タグ:川の風景 ( 10 ) タグの人気記事

 

<2017年3月>荒川・隅田川 リバーサイド風景(岩淵水門・戸田、都電荒川線)

c0119160_07140494.jpgc0119160_07144090.jpg
c0119160_07150988.gif



★荒川リバーサイド探訪のミニ旅


最近は川辺風景レポート(利根川・渡良瀬川・信濃川・江戸川)が続いておりますが今回は荒川リバーサイド周辺を御紹介!都内見所は9割程廻ったRWですが、以前から気になっていた未訪問SPOTの岩淵水門(北区)と戸田公園(埼玉)が残っていたので今年3月にリバーサイド探訪旅を楽しみました。


    .....(左)荒川の源流は奥秩父の甲武信ヶ岳 (右)岩淵水門は荒川・隅田川の分水関.....

c0119160_07074921.gif
c0119160_07083842.jpg



   .....(上)未訪問地だった岩淵水門が見えてきた (下)隅田川方面にはスカイツリーが聳える....
c0119160_07115849.jpg
c0119160_05121743.jpg


                            「利根川治水の関宿水閘門 、春日部・首都圏放水路」





★レトロな「岩淵2水門」、「荒川知水資料館」を訪問


岩淵水門(北区)は荒川と隅田川とを仕切る分岐水門でかつては「荒川放水路」と呼ばれていました。新旧2つの水門があり、旧が大正13年竣工の「赤水門」、昭和57年竣工(現在運用中)が「青水門」。荒川の流水量が増えると岩淵水門を閉め切り隅田川の洪水を防ぐため設けられました。


       ......東京23区最北端の水閘門にご対面!「旧・岩淵水門」は赤色関....
c0119160_07344447.jpgc0119160_07350294.jpg
c0119160_07363627.jpg

     ..... 現在稼働中の「現役・岩淵水門」は青色関(ロボットみたいな表情!)....     
c0119160_07431921.jpgc0119160_07484280.jpgc0119160_07445328.jpg
c0119160_07492001.jpg

     .....荒川の増水面記録ポール、昭和22年カスリーン台風時は現在堤防より4m近くも高い....
c0119160_08075435.jpg
c0119160_08082166.jpg

旧岩淵水門の隣に「荒川知水資料館」(入場無料)があり。荒川や放水路について詳しく学ぶことができます。源流部の甲武信ヶ岳から下流までの鳥瞰地図が置かれ、荒川放水路・旧岩淵水門の工事を指揮・監督した青山士(日本人唯一パナマ運河の建設に従事)の展示が充実しています。


      ..... (左)モダンな建物「荒川知水資料館」  (下)岩淵水門の生みの親「青山士」....

c0119160_08185523.jpgc0119160_08191270.jpg
c0119160_08193622.jpg

c0119160_08251330.jpgc0119160_08254402.jpg
c0119160_08271474.jpg

「荒ぶる川」という名の通りかつて氾濫を繰り返した荒川。明治43年、東京下町に大洪水被害が発生して明治政府は荒川放水路の建設を計画しました。荒川増水の隅田川に流入防止を目的に旧岩淵水門(赤)、その役目を受継いだ岩淵水門(青)は歴史的な建造物として親しまれています。


    .....赤い「旧・岩淵水門」は大正5年から8年の歳月をかけて建設(工事指揮・青山士)....
c0119160_09255874.jpg
c0119160_09261233.jpg
c0119160_09263277.jpg
c0119160_09265495.jpg

旧岩淵水門は歴史的建造物として東京都より選定されており、威厳ある雰囲気!橋を渡り切った「赤水門緑地」には「月を射る」という個性的なオブジェが聳え立ち、荒川の流れを見守っています。


.... (左)赤水門脇でスケッチを楽しむ老夫婦 (右)青野正・オブジェ「月を射る」(荒川リバーコンテスト受賞)....
c0119160_09525301.jpg

c0119160_09481447.jpg

c0119160_09521995.jpg


     .....荒川で釣りを楽しむ人々、対岸には高層マンション(埼玉県川口市)が林立....
c0119160_10180968.jpg
c0119160_10184145.jpgc0119160_10190644.jpg




c0119160_10192740.jpg







★荒川区探訪:「都電・荒川線車庫」~「あらかわ遊園」

c0119160_10411450.jpg
c0119160_10415496.jpg

東京都で唯一残る軌道路線電車「都電荒川線」、荒川区南千住「三ノ輪橋」から新宿区「早稲田」までレトロな停留場で結ぶ路線です。2012年冬、大学時代の仲間と都電荒川線に乗り王子飛鳥山・巣鴨・鬼子母神・雑司ケ谷・早稲田」と巡ったことが懐かしい思い出です。(あれからもう5年か・・)

                               都電荒川線のぶらり旅①「飛鳥山・庚申塚・巣鴨」 



     ....今回は荒川エリアの都電停車場を訪ねて見よう!実に洒落な車両になったなあ・・... c0119160_10461535.jpgc0119160_10464433.gifc0119160_10471486.gif


c0119160_10474563.jpg

c0119160_10530372.jpg
c0119160_10533835.jpg

5年前のミニ旅では荒川区まで来られなかったので、都電唯一の荒川車庫を覗いてみよう!正門前には都電マニアが多くおり写真撮影している!車庫内を特別見学できるツアー企画もあるのです。


  .....終点の早稲田・三ノ輪橋には車庫がなく、中間の「荒川車庫」から折返し上下運転を運行....
c0119160_11000414.jpgc0119160_11003510.jpg
c0119160_11010493.jpg

c0119160_11013458.gif
c0119160_11021097.jpg


その隣の停車場は「荒川遊園地前」、隅田川沿いにある「あらかわ遊園」は今では珍しい都営遊園地。1922年開業の歴史ある憩いの場として、長きに渡り多くの人々に愛されてきました。3万㎡の広大敷地に観覧車・豆汽車・メリーゴーランド・コーヒーカップなど昔懐かしき遊園地の定番が揃います。


    .....「あらかわ遊園」は家族向けの老舗遊園地、訪問時(3月)はモクレンの花が満開....
c0119160_11160185.jpg
c0119160_11163142.jpg

c0119160_11174681.jpgc0119160_11181640.jpg
c0119160_11184874.jpg


      .... 遊園地は家族連れで大賑わい!目の前は隅田川、高層マンションが立ち並ぶ....
c0119160_12131201.jpgc0119160_12141167.jpgc0119160_12134106.jpg
c0119160_12144209.jpg


さて次は、あらかわ遊園周辺や隅田川堰堤散策を楽しんでみよう!隅田川リバーサイド風景もお洒落になったなあ・・。30年前は下町っぽい昭和の雰囲気がコテコテに残る街でしたが今や大変貌・・


    ....(上)隅田川堰堤をジョギングする人、緑色の「小台橋」が見える (下)船方神社....    
c0119160_12254072.jpg
c0119160_12265170.jpg
c0119160_12270541.jpg




ところで昔は荒川区南千住に立派なプロ野球の球場(東京スタジアム)があったことを御存知でしょうか?千葉ロッテ前身の毎日大映オリオンズが本拠地で使用しましたが、昭和47年に閉鎖されました。


  .... 東京スタジアムはオリオンズ(毎日大映→東京→ロッテ)本拠地、結構立派な球場だったんだネ~.....
c0119160_12412625.jpgc0119160_12414383.jpg
c0119160_12415841.jpg


「あらかわ遊園」正門脇には懐かしき都電の2車両が展示されています。尾久町6丁目停車場表示塔と緑色車両が鎮座している!大学生の頃(1970年代)はこの形・色こそ都電の定番姿でした。


     ....我々の大学生時代(1970年代中期)、都電荒川線といえばはやはりこの車両!....
c0119160_12581568.jpg
c0119160_12582801.jpg

c0119160_13021680.jpgc0119160_13023515.jpg
c0119160_13025263.jpg


                           都電荒川線のぶらり旅②「鬼子母神・雑司ケ谷・早稲田」 




★「浮間公園」~「新荒川大橋」(埼玉川口)の川辺風景を楽しむ 


「浮間公園」はJR埼京線「浮間舟渡」の駅前にある水と緑の公園で面積の約40%が浮間ヶ池。公園のシンボル風車が池畔には映え多くの運動施設や遊戯場もあり子供達の歓声が聞こえてきます。無料釣り地やバードウォッチングなども楽しめて、地元市民の癒しの自然公園なんだと実感しました。


   .....浮間公園はかつて荒川本流だったが、昭和初期に改修し築堤で残った部分が池になる....
c0119160_13195735.jpgc0119160_13201145.jpg
c0119160_13202930.jpg

c0119160_13250102.jpg
c0119160_13252949.gif


荒川を横断し、埼玉県(川口市・戸田市)へと入ってみよう!新荒川大橋の向こうには東京スカイツリーが燦然と聳えています。埼玉・北区から見る首都のシンボルは完全に634mが主役に変わったネ・・
c0119160_13284021.jpg
c0119160_13291006.jpg

c0119160_13294991.jpg
c0119160_13304707.jpg



 ....(上)JR埼京線橋梁は実に美しい! (下)川口の河川敷には「善光寺」(日本に3つ)があった...
c0119160_13412461.jpg
c0119160_13415879.jpg
c0119160_13422920.jpg


JR埼京線橋梁に行って春の荒川風景を間近に見に行こう!新緑の柳が芽吹き始め温む川面には水鳥が飛び静かなよき時間を過ごしています。RWも日頃の喧騒を忘れ川辺でユックリ寛ぎました。


              ....JR埼京線橋梁の真下に降りて荒川体験の散策を開始. ...
c0119160_13450419.jpg

c0119160_13455320.jpgc0119160_13462334.jpg
c0119160_13465370.jpg

c0119160_13545511.jpg
c0119160_13552500.jpg




                   

★漕艇場と競艇場の聖地「戸田ボート公園」(埼玉県)

c0119160_14075170.jpg
c0119160_14082117.jpg
c0119160_14085136.jpg


川口から荒川上流に遡って行くと戸田漕艇場が現れます。ここには国立戸田艇庫があり、東大・一橋・東工・筑波・早慶など一流大学の艇庫が並んでいます。新年度を迎え大学ボート部の若者達がレガッタ戦への勝利を目指しボート整備や想定練習に励んでいる姿が青春だネ~と感銘した次第



 .....大学ボート部の聖地「戸田漕艇場」でボート整備する若者達、東京五輪メダリストが出るかも・・!....
c0119160_14113327.jpgc0119160_14120481.jpg
c0119160_14123316.jpg


   .....(上)国立戸田艇庫の中に入ってよう! (下)有名大学の合宿所が軒を連ねる....
c0119160_14154946.jpg
c0119160_14161948.jpg

c0119160_14165901.jpg
c0119160_14173204.jpg



隣接の公営ギャンブル「戸田競艇場」を訪問!元は戸田漕艇場で整備された水面の一角を使用している珍しいコースです。 競艇ファンの間では日本一インコース出場艇が不利な競艇場として知られます。

c0119160_14233724.jpgc0119160_14240753.jpg
c0119160_14243722.jpg

     ....当地は1964年東京五輪でボート競技の会場となった。2020年は「海の森公園」に決定....
c0119160_14280179.jpgc0119160_14283135.jpg
c0119160_14292903.jpg




★おわりに


今日は荒川の周辺スポットを快晴のもとでジックリ廻ることができました。岩淵水門(北区)や戸田漕艇場・競艇場と分野は違えども、水と共存する施設を数々知ることは実に勉強になりました~!


      .....荒川の穏やかな水面、この川がかつて荒ぶる暴れ川だったとは想像もできない....             
c0119160_14370927.jpg
c0119160_14373912.jpg
c0119160_14384937.jpg
c0119160_14391991.jpg

この春、荒川区のシンボル「都電荒川線」は改名して「東京さくらトラム」として生まれ変わりました。以前の名前の方が昭和の香りがするなア・・とRWはまだ違和感がありますが、これから外人観光客の増加や、2020東京五輪を迎えてのイメージアップを図ることは時代の流れなのかもしれません。


       .... 2017春に「東京さくらトラム」へ改名、ムムム・・「都電荒川線」の方がよかったなア.....
c0119160_14455689.jpgc0119160_14462745.jpg
c0119160_14465732.jpg


                                                        おわり

  by rollingwest | 2017-05-25 07:00 | Comments(148)

<2017年4月8日>中高同級生:葛飾お花見ウォーキング(柴又・亀有)


                        <2016年秋>中高同級生・山梨白州ハイキング旅 より続く



★還暦を迎える歳に入った柏崎中高同級生!2017年も元気に始動!


5~6年前から、柏崎・中高同級生(気が合う仲間)で都内ウォーキングや登山を企画してきましたが、今春はお花見を兼ねた江戸川・葛飾ウォーキングを開催!楽しく健康的な一日を過ごしました。新年会(1/21)で本企画を皆様に提案し、新規2名(ヒーチャン・U山氏)が加わり一層賑やかな会に発展!


   .....2017新年会(新橋汐留)にて、「葛飾お花見ウォーキング」を提案。新たに2名が参加表明.....
c0119160_15275110.jpgc0119160_12382922.jpgc0119160_13040789.jpg

c0119160_13104710.jpg


  .....(左)亀有のコチ亀・両さん像を囲む (右)柴又駅・フーテン寅さん像、今年はさくら像も新設.....
c0119160_15380962.jpgc0119160_15401487.jpgc0119160_15405045.gif






c0119160_15412182.jpg


                                   2014新緑の観音崎・横須賀ウォーキング 





★矢切の渡し舟に乗って葛飾柴又へ!の筈が・・


「♪連れて逃げてよォ~、ついておいでよォ~、夕暮れの雨が降る 矢切の渡し~」 江戸川を挟み、千葉松戸から葛飾を結ぶ渡し舟の歌は、細川たかしのイメーシ・印象(1983年レコード大賞受賞)が強いですが、実は1976年ちあきなおみバージョンがオリジナル(今年2月逝去した船村徹が作曲)です。


   .....(中)江戸川を渡る慕情の木船「矢切の渡し」 (右)ちあきなおみの曲こそオリジナル!.....
c0119160_15525249.jpg      
「矢切の渡し」は一度体験したいと昔から憧れており、今回千葉松戸からアプローチし川舟に乗って葛飾柴又へ入る計画を立てました。新年会で決めた日程は4月8日、通常年なら桜がもう散っている時期と諦めていましたが、今年は寒の戻り(3月)の影響で丁度満開タイミングとなり幸せ気分!


      .....(左)松戸市下矢切からスタート! (右)小雨でイキイキした満開の枝垂桜に見とれる..... 

c0119160_15553627.jpgc0119160_15562134.jpgc0119160_15571283.jpg




c0119160_16024429.jpg


松戸駅に9:20集合、京成バスに乗って下矢切へ!朝は残念ながら小雨天気でしたが、ウォーキングには全く問題ないコンデション。まずは地元の鎮守「矢切神社」を参拝、静かな住宅街を歩き進み西蓮寺(伊藤左千夫の小説「野菊の墓」を記念する文学碑)を経由して江戸川河川敷へと向います。


  .....矢切神社は稲荷を祀り屋根瓦が実にユニーク!小雨の中でスタートとなったが暖かい日だ.....
c0119160_16185048.jpg
c0119160_16364288.jpg

   .....「野菊の墓」文学碑のある八幡山・西蓮寺にて、満開桜の下で集合写真!..... c0119160_08100789.jpg
c0119160_16404243.jpg
c0119160_16394394.jpgc0119160_16413254.jpg
c0119160_16425968.jpg

目の前は帯状に広がる緑の広大耕地となっており、江戸川沿道には桜が満開に咲き誇っている。ここが東京23区隣接地とは思えない!河川脇に「日本の音風景100選」記念碑があり、「日常生活で耳を澄ませば聞こえてくる良好な音環境を維持する支援活動」が行われる指定地域らしい。



   .....(中)江戸川の河川敷に入り矢切渡しを目指す (右) 「日本の音風景100選」記念碑.....
c0119160_16563380.jpgc0119160_16573670.jpgc0119160_17003484.jpgc0119160_08244222.jpg
c0119160_17011786.jpg

さあ次は目的地の「矢切の渡し」へ!江戸川両岸に田んぼを持つ農民が耕作するため関所の渡しを通らず自由に行き交う必要に迫られ農民特権を認めて設置された渡し舟の発着場なのです。


  .....桜満開となった江戸川堰堤の風情をたっぷり満喫、ここを下れば舟着き場だ!.....
c0119160_17072136.jpg
c0119160_17074970.jpg

船着き場(松戸側・矢切の渡し)は木陰に隠れた地味な感じの場所。しかも誰もいない!何とロープが張られ「本日は営業中止」という貼り紙が・・。「ガ・ガ~ン!渡し舟に乗れなければ今日の周遊計画を全て見直しせざるを得ない・・!」(泣) 幹事としては朝から梯子を外され茫然とした心境に・・


  ....松戸側の「矢切の渡し」 目の前に見えているのが目的地の葛飾柴又なのに・・..... c0119160_17103529.jpgc0119160_17111857.jpgc0119160_17124384.jpg
c0119160_17133476.jpg


「松戸駅に戻るロスタイムをどうすべきか?」と頭を悩ませ遊歩道で佇んでいると、河川敷パトロールの優しきおじさんから「菜ノ花道の先にある新葛飾橋が歩いて渡れる」とアドバイスを頂きホッとしました。


  .....菜ノ花咲く河川歩道、遥か先の新葛飾橋を目指し再び歩き出す。何とかリカバリーできた~.....
c0119160_17200542.jpg
c0119160_17203406.jpg
c0119160_17242231.gifc0119160_17245318.jpgc0119160_17252183.jpg
c0119160_17260106.jpg

「新葛飾橋」(水戸街道)を渡ると東京都葛飾区へ入ります。橋から眺める江戸川風景は実に素晴しい!レトロな雰囲気を持った2基の煉瓦建物(三角帽子塔&丸帽子塔)が見えてきた。これは金町浄水場の取水塔!矢切渡し舟には乗りそびれましたが、橋から眺めた絵画調風景に大満足!


