タグ:同級会・OB会 ( 24 ) タグの人気記事

 

<2008年7月6日>新宿ゴールデン街とその周辺街を訪ねて(その1)

★祝!出版快挙

大学時代の山・旅サークルの先輩「神楽坂女史」が今年6月、「新宿ゴールデン街・花園街案内」という本をD社から出版する快挙!この方は痴性溢れる当サークルに於ける「名だたる文豪」です。
c0119160_2117551.jpg

女史は昔「YとK谷社」に在籍し「東京の名所歩きコース」ガイドブックを執筆されたこともあります。
「知」と「痴」を併せ持ち、それを使い分ける博識・文才ぶりは日頃より皆から尊敬を集めている方。

c0119160_2195149.jpgc0119160_21101694.jpgc0119160_21103973.jpg

7月4日、高田馬場「花福」で今回の出版快挙のお祝い会開催で大いに盛り上がった次第です。
 (ほとんど1年上の先輩たちの同期会という雰囲気でしたが・・)




★「新宿ゴールデン街」


大学時代に新宿「歌舞伎町」は時たま行きましたが、隣接「新宿ゴールデン街・花園街」は畏怖感と気後れを感じてなかなか近づき難い場所の一つでした。 今回「神楽坂ガイドブック」の発刊をきっかけに、「奥深く・喧騒なる・昭和の濃~い街」を見てみたいという気持ちに駆られ訪ねてみました。

c0119160_21231477.gif
c0119160_21233854.jpg


今回発刊された神楽坂殿の著書やインターネット公開の諸情報から、「新宿ゴールデン街の歴史」を調べてみました。概ね下記内容で記載されておりましたので、ダイジェストにまとめてみます。

c0119160_21254239.jpg
c0119160_21261756.jpg


歌舞伎町一丁目の飲食店街。新宿区役所や花園神社と隣接し、第二次世界大戦後に建てられた小さな店舗(木造長屋建て)が狭い路地をはさんでマッチ箱のように沢山並んでいる。c0119160_21375579.jpg
c0119160_21381497.jpg


もともとは新宿駅東口にあった闇市が発祥。当時は繁華街から離れた場所であり、殆どの店が飲食店名目で「赤線」(昭和33年以前の国家公認売春地域の俗称)紛いの営業をしていた。風営法無許可営業のため、「青線」の名で呼ばれ歌舞伎町付近は当時都内でも有数の売春街だった。
c0119160_2143101.jpg
c0119160_21434413.jpg

売春防止法施行(昭33)を契機に「ゴールデン街」と名を変え、密集街の飲み屋は「文壇バー」「オカマバー」「ボッタクリバー」の3分類になると言われた。3坪~4.5坪と狭くカウンターに数人並ぶと満席になる店が多い。雑踏と喧噪、議論・口論、そして喧嘩…というイメージが強烈に残る街
c0119160_21462762.gif
c0119160_2147062.jpg

文壇バーには作家やジャーナリスト・全共闘世代の闘志などが集まり、文学と演劇、映画・哲学を肴に酒を酌み交わし熱い議論や喧嘩を繰り広げた場所でもあり、文化発信地の自負も持つ。

c0119160_21514838.jpgc0119160_21521336.jpgc0119160_21523027.jpg

常連の文化人では、安部公房・遠藤周作・大江健三郎・中上健次・野坂昭如・半村良・佐木隆三・村上春樹・志茂田景樹・立松和平・村上龍・山田詠美・渡辺淳一等、名立たる文士が集った。

c0119160_21593662.gifc0119160_21595853.jpg
c0119160_2202028.jpg


昭和50年、佐木隆三「復讐するは我にあり」が直木賞受賞でこの街は文化人の集う場所としてマスコミに取り上げられ一挙に有名となった。バブル期には地上げの嵐に見舞われ、崩壊とともに無残な時代を迎えた。しかし平成12年以降、若い経営者が続々と出店して再び活気づいている。
今もなお、全共闘世代や出版関係・馴染みの店がまだまだ残り、ハードコアな店も多く存在する。

c0119160_22133678.jpg


さすが噂通り独特なムードとレトロ感が漂うところ・・。「夜の世界遺産」とも呼ぶべき昭和の香りを残す貴重な街並がその存在感を強烈主張しており、「修羅場を潜った者・夜通しに酒で議論を尽くした者以外、新参者が安易に近づくんじゃねエ・・」と軒を連ねた店々が呟いているように思えます。  

c0119160_22142243.jpgc0119160_22144383.jpg
c0119160_22145892.jpg


でも神楽坂ガイドブックでは「ゴールデン街の掟6カ条」を守れれば一見さんでも十分歓迎とのこと。6カ条とは・・①1-2名の少人数で行く。②他所で腹ごしらえがお薦め。③値段は遠慮なく聞く。④積極コミュニケーション。⑤混んできたら席を譲り合う。⑥ハシゴ酒を楽しめ!ただし泥酔は厳禁。


