タグ:東京スカイツリー ( 7 ) タグの人気記事

 

<2015年1月1日>新年ご挨拶(浅草寺&東京スカイツリーからの大絶景)

                         【墨田区探訪:その6】


c0119160_17574342.gifc0119160_1758252.jpg
c0119160_17581992.jpg

      

           
★2015年到来!今年の初記事は「東京スカイツリー」!


皆様、明けましておめでとうございます!日々皆様より数々のコメントを頂き、感謝の一言・・、今年も楽しく情報交流をよろしくお願いいたします!さて今年冒頭の初日の出は東京スカイツリーからレポート!昨年12月に訪ねた「浅草寺」と「スカイツリー天望回廊」から大東京の絶景パノラマをお楽しみ下さい!


   ......(左)浅草寺・五重の塔&東京スカイツリー (右)アサヒビール本社に映り込むスカイツリーと朝日.....
c0119160_183558.jpgc0119160_183402.jpgc0119160_1841271.jpg


c0119160_1842345.jpg


元旦は柏崎で過ごしていますが、正月3ケ日の浅草寺は物凄い人出なのでしょうね~。人混みが大嫌いなRWは年始の有名寺社での初詣は殆どしないようにしています。毎年、川崎大師に参詣するのは年末御礼参り。大晦日の朝は参拝客が疎らで静謐な空気の中でユックリお参りができます。


    ......年明けて浅草寺は、初詣客で今頃は超ごった返しと思います。お疲れ様~.....
c0119160_18112530.jpgc0119160_18114872.jpgc0119160_1812527.jpg




c0119160_18121879.jpg


昨年末は2週連続で浅草寺を訪問。1回目は12月中旬、天気予報晴れが外れて曇りとなってしまいスカイツリー眺望は肩透かし・・。絶景は諦め、浅草寺徘徊に切り替えて翌週再挑戦することに・・。12月下旬のリベンジ日は西高東低の冬晴れ快晴!混雑を避けて朝一番で天望回廊に登り大願成就!
c0119160_19553462.jpg
c0119160_19555455.jpg






★静寂なる朝の浅草寺風景(12月20日)


    ......殆ど人の姿がない「浅草雷門」、いや~こんな光景は生れて初めて見たかも!.....
c0119160_19405112.gifc0119160_1941568.jpg
c0119160_19412189.jpg

 
2回目のリベンジ日は朝7時半に浅草寺に到着、一点の雲もない快晴青空、凛とした冬の空気に包まれて疎らな人影の浅草は実にレアな光景です。仲見世通りが遥か先まで見通せるのも初体験!


      ......(左)誰もいない仲見世通りの裏側を歩いてみる (右)参道の羽子板装飾......
c0119160_19454237.jpg
c0119160_19455328.jpg

        ......早朝に訪ねた仲見世通り(昨年師走下旬)、人は疎ら、空気は静謐.....
c0119160_19474624.jpg
c0119160_19475786.jpg

仲見世通りが行き果てると宝蔵門.が現れ左手には五重の塔の雄姿が・・。門をくぐれば浅草境内に堂々建立されている観音堂。いや~、こんなにもガラガラ状態の浅草寺境内も初体験ですね~!


          ......(左)朝の観音堂には参拝客も疎ら (右)五重の塔と宝蔵門.....
c0119160_2010789.jpgc0119160_20102858.jpg



c0119160_20104844.jpg


       ......関東大震災や戦災で焼けおち何度も再建修復されてきた本堂の威容!.....
c0119160_20154249.jpg
               
誰もいない観音堂で心静かにお参りを済ませて凛とした朝の空気の中で思い切り深呼吸!五重の塔とスカイツリーが青空中心部に呼応するような立ち姿が実に美しい~!朝の浅草寺もいいもんだ!


          ......(左)静謐なる観音堂 (右)鮮やかに輝く御本尊(聖観音菩薩)....
c0119160_20174138.jpgc0119160_20175263.jpg


c0119160_20181562.jpg

     
  ......(左)雷門を裏から見る。正式呼び名は風雷神門なのか! (右)早朝の五重塔&スカイツリー.....
c0119160_20284579.jpgc0119160_2029215.jpg


c0119160_2029409.jpg






★1週間前は賑やかな浅草風景(12月13日)

さてさて今度は1週間前の浅草をレポートをしてみたいと思います。曇りになったのでスカイツリー眺望は今回あきらめてブラブラと散策しながら下町風情を満喫。人がゴッタ煮状態になっているいつもの風景

     .....(左)観光客で賑うお馴染の雷門光景 (右)正式名は金龍山浅草寺(境内MAP)....
c0119160_20375988.jpgc0119160_20381435.jpg




c0119160_20383557.jpg


浅草雷門前は外国人観光客や修学旅行生・カップルなどが次々に入れ替わり立ち替わり記念社員を撮っています。最近は携帯を固定して自撮りするスティックがかなり普及してきたようだ。仲見世通りに入って見ると正月の装飾準備も整えられており、人混みの中で活気が溢れています。


     ......(左)自撮り棒を使って携帯撮影する韓国女性 (右)大勢の人で賑う仲見世通り.....
c0119160_20455038.jpgc0119160_20461389.jpgc0119160_2046275.jpg



c0119160_20464490.jpg


         ......(中)新仲見世商店街天井には芸能人バナー (右)宝蔵門の大提灯.....
c0119160_2053116.jpgc0119160_20534014.jpg
c0119160_2053531.jpg


浅草寺の境内は護摩の煙がモクモク、これも定番光景。正月3ケ日はこの護摩壇に来るまで長い列を連ねているのでしょう。「家内安全・無事健康」が一番!RWは大晦日の朝に川崎大師で祈願済み


          ......境内・護摩壇の煙を浴びて無病息災を祈願する参拝客.....
c0119160_20553371.jpg
c0119160_20554540.jpg

    ......(左)境内には鯉が沢山(滝登りしそうな奴も) (右)境内の紅葉が綺麗でした.....
c0119160_20572877.jpgc0119160_20574073.jpg




c0119160_2058784.jpg
c0119160_20582330.jpg


裏路地の「花やしき遊園地」はいつまでも頑張っているなあ・・、昔ジェットコースターに乗りましたが民家屋根をすり抜けるような感じでした。昭和レトロの風情がタップリ残るこの懐かしさこそが浅草の魅力です。


               ......「花やしき遊園地」周辺を散策してみよう.....
c0119160_21103527.jpgc0119160_21105094.jpg


c0119160_21111070.jpg


                 ......花やしき遊園地の路地裏の魚屋さん.....
c0119160_21145039.jpg


c0119160_2115647.jpg


        ......(左)西参道お祭り商店街 (右)廃墟ビルのような浅草観音温泉.....
c0119160_21173632.jpg
c0119160_21175010.jpg

1970年代半ば(小生が大学生時代)に散策した頃、「浅草六区」はまさに廃墟・ゴーストタウンのような雰囲気が漂い寂れた状態だっだ記憶があります。しかしその後、浅草の活気を取り戻そうとする街ぐるみの活動が実って今や世界に誇る「Asakusa」に見事復活。スカイツリー開業はさらにフォローウインド!


      ......(左)わけあり本舗(新仲見世商店街) (右)柳小路からスカイツリーが!.....
c0119160_21191642.jpg
c0119160_21193174.jpg


                ......(上)浅草ロック座周辺 (下)浅草演芸ホール.....
c0119160_2128087.jpgc0119160_21282678.jpg
c0119160_21284563.jpg

c0119160_21313561.jpg
c0119160_21321785.jpg

浅草六区から浅草公会堂のエントランス路上には、有名人の手形が沢山埋め込まれています。浅草の路地や裏手を歩いてみるとまだ隠れたお宝物が発見できそうな予感あり、また探検に来てみよう。


             ......(左)人力車乗り場 (右)浅草公会堂の芸能人の手形.....
c0119160_2134797.jpgc0119160_21342619.jpg
c0119160_21344154.gif

c0119160_21345956.jpg





★吾妻橋から業平橋へ、東京スカイツリー建設・伸長の軌跡


再び1週間後(12月下旬)の冬快晴日に戻りましょう。今日は確実にスカイツリー天望回廊から素晴らしい大東京の絶景を満喫できること間違いなし!「吾妻橋」を渡りアサヒビール本社(通称ウンチビル)方面へ・・


       ......「吾妻橋」を渡る。一点の曇りなき青空にスカイツリーとアサヒビール本社が屹立.....
c0119160_21464679.jpg
c0119160_21471974.jpgc0119160_21474264.gifc0119160_2148973.jpg

c0119160_21484148.jpg


アサヒビール本社(ビールジョッキを模した建物)へ来ると、朝日で輝くビルが金色ガラス窓に映り込んでおり感動的。そこには勝海舟様が堂々屹立しています。「いざ目指ざせ、スカイツリーを!」と励ましのお言葉


     ......(左)アサヒビール本社前に向って指をさす勝海舟 (右)1週間前にもご対面済み.....
c0119160_21551430.jpgc0119160_21555413.jpgc0119160_2156786.jpg






c0119160_21562424.jpg


業平橋方面へ歩き進むとスカイツリーの姿が大きくなってきます。実はRWは2008年の着工時からスカイツリーが伸長していく姿を節目節目で撮ってきました。着工1年目はまだ筍のような形で可愛かった・・


  ......(左)業平橋路地から見るスカイツリー (右)2008年7月建設着工時 (下)2009年5月建物基礎.....
c0119160_2231813.jpgc0119160_2234669.gifc0119160_2241234.jpg








c0119160_225655.jpg


   ......(左) 2009年7月(着工1年目) (中) 9月(1年2ケ月) (右)11月205m(1年4ケ月).....
c0119160_22151173.jpgc0119160_22155291.jpgc0119160_22161143.jpgc0119160_22152558.jpg


c0119160_22163236.jpg


その後スカイツリーは毛糸の青い帽子を被った蝋燭のような塔に姿を変え、2010年秋には天望デッキ(下側の節目)が完成。2011年はさらに最上部の天望回廊と電波塔アンテナ部の建設仕上げ段階へ


    .....(左) 2010年4月(1年9ケ月)綿飴を頬ばる娘(当時16歳) (右) 2010年末は最終段階.....
c0119160_22252778.jpg
c0119160_22254048.jpg

このレポートは3年前の記事(下記URL)に纏めてありますので是非御覧下さい。しかしスカイツリー開業以降、人混みが嫌いなRWは当エリアには一切近付かないようにしていました。ブームが一段落した冬晴れ(視界が確実保証)の日をかねてから狙っていたのだ。開業後1年半余り、遂にその日がやってきた!

                              「東京スカイツリー伸長の軌跡」(2011年12月記事)

c0119160_22272257.jpg

               ......東京スカイツリーの建設・伸長の軌跡(連続写真).....
c0119160_2228788.jpg
c0119160_22282610.jpg


                      「開業を待つ東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー」(2012年4月記事)




★いよいよスカイツリー「天望回廊」へ!世界に誇る東京の大パノラマ絶景!


スカイツリー足元にある商業施設「そらまちタウン」に到着、真下からスカイツリーを見上げると、首が痛くなる程でやはりドデカイ塔だな~と実感!すみだ水族館脇にあるエントランスからエレベーターで天望デッキへ!