      .....新葛飾橋から眺めた江戸川パノラマ・・!川に浮かぶ金町浄水場の取水塔2基..... c0119160_17380405.jpgc0119160_17402763.jpg
c0119160_17413209.jpg
c0119160_17455021.jpgc0119160_17462469.jpg
c0119160_08145712.jpg
c0119160_17473606.jpg
c0119160_17480967.jpg
c0119160_17551463.jpg
c0119160_17554340.jpg


                           2015秋:両国探訪歩きで知る江戸・東京の歴史 





★「男はつらいよ」、昭和の柴又を大満喫!「寅さん記念館」


江戸川の桜並木(金町浄水場脇)を楽しみ、堰堤道を歩き進んで行きやっと柴又側「矢切の渡し」に到着。目の前には鰻料理「川甚」のビルが聳えています。当店は夏目漱石、谷崎潤一郎作品にも登場し、松本清張・三島由紀夫・黒澤明・手塚治虫らビッグネームが来店した由緒ある老舗です。


   ..... 「矢切の渡し」(柴又発着場)、目の前はうなぎ老舗「川甚」&「柴又帝釈天」が鎮座.....
c0119160_18001470.jpg
c0119160_18004453.jpg
c0119160_18024979.jpg
c0119160_18032022.jpg

柴又帝釈天や参道に行く前に「寅さん記念館」&「山田洋次ミュージアム」に入館してみよう!「男はつらいよ」の昭和世界へ!エントランスは山田洋次監督・スタッフのロケ現場が再現!実際に使用した大船撮影所セットが移設されたものです。入口を入ると昭和時代の邦画名作シネマ看板がズラリ登場!


   .....「寅さん記念館」に入ると、「男はつらいよ」撮影現場、昭和映画館のレトロポスターもズラリ.....
c0119160_18093384.jpgc0119160_18102652.jpgc0119160_18105100.jpg
c0119160_18120063.jpg
c0119160_18170583.jpg
c0119160_18182060.jpg
c0119160_18203777.jpgc0119160_18200795.jpg
c0119160_18213230.jpg

寅さんの少年時代を6編ジオラマで紹介。当時の時代背景を伝える新聞記事とともに展示(ナレーション:さくら役の倍賞千恵子) 奥へ進むとステテコ姿の寅さんや印刷工場(タコ社長)が迎えてくれます。


  .....(左)寅さん生涯のミニジオラマが登場 (右)くるま菓子舗.が再現、寅さんパネルが続々登場....
c0119160_18380277.jpgc0119160_18382924.jpg
c0119160_18394953.jpg

c0119160_19452553.jpg
c0119160_19514173.jpg

先を進むと佳境ゾーンに突入!寅さんが少年時代を過ごした昭和30年代の帝釈天周辺街並みを遠近手法で臨場感たっぷりと再現。当時の柴又にタイムスリップしたかのような感覚を味わえました。


       .....昭和30年代は我々が小学生だった時代!懐かしい街情景が蘇る!.....
c0119160_19592460.jpgc0119160_19595860.jpg
c0119160_20040953.jpg

レトロ街ジオラマの先には葛飾柴又鉄道「故郷駅」の改札が出現!金町~柴又間の1.5kmを帝釈天への参拝客を乗せて運んだ「帝釈人車鉄道」(明治32年~大正2年)の客車を再現しています。


     ....(左)寅さんの丹前・旅鞄などお宝物が沢山 (右)葛飾柴又鉄道「故郷駅」の改札へ入る.....
c0119160_20100550.jpg
c0119160_20104458.jpg
c0119160_20130920.jpgc0119160_20160294.jpg
c0119160_20175207.jpg

「寅さん記念館」のラストを飾るのは「男はつらいよ」に出演した歴代マドンナ達のBIGパネル・・何とも艶やか!1968年TV喜劇ドラマを出発点に映画化されて第1作が1969年に公開、その後48作(1997年)まで続き昭和を代表する映画となりました。数多くのマドンナ達に愛された寅さん、羨ましい~!


    .....歴代のマドンナ達、吉永小百合・浅丘ルリ子・いしだあゆみ・桃井かおり等が勢揃い!.....
c0119160_20261892.jpgc0119160_20272059.jpg
c0119160_20285947.jpg

   .....締めは山田洋次監督映画作品を紹介するミュージアム見学。「武士の一分」等の名画が満載.....
c0119160_20352047.jpgc0119160_20361098.jpg
c0119160_20384631.jpg





★葛飾「柴又帝釈天」に参盛り上る詣、参道を歩き昭和レトロを満喫!


「男はつらいよ」の映画舞台になった柴又帝釈天の正式名は題経寺(日蓮宗)。入口の二天門は実に立派!今回で4度目訪問ですがいつも風格・威厳を感じる姿を見せています。帝釈堂の細やかな彫刻ギャラリーは今回時間がなくパスしましたが必見です!皆様も一度は御覧になって下さい。


  ....「柴又帝釈天」は今回で4度目だが、いつ来ても風格・威厳を感じる姿を見せている.....
c0119160_20532819.jpg
c0119160_20541990.jpg

  .....帝釈堂・彫刻ギャラリー脇の休憩室で「花より団子」の昼食会!大いに盛り上る.....
c0119160_21002272.jpgc0119160_21013390.jpgc0119160_21023616.jpg
c0119160_21065135.jpg

さていよいよ柴又帝釈天の参道歩きへ!煎餅屋・団子屋、仏具・縁起物等の店が犇めき合い、見て歩くだけでも楽しい。一番有名なのが老舗「高木屋」、「男はつらいよ」映画撮影時に毎回に部屋を貸しており店内には色々な撮影時の写真が飾られています。寅さん愛用の団子用予約席も・・


      .....「柴又帝釈天参道」、寅さん映画舞台の髙木屋団子店などを楽しく散策.....
c0119160_21340612.jpgc0119160_21344616.jpg
c0119160_21370866.jpg
c0119160_21540699.jpgc0119160_21564381.jpg
c0119160_21585212.jpg
c0119160_22020267.jpg
c0119160_22023901.jpg

さらに進むと交差道角に「柴又ハイカラ横丁おもちゃ博物館」が出現。水鉄砲・お手玉など昭和の子供達を夢中にした玩具が満載!2階に上がればおもちゃ博物館があり少年マガジン・サンデー雑誌や懐かしきゲーム機、最後は懐かしき東宝怪獣映画予告編を観賞して昭和世界にフラッシュバック・・


     ....「柴又ハイカラ横丁おもちゃ博物館」は帝釈天参道の人気スポットの一つ.....
c0119160_22064484.jpg
c0119160_22072531.jpg

       .....懐かしきパチンコ台・ゲーム台、昭和時代の少年向け雑誌がビッシリ並ぶ.....
c0119160_22095628.jpgc0119160_22113605.jpgc0119160_03540002.jpg
c0119160_22135677.jpg
c0119160_22162656.jpg
c0119160_22165430.jpg

   .....ゴジラ映画第4作「モスラ対ゴジラ」(1964)、雌雄を決する怪獣バトル映画の金字塔名作... c0119160_22202975.jpgc0119160_22211793.jpg

京成柴又駅前には旅鞄を持った「寅さん銅像」が一人佇んでいましたが、今年3月25日に妹「さくら」の銅像が新たに完成!山田洋次監督、さくらを演じた女優倍賞千恵子が除幕式に駆けつけ盛大に祝ったばかり!放浪の旅に出る寅さんを見送るさくらの2銅像を皆で囲んで集合写真撮影! 


        .....妹さくら像がこの春に完成し、寅さんもこれで寂しくなくなるネエ~!.....
c0119160_22242402.jpgc0119160_22250871.jpgc0119160_22260202.jpg
c0119160_08070716.jpg

c0119160_22274239.jpg

                              <2014年9月>中高同級生との鎌倉散策記事 





★こちら亀有駅前「両さん」銅像巡りでフィナーレ!


柴又駅から次は亀有駅へ!ご存知長寿マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台で昨年9月に少年ジャンフ連載40年(単行本200巻の金字塔)に幕を下ろし最終回で大いに話題となりました!駅周辺に「こち亀」銅像が沢山あるので、両さん銅像を訪ねる亀有街歩きを楽しんでみよう!


  ....京成柴又駅から亀有駅へ移動、「こち亀」銅像巡り楽しむ。「両さん」を探せ!.....
c0119160_04225998.jpg
c0119160_04232787.jpg

    .....亀有駅前には両さんがヨッとお出迎え、街中には14体のこち亀銅像がある..... c0119160_04262879.jpgc0119160_04271209.jpg
c0119160_16020988.jpg

c0119160_04282326.jpg
c0119160_04290485.jpg

ベンチに座る「ひとやすみ両さん」から始まり、街中を巡ると小さな○○両さん像が随所に発見できます。活気あるレトロチックな商店街を巡りながらまるで宝物さがしのような街歩きを楽しみました。


     .....(左) ひとやすみ両さん像 (右)こち亀の作者・秋元治氏と並ぶ両さん.....
c0119160_04403752.jpgc0119160_04420320.jpgc0119160_04425781.jpg
c0119160_04435808.jpg

        .....①敬礼両さん        ②ダブルピース両さん    ③サンバ両さん    ④ワハハ両さん.....
c0119160_05013584.jpgc0119160_05022228.jpgc0119160_05031670.jpgc0119160_05040622.jpg
c0119160_05044429.jpg

          .....(左)少年両さん像トンチンカン3人が勢揃い (右)ハマジュリ様・ryoko様と握手.....  
c0119160_05152611.jpgc0119160_05175675.jpgc0119160_05184416.jpg
c0119160_05195177.jpg

亀有駅周辺は見事な桜並木が沢山あることを発見!今が盛りの満開桜を楽しみながら2万3千歩の葛飾ウォーキング(同級生10回目のイベント)は無事終了!健康的に春を満喫し尽くし、最後は亀有駅近くの磯丸水産で打ち上げ会!お疲れ様~!還暦を迎える軍団はますます元気盛んです。


         .....亀有駅周辺は意外にも素晴しい桜並木が多くある!満開桜歩きを楽しむ.....
c0119160_05273428.jpg
c0119160_05280983.jpg

 .....打上げ反省会、15時から飲み始め4時間で1人3200円とは安かった!また秋に再会しよう!.....
c0119160_05314837.jpgc0119160_05330608.jpgc0119160_05340968.jpgc0119160_05374879.jpg
c0119160_05383388.jpg

                               2015新緑の鎌倉アルプス(中高同級生ハイク)   



                                                      おわり

  by rollingwest | 2017-04-24 07:00 | Comments(144)

<2016年2月>【常陸・房総の旅】(その6):「野田・関宿」(醤油文化&利根川水運)

c0119160_21154935.jpg
c0119160_211607.jpg



★久しぶりに【常陸・房総の旅】を再開!


東日本大震災の半年前(2010年秋)に茨城・千葉をグルリ一周して過去5編に分けて常陸・房総の魅力を紹介しました。でもまだ隠れ穴場スポットが沢山あり、今回は昨年2月に巡った「ちばらぎ」のミニ旅(野田・関宿)を掲載します。利根川水運を通じて発展した「醤油の歴史」を濃い口味でレポート!

                               【常陸・房総の旅】①:牛久・霞ヶ浦・土浦・笠間

                               【常陸・房総の旅】②:水戸・大洗・鹿島灘
  


★最大手・醤油会社「キッコーマン」の発祥地、野田市(千葉県)探訪


   ....何となく中途半端な「ちばらぎ」エリア、野田(千葉)・坂東(茨城)は全国的にイメージが薄い....
c0119160_21174788.jpgc0119160_2118518.jpgc0119160_21181745.jpgc0119160_14304569.jpg

c0119160_21183367.jpg


千葉県「野田市」は県北西部に細長く突き出た形で一般的にはどこの県なのか分かりにくい・・。埼玉・茨城に挟まれた市で、両毛エリアと同様に国内では殆ど無名・地味な存在です。しかし、ここに日本最大の醤油メーカー「キッコーマン」の本社があると聞けば、ビックリする人が結構多いかも・・


       ....ここに世界最大の醤油メーカー「キッコーマン」の本社と野田工場がある....
c0119160_21305891.jpgc0119160_2131966.jpg

c0119160_21312411.jpg


常磐自動車道を柏ICから利根川沿いに北上していくとキッコーマン野田工場に到着。敷地内には「もの知りしょうゆ館」があり、ここで醤油の製造工程を映像と展示(原料から麹やもろみ熟成や圧搾工程)でわかりやすく説明してくれます。館内は社会学習の家族連れなどで賑わっていました。


       .....工場に併設されるキッコーマン「もの知りしょうゆ館」に入ってみよう!....
c0119160_21344199.jpgc0119160_21345329.jpgc0119160_14325032.jpg




c0119160_21351928.jpg


   .....(左)何と豊富な商品群 (右)子供達の見学で賑う!醤油の生成過程が勉強できる.....
c0119160_21405165.jpgc0119160_2141944.jpg

c0119160_21412676.jpg

c0119160_581742.jpgc0119160_4571411.jpgc0119160_585060.jpgc0119160_21451556.jpg
c0119160_4523638.jpgc0119160_2146750.gif
c0119160_21462630.jpg


キッコーマンの原点は17世紀中頃、豊富な水資源に恵まれた同地域は醸造醤油産地として栄え、多くの醸造家が誕生したこと。20世紀初頭に野田の茂木6家、高梨家など8家が合同し「野田醤油株式会社」を設立。香取神宮紋「亀甲」と「亀は萬年」をかけた「亀甲萬」の商標が誕生しました。

 
     .....(左)醤油づくり錦絵 (右) 宮内省に納める御用醤油専用醸造所もある!....
c0119160_21535999.jpgc0119160_21541830.jpg
c0119160_21543596.jpg


歴代社長は3家から2人ずつ、2家から1人ずつ、8家以外の准ファミリーから2人、外部から2人選出されていますが、同族経営ながらも着々と発展を重ね今や有数のグローバル企業に成長!世界的な和食ブームの到来で、さらにグローバル戦略を展開中!これから益々発展することでしょう!


    ....和食ブームが世界に広がり醤油重要はさらに高まる。キッコーマンのグローバル戦略が注目.....
c0119160_21574472.jpgc0119160_2158492.jpg
c0119160_21582583.jpg
c0119160_21583962.jpg

c0119160_222484.jpg
c0119160_223095.gif

                               【常陸・房総の旅】③:「鹿島神宮」「香取神宮」
 



★野田・醤油の里を巡る


次は「野田市郷土博物館」へ!ここでは野田の歴史や文化、伝統などを知ることができる展示や、醤油に関連する様々の資料が公開されています。敷地内にはキッコーマンの前身・野田醤油醸造組合を結成した旧茂木佐平治邸(国登録文化財)があり、今は市民会館としても利用されます。


       ....醤油関連資料を多数所蔵(全国でも珍しい)する「野田市郷土博物館」へ.....
c0119160_434948.jpgc0119160_4342766.jpg
c0119160_4345021.jpg


      .....(左)資料館前は梅の花が満開 (右)茂木家玄関には雛人形が飾られていた.....
c0119160_6123654.jpgc0119160_6125793.jpg
c0119160_6131228.jpg


昭和 34 年に開館した博物館は京都タワー・日本武道館の建築家で有名な山田守の設計によるもの。市民文化活動やコミュニティ拠点として市民に親しまれ、「野田に生きた人々の生活と文化」という常設展示もあります。醤油醸造業で発展してきた歴史・人々の暮らしに関する資料が沢山展示・・


 .....(左)建物は山田守らしいお洒落なレイアウト構造だ! (右)醤油の歴史・文化が丁寧に解説 .....
c0119160_824351.jpg c0119160_824295.jpgc0119160_8244945.jpgc0119160_825359.jpg
c0119160_8255665.jpg

c0119160_841472.jpg
c0119160_842227.jpg


   .....(左)懐かしき昭和の居間風景も再現 (右)蓄音機やエルビスプレスリーのレコードもある!.....
c0119160_8423075.jpgc0119160_8425189.jpg
c0119160_8431088.jpg



野田市内の路地に1830年に創業した老舗のキノエネ醤油の工場があります。白醤油は全国の生産量の3割以上を占めるらしい。古い黒板塀の建物風景は醸造の歴史が偲ばれるネ~!多くの醸造業がキッコーマンに集約される中、唯一独立を守ってきた老舗の頑固さを感じました。


    .....野田の老舗醤油醸造会社「キノエネ醤油」(1830年創業)、工場建物はレトロの極致.....
c0119160_9125020.jpgc0119160_913866.jpg

c0119160_9133345.jpg
c0119160_913538.jpg

c0119160_9211884.jpgc0119160_9213275.jpg

c0119160_9215169.jpg


          .....(左)野田醤油発祥の地 (右)江戸時代の醤油づくり風景図 .....
c0119160_928114.jpg
c0119160_9282428.jpg

老舗醤油工場近くに稲荷社があり「野田の醤油発祥地」を発見!さらに歩くと野田で最も崇敬される愛宕神社が鎮座しています。本社殿の立派な彫刻は実に見事!境内にある摂社、磐座信仰の痕跡である「磐境」、芭蕉の句碑などな結構見所の多い神社だと感心しました。


