タグ:海の風景 ( 19 ) タグの人気記事

 

<2014年2月>静岡東部探訪(その2):「富士・沼津・伊豆の国」編

新年の冒頭記事で世界文化遺産・富士山と富嶽信仰に関するルーツ(富士宮周辺)を紹介しましたが、(その2)では富士田子ノ浦・沼津・伊豆の国市の風景・歴史に関する見所をレポートしたいと思います。

                     霊峰富士と共に恭賀新年!静岡東部探訪(その1):「富士宮」編
 



★万葉集にも歌われた富士の絶景「田子ノ浦」


「田子ノ浦」といえば万葉集で山部赤人に「田子ノ浦、打ち出でてみれば白妙の、富士の高嶺に雪は降りつつ・・」と歌われた程かつて白砂青松の名所浜でしたが、少年時代に抱いていたイメージは高度成長期に製紙工場が吐き出すヘドロ公害に悩む工業港の姿でした。昔ヘドラとかいう怪獣もいたナア・・


  .....美しい空気と海を取り戻した「田子ノ浦港」から「愛鷹山(左)」と「冠雪富士」(右)を望む......
c0119160_21531422.jpgc0119160_21532648.jpgc0119160_21533723.jpg




c0119160_2154097.jpg


しかし環境技術の進歩や企業努力で日本から「公害」という言葉は殆どなくなりました。ヘドロが浮いていた田子ノ浦も今は青く静かな海を取り戻し、工場煤煙で汚れていた空気は清浄となり美しい富士山を綺麗に仰ぐことができます。工業港のため工場・タンク・煙突の風景から逃れることはできませんが・・


   ......高度成長期にヘドロ公害で失われた万葉の風光明媚さが復活!富士山&愛鷹山........
c0119160_222256.jpgc0119160_2214734.jpg

c0119160_2221761.jpg


工業港の中を走り抜け駿河湾方面へと向かうと2012年に完成した「田子ノ浦みなと公園」が現れます。田子ノ浦港の大型船入港を可能にするため海底から掘り出した土砂を利用して整備された公園


    ......(左)「沼津アルプス」(香貫山・徳倉山等)が海に浮かぶ (右)「三保の松原」も遠望......
c0119160_2274025.jpg c0119160_2275595.jpgc0119160_2281847.jpg


c0119160_2283565.jpg


広大な公園の芝生にはアスレチック遊具が並び冒険広場や休憩用ベンチが整備されており市民が憩える場となっています。目の前には駿河湾越しに沼津アルプス・西伊豆半島、右に目をやれば三保半島(土壇場で世界遺産指定された三保ノ松原)も見える。テトロラポットは邪魔だが万葉時代の感動を共有


   .......(左)「田子ノ浦みなと公園」は広い芝生 (右)田子の浦港からの南アルプス(真っ白!).......
c0119160_22164080.jpgc0119160_2217242.jpgc0119160_22172010.jpgc0119160_22173577.gif


c0119160_2218264.jpg


    .......「みなと公園」からの駿河湾大絶景!(左)沼津アルプス&(右)伊豆半島の西側.......     
c0119160_22264571.jpg


嗚呼・・、かくも美しき世界遺産・富士を綺麗な空気で堪能できるなんて、日本人は幸せだなあ・・。中国に生まれなくてよかった・・シミジミ。富士市で田子ノ浦絶景を満喫後、国道1号で沼津へと向おう!





★沼津の青松海岸&「御用邸公園」


   .......「沼津・千本松原」は、田子ノ浦から沼津・狩野川河口まで続く10kmの松並木海岸......
c0119160_5542723.jpgc0119160_5544955.jpg

c0119160_555755.jpg


万葉集で歌われた白砂青松風景は「沼津・千本松原」に今も残っており、近くにはかつての皇室別荘「沼津御用邸」や若山牧水記念館が佇んでいます。詩情溢れる短歌で知られる若山牧水は、明治18年に宮崎県で生まれ、大正9年に沼津へ移り住み、晩年の8年間を沼津で過ごしました。


        .......風光明媚な沼津千本松原の中に佇む「若山牧水記念館」.......
c0119160_15443411.jpgc0119160_15445148.jpg



c0119160_1545829.jpg


千本松原をこよなく愛した牧水の歌には、沼津周辺の風物を詠んだものが多く見られます。温暖かつ風光明媚な気候、駿河湾に面した砂浜から眺望する霊峰富士、新鮮な魚介類が豊富な地。皇室や数々の著名人がここを静養地とした理由がよく解ります。地震・津波がチョット怖いけれどね・・


    .......(左)伊豆半島をバックに砂浜で遊ぶ子供たち (右)富士山&青松は絶妙のコンビ.......
c0119160_558116.jpgc0119160_5585334.jpg





c0119160_5591474.jpgc0119160_5592852.jpg
 
「沼津御用邸」は明治~昭和中期まで使われた皇室別荘(大正天皇が皇太子時代に静養)。15万㎡の敷地を誇り千本松原と連なる広大な松林の中にあります。1969年廃止されましたが、記念公園として翌年保存され、多数の来園者が美しい庭園や優雅な皇室邸宅を静寂の中で楽しんでいます。


     .......(左)「沼津御用邸記念公園」の入口 (右)記念公園(皇室の旧保養所)の庭......
c0119160_6513664.jpgc0119160_6515220.jpg





c0119160_6529100.jpg


西附属邸は皇室で使用された家具・調度品が復元されており、当時の皇族の暮らしに触れることができます。東附属邸は皇孫殿下の学問所としての性格を受け継ぎ、文化活動施設となっています。


  ......「沼津御用邸西付属邸」の内部、天皇家の別荘内部は威厳と高貴な雰囲気に満ちる......
c0119160_6571725.jpg
c0119160_6573382.jpg
 




★新鮮な海の幸、活気溢れる「沼津漁港」


沼津といえば何と言っても新鮮な海の幸が味わえる場所。沼津漁港周辺には海産センターや市場食堂が軒を連ね美味しい鮨・海鮮丼等が目一杯味わえます。静岡勤務時代に漁港食堂で時たま食事をしましたが結構お値段は高い気がしました。バスツアーで多くの観光客が乗り付けて大人気ですからネ~


   ......沼津港は海の幸・宝庫(ひものが特に有名)、豊かな駿河湾の恵みが続々と水揚げ.......
c0119160_218356.jpgc0119160_2184417.jpgc0119160_219058.jpgc0119160_2191328.jpg




c0119160_219373.jpg


   .......(左)沼津海産センターは観光客で賑わう (右)光るような新鮮ネタ満載の寿司・海鮮丼.......
c0119160_21255637.jpgc0119160_21263535.jpg


c0119160_21264541.jpg




c0119160_2127515.jpg


2011年には水産会社が経営する「深海水族館」が沼津港にオープンしました。日本で初めて「シーラカンス」(生きた化石)を常時展示しており評判も高いらしい。地元水族館では「淡島マリンパーク」が老舗で有名


   ........沼津漁港にある「深海水族館」、「シーラカンス」の冷凍保存姿は世界で当館だけらしい........
c0119160_21391035.jpgc0119160_21392439.jpg


c0119160_21395074.jpg

     .......沼津レジャーランドの老舗は「淡島マリンパーク」、家族連れで賑わうイルカ・アシカのショー......
c0119160_21462413.jpgc0119160_21464967.jpg



c0119160_21471718.jpg


駿河湾は最深2500mを誇る深海湾、その沖には黒潮が流れており大量プランクトンに支えられる多重な食物連鎖によって豊穣の海が形成されています。伊豆半島西側付根には「大瀬崎」という有名なダイビングSPOTもあり、カラフルな魚や珊瑚の海中鑑賞が楽しめます。正に世界に誇る生態系・宝庫の海!


      .......(左)大瀬崎の風光明媚な風景 (右)スキンダイビングを楽しむ海中楽園の写真......
c0119160_21522727.jpgc0119160_21524150.jpgc0119160_21525426.jpg

豊穣の海は黒潮からの恵みだけではなく、静岡東部・伊豆半島の海洋地形学的な造山プロセスにも大きな要因があります。日本列島を東西に分断するフォッサマグナ西側構造線は静岡東部(富士川沿い)から親不知・富山湾まで走っていますが、駿河湾・富山湾とも底深く落ち込んでおり深海魚の宝庫
また日本の交流周波数(東50Hz・西60 Hz)の境界も糸魚川・静岡構造線に沿って分断されています。


     ......(左)日本列島を東西分断していたフォッサマグナ (右)交流周波数(Hz)の東西境界......
c0119160_21585316.jpgc0119160_624547.gifc0119160_21591167.jpg


c0119160_21594254.jpgc0119160_21595683.jpg

伊豆半島はかつて太平洋上の火山島が日本列島へ接近し衝突して今の形になっています。衝突時に富士山や日本アルプスが形成されたのかも・・(インドがユーラシア大陸に衝突しヒマラヤ山脈ができた過程と同じ)!地球を巡る海洋深層水は沼津・焼津沖からも採取され、健康水として商品化されています。


    ......(左)伊豆半島衝突・形成のプロセス (右)静岡県の沖合から採取される海洋深層水.....
c0119160_2210115.jpgc0119160_2210381.jpgc0119160_6345911.jpgc0119160_22102423.gif

久しぶりに沼津を訪問しましたが、海鮮市場の賑わいや風光明媚さは全く変わっていません。沼津からは南下し伊豆大仁・韮山・三島方面へと向かうルートを取りました。この辺も大いに見所があります。




★伊豆大仁の「葛城山・城山・発端丈山」&「沼津アルプス」縦走の思い出
                     

沼津から伊豆半島北部「伊豆の国市」へと向かいました。平成の市町村合併で生まれた地名で耳慣れない方も多いと思いますが「伊豆大仁」(巨人長嶋若き時代の自主トレキャンプ地で有名)と聞けばピンと来るかも・・。ホノボノとした水田風景が広がっており、右手には「葛城山・城山・発端丈山」が見える!


  ......(左)伊豆大仁の田園地帯から見る葛城山・城山 (右)2010年1月Fツア-登山以来の再訪......
c0119160_2213539.jpgc0119160_22142279.jpgc0119160_2215723.jpg


c0119160_22153078.jpg

c0119160_22154387.jpg

   
この連山には4年前「Fツアー」メンバーとバスを仕立てて登山したことがよき思い出。城山は低山ですが巨大な岩壁が聳え立っており、眼前にロッククライマーが垂直に近い岩の登攀にチャレンジしていました。頂上から見る絶景パノラマは超一級!駿河湾越しに富士山と南アルプスの大絶景を見ることができます。


   ......2010Fツアー登山時に間近で見た「城山・大岩壁」(ロッククライマーが数人攀じ登っていた).......
c0119160_6505260.jpgc0119160_6512350.jpgc0119160_6514139.jpg










c0119160_6521597.jpg


                            2010/1月「伊豆大仁ハイキング」(葛城山・城山)の記事 


  .......葛城山から俯瞰できる「駿河湾越しの南アルプス連峰と冠雪富士」、冬こそが見頃です!.......
c0119160_21444354.jpg
          
沼津には葛城連山の他に「沼津アルプス」という最近大人気の低山連峰があります。昔からの憧れでしたが静岡在住時(2001) 、山仲間・食山人氏(当時・三島在住)に案内して頂き遂に夢を実現しました。


   ......2001年(43才)、食山人氏と「沼津アルプス」縦走、鷲頭山の背景には真っ青な駿河湾.......
c0119160_21451452.jpg
c0119160_21452787.jpg

 
この山の縦走は低山だと思って舐めてかかると禁物です!アルプスの名前が冠されているだけあり厳しいアップダウンが繰り返され結構難関の山です。しかし縦走路からの眺望は絶景パノラマの連続!やはり岩崎元郎の新・日本百名山に選ばれただけはあるネ~。富士山が美しく見える冬の時期がお薦め


  ......(左)葛城山ルートから見た沼津アルプスの山並 (右)内浦湾にポッカリ浮かぶ「淡島」mini富士?......
c0119160_2150146.jpgc0119160_21503216.jpg


c0119160_2151328.jpg





★「葛城山」に潜む古代史ミステリー (役行者と鴨族の謎)


葛城山と聞けば思い出すのが修験道開祖「役小角」(超能力で全国の山を巡った役行者)が修業した大和・葛城山。2009年家族旅行で南伊豆「石廊崎」を訪ねた時「役行者」銅像を発見して驚きました。奈良山奥にいた役小角が何故に伊豆最南端の海に足跡を残したのか?と大いに疑問なのでした。


  .......(左)石廊崎岩壁には「石室神社」が建つ (右)役小角像は南伊豆・賀茂郡の地に立つ......
c0119160_5523488.jpgc0119160_553296.jpgc0119160_22372066.jpgc0119160_22373478.jpgc0119160_223737.jpg
c0119160_22375989.jpg
c0119160_22362491.jpg


                            <2009年2月>南伊豆(河津・下田)家族旅行の記事 

役小角は「鴨族」(賀茂氏)出身、「鴨・賀茂・葛城」キーワードに日本古代史ミステリーが潜んでいそうな気が・・。「鴨族」は「葛城氏」(歴史から抹殺された大和朝廷匹敵の豪族)から派生しましたが、そのルーツは伊豆半島や三宅島に縁が深い氏族らしい。大和政権から島流しされたか、元来は伊豆に大勢力を構えた国かは不明ですが、魏志倭人伝に登場する「伊都国」(一般では九州説)は「izu」とも読めるゾ・・


  .....伊豆半島・最南部「石廊崎」(賀茂郡)は断崖絶壁が続く大奇岩の海(2009年家族旅行)......
c0119160_7193874.jpg
c0119160_7195537.jpg

天皇の重要祭祀は京都「上賀茂・下鴨神社」で行われ、裏天皇「八咫烏」(原始キリスト教系・秦氏で祭祀を司る最高氏族→鴨族)が行っているらしい。神社祭祀ルーツは古代イスラエルにあると云われ、鴨族はユダヤ民族で最高祭祀を司る「レビ族」の末裔。八咫烏は神武東征時に高皇産霊尊が神武天皇の元に遣し熊野国から大和国へ道案内をした鳥。神武神話で奇跡を起こした金鵄とは八咫烏の化身です。


   .......天皇祭祀は京都「上賀茂・下鴨神社」で「八咫烏」(裏天皇)が取り仕切ると云われる.......
c0119160_7281727.jpgc0119160_7284581.jpgc0119160_729087.jpg


c0119160_7292434.jpg
c0119160_7295336.jpg


天孫降臨神話で瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が高天原から降りる際、迎えに出た「猿田彦大神」の姿は鼻が長く正に天狗の姿と完全一致する。神仏習合の修験道には必ず天狗と烏天狗が登場してきます。


 ....超能力駆使で全国飛翔した「役行者」、修験道「烏天狗」や「猿田彦」「八咫烏」との繋がりは?.....
c0119160_7403790.jpgc0119160_7405249.jpgc0119160_741797.jpgc0119160_7411827.jpg


c0119160_7415931.jpgc0119160_7413878.jpgc0119160_7425836.jpg

全国を飛翔する役行者と修験道・烏天狗と八咫烏の共通点。天狗のルーツは天孫降臨の「猿田彦」?呪術を駆使した役行者と裏天皇が執り行う陰陽道の関係、秦氏・鴨族と上賀茂・下鴨神社(天皇祭祀)の関係・・、これらキーワードには隠された秘密が必ずあるはず。日本古代ミステリーの謎は深まるばかり・・


     .......葛城山頂から望む伊豆の国市&狩野川(kanogawa)風景、少年時代の源頼朝像も.......
c0119160_841328.jpgc0119160_842975.gifc0119160_844161.jpgc0119160_845859.jpg



c0119160_85266.jpg
c0119160_854186.jpg


葛城山頂には少年時代の源頼朝像がありました。山頂東側には伊豆の国市を流れる狩野川光景が広がりますが、平野部の中に源頼朝が北条政子と逢引きを重ねた「蛭ケ小島」があるのです。今度は頼朝・政子のロマンス愛や源氏再興に向け挙兵に祈願した社(三島大社・伊豆山神社)を紹介します。