    ......いよいよスカイツリーの足元に到着!今日は最高のパノラマビュー日和、これから登るぞ~.....
c0119160_22375785.jpgc0119160_22381148.jpg

c0119160_22382589.jpg











c0119160_22383797.jpg


     ......高速エレベータに乗って一挙に「天望デッキ」(350m)へ、絶景眺望に見入る家族連れ、.....
c0119160_22455150.jpgc0119160_2246912.jpg







c0119160_2246233.jpg


入場料は高速エレベーターに乗り「天望デッキ」に行くだけで2千円、さらに最上部「天望回廊」は追加の千円で合計3千円もかかりチト高い気もしますが、日本一の展望体験だからしょうがないネ。そしてついに「天望回廊」(標高450m)に到着!やはり凄い~、冠雪富士山と大都会東京のコラボ絶景だ!


   ......世界遺産・富士山と大都会高層ビル群が一緒に展望できる東京はやはり世界に誇れる!.....
c0119160_22535051.jpgc0119160_22533863.jpg


c0119160_22532267.jpg


        ......(左)白髭橋・堀切・千住方面  (右)荒川(平井大橋)、右側は北十間川.....
c0119160_23175164.jpg
c0119160_2318129.jpg

高所に登りたがるRWは登山で色々な眺望を満喫してきましたが大都会中心部で634m標高パノラマにはさすが唸らせられた・・。真下を覗けばスカイツリーの影も!高所恐怖症の方はチト怖いかな・・(笑)


  ......(左)葛飾から仰ぐ筑波山 (中)隅田川に映るスカイツリーの影 (右)駒形橋・アサヒビール・吾妻橋....
c0119160_22581432.jpgc0119160_22582664.jpg
c0119160_22583877.jpg

        ......(左)両国橋&大相撲の両国技館 (右)真下を覗けば足も竦む様な光景.....
c0119160_2304762.jpg
c0119160_23124.jpg

天望回廊は斜めに巻き上げる様な構造(蝸牛の殻の如し)になっており、回廊を歩き進むと高度を徐々に上げながら360度パノラマを楽しめる仕組みです。臨海部に目を向けるとかつての主役だった東京タワーが見えてきましたが小さく見えるなあ・・。スカイツリーの高さはほぼ2倍だから当然のことか・・


                ......東京タワー(右端)と港区・品川の高層ビル群.....
c0119160_2334325.jpg
         
   ......(左)スカイツリーの影&花見で賑う言問橋と桜橋. (右)天望回廊の内部(宇宙船みたい)......
c0119160_234438.jpgc0119160_2342070.jpgc0119160_2343367.jpg


c0119160_2345360.jpg


東京湾のパノラマは雄大!房総半島(新日鉄住金・君津製鉄所も確認)や東京湾アクアライン「風の塔」、手前には東京ゲートブリッジ(2012年開通)も見えます。左側には東京ディズニーランドが現れて来た!


     .....海の彼方には房総半島(千葉県)、上空に連なる雲が北アルプスのように思えた......
c0119160_2393516.jpgc0119160_2395577.jpg








c0119160_23101182.jpg


        ......(左)東京ディズニーランドと金色に輝く東京湾 (右)東京湾上に輝く朝日.....
c0119160_23105270.jpgc0119160_2311974.jpg

c0119160_23112312.jpg


c0119160_23115611.jpg


360度大回廊には外国人もかなりいましたが、霊峰富士と東京湾&高層ビル群を一挙眺望できることに感動しているんだろうなあと日本人として誇らしい気持ちになりました。中国人は何でこんなに空気が綺麗なんだ?とビックリしていることでしょう。開業から1年半、RWの夢もようやく叶いました。


  ......(左)冠雪富士&高層ビル群 (右)高尾・秩父の山&新宿 (下)池袋&上野公園・国立博物館....
c0119160_23271817.jpgc0119160_2328321.jpg






c0119160_2327373.jpg




c0119160_23275043.jpg


    ......(左)すみだ水族館で海の芸術を楽しむ (右)その後は両国駅で相撲や昭和を探訪.....
c0119160_23372786.jpgc0119160_23374127.jpgc0119160_23375277.jpg


c0119160_233847.jpg


スカイツリー大眺望を満喫し、すみだ水族館で珍しい海洋生物達を見学。その後は両国駅で下車して江戸東京博物館に立ち寄ってみました。当記事は大相撲夏場所時期に公開予定です。新しい年を迎え、また一年間皆様方と楽しい交流を重ねて行きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

                                                        おわり

  by rollingwest | 2015-01-01 00:02 | 都会の風景 | Comments(124)

<2012年5~6月>「江東区探訪」(その2):夢の島公園&東京ゲートブリッジ

c0119160_904991.gif

2010年秋に公開した江東区探訪から1年8ケ月も経ってしまいました。当時はまだスカイツリーの高さが400mの頃。前回は下町中心エリアを紹介したので、後編は臨海部の見所を中心にレポート致します。

                                         江東区探訪(その1) はコチラから


  
★藤まつりの亀戸天神


亀戸天神はここ何回か訪ねていますが2010年7月訪問時のスカイツリーはまだ第1展望台の工事中。庭園覆う藤の木々は濃い緑を見せていました。あれからもう2年が経った・・!時の経過は早いネ~!

                          
         ........江東区ベイエリア(東京ゲートブリッジ脇)から撮影した完成後の東京スカイツリー.......
c0119160_9132367.jpgc0119160_9133372.jpgc0119160_9142312.jpgc0119160_9145969.jpg






c0119160_9151379.jpg

5月上旬、スカイツリーオープン(22日)前に藤まつりの庭園を満喫したいと思い立ち「亀戸天神」を再び訪ねてみました。例年ならば満開時期ですが今年は冬が長引いたためか爛漫藤にはチト早かったナ~


      .......5月上旬、亀戸天神(江東区)藤まつり訪問、スカイツリーは今回も撓っていた......
c0119160_9254327.jpgc0119160_926851.jpg



c0119160_9263176.jpg


      .......今春は全体的に花が遅い傾向、亀戸天神の藤棚も満開にはまだ早く7分咲き.......
c0119160_9314989.jpgc0119160_9324268.jpgc0119160_1416289.jpg






c0119160_933130.jpg


菅原道真が祀られる「亀戸天神」の藤は350年前の神社創建時から植えられたもので、歌川広重の錦絵にも描かれ、その見事さは江戸の人々に知れ渡りました。今は東京スカイツリーとのコラボだネ~


     .......満開になっている箇所の藤棚は鮮やか!初夏の象徴「藤」はやはり美しいネ~.......
c0119160_9391639.jpgc0119160_9393548.jpgc0119160_9395094.jpg






c0119160_1527475.jpg


         ........今年、亀戸天神は350年大祭を迎える。本殿に祈る参拝客.......
c0119160_12401432.jpgc0119160_12393598.jpgc0119160_12395799.jpgc0119160_12403512.jpg


c0119160_12405251.jpg





★東京臨海部「夢の島公園」


さて後編は「TOKYOウォーターフロント」の見所がメイン記事、亀戸天神から明治通りを南下して新木場方面へと向かいます。夢の島公園は、東京の東部ウォーターフロントに位置する都会のオアシス公園で、熱帯植物園や陸上競技場・マリーナなどもあり都民の憩いの場となっています。今は緑のドリームアイランドに・・


           .......ソテツが植えられ南国的な雰囲気を見せる「夢の島公園」.......
c0119160_12344567.jpgc0119160_1235888.jpg
             
c0119160_12354255.jpg


    .......(左)江東区夢の島・陸上競技場 (右)木陰のレジャーシートで寛ぐ親子.......

c0119160_14191162.jpgc0119160_14203012.gif

c0119160_14204918.jpg


しかし我々が小学校時代に聞いた当場所のイメージは「ゴミの島」でした。戦前は東京湾飛行場の建設予定地でしたが日本高度成長時代に東京都内の廃棄物が急増していく中、それに対応するため都は当地を廃棄物処分場として決定し、昭和32年から続々とゴミの山が築かれていったのです。


          ........かつてゴミの島だった夢の島、ゴミ焼却炉熱で維持される「熱帯植物園」.......
c0119160_142566.jpgc0119160_14251831.gif



c0119160_1426053.jpg
c0119160_14261265.jpg


              .......植物園内にはシダや竹、輝くヒカリゴケなど何でもあり.......
c0119160_14352284.jpgc0119160_14353815.jpg




c0119160_1436710.jpg


それ以降、昭和42年まで当地への埋め立ては続き「夢の島⇒ゴミの島」と揶揄されていたものです。しかしその後、都立「夢の島公園」が開園し廃棄物焼却場の熱を利用した熱帯植物園やスポーツ・レジャー施設等の整備が進み、都心臨海部の「緑の島」として生まれ変りイメージ改善にも成功しました。


               ........(左)滝越しに緑を撮影 (右)植物園のドーム天井.......
c0119160_14505645.jpg
c0119160_14511624.jpg


          .......気持ちいい木陰道を歩いて行くと、「第五福竜丸展示館」が出現.......
c0119160_14584318.jpgc0119160_14590100.gif




c0119160_14592170.jpg


植物園見学後、公園内を進み行くと今回の最大目的「第五福竜丸展示館」が現れました。早速館内に入り水爆実験で被曝した悲劇の船舶をこの目で見てみよう。5月末に新藤兼人監督が亡くなり、震災後の原発再稼働で国内意見が分かれている中で、この船を見学することは実にタイムリーです。


    .......5月末に100歳で逝去した新藤兼人監督が1959年に製作した映画「第五福竜丸」.....
c0119160_1563877.jpgc0119160_157636.jpgc0119160_1572326.jpgc0119160_1573891.jpg






c0119160_1575651.jpg


昭和29年3月1日、米国は北太平洋赤道海域のマーシャル諸島「ビキニ環礁」で水素実験を行いました。その爆発力は広島・長崎に投下原子爆弾の千倍以上にも達し、太平洋の広い地域に多大の被害を及ぼしたのです。今なら絶対あり得ない暴挙が約60年前に堂々行われたとは全く信じ難い・・


       .......(左)これこそ、水爆被曝した本物の第五福竜丸 (右)木製船舵の間を通過する人.......
c0119160_15414019.jpg
c0119160_15415577.jpg


日本のマグロ漁船「第五福竜丸」は当日ビキニ環礁の東方160kmの海上で操業していました。午前4時前に突如西の空が明るく輝き、水平線から巨大な火の塊・キノコ雲が浮かび数分後に大爆発音が轟いたのです。数時間後には空全体を覆った雲から白い灰が船甲板に次々と積もり始めました。


          ........(左)放射能被曝を伝える新聞記事  (右)ビキニ環礁原水爆実験のパネル.......
c0119160_15444668.jpg
c0119160_15451083.jpg


死の灰は乗組員の体に付着、鼻腔から体内に吸いこまれたのです。第五福竜丸は母港焼津に戻り、入院治療を受けましたが無線長・久保山愛吉氏が9月亡くなりました。残る船員達も次々と命を奪われ悲劇の水爆実験犠牲者は拡大、日本国民は一挙に放射能恐怖に覆われていったのでした。


          .......放射能雨やマグロ汚染の恐怖に怯える日本国民の当時の様子が伝えられる......
c0119160_15481648.jpgc0119160_15485271.jpgc0119160_1556331.jpg

c0119160_154922100.jpgc0119160_15495159.jpg

小学生の頃、雨が降り髪を濡らすと「放射能で頭が禿げるぞ~」と言い合っていたことが懐かしい記憶・・。第五福竜丸が被曝した昭和29年に日本が誇る最大怪獣「ゴジラ」がデビューしています。水爆怪獣ゴジラを生んだ人類の過ちを強く糾弾する恐怖映画には真摯なメッセーシが盛り込まれていた・・


