸っ子の駄洒落(今ならoyaji gyag)からなのでした~





★「雑司ヶ谷霊園」&「旧・宣教師館」を散策


         ........ 雑司ヶ谷霊園へと続く住宅街の道・・、お洒落な高級な邸宅が多い!........
c0119160_883239.jpg
c0119160_89189.jpg

青山墓地と並び都内有数の広大さ(敷地面積10万㎡)を誇る「雑司ヶ谷霊園」、鬼子母神とは隣接する程の距離なので歩いて行けます。やはり広いね~!多士済々の著名人が多く眠っています。


     .......明治時代に東京府共同墓地となった「雑司ヶ谷霊園」、広い墓地に人は疎ら.....
c0119160_813870.jpg
c0119160_8134448.jpg

夏目漱石の墓がひときわ目立っていました。対照的に竹久夢二の墓は地味でヒッソリ・・。その他には小泉八雲・泉鏡花・永井荷風、ジョン万次郎・東条英機・サトーハチロー等の墓があるらしいが、著名人の墓を見つけるのは苦労します。観光地じゃないので案内の立て札があるケースは少ないですから・・


   ......(左)「夏目漱石の墓」は立派!一際目立つ (右)それに比べ「竹久夢二の墓」は質素....
c0119160_20305258.jpgc0119160_20311725.jpgc0119160_203214.jpg
c0119160_20322848.jpg

c0119160_2034264.jpgc0119160_20343972.jpg

雑司ケ谷霊園の南側の閑静住宅街に「旧宣教師館」がハイソな雰囲気で建っています。白と緑に彩られたモダンな異人館は米国人宣教師により明治40年に建築された自宅兼布教所でした。豊島区内で最も古い近代木造洋風の建築物は、住宅街の中の緑と溶け込むように静かに佇んでいます。


         .......「旧・宣教師館」の外観はお洒落な佇まい、入口の松は実に立派!.....
c0119160_2051217.jpgc0119160_22401021.jpg


c0119160_2053134.jpg


       .......白とブラウンの部屋には、木製オルガンやリビングルームの暖炉が!品格ある洋館.....
c0119160_2222591.jpg
c0119160_22222383.jpg

各部屋には洋式タイルの暖炉が置かれており印象的。2階は資料室で宣教師の布教活動や慈善教育事業が分かりやすく説明されています。雑司ケ谷の歴史やこの地に縁りの著名人についても・・。実はモッチャンが通った高校がこの近くだったそうで彼女は懐かしそうに青春の思い出に浸っていた・・


              ........(左) 夕日が照らす窓風景  (右)お洒落な暖炉とジオラマ模型......
c0119160_22233428.jpgc0119160_22243654.gif


c0119160_22245386.jpg


「旧宣教師館」を満喫した後は、都電「雑司ヶ谷駅」に向かうため再び雑司ケ谷霊園内を通っていきます。霊園門に佇む郵便ポストには驚き!普通は公道にある筈のポストが霊園の敷地内にあった!


    ....墓石に乗る、「吾輩の居場所だ。邪魔スンナヨ」wagahaiwa neko de aru・・「承知シマシタ」.....
c0119160_211412.jpgc0119160_212536.jpgc0119160_214990.jpg
c0119160_21382143.gif



c0119160_2144522.jpg

c0119160_21384717.gif

c0119160_2151840.jpg


    ......(左)ポストが霊園内に設置!(驚) 霊界通信ポスト? (右)雑司ヶ谷駅から再び都電に.....
c0119160_21173021.jpgc0119160_2262574.gifc0119160_21181610.jpg

c0119160_21213088.jpg

c0119160_21204664.jpg





★「雑司ヶ谷」から「早稲田」へ


        .....雑司ヶ谷の都電風景が「かぐや姫」レコードジャケットになったと、しむけん様に教わる.....
c0119160_21445184.jpg
c0119160_21452176.jpg

c0119160_21455497.jpg

c0119160_21461861.jpg

この付近の線路は真直ぐで遥かに池袋サンシャイン60ビルも俯瞰できる見晴らしいい場所。しむけん様が「この風景が『かぐや姫』のレコードジャケットに採用されたんだよ」。ウ~ン、今日の彼の蘊蓄ぶりは冴えに冴えている。「恐れ入谷のしむけんさ~ん、当り前田の博識じゃ~」と誇らしげな顔・・?(笑)


 
     ........(左) 昔の「鬼子母神~雑司ヶ谷」の路線風景 (右)昔の「面影橋」周辺.....
c0119160_21554199.jpgc0119160_21562794.jpg

c0119160_21565863.jpg

都電は「学習院下」「面影橋」を過ぎ「早稲田」方面へトコトコ走っていきます。木造民家は少なくなったが、神田川沿いの線路光景は昭和の面影が残しています。まさに名前通りの面影橋、懐かしい・・


        .......プラットフォーム屋根も設置され何ともお洒落な駅になった「都電早稲田駅」.....
c0119160_2262826.jpg
c0119160_2264777.jpg

でも終点「早稲田駅」に到着した時は目を疑いました。「エッ、ここはどこだろう?」って感じ!こんなにも垢抜けた機能的な駅に変身していたとは・・、我々の知る駅の姿は野晒しの停車場だったのに・・


      ........昭和50年代頃はこんな風景だった・・。チンチン~と鐘鳴らしながら走っていた.....
c0119160_2210271.jpgc0119160_22102779.gifc0119160_22105756.gif



c0119160_2211308.jpg


早稲田駅からグランド゙坂(当時は坂を登ると右手に野球部グランドが存在)を過ぎ、大隈通り商店街に入りキャンパスに向かいます。よく通った喫茶店・雀荘もなく、かつての学生街の面影はもう殆どない。


        ........(左) 早大「演劇博物館」  (右)「大隈講堂」を見つめる「大隈重信像」.....
c0119160_22213996.jpgc0119160_2222679.jpgc0119160_22223512.jpg



c0119160_2223454.jpg

大学キャンパスに入ってみました。卒業25周年ホームカミングデーで来て以来7年ぶりかな・・。基本的に構内レイアウトは変わっていないので昔のままですが、ゴシック建築校舎が次々に高層ビルへと建て替わっている!まあ都心キャンパスでの敷地有効利用や機能面を考えれば時代の流れなので当然だけど・・

c0119160_15383891.jpg

        ........懐かしの古い校舎は高層ビルとなり、ビルの谷間で大隈公は何思ふ.....
c0119160_22283833.jpgc0119160_22285598.jpg

c0119160_22291513.jpg





★早稲田通りを歩き高田馬場駅へ (final濃厚反省会)


構内から西門階段を上がり、西門通り商店街経由で早稲田通りへと抜けて行きます。店は変われど小路の雰囲気はかつてと同じ。通り出合いに大きな銭湯があったと思うが姿はないね~、当然か・・


        ........(左) 名曲喫茶「らんぶる」 (右)「早大西門通り商店街」の小路.....
c0119160_14491451.jpgc0119160_14494097.jpg



c0119160_145071.jpg

早稲田通り沿いの店も次々と変わっていた。明治通り交差点には煌びやかでレトロ風なラーメン店「三ツ矢堂製麺」、こんな店はなかったなあ・・。多くの古本屋と早稲田松竹が残っていたのが嬉しかった。


 .....(左) 明治通り交差点「三ツ矢堂製麺」 (右)懐かしき「早稲田松竹」「山手卓球」は今も健在.....
c0119160_1453612.jpgc0119160_14534076.jpgc0119160_15224066.jpg



c0119160_1453578.jpg
c0119160_14542281.jpg


   ......高田馬場駅前のシンボル「BIG-BOX」、昔は赤の盤面。質屋スズヤの噴水台も懐かしい・・.....
c0119160_15272163.jpgc0119160_15284574.jpgc0119160_15275130.jpg



c0119160_15282778.jpgc0119160_20163034.jpg

高田馬場に到着、中年軍団4人組に加え、同期ガバチョ氏(モッチャン旦那)とキマゴジラ先輩も参加し居酒屋で反省会。本日の珍道中レビューと学生時代のお馬鹿な思い出話に花が咲き大いに盛り上がり~