        ......沼津・伊豆大仁を訪ねた後はいよいよ「三島大社」や「韮山反射炉」へと向かう......
c0119160_8134564.gifc0119160_814696.jpgc0119160_8142048.jpg


c0119160_8144525.jpg



                           静岡東部探訪(その3):「北伊豆・韮山」編へと続く

                                                       おわり

  by rollingwest | 2014-02-18 00:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(90)

<2013年7月18日>鎌倉・湘南探訪(その7):逗子・葉山の風景

c0119160_21323297.gif
c0119160_21332023.gif

いや~!本当に猛暑が続きますね~!平年よりも半月も早い梅雨明けとなり、日本全国の海水浴場も大賑わい!湘南の夏といえば、やはり逗子・葉山のセレブなマリーナ風景が脳裏に浮かぶますネ~。





★湘南・鎌倉の海から満喫した冬富士 (おさらいレビュー)


c0119160_1481523.gifc0119160_1485543.jpg
c0119160_11504767.gif


    .....(左)今年の冬、湘南の富士を楽しんだ周遊ルート (右)大磯の岩場海岸からの富士.......
c0119160_1243583.jpgc0119160_1243245.gifc0119160_12434046.jpg

c0119160_1244031.gif


先月、山梨からの富士山岳パノラマをレポートしましたが、今回は湘南海岸から仰いだ富嶽絶景!半年前に車で廻った逗子・葉山の撮り溜め写真をサマーバージョンに味つけし真夏気分を味わって頂きましょう。


                              山梨の山々から見た名峰富士の記事はコチラから 


 ......(左)南国植物と冠雪富士のコラボは珍しい (右)冬富士を背に波乗りを楽しむ湘南サーファー.......
c0119160_12485953.jpgc0119160_12491272.jpgc0119160_12492522.jpg


c0119160_12494087.jpg


今年の冬、富士山がクッキリ見える快晴日(西高東低)を狙い、湘南海岸(二宮・大磯・茅ヶ崎・江ノ島・鎌倉・逗子・葉山)を2回に分けて訪ね歩きました。夏の当エリアは大混雑で近づきたくない場所なのでRWの訪問空白地帯でしたが、冬の閑散期に出かけ海越しの冠雪富士絶景をジックリ満喫できました。
鎌倉の湘南海岸はこの夏、海水浴というレジャーが始まって以来、130年目の記念年を迎えたらしい


                              大磯海岸の富士山記事はコチラから 


     .....七里ガ浜付近からの冬富士は江ノ島を脇に従えた絶景だった!.......
c0119160_12552135.jpgc0119160_12562894.gif

c0119160_12564672.jpg





c0119160_1257282.gif


 .....(左)北斎「神奈川沖浪裏」稲村ヶ崎版 (右)神に祈り稲村の海に剣を捧げる新田義貞.......
c0119160_131827100.jpgc0119160_13184833.gif

c0119160_1416952.jpg


c0119160_13191359.jpg
c0119160_13193428.jpg

c0119160_1319489.jpg


海越しに聳える富士山は過去色々な場所から眺望しましたが、特に印象深かったのは三保ノ松原(清水)、薩埵峠(由比)、満願峰(静岡)、西伊豆(土肥・戸田・達磨山)、沼津(内浦湾周辺)、房総半島(鋸山)からの光景が感動的でした。今回の湘南海岸から見る富士は勝るとも劣らず素晴らしいネ~!


                              湘南海岸の冬富士の記事はコチラから


        .....材木座海岸のウインドサーフィンの帆、気持よさそうに波の上を漂っていた.......
c0119160_1651986.jpgc0119160_1654078.jpg

c0119160_16607.jpg

        ......材木座海岸からは岬越しの冠雪富士、稲村ヶ崎の間から冬の顔を覗かせていた.......
c0119160_1694812.jpgc0119160_161068.jpg



c0119160_16103332.jpg


さて前2回のレポートは鎌倉(材木座海岸あたり)で終わっていましたので、今回は逗子・葉山のレポートを掲載します。お洒落でセレブで明るいイメージのSPOTですが、ここに入るには小坪トンネルを越えていかねばなりません。ここは神奈川県を代表する心霊スポット(全国的に超有名)・・何かドキドキするネ~


      ......鎌倉から逗子に抜けるには日本有数の心霊スポット「小坪トンネル」を通過する.......
c0119160_16154950.jpgc0119160_16162269.gifc0119160_16165190.gif


c0119160_16172439.gifc0119160_16173917.jpg





c0119160_16175570.gif


小坪トンネル(県道311号)は、鎌倉駅と逗子駅の中間に位置しトンネルが3本ありますが、一番南側の「小坪隧道」で数多く怪奇現象が発生するらしい。歩行者でなく車に乗る人がよく遭遇するとのこと


    ........様々な怪奇現象の噂が昔から伝わる小坪トンネル、一時は新聞でも大きく報じられた.......
c0119160_1629337.jpgc0119160_162931100.jpg

c0119160_16295894.jpg


フロントに幽霊が被さってきた、複数の手が壁から出ていた、トンネル上部から男が覗いていた、後部座席に女が座っていた等、多くの恐怖体験が・・。トンネル上には火葬場があるらしい。工事で亡くなった人の霊も出るなど様々な噂があり、一時は大ブームとなった場所。最近は心霊番組って少なくなったなア・・


c0119160_1634231.gifc0119160_16344141.gifc0119160_16345959.gif
c0119160_16351665.gif

夏は怪談がつきものですが、本日は太陽が輝き渡る湘南海岸がメインレポートなのでジメジメした恐怖話題はこの辺にしておきましょう。小坪トンネルを出るとそこにはセレブなマリンスポーツ世界が広がっていた~





★セレブの象徴・湘南マリーナ(逗子・葉山)


        ......逗子マリーナに林立する富裕層マンション群、ここからはセレブのお洒落スポット!.......
c0119160_16445364.jpgc0119160_1645112.jpg

c0119160_16453280.jpg


湘南のマリーナといえば江ノ島を以前紹介しましたが、その他には三浦半島西部に点在する3つのマリーナ(逗子・葉山・佐島)が有名です。まずは逗子からスタート!葉山中心部から南下すると椰子の並木に囲まれた白亜の高級マンションが林立、ここは地中海リゾート(行ったことないけど・・)か?と見紛うばかり


       ......逗子マリーナのヨット艇置保管場、撮影時(冬)は静寂風景だったが今は繁忙?.......
c0119160_16543133.jpgc0119160_1654564.gifc0119160_1655133.jpg

c0119160_16554414.jpg


逗子マリーナの開発は西武流通G(セゾン)によって、鎌倉霊園造成工事で生じた残土を使用し逗子小坪の岩礁を埋め立てて1971年に開業しました。敷地内には9棟(1,226戸)の豪華マンションが建設・分譲され、ヨットマリーナやプール・レストラン・ボウリング場など各種施設も充実しているセレブな一体型リゾートエリアです。


        .....リヴィエラリゾート逗子マリーナはお洒落な雰囲気、RWには全く縁がゴザイマセ~ン.......
c0119160_17414580.jpgc0119160_17422521.gif

c0119160_17485164.jpg
c0119160_1743261.jpg


湘南の海に囲まれパームツリーが植えられた景色はまさに地中海的雰囲気が溢れており、1980年代後半のバブル期にかけては、トレンディドラマや映画・CM等の撮影地として使われ人気を博した場所です。


       .....逗子ハーバーの白亜灯台、真っ白なクルーザー・・、やはり縁もかけらもゴザイマセヌ.......
c0119160_1758453.jpgc0119160_17561856.gifc0119160_1756426.jpg



c0119160_17581529.jpg


開発に携わった西武流通Gの不動産会社が経営悪化により破綻、現在の逗子マリーナの所有・運営はリビエラグループ(東京・南青:結婚式場やレストラン経営企業)となっているとのこと。西武は嘗ての面影なし


          ......椰子の木に彩られる逗子リゾートマンション群、コチラもまたまた関係ネ~.......
c0119160_19132880.jpgc0119160_19134669.jpg

c0119160_19141457.jpg



次は葉山へと向かいます。当地は日本のマリーナ発祥地(1965年設立)であり「ブルーアンカークラブ」という歴史ある組織(船舶所有オーナー達の交流クラブ)が運営しているらしい。リッチな方ばかりなんでしょうネ~


                  ......日本のヨット発祥地・「葉山マリーナ」の風景.......
c0119160_2202268.jpgc0119160_19293412.jpgc0119160_19294891.jpg


c0119160_19313681.jpg


小生が抱く逗子葉山のイメージはやはり「加山雄三」!1960年代の東宝「ゴジラ」映画と併映された「若大将シリーズ」ですネ~(古!)。湘南の海をヨットで自由に周遊しエレキギターを片手にスマートに遊ぶお金持ちの城南大生(K大?)を爽やかに演じておりました。♪「二人を~夕闇が包む~この窓辺で~」(懐)


   .....我々の世代が少年時代に憧れた湘南サウンドといえば若大将(加山雄三)とワイルドワンズ......
c0119160_19415647.jpgc0119160_19423655.jpgc0119160_19425655.jpg





c0119160_19434381.jpg

            ♪加山雄三「君といつまでも」♪⇒


そして当時小学5年生だった小生はグループサウンズに完全に嵌っていました。湘南海岸をテーマとしたGS曲と云えば、やはりザ・ワイルドワンズの「想い出の渚」とザ・タイガースの「シーサイドバウンド」がその代表曲!


       .....(左) ♪ザ・ワイルドワンズ「想い出の渚」♪     (右) ♪ザ・タイガース「シーサイドバウンド」♪.....
   

ザ・タイガースは何度か再結成していますが、解散以来参加したことがなかったトッポ(加橋かつみ)が遂に今年12月復帰!完全復活コンサートが企画されており、11月にGS特集を組んでみたいと思います。


     .....ザ・タイガース「シーサイドバウンド」も湘南サウンド、今年12月に往年メンバーで完全復活!.......
c0119160_20324481.jpgc0119160_20481066.gifc0119160_2033657.jpg




c0119160_2034719.jpg




c0119160_2033379.jpg





★逗子・葉山からの富士山絶景


さらに海岸線を南下していくと葉山の総鎮守「森戸大明神」が現れました。平治の乱に敗れ伊豆に流された源頼朝は、三嶋大社の神を深く信仰し源氏の再興を祈願しました。旗挙げに成功し天下を治めた頼朝は深く謝恩し、鎌倉に帰ると三嶋明神の分霊を葉山森戸に歓請し奉納したと伝えられます。


  ....(左)葉山の総鎮守「森戸大明神」(1月) (右)神社裏手の「千貫松」、枝ぶりが素晴らしい!.......
c0119160_21225173.jpgc0119160_2123531.jpg


c0119160_21232642.jpg

  
海の安全と大漁祈願で毎年6月に湯立神楽(潮神楽とも呼ぶ)の神事が執り行われるとのこと。起源は不詳ですが、熊野灘より移住してきた漁業従事の人々により江戸時代中頃から始められたと云われます。神社裏手磯辺の岩上に切り立つ「千貫松」は見事!源頼朝が松を仰ぎ見て感銘したらしい。


   .....森戸神社から見る海越しの世界遺産「富士山」(1月)、沖合の赤鳥居が実に神々しい!.......
c0119160_2129943.jpgc0119160_21293346.jpg


c0119160_21295184.jpg


ここから海越しに見る富士山絶景は感動的!沖合いには名島(赤鳥居の建つ岩礁)があり、霊峰富士と重ね仰げば神々しいの一言!展望海岸の一角に「石原裕次郎」の記念碑があり今も多くのファンが訪れています。湘南で青春を過ごし当地をこよなく愛した裕次郎。彼の映画のロケ地にもなった場所


      ..........「石原裕次郎」の記念碑、映画「太陽の季節」「狂った果実」の舞台になった.......
c0119160_21324425.jpgc0119160_21325941.jpgc0119160_21332575.jpg
c0119160_214367.jpg



   ......沖合に「裕次郎灯台」、右は赤い鳥居が浮かぶ「名島」。夕陽に照らされる絶景の名所.......
c0119160_21461284.jpg
  
海越しの富士山絶景は夕暮れ時には一層感動的な絵となるらしい。神奈川の景勝50選「森戸の夕照」として称えられ、江ノ島・伊豆箱根の山々、富士山が海・空とも茜色に染まる光景。一度見てみたいものだ・・


      ......これこそ地元が誇る絶景「森戸の夕照」(インターネット写真)、本当に素晴らしいネ~.......
c0119160_21464110.jpgc0119160_2147649.gifc0119160_21472235.gif

c0119160_21474284.jpg


葉山は御用邸(天皇御一家の別荘)があることでも有名。明治時代,天皇家の侍医(ドイツ人)が予防医学で日本に保養の思想を導入、「気候温暖で風光明美。近代的保養地として整備すべき」と宮内庁に推奨したことが発端らしい。因みに葉山以外の御用邸は那須(栃木)・須崎(静岡)にもありますネ


        ......天皇陛下の湘南保養地「葉山御用邸」、裏には一色海岸が穏やかな潮騒.......
c0119160_215246.jpgc0119160_21583114.gifc0119160_1803484.jpgc0119160_180501.jpg

c0119160_21522515.jpg
c0119160_21524615.jpg


御用邸門前をカメラ撮影したら、厳重警備の警官が追っかけて来て「画像を消せ!」と命じられ、ビックリ!調べてみると、1971年御用邸は精神異常者によって放火され全焼していたのです。1981年再建されましたが、それ以降は警察メンツにかけピリピリ状態なのか、それともRWが異常者に見えたのかいな?


             ......葉山の最南端、長者ケ崎は鄙びた雰囲気も感じられる。.......
c0119160_2040063.jpgc0119160_20401479.jpg

c0119160_20403554.jpg


さらにビーチラインを進むと長者ケ崎が現れます。この岬周辺はホノボノとした雰囲気で、もう逗子葉山のハイソ・セレブな感じは殆ど薄らいできたなア・・。この岬が葉山町の南限であり、ここから先は横須賀市に入って行きます。横須賀にも佐島マリーナがあり、湘南リゾート風景の最後の締めで立ち寄ってみました。


            ......佐島マリーナは横須賀市だが、逗子・葉山と雰囲気は同じです.......
c0119160_20491545.jpgc0119160_20494822.gif

c0119160_2051336.jpg


   .....佐島マリーナ入口の公園で寛ぐ猫達、富士山世界遺産お祝いムードも関係ねーか(マイペース).......
c0119160_20565671.jpgc0119160_20573094.jpg




c0119160_20575294.jpg
c0119160_2058548.jpg


世界遺産・富士が遠望できる湘南海岸はやはり贅沢な場所でした。鎌倉は登録難航で申請を取り下げましたが何かホッとした気もする。今も観光期は混雑する鎌倉や湘南海岸、これ以上外人や国内観光客がワンサカ押しかけたら完全に芋の子洗いになっちまう。でも夏の湘南はやはり混みそうだネ~!


    .....最後にもう一度、大磯海岸からの冠雪富士。海から楽しむ富士は贅沢な景色です。.......
c0119160_21132778.jpg
     

                                   富士山世界遺産祝福の記事はコチラから


                                                          おわり

  by rollingwest | 2013-07-18 00:00 | 鎌倉・湘南探訪 | Comments(66)

<2013年3月9日>鎌倉・湘南探訪(その5):松田町(河津桜)~大磯町


★神奈川県の河津桜を訪ね、大磯へと巡る

c0119160_7305016.gif

今年も厳しい寒さが続き春の訪れは昨年同様に遅かったものの、3月初旬のポカポカ陽気に反応して早咲きで有名な「河津桜」(例年、満期時期は2月中~下旬)がついに満開を迎えました。春到来!