          ....「愛宕神社」は平安中期創建の古社、火伏の神(カグヅチ)を祀る.....
c0119160_93137.jpgc0119160_9312216.jpg
c0119160_9314582.jpg


        .....本社殿の彫刻は実に見事!江戸期の名工・石原常八の作によるもの.....
c0119160_9363321.jpg
c0119160_9364729.jpg

    ....(左)境内社も広く豪華配置 (右)芭蕉の句碑発見!「奥の細道」春日部通過時に参詣?....
c0119160_9433138.jpgc0119160_9392732.jpg
c0119160_9394641.jpg


清水公園は、野田市民営の自然公園で広大敷地に遊戯施設や史蹟を無料鑑賞できます。醤油醸造業柏屋5代目・茂木柏衛により1894年に開園。茅葺き屋根の花野井家住宅は必見です。


    .....野田市民の憩い「清水公園」、東京ドーム6個分敷地でフィールドアスレチックが楽しめる.....
c0119160_9471752.jpgc0119160_94730100.jpg
c0119160_947559.jpg


    .....(左)金乗院(室町時代開山の古刹) (右)花野井家(幕府直轄牧場を管理)の住宅.....
c0119160_950241.jpg
c0119160_9502834.jpg
c0119160_952717.jpgc0119160_9523537.jpg
c0119160_9525018.jpg


                               【常陸・房総の旅】④:水郷(潮来・佐原)
 




★「関宿水閘門」&「関宿城博物館」、利根川治水・水運の歴史を知る


次は野田から利根川を遡り、かねてから訪ねてみたかった「関宿町」(平成15年、野田市に吸収合併)へと足を伸ばしてみました。利根川と江戸川の分岐に位置する関宿は今や陸の孤島と化しましたが、江戸時代は幕府直轄領で関所も置かれ利根川水運の重要拠点・治水の要所だったのです。


       .....利根川水運・江戸川利水の最大キーポイント「関宿水閘門」を訪ねる.....
c0119160_14351670.jpgc0119160_10133612.jpg c0119160_1013514.jpg
c0119160_10141779.jpg
c0119160_1019773.jpgc0119160_1019214.jpg

家康が江戸入城した頃の関東平野は、利根川・隅田川の氾濫が毎年続く洪水脅威に晒される地帯でした。江戸幕府は膨大な水量をコントロール(隅田川の流水量を減ら)ために上流部で「会の川」を締切り、治水工事に着手しました。これで江戸の利水環境や河川航路は安定に向ったのです。


  .....関宿は、江戸時代初期と明治時代に行われた「利根川の東遷事業」のポイント要所 .....
c0119160_10215094.jpgc0119160_10213641.jpg
c0119160_10221942.jpg


江戸川と利根川の分岐点にあるのは中之島公園です。昭和初期の江戸川改修で関宿水閘門脇に造られた自然公園で江戸川の治水工事に関連した歴史遺産(関宿棒出し石、大型バケット、トロッコ線路、鉄橋など)や治水碑もがあります。また日本一のコブシ大樹や珍しい野鳥も見られる所です。


   .....利根川は工事に携わった人々の努力と功績を称えた「中之島公園」は梅満開!.....
c0119160_10272725.jpgc0119160_10275347.jpg


c0119160_10281528.jpg
c0119160_10283646.jpg
c0119160_10342237.jpg
c0119160_10343724.jpg


      .....地平線を感じる広大な関東平野の葦原には茨城の名峰「筑波山」が見える .....
c0119160_10365680.jpgc0119160_10362121.jpgc0119160_14425332.jpgc0119160_14491091.jpg
c0119160_10372172.jpg


                               <2016年>新春ハイキング(茨城名峰&餃子パーティ)
 

江戸川・利根川の合流点に聳える「県立関宿城博物館」(関宿城を模した外観が印象的)。建物の天守閣部分は昔の関宿城を古い記録に基づいて再現したもの。関宿を往来した高瀬船、利根川水運の中継地として栄えた往時の繁栄ぶりや歴史がビジュアルに分かりやすく展示されています。


     ...「県立関宿城博物館」。松平康元(家康の異父弟)の入城した往時の建物姿を再現.....
c0119160_10444057.jpgc0119160_1045497.jpg
c0119160_1045246.jpg
c0119160_10454294.jpg


         .....(左)関宿城博物館は近未来的な展示 (右)「利根川高瀬舟」の模型.....
c0119160_10481520.jpgc0119160_10482974.jpg
c0119160_104852100.jpg


     ..... 利根川(暴れ川の異名)の洪水脅威に晒された地帯、東遷治水事業が進められた.....
c0119160_10551410.jpg
c0119160_10553895.jpg

明治時代になると政府は、利根川の膨大な流れをさらに東遷させるため(銚子・太平洋方向に流れを変える)、遠大な治水事業を推進しました。理由は足尾鉱毒事件が渡良瀬川で発生したからです。渡良瀬遊水地を作り、関宿門を閉ざし江戸へ銅鉱毒水が流れ込まないようにしたのです。

                               「毛野国」探訪③:(足尾銅山&田中正造)編



    .....明治時代以降も首都圏は河川氾濫や台風で水害に襲われた(明治時代の下町浸水)....
c0119160_10584129.jpg
c0119160_10585396.jpg

日本は自然災害多発国、特に豪雨水害は毎年必ず発生し、地球温暖化傾向でゲリラ豪雨の被害は年々増加傾向にあります。近年は首都圏治水対策が急速に進んでいることを実感します。


     .....春日部の地下にはパルテノン神殿のような「首都圏放水路」が存在(見学は予約が必要)....
c0119160_1114894.jpgc0119160_112929.jpg

埼玉県春日部市にある首都圏放水路(地下空間に巨大濠を備え溜め水で浸水緩衝を実施)はまるで地下帝国のパルテノン神殿のようだ!幻想風景体験と最新技術を勉強できてお薦め!(下記参照)。 江戸時代の関宿が果たした治水役割が隣接の春日部でこんな進化をしたのか~と実感!

                        <2014年埼玉探訪>:春日部「首都圏外郭放水路」他

                   
 



★醤油のルーツは和歌山、千葉銚子との繋がり


     ....関宿は銚子から利根川・江戸川経由で醤油を江戸に運ぶ水運要衝地として大繁栄.....
c0119160_1273225.jpgc0119160_128447.jpg
c0119160_1283247.jpg


醤油の有力メーカーの本社は千葉(銚子・野田)や茨城(土浦)にありますが、実は和歌山県と非常に深い繋がりがあります。醤油発祥地は和歌山県の湯浅(玉井醤本舗)、また巨大地震発生で「稲むらの火」を炊き村人を高台へ津波避難させた濱口梧陵(ヤマサ醤油7代当主)は広川の生まれ


    ....(左)醤油のルーツは和歌山県 (下)津波回避の伝説「稲むらの火」の濱口梧陵は紀州人.....
c0119160_1213219.jpgc0119160_12131643.jpgc0119160_12133319.jpg
c0119160_12135188.jpg

c0119160_12192515.jpgc0119160_12194828.jpg
c0119160_1220853.jpg


       .....ヤマサ醤油の本社は千葉銚子。初代濱口儀兵衛が紀州から銚子に渡り創業。.....
c0119160_1226855.jpgc0119160_12262588.jpg

c0119160_12264519.jpg


江戸の醤油需要は人口が激増加で大消費地となり、紀州・関西の醤油製造業者は江戸に近い方が有利と判断し銚子・野田へ拠点を移転したのです。動機は、関宿の水運開拓で利根川・江戸川の商品輸送が経済的になったこと。銚子・野田での醤油生産が大発展へと繋がっていきました。


        .....銚子にはヒゲタ醤油など数多くのメーカーがあり、銚子も工場見学が楽しめる .....
c0119160_12302945.jpg
c0119160_1230519.jpg

2010年秋の茨城・千葉周遊旅(霞ヶ浦・土浦・利根川風景、銚子の醤油)、2年前の足尾銅山・渡良瀬遊水地・・、関西在住時に訪問した和歌山広川の風景、今回記事を書きながら「醤油文化の伝播、関西と利根川治水と水運が繋がっている!」と歴史背景が分かり、頭の中が整理できたなア・・


    .....銚子・土浦・野田の醤油メーカーの繁栄は、利根川の水運・治水が果たした役割が大きい.....
c0119160_12325367.jpgc0119160_12331542.jpg
c0119160_12332953.jpg

c0119160_1237199.jpgc0119160_14522032.jpgc0119160_12372159.jpg
c0119160_1237373.jpg


                               【常陸・房総の旅】(その5):銚子・九十九里浜

地味で観光面では殆ど見向きもされない茨城・千葉・埼玉・群馬・栃木。まだ隠れた魅力が沢山あるはず。常陸・房総・両毛の旅はさらに続きます。マニアックな発掘旅に今後もお付き合い下さい。


    .....2017年2月、外環状「圏央道」の茨城エリアが全面開通、次回は関宿・坂東の見所紹介.....
c0119160_12433392.jpgc0119160_12434446.jpg
c0119160_12364758.jpg


c0119160_12435920.jpg



                                                        おわり

  by rollingwest | 2017-03-20 13:00 | 常陸・房総の旅 | Comments(154)

<2016年GW>信濃川火焔街道(日本遺産指定)を行く(前編):新潟・三条・十日町

c0119160_172057100.jpg



★新潟県初の「日本遺産」指定、信濃川沿いに発展した文化(古代~現代)を巡る旅


諏訪の縄文遺跡に興味深々のRWでしたが、わが故郷・新潟県にも沢山の縄文遺跡が存在することを再認識しました。文化庁は各地観光振興の一環として昨年から「日本遺産」(世界遺産の日本版)の指定に動き出しましたが、今年は4月に新認定19件が発表されています。新潟県では「信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化」が指定されたことを知りGW故郷帰省の折に巡ってみました。

                               2016年4月に新たに「日本遺産」指定された案件


 ......今年4月「日本遺産」(新潟県初)に認定された「信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化」.....
c0119160_17242354.jpgc0119160_1725681.jpgc0119160_17244075.jpg
c0119160_17472179.jpg
c0119160_17245388.gif
c0119160_17362879.jpg

                    「日本遺産」指定地(世界遺産登録地も含む)または申請中の一覧表
 
縄文時代から近代までの文化を一緒くたにアピールするのは何か無理があるような気もしますが、信濃川沿いに発展してきた各市が協力して地元の魅力をPRすることは許容範囲かな・・。小生も殆ど知らなかったことを発見させて頂きました。まずは信濃川河口の新潟市近代史から紹介しましょう。





★北前船、幕末開港から発展してきた港町・新潟の信濃川河口風景


RWは新潟県出身なのに意外と県庁所在地・新潟市のことを詳細に学習していなかった気がします。北前船交易、幕末開港を経て現代まで繁栄を重ねてきた日本海側有数の大都市を歩いて見よう。


 ......(左)新潟市の信濃川河口に立つ (右)佐渡ケ島への出発地・佐渡汽船の航路ターミナル.....
c0119160_1912821.jpgc0119160_1913839.jpg





c0119160_1915144.jpg


新潟市街地は信濃川河口の2つの港町(新潟古町と沼垂町)を起源として発展してきました。街路構成に大きな変化はないものの意外と古い町並みは残っていません。戦災は受けなかったものの過去何度も「新潟大火」と呼ばれる大規模火災が発生し、街が焼けてしまったことが理由なのかな・・


  ......新潟港(信濃川河口)は新潟町(古町)と沼垂町の2つの湊町がともに発展してきた.....
c0119160_1985044.jpgc0119160_1991848.jpgc0119160_1993816.jpgc0119160_1994850.jpg
c0119160_1910115.jpg

    
新潟市歴史博物館「みなとぴあ」は幕末開港時の姿を残す国重要文化財「旧新潟税関庁舎」や周辺建物も一体整備して2004年開館。北前船交易や新潟近代史を学べる歴史情報発信拠点です。


      .....2004年3月、信濃川のほとりに誕生した新潟歴史博物館「みなとぴあ」.....
c0119160_1931850.jpgc0119160_19312772.jpg


c0119160_19314717.gif


    .....江戸時代から明治初期に「北前船」の交易で大いに発展し栄えた湊町・新潟.....
c0119160_19354264.jpgc0119160_19355622.jpg

c0119160_1936827.jpg


新潟県の最大手銀行と言えば「第四銀行」、全国で名前に数字がつく銀行は幾つかありますが4番目に創設された国立銀行。第一は第一勧銀から現在みずほ銀行、第二が横浜銀行、第三は大阪設立予定もトラブルで営業開始できず。つまり第四銀行が実質3番目の国立銀行として開業した訳か


      .....(左)国立銀行は新潟では「第四銀行」が開業 (右)旧新潟税館庁舎.....
c0119160_20131859.jpgc0119160_20133168.gif
c0119160_2013532.jpg
c0119160_20141397.jpg

     
   .....(左)「第四銀行展」が公開中につき見学 (右)新潟のシンボル「萬代橋」の今むかし.....
c0119160_20291348.jpgc0119160_20294263.jpgc0119160_2030260.jpg

美しい風格あるアーチ姿の「萬代橋」。初代は明治期に架けられた木橋でしたが昭和初期に頑丈なコンクリート橋(1964新潟地震にも耐えた橋)となり、現在も市民に親しまれている新潟市のシンボル的存在


    .....(左)第四銀行の脇から撮ったみなとぴあ」 (右)「旧新潟税館庁舎」をバックに.....
c0119160_20333124.jpg
c0119160_20334434.jpg

繁栄・発展を歩んできた港町新潟の歴史を博物館で十分勉強させて頂き、次は市内の歴史・情緒溢れる建物や史蹟を探訪して見よう。まずは台座を回す願懸高麗犬で有名な「湊稲荷神社」に参拝


    .....新潟市のパワースポット「湊稲荷神社」、台座を廻して願掛けをする高麗犬が鎮座.....
c0119160_20352261.jpgc0119160_20354230.jpg

c0119160_20361064.jpg
c0119160_20364080.jpg

新潟市内には北前船交易で大いに栄えた豪商の建物がいくつか残っており、その一つが「旧小澤家」(北前船の時代館として一般公開)。明治時代に成長した商家の様子を窺うことができます。


     .....「北前船の時代館」、湊町豪商として栄えた「旧小澤家」が当時の姿で公開.....
c0119160_20494556.jpgc0119160_2050649.jpg

c0119160_2050239.jpg


 .....豪商の立派な屋敷構えを見学、広い中庭を散策して見る。藤棚の庇が素晴らしい!.....
c0119160_20542526.jpg
c0119160_20543963.jpg
c0119160_20545278.jpg
c0119160_2055488.jpg

その他にも新潟大神宮(坂口安吾の生誕碑あり)や新潟三大財閥と言われた豪商・齋藤家の別邸、北方文化博物館など数々の商家が盛衰を繰り返した街並みを歩き、県庁所在地を後にしました。


      .....近くに鎮座する「新潟大神宮」には作家「坂口安吾」の生誕碑があった....
c0119160_2131249.jpgc0119160_2132888.jpg
c0119160_213468.jpg


   .....威厳ある豪邸の街並みが残る  (左)北方文化博物館 (右)旧斎藤家別邸 ....
c0119160_21101821.jpgc0119160_21103975.jpg
c0119160_21105511.jpg






★「信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化」を巡る (新潟・三条)


最近、縄文・弥生・古墳時代の遺跡がマイブームになっているRWですが、今回の日本遺産指定でわが故郷県に縄文・弥生の遺跡がかくも多くあったことを初めて認識!縄文火焔土器を共同でPRしている市町村は新潟市・三条市・十日町市・長岡市・津南町、まずは新潟・三条から紹介致します。


  ....古代の新潟を探索、大和朝廷時代は蝦夷防備拠点として「渟足柵」「磐舟柵」設置....
c0119160_63697.jpgc0119160_632545.jpg
c0119160_634090.jpg


古津八幡山遺跡は、信濃川と阿賀野川に挟まれた丘陵(新潟市)に立地した弥生・古墳時代時代の大規模な高地性環濠集落で県内最大の円墳もあります。古代新潟は蝦夷防備拠点として「渟足柵」「磐舟柵」が設置されましたが、縄文(蝦夷)と弥生(大和朝廷)が鬩ぎ合う最前線だったのかも・・


     .....弥生・古墳時代に栄えた「古津八幡山遺跡」、茅葺き住居の中からの光景....
c0119160_6151542.jpgc0119160_6154079.jpg
c0119160_6155512.jpg


 .....信濃川と阿賀野川に挟まれた丘陵上に鎮座する古津八幡山遺跡の「前方後方形周溝墓」....
c0119160_619989.jpgc0119160_6193177.jpg
c0119160_6195270.jpg


信濃川と阿賀野川流域に広がる越後・蒲原平野は日本海側の本州の最大面積(2千km2)を誇り地平線が見える程の広さです。弥彦山と角田山は平野のどこからでも見えるランドマーク的な山です。


    .....広大な田んぼの地平線「越後・蒲原平野」、遥かに「弥彦山」「角田山」が並び立つ....
c0119160_21221591.jpgc0119160_21223483.jpgc0119160_21225095.jpg
c0119160_21234425.jpg


 ....(左)「蒲原平野」は日本一の米どころ (右)昔は祖母本家の稲刈り・はさ掛けを手伝ったなア・・...
c0119160_2129284.jpg
c0119160_2129204.jpg

関越自動車道を南下し次は三条市へ。金物産業の町として有名ですがここもRWにとって未訪問地。「三条市歴史民俗産業資料館」に入って見ると縄文遺跡展示がまたも出現。三条に縄文とは意外!