     ........高田馬場駅前の居酒屋で「本日の反省会」、ガバチョ氏・キマゴジラ氏も加わる・.....
c0119160_15421588.jpgc0119160_15425766.jpgc0119160_15432335.gifc0119160_15434416.jpgc0119160_2018105.gif




c0119160_15441285.jpgc0119160_15442924.gif
c0119160_15445193.jpg


   ......反省会では、本日のぶらり歩きレビューや学生時代の思い出・逸話で大笑いの連続.....
c0119160_15525875.jpgc0119160_15531892.gifc0119160_15533486.gif


c0119160_15544980.jpg


c0119160_2281787.jpgc0119160_2282925.jpg
c0119160_2285811.jpg


今日の楽しかった充実ウォーキング、気が置けない旧友達との思い出話で盛り上がる開放感、お酒のペースはドンドン上がりお開きの時間は比較的早かったはずだが帰宅時は終電時間となっていた・・。モトスミ駅近くまでは来たが何回も前後駅を乗り過ごし(往復?回)。翌日は当然二日酔いでマグロ状態


     .......飲み過ぎで電車爆睡のRW、何度も駅往復。今日は朝から夜まで電車に乗車三昧.....
c0119160_22171818.jpgc0119160_2219288.jpgc0119160_22182979.jpg
c0119160_22161974.jpg




c0119160_2218395.gif

                   こんな豪快なサラリーマンさんもいるんですなア・・、NETで発見(苦笑)↑


          ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


思い出ある街風景はいつまでも残ってほしいと思う気持は皆同じですが、今回の都電ぶらり旅であらためて気づかされました。時代の波による再開発・店を維持してきた人達の老齢化による後継者問題、薄れゆく街人情・・、これらの積み重ねで街の雰囲気は必然と変化せざるを得ないことを・・


        .......失われた数々の昭和風景、今後も残してほしい都電風景。また行こう・・.....
c0119160_22334138.jpg
c0119160_22335162.jpg
c0119160_7381639.gif


都内逍遥はこまめに実施してきたつもりのRWですが、今回の都電・荒川線旅を経験して、盲点の見所がまだ多くあることを再認識。自分も学生仲間も含め都電旅の行事は定例会となりそうです。



                                                         おわり



次回は、甲斐の国・探訪(その3):「冬から春へ、さまざま山梨風景」をお送りします。
c0119160_7434469.jpgc0119160_744059.jpgc0119160_7441523.jpg

  by rollingwest | 2012-03-14 00:00 | 都電荒川線ぶらり旅 | Comments(54)

<2012年1月28日>「都電荒川線ぶらり旅」(その1)前編:「飛鳥山・庚申塚・巣鴨」

c0119160_11452069.jpg


★「都電荒川線ぶらり旅」、また新たなシリーズが・・


先日、学生仲間と「都電荒川線の街歩き」を楽しんできました。いつもは気ままな一人ぶらり旅を楽しんでいるRWですが、たまには気心知れたメンバーとワイワイ言いながら歩くのも実に楽しい!本企画に皆も一偏に嵌ってしまい、今後も継続開催の誓い。都内唯一の都電旅・・、またも新シリーズが発足・・(笑)

c0119160_11463030.jpg
c0119160_11463961.jpg


           .......東京に残る最後の都電「荒川線」、心が癒される昭和レトロの風情.......
c0119160_11482445.jpgc0119160_11484724.gif
c0119160_11493549.jpg

大学サークル仲間・モッチャン(ガバチョ氏夫人)より、「W林ワカボンが昔懐かしい荒川線沿線を歩きたいと言ってるから付き合って~」とメールが入り即快諾!しむけん様も名古屋からわざわざ駆け付け頂いて参加
1/28午前に大塚駅に集合!でもガバチョ氏は飲み会からの登場でした~!中年軍団4人いざ出発!


     .......学生仲間(RW・モッチャン・ワカボン・しむけん氏)は大塚駅から都電に乗り込み出発~!........
c0119160_12204414.jpgc0119160_1221317.jpg
c0119160_12213086.jpg

「ALWAYS三丁目の夕日」映画シーンにも登場する都電はかつて都内交通ネットワークの要的存在でした。以後モータリゼーション発達の影響で車に押され業績悪化、昭和42~47年、35系統の路面電車が廃止されました。しかし都電荒川線(三ノ輪橋~早稲田)は住民の強い要望で存続決定され唯一の現役


         ......都電荒川線の路線図、三ノ輪(台東区)⇔早稲田(新宿区)を往復運行.......
c0119160_12314957.jpg






★桜で有名な「飛鳥山公園」からスタート


大塚駅から庚申塚・西ケ原を経由し王子方面に向かいます。民家脇をコトコト走り抜ける姿は鎌倉・江ノ電と共通する風景かも・・。でもやっぱ違うかナ、江ノ電の様な海の開放感ではなく殆どが下町風景・・
それにしても車両はかつてと比べ明るく色々なデザインに溢れ、垢抜けた感じになってきたなあ・・(驚)


      ......(左)都電の線路(曲がりライン)を俯瞰 (右)陽だまりの「飛鳥山駅」に到着~!.......
c0119160_12335511.jpgc0119160_12341415.gif

c0119160_12342678.jpg


           ........Ohカラフル!こんなお洒落な都電車両も行き交うのか~!.......
c0119160_12413599.jpg
c0119160_12415945.jpg

飛鳥山駅(改札は通過自由、脇道から誰でも出入り可能な大らかさ)を下車、まずは江戸時代から桜の名所で有名な「飛鳥山公園」を訪ねてみました。過去、花見で何回か来たが冬期の訪問は初めてだ。


      ........(左)冬の飛鳥山公園に足を踏み入れる (右)春には満開桜が見事な飛鳥山........
c0119160_12454492.jpgc0119160_1246383.gif
c0119160_12462666.jpg

         .......蒸気機関車や昔活躍した都電の車両が公園に展示されていた........
c0119160_12495537.jpg
c0119160_12502267.jpg

公園は二段構造となっており上部に登ると広い公園だ!かつて活躍した都電車両(オレンジ色)が展示されており、子供向遊具・砂場や茶店もある。オ~、向こうにはSL機関車も鎮座しているではないか!


     ......(左)SL王者(D51)機関車 (右)機関車内部、石炭炉に装着された計器・バルブ類.......
c0119160_13422383.jpgc0119160_1343265.gif

c0119160_13434924.jpg


       .......機関車に乗って、郷愁に浸るアラフィーの童心軍団(GOGOも近いのに)........
c0119160_13474353.jpgc0119160_1348795.jpg






c0119160_13483712.jpg


SLに登り機関室を覗いたりして童心でハシャぐオヤジ達。「イヤ~、冬でもなかなか楽しいね~!今度は満開桜の下で飛鳥山に集合し大いに騒ごう!」と、冬なのに早くも花見予定を決めてしまう脳構造がノーテンキな春状態の中年4人組。集合写真を撮りながら、下町ぶらり旅の楽しい一日はスタートしました。





★飛鳥山公園で渋沢栄一の大偉業をあらためて知る!


飛鳥山公園には3つの博物館(北区飛鳥山博物館・紙の博物館・渋沢資料館)があります。十分な時間はないので一つにせねば・・、渋沢栄一に以前から興味があったので小生要望したら皆さんも賛同


       ......飛鳥山公園には渋沢栄一の住まい跡と史料館があった!知らなかった・・........
c0119160_13595249.jpgc0119160_1402884.gifc0119160_1404867.gif




c0119160_1411075.jpg


「渋沢史料館」は、日本近代経済社会の基礎を築き、実業界のみならず社会公共事業・国際交流面でも指導的役割を果たした渋沢栄一(1840~1931)の全生涯にわたる資料を収蔵・展示しています。


       ........(左)渋沢資料館の入口 (中)第一国立銀行 (右)渋沢栄一胸像........
c0119160_14103552.jpgc0119160_14105519.jpgc0119160_1411222.jpg




c0119160_14115172.jpg

渋沢栄一というと、国立銀行設立や主産業の創始に関わった先駆者なるイメージは持っていましたが、館内での業績紹介を見ると、ここまで多岐に渡る偉業を成し遂げたスーパースターだったのか~と驚き!