    ......厳しい冬で素晴しい冠雪富士山を見ながら東名高速を飛ばし松田町に向かう......
c0119160_5541379.jpgc0119160_5551349.jpg









c0119160_5553060.gif

      
神奈川の早咲き桜「松田町・河津桜」・・、本家・伊豆河津町には後塵を拝するものの最近はかなり有名になってきました。実は今回の写真は丁度1年前の3月中旬に取材してきたものです。昨年公開しそびれてしまい、今年の河津桜が咲き始めたらタイミングを合わせて掲載しようと下溜めていた記事


   ......早咲きの松田「河津桜」(元祖は伊豆河津)、松田桜は富士山コラボで人気上昇中........
c0119160_6525552.jpgc0119160_653655.jpg




c0119160_6532082.jpg

 
神奈川県西部まで足を延ばしたので、ついでに大磯まで足を延ばし湘南海岸ドライブを楽しみました。1月紹介の「二宮・菜の花~鎌倉」レポートに続き「湘南海岸&冠雪富士」の絶景をお楽しみ下さい。


       ........荒波の磯風景が続く「大磯海岸」。真っ白な富士山が眺望できた!......
c0119160_2145210.gifc0119160_2152390.jpg








c0119160_5553060.gif

     
                「鎌倉・湘南探訪」(その4):湘南海岸・冬富士絶景ロードの記事はコチラから





★河津桜のリベンジ (南伊豆の敵を、松田町で・・)


      ........(左)富士山を河津桜・額縁にして撮影  (右)桃花のように燃え立つ河津桜......
c0119160_21123538.jpgc0119160_21125211.jpg

c0119160_21131317.jpg






c0119160_21592990.jpg

早咲き「河津桜」は今こそすっかり有名になりましたがその歴史はまだ20年くらいだそうです。河津桜を一度満喫したいと南伊豆・2009年家族旅行で訪ねたものの、2月末で葉桜状態(当時は暖冬・・無念)。この悔しさをいつか果たそうと窺っていたが・・遠いので、神奈川の河津桜でリベンジしました。


                <2009年2月>「南伊豆」(河津・下田)への家族旅行の記事はコチラから 


      ........(左)ここには素晴らしい菜の花畑もあり (右)眼下には松田・小田原の街並......
c0119160_2223183.jpgc0119160_2224588.jpgc0119160_223935.jpg


c0119160_2232150.jpg


松田町・河津桜の歴史はさらに浅く、桜祭りが始まったのは2002年からとのこと。早春の桜を地元の観光目玉にしたのはNICEな着眼点。東名大井松田ICを降り、目の前に迫る松田山を登り詰めていくと富士山・足柄山を背景にした壮観なる河津桜パノラマ&農園菜の花畑を楽しむことができます。


          ........松田桜が連なり、冠雪の富士、絵になるパノラマ光景が沢山でした......
c0119160_22142020.jpg
c0119160_2215621.jpg
     
松田山からの絶景を満喫した後、松田町と小田原市の間を流れる「酒匂(sakawa)川」の河川敷に降りてみました。富士山・東南麓(御殿場市付近)と丹沢山地西南部を源流とする二級河川ですが、神奈川県では相模川に次ぐ規模。この2つの川の貢献で県が水不足に悩むことは全くありません。


          ........河川敷に降りてみて、酒匂川の流れを直接、体感してみました!......
c0119160_558418.jpgc0119160_5591120.jpg


c0119160_5592633.gif

c0119160_5595114.jpg


酒匂川・鉄橋をJR電車や小田急ロマンスカーが颯爽と走っていく・・。その向こうには先程花を楽しんだ松田山も見える。菜ノ花畑の黄色が早春山肌にひときわ目立っているネ~。川面にも春の風情が・・


      ........小田原を流れる「酒匂(sakawa)川」の鉄橋、お洒落な「小田急ロマンスカー」が通過......
c0119160_642285.jpg
   
        ........JRと小田急線の鉄橋から見る河川敷の遠近感、なかなか楽しいアングル......
c0119160_64453.jpgc0119160_1374446.gif

c0119160_652232.jpg

     
酒匂橋周辺には風情ある神奈川県随一の松並木が続いています。旧・東海道から小田原城下町に続く往来の賑いが重ねられた歴史な風景が残されていました。江戸時代、酒匂川には橋が架けられておらず、往来旅人は渡し場から川越え人足に頼って川を渡らなければならなかったそうです。


         ........酒匂橋周辺の松並木、富士が圧巻!昔は人足で川渡しが行われていた......
c0119160_657066.jpgc0119160_6571699.jpg

c0119160_6573939.jpgc0119160_6575285.jpg

c0119160_658654.jpg


河津桜の次はいよいよ染井吉野の季節!今年の桜前線北上は、寒い冬でも例年より早まり関東の開花時期は3月20日前後頃らしい。本格的な春を期待しながら、次は大磯方面へと車を走らせよう!


        .....松田山から菜の花畑越しに臨む松田・小田原の街、春爛漫も近し!........
c0119160_10535381.jpgc0119160_10541086.jpgc0119160_10543282.jpg


c0119160_1105023.jpg









c0119160_11197.jpg


      ........今度は小田急線の普通列車をパチリ!(因みに私は鉄男ではございません)......
c0119160_1117953.jpgc0119160_11173442.jpg






c0119160_11174661.gif


                <2007年6月>「あしがら紫陽花」紀行(開成町・大雄山)の記事はコチラから

この近辺は開成町や大雄山の「あじさい」も実に見事!上記に↑公開しておきますのでご参考に!




★リッチな雰囲気が漂う湘南海岸「大磯」の風景


      ........大磯海岸から、富士・足柄・箱根の山々。風光明美なる早春・湘南海岸の絶景......
c0119160_11306100.jpg
      
大磯も旧・東海道の松並木が有名。車の往来激しい国道ですが、今も宿場街道の風情が漂っている。富士を望む自然豊かな大磯の高台は、政治家・実業家が別荘を沢山建てた場所。何と8人もの歴代宰相(伊藤博文・山県有朋・大隈重信・西園寺公望・寺内正毅・原敬・加藤高明・吉田茂)の名が・・!


     .......大磯は風光明媚で歴代宰相別荘を建てた一等地、日本の海水浴場発祥の地......
c0119160_11333100.jpgc0119160_11345629.jpgc0119160_1135626.jpg



c0119160_11353573.jpg


ワンマン宰相・吉田茂が自宅から車で国会議事堂に通うために開通させた「吉田ワンマン道路」、今なら「公私混同!」とバッシングの嵐でしょう。車を走らせると、国道沿いに伊藤博文(初代首相)の別荘「滄浪閣」(souroukaku)が出現。しかし今や廃墟状態、明るい大磯海岸に沈鬱な風景が晒されていました。


 ......(左)大磯の松並木は旧東海道の風情が豊か (右)伊藤博文の大磯別荘だった「滄浪閣」.....
c0119160_11474353.jpgc0119160_11485159.jpgc0119160_1275668.jpgc0119160_1263254.gif 




c0119160_11492163.jpg


バブル時代、堤財閥の豪華投資で「大磯プリンスホテル別館」として営業されましたが、西武Gが2004年の総会屋利益供与&証券取引法違反事件で経営危機に陥り、「滄浪閣」は財産処分物件として売りに出されました。コンプライアンス遵守無視のバブル時代、今はもう時代が変わりました。この姿を見て伊藤博文(昔の千円札が懐かしい)はさぞかし大粒涙も流して嘆き悲しんでいることでしょう・・。
                              
          ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  

 .......(左)ロングビーチで有名な大磯プリンスホテル (右)南国植物&冠雪富士コラボ、珍しい光景かも!......
c0119160_12182133.jpgc0119160_1210717.jpg

c0119160_12102423.jpg


        .......大磯ロングビーチとプリンスホテルの夏の賑い&上空からの写真(ネット拝借)......
c0119160_12353915.jpgc0119160_12355811.jpg

c0119160_12361339.jpg

    
「大磯ロングビーチ」は、西武財閥のドン堤義明の意向(海水浴発祥地・大磯に巨大レジャー施設を建設指示)で昭和32年(小生・誕生年)に開業しました。昭和30年代前半は日本が高度成長期に入ったばかり、レジャーに慣れていなかった当時の国民にとって現在のTDLに匹敵する憧れの殿堂だったでしょう。


        ........大磯プリンスホテルの庭のごとく広大なプールサイトがあった!富士山が綺麗~......
c0119160_1241386.jpgc0119160_12415261.gif

c0119160_1242985.jpg

     
      .......相模湾の先(右)には箱根の山、そして左側は熱海・伊東・伊豆半島へと繋がる..... 
c0119160_12442247.jpg

現在は、広大な敷地に「流れるプール」「波のプール」「ウォータースライダー」などの最新鋭設備が完備。富士山を見ながらの海水浴は楽しそうですネエ・・、ハイシーズンの夏は家族連れなどで大いに賑わうことでしょう。しかし昨年小生が訪れたのは冬の閑散期、ホテル館内やプールには人影なくガ゙ラ~ン・・としていた。


     ........(左)夏に賑わう湘南リゾートも今は人の影なし (右)赤鳥居の上に松、富士とのコラボ......
c0119160_1312054.jpgc0119160_13112949.jpg





c0119160_13121952.jpg


閑散期理由だけではなく、やはり時代の流れ(レジャー多様化や西武Gの凋落等)による影響も大いにあると想像されます。大磯プリンスホテルは、東京五輪(昭和39年)のヨット競技参加者の選手村として建設された宿泊施設。2020年東京五輪誘致に成功し、再びここに賑わいと活気が取り戻せればいいネ~


             ........2020年東京オリンピック誘致ポスター、今年9月に判定が!......
c0119160_13165756.jpgc0119160_13204369.jpgc0119160_13205666.gif


c0119160_19492516.jpg

 
日本初の海水浴場が開設されたのが照ヶ崎海岸、古くは小淘綾(こゆるぎ)の浜といわれた砂礫の美しい海岸です。大磯港の西南に位置する岩礁海岸で、さざれ石とよばれる様々な色をした小石が見られます。大磯漁港にも立ち寄ってみよう。市場では地元で獲れた新鮮な魚介類が満載でした。


     ........(左)活気溢れる大磯漁港の市場 (右)白い富士、白いさざ波、「照先海岸」風情あり......
c0119160_13242887.jpgc0119160_13244685.jpgc0119160_1325631.jpg


c0119160_13325722.jpg

c0119160_13254577.jpg


湘南の富士山は風景画の如し。当地が著名人の別荘地になったことに納得!大磯海岸に降り立つと名前通りの雄大な磯風景。冠雪富士をバックに磯釣りできる湘南太公望も実に優雅なもンだネ~!


         ........大磯の岩礁に立つ釣り人、ホント絵になりますな~。湘南富嶽・太公望......
c0119160_13342728.jpgc0119160_1335442.jpgc0119160_13344625.jpg



c0119160_13352956.jpg






c0119160_1335406.gif


松田桜は3月中旬頃まで楽しめますので皆さんも是非訪ねてみては・・!でも今年は花粉に合わせ黄砂とPM2.5が沢山流れ込んで来ており、昨年の様なクッキリした富士山眺望は期待薄かも・・(苦笑)
湘南海岸ドライブは逗子・葉山のレポートもまたいつか公開したいと思いますのでお楽しみに~!



                                                         おわり



次回は、いよいよ60年ぶりの大遷宮を迎える「出雲大社」のレポートをお届けいたします。
c0119160_6471069.jpgc0119160_6473061.jpgc0119160_6473991.jpg

  by rollingwest | 2013-03-09 00:00 | 鎌倉・湘南探訪 | Comments(61)

<2013年1月12日>鎌倉・湘南探訪(その4):湘南海岸・冬富士絶景ロード

★「鎌倉」&「富士山」、世界遺産候補をW満喫


c0119160_12334982.gif
c0119160_12335975.jpg

     
鎌倉」は「富士山」とともにユネスコ世界遺産指定に向け登録申請中。源頼朝に源流を発した武家政権の歴史遺産を世界へと伝える道が後世固められるのか・・、昨年秋に現地調査が実施されました。今年6月に判定結果が出ますが、正式決定したら観光客がさらに激増してチト億劫な気もするナア・・

c0119160_12354529.jpg
                
鎌倉や湘南海岸は過去何度も訪れましたが、交通手段は毎回電車only(車だと大混雑に巻き込まれドツボに嵌りそう・・) しかしよく考えれば冬の湘南海岸は人出が余り多くない。そして冬晴れ時期は相模湾越しの江ノ島や冠雪富士を望めるぞ!と、予てから車で行くチャンスを窺っていたのでした。


      .......鎌倉「七里ケ浜」付近から撮った海に浮かぶ冬富士の絶景(左:江の島).......
c0119160_12364324.gifc0119160_12365342.jpg 




c0119160_1237895.jpg
    
                        「鎌倉・湘南探訪」(その1):「極楽寺~鎌倉大仏・由比ケ浜」編




 

★真冬の「菜の花」楽園、絶景の冠雪富士山・相模湾


1月12日(3連休初日)は絶好の冬晴れとなり、鎌倉・湘南海岸から富士絶景を満喫するに相応しい日が到来!ブログ仲間(びーぐる様)から、菜の花が真冬に咲き誇り冠雪富士が眺望できる素晴しい場所(二宮町「吾妻山公園」)を教えてもらったので、ここも観に行かねば!思い立ったら吉日!      

c0119160_1305664.jpg

           
                                         名峰レビュー:「富士山」(その1)
   

        ......二宮町「吾妻山公園」は、1月で菜の花が満開。冠雪・富士山も望める名所......
c0119160_12572255.jpgc0119160_13311494.jpg







c0119160_12564893.jpg

「吾妻山公園」は、神奈川県二宮駅前(大磯の西)の小高い丘にある公園、1月に菜の花が満開になることで有名です。(小生、実は知らなかったのですが・・) 東名川崎ICから高速道路経由で現地に朝8時半到着(駐車スペース確保がチト苦労) 急な階段が現れ延々と登っていきます。(結構キツイ)
          

c0119160_1394467.jpg
c0119160_1395229.jpg

            ......駿河湾小田原の街が一望!手前には冬に咲き誇る菜の花畑......
c0119160_13195648.jpg
      
        ......菜の花畑の前には、富士絶景を撮影するカメラマン・夫婦連れなどが沢山!......
c0119160_13113732.jpg
c0119160_1312223.jpg

      
頂上部には満開となった菜の花畑が!遥か先には真っ白な冠雪富士が雄大な姿で聳えています。右を見れば丹沢・大山の山並み、富士山近くには金時山・箱根の山々、左には小田原の街並み、相模湾アーチの彼方には真鶴半島も遠望できる!これは間違いなくお宝物の大パノラマだネ~!(驚)


     ........(左)朝日に輝く相模湾  (右)富士山信仰の浅間神社、ここは絶景の崇拝場所........
c0119160_13204658.jpg





c0119160_1321668.jpg


              .........菜の花畑は輝きを増し、人の数も増えてきた!........
c0119160_13291876.jpg
c0119160_13293251.jpg

相模湾上に光り輝くサンライズとともに菜の花も段々と輝きを増し、益々明るいムードが漂ってきました。絶景撮影のため、沢山のカメラマンが朝早くから待機している。いヤ~、こんな素晴らしいSPOTがあったとは知らなかった!菜の花といえば春の花、房総南端だって2月初め頃からが咲き始めなのに・・


       ........真冬の中で、菜の花・富士山コラボ絶景を見られるとは思わなかった!........
c0119160_1315963.jpg

菜の花と冠雪富士・相模湾の景は2月中旬まで楽しめるらしい。皆様も是非一度足を運んでみては・・! さて、小生はカメラマンを尻目に、ルート134号・湘南ロードを鎌倉に向かって走らせて行きます。
c0119160_13322079.jpg


c0119160_13324381.gif





★湘南海岸・ルート134ドライブ!茅ヶ崎周辺

     ........二宮町から大磯・平塚を経由し茅ヶ崎へ、134号線&冠雪富士の遠近感!........
c0119160_1349827.gifc0119160_13493344.jpg

c0119160_13524274.gif


c0119160_13494477.gif


♪ランララ、ランララ、ランランラ~ン、「今、何時?」「そうネ大体ね~」♪、1978年(小生・大学3年)にサザンが「勝手にシンドバッド」でデビューし早くも35周年。歌詞に折り込まれた湘南海岸光景をチェックしましょう。

c0119160_1424526.jpg


   ........茅ヶ崎海岸、「勝手にシンドバッド」歌詞♪「江ノ島が見えてきた~俺の家も近い~」♪........
c0119160_1413721.jpg
 
   ........船が近づく江ノ島に近づいていく!(クローズアップ) 遥か先には三浦半島も望める・・.....
c0119160_1422080.jpgc0119160_142051.jpg



沖合を見ると、何か爪を立てたような先鋭の岩が見える・・OH、あれこそがエボシ岩か!サザンの名曲「チャコの海岸物語」や「ホテル・パシフィック」に登場して有名!確かに烏帽子そっくりの形ですネ~!