   .....水爆実験で突然変異の怪獣出現、昭和29年ゴジラ(第1作)は反核の警告メッセージ......
c0119160_162626100.jpg      

原発稼働再開に揺れる日本は世界唯一の戦争核爆弾被曝の国ですが、水爆実験で犠牲となった漁船事件への記憶は少しずつ風化している様な気もする。初めて知ったという若い人も多いかも・・


           .......「第五福竜丸」を色々な角度からシゲシゲと眺めてみる.......
c0119160_16451137.jpgc0119160_16461562.jpg


c0119160_16464346.jpg


水爆被曝の悲劇に見舞われた生々しい船舶に直接対面し、チト重い雰囲気に浸りながら外に出て見ると再び明るい東京ウォーターフロントの対照的な光景が広がっています!余りにも落差が大きいネ~


          ........「夢の島マリーナ」全景、都心のド真ン中にもこんな立派なマリーナが・・!......
c0119160_16541660.jpgc0119160_178075.gif



c0119160_1763973.jpg


           .......夢の島公園の芝生テラスにて、カボチャオブジェで遊ぶ子供達.......
c0119160_1794972.jpg
c0119160_1710353.jpg


小学校時代から抱いていたイメージ「ゴミの島」だった「夢の島」が今は都民の癒し「緑の島」に生まれ変わっていることは30年前から認識していますが、久しぶりに当公園を歩いてみて東京都もバリエーション変化の大都市だネ~と再認識!第五福竜丸も今の視点で捉え直してみるのも必要なのかも・・


                .......「夢の島熱帯植物館」から戻ってきた道路風景.......
c0119160_17125214.jpg






★TOKYOウォーターフロントの新たな名所「東京ゲートブリッジ」


東京ウォーターフロントの「若洲海浜公園」(ゴルフ場・キャンプ場がある)と「お台場」エリアを、海上バイパスで一挙に結ぶ江東区の新橋梁が2月デビューしました。先日コチラも訪ねてきましたので紹介いたします。


        .......東京ウォーターフロントの江東区「若洲海浜公園」、キャンプ場やゴルフ場もあるのだ!.......
c0119160_17161020.jpgc0119160_17164880.jpgc0119160_1718677.gif



c0119160_171826100.jpg


       ........(左)臨海副都心・フジTV本社 (右)江東湾岸の幾何学的な橋&高層マンション群......
c0119160_17291598.jpgc0119160_1729329.jpg


c0119160_17295722.jpg

橋梁名は「東京ゲートブリッジ」。開所以来、東京湾岸部の写真撮影ポイントの新名所となりました。2つの鉄骨が見る角度によりヒヨコや恐竜に見え微笑ましい姿!スカイツリーや富士山とのコラボも見事です。


      ........(左)江東区沿岸部の首都高速道JCT (右)今年2月に開通した東京ゲートブリッジ.......
c0119160_17395730.jpgc0119160_1740919.gif

c0119160_17403285.jpg

         ......東京新名所となったゲートブリッジは2羽のヒヨコがkissしているように見える.......
c0119160_17471223.jpgc0119160_21535647.gifc0119160_17472757.gif

c0119160_2155466.gif



c0119160_17475075.jpg


東京ゲートブリッジは高速道路ではなく一般車や歩行者も通行可能。橋を歩くには若洲の設置エレベータから橋上歩道部へ昇ることもできます。ここからは東京湾越しに高層ビル群・スカイツリーが一望!


       ........ゲートブリッジ近くの埋立地から眺めた東京湾越しの高層ビル群&東京スカイツリー......
c0119160_1755385.jpg

     .......(左)朝の湾岸風景は実に爽快!(右)角度を変えると2頭の恐竜対決にも見える!......
c0119160_1814753.jpg
c0119160_1815744.jpg


夕暮で富士山と静かにコラボする東京ゲートブリッジ、夜に浮かぶライトアップの恐竜橋・・!何たる絶景!今後この外観は富士山やスカイツリーと共存し永遠に美しい都心光景を提供してくれることでしょう。


    .......(左)ゲートブリッジ夜景は超幻想的! (右)富士山媒酌にて口づけを交わすブリッジ夫婦......
c0119160_1852076.jpgc0119160_1855122.jpgc0119160_2232347.gifc0119160_2232347.gif


c0119160_1861329.jpg



       ......東京ベイエリアは魅力あふれる風景が毎年増えて撮影の宝庫となってきたネ~!.....
c0119160_18102694.gifc0119160_18105850.jpgc0119160_18111324.gifc0119160_18113266.gifc0119160_1811428.gif



c0119160_1812288.jpg


江東区は東京大空襲で焼き尽くされたため、歴史的な寺社史跡はあまり多く残っていない気がします。しかし江戸の海上物流を支えた運河や古い歴史を刻んだ神社(亀戸天神・富岡八幡等)は今もシッカリ健在、このエリアは新名所・スカイツリーとコラボして東京に新たな息吹を与えてくれる区の一つです。


                                                          おわり



次回は鎌倉・湘南探訪(その3)「映画・文学の都、鎌倉の風景」を紹介します。
c0119160_22381545.jpgc0119160_22382235.jpgc0119160_22385016.jpg

  by rollingwest | 2012-06-27 00:00 | 都会の風景 | Comments(64)

<2012年4月7日>開業を待つ東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー

                                                                                                                                        ★「東京スカイツリー」と「歌川国芳」


今年は厳しい冬の寒さがいつまでも残り、桜開花宣言は遅れに遅れました。4月に入り漸く全国の花便りが届き始め、5月22日に開業を迎える東京スカイツリーと隅田川周辺もようやく満開桜!昨年末、スカイツリーが着工(08/夏)してから伸長してきた軌跡記事を紹介しましたが、遂にオープンを迎えます。

                               「東京スカイツリー伸長の軌跡」の記事はコチラから


  ......待ちに待った今年の桜、隅田川・満開桜と完成した東京スカイツリーのコラボがついに実現!.....
c0119160_9239100.jpg
c0119160_558314.jpg
c0119160_5573859.jpg


スカイツリー伸長軌跡の記事でも紹介しましたが、昨年2月東京スカイツリー出現を予言した浮世絵が発見のニュースが報道されました。予言絵を描いた浮世絵師の名は最近俄然注目されてきた「歌川国芳」


     .......歌川国芳がスカイツリーを予言?国芳が江戸時代に描いた浮世絵「東都三ツ股の図」.....
c0119160_913189.jpgc0119160_9133640.jpgc0119160_9135091.jpg

c0119160_9141624.jpg


歌川国芳は画想の豊かさ・斬新なデザイン・奇想天外なアイデア・確実なデッサン力を持ち、浮世絵の枠に留まらない広汎な魅力を持つ作品を多数生み出し1800年代前半に活躍した個性的な絵師です。


         ........六本木ヒルズタワーで2月開催された「歌川国芳展」を見に行きました。.....
c0119160_9244627.jpg c0119160_9245522.jpg

c0119160_9251870.jpg


2月に「国芳没後150年展」が六本木ヒルズタワーで開催されていることを知り、鑑賞訪問してきました。またスカイツリー足元の隅田川に国芳の石碑があることも発見!スカイツリー&国芳をパッケージで満喫~!
まずその前に六本木ヒルズタワー展望台を楽しんでからにしよう。ここからの大都会パノラマは2回目だ。


       .......まずは六本木ヒルズタワー展望ラウンジを歩いてみよう。大都会パノラマを楽しむ.....
c0119160_113380.jpgc0119160_1133355.jpg

相変らずの絶景ですナ~!スカイツリー展望台ばかりが注目されていますが、六本木タワー展望はむしろ穴場だと思う。大混雑の中で慌ててスカイツリーに出かけて行くよりも今はコチラの方がお薦めかも(笑)
さてそれでは本日のお目当て・国芳の絵に会いに行きましょう。ウワ~、こちらの方は大混雑だ~!


         ........(左)グランドハイアット東京を見おろす (右)歌川国芳展の入口は大賑わい!.....
c0119160_1184727.jpg
c0119160_1194024.jpg






★個性的な浮世絵のオンパレード、「歌川国芳」の世界


        ........「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」 怪獣魚か?キワモノっぽいネ~!.....
c0119160_129779.jpg

歌川国芳の魅力は何と言っても画想の自由さ・豊かさ・無限に広がるイマジネーションの世界にあります。骸骨妖怪図や化け猫・怪魚・鳥獣戯画など物語の夢やロマンの世界を具現化する手腕において他に並ぶ者のない卓越した才能を示し、まさに江戸時代の先進的なグラフィックデザイナーと言えるでしょう。


        ........(左)五十三次之内猫之怪 (中)鍋島の猫 (右)源頼光公館土蜘作妖怪図.....
c0119160_1123276.jpgc0119160_11234726.jpg
c0119160_1124639.jpg

c0119160_112757100.gif
c0119160_11271151.gifc0119160_11272574.gifc0119160_11274187.gifc0119160_1461856.jpg
一般的な美人画や人物図も描いていますが、その描き方が実に個性的です。右の男の顔は裸男が絡み合って構成されています。「欽チャンの仮装大賞」で上位入賞できるパフォーマンスかもね~(笑)


    ........(左)縞揃女弁慶・松鮨 (中)山海愛猫度図会、爪イタ~イ! (右)裸男が絡まった人面図.....
c0119160_12103964.jpgc0119160_12112713.jpg
c0119160_12114732.jpg

        ........影絵(獅子・ミミヅク・般若面)は、絡み合った猫の影(右図)を映したもの.....
c0119160_1219434.jpgc0119160_12192673.jpg
c0119160_12201049.jpg


国芳は無類の猫好きで、猫をモチーフにした個性的な浮世絵が沢山ありました。上記真ん中の影絵は、般若面と獅子面が睨みあいミミヅクが仲裁しているように見えますが、実は猫が影絵役(右)を演じていたのです。擬人化の猫絵も沢山!裃を着た猫、歌舞伎スターを猫の顔に準えた図、実に楽しいネ~


    ........(左)猫が大好きな国芳、猫ロール絵巻 (右)猫の顎掻く図 (下)猫パネル脇を行きかう人.....
c0119160_13451879.jpgc0119160_1345449.jpg





c0119160_134686.jpg


      ........(左)流行猫の曲手まり (中)猫達のオンパレード (右)猫歌舞伎役者の団扇絵.....
c0119160_14173716.jpgc0119160_14175920.jpg


c0119160_14185497.jpg


魚・蛸や蛙・金魚を擬人化した個性絵も数々登場!まさに江戸時代に描かれた「鳥獣戯画図」ではないか!その下の馬絵や忠臣蔵討入り図を見ると西洋画風にも仕立てあげている。スゴイ才能~!


      ........(左)坂田怪童丸 (中)魚の心 (右)金魚の蓮傘、ウ~ン、魚版・鳥獣戯画ダネ~.....
c0119160_14281598.gifc0119160_14283038.jpg
c0119160_14285595.jpg

      .......(左)近江国の勇婦 (右)忠臣蔵十一段目夜討之図、西洋透視画法で表現....
c0119160_14351957.jpg
c0119160_14354226.jpg

国芳によって擬人化された動物戯画や表情・仕草は江戸っ子の生態そのものでした。そんなお江戸風景を再び六本木ヒルズの展望屋上に出て満喫してみよう!東京スカイツリー遠望も期待を込めて!