......(左)若き日の渋沢栄一&第一国立銀行 (右)歴代の大蔵省首脳(今は小粒すぎて・・)......
c0119160_1430569.jpg
c0119160_1432198.jpg

第一国立銀行・東京商工会議所・証券取引所・三井銀行・王子製紙・東京電力・東京ガス・日本郵船・東京海上・石川島播磨重工・サッポロビールなど名立たる企業500社、日本赤十字社・帝国ホテル・帝国劇場・早稲田大学・日本女子大の創設にも関わっている。日本初の田園都市構想(田園調布)も提唱・・

 

    ........(左)東京商業会議所 (まさに日本経済基盤の創始者) (右)東京株式取引所 ........
c0119160_15322737.jpgc0119160_1532557.jpg
c0119160_15332024.jpg


渋沢は埼玉県深谷市に豪農の長男として生まれ、血気盛んな青年時代は反幕府的な活動をしていましたが、運命の巡り合わせか最後の将軍・徳川慶喜に仕えることに・・。パリ万博見学で欧州訪問、近代技術・経済の見聞を得ましたが、帰国後は既に徳川幕府は倒れ明治時代になっていました。


    ........(左)徳川昭武パリ万博派遣一行写真  (右)日本近代工業の象徴・富岡製糸場........
c0119160_15414251.jpg
c0119160_15415637.jpg

その後明治政府の要請で政府に仕えたものの、官僚制度に限界を感じ民間人として行動することを決意します。商工業の発展に力を注ぎ、先に掲げた多くの企業・機関を創立し育成していったのです。


    ......(左)田園調布の街も設計 (下)東京海上本館(大手町) (右)庭には渋沢翁立像.......
c0119160_154619100.jpgc0119160_15464579.jpg





c0119160_15472325.jpg

史料館に隣接する庭園は大正期の2つの建物「晩香廬」&「青淵文庫」(旧渋沢邸の一部で国指定の重要文化財)が当時のまま威厳ある姿で残っています。毎週土曜午後の公開なのでいい機会に恵まれた!かくも立派な建物が北区に存在し、その庭で蒋介石が招かれていたとは・・更にビックリしたね~


              .......渋沢の喜寿祝いに建築された「晩香蘆」が特別公開中........
c0119160_1603071.jpgc0119160_15595026.jpgc0119160_160555.jpg
c0119160_16126100.jpg


      .......(左)「青淵文庫」の芝生には雪だるま (右)文庫の庭で蒋介石(国民党)を迎えた........
c0119160_16101119.jpgc0119160_1611993.jpg
c0119160_16112871.jpg


先程まで春ノーテンキだった中年軍団も「日本経済発展の恩恵を受けてきた我々は渋沢栄一の偉業に支えられたきたのか・・」と一応殊勝な気持になったものの、再びノーテンキに都電ぶらり旅へと戻ります。

                 渋沢栄一の生まれ故郷「埼玉県深谷市の記事」はコチラから




★王子駅でワンブレイク


飛鳥山公園から裏山を通じ王子駅に出る道が存在します。王子駅は仕事で昔よく通った街なので馴染み深いが、このルートで駅前に行くのは初めてだ・・。王子駅南口は昔から変わっていない昭和建築


      .......(左)飛鳥山公園から王子駅に続く散歩道  (右)地味だけど風情ある王子駅南口.......
c0119160_16232532.jpg
c0119160_16234461.jpg

あ~腹減った~!王子駅前の食堂で小生は天丼を注文(結構旨かった)。さて昼間からビールで乾杯かと思いきや・・皆さん真面目に歩こうとして?自粛。ウ~ンそれぞれ健康に気遣う歳となったか・・(笑)


       ........王子駅前・明治通りの歩道橋風景、ロータリーに曲がりゆく都電(自動車と並走)........
c0119160_1628475.jpgc0119160_16274261.jpgc0119160_1628044.jpg


c0119160_16304045.jpg


腹ごしらえを終え、王子駅から再び都電に乗り込み再び早稲田方面へと逆戻りします。ほのぼの・・、この電車には満員電車のいきり立った雰囲気・痴漢・喧嘩など殺伐とした雰囲気は無縁に思えます。


             ......王子駅には黄色の電車が停まっていた。さて再び出発~!........
c0119160_16355232.jpg
c0119160_16363913.jpg

次なる目的地は本日のメーンイベント~、おばーちゃんの原宿「巣鴨のとげぬき地蔵」~!怖れ入谷の「鬼子母神」~!有名人多く眠る「雑司ヶ谷霊園」~!いずれも豊島区名所~!(年増区じゃないヨ)


           ........都電駅の観光解説ポスター、やはり懐かしきレトロ電車だね~........
c0119160_1639267.jpgc0119160_1734124.gifc0119160_16401264.jpg

c0119160_1745813.gif

c0119160_16403792.jpg







★「庚申塚」から「巣鴨とげぬき地蔵」へ


前編クライマックスは「庚申塚」~「巣鴨のとげぬき地蔵」、年寄りくさいSPOTなんて全く関係なしと思っていたが齢50半ばとなり、この街へ思いを寄せる心境になってきた現実は複雑な気持ち・・。庚申塚は猿田彦神社だったのか~!古代ミステリー好きなRWとしては天孫降臨の猿田彦・・、実に興味ある存在


     ......(左)巣鴨・庚申塚に御参りするおばあちゃん (右)猿田彦神社の三ザル石碑.......
c0119160_1794399.jpgc0119160_17101715.gifc0119160_17103554.jpgc0119160_17105642.jpg




c0119160_17124848.jpg


おばあちゃんの原宿」として全国的に知名度の高い「巣鴨地蔵通り商店街」、過去JR巣鴨駅から入ったことは何度もありますが、都電「庚申塚駅」からのアプローチは初めて!毎度活気がありますね~!
モッチャン最大目的は「赤パンツ」、これを履くと「赤の力」で元気・幸福呼ぶ縁起物らしい。ホントかね~(笑)


      .......庚申塚から「巣鴨地蔵通り商店街」へと向かう(本日のメインイベント)........
c0119160_17322691.jpgc0119160_17324653.gif
c0119160_17331466.jpg


   .....(左)帆布バッグを売る畳屋さん (右)「赤パンツ」!単価高いのにバンバン売れる大人気.......
c0119160_17373935.jpgc0119160_1738676.jpg

c0119160_17383142.jpg

とげぬき地蔵」の正式名は「高岩寺」、曹洞宗の寺院です。境内は人出で賑い露天も多く並んでいるね~。かつて誤って針を飲み込んだ女中に、居合わせた僧侶が地蔵尊の姿を印した御影と呼ばれるお札を患部に飲ませたら、針が御影を貫いて出てきたらしい。当話が「とげぬき」の由来なのだそうな


            ........(左)巣鴨のとげぬき地蔵「高岩寺」 (右)護摩香炉の炎........
c0119160_1745821.jpgc0119160_17551170.gifc0119160_17461532.gif


c0119160_17512056.gif
c0119160_17464265.jpg


               .......おばあちゃんの原宿のご本尊「とげぬき地蔵」.......
c0119160_17585632.jpgc0119160_1759116.jpg

c0119160_17593766.jpg

高岩寺境内には「洗い観音」が鎮座(明暦の大火で妻を亡くした檀徒が供養で寄進したらしい)。布で病気部分をこすると効き目があると言われます。これがご本尊の「とげぬき地蔵尊」と勘違いする人も多いようですが、本尊「とげぬき地蔵尊」は秘仏のため通常は拝見することはできないとのことです。


   ......「洗い観音」を磨きご利益を受けんとする人達 (特に悪い場所はないがRWもゴシゴシ・・)......
c0119160_185089.jpgc0119160_1852560.gif
c0119160_185465.gif


c0119160_186253.jpg
c0119160_1861653.jpg


         ........(左)とげぬき地蔵境内の露天商風景 (右)境内も多くの人で賑う........
c0119160_18195692.jpg
c0119160_1820881.jpg

さて再び巣鴨商店街に出てJR巣鴨駅方面へと歩いてみよう。「すがも園」塩大福の大人気ぶりには驚いた!モッチャンが並んで購入、我々にご馳走してくれました。巣鴨駅前には高岩寺より歴史の古い「真性寺」(江戸六地蔵尊の一つ)があります。巨大な空海座像がお地蔵様の如し、ありがたや~!