  .....(左)「三条市歴史民俗産業資料館」の玄関入口 (右)当地も縄文・弥生土器が多く展示....
c0119160_21312942.jpgc0119160_21315151.jpgc0119160_21321338.jpg
c0119160_21324059.jpg


三条金物の歴史は、城主が水害救済策として農民副業として和釘製造を奨励したことが起源とされ、鍛冶屋が急増。河川交通を活かし三条商人が金物販売を展開したことで全国へ知れ渡りました。


  .....(左)高い天井の展示館内部 (右)鍛冶屋が多い「金物の町・三条」、凧上げ祭りも有名....
c0119160_21413722.jpgc0119160_21415150.jpgc0119160_2142412.jpg




c0119160_21422616.jpg

c0119160_21522413.jpgc0119160_21524049.jpg
c0119160_2153086.jpg


戦後も作業工具等の製作で製品量産化が進み国内外への販売が盛んになりました。道具の品質の高さは折り紙つき。歴史と伝統を守り先人から受け継いだ技術を後世に継承してほしいものだ。


   .....江戸時代から培われた「三条鍛冶職人」、ありし日の仕事場を撮影した写真が展示....
c0119160_2225871.jpgc0119160_2232211.jpg

c0119160_223384.jpg


三条が生んだ偉人はやはりジャイアント馬場!彼が亡くなってもう20年近い歳月が刻まれましたが、偉大な大スターを生んだ馬場氏のふるさと・三条をもっとPRしようと名誉市民に顕彰されています。

c0119160_6323715.jpg
c0119160_6325430.jpg






★国宝「火焔土器」が発掘された十日町(笹山遺跡)

前編のラスト訪問は十日町市、まず歴史博物館(1979年開館)を訪問。地域の考古・歴史・民俗資料を収集・保存し展示しており、近隣の笹山遺跡から出土した国宝・火焔土器が最大のお宝物。地元の積雪期用具・越後縮の紡織機等、まさに今回の日本遺産テーマのエッセンスが濃厚に観賞できます。


 .....(左)「十日町市博物館」の外観 (右)ここは国宝指定の「火焔土器」が展示されている....
c0119160_2294765.jpgc0119160_221075.jpg

c0119160_22102949.jpg
c0119160_22104775.jpg


  .....正門前にある遺跡広場(竪穴式住居や縄文時代住居跡、墓跡が復元されている)....
c0119160_22203036.jpg
c0119160_22204585.jpg

火焔土器は縄文時代中期を代表する縄文式土器の一種、燃え立つ炎を象った形の装飾的な土器で装飾性豊かで個性的!地元では2020年東京五輪聖火台にデザイン採用を申請しているらしい。


      .....国宝の「笹山遺跡出土深鉢形土器」が「新潟日本遺産」の最大の目玉....
c0119160_22222033.jpgc0119160_22274861.jpgc0119160_22233748.jpgc0119160_2223235.jpg
c0119160_6175971.jpgc0119160_618176.jpg
c0119160_6183192.jpg


ここでは縄文~弥生時代の生活が蝋人形でリアルに再現されていました。5千年前に火焔型土器を作った人々は信濃川流域を中心にムラを形成しその規模と密集度は日本有数なのだそうです。


  ....縄文人の生活が再現(獣・魚・植物を獲得して食料として貯蔵、土器づくりに励む)....
c0119160_764257.jpgc0119160_772199.jpg
c0119160_774497.jpg

c0119160_7102077.jpgc0119160_710473.jpg
c0119160_711887.jpg

     
山川海の幸を獲得し加工保存する技術、火焔型土器の技を継承するモノ作りの姿、5千年前の生活を追体験できました。また縄文時代の祀り風景はインディアンやアイヌのような独特なムードが漂うネ~


  .....大地の恵みに依存し暮した縄文人にとって自然への崇敬や祀りは重要な生活イベント....
c0119160_7183958.jpgc0119160_7193232.jpg
c0119160_7195374.jpg


   .....弥生時代に入ると農耕文化や機織技術が発達して定住生活で邑が形成されていく....
c0119160_626651.jpgc0119160_6263169.jpgc0119160_6265615.jpg
c0119160_6271096.jpg


   .....新潟山間部をユッタリと流れる信濃川の風景。船を漕ぐ川沿い生活も蝋人形で再現....
c0119160_751714.jpgc0119160_753362.jpg
c0119160_76336.jpg


信濃川流域は8千年前の気候変動で世界有数の豪雪地帯に激変しました。寒冷期から温暖化により海水面が上昇、対馬海峡が開き日本海に東シナ海暖流が入り込み日本海側大雪の環境がつくられたのです。暖かい海から水蒸気がドンドン空に登り、寒気襲来時は冷やされて大雪になる訳です。


 .....世界的な豪雪地帯のメカニズム。シベリア寒気が湿った空気になり高山にぶつかり大雪を生む....
c0119160_2055467.jpgc0119160_2056252.jpg
c0119160_20561954.jpg


昭和38年豪雪・・今も脳裏に深く刻まれる濃厚な記憶、本当にあの年は凄かった。当時は小学校1年生、家の2階の高さまで積もった雪の道を歩いて小学校まで通ったものだ・・・

                   
西高東低・冬型になると、日本海・対馬暖流の水蒸気はシベリア寒気団の強風に吹き付けられ、三国山脈斜面を駆け上がる時に急激に冷やされて膨大な豪雪を信濃川流域に降らせます。雪国宿命で辛いことが多いですが、暮らす人々は様々な工夫を凝らして生活し独特の文化を築き上げました。


  .....信濃川沿い山間部街「十日町」、ここで営まれた雪国の暮らし・織物文化がテーマの展示....
c0119160_2145456.jpgc0119160_2151169.jpg
c0119160_2152871.jpg


c0119160_21124970.jpgc0119160_2113647.jpg
c0119160_21132621.jpg


    ....「十日町雪まつり」は、札幌・六日町(新潟魚沼)と並ぶ「日本三大雪まつり」の一つ....
c0119160_21354433.jpgc0119160_2136411.jpg
c0119160_21362536.jpg


最後は国宝火焔型土器が出土した笹山遺跡(十日町市博物館の近く)を訪ねてみました。未発掘の範囲を中心にして遺跡広場として利用されており、復元竪穴住居跡2棟が設置されていました。


  .....「笹山遺跡」に行ってみよう! 7回発掘調査(1980~85)が行われ国宝・火焔土器が発見....
c0119160_214329100.jpgc0119160_214348100.jpg
c0119160_2144470.jpg

c0119160_21442570.jpg


    .....竪穴住居が広がる光景。茅葺家の中は炉を囲んで家族が団欒した痕跡が窺える....
c0119160_21533495.jpg
c0119160_2214776.jpgc0119160_21551796.jpgc0119160_2222179.jpg

c0119160_21554820.jpg

    
皆様、十日町を訪れる機会があれば是非とも地元発祥「へぎ蕎麦」を食してみて下さい。また近隣には美しい棚田が沢山あります。松之山温泉に泊まり、蕎麦を味わい棚田見学するのが超お薦め!


      ....十日町といえば新潟名物「へぎ蕎麦」が有名、「小島屋」が発祥のお店です!....
c0119160_2210629.jpgc0119160_22103155.jpgc0119160_864321.jpgc0119160_22105025.jpg

      ......十日町は棚田が多くあり素晴らしい景色が楽しめる。一度ご体験あれ~!....
c0119160_22132153.jpgc0119160_22133616.jpg
c0119160_22135073.jpg


                               2011GW家族旅行「越後・松之山の棚田風景」                                                          

                                                         おわり

  by rollingwest | 2016-05-31 00:00 | Comments(130)

<2016年4月16~17日>「毛の国」探訪②:(足利・桐生)編

c0119160_22442355.jpg


★「毛の国探訪」の続編は足利・桐生をレポート!

昨年から両毛エリア(群馬・栃木)の魅力を紹介するシリーズ「毛の国探訪」を開始しました。前回は高崎・安中・館林でしたが、今回続編は両県隣接する足利市(栃木)と桐生市(群馬県)をレポートします。非常に地味なイメージで観光目玉が少ないと誤解されがちな当地域ですが、実は見所が盛り沢山!


                           「毛野国」探訪①:(高崎・安中・館林)編より続く


         ......「毛の国」探訪(その2)は栃木・群馬県境の足利・桐生を訪問....
c0119160_6232522.jpgc0119160_23442696.jpgc0119160_6182668.jpg


c0119160_619788.jpgc0119160_22153867.jpg
c0119160_6233992.gif


まず桐生市に入る前に、真田家親子が決別した「犬伏の別れ」の舞台「佐野・薬師堂」(佐野市の主要観光地は後日詳細レポート予定)を訪ねました。関ヶ原合戦にあたり真田家は東軍(徳川)・西軍(石田)の何れに従うかを迫られます。悩んだ真田親子は犬伏の地で討議を重ねついに決断しました。


   ......足利に向う途中で「真田親子・犬伏の別れ」の舞台「佐野・薬師堂」にまず立ち寄る....
c0119160_22183051.jpgc0119160_22184359.jpgc0119160_22185490.jpgc0119160_22192018.jpgc0119160_2219982.jpg
c0119160_22194474.jpg


                         「真田一族のルーツ・史蹟探訪」(上田・松代・沼田)はコチラから

結果的に親子は、真田の血を絶やさぬために長男・次男が東西に分かれる選択をしたのです。まさに真田家ドラマのクライマックス名場面!NHK大河「真田丸」でどんな劇的なシーンが演じられるのだろう!


   ......関ヶ原合戦を前にして、どちらが勝っても真田の血を残すため親子は別れの決断....
c0119160_22323574.jpgc0119160_22324642.jpg
c0119160_22371739.jpg


いよいよ「足利市」へ入ります。NHK大河の次は朝ドラ「とと姉ちゃん」のロケ地「トチセン本社工場」を訪問、「遠州浜松染工」は「赤煉瓦建築」が印象的でしたが足利が撮影地とは知らんかった~!足利市はその名の通り足利氏に所縁深い歴史街ですが、織物工場・フラワーパークでも有名な観光地


   ......「とと姉ちゃん」のロケ舞台「トチセン本社工場」は東武線・福居駅前(足利市)にある....
c0119160_2245427.jpgc0119160_22455895.jpgc0119160_2246194.jpg
c0119160_22464351.jpg


     .....栃木県・西南の歴史街「足利市」、史跡が多い見所満載地。いざ市内観光へ!.....
c0119160_22534133.jpgc0119160_22544038.gifc0119160_22535711.jpg
c0119160_22545967.gif





★歴史的な史蹟が満載の「足利市」


関東の銀閣寺と呼ばれる「法楽寺」(鎌倉幕府重臣・足利義氏が創建)はまさに京都銀閣寺を見ている様な錯覚に捉われます。そして足利で一番有名なのは日本最古の学校「足利学校」でしょうネ~


        .....関東の銀閣寺「法楽寺」、確かに似ている~!足利義氏の墓もある....
c0119160_5451623.jpgc0119160_5454152.jpgc0119160_5455816.jpg
c0119160_5462849.jpg


   ......(左)足利学校のシンボル「学校門」 (右)日本遺産に認定され今後は世界遺産も目指す.....
c0119160_616307.jpgc0119160_6164422.jpgc0119160_6165653.jpg

「足利学校」は応仁の乱後の戦乱期でも学問の灯を絶やさず隆盛を誇り、フランシスコ・ザビエル(イエスズ会宣教師)が「日本最大の大学」と世界に紹介しました。また室町幕府を開いた足利家の氏寺「鑁阿寺」も見逃せません。今回はサラリと紹介、第4編で新田義貞史跡と合わせ詳細をレポート致します。


     ......日本最古の学校「足利学校」のレイアウト図.、創建は奈良・平安期とも云われる...
c0119160_5562285.jpgc0119160_556421.jpg
c0119160_557244.jpg


        ......室町幕府を開いた足利尊氏の先祖一門の氏寺「鑁阿寺」(bannaji)....
c0119160_6223876.jpgc0119160_6225877.jpgc0119160_6231162.jpg



c0119160_6232993.jpg


足利市には「織姫山」というお洒落な名前の山があり、そこに鎮座する「足利織姫神社」は千三百年の歴史と伝統を誇る機織りの神様が奉られます。産業振興と縁結び神様としても足利市民に広く親しまれています。良縁を求めロマンチックな織姫様に惹かれるのかな・・?参拝者の9割が女性でした。


    .....足利市の織姫山に鎮座する「足利・織姫神社」、縁結びの神様は明るい雰囲気!....
c0119160_2134711.jpgc0119160_21342325.jpg
c0119160_2134562.jpg


     ...... 足利市認定「恋人の聖地」、織姫の名の通り参拝者は御目麗しき女性ばかり....
c0119160_21391644.jpgc0119160_21395698.jpgc0119160_21393195.jpgc0119160_2140954.jpg

朱塗り宮は緑に映え景観が美しく、境内からは関東平野を一望できました。夜になれば足利市街の美しい夜景が楽しめる若者のデート場所らしい。まさに縁結びのロマン溢れるラブラブのスポットですネ~


        .....織姫神社からの眺望、遙かに広がる関東平野(太田や館林まで)見える....
c0119160_21435661.jpgc0119160_21461064.jpg
c0119160_21441127.jpg

足利市は最近話題になっている「あしかがフラワーパーク」が観光スポットとして一番有名なのかもしれない!日本最大規模の藤ガーデン(広さ92千㎡園内に350本以上の藤)、毎年50万人以上の来園者を迎え樹齢150年の大藤棚や八重の大藤棚、白藤トンネル等が凄いらしい!最近では「日本夜景遺産認定」や「関東三大イルミネーション認定」を受けて話題のSPOTとして大人気となっています。


   ......日本最大規模の藤のイルミネーション(全国NO1の人気)が圧巻!「あしかがフラワーパーク」....
c0119160_2255255.jpg
c0119160_226434.jpg





★渡良瀬川の春風景を満喫!

    ......(左)足利側から見る赤城山は初体験 (右)足尾の山が源の渡良瀬川は利根川に合流....
c0119160_22565298.jpgc0119160_22571216.jpg

c0119160_22575413.jpg
c0119160_22581979.gif


渡良瀬川は足尾の山々に水源をもち、桐生・足利・佐野を経由して利根川に合流します。水上交通で経済の発展に寄与しました。足利市は渡良瀬川によって南北に分かれ12本の橋が存在します。


            .....渡良瀬川に広がる菜の花風景、まさに春爛漫の風景....
c0119160_231498.jpg
c0119160_232190.jpg

       ......いよいよお目当ての「渡良瀬橋」(森高千里の名曲で有名)が見えて来た!....
c0119160_2352137.jpg
c0119160_2353872.jpg

  
その中で最も有名な橋は森高千里が歌いあげた「渡良瀬橋」。美しい夕日の叙情的な詩は今も絶大な人気、橋の北側には歌碑も設置されます。森高って足利出身かと思ったら熊本が故郷でした。


  ....森高千里「渡良瀬橋」はいつ聴いても素晴らしい!夕日名所、歌詞に歌われた八雲神社....
c0119160_23164855.jpgc0119160_23203934.jpg
c0119160_23211899.jpg


「人間だもの」「生きていてよかった」など独特な書体で表現した作品で多くの方に支持されている相田みつを。人生の中での様々な気づきを与えてくれる詩を残してくれ、現代人の心を強く惹き付けています。彼の故郷は足利市、若き日はこの「渡良瀬橋」を見ながら川で釣りを楽しんだそうです。


     .....「相田みつを」でRWが大好きな詩は「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」....
c0119160_6291732.jpgc0119160_6294064.jpg
c0119160_6295522.jpg







★重要伝統的建造物の宝庫、織物の街「桐生」


次は群馬県桐生市へと入ります。織物産業と国の重要文化財の街並が有名であり、ここも地味ながらも見所が実に多いのです。でも周辺にも同じような街が多くあるから特に目立たないのかな・・

c0119160_89599.gifc0119160_8134244.jpgc0119160_8104060.jpgc0119160_811013.jpg
c0119160_8254348.jpg


       ....1999年全国制覇を果たした「桐生第一高校」(今年の春の選抜大会にも出場)....
c0119160_8305748.jpgc0119160_8312163.jpgc0119160_8314310.jpgc0119160_8384418.jpgc0119160_838593.jpg
c0119160_832032.jpg


群馬大学キャンパスは県内の主要市に分散していますが、工学部は桐生市内にあり構内にある同窓記念会館はお薦めSPOTなので訪ねました。桐生高等染織学校として大正5年に建てられた建物、桐生織物の近代化と発展に貢献した近代化遺産の一つで歴史と威厳が感じられ素晴らしかった!


