タグ:墨田区探訪 ( 8 ) タグの人気記事

 

<2015年11月1日>両国探訪歩きで知る江戸・東京の歴史  【墨田区探訪:⑧】

c0119160_154917.gif


墨田区は過去スミからスミまで何度も徘徊ズミなので殆どネタ切れ状態ですが、第8回探訪記事は「すみだ探訪・両国編」をレポートしたいと思います。そのトリガーとなったのは高校同級生のH井真吾が主宰する「物語シアター」朗読劇公演が今年秋は両国の劇場で開催されることになったからです。

c0119160_15504818.jpgc0119160_15505896.jpg

c0119160_15511739.jpg


                                過去に公開した「墨田区探訪シリーズ」はコチラから



★鎌倉歩きのメンバーで両国探訪を企画


H井主宰「物語シアター」朗読劇公演は毎年1~2回開催。柏崎の中高同級生は毎回観劇に集まり、終了後は懇親会というパターンが恒例行事ですが、今回は両国開催(15時)であり、5月の鎌倉新緑歩き(H井も参加)をしたメンバーに「両国探訪してから観劇に行こうよ」と提案したところ、即賛同の声!


     ....(左)JR両国駅前の風景 (右)江戸東京博物館内の日本橋欄干で集合写真...
c0119160_161960.jpgc0119160_1612023.jpgc0119160_161398.jpg


c0119160_1615220.jpg


                        <2015年4月日>新緑の鎌倉アルプス(中高同級生ハイク)
 

朝10時過ぎ、両国駅に同級生ウォーカー5人が集合!歴史を感じる駅舎西側の改札手前には横綱全身を描いた優勝額が飾られています。改札を出て右手には「力相撲」石像と記念撮影用の顔出し力士パネルが鎮座。この手にノリがいい積極派のN-minto様は早速顔を入れ、「写真撮って~!」と懇願


  ....両国駅は力士の街、優勝額や石像がある。N-minto様は毎回ノリよくドスコイ・パフォーマンス...
c0119160_167062.jpgc0119160_1671394.jpgc0119160_1673569.jpg

c0119160_1674950.jpg
c0119160_1681250.jpg


大相撲の殿堂「両国国技館」は今回パスして、まずは「旧安田庭園」に入ってみよう! 緑豊かな日本式庭園は、四季折々の花・紅葉が楽しめ、スカイツリーや両国公会堂の景観を楽しむことができます


   ....江戸大名庭園が明治時代に安田善次郎の所有「旧安田庭園」、スカイツリーが見える!...
c0119160_16232434.jpgc0119160_16234312.jpgc0119160_16235891.jpg


c0119160_16242284.jpg




★関東大震災と東京大空襲の犠牲者16万人が眠る「東京都慰霊堂」


安田庭園を通り抜けると「東京都慰霊堂」(巨大寺院と三重塔)が鎮座する「震災記念公園」に出ます。関東大震災と東京大空襲の犠牲者16万人が眠る国内最大の鎮魂地、ここは4回目の訪問ですが戦後70年節目なのでご案内・・。小学児童5千人の弔魂碑や焼け爛れた機械等が痛ましい。


      ....(左)両国駅周辺の地図 (右)「東京都慰霊堂」は耐震工事でお色直し中...
c0119160_1648231.jpgc0119160_16482688.jpg
c0119160_16484182.jpg


                          <2012年3月>東京都慰霊堂の訪問レポートはコチラから

    ....(左)小学児童5千人の死を悼んだ弔魂碑 (右)焼け爛れた機械や線路が屋外展示...
c0119160_1655541.jpgc0119160_16551441.jpgc0119160_1655327.gif

c0119160_1656119.jpg


まずは復興記念館の中に入ってみよう。内部には関東大震災時の資料が多数展示されています。写真から大地震と直後に発生した大火災(東京を焦土化)のパニックぶりが生々しく伝わってきます。


   ....(左)「震災復興記念館」の廊下風景 (右)関東大震災被害の写真の数々がパネル展示...
c0119160_171833.jpg
c0119160_1712049.jpg

       ....十二階摩天楼「浅草凌雲閣」(明治大正時代のスカイツリー)が大地震で崩壊....
c0119160_174194.jpgc0119160_1733356.jpgc0119160_1734678.jpg


c0119160_1741633.jpg


明治大正時代の摩天楼「凌雲閣」(浅草十二階)が大地震で一挙崩壊、そして避難場所だった当地(陸軍被服廠跡)には火災を逃れ何万人が集まる中で想像を絶する「火災旋風」が襲来したのです。猛火の上昇気流で人々が木の葉の如く舞い上がってしまう大悲劇が発生!嗚呼何たる地獄図・・


  ....(左)燃える永代橋から隅田川に飛び込む人々 (右)猛火上昇気流で発生した火焔竜巻...
c0119160_17101156.jpgc0119160_17102442.jpg
c0119160_17105821.jpg


         ....震災により焼け爛れた建物や機械は焼けただれて無残な姿に・・....
c0119160_17174073.jpg
c0119160_17175264.jpg

復興記念館には関東大震災(1923)の悲惨さを伝える絵画・写真・陳列物が数多くあります。そして震災からまだ100年経っていないことに気がつきました。壮大な地球史の中では一瞬のまばたき・・


         ....震災復興記念館の大ホール、震災の悲惨さを伝える絵画や陳列物が...
c0119160_17181849.jpg
                
       ....(左) 震災後の浅草仲見世の風景. (右)隅田川の鉄橋だけが残り全ては灰燼...
c0119160_17213766.jpg
c0119160_17215392.jpg

    ....(左)災害状況を描いた巨大壁絵 (中)両国国技館も壊滅 (右)昭和天皇が馬乗慰問...
c0119160_17233885.jpgc0119160_17235393.jpgc0119160_1724535.jpg

c0119160_17242049.jpg


ここは東京都大空襲の悲惨さも同時に伝えている場所です。今年は戦後70年、天皇陛下も当慰霊堂で供花されました。今年は戦争を深く知る上で自分自身も大変勉強になった年だった気がする・・


           ....(左)東京空襲の絵画 (右)上空から焼夷弾攻撃をするB29機...
c0119160_17334131.jpgc0119160_17335920.jpgc0119160_17373154.jpgc0119160_9412547.jpg

c0119160_17375477.jpg


        ....慰霊堂の祭壇に祈る。今年は戦後70年で天皇陛下も慰霊訪問し供花...
c0119160_17435377.jpgc0119160_17441021.jpgc0119160_17444068.gif
c0119160_1745837.jpg

c0119160_17452568.jpg


                            <2015夏>都心ド真ん中にて思う「戦後70年」の節目
 




★リニューアルした江戸東京博物館!実に素晴らしい~!


さて次は散策の最大見所「江戸東京博物館」を訪問してみよう。1993年開所からもう22年が経過したのか・・。今回でRWは5回目の訪問ですが、ここはいつ来ても新鮮な驚きを感じることができます。実は昨年もスカイツリー登頂後に来ましたが改装工事中だったのでリニューアル展示は非常に楽しみだ!

 
  ....リニューアルされた「江戸東京博物館」にいざ入ってみよう!入口には豪華な熊手飾り...
c0119160_1883818.jpgc0119160_1885912.jpg

c0119160_189207.jpg


                      昨年スカイツリー登頂後訪問した「江戸東京博物館」記事はコチラから

入館して見るといきなり大きな木造橋が出現!よく見ると江戸時代の「日本橋」再現と知りビックリ!浮世絵で思い浮かぶ丸みを帯びたイメージとは異なりストレートな平橋ではないか!更に進めばミニチュア大名屋敷や豪華な大名籠も出現!会場全体が一大テーマランドの様になっている!大変貌だ~(驚)


    ....入口には大きな江戸時代の日本橋(実際に渡れる木製橋)が再現されている!...
c0119160_18145248.jpgc0119160_1815979.jpg
c0119160_18152727.jpg


c0119160_8262373.jpg


         ....(左)寛永の大名屋敷がミニチュア再現. (右)豪華で優雅な大名籠...
c0119160_18173764.jpg
c0119160_18175170.jpg

新展示は収蔵品の見せ方が実に斬新でダイナミック!実物大模型やミニチュアを多用し、人の動きや表情・風俗文化・各時代の江戸・東京の雰囲気をコンパクトに纏め参加型の歴史博物館となっています。


     ....朝野新聞社(明治時代、東京で発行された民権派の政論新聞社)の正門社屋...
c0119160_18194622.jpgc0119160_182028.jpg

c0119160_828936.jpg


c0119160_18201987.jpg


       ....明治時代の銀座通り、精巧なミニチュア再現の技術は大したもんだなア・・....
c0119160_18235930.jpg
     
明治時代の威厳ある新聞社建物、銀座通りの賑い、江戸時代では日本橋・両国橋の袂で往来する人々や舟、越後屋呉服店の商売繁盛ぶり、江戸庶民生活・職人風景、何でも目に飛び込んでくる!


      ....(左)お江戸日本橋を闊歩する江戸庶民  (右)両国橋西詰の出入り船風景...
c0119160_19254545.jpgc0119160_19282087.jpg

c0119160_19304657.jpg


    ....「三井越後屋呉服店」(三越ルーツ)の大活況光景、現金掛値なしの商売が大繁盛!...
c0119160_202129100.jpgc0119160_2022813.jpg
c0119160_2022335.jpg


           ....(左)町人の木箱作り風景 (右)寺子屋で勉強する子供達...
c0119160_20314586.jpgc0119160_7272942.jpgc0119160_20322466.jpgc0119160_20323752.jpg

c0119160_2032580.jpg


c0119160_7211258.jpg
c0119160_20331528.jpg


家康が江戸に入り天下普請し20年後の人口は40万人程度でしたが、寛永末期は京都に追いつき、元禄期は85万人に達して日本一に、そして18世紀には100万人で世界最大級都市になりました。


       ....江戸時代の鮨や蕎麦、現代とは何か違う雰囲気もあるが粋な食べ方...
c0119160_2040205.jpg
c0119160_20405485.jpgc0119160_20403263.jpg

c0119160_7304294.jpg


    ....(左)大判小判の詰箱 (右)何でも率先挑戦するryoko様、天秤棒を担ぐアラヨッ!...
c0119160_20491538.jpgc0119160_7355525.jpgc0119160_2049308.jpg



c0119160_20494512.jpg

歌舞伎舞台が大発展したのは江戸時代、精巧な仕掛や演出が凝らされ、花道舞台やせり上げ・廻り舞台などが登場!そのような舞台空間の裏側も見せてくれます。四谷怪談の仕掛けも面白い~


     ....(左)江戸時代の樽廻船 (右)歌舞伎舞台、大見えを切る和傘振る舞いの睨み...
c0119160_2052552.jpg
c0119160_20531128.jpg

   ....江戸芝居小屋は、初代中村勘三郎が寛永元年に興した「猿若座」(中村座)に始まる...
c0119160_20553968.jpgc0119160_20555460.jpg

c0119160_2056781.jpg


       ....「四谷怪談」のしかけ(お岩さんの亡霊が仏壇から現れる)...
c0119160_7432812.jpgc0119160_9473492.gifc0119160_20595892.jpg
c0119160_2101217.jpg


明治末~大正時代の東京風景も実にモダンで゙アカデミック!西洋文化と融合したお洒落な成熟感が溢れています。先程、震災復興記念館で見た「浅草凌雲閣」も崩壊前の美しき姿が再現されていた!


         ....(左)御茶ノ水のニコライ堂 (右)海外の演劇を披露した「電気館」...
c0119160_2254993.jpg
c0119160_226778.jpg

          ....(左)銀座通りは華やかな雰囲気 (右)フォード車の威厳ある姿...
c0119160_2274999.jpg
c0119160_2281640.jpg

    ....フォード車の先には、関東大震災で崩壊した「凌雲閣」(浅草十二階摩天楼)の雄姿が!...
c0119160_22103769.jpg
c0119160_22105399.jpg

その他も神田祭の風景や懐かしき昭和レトロの光景もドンドン出てきて盛沢山過ぎる!ゆっくり見ていたら1~ 2時間では回りきれない程に面白い!江戸・東京文化の懐の深さをあらためて認識!


