タグ:川崎市探訪 ( 9 ) タグの人気記事

 

<2015年3月>横浜・川崎の桜(春爛漫レビュー)&戦後70周年を迎えて

      

★桜満開の季節到来!戦後70周年、横浜日吉の地下壕を初めて知る!

c0119160_618986.jpgc0119160_6182429.jpgc0119160_6183361.jpgc0119160_6184263.jpg

いよいよ今週末から桜開花宣言が次々届き日本列島は本格的な春爛漫を迎えます。このタイミングに合わせ勤務地(横浜)と我家周辺(川崎)の桜名所を紹介します。桜を待つ皆様の期待に応えて!ナンチャッテ・・、実は昨年撮った満開桜写真の公開時期を逃しズルズル1年が経ってしまった結果・・(苦笑)


        .....(左)ランドマークタワー&横浜美術館 (右)川崎平和公園のお花見光景.....
c0119160_6214978.jpg
c0119160_62158100.jpg

まずは過去に撮り溜めた写真ではなく、先月に訪ねた神奈川県立博物館の「陸にあがった海軍・日吉地下壕展」(慶応大学・横浜日吉校舎下に今も眠る海軍地下壕)からレポートしてみたいと思います。今年は戦後70周年の節目を迎えて、全国各地で戦争に関する展示が多く開催されることでしょう。


     .....(左)神奈川県立博物館 (右)「陸にあがった海軍」日吉地下壕展(2015年春).....
c0119160_6233643.jpgc0119160_6234880.jpgc0119160_62492.jpg


c0119160_6242283.jpg


     .....慶応大学・日吉キャンパス(横浜)に海軍・地下壕があったとは・・初めて知った!.....
c0119160_6361682.jpgc0119160_636342.jpg




c0119160_6364915.jpg


神奈川県には太平洋戦争期に軍事施設が多く建設され、その中でも当時の雰囲気を現在まで強く残している貴重な遺構の一つが海軍部隊の中枢基地として建設された「連合艦隊司令部日吉地下壕」です。まさか自分の駅(元住吉)の隣にこんな軍事施設があったとは知らなかった!目から鱗!


       .....(左)地下壕受電装置 (右)日吉地下壕での連合艦隊司令部の展示物.....
c0119160_6421617.jpg
c0119160_6423128.jpg

旧日本海軍連合艦隊は太平洋戦争の長期化、戦局悪化や戦域拡大に従い、司令部は陸に上陸することを余儀なくされました。その場所として選ばれたのが横浜市日吉一帯の地域だったのです。


     .....(左)日吉地下壕の入口扉 (右)日本軍初の神風特攻隊、出撃前の水盃で訣別.....
c0119160_644467.jpgc0119160_6453828.jpg
c0119160_6452616.jpg

c0119160_646025.jpg


海軍は慶応大学日吉校舎の地下に司令部が入る大規模な地下壕を掘削し、戦時中はここから戦艦大和や神風特攻隊の出撃等の太平洋戦争末期を象徴する重要指令が出されていたのでした。


    .....(左)戦争中の地下足袋のポスター (右)海軍精神注入棒 (下)ゼロ戦の模型.....
c0119160_6555541.jpgc0119160_6563021.jpgc0119160_657423.jpg

c0119160_6564385.jpg





c0119160_6572898.jpg
c0119160_6575071.jpg


これまで地下司令部内部や詳細記録は不明瞭な点が多かったのですが、今回の展示で最新の調査成果が紹介され、関連する戦艦大和や神風特攻隊等の所縁の品々も展示されていました。悲惨な戦争記録とは対照的に、我々は桜満開の平和な春を迎えることができる・・。何と幸せなことか!


        .....県立博物館は旧横浜正金銀行を改築、実に威厳ある歴史的建物.....
c0119160_712128.jpgc0119160_7121983.jpg


c0119160_7124933.jpgc0119160_7125990.jpg

c0119160_7132173.jpg





★2014年「伊勢山・掃部山」の桜満開光景!(隠れた横浜の桜名所)

c0119160_8185031.jpgc0119160_8183388.jpg
c0119160_81947.jpg

皆様の地元や勤務地近くにも各自慢の桜名所があると思います。横浜にはMM地区の裏山手に意外と知られていない桜のビューポイントがあります。横浜総鎮守・関東の伊勢神宮と呼ばれる伊勢山、また横浜開港に貢献した井伊直弼に所縁深い掃部山(kamonyama)。まさに横浜穴場の桜名所!


    .....(左)ランドマークタワーを桜越しに見上げる (下)横浜美術館 (右)MARKISは大賑い.....
c0119160_8225339.jpgc0119160_8231167.gif
c0119160_8252058.jpg

c0119160_8254098.jpgc0119160_8255217.jpg


c0119160_8261259.jpg
c0119160_8262426.jpg


昨年3月31日、一点の雲なき青空で桜は満開状態!月曜日とはいえこんな素晴らしい日に桜を楽しまずにはいられない!昼休みにコンビニパンを買い込み、職場の裏手から伊勢山を散策してみました。
1年前の写真ですが、皆様が是非今年はここにお花見に行きたいと思ってもらえれば幸いです。


     .....伊勢山皇大神宮とランドマークタワー&桜、意外と知られていない横浜穴場の桜名所.....
c0119160_849191.jpgc0119160_8492053.jpg

c0119160_8494423.gif

「伊勢山皇大神宮」は今から18年前に娘(3歳)の七五三で祈願した懐かしき神宮です。境内は3900余坪、御社殿は神明檜造で、太古の掘立造の面影を残し、屋根の千木と鰹木が特徴です。創建当時の社殿は関東大震災により倒壊してしまい、現社殿は昭和3年に復旧建造されたとのこと


         .....石階段を上がり鳥居をくぐれば、桜満開の「伊勢山皇大神宮」へ.....
c0119160_8564765.jpgc0119160_857270.jpg

c0119160_8575280.jpg c0119160_8582056.jpg


c0119160_8584085.jpg


   .....(左)枝垂れ桜の境内をグルリ廻る (右)屋根の千木と鰹木が特徴の「神明檜造」.....
c0119160_96544.jpgc0119160_962171.jpg









c0119160_963975.jpg


皇大神宮なので祭神は当然伊勢と同じ「天照大御神」ですが、驚いたのは境内にスサノオ・大国主(出雲の神)が一緒に祀られていたこと。横浜のお伊勢さんも出雲を怖れ崇敬しているのですなあ・・。


   .....伊勢神宮直系社なのに、大神神社・出雲の神様(スサノオ・大国主)も祀っている!.....
c0119160_915286.jpgc0119160_9152597.jpgc0119160_9154513.jpg

      .....伊勢山皇大神宮の満開桜を大いに楽しみ、次は掃部(kamon)山へと向う.....
c0119160_1375028.jpgc0119160_138108.jpgc0119160_1383098.jpg





c0119160_1384929.jpg


伊勢山の隣には井伊直弼の銅像・記念碑がある「掃部山公園」があります。横浜開港に貢献した井伊直弼の記念碑を建てる際に彼の役職名(掃部の頭)から「掃部山」と名付けられたらしい。直弼の歴史的評価はさまざま。安政大獄を断行した国賊か?日米通商条約調印を命じた開国恩人か?


     .....横浜開港の立役者「井伊直弼」も現在の横浜大繁栄に驚いていることでしょう.....
c0119160_13164953.jpgc0119160_13171335.jpgc0119160_13172592.jpg
c0119160_13173959.jpg


c0119160_1318455.jpg


明治初期は鉄道技師の官舎があったため鉄道山と呼ばれました。公園の整備が進むとともに横浜市民にとって緑あふれる場所、桜名所、地域住民の心の拠り所として根付いてきました。またこの公園隣には横浜能楽堂もあり見学は自由で実に素晴らしい公園です!皆様も是非ともカモ~ン山!


     .....掃部山公園から見るランドマークタワー&横浜銀行本店(満開桜越しにそそり立つ).....
c0119160_1328303.jpg
       
        .....公園の一角に建設(1996)された「横浜能楽堂」、館内見学も自由.....
c0119160_13312677.jpgc0119160_13315151.jpgc0119160_13321495.jpg

c0119160_13322954.jpg


横浜中心部の桜名所は3年前の記事で紹介した大岡川が有名です。川に寄り添うような800本の桜並木は実に壮観風景!桜名所として横浜市民に親しまれています。こちらも絶対お薦めです!

                             「2012年横浜大岡川の満開桜の記事」はコチラから

    .....伊勢山ヒルズの脇を通り。桜木町駅・みなとみらい地区へと戻り、午後の仕事に就く.....
c0119160_1411424.jpgc0119160_1414313.jpgc0119160_142224.jpg


c0119160_14411100.jpg







★地元・川崎(モトスミ)の桜名所を紹介!川崎空襲を勉強し平和のありがたさを再認識

c0119160_14192334.jpg

次は川崎の自宅近くにある川崎平和公園の桜風景を紹介しましょう。3年前にカミサンと花見で公園を散策し桜満開の光景を撮っていたものの、完全にお蔵入り状態でした。しかし公園内の平和館で「川崎空襲写真展」をやっていたことを思い出し急遽写真を引っ張り出して記事を書こうと思います。


     .....川崎市「中原平和公園」(元住吉)、武蔵小杉の高層マンション群を望む市民公園.....
c0119160_149593.jpgc0119160_1493260.jpg
c0119160_1495397.jpg


c0119160_14101597.jpg


     .....いよいよお花見のシーズン!この公園も3月末には大賑わいになることでしょう!.....
c0119160_14204725.jpgc0119160_1421886.jpg


c0119160_14213064.jpg


当時は桜燃ゆる満開の花盛り!公園内は花見客で賑う熱気に溢れていました。公園を一通り散策すると「私達のまちに空襲があった」との表題で川崎大空襲の記録が公開されているではないか!東京大空襲ばかりが脳裏にあるRWは地元にこんな悲劇があったのか~と・・目から鱗。館内へ!