      ........人気の「塩大福」を求め大混雑!「すがも園」店内風景、ウワ~活気あるねエ!.......
c0119160_1822405.jpgc0119160_18225855.jpgc0119160_18235727.jpg


c0119160_18241773.jpg


         .......巣鴨駅前に鎮座する「真性寺の空海さん」(お地蔵さん風だね~)........
c0119160_18353267.jpgc0119160_18355243.jpg

c0119160_18362356.jpg
c0119160_18364888.jpg







★都電ぶらり旅:後編(鬼子母神・雑司ヶ谷霊園・早稲田)へと続く


JR巣鴨駅前の賑やかなる風景を満喫した後は、「地蔵通り商店街」を戻って再び都電・庚申塚駅へ。
次の目指す場所は、「鬼子母神」と「雑司ヶ谷霊園」「旧・宣教師館」と「早稲田」周辺の懐かしき光景


       ...... とげぬき地蔵へは巣鴨駅前から入るのが一般的かも、大賑わい!.......
c0119160_1946331.jpg
c0119160_19475486.jpg

     ......(左)おそれ入谷の「鬼子母神」~! (右)文人が多く眠る「雑司ヶ谷霊園」.......
c0119160_1952810.jpg
c0119160_19522888.jpg

    ......(左)雑司ヶ谷「旧・宣教師館」 (右)雑司ヶ谷霊園から早稲田駅へと向かう........
c0119160_19553493.jpg
c0119160_1955504.jpg

          ......早稲田駅も早大キャンパス構内もかつてとは雰囲気が一変した気が・・.......
c0119160_2024961.jpgc0119160_2052590.gifc0119160_205454.gif
c0119160_2055919.jpg


今回は、都電荒川線の前半(王子・飛鳥山&巣鴨・庚申塚2ケ所)だけの記事だったが結構リキを入れて書いてしまった・・(長文反省)。前編レポートの区切はこの辺にして、後編(雑司ケ谷霊園・旧宣教師館・早稲田)は3月中旬に公開したいと思います。(途中に、関東大震災関連の記事を入れる予定)

c0119160_22361567.gif


                                     

                                                          おわり



            「都電荒川線のぶらり旅」(その2)後編:「鬼子母神・雑司ケ谷・早稲田」に続く





次回は、「関東大震災復興記念館&東京都慰霊堂を訪ねて(震災考)」をお送りします。
c0119160_20172722.jpgc0119160_20174232.jpgc0119160_20175981.jpg

  by rollingwest | 2012-02-19 00:00 | 都電荒川線ぶらり旅 | Comments(64)

<2009年7~8月>往く夏を惜しむ(その2):旧友との夏の再会


学生時代の旧友と会う機会を毎年定期的に設けていますが、今年の夏は3ステージ(中・高・大)の開催が一挙集中しました。久しぶりに会った人や本ブログに日頃登場頂ける人、さまざまなメンバーとワイワイ賑やかに旧交を温めることができました。お互い健康であればこその楽しみです。
c0119160_8465133.jpg




★【7月4日】:中学時代のメンバーとJリーグ定期観戦会(at大宮)


柏崎第一中学時代のメンバーは柏崎小学校の入学時から同級生なので実質9年をともにした仲。帰省時も集まりますが、最近は首都圏在住者での定期懇親会の方が頻繁に開催されているかも。

  .....大宮ナックファイブスタジアムはオレンジ色に染まっていく!(大宮アルディージャの本拠地).....c0119160_995025.jpg










c0119160_850741.gif

数年前からJリーグ観戦後に飲み会というパターンが定番になっています。皆は結構サッカー好き!
今回メンバーは6名。常連のヒーチャン・ゲサン・セキ女史・ミンコロ女史に、新メンバーのH井を加えて大宮観戦


         ........豊かな自然を残す大宮公園の散策路(ナック5スタジアムに向かう道).....c0119160_9103668.jpgc0119160_9105338.jpg

高校同級で近隣に住むH井は第三中なので母校は違いますが、今回の企画に誘い込んでまた皆の輪が広がりました。大宮公園を訪れるのは2年ぶり、鉄道博物館とジョンレノンミュージアムを見た帰りに寄って以来だな・・。池・緑の静かな散策路を抜けると本日の球場ナックファイブスタジアムが現れた!

                                               リンク:大宮探訪

    .....(左)横浜Fマリノス(青色)のサポーター       (右)大宮アルディージャ(橙色)のサポーター.....
c0119160_953691.jpgc0119160_9532240.gifc0119160_9533936.jpg

セキ女史は大のFC東京ファン、昨年冬は調布「味の素スタジアム」でアルビレックス新潟との試合を観戦しました。今回はミンコロ女史(ハンドルネーム由来は愛犬の名前)が、大宮アルディージャvs横浜Fマリノスの観戦をスポンサー様提供で企画して頂きました。(ミンコロ様ご勤務・MSN銀行が大宮の協賛企業)

                               リンク:調布探訪(FC東京vsアルビ新潟観戦)


    ......(左)キックオフ!カクテル光線の中の対戦       (右)日本の鉄壁「中澤佑二」.....c0119160_1014741.jpg




c0119160_102210.jpgc0119160_1021764.jpg

試合結果は0対0の凡戦に終わりましたが今日・最大目的はボンバーヘッドの異名「中澤佑二」!日本最強の鉄壁DFのプレーを間近に見られただけでも大いに価値がありましたね〰。最高〰!


          .........アルディージャのビブスを装着(ヒーチャン・小生・ゲサン・H井・ミンコロ女史・セキ女史).....c0119160_10185016.gif
c0119160_10191248.jpg







c0119160_10192817.gif



試合後、大宮駅へ向かう人の行列。大宮公園から氷川神社参道を抜けて、駅近くの繁華街にある監獄ホラーの店「ロックアップ」へ・・。恐怖の館が売物の店で、ミンコロ様(ホラー好き?)のご推奨
c0119160_10303961.jpgc0119160_10305434.jpg

乾杯後の会話は機関銃の如く連弾発射!(特に女性陣が元気なこと)、H井も初対面で圧倒されながらも楽しい雰囲気に完全に馴染んでいた。宴も盛り上がってきた終盤、いよいよショータ〰イム!
c0119160_10385995.jpg






c0119160_10391735.gif
c0119160_10393164.gif

店中が暗くなり稲光にホラーBGMが鳴り響き始める!あちこちの部屋から「キャ〰」という悲鳴が・・!
そして我々の部屋にも妖怪登場!果敢なるゲサンが防戦応酬!激しいバトルが繰り広げられた!
c0119160_1045292.jpg
c0119160_10451457.jpg

最後はゲサンも降参。妖怪にチューされて本人もちょっとビミューな気分!皆はこんなお馬鹿で楽しい夜を過ごして次回の開催を誓い合うのでした。またも友達の輪を拡大して盛況にやりましょう!
c0119160_10511564.jpg





★【8月8日】:大学時代のメンバー「TARA様帰国・夏季の宴」 (at高田馬場)


毎年恒例・・、スイスから帰国したTARA様の帰朝報告会が高田馬場「花福」にて開催されました。
「ハリケーンTARA」の異名通り、この方が出現すると東京の騒音度は10デシベル程上昇します。


  ....「花福」にてワイワイ談笑。さりげなく撮影しても常にカメラ目線で意識する神楽坂様(左端)....
c0119160_10575352.jpg



c0119160_10581010.jpg

大学サークル同級8名(TARA・しむけん様・モッチャン・ガバチョ様・スズメ・キンチャン・シゲモリ)、もう一人は1級上で常に我々のご意見番として鎮座する神楽坂様の参加を得て、合計9名の歓迎会となりました。


          .......ヒョーキンにおどけるしむけん様、常時必携の白タオルを肩にかけるスズメ殿.....c0119160_11304760.jpgc0119160_11311226.gif



c0119160_17395151.jpg

c0119160_11312813.jpg

スズメはこの日、大阪でゴルフをして上京。しかもカミサン待つ自宅には帰らずに明日も明後日もゴルフだと・・・。あきれ果ててモノが言えない・・。(それで120叩きで上達せんとは・・、再度・呆)


 .......妖怪人間、ガラガラ蛇ブーツと数々の異名を取るTARA様、カメラを向ければ即刻反応する。....c0119160_11375619.jpgc0119160_11381029.jpg



c0119160_1648126.jpg

c0119160_16413264.jpg


しむけん様は最近デジカメ動画機能をよく駆使しており、今回も談笑風景を撮り始めました。それまで脳のテッペンからスットンキョーな嬌声で笑い転げていたTARA様は、機敏に外向けの表情に切り替えオスマシの目線!猫を被るとはこのこと!(ガラガラ蛇・豹柄の置物も被っているのかもしれない)