.....ゴールデン街の脇にはこんな潤いの緑の道があった!「四季の道」といい旧・都電軌道跡....c0119160_2221859.jpg




★「花園神社」

c0119160_75348.jpg


ゴールデン街向かい側には「花園神社」が鎮座、1階が倉庫・2階が神社という不思議な光景を見せています。花園神社は江戸時代から芸能との縁が深く、劇団等の催し物が頻繁に開かれてきたそうです。(昭和40年代は唐十郎や寺山修司らのアングラ劇団が何度も公演を重ねたとのこと)

c0119160_2232191.jpgc0119160_22324459.jpg


境内には「芸能浅間神社」があり、玉垣には芸能人の名がズラリ。藤圭子(宇多田ヒカルの母親)のヒット曲「圭子の夢は夜ひらく」の歌碑もあるぞ~!「15・16・17と~私の人生暗かった~♪」
c0119160_22503851.jpgc0119160_22505811.jpg
c0119160_22513382.jpg


11月の「酉(とり)の市」では昭和30年代の縁日にワクワクしながら行った「見せ物小屋」(人間火炎放射器やへび女など)が催されるらしい。あ~懐かしい!昔の柏崎「えんま市」でよく見たものだ。「親の因果が子に報い、同じ人間・同じ母親~!さあさご覧あれ!」・・もう一度あの日に戻りたい。c0119160_6251939.jpg
c0119160_6325152.jpg




★明治文豪の史跡
c0119160_634338.jpgc0119160_792886.jpg地図をクリックすると拡大で見れます。

文壇・芸能関係者が集ったこの地は、明治時代の文豪にも所縁があるようで日本文学のビッグネームの史跡が近隣に見られます。都営大江戸線・東新宿駅出口近くには、「島崎藤村旧居跡」が見つけられました。同和問題を扱った小説「破戒」を明治38年この地で完成させたのだそうです。


     .....(中) 「島崎藤村旧居跡」       (右)「小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)終焉の地」....c0119160_636860.jpgc0119160_710368.jpg

おお~!「小泉八雲終焉の地」石碑も近くにある。偶然先月、40年ぶりに「耳なし芳一」や「むじな」の入る作品集「怪談」を読んだばかりだ!帰化人だが日本人以上に日本の心を持った八雲はここで名作を完成させ、明治37年当地で生涯を終えたとのこと。(松江在住イメージが強いけど・・)
c0119160_6454918.gifc0119160_646380.jpg
c0119160_6531275.jpg

鬼王神社という怖い名前の神社も発見、入口に鬼が支える手水鉢があります。鬼の伝説があるらしいですが、本来は稲荷神社であり水商売の店がよくお参りする商売繁盛の神社だとのことです。
c0119160_7134960.jpgc0119160_7144035.jpg
明治時代に童話専門の「赤い鳥」という雑誌があったとのこと。その社屋跡と創刊者・鈴木三重吉という作家(夏目漱石門下生で近代児童文学の中興者らしい。)の居住地もありました。「赤い鳥」創刊号には芥川龍之介「蜘蛛の糸」や島崎藤村・泉鏡花・徳田秋声の物語も掲載されたんだって!