       ........茅ヶ崎海岸のテトラポットに釣り人、烏帽子岩は地元の人にはシンボル的存在.....
c0119160_1474599.jpgc0119160_148516.gif





c0119160_1482225.jpg

c0119160_1410678.jpg
c0119160_14105452.gif
c0119160_14113820.jpg

            


      
★湘南海岸メインエリア① (藤沢・鵠沼~江ノ島~鎌倉・腰越)


湘南海岸のメインは、やはり藤沢鵠沼~片瀬江ノ島、鎌倉に入り稲村ヶ崎・七里ケ浜・材木座海岸、そして逗子・葉山に至るエリアなのでしょう。日本人が憧れてきたお洒落で絶景なる海岸風景が・・!


      ........ついに江ノ島まで来た!1年前にはこの島を全て廻り大いに満喫したものだ!.....
c0119160_14383824.jpg c0119160_14391830.jpg

c0119160_1439224.jpg




c0119160_14395161.jpg


「江ノ島」は藤沢・鎌倉と陸続きとなった相模湾の島で日本有数の観光地。北斎・国重の浮世絵に描かれ景観の良さは歴史的にも有名!日本高度成長期はお洒落なイメージが国民の憧れの的となりました。湘南サーファーは冠雪富士を見ながら贅沢な波乗り!(江ノ島探訪記事の詳細は下記参照)


        .......冠雪富士を見ながらの波乗り、湘南サーファーにとってまさに誇りの絶景!.....
c0119160_14513229.jpgc0119160_14521419.jpg

c0119160_14513944.gif






c0119160_14522428.jpg

  
                           「鎌倉・湘南探訪」(その2):「江ノ島」編
 

江ノ島と鎌倉を結ぶ浜(根元の海岸)に「腰越」「小動岬」があります。近隣に日蓮上人が迫害された「龍口寺」(後日紹介予定)も鎮座。このエリアから鎌倉時代の歴史エッセンスが徐々に垣間見えてくる・・


        ........(左)腰越付近にある小動神社 (右) 小動岬の裏側から江ノ島を望む.......
c0119160_1459141.jpg
c0119160_1521990.jpg


腰越には源義経由緒の「満福寺」がありました。この寺で、義経が頼朝に宛てた「腰越状」(壇ノ浦で圧勝後、理解求める嘆願書)が書かれたのです。「兄上、何故私を認めてくれないのですか?」と・・


     .......「腰越状」が書かれた「満福寺」の山門へ、頼朝は破竹の勢いの義経を警戒し脚下.......
c0119160_155280.jpgc0119160_1552710.jpgc0119160_1555275.jpg 


c0119160_156945.jpg 






c0119160_1562518.jpg

     
        .......この由緒あるお寺の山門前に江ノ電が走る。これこそ鎌倉の魅力の一つ.......
c0119160_15161399.jpg
c0119160_15162794.jpg






★湘南海岸メインエリア② (七里ケ浜~稲村ケ崎)

稲村ヶ崎へと繋がる「七里ケ浜」、国道134号線・江ノ電が沿って走る海岸光景が連続します。でも駐車場は殆どなし、交通量は多く後続車に追っ立てられて絶景をノンビリと楽しむ風情はありません。


                .......「七里ケ浜」をガタンゴトンとのんびりと進みゆく「江ノ電」.......
c0119160_15312650.jpgc0119160_15314484.jpgc0119160_15315979.jpg





c0119160_15322015.jpg


サザン゙の歌や映画で有名な「稲村ヶ崎」・・。実は小生この浜を訪れるのは生れて初めて・・。いつか来てみたいと思って数十年・・中年オヤジになりようやく夢は叶ったナ~。予想を超えた絶景でした!

c0119160_1537943.gif

        ........ついに来た「稲村ヶ崎」!桑田佳祐の初監督作品「稲村ジェーン」の映画舞台.......
c0119160_15372476.jpg
           
稲村ヶ崎は、新田義貞の鎌倉攻めの古戦場でも有名。義貞が海に黄金太刀を投げ入れて龍神に祈願すると潮が引き、海上の北条軍も遠く沖に流されたために稲村ヶ崎を進軍突破できたという伝説が石碑に刻まれています。岬沖で遭難した若者を追悼し力強く天を仰ぐ銅製彫像もありました。


        ........「稲村ヶ崎」は鎌倉幕府攻め新田義貞の歴史的な舞台でもあった.......
c0119160_15415245.jpgc0119160_154284.gifc0119160_1542235.jpg


c0119160_15423825.jpg


     ........(左)稲村ヶ崎裏手の消波堤(上から目線) (右)ボート遭難事故の慰霊碑銅像.......
c0119160_15481780.jpg

c0119160_15483263.jpg


稲村ヶ崎の砂浜はまさに浮世絵のような光景、真っ白な富士が海の上に浮かび左には江ノ島も見えている。葛飾北斎の有名な浮世絵「神奈川沖浪裏図」にモチーフを感じて波立つ海富士を撮影パチリ
c0119160_15511694.jpg
c0119160_15513294.jpg

    .......葛飾北斎・浮世絵に似せて撮った「稲村ヶ崎」光景。「冠雪富士&江ノ島」、絶景ダ~!.....
c0119160_15525731.jpg

2月23日は語呂合わせ「富士山の日」を迎えます。国民期待の世界文化遺産指定を祈念して「富士の絶景ユーチューブ」(RW・TOPICSに年初掲載)を再度貼り付け、その美を堪能したいと思います。

                      

                                         名峰レビュー:「富士山」(その2)
  




★湘南海岸メインエリア③ (九品寺・光明時、材木座海岸)


「九品寺」は小さな寺ですが、鎌倉では非常に由緒ある古刹。新田義貞が鎌倉攻めの最後の砦として陣を敷いた場所として知られています。討幕後、義貞は戦死者をこのお寺で手厚く弔ったとのこと

                ......材木座海岸近くの静かな住宅街に佇む「九品寺」......
c0119160_1624780.jpgc0119160_1619588.jpg






c0119160_1620650.jpg

      
関東一の大きい山門を誇っているのが浄土宗の関東総本山「光明寺」(1243年、第四代執権・北条経時が創建)。立派な山門は元々鶴岡八幡宮にあったものですが、江戸時代に移築されたとのこと


       ......鎌倉有数の壮大な山門を誇る「光明寺」、こんな素晴らしいお寺があったとは!......
c0119160_1629225.jpg
c0119160_16295536.jpg
              
        .......光明寺本堂は1240年開創、伽藍の壮大さ・鐘楼も実に立派!......
c0119160_16312579.jpgc0119160_16314966.jpg

c0119160_16321517.jpg


そしてこれに劣らず巨大な本堂、現存する古建築では鎌倉一番の大きさ。その中には眩いばかりの「阿弥陀三尊像」(鎌倉六阿弥陀の一つ)が・・!浄土宗開祖・法然上人の肖像画や地獄図も・・!


    .......開祖「法然」&黄金に輝く「阿弥陀本尊」、禅宗寺が多い鎌倉で浄土宗は珍しいかも.....
c0119160_16383660.jpgc0119160_16391016.jpg


c0119160_16384450.jpgc0119160_16403497.gif




c0119160_16404149.jpg


九品寺・光明寺の前に広がる砂浜は「材木座海岸」。広くて視界が開けた遠浅の砂浜!さっき素晴しい富士を満喫した稲村ヶ崎のV字切通しがよく判る・・、そしてその右側には岬中腹の間から真っ白な富士山が頭を覗かせています。イヤ~この角度から見る富士山の絶景も素晴しいではないか!


     .......材木座海岸からは稲村ヶ崎と冠雪富士が見える!このアングルからの絶景もgood!.....
c0119160_16515716.jpg
c0119160_16521563.jpg
  
            .......穏やかな波、沖合には、華麗に立ち並ぶウインドサーフィンの帆が!.....
c0119160_1702219.jpgc0119160_1704520.jpg



c0119160_1711291.jpg


材木座海岸は湘南マリンスポーツのメッカ、江ノ島ではサーファーやボディボーダーが中心でしたが、この辺りは穏やかな風と遠浅の海でウインドサーフィンに適しています。遠くには波乗りの帆が立ち並び風情あり


        .......材木座海岸は実に視界が効いて広い!砂紋が実に見事!.....
c0119160_1772636.jpgc0119160_171022.jpgc0119160_17193769.jpg







c0119160_1775310.jpg


      .....ウインドサーファー・クローズアップ!こんな絶景海に漂っているのも気持ちよさそう.....
c0119160_1727547.jpgc0119160_1728916.gifc0119160_17282525.jpg


c0119160_17295692.jpg


段々とお洒落な湘南マリンスポーツの世界が広がってきた。鎌倉に別れを告げて、次はマリンレジャーの本格的メッカ「逗子・葉山」のマリーナ方面へと車を走らせていきます。この記事では、石原裕次郎「太陽の季節」やワイルドワンズ、タイガースなど湘南を彩ったグループサウンズの名曲も合わせて紹介する予定です。

c0119160_17361041.gif

c0119160_17361456.gif


         
                           鎌倉・湘南探訪(その3):映画・文学の都、鎌倉の風景


                      
                                                          おわり

  by rollingwest | 2013-01-27 00:00 | 鎌倉・湘南探訪 | Comments(72)

<2011年12月9日>京浜コンビナート(横浜・川崎)工場夜景クルージング

もう師走も半ばを迎えまる。早いものだネー!そろそろ年賀状の準備でもしなければなりませぬナア・・

c0119160_19565462.gif




★横浜ベイサイドの夕暮れ光景を楽しむ

偶には家族サービスとかこつけ「京浜工業地帯・工場夜景クルージングに行こう!」と提案。実情は、最近オヤジとは殆ど行動を共にしてくれない妻と娘を引っ張り出すための甘い誘い水・・、意外にスンナリ同意

c0119160_735389.jpg

       ....久しぶりの家族イベント(工場夜景クルージング)、「象の鼻」桟橋からの横浜夜景.....
c0119160_2071284.jpgc0119160_208926.jpgc0119160_20115726.jpg



c0119160_20122338.jpg


ここ数年、工場フェチなる人々も増加、コンビナート光り輝く装置イルミネーションを見学するツアーが人気を博しています。一度体験したいと思っていたので、京浜工業地帯の人工夜景を海上体験する企画に参加


    .....今回のクルージングコースは大黒埠頭~川崎湾岸の工場夜景。根岸・本牧コースもあるヨ。....
c0119160_20584748.jpgc0119160_2059263.jpg


c0119160_21111190.jpg




c0119160_2103666.jpg


みなとみらい駅からMM地区を経由して「象の鼻」桟橋方面に歩いていく。今日は快晴の日だったので横浜ベイサイドの夕暮れ風景は実に素晴らしい~!潮風が気持ちいい散策路からは横浜税関(クイーン塔)や赤レンガ倉庫、横浜ベイブリッジなど定番の風景が一望。赤レンガ倉庫SHOPは大変な人出だネ~


    ......(左)船出前の夕暮れ横浜風景(赤レンガ倉庫) (右)夕日に映えるクイーン(横浜税関)....
c0119160_21184020.jpgc0119160_21201027.gif

c0119160_21204617.jpgc0119160_21211367.jpg






c0119160_21244546.jpg


      ......(左)娘とのツーショット写真は最近珍しい (右)夕暮れの赤レンガ倉庫もいい感じに・・....
c0119160_21461836.jpgc0119160_2140420.gifc0119160_21402532.gif

c0119160_21504282.gif


c0119160_21405352.jpg


ブルースカイは徐々に群青色へと変化、赤レンガ倉庫・クイーン塔が間接照明で幻想的に浮かび上がってきた。空が広く視界が開ける横浜ベイサイト、日没後の時間経過を楽しみながら過すのもいい雰囲気!


       ......(左)クイーン塔が光に浮かぶ  (右) 象の鼻に向かう桟橋からみるMM夕暮れ光景.....
c0119160_2234026.jpgc0119160_750148.gif

c0119160_2285027.jpg


クイーン塔脇を通り「横浜開港の道」を歩いて行くと、「象の鼻パーク」へと入ります。日米修好通商条約(1859)で開港した「象の鼻」形状の横浜波止場が、開港150周年行事(2009年)で復元された新名所。工場夜景クルージングがスタートするのは本波止場から。チケット手続を済ませ、待合室で出発に備えます。


         ..... 「象の鼻」周辺の地図、ここから工場夜景クルージングの出発.....
c0119160_7552380.jpgc0119160_7563147.jpgc0119160_755599.jpg







c0119160_757859.gif

                        過去に紹介した横浜ベイサイド(開港の道)の記事はコチラから




★京浜工業地帯の夜景クルージング、いざ出航!


「産業観光」が新しいビジネスとして高い注目を浴びる中、一部マニア対象だった工場夜景の鑑賞は今や誰もが楽しめる都市観光資源として成長してきました。全国的ブームになってきた工場夜景観賞をさらに盛り上げるために、国内4大工業地帯の都市間では「全国工場夜景サミット」も開催されています。
c0119160_8362642.jpgc0119160_8365640.jpg





c0119160_851785.jpg





c0119160_8372184.jpg


そのブームの先駆けは川崎工業地帯のコンビナート。今回は横浜「象の鼻」桟橋を出発し鶴見~川崎の工場群を横浜ベイから見学するツアーです。クルーズ船へと乗り込みいざ出発~!(豪華客船を尻目に)


   ....(左) 京浜フェリー・クルーズ船に乗り込む。 (右下)こんな豪華船の周遊じゃアリマヘン(苦笑)....
c0119160_8575495.jpgc0119160_8582115.jpg




c0119160_8584898.jpg



     ......(左) MM夜景の中をいざ出発~! (右) 光輝く「鶴見つばさ橋」が現れてきた!....
c0119160_9365637.jpg
c0119160_9371597.jpg

クルーザー船は横浜港を出発し大黒埠頭方面へと向かいます。MMの夜景(ランドマークタワーや観覧車)が宝石の如く輝きを放ち、右手には「鶴見つばさ橋」が華麗なイルミネーションで浮かび上がっていました。


   .....湾に浮かぶ赤灯台。何か、一つ目の宇宙怪獣みたい!ウルトラQの「ケムール人」?.....
c0119160_9402256.jpgc0119160_940415.jpg









c0119160_7324525.gif


     .....船は首都高・横浜大黒線橋梁の下を通過、遠くにはベイブリッジが輝いているぞ!....
c0119160_9504054.jpgc0119160_9505684.jpg



c0119160_9512961.jpg


大黒埠頭脇を進むと鶴見エリア。東京電力・東芝・東京ガスなどの名立たる企業の工場が現れてきます。間接照明で闇に浮かび上がる石油タンクや火力発電所煙突、実に幻想的な光景ではないか・・!


    ......(左) 東京電力LNG基地タンク (右) 同・横浜火力発電所のツイン塔、幻想的な蝋燭の如し...
c0119160_9564176.jpg
c0119160_9565411.jpg

夜景の華「石油精製・化学系の装置プラント」が見えてきた!蒸留塔・改質装置を取り巻く配管構成はロボット要塞の様な光景を造り出している。フレアスタックの炎も幻想的に燃えている。まさに24時間操業!


      .....(左) 東亜石油遠景、威厳があるネ~ (右) 光り輝くプラント工場夜景水面....
c0119160_1140872.jpgc0119160_1141189.jpg


c0119160_114204.gif


c0119160_11432982.jpg


     ......(左)JXエネルギー川崎化学工場のフレアスタック炎 (右) 昭和電工の水蒸気を吹くプラント....
c0119160_13444552.jpgc0119160_12182710.jpg

c0119160_11485031.jpg

クルージング船は京浜工業地帯の奥へと入り込み、遂に川崎の浮島・東扇島の工場群が姿を現しました。さすがマニア達が日本で最初に嵌った工場夜景発祥地だけあって存在感・迫力は一級品だネ~


       ......(左)東燃石油化学フレアスタックのオレンジ炎 (右下)日清製粉川崎工場のイエロー光....
c0119160_11503698.jpgc0119160_11524259.jpgc0119160_11532743.gif




c0119160_11582730.jpg


c0119160_11535159.jpg


     ......(左)威厳ある昭和電工のプラント夜景   (右)石油精製プラントの華麗なイルミネーション....
c0119160_114948.jpg
c0119160_12185480.jpg

華やかなるプラント群の合間に見た原油タンカー・貨物船の停泊休憩している姿も印象的。明日の荷下しに備え静かに仮眠する光景・・、確かにこんな時間・場所で工業船を見ることなんてレアなる機会!