          ........一次会、終了~。「花福」入り口の前で恒例の集合写真....
c0119160_11422433.jpg

宴たけなわで、一次会は一旦締めて店の前で集合写真。いつもなら次は「大響・カラオケ」へと足を向けるはずですが、キマ・マウス様が終盤に合流したため、再び居酒屋でワイワイ語らうことにしました。


             ........二次会は昭和レトロをモチーフにした居酒屋「半兵衛」........c0119160_12244388.jpg
c0119160_1225596.jpg


二次会は昭和レトロの雰囲気に彩られた「安兵衛」。BGM・店内装飾とも半世紀前の世界にタイムスリップ!それで1人3千円もかからぬ値段で十分飲めるんだから本当にお得!さすが学生街だね~
c0119160_12291587.gif

 .......常にカメラ目線になってしまう女性陣・・(皆、自分が吉永小百合だと思っているのか?).....c0119160_12323116.jpgc0119160_12345021.jpg

懐かしい映画ポスターにブロマイド、レトロなる日用品・・etc。この店がユニークなのは店内装飾だけではありません。何と、生ビールはヤカンに入っているのです。(スズメが注いでいる上段写真をご参照)
c0119160_1241999.jpg

      .......楽しくて見飽きることがない「半兵衛」のレトロな店内風景(値段もメチャクチャ安い!).......c0119160_1243436.jpgc0119160_12435993.jpg








c0119160_12444052.jpg

現在独身のTARA様、スイスで24歳イケメン若者と付き合っている事実を吹聴。(現在、喧嘩中らしい)
「ホントか~?24歳・老犬の間違いじゃないの?」店内は若者で大賑わい!うちのテーブルは馬鹿者で大賑わい!親子程違う年齢をものともせず、若者に負けぬ騒音を発信し続ける我が陣でした。              


  .....高田馬場駅前の夜は更けていく・・(BIG-BOXは、昔とはイメージが変わったなあ・・)........c0119160_16591875.jpg

台風時期に合わせて毎年日本を来襲するTARAハリケーン。今年は大地震も発生させています。
c0119160_1791677.jpg
さてさて夜は更けて終電時間も近い。いつもならばスズメが徹マンに巻き込もうとする時間ですが、翌日ゴルフなのでさすがの絶倫男もおとなしくせざるを得まい。修羅場は回避、めでたく終了~。ホッ






★【8月14日】:柏崎高校サッカー部・同窓会:「T先生を囲む会」 (at新潟市)
c0119160_17403933.gif

今から30数年前に一緒にボールを蹴り走り回った高校サッカー部時代の懐かしいメンバーでOB会を開催(幹事として企画)しました。当時の顧問・T先生は新任教師で柏崎高校に赴任し、同・校長先生として凱旋着任。そしてこの3月にめでたく定年を迎えて、最後の花道を飾った経緯にあります。


......新潟市のシンボル「万代橋」、新潟駅から橋を渡って今日の会場「新潟グランドホテル」へ......c0119160_17123464.jpg

先生のお住まいが新潟市なので、各自で新潟グランドホテルに昼集合。RWの同期・1年先輩・後輩メンバーが15名も多数参集頂き、賑やかな同窓会となりました。30数年ぶり再会の方も数人いた。


         ........T先生を囲んでサッカー部の面々が勢ぞろい!(新潟グランドホテルのロビーにて)......c0119160_17191055.jpg

 .......各自近況報告、右は柏崎原発再稼動の鍵を握るS田・刈羽村村長(1級先輩)の挨拶.......c0119160_17254291.jpgc0119160_1726566.jpg

風貌が全く変わってしまった方、殆ど当時のままの方、貫禄がついた方、各自其々が人生の歴史を刻んで来ましたが、やがて会話が弾む中で一緒にボールを追いかけた当時の日々がフラッシュバック!
大病・大怪我を経験した人(小生も含め)も数人いて、健康のありがたさを改めて噛み締めた次第



   ......K司さんから、T先生への花束贈呈(校長先生退職慰労)、長い間お疲れ様でした~.......
c0119160_17451330.jpg
c0119160_17313210.jpg

グランドホテル中華料理店での一次会は盛況の中、先生への花束贈呈を終えて15時に中締め完了。二次会は河岸を変えて駅前近くの蕎麦屋の二階で再びワイワイ!昼間から鱈腹飲んでいましたね~


         ........再び万代橋を渡り新潟市内の「須坂屋そば」で二次会(再び旧交を温める)......c0119160_17325732.jpgc0119160_17331292.jpg

16時過ぎには現地解散し、それぞれの家路に着きます。小生はJR信越線柏崎行・電車時刻まで時間が余ったので、万代橋周辺を散策。快晴の信濃川風景をほろ酔い気分で写真撮影して帰柏。
万代橋光景や柏崎への車窓風景は以下写真にてご覧あれ。 サッカー部OB会またやりましょう。c0119160_18101923.gif


c0119160_18104194.gif

同窓会は上記の他にあと2系統(高校3年1組、大学お組)ありますが、また定期開催しないと・・




★【10月3日】:大学時代の下宿・先輩たちとの再会

大学入学して上京したときは目白館という賄い付き下宿におりました。(目白駅から左側に行った下落合3丁目:宿主のバーチャンが猫を30数匹も飼っていて猫屋敷と呼ばれていた。)
S田さんの音頭取りで当時の懐かしい先輩たちと30数年ぶりに再会が実現!旧交を温めました。
c0119160_7482238.jpg

麻雀ばかりのビンボー学生だったあの頃、当時の逸話で皆大笑い!下らない話がいつまでも蒸し返され、その都度爆笑~!昔の話ばかり思い出していてはもう我々も老人の仲間入りか・・?
c0119160_750502.jpg

当時はやっていた懐かしい流行歌を歌いまくり、同じ店で6時間も粘っていました。このビンボー度はいつまでも変わらんね~!我々には決して似合わない目白駅がますます洗練されており、時代の変化とともに無骨な目白館メンバーとはますますのギャップを感じる中秋の名月の晩でした。
c0119160_7552656.jpg
c0119160_7553913.jpg
また何年か後に、さらにオバカなメンバーを拡大して、またこの目白の地に集いましょう!




★越後の晩夏・諸風景


最後に「往く夏を惜しむ」の表題の納めを飾り、「越後の晩夏・諸風景」をお届けして本特集記事を終えましょう。今回の新潟市訪問や帰省途中で撮った数枚のスナップ写真です。(^_^)/~夏よ、サヨナラ~


(万代橋周辺のスナップ)

           .........信濃川に浮かぶ万代橋のシルエット(雲一つない快晴は本当に久しぶり)......
c0119160_18164716.jpg

   ......信濃川・河川敷の芝生で寛ぐ人たち(本当に爽やかな日であった。)......
c0119160_18224981.jpg

           ...........川に係留された艀船、川面には日光が乱反射していた。......c0119160_1825573.jpgc0119160_18252833.jpg




(JR信越線からの車窓風景)

     ......青い稲が輝く越後・田園風景を車窓から眺める。(今年は日照不足で不作が懸念)......
c0119160_18324012.jpgc0119160_18325734.jpg

   .......新潟からの列車は信濃川を渡り、柏崎へとに向かう。やがて名峰・米山さんがお迎え......
c0119160_18392837.jpgc0119160_1839403.jpg

 ....柏崎駅前は旧・柏崎製油所跡地が完全更地となり水溜り風景となっていた。(背景は米山).....
c0119160_1922431.jpg




(とんぼ)

   ......(左)実りを迎える前の稲穂風景(背景は故郷の刈羽黒姫山)、(右)とんぼクローズアップ!.....c0119160_19291334.jpgc0119160_19293974.jpg

           ..........(左)ハグロトンボ(糸蜻蛉の一種)(右)黒い羽根を開き始めた!......
c0119160_193517100.jpg
c0119160_19353397.jpg





(魚沼の風景)

 ....(左)越後川口の沼地、遥かに「越後三山」の雄姿、(右)堀ノ内簗場にて、鮎を掬うファミリー.....c0119160_19422386.jpgc0119160_19423995.jpg

           .......晩夏の「魚野川」、名峰「八海山」を背に鮎釣りに興じる太公望.....
c0119160_19463714.jpg

今年は天候不順が続き、涼しく短い夏に終わりました。もう秋を迎えてしまいますが、これからは爽やかな快晴日を多く迎えたいものです。内輪の記事に長々とお付き合い頂き、お礼申し上げます。


                                                       おわり


次回記事は、【食山人氏・日本百名山達成記念】:北アルプス・フォッサマグナの名峰「雨飾山」をお送りします。
c0119160_6362520.jpg

  by rollingwest | 2009-08-16 08:41 | エトセトラ | Comments(40)

<2008年11月30日>東京調布:Jリーグ観戦&中学同級・定例会

★中学同級定例会(Jリーグ観戦)

五十路(isoji)を過ぎると各代の同級会が増える傾向ですが、ここ数年は大学・高校にあわせ中学メンバーとの定例会も恒常化してきました。利害関係ない昔の仲間で大笑いしたり元気をもらったりしてお互いストレス解消をしています。今年も恒例のJリーグ観戦&懇親会をメンバー拡大で開催~!