(その2)に続く

  by rollingwest | 2008-07-05 21:01 | 都会の風景 | Comments(18)

<2008年4月6日>真空管アンプの喫茶店(同級生と過ごす春の日) 

★真空管アンプの喫茶店


団塊の世代を中心に「真空管アンプ」が最近ブームだという噂は2~3年前から耳にしていました。
会社をリタイアし比較的裕福なこの世代の人たちが、昔懐かしいLP時代を思い出して、真空管のアンプの手作りコンポーネントでいい音響を楽しみたいというニーズが高まっているからです。
c0119160_1958332.jpg

地元・元住吉に住む同級生H井真吾からで「このコンセプトの喫茶店が駅近くあるので是非とも行こう」と誘われ、Rスチュワート好きな「猫わか様」も巻き込み3人でこのレトロな店を訪れてみました。元住吉駅からブレーメン通りに出てすぐ右(地下1F)にある「ゼフィラス」という真空管アンプ喫茶店です。


.....(左)同級生のH井真吾・猫わか様と店内で・・(近撮はさせぬぞ!と→1人はお面着用).....c0119160_19584968.jpgc0119160_1959468.jpg
    .....(右)これぞ今、音響マニアにブームの真空管アンプ↑、そして懐かしのレコードプレイヤー.....


我々は団塊世代より10年程あとの「ウルトラマン世代」ですが、青春時代にプレイヤーでLPを聴きまくった境遇は同じ。昔の高性能オーディオ機器やLPアルバムが並んだ店内に入った途端、懐かしさが込み上げてきました。成程、アンプには立派な真空管が何本も植えつけられ、オレンジ光を放っています。

c0119160_2042573.jpg
c0119160_20654.gif


「真空管はデジタルよりいい音と言うけれど何が違うんですか?」マスターに聞くと、「音自体が特別いい訳じゃないけど音の感じ方・雰囲気の違いですよ。」・・とチョット意外な回答でした。
「デジタルは上下音域がカットとされるから重み・深みが出ない」というマニアの声も聞きますが、「針を落とすブチッというアナログ音で感じる温かみや感慨」か?要は主観・自己満足の世界なのかなぁ。


   ....(左)生まれて初めて購入したS&GのLP(私の原点)と実に数十年ぶりに偶然再会!....c0119160_208980.jpgc0119160_2082898.jpg
.....(右)当時LPの中に入っていた解説書と、付録カレンダー(ミッシェル・ポルナレフだ!懐かしいスター達).....


そしてLPジャケット棚から、何と懐かしいアルバムが出てきたのです!「サイモン&ガーファンクルの赤盤グレーテストヒッツ」。これこそ私が洋楽に興味を持ち始めた13歳の頃、生まれて初めて買ったLPレコード!昔、沢山集めた実家のLPはもう何処かにいったのにこんな所で再会できるとは・・。
そして付録の洋楽スターのカレンダー(部屋に貼っていた)も入っている。まるで新品同様じゃん!


  .....(左)S&G「明日に架ける橋」 (右)デレク&ドミノス「いとしのレイラ」、Eクラプトンの名盤.....c0119160_20214484.jpg
c0119160_2022294.jpg

3人はマスターの薀蓄に耳を傾けながら、美しいS&Gサウンドやエリッククラプトンの泣きのギターを聴いて懐かしい時間を過ごしました。(猫わか様・お気に入りのロッドスチュワートはなかったけれど・・)



◆◆◆♪それではユーチューブで↓懐かしい音楽・名曲を是非お楽しみ下さい。♪画面の△を1クリック

           サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」
           エリッククラプトン(デレク&ドミノス)「いとしのレイラ」
           ロッドスチュワート「セイリング」
           ミッシェルポルナレフ「ホリデイ」

上記の記事は最近ブログで知り合いになった「ださいおさむ氏」の「Reason to Live」というコーナーで、洋楽名曲の歌詞を自訳して思い出や薀蓄を語るサイトです。一遍に嵌まってしまいました。
c0119160_2101353.gif

私より2才前後年下のようですが、好み曲がお互いピッタリ合っており、また実によく詳しい。(超博識)
昔聴きまくった名曲が走馬灯のように蘇り懐かしさを堪能、新たな発見もさせてくれるNICEブログ!

