タグ:甲斐の国・探訪 ( 7 ) タグの人気記事

 

<2014年3月>甲斐の国・探訪(その7):甲府駅周辺の穴場&郷土名物・食い処

c0119160_2131453.jpg
c0119160_2132190.jpg


★「甲斐の国」探訪シリーズ、今回で一旦終結


2月の関東甲信豪雪で一番深刻な被害を被ってしまった山梨県・・、八ケ岳山麓でノーテンキにスノーシューを楽しんでいたRWですが、今回は山梨の観光PRに徹したいと思います。過去6回を重ねてきた甲斐の国レポートですが、あらためて魅力的な県だナ~と再認識。過去記事のレビューも同時にご紹介・・


       .......雪に覆われた甲府盆地の果樹園風景 (2009年の撮影写真です)......
c0119160_2135156.jpgc0119160_21353567.jpgc0119160_21354658.jpg

c0119160_213627.jpg


    .......平成の市町村合併で山梨県には馴染みない新設市名が沢山増えたなあ・・......
c0119160_21385176.gifc0119160_213935.gif

c0119160_21391651.jpg


山梨県は、富士山・南アルプス・奥秩父・八ケ岳に囲まれる甲府盆地を中心とした狭い県(面積4465㎡全国32位)で13市が犇めき合う如く立地しています。4月上旬には待ちに待った本格的な春を迎え、丘陵から見下ろす甲府盆地は桜・桃に彩られ、富士山・南アルプスとのコラボで絵になる景色に大変貌


          .......GW時期の甲府盆地は桜・桃でピンクに染まる絶景となる......
c0119160_21423930.jpgc0119160_21432843.jpg
c0119160_21425195.jpg

山梨ワインの歴史は、明治新政府の殖産興業政策により勝沼町で設立された「大日本山梨葡萄酒会社」が、フランスから葡萄栽培とワイン醸造の技術を導入したことに始まります。現在に至るまで日本固有品種の交配を次々と成功させ、今や山梨ブランドは世界的に高く評価されるようになりました。


   ......(左)山梨ワインは今や世界的人気! (右)発祥地・勝沼葡萄畑、遥かに冠雪南アルプス......
c0119160_2148155.jpgc0119160_21482958.jpg



c0119160_21484769.jpg
c0119