★六本木ヒルズタワー展望デッキに上がり再び大都会パノラマ!


展望デッキに上がるには展望フロア(1500円)の他にさらに300円の追加料金を払う必要があります。チト高い気もするけれど、東京スカイツリーの展望料金(第1展望台2000円、450m第2展望は1000円追加で計3000円)に比べれば安いのかもしれん。オ~!今日は快晴で素晴らしい大都会パノラマだ~!


        ........(左)六本木ヒルズからの冬富士 (右)新宿高層ビル群の林立風景.....
c0119160_14412184.jpgc0119160_14414176.jpg

c0119160_14421737.jpg


真っ赤な「東京タワー」がウォーターフロント摩天楼を従えて存在感をシッカリと見せている。昭和33年デビューから50年以上も日本一の大都会展望を楽しませてくれた昭和時代の象徴塔。今後も頑張ってネ~


       .......「東京タワー」とウォーターフロントの絶景、やはり素晴らしい元祖・昭和日本の象徴タワー!.....
c0119160_14531778.jpg

さて待望スカイツリーは眺望できるかな?北東方向に遥かに見える!外観は完成形だが、展望台や商業施設は5月開業に向け着々準備中。もっと大きな屹立遠望を想像していたが意外と小さかった。


      ........(左)オッ!遥かに「東京スカイツリー」が見えている! (右)クローズUPしてみました~!.....
c0119160_1457116.jpgc0119160_14571555.jpg


c0119160_1458374.jpg






★歌川国芳・石碑があるミステリー神社(隅田川沿い)を訪問


歌川国芳の世界に触れ、六本木ヒルズからの大都会パノラマを満喫した後は、車で墨田区に向かいました。歌川国芳の石碑が隅田川沿い「三囲(ミメグリ)神社」にあると知り訪ねてみました。ここは隅田川七福神の一つで恵比寿・大黒が祀られ、祭神は宇迦御魂之命(ugatamanomikoto)、食物の神様です。


        .......「三囲神社」(mimegurijinjya)の鳥居、ここは「隅田川七福神」の一つ.....
c0119160_15114759.jpgc0119160_15133094.gif


c0119160_1514747.jpg


     .......三囲神社(向島)・鳥居から見上げる東京スカイツリー、まさにお膝元の光景ですナ~!.....
c0119160_15201437.jpg
c0119160_15254435.jpg

隅田川沿いの神社なので東京スカイツリーが間近に見える。境内には何と三越デパートのライオンが鎮座しているではないか!三囲神社は財閥の三井家が崇敬している神社(三囲はmitsuiとも読める)


          ........鳥居をくぐると、三越のライオンが狛犬に替わって堂々と鎮座!.....
c0119160_15304174.jpg
c0119160_1531880.jpg

昔は田中稲荷と呼ばれていましたが、地中から壺が発見され開けてみると狐に跨った翁像が入っており、その時に白狐が突然現れ壺を三度回って消えたため三囲神社になったといわれています。


          ........(左)三井家を祀る顕名霊社 (中)包丁塚 (右)白狐の祠.....
c0119160_1534510.jpgc0119160_15341976.jpg
c0119160_15344586.jpg


三井家を祀った顕名霊社・包丁塚・白狐の祠などがありましたが、歌川国芳の石碑はどこだろう?目立たぬ所に変哲もない石碑を発見!奇抜な物はないが刻印を読むと確かに国芳足跡が窺える。


              ........(左)これが歌川国芳の石碑     (右)歌川国芳の自画像......
c0119160_15434355.jpg
c0119160_1545388.jpg


         .......(左)金太郎尽・関羽見立 (中)天竺徳兵衛 (右)通俗水滸伝豪傑・花和尚.....
c0119160_15561559.jpgc0119160_15564493.jpg
c0119160_15575542.jpg

一番目を引いたのは不思議な「三柱鳥居」。キリスト教三位一体神社や天皇家や渡来人秦氏のルーツではないかと云われます。三柱鳥居は全国で数社しかなく、京都市太秦「木嶋坐天照御魂神社」(蚕の社)が最も有名らしい。秦氏は八幡神や稲荷神社のルーツや神仏習合にも関係ある謎の一族です。


          .......三柱鳥居は、キリスト教三位一体にルーツ?秦氏の謎を解明したいナ~.....
c0119160_15552445.jpgc0119160_1652320.jpg

c0119160_1662616.gif


秦氏は日本に土木・養蚕・鋳造技術を伝えた一族。(ハタ=機織・畑作の語源に・・)その末裔も三井・越後屋にも繋がり三越百貨店へと発展したのか・・日本の産業・商業の基礎を作った一族かも・・


    ......三越のルーツは越後屋(三井高利)、狛犬がライオンとは・・やはり西洋文化の神仏習合か?.....
c0119160_16134368.jpgc0119160_16135988.jpg






c0119160_16142619.jpg


あっ、完全に脇道話に外れてしまった・・!今日のテーマは「東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー」でした。秦氏のミステリーはいつの日か有名な八幡神社や稲荷を訪ねた時に究明して行きたいと思います。
c0119160_16301498.gifc0119160_16304861.gifc0119160_16311586.gif
c0119160_16312984.gif





★東京スカイツリー、いよいよ開業の日を迎える


折角、隅田川まで来たのだから開業前のスカイツリー雄姿を堰堤から楽しんでみよう。まずは白髯橋から遥かに聳える塔を撮影!この辺は人が少なく静かな雰囲気。輝く太陽とスカイツリーのコラボがgood!


        ........白髯橋から眺めた隅田川&スカイツリー、粛々とオープンの日を待っている.....
c0119160_174260.jpgc0119160_1741789.jpg

c0119160_20241195.gifc0119160_20243433.jpg




c0119160_17315915.jpg


スカイツリー全景を収めるには一定距離が必要なので白髯橋辺りまで離れた方がいいかもしれない。でもやはり桜橋から仰ぐのがメインスポットとなることでしょう。アサヒビール・吾妻橋に向かって墨堤コースへ


       .......オ~!、アサヒビール本社(通称ウンチビル)が見えてきた!接近してみよう!.....
c0119160_17392528.jpgc0119160_20262281.gif
c0119160_1740548.gif



c0119160_17402359.jpg


5月22日スカイツリー開業に向けて着々と準備が進んでいます。下記写真がいち早くマスコミ公開されたスカイツリー天望デッキからの大パノラマ。やはり六本木ヒルズ光景とは高さが断然に違うことが解ります。


       ........これぞ天望デッキからの東京大パノラマ光景!3月6日一早くマスコミに公開された.....
c0119160_17515385.jpgc0119160_174647100.jpg





c0119160_17473670.jpg


     ........(左)業平橋駅はスカイツリー駅に改名 (右)「とうきょうスカイツリー駅」地図......
c0119160_1833184.jpg
c0119160_183557.jpg


天望デッキ料金3000円は高いと思うけれど、当面は予約で一杯。小生はブームが一段落して冬になってから行ってみようと思います。西高東低冬型時こそ、富士山から筑波山まで眺望できる絶好機会


     ......(左)天望デッキの予約販売に並ぶ人、チト料金高い (右)「都市と塔の物語」展示ポスター.....
c0119160_1811715.jpgc0119160_18122498.jpg
c0119160_18112843.jpg

それにしてもやはり歌川国芳のスカイツリー浮世絵には驚かされます。この位置から撮影したスカイツリーと脇の商業ビルの構図は正に瓜二つ。予知夢で見た2012年の隅田川光景を描いたとしか思えません。


       .......何度見ても不思議・・!スカイツリーの予言図としか言いようがない・・。.....
c0119160_1815841.jpgc0119160_18152575.jpgc0119160_1815395.jpg





c0119160_18161256.jpg


     ........国芳が今も存命ならばスカイツリーをバックに隅田川で暴れる鯨絵を描いたかも・・!....
c0119160_18235450.jpgc0119160_1828692.jpg
c0119160_18242980.jpg



元気を失っていた日本ですが、今年は世界一の電波塔開業で勇気づけられることは間違いなし!国芳さん、国良しの予言もありましょうな。桜の次は新緑季節・・「目に青葉・空見上げれば634塔


      .......さあ、いよいよ・・。5月22日オープンの日を待つスカイツリーと浅草・墨田の街、隅田川.....
c0119160_18323186.jpgc0119160_1832446.jpgc0119160_18331232.jpg

c0119160_18332917.jpg





                                                         おわり


次回は、「待ちに待った2012満開桜、旧友・家族と楽しんだ春爛漫(前編)」をお送りいたします。
c0119160_9404913.jpgc0119160_9413747.jpgc0119160_9413086.jpg

  by rollingwest | 2012-04-07 00:00 | 都会の風景 | Comments(64)

<2011年12月21日>「東京スカイツリー伸長の軌跡」 (今年のLASTレポート)

                          墨田区探訪(その3)


★2011年カウントダウン・・・、そして来年はいよいよ東京スカイツリーがデビュー!

c0119160_21482374.jpg


大震災や台風など色々な事があり過ぎた悪夢の2011年でしたが「真の意味で年を忘れ新たな気持で来年を迎えて再スタートしたい」・・。日本国民の共通の思いですが、その象徴は「2012年・東京スカイツリー開業」ではないでしょうか。いよいよ来年5月、華々しくデビューする日を皆が待ち続けています。


    ....(11年9月)来年春オープンを待つ東京スカイツリー、訪問時は商業施設が急ピッチで工事中......
c0119160_21542330.jpgc0119160_21572369.jpgc0119160_21544621.gif








c0119160_2157486.jpg


着工時(08年夏)のスカイツリーは殆ど話題になってませんでしたが、1年目頃から徐々に注目されるようになり、2年目は伸び行く程に節目の高さで報道され東京の名所として存在感を増し始めました。今年3/29に634m到達、当時は大震災直後で報道自粛されましたが遂に世界一電波塔が実現!