  ◆◆◆本ブログ゙メモ欄にリンク紹介しています。是非と定期的に楽しんでみてください。◆◆◆    




...(左)喫茶店のマスター(多分、団塊世代で過去は長髪・洋楽キチ) (右)店の前で同級生H井と....c0119160_2113613.jpgc0119160_2122297.jpg

前回の記事でも述べましたが、やはりレコードを擦り切れるまで入れ込み感をもって聴いていた我々の青春時代。夢中になった名曲はそれぞれ違いますが時代を共有できていることが嬉しい。

                         RW:洋楽(ロック・POPS)の記事シリーズ





★洋館公園で過ごす春のうらら日

c0119160_21434811.gif
趣味多彩な「猫わか様」は洋館建物もお好きなようなので、近隣にある「大倉山記念公園」(2月に梅が満開の時期に訪問)へ案内しました。当日はもう桜が最後の時期となって葉桜模様でしたが、当日はポカポカ陽気で到来の春を実感するにはもってこいの日でありました。 

                  梅満開時の「大倉山記念公園」(2月)


.....(左)大倉山記念館に向かう御二方  (右)広場でサルサを陽気に踊るラテン系?の人達.....c0119160_21451191.jpgc0119160_21454480.jpg
c0119160_21472623.gif
....(左)いよいよチューリップの季節ですなあ。 (右)ホール天井には獅子と鷲が刻まれていたんだ!.....c0119160_2149212.jpgc0119160_21492161.jpg

洋館好きの「猫わか様」の見学ニーズも満たし、2月に梅林が紅白満開だった谷地の公園を散策。
輝くような新緑にはまだちょっと早いものの、芽吹きの木々から溢れ出す生気を吸い込みながら、到来したばかりの春の喜びをじっくりと、ゆったりと味わうことができました。


        .....新緑一歩手前の木々、当公園の畝り木はかなり芸術的な姿を見せている・・・。....c0119160_21583829.jpgc0119160_21585058.jpg

     ....水仙も実に綺麗!さあ、これから花や新緑の季節ですなあ・・ワクワク!c0119160_2385767.jpgc0119160_2216681.gifc0119160_22163849.jpg

人生も大台を過ぎると、同級生(まだ30歳台だと言い張る人もいますが)との再会の機会が嬉しく、青春時代に夢中になった音楽・趣味などをレビューしたくなるものなんだなぁ・・と実感します。
当時には知りえなかったそれぞれの一面や深みを再発見し、それらを自分に刻み込みながら・・。
今日は本当にいい春の一日でした。


                                                    おわり

  by rollingwest | 2008-04-18 19:59 | 洋楽(ロック・POPS) | Comments(22)

<2007年1月26日>「あおぞら食堂」~洋楽カラオケ 


柏崎高校同級生:H井真吾は飲み友達(ブログ仲間)ですが、近所住まいなので時たま、男同士で洋楽カラオケを唄いに行きます。H井から、お気に入りの食堂が武蔵小杉(隣駅)にオープンしたので誘いを受けて腹一杯の食事。その後はいつものようにビートルズを唄いに行きました。

              (写真をクリックすると拡大表示されます。)
c0119160_2113429.jpgc0119160_21132522.jpgc0119160_21134169.jpg


あおぞら食堂」はH井の知人(熊本出身)が経営するボリュームたっぷりで価格はお手ごろ、良心的なお店です。お店の皆さんも彼の朗読劇活動を応援しているとのこと→朗読劇「物語シアター」
(ちなみにH井真吾は、小倉智昭アナウンサーのフジTV朝番組「とくダネ!」で声のニュースキャスター)


私はちゃんぽん春雨(ビール4杯)、H井は黒豚トンカツ(彼の超オススメ)を食し、楽しく雑談。
満腹になって、昼間からいい気持ち。いつも通りカラオケBOXへ。定番ビートルズにS&G、エルトンジョン、アバ等の70年代洋楽(ついでにコブクロ・サザン等も)を唄いまくって夕方には帰宅。
かかった費用は2軒分4時間楽しんで1人当たり3千円弱。安っ~!また行きまひょか、猫様も・・。


c0119160_634215.jpgc0119160_6342076.gif

  by rollingwest | 2008-01-26 21:09 | エトセトラ | Comments(17)

<2007年11~12月> 柏崎エピソード(2007レビュー)


今年もあと残すところ僅かな日々となり、もう2007年もそろそろ終わりを告げます。
自分自身にも大きなアクシデントがありましたが、深く傷ついた故郷・柏崎に思いを馳せる年でした。そして懐かしい数多くの同級友人と再び交遊を深められた印象深い節目の年でもありました。


c0119160_17555216.jpg
....柏崎のシンボル「米山」さん(993m)、市民誇りの名峰。高校時代以来、久しく登ってないなあ...