    ......(左)夜の海に浮かぶ東電LNG基地のタンク群、タンカー (右)原油受入設備(ローディングアーム)....
c0119160_12223693.jpgc0119160_12225684.jpg

c0119160_12234989.jpg





c0119160_1224223.jpg


  ....(左) 接岸の原油タンカ― (中)油怪獣ペスター(アッ失礼~!) (右)荷下作業を控え静かに眠る船....
c0119160_1227760.jpgc0119160_15125431.gifc0119160_12272485.jpgc0119160_12273840.jpg



c0119160_12451175.gif


c0119160_12281058.jpg


最大見所は東亜石油川崎製油所の精留塔、実に華麗で迫力ある姿!高度成長期を突っ走った昭和40年代前後の象徴光景、長大重厚産業は今や集約の危機にあり、芸術的なイルミネーション工場もいつか閉鎖・廃棄の危機に直面することでしょう。企業経営の観点からは仕方ありませんが・・


      .....工場クルージングのクライマックス!塩浜に聳える幻想的な東亜石油のイルミネーション精留塔.....
c0119160_12472978.jpg

     ..... (左)川崎臨港エリアの地図 (右)今回辿ったクルージングコース(横浜~鶴見~川崎・浮島).....
c0119160_12495192.jpgc0119160_12505531.jpg




c0119160_12541243.gif

川崎工業地帯から船はUターン、同じコースを辿り再び横浜港へと帰還。工場夜景⇒みなとみらい都市夜景へと変わりゆく幻想的・光舞台、海上から全体俯瞰する横浜夜景クルージングはかなり感動モノです。家族の好評を得られ、クルーズ船は無事に「象の鼻」へ帰還。クイーン塔の幻想的イルミが印象深かった・・。


    ......クルージング船は再び横浜MMへと戻る。沖合から見る「みなとみらい夜景」もいいね~!....
c0119160_12543449.jpgc0119160_12555058.jpgc0119160_12562041.jpg



c0119160_12553071.gifc0119160_22215285.gif

      .....イルミネーションクルーズ終了、「象の鼻」桟橋に到着、クイーンが益々艶やかに輝いている.....
c0119160_1374039.jpgc0119160_138183.gif



c0119160_1382579.jpg


眼前に広がる繁栄イリュージョンもあくまで仮の姿、「ゆく川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず」(鴨長明方丈記) こうして煌やかな光景と時間を味わっていられる今の自分が幸せと感謝せねば・・






★京浜工業地帯の風景(昼vs夜)比較


2年前の冬晴れ日、工業地帯と富士山のコラボレーションを見たいと衝動にかられ、思い立ったら吉日で川崎工業地帯の中に入り込んでみました。当時撮った写真を引っ張り出して昼夜比較をしてみよう。


     .....2009年2月、昼間に見た川崎浮島工場風景(JXエネルギー石油化学工場)....
c0119160_1317894.jpg
c0119160_13174211.jpg

東扇島の川崎港に「川崎マリエン」という市の無料展望施設があります。ここからは京浜工業地帯と富士山のコラボレーション(下記に掲載)や対岸の房総半島(千葉)・横須賀浦賀水道が俯瞰できる穴場。


     .....川崎マリエン展望台から見た大黒埠頭JFE鶴見工場の遠景(2009年2月).....
c0119160_1320212.jpg

         .....(左)横浜の桟橋から見た横浜ベイブリッジ  (右)再び川崎の工場夜景.....
c0119160_1349348.jpg
c0119160_1350189.jpg

夜の工場クルージングを今回初体験し、昼間工場との比較をしましたが、やはり夜の方が断然美しい!観光資源として周遊コースも十分コーディネートされている上に、装置側も見られることを意識した間接照明効果が施されているから当然ですネ。滅多に見られない海上角度から装置を鑑賞できるのもGood!


         ......(左)昼間の東燃・石油化学プラント (右)夜の東亜・石油精製プラント...
c0119160_13533495.jpgc0119160_1413765.jpg
c0119160_7371160.jpg






c0119160_13535771.jpg

しかし昼間光景に軍配が上がるケースも・・、それは青い海(東京湾の輝き)と霊峰富士とのコラボ!特に冬の快晴日(西高東低気圧時)は空気が澄み絶景眺望が堪能できます。実は川崎工業地帯から富士山と北岳など南アルプスが一偏に見られるノダ~!昼夜の比較は勝負がつかず引き分けとしましょう。


       .......川崎マリエン展望台から見た京浜工業地帯と冠雪富士山のコラボ(2009年2月).....
c0119160_13563080.jpg

   .....(左)東京湾の輝き(対岸は千葉君津工業地帯) (右)川崎から南アルプスが眺望↓できる.....
c0119160_1442680.jpgc0119160_144377.gifc0119160_145410.jpg

c0119160_1452919.jpg


             <2009年2月1日>川崎大師・節分参詣&京浜コンビナートからの大絶景


最近の工場フェチやコンビナート夜景ブーム、実に頷ける気がする。日本の高度成長を支えてきた重厚長大装置産業の観光資源としての楽しみ方は素晴らしい!皆様も体験してみてはいかがでしょう?


          .....みなとみらいの夕暮れ&夜景をパノラマ写真で撮ってみました。.....
c0119160_14164673.jpg
c0119160_14165819.jpg


今年もあとわずか・・。大震災があった年だけに健康で平和な時間を過ごせていることに感謝しつつ次回記事で今年も終了としたいと思います。年末に向け皆様ご多忙と思いますがお体ご自愛の程・・


                                                         おわり







次回は今年最後の記事:「東京スカイツリー伸長の軌跡」をお送りします。
c0119160_14314521.jpgc0119160_14344810.jpgc0119160_14324648.jpgc0119160_1433571.jpg
                               

  by rollingwest | 2011-12-09 00:00 | 都会の風景 | Comments(60)

<2011年11月27日>【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅】(その5):銚子・九十九里浜編

昨年秋(2010年11月)に訪問し1年がかりでレポートしてきた【常陸・房総の旅】もついにフィナーレ記事・・・(これにて完了・大団円・・!)

c0119160_16192035.jpg


★日本一早い初日の出が拝める千葉・銚子の「犬吠埼」


「牛久・土浦・笠間」~「水戸・大洗」~「鹿島・香取神宮」~「水郷」(潮来・佐原)・・常総グルリ大周遊の旅は最後に本州最東端「銚子・犬吠埼」を訪ねました。「九十九里浜」を南下しアクアライン経由で無事帰宅。超ロングコースだった・・。欲張って色々な名所史蹟を廻ったけれど、実に見応えがあったネ~!

                  2010年秋・常陸房総(その2):「水戸・大洗・鹿島灘」編はコチラから
c0119160_17233073.jpgc0119160_23361596.jpg

c0119160_17165433.gif



    .....房総半島に突き出た銚子の「犬吠埼」に立つ・・(2010/11月、震災前発生前の秋).....
c0119160_17243632.jpgc0119160_2223520.jpg c0119160_17245815.jpg



c0119160_17251887.jpg


     ....鹿島灘の怒涛、強風に煽られ波しぶきが荒々しく押し寄せていた。....
c0119160_17274530.jpg
c0119160_1728088.jpg

鹿島灘に突き出る「犬吠埼」、やはり凄い波飛沫だ!地名由来は犬が吠える如く怒涛音の岬と思ったが、実は義経伝説らしい。兄頼朝に追われ奥州へ逃れる途中銚子に立ち寄った義経は愛犬を残し去り、犬は主人を慕うあまり七日七夜も岩頭で吠え続けたという言い伝えに拠るものだとのこと(涙)


    .....(左)随所に文人石碑が幾つか佇む。 (右)日本一早い初日の出が拝める。....
c0119160_188812.jpgc0119160_18173479.jpg
c0119160_1883011.gif




c0119160_18282766.gif

c0119160_18175094.jpg


日本最東端岬は納沙布岬(北海道根室市)ですが、初日の出が一番早く拝める場所は「犬吠埼」。(冬季の太陽は南東から明けるため) 「鹿島神宮」が2500年の歴史を誇り神話時代から崇敬を集めた最大理由は、絶対的存在「太陽」の起源地が鹿島・銚子だと崇められたことに拠るものなのでは・・

               2010年秋・常陸房総(その3):「鹿島神宮」「香取神宮」編はコチラから

c0119160_19451736.gifc0119160_1941366.jpg
c0119160_19414499.jpg





★醤油の街「銚子」


銚子」の地名由来は地図で分かるように酒を注ぐ「お銚子」に似ているからです。千葉と茨城県境に流れる利根川河口部が確かにその形になっている。銚子・漁師・酒・醤油、イメージも繋がるネ~!


     ....銚子は漁業と醤油産業で発展した街。ヤマサやヒゲタのブランドが有名....
c0119160_19491224.jpg
c0119160_19494259.jpg

醤油生産地で有名な野田・銚子・土浦(キッコーマン・ヤマサ)は霞ヶ浦や水郷の水運業と共に発展してきました。水郷・佐原が大いに栄えたのも醤油・酒を水路で江戸に運んだ大供給地になったからです。


             2010年秋・常陸房総(その4):「水郷」(潮来・佐原)編の「記事はコチラから


   .....銚子名物「ぬれ煎餅」、醤油に浸した煎餅は独特(銚子電鉄が大いにPRし有名に)....
c0119160_203975.jpgc0119160_2039341.jpg



c0119160_20395728.jpg


NHK朝のTV小説「澪つくし」(沢口靖子が悲恋のヒロイン)が話題になってから何と四半世紀以上が経ってしまった。その舞台となった銚子電鉄「外川駅」も訪ねてみました。何ともレトロでいい雰囲気・・


    ....「澪つくし」(1985)の舞台・銚子電鉄「外川駅」。可愛いネ~沢口靖子、今やタンスにゴン・・!....
c0119160_20481377.jpg c0119160_20483177.jpgc0119160_20484351.jpg





c0119160_204974.jpg






★銚子の断崖絶壁・「屏風ケ浦」~「刑部岬」


銚子~旭市飯岡「刑部岬」の延々10㎞続く海岸に海抜50mの絶壁が続く「屏風ヶ浦」があります。荒削りな断崖が連続する雄大かつスケール感ある絶景は英仏ドーバー海峡「白い壁」に匹敵!穴場だ~


         ......銚子市の犬岩から続く切り立った豪快な断崖「屏風ケ浦」....
c0119160_2057770.jpg

     ......屏風浦の南端(刑部岬付近)にあった工場廃墟!烏だけがギャーギャー鳴いていた。....
c0119160_205836100.jpgc0119160_20585443.jpg


c0119160_20591155.jpg


屏風浦・高台を九十九里浜(南西方向)に車を走らせると断崖敷地に工場廃墟を発見!中を覗いてみると、閉鎖後10数年は経過した様な朽ち果てぶり・・。人っ子一人なく、烏10数羽が突然の闖入者を睨みつけ、何か霊気も漂うヤバイ雰囲気。崖から見下ろす海面は光で美しく輝いているのに・・


     ......「刑部岬」へ押し寄せる鹿島灘の海面波、夕日に輝き実に美しかった・・!....
c0119160_2135128.jpg

     ......岬に残された工場廃墟は、昼間なのに不気味。独特ムードが漂う・・(不思議空間)....
c0119160_2155267.jpgc0119160_2161874.jpg

c0119160_2163774.jpg


何か憑依されそうな予感に襲われ、こんな所に長居は無用!脱兎の如くこの場を逃げ去り刑部岬へと車を走らせて行きました。「刑部岬」は屏風浦の南端、九十九里海岸の北端に位置する断崖岬です。


     .....「刑部岬」・飯岡海岸は海一面が怒涛・波飛沫!壮観光景が広がっていた!.....
c0119160_2118855.jpg
c0119160_21183280.jpg

岬の先には、広大な九十九里の砂浜が広がっています。そこには浜全体を嘗めるが如く、常時押し寄せ続ける長大な波の数々!多くのサーファー達が大波を捉え華麗な舞を繰り広げていました。懐かしいなあ・・、この光景!この砂浜に来たのは初めてではありません。今回で4回目の訪問です。


    .....「九十九里浜海岸」の広長大・遠浅な砂浜、サーフィンのメッカ(次々にビッグウエーブ)......
c0119160_2123576.jpgc0119160_8323298.gifc0119160_21232899.jpg



c0119160_21411243.jpg






★学生時代に何度も歩いた「九十九里浜」


   .....「九十九里浜海岸」は旭・飯岡「刑部岬」~上総一宮「大東海岸」の南西60数kmの砂浜......
c0119160_21534537.jpg

「九十九里浜」、百里にも到達しそうな(実際は60数km⇒十六里浜?)長い砂浜を意味します。当「地名を知ったのは小学校時代、漫画「巨人の星」で左門豊作が打倒・星飛雄馬の打倒に燃えこの砂浜で特訓をした場面(百目ローソクを何本も置き、自らのスイングで灯火を消す)を見て知ったのですタイ!

c0119160_21551665.jpgc0119160_8333994.jpgc0119160_21553993.jpg

c0119160_21555919.jpg
c0119160_21561344.jpg



   .....九十九里浜踏破時(35年前)と比較し、テトラポット護岸が増え砂浜が小さくなった気が・・......
c0119160_2214760.jpg
c0119160_2221283.jpg



大学時代にこの浜を3回歩きました。「旅の会」メンバーと一緒に砂浜にテントを張りワイワイ旅(2泊3日)が2回、アサリ取りもしたなア・・、ドザエモンを発見しビックリしたことも!大学4年では1泊2日で単独踏破。我がサークル歴史でも3年連続で九十九里浜を歩いたのは多分小生だけと思います。(アホの一言)


   .....大学サークル仲間と踏破した九十九里浜。小生はハタチ前後:初パーマヘアは大失敗(苦笑)......
c0119160_2245680.jpg
c0119160_2251148.jpg

   .....ひたすら浜を歩くお馬鹿集団、神楽坂様には当時も棍棒でドラム缶の上で踊らされイジメに・・....
c0119160_226128.jpg
c0119160_2261420.jpg

ビンボー臭い学生時代の旅の思い出に浸っていた所、ふと視線に入ったのはラブラブカップル・・。密着し熱く愛を語り合う羨ましき光景、嗚呼、当時憧れた砂浜の愛など一切縁がなかった我が青春時代。当時彼女がいなくて柏崎砂浜で北朝鮮に拉致されなくてよかったと負け惜しみを呟くRW・・


   .....羨しいナ~!こんな光景は我が青春時代に記憶ナシ、全くモテない貧乏学生だった・・(泣)......
c0119160_22103150.gif
c0119160_22111282.jpg

愛に溢れたほのぼのカップル・・、34年ぶりの懐かしき潮騒砂浜・・、小生がこの光景を感慨深く味わったのは丁度1年前。九十九里浜にも4ケ月後に大津波が襲い壊滅的な被害を齎すとは想像さえしませんでした。茨城・千葉も福島と同様に農漁業・観光・市民生活が破壊されてしまった・・。


   .....九十九里浜大パノラマ。津波被害から早く立ち直り、再び当時の平穏な光景に戻ってほしい....
c0119160_22121438.jpg


35年ぶりに懐かしい九十九里浜潮風を浴びて満足!帰路に着こう。牛久大仏から始まり、霞ケ浦・笠間・水戸・鹿島へと大周遊した印象的な旅だったナア。最後に・・、過去に訪ねた千葉・茨城観光地の中から今回レポートできなかったお薦め名所を追加し、今回記事の綴りを終えたいと思います。

       2010年秋・常陸房総(その1):「牛久・霞ヶ浦・土浦・石岡・笠間」編の「記事はコチラから

c0119160_793561.jpg

c0119160_22135356.gif

c0119160_6122542.jpg

      ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  

c0119160_16194997.jpg


★過去訪問した千葉・茨城の名所(レビュー)


南房総・富津金谷港の背後にギザギザの岩壁が連なる個性的な「鋸山」があります。鋸山は標高僅か329mながら、その名の通り鋸歯の如くアルペン的で迫力ある姿・・・。鋸山頂上はまさに絶景!