          ....神田神社・須田町の山車、江戸三大祭りの筆頭は神田祭...
c0119160_4511289.jpgc0119160_4522379.jpg

c0119160_4524989.jpg


       ....(左)「スバル360」を囲んで集合写真 (右)懐かしき昭和の居間風景...
c0119160_5211341.gifc0119160_5212692.jpgc0119160_521435.jpg

c0119160_5215832.jpg


もう時間は12時を過ぎている!まだまだ博物館を楽しみたかったものの昼は両国駅前の「ちゃんこ料理店」を予約してあるので見学も終わりに致しましょう!昼からビールで乾杯しちゃんこ鍋に舌鼓


    ....いや~楽しく学ぶことができた!再び両国駅へ戻る。さあ昼食タイムを迎えます...
c0119160_527158.jpgc0119160_5272938.jpg



c0119160_5274862.jpg


  ...両国といえばやはり「ちゃんこ鍋」、昼宴会は「ちゃんこ道場」で楽しく飲み、盛り上りました...
c0119160_5354522.jpgc0119160_836543.gif c0119160_5425363.jpgc0119160_8301051.gif

c0119160_536167.jpg

c0119160_945168.gif



★両国の史蹟をさらに散策して朗読劇公演へ

「回向院」は江戸勧進相撲興行が初開催(1768)された場所であり、相撲協会が歴代相撲年寄の慰霊の為に建立された「力塚の碑」もあります。先日急逝された大横綱・北の湖も今後ここに入ることでしょう。北の湖のような憎らしい程に強い日本人横綱が再出現するのは一体いつのことやら・・。


  ....江戸興行相撲の発祥地「回向院」、「力塚」は歴代年寄の慰霊碑(北の湖親方・・合掌)...
c0119160_5473235.jpgc0119160_5475099.jpgc0119160_5481018.jpg

c0119160_5482943.jpg


当地も江戸の大慰霊所であり、明暦大火の焼死者10万8千人が幕命で葬られています。あの有名な「ねずみ小僧」のお墓(生涯に100度以上大名屋敷に忍び込んで盗んだ物を貧しい人に分け与えた江戸時代の義賊)もあります。墓石を削りパウダー状の粉を袋に入れればお守り袋になるとのこと


   ....(左)回向院で集合写真 (右)「ねずみ小僧」のお墓を熱心に削り開運を祈る女性陣....
c0119160_6165148.jpgc0119160_6171421.jpgc0119160_9134298.jpg
c0119160_617491.jpg


回向院から少し歩いた所には、勝海舟の生誕地や吉良上野介(忠臣蔵の悪役)の屋敷跡もあります。いや~さすが江戸の歴史が重ねられてきた街!こまめに歩いてみると色々な史跡を発見でます。


  ....(左)江戸東京博物館で飾られていた勝海舟の肖像画 (右)勝海舟の生誕地の石碑...
c0119160_6224254.jpgc0119160_623202.jpgc0119160_6233599.jpg

c0119160_6235066.jpg


   ....本所松坂町公園に吉良上野介屋敷跡。悪評高いけれどいい人だったという説も・・...
c0119160_627404.jpgc0119160_6454611.jpgc0119160_646460.jpg

c0119160_6462477.jpg


朝から両国の見所をたっぷり満喫し、15時から始まるH井真吾朗読劇へ!「メトロに乗って」は浅田次郎原作の時空を超えたミステリー(親子・兄妹愛の物語)。高校同級生達も多く見に来ていました。


     ....劇場シアターXでH井の朗読劇「メトロに乗って」(映画でも見たネ~)を観賞...
c0119160_6521876.jpg
c0119160_6523356.jpg

朗読劇公演終了後は、高校同級の恒例飲み会が企画されていましたが、今日は朝から沢山歩き昼間からアルコール漬け、明朝は早め出勤につき欠席させてもらい、ウォーキングメンバーにて喫茶店で軽く打上げ反省会としました。来年は花見ウォーキングでの再会を誓って、両国駅にて解散!お疲れさ~ん!


        ....公演終了後の締めは、サンマルクカフェで打ち上げ本日の反省会...
c0119160_6541525.jpgc0119160_6542871.jpg

c0119160_6544140.jpg


       ....(左)両国街路にある力士モニュメント (右)夕暮れの両国路地も風情あり...
c0119160_6593561.jpgc0119160_6595188.jpgc0119160_70851.jpg


c0119160_702491.jpg




                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-11-29 09:00 | 都会の風景 | Comments(118)

<2015年5月>すみだ水族館(東京スカイツリー)から両国への散策

                           【墨田区探訪:⑦】


★都心のアクアミュージアム・家族連れで賑わう「すみだ水族館」

今回の記事は、今年冒頭の「東京スカイツリー」レポート(昨年12月訪問の浅草寺&スカイツリー天望回廊)からの続編(墨田探訪7回目の記事)です。まずは前回紹介した浅草寺や大都会パノラマを再レビュー

c0119160_20205240.jpg
c0119160_2021568.jpg

       ......浅草「吾妻橋」から見る東京スカイツリーとアサヒビール本社(2014年12月).....
c0119160_20235523.jpg
                        
                                 2015元旦記事「浅草寺&東京スカイツリー大絶景」

昨年12月冬快晴日を狙って初めてスカイツリー天望回廊へ昇り日本一の展望体験をようやく果たしました。RWは登山で色々な眺望を満喫してきたものの、大都会中心部で634m標高パノラマにはさすが唸らせられた!真下を覗けばスカイツリーの影も覗けて高所恐怖症の方はチト怖い光景かも・・(笑)


       .....(左)天望デッキからの光景に驚く家族 (右)宇宙船のような天望回廊の内部.....
c0119160_2027463.jpg
c0119160_20275850.jpg

天望回廊は斜めに巻き上げる様な構造(蝸牛の如し)になっており、回廊を歩き進むと高度を徐々に上げながら360度パノラマを楽しめる仕組は画期的。東京湾のパノラマは雄大!房総半島やアクアライン「風の塔」・ゲートブリッジやディズニーラントの眺望も全て俯瞰することができて満足!狙い目は冬です。


       .....(左)東京ディズニーランド&金色に輝く東京湾 (右)隅田川に映るスカイツリーの影.....
c0119160_20302918.jpg
c0119160_20304331.jpg

                      ......東京タワー(右端)と港区・品川の高層ビル群.....
c0119160_20495573.jpg
c0119160_20501220.jpg

大眺望を満喫後は、スカイツリー商業施設「そらまち」の「すみだ水族館」で珍しい海洋生物達を見学しました。国内最大規模の屋内開放型プール水槽で海洋生物と間近に出会え、家族連れで賑います。


            ....そらまちタウン(スカイツリー商業施設)の「すみだ水族館」へ!.....
c0119160_21291449.jpgc0119160_2129285.jpg

c0119160_2129506.jpg


              .....すみだ水族館エントランスは淡水魚の水槽から始まる.....
c0119160_21393539.jpgc0119160_2139557.jpg





c0119160_21401448.jpg


中に入ると50mスロープに色鮮やか照明で照らされた数多くのクラゲ水槽が設置され、クラゲと一緒に鏡世界を漂っているような幻想的な演出は見事!壁と天井に鏡が敷き詰められ万華鏡ウォークを体験


          .....クラゲと一緒に鏡の世界を漂っているような幻想的な浮遊体験.....
c0119160_22111884.jpgc0119160_22115655.jpgc0119160_22132113.jpgc0119160_22133910.jpgc0119160_22121465.jpg
c0119160_22123618.jpg
c0119160_22141463.jpg

            .....マリンブルーの世界に入り込み不思議な空間の中に身を置く.....
c0119160_8271746.jpgc0119160_8273652.jpgc0119160_828912.jpg



c0119160_8284627.jpg
c0119160_829512.jpg


美術館のように水槽が並ぶ「ゆりかごの連なり」、360度全方向から鑑賞できる美しい珊瑚礁、小笠原村の協力で再現した「東京大水槽」が続き、必見は水量約350t国内最大級の屋内開放プール型水槽で育まれるペンギンやオットセイ達。可愛い海洋生物が間近に見られるとあって歓声が絶えません。


         .....国内最大規模の屋内開放型のプール水槽を持つ最新鋭の水族館.....
c0119160_8404646.jpg
                   
都心で千km離れた小笠原諸島(東京都)を体験できるのも凄い!水槽にはカラフルで他水族館では珍しい魚(チンアナゴや貴重な甲殻類も)が多く展示されておりマニア向け水族館だなあと感心しました。


    .....ニョロニョロした体に斑点が特徴的なチンアナゴ、グロテクスク顔の魚、オウム貝・エビなど続々登場.....
c0119160_951542.jpgc0119160_953657.jpgc0119160_955513.jpg




c0119160_961920.jpg
c0119160_963284.jpg


「オットセイトンネル」も面白い!メチャクチャ速い泳ぎをガラス越しに見られて圧巻!観光地併設の水族館は家族連れ、カップルを意識した楽しいコンセプトと展示に工夫が凝らされ皆様にも観賞をお薦めします。


    .....プール型水槽で育まれるペンギン・オットセイ・アシカが間近に見られ見学者歓声が絶えない.....
c0119160_12401423.jpgc0119160_12403586.jpg


c0119160_1241214.jpg

c0119160_12462332.jpgc0119160_12464127.jpgc0119160_1247678.jpg

c0119160_12472417.jpg






★両国駅へ足を延ばし、「江戸東京博物館」見学

c0119160_12544171.jpg

            .....スカイツリー駅をあとにして、お相撲さんの街・両国駅へ向う.....
c0119160_1255762.jpg
c0119160_12553066.jpg

次は両国駅に移動。国技館がある大相撲の街ですが江戸東京博物館を久しぶりに訪問してみよう。江戸・東京の歴史と文化に関わる資料が満載で、常に新しい企画展が開催されており今回で4回目ですが飽きることはありません。新しい施設の印象があるが、開館からもう22年が経つのか・・(驚)


      .....駅出口から右に歩くと(左)両国国技館 (右)江戸東京博物館が出現.....
c0119160_13255018.jpgc0119160_13261711.jpgc0119160_13263911.jpg

c0119160_13272893.jpg


常設展示室は江戸ゾーン(浮世絵や城下町・江戸に関する展示)と東京ゾーン(明治維新・文明開化・関東大震災・東京大空襲)に分かれており、400年に渡り栄えてきた江戸・東京の様々な資料が展示


         .....常設展示室入口には江戸から昭和までの懐かしグッズが販売.....
c0119160_13323745.jpg
c0119160_13325442.jpg


訪問時は館内修復中で大きな企画展は未開催だったので常設展を覗いてみました。常設展示室に入ると最初に目に入るのが江戸幕府を開いた徳川家康や日本橋の江戸の地図や再現模型が・・!

            
           .....(左)江戸幕府を開いた徳川家康 (右)江戸時代の古地図.....
c0119160_13354224.jpgc0119160_13362297.jpg


c0119160_13364246.jpg


             .....(左)浮世絵の数々 (右)お殿様が乗った大名駕籠.....
c0119160_1342532.jpgc0119160_13412477.jpg

          .....(左)和紙の高い技術が紹介 (右)団扇の扇風機や和傘も展示.....
c0119160_17543034.jpgc0119160_17545050.jpgc0119160_17561999.jpg





c0119160_17564790.jpg


あらためて展示物見ると世界に誇る江戸時代の文化・歴史、明治維新・文明開化の東京の色々な側面を窺い知ることができます。しかし明暦の大火・安政大地震・関東大震災・東京大空襲と数々の災禍に見舞われてどれだけの貴重な資料や文化・宝物が失われたことでしょう。惜しいことだ・・


     .....(左)クラシック自転車に乗って楽しむ母娘 (右)人力車やレトロ自動車も.....
c0119160_2045194.jpgc0119160_20501575.jpg


c0119160_20505958.jpg


               .....(左)懐かしき読み物・漫画・玩具 (右)木製スキー.....
c0119160_20582642.jpgc0119160_20584456.jpgc0119160_20593038.jpg


c0119160_20595178.jpg


          .....(左)日本初の電髪器(パーマ) (右)昭和の家電・三種神器.....
c0119160_21101132.jpgc0119160_2182427.jpgc0119160_2184252.jpg
c0119160_2195151.jpg
c0119160_218010.jpg


当博物館は2020年東京オリンピックでは外国人観光客外で大賑わいになることでしょう。日本観光ブームはこの1年間で飛躍的な勢いですが、気づいていない日本の魅力・文化発信をドンドンしてほしい。





★「両国国技館」周辺の見所

両国といえば国技館があるので、やはりお相撲さんの日常姿が見られる街。3年前の夏に両国を訪ねお蔵入りしていた写真も引っ張り出して力士の散歩風景や両国周辺の見所も紹介しましょう。