      ......群馬大学工学部キャンパス、構内には同窓記念会館という素晴らしい建物が佇む....
c0119160_21493754.jpgc0119160_21503065.jpgc0119160_21504472.jpg
c0119160_2151838.jpg


         ..... 同窓記念会館は桐生高等染織学校として大正5年に建てられた建物....
c0119160_22241100.jpg
c0119160_22369.jpg

桐生市内には、随所に煉瓦造や木造の織物工場が立ち並んでいます。養蚕と絹織物産業で発展してきた織物工場はノコギリ屋根が特徴的!屋根から太陽光を取り入れる構造になっており、廃止となった工場も、博物館や記念館、現役の商業施設として現在も利用され市民に親しまれています。


       ......太陽光を入れるノコギリ屋根の織物工場は独特の景観、よく考えたものだ!....
c0119160_1044669.jpgc0119160_10445375.jpg
c0119160_10442478.jpg

         ......織物参考館「紫」を見学。秀織物株式会社が旧工場を利用して運営....
c0119160_10552663.jpgc0119160_1055494.jpg
c0119160_1056950.jpg


織物参考館「紫」は秀織物旧工場が再利用運営され、桐生織の資料や織機・器具が展示されています。撚糸工場・釜場の見学コーナーや染色学習室もあり外人さんが真剣に藍染めの体験中でした。


   ......桐生織物に関する資料や織機・器具などを展示、毛の国は羊毛が語源だったのかも・・....
c0119160_1134384.jpgc0119160_1131876.jpg
     ......(左)日本一大きい高機が操業中 (右)桐生染色を体験をするが外人観光客....
c0119160_11805.jpgc0119160_1184919.jpgc0119160_1192287.jpg
c0119160_1110252.jpgc0119160_11101486.jpg
c0119160_11103194.jpg


篠原涼子は桐生市出身で郷土愛が溢れ地元観光PRポスターにノーギャラ出演。シンプルなデザインで「KIRYU」の文字だけのもの。これが今、とんでもない人気となり問い合わせが殺到しているとか!


      ......(左)織物参考館の展示物 (右)篠原涼子は桐生市出身、観光PRポスターは大人気....
c0119160_11203433.jpgc0119160_11205168.jpgc0119160_14513548.gif
c0119160_11211192.jpg


    ......(左)旧模範工場桐生撚糸会社事務所棟 (右)織物工場跡再利用のクラシックカー博物館....
c0119160_10383672.jpgc0119160_10385939.jpg
c0119160_10392956.jpg


桐生は「重伝建のまち」(重要伝統的建造物群保存地区)というキャッチフレーズで大いにPRをしています。「桐生明治館」(旧群馬県衛生所)、「桐生倶楽部」(地元有力者の社交機関)、「旧・堀裕織物工場」(現在は美容室で再利用)、街の随所に伝統建物が残っており効率よく廻る工夫が必要かも・・


      ......昭和4年に移築された国の重要文化財の「桐生明治館」、豪華な内部と美しい外観....
c0119160_11264563.jpgc0119160_1127222.jpgc0119160_1127157.jpg



c0119160_11273376.jpg


    ......(左) 「旧・堀裕織物工場」(美容室で利用) (右)「桐生倶楽部」は桐生有力者達の集会場....
c0119160_1205723.jpgc0119160_1211875.jpg
c0119160_1215792.jpg
c0119160_1223091.jpg


市内には長い歴史を持つ神社も随所にあります。崇神天皇期に大和・三輪山から勧請された官社「美和神社」、関東五大天神の一つ菅原道真を祀った「桐生天神」が訪問のお薦めパワースポットです。


        ......群馬県官社「美和神社」は大和・三輪山(大神神社)から勧請されたミワ繋がり....
c0119160_1272675.jpgc0119160_128723.jpg
c0119160_1282126.jpg


       ......関東五大天神の一つ「桐生天神」、社殿は国重要伝統的建造物&県重要文化財....
c0119160_12145778.jpgc0119160_12152612.jpgc0119160_12154372.jpg






c0119160_1216174.jpg


「桐生市有鄰館」は、江戸時代に近江出身の醸造業「矢野商店」の土蔵造り・煉瓦造の建物や様々な蔵が建ち並びお薦め見所!桐生市が譲り受け多目的空間として活用する施設となっています。


        .....「桐生市有鄰館」は地元醸造業・矢野商店から市が譲り受けた多目的空間施設....
c0119160_12313113.jpgc0119160_12314829.jpgc0119160_12255668.jpg
c0119160_12261630.jpg


             .....明治・大正時代の味噌蔵や酒造蔵の中に入って見学ができる....
c0119160_1352277.jpgc0119160_13522015.jpgc0119160_13523695.jpg



c0119160_13525075.jpg


その他にも町家や土蔵、鋸屋根の織物工場、古い銭湯や文具店江戸から昭和初期の多種多様な歴史建築が見られる魅力的な街です。市民意識にも地元愛や誇りが感じられる印象を受けました。


    .....銭湯「一の湯」、年季の入った木造外観、長年の風雨に耐えてきた風格が醸し出ている....
c0119160_13581080.jpgc0119160_13582456.jpgc0119160_1483425.jpg


c0119160_13584133.jpg


        ..... (左)蔦に覆われた民家 (下)矢野商店の店構え (右)金善織物会社ビル....
c0119160_14103051.jpgc0119160_14104237.jpg
c0119160_14105897.jpg


魅力ある桐生に一泊、翌日は足尾銅山へと向いました。足尾鉱毒事件で天皇へ直訴した田中正造の足跡(館林)も訪問したので次回レポートをお楽しみに~!毛の国探訪はまだまだ続きます。足利尊氏・新田義貞の太平記史跡、佐野(厄除け大師・ラーメン)、大谷石採掘場等が今後続々登場の予定

                                                      
      ......次は足尾銅山へと向かう。銅採掘のトロッコ電車観光。鉱山町、田中正造等が登場....
c0119160_14164278.jpgc0119160_14165778.jpgc0119160_1424348.gifc0119160_1417215.jpg
c0119160_141736100.jpg



                                                         おわり
 

  by rollingwest | 2016-05-14 20:45 | Comments(114)

<2012年4月>待ちに待った2012満開桜、旧友・家族と楽しんだ春爛漫(後編)

                                                                                                                                        いよいよゴールデンウィークに突入!大型連休を皆様いかにお過ごし予定でしょうか?あれだけ待ちに待った桜も今は昔・・。新緑やツツジの季節となりましたが、今年の桜記事に再度お付き合い下さいマセ~

c0119160_2171130.jpg
c0119160_2175953.jpg


                          2012満開桜、旧友・家族と楽しんだ春爛漫(前編)から続く



★④4月9日(月):昼休みに横浜大岡川の満開桜を満喫 (ポカポカ陽気!最高の花見日和)


            ......圧巻!横浜の大岡川沿いの堰堤桜(4月10日、昼食後の散歩).....
c0119160_21272796.jpgc0119160_2127495.jpg



c0119160_224481.jpg


後編は横浜「大岡川の桜」を紹介したいと思います。当日は平日(月曜)でしたが、前日に続きポカポカ陽気の絶好日和!昼休みにコンビニでおにぎりを買い込み堰堤を歩いて満開桜を再度満喫しました。大岡川に寄り添う800本の桜並木は実に壮観風景!桜名所として横浜市民に親しまれています。


             .......桜の下を屋形船が通過、タグボート風の屋形船も来たぞ~!.....
c0119160_214034.jpg
c0119160_21401991.jpg

大岡川は上大岡方面から横浜港(桜木町)に流れる河川、かつてここは歓楽街・赤線地帯があったことから昔からチト近づきがたいムードのディープな街でした。しかし今はチョンの間なども一掃され、マンションが増えています。今はランドマークタワーを背景とした堰堤桜で明るいイメージの観光SPOTへと徐々に変身・・


       ........かつての赤線地帯「日ノ出町~黄金町」(マンションは増えたが、昭和の名残りも・・).....
c0119160_2143358.jpgc0119160_21432771.gifc0119160_21434683.png  



c0119160_6485279.jpgc0119160_6505038.jpgc0119160_2144954.jpg
  
            ........堤防沿いには長屋の飲み屋街、ディープな昭和レトロ風景が続く.....
c0119160_21543634.jpg
c0119160_21544741.jpg

今日は実にいい日だ!平日の昼休みなので人も疎ら・・。でもユックリ散策していると午後勤務が始まるので、若干早足で歩いてナイスアングルを見つけてはカシャカシャ。青空の下、携帯カメラでも鮮やかな色彩


          .......満開桜の季節、大岡川にもユッ~クとリ屋形船が遊覧していた.....c0119160_2158184.jpgc0119160_21582084.jpg



c0119160_21583812.jpg

      .......今度はパトロール艇が現れた!昔は不法係留ボートが多かったが今はもう殆ど撲滅.....   
c0119160_2273726.jpgc0119160_2275367.jpg


c0119160_2281214.jpg

大岡川桜のメインは黄金橋からの光景!花塊ひしめく川沿いの先に、ランドマークタワ―が聳えています。今や完全にスカイツリーにお株を奪われちまった横浜摩天楼ですが、満開桜とのコラボ光景はお宝物!


   .....(左)黄金橋からの満開桜&ランドマークタワー、最高! (右)大岡川デッキよりランドマークタワーを眺望.....
c0119160_610049.jpgc0119160_6103246.gif
c0119160_6105469.jpg

  
パトロール艇が来たナアと思ったら、艇はプカプカ浮きながらゆっくり流れる川に身を任せています。よく見れば女性パトローラーさんが昼休みで桜を見ながらまったり寛いでいるではないか!正に春ですナア~
大岡川は夜桜も幻想的!川面に映るランドマークタワーのイルミネーション&満開桜の中で歩く横浜もgood!


    .....日頃厳しい監視を行う河川パトロール艇も春ポカポカ陽気の中でマッタリして眠そう・・..........
c0119160_6192491.jpgc0119160_6191134.jpg
c0119160_928325.jpg

c0119160_620592.jpg

               ........夜桜はこんな感じです!幻想的だネ~(ネットより拝借)..........
c0119160_6271387.jpg
c0119160_627795.jpg







★⑤4月14日(土):夢終えて、花冷えの葉桜風景  (花散らしの雨)


翌土曜日は一日中、花散らしの雨。1週間前にカミさんと散策した二ケ領用水を再び訪ねてみると、もう完全に葉桜・・。あれだけ首を長くして待ち続けた桜はもう終わり、早いもんだ・・。移ろいの季節


         ........雨の土曜日、二ケ領用水は完全に葉桜。待ちかねた満開桜も幻の如し.....
c0119160_7304840.jpgc0119160_7341280.jpgc0119160_734278.gif


c0119160_735337.gif

 

          .......1週間前はこんなにも明るく豪華に咲いていたのに・・(夢の如く時は過ぎる)..... 
c0119160_8174290.jpgc0119160_8183788.gif
c0119160_8202750.jpg





c0119160_945998.jpg


輝く新緑に向けて移ろう時期。アクセントが感じられない斑模様の葉桜ですが、むしろ地面や水溜りの方が華やか!道・用水沿いには一面の桜絨毯が敷き詰められています。これもまた風情の一興!


         ........雨の葉桜風景、道や用水沿いは散り桜で華やかなる絨毯絵となっていた!.....
c0119160_8282341.jpg
c0119160_8284880.jpg


           ........自宅近くの西公園でも親子連れが桜の絨毯風景を名残り惜しんでいた.....
c0119160_850166.jpgc0119160_8314162.jpgc0119160_83233.jpg
c0119160_1214141.gif


c0119160_832442.jpg







★⑥4月15日(日):スカイツリーを背景に隅田川・早慶レガッタを楽しむ (葉桜から新緑への期待)

大学サークル仲間のラン様から、「55年卒同期の稲門会が数年前から発足しており、今回早慶レガッタ応援イベントがあるので是非とも参加して~!」とのお誘いを受けました。ラン様は同期会事務局とのこと


    ......4/15春の隅田川、伝統の「早慶レガッタ」を大学同期生と観戦、スカイツリーは吾妻橋前にて.....
c0119160_9333955.jpgc0119160_9341565.jpgc0119160_9352026.gif

c0119160_93649.gif





c0119160_936691.jpg


野球・ラグビーは過去何度も応援してきましたが「早慶レガッタ」観戦は生れて初めて。でも興味あり!先日「都電荒川線ぶらり旅」のメンバー達も同様の反応だったので皆で初参加することにしました。


      .......浅草寺「仲見世通り商店街」には早慶レガッタの装飾が一面に施されていた....
c0119160_9481816.jpg
c0119160_9483080.jpg

浅草駅に11時集合、「仲見世通り商店街」を歩いて浅草寺に向かうと「早慶レガッタ」横断幕や旗が飾られ街を盛り上げている!ナルホド~!地元と一体化したイベントに成長したんだなあアと感心・・!


       ........(左)春の陽気に賑う「伝法院通り」 (右)浅草裏小路にスカイツリーを発見!....
c0119160_9503665.jpgc0119160_9501881.jpgc0119160_1003992.jpg


c0119160_13223915.jpg


c0119160_9512045.jpg


何度も参詣した浅草寺は今回パスして伝法院通りから浅草六区通りを進んでみると、浅草公会堂前には「スターの広場」が出現、有名人の手形が地面にズラリと埋め込まれており壮観!オススメSPOT


   .....有名人の手形が地面展示「スターの広場」(美空ひばり・森繁久彌・三船敏郎など続々)....
c0119160_1033794.jpgc0119160_1035154.jpg
c0119160_10411100.jpg

11時半となったので昼の混雑前に腹ごしらえをしてしまおう!再会を祝し(2ケ月ぶりダローガ・・!)、まずは生ビールで乾杯!新鮮な刺身・旬素材の掻揚で昼間からエネルギー補給。健康が話題の中心・・


          ......まずは寿司屋で腹ごしらえ(アルコールのエネルギー補給)、ア~お腹一杯!....
c0119160_10122157.jpgc0119160_1013813.jpg

c0119160_10133391.jpg

ほろ酔いの七人は満腹状態、浅草寺雷門の前を通り過ぎて吾妻橋へと向かっていきます。オ~、東京スカイツリーが大迫力の雄姿で屹立している!二階建てバスや観光人力車も頻繁に往来。来月開業を迎える頃は果たしてどんな状況になってるのかネ~!街往来は人混みで人力車も大渋滞かも・・


    ......(左)雷門前は大いなる賑い! (右)街には人力車が往来、背景にスカイツリーの威容.....
c0119160_10254845.jpgc0119160_1026171.jpgc0119160_10264377.gifc0119160_1750186.gif



c0119160_10274819.jpg


吾妻橋で集合写真を撮り、隅田川堰堤通りに出て桜橋に向かっていきます。♪春のうら~ら~の隅田川~♪桜は完全に葉桜ですが、今日は春爛漫の暖かな日和・最高のシチュエーション!早くも早慶レガッタの前哨戦が展開!レガッタのゴールを迎える桜橋では早くも両校の応援エール交換が行われています。


       ......第2エイトのレガッタ競争(前哨戦)が繰り広げられている!堰堤は春爛漫!....
c0119160_10354250.jpg
c0119160_10355893.jpg

        .......第1エイト戦(メインイベント)がいよいよ始まる!桜橋前に両校が並んで応援....
c0119160_1039961.jpg
c0119160_10405737.jpg

14時50分、第1エイト(1軍代表)の決戦火蓋がついに切られました!両校の応援も果敢にスタート!実況中継を聞くと、早稲田が遅れを取っているようだ。チアガールもコンバットマーチで応援に集中している。


    .....チアガールも勇壮に拳を突き上げコンバットマーチ応援、右は30数才年下の後輩と集合写真....
c0119160_1123047.jpgc0119160_1125919.jpgc0119160_1131954.jpg


c0119160_17541126.gif

c0119160_1134056.jpg


     ........(左)早慶ボートよりも後方護衛艇の方が目立つナア・・ (右)慶応勝利!早稲田苦杯・・....
c0119160_11115898.jpg
c0119160_11121275.jpg

レースは慶応が終始リード、差をつけてゴール桜橋に近づいてきた。慶応は最後まで早稲田の先行を許さずそのままゴールインし勝利!2年連続の苦杯をリベンジ、慶応エイトは喜びを全身で現していました。


   ......(左上)敗れて残念だが頑張った早大エイト (左下)勝利の喜びを全身で現わす慶大エイト!...
c0119160_1115518.jpgc0119160_11161496.jpg
c0119160_11162596.jpg










c0119160_11165970.jpg


負けはしたが早大も健闘!競技終了後、ラン様紹介で「55年次卒同期・稲門会」の皆様と集合写真。白髪で貫禄・愛敬溢れる太田会長はロサンゼルス・ソウル五輪での銀メダリスト。以前、同期のマラソン瀬古氏・サッカー前監督オカチャン・野田首相も参加したとの事。我々ノーテンキ同期とは相当違い過ぎる・・(苦笑)


       ........ 55年卒同期稲門会、Oh田会長(とても同期と思えない貫録)らとニコヤカ集合写真....
c0119160_11333923.jpgc0119160_11342791.jpg
c0119160_1135366.jpgc0119160_11355142.jpg


c0119160_11353646.jpg


ここ数年、中高大の旧友と会う機会が増えてきました。皆が青春時代を懐かしむ歳になったという訳か・・。利害関係なき仲間と思い出を語り合う機会が一番楽しいのかも。今後も継続したいモンダネ

                               <2009年>旧友との夏の再会の記事はコチラから

      ......(左)向島のビル谷間から仰いだスカイツリー (右)スカイツリー駅(旧・業平橋)から乗って帰宅....
c0119160_11583568.jpgc0119160_11591254.jpgc0119160_120631.jpg








c0119160_1204179.jpg


レガッタ満喫後、向島に渡り業平橋まで歩き東京スカイツリーを真下から見上げてみました。やはり首が疲れる程高~い!オープン直後の「とうきょうスカイツリー駅」(旧・業平橋)で現地解散、帰路に着きました。

c0119160_12122836.gifc0119160_12132577.gifc0119160_12125872.jpgc0119160_9315732.jpg

c0119160_12135416.jpg
c0119160_17302423.gif


桜の季節も終わり、目に眩しい青葉輝く季節となりました。新緑GWが明ければスカイツリーの開業を迎えます。花のお江戸の隅田川、ライトアップも粋に雅に・・、世界一電波塔は名実とともに輝き出します。


      ......5月22日開業まであと僅か!スカイツリー夜間照明は(粋)&(雅)!実に幻想的~!....
c0119160_1223510.jpgc0119160_12231788.jpgc0119160_12233462.jpg
c0119160_12235382.jpg




                                                          おわり




次回、鎌倉・湘南探訪「江の島」編は延期し、GW家族旅行(信州・別所温泉)記事に掲載変更します。
c0119160_21111161.jpgc0119160_2111349.jpgc0119160_21115268.jpg

  by rollingwest | 2012-04-28 00:00 | 花鳥風月(季節の風景) | Comments(52)

<2011年12月21日>「東京スカイツリー伸長の軌跡」 (今年のLASTレポート)

                          墨田区探訪(その3)


★2011年カウントダウン・・・、そして来年はいよいよ東京スカイツリーがデビュー!

c0119160_21482374.jpg


大震災や台風など色々な事があり過ぎた悪夢の2011年でしたが「真の意味で年を忘れ新たな気持で来年を迎えて再スタートしたい」・・。日本国民の共通の思いですが、その象徴は「2012年・東京スカイツリー開業」ではないでしょうか。いよいよ来年5月、華々しくデビューする日を皆が待ち続けています。


    ....(11年9月)来年春オープンを待つ東京スカイツリー、訪問時は商業施設が急ピッチで工事中......
c0119160_21542330.jpgc0119160_21572369.jpgc0119160_21544621.gif







c0119160_2157486.jpg


着工時(08年夏)のスカイツリーは殆ど話題になってませんでしたが、1年目頃から徐々に注目されるようになり、2年目は伸び行く程に節目の高さで報道され東京の名所として存在感を増し始めました。今年3/29に634m到達、当時は大震災直後で報道自粛されましたが遂に世界一電波塔が実現!