     .....(左)川崎平和公園の桜道 (右)公園(綱島街道沿い)脇に「川崎平和館」がある....
c0119160_14261095.jpgc0119160_14262817.jpgc0119160_14264560.jpg





c0119160_1427978.jpg


       ....2012年に展示されていた「川崎大空襲記録展」、今年も3月14日から公開中.....
c0119160_14332987.jpgc0119160_14334527.jpg





c0119160_1434524.jpg


公園は花見客がゴッタガエ状態なのに平和館内はガラガラ状態。しかし展示内容の充実ぶりに驚きました。戦時紙幣、皇紀2600年建国双六、日の丸への寄せ書き、滅多に見られない展示物が満載!それで入館無料なんだから勿体無いね~!平和館のルーツは元々米軍の出版センターだったのか~


            .....(左)戦時終戦直後の紙幣 (右)日の丸旗への寄せ書き....
c0119160_143771.jpgc0119160_14372034.jpg



c0119160_14373741.jpg


     .....B29空爆光景、昭和20年8月終戦まで全国主要200都市が焼夷弾攻撃を受けた.....
c0119160_144251.jpgc0119160_14422655.jpgc0119160_14424364.jpg


c0119160_14425978.jpg


米軍B29による日本本土空襲は、昭和19年末頃から熾烈となり、最終的には無差別爆撃として行われ、昭和20年8月15日の終戦当日まで続いたのです。全国200以上の都市が被災(被災面積は約1億9千万坪、内地全戸数の約2割)、死者33万人、負傷者43万人の地獄図となりました。


        .....(左)米軍機からの焼夷弾落下の写真 (右)川崎の製油所も大壊滅.....
c0119160_14563084.jpgc0119160_14564392.jpg
c0119160_1456564.jpg

                       「東京大空襲の犠牲者:東京都慰霊堂」の記事はコチラから


       .....(左)焦土と化した横浜市内、桟橋を歩き行く婦人 (右)防火訓練の風景.....
c0119160_1503486.jpgc0119160_150515.jpg
c0119160_151376.jpg

外を見ればポカポカとした日差しで桜満開の実に平和なお花見光景が繰り広げられています。この落差は一体何なのだろう・・。戦争を知らない我々は70年間もよき時代を過ごすことができました。


       .....川崎平和館ロビーには平和溢れる陽光がポカポカと注がれ、桜満開の幸福感.....
c0119160_1532428.jpgc0119160_1533969.jpg

日本は軍部主導で誤った道に突き進んでしまい、侵略された国からの恨みや日本の犯した戦争責任は永久に消えることはなくこの罪の大きさを確かに反省しなければならないことは厳然たる事実


       .....(左)皇紀2600年建国のスゴロク (右)軍服や当時の新聞・地図.も展示....
c0119160_1552738.jpgc0119160_1554615.jpg
c0119160_156155.jpg

       .....大東亜戦争史のパネル、真珠湾攻撃で日米開戦の火蓋が切られてしまった.....
c0119160_1592553.jpgc0119160_1621714.jpgc0119160_159539.jpg

c0119160_15101148.jpg


しかし全国空襲で亡くなった33万人犠牲者の無念さ・悲惨さに対しては世界から殆ど目が向けられていないような気がします。広島・長崎原爆、沖縄地上戦の悲劇と同じように全国各地の空襲で亡くなった人達のことは意外と取り上げておらずこの落差も一体何なのだろうと展示を見て思いました。


      ....長崎・広島原爆の投下でついに終戦を迎える。進駐米軍(マッカーサー)が降り立つ.....
c0119160_15143556.jpgc0119160_15145292.jpgc0119160_1515138.jpg

c0119160_15152916.jpg


その上、中国・韓国に日本は戦争反省を全くせず軍国主義復活だと散々な中傷を受けています。日本は70年も戦争をせず平和を守って来たのだ!軍拡脅威主義はそっちだろうが!と言いたいもんだ。



★川崎平和公園からモトスミ(渋川・二ケ領用水)は穴場の桜散策ルート


      .....(左)川崎平和公園の野外音楽堂 (右)武蔵小杉高層ビルを遠望、欅・桜の下で.....
c0119160_1525417.jpgc0119160_15255556.jpg
c0119160_1526919.jpg



c0119160_15262349.jpg


平和公園から武蔵小杉へと向っていくと渋川や二ケ領用水に沿って素晴らしい桜並木が住宅街の中に連なっています。バリエーションある桜散策コースが幾つもあり、モトスミ桜は結構お薦めの穴場です。


           .....川崎平和公園から二ケ領用水に沿って桜道の散策を楽しむ.....
c0119160_15314898.jpgc0119160_1532545.jpgc0119160_15323083.gif





c0119160_15324560.jpg


            .....元住吉周辺は渋川桜・二ケ領用水など隠れた桜の名所!.....
c0119160_15365796.jpgc0119160_15371057.jpg

c0119160_15372636.gif
c0119160_1537388.jpg


戦後70年、戦争を全く知らない我々世代はかくも美しき日本で平穏な日々を暮していける素晴らしさ・貴重さをあらためて再認識するべきではないかと、悲惨な戦争展示写真を見てしみじみ実感しました。さていよいよ桜の満開が近付き、今週から来週にかけて春爛漫ですね~!平和はありがたし・・

c0119160_15433938.jpgc0119160_15434988.jpgc0119160_1544618.gifc0119160_16461088.jpgc0119160_15441664.jpg

c0119160_15442943.jpg



                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-03-21 16:30 | 神奈川県 | Comments(129)

<2012年1月28日>大田区探訪:(その3)「巨人の星と多摩川風景」(はけの道:第4回)

                                                                                                                                       ★大田区探訪(その3)


昨年スタートした「大田区探訪シリーズ」・・、羽田関連記事を2回掲載した後は休止中でしたので、久しぶりに復活させましょう。今回は大田区と川崎市を繋ぐ「丸子橋」周辺の光景を紹介したいと思います。


                                       「大田区探訪」の記事はコチラから


   ......大田区・川崎市との間を流れる「多摩川」、東急電車が「丸子橋」脇を渡る.....
c0119160_62326100.gifc0119160_6234731.jpgc0119160_6252920.jpg

c0119160_20134997.gif


川崎・武蔵小杉に13年(独身・結婚後)、転勤から戻り元住吉生活(現在)が7年、当エリアに20年も住み、故郷柏崎の期間を超えてしまった。丸子橋周辺光景は第2の故郷風景に近いのかもしれません。
丸子橋近くはかつて読売巨人軍・多摩川グランドがありました。日ハム・大洋(現横浜)2軍練習場も・・


   .....(左)対岸は川崎市、川崎フロンターレのスタジアム (右)巨人軍・多摩川グランドが昔ここにあった.....
c0119160_6311849.jpgc0119160_6313551.jpgc0119160_6315612.jpgc0119160_6321641.jpg
c0119160_6323850.jpg





★「巨人の星」に熱中し憧れた「多摩川の風景」


小生は小学3年時に「巨人の星」に熱中し少年マガジン(1966年連載開始)を齧りつくように毎週読んでいました。2年後、TV放映開始、漫画人気は一挙に日本中に大ブレイク!スポーツ根性ドラマの引き金に!
当時のプロ野球は全国的に巨人がダントツ人気!今は各地元での人気が平準化、素晴らしいことです。


  ......星一徹:「飛雄馬!あれが巨人の星じゃ!」 ♪思いこんだら(重い根ダラ)、試練の道を~♪.....
c0119160_702298.gifc0119160_21254017.gifc0119160_9202546.jpg      

小3・柏崎時代に多摩川光景を知る由もなく、漫画「巨人の星」で初めて多摩川なる地名を知りました。強烈なる印象が刻まれたのは第5巻。飛雄馬と伴がテスト生で挑戦し、遂に巨人軍に入団できた感動が夕暮れの多摩川風景で表現されていたのです。走っている電車が東横線と気付くのは20年後・・


   ......(左)飛雄馬、丸子橋での感動シーン (中)巨人軍・旧多摩川グランド (右)星・伴、抱擁!.....
c0119160_7195879.jpgc0119160_20455576.jpgc0119160_7202536.jpg




c0119160_7204238.jpg


武蔵小杉在住時に丸子橋周辺を散策し、巨人軍グラウンド初対面の時は感動!飛雄馬の如く涙が溢れ、目に炎は燃え上がる程じゃないが、「そうか~ここが王・長島の練習場所だったのかー!」と感慨深かった・・。グラウンド前にはON砲や主力選手が練習後疲れを癒した有名な「小池商店」もあります。


  ....若き日のON砲(長島・王)。選手が愛した・おでん屋「小池商店」、数年前にオカミさん他界.....
c0119160_2114772.jpgc0119160_72931.gifc0119160_7282868.jpg 




c0119160_729266.jpg


巨人軍本拠地は以後、読売ランド(川崎多摩)に移転、遂に98年多摩川グランドは閉鎖となりました。当時4歳の娘を連れ、お別れ試合を見学。憧れの巨人軍・伝説人物達を遠目ながら実物拝見!川上哲治・青田昇・千葉茂・藤田元司・荒川博・末次利光、栄光史を刻んだ人物を間近に見てまたも感慨・・


   ......98年3月、錚々たるメンバー。鬼籍入の方は多いがマイク握る川上は今も健在(何と92歳!)....
c0119160_7374170.jpg

     ........当時は娘が4歳の頃でした。98年3月・多摩川グランドお別れ試合を報じた記事.....
c0119160_81177.jpgc0119160_814035.jpgc0119160_81258.jpg
  

「巨人の星」には当時の大スターだった名選手が物語に登場していました。墨田区で育った飛雄馬は、高校生の王貞治(早稲田実業で甲子園優勝)の自転車に乗り、巨人の憧れを募らせていたのです。
川上哲治は星一徹と戦友。墨田長屋を密かに訪ね、針穴をも通す飛雄馬の奇跡的コントロールに驚愕


     ....... (左)長島・天覧ホーマー (中)王・一本足打法 「巨人の星」には有名スターが実名登場.....
c0119160_8151723.jpgc0119160_8165868.jpg
c0119160_818346.jpg

c0119160_817306.jpg
 

                                    墨田区「巨人の星」の記事はコチラから


     .......巨人V9黄金期(1965~1973)を率いた名将・川上哲治、「巨人の星」に何度も登場.....   c0119160_829723.jpgc0119160_8292898.gifc0119160_8301186.jpg


c0119160_8305052.jpg


圧倒的強さを誇った巨人軍も、川上監督引退後は低迷に喘ぐようになり群雄割拠時代に入りました。その後は長島監督メイクミラクルやON日本一対決などドラマを数々見せてくれましたが、オールドファンからは常に優勝を求められる伝統ある巨人の監督は相当なプレッシャー。ナベツネ独裁も続いているし・・(苦笑)


       .......川崎多摩に移転(1986)した読売ジャイアンツ球場、今年こそ優勝できるかな?.....
c0119160_8401335.jpgc0119160_8402895.gif 




c0119160_8405317.jpg



   ......現球場には「巨人への道」(長島自筆)パネル、多摩や新宿ビル群の展望も素晴らしいヨ!.......
c0119160_912178.jpgc0119160_92372.gif



c0119160_925834.jpg


                         川崎探訪(生田・稲城の巨人軍グランド)の記事はコチラから

飛雄馬の最大ライバル・花形満は大リーグボール1号を打ち砕くため、命懸けの鉄球トレーニングを重ねます。遂にホームランを打ったが満身創痍、打たれた飛雄馬は命を断たれた如くガ~ンと奈落の底に落ち込む。大げさ過ぎる悲壮ドラマ、スポ根漫画の極致!かくなる深刻さじゃプロ選手は命が何ぼあっても足ら~ん


         .....花形満「来たまえ!君は宿命のライバル」 左門豊作のキャラもよかった・・.......
c0119160_9111194.jpg         

今年秋に何と「巨人の星」がインド版アニメで復活!インドの国民スポーツ「クリケット」(野球と酷似)に置き換え、出版元講談社が中心となり日印共同制作。貧しいながらも急速な発展を続ける現在のインド社会状況が、飛雄馬が育った日本高度成長時代と似ており夢をめざす物語として企画されたらしい。



    ......(左)今年インドで製作されるクリケット版「巨人の星」 (右)貧しくても懐かしき昭和時代.....
c0119160_9335923.jpgc0119160_9341611.jpg
c0119160_9343863.jpg


インド版巨人の星でも花形・左門と同じライバルが出現、一徹のチャブ台返しや「大リーグボール養成ギプス」も登場するらしい。インドにチャブ台はないと思うが・・。カレーのナンでも飛び散っちゃうのかな?でも誠実に日本出版社に仁義を切っている。何でもパクってシラを切る中国に比べて、インドの真摯な態度に好感!