        .....(左)5月10日から始まる2015年五月場所 (右)力士が浴衣姿で歩く.....
c0119160_2135677.jpgc0119160_2135463.jpgc0119160_2136530.jpgc0119160_21362328.jpg


c0119160_21365352.jpg

2014年は大相撲の人気が右肩上がりで回復した1年でした。若貴全盛時代(1996)以来18年ぶりに14日間満員御礼を記録、年6場所合計の大入は58日間となりました。これも大鵬の優勝記録を更新した白鵬(夏場所で史上初2度目の7場所連続優勝34回目の優勝をめざす)の存在が大きい。


    .....無敵の強さ白鵬に対して、若手の照ノ富士・遠藤・逸ノ城らが五月場所で挑む.....
c0119160_21465095.jpgc0119160_21473551.jpgc0119160_21475749.jpgc0119160_21481787.jpg

c0119160_2149654.jpg


                                       双葉山・大鵬を師と仰ぐ「白鵬」の記事 

国技館に隣接する旧安田庭園は、徳川時代における大名庭園の典型をなす名園で、明治時代に安田財閥の所有となりました。関東大震災後復旧され園内には両国公会堂が建てられました。


    ....(左)両国公会堂からスカイツリーの頭が (右)旧・安田庭園からは国技館の頭が覗く.....
c0119160_20255991.jpgc0119160_20262378.jpg
c0119160_20265362.jpg


        .....再び大相撲人気が高まっており、国技館・両国駅は大賑わい.....
c0119160_20365174.jpgc0119160_21255157.jpg


c0119160_2037113.jpg

両国回向院は、振袖火事と呼ばれる明暦大火の焼死者10万8千人を葬った万人塚(将軍・徳川家綱の幕命)が始まりで、安政大地震犠牲者や罪人・横死者等の無縁仏も埋葬する慰霊場所でした。


       .....明暦の大火の焼死者10万8千人を幕命で葬った「両国回向院」.....
c0119160_21265242.jpgc0119160_21271419.jpg

c0119160_21273487.jpg


                        墨田区には「関東大震災復興記念館&東京都慰霊堂」も・・ 


   .....災害犠牲者、水死者、罪人・処刑者等、無縁仏の魂は猫がお守りしていた.....
c0119160_2133815.jpgc0119160_21332770.jpg





c0119160_21334791.jpg


江戸時代の勧進相撲興行(公共社会事業の資金集め)とも縁が深い場所であり、1768年に回向院初めて開催されました。寛政~文政年間に至るまで勧進相撲興行の中心は当境内だったのです。


    .....「力塚の碑」、昭和11年に相撲協会が歴代相撲年寄の慰霊の為に建立.....
c0119160_2142469.jpg
c0119160_21422991.jpg

両国には吉良上野介(忠臣蔵の悪役)の吉良屋敷跡もあり、昭和9年地元有志が発起人となって邸内の「上野介の首洗い井戸」を本所松坂町公園として整備、その後東京都に寄付されています。


      .....吉良上野介も自分の屋敷跡が区民公園となり喜んでいることでしょう.....
c0119160_2145680.jpgc0119160_21454649.jpgc0119160_21463320.jpg


c0119160_2147133.jpg


墨田区探訪記事も7回目となりもう殆ど紹介するネタも尽きかけてきましたが、スカイツリーという新たなシンボルが出現して絵になる場所が増えて今後は穴場の撮影スポットはドンドン増えて行くと思います。人気が復活した大相撲、増える外人観光客、この夏の隅田川花火はさらに混雑することでしょう。


        .....2012年4月(スカイツリーがオープン直前)隅田川で見学した早慶レガッタ.....
c0119160_21594584.jpgc0119160_220744.gifc0119160_2201993.jpg




c0119160_2203588.jpg

               
                        <2012年4月>開業を待つ東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー 


  ....隅田川花火大会が江戸時代行われた場所は「両国橋」でした。玉屋~鍵屋~!.....
c0119160_226524.jpgc0119160_2262355.jpgc0119160_2263551.jpg




c0119160_2265225.jpg

  
                        <2008年7月>東京下町(浅草・向島・隅田)の夏風景 

                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-05-04 00:00 | 都会の風景 | Comments(108)

<2015年1月1日>新年ご挨拶(浅草寺&東京スカイツリーからの大絶景)

                         【墨田区探訪:その6】


c0119160_17574342.gifc0119160_1758252.jpg
c0119160_17581992.jpg

      

           
★2015年到来!今年の初記事は「東京スカイツリー」!


皆様、明けましておめでとうございます!日々皆様より数々のコメントを頂き、感謝の一言・・、今年も楽しく情報交流をよろしくお願いいたします!さて今年冒頭の初日の出は東京スカイツリーからレポート!昨年12月に訪ねた「浅草寺」と「スカイツリー天望回廊」から大東京の絶景パノラマをお楽しみ下さい!


   ......(左)浅草寺・五重の塔&東京スカイツリー (右)アサヒビール本社に映り込むスカイツリーと朝日.....
c0119160_183558.jpgc0119160_183402.jpgc0119160_1841271.jpg


c0119160_1842345.jpg


元旦は柏崎で過ごしていますが、正月3ケ日の浅草寺は物凄い人出なのでしょうね~。人混みが大嫌いなRWは年始の有名寺社での初詣は殆どしないようにしています。毎年、川崎大師に参詣するのは年末御礼参り。大晦日の朝は参拝客が疎らで静謐な空気の中でユックリお参りができます。


    ......年明けて浅草寺は、初詣客で今頃は超ごった返しと思います。お疲れ様~.....
c0119160_18112530.jpgc0119160_18114872.jpgc0119160_1812527.jpg




c0119160_18121879.jpg


昨年末は2週連続で浅草寺を訪問。1回目は12月中旬、天気予報晴れが外れて曇りとなってしまいスカイツリー眺望は肩透かし・・。絶景は諦め、浅草寺徘徊に切り替えて翌週再挑戦することに・・。12月下旬のリベンジ日は西高東低の冬晴れ快晴!混雑を避けて朝一番で天望回廊に登り大願成就!
c0119160_19553462.jpg
c0119160_19555455.jpg






★静寂なる朝の浅草寺風景(12月20日)


    ......殆ど人の姿がない「浅草雷門」、いや~こんな光景は生れて初めて見たかも!.....
c0119160_19405112.gifc0119160_1941568.jpg
c0119160_19412189.jpg

 
2回目のリベンジ日は朝7時半に浅草寺に到着、一点の雲もない快晴青空、凛とした冬の空気に包まれて疎らな人影の浅草は実にレアな光景です。仲見世通りが遥か先まで見通せるのも初体験!


      ......(左)誰もいない仲見世通りの裏側を歩いてみる (右)参道の羽子板装飾......
c0119160_19454237.jpg
c0119160_19455328.jpg

        ......早朝に訪ねた仲見世通り(昨年師走下旬)、人は疎ら、空気は静謐.....
c0119160_19474624.jpg
c0119160_19475786.jpg

仲見世通りが行き果てると宝蔵門.が現れ左手には五重の塔の雄姿が・・。門をくぐれば浅草境内に堂々建立されている観音堂。いや~、こんなにもガラガラ状態の浅草寺境内も初体験ですね~!


          ......(左)朝の観音堂には参拝客も疎ら (右)五重の塔と宝蔵門.....
c0119160_2010789.jpgc0119160_20102858.jpg



c0119160_20104844.jpg


       ......関東大震災や戦災で焼けおち何度も再建修復されてきた本堂の威容!.....
c0119160_20154249.jpg
               
誰もいない観音堂で心静かにお参りを済ませて凛とした朝の空気の中で思い切り深呼吸!五重の塔とスカイツリーが青空中心部に呼応するような立ち姿が実に美しい~!朝の浅草寺もいいもんだ!


          ......(左)静謐なる観音堂 (右)鮮やかに輝く御本尊(聖観音菩薩)....
c0119160_20174138.jpgc0119160_20175263.jpg


c0119160_20181562.jpg

     
  ......(左)雷門を裏から見る。正式呼び名は風雷神門なのか! (右)早朝の五重塔&スカイツリー.....
c0119160_20284579.jpgc0119160_2029215.jpg


c0119160_2029409.jpg






★1週間前は賑やかな浅草風景(12月13日)

さてさて今度は1週間前の浅草をレポートをしてみたいと思います。曇りになったのでスカイツリー眺望は今回あきらめてブラブラと散策しながら下町風情を満喫。人がゴッタ煮状態になっているいつもの風景

     .....(左)観光客で賑うお馴染の雷門光景 (右)正式名は金龍山浅草寺(境内MAP)....
c0119160_20375988.jpgc0119160_20381435.jpg




c0119160_20383557.jpg


浅草雷門前は外国人観光客や修学旅行生・カップルなどが次々に入れ替わり立ち替わり記念社員を撮っています。最近は携帯を固定して自撮りするスティックがかなり普及してきたようだ。仲見世通りに入って見ると正月の装飾準備も整えられており、人混みの中で活気が溢れています。


     ......(左)自撮り棒を使って携帯撮影する韓国女性 (右)大勢の人で賑う仲見世通り.....
c0119160_20455038.jpgc0119160_20461389.jpgc0119160_2046275.jpg



c0119160_20464490.jpg


         ......(中)新仲見世商店街天井には芸能人バナー (右)宝蔵門の大提灯.....
c0119160_2053116.jpgc0119160_20534014.jpg
c0119160_2053531.jpg


浅草寺の境内は護摩の煙がモクモク、これも定番光景。正月3ケ日はこの護摩壇に来るまで長い列を連ねているのでしょう。「家内安全・無事健康」が一番!RWは大晦日の朝に川崎大師で祈願済み


          ......境内・護摩壇の煙を浴びて無病息災を祈願する参拝客.....
c0119160_20553371.jpg
c0119160_20554540.jpg

    ......(左)境内には鯉が沢山(滝登りしそうな奴も) (右)境内の紅葉が綺麗でした.....
c0119160_20572877.jpgc0119160_20574073.jpg




c0119160_2058784.jpg
c0119160_20582330.jpg


裏路地の「花やしき遊園地」はいつまでも頑張っているなあ・・、昔ジェットコースターに乗りましたが民家屋根をすり抜けるような感じでした。昭和レトロの風情がタップリ残るこの懐かしさこそが浅草の魅力です。


               ......「花やしき遊園地」周辺を散策してみよう.....
c0119160_21103527.jpgc0119160_21105094.jpg


c0119160_21111070.jpg


                 ......花やしき遊園地の路地裏の魚屋さん.....
c0119160_21145039.jpg


c0119160_2115647.jpg


        ......(左)西参道お祭り商店街 (右)廃墟ビルのような浅草観音温泉.....
c0119160_21173632.jpg
c0119160_21175010.jpg

1970年代半ば(小生が大学生時代)に散策した頃、「浅草六区」はまさに廃墟・ゴーストタウンのような雰囲気が漂い寂れた状態だっだ記憶があります。しかしその後、浅草の活気を取り戻そうとする街ぐるみの活動が実って今や世界に誇る「Asakusa」に見事復活。スカイツリー開業はさらにフォローウインド!