            .........(左)最終完成予想図 (右)東京スカイツリーと世界の電波塔比較........
c0119160_2261636.jpgc0119160_2265173.jpg
c0119160_2272140.jpg


その始まりは地デジ時代を迎え03年12月にTV局6社が電波障害の解消のため超高層電波塔を求め「新タワー推進プロジェクト」を発足させたことでした。06年3月、墨田押上・業平橋への建設を決定。高さは当初600mでしたがどうせなら広州タワーを抜き世界一にしちゃエと武蔵にあやかり634mに変更


     .....商業施設「ソラマチ」とキャラクター「ソラカラちゃん」が、いよいよ2012春のオープンを待つ......
c0119160_2123303.jpgc0119160_21231328.jpg

c0119160_21404057.jpg


イメージキャラクターは「ソラカラちゃん」、2012年5月に開業に向かい現在は展望台や商業施設「ソラマチ」の工事中で最後の仕上げ段階。来年春は久々に日本国民が明るい話題に包まれることでしょう。塔が伸びゆく過程で数度訪問しましたが当時の写真やニュースを振り返りレビューしてみたいと思います。

c0119160_21333996.jpgc0119160_21335989.jpg
c0119160_21341715.jpg






★スカイツリー伸長の軌跡レビュー


東武からのスカイツリー建設構想発表時から興味を持っていましたが、08年7月着工されたニュースを聞き、早速に「墨田区探訪」を企て着工直後の様子を見に行ってきました。浅草・向島の名所を回りながら押上・業平橋の広い建設現場を目の当りにしこれから夢が積み上げられていくのかと思ったものだ・・


      .....08年7月、言問橋を渡り業平橋・押上エリアを訪問、スカイツリーがいよいよ着工!......
c0119160_21554197.jpg
c0119160_21561073.jpg


               東京下町(浅草・向島・隅田)、夏の風景(08年7月)の記事はコチラから

1年目は単なるオフィスビル建設にしか見えませんでしたが、10年夏頃から都内風景の中にひと際高い筍の塔が出現し注目を集め始めました。クライミング式タワークレーンによる積層工法で着々と伸長していく・・


   ....2009年は伸びゆく筍の如し (左)5月(着工10ケ月) (中)7月(1年後) (右)9月(1年2ケ月)..... 
c0119160_22292678.gifc0119160_222972.jpgc0119160_2252261.jpgc0119160_22104258.jpg
c0119160_2261561.jpg


c0119160_2265937.jpgc0119160_2216769.jpg





c0119160_22294611.gif
c0119160_22362847.gif


09年秋~10年夏頃は、青い毛編帽子を被った網目塔姿で伸長していく様子が印象的でしたね~!10年春、桜が咲き始めた頃、遂に東京タワーと並んだ!その後は日本一の座をひた走っていきます。


      .......(左・中)09年11月、200mを超える (右)10年3月333mついに東京タワーを捉える.......
c0119160_2251477.jpgc0119160_1812179.jpgc0119160_22523538.jpg


c0119160_2253980.jpg






c0119160_757542.jpgc0119160_22535751.jpg

10年4月に娘と2人で隅田川堰堤桜を見に行き、建設中の塔と桜のコラボ風景は今しかないと色々な角度から撮ったものです。吾妻橋からアサヒビールタワー(通称ウンチビル)脇に聳える姿を見た時は遠慮がちな印象でしたが、桜橋や隅田公園に出ると周辺に遮る物はなく堂々とした姿で圧倒されたものです。


       ......10年4月(左)吾妻橋アサヒビールタワーとのコラボ (右)隅田川の桜堰堤に屹立.......
c0119160_2365932.jpgc0119160_2373298.gifc0119160_2374660.jpg

c0119160_238417.jpg


                                   「10年春・桜開花風景」の記事はコチラから


    .....この時は娘と2人で隅田川公園の桜を楽しむ(綿アメを頬ばりご満悦娘・桜橋にて).......
c0119160_8113425.jpgc0119160_814236.gif
c0119160_8121936.jpg





c0119160_8155493.jpg


周辺名所とスカイツリーがコラボして新風景が注目されるようになってきました。亀戸天神(江東区)や北十間川に映る「逆さスカイツリー」(十間橋)はまさに新名所として人が賑っています。亀戸天神風景は何か銭湯と煙突の様にも見えたんですネ~(笑) 藤が咲き誇る5月に行くのがお薦め、でも混みそう・・


  .....10年5ー6月亀戸天神の藤棚コラボ、北十間川に映る逆さスカイツリーが名所としてブレイク!.....
c0119160_965816.jpgc0119160_9384534.gifc0119160_975285.jpg
c0119160_993100.jpg
c0119160_9114115.jpgc0119160_9133751.jpgc0119160_9142190.jpg






c0119160_1434894.jpg

                              「江東区探訪」(亀戸天神の紹介記事)はコチラから

10年夏は隅田川花火大会とのコラボが話題に!橋梁から見る大輪華もツリー展望台からは足元でささやかに咲くタンポポの様に見えるのかもしれない・・。この特等席の確保は相当難しいと予想されます。


     .......10年7月、盛夏到来の隅田川花火大会に工事塔がお披露目・本格的デビュー!........
c0119160_950256.jpgc0119160_9505995.jpg
c0119160_9514347.jpg


10年に400m(9月)・500m(12月)と大台節目を更新する度、報道で取りあげられ大きな話題となりました。タワークレーン積上工法はあっという間に大東京の摩天楼へと成長。その高さを支えるのは免震心柱です。地震国日本で奈良時代より長い歴史を耐え抜いてきた「五重の塔」構造がヒントとなりました。


   ......(左) 10年9月400m伸長(工事順調) (右)同10月480m、もう立派な東京大名所.......
c0119160_9575156.jpgc0119160_9581642.gif
c0119160_10905.jpg

400m以上になり第2展望台(逆台形)の節目が明確化、形にアクセント感が出てきました。快晴日には遠隔地からも塔形が望めるようになり、横浜の職場からも見ることができます。休日の押上は新名所の見物客でゴッタガエ状態。また浅草はスカイツリーが加わり今後更に活気づき大賑わいとなることでしょう。


   .....10年11月、上野国立博物館(東大寺大仏展鑑賞)の間からも塔の頭が遥かに望めた.......
c0119160_1025113.jpg
c0119160_1031218.jpg


                                        「東大寺大仏展」の記事はコチラから

    .....(左)浅草寺から見るツリー (中)全容は凛々しい (右)横浜職場からも展望できて驚!.....
c0119160_12153477.jpgc0119160_12155273.jpg
c0119160_1216854.jpg


インターネットには次々にスカイツリーの絶景写真が公開されるようになりました。ダイヤモンド富士に串刺団子の光景や富士山上空から遠望できる写真は実に素晴らしい~!今後どんな傑作が出現するのか?


   ......(ネットから写真拝借) ダイヤモンド富士串刺し!東京雪景色!富士上空から見るスカイツリー!......
c0119160_12213720.jpgc0119160_1222622.jpgc0119160_12231021.jpgc0119160_12223048.jpgc0119160_12233816.jpg

2月報道で江戸時代の浮世絵師・歌川国芳が「スカイツリー出現予言」のような絵が描かれていた事実を知り実に驚きました。1831年「東都三俣の図」に隅田川近く(永代橋も見える)スカイツリーそっくりの摩天楼塔(脇の高櫓も隣接ビル?)が描かれているのです。絵師は夢で21世紀の風景を見たのか?


       .......「スカイツリーが予言された江戸時代の浮世絵」を発見!のニュース報道に驚き・・........
c0119160_12304678.jpg
c0119160_1231656.jpg

 
注目のライトアップはLED照明を使った2種類色(青&紫)で、江戸時代美意識を表現。日本らしいコンセプトの意味は(青=粋)(紫=雅)。青は川を表し隅田川をイメージ、紫は日本独特の江戸紫を使い和の雅を表現するようです。LEDは繊細な色が再現でき省エネ貢献するスグレモノ!確かに雅な雰囲気ですな~


       ........スカイツリーの照明は日本美を意識したLEDライトアップ (左)青= (右)紫=.......
c0119160_1244538.jpgc0119160_12452445.jpgc0119160_12454493.jpgc0119160_1246795.jpg

         ...... 10年12月、大台500mに到達!まさに威厳も備わってきたぞ!........
c0119160_12524482.jpg
c0119160_12525735.jpg


12月に500m、年が明け今年3月600m到達。いよいよ最終の高さまであと少し・・、しかし10日後の3月11日、東日本大震災が発生!スカイツリー最上部の作業員もこの大揺れで免震構造とはいえ強い恐怖に襲われたそうです。634m達成の喜びは封殺、スカイツリーも哀悼・自粛をしているようでした。

c0119160_1045413.jpg
c0119160_10455754.gif

しかし復興願う日本国民の願いに促されるように、東京スカイツリーも「再び上を向いて日本を元気づけいたい!」と気持を切り替えているのに間違いありません。展望台からの光景や施設完成工事の様子も徐々にマスコミから公開され始め、今年から少しずつ我々に夢を与える準備を整えています。


     ......(左)11年3月:ついに634m到達!クレーン撤去 (右)5月:亀戸天神の藤コラボ再び!.......
c0119160_1458859.jpgc0119160_14583984.jpgc0119160_14383897.jpgc0119160_1439141.jpg




c0119160_14393341.jpg


      ......11年9月、真下から塔を見上げてみる。ドデカ~イ!着々と商業施設は工事中......
c0119160_18152288.jpgc0119160_18153637.jpgc0119160_18154856.jpg


c0119160_18161075.jpg


11年9月、634m達成後のスカイツリーを真下から見上げてみて、首が疲れる程に高く天を突き上げていたネ~!そして北十間川に映る逆さスカイツリーをパノラマワイドで撮影してみようと挑戦、しかし全景が収まり切れない!亀戸天神と完成塔のコラボ姿も再確認。当日の塔頂部は撓っており傾いていました。


  ....11年9月:十間橋からパノラマワイド撮影した逆さスカイツリー!余りにも長大で全体が収まらん......
c0119160_1831371.jpgc0119160_18345680.jpgc0119160_18354171.jpgc0119160_19503469.jpg


c0119160_1816087.jpg







c0119160_1836685.jpgc0119160_1952456.jpgc0119160_2001851.jpg







c0119160_1837260.jpg

c0119160_18235856.jpg



c0119160_18364210.jpg


何で傾いているんだろうと調べてみたら、神社で用いられる日本木造建築の「そり」「むくり」による曲線が発生し、見る場所によっては捻じれているようにも傾いているようにも見えるという理由とのこと


      ......塔が撓って見える理由はこれだった!(スカイツリーと東京タワーの構造比較解説図).......
c0119160_7304749.jpg


  ....高さ世界一634mツリー&亀戸天神とのコラボ風景!塔は撓り傾き実に不思議な光景だった!......
c0119160_2211584.jpgc0119160_22123661.jpg










c0119160_22135794.gif


スカイツリーの伸長軌跡を節目々で紹介しましたが、竣工予定は年明け早々の12年2月、商業施設「ソラマチ」が5月にオープン、電波塔として本格的に放送開始するのは13年1月頃、移転後の送信周波数は東京タワーと同周波数が使用されるとのこと。展望台や主要レストランの予約は今から満杯らしい。


       .....新しい年へ!国民の希望を背負い、いよいよ世界一の塔としてのデビューを待つ!.......
c0119160_2218886.jpg
c0119160_22175322.jpg


いよいよ年も押し迫り、大震災や原発汚染、台風・水害など数々の天災に見舞われた今年もあと数日を残すのみとなりました。震災復興・経済・政治は低迷、気持もブルーでしたが来年は気持を切替えていきましょう!世界一の塔へと伸長したスカイツリーの勢いにオーラを貰い受け、いい年になることを願うばかり!


      .......上を向く希望のスカイツリー、トムクルーズも震災復興応援で駆けつけてくれた(12/2)......
c0119160_2245985.jpgc0119160_22312831.jpgc0119160_22322587.jpg








c0119160_1052475.jpg
c0119160_226018.jpg




                                                         おわり






【今年最後のご挨拶】

皆様、本年も大変お世話になり、数多くコメントやご来訪を頂き誠にありがとうございました。それでは毎回恒例、「ユニクロック」美女時計(アキタカ様御用達)の年越カウントダウンで最後のご挨拶とさせて頂きます。

c0119160_224183.jpgc0119160_2240057.jpg
c0119160_223515.jpg

                        年末恒例「ユニクロック美女時計」の年越しカウントダウン   c0119160_2324590.gifc0119160_2324590.gifc0119160_2324590.gifc0119160_2324590.gif



それでは皆様、よい年越し&穏やかなお正月を~!また年明けにお会いいたしましょう!
c0119160_22471582.jpgc0119160_22465866.jpgc0119160_802356.jpgc0119160_2247303.jpg


c0119160_81131.jpg


  by rollingwest | 2011-12-20 00:00 | 都会の風景 | Comments(86)

<2011年7月9日>【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅】(その4):水郷(潮来・佐原)編

RW洋楽コーナー(My Favolite Songs)をINDEX左下に開設いたしました。主に1970年代前後の名曲が中心となりますが是非ともお楽しみください!