   .....千葉「鋸山」に登り断崖絶壁「のぞき岩」から見た富士と東京湾絶景(2006/10月)......
c0119160_8394346.jpg

鋸山日本寺は聖武天皇勅詔を受けた高僧行基が1300年前に開いた名刹、当地に日本最大の「薬師如来大仏」やバーミヤン石仏の様な磨崖仏が鎮座。コース途中には1,553体もの「羅漢石仏」が各所点在しており、頂上付近の石切り場には垂直岩肌に彫刻された「百尺観音」もありました。


     ......(左)房総半島にも磨崖仏があった! (右)日本寺・石大仏を発見!(驚)......
c0119160_841231.jpgc0119160_8412664.jpg
c0119160_8414743.gif



頂上部は「地獄のぞき」と呼ばれる断崖絶壁のスリリングな岩場風景があり、岩はまるでライオンの横顔(東京湾に向かって豪快に咆哮)!青空のもと東京湾の全景が一望でき、三浦半島越しに富士山・箱根の山が間近に横たわっています。こんな角度から富士山を海越しに見られるとは・・!感激~


   .....(左)「鋸山」から仰いだ東京湾(富士山&三浦半島) (右)「のぞき岩」は獅子ンの横顔!......
c0119160_8472854.jpgc0119160_8475591.gifc0119160_8483536.jpgc0119160_8481583.jpg

c0119160_8494442.jpg

           ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇   

鴨川シーワールドの10km程東側、天津小湊には日蓮聖人のルーツが存在す。ここには日蓮聖人の生誕地「誕生寺」と日蓮宗を立教開宗を宣言した「清澄寺」があります。清澄山に佇むこの寺には、年輪深く刻まれた杉巨木や「南無妙法蓮華経」を日の出の海に向かって唱える日蓮像がありました。


   ....朝日を仰ぎ日蓮が開眼した「清澄寺」(鴨川市)、初めて「南無妙法蓮華経」を唱えた立像......
c0119160_9155496.jpgc0119160_9164494.gifc0119160_9191486.jpg


c0119160_9193471.jpg


   .....日蓮聖人生誕地(安房小湊)の「誕生寺」、南洋植物が植えられ明るい雰囲気のお寺......
c0119160_9285842.jpg
c0119160_929877.jpg

聖人生誕時、この天然湾に祝福するようにマダイの大群が現れたとの伝説が残っていました。天然マダイ生息地「鯛の浦」・・。春うららのような水平線の光の輝き、そして誰もいない秋の海でした。


      .....日蓮聖人誕生の吉兆で、鯛の大群が海面に舞い現れたという「鯛の浦」......
c0119160_9323576.jpg
c0119160_9331415.jpg

清澄寺から北上、大多喜・市原方面には「養老渓谷」があります。山の少ない千葉県にも渓谷があるんだ~と驚いた!木漏れ日の中で癒しの川辺歩きをゆっくりと楽しんだことがいい思い出です。


     ......山が少ない千葉にも立派な渓谷があるのだ!光り輝く「養老渓谷」(2006/10月).....
c0119160_9354693.jpgc0119160_93653.jpgc0119160_948407.jpg



c0119160_9363716.jpg


          ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 


茨城の名峰「筑波山」には、15年前(娘がまだ2歳半の時)に家族で登りました。ロープウエイで登り、下りは巨岩(日本神話の天岩戸のような風景が続く)が沢山出現するスリルあるハイキングでした。


   ......家族で登った「霊峰・筑波山」、遠くから見ると威厳あり正に神の山(1996/10月)......
c0119160_10232223.jpgc0119160_1024150.jpg



c0119160_10215970.jpg


      ......ガマ油売りでも有名な筑波山、神々の岩や祠の道を下山した。......
c0119160_10343261.jpgc0119160_10345576.gif
c0119160_10423738.jpg


c0119160_1038516.gif


関東平野北東に凛と聳える筑波山は、イザナギ・イザナミが頂上に降り立ったという日本神話の霊峰。頂上には3千年の歴史を有する筑波山神社が鎮座、山頂からの眺めは関東一円が見渡せます。


      .....筑波山は双耳峰(男体山・女体山)、イザナギ・イザナミ神話と日の出霊峰......
c0119160_1048186.gifc0119160_10491111.jpg

c0119160_10493493.jpg



茨城県・太子町の「袋田の滝」は高さ120m・幅73mの大きさを誇り日本三名瀑の一つ。春は雪解け水量、夏は鮮やかな緑、秋は紅葉で彩られ、冬は滝全体が凍結するといった四季それぞれ見所があり、4度見なければ本当に滝を満喫出来ないので「四度の滝」と言われます。まだ1度だけ・・
             

  .....日本三大名瀑「袋田の滝」(日光・華厳の滝、熊野那智の滝と並び称される)(1996/10月)......
c0119160_1054516.jpgc0119160_10535964.jpg

c0119160_10534416.jpg


          ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 

茨城・千葉は一般的には観光県とは見られませんが、こうやって周遊すると実に素晴らしい場所が多いのに気付かされます。皆様も是非とも訪れて見てはいかがでしょうか?今年は東日本大震災に襲われ正に悪夢の様な年でしたが、復興祈念!日はまた再び昇る。ガンバレ茨城・千葉

                              
       .....日本一早い初日の出が拝める常総・最東端は「日出る国」のルーツと崇められた。....
c0119160_112164.jpgc0119160_11262360.jpg

c0119160_11253100.jpg




                                                         おわり




次回は、「京浜(横浜・川崎)工場夜景クルージング」の記事をお送りします。
c0119160_1165131.jpgc0119160_11981.jpgc0119160_1195949.jpg

  by rollingwest | 2011-11-27 00:00 | 常陸・房総の旅 | Comments(70)

<2011年9月18日>さようなら「船の科学館」(東京ベイサイド風景)

c0119160_16531726.gif

★はじめに

飛行場の次はSHIPネタでお楽しみ下さい。昭和49年(1974)開館以来、37年間に渡り1800万人の来館者を迎え続けてきた海洋総合博物館「船の科学館」(お台場)が9月30日をもち展示休止しました。メインの展示本館施設の老朽化が著しいことから次世代の海洋教育拠点にリニューアルするためです。


    .....(左)南極観測船「宗谷」と閉館した「船の科学館」 (右)「ゆりかもめ」&フジTV(お台場)....
c0119160_1705359.jpg
c0119160_1711657.jpg

c0119160_1715685.gif
c0119160_1721533.png


    .....(左)閉館の横断幕(37年間の愛顧御礼) (右)入口展示の「海底ハウス・歩号1世」.......
c0119160_173618.jpg
c0119160_1732812.jpg

本展示館入場は20数年ぶり、当時カミさんと一緒に来訪しました。本館部分(6階建)は大型客船「クイーンエリザベス号」をモチーフにした形をしており、内部も実船の構造に合わせた構成になっている。一見老朽化とも思えませんが、やはり東日本大震災で屋根の一部が剥がれ落ちたことのインパクトが・・


      ......エントランスロビーには莚で編んだ帆の原始帆船が展示(2Fから見下ろす).......
c0119160_983835.jpg





★古代船・帆船から貨物船・タンカー・豪華客船・・と「船の歴史」が続々


37年前の7月20日(海の記念日)開館した東京臨海副都心・品川区の博物館、船舶・海運や海洋開発・海上保安に至るまで館名通り船の歴史を収録展示する海洋総合博物館として有名でした。


     ......(左) チチカカ湖(ペルー)の「葦の舟」    (右)帆船・大航海時代展示物.......
c0119160_9212760.jpgc0119160_9183377.jpg










c0119160_9214867.jpg
c0119160_994451.gif


まず入ると、船の発祥となったチチカカ湖の「葦の舟」や筵製の帆船、大航海時代の歴史船に関する展示物があり、やがて近代的な貨物船・原油タンカー・フェリー・豪華客船などが次々と登場してきたノダ。


       ......(左) 貨物船の模型が一挙公開  (右)貨物船クレーンが実際に動く.......
c0119160_10464152.jpgc0119160_1047333.gif



c0119160_10482815.jpg

         .....日本最大原油大型タンカー (高度成長期の象徴、原油大量輸入時代).......c0119160_112527.jpgc0119160_1117625.jpg









c0119160_114319.gif


「豪華客船・世界一周の旅」・・、一生に一度は体験したい気もしますが、当然そんな裕福な財産はないので到底無理。それにRWは優雅な船旅をジックリ満喫するタイプではありません。貧乏性なので短時間で色々な所を廻って効率的に楽しみたいので、とても性には合わないと自覚・・(makeosimi?笑 )


    .......(左)日本を代表する長距離フェリー「さんふらわあ」 (右)フェリー船模型も続々現れる.......
c0119160_11225142.jpg
c0119160_11231073.jpg

    .......世界一周贅沢旅行:日本最大豪華客船「飛鳥」、全く縁がありませんなア・・.......
c0119160_11314156.gifc0119160_16461022.jpg



c0119160_16435655.jpg


世界の豪華客船といえば「タイタニック」号!優雅なる船の大模型やスイートルームが再現されており、ビデオでは1912年のあの日の悲劇(沈没へのストーリー)が紹介されていました。アカデミー賞に輝いた1997年名画(゙デカプリオ主演)・BGM(セリーヌデイオン)が脳裏にフラッシュバック!♪「マイハートウィルゴーズオ~ン」♪


       .....(左) 悲劇の「タイタニック号」の模型  (右)これがタイタニックのスイートルーム......
c0119160_1215479.jpgc0119160_12152551.gif


c0119160_12154825.jpg


    .....(左)タイタニック号沈没物語がビデオ再現  (右)映画「タイタニック」のイメージユーチューブ.......
c0119160_17211324.jpg
        






★日本近代史の発展を支えてきた船


日本史を江戸時代に遡り、明治~昭和に至る船も紹介されている。江戸時代、全国流通の血液役割を果たした北前船・桧垣船・樽回船が先ず登場。江戸・京都周辺の水路経済も勉強になった~!


  .......江戸時代の「千石船」に酒樽を運ぶ「樽回船」、日本海で活躍した「北前船」がある.......
c0119160_1224591.jpg
c0119160_12251639.jpg


    .......(左)京都伏見を往来した「三十石船」 (右)江戸時代水路(利根川・江戸川).......
c0119160_12262894.jpg
c0119160_12265068.jpg


幕末・明治維新のトリガーとなった「ペリー黒船来航」、空中俯瞰からのジオラマ!常に岸から慌てふためく江戸庶民の目線だったので新鮮な光景!東京湾が江戸時代からの埋立で変化してきた歴史・・


       .......(左) ペリー来航(黒船)のジオラマ  (右)東京港の今・むかし.......
c0119160_12275236.jpg
c0119160_1228865.jpg


♪「守るも攻めるもくろがねオ~」♪戦艦「大和」は旧日本海軍が世界最大46cm主砲9門を搭載し極秘に建造した歴史に名を残す軍艦。昭和16年完成、20年4月米空母機攻撃により僅か4年に満たぬ短い生涯を閉じました。でも戦後の子供達には宇宙戦艦のイメージで長く生き続けています。


         ......御存知・ 戦艦「大和」、日本海軍史を飾る歴史的な軍艦.......
c0119160_12403867.jpg
c0119160_1241040.jpgc0119160_15175047.jpgc0119160_1244635.jpg







c0119160_12552797.jpg


     .....(左) 日本海軍の栄光・軍艦「三笠」  (右)旧海軍の潜水艦の姿はスマート.......
c0119160_15415384.jpgc0119160_154284.jpg



c0119160_15423122.jpg



♪「おいら岬のオ、燈台守は~!」♪海を守る燈台をテーマにした映画といえば「喜びも悲しみも幾年月」、全国で数々の燈台が舞台となりましたが、その一つ北海道「石狩燈台」の実物が展示


      .......(左) 旧・石狩燈台の燈光器  (右下)船のタービンエンジン(実物大模型).......
c0119160_16111537.jpgc0119160_166088.gif



c0119160_1662825.jpg


       .....(左) 昔の潜水服、宇宙人の様な金属ヘルメット (右)海洋開発施設ジオラマ.......
c0119160_16244374.jpgc0119160_1625797.gif

c0119160_16252414.jpg

そして昭和に入り、海底探索や資源開発の世界へと進歩していきます。資源に恵まれぬ日本ですが、広大領海に無尽蔵エネルギー資源が眠っています。これを効率的に大量採掘することができれば・・





★懐かしき青函連絡船、「羊蹄丸」殿、お疲れ様でした!


科学館の見晴し台に出て見ると隣のミニ埠頭に2隻の船が係留されている。日本の南極探検の先駆けを担った「宗谷」と、今回で引退することになった青函連絡船「羊蹄丸」・・。まさに昭和の船光景


     ......(左)前庭にある体験プール (右)「宗谷」(手前)&「羊蹄丸」(奥)の係留コラボ、もう見納め.......
c0119160_17255192.jpg
c0119160_1730370.jpg


      ......科学館休止にあわせ引退した青函連絡船「羊蹄山丸」、余生はどうなる?.......
c0119160_17333416.jpg

青函連絡船には過去3回程乗った記憶があります。学生時代の夏(1977)に北海道一人旅、新社員として室蘭赴任した時(当時会社は敢えて飛行機赴任をさせなかった)・・、昭和末期は北海道への渡航といえばこの連絡船でした。国鉄(JNR)が運営していたので、船のロゴが実に懐かしい~!


     .......(左)昭和時代、北海道旅は青函連絡船が当り前だった (右)洞爺丸台風悲劇.......
c0119160_17351565.jpgc0119160_17355211.gif


c0119160_1737411.jpg


「羊蹄丸」は「青函トンネル」完成(1988)まで活躍した最後の青函連絡船でした。維持費用負担が難しいことで法人へ無料譲渡とのことですが嫁入先は決まったのだろうか?中に入ると「洞爺丸」の悲劇事故 (台風で転覆)も紹介されていました。大事故が引き金になり青函トンネル建設計画となったのです。


     .....学生時代の一人旅、北海道への新入社員赴任・・、いずれも青函連絡船だった.......
c0119160_1802939.jpgc0119160_1804748.jpg




c0119160_181348.jpg

♪「上野発の夜行列車降りた時から~、津軽海峡冬景色~」♪(今回、懐かしの歌ばかりオンパレード)この夏に北海道日高に行きましたが、2時間程の飛行フライト。遠路はるばる青森駅へ到着しさらに本州から北海道に渡る旅の郷愁など、今は全く感じられません。便利な時代になったけど寂しい気持ちも・・






★南極探検・日本の先駆け「宗谷」

「羊蹄丸」隣(手前)には、初代・南極観測船「宗谷」(昭和30年代大活躍)も係留されていました。映画「南極物語」は樺太犬タロ・ジロを取り上げた実話、「宗谷」は探検隊と犬を最果地まで運びました。


   ......南極観測船「宗谷」。何と戦時中にミッドウェイ海戦に動員され戦後は引揚船でもあった......
c0119160_1875398.jpgc0119160_1815421.jpg






c0119160_18221415.jpg



c0119160_1881866.jpg

RWの場合、南極観測船と云えばやはり「ウルトラQ」の怪獣「ペギラ」が脳裏に浮かんでくるのダ~。カッチャン・キキキ~♪「ジャンジャ・ジャ・ジャ・・ジャ・ジャ~ン」♪ピーヒョロ、ヒュ~♪ 「これから30分、貴方の目は貴方たの体を離れ、この不思議な時間の中に入っていくのです」 (懐かしき石坂浩二のナレーション)


   .....「ウルトラQ」は小学校時代夢中になった怪獣TV、機龍殿に頂いたペギ頭も掲載.......
c0119160_17582657.jpgc0119160_17585382.jpgc0119160_17591039.gif

TBS開局60周年記念の「南極大陸」(主演・木村拓哉)が10月16日(日)9時よりスタート!相当手をかけた大河ドラマ級の民放大作との評判。この撮影はまさにこの船の科学館に係留されている「宗谷」で行われたのです。昭和のヒーロー「宗谷」はこの物語でどの様な雄姿・活躍を見せてくれるのか楽しみ!