★震災被害から4ケ月を迎えて(07.11.17)


11月17日親戚結婚式に出席のため、3ケ月ぶり3回目の里帰り(震災・お盆に続き)をしました。  
かなりの時が経ったかのようにも思えるあの悪夢の中越沖地震・・・、被害発生から4ケ月目の日。
あの日から故郷復興は一体はどんな様子なのか、街なかの表情を帰省の折に訪ね見てきました。

c0119160_1832839.jpg
       ...青く澄みきった中央海岸の光景、護岸堤からは柏崎原発が遠くに見える。....


11月中旬といえば、柏崎においては初冬。しかし当日は雲ひとつないポカポカとした小春日和。
北西風で荒れる冬の日本海では信じられない位の穏やかさ。蒼い薙ぎ海にはさざ波。za・Zaa~・・



今もまだ目に焼きついている震災発生直後のあの日の光景。 建物が倒壊した現場や表面が波打って隆起していた道路はすでに修復されており、かつての街の落ち着きを取り戻しています。

c0119160_1854169.jpgc0119160_1855529.jpg
... 07.7.16震災の悪夢。柏崎の街は今も復興途上。「喬柏園」(旧:柏崎公会堂)も修復中だった.....


しかし随所に虫食い状態となった空き地が点在、今も不便な避難所生活のまま寒い歳末を迎える人々が多くいることを物語っています。市内にはコンテナのような避難所施設が幾つも見られました。

c0119160_18114950.jpg
....子供の頃、最大の楽しみだった「えんま市」。あの日の賑わいは果たして戻るのだろうか.....


最大のショックだったのは「閻魔堂」周辺の寂れぶりです。柏崎最大の縁日「えんま市」のシンボルであり、映画・見世物小屋興行で市民が一斉に集まり賑わった所(子供心に懐かしい街の中心地)
商店街アーケードは全て取り壊され、今は単なる目立たない1つの路地となっていました。(T_T)


               (クリックすると拡大写真でご覧になれます。)
c0119160_18183028.jpgc0119160_18185259.jpg
 ...(左)わが母校、柏崎第一中学校... (右)隣接する市民グランドと柏崎高校の体育館(遠景)....


避難所生活の場となった母校「柏崎第一中学」や「柏崎高校」の校舎は青く澄み切った空の下で、若者たちが元気な姿でスポーツ練習に励んでいます。柏崎も少子化の影響で寂しくなったと聞きますが、こうやって活気ある若者の声を聞いていると「がんばれ~」と声をかけたくなります。




★本家の長男がついに結婚!(07.11.17)

美味しいコシヒカリを作り続けている叔父(前:柏崎農協長)の長男が30後半でようやく華燭の典
本家長男がいつまでも結婚せずに皆をヤキモキさせていましたが、ついに喜びの日を迎えました。

c0119160_1822126.jpgc0119160_18223390.jpg
....本家の長男S人くん(従弟)がついに結婚、ニコニコと笑み溢れ実に幸せそうな顔をしていた。.....



震災当日、祖母・叔父の家を見舞った時、半壊した家の惨状を見て呆然としました。しかし日頃大人しく優しい長男S人くんが、骨折の叔父に代り逞しく復旧のリーダーシップを見せていたのです。
「男子三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ」・・・。 新婦Y子さんは震災倒壊した本家に手弁当を差し入れ毎日激励、ろうそくの火を灯してくれました。   故郷復興と新婚生活の明るい未来。


c0119160_18415282.jpgc0119160_18421552.jpg
 ....新郎家族。実に素晴らしい方々。....親族一同集合!慶弔時じゃないと皆滅多に集まれない。...


披露宴では親族代表の挨拶をさせてもらい、披露宴終了後の内輪二次会では、懐かしい親戚同士で集まって久しぶりに話に花を咲かせました。   こういう親戚の再会はいいですね~。
   ☆☆  「あたたかな思い出深きともし火は郷土とともに未来を築かん」  ☆☆




★柏崎高校サッカー部メンバー・33年ぶりの集合再会(07.12.8)


ひょんなことから高校サッカー部メンバー3~4人で飲み会をやろうという話が持ち上がりました。
幹事をやることになり、サッカー部の監督だったT先生(現・柏崎高校校長)にダメモトで声をかけてみたら、公用がないにもかかわらずこの日のために上京し参加してくれるとの嬉しい知らせ!

c0119160_18263381.jpgc0119160_18265699.jpg
....33年ぶりに皆集まっての楽しいひととき。T校長先生(サッカー部恩師)を囲んで話は弾む。....