     .......これが有名な「星一徹のチャブ台返し・飛雄馬ビンタ」、漫画版(第1巻)とTV版.....
c0119160_10264381.jpgc0119160_10245757.jpg
c0119160_10253855.gif


よく考えると飛雄馬の「大リーグボール養成ギプス」で縛られる姿って残虐ですネ~!今なら、間違いなく星一徹は「児童虐待・人権無視・妄想抱く親父の家庭内DV」として事情聴取されることでしょう。(苦笑)


     ......大リーグボール養成ギプスをはめられた飛雄馬はキリンレモンを飲むこともできない・・(悲).......
c0119160_1029821.gifc0119160_20493680.jpg           

今はパリーグが人気実力・共に優っています。「巨人・大鵬・卵焼き」時代から見て今の勢力逆転は想像もしなかった。会社を終え帰宅後、巨人戦ナイターを見ながらビールを飲む。これこそ昭和の晩酌風景・・


    .....王選手、遂にハンクアーロンを抜き756号世界記録達成(1977)、日本中が喜びに沸いた!.....
c0119160_10434679.jpgc0119160_1044785.gifc0119160_10443312.jpg





c0119160_10453345.gif



丸子橋・多摩川に残る巨人軍の痕跡は「小池商店」内で飾られる写真パネルやサイン色紙だけとなりましたが、昭和の巨人黄金期に憧れたファンにとって当エリアは特別な感慨や郷愁を感ずる場所なのでは・・ 
c0119160_10592675.jpgc0119160_1101760.jpgc0119160_1103689.jpgc0119160_1045935.jpg  




c0119160_1125553.jpg






★憩いの「多摩川台公園」、大田区側から見た風景


                       はけの道シリーズ(第4回)

さて「巨人の星」三昧だったので、本来の紀行レポート調に戻して参りましょう。多摩川・河川敷は野球だけでなく各種球技のグランドやゴルフ練習場もあり、休日はジョギングなどスポーツに励む人が多いこと・・


     .....(左)河川敷でグランドホッケーを楽しむ若者 (右)対岸・武蔵小杉は高層マンションが続々建設.....
c0119160_14221213.jpg
c0119160_14222888.jpg

丸子橋・多摩川上流の大田区側はリッチな雰囲気が漂っています。二子玉川に向かい、右手には田園調布や世田谷・高級住宅地(上野毛・瀬田)が軒を連ねている。長島茂雄宅も田園調布だったナア・・


         .......丸子橋の大田区側は、多摩川台公園や田園調布の高級住宅街がある.....
c0119160_14254513.jpgc0119160_14264851.jpg




c0119160_1427880.jpg


田園調布高級住宅と丸子橋間に位置する「多摩川台公園」は桜が一面に咲き誇る素晴らしい自然公園です。昔は家族・会社仲間でよく花見や宴会を楽しんだものですが、最近は殆ど行ってないなア・・



       .......2年前、久しぶりに多摩川台公園の花見風景を味わう。相変わらず大盛況!.....
c0119160_14372273.jpgc0119160_143833100.jpgc0119160_14455096.gif



c0119160_1439348.jpg


公園隣には浅間神社が鎮座、展望台から望む多摩川風景は素晴らしい!視界遮る人工建物がないため空は実に広い!冬の快晴日に東横線・丸子橋を渡る時、富士山・丹沢・大山は勿論、真っ白な雪に輝く南アルプス(北岳・間ノ岳・農鳥岳)も眺望できる!日本標高1位・2位・4位の名峰が同時一望!



      ......多摩川台公園隣に鎮座する「浅間神社」。ここからの展望は是非とも快晴日に!....
c0119160_14484995.jpg
c0119160_1449962.jpg

   .......多摩川越しに望む夕暮れ富士・丹沢。冬は川崎からも南アルプス白峰三山が展望できる!.....
c0119160_14513235.jpgc0119160_14515582.jpg




c0119160_157351.jpg


多摩川台公園の散策路はコースバリエーションに溢れ緑と川の風景が楽しめます。実は公園ベース地形は亀の甲羅形の古墳なのです。高貴な古代人が住んでいたのか?ここは亀甲山公園とも呼ばれます。


            .......(左)多摩川台公園の散歩道  (右)「亀甲山古墳」の立て札.....
c0119160_14543779.jpgc0119160_14551713.jpgc0119160_1552492.jpg



c0119160_14555482.jpg


       .......「亀甲山古墳」(古代・東京人は多摩川沿いに多くの古墳を造営したのだ~).....
c0119160_15123346.jpgc0119160_1513421.gif
c0119160_1513324.jpg


c0119160_1513457.jpg


武蔵野エリアに湧水が美しい散策路が存在します。東京の国分寺市・小金井市~深大寺(調布市)~等々力渓谷・上野毛(世田谷区)へと南下、最後はこの多摩川台公園(大田区)まで続いているのです。


       .......数年前、何度も歩いた武蔵野「はけの道」、小金井「お鷹の道」は風情あり.....
c0119160_15214775.jpgc0119160_1523358.jpg







c0119160_15232648.jpg


                 世田谷「等々力渓谷」、「はけの道」最南部を歩く(前編)はコチラから
                 世田谷「等々力渓谷」、「はけの道」最南部を歩く(後編)はコチラから

この地形は国分寺崖線と呼ばれ、多摩川が10万年以上の歳月をかけて武蔵野台地を削り取って成層された段丘です。崖地に浸み込んだ雨は湧水となり、緑溢れる安らぎの空間が息づいていました。「はけの道」シリーズは上記(世田谷)、下記(武蔵野・野川)で過去3回記事取り上げたのでご覧下さい。


       .......「はけの道」(国分寺崖線)の最南部は等々力渓谷・多摩川台公園で終わる.....
c0119160_15482418.jpgc0119160_15485168.jpg

c0119160_161634.jpg





c0119160_15491185.jpg


                              武蔵野「はけの道」(国分寺崖線・湧水エリア)を歩く

高度成長期は煤煙に悩まされた川崎ですが、今は本当に空気がキレイになりました。石原都政ディーゼル規制でさらに澄んできたと思う。冬に富士や南アルプスを平地から望める幸せを噛みしめています。


       .......東横線で多摩川を通過する時に見える冬富士、丹沢・大山の上に顔を出す......
c0119160_1665962.jpg

             ........ここを訪れるのは東急東横線「多摩川駅」が最寄り、丸子橋は目の前.....
c0119160_1675813.jpg
c0119160_1681444.jpg


東京・川崎を繋ぐ丸子橋・多摩川の風景は心が癒されます。巨人軍の歴代名選手(川上・長島・王)、そして飛雄馬も厳しい練習を終えておでんを食べながらこの光景に感動していたのかもしれません。


    .......夕暮れの中、多摩川がゆっくり流れる・・、常勝V9巨人軍の強さはここで培われた.....
c0119160_16105851.jpgc0119160_1611818.jpg







c0119160_2112727.jpg
c0119160_2054318.jpg
c0119160_20541949.jpg

羽田空港、下町の蒲田付近、超高級住宅街の田園調布・・、いろいろな表情を見せてくれる大田区の風景ですが、次回は日蓮聖人の所縁深い史蹟・名所(洗足池や池上本門寺)を紹介する予定です。



                                                        おわり



次回は、いよいよ「秩父探訪シリーズ」がスタート!第1回は秩父のシンボル「武甲山」・登山記事です。
c0119160_1794568.jpgc0119160_1710927.jpgc0119160_1710259.jpg

  by rollingwest | 2012-01-21 06:44 | 都会の風景 | Comments(56)

<2011年12月9日>京浜コンビナート(横浜・川崎)工場夜景クルージング

もう師走も半ばを迎えまる。早いものだネー!そろそろ年賀状の準備でもしなければなりませぬナア・・

c0119160_19565462.gif




★横浜ベイサイドの夕暮れ光景を楽しむ

偶には家族サービスとかこつけ「京浜工業地帯・工場夜景クルージングに行こう!」と提案。実情は、最近オヤジとは殆ど行動を共にしてくれない妻と娘を引っ張り出すための甘い誘い水・・、意外にスンナリ同意

c0119160_735389.jpg

       ....久しぶりの家族イベント(工場夜景クルージング)、「象の鼻」桟橋からの横浜夜景.....
c0119160_2071284.jpgc0119160_208926.jpgc0119160_20115726.jpg



c0119160_20122338.jpg


ここ数年、工場フェチなる人々も増加、コンビナート光り輝く装置イルミネーションを見学するツアーが人気を博しています。一度体験したいと思っていたので、京浜工業地帯の人工夜景を海上体験する企画に参加


    .....今回のクルージングコースは大黒埠頭~川崎湾岸の工場夜景。根岸・本牧コースもあるヨ。....
c0119160_20584748.jpgc0119160_2059263.jpg


c0119160_21111190.jpg




c0119160_2103666.jpg


みなとみらい駅からMM地区を経由して「象の鼻」桟橋方面に歩いていく。今日は快晴の日だったので横浜ベイサイドの夕暮れ風景は実に素晴らしい~!潮風が気持ちいい散策路からは横浜税関(クイーン塔)や赤レンガ倉庫、横浜ベイブリッジなど定番の風景が一望。赤レンガ倉庫SHOPは大変な人出だネ~


    ......(左)船出前の夕暮れ横浜風景(赤レンガ倉庫) (右)夕日に映えるクイーン(横浜税関)....
c0119160_21184020.jpgc0119160_21201027.gif

c0119160_21204617.jpgc0119160_21211367.jpg






c0119160_21244546.jpg


      ......(左)娘とのツーショット写真は最近珍しい (右)夕暮れの赤レンガ倉庫もいい感じに・・....
c0119160_21461836.jpgc0119160_2140420.gifc0119160_21402532.gif

c0119160_21504282.gif


c0119160_21405352.jpg


ブルースカイは徐々に群青色へと変化、赤レンガ倉庫・クイーン塔が間接照明で幻想的に浮かび上がってきた。空が広く視界が開ける横浜ベイサイト、日没後の時間経過を楽しみながら過すのもいい雰囲気!