★あやめ・菖蒲の水郷・茨城「潮来」

c0119160_2205550.jpgc0119160_1527456.gif


c0119160_2213573.gif

常陸・房総旅を1年がかりで公開しております。前回は鹿島(茨城)・香取(千葉)の両神宮を紹介しましたが、今回は利根川を挟んで向かい合う2つの水郷、潮来(茨城)・佐原(千葉)をレポートしましょう。昨年当地を訪問した時は、震災発生など夢にも思わずほのぼのとした風景だった。


       ......水郷(潮来・佐原)、鹿島・香取神宮の地図位置(クリックで拡大表示).....
c0119160_2138149.jpg

                   【常陸房総の旅】(その3)鹿島神宮・香取神宮の記事はコチラから

c0119160_221205.jpg

        ......潮来の河川道路から眺めた利根川(日本一の流域)の風景は雄大だった!...
c0119160_22143760.jpgc0119160_221512.jpg






c0119160_12272819.jpgc0119160_15302045.jpg
                 
茨城の水郷「潮来」は水風景にあやめ・菖蒲が咲き誇る6月中旬~7月上旬に訪ねるのが一般的。小生が訪問したのは11月・・、当然観光客は殆ど不在でしたが、逆にゆっくりと散策できてよかった。潮来あやめ祭りで有名な「前川あやめ園」とその近くにある名刹・神社を紹介いたします。

c0119160_10411013.gif


          ..........「前川あやめ園」(市営庭園)のアーチ橋&「潮来」の看板......
c0119160_10582551.jpg
c0119160_1058389.jpg

♪「潮来の伊太郎~、ちょっと見なれば~ 薄情そうな渡り鳥~」♪ .潮来といえば・・、やはり橋幸夫デビュー曲「潮来笠」(1960)が有名(古~)。 最近は氷川きよしが歌ってるから結構知っているかも・・。前川あやめ園入口には潮来の伊太郎像が佇んでおり、像の前に立つと「潮来笠」の曲が流れます。


       ..... 潮来の象徴「伊太郎像」、橋のデビュー曲が流れる。橋幸夫、若けエ・・......
c0119160_12204163.jpgc0119160_1221542.jpgc0119160_12213051.jpg





c0119160_16443985.jpg
c0119160_12215848.gif

橋幸夫&氷川きよしデュエット「潮来笠」 ⇒

誰もいない秋~、あやめ田を見おろすアーチ橋上に立つと蒼い川面、静かにそよぐ柳並木連なる川堤、遊覧船の航跡・・、ほのぼのとした風情があるなア・・。潮来いたく気に入ったネ。(oyajigyag)寒・・


       ......川面に映る柳並木、遊覧舟が静かに行く・・(アーチ橋に昇って俯瞰した景色)......
c0119160_15342462.jpgc0119160_15345479.jpg
c0119160_1535192.jpg


    ...... 秋に見た「あやめ園の全景」、人が疎らだっただけ静かな風情で味わいがあった。......
c0119160_15555390.jpg
c0119160_15561623.jpg


折角、梅雨時期に合わせ記事公開したので、.鮮やかな花菖蒲・あやめの華麗な姿・一斉競演する光景(見てきたかの如く・・)を掲載します。ここには約5百種類100万株の花が植えられています。


      .....祭りの時期に訪ねたら、かくなる華麗なる花の競演が見られたはず・・....
c0119160_161209.jpg
c0119160_1614152.jpg


祭りで有名な光景(よくTVで放映されるシーン)は「嫁入り舟」、白むくに身を包んだ綺麗な嫁入り娘を乗せて川遊覧します。 舟の船頭は、潮来市商工会青年部の選り優りのイケメン達が漕ぐらしい。


         ......ハイシーズンには一面の花田が広がり、嫁入り舟が川を行く......
c0119160_1645123.jpg
c0119160_165938.jpg


スミマセ~ン。リアルに撮った写真とバーチャル(インターネット拝借)写真とが複数交錯し、またも皆様に混乱を与えているかもしれません。アーチ橋が写り込んだものはリアル、花咲き誇り写真はバーチャルでした。





★潮来の名刹「長勝寺」


あやめ園内を周遊し、近くにある「長勝寺」を訪ねて見ました。数分歩くと、立派な唐様建築の「山門」が現れてきた。風格ある門をくぐれば茅葺の本堂、禅宗寺の剛健質素な姿を保っているネ~


       ...... 長勝寺の山門、前川あやめ園の裏手から少し歩いた所に佇んでいた。......
c0119160_16545838.jpg
c0119160_16552045.jpg


              ...... 長勝寺の本堂は歴史を感ずる実に風格ある姿.....
c0119160_16544023.jpgc0119160_1721981.jpg

c0119160_17251100.jpg


長勝寺の禅寺の屋根は厚く盛り上がった冠帽子の如し・・、お堂の中を覗いて見よう。暗くて誰もいない「仏殿」の中は、阿弥陀三尊仏(禅宗なのに・・?)が祀られ、荘厳な気が漂っている。この寺にある庫裡・書院等は元禄時代の建物で、水戸家所縁の宝物が多く収蔵されているそうです。


        ..... (左)威厳ある寺の堂内には阿弥陀本尊 (右)鐘楼脇には紅葉風情 .....
c0119160_1717411.jpg
c0119160_1718864.jpg


寺は江戸時代に荒廃したそうですが、修復し中興したのは水戸黄門様(徳川光圀)。ルーツは源頼朝の開基、武運長久を祈願し「長勝」と名づけられたとのこと。すごいビッグネームが二人も登場してきたネ~!近くには稲荷神社が鎮座する稲荷山があり、水郷・潮来の街も見渡すことができました。


     ......(左)稲荷山神社の鳥居 (右)境内には野口雨情・中山晋平の詩碑があった。....
c0119160_17212313.jpgc0119160_17214974.jpg

c0119160_17222199.jpg





★潮来市民の結束、大震災からの復興に向けて


今年の「あやめ祭り」・・、東日本大震災で潮来も大きな被害を受けたため、今年の開催が危ぶまれていましたが無事行われたようです。復興の象徴としてニュースで何度も放映されていたネ・・


  .....今年開催が心配された「あやめ祭り」だが、市民が結束し被災地・潮来を元気づけた!......
c0119160_17342077.jpgc0119160_1733533.jpgc0119160_1732128.jpg






c0119160_17351471.jpg


    .....(左)震災亀裂が激しかった潮来の川岸  (右)香取佐原の水郷風景も傷つけられた。......
c0119160_17461139.jpg
c0119160_17473010.jpg
c0119160_17482720.jpg

今年の「あやめ祭り」は震災復興を願い1万個の「水郷の燈」が灯されたそうです。ネット写真を見ると、潮来市民が一体になり苦境を乗り越えようという漲った気持ちがヒシヒシ伝わってきます。


   ......今年の「あやめ祭り」、復興を願い1万個の「水郷の燈」が灯された。(ネット写真より)......
c0119160_17594423.jpgc0119160_1804254.jpg

c0119160_181923.jpg
c0119160_1873854.jpgc0119160_1882638.jpg



c0119160_1885837.jpg


さて震災発生前の時間に戻しましょう。昨年秋、かくなる悪夢が当地を襲うことなど夢想だにしていなかったRWは、長閑な潮来風景をノーテンキに逍遥・満喫して次の目的地「佐原」に向かいました。


     ......再び潮来のアーチ橋に戻ったRWは、車を再び発進して利根川を渡っていく。......
c0119160_18211213.jpg


c0119160_21424216.jpg





c0119160_18221162.gif


   ......茨城・潮来の街を後にし、水郷・佐原(香取市)へ車を走らせる!広大な地平線風景だネ~.....
c0119160_18242977.jpg







★伊能忠敬の生まれ故郷、千葉の水郷「佐原」


江戸時代の歴史街で有名な「佐原」(千葉県香取市)は利根川を挟んで潮来と対峙します。水郷の地の利を生かし水運業が発展、醤油・酒醸造も大いに栄え江戸への大供給地となりました。


     ......水郷・佐原は千葉県香取市、利根川を挟んで潮来の向かい側にある歴史の街......
c0119160_20214345.jpg
c0119160_20221347.jpg


江戸中期に35軒の造り酒屋で「関東の灘」とも呼ばれ、水運・産業の活況で豊かになった人々は、江戸文化を取り入れ発展させ独自の佐原文化に昇華させました。面影残す街並(歴史的建物・商家が軒を並べ重要伝統建造物群の保存地区選定)が小野川沿いに今も残っています。


   ..... 水運で江戸文化を取り入れ「江戸優り」(edomasari)と呼ばれるほど栄えた佐原の街.....
c0119160_20281144.jpg
c0119160_20283967.jpg


佐原が「伊能忠敬」に縁ある地だったことも、当地を是非訪れた動機の一つ。江戸っ子が神輿担ぎで血を滾らす「富岡八幡宮」(江東区)を訪ねた時、驚異なる地図事業を成し遂げた「伊能忠敬」像を見つけました。佐原の醤油・酒屋を婿養子で継ぎ50歳まで働いた街風景を見たかったからです。


  .....「富岡八幡」は、忠敬像・深川祭(江戸三大祭)の日本最大神輿・横綱顕彰碑など見所多し.....
c0119160_20392796.jpg
c0119160_20412690.jpg

                           「富岡八幡」を闊歩する「伊能忠敬」の記事はコチラから

佐原から江戸に出て忠敬は第2の人生を目指し、全国各地を巡り歩き日本地図作成の大事業(16年間で10回遠征)に着手した時が55歳だったことに驚かされます。寿命全うは74歳。江戸時代の寿命が今の7割とすれば78歳で日本を行脚し始め、106歳で人生を全うしたのか・・


     ......「伊能忠敬記念館」は、佐原の街風景の中に溶け込んだよう存在していた。......
c0119160_2211017.jpgc0119160_2213471.jpgc0119160_222162.jpg

          ......館内では忠敬が使った測量器具類が展示されていた。.......
c0119160_2273045.jpgc0119160_2275552.jpg





c0119160_2282389.jpg


忠敬は16年間で10回遠征し全国各地を歩いて、緻密な測量を刻み続け大事業を完成させました。伊能地図はグーグル衛星地図とも大幅な狂いはなく、精緻な偉業図は世界を驚かせています。


    ......日本全国を歩き廻り丁寧に測量を繰り返して精密な地図を作りあげた!....
c0119160_22262336.jpgc0119160_2227186.jpgc0119160_22274830.jpg


c0119160_22283873.jpg


忠敬が婿養子として人生の大半を捧げて働いた江戸時代の醸造商都は小野川の柳沿いの道を歩くとさらに風情が味わえます。明治時代の帝冠建築銀行や昭和レトロのボンネットバスもあり興味深い・・


   ......(左)江戸の風情・中村屋商店 (右)旧三菱銀行佐原支店「三菱館」とボンネットバス......
c0119160_2225891.jpg
c0119160_2231837.jpg


   .... 江戸文化を残す.歴史街を南北に流れる小野川、さらば水郷(潮来・佐原)......
c0119160_227124.jpg

c0119160_2218175.jpgc0119160_22164946.jpg


c0119160_2272393.jpgc0119160_2275078.gif

「潮来・佐原」の水郷風景を十分と満喫し、マイカーは利根川沿いの道を進み太平洋側へと向かいます。それにしても利根川ってドでかい~!さすが日本一の流域面積を誇り、水はゆったりと流れます。水源は新潟・群馬県境、谷川・水上の山々。世界的豪雪地帯から流れ来る大量なる水の集結


     ......再び利根川に出る。水郷地区の風景はひと際広いね~!......
c0119160_20541787.jpg

次なる目的地は千葉県銚子「犬吠崎」、そして「九十九里浜」を南下していくルートを経由して東京へと戻って行きました。常陸・房総の旅はいよいよフィナーレに。次回記事をお楽しみに・・。


     .....アヤメ・菖蒲・紫陽花の季節も終わり・・、いよいよ梅雨明け・本格的な夏へ!......
c0119160_2058925.jpgc0119160_20583725.gifc0119160_20592350.jpgc0119160_20594226.gif

c0119160_21016.gif


本記事公開はまだ梅雨時期の前提で作成していましたが、何と7月9日に関東地方も梅雨明け宣言!(平年より12日も早い)季節が相当早く展開していますが、夏の暑さは9月頃まで続きそうな気がする
長い猛暑の中で原発供給不足による電力危機が到来・・・、チョッと辟易とするなあ・・(苦笑)

c0119160_11504986.gifc0119160_1151897.gif
c0119160_11512219.gif


皆様、熱中症に気をつけ、栄養水分を摂り、夏バテせず健康第一でこの猛暑を乗り切って参りましょう!



                                                         おわり



次回は、「近江琵琶湖の風景」レビュー(その2):「湖東エリア」編をお送りします。
c0119160_2181185.jpgc0119160_2184294.jpgc0119160_658976.jpg

  by rollingwest | 2011-07-09 00:00 | 常陸・房総の旅 | Comments(50)

<2009年3月7日>「青梅・吉野梅郷」と「玉川上水の源」を訪ねる 

           ......... 「玉川上水」&「野火止用水シリーズ(第1回) .......


★花の季節が足早に到来!
c0119160_16173668.jpg
c0119160_1629614.jpg

前週、南伊豆で早春桜を追いかけ目出たく涙の葉桜敗退となりましたが、今度は梅でリベンジ
昨年4月の「青梅レトロの歩き旅」と同メンバー(食山人氏・マツ氏)で今年も青梅ウォークに出掛け、満開間近の梅風景を満喫!週末=雨と諦めていたのに一転思わぬ大快晴で梅の神様に感謝~!

c0119160_16241073.jpgc0119160_16255288.gif
c0119160_1626286.jpg

異常暖冬の煽りを受け今年の春は、花祭りの関係者は商売で相当気を揉んでいるようです。熱海の梅も3月初めにもう終わりのようだし、東京桜開花も3月下旬の予想。気温の低い青梅ではまだ山桜が五分咲き情報、三寒四温に安定しない猫の目天候・・。天気も開花も読み切れない~!
c0119160_16283984.jpg



★青梅・吉野梅郷周辺の史跡・見どころレポート



今回は青梅に広がる「吉野梅郷」(マツさんの企画)です。ここは旧・吉野村で有名な梅の名所!
いきなり吉野梅郷に入ってしまうのも勿体無いので、事前に周辺の観光SPOTを巡ってみることにしました。JR青梅線「二俣尾駅」に9時過ぎ集合。まずは地元で由緒ある古寺・「海禅寺」を訪問。

           .... 1500年以上の歴史を誇る「海禅寺」(曹洞宗・古刹)の石階段と山門......c0119160_16395398.jpgc0119160_16401530.jpg

このお寺は青梅一帯をかつて支配していた地元豪族の菩提寺です。精巧木彫りが施された風格ある山門、「しだれ桜」と「楠木」、古木の梅などなかなかの雰囲気があります。桜の時期は必見!

           ....海禅寺の「しだれ桜」と「」の老大木、影絵状態の不思議な風景......
c0119160_16545432.jpgc0119160_16545892.jpg

              ....古い大木の白梅、早足到来の春、雨上がりの青空......
c0119160_173133.jpg


奥多摩橋を渡ると多摩川の源流が春の日差しを乱反射して眩しく輝き、今日一日の期待が膨らんでくる・・。橋を渡れば高台の「愛宕神社」、境内から見る「青梅の里風景」は心を癒してくれました。

          .....(左)奥多摩川の光り輝き  (右)愛宕神社から奥多摩の里を眺める.......
c0119160_1745166.jpgc0119160_17546.jpg


程近い場所に「吉川英治(1892-1967)記念館」があります。終戦期に青梅に疎開、この地で「新平家物語」を執筆開始したとのこと。庭も広く、母屋・書斎も立派!展示収蔵室も大いに見応えあり!

           .....「吉川英治記念館」の立派な日本庭園とエントランス.......
c0119160_17123115.jpgc0119160_17125823.jpg




c0119160_17131651.jpg

  .....(左)しだれ梅が映りこむ「吉川英治の書斎」   (右)長編名作「宮本武蔵」も展示.......c0119160_17255735.jpgc0119160_17253439.jpg

長編文学って今まで敬遠していたけれど、今度いつか「吉川英治」に挑戦してみっかなあ・・・。
c0119160_17282319.gifc0119160_17285075.jpg(pu! ba~ku!  niawan kara、yametoke・・)  誰ッ?




★青梅・吉野梅郷の春風景


いよいよ吉野の梅郷(住所も梅郷○丁目)に足を進めていきます。観梅通リをそぞろ歩きすれば、春の花が咲き誇っている。それにしても「青梅の里は何とも広い庭を持つ家ばかりだ!」ビックリ~

             .....青梅エリアの里民家は、敷地・庭が本当にゆったりして広い。.......
c0119160_1758147.jpg

         ......(左)ミツマタも生き生き!      (右)ネコヤナギ、なつかしい肌触りだ~......c0119160_181930.jpgc0119160_1815698.jpg

広い民家の庭には早春の花々が咲き誇っている!久しぶりにネコヤナギを見た!昔はどこにでもあったのに今はどうしてお目にかからないんだろう・・。猫の人や漫画には最近よく縁があるのに・・


           ......竹林の向こうに広がる梅林 (日本独特の風景のような気がする・・).......
c0119160_1811442.jpg




★吉野桜のような「青梅・梅の公園」
c0119160_20104284.jpg

観梅通りをさらに進み行くと、観梅客の数が突然増えてきた!日向和田駅から押し寄せてくる人たちです。ここ数日雨続きだったのに今日の突然の青空に誘われてのことでしょう。めざすは本日のメイン目的「青梅・梅の公園」、展望台から見る公園はまさに奈良の吉野桜のように見えます!

 ....「吉野梅郷」の名は奈良・吉野桜に由来(確かに似ている)、右は5年前訪れた「吉野桜」↓....c0119160_20185159.jpg   
c0119160_201941.jpg


       .....(左)青梅市「梅の公園」、吊り下がる白梅 (右)鮮やかな紅梅、寛ぐ老夫婦......c0119160_2022426.jpg







c0119160_202557.jpgc0119160_20252412.jpg

この公園にある梅は120種類、1500本の木が植えられているとのこと!4万㎡の広さ、丘陵に整備された散策道からは色々な角度から梅の表情を味わうことができて飽きることがありません。


         .......(左)槍ヶ岳形のような杉林の下には紅梅萌え立つ (右)梅を愛でる人々......c0119160_20294796.jpg



c0119160_20302031.jpg

春のオヤジ3人はビニールシートに腰を据え、お待ちかねの昼食タイム!ビールにおつまみ・ワインに焼酎お湯割りと、今日の予期せぬ晴天と目の前に広がる梅爛漫景色で酒悦の世界に浸りました。

        .....日中の暖かさも手伝って、梅の花がどんどん開き始めてきた!......c0119160_2040265.jpgc0119160_20413835.jpg









c0119160_20412275.jpg

吉野の名に因んだ青梅の素晴らしい梅郷を十分に満喫して、3人オヤジはJR青梅線電車に乗り込み「日向和田駅」から次の目的地「羽村駅」に向かいます。今度は玉川上水の源流を探索~!