急遽、「避難所最高責任者・T校長先生を慰労する会」に会の趣旨を格上げしたところメンバー10名が全国各地から集まってくれたのです。新橋の飲み屋ではワイワイと実に楽しい会となりました。

c0119160_18284165.jpgc0119160_18285454.jpg
     ....昔、一緒にサッカーボールを追いかけた仲間たちも年輪を重ねた。50歳だからねえ・・....


我々も50歳・先生も60歳の節目の年に、こうやって懐かしいメンバーで再会できたことは素晴らしいことでした。今後はもっと人数を増やしてサッカー部同窓会を数年に1回は開催したいものです。




★学生時代・同級メンバーとの再会・交友深まり


半生を過ぎていくと昔懐かしい中学・高校時代の仲間たちと再会する機会が増えてきます。
ここ数年は「蓮池薫帰国」「中越沖地震」等の柏崎関係話題があったことや自身の骨折入院などで同級生と再会するきっかけに恵まれ、その後定期的に懐かしいメンバーで飲むことが多くなりました。


..(左)↓堀井真吾「朗読劇」、被災した柏崎母校小学生を激励。(07.10.18)、新潟日報より...
c0119160_18311312.jpgc0119160_18321479.jpg
 ...(左)高校同級会の輪が広がる契機となった4年前の蓮池帰国祝い同級会↑(03年8月)....


<お互い家が近所で定期的に飲んだり唄ったりしている堀井真吾の「物語シアター」を紹介>
    リンク:「物語シアター」
        →12月11日に彼が朗読劇に招待してくれて初めて聴いたが実に素晴らしかった!


<蓮池薫とは大学2年の夏休み帰省時に2人で毎日、柏崎市内のパチンコ屋に通いながら「雀球」を打ちながら、ロック洋楽(イーグルス・レイナードスキナード等)の話で盛り上がっていたものだ。大学3年になって失踪したと聞いてビックリしたものだが・・。甲子園・帰国会・高校同窓会等で帰国後も数回飲める機会があったが元気そうで何より・・!現在翻訳家でデビューし活躍中>

    リンク:「蓮池薫ブログ」      リンク:蓮池薫:「北」の暮らしを語る



特に今年はこのように中・高・大学時代の懐かしいメンバーで飲む機会が多くあった年でした。
飲み会を重ね、同級友達の輪が拡大することでまた新たな再会の楽しみが増えていきます。
サラリーマン生活が終わりに近づいていく中で、その嬉しい機会は益々多くなることでしょう。


     .....(左)↓大学時代の山仲間GDMの再会登山(06年11月)軽井沢・浅間隠山... c0119160_1226444.jpgc0119160_1226593.jpg
....(右)大学クラブ「旅の会」の仲間が高田馬場で退院快気祝いを開催してくれる。↑(07年6月)....

    「GDM30周年記念OB会」(浅間隠山)  ←「RW山紀行3」上から2番目の記事



c0119160_11135179.jpgc0119160_1114571.jpg
           ...中学時代のミニ同級会、いつまでもみんな元気です。(07.12.22)....


...30年ぶりにS木聖二と再会。懐かしい学生時代のことを大爆笑で語り合う。(08.2.5)....c0119160_653224.jpgc0119160_655782.jpgc0119160_66384.gif



★復興の花火

小さい頃から馴れ親しんできた「柏崎ぎおん祭り」の海上花火大会。今年は震災発生のため直前に開催が中止となってしまいました。今年大晦日に一部有志の方が発起して、柏崎の復興を祈念して越年の花火大会を開催しようとしているとのことです。 

    リンク:「ハッピータウン柏崎」

    リンク:「柏崎復興の花火(08.7月)」

 ...「柏崎ぎおん祭り」海上花火大会は長岡花火に劣らず今や全国的にメジャーになってきた。....c0119160_18364611.jpg
c0119160_18373075.jpg



この年末は帰省しない予定なのでこの花火を見られないのは残念ですが、いつか街が復興し活気が戻った「ぎおん祭り」で海面を明るく輝き照らす「大スターマイン」の数々を見てみたいものです。

   ローリングウエスト逍遥日記:「ガンバレ柏崎」

                                                      おわり
 

  by rollingwest | 2007-12-15 17:39 | 故郷の風景 | Comments(37)