      ......(左)わけあり本舗(新仲見世商店街) (右)柳小路からスカイツリーが!.....
c0119160_21191642.jpg
c0119160_21193174.jpg


                ......(上)浅草ロック座周辺 (下)浅草演芸ホール.....
c0119160_2128087.jpgc0119160_21282678.jpg
c0119160_21284563.jpg

c0119160_21313561.jpg
c0119160_21321785.jpg

浅草六区から浅草公会堂のエントランス路上には、有名人の手形が沢山埋め込まれています。浅草の路地や裏手を歩いてみるとまだ隠れたお宝物が発見できそうな予感あり、また探検に来てみよう。


             ......(左)人力車乗り場 (右)浅草公会堂の芸能人の手形.....
c0119160_2134797.jpgc0119160_21342619.jpg
c0119160_21344154.gif

c0119160_21345956.jpg





★吾妻橋から業平橋へ、東京スカイツリー建設・伸長の軌跡


再び1週間後(12月下旬)の冬快晴日に戻りましょう。今日は確実にスカイツリー天望回廊から素晴らしい大東京の絶景を満喫できること間違いなし!「吾妻橋」を渡りアサヒビール本社(通称ウンチビル)方面へ・・


       ......「吾妻橋」を渡る。一点の曇りなき青空にスカイツリーとアサヒビール本社が屹立.....
c0119160_21464679.jpg
c0119160_21471974.jpgc0119160_21474264.gifc0119160_2148973.jpg

c0119160_21484148.jpg


アサヒビール本社(ビールジョッキを模した建物)へ来ると、朝日で輝くビルが金色ガラス窓に映り込んでおり感動的。そこには勝海舟様が堂々屹立しています。「いざ目指ざせ、スカイツリーを!」と励ましのお言葉


     ......(左)アサヒビール本社前に向って指をさす勝海舟 (右)1週間前にもご対面済み.....
c0119160_21551430.jpgc0119160_21555413.jpgc0119160_2156786.jpg






c0119160_21562424.jpg


業平橋方面へ歩き進むとスカイツリーの姿が大きくなってきます。実はRWは2008年の着工時からスカイツリーが伸長していく姿を節目節目で撮ってきました。着工1年目はまだ筍のような形で可愛かった・・


  ......(左)業平橋路地から見るスカイツリー (右)2008年7月建設着工時 (下)2009年5月建物基礎.....
c0119160_2231813.jpgc0119160_2234669.gifc0119160_2241234.jpg








c0119160_225655.jpg


   ......(左) 2009年7月(着工1年目) (中) 9月(1年2ケ月) (右)11月205m(1年4ケ月).....
c0119160_22151173.jpgc0119160_22155291.jpgc0119160_22161143.jpgc0119160_22152558.jpg


c0119160_22163236.jpg


その後スカイツリーは毛糸の青い帽子を被った蝋燭のような塔に姿を変え、2010年秋には天望デッキ(下側の節目)が完成。2011年はさらに最上部の天望回廊と電波塔アンテナ部の建設仕上げ段階へ


    .....(左) 2010年4月(1年9ケ月)綿飴を頬ばる娘(当時16歳) (右) 2010年末は最終段階.....
c0119160_22252778.jpg
c0119160_22254048.jpg

このレポートは3年前の記事(下記URL)に纏めてありますので是非御覧下さい。しかしスカイツリー開業以降、人混みが嫌いなRWは当エリアには一切近付かないようにしていました。ブームが一段落した冬晴れ(視界が確実保証)の日をかねてから狙っていたのだ。開業後1年半余り、遂にその日がやってきた!

                              「東京スカイツリー伸長の軌跡」(2011年12月記事)

c0119160_22272257.jpg

               ......東京スカイツリーの建設・伸長の軌跡(連続写真).....
c0119160_2228788.jpg
c0119160_22282610.jpg


                      「開業を待つ東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー」(2012年4月記事)




★いよいよスカイツリー「天望回廊」へ!世界に誇る東京の大パノラマ絶景!


スカイツリー足元にある商業施設「そらまちタウン」に到着、真下からスカイツリーを見上げると、首が痛くなる程でやはりドデカイ塔だな~と実感!すみだ水族館脇にあるエントランスからエレベーターで天望デッキへ!


    ......いよいよスカイツリーの足元に到着!今日は最高のパノラマビュー日和、これから登るぞ~.....
c0119160_22375785.jpgc0119160_22381148.jpg

c0119160_22382589.jpg











c0119160_22383797.jpg


     ......高速エレベータに乗って一挙に「天望デッキ」(350m)へ、絶景眺望に見入る家族連れ、.....
c0119160_22455150.jpgc0119160_2246912.jpg







c0119160_2246233.jpg


入場料は高速エレベーターに乗り「天望デッキ」に行くだけで2千円、さらに最上部「天望回廊」は追加の千円で合計3千円もかかりチト高い気もしますが、日本一の展望体験だからしょうがないネ。そしてついに「天望回廊」(標高450m)に到着!やはり凄い~、冠雪富士山と大都会東京のコラボ絶景だ!


   ......世界遺産・富士山と大都会高層ビル群が一緒に展望できる東京はやはり世界に誇れる!.....
c0119160_22535051.jpgc0119160_22533863.jpg


c0119160_22532267.jpg


        ......(左)白髭橋・堀切・千住方面  (右)荒川(平井大橋)、右側は北十間川.....
c0119160_23175164.jpg
c0119160_2318129.jpg

高所に登りたがるRWは登山で色々な眺望を満喫してきましたが大都会中心部で634m標高パノラマにはさすが唸らせられた・・。真下を覗けばスカイツリーの影も!高所恐怖症の方はチト怖いかな・・(笑)


  ......(左)葛飾から仰ぐ筑波山 (中)隅田川に映るスカイツリーの影 (右)駒形橋・アサヒビール・吾妻橋....
c0119160_22581432.jpgc0119160_22582664.jpg
c0119160_22583877.jpg

        ......(左)両国橋&大相撲の両国技館 (右)真下を覗けば足も竦む様な光景.....
c0119160_2304762.jpg
c0119160_23124.jpg

天望回廊は斜めに巻き上げる様な構造(蝸牛の殻の如し)になっており、回廊を歩き進むと高度を徐々に上げながら360度パノラマを楽しめる仕組みです。臨海部に目を向けるとかつての主役だった東京タワーが見えてきましたが小さく見えるなあ・・。スカイツリーの高さはほぼ2倍だから当然のことか・・


                ......東京タワー(右端)と港区・品川の高層ビル群.....
c0119160_2334325.jpg
         
   ......(左)スカイツリーの影&花見で賑う言問橋と桜橋. (右)天望回廊の内部(宇宙船みたい)......
c0119160_234438.jpgc0119160_2342070.jpgc0119160_2343367.jpg


c0119160_2345360.jpg


東京湾のパノラマは雄大!房総半島(新日鉄住金・君津製鉄所も確認)や東京湾アクアライン「風の塔」、手前には東京ゲートブリッジ(2012年開通)も見えます。左側には東京ディズニーランドが現れて来た!


     .....海の彼方には房総半島(千葉県)、上空に連なる雲が北アルプスのように思えた......
c0119160_2393516.jpgc0119160_2395577.jpg








c0119160_23101182.jpg


        ......(左)東京ディズニーランドと金色に輝く東京湾 (右)東京湾上に輝く朝日.....
c0119160_23105270.jpgc0119160_2311974.jpg

c0119160_23112312.jpg


c0119160_23115611.jpg


360度大回廊には外国人もかなりいましたが、霊峰富士と東京湾&高層ビル群を一挙眺望できることに感動しているんだろうなあと日本人として誇らしい気持ちになりました。中国人は何でこんなに空気が綺麗なんだ?とビックリしていることでしょう。開業から1年半、RWの夢もようやく叶いました。


  ......(左)冠雪富士&高層ビル群 (右)高尾・秩父の山&新宿 (下)池袋&上野公園・国立博物館....
c0119160_23271817.jpgc0119160_2328321.jpg






c0119160_2327373.jpg




c0119160_23275043.jpg


    ......(左)すみだ水族館で海の芸術を楽しむ (右)その後は両国駅で相撲や昭和を探訪.....
c0119160_23372786.jpgc0119160_23374127.jpgc0119160_23375277.jpg


c0119160_233847.jpg


スカイツリー大眺望を満喫し、すみだ水族館で珍しい海洋生物達を見学。その後は両国駅で下車して江戸東京博物館に立ち寄ってみました。当記事は大相撲夏場所時期に公開予定です。新しい年を迎え、また一年間皆様方と楽しい交流を重ねて行きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

                                                        おわり

  by rollingwest | 2015-01-01 00:02 | 都会の風景 | Comments(124)

<2012年4月7日>開業を待つ東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー

                                                                                                                                        ★「東京スカイツリー」と「歌川国芳」


今年は厳しい冬の寒さがいつまでも残り、桜開花宣言は遅れに遅れました。4月に入り漸く全国の花便りが届き始め、5月22日に開業を迎える東京スカイツリーと隅田川周辺もようやく満開桜!昨年末、スカイツリーが着工(08/夏)してから伸長してきた軌跡記事を紹介しましたが、遂にオープンを迎えます。

                               「東京スカイツリー伸長の軌跡」の記事はコチラから


  ......待ちに待った今年の桜、隅田川・満開桜と完成した東京スカイツリーのコラボがついに実現!.....
c0119160_9239100.jpg
c0119160_558314.jpg
c0119160_5573859.jpg


スカイツリー伸長軌跡の記事でも紹介しましたが、昨年2月東京スカイツリー出現を予言した浮世絵が発見のニュースが報道されました。予言絵を描いた浮世絵師の名は最近俄然注目されてきた「歌川国芳」


     .......歌川国芳がスカイツリーを予言?国芳が江戸時代に描いた浮世絵「東都三ツ股の図」.....
c0119160_913189.jpgc0119160_9133640.jpgc0119160_9135091.jpg

c0119160_9141624.jpg


歌川国芳は画想の豊かさ・斬新なデザイン・奇想天外なアイデア・確実なデッサン力を持ち、浮世絵の枠に留まらない広汎な魅力を持つ作品を多数生み出し1800年代前半に活躍した個性的な絵師です。


         ........六本木ヒルズタワーで2月開催された「歌川国芳展」を見に行きました。.....
c0119160_9244627.jpg c0119160_9245522.jpg

c0119160_9251870.jpg


2月に「国芳没後150年展」が六本木ヒルズタワーで開催されていることを知り、鑑賞訪問してきました。またスカイツリー足元の隅田川に国芳の石碑があることも発見!スカイツリー&国芳をパッケージで満喫~!
まずその前に六本木ヒルズタワー展望台を楽しんでからにしよう。ここからの大都会パノラマは2回目だ。


       .......まずは六本木ヒルズタワー展望ラウンジを歩いてみよう。大都会パノラマを楽しむ.....
c0119160_113380.jpgc0119160_1133355.jpg

相変らずの絶景ですナ~!スカイツリー展望台ばかりが注目されていますが、六本木タワー展望はむしろ穴場だと思う。大混雑の中で慌ててスカイツリーに出かけて行くよりも今はコチラの方がお薦めかも(笑)
さてそれでは本日のお目当て・国芳の絵に会いに行きましょう。ウワ~、こちらの方は大混雑だ~!


         ........(左)グランドハイアット東京を見おろす (右)歌川国芳展の入口は大賑わい!.....
c0119160_1184727.jpg
c0119160_1194024.jpg






★個性的な浮世絵のオンパレード、「歌川国芳」の世界


        ........「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」 怪獣魚か?キワモノっぽいネ~!.....
c0119160_129779.jpg

歌川国芳の魅力は何と言っても画想の自由さ・豊かさ・無限に広がるイマジネーションの世界にあります。骸骨妖怪図や化け猫・怪魚・鳥獣戯画など物語の夢やロマンの世界を具現化する手腕において他に並ぶ者のない卓越した才能を示し、まさに江戸時代の先進的なグラフィックデザイナーと言えるでしょう。


        ........(左)五十三次之内猫之怪 (中)鍋島の猫 (右)源頼光公館土蜘作妖怪図.....
c0119160_1123276.jpgc0119160_11234726.jpg
c0119160_1124639.jpg

c0119160_112757100.gif
c0119160_11271151.gifc0119160_11272574.gifc0119160_11274187.gifc0119160_1461856.jpg
一般的な美人画や人物図も描いていますが、その描き方が実に個性的です。右の男の顔は裸男が絡み合って構成されています。「欽チャンの仮装大賞」で上位入賞できるパフォーマンスかもね~(笑)


    ........(左)縞揃女弁慶・松鮨 (中)山海愛猫度図会、爪イタ~イ! (右)裸男が絡まった人面図.....
c0119160_12103964.jpgc0119160_12112713.jpg
c0119160_12114732.jpg

        ........影絵(獅子・ミミヅク・般若面)は、絡み合った猫の影(右図)を映したもの.....
c0119160_1219434.jpgc0119160_12192673.jpg
c0119160_12201049.jpg


国芳は無類の猫好きで、猫をモチーフにした個性的な浮世絵が沢山ありました。上記真ん中の影絵は、般若面と獅子面が睨みあいミミヅクが仲裁しているように見えますが、実は猫が影絵役(右)を演じていたのです。擬人化の猫絵も沢山!裃を着た猫、歌舞伎スターを猫の顔に準えた図、実に楽しいネ~


    ........(左)猫が大好きな国芳、猫ロール絵巻 (右)猫の顎掻く図 (下)猫パネル脇を行きかう人.....
c0119160_13451879.jpgc0119160_1345449.jpg





c0119160_134686.jpg


      ........(左)流行猫の曲手まり (中)猫達のオンパレード (右)猫歌舞伎役者の団扇絵.....
c0119160_14173716.jpgc0119160_14175920.jpg


c0119160_14185497.jpg


魚・蛸や蛙・金魚を擬人化した個性絵も数々登場!まさに江戸時代に描かれた「鳥獣戯画図」ではないか!その下の馬絵や忠臣蔵討入り図を見ると西洋画風にも仕立てあげている。スゴイ才能~!