            .........(左)最終完成予想図 (右)東京スカイツリーと世界の電波塔比較........
c0119160_2261636.jpgc0119160_2265173.jpg
c0119160_2272140.jpg


その始まりは地デジ時代を迎え03年12月にTV局6社が電波障害の解消のため超高層電波塔を求め「新タワー推進プロジェクト」を発足させたことでした。06年3月、墨田押上・業平橋への建設を決定。高さは当初600mでしたがどうせなら広州タワーを抜き世界一にしちゃエと武蔵にあやかり634mに変更


     .....商業施設「ソラマチ」とキャラクター「ソラカラちゃん」が、いよいよ2012春のオープンを待つ......
c0119160_2123303.jpgc0119160_21231328.jpg


c0119160_21404057.jpg


イメージキャラクターは「ソラカラちゃん」、2012年5月に開業に向かい現在は展望台や商業施設「ソラマチ」の工事中で最後の仕上げ段階。来年春は久々に日本国民が明るい話題に包まれることでしょう。塔が伸びゆく過程で数度訪問しましたが当時の写真やニュースを振り返りレビューしてみたいと思います。

c0119160_21333996.jpgc0119160_21335989.jpg
c0119160_21341715.jpg






★スカイツリー伸長の軌跡レビュー


東武からのスカイツリー建設構想発表時から興味を持っていましたが、08年7月着工されたニュースを聞き、早速に「墨田区探訪」を企て着工直後の様子を見に行ってきました。浅草・向島の名所を回りながら押上・業平橋の広い建設現場を目の当りにしこれから夢が積み上げられていくのかと思ったものだ・・


      .....08年7月、言問橋を渡り業平橋・押上エリアを訪問、スカイツリーがいよいよ着工!......
c0119160_21554197.jpg
c0119160_21561073.jpg


               東京下町(浅草・向島・隅田)、夏の風景(08年7月)の記事はコチラから

1年目は単なるオフィスビル建設にしか見えませんでしたが、10年夏頃から都内風景の中にひと際高い筍の塔が出現し注目を集め始めました。クライミング式タワークレーンによる積層工法で着々と伸長していく・・


   ....2009年は伸びゆく筍の如し (左)5月(着工10ケ月) (中)7月(1年後) (右)9月(1年2ケ月)..... 
c0119160_22292678.gifc0119160_222972.jpgc0119160_2252261.jpgc0119160_22104258.jpg

c0119160_2261561.jpg



c0119160_2265937.jpgc0119160_2216769.jpg






c0119160_22294611.gif
c0119160_22362847.gif


09年秋~10年夏頃は、青い毛編帽子を被った網目塔姿で伸長していく様子が印象的でしたね~!10年春、桜が咲き始めた頃、遂に東京タワーと並んだ!その後は日本一の座をひた走っていきます。


      .......(左・中)09年11月、200mを超える (右)10年3月333mついに東京タワーを捉える.......
c0119160_2251477.jpgc0119160_1812179.jpgc0119160_22523538.jpg



c0119160_2253980.jpg







c0119160_757542.jpgc0119160_22535751.jpg

10年4月に娘と2人で隅田川堰堤桜を見に行き、建設中の塔と桜のコラボ風景は今しかないと色々な角度から撮ったものです。吾妻橋からアサヒビールタワー(通称ウンチビル)脇に聳える姿を見た時は遠慮がちな印象でしたが、桜橋や隅田公園に出ると周辺に遮る物はなく堂々とした姿で圧倒されたものです。


       ......10年4月(左)吾妻橋アサヒビールタワーとのコラボ (右)隅田川の桜堰堤に屹立.......
c0119160_2365932.jpgc0119160_2373298.gifc0119160_2374660.jpg


c0119160_238417.jpg


                                   「10年春・桜開花風景」の記事はコチラから


    .....この時は娘と2人で隅田川公園の桜を楽しむ(綿アメを頬ばりご満悦娘・桜橋にて).......
c0119160_8113425.jpgc0119160_814236.gif

c0119160_8121936.jpg






c0119160_8155493.jpg


周辺名所とスカイツリーがコラボして新風景が注目されるようになってきました。亀戸天神(江東区)や北十間川に映る「逆さスカイツリー」(十間橋)はまさに新名所として人が賑っています。亀戸天神風景は何か銭湯と煙突の様にも見えたんですネ~(笑) 藤が咲き誇る5月に行くのがお薦め、でも混みそう・・


  .....10年5ー6月亀戸天神の藤棚コラボ、北十間川に映る逆さスカイツリーが名所としてブレイク!.....
c0119160_965816.jpgc0119160_9384534.gifc0119160_975285.jpg

c0119160_993100.jpg
c0119160_9114115.jpgc0119160_9133751.jpgc0119160_9142190.jpg







c0119160_1434894.jpg

                              「江東区探訪」(亀戸天神の紹介記事)はコチラから

10年夏は隅田川花火大会とのコラボが話題に!橋梁から見る大輪華もツリー展望台からは足元でささやかに咲くタンポポの様に見えるのかもしれない・・。この特等席の確保は相当難しいと予想されます。


     .......10年7月、盛夏到来の隅田川花火大会に工事塔がお披露目・本格的デビュー!........
c0119160_950256.jpgc0119160_9505995.jpg
c0119160_9514347.jpg


10年に400m(9月)・500m(12月)と大台節目を更新する度、報道で取りあげられ大きな話題となりました。タワークレーン積上工法はあっという間に大東京の摩天楼へと成長。その高さを支えるのは免震心柱です。地震国日本で奈良時代より長い歴史を耐え抜いてきた「五重の塔」構造がヒントとなりました。


   ......(左) 10年9月400m伸長(工事順調) (右)同10月480m、もう立派な東京大名所.......
c0119160_9575156.jpgc0119160_9581642.gif
c0119160_10905.jpg

400m以上になり第2展望台(逆台形)の節目が明確化、形にアクセント感が出てきました。快晴日には遠隔地からも塔形が望めるようになり、横浜の職場からも見ることができます。休日の押上は新名所の見物客でゴッタガエ状態。また浅草はスカイツリーが加わり今後更に活気づき大賑わいとなることでしょう。


   .....10年11月、上野国立博物館(東大寺大仏展鑑賞)の間からも塔の頭が遥かに望めた.......
c0119160_1025113.jpg
c0119160_1031218.jpg


                                        「東大寺大仏展」の記事はコチラから

    .....(左)浅草寺から見るツリー (中)全容は凛々しい (右)横浜職場からも展望できて驚!.....
c0119160_12153477.jpgc0119160_12155273.jpg
c0119160_1216854.jpg


インターネットには次々にスカイツリーの絶景写真が公開されるようになりました。ダイヤモンド富士に串刺団子の光景や富士山上空から遠望できる写真は実に素晴らしい~!今後どんな傑作が出現するのか?


   ......(ネットから写真拝借) ダイヤモンド富士串刺し!東京雪景色!富士上空から見るスカイツリー!......
c0119160_12213720.jpgc0119160_1222622.jpgc0119160_12231021.jpgc0119160_12223048.jpgc0119160_12233816.jpg

2月報道で江戸時代の浮世絵師・歌川国芳が「スカイツリー出現予言」のような絵が描かれていた事実を知り実に驚きました。1831年「東都三俣の図」に隅田川近く(永代橋も見える)スカイツリーそっくりの摩天楼塔(脇の高櫓も隣接ビル?)が描かれているのです。絵師は夢で21世紀の風景を見たのか?


       .......「スカイツリーが予言された江戸時代の浮世絵」を発見!のニュース報道に驚き・・........
c0119160_12304678.jpg
c0119160_1231656.jpg

 
注目のライトアップはLED照明を使った2種類色(青&紫)で、江戸時代美意識を表現。日本らしいコンセプトの意味は(青=粋)(紫=雅)。青は川を表し隅田川をイメージ、紫は日本独特の江戸紫を使い和の雅を表現するようです。LEDは繊細な色が再現でき省エネ貢献するスグレモノ!確かに雅な雰囲気ですな~


       ........スカイツリーの照明は日本美を意識したLEDライトアップ (左)青= (右)紫=.......
c0119160_1244538.jpgc0119160_12452445.jpgc0119160_12454493.jpgc0119160_1246795.jpg

         ...... 10年12月、大台500mに到達!まさに威厳も備わってきたぞ!........
c0119160_12524482.jpg
c0119160_12525735.jpg


12月に500m、年が明け今年3月600m到達。いよいよ最終の高さまであと少し・・、しかし10日後の3月11日、東日本大震災が発生!スカイツリー最上部の作業員もこの大揺れで免震構造とはいえ強い恐怖に襲われたそうです。634m達成の喜びは封殺、スカイツリーも哀悼・自粛をしているようでした。

c0119160_1045413.jpg
c0119160_10455754.gif

しかし復興願う日本国民の願いに促されるように、東京スカイツリーも「再び上を向いて日本を元気づけいたい!」と気持を切り替えているのに間違いありません。展望台からの光景や施設完成工事の様子も徐々にマスコミから公開され始め、今年から少しずつ我々に夢を与える準備を整えています。


     ......(左)11年3月:ついに634m到達!クレーン撤去 (右)5月:亀戸天神の藤コラボ再び!.......
c0119160_1458859.jpgc0119160_14583984.jpgc0119160_14383897.jpgc0119160_1439141.jpg





c0119160_14393341.jpg


      ......11年9月、真下から塔を見上げてみる。ドデカ~イ!着々と商業施設は工事中......
c0119160_18152288.jpgc0119160_18153637.jpgc0119160_18154856.jpg



c0119160_18161075.jpg


11年9月、634m達成後のスカイツリーを真下から見上げてみて、首が疲れる程に高く天を突き上げていたネ~!そして北十間川に映る逆さスカイツリーをパノラマワイドで撮影してみようと挑戦、しかし全景が収まり切れない!亀戸天神と完成塔のコラボ姿も再確認。当日の塔頂部は撓っており傾いていました。


  ....11年9月:十間橋からパノラマワイド撮影した逆さスカイツリー!余りにも長大で全体が収まらん......
c0119160_1831371.jpgc0119160_18345680.jpgc0119160_18354171.jpgc0119160_19503469.jpg



c0119160_1816087.jpg








c0119160_1836685.jpgc0119160_1952456.jpgc0119160_2001851.jpg








c0119160_1837260.jpg


c0119160_18235856.jpg




c0119160_18364210.jpg


何で傾いているんだろうと調べてみたら、神社で用いられる日本木造建築の「そり」「むくり」による曲線が発生し、見る場所によっては捻じれているようにも傾いているようにも見えるという理由とのこと


      ......塔が撓って見える理由はこれだった!(スカイツリーと東京タワーの構造比較解説図).......
c0119160_7304749.jpg


  ....高さ世界一634mツリー&亀戸天神とのコラボ風景!塔は撓り傾き実に不思議な光景だった!......
c0119160_2211584.jpgc0119160_22123661.jpg











c0119160_22135794.gif


スカイツリーの伸長軌跡を節目々で紹介しましたが、竣工予定は年明け早々の12年2月、商業施設「ソラマチ」が5月にオープン、電波塔として本格的に放送開始するのは13年1月頃、移転後の送信周波数は東京タワーと同周波数が使用されるとのこと。展望台や主要レストランの予約は今から満杯らしい。


       .....新しい年へ!国民の希望を背負い、いよいよ世界一の塔としてのデビューを待つ!.......
c0119160_2218886.jpg
c0119160_22175322.jpg


いよいよ年も押し迫り、大震災や原発汚染、台風・水害など数々の天災に見舞われた今年もあと数日を残すのみとなりました。震災復興・経済・政治は低迷、気持もブルーでしたが来年は気持を切替えていきましょう!世界一の塔へと伸長したスカイツリーの勢いにオーラを貰い受け、いい年になることを願うばかり!