         ......調布市・「味の素スタジアム」(FC東京のフランチャイズ)の正門....
c0119160_733433.jpg

今年は定例メンバー(麗しの2女史+ヒーチャン)にゲサンと、カネ(中高6年間サッカー部同僚)を加え調布「味の素スタジアム」で「FC東京」vs「アルビレックス新潟」(最終節直前)、6人での観戦企画。
16時キックオフですが、折角の機会なので私は昼過ぎに到着、周辺見所を一人歩くことにしました。
c0119160_733349.gif


★「武蔵野の森公園」と「調布飛行場」をぐるり散策


「味の素スタジアム」は京王線「飛田給」駅で下車。(通常は急行が止まらない駅ですがJリーグ開催時は停車)   スタジアムでの待ち合せ場所を事前確認し、外周の銀杏並木道を延々と歩き「武蔵野の森公園」に向かいました。周辺はグランド施設が充実、少年たちがスポーツ練習に励んでいます。


     ......(左)調布スタジアムの目の前に広がる秋景色 (右)「武蔵野の森公園」の銀杏色づく....
c0119160_8235182.jpgc0119160_824781.jpg


「武蔵野の森公園」は、「調布飛行場」と隣接する三鷹・府中・調布にまたがる都立公園です。
まさに紅葉真っ盛り!でも日頃の紅葉光景とは何か違う。何と東京で青空地平線なのだから・・。

     ......(左)「調布飛行場」を遠くに見て真っ赤な紅葉 (右)上空にセスナが飛び行く....
c0119160_8291980.jpg






c0119160_8294557.jpgc0119160_8302451.jpg

「調布飛行場」は太平洋戦争では日本軍・特攻隊基地となりましたが、戦後は米軍占領を経て、今は伊豆諸島(大島・新島等)へ飛ぶ東京都飛行場として民間コミューター会社(株)新中央航空が運営しています。散策している時もセスナが島嶼(東京都)に向かい、数機飛び立っていました。


     ...... (左)調布飛行場の広大な敷地、右遥かに味の素スタジアム (右)セスナ機を近撮....c0119160_8391262.jpg






c0119160_8394629.jpg

お~、もう「味の素スタジアム」があんなに遠くなってきた。やはり飛行場の外周は距離が長いな・・。
風が強くて今日は西高東低の冬型。それだけに雲一つない青空だ!いやぁ、結構歩いたね~!

c0119160_15151744.gif
c0119160_132118100.gif

     ......飛行場・管制塔と事務所建物、青空に映える紅葉が素晴らしいぞ~!....
c0119160_155138.jpg

我々が抱く紅葉盛り期のイメージは10月下旬~11月ですが、最近平場で観る錦秋は完全に1ケ月遅れになってきました。正月の紅葉が将来当り前になっちゃうのかもしれません・・。地球温暖化?



★三鷹の「国立天文台」

c0119160_8584322.jpg

三鷹市の国立天文台。江戸幕府が浅草に設置した天文台がルーツ。その後、東京帝大天文台を経て大正期に当地に移転してきたとのこと。チョット遠いけどここまで来たからニャ~、意地じゃ!歩く。
調布飛行場隣接の大沢グランドから野川を渡り、坂を上がると杜が見える。ここは三鷹市の最西部。

     ......(左)武蔵野を静かに流れる野川 (右)国立天文台(三鷹市)の正門....
c0119160_99792.jpgc0119160_992215.jpg

先週の「はけの道」に続き、今回も武蔵野風景の中に身を置いています。湧き水の「野川」がうららと流れ、紅葉はまさに真っ盛り!先週も鮮やかで素晴らしかったけれど、今日もまた実にいいね~


   ......(左)天文台構内の鮮やかな紅葉コントラスト (右)アインシュタイン塔(太陽光を観測)....c0119160_9174974.jpg












c0119160_9152750.jpg

国立天文台は三鷹市に本部を置いていますが、全国各地(岩手水沢・野辺山・乗鞍・岡山)に観測所を持っています。(ハワイ・チリにもある) 「アインシュタイン塔」等のレトロ建築物がいくつかあり興味をそそられましたが、Jリーグ観戦時刻も迫り、ゆっくり構内施設を見学できなかったのが残念・・。


   ......構内見学を終えて天文台に別れを告げる。夕日斜光に映えた紅葉は燃ゆる......
c0119160_9373655.jpg


坂を下り再び調布の街に戻ります。調布市はスポーツ施設が充実した所(野球リトルリーグも有名)で、Jリーガーを夢見る少年が黙々とボールを蹴っている。街全体がスポーツに熱心で理解がある所に思えます。さてさてピッチを上げて戻らないと味の素スタジアムの集合に遅れちゃうぞ・・。早足~

    .......調布グランドでサッカーの練習に励む少年、目指せ!未来のJリーガー....
c0119160_9412682.jpg

c0119160_12394682.gif



★「FC東京」vs「アルビレックス新潟」


同級仲間とスタジアムで合流(何とか、間に合った)!今日は寒いけれどやはり観戦席ではビールで乾杯!皆この企画を楽しみにしてくれており、その笑顔を見ると幹事としてやり甲斐があります。
日暮れが早くカクテル光線も点灯。両チームの熱狂的なサポーター応援を見て16時キックオフ!

    ........(左)FC東京の応援風景.、両チームともサポーターは熱狂的、(右)キックオフ!....c0119160_9493762.gifc0119160_950134.jpg




c0119160_9501310.jpg




c0119160_9502549.gif

今季の「FC東京」は最後まで優勝に絡み健闘しましたが、当日時点で優勝の可能性は消え、ACL出場に望みを託します。一方の「新潟」はJ2降格圏内に迫っており、ここで負けてしまうと危機・・ヤバイ状況を迎えていました。前半はボディチェックの激しい展開、プレスの早い新潟が優勢気味。セットプレーから何度か惜しいシーンがありましたが、ゴールポストとGK塩田に阻まれます。0:0膠着状態でハーフ


    ........ハーフタイムで場外に出てみると鮮やかな街の夕暮風景、でも身を切るような寒さ!....
c0119160_9535815.jpg
c0119160_9541245.jpg


今日は昼間ポカポカとしていたのに、冬型気候なので試合中の冷え込みは時間を追うごとに厳しくなってきました。FC東京ファン・セキ女史はJリーグ観戦は場慣れたもので当然ホカロンと膝掛けを持参
小生は寒くてその恩恵に預かります。ヒーチャン・ゲサンはこの寒さの中、何ともう4~5杯目のビールだ!
c0119160_1013387.jpg

    .......夕闇に包まれ、スタジアムの芝生がカクテル光線に映える。後半開始、熱戦は続く。....c0119160_1051273.gifc0119160_1052689.jpg




c0119160_1054524.jpg



c0119160_1042119.gif

後半はFC東京が主導権を握り、本来の強さが出てきます。そして83分コーナーキックから交代したばかりの赤嶺がヘディングシュート!ゴォ~ル・・!城福監督の交代起用がバッチリ当たってFC東京が勝利

....終盤ついに均衡破れる。FC東京・赤嶺が決勝弾!歓喜の選手。右は静まり返る新潟応援席....c0119160_10294132.jpg

c0119160_1030991.jpgc0119160_10302838.jpg

新潟サポーター席は当然盛り上らず、落胆で帰路する故郷の人を思うと可愛そうな気がしました。
でも結果的に新潟は最終節でガンバ大阪を下し、来季もJ1にめでたく生き残れたのです。ヨカッタネ~