      ........(左)坂田怪童丸 (中)魚の心 (右)金魚の蓮傘、ウ~ン、魚版・鳥獣戯画ダネ~.....
c0119160_14281598.gifc0119160_14283038.jpg
c0119160_14285595.jpg

      .......(左)近江国の勇婦 (右)忠臣蔵十一段目夜討之図、西洋透視画法で表現....
c0119160_14351957.jpg
c0119160_14354226.jpg

国芳によって擬人化された動物戯画や表情・仕草は江戸っ子の生態そのものでした。そんなお江戸風景を再び六本木ヒルズの展望屋上に出て満喫してみよう!東京スカイツリー遠望も期待を込めて!






★六本木ヒルズタワー展望デッキに上がり再び大都会パノラマ!


展望デッキに上がるには展望フロア(1500円)の他にさらに300円の追加料金を払う必要があります。チト高い気もするけれど、東京スカイツリーの展望料金(第1展望台2000円、450m第2展望は1000円追加で計3000円)に比べれば安いのかもしれん。オ~!今日は快晴で素晴らしい大都会パノラマだ~!


        ........(左)六本木ヒルズからの冬富士 (右)新宿高層ビル群の林立風景.....
c0119160_14412184.jpgc0119160_14414176.jpg

c0119160_14421737.jpg


真っ赤な「東京タワー」がウォーターフロント摩天楼を従えて存在感をシッカリと見せている。昭和33年デビューから50年以上も日本一の大都会展望を楽しませてくれた昭和時代の象徴塔。今後も頑張ってネ~


       .......「東京タワー」とウォーターフロントの絶景、やはり素晴らしい元祖・昭和日本の象徴タワー!.....
c0119160_14531778.jpg

さて待望スカイツリーは眺望できるかな?北東方向に遥かに見える!外観は完成形だが、展望台や商業施設は5月開業に向け着々準備中。もっと大きな屹立遠望を想像していたが意外と小さかった。


      ........(左)オッ!遥かに「東京スカイツリー」が見えている! (右)クローズUPしてみました~!.....
c0119160_1457116.jpgc0119160_14571555.jpg


c0119160_1458374.jpg






★歌川国芳・石碑があるミステリー神社(隅田川沿い)を訪問


歌川国芳の世界に触れ、六本木ヒルズからの大都会パノラマを満喫した後は、車で墨田区に向かいました。歌川国芳の石碑が隅田川沿い「三囲(ミメグリ)神社」にあると知り訪ねてみました。ここは隅田川七福神の一つで恵比寿・大黒が祀られ、祭神は宇迦御魂之命(ugatamanomikoto)、食物の神様です。


        .......「三囲神社」(mimegurijinjya)の鳥居、ここは「隅田川七福神」の一つ.....
c0119160_15114759.jpgc0119160_15133094.gif


c0119160_1514747.jpg


     .......三囲神社(向島)・鳥居から見上げる東京スカイツリー、まさにお膝元の光景ですナ~!.....
c0119160_15201437.jpg
c0119160_15254435.jpg

隅田川沿いの神社なので東京スカイツリーが間近に見える。境内には何と三越デパートのライオンが鎮座しているではないか!三囲神社は財閥の三井家が崇敬している神社(三囲はmitsuiとも読める)


          ........鳥居をくぐると、三越のライオンが狛犬に替わって堂々と鎮座!.....
c0119160_15304174.jpg
c0119160_1531880.jpg

昔は田中稲荷と呼ばれていましたが、地中から壺が発見され開けてみると狐に跨った翁像が入っており、その時に白狐が突然現れ壺を三度回って消えたため三囲神社になったといわれています。


          ........(左)三井家を祀る顕名霊社 (中)包丁塚 (右)白狐の祠.....
c0119160_1534510.jpgc0119160_15341976.jpg
c0119160_15344586.jpg


三井家を祀った顕名霊社・包丁塚・白狐の祠などがありましたが、歌川国芳の石碑はどこだろう?目立たぬ所に変哲もない石碑を発見!奇抜な物はないが刻印を読むと確かに国芳足跡が窺える。


              ........(左)これが歌川国芳の石碑     (右)歌川国芳の自画像......
c0119160_15434355.jpg
c0119160_1545388.jpg


         .......(左)金太郎尽・関羽見立 (中)天竺徳兵衛 (右)通俗水滸伝豪傑・花和尚.....
c0119160_15561559.jpgc0119160_15564493.jpg
c0119160_15575542.jpg

一番目を引いたのは不思議な「三柱鳥居」。キリスト教三位一体神社や天皇家や渡来人秦氏のルーツではないかと云われます。三柱鳥居は全国で数社しかなく、京都市太秦「木嶋坐天照御魂神社」(蚕の社)が最も有名らしい。秦氏は八幡神や稲荷神社のルーツや神仏習合にも関係ある謎の一族です。


          .......三柱鳥居は、キリスト教三位一体にルーツ?秦氏の謎を解明したいナ~.....
c0119160_15552445.jpgc0119160_1652320.jpg

c0119160_1662616.gif


秦氏は日本に土木・養蚕・鋳造技術を伝えた一族。(ハタ=機織・畑作の語源に・・)その末裔も三井・越後屋にも繋がり三越百貨店へと発展したのか・・日本の産業・商業の基礎を作った一族かも・・


    ......三越のルーツは越後屋(三井高利)、狛犬がライオンとは・・やはり西洋文化の神仏習合か?.....
c0119160_16134368.jpgc0119160_16135988.jpg






c0119160_16142619.jpg


あっ、完全に脇道話に外れてしまった・・!今日のテーマは「東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー」でした。秦氏のミステリーはいつの日か有名な八幡神社や稲荷を訪ねた時に究明して行きたいと思います。
c0119160_16301498.gifc0119160_16304861.gifc0119160_16311586.gif
c0119160_16312984.gif





★東京スカイツリー、いよいよ開業の日を迎える


折角、隅田川まで来たのだから開業前のスカイツリー雄姿を堰堤から楽しんでみよう。まずは白髯橋から遥かに聳える塔を撮影!この辺は人が少なく静かな雰囲気。輝く太陽とスカイツリーのコラボがgood!


        ........白髯橋から眺めた隅田川&スカイツリー、粛々とオープンの日を待っている.....
c0119160_174260.jpgc0119160_1741789.jpg

c0119160_20241195.gifc0119160_20243433.jpg




c0119160_17315915.jpg


スカイツリー全景を収めるには一定距離が必要なので白髯橋辺りまで離れた方がいいかもしれない。でもやはり桜橋から仰ぐのがメインスポットとなることでしょう。アサヒビール・吾妻橋に向かって墨堤コースへ


       .......オ~!、アサヒビール本社(通称ウンチビル)が見えてきた!接近してみよう!.....
c0119160_17392528.jpgc0119160_20262281.gif
c0119160_1740548.gif



c0119160_17402359.jpg


5月22日スカイツリー開業に向けて着々と準備が進んでいます。下記写真がいち早くマスコミ公開されたスカイツリー天望デッキからの大パノラマ。やはり六本木ヒルズ光景とは高さが断然に違うことが解ります。


       ........これぞ天望デッキからの東京大パノラマ光景!3月6日一早くマスコミに公開された.....
c0119160_17515385.jpgc0119160_174647100.jpg





c0119160_17473670.jpg


     ........(左)業平橋駅はスカイツリー駅に改名 (右)「とうきょうスカイツリー駅」地図......
c0119160_1833184.jpg
c0119160_183557.jpg


天望デッキ料金3000円は高いと思うけれど、当面は予約で一杯。小生はブームが一段落して冬になってから行ってみようと思います。西高東低冬型時こそ、富士山から筑波山まで眺望できる絶好機会


     ......(左)天望デッキの予約販売に並ぶ人、チト料金高い (右)「都市と塔の物語」展示ポスター.....
c0119160_1811715.jpgc0119160_18122498.jpg
c0119160_18112843.jpg

それにしてもやはり歌川国芳のスカイツリー浮世絵には驚かされます。この位置から撮影したスカイツリーと脇の商業ビルの構図は正に瓜二つ。予知夢で見た2012年の隅田川光景を描いたとしか思えません。


       .......何度見ても不思議・・!スカイツリーの予言図としか言いようがない・・。.....
c0119160_1815841.jpgc0119160_18152575.jpgc0119160_1815395.jpg





c0119160_18161256.jpg


     ........国芳が今も存命ならばスカイツリーをバックに隅田川で暴れる鯨絵を描いたかも・・!....
c0119160_18235450.jpgc0119160_1828692.jpg
c0119160_18242980.jpg



元気を失っていた日本ですが、今年は世界一の電波塔開業で勇気づけられることは間違いなし!国芳さん、国良しの予言もありましょうな。桜の次は新緑季節・・「目に青葉・空見上げれば634塔


      .......さあ、いよいよ・・。5月22日オープンの日を待つスカイツリーと浅草・墨田の街、隅田川.....
c0119160_18323186.jpgc0119160_1832446.jpgc0119160_18331232.jpg

c0119160_18332917.jpg





                                                         おわり


次回は、「待ちに待った2012満開桜、旧友・家族と楽しんだ春爛漫(前編)」をお送りいたします。
c0119160_9404913.jpgc0119160_9413747.jpgc0119160_9413086.jpg

  by rollingwest | 2012-04-07 00:00 | 都会の風景 | Comments(64)

<2012年3月11日>関東大震災復興記念館&東京都慰霊堂を訪ねて(震災考)

                         墨田区探訪(その4)


★東日本大震災から1年を迎えて


日本を襲った「3.11」の悪夢、あの日から1年の節目を迎えます。被災地の復興はままならず爪跡の深さは余りにも大きすぎる。さらに追い討ちをかけた原発汚染は言葉に表せぬ程の悲劇が続く・・。昨年秋、防災週間に「関東大震災復興記念館」「東京都慰霊堂」を訪ね見て震災を再認識しました。


    ......「東京都慰霊堂」を訪ね、90年前に関東を襲った大震災の悲劇をあらためて知る.......
c0119160_1773121.jpgc0119160_1781270.jpgc0119160_1782429.jpg





c0119160_1784029.jpg


慰霊堂と復興記念館は墨田区両国の国技館に隣接する「横網町公園」内にあります。当日はまだ残暑が厳しかった9月初め。防災の日(9/1)は1923年(大正12)関東大震災が起きた日に因みます。


          ......墨田区両国駅の近くにある「横網町公園」の中に震災の跡が残る......
c0119160_17143141.jpgc0119160_17144660.gif


c0119160_17151929.jpg


公園は秋祭りで賑っていましたがその活気や華やかさとは裏腹に一歩園内に足を踏み入れてみると関東大震災後に東京を焦土化させた大火災の痕跡がオブジェの如く戸外展示されています。そして震災で家族を失い悲痛な姿で路頭を彷徨った児童達の銅像も・・、何とも沈痛な光景が広がっている。


         .......(左)震災の炎で焼けただれた線路 (右)「震災遭難児童弔魂」の像......
c0119160_171924100.jpgc0119160_17194144.jpg


c0119160_1720863.jpg


       .......(左) 炎上する旧警視庁舎 (右)大日本麦酒工場の曲がりくねった鉄骨や機械......
c0119160_17285268.jpgc0119160_17291818.jpg





c0119160_17293537.jpg






★16万人の遺骨が眠る「東京都慰霊堂」


横網公園に巨大寺院と三重塔が鎮座しています。ここは何と16万人もの遺骨が眠っている「東京都慰霊堂」です。関東大震災での犠牲者6万人、東京大空襲の犠牲者10万人が鎮魂されていました。


            .......「東京都慰霊堂」の全景、悲しみに包まれた威厳......
c0119160_17362515.jpgc0119160_17364247.gif




c0119160_1737093.jpg


かつて元陸軍被服廠跡地(広い空き地)に関東大震災で多くの人々が避難したもののそこに猛火が襲い4万数千の人は焼死してしまい、跡地に慰霊堂が建てられました。しかし大空襲で再び焦土に・・


         .......(左)慰霊堂の内部 (右)祈りの椅子、火災旋風の絵、鎮魂の座席......
c0119160_17434527.jpgc0119160_17445483.jpgc0119160_17452974.jpg




c0119160_1746971.jpg




c0119160_17464135.jpg


慰霊堂の中に入って見ると静謐で荘厳な雰囲気、慰霊の灯が点され続ける礼拝堂、高い天井の四方に大額縁の震災絵が飾られている。華やかりし浅草の街が一偏に炎に包まれた地獄図が再現・・