      .......上を向く希望のスカイツリー、トムクルーズも震災復興応援で駆けつけてくれた(12/2)......
c0119160_2245985.jpgc0119160_22312831.jpgc0119160_22322587.jpg









c0119160_1052475.jpg
c0119160_226018.jpg




                                                         おわり






【今年最後のご挨拶】

皆様、本年も大変お世話になり、数多くコメントやご来訪を頂き誠にありがとうございました。それでは毎回恒例、「ユニクロック」美女時計(アキタカ様御用達)の年越カウントダウンで最後のご挨拶とさせて頂きます。

c0119160_224183.jpgc0119160_2240057.jpg

c0119160_223515.jpg

                        年末恒例「ユニクロック美女時計」の年越しカウントダウン   c0119160_2324590.gifc0119160_2324590.gifc0119160_2324590.gifc0119160_2324590.gif



それでは皆様、よい年越し&穏やかなお正月を~!また年明けにお会いいたしましょう!
c0119160_22471582.jpgc0119160_22465866.jpgc0119160_802356.jpgc0119160_2247303.jpg



c0119160_81131.jpg


  by rollingwest | 2011-12-20 00:00 | 都会の風景 | Comments(86)

<10年10月16日>江東区探訪(その1):「都心の運河風景」&「江戸の名神社」

久々に「東京探訪シリーズ」を復活します。過去に4回紹介した港区探訪の完結(あと2回)、江東・大田・品川区の表情を新たに紹介する予定。ずっと撮り溜めていた写真を早く棚卸せねば・・。今回は「江東区」の記事。桜や初夏の頃に撮った写真なので季節感がずれていますがご容赦~

c0119160_81669.gifc0119160_81669.gifc0119160_81669.gif
c0119160_8165885.jpg

                                 「港区探訪」シリーズの記事はコチラから

                                「東京の下町風景」シリーズの記事はコチラから




★Wo・wo wo~♪リバァ~サァ~イ・・♪ リバーサイド光景が満載!「江東区」


                 ...... 隅田川リバーサイドに林立する高層マンション群.......
c0119160_8195534.jpgc0119160_8202050.jpg

「江東区」は京湾臨海部の物流基地・工場地帯や高層マンション群などが目立っており、一見おもしろ味に欠けるエリアに思われがち。しかし中に入り込み探索していくと見所SPOTが多く発見できます。


            .........「江東十間親水公園」のボート乗り場と建設中の東京スカイツリー.......
c0119160_8592292.jpg

江東区名は「隅田川東に位置する」という単なる地理的な意味で、何のヒネリも風情もない命名だなア・・。しかし散策してみれば、縦横無尽に流れる川脇に水と緑に溢れる水彩都市の表情が満載・・。そして江戸風情も息づく由緒ある史蹟も結構多い。歴史を感じる区名にしてあげればよかったのに・・


        .......親水公園から見る高層マンション、水際の公園風景は心が和む。......
c0119160_932853.jpgc0119160_94232.jpg

リバーサイドに立ち並ぶ高層マンション間に平井住橋~小名木川に続く2kmの散策コースがある「横十間川親水公園」は桜の名所、ボート場・野鳥の島・水上アスレチック、江東区は川をなくしては語れません。


      .........「十間親水公園」 桜がまだ咲き残り、新緑の芽が生きいきとしていた頃......
c0119160_974057.jpg

横十間川が流れる一帯はゼロm地帯。付近の工場からの地下水汲み上げで地盤沈下が激しく、川から水が溢れる危険があったため、運河川の一部を埋め立て親水公園として整備されたものです。




★運河・水門の風景&木場の「角乗り」

c0119160_992322.gif
c0119160_994471.gif



江東区は運河の宝庫。パナマ式閘門技術を取り入れている「荒川ロックゲート」・「扇橋閘門」など見所が多く、最近は「閘門ゲート・フェチ」の方が写真を収めるため運河を巡る船ツアーが賑っているようです。



  ....(左).隅田川と荒川を結びつける「荒川ロックゲート」 (右)真っ赤な色でゲートが開閉「扇橋閘門」......
c0119160_913325.gifc0119160_9131475.jpg





c0119160_9232724.gif




c0119160_9323060.jpg


         .......至る所に運河や川が縦横無尽に走り、水門が多く見られる江東区......
c0119160_9524580.jpg

東京の埋立て地・ウォーターフロントといえば、現在は「お台場・豊洲」を連想する人が多いと思いますが、徳川家康が江戸に入った頃、埋立て地・開拓の最前線は今紹介した小名木川付近のエリアでした。


         ........運河の堤柵に止まっていたが飛び立つ!縦翼の姿が面白い~!.........
c0119160_9544392.jpgc0119160_10273418.gifc0119160_10273418.gif

c0119160_9543051.jpg

浅草海苔が江戸の名産品だったのは、中世以前の東京下町や低地は海や湿地帯に覆われていたからです。江戸に塩や米など物資を運ぶ交通路が運河で、江東区は水運や物流の要地だったのだ。

              ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

   ....... 「木場の角乗り」、川に浮かぶ材木をクルクル回し乗り、自由自在に木を操る。(木場公園)......
c0119160_1095335.jpgc0119160_1010681.jpg
c0119160_1043984.gif
c0119160_1045439.gif

江東区の「木場」という地名は江戸時代に発展した木材の集積地という名の由来です。木材運搬にはこの運河が大きな役割を果たしていたことでしょう。現在、東京の貯木場は新木場に移転しています。


      .........「角乗り」技術は実に多彩、出初め式のようなアクロバチックな演技も見せる.........
c0119160_10124241.jpgc0119160_10153814.jpg

木場の材木業者が深川で丸太を自由に操る伝統技術が「角乗り」です。筏を組む仕事の遊び技として生まれ、高度な技術芸能として発展してきました。川並(かわなみ)と呼ばれる鳶口の技はスゴイ!





★四季の花に彩られる「亀戸天神」


江東区には有名神社が2つあります。墨田区近くの「亀戸天神」&中央区に隣接の「富岡八幡宮」。まずは「菅原道真」を祀る「亀戸天神」を紹介しましょう。東京の天神といえば湯島と亀戸の天神さん。


     ........「亀戸天神」の参詣道(10年6月下旬)、当時スカイツリーの高さは400mだった。......
c0119160_10331446.jpg

寛文2年(1662)、太宰府天満宮の神官(道真の末裔)が天神信仰を広めるため諸国巡り、江戸・本所亀戸村に天神像を奉祀したことが建立の由来らしい。1月の鷽替(うそかえ)神事では大賑わい〰


            .........亀戸天神の拝殿(赤い橋越しに遠景、目の前に近景).......
c0119160_10355125.jpgc0119160_10365439.jpg

大きな池の真ン中には真っ赤なアーチ型橋が架かっている。「太鼓橋」と言うらしい。毎年合格祈願で多くの受験生が橋を渡ることでしょう。学問の神様・菅原道真公(天神様)にお願いする目的で


      ........(左)幼少時代の菅原道真像      (右)「太鼓橋」と「心字池」......
c0119160_12234548.jpg
c0119160_12248100.jpg


ヒエ〰!池には無数の亀が生息している〰!数は半端じゃなく、鯉のほうがヒッソリ泳いで居場所がなさそうにしている始末。まさに亀戸天神の名に相応しく、池は亀ハメハ・ワールド我物状態になっている!

c0119160_12473048.jpg

     ........サギさん、亀見て何思ふ・・(nannimo  omoccha  ine~)  亀は万年、サギは?年......
c0119160_12272112.jpgc0119160_122743100.jpg

昔から亀が沢山生息していたから亀戸天神と呼ぶのかな?と思ったら、どうやらそうじゃないらしい。受験生で賑わう天満宮なので合格学生がお礼参りに訪れ、池に亀を放流しているのが真相らしい。これじゃ、ブラックバスやブルーギルと同じじゃネーカ!まあ神社池なので閉じた生態系なのでイーカ・・


   .....亀の大群が足元に続々と集まってきた。餌をくれる気配を感じてるのかも・・......
c0119160_1234571.jpg




c0119160_12454356.gif



c0119160_12311446.gif


亀戸天神社を代表する花は「梅」「藤」「菊」で、特に「藤」は東京の花名所として名高く、15棚100株の華麗な藤棚の美しさが朱橋と池水面コントラストで見事!GWはライトアップ夜景が一段と際立ちます。


       .....亀戸天神の藤棚は鮮やか!江戸時代から「五尺藤」として広く親しまれている。......
c0119160_1432776.jpg
c0119160_1432342.jpg


     .........10年5月初め、東京スカイツリーはまだ380m。第一展望台工事に入ったばかりの頃.......
c0119160_14362426.jpg


天神様といえば梅は不可欠、全国どこの天満宮も梅の中で合格を祈願。東京では湯島天神の方がメジャーな気がする・・。そして今後深まる秋には菊まつりの季節が到来、芸術の粋花が競演に入る。


       ......(左)2月はが真っ盛り・受験生が祈願! (右)11月、菊まつりは盛大に!.......
c0119160_14403041.jpg
c0119160_14404931.jpg


     .......10年6月下旬、藤はもうすっかり輝く緑に、はるか後方には400mの東京スカイツリー.......
c0119160_14461492.jpg

             ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

東京スカイツリーの建設最新情報をお知らせしましょう。11年地デジ移行にあわせ新電波塔として完成するスカイツリー(商業オープンは11年12月)、着々と伸びており10月中旬時点で490mの高さに・・!

     .........(左)10年夏、建設現場から見上げたスカイツリー  (右)初の点灯試験(10月13日).......
c0119160_14494870.gif                  

この夏に建設現場の真下から見上げてみましたが、とにかくデカかった!あれから4ケ月弱で100mが積み上がり、いよいよ500m大台を超える日が近づいています。武蔵の国を文字り全長634mになりますが、完成に向け8割方まで来たね〰。夏の頃に見た姿とは印象も変わってきたものだなア・・


   ......東京スカイツリー建設中(10年10月時点、第一展望台部の上まで伸び500mは近い!).......
c0119160_1450394.jpg
c0119160_144415100.jpg






★江戸時代の歴史、大横綱のゆかり・・、「富岡八幡宮」


水天宮から永代橋を渡ると、東京都最大の八幡神社「富岡八幡宮」が鎮座します。源氏の八幡神を尊崇した徳川将軍家の手厚い保護を受け1627年に永代島と呼ばれた現地に創建されました。町民にも「深川八幡様」と親しまれ、3年に1度の夏に行われる「深川祭り」に江戸っ子は燃え上がる!

c0119160_21594853.jpg

         ........「富岡八幡宮」の本殿(武の神・八幡大神とも崇められる応神天皇を祀る).....
c0119160_20343724.jpg

江戸三大祭り」とは何の祭りかな?「山王日枝神社」「神田明神」が当確、3番目の座を巡り、「深川祭り」と「浅草の三社祭り」が昔から覇権争いをしています。「三社祭り」の掛け声が「ソイヤ、ソイヤ」、「富岡八幡」は「ワッショイ、ワッショイ」。神輿の担ぎ方にも違いがあり、お互いライバル意識を燃やしています。 


          .....境内の中には日本一大きい神輿が飾られる!キンピカ~!ドデカイ~!...... 
c0119160_20424349.jpgc0119160_20431499.jpg


c0119160_2053474.jpg




c0119160_222451.jpg

c0119160_20443385.gif


             ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

境内・大鳥居脇には有名な「伊能忠敬」(日本史上最大の測量家)の銅像がカクシャクと闊歩している!50歳を過ぎてから天文学・測量術を学び全国地図を完成させた忠敬ですが、翁は門前仲町に住み、測量旅行出発前に毎回富岡宮を参拝したそうです。その由縁から八幡宮に銅像が建てられました。


      .....(左)伊能忠敬が闊歩する銅像 (右)忠敬の肖像図.......
c0119160_21381888.jpg
c0119160_21385242.jpg








c0119160_21391945.jpg


千葉香取の醤油・酒屋を婿養子で継ぎ50歳まで働いた忠敬は第2の人生を目指します。江戸に入り勉強に励み55歳から地図事業に取り組んだのです。全国各地を16年間で10回歩いた末に伊能地図の大事業を完成させました。かくも精緻な日本地図は世界を驚かせています。寿命全うは74歳。


     ......(左)「大日本沿海輿地図」:富士山・駿河周辺(クリック拡大)  (右)測量に使われた道具......
c0119160_2147225.jpg

c0119160_20464985.gif

c0119160_20473135.gif




c0119160_2149416.jpg


当時の人生平均寿命は55歳前後と思われるので、現代年齢に変換すると80歳から日本全国を歩き始めて100歳までこの事業に携わっていたことになる・・。何たる超人!江戸老人パワーにビックリ!

              ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

c0119160_21535334.jpg

「富岡八幡宮」の奥に行くと歴代名横綱・大関を顕彰する力士碑がありました。横綱力士碑の左には「超五十連勝・力士碑」が祀られている。深川八幡は江戸勧進相撲発祥の地だったのだ。


    ....(左)白鵬62連勝、4場所連続全勝優勝  (右)横綱力士碑(江戸勧進相撲発祥の地)......
c0119160_64354100.jpgc0119160_6442296.jpg







c0119160_6445291.jpg

昭和の双葉山(69連勝)を筆頭に、江戸時代の谷風(63)、梅ヶ谷(58)、明治~大正の太刀山(56)、そして千代の富士(53)・・、戦後の大横綱・大鵬は45なので50に届かず名前は記されていません。そしてご存知、白鵬!秋場所で62連勝、4場所連続全勝優勝(通算8度)の大偉業を成し遂げた!


   .......(左)白鵬が九州場所で双葉山越えに挑む  (右)昭和の大横綱・双葉山(69連勝)......
c0119160_213327.jpgc0119160_214582.gif

c0119160_2134240.jpg


c0119160_2142870.jpg




c0119160_2144973.jpg

両者を見比べてみると本当に面影・雰囲気がソックリ!もしかしたら双葉山の生まれ変わりか?彼の名は名誉なる石碑に間違いなく刻まれます。モンゴル力士ながら日本人以上に大相撲の歴史を学び、先達を尊敬する白鵬。「実るほど頭をたれる稲穂」の如く殊勝・真摯な横綱には100連勝を期待!

c0119160_21254743.jpg

c0119160_2126956.jpg



富岡八幡宮は、江東区所在の神社ですが江戸文化が濃縮バリバリに詰まっています。高層ビルや運河に囲まれた江戸時代のウォーターフロントはまだまだ魅力に溢れている!次回(その2)をお楽しみに!

  ....(左)「亀戸天神」と「東京スカイツリー」周辺地図(クリック拡大)  (右)「富岡八幡宮」周辺地図......
c0119160_21321047.jpgc0119160_21322798.jpg


                                                        おわり




次回は再び、「横浜みなとみらい~開港の道」:夜景ライトアップバージョン(その2)をお送りします。
c0119160_21394787.jpgc0119160_4183366.jpg

  by rollingwest | 2010-10-16 08:11 | 都会の風景 | Comments(58)

<2010年3月26~27日>10年春・桜開花風景

                       【Four・Seasons・Topics】


★桜開花宣言は出たものの


今年の桜は、高知が3月10日(史上最速タイ)・東京も3月22日(平年比6日早い)に開花宣言されましたが、その後は再び寒気が日本列島を覆ったため、満開までには相当時間がかかっています。

c0119160_11244493.jpg


それにしても今年の春は、「三寒四温」というよりは「四寒三温」みたいな感じで、ジグザク変化する気温で体調を崩している人も多いことでしょう。桜・満開と思われたこの週末も寒い日となりました。

c0119160_11265811.jpgc0119160_11275597.gif
c0119160_11284195.jpg


東京・神奈川の桜はまだ3~5分咲きという感じですが3月26日(土)昼間は青空に恵まれました。このチャンスを逃す手はないと出かけて観ましたが、まだ早い感じだね~!でも咲き具合のいい桜の写真を掲載しましたので、満開気分を早目に味わって下さい。4月上旬こそ花・爛漫状態かな・・。


       ......桜が咲き始めたのに再び新雪が降った富士山と丹沢山系(3月30日の朝).......
c0119160_21232693.jpg

                        09年4月:満開桜の小金井公園(昭和レトロの建物風景)

                        08年4月:ブログ開設1周年、サ・ク・ラ(2008)レビュー
c0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif




★東京タワー・増上寺の夜桜


3月26日(金)夜は新橋で飲み会だったので、帰り途中に御成門駅で下車、東京タワーと桜の写真をフラフラと撮影して帰宅。この日は予報が外れ天候不順となり、事前に場所取りしていた人は涙雨。


          ......(左) パークタワーと増上寺と枝垂れ桜   (右)増上寺・二天門の夜桜......
c0119160_1140156.jpgc0119160_114050100.jpgc0119160_12111773.jpg

c0119160_12143929.jpg




c0119160_11412422.jpg


               ......東京プリンスホテル前の正面玄関前で輝く緑色夜桜.......
c0119160_1513534.jpg

東京タワーは一昨年末の50周年記念ライトアップと同じように青色の姿を見せていました。建設以来、日本一の高さを誇ってきた歴史的な電波搭は3月29日ついにその座を東京スカイツリーにバトンタッチ・・


   ......(左)夜桜から垣間見る青色東京タワー (右)東京スカイツリーがついに日本一の高さに.......
c0119160_152206.jpgc0119160_1523414.jpg

東京スカイツリーはまだまだ延び続け、2012年には武蔵に准え634mとなりますが、東京タワーの倍近い高さだ!しかし昭和33年333m東京タワーはこれからも観光タワーとして長く愛されることでしょう。






★横浜の桜を楽しむ


翌朝土曜日は3月20日から横浜美術館(みなとみらい)で開催されている「ポンペイ展」の鑑賞に行きました。10時の開場前にはまだ時間があるので、近くにある伊勢山に登り皇大神宮の桜を楽しむこととしました。今から13年前、娘の七五三(両祖父とも健在の頃)に参詣した懐かしい神社・・


        ......横浜の高台に鎮座する「伊勢山皇大神宮」(娘3歳の七五三で参詣した).......
c0119160_1582193.jpg
c0119160_1583471.gif




c0119160_1585452.jpg


横浜の桜もまだ早いという感じですが、「伊勢山皇大神宮」入口の桜樹は結構満開に近いぞ・・!
ここは名の通り伊勢神宮の分社、横浜開港時に創建され、ハマの歴史発展を見守ってきました。

c0119160_15124721.gif
c0119160_15131163.gif


            ......神社の桜の先にはランドマークタワーが顔を覗かせている。.......
c0119160_15133276.jpg


横浜美術館は今から20年前、横浜博覧会の時にデビューしましたが、いつまでも新しい印象を保っているねエ・・。目の前はMM地区の新築ビルが続々登場し、街の姿は今なお変わり続けています。


       ......(左)「横浜美術館」の正門  (右)美術館を囲む「みなとみらい」の摩天楼群.......
c0119160_15165246.gif
c0119160_15172028.jpgc0119160_15174286.jpg

               .....横浜美術の館内ホールは透明感があって結構広い。.......
c0119160_15202517.jpg


今回鑑賞した「ポンペイ展」はローマ帝国絶頂期にヴェスヴィオス火山が大噴火を起こし灰に埋ってしまった世界遺産・ポンペイ遺跡の展示会です。マサオ様が先に紹介された名古屋「大ローマ展」記事に触発され前売券を購入。灰の中から発掘された文明遺品を目の当たりにできることは驚愕!

c0119160_611043.jpg
c0119160_1522229.jpg

   ......(左)ウェヌス像(英語名・ビーナス) (中)三脚を飾るクピド達 (右)グラディエーターの兜・剣・防具......
c0119160_15234661.jpgc0119160_1524616.jpgc0119160_15241924.jpg

これらローマ帝国遺品の数々は紀元前文明なんだから実にビックリするねえ・・!当時の日本は弥生時代で稲作が始まったばかり。コロシアムや大浴場も楽しんだローマ市民とは驚くべき程の差だ・・!


            ......(左) ポンペイ富豪邸宅の青銅金庫   (右)銀の装飾水器........
c0119160_15311389.jpg
c0119160_1530565.jpg


     .......(左)大理石の器が飾られたホール  (右) ポンペイ遺跡外観を表示した展示場出口.......
c0119160_15343696.jpgc0119160_1535669.jpg


c0119160_15352547.jpg


                        「ポンペイ展」(世界遺産:古代ローマ文明の奇跡)のHP




★地元の桜を楽しむ


午後、横浜から戻ると天気は快晴!青空の面積がドンドン広がってきました。折角だから近隣の桜の咲き具合を確かめに散歩に出て見ます。ニケ領用水沿いのモトスミ桜もいい感じになってきた・・


            .......(左)桜の木に止まるムクドリ   (右)「ニケ領用水」の遊歩道にて......
c0119160_15434369.jpgc0119160_15435848.gif


c0119160_15441777.jpg

        .........(左)(中)用水路の桜も来週には満開だ! (右)桜の青空に飛行船が通過......
c0119160_1547338.jpgc0119160_15475219.jpgc0119160_1548760.jpg

c0119160_15483770.jpg



さらに武蔵小杉から中原街道沿いに歩き、丸子橋(多摩川)を渡って大田区にある多摩川台公園の桜をチェック。満開時には丸子橋から爛漫状態になりますが、コチラはまだ2~3分咲きの状態だ・・。


          ......多摩川で花見を楽しむとグループ、対岸には武蔵小杉のマンション群が林立.......
c0119160_1556404.jpg

丸子橋の近くには、「巨人軍多摩川グラウンド」が昔ありましたが、「巨人の星」に夢中になった小生としてはいつかジックリとこの辺の風景を紹介してみたいと思っております。それにしてもいい天気だ・・

c0119160_155814.gif

            ..........多摩川台の浅間神社・展望テラスより丸子橋を望む.......
c0119160_15574187.jpg

多摩川台公園は花見のメッカ、昔は家族や会社同僚とよく来たものですが最近はとんとご無沙汰。
久しぶりに桜時期に公園に足を踏み入れたけれど満開には程遠い状況。朝から場所取りして張り切っていた花見客もこの冷え込みで肩透かしを食ってしまったかも・・。でも花よりダンゴだから・・


      ......(左)多摩川台公園で花見の宴  (右)満開桜の上にはメタセコイアの大木が聳える......
c0119160_162654.jpgc0119160_16263538.jpg

c0119160_16265727.jpg



さて3月も終わり新年度を迎えますが東京・横浜は4月1日前後が満開になっていることでしょう。
開花宣言が出たものの花冷えの日が続いたおかげで、花の満開予想にヤキモとさせられている日本国民・・。しかし長い間桜を楽しめるのでこれもまたよしとしましょう。いよいよ本格的な春到来~!

c0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif


                                                     おわり




(追加掲載記事:10. 4. 3)


★隅田公園の満開桜&東京スカイツリー(建設中)


4月1日、東京はついに桜満開を迎えました。(花冷えで開花宣言から10日もかかったけれど・・)
4月3日(土)は絶好の花見日和、娘に「たまにはお父さんと2人で花見に行かないか?」と駄目元で誘ってみたら、何とOKの返事。最近全く付き合ってくれなかった娘と久々のデートでございました。


     ......(左)アサヒビール本社の左には東京スカイツリー (右)隅田公園には勝海舟像が.......
c0119160_22841.jpg

c0119160_2282466.jpg





c0119160_2285427.jpg


目的は当然、高さ日本一となった建設中の東京スカイツリーを見ながら隅田川の桜(墨堤桜)を観ながら春爛漫を満喫すること。日本一になった話題の直後だけあって人出の数は相当のものだ!
隅田公園に入ると勝海舟像があった!墨田区で生まれの海舟の先祖ルーツは柏崎と知ってビックリ!