     ......(左)試合終了後、皆で集合写真! (右)柏崎第一中学(現在校舎)と米山さん....c0119160_1036460.jpg



c0119160_10362149.jpgc0119160_10363426.jpg

今年のJリーグは鹿島が史上初・連覇2度目の偉業を成し遂げましたが、最後まで混戦状態が続きおもしろかった。(昨年の鹿島大逆転優勝はもっと凄かったけど・・)大分トリニータの大躍進、レッズの予想外の低迷、ジェフ千葉の奇跡的なJ2残留・最終逆転劇、今季も沢山のドラマがありました。

c0119160_10564163.gif



★締めの懇親会


さて京王線から井の頭線に乗り換えて、下北沢で下車して居酒屋に直行(一足早い忘年会開催
お酒が入ると饒舌・大笑いになって盛り上り、やはりこの時間が一番楽しい。女性陣も日頃のストレス解消が十分できたとのこと。スタジアムでビール5杯を仕込んだヒーチャンは当然酔いが早かったかな(笑) 

     ......左から、ヒーチャン(半分でゴメン)、貫禄のカネ、ナオミ・セキの両嬢?、ゲサン写らずゴメン....c0119160_10594594.gifc0119160_10595896.gifc0119160_11312769.jpg








c0119160_1102762.gif

明日は月曜日だし、皆結構遠い所から集まってくれているので深酒せず適度な時刻でお開き・・・。
いや~、今回も実に楽しかった。一中の皆様、また今度夏あたりに皆で集りましょう・・!


                                                     おわり


       ......今回辿った調布周辺のコース↓を下記地図に紹介します。....
c0119160_1154069.jpg


             ......今年最後の盛りの紅葉も十分堪能できました。....
c0119160_117192.jpg

  by rollingwest | 2008-11-30 07:27 | エトセトラ | Comments(26)

08秋・都心記事特集(その2):「神宮球場・WK戦」&「新宿ゴールデン街・花園神社」

大学サークル仲間とは年に数回飲んでおりますが、「大学野球WK戦」の応援に行こうとの誘いがあり、ン十年ぶりに同期6名で観戦してきました。またサークル先輩「神楽坂女史」が7月発刊された「新宿ゴールデン街・花園街案内」のガイド本をもとに、職場仲間と「酉の市」の日に昭和色の濃~い場所への探訪もついに実現。今回の記事紹介は新宿区シリーズで行ってみたいと思います。

c0119160_21524396.jpg


★神宮球場・WK戦(11月1日)

六大学野球は数年前まではやや閑古鳥状態でしたが、ご存知「斉藤祐ちゃん」がW大野球部に入り優勝に即貢献して以来、人気が大復活!こちらもミーハー根性ですが、生の祐ちゃんと優勝シーンが見られるかも・・と嬉々として神宮に足を向けました。(久しく応援に行ってない身を反省しつつ)
c0119160_21535935.jpg

◇「神宮外苑風景」

「神宮球場」へはJR信濃町から神宮外苑「絵画館」(正式名:聖徳記念絵画館・明治天皇の業績を後世に残す趣旨で建設)の前を通り向かいます。いつ見てもこのドーム建築は威厳があるねエ・・。


    ....神宮外苑のシンボル「絵画記念館」、中学の修学旅行・ハトバスで来訪したはず....
c0119160_6154156.jpg

東京五輪メイン会場「国立競技場」まで来るとJR千駄ヶ谷駅からサッカー応援と思える若者達が続々とやってきます。そうか今日はJリーグ・ナビスコ杯決勝(大分vs清水)の日でもあったか・・。

       ....東京五輪の聖火が点った「国立競技場」(ラグビー観戦でよく来たものだ)....
c0119160_6155912.jpg


       ....「明治神宮野球場」は学生野球の聖地(ヤクルトスワローズ本拠地でもある)....
c0119160_21591297.jpg


年に数回、高田馬場飲み屋でしか合わない参加メンバーですが、今日は秋晴れのもと健康的なスポーツイベントでの再会です。否、一人不健康な奴がいた!単身赴任の大阪から金曜日に帰京して徹夜麻雀明けで野球観戦に来たスズメ(雀)氏。コイツの不摂生・体力・痴力には誰もついていけない。


....左①しむけんさんキンチャン(ともに洋楽好き)  右④ガバチョ氏モッチャン?ご夫妻(幹事役)....c0119160_17295341.jpgc0119160_17302680.jpgc0119160_17303857.jpgc0119160_17305146.gifc0119160_1731361.gif
  ....中③(チュンサン)  スズメ氏↑(手拭付き)、徹マン明けで観戦に来た。全身イーソーに見える....


懐かしき神宮球場・・。他球場がドーム化等で続々とリニューアルされていく中(今度、甲子園・広島球場も)、今は結構レトロな建物に見えてきます。学生時代・WK戦前夜では新聞紙を敷いて陣取り、徹夜騒ぎで先輩に飲まされ、翌朝はゲロ塗れになっていたもの・・(試合観戦時も当然泥酔状態)
c0119160_17362571.jpg

       ...神宮球場の外壁通路 (今はもう学生の泊り込みや徹夜飲酒は禁止されている)....c0119160_17374048.jpg
c0119160_17375262.jpg

まあ、当時のお馬鹿な学生にとって本当によき時代だったかも・・。現在は健全だね~。(ん?)いやよく考えたら、大麻に侵食される今の学生に比べれば俺達の方がずっと健全で純朴だったぞ!?



◇「花のWK戦」&斉藤祐ちゃん
               
11時半観客席に陣取り、両校の練習や応援風景を見て13時試合開始。もうこの頃は我々も十分アルコールが回りいい気持ち・・(酒持込みできるのが素晴らしい)、眩いばかりの秋の大快晴だ!
c0119160_17454989.jpg

          
    ....試合開始前の練習風景、W大の幟旗「花は桜木」は30数年前と全く変わっていない。....
c0119160_17472654.jpg


          ....13:00試合開始、プレイボール! 華やかな応援合戦が繰り広げられる。....c0119160_17482578.jpgc0119160_17492776.jpg

いよいよ斉藤祐ちゃん登場!記憶に新しい2年前夏・甲子園決勝「早実vs駒大苫小牧」の死闘、息詰まる壮絶な戦いで早実を優勝に導いたハンカチ王子(史上初・7試合先発948球、春夏連続で引分け再試合を2回)、この空前絶後の記録は今後破られることはないでしょう。実にスゴイ・・。

    ......(左)ブルペンの勇姿、 (中)斉藤祐樹、第一球投げました!繰り広げられる攻防熱戦....c0119160_1826758.jpgc0119160_18262650.jpg










c0119160_18264083.jpg


でも球のスピードはそんなに速いわけではなく技巧派という感じ。今日は本調子に程遠く、結構ランナーを塁にためるものの、要所はしっかり押さえます。打たれ強く大量失点しないタイプですね。

     ...(左)打者・祐チャンを撮影(ネクストバッターズサークルで待機)、ズームアップすると色っぽいね~....c0119160_19355155.jpg
c0119160_19275531.jpg

そして試合は終始W大のペース(安心して見ていられる内容)、最後はリリーフ大石(福岡O濠高・空リョーさんの後輩、このピッチャー結構スゴイ!将来プロの大物になるそうな気が・・)がビシッと締め3対1で完勝!見事優勝の栄誉に輝きました。やりましたね~!