       .......「浅草花屋敷の猛火」絵図・・、パニックとなった人々・動物園から逃げ出す像.....
c0119160_1825195.jpgc0119160_1832612.jpgc0119160_1834242.jpg

c0119160_1841247.jpg


      .......(左)慰霊の燈火は静かに揺らぐ (右)裏手には鎮魂の三重塔が立っている......
c0119160_18142135.jpg
c0119160_18354324.gif





c0119160_18364557.jpg







★関東大震災と大空襲の悲劇を伝える「東京都復興記念館」


        ......隣接する「東京都復興記念館」には悲劇を伝える数々の展示物が......
c0119160_19562221.jpgc0119160_2023552.gif

c0119160_2013228.jpg


公園には慰霊堂の付属施設として建設された「震災復興記念館」(フランクロイドライト風な幾何学デザイン)が隣接している。関東大震災や大空襲の被害を示す遺品・絵画、写真などが多く展示されています。


          .......(左)有楽町付近の猛火 (右)焼けただれたカメラ・眼鏡・バイオリン......
c0119160_20144687.jpgc0119160_20204213.jpg





c0119160_20194217.jpg


       ......真っ黒になったトランク・時計・ガラス瓶・・、東京は全てが焦土と化した......
c0119160_20322916.jpgc0119160_20324937.gif





c0119160_2033993.jpg


館内は古色蒼然、見学客も殆んどいませんが、展示物をじっくり見学すると災害の重みが伝わってきます。昔の浅草や両国風景、大正時代のシンボル「凌雲閣」が崩れ落ちる瞬間図、そしてがれきの山・・


          .......(左)両国国技館の焼け跡 (右)大正時代の新聞記事(毎日・朝日).....
c0119160_20395880.jpg
c0119160_2041143.jpg

         ....... 大正時代の東京スカイツリー「凌雲閣」(浅草十二階)も無残に崩壊......
c0119160_2052378.jpgc0119160_20525896.jpgc0119160_20531741.jpgc0119160_20534765.jpg

関東大震災の震源地は神奈川県三浦半島付近でした。震度7激震エリアは横浜・鎌倉から小田原に至る相模湾沿岸部であり、巨大な津波も襲ってきたのです。意外と知られていない事実なのかも・・


    .......鎌倉は大津波に襲われ、「鶴ケ岡八幡宮」は倒壊、大仏周辺も洪水の海となった.......
c0119160_2181024.jpgc0119160_2193391.jpgc0119160_2195627.jpg




c0119160_21103178.jpg


      .......(左)小田原に押し寄せた大津波 (右)平塚・茅ケ崎間の馬入川も壊滅状態......
c0119160_21223719.jpgc0119160_21232488.jpgc0119160_21234084.jpg





c0119160_2124288.jpg


壮絶な津波襲来図や瓦礫写真から想像すると東日本大震災の規模を上回るような被害にも見える。鶴ケ岡八幡宮も倒壊し、津波に襲われた大仏様もこの甚大な被災光景に言葉もなかったことでしょう。


     .......鎌倉や横浜は過去何度も津波に襲われた歴史が・・、関東大震災直後の鎌倉駅......
c0119160_18274578.jpg

c0119160_18272010.jpg


       ......引き波後、瓦礫の湘南海岸。鎌倉大仏様も茫然・・、竹久夢路絵が悲劇を描く......
c0119160_21314158.jpgc0119160_2132984.jpg



c0119160_14461310.jpg

c0119160_21323628.jpg






★焦土の街・・、「東京」の無残なる姿


江戸・東京の街は徳川家康の幕府開闢以来、一体何度焼けたのでしょうか?明暦大火など火事に何度も襲われましたが、やはり最大規模の破滅は関東大震災と東京大空襲です。火災旋風という恐怖の竜巻炎にも襲われ完全に焦土と化してしまいました。16万人の焼死者なんて想像もつかない・・


    ......米軍機B29の焼夷弾爆撃により、一面焼け野原となってしまった無残なる東京の街......
c0119160_2284433.jpg
c0119160_2292126.jpg

c0119160_20515576.jpg


また警視庁所属カメラマンだった石川光陽による大空襲の写真群も見逃すことができません。戦時中、一般市民による空襲被害の撮影が制限されていた中で、石川写真は唯一残された大空襲の記録であり、戦後GHQのネガ提出命令にも屈せず自宅の庭に埋めて守り抜いた写真は貴重なものです。


     .....(左)「石川光陽」の記録写真は空襲悲劇を生々しく伝える (右)復興記念館のパネル.....
c0119160_2229037.jpgc0119160_2143201.jpgc0119160_21433921.jpg




c0119160_2231737.jpg

c0119160_2230984.jpg
c0119160_22304936.jpg

関東大震災惨状の油絵が慰霊堂・復興記念館に多く飾られています。洋画家「徳永柳洲」が描いた「被服廠跡」「十二階崩壊」「旋風」等の大型油彩作品は壮絶な迫力で悲惨な光景を表現しています。


             .......「徳永柳州」が描いた大絵画が復興記念館ホールに飾られる.....
c0119160_14165312.jpg

                 ......柳州の震災地獄図は悲劇を生々しく伝えている......
c0119160_14174878.jpg





★いつかまた来る大地震


復興記念館は地球内部マントル構造・地震メカニズム解説コーナーもあります。日本列島は4プレート(北米・ユーラシア・フィリピン海・太平洋)が犇めき合う場所に形成されており、大地震から逃れることはできません。


        .......日本列島を取り巻くプレートや地球マントル図、いつか必ず襲われる大地震......
c0119160_14243777.jpgc0119160_8142960.jpgc0119160_14194033.jpg

c0119160_6562383.gif

c0119160_14201094.jpg


            .......地球儀から見る過去の大地震の震源分布......
c0119160_895858.jpg
c0119160_14291821.gif

先日、東大震研究所からM7 首都直下型地震の発生確率は4年以内で70%との衝撃ニュースが発表。NZ海岸では大量の鯨が打上げられ・・、日本各地の浜辺にはリュゴウツカイや深海魚が次々と・・。再び大地震発生の予兆か?富士山周辺エリアも異常湧水や樹海の蝙蝠異常発生で噴火前兆との噂が・・


       ......生物にも次々に異変が・・、浜に打ち上げられた鯨や深海魚(リュウグウノツカイ)......
c0119160_14305390.gif
c0119160_14311522.jpg

江戸時代中期の1707年宝永噴火は、富士山歴史上の3大噴火(平安期、延暦・貞観噴火と並ぶ)の一つ。富士山肩には今も巨大な宝永火口跡が残っています。偏西風により富士山東方地域には大量の火山灰・砂礫が降下し江戸は昼間も灰で暗くなったらしい。明日起こる可能性は十分あるかも・・


   .....(左)マグニチュード8級も誘引ありうる富士川断層 (右)宝永爆発に続く程の大噴火発生は?......
c0119160_14335458.gifc0119160_1434831.gif



c0119160_14344766.jpgc0119160_14351346.jpg

昨年3.11では首都圏も停電・交通麻痺・食料買い占め等で都市機能は大いに混乱に陥りました。
もし大地震の直撃を受けてしまったらどうなってしまうのか!下記地獄図が再現されてしまうのか・・
         


               ......震災の大壁画 (東京の街は火の海、まさに地獄図)......
c0119160_1532627.jpg

自分の生きている時代には大災害は絶対起きてほしくないと誰もが願うばかり・・。しかし慰霊堂・復興記念館の記録を見れば僅か90年間に大地震・戦争が起き悲劇に見舞われたのも厳然たる事実。

c0119160_1721087.jpg

c0119160_1535675.jpg
c0119160_1541623.jpg


東日本大震災から1年・・、自分は偶々大災害に遭わずに済んでいるだけと思うべきなのかも・・。もし直撃の大地震が起きたらもう運命なのかもしれない。しかしできる限り、身の回りと心の準備を・・




                                                         おわり




次回は、再び「都電・荒川線ぶらり旅」:後編(鬼子母神・雑司ヶ谷霊園・早稲田)をお送りします。
c0119160_1585465.jpgc0119160_1591166.jpgc0119160_1592589.jpg

  by rollingwest | 2012-03-02 00:00 | 都会の風景 | Comments(58)

<2011年12月21日>「東京スカイツリー伸長の軌跡」 (今年のLASTレポート)

                          墨田区探訪(その3)


★2011年カウントダウン・・・、そして来年はいよいよ東京スカイツリーがデビュー!

c0119160_21482374.jpg


大震災や台風など色々な事があり過ぎた悪夢の2011年でしたが「真の意味で年を忘れ新たな気持で来年を迎えて再スタートしたい」・・。日本国民の共通の思いですが、その象徴は「2012年・東京スカイツリー開業」ではないでしょうか。いよいよ来年5月、華々しくデビューする日を皆が待ち続けています。


    ....(11年9月)来年春オープンを待つ東京スカイツリー、訪問時は商業施設が急ピッチで工事中......
c0119160_21542330.jpgc0119160_21572369.jpgc0119160_21544621.gif








c0119160_2157486.jpg


着工時(08年夏)のスカイツリーは殆ど話題になってませんでしたが、1年目頃から徐々に注目されるようになり、2年目は伸び行く程に節目の高さで報道され東京の名所として存在感を増し始めました。今年3/29に634m到達、当時は大震災直後で報道自粛されましたが遂に世界一電波塔が実現!


            .........(左)最終完成予想図 (右)東京スカイツリーと世界の電波塔比較........
c0119160_2261636.jpgc0119160_2265173.jpg
c0119160_2272140.jpg


その始まりは地デジ時代を迎え03年12月にTV局6社が電波障害の解消のため超高層電波塔を求め「新タワー推進プロジェクト」を発足させたことでした。06年3月、墨田押上・業平橋への建設を決定。高さは当初600mでしたがどうせなら広州タワーを抜き世界一にしちゃエと武蔵にあやかり634mに変更


     .....商業施設「ソラマチ」とキャラクター「ソラカラちゃん」が、いよいよ2012春のオープンを待つ......
c0119160_2123303.jpgc0119160_21231328.jpg


c0119160_21404057.jpg


イメージキャラクターは「ソラカラちゃん」、2012年5月に開業に向かい現在は展望台や商業施設「ソラマチ」の工事中で最後の仕上げ段階。来年春は久々に日本国民が明るい話題に包まれることでしょう。塔が伸びゆく過程で数度訪問しましたが当時の写真やニュースを振り返りレビューしてみたいと思います。

c0119160_21333996.jpgc0119160_21335989.jpg
c0119160_21341715.jpg






★スカイツリー伸長の軌跡レビュー


東武からのスカイツリー建設構想発表時から興味を持っていましたが、08年7月着工されたニュースを聞き、早速に「墨田区探訪」を企て着工直後の様子を見に行ってきました。浅草・向島の名所を回りながら押上・業平橋の広い建設現場を目の当りにしこれから夢が積み上げられていくのかと思ったものだ・・


      .....08年7月、言問橋を渡り業平橋・押上エリアを訪問、スカイツリーがいよいよ着工!......
c0119160_21554197.jpg
c0119160_21561073.jpg


               東京下町(浅草・向島・隅田)、夏の風景(08年7月)の記事はコチラから

1年目は単なるオフィスビル建設にしか見えませんでしたが、10年夏頃から都内風景の中にひと際高い筍の塔が出現し注目を集め始めました。クライミング式タワークレーンによる積層工法で着々と伸長していく・・


   ....2009年は伸びゆく筍の如し (左)5月(着工10ケ月) (中)7月(1年後) (右)9月(1年2ケ月)..... 
c0119160_22292678.gifc0119160_222972.jpgc0119160_2252261.jpgc0119160_22104258.jpg

c0119160_2261561.jpg



c0119160_2265937.jpgc0119160_2216769.jpg






c0119160_22294611.gif
c0119160_22362847.gif


09年秋~10年夏頃は、青い毛編帽子を被った網目塔姿で伸長していく様子が印象的でしたね~!10年春、桜が咲き始めた頃、遂に東京タワーと並んだ!その後は日本一の座をひた走っていきます。


      .......(左・中)09年11月、200mを超える (右)10年3月333mついに東京タワーを捉える.......
c0119160_2251477.jpgc0119160_1812179.jpgc0119160_22523538.jpg



c0119160_2253980.jpg







c0119160_757542.jpgc0119160_22535751.jpg

10年4月に娘と2人で隅田川堰堤桜を見に行き、建設中の塔と桜のコラボ風景は今しかないと色々な角度から撮ったものです。吾妻橋からアサヒビールタワー(通称ウンチビル)脇に聳える姿を見た時は遠慮がちな印象でしたが、桜橋や隅田公園に出ると周辺に遮る物はなく堂々とした姿で圧倒されたものです。