    .....南極観測船「宗谷」の活躍はTVドラマ「南極大陸」でどのように描かれるくのか?.......
c0119160_19531668.jpg        






★お台場の憩いエリア:「潮風公園」&「東京ベイサイド風景」


科学館の展示をひととおり満喫して今度は外に出て海の空気を吸い込んでみましょう。玄関前には金色の大きなスクリュー。そして母を背負った銅像がある。石川啄木かな?・・と思ったら、かつて「日本の首領(ドン)」とまで呼ばれ、右翼・政財界の黒幕として権勢を奮った笹川良一(1995没)だった。


     ......(左) 野外展示されていた大型スクリュー (右)「船の科学館」のレイアウト図........
c0119160_1829040.gifc0119160_18291771.gif


c0119160_18293767.jpg

♪「戸締り用心~火の用心、人類みな兄弟、一日一善~!」♪懐かしい30数年前のCM。真ん中で歩く爺さんがドン笹川。母を背負う銅像もこれ見よがし、黒幕が清廉イメージを演じる姿が偽善者臭いナア・・。笹川様は、競艇界や船舶振興会のドンでもあり、この「船の科学館」設立に大きく貢献!


  .....(左)日本船舶振興会のドンだった笹川良一会長、母を背負う像 (右)船舶振興会懐かしCM......
c0119160_2223422.jpg
        


「船の科学館」の隣には、2年前に「ガンダム」像が立っていた「潮風公園」があります。目の前には東京港湾施設や天王洲アイルやレインボーブリッジが見える。あまり知られてない公園かも・・穴場です!


        ........「船の科学館」に隣接する「潮風公園」の広場風景.......
c0119160_1839531.jpg

          .....2年前の潮風公園には「ガンダム」が屹立し話題を集めていた.......
c0119160_21114633.jpgc0119160_2112892.jpg

c0119160_21124478.jpg


「船の科学館」屋上から見た東京ベイサイド風景は実に素晴らしい。この展望が見られなくなるのはチョット残念ですが、またいつか当地に素晴らしい展示館と展望台が復活する日を大いに期待します。


    ......「潮風公園」&「船の科学館」、隣接する2つの見所は今後も素晴らしいコンビを!......
c0119160_21344034.jpg
c0119160_21353592.jpg





★GOOD BYE!「船の科学館」


37年の長きに渡り、船の歴史や科学を我々に伝え続けてきたお台場象徴「船の科学館」。閉館の響きはチョット寂しいですが老朽化による一時休業なのでまたいつかリニューアルで復活することでしょう。
c0119160_21504223.gif
c0119160_21521762.jpg


      ......お疲れさまでした!「船の科学館」、四方を海に囲まれた日本にとって船は不可欠.......
c0119160_2201486.jpg
c0119160_2202877.jpg
 
       .......「船の科学館」展望から見た東京湾の風景、左は「宗谷」&「羊蹄丸」.......
c0119160_221528.jpg
        

10月以降も南極観測船「宗谷」の展示公開は継続、屋外展示物・プール面を活用した各種体験教室も実施し、博物館自体の活動を継続しています。是非とも皆さんも訪ねて見てはいかがでしょう?


   .....展望台から東京ベイ一望!右はレインボーブリッジ、いつか展望施設が復活する日を期待.......
c0119160_2264351.jpg




                                                         おわり



次回は、北アルプス難関峰「毛勝山」&北陸「魚津」探訪の記事をお送りします。
c0119160_2210469.jpgc0119160_22105682.jpgc0119160_2211829.jpg

  by rollingwest | 2011-10-24 00:00 | 都会の風景 | Comments(54)

<10年夏~秋>「横浜みなとみらい~開港の道」:夜景ライトアップバージョン(その2)

                          「横浜開港の道」:夜景ライトアップバージョン(その1)から続く


c0119160_21435842.jpg

前回(その1)では、みなとみらい駅から「赤レンガ倉庫」に至る「開港の道・夜景」(チョット野毛に寄り道)でしたが、(その2)は「ベイブリッジ」「象の鼻・クジラの背中」「関内・伊勢佐木町」をご紹介~

c0119160_20582924.jpg
c0119160_20585250.jpg




★大黒埠頭に架かる大橋梁!輝く「横浜ベイブ゙リッジ」

c0119160_21445893.jpg

再び「開港の道」に戻りましょう。海の彼方に目をやれば、「横浜ベイブリッジ」が幻想的に輝いている。1989年横浜博覧会開催にあわせ華々しくデビューした斜張の名吊り橋ですが、今や観光施設の顔より東京・横浜を結ぶ重要な幹線道路となりました。アクアラインを通じて千葉へのアクセスも大幅に改善!


        ........「横浜ベイブリッジ」の夜景・・・。横浜のシンボルは海上に華麗に輝く......
c0119160_21462415.jpg

やはり横浜を象徴する大橋梁だね~!東京お台場に架かる「レイボーブリッジ」と肩を並べて、華やかな大都会イルミとコラボする2大橋として美脚姿を競っているかのようだ。ベイブリッジの方がチト先輩ですが・・   


         ......上空から望むベイブリッジ夜景 (ネットより拝借した航空写真)......
c0119160_21472486.jpg

9月26日で、橋梁下回廊の「スカイウォーク」(歩行者専用有料道)が何と閉鎖されてしまいました。21年前に華々しくオープンした横浜絶景一望の素晴らしい展望施設でしたが、近年は利用者数が激減。ついに管理する横浜市が赤字に耐えきれなくなったのです。バブル期の減価償却は本当に辛いなぁ・・


                        横浜ベイブリッジ「スカイウォーク」の記事(09年3月)はコチラから


   .....ライトアップ橋梁を見上げる。高速道下に沿った「スカイウォーク」歩行回廊、ついにお別れ......
c0119160_21495865.jpg

横浜ベイブリッジから見る富士山の絶景は何にも代え難いアングル!MM21ビルを背景に海越しの富士を望めるのはこの位置しかありません。スカイウォーク廃止後も車で通過する時にこの景色をどうぞ・・


  ......冬は空気が澄み視界が冴え渡る!黄昏「富士山シルエット」が幻想的!(ネット拝借)........
c0119160_21552920.jpg





★「横浜開港の道」のメンストリートから「象の鼻」地区を探索


横浜開港の道」を本格的に歩いて行こう。この散策道は数年前に整備されたもので、ミナト横浜の最新エッセンスを十分に味わえます。何度か歩いた道ですが、ライトアップ光景で撮る写真は初めて


  ....「象の鼻」地区を左に見て「開港の道」を行くと、横浜三塔の「クイーン」(横浜税関)が・・......
c0119160_22113410.jpgc0119160_20223887.jpg




c0119160_2211515.jpg

横浜は古い洋風建築が多くありますが、「横浜三塔」と呼ばれるシンボリックな名のついた塔が3つ存在!「キング」(県庁本庁舎)、「ジャック」(開港記念館)、「クイーン」(横浜税関)!まるでトランプみたい(笑)


      .......「象の鼻公園」から見る「クイーン」(横浜税関)、幻想的に浮かび上がる美貌......
c0119160_21534830.gif
c0119160_20313956.jpg
c0119160_20345988.gif

c0119160_20352333.jpg


三塔の中では「クイーン塔」はイスラム建築・モスクの如し。他の2塔に比べ、柔らかく女性的な雰囲気を感じます。隣接・「象の鼻公園」は開港150周年記念事業で整備された場所、ここからの眺めも抜群!

c0119160_20402848.jpgc0119160_20482479.jpg

c0119160_21534830.gif



c0119160_20404781.jpg


c0119160_215940100.jpgc0119160_220898.jpg

c0119160_2204085.gif


c0119160_2205918.jpg


何でこんな名前なんだろう・・?と調べてみると、突堤先端がクニッと象の鼻みたいに曲がっている桟橋(港湾作業での波除け目的)だからです。ペリー2度目の来日で横浜に初上陸した場所が当地、1859年日米修好通商条約で全国5港が開かれ、象の鼻地区は横浜港の波止場としてスタート。


    ......象の鼻から見る「大桟橋」には常に豪華客船が入れ替わりで停泊します......
c0119160_22104984.jpg
                 ........象の鼻堰堤を歩く女性、右手には赤レンガ倉庫が見える。......
c0119160_22113029.jpgc0119160_22241572.jpg




★横浜大桟橋の新展望台「くじらの背中」


横浜開港150周年にあわせて09年6月、横浜大桟橋にもう一つの新名所がオープン。大型客船が入港する港が再整備されで、その屋上デッキが一般開放されて「くじらの背中」と言われています。


    .......「くじらの背中」 (左)豪華客船停泊の夜景 (右)昼間風景(うねるようなウッドデッキ)......
c0119160_223529.jpgc0119160_22352673.gif




c0119160_22241572.jpg

c0119160_22355857.jpg


150周年開港祭前に大桟橋の新名称を公募し一番投票数が多かったのがこの名だったとのこと。まさに巨大鯨の上に乗っているようだ。背中には広~いウッドデッキが広がっており芝生エリアもあるゾ。


     ........(左)夜の客船越しにマリンタワーが光る (右)青く輝く大桟橋を背景に係留船数隻......
c0119160_22515248.jpgc0119160_22241572.jpg

c0119160_22513091.jpg

ここから見る横浜夜景はまさに絶景、海の上からグルリ360度!氷川丸を真横に右手にマリンタワー、向かいはMM21に赤レンガ倉庫、クイーン塔や象の鼻も含めて初めて見るアングルからの堪能夜景!


        .......「くじらの背中」のデッキから眺める「氷川丸&マリンタワー」......
c0119160_6314997.jpg





★馬車道周辺の歴史的な洋風建造物

  .......「神奈川県本庁舎」(キング)、ライトアップは「三塔」の中では一番地味かも・・......
c0119160_6332375.gifc0119160_6402386.gif
c0119160_6335550.jpg

海岸部からちょっと関内側に入って、ライトアップ建物をチェック・・。先に紹介した「横浜三塔」の長男・次男を紹介します。長男は「キング塔」と称する「神奈川県庁本庁舎」、次男の「ジャック塔」は「横浜市開港記念館」です。このオレンジ色に浮かび上がる2塔は馬車道の中心街に威風堂々と聳えています。



     ........(左)象の鼻からライトアップ神奈川県庁を遠くに見る。 (右)キングの塔をクローズアップ......
c0119160_618204.jpg

c0119160_6332375.gif


c0119160_6184716.jpg



「横浜市開港記念会館」は明治42年、横浜開港50周年を記念し市民寄付で建設されたを基に建てられたもので、大正6年に完成、赤レンガの時計塔は実にエキゾチックで気品と貫禄に溢れている。



    .........「横浜開港記念館」(ジャック)はホレボレする雄姿。横浜中心部通りでオレンジに渋く輝く・・......
c0119160_6282030.jpgc0119160_6284815.gif

c0119160_6364693.jpg


c0119160_6291478.jpg


建築当時は貴賓室やビリヤード場も備え、横浜政財界のサロンとしても使われたとのこと。演奏会も催され文化施設の一面もあり、このエリアの象徴的な建物。南側から見るとさらに格好いい~!馬車道周辺は歴史的建造物が多くあります。「横浜正金銀行」や「横浜銀行旧本店」も風格と重みがある。


         .............「横浜開港記念館」(ジャック)を南側から望む......
c0119160_6364693.jpg
c0119160_637539.jpg


     .........(左)「横浜正金銀行」        (右)横浜銀行旧本店(馬車道)......
c0119160_6403570.jpg

c0119160_6394669.jpg





★関内から伊勢佐木町へ

関内駅前には「横浜ベイスターズ」本拠地「横浜スタジアム」があります。逆三角形カクテル光線が象徴的!横浜は今年も最下位(3年連続)、低迷地獄から抜け出せない。横浜勤務時(1998)に大魔神・佐々木やマシンガン打線の炸裂で優勝!横浜は大いに盛り上がりそごうデパート前に大魔神神社もあったのに・・


    .......(左)「横浜スタジアム」のナイター風景 (右)98年「ベイスターズ優勝」!懐かしき胴上げ風景......
c0119160_8442468.jpgc0119160_8451893.gif

c0119160_8564167.gif


c0119160_8524671.jpg

c0119160_8455093.jpg


TBSは弱小球団に見切りをつけ売却を図り、他企業が買収の動きへと向かいました。新潟移転の噂も飛び交い、横浜市民は心配しましたが、この話は結局破断。再び横浜チームとして継続することになりましたが、やはり実力が伴わないと・・。でも大阪は弱くてもタイガースを熱狂応援する。横浜は・・?


   ........(左)ベイスターズ身売り騒動発生、何とかおさまったものの・・ (右)横浜スタジアム外観......
c0119160_975895.jpg
c0119160_983616.jpg


             ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

昭和時代、横浜歓楽街といえば「関内」「伊勢佐木町」が最も華やかでした。しかし今は「みなとみらい線」が開通し、人の流れは完全にMM21や中華街にシフト。松坂屋デパートも閉店し、寂しい感じになってきたなア・・。関内は飲み代が高額のイメージがあり、我々レベルはもう殆ど寄り付かない。


 ....(右)かつて横浜で最も栄えた「伊勢佐木町」 (左)「青江美奈」、エロッポイおばさんだった・・.....
c0119160_9263044.jpg

c0119160_9265238.jpg




c0119160_9271160.jpg


♪タラッタ・タラララッタラ・・・、mm・・ン、~アッハ~ン♪(低いカスレ声で)♪アナタァ知ってる~、ミナト・ヨコハマァ~♪
青江美奈の色っぽい吐息で始まる「伊勢佐木町ブルース」(1968年)は、当時の小学生には鼻血が出そうな刺激的な歌謡曲でした。でもここが横浜最大の繁華街と知ったのはかなり後のこと




「伊勢佐木町ブルース」大ヒットで当地は全国に知れ渡りましたが、青江三奈は残念ながら54歳の若さで2000年7月に逝去・・。訃報に悲しむ伊勢佐木町商店街は青江美奈を偲ぶ記念碑を翌年に完成させています。伊勢佐木町の繁栄を祈る美奈オバサンは今もため息ついて歌っています。


        ...........♪シュビド、ドゥビ・ドゥビ・ドゥビドゥバ~、灯が~ともぉ~る~♪..........
c0119160_9333753.jpg






★最終編(その3):「山下公園」から「中華街」「港の見える公園」へ


「横浜開港の道」もMM21駅からスタートし、海沿いにまっすぐ歩けば2回で完結した記事ですが、どうも内陸・繁華街にフラフラと寄り道してしまい、まだ山下公園まで行き着いていないですねエ・・(苦笑)

c0119160_1041063.jpgc0119160_1054726.jpgc0119160_1065576.jpgc0119160_1073371.jpg

次回(その3)は「山下公園」「中華街」「港の見える丘公園」周辺を紹介。これで横浜夜景シリーズを終えたいと思います。(公開は2011年1月の予定)  来年の話をすると鬼が笑うド・・(笑)


                                                          つづく




次回記事は、上信越国境の200名山「佐武流山」をお送りします。
c0119160_744134.jpgc0119160_753222.jpg

  by rollingwest | 2010-10-26 00:00 | 神奈川県 | Comments(44)

<10年8月13-14日>柏崎お盆帰省&久しぶりの海水浴


※急遽、掲載変更: 「伊勢・奈良の旅」シリーズは次回に延期し、「お盆帰省の記事」を入れました。


                         【Four・Seasons・Topics】


★柏崎・青海川海岸で海水浴

c0119160_111323.jpg

今年のお盆は久しぶりに柏崎の海で泳ぎました。高2の娘も親と海水浴に付き合ってくれるのもこれで最後だろうと思ってイトコ家族を誘ってみたら快諾OK! 柏崎の海で泳ぐなんて何年ぶりだろう・・


   ......(左)米山大橋を望む青海川海岸、ハトコ同士で楽しく泳ぐ (右)弁天岩で海を楽しむ人々.....
c0119160_11174523.jpg
c0119160_1118027.jpg

8月12日台風が日本海を通過、14日は台風一過の真夏の太陽!と期待したものの雨予報で断念。しかし午前中に日差しが戻ったので、急遽計画を再開。米山さんが海越しに見える青海川海岸へ!
c0119160_1120671.jpg


   ........名峰「米山」を海越しに望む、手前は「米山大橋」&日本一海に近いJR「青海川駅」.....
c0119160_1121913.jpg
c0119160_11212259.gif


このGW(5月4日)、35年ぶりで「米山」さんに登ったので、海に浸かりながら故郷の名峰を望むのも感慨ひとしお。この突兀なる頂上から長い右肩がなだらかに傾斜して海に沈むシルエットがいいのだ!