       ......(左)クイーン塔が光に浮かぶ  (右) 象の鼻に向かう桟橋からみるMM夕暮れ光景.....
c0119160_2234026.jpgc0119160_750148.gif

c0119160_2285027.jpg


クイーン塔脇を通り「横浜開港の道」を歩いて行くと、「象の鼻パーク」へと入ります。日米修好通商条約(1859)で開港した「象の鼻」形状の横浜波止場が、開港150周年行事(2009年)で復元された新名所。工場夜景クルージングがスタートするのは本波止場から。チケット手続を済ませ、待合室で出発に備えます。


         ..... 「象の鼻」周辺の地図、ここから工場夜景クルージングの出発.....
c0119160_7552380.jpgc0119160_7563147.jpgc0119160_755599.jpg







c0119160_757859.gif

                        過去に紹介した横浜ベイサイド(開港の道)の記事はコチラから




★京浜工業地帯の夜景クルージング、いざ出航!


「産業観光」が新しいビジネスとして高い注目を浴びる中、一部マニア対象だった工場夜景の鑑賞は今や誰もが楽しめる都市観光資源として成長してきました。全国的ブームになってきた工場夜景観賞をさらに盛り上げるために、国内4大工業地帯の都市間では「全国工場夜景サミット」も開催されています。
c0119160_8362642.jpgc0119160_8365640.jpg





c0119160_851785.jpg





c0119160_8372184.jpg


そのブームの先駆けは川崎工業地帯のコンビナート。今回は横浜「象の鼻」桟橋を出発し鶴見~川崎の工場群を横浜ベイから見学するツアーです。クルーズ船へと乗り込みいざ出発~!(豪華客船を尻目に)


   ....(左) 京浜フェリー・クルーズ船に乗り込む。 (右下)こんな豪華船の周遊じゃアリマヘン(苦笑)....
c0119160_8575495.jpgc0119160_8582115.jpg




c0119160_8584898.jpg



     ......(左) MM夜景の中をいざ出発~! (右) 光輝く「鶴見つばさ橋」が現れてきた!....
c0119160_9365637.jpg
c0119160_9371597.jpg

クルーザー船は横浜港を出発し大黒埠頭方面へと向かいます。MMの夜景(ランドマークタワーや観覧車)が宝石の如く輝きを放ち、右手には「鶴見つばさ橋」が華麗なイルミネーションで浮かび上がっていました。


   .....湾に浮かぶ赤灯台。何か、一つ目の宇宙怪獣みたい!ウルトラQの「ケムール人」?.....
c0119160_9402256.jpgc0119160_940415.jpg









c0119160_7324525.gif


     .....船は首都高・横浜大黒線橋梁の下を通過、遠くにはベイブリッジが輝いているぞ!....
c0119160_9504054.jpgc0119160_9505684.jpg



c0119160_9512961.jpg


大黒埠頭脇を進むと鶴見エリア。東京電力・東芝・東京ガスなどの名立たる企業の工場が現れてきます。間接照明で闇に浮かび上がる石油タンクや火力発電所煙突、実に幻想的な光景ではないか・・!


    ......(左) 東京電力LNG基地タンク (右) 同・横浜火力発電所のツイン塔、幻想的な蝋燭の如し...
c0119160_9564176.jpg
c0119160_9565411.jpg

夜景の華「石油精製・化学系の装置プラント」が見えてきた!蒸留塔・改質装置を取り巻く配管構成はロボット要塞の様な光景を造り出している。フレアスタックの炎も幻想的に燃えている。まさに24時間操業!


      .....(左) 東亜石油遠景、威厳があるネ~ (右) 光り輝くプラント工場夜景水面....
c0119160_1140872.jpgc0119160_1141189.jpg


c0119160_114204.gif


c0119160_11432982.jpg


     ......(左)JXエネルギー川崎化学工場のフレアスタック炎 (右) 昭和電工の水蒸気を吹くプラント....
c0119160_13444552.jpgc0119160_12182710.jpg

c0119160_11485031.jpg

クルージング船は京浜工業地帯の奥へと入り込み、遂に川崎の浮島・東扇島の工場群が姿を現しました。さすがマニア達が日本で最初に嵌った工場夜景発祥地だけあって存在感・迫力は一級品だネ~


       ......(左)東燃石油化学フレアスタックのオレンジ炎 (右下)日清製粉川崎工場のイエロー光....
c0119160_11503698.jpgc0119160_11524259.jpgc0119160_11532743.gif




c0119160_11582730.jpg


c0119160_11535159.jpg


     ......(左)威厳ある昭和電工のプラント夜景   (右)石油精製プラントの華麗なイルミネーション....
c0119160_114948.jpg
c0119160_12185480.jpg

華やかなるプラント群の合間に見た原油タンカー・貨物船の停泊休憩している姿も印象的。明日の荷下しに備え静かに仮眠する光景・・、確かにこんな時間・場所で工業船を見ることなんてレアなる機会!


    ......(左)夜の海に浮かぶ東電LNG基地のタンク群、タンカー (右)原油受入設備(ローディングアーム)....
c0119160_12223693.jpgc0119160_12225684.jpg

c0119160_12234989.jpg





c0119160_1224223.jpg


  ....(左) 接岸の原油タンカ― (中)油怪獣ペスター(アッ失礼~!) (右)荷下作業を控え静かに眠る船....
c0119160_1227760.jpgc0119160_15125431.gifc0119160_12272485.jpgc0119160_12273840.jpg



c0119160_12451175.gif


c0119160_12281058.jpg


最大見所は東亜石油川崎製油所の精留塔、実に華麗で迫力ある姿!高度成長期を突っ走った昭和40年代前後の象徴光景、長大重厚産業は今や集約の危機にあり、芸術的なイルミネーション工場もいつか閉鎖・廃棄の危機に直面することでしょう。企業経営の観点からは仕方ありませんが・・


      .....工場クルージングのクライマックス!塩浜に聳える幻想的な東亜石油のイルミネーション精留塔.....
c0119160_12472978.jpg

     ..... (左)川崎臨港エリアの地図 (右)今回辿ったクルージングコース(横浜~鶴見~川崎・浮島).....
c0119160_12495192.jpgc0119160_12505531.jpg




c0119160_12541243.gif

川崎工業地帯から船はUターン、同じコースを辿り再び横浜港へと帰還。工場夜景⇒みなとみらい都市夜景へと変わりゆく幻想的・光舞台、海上から全体俯瞰する横浜夜景クルージングはかなり感動モノです。家族の好評を得られ、クルーズ船は無事に「象の鼻」へ帰還。クイーン塔の幻想的イルミが印象深かった・・。


    ......クルージング船は再び横浜MMへと戻る。沖合から見る「みなとみらい夜景」もいいね~!....
c0119160_12543449.jpgc0119160_12555058.jpgc0119160_12562041.jpg



c0119160_12553071.gifc0119160_22215285.gif

      .....イルミネーションクルーズ終了、「象の鼻」桟橋に到着、クイーンが益々艶やかに輝いている.....
c0119160_1374039.jpgc0119160_138183.gif



c0119160_1382579.jpg


眼前に広がる繁栄イリュージョンもあくまで仮の姿、「ゆく川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず」(鴨長明方丈記) こうして煌やかな光景と時間を味わっていられる今の自分が幸せと感謝せねば・・






★京浜工業地帯の風景(昼vs夜)比較


2年前の冬晴れ日、工業地帯と富士山のコラボレーションを見たいと衝動にかられ、思い立ったら吉日で川崎工業地帯の中に入り込んでみました。当時撮った写真を引っ張り出して昼夜比較をしてみよう。


     .....2009年2月、昼間に見た川崎浮島工場風景(JXエネルギー石油化学工場)....
c0119160_1317894.jpg
c0119160_13174211.jpg

東扇島の川崎港に「川崎マリエン」という市の無料展望施設があります。ここからは京浜工業地帯と富士山のコラボレーション(下記に掲載)や対岸の房総半島(千葉)・横須賀浦賀水道が俯瞰できる穴場。


     .....川崎マリエン展望台から見た大黒埠頭JFE鶴見工場の遠景(2009年2月).....
c0119160_1320212.jpg

         .....(左)横浜の桟橋から見た横浜ベイブリッジ  (右)再び川崎の工場夜景.....
c0119160_1349348.jpg
c0119160_1350189.jpg

夜の工場クルージングを今回初体験し、昼間工場との比較をしましたが、やはり夜の方が断然美しい!観光資源として周遊コースも十分コーディネートされている上に、装置側も見られることを意識した間接照明効果が施されているから当然ですネ。滅多に見られない海上角度から装置を鑑賞できるのもGood!


         ......(左)昼間の東燃・石油化学プラント (右)夜の東亜・石油精製プラント...
c0119160_13533495.jpgc0119160_1413765.jpg
c0119160_7371160.jpg






c0119160_13535771.jpg

しかし昼間光景に軍配が上がるケースも・・、それは青い海(東京湾の輝き)と霊峰富士とのコラボ!特に冬の快晴日(西高東低気圧時)は空気が澄み絶景眺望が堪能できます。実は川崎工業地帯から富士山と北岳など南アルプスが一偏に見られるノダ~!昼夜の比較は勝負がつかず引き分けとしましょう。


       .......川崎マリエン展望台から見た京浜工業地帯と冠雪富士山のコラボ(2009年2月).....
c0119160_13563080.jpg

   .....(左)東京湾の輝き(対岸は千葉君津工業地帯) (右)川崎から南アルプスが眺望↓できる.....
c0119160_1442680.jpgc0119160_144377.gifc0119160_145410.jpg

c0119160_1452919.jpg


             <2009年2月1日>川崎大師・節分参詣&京浜コンビナートからの大絶景


最近の工場フェチやコンビナート夜景ブーム、実に頷ける気がする。日本の高度成長を支えてきた重厚長大装置産業の観光資源としての楽しみ方は素晴らしい!皆様も体験してみてはいかがでしょう?