       ......10年4月(左)吾妻橋アサヒビールタワーとのコラボ (右)隅田川の桜堰堤に屹立.......
c0119160_2365932.jpgc0119160_2373298.gifc0119160_2374660.jpg


c0119160_238417.jpg


                                   「10年春・桜開花風景」の記事はコチラから


    .....この時は娘と2人で隅田川公園の桜を楽しむ(綿アメを頬ばりご満悦娘・桜橋にて).......
c0119160_8113425.jpgc0119160_814236.gif

c0119160_8121936.jpg






c0119160_8155493.jpg


周辺名所とスカイツリーがコラボして新風景が注目されるようになってきました。亀戸天神(江東区)や北十間川に映る「逆さスカイツリー」(十間橋)はまさに新名所として人が賑っています。亀戸天神風景は何か銭湯と煙突の様にも見えたんですネ~(笑) 藤が咲き誇る5月に行くのがお薦め、でも混みそう・・


  .....10年5ー6月亀戸天神の藤棚コラボ、北十間川に映る逆さスカイツリーが名所としてブレイク!.....
c0119160_965816.jpgc0119160_9384534.gifc0119160_975285.jpg

c0119160_993100.jpg
c0119160_9114115.jpgc0119160_9133751.jpgc0119160_9142190.jpg







c0119160_1434894.jpg

                              「江東区探訪」(亀戸天神の紹介記事)はコチラから

10年夏は隅田川花火大会とのコラボが話題に!橋梁から見る大輪華もツリー展望台からは足元でささやかに咲くタンポポの様に見えるのかもしれない・・。この特等席の確保は相当難しいと予想されます。


     .......10年7月、盛夏到来の隅田川花火大会に工事塔がお披露目・本格的デビュー!........
c0119160_950256.jpgc0119160_9505995.jpg
c0119160_9514347.jpg


10年に400m(9月)・500m(12月)と大台節目を更新する度、報道で取りあげられ大きな話題となりました。タワークレーン積上工法はあっという間に大東京の摩天楼へと成長。その高さを支えるのは免震心柱です。地震国日本で奈良時代より長い歴史を耐え抜いてきた「五重の塔」構造がヒントとなりました。


   ......(左) 10年9月400m伸長(工事順調) (右)同10月480m、もう立派な東京大名所.......
c0119160_9575156.jpgc0119160_9581642.gif
c0119160_10905.jpg

400m以上になり第2展望台(逆台形)の節目が明確化、形にアクセント感が出てきました。快晴日には遠隔地からも塔形が望めるようになり、横浜の職場からも見ることができます。休日の押上は新名所の見物客でゴッタガエ状態。また浅草はスカイツリーが加わり今後更に活気づき大賑わいとなることでしょう。


   .....10年11月、上野国立博物館(東大寺大仏展鑑賞)の間からも塔の頭が遥かに望めた.......
c0119160_1025113.jpg
c0119160_1031218.jpg


                                        「東大寺大仏展」の記事はコチラから

    .....(左)浅草寺から見るツリー (中)全容は凛々しい (右)横浜職場からも展望できて驚!.....
c0119160_12153477.jpgc0119160_12155273.jpg
c0119160_1216854.jpg


インターネットには次々にスカイツリーの絶景写真が公開されるようになりました。ダイヤモンド富士に串刺団子の光景や富士山上空から遠望できる写真は実に素晴らしい~!今後どんな傑作が出現するのか?


   ......(ネットから写真拝借) ダイヤモンド富士串刺し!東京雪景色!富士上空から見るスカイツリー!......
c0119160_12213720.jpgc0119160_1222622.jpgc0119160_12231021.jpgc0119160_12223048.jpgc0119160_12233816.jpg

2月報道で江戸時代の浮世絵師・歌川国芳が「スカイツリー出現予言」のような絵が描かれていた事実を知り実に驚きました。1831年「東都三俣の図」に隅田川近く(永代橋も見える)スカイツリーそっくりの摩天楼塔(脇の高櫓も隣接ビル?)が描かれているのです。絵師は夢で21世紀の風景を見たのか?


       .......「スカイツリーが予言された江戸時代の浮世絵」を発見!のニュース報道に驚き・・........
c0119160_12304678.jpg
c0119160_1231656.jpg

 
注目のライトアップはLED照明を使った2種類色(青&紫)で、江戸時代美意識を表現。日本らしいコンセプトの意味は(青=粋)(紫=雅)。青は川を表し隅田川をイメージ、紫は日本独特の江戸紫を使い和の雅を表現するようです。LEDは繊細な色が再現でき省エネ貢献するスグレモノ!確かに雅な雰囲気ですな~


       ........スカイツリーの照明は日本美を意識したLEDライトアップ (左)青= (右)紫=.......
c0119160_1244538.jpgc0119160_12452445.jpgc0119160_12454493.jpgc0119160_1246795.jpg

         ...... 10年12月、大台500mに到達!まさに威厳も備わってきたぞ!........
c0119160_12524482.jpg
c0119160_12525735.jpg


12月に500m、年が明け今年3月600m到達。いよいよ最終の高さまであと少し・・、しかし10日後の3月11日、東日本大震災が発生!スカイツリー最上部の作業員もこの大揺れで免震構造とはいえ強い恐怖に襲われたそうです。634m達成の喜びは封殺、スカイツリーも哀悼・自粛をしているようでした。

c0119160_1045413.jpg
c0119160_10455754.gif

しかし復興願う日本国民の願いに促されるように、東京スカイツリーも「再び上を向いて日本を元気づけいたい!」と気持を切り替えているのに間違いありません。展望台からの光景や施設完成工事の様子も徐々にマスコミから公開され始め、今年から少しずつ我々に夢を与える準備を整えています。


     ......(左)11年3月:ついに634m到達!クレーン撤去 (右)5月:亀戸天神の藤コラボ再び!.......
c0119160_1458859.jpgc0119160_14583984.jpgc0119160_14383897.jpgc0119160_1439141.jpg





c0119160_14393341.jpg


      ......11年9月、真下から塔を見上げてみる。ドデカ~イ!着々と商業施設は工事中......
c0119160_18152288.jpgc0119160_18153637.jpgc0119160_18154856.jpg



c0119160_18161075.jpg


11年9月、634m達成後のスカイツリーを真下から見上げてみて、首が疲れる程に高く天を突き上げていたネ~!そして北十間川に映る逆さスカイツリーをパノラマワイドで撮影してみようと挑戦、しかし全景が収まり切れない!亀戸天神と完成塔のコラボ姿も再確認。当日の塔頂部は撓っており傾いていました。


  ....11年9月:十間橋からパノラマワイド撮影した逆さスカイツリー!余りにも長大で全体が収まらん......
c0119160_1831371.jpgc0119160_18345680.jpgc0119160_18354171.jpgc0119160_19503469.jpg



c0119160_1816087.jpg








c0119160_1836685.jpgc0119160_1952456.jpgc0119160_2001851.jpg








c0119160_1837260.jpg


c0119160_18235856.jpg




c0119160_18364210.jpg


何で傾いているんだろうと調べてみたら、神社で用いられる日本木造建築の「そり」「むくり」による曲線が発生し、見る場所によっては捻じれているようにも傾いているようにも見えるという理由とのこと


      ......塔が撓って見える理由はこれだった!(スカイツリーと東京タワーの構造比較解説図).......
c0119160_7304749.jpg


  ....高さ世界一634mツリー&亀戸天神とのコラボ風景!塔は撓り傾き実に不思議な光景だった!......
c0119160_2211584.jpgc0119160_22123661.jpg











c0119160_22135794.gif


スカイツリーの伸長軌跡を節目々で紹介しましたが、竣工予定は年明け早々の12年2月、商業施設「ソラマチ」が5月にオープン、電波塔として本格的に放送開始するのは13年1月頃、移転後の送信周波数は東京タワーと同周波数が使用されるとのこと。展望台や主要レストランの予約は今から満杯らしい。


       .....新しい年へ!国民の希望を背負い、いよいよ世界一の塔としてのデビューを待つ!.......
c0119160_2218886.jpg
c0119160_22175322.jpg


いよいよ年も押し迫り、大震災や原発汚染、台風・水害など数々の天災に見舞われた今年もあと数日を残すのみとなりました。震災復興・経済・政治は低迷、気持もブルーでしたが来年は気持を切替えていきましょう!世界一の塔へと伸長したスカイツリーの勢いにオーラを貰い受け、いい年になることを願うばかり!


      .......上を向く希望のスカイツリー、トムクルーズも震災復興応援で駆けつけてくれた(12/2)......
c0119160_2245985.jpgc0119160_22312831.jpgc0119160_22322587.jpg









c0119160_1052475.jpg
c0119160_226018.jpg




                                                         おわり






【今年最後のご挨拶】

皆様、本年も大変お世話になり、数多くコメントやご来訪を頂き誠にありがとうございました。それでは毎回恒例、「ユニクロック」美女時計(アキタカ様御用達)の年越カウントダウンで最後のご挨拶とさせて頂きます。

c0119160_224183.jpgc0119160_2240057.jpg

c0119160_223515.jpg

                        年末恒例「ユニクロック美女時計」の年越しカウントダウン   c0119160_2324590.gifc0119160_2324590.gifc0119160_2324590.gifc0119160_2324590.gif



それでは皆様、よい年越し&穏やかなお正月を~!また年明けにお会いいたしましょう!
c0119160_22471582.jpgc0119160_22465866.jpgc0119160_802356.jpgc0119160_2247303.jpg



c0119160_81131.jpg


  by rollingwest | 2011-12-20 00:00 | 都会の風景 | Comments(86)

<2008年7月21日>東京下町(浅草・向島・隅田)、08年夏の風景(その1) 

                            墨田区探訪(その1)

★盛夏到来!
c0119160_7103874.jpg

ついに梅雨明け!3連休となり今日は「海の日」、子供達が待ちに待った夏休みに突入しました。
各地で「夏の花火大会」が盛大に開催されますが、下町っ子にとって「隅田川の花火」は心待ちの大イベント。江戸時代からの長い歴史が刻まれた夏の風物詩が到来、「たまや~!かぎや~・・!」
              
     ....今年の「隅田川花火大会」開催日は7月26日(多くの人で賑わうことでしょう).....

c0119160_7125097.gifc0119160_7133148.jpgc0119160_7135062.gifc0119160_7142134.jpg

恒例「ほおずき市」(7/9-10)開催前の7月初めの週末、久しぶりに浅草周辺を訪ねてみました。今回の真の目的は、昔よく仕事で巡回した懐かしい墨田区を歩いてみたかったからです。
浅草から桜橋を渡り「向島・八広・押上」等のレトロ感漂う下町風景の街を逍遥してきました。



★「浅草」吾妻橋付近の風景


銀座線浅草駅を降りて吾妻橋方面を見渡せば、本当に目立ち過ぎているデザインのビル・ご存知「アサヒピール本社」が視界に飛び込んできます。右側○○のような形はアサヒ・炎を表わし、左の金ぴかビルは上部に泡立つビールグラスを表現していますが、何ともねえ・・。もう慣れちゃったか。


 .....浅草駅・吾妻橋から見える有名なアサヒビール本社ビル(ウンチビルとか呼ばれますが・・)....
c0119160_74299.jpg
c0119160_16573962.jpg


電気ブラン」で有名な「神谷バー」を横目に見て、仲見世通りに向かえばお洒落な赤いバスが・・。
7年前迄は上野~浅草間を日本初の二階建てバスが走っていたようですが廃止になったみたい。


  .....(左)吾妻橋前の交差点四つ角には「神谷バー」、 (右)赤くお洒落な洋風バスが街を走る....c0119160_16593078.jpgc0119160_1701265.jpg



★東京のシンボル「浅草寺」
c0119160_10554217.jpg

さていよいよ浅草の象徴かつ東京の顔でもある浅草寺「雷門」の前に立ちました。シンボルである赤い大提灯の前では若者がピース姿をしながら並んで写真をバチバチ撮っています。門をくぐって行けば「仲見世通り」。長い参道には土産屋が軒を並べて連なり、人込みで活気に溢れています。


    .....浅草寺(せんそうじ)の正門である「雷門」は記念写真の名スポット、沢山の人だかり....
c0119160_1722460.jpg


    .....「雷門」から「浅草寺」まで続く260mの長~い「仲見世通り」、スゴイ人混み....
c0119160_1734164.jpg


浅草寺の本門「宝蔵門」には、「本堂落慶50周年記念開帳」と表示されています。ここは外人さんが実に多かった!創建は628年、1400年近くの歴史を持つこの寺は「浅草観音」の名で人々に親しまれ、毎日平均10万人が訪れているんだって・・。そりゃスゴイ!さすが世界の「ASAKUSA」! 