                          リンク:米山大橋周辺の光景⇒「35年ぶりの米山登山」



           .......「何だろう?」「あっ!カニだ!」「つかまえた!」.....
c0119160_1135686.gif
c0119160_11345245.jpg


青海川海岸には「弁天岩」という独立岩が海に聳えており、海岸から繋がっており歩いて行けます。
この岩に登ってみようと思いつき、青松と鳥居が座する頂上に皆で上がって海を眺望!初体験~!


       ........(左)弁天岩の上に登ってみよう! (右)弁天岩の頂上から見下ろす岩礁風景.....
c0119160_12452398.jpgc0119160_12542416.jpg


    .......... 水上バイクのおじさんがワイルドに海をぶっ飛ばし観光ボートを曳航する.....
c0119160_12471536.jpg


c0119160_12474697.gif

天候はやや不安定で時たま雨に見舞われましたが、イトコの旦那・M松さんの持参したイベント用簡易テントで快適!お弁当を食べながら楽しい時間を過ごさせてもらいました。再び日差しが戻り海に遊ぶ。


      ............「恋人岬」には、柵に愛の鍵が沢山懸けられている。(プッ!笑、oyaji赤面).....
c0119160_12552633.jpg


     ..........(左)イトコ家族(M松ファミリー)と集合写真  (右)「弁天岩」を恋人岬から見下ろす.....
c0119160_1257487.jpg

c0119160_1258124.jpg

海水浴を終えてイベントテントを撤収、駐車場に戻り帰りの支度。隣には「恋人岬」と呼ばれる若者の人気SPOTがあり、ここで皆で集合写真。見下ろせば、先程テッペンに登った「弁天岩」が下に見える・・




       
★お盆の風景


今年10月は親父の一周忌なのでお袋と段取りを確認し、新盆の墓参り。そのあとは墓苑の前にある「夢の森公園」を家族で散策。GW来訪時は花盛りでしたが、今日は台風通過後で夏の湿気がムンムン


           .........親父の新盆墓参りを済ませて、墓苑の向かいにある「夢の森公園」を散策.....
c0119160_1334886.jpg






c0119160_134740.gif


この公園は、柏崎の豊かな里山を復元し、動植物の連鎖・循環の仕組みを紹介する目的で07年6月にオープン。春は花が咲きほこり、夏は昆虫・秋はキノコ等が沢山。サギやカルガモ、カワセミも姿を見せます。


         ............(左)竹筒竹馬ポックリに挑戦  (右)蒲の穂畑から「夢の森大池」を望む.....
c0119160_13203554.jpgc0119160_13204794.jpg

c0119160_13224172.gif
c0119160_1323094.gif


お盆の夜なので、夜風に当たりながら本町通り(柏崎中心部)を家族4人で散策してみました。ここにはストリート沿いに「絵あんどん」が沢山飾られています。なかなかの風情が漂っているんだよなあ・・。


            ........夜の柏崎本町通りに飾られている「絵あんどん」の数々.....
c0119160_13262985.jpgc0119160_13264882.jpg
耳を澄ませば「柏崎甚句」が聞こえる。小さな櫓が設けられささやかな人数ながら、盆踊りの輪ができています。でも昔は各町内でも多くの人達が集まり盆踊りの輪ができ、子供がはしゃいだり花火で遊んだりしていたものだ。最近は少子化・地域コミュニティ希薄化で、こういう光景も少なくなった気がする・・


      ........本町通りのささやかな盆踊り(昔はあちこちで賑やかに行われていたものだが・・).....
c0119160_13365572.jpg

c0119160_13373859.gif



c0119160_13375517.gif


   ..........「絵あんどん」の希望購入者は入札エントリー、入札用紙に希望買価を記入する老夫婦.....
c0119160_13465482.jpg
c0119160_1347812.jpg

「絵あんどん」の出来栄えは中々のもので、お気に入りのものがあれば市民も入札制で購入することができます。この風情ある催し物も皆にもっと知られ大いに賑ってほしい。閻魔堂周辺のえんま通りも寂しい状態ですが、将来は復興が予定されており、その時にはこの催しともに有名になればいいネ。


                 ........芸術性の高いあんどんも数多く観られた。.....
c0119160_13494927.jpg
c0119160_1350217.jpg


                 ..........ダンスミュージックのパフォーマンスを見せる若者たち。.....
c0119160_13584419.jpg

8月15日に朝早く出て東京に戻りましたが、何と関越道はガラガラで予想もしない程早い時間に帰宅することができました。不思議~!嬉しい肩透かしでしたね~!今回のお盆は、高速1000円が土日限定でかつてない大渋滞とマスコミが煽ってくれたおかげで皆さん車の外出を控えたのかな・・?(笑)
c0119160_13592164.gif

c0119160_1359338.gif

次回はまた10月3連休に一周忌帰省しますが・・、今回のようにラッキーになれば・・。いつも柳の下に泥鰌はいないか(笑) お袋も元気そうでしたし、久しぶりに海水浴もできて楽しいお盆帰省でした。

                            リンク:<2008年7月16日>柏崎:復興の「ぎおん花火」



                                                           おわり  



次回は、伊勢路・奈良の旅(その1):「伊勢神宮」をお送りします。
c0119160_14201212.jpgc0119160_23105443.jpg

  by rollingwest | 2010-08-16 00:00 | 故郷の風景 | Comments(43)

<2010年5月3日>GW紀行②:万葉時代からの歴史街「高岡・伏木」を訪ねて


               ⇒GW紀行①:残雪の北陸名峰「笈ケ岳」から霊峰「白山」を望むより続く



★憧れの「雨晴海岸」へ

c0119160_10153623.jpg

「いつか実際にこの目で見てみたい!」・・と、過去からず~っと憧れ続けている光景があります。
海に浮かぶ北アルプス「立山連峰」↑の大屏風!この大絶景は富山県高岡の雨晴海岸や氷見市海岸から望むことができます。GWレポート②は、高岡の「雨晴海岸」や「伏木」を紹介いたしましょう。


  .....立山から雪解け水が流れ込む海は透明度が高い!親子連れがGW休日を楽しむ。......
c0119160_10172076.jpgc0119160_10335623.jpg

「笈ケ岳」から無事下山後、金沢駅で食山人氏・マツ氏と別れた小生は柏崎帰省に向かいますが、まだ午前中でタップリ時間は残されている・・。依然、素晴らしい快晴!「どこかに立ち寄って帰ろう・・」と思いを巡らせます。゙Ω!そうだ!「雨晴海岸」が近くじゃないか!こんなチャンスは滅多にないゾ~
c0119160_102624.gif

   .....憧れの「雨晴海岸」へ!だが念願の光景(海に浮かぶ立山連峰)は見られず残念・・.....
c0119160_10281225.jpg

金沢駅からJR氷見線に乗り、「雨晴駅」で下車するとすぐに風情ある浜に出ます。ついに来た~!
でも・・、あまりの暖かさで海上はすでに靄がかかり、お目当ての立山連峰は全く見えない・・・(悔)
残雪立山を望めるのは冬晴日、でも好条件日に合わせてこんな遠隔地には滅多に来れない。(泣)


   .....(左)雨晴し伝説の由来「義経岩」 (右)伏木港に勧進帳の義経・弁慶像が座する。......
c0119160_10395277.jpgc0119160_1040191.jpg

c0119160_1041821.jpg

雨晴しの由来名は、義経が奥州に落ちのびて当地に着いた時に不意な雨に見舞われ、弁慶が大岩を組んで祠を作り雨を凌いだ伝説に拠るとのこと。ここに義経岩として神社・祠が残っています。


   ......雨晴海岸からの雪の立山連峰(雨晴駅前の看板)この絶景の本物が見たかった~!......
c0119160_1048324.jpgc0119160_10483245.jpg



c0119160_10485540.jpg

折角来たのに、ついに憧れの絶景は見られなかった・・。皆様には雨晴駅入口脇にある看板写真にてご堪能あれ。海越しに3千m級の白い山々を間近に望む光景は世界でもこの海岸だけです。




★「気多神社」&「大伴神社」


      .......「気多神社は平安時代からの古社。「能登一宮」と敬われ社格が高い。.....
c0119160_10534769.jpg

「能登一宮」と呼ばれる羽咋市「気多(keta)大社」は一度訪れてみたいと思っていましたが、高岡にも「気多神社」があったので参拝。本殿は450年前・室町時代に再建された風格ある建物です。
c0119160_10553722.gif

        ......気多神社・境内は、鬱蒼とした大木に囲まれ神馬銅像も鎮座している。......
c0119160_10564686.jpgc0119160_10575032.jpg



c0119160_10582085.jpg

   .....(左)大伴家持を祀る「大伴神社」 (右)「気多神社の清泉」ミニ洞窟や竜ノ口から水がコンコン......
c0119160_1161642.jpg

c0119160_11104873.gif

c0119160_1163948.jpg


境内には万葉歌人「大伴家持」を顕彰した「大伴神社」があります。家持の史跡が存在する理由は奈良時代に高岡・伏木の地に「越中国府」が存在し、国守(県知事)として5年間赴任したからです。


      ......5月は筍・旬の季節!気多神社前の竹林には旨そうな「」が群生していた。.....c0119160_11263874.jpgc0119160_11271516.jpg








c0119160_11273925.jpgc0119160_1128246.jpg

    .....(左)裕福な家が多い金沢・富山の屋敷は実に広くて大きい。(右)花桃が真っ盛り!....
c0119160_1372951.jpg

c0119160_1374746.jpg

5月初め、北陸の春は今が旬!新緑や花桃、筍などが新たな生命力を漲らせています。心地よい日差しの中で、次は「大伴家持」に所縁ある寺社・史跡・資料館などを訪ねてみることにしました。




★「万葉集」に縁が深い高岡

             .....高岡駅前には、「大伴家持」の銅像があった。.....
c0119160_1319963.jpg
c0119160_13192687.jpg

高岡は「雨晴海岸」しか頭になかったので、駅前広場に降り立ち「大伴家持」銅像を見つけた時は何故だろうと思い観光パンフレットを調べたら、高岡は「万葉集」に縁が深いことを発見!目からウロコ!


  ....(左)気象資料館前には家持が住んだ「越中国守館跡」(右)今は朽ちた「越中国分寺跡」.....
c0119160_13252335.jpgc0119160_13315856.jpg
c0119160_1326641.jpg


先に述べた万葉時代の「越中国府」国守に赴任した「大伴家持」が住んだ屋敷跡や勤務地が、この高岡には残っていたのです。そして奈良文化をダイジェストした「高岡市万葉歴史館」もありました!


          .......「高岡市万葉歴史館」、ここが「大伴家持」ゆかりの地と初めて知った。.....
c0119160_13392250.jpgc0119160_1341421.gif








c0119160_1340330.jpg


中高時代に習った正倉院「鳥毛立女屏風」や遣唐使船模型も展示されており、家持が当地で詠んだ万葉歌も多く残されている!平城遷都1300年の節目の年にまさか北陸で奈良を学ぶとは・・!


      ......(左)「鳥毛立女屏風」(模擬図) (中)「遣唐使船」の模型 (右)「大伴家持」肖像.....
c0119160_13462918.jpgc0119160_13464681.jpgc0119160_13471755.jpg

伏木の高台には巨大寺院が悠然と聳えます。浄土真宗本願寺派の名刹「勝興寺」、戦国時代には加賀一向一揆拠点であり、近世は前田家と関係深い寺となり不動磐石な地位を築きました。


         ......(左)蓮如上人が開基した「勝興寺」唐門  (右)勝興寺の経堂.....
c0119160_13574534.jpgc0119160_13581735.jpg

c0119160_148832.gif

       .....「勝興寺・本堂」には七不思議(実をつけない銀杏や水が涸れない池等)が存在.....
c0119160_1455151.jpg

奈良時代、当寺境内には「越中国庁」があったとのこと。つまり大伴家持が毎朝出勤した場所だ~
当地で家持は5年滞在し優れた万葉歌が生まれました。七不思議と呼ばれるミステリー見所も沢山!


    .......天平の昔、勝興寺の境内が「越中国庁」の所在地、大伴家持は当地で勤務した。.....
c0119160_14102550.jpg

伏木の高台から再び海岸部(伏木駅・港周辺)に向かい、北前船で賑わった街風景を観に行こう!




★北前船で栄えた伏木の街


江戸時代、北前船貿易で栄えた伏木。近年は石油コンビナートや国際貿易港として賑わった港です。
嘗て産米輸送・石油油槽所等、環日本海圏の海上交易の重要地でしたが、今は昔の面影がない?


       .....伏木港は石油タンクや海上貨物輸送で賑わった。今はかつての面影はない。.....
c0119160_14164981.jpgc0119160_14172219.jpgc0119160_14173849.jpgc0119160_141871.jpg


c0119160_14153574.gif

c0119160_14182895.jpg

伏木高台には江戸時代からの回船問屋・旧宅が多く残っており、裕福な豪邸街並みが形成されています。その一つが「伏木北前船資料館」として公開されており、昔の伏木の繁栄を伝えています。


       .....「伏木北前船資料館」(江戸時代から回船問屋を営んだ秋元家の旧・邸宅).....
c0119160_15522471.jpg

  .....(左)「船屋半纏」「回船模型」が展示 (右)航海安全祈願で寺社奉納された「船絵馬」.....
c0119160_15535667.jpgc0119160_1605781.gif
c0119160_15545840.gif



c0119160_15553273.jpg

館内は北前船の航海用具や船主生活用具、船絵馬等が展示されており昔の繁栄が偲ばれます。建物の最上部には船の出入りが一望できる「望楼」が聳えている。狭い急階段を上がり、まるで抜け穴を通って秘密基地に行くよう感じ・・。「望楼」は二畳分程の狭い部屋で、街が一望できます。


         ....回船問屋の「望楼」はまるで秘密基地、船の航行を見張った小部屋.....
c0119160_1654077.jpg
c0119160_166272.jpg


      .......「伏木・けんか山祭り」は勇壮な祭り。昼は花山車、夜は提灯山車のぶつけ合い.....
c0119160_21335317.jpgc0119160_2126297.gif


c0119160_21265346.jpg

毎年5月15日は「けんか山」と呼ばれる勇壮な伏木・曳山祭りが行われます。山鹿流の出陣太鼓の囃子に合わせ、華やかな山車をぶつけ合う江戸時代からの伝統祭。港の男達は燃え上がる!




★伏木駅から、高岡市内の見所へ向かう


伏木駅周辺では殆ど人の姿を見かけませんでした。昔が活気に溢れた港町だけに駅前周辺・市街の雰囲気は寂しいものがあります。全国の地方都市における共通現象かもしれませんが・・。


         ......(左)JR氷見線「伏木駅」の外観とプラットフォーム(往年の活気はいずこへ).....
c0119160_21374542.jpg


c0119160_21381889.jpg


雨晴海岸からの立山連峰をこの目で見ることはできませんでしたが、高岡・伏木の地で万葉文化や格式高い寺社など見所がこんなにもあったとは!高岡市内もまだ見所が多く存在しています。


         ........雨晴海岸~高岡・伏木の見所MAP(クリックで拡大表示).......
c0119160_2141757.jpg

まだかなり時間があり5月の日は高い。折角ここまで来たのだから夕方まで徹底的に高岡を探索して柏崎帰省しよう。伏木駅から次は高岡駅に向かいます。雨晴海岸の絶景は次回のお楽しみ!


   .....いつか本物の光景を遠望してみたい!雨晴海岸に聳える「立山連峰」の大屏風!.......
c0119160_21424422.jpg



                                                       おわり



次回は、「GW紀行③:高岡歴史探訪(続編)&35年ぶりの米山登山」をお送りします。
c0119160_702944.jpgc0119160_22133242.jpg

  by rollingwest | 2010-06-02 00:00 | 海の風景 | Comments(36)