            .... W大が試合を優位に進め、ついに優勝!喜びに溢れるナイン....
c0119160_19373951.jpg

       .....斉藤祐樹(今季自己最多7勝、通算18勝)の優勝インタビューを電光掲示板で....
c0119160_19384288.jpg

祐ちゃん、もう立派な大黒柱。喜びもそこそこに冷静なインタビュー応対。あと2年で何勝上げるんでしょう?プロに行くと思うけれどそれだけでは終らない気もする。(メジャーには行かないと思うけれど)


◇「祝勝会!」

6人は信濃町駅前のスポーツ居酒屋「サラ」に入り祝杯を上げます。隣席には、Jリーグ・ナビスコ杯で見事優勝を勝ち得た「大分トリニータ」のサポーター若者達が大いに気勢を上げていました。

     ... 大分トリニータのサポーターと一緒に、信濃町スポーツ居酒屋でともに祝勝会で盛り上る...
c0119160_1947271.jpgc0119160_19472057.jpg
c0119160_19473644.jpg


徹マン明けスズメ氏は試合観戦中に当然寝ていましたが、祝勝会は再び元気に復活しています。
(本当にあきれる絶倫ぶり) しかし隣の大分サポーターと比べれば50オヤジ達は若者の熱気・興奮にはかなわない・・。昔は若さにまかせ新宿歌舞伎町の池に飛び込んで大馬鹿コイていたのに・・。
c0119160_20171976.jpg
    ....新宿コマ劇場・ミラノ座の噴水池で大騒ぎした当時の写真(池はもう閉鎖されている)....c0119160_19511172.jpg
c0119160_19512722.jpg


    ....帰りにキンチャンと2人で元住吉カラオケBoxに行き、洋楽(ビートルズ・イエス等)を唄いまくる。....c0119160_19572440.jpgc0119160_19573723.jpgc0119160_19575867.jpg
c0119160_19581118.jpg


ランチキ騒ぎする元気はないけれど、懐かしい洋楽を歌い込むと激アドレナリンがまたも噴き出してくる。
キンチャンも相当な洋楽通、イエスを一緒に絶叫できる人は中々いないね。♪ラ~ウンド、アバ~ウト・・!





★新宿「花園神社:酉の市」&「ゴールデン街」探訪 (11月5日)


◇「花園神社・酉の市」

我らサークルが輩出した痴的女流文壇「神楽坂殿」が、下記のガイドブックを刊行され、今年7月に皆でお祝い会を実施。昭和の臭いを色濃く残す「新宿異界地帯」(正に世界文化遺産に指定したいネオン街)を紹介する当著をもとにここを訪ねてみようと、職場同僚と予てより画策しておりました。

       ....神楽坂殿が7月に出版された「新宿ゴールデン街・花園街案内」(ダイヤモンド社)....
c0119160_20312132.jpg


隣接の「花園神社」は昭和40年後半、唐十郎・寺山修司のアングラ劇団が根城にした場所。境内に昔懐かしい「見世物小屋」(蛇女等)が「酉の市」で興行されると聞きつけ、一の酉(11/5)にあわせてこの異次元ゾーンを訪ねてみることにしました。開運熊手で賑わう「酉の市」も初体験~ワクワク・・                 

         ....11月5日は「一の酉」、花園神社は開運熊手の露天市で大いに賑わう。....
c0119160_20325855.jpg


ゴールデン街・花園神社の最寄り駅は地下鉄「新宿三丁目」、この駅は従来線に加えてこの6月に「新宿副都心線」が開通したばかり。おしゃれな「伊勢丹デパート」が近くなのに、この昭和色・濃~いレトロ繁華街はそんな時代の流れに敢えて逆らって、強い主張・拘りをもって生き残っています。

         ....「花園神社」拝殿には数え切れない提灯の大装飾。(秋田の竿灯祭みたい)....
c0119160_20333640.jpg


駅を降りるとすぐに人混み喧騒の雰囲気が伝ってくる。「花園神社」には徒歩1分で行き着きます。お~、これが年の瀬・風物詩「酉の市」か。初めて見るぞ~!何て活気があって華やかなんだ!

         ....開運熊手は実に華やか!大きいものになると10万円以上もするらしい。....c0119160_20341918.jpgc0119160_20343899.jpg

この行事は各地の「鷲(おおとり)神社」で開かれるもので東京では浅草と目黒が有名。日本武尊が東征の際に神社で戦勝祈願したことが起源、関東地方特有の祭事とのこと(ヘ~初めて知った)
「運を熊手で一挙ワシ掴み」という意味と思いますが、装飾熊手の露天が連ねる風景は実に圧巻!


    ....(左)花園神社と露天の夜景!(右)懐かしい見世物小屋!40年近くも昔の郷愁風景....c0119160_20473971.jpgc0119160_20475294.jpg
                        .リンク[見世物小屋]の記事
                        ユーチューブ「見世物小屋」:蛇を食べる女

「親の因果が子に報い、同じ人間・同じ母親~」、1960年代日本各地の縁日には見世物小屋やサーカスが催されたものです。柏崎「えんま市」にも来たこの興行が好きで「蛇女」「ろくろ首」「人間ポンプ」等をよく見たものだ・・。現在、存続しているのは「大寅」「入方」の2つの興行社だけとのこと

  
    ....開運熊手の商談成立では一斉に縁起の手締め式が行われる。(イヨ~、シャシャシャン・・)....
c0119160_20505674.jpg


見世物小屋にも入りたかったけれど蛇が苦手な職場同僚がいるので露天市散策だけにしました。
晩秋の風物詩を味わったあとは、いよいよ新宿ゴールデン街の通りに足を向けましょう。花園神社の境内を右手に見て階段を下れば、昭和レトロのネオン街は妖しい雰囲気で軒を連ねています。



◇「新宿ゴールデン街」


ゴールデン街は常連客専門店(一見さんは入りづらい)が多いと聞いていたので、神楽坂殿に事前アドバイスを頂きました。1軒目「ばるぼら屋」(あかるい花園三番街)で軽く腹ごしらえをします。
スナック系が揃う街では珍しい食堂系。狭いカウンターですが、煮込み・お好み焼き・うどん等が旨いね。

          ....いい感じの提灯がある「ばるぼら屋」、カウンター席で狭いが2階もある。....
c0119160_20522264.jpg


さて、お腹も満たし夜風に当って男3人でお散歩。四季の道という緑の散策路や歌舞伎町・裏路地(ホストクラブやラブホも乱立)も徘徊・・。何かあまり近づかない方がいいね~(男3人は異様かも)
c0119160_20525036.jpg

3人組は再びゴールデン街に舞い戻り、2次会は一見でも抵抗なく入れるというスナック「唯尼庵」(G2通り)に入ってみました。年配のマスターに常連客が2~3名、懐かしい昭和歌謡やフォークを聴きながら話が弾んでいます。貼ってあるポスターやカウンター・トイレも昭和の濃さがたっぷり・・

    ....2軒目はしごは懐かしい音楽が聴ける「唯尼庵」へ、昭和の風情が大いに楽しめる。....
c0119160_2054216.jpg
   
       ....70歳過ぎと思われるおじいちゃんがギターの流しで演奏しに来ていた。....c0119160_20545070.jpg
c0119160_2055291.jpg


初めはやや警戒されていた?一見3人組にも、常連客が話しかけてきてくれて仲良くなりました。
神楽坂殿ガイドブックも店においてあり、「著者に紹介され来訪した」と話すとマスターもニッコリ。
70過ぎ流しのおじいちゃんがギター演奏で来店、常連客は歌いカンパ。まさに昭和の風景だね。

           ....独特な風情を漂わせる「新宿ゴールデン街」で軒を並べるネオン看板の店....
c0119160_20565356.jpg


常連客の兄ちゃんは、演歌・フォーク専門かと思っていたら、ロック(特にプログレ系)好きと分かり、話が弾みます。職場同僚は地元小田急沿線でさらに飲み直すというので、私はプログレ兄ちゃんと居座っていました。さてさて23時も過ぎてくると終電も近いので深入りせずにまともに帰りましょう。

  ....昼間の「ゴールデン街G2通り」(今年7月撮影)、「唯尼庵」の看板と「花園神社」が見える。....
c0119160_20572925.jpg


いや~、なかなか楽しい夜でした。昭和の濃い色を漂わせる異界へのタイムスリップかな・・(笑)
今回も7月記事と同様、最後は「神楽坂ガイドブック巻末の熱いエール」で締めくくることにしましょう。c0119160_20582960.jpg
c0119160_20591964.jpg

(神楽坂ガイドブックの巻末エール)
平成19年、ゴールデン街全体の店舗数約250。その古い建物には一つ一つに人のドラマがあり、今も変わらぬ反骨精神が息づいている。そして今、新たなジェネレーションが昭和を生き抜いた木造酒場の歴史に斬新なエピソードを刻み始めた。21世紀、この街はますます面白くなるに違いない。

                                                      おわり 

                     .リンク「新宿ゴールデン街とその周辺街を訪ねて」(その1)
                     .リンク「新宿ゴールデン街とその周辺街を訪ねて」(その2)

  by rollingwest | 2008-11-18 21:50 | 都会の風景 | Comments(32)