               ....ようやく満開となった隅田川沿いの墨堤桜.......
c0119160_2234834.jpg



           ........建設中の東京スカイツリー(3/29に338m、ついに日本一に).......
c0119160_2216124.jpg


隅田川沿いの「墨堤桜」は徳川8代将軍・吉宗の時代に植えられたものですが、隅田川堤防に今の様な遊歩道が整備されたのは今から25年前、歩行者専用「桜橋」が完成したのも同時期です。


               .....東京スカイツリーを望み、花見客で賑わう桜満開の隅田公園.......
c0119160_22221728.jpgc0119160_22223334.jpg


公園は花見客でビッチリと満員状態。あちらこちらで盛り上がっています。こちらもビニールシートを敷いてお弁当の時間、ビールをプシュッ!スカイツリーを見ながら春の日和に娘と談笑するのも楽しいもんだね。

c0119160_22273350.jpg

   .....(左)桜橋から見る東京スカイツリー、娘はワタアメでご満悦 (右)隅田川の上を舞うカモメ.......
c0119160_22271977.jpg

c0119160_22274850.jpg


公園を一周し浅草駅に戻り、浅草寺・仲見世通りへと向います。ここには何回も来ていますが年々外国人(中国人も)が増えてきている感じだ。境内は勿論、花やしきや伝法通りは相変わらずいい味を出しているねエ・・。娘も浅草は初めてだったので、興味深く景色や風情を楽しんでおりました。


         ......(左)浅草寺に向う仲見世通りの桜道 (右)本堂参詣を終えて五重の塔へ......
c0119160_223912100.jpg
c0119160_22452920.gif




c0119160_22394598.jpg

                        東京下町(浅草・向島・隅田)、08年夏の風景(その1)

       ........枝垂れ桜を見て、花やしき遊園地前を通過すると、大江戸ステージの披露中......
c0119160_22501977.jpgc0119160_2250345.jpg

長引く不況で久しく落ち込んでいた日本国民も桜を見れば気持も上向くはず。週末は関東・西日本がまさに爛漫の桜の見頃を迎えて、あちこちで花見の宴が催されて春の喜びに浸ることでしょう。


                ........隅田川を行く屋形船、まさに春爛漫の日......
c0119160_2255688.jpg


c0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif



八丈島レポート」は4月5日に公開いたします。
c0119160_22562333.jpg


  by rollingwest | 2010-03-28 00:00 | Comments(48)

<2008年7月21日>東京下町(浅草・向島・隅田)、08年夏の風景(その2) 

                              墨田区探訪(その2)

          ↓ 東京下町(浅草・向島・隅田)、08年夏の風景(その1)から続く



★隅田川の「桜橋」を渡って墨田区向島へ


さて「浅草」は「台東区」ですが、「隅田川」に架かる何れかの橋を渡れば「墨田区」に入ります。
区の名は「墨田」、川や公園は「隅田」の字が当てられ実に紛らわしい~!区名を定める時に「隅」の字が当用漢字でなかったことが理由のようですが、もっと深い由来があるような気もする・・・。
c0119160_9222449.jpg

桜の名所「隅田公園」(満開時の墨堤・桜並木は実に見事ですよ!)を散策し、X文字の形をした「桜橋」(車は通れない)を渡って「向島」に入ります。いよいよ墨田区逍遥の始まり~。相撲で有名な「両国」や「隅田川三名橋」は訪問済なので今回はそれ以外の場所を回ってみることとしました。

c0119160_20273895.gif
         ⇒「上野・両国風景:和洋ごった煮レポート」(大相撲のメッカ・両国を紹介)
         ⇒「隅田川の三名橋」(国の重要文化財定)を紹介
c0119160_2028352.jpg


......(左)言問橋(名の由来は在原業平が隅田川を詠った和歌)「名にしおわばいざ言問わん都鳥」...c0119160_214762.jpgc0119160_9242115.jpgc0119160_2148144.jpg




c0119160_9251022.jpg
....(右)桜橋。1985年完成の隅田川唯一の歩行者専用橋(隅田公園を結ぶ)、お花見時期が最高.....

向島」というと芸者で有名だった場所。当時の面影が残る街並みでもあるのかな・・と探索してみましたが、もうそんな風情のある所は殆ど見当たりませんでした。(名残ある建物はあったけど・・)
有名な地元和菓子「言問団子」「長命寺の桜餅」がこの地の名を残しているくらいですかねえ・・。



★「向島百花園」


「向島百花園」は江戸時代後期に地元の骨董家・文人墨客が一緒に作った庭園で、こじんまりと墨田区の一角に佇んでいました。昭和20年の東京大空襲によって園内は全焼したそうですが、都の公園として戦後に再開され、春は「梅の名所」・秋は「萩のトンネル」が有名な庶民庭園です。


  ....(左)「向島百花園」の入り口、(右)スカシユリ(花弁の間が割れて透けて見える由来).....c0119160_21525737.jpgc0119160_21545962.jpg


丁度この時期は特筆する花には恵まれず、夏草が一面に覆い茂るという感じで「百花園」より連想する雰囲気からは程遠かったなあ・・。でもさすがは花の名所、随所に夏の花が多く見られました。


  ....梅と萩が有名な花苑で、夏の花は殆ど見所なし。(左)ジボシ (中)桔梗 (右)カイコウズ....c0119160_2159102.jpgc0119160_21593646.jpgc0119160_22383419.jpg


池のほとりに行くと珍しい花の群生を発見!一つ一つの鮮やかな花がクリスマスツリーのように沢山集積し、艶やかにボリューム感を形成して咲き誇っていました。よく見るとこれは紫陽花ではないか!
地元の人が改良した新種のもので「隅田の花火」と名づけられている珍しい花であるとのこと。


.... 池はもう夏草ボーボー風景だったが、最近人気・新種の紫陽花「隅田の花火」(左)を発見.....c0119160_22175.jpg






c0119160_2214767.jpg
なるほど季節的にも地元風物詩的にもいい名前だねえ・・!(墨田の花火と称する場合も多い)

c0119160_2225728.jpgc0119160_2231098.jpg



 
★墨田区(荒川沿い)の下町風景、「巨人の星」の舞台


さて次は京成電鉄・押上線に乗って「荒川沿いの下町風景」を訪ねてみました。荒川を跨ぐ「四つ木橋」の近くにある「八広駅」で降り、25年ぶりにこの辺りの路地を散策してみました。このエリアは昔・東京支店に在籍した頃、担当する販売店が多くあった所なのでよく訪れた懐かしい場所。


     ....京成「八広駅」から荒川の堰堤に登ってみる。広々とした河川敷風景が広がる......c0119160_224193.jpg




c0119160_2251054.jpg
 

「八広・吾妻西・立花」は小さな家々が軒を並べ家内工業・製造業が集積する町、水戸街道を中心に入り組む細い道はまるで迷路のようです。密集するマッチ箱の様な木造家屋は建替えしたものが多いですが昔の雰囲気は全く変わっていません。でも町全体の印象は実に穏やかな感じです。


  ....(中)昔と殆ど変らない八広・吾妻西の「裏町路地」 (右)「巨人の星」(墨田区が舞台)......c0119160_784377.jpgc0119160_2262912.jpg
c0119160_7411576.jpg


八広の中華料理店「五十番」は、王貞治氏(当時は早実のエース・4番、甲子園血染めの優勝)が生まれ育った店です。墨田区は「巨人の星」・永遠のライバルである星飛雄馬花形満が少年時代に出会った場所。好敵手になるキッカケは、早実の王選手を巻き込んで繰り広げられた野球対決だったのです。その場所は隅田川沿いの「隅田公園野球場」であり、王選手のレリーフがあります。


  ...(左)世界の王が少年時代に通った「隅田公園野球場」(右)王の実家だった中華「五十番」...c0119160_7534160.jpgc0119160_7541931.jpgc0119160_75877.jpg


「黒いスポーツカーを乗り回す不良少年・花形満が率いるブラックシャドウズは、星飛雄馬をチームに入団させて王選手と対決させる。」←こんなシーンが「巨人の星」に描かれていましたが、「花形満は当時15歳前後だった筈なのに何でスポーツカーを乗り回すことができたのだろう」・・と、フと気になる。
川上哲治が旧友・一徹の長屋を訪ね、家壁の穴を通す飛雄馬の球を打ち返すのもアリエネ~!


...ご存知「巨人の星」名シーン:①星一徹・チャブ台ビンタ②大リーグボール養成ギプス③夜空の星を仰ぐ....c0119160_865479.gifc0119160_873798.gifc0119160_875234.gif

「巨人の星」は「少年マガジン」連載スタート時から夢中!単行本が発売される日をワクワク待ち続けていたものです。巨人軍スターになれなかった星一徹は自分の夢をかなえるため息子に「大リーグボール養成ギプス」をつけさせ、鉄ゲタで通学させています。今なら確実に児童虐待モンですなあ・・



★「東京スカイツリー」の建設予定地(押上・業平橋)

7月14日、地上デジタル波放送塔として2012年春開業する新タワー「東京スカイツリー」の起工式が墨田区押上の建設現場で行われました。高さは東京タワー(333m)の2倍近い634m、自立式電波塔では世界一。TV放送地デジ化やワンセグ対応に向けて受信環境改善のための建設です。


....2011年TV放送全デジタル時代を迎え、世界一の電波塔(東京スカイツリー)が押上に建設される.....c0119160_227415.jpgc0119160_8163054.jpgc0119160_811818.jpg
 

ここに日本最高所展望台が設けられますが、停滞気味だった地元の活性化や観光スポットとしてインパクトある事業となるでしょう。でも昔ながらの下町風景をより多く残したいと思う人にとっては、再開発が進み過ぎ何の変哲もない都会一風景にならないかと危惧感を持つのかもしれません。




★「隅田川花火」

               ....「隅田川花火大会」は江戸の夏到来を告げる風物詩.....
c0119160_8251621.jpgc0119160_8252955.jpgc0119160_8254986.jpg

夏到来を告げる東京下町の風物詩「隅田川花火」は、1733年(享保年間)両国の川開きに花火を催したのが始まりで、当時双方に腕を競い合っていた花火師家「鍵屋」とその分家「玉屋」が交互に花火を打ち上げ、都度に「たまやー」「かぎやー」と観客が一斉の掛声を唱したことが由来。
c0119160_828429.jpgc0119160_8291397.gif
c0119160_8315499.gif



隅田川花火になると毎年「いよいよ本格的な「夏が来た~!」というワクワク感があります。
「浅草」や「隅田下町」周辺も高層マンション・再開発など時代の波に洗われ、街風景は徐々に変わりつつあります。But、「ここぞお江戸~」という風情・風景は今後是非とも残ってもらいたいものです。



◆このクソ暑い最中、グダグダと暑苦しい長文にお付き合い頂き誠にありがとうございました。

                                                      おわり

  by rollingwest | 2008-07-20 09:19 | 都会の風景 | Comments(14)