  ....(左)浅草寺の「宝蔵門」(コンクリート製なのがやや残念) (右)浅草寺の本堂(観世音菩薩)....c0119160_1745798.jpgc0119160_1753042.jpg


         ....本堂の観音堂の賽銭箱あたりから見る浅草寺の境内(正面は宝蔵門)....
c0119160_1765827.jpg


賑わう仲見世商店街から宝蔵門の手前を左へ曲る通りが「伝法院通り」。時代劇セットの中にいるような雰囲気。この通りは2005年、昔の江戸町屋風景を再現する町並みへと生まれ変わりました。祭り用品やつげ工芸・サンバ踊り衣裳等、いかにも浅草らしい品々を売る店が軒を並べています。


      ....メイン通りではなく脇参道ではあるものの、実に味わいのある「伝法院通り」....
c0119160_178756.jpgc0119160_1782246.jpg


  ....(左)「伝法院通り」の観光人力車 (右)江戸時代から開園の「花やしき遊園地」のタワー....c0119160_1793425.jpgc0119160_171078.jpg


近くには「花やしき遊園地」があります。大正~昭和初期は有名な動物園であり、紆余曲折を経て戦後に遊園地になったとのこと。20年前職場旅行で浅草ビューホテルに泊まり、翌日皆で楽しく過ごしましたが、民家脇をすれすれ通り抜けるジェットコースターは何とも不安感が煽られて実に怖かったなあ・・・。(手作り風ジェットコースターがガタガタと揺れ、いつレールから外れるかとのアナログ恐怖感



★「浅草六区」周辺の夏風景


国民にとって最大の娯楽が映画だった時代、「浅草六区」は国民の憧れ・名だたる娯楽街でした。
明治期から関東大震災の大正期、この地には日本隋一の大摩天楼があり、その名も「凌雲閣」(雲を凌ぐほど高いという意味)、でもビルは僅か12階・・・。ああ、何てよき時代であったのでしょう。


....(中)関東大震災で倒壊した「凌雲閣」と現ブロードウェイの面白い合成写真(インターネットより拝借)....
c0119160_8254322.jpgc0119160_8264162.jpgc0119160_827922.jpgc0119160_8273834.jpg
....(左)浅草六区ブロードウェイには「浅草演芸ホール」  (右)昭62まであった懐かしい「仁丹塔」....


大摩天楼は関東大震災とともに崩壊・・、凌雲閣を回想したいと「森下仁丹」(当時の口中香剤の最大メーカー)がそれを模した「仁丹塔」を建設。その姿は今も自分の記憶に確実に刻まれています。浅草の象徴塔は再開発の波に洗われ昭和62年に取り壊されてしまい、寂しく感じたものだなあ・・

      ....「浅草ほおずき市」の夏風景、ほおずき・風鈴・苔玉などが吊り下げられる。....c0119160_8374824.jpgc0119160_838107.jpg
c0119160_8383424.jpg

 ....「五重の塔通り」や「浅草六区」あたりを散策していくと、金魚や南部鉄「風鈴」。夏の風情....c0119160_17122538.jpgc0119160_17124219.jpg
本格的な夏到来を告げる「浅草ほおずき市」は季節を刻む江戸東京の風物詩、この日に浅草寺をお参りすれば「四万六千日分の大きなご利益」があると伝えられ、多くの参詣者で賑わいます。
訪れた日は「ほおずき市」の数日前でしたが、六区周辺の路沿いにはチリンチリンと夏風鈴の音・・


               ....「浅草寺」の広い境内、「本門」と「五重の塔」....
c0119160_17134597.jpg


  浅草寺周辺の夏風情を十分満喫したあと、今度は隅田川水辺方向に足を向けていきました。


             ⇒東京下町(浅草・向島・隅田)、08年夏の風景(その2)に続く

  by rollingwest | 2008-07-21 07:03 | 都会の風景 | Comments(18)

<2008年7月21日>東京下町(浅草・向島・隅田)、08年夏の風景(その2) 

                              墨田区探訪(その2)

          ↓ 東京下町(浅草・向島・隅田)、08年夏の風景(その1)から続く



★隅田川の「桜橋」を渡って墨田区向島へ


さて「浅草」は「台東区」ですが、「隅田川」に架かる何れかの橋を渡れば「墨田区」に入ります。
区の名は「墨田」、川や公園は「隅田」の字が当てられ実に紛らわしい~!区名を定める時に「隅」の字が当用漢字でなかったことが理由のようですが、もっと深い由来があるような気もする・・・。
c0119160_9222449.jpg

桜の名所「隅田公園」(満開時の墨堤・桜並木は実に見事ですよ!)を散策し、X文字の形をした「桜橋」(車は通れない)を渡って「向島」に入ります。いよいよ墨田区逍遥の始まり~。相撲で有名な「両国」や「隅田川三名橋」は訪問済なので今回はそれ以外の場所を回ってみることとしました。

c0119160_20273895.gif
         ⇒「上野・両国風景:和洋ごった煮レポート」(大相撲のメッカ・両国を紹介)
         ⇒「隅田川の三名橋」(国の重要文化財定)を紹介
c0119160_2028352.jpg


......(左)言問橋(名の由来は在原業平が隅田川を詠った和歌)「名にしおわばいざ言問わん都鳥」...c0119160_214762.jpgc0119160_9242115.jpgc0119160_2148144.jpg




c0119160_9251022.jpg
....(右)桜橋。1985年完成の隅田川唯一の歩行者専用橋(隅田公園を結ぶ)、お花見時期が最高.....

向島」というと芸者で有名だった場所。当時の面影が残る街並みでもあるのかな・・と探索してみましたが、もうそんな風情のある所は殆ど見当たりませんでした。(名残ある建物はあったけど・・)
有名な地元和菓子「言問団子」「長命寺の桜餅」がこの地の名を残しているくらいですかねえ・・。



★「向島百花園」


「向島百花園」は江戸時代後期に地元の骨董家・文人墨客が一緒に作った庭園で、こじんまりと墨田区の一角に佇んでいました。昭和20年の東京大空襲によって園内は全焼したそうですが、都の公園として戦後に再開され、春は「梅の名所」・秋は「萩のトンネル」が有名な庶民庭園です。


  ....(左)「向島百花園」の入り口、(右)スカシユリ(花弁の間が割れて透けて見える由来).....c0119160_21525737.jpgc0119160_21545962.jpg


丁度この時期は特筆する花には恵まれず、夏草が一面に覆い茂るという感じで「百花園」より連想する雰囲気からは程遠かったなあ・・。でもさすがは花の名所、随所に夏の花が多く見られました。


  ....梅と萩が有名な花苑で、夏の花は殆ど見所なし。(左)ジボシ (中)桔梗 (右)カイコウズ....c0119160_2159102.jpgc0119160_21593646.jpgc0119160_22383419.jpg


池のほとりに行くと珍しい花の群生を発見!一つ一つの鮮やかな花がクリスマスツリーのように沢山集積し、艶やかにボリューム感を形成して咲き誇っていました。よく見るとこれは紫陽花ではないか!
地元の人が改良した新種のもので「隅田の花火」と名づけられている珍しい花であるとのこと。


.... 池はもう夏草ボーボー風景だったが、最近人気・新種の紫陽花「隅田の花火」(左)を発見.....c0119160_22175.jpg






c0119160_2214767.jpg
なるほど季節的にも地元風物詩的にもいい名前だねえ・・!(墨田の花火と称する場合も多い)

c0119160_2225728.jpgc0119160_2231098.jpg



 
★墨田区(荒川沿い)の下町風景、「巨人の星」の舞台


さて次は京成電鉄・押上線に乗って「荒川沿いの下町風景」を訪ねてみました。荒川を跨ぐ「四つ木橋」の近くにある「八広駅」で降り、25年ぶりにこの辺りの路地を散策してみました。このエリアは昔・東京支店に在籍した頃、担当する販売店が多くあった所なのでよく訪れた懐かしい場所。


     ....京成「八広駅」から荒川の堰堤に登ってみる。広々とした河川敷風景が広がる......c0119160_224193.jpg




c0119160_2251054.jpg
 

「八広・吾妻西・立花」は小さな家々が軒を並べ家内工業・製造業が集積する町、水戸街道を中心に入り組む細い道はまるで迷路のようです。密集するマッチ箱の様な木造家屋は建替えしたものが多いですが昔の雰囲気は全く変わっていません。でも町全体の印象は実に穏やかな感じです。


  ....(中)昔と殆ど変らない八広・吾妻西の「裏町路地」 (右)「巨人の星」(墨田区が舞台)......c0119160_784377.jpgc0119160_2262912.jpg
c0119160_7411576.jpg


八広の中華料理店「五十番」は、王貞治氏(当時は早実のエース・4番、甲子園血染めの優勝)が生まれ育った店です。墨田区は「巨人の星」・永遠のライバルである星飛雄馬花形満が少年時代に出会った場所。好敵手になるキッカケは、早実の王選手を巻き込んで繰り広げられた野球対決だったのです。その場所は隅田川沿いの「隅田公園野球場」であり、王選手のレリーフがあります。


  ...(左)世界の王が少年時代に通った「隅田公園野球場」(右)王の実家だった中華「五十番」...c0119160_7534160.jpgc0119160_7541931.jpgc0119160_75877.jpg


「黒いスポーツカーを乗り回す不良少年・花形満が率いるブラックシャドウズは、星飛雄馬をチームに入団させて王選手と対決させる。」←こんなシーンが「巨人の星」に描かれていましたが、「花形満は当時15歳前後だった筈なのに何でスポーツカーを乗り回すことができたのだろう」・・と、フと気になる。
川上哲治が旧友・一徹の長屋を訪ね、家壁の穴を通す飛雄馬の球を打ち返すのもアリエネ~!


...ご存知「巨人の星」名シーン:①星一徹・チャブ台ビンタ②大リーグボール養成ギプス③夜空の星を仰ぐ....c0119160_865479.gifc0119160_873798.gifc0119160_875234.gif

「巨人の星」は「少年マガジン」連載スタート時から夢中!単行本が発売される日をワクワク待ち続けていたものです。巨人軍スターになれなかった星一徹は自分の夢をかなえるため息子に「大リーグボール養成ギプス」をつけさせ、鉄ゲタで通学させています。今なら確実に児童虐待モンですなあ・・



★「東京スカイツリー」の建設予定地(押上・業平橋)

7月14日、地上デジタル波放送塔として2012年春開業する新タワー「東京スカイツリー」の起工式が墨田区押上の建設現場で行われました。高さは東京タワー(333m)の2倍近い634m、自立式電波塔では世界一。TV放送地デジ化やワンセグ対応に向けて受信環境改善のための建設です。


....2011年TV放送全デジタル時代を迎え、世界一の電波塔(東京スカイツリー)が押上に建設される.....c0119160_227415.jpgc0119160_8163054.jpgc0119160_811818.jpg
 

ここに日本最高所展望台が設けられますが、停滞気味だった地元の活性化や観光スポットとしてインパクトある事業となるでしょう。でも昔ながらの下町風景をより多く残したいと思う人にとっては、再開発が進み過ぎ何の変哲もない都会一風景にならないかと危惧感を持つのかもしれません。




★「隅田川花火」

               ....「隅田川花火大会」は江戸の夏到来を告げる風物詩.....
c0119160_8251621.jpgc0119160_8252955.jpgc0119160_8254986.jpg

夏到来を告げる東京下町の風物詩「隅田川花火」は、1733年(享保年間)両国の川開きに花火を催したのが始まりで、当時双方に腕を競い合っていた花火師家「鍵屋」とその分家「玉屋」が交互に花火を打ち上げ、都度に「たまやー」「かぎやー」と観客が一斉の掛声を唱したことが由来。
c0119160_828429.jpgc0119160_8291397.gif
c0119160_8315499.gif



隅田川花火になると毎年「いよいよ本格的な「夏が来た~!」というワクワク感があります。
「浅草」や「隅田下町」周辺も高層マンション・再開発など時代の波に洗われ、街風景は徐々に変わりつつあります。But、「ここぞお江戸~」という風情・風景は今後是非とも残ってもらいたいものです。



◆このクソ暑い最中、グダグダと暑苦しい長文にお付き合い頂き誠にありがとうございました。

                                                      おわり

  by rollingwest | 2008-07-20 09:19 | 都会の風景 | Comments(14)