★玉川上水のルーツを訪ねて


羽村市」は小生が訪れたことのない東京都唯一の市でした。都下26市の中では最も人口が少ない市(5万7千人)ですが、「玉川上水」の取水堰がある場所として有名!やっと来たなあ・・(^-^)ゞ

               .....「玉川上水」の水源である「羽村・取水堰」の水門......
c0119160_20545019.jpg








c0119160_20552518.jpg


         ....「玉川堰下橋」の上から見渡せる多摩川の流れと堰門......c0119160_2105168.jpg










c0119160_2111623.jpg

「玉川上水」は1653年開削、当時人口が100万人にまで増加してしまった江戸の飲料水を確保するため、「多摩川」から「四谷水番所」までの給水路(全長42km)として拓かれたものです。この大プロジェクトを7ケ月で完成させ名誉・苗字を受けた「玉川兄弟」の銅像が顕彰されていました。


  .......(左)水流を制御する「牛枠」(伝統的河川工法) (右)玉川上水を開いた玉川兄弟像......c0119160_2172796.jpg





c0119160_2112376.gif
c0119160_2174653.jpg

             .....堰堤電燈と「羽村取水堰」の穏やかな水流風景.....
c0119160_2184880.jpg


「羽村堰下橋」を渡ると、多摩川全体と取水堰が眺められて大きな開放感が得られます。この堰堤は西多摩地区屈指の桜の名所!もう一度、青空で桜満開の時期に来て見たいもんですなあ・・。
羽村市にはカタツムリのような井戸や、「大菩薩峠」で有名な作家「中里介山」の史跡があります。

 ....(左)「まいまいず井戸」蝸牛の如し (中)羽村市郷土博物館 (右)禅林寺(中里介山の墓)......c0119160_21305552.jpgc0119160_2131944.jpgc0119160_21312277.jpgc0119160_21314964.jpgc0119160_2132725.jpg

今後「はけの道」と合わせ「玉川上水」武蔵野風景を歩いてみたいと思っている自分にとって、まず最初に源流堰を見ることができたのはラッキーでした。春の奥多摩川の水は深い緑で味わい深く・・

         .....(左)羽村取水堰と深緑の水        (右)奥多摩川のエメラルドグリーン......
c0119160_22413485.jpg






c0119160_22421476.jpg

今日は素晴らしい晴天のもとで、梅が咲き誇る青梅の里、近代文学史の2人の巨匠ゆかりの地、玉川上水の源など、相当な距離(2万歩)をウォーキング!「結構、疲れた~・・!体重減らしが出来たかな・・?」と期待したけれど、立川駅前でまた打ち上げでアルコール補給⇒プラマイゼロ~!


          .....(左)吉野梅郷周辺の地図 <クリックで拡大> (右)羽村取水堰周辺地図......c0119160_22495593.jpgc0119160_2250976.jpg


                                                     おわり
c0119160_22561262.gif
 

  by rollingwest | 2009-03-08 16:10 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(30)

<2007年9月17日>隅田川三橋と東京下町風景 

            (祝!隅田川三橋:国の重要文化財指定)


「隅田川」は江戸・東京下町を流れる代表的な川ですが、現在20数脚の橋が架けられています。
その中にも個性的な橋が沢山あり、いくつかは「水の都:東京の名所」にもなっています。
橋の下を行き交う隅田川ライン下りも非常に人気、一度体験してみてはいかがでしょうか?


 ...出典:「隅田川にかかる橋」:(財)東京都公園協会HP(地図掲載許可済)...

c0119160_1740859.gif

リンク:東京都公園協会HP「公園へ行こう」
     ↑地図をクリックすると綺麗に見られます。


今年(2007)6月、「勝鬨橋」・「永代橋」・「清洲橋」の有名な三橋梁(何れも中央区と他区を架橋)が「国の重要文化財」にめでたく指定されました。  ヽ(^◇^*)/ オメデト~ォ!
これを機会に歴史ある近代建築の鋼橋を訪ね歩くとともに、「重要文化財:三橋」周辺に残っている東京の数少なくなった「レトロ風景」もあわせて取材してきました。
山や自然の紹介ばっかりでは飽きられますのでたまには大都会の風景をレポートしてみましょう。

 (各写真クリックで拡大写真が表示、夜景写真はインターネットよりお借りしました。ご容赦下さい)


★かちどき橋c0119160_20292587.jpg

「かちどき」とは勇ましい名前ですが、日露戦争の祝勝記念\( ̄▽ ̄ )/~~~として「築地」と「月島」を結ぶ渡し舟「勝鬨の渡し」が設置されたことにその名の由来があるそうです。

この橋自体の完成は昭和15年。戦前に開かれるはずだった「幻の東京オリンピックと万国博」の開催予定地への入り口として象徴的に設置されたとのこと。
当時は海運が主流の時代。隅田川を行き来していた3千トン級船舶の航行支障を防ぐために橋の真ん中が跳ね上がって開くという珍しい仕掛けがしてありました。
(1日5回の開脚、最大70度の角度まで開いたらしい!)★スゴイ・・・ (*゜0゜)

...その名のとおり威風堂々とした風格の「勝鬨橋」、銀座と月島を結ぶ.....
c0119160_1875923.jpg


「跳開されている勝鬨橋の」古い写真をインターネットで探してみたのですが、なかなか公開されておらず、やっと見つけた下記の映像は結構貴重なお宝モノなのかもしれません。
20年前の東京支店セールス時代、豊洲・有明に販売店さんがあってこの橋を通って頻繁に訪問したものだなあ・・と久しぶりに懐古感慨。(その時の橋の色は水色だったことを記憶しています。)

  .......現在は見ることができない「勝鬨橋」跳開と船舶航行時の写真........
c0119160_18101781.jpgc0119160_18103710.jpg
         ......出典:↑ASHYさんのHP「東京探訪」よりお借りしました。........

高度成長時代爛熟期の中で、昭和45年を最後に「勝鬨橋」は「開かずの橋」となってしまいました。21世紀の今、この東京風景を復活し跳開させたいという市民運動や都の動きもあるようです。
しかし現実的には多額の費用がかかり大渋滞影響も懸念されて夢の実現には至っておりません。
c0119160_9164071.jpg


「勝鬨橋」がある場所は、まさに銀座・有楽町・日比谷といった日本一等地のすぐ近く。
「晴海通り」を銀座から橋に向かえばやがて左手に「歌舞伎座」や「築地本願寺」が見えてきます。

                         「歌舞伎座」
c0119160_1816097.jpg

「歌舞伎座」は東銀座に威風堂々と鎮座する名実ともに日本を代表する歌舞伎劇場。
明治22年建築後、関東大震災や東京大空襲の災禍に見舞われましたが見事復活し、今は世界無形遺産「KABUKI」の殿堂として、東銀座の雰囲気に幅広さ・深みを与えている建物です。
歌舞伎観劇は難解のイメージがありますが意外とそうではありません。今から10数年前に優秀販売店の奥様招待会をこの場所で催して大好評でした。解説イヤホンをつければ非常にわかりやすいし、現代喜劇的なものもあったりして意外と親しみやすいんだなあ・・・との印象を受けました。



                      「築地本願寺」
c0119160_18282092.jpg

「築地本願寺」は、浄土真宗のお寺ですがその外観は圧倒的かつ個性的!古代インド様式のオリエンタルな雰囲気の建物です。20年前初めて本堂に入ったとき、堂内にパイプオルガンがあることを発見し大変驚きました。コテコテの日本仏教「浄土真宗」のお寺なのに、西洋楽器とインド建築のトリプル・コラボレーション。何じゃコリャー~、|)゜0゜|) 日本のお寺じゃねー!・・・と思ったものです。
ここでお葬式があげられる人は、社会的に相当地位の高い方や有名人というイメージがあります。


               「築地市場」(東京都中央卸売市場)c0119160_18314919.jpgc0119160_18321079.jpg
........↑活気ある市場の中.......川面から望む「築地市場」外観、高層ビル群に東京タワー↑........

江戸時代は日本橋が最大の魚河岸でしたが、関東大震災壊滅を受けてここに臨時市場を開設したのが「築地市場」の始まりだとのこと。首都圏の食生活をまかなう生鮮食料品流通の一大拠点(3千トン以上の魚や野菜が入荷)に発展しており、場外市場や場内飲食店には多数観光客が押しかけるようになりました。(有名寿司店は2時間並ぶのもザラだとか・・。小生には到底できません)

c0119160_18354944.jpgc0119160_1836531.jpg
........↑場外市場は新鮮な魚が並ぶ......高層.ビルがどんどん増え、時代の波が迫り来る↑........

「築地」は日本一有名な市場!築地地名は江戸時代、振袖火事の後に築かれた埋立地が由来。
石原知事が5年後に豊洲(東京ガス工場跡)へ移転しようとしていますが、「土壌汚染の危険性がある場所への移転は反対!」「新鮮・安全の食のイメージが崩壊する」と拒否の声も強いようです。

                     「波除神社」c0119160_20114587.jpgc0119160_2012345.jpg
散策してみると、喧騒な築地市場の脇には「波除(なみよけ)神社」が静かに鎮座しています。
厄除けや航海安全の神として信仰されていますが、鳥居をくぐると雌雄1対の「神楽獅子」の頭が奉納されていました。(結構大迫力!大祭の時にはこの獅子頭が神輿で担がれるとのことです。) 

....「勝鬨橋」遠景、左側が銀座・築地方面、右側が月島・晴海方面....
c0119160_2017339.jpg


それでは銀座・築地方面から「勝鬨橋」を渡り「月島・佃島」下町風景を訪ねて行くこととしましょう。


                    「月島もんじゃ焼き」c0119160_2022137.jpgc0119160_20221813.jpg
...「もんじゃ」の名の由来は「文字焼き」。昔、駄菓子屋で子供達に「いろは文字」を書いて焼いた...

街の雰囲気は東京湾埋立地の「下町風情」に変わってきました。「月島もんじゃ焼き」は東京名物で有名!店が70軒以上ある「もんじゃストリート」は地域の強い結束力を誇っており街の雰囲気・食文化を守ろうとしています。やはり目を惹くのは「細い路地の長屋風景」。ソースのにおい・猫の日向ぼっこ、こんな光景が銀座の近くにまだ存在していたんですね。(本物の東京レトロ・・・)



                    「隅田川の灯台」と「佃島」c0119160_21142866.jpgc0119160_2114454.jpg
......「石川島灯台」は超高層マンション群の中で全く目立たない。右下の白い建物が灯台↑....

昔、隅田川には川を往来する船のための灯台があったそうです。沖を通る船のために1866年に築かれたのが「石川島灯台」、今はモニュメント建造物のみが残った石垣の上に建っています。
時代に貢献した史跡はマンション群(大川端リリバーシティ)の中で本当に情けなく埋もれていました。


c0119160_21203698.jpgc0119160_21212480.jpg
迫りくる無機質な高層ビルの圧迫感、失われていく下町風情、逆らえぬ年齢、世代交代の波・・・。
「もんじゃ焼き店」や「老舗佃煮屋さん」当地で育ってきた人々には辛い時代の潮流でありましょう。
時代の流れに逆らいながら、今後も下町風景を残すべく力強く生きていかれんことを祈念します。




★永代橋
c0119160_21354292.jpg

永代橋」は1698年に徳川綱吉(5代将軍・犬公方)の50歳を祝して架けられたそうです。
初代木造橋から300年以上の歴史をもち、その間洪水や火災で何度も架け直しがされましたが、
過去の史実には群衆が多く乗りすぎて落橋し1,500人超の死者を出した悲劇もあります。
近くに鎮座する「富岡八幡宮」大祭(深川祭り)のときに、江戸の民衆が次から次へと押しかけて、その重みに耐えられずに橋が落ちたとのこと・・・。 w(*゜o゜*)w アンビリーバボー!


c0119160_21392651.jpg

現在の「永代橋」は大震災復興事業で架設された鋼製アーチ橋。男性的重量感が溢れています。別名「帝都東京の門」と呼ばれたこの橋はドイツライン川鉄道橋をモデルにして建築されたとのこと。何とも誇らしげな雰囲気!日本が欧米を目標に発展を目指していた時代の夢が感じられます。

                      「富岡八幡宮」c0119160_2141986.jpgc0119160_21413052.jpg
....富岡八幡宮の本殿(応神天皇を祀る).....  .... 境内の中には日本一大きい神輿が飾られる.......


「江戸三大祭り」とは何の祭りでしょうか? 調べてみる「神田明神」と「山王日枝神社」が当確。
もうひとつは、「富岡八幡宮の深川祭り」と「浅草の三社祭り」が三番目の座をめぐって昔から覇権争いをしているそうです。「三社祭り」の掛け声が「ソイヤ、ソイヤ」なのに対して、「深川祭り」は「ワッショイ、ワッショイ!」 神輿の担ぎ方にも違いがあり、お互いライバル意識を燃やしています。
c0119160_17403085.gif
それにしても境内に飾られていた「金箔みこし」はデカイ!日本一の大きさを誇る大迫力の神輿。
いっそのこと「江戸四大祭」にしちまえ!→(;`皿´)→(三大にこだわる日本人、江戸っ子の意地・・)

c0119160_2147996.jpgc0119160_21472862.jpg
.......横綱力士碑(江戸勧進相撲発祥の地).....  ....測量日本地図で有名な伊能忠敬の銅像....


「富岡八幡宮」は江戸大相撲の発祥地で歴代の名横綱・大関を顕彰する力士碑があり、また有名な伊能忠敬(日本全図を行脚作成)にも縁の深いお宮様です。 威厳と歴史の深さを感じました。
c0119160_910458.jpg

  ...↓深川めし「日本五大銘飯」のひとつ.....  .....木場の木遣り・角乗り(無形民俗文化財)↓...c0119160_21524258.jpgc0119160_21525896.jpg






c0119160_21531477.jpg
      ....「永代橋」は↑中央区(茅場町・新川)と江東区(門前仲町・深川・木場)を結ぶ。...

ご飯にアサリ汁をぶっかける「深川めし」は気短でキップのよさを身上とする「江戸っ子」の大好物。材木商で繁栄した「木場」の「木遣り・角乗り」の技も、粋を重んずる「江戸っ子気質」に通じます。
10年前に初めて「角乗り」実演を見ましたが、まるでサーカスにように足で貯木を操っていました。



★清洲橋c0119160_2292350.jpg


「清洲橋」は日本橋と深川を結ぶ優美な外形を誇る橋(ドイツ・ケルンの吊り橋がモデル)です。
関東大震災復興事業の象徴として「永代橋」の復興とあわせて昭和3年に完成しました。
男性的な「永代橋」に対して「清洲橋」は女性的な美しさをもっており、この2橋は「夫婦橋」としてその対比が讃えられています。この2橋をデザインした人は「山田守」、日本武道館・湯島聖橋・新潟万代橋・京都タワーなどの建築設計者です。(この方については後日レポート予定)

c0119160_2212049.jpg
         ........「清洲橋」のモデルはライン川に架かる「ヒンデンブルグ橋」......

まずは日本橋側から渡ってみることにしましょう。安産祈願で有名な「水天宮」が鎮座しています。

                           「水天宮」                  
c0119160_22202964.jpg
        .......安産と水難除け・水商売にご利益があると信仰を集める「水天宮」......

我が家も14年前に安産祈願でお宮参りにきましたが、当宮ご利益は「安産」だけでなく「水難除け」「水商売繁盛」もあるとのこと。「水天宮」の起源を調べてみると何とビックリ!「安徳天皇」の御霊が祀られています。(源平合戦最後の悲劇「壇ノ浦の戦い」で母と共に海に身を投じた幼少天皇)
そいうえば平家も「水軍」がルーツ。お産も「羊水」を連想するし、水に纏わる縁で結ばれています。

c0119160_22264236.jpg
........「清澄」と日本橋「中洲」の各一文字を取り入れ「清洲橋」の名がある。......


                   「清澄庭園」c0119160_2230503.jpgc0119160_22311144.jpg
    .....池のシンボル、数寄屋造りの「涼亭」..........カルガモ、亀、錦鯉(仲良く餌を待つ).......

人工的な海浜公園が多い江東区の中で「清澄庭園」は唯一歴史ある和風庭園として心を癒してくれます。材木豪商で有名な「紀伊国屋文左衛門」の屋敷跡を、岩崎弥太郎(三菱財閥の創始者)が別邸としたものです。中央に大きな池があり、その周囲は奇岩名石の築山が配されています。c0119160_22343173.jpgc0119160_22345010.jpg
.......カワウが十文字姿、羽を乾かして寛ぐ......  .......秋なのに厳しい残暑、白鷺は飛んでいく.....


                    「江東区芭蕉記念館」

深川には「松尾芭蕉」の草庵がありました。東北・日本海・琵琶湖を経由して岐阜大垣に至るまでの長大な旅「奥の細道」の出発地も深川です。「芭蕉記念館」の築山最上部には「芭蕉庵」を模した祠と句碑が置かれていました。そこにはあの有名な句が・・・「古池や蛙飛び込む水の音」c0119160_22373759.jpgc0119160_22375750.jpgc0119160_22381621.jpg


近くの川沿いには「芭蕉史跡庭園」もあります。そこにはドイツ様式「清洲橋」と林立する高層ビル・マンション群をバックに「松尾芭蕉」が静かに座して川を眺めています。(このミスマッチが面白い)

「春のうららの隅田川~♪」と唄われた水辺は全てコンクリート高潮護岸壁で覆われていますが、
最近は隅田川の景観向上のために、水辺を散歩できるテラスが設置されており良い雰囲気です。
c0119160_22413248.jpg


東京には現在、超高層ビルが800棟もあるそうです。(まさにニューヨークや上海のような光景)
20年前に東京支店セールスをやっていた頃、このあたりをよく巡回したものですが本当に下町の風景が変わってしまったなあ・・という印象です。(今回取材した「隅田川三橋」周辺の風景は、都心の中心部「中央区」とその隣接区だったので、特に変貌が激しいのかもしれません。)

c0119160_16361015.jpg
c0119160_16364486.gif

300年以上も前にここに暮らしていた「芭蕉」は、現在の日々変遷するこの風景を見て何と想っていることでしょう。是非ともその感慨を句にしてもらいたいものです。


                                                 おわり

  by rollingwest | 2007-09-17 17:35 | 都会の風景 | Comments(12)