          .....みなとみらいの夕暮れ&夜景をパノラマ写真で撮ってみました。.....
c0119160_14164673.jpg
c0119160_14165819.jpg


今年もあとわずか・・。大震災があった年だけに健康で平和な時間を過ごせていることに感謝しつつ次回記事で今年も終了としたいと思います。年末に向け皆様ご多忙と思いますがお体ご自愛の程・・


                                                         おわり







次回は今年最後の記事:「東京スカイツリー伸長の軌跡」をお送りします。
c0119160_14314521.jpgc0119160_14344810.jpgc0119160_14324648.jpgc0119160_1433571.jpg
                               

  by rollingwest | 2011-12-09 00:00 | 都会の風景 | Comments(60)

<2011年4月2日>地元のモトスミ・武蔵小杉の桜風景 (川崎探訪)

                                                                   琵琶湖記事から1ケ月近くもお休みさせて頂きました。東日本大震災や原発で暗い話題ばかりの3月でしたが、あらためて日々無事・平凡な生活を過ごせる日常がいかに幸せなことなのかと再認識しました。

c0119160_6421972.jpgc0119160_6424864.jpg
c0119160_6431359.jpg

新年度に改まり、待望の桜も咲いてきました。日本国民もいつまでも沈んでばかりではいけませんね。
余裕ない日々も続きますが、被災地復興を祈念しながら、当ブログも少しずつ再開したいと思います。

c0119160_614456.gif
c0119160_62434.gif


桜の季節到来!今年の花見は被災地の方を思うと全体的に自粛ムードが広がっているかもしれません。宴会気分は抑えながらも、昨年春に取り溜めた写真にて地元の「モトスミ桜」を紹介したいと思います。




★春の訪れ・・、地元モトスミの桜名所を紹介


モトスミ桜」(元住吉駅周辺)は対外的には有名でないかもしれませんが、見応えある名所スポットです。
住宅街を静かに流れる「渋川桜」(渋川堰堤の桜並木)と「ニケ領用水」は知る人ぞ知る穴場かも・・
川崎の元住吉~武蔵小杉~等々力緑地周辺の散策エリアを中心に数々の見所を紹介しましょう。


   ......(左)春爛漫!神奈川の隠れた桜名所・元住吉「渋川桜」 (右)白桜と花桃のコラボ競演.......
c0119160_681139.jpgc0119160_6134563.gif


c0119160_675161.jpg


今年の桜前線は平年並の様ですがやや遅れた開花状況という印象を受けます。震災の憂鬱と厳しい冬の寒さが続いた影響が大きいのかも・・。昨年の桜も開花宣言後に花冷えが続いたことで満開桜を長く楽しめました。数年前まで続いた暖冬サイクルの潮目も変化し、地球温暖化って本当?という声も・・


          .......(左)渋川の満開桜にカップル(羨ましい~)  (右)雪が降るような白桜.......
c0119160_6165381.jpg
c0119160_6171853.jpg


モトスミ桜並木は「渋川桜」と「ニケ領用水」景色が壮観!ニケ領用水は多摩川を水源とし、川崎市多摩区から幸区までを流れる全長約32kmの農業用水路でした。今は住宅地の中を流れるせせらぎの小川という風情ですが、元住吉~武蔵小杉~等々力緑地まで延々と続く桜並木道は歩いてみる価値十分!


            .......「ニケ領用水」沿いの遊歩道、桜満開風景(毎年、癒されます・・).......
c0119160_6224373.jpgc0119160_6231156.gif

c0119160_6233185.jpg


手前味噌かもしれませんが、モトスミはなかなか住みやすい街です。物価の安い店が軒を連ね600m以上も続く「元住吉ブレーメン通り」はいつも縁日のような賑いを誇り、活気に満ち溢れる商店街です。


                 ......庶民的価格で人気ある商店街、元住吉「ブレーメン通り」.......
c0119160_6312661.gifc0119160_6315445.jpgc0119160_6475285.gif

c0119160_6323585.gif
c0119160_633047.jpg






★武蔵小杉から等々力緑地へ


元住吉から武蔵小杉に向かうといくつかの氏神様が鎮座しています。武蔵小杉には13年間住んでいたのでいくつか思い出の場所がありますが、小杉神社は娘の3歳の時に七五三で来たものだなあ・・。


        ......武蔵小杉周辺の氏神様 (左)今井神社  (右)等々力緑地近くの小杉神社.......
c0119160_6545691.jpg
c0119160_6551394.jpg


小杉神社の脇に、神奈川県内でも屈指の大公園「等々力緑地」があります。園内には陸上競技場・硬式野球場・テニスコート、とどろきアリーナ・川崎市民ミュージアムなどスポーツ・公共施設が充実しており、若者が多く集う場所。また釣堀・四季園・ふるさとの森など緑や花も多く川崎市民の憩いの場となっています。


   .......「川崎・等々力公園」は春爛漫 (左)桜満開の釣堀風景 (右)紅白チューリップが咲き誇る!......
c0119160_6581934.jpgc0119160_6591780.jpg

c0119160_6594917.jpg

c0119160_753647.jpg

                   .......「等々力市民ミュージアム」と陸上競技場のトラック.......
c0119160_118816.gif
c0119160_755350.jpg

川崎市民ミュージアム前の広場には大きな鉄塊のオブジェが鎮座しています。川崎市に製鉄所をもつJFEスチール(旧・日本鋼管)から寄贈された「トーマス転炉」(高さ8m、重さ約60t) 高度成長時代の中心部・京浜工業地帯の産業遺産であり、日本がかつて鉄鋼生産世界一だった時代の礎を築いた名炉です。


    ....... (左)等々力児童公園に桜満開  (右)「 トーマス転炉」(鉄人28号の頭部みたい!).......
c0119160_20383928.jpgc0119160_79243.jpgc0119160_8323214.gif
c0119160_8552284.jpg
c0119160_8425156.jpg


c0119160_794283.jpg

等々力競技場は陸上競技とサッカーの施設。Jリーグ発足(1993)時は読売ヴェルディ(カズ・ラモス・北澤・武田)の名選手が活躍しましたが、現在は川崎フロンターレの本拠地となっています。フロンターレはここ数年、強くなってきましたが優勝にはまだあと一歩・・、歓喜の優勝で市民が盛り上がる日はいつ来るのだろうか。


        .......川崎フロンターレの本拠地「等々力競技場」(Jリーグ発足当時はヴェルディが使用).......
c0119160_932994.jpgc0119160_94662.gifc0119160_943511.jpg


c0119160_916476.jpg

c0119160_9697.jpg


武蔵小杉駅周辺の光景はここ数年で一変してしまいました。駅の東側には10年春に横須賀線に乗り入れる新駅がオープン。この利便性を見越して多くの高層マンションが一挙に林立。市内人口は一挙に増加


                 .......武蔵小杉の新駅に林立する高層マンション群.......
c0119160_9304851.jpgc0119160_9384740.jpg


c0119160_9312873.jpg


                                  リンク:過去の「川崎探訪シリーズ」はコチラから




★まんが寺の「常楽寺」を経て、再びモトスミに・・・


        .....桜並木の「ニケ領水」沿いを散策する人達.......
c0119160_9473926.jpgc0119160_948339.jpg
c0119160_948449.jpg


「等々力緑地」の近くには、春日神社と常楽寺(まんが寺で有名)があります。「常楽寺」は本堂の襖や梁などに有名漫画家に自慢の作(主に昭和40年代)を描いてもらったことでその名が付いたそうです。


        ....... (左)等々力公園近くの「春日神社」  (右) まんが寺で有名な「常楽寺」本堂.......
c0119160_1014596.jpgc0119160_10151936.jpg

       .......♪「黄桜~」で有名な小島功の美人画や初期ドリフターズを描いた漫画も・・.......
c0119160_10182219.jpg
c0119160_10183862.gif


前住職が親交あった小島功や富永一朗などに書いてもらったとのこと、ペーソス感溢れるほんのり調の漫画(ドリフターズもある)や風刺画が多数あります。昭和40年代のよき時代の雰囲気が伝わってきます。でも寺の縁起によると、奈良時代に聖武天皇・御願所として行基菩薩によって開基されたとのこと・・驚


             ....... (左)常楽寺の薬師堂   (右)「つもり違い十ケ条」の教訓石碑.......
c0119160_10271627.jpgc0119160_10263730.jpg

c0119160_10274479.jpg


さて再び「モトスミ桜」(住吉桜)へと戻りましょう。花桃も咲く二ケ領用水散策路を綱島街道方面(関東労災病院)に向かって歩くと「川崎平和公園」の桜に出会えます。コチラはまたいつかジックリ紹介しましょう。


      ....... (左)花桃が二ケ領用水に垂れ下がる。 (右)散った桜の花びらが流れる。.......
c0119160_10322392.jpgc0119160_1033793.jpgc0119160_10332446.jpg

         .......モトスミの「渋川桜」は神奈川・花の名所100選にも指定されている。.......
c0119160_10492881.jpgc0119160_10382100.jpgc0119160_10372632.jpg






c0119160_10364226.jpg

「渋川桜」は神奈川県の花の名所100選にも入る桜の名所、250本にも及ぶ堰堤桜は実に見事です。是非と一度も訪れて見て下さい。このような春爛漫を無事平穏に迎えられるのは実に幸せなことです。被災地の皆様は桜を楽しめる心境じゃないと思いますが一刻も早く真の春が訪れることを祈念します。

c0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif


今年の更新頻度は半月に1回位のペースダウンになりそうですが、引き続きよろしくお願いいたします。


                                                          おわり





(追伸):今年の満開桜を公開 (2011.4.10)


2011年・モトスミ桜は4月10日(日)にピークを迎え、天候にも恵まれた暖かい日の中で多くの人達がお花見を楽しんでいました。あちこちに満開の桜が咲き誇り、まさに春爛漫!最高の花見日和でした。


            ....... 渋川沿いの「モトスミ桜」がついに満開!地方選挙もチャンと投票スミ.....
c0119160_1830634.jpgc0119160_18302941.jpgc0119160_18305399.gif


c0119160_18311914.jpg


元住吉駅から「渋川桜」の長い堰堤桜を楽しみ、小杉方面への「ニケ領用水」との合流分岐を右折し、「川崎平和公園」に向かう散策路を満喫。午前中に出発、昼になると花見客の数はドンドン増えて来た。


        .......「渋川桜」が一番華やかな場所は、やはり法政ニ高の周辺ですね~!.......
c0119160_18383647.jpgc0119160_18385410.jpg

「川崎平和公園」に出て見るとお花見客が溢れていました。昨日は風が強くて雨模様だったので、今日こそは!と待ちかねた人々が大いに盛り上がり春爛漫を満喫しています。やはり春はこうでなくちゃ・・


        .......花見客で大賑わいの「川崎平和公園」!自粛ムードぶっ飛ばせ~!.......
c0119160_1842739.jpgc0119160_18422754.jpg


        .......「川崎平和公園」近くの「ニケ領用水」沿いの桜並木も実にいい・・.......
c0119160_18443659.jpg





次回は「大田区探訪」(その1):「下町風景編」(羽田・蒲田・大森・六郷)をお送りします。
c0119160_11222920.jpgc0119160_11225147.jpgc0119160_11231195.jpg

  by rollingwest | 2011-04-02 00:00 | 花鳥風月(季節の風景) | Comments(58)

<2010年6月22日>川崎市探訪:「生田緑地と岡本太郎美術館を訪ねて」

                              
                       川崎市探訪シリーズ(その2)

★はじめに

c0119160_16405930.jpg

小生の住む川崎市は東京・横浜に挟まれて北西~南東部に縦長の形をした140万人都市です。
南北に長く市民の結束力はやや薄い感じもしますが、首都圏ベッドタウンであり人口は急速に増加中


            ........川崎のシンボル「川崎大師」 (左)本堂 (右)交通安全祈願所...... c0119160_16414387.jpgc0119160_1642848.jpg

高度成長期・公害都市のイメージを持つ人もまだ多いようですが川崎にも結構多く見所があります。
過去掲載した寺社・史蹟・公園等をレビューしつつ、今後お勧めスポットをボチボチ紹介していきましょう。


            ........川崎扇島(京浜工業地帯)から見る冬晴れの富士山......
c0119160_16471062.jpg

                                     リンク:川崎探訪シリーズ(その1)

今回は川崎市北部・多摩丘陵の「読売ジャイアンツ球場」、「生田緑地公園」(岡本太郎美術館や日本民家園)を紹介しましょう。工業地帯のイメージしかない人にとっては目からウロコかもしれません。




★「よみうりランド」&「読売ジャイアンツ球場」

   .....多摩丘陵上にある「よみうりランド」は稲城方面からロープウェイ経由でも入園できる。......
c0119160_173924.jpgc0119160_1732859.jpg




c0119160_1735148.jpg


「よみうりランド」は1964年に開園した多摩丘陵の遊園地で、園内には遊戯施設(ローラーコースター・観覧車)、野外劇場などの施設があります。久しぶりに再来訪(娘が小さい頃何度か来た)しましたが、殆ど変わっていない感じ・・。少子化で閉鎖される遊園地が多い中、まだ健闘しているのかな?


     .....1985年に開所した読売ジャイアンツ球場(川崎市多摩区)、選手が練習に励む。......
c0119160_1716838.jpgc0119160_17205814.jpg

ここには読売巨人軍のグラウンドがあります。かつて多摩川沿いにありましたが1985年に移転、それでも四半世紀が経つのか・・。原監督になって昨年日本一を達成!(WBCでは世界一監督)充実した施設・・、巨人軍・第4期黄金時代に向かう中で、本球場からまたヒーローが生まれるかも・・


            .....長嶋茂雄の自筆で顕彰されている記念石碑、「巨人への道」......
c0119160_17244895.jpg



c0119160_17251071.jpg

長島茂雄自筆・「巨人への道」記念碑があり、長く受け継がれた伝統を更に輝かせんとしています。
多摩川・丸子橋近くにあった巨人軍グラウンドを、劇画「巨人の星」と共にいつか紹介してみましょう。




★川崎・生田緑地内にある「岡本太郎美術館」


     .....(左)「向ヶ丘遊園」のさよならポスター(02年) (右)園内には立派なバラ園がある。......
c0119160_173055100.jpg
c0119160_17345299.jpg


「生田緑地公園」はかつて「向ヶ丘遊園」があった場所です。75年の歴史を誇った老舗遊園地でしたが、時代の波についていけず不採算に陥ったため02年に閉鎖となりました。この公園内には「岡本太郎美術館」が川崎市の施設(岡本太郎が川崎市高津区生まれ)として常設されています。


           ......「生田緑地公園」(旧・向ヶ丘遊園)の中にある「岡本太郎美術館」......
c0119160_17361239.jpgc0119160_1737070.jpg


c0119160_17373884.jpg








c0119160_1738034.jpg



c0119160_17382020.jpg



         ......1999年に開設された「岡本太郎美術館」、独特な表情が懐かしい・・。......
c0119160_18282311.jpgc0119160_18299100.jpg





c0119160_18295287.jpg

岡本太郎が亡くなったのは1996年、今年は生誕99年目。「99歳、あっぱれ太郎展」と銘打つ展覧会が催されており、絵画・彫刻・写真家・・、様々な分野で活躍した足跡が語られていました。


         .......岡本太郎お馴染みの前衛的なモニュメント、「芸術は爆発だ!」......
c0119160_18425052.jpg


    .....(左)太陽の塔ミニュチュアが展示 (右)関西在住時に家族で訪ねた万博記念公園....
c0119160_19493030.jpgc0119160_1951168.jpg

岡本太郎といえば、やはり1970年大阪万国博覧会の「太陽の塔」が最も有名!ミニチュアが館内に展示されていますが、8年前に塔をバックに家族で写真を撮ったのも懐かしき思い出。そして最近では原爆モチーフの大壁画「明日の神話」をどの都市に飾るかで話題になりました。軍配は東京に・・

   
       .....渋谷駅に飾られる大壁画「明日の神話」、原爆炸裂の瞬間が描かれる。......
c0119160_2061949.jpgc0119160_2063524.jpg


   .....(左)岡本太郎と数々の作品  (右)母親・岡本かの子(昭和初期の小説家・歌人)......
c0119160_2019441.jpgc0119160_20201828.jpg

来年はいよいよ生誕100周年の記念すべき年を迎えます。全国的に話題になるだろうなあ・・。
さて生田緑地の中を歩いていくと、前衛芸術とは対照的な「日本民家」癒しの世界がありました。
c0119160_20251983.jpg
c0119160_2026742.jpg




★古民家の野外博物館「日本民家園」


生田緑地を府中街道方面に向かうと「奥の池」が現れます。池を左に曲がると、懐かしい萱葺屋根の家が沢山点在しています。ここは川崎市立「日本民家園」、まさにタイムスリップしたような光景が・・


     .....(左)川崎市立・日本民家園の奥の池 (右)出羽三山の萱葺きの家(菅原家)......
c0119160_20312414.jpgc0119160_20314526.jpg

      .......越中・五箇山の合掌造り(江向家)、豪雪地帯なので柱や梁が太い。.....
c0119160_2214218.jpg

日本民家園は、急速に消滅しつつある古民家を永く将来に残すことを目的に昭和42年に開園しました。主に東日本(東北・関東・北陸信越)を中心とした代表的な民家が野外展示されています。
c0119160_22153030.gif


        .....(左)茨城・笠間の太田家 (右)当日は新緑の芽吹きが眩しかった。.....
c0119160_22343972.jpgc0119160_22353841.jpg

    ....(左)ツツジ爛漫、神奈川・清川村の家 (右)五箇山の山田家(仏間が立派)......
c0119160_2332227.jpgc0119160_2341588.jpg

また昔の民家生活も学べるように、家の中には農具・機織・藁細工・竹細工などの生活用具、藁葺き家の建築プロセス、台所・囲炉裏端の構造等が判り易く展示され、解説に工夫が施されています。
c0119160_23113748.gif

        .....(左)囲炉裏の自在鍵が立派! (右)囲炉裏端でホッと一息つく老人.....
c0119160_23175171.jpgc0119160_23184175.jpg

     .....(左)広い居間の北村家。小部屋には端午の節句飾りが。(右)藁を編む人達......
c0119160_23332822.jpg



c0119160_23354889.jpg

豪雪地域はご存知「合掌造り」の太い柱に梁、海岸部は漁に適した船頭小屋、宿場町や商家には客を迎える工夫の造り、それぞれの気候・風土・生活様式にあった家の造りがあって興味深い!


    .....(左)伊那街道の宿場町にあった薬屋・三澤家 (右)道祖神・庚申塚もあり風情漂う.....
c0119160_23573233.jpg






c0119160_23575468.jpg

             .....本館の展示資料室、日本民家の構造・歴史などが学べる。....
c0119160_00574.jpg

また路傍には道祖神・庚申塚・馬頭観音などの石造物や道標も置かれており、リアルな雰囲気を出すために工夫が施されています。公営の文化探訪テーマパークといった感じですね・・!必見


       ....(左)川崎小杉陣屋町にあった豪華な原家 (右)杉玉は造り酒屋のシンボル......
c0119160_0105576.jpgc0119160_0112667.jpg




★おわりに

工業地帯のイメージが強い川崎市、「かくなる美術館や民家園があるとは意外!初めて知った・・!という方も結構多いと思います。市北部は緑溢れる見所も多く、柿生・王禅寺周辺も結構風情あり


        ......(左)奈良の街道沿いの油屋・井岡家 (右)尾張の武家屋敷・佐地家......
c0119160_0181424.jpgc0119160_0184042.jpg

       .....(左)美術館内ロビーで寛ぐ子供達  (右) 岡本太郎は写真家でもあった。......
c0119160_0252098.jpgc0119160_026237.jpg






c0119160_0264654.jpg

2011年向ヶ丘遊園跡地に「藤子・F・不二雄ミュージアム」が建設される予定です。「藤子不二雄」は藤本弘(F)と安孫子素雄(A)の共同ペンネームで、藤本弘氏(1996年逝去)が川崎多摩区に住んでいたことが縁で開設されます。因みに二人の出身地は先日紹介した富山県高岡市です。


     .....11年には園内に「藤子・F・不二雄ミュージアム」がいよいよオープンする。......
c0119160_0343620.jpgc0119160_0352255.jpg
c0119160_0354427.jpg


藤本弘(F)のキャラクターは「ドラえもん・パーマン」等ほのぼの系、安孫子素雄(A)の方は「忍者はっとりくん・怪物くん・プロゴルファー猿・笑ウせぇるすまん」のペーソスギャグ系です。(おばQは二人の合作)
それ故「藤子・F・不二雄ミュージアム」は、小さな子供・親子連れを中心に人気が出ることでしょう。


         .....川崎にもかくも立派な日本民家園があることをご存知でしたか?......
c0119160_0441559.jpgc0119160_0453365.jpg





c0119160_045586.jpg

c0119160_0571385.jpg
c0119160_057299.jpg



地元川崎市の見所はまだまだあるので、これからも時々紹介していこうと思います。今、ブームになっている京浜工業地帯の工場プラント夜景を見ながらのクルージングもいつか実現してみたいなア・・

c0119160_12929.jpg


 
                                                     おわり




次回は、奥秩父の遥かなる幽寂峰「和名倉山」をお送りします。
c0119160_22272580.jpg

  by rollingwest | 2010-06-22 00:00 | 神奈川県 | Comments(49)

<2009年2月1日>川崎大師・節分参詣&京浜コンビナートからの大絶景

                        <川崎市探訪>(その1


★川崎大師・節分参詣


節分参詣は毎年必ず「川崎大師」を訪れます。(川崎市住民ですので)逆に正月初詣では大師参拝の経験はなし。(大混雑に遭遇したくないし・・、正月は故郷に帰省していることが多いので・・)


          ....(左)川崎大師大本堂と護摩香炉  (右)本尊に祈願する参拝者....
c0119160_2035455.jpgc0119160_20353165.jpg

今年の節分は平日なので2月1日に済ませました。毎年「家内安全」の祈願護摩札ですが、今年は娘が高校受験なので「合格祈願」!ついに受験本番へ突入ですが、果たしてどうなることやら・・


       ....(左)大山門と五重塔  (右)護摩焚きの僧正「南~無大師・遍~照・金剛~」....c0119160_20415938.jpgc0119160_20423175.jpg
c0119160_20431481.jpg

年間参拝者数1千万人を誇り、初詣数ベスト3の川崎大師。節分前の日曜日もきっと大混雑が予想されます。早めに訪れ、朝9時の護摩焚・祈願を受けて心もスッキリ・・(あとは天命を待つのみ)


              .......「川崎大師」の正式名称は「金乗院・平間寺」.......
c0119160_20511917.jpg


「仲見世通り」は土産店が朝から商売臨戦態勢のスタンバイ! トントコトントコ・・、出来立ての「せきどめ飴」を切る音、威勢いい雰囲気が感じられるね。もう一つ有名な「くず餅」も川崎大師名物です。

    .....川崎大師・「仲見世通り」、厄除け達磨やせきどめ「トントコ飴」等のお土産が沢山.....c0119160_2054687.jpgc0119160_20543122.jpg








c0119160_10411434.gif

境内にあるインド建築様式の「交通安全祈祷殿」も過去何回か安全祈願で訪れましたが、同じコピー建物を少し離れた国道409号沿いに発見!手狭になり車の渋滞回避から、3年前に新築されたそうです。(知らなかった・・)  本殿前は安全祈祷を待つ新車が列をなして順番待ちしています。


        .....3年前に大師川原に新築移転したインド建築風の「交通安全祈祷殿」......
c0119160_2144860.jpg





★京浜工業地帯「川崎コンビナート」

    .......川崎コンビナートの運河風景、興味を持って眺めるとなかなかの風情もある。......    
c0119160_212550100.jpg

川崎大師を南下していくと、人口埋立地である「浮島」「東扇島」の大工業地帯(川崎コンビナート)が出現します。浮島を真っ直ぐに進むと「東京湾アクアライン」入口があり、海底を通じて千葉に繋がっているのだ。石油精製や化学等の工場装置群が林立、日本の高度成長期を支えてきました。


     ......(左)T燃G石油・川崎工場         (右)新N系列の石油化学会社プラント.......c0119160_21271015.jpg
c0119160_21272323.jpg

最近、工場・コンビナート夜景を楽しむマニア(工場フェチ)が多いと聞きます。確かに石油系装置は照明が素晴らしい!自然風景と違う人口造詣美に嵌り、マニアになる気持ちも理解できますね。


          ......工場・コンビナート夜景を公開したマニアの写真(ネットより拝借).......
c0119160_21424821.jpg
c0119160_2143565.jpg

この光景を楽しむクルージング・ツアーもあるようで、小生そこまでは嵌まるつもりはありませんが、結構興味があります。工場地帯イルミは、今度いつか夜に撮りにきてみようかな・・。(怪しいオヤジ)




★「川崎マリエン」展望室からの大パノラマ


今日は(も?)一点の雲もない素晴らしい冬晴れ!街からも白雪富士山が実に美しい!どこか高台からこの光景を見渡してみたいなあ・・と思案したら、閃めいた!あそこに行けば見えるはずだ。

          .......「川崎マリエン」(川崎市港湾振興会館)、最上部は360度の展望室......
c0119160_21493420.jpg

東扇島にある「川崎マリエン」。市の港湾会館ですが最上部に展望室があること(10年程前に娘を連れ当所に遊びに来た)を思い出しました。入場料は無料、殆ど誰にも知られていない穴場かも・・


           ......京浜工業地帯の工場群と、「白雪富士」の大パノラマ......
c0119160_21511614.jpg

スゴイ!期待以上の大パノラマ!京浜工業地帯と富士山のコラボが実に素晴らしい!(銭湯の絵にはなりにくいけど・・笑) 横浜鶴見方面に見える大工場はJFE(旧・日本鋼管)の製鉄所ですな。
c0119160_21562443.jpg

左に目を向ければ光り輝く東京湾が一望!川崎と千葉・木更津を海底・橋梁で結ぶ「東京湾アクアライン」。97年12月に総工費1.4兆円もかけて開通しました。(開業時・通行料金は片道4千円) 往復で8千円もする道路になんか乗るもんかと思っていたら、今はETC普通車で2千円強、夜間割引を使えば1,500円で結構お得かも・・・。ゴルフで相乗りする人にとっては経済的な道です。


      ......「東京湾アクアライン」、「風の塔」(左端)&海上の橋梁道路(右端)......
c0119160_2210176.jpg

冬の季節風で波は立っているけれど、陽光に反射する海は何か春うららのような光景です。
東京湾を隔てて遥か先には新日鉄・君津製鉄所が見える!川崎と千葉はこんなにも近いなんて!


  .....遠く対岸に千葉・工業地帯(新日鉄・君津製鉄所)が見える!拡大クローズアップ!.....
c0119160_2245478.jpg


さらに視界を左90度に切り替えれば、羽田空港方面。アクアラインの方から次々に飛行機が着陸してきます。そういえば、昨年1月金沢出張で夜に帰ってきた時の東京湾夜景は実に美しかった。


       ......旅客機が飛来し東京湾を横断して、羽田空港着陸していく......c0119160_22281096.jpgc0119160_8215778.gifc0119160_22284354.jpg
c0119160_2231059.gif

逆に飛び立つ飛行機は北側へ向かって離陸していきます。おお!何と今日は茨城・名峰「筑波山」(百名山)も見えるではないか!東京・神奈川・千葉・山梨・茨城が一望俯瞰できるとは感動的~

       ..........羽田空港を離陸していく飛行機、霞んではいるが「つくば山」も望めた。.....
c0119160_2232066.jpg


凪の如く穏やかな「東京湾」、陽光が海に反射して眩しく煌いています。輝く水平線の先を見れば房総半島と三浦半島が接近し合い、まるでゲートのようだ。あれが「浦賀水道」か!やはり狭い・・

      .......「浦賀水道」は狭い海峡をタンカーや漁船が多く往来する。(事故が起き易い訳だ)......c0119160_22332224.jpgc0119160_22333635.jpg



★川崎から日本第2の高峰・「白峰三山」も見えた!

さてお目当ての富士山を眺望!(昨年から富士ばっか見てるかな・・) おお~、また積雪量が増えているぞ!数日前が全国的に雨だったことから、雪になって裾野3合目くらいまで真っ白だ~!

      ........冬の晴天日、たなびく工場煙突の煙&雄大な富士山 (手前は大山&丹沢)......
c0119160_22465629.jpg


ん?右の白い山は何だ・・? 頭を廻らせて考えてみたら・・、「南アルプス」の「北岳」ではないか!
富士山(3776m)の断トツ1位には差をつけられていますが、「北岳」(3193m)は立派な日本第2番目の高峰なのです。隣は「間ノ岳」と「農鳥岳」、この3名峰を「白峰(または白根)三山」と呼びます。


    ......川崎工業地帯から南アルプス「北岳・間ノ岳」を望めるとは思わなかった!驚)......c0119160_2248384.jpg
c0119160_22501071.jpg

「間ノ岳」という山も一般に馴染みがないかもしれませんが、有名な「槍ヶ岳」よりも高く全国4番目の標高なのだ~。煙たなびく川崎コンビナートから、日本の標高1・2・4位の名峰が一望できるとは思わなかった! 「○○と煙は高い所に昇りたがる・・。」 誰っ?言われる前に自分で先に言っとこ。


       .......川崎東京湾千葉の位置関係  (地図をクリックすると拡大表示)......c0119160_22581635.jpgc0119160_22583493.jpg

この「川崎マリエン」は東扇島ICを降りてすぐ、何と4月から展望室は無料開放になるとのことで、晴れた日にこの大パノラマをフラリと見にいくのも一興かもれません。今日は実にいい日だった。
c0119160_2313159.jpg

おっと今日は景色を見に来たのではありません。本願が実現し本当にいい日が来ますように・・。

                                                     おわり





c0119160_232514.jpg

PS:最近いろいろなアングルから美しい南アルプスを遠望できる機会に恵まれています。
   今まで登った数々の南アルプス名峰たちを思い出し、レビューしてみたくなりました。
   次回は「南アルプス・名峰レビュー」と称して、北部・南部の山々を2回に分けて紹介します。

                                       南アルプスの特集記事はコチラから

  by rollingwest | 2009-02-03 20:16 | 都会の風景 | Comments(29)

<2007年9月27日>長沢浄水場(その1)~「山田建築美」と「水のありがたさ」を知る~

★長沢浄水場

先日掲載した「隅田川三橋・東京下町風景」レポートの作成に携わった時、「永代橋」「清洲橋」の設計者である「山田守」の名前を初めて知りました。→「隅田川三橋と東京下町風景」

                   永代橋(左)と清洲橋(右)c0119160_15122247.jpgc0119160_15201568.jpg


川崎市自宅の近隣丘陵には、この方によって昭和32年につくられたお洒落でモダンな芸術建築「長沢浄水場」があります。(小生と同い年生まれであり、今年で建築50周年を迎えます。)

また「長沢浄水場」は、少年時代夢中になった特撮TV「ウルトラQ」「ウルトラマン」の撮影舞台だったということもあって、「山田守アート建築美」と一緒に取材すべく早速に構内見学をしてきました。

c0119160_15245174.jpgc0119160_15273319.jpg
..↑建築当時の浄水場(建築家山田守研究所サイト:掲載了解済)...今年改築お色直しした建物↑...

事前に見学許可を得て職員の方に構内案内をしてもらい、東京・神奈川に供給されている上水道の水源や水系・流路も勉強することができましたのであわせてレポートいたしましょう。


★建築家「山田守」

「山田守」(1894-1966)は日本を代表する近代建築家のひとりで、数々の有名な建築物(東京逓信病院・電信局、日本武道館・聖橋・京都タワー・新潟万代橋など)をつくった人だそうです。
このたび「山田守建築事務所」様や「建築家山田守研究所」様よりご協力を頂きました。
誠にありがとうございました。  リンクHP→リンク:「山田守建築事務所」


....(左)日本武道館(九段)......                    ....(右)万代橋と信濃川(新潟)..
c0119160_154838100.jpgc0119160_15443598.jpgc0119160_1545541.jpg
....「山田守の」肖像写真↑(建築家山田守研究所サイトよりお借りしました)....

先日紹介した「永代橋」「清洲橋」のデザイン設計の他に、数々の公共建築物(病院・電信局・水道局等)にその名を残しています。ファンタジックな美しい曲線やアーチを取り入れた不思議な美しさを建物の中に表現しており、多分この方は先進・未来志向でお洒落な人物だったのでしょう。


★「マッシュルーム・コラム」建築

長沢浄水場」は川崎市北部(多摩区)の丘陵地高台に立つ浄水施設で、近くには聖マリアンナ医大病院・専修大学生田キャンパス・向ヶ丘遊園・生田緑地・岡本太郎美術館などがあります。
ここには東京都と川崎市の2つの浄水場が隣接していますが、今回構内見学させてもらったのは「東京都の長沢浄水場」でした。(隣接の川崎市水道局建物は後半「ウルトラQ」で紹介します。)


この建物が特徴的だな・・と思ったのは「マッシュルーム・コラム」と呼ばれる「キノコ型円柱」が列をなして配置されていることです。長い廊下に林立するキノコの列柱は、浄水場とは思えない美術館通路のような独特な雰囲気を醸し出していました。この廊下風景が一番優美でよかったですね・・。
c0119160_16213553.jpg
...「マッシュルーム・コラム」が連続する「操作廊下」↑以前は外柱も含めオレンジ色だった。.....


「山田守」のデザインは、曲面を用いた伸びやかな造形を特徴として日本の建築界に異彩を放っている・・・。と紹介されているとおり、建物内部に散りばめられている「マッシュルーム・コラム」群は「京都タワー」の和ロウソク表現や「聖橋」の美しいアーチに共通するものを感じます。「キノコ柱」は構内エントランス・階段などにも配置、会議室はさながら美術館ギャラリーのようでした。

c0119160_16315960.jpg
        .....「マッシュルーム・コラム」の会議室↑、実に優美秀麗!.....


キノコ柱は建物外壁からも見ることができますが、このような外観デザインこそ山田建築の独特な優美表現です。でも優しい色に塗り変わり、建設当時(白黒写真)と雰囲気は大幅にイメチェ~ン!

..(左)京都タワー(批判も受けましたが・・)....          ...(右)聖橋のアーチ(御茶の水)..c0119160_16421223.jpgc0119160_16422993.jpgc0119160_16424512.jpg
.....建物を支える「マッシュルーム・コラム」↑は外面からも見えて、モダン建築美は一層映える。....


今年、耐震強化のため改修が行われたのですが、目に優しいアイボリーホワイト色に塗り変えられたことから、さらに「美観を意識した建造物」に生まれ変わっているような気がします。




★「浄水場」構内見学

せっかく構内見学の機会が得られて、建築美だけでなく「浄水の仕組み」についても職員の方から教えていただいたので、今回構内撮影した水道局としての浄水施設写真も公開してみましょう。

...↓浄水プール内部....沈殿・ろ過装置や水処理プール池↓...(ここは高台で景色がよい)c0119160_1743910.jpgc0119160_1745490.jpgc0119160_175724.jpg
                              ...高度浄水処理装置↑(出典:東京都水道局)...

「浄水」とは、河川から取り入れた水を安全な飲料水にするために行う3段階の処理工程、「沈殿」「ろ過」「消毒」のことをいいます。長沢浄水場が取り入れている水の源は相模湖・津久井湖です。

浄水場には、これらの処理を行うプール池・ろ過装置・取水ポンプ・太陽光発電パネラー等が配置されており、活性炭・オゾン処理ができる「高度浄水処理装置」もありました。この装置は、東京の各浄水場にも順次増強していく予定で、東京の水もだんだんと美味しくなっていくことでしょう。



★「東京の水源」・「神奈川の水源」

東京都の水源を調べてみると78%が「利根川・荒川」水系」(群馬・秩父のダム)、19%が「多摩川」水系、「相模湖」水系他は3%となっていました。「東京都長沢浄水場」は「相模湖」水源で世田谷区・大田区に水を供給していますが、東京全体の中での供給量割合は超少数派なんですね。

              ※↓クリックするとグラフ・地図が拡大表示がされます。
c0119160_17281415.jpgc0119160_17283634.gif
 .....↑東京都の水源(出典:都水道局).....神奈川県の水源・ダム・河川↑(出典:神奈川県HP)....

今年は「暖冬による雪不足」・7月初めの「カラ梅雨傾向」で全国的渇水が心配されるという局面が一時ありましたが神奈川県については水不足で困ったという話をあまり聞いたことがありません。
実際に調べてみるとやはり神奈川県の水源は実に豊富、何と4つの貯水ダム湖と2つの大きな川によって支えられていることがわかりました。

c0119160_17403664.jpgc0119160_17405396.jpg
.......神奈川県の豊富な水を支える水源ダムは4つある。(左)相模湖ダム、(右)宮ケ瀬湖ダム.....


相模川」「酒匂川」・鮎も遡上する2系の河川、「相模湖・津久井湖・宮ヶ瀬湖」(3つの湖の水系元は山梨)と「丹沢湖」(神奈川)という合計4つの大きなダム湖、これらの水源供給力は万全です。
相模川の源流を辿っていくと先日訪ねた大月「桂川」や富士「山中湖」、酒匂川の源流は丹沢や御殿場に行き着きます。つまりそのルーツは「富士山」や「丹沢・道志山塊」ということなのか・・・。

な~るほど、神奈川が豊富な水に恵まれている理由がよくわかりました。先日「川崎の水ってマズそうだね。」という人がおりましたがそれは大きな誤解・・、実は神奈川県の水は美味しいのです。

c0119160_17393383.jpg
   .....「長沢浄水場・水彩画」、浄水場パンフレット表紙(掲載許可了解済).....


人間の命の源は水。人体の60~70%が水から構成されており健康維持は水が大事と云われます。(汚染水拡大の現在の中国の人たちは環境激変・健康不安の恐怖に晒されていることしょう。)
日本は世界的にも水に恵まれた国のひとつ(←山や森林の多い国土・雪解け水・多雨気候・台風・高度な水利技術等)ですが、このようなプロセスを経てさらに安全かつ美味しい水を安定供給してもらえる幸せを日本人は感謝しなければならないと思いました。 水道局の皆さん、ありがとう・・。


 
(後半)            →長沢浄水場(その2)~「怪獣特撮TV」ゆかりの地を訪ねて」に続く



                                               

  by rollingwest | 2007-09-27 23:03 | レトロな風景 | Comments(0)

<2007年6月3日>梅雨入り前(近隣風景)

今年の初夏は、意外と過ごしやすい日々が続いています。
クールビズがスタートいたしましたが、半袖では肌寒いときもあるくらい爽やかな空気の日が多いような気がします。 (コル巻きの身としては、非常にありがたいことです。)

一年で一番過ごしやすい初夏の爽やかな日々、あとどのくらい楽しめるのでしょうか?


★↓いよいよ紫陽花の季節(ガクアジサイが鮮やか)   ↓初夏の花が咲き誇る道端風景(タチアオイ)c0119160_13525561.jpgc0119160_13531287.jpg


川崎市民ミュージアム前で鎮座する「トーマス転炉」↓旧:日本鋼管(現JFE)から寄贈されたもの
c0119160_13545780.jpg
(左)川崎等々力スタジアム (右:遠方高層ビル)現在急ピッチで建設中の武蔵小杉駅前のマンション群

↓等々力スタジアムは川崎フロンターレの本拠地。 Jリーグ草創期にはヴェルディ川崎でカズ・ラモス達が活躍c0119160_1356829.jpgc0119160_13562095.jpg
今のヴェルディはJ2でボロボロ状態・・・。↑かたやフロンターレは本当に強くなったもんだ。(祝!AFC出場)


ガクアジサイの花は二重構造になっており、中央部が両性花(オシベとメシベを持ち実を結ぶ)で、花びらの大きい方が外周花(中性花で実は結ばない)だそうです。  ←実に勉強になりました。
c0119160_13572090.jpg
あと1~2週間もすれば、蒸し蒸しとした憂っとうしい日々に入ることでしょう。
まあ今年の夏は水不足の危機も懸念されますので、雨もそれなりに降ってもらいたいものです。
梅雨入り前の季節の変わり目、皆様くれぐれもお体にはご自愛ください。


紫陽花も美しく咲きはじめてきましたので、そろそろアジサイ名所を訪ねてみる予定です。
次回は紫陽花満開レポートを掲載しますのでお楽しみに・・・ (^-^)>♪          おわり

  by rollingwest | 2007-06-03 13:47 | 花鳥風月(季節の風景) | Comments(7)

<2007年4月20日>川崎大師:御礼参詣


今回遭遇した事故は予想外の重症、神経をやられていたら車椅子生活になったかもしれません。
人生いつ思わぬ不幸が襲ってくるかわかりませんが、今回は本当に不幸中の幸いでした。
40代最後の歳での若さで身障者になっていたならば、これから家族をどのように養っていくのか?家族から介護を受ける身になっていたのかもしれない・・・と思うと、本当にぞっとします。
c0119160_2148610.jpg


今年50歳を迎えるにあたり立春の日(2月4日)に家族で川崎大師へ厄除け祈願に行っていたこともあって、今回の「九死に一生」はその殊勝(?)な心がけの果報(?)だったのかもしれません。
助けてもらった川崎大師殿に感謝しなければと思い立ち、御礼参りに行かせていただきました。
(^-^)>♪ 「南無大師遍照金剛~・・・ 」 (^-^)>♪

c0119160_21471750.jpg
c0119160_22221457.jpg

...通常は人が溢れる参道や境内は閑散、トントコ飴の店も静かでイメージが違う...



★金剛山金乗院平間寺

川崎大師といえば初詣客数が全国第3位の人気スポット。参詣のときは常に人混みの中です。
今回の御礼参りは、平日参詣(自宅療養中の利を生かし)であったゆえに人の姿はまばら・・。
こんな閑散とした川崎大師の風景は初めてです。
これをいい機会に、由緒ある名刹の風景・雰囲気をじっくり逍遥して楽しんでみることにしました。


....↓八角五重塔、この寺の正式名は金剛山金乗院平間寺(へいけんじ)......
c0119160_21574624.jpgc0119160_21583153.jpg
...「南無大師遍照金剛」=「私は空海大師に帰依します」の意味。↑空海銅像...


このお寺は、真言宗智山派の大本山弘法大師(空海)が祀られており、西新井大師・佐野厄除け大師と並んで「関東三大師」に数えられているそうです。
今年は開創以来880年目の年を迎えるとのこと、8年後は何と「888」のトリプル末広がりの目出度い節目ではないですか!幸福にあやかれそう・・・。
独身~結婚してからの13年間は川崎市武蔵小杉に住んでいたことから、厄除けや自動車購入時の安全祈願は当り前のように大師祈願に来ていたましたが、いつも大混雑の中なので慌しく参詣を済ませて帰っていくことが常でした。
たまには身近のお寺を京都・奈良見学気分で散策してみよう。落ち着いた荘厳な雰囲気や沢山の見所をじっくり訪ね歩いてみると、日頃知りえぬ名刹の本来の姿があることをあらためて感じます。

c0119160_23242042.jpg
.....自動車交通安全の祈祷殿、何かインドや東南アジアの寺院みたい。......



★大師公園

川崎大師の隣には「大師公園」があるので散策がてら足を伸ばしてみました。
緑が多く、広い公園には子供たちが遊び活気のある地元の憩いの広場となっています。
その一角に「瀋秀園」という中国庭園がありました。
中国瀋陽市から友好都市提携5周年記念で贈られた庭園で必見の場所です。c0119160_2237947.jpgc0119160_22355921.jpg
c0119160_22361190.jpg

中国の鮮やかな門をくぐってみれば、あざやかなボタンの花が咲き誇っていました。瀋陽の庭園を再現した公園は、水辺の風景とエキゾチックな中国建築と新緑とがマッチしており、
川崎市にもこんな風景があったのかとあらためて思います。


c0119160_22395340.jpgc0119160_22401251.jpg
c0119160_22402870.jpgc0119160_22404489.jpg

すがすがしい新緑の季節。爽やかな空気を味わって、取り戻した健康の喜びをかみしめながら、自分の足でゆっくりと散策できる幸をあらためて感じます。


c0119160_0355250.jpg
...この木、何の木?気になる木~♪ 大師公園の真ん中にある大木の脇で...



★節目感慨

今回の御礼参りは健康・家内安全のありがたさをあらためて認識し感謝した区切りの日でした。
厄除けは神仏に祈れば必ずしも実現するわけではなく、常に自分の心がけや日常生活次第だと思いますが、やはり信じれていれが何かに守られ救われるような気もしております。

c0119160_0375120.jpg


厄年は42歳前後ですが、それは人生寿命が60歳前後だった時代の云われであるように思えます。寿命スパンの7割時期が実際の厄年(42歳÷60歳=70%)だとすれば、現代では50~60歳がその実質的な当該年齢なのではないでしょうか?(平均寿命80歳×70%=56歳)

皆様も厄災に見舞われることなきよう、お体にはくれぐれもご自愛ください。  

  by rollingwest | 2007-04-20 22:21 | 寺社・史跡・古道 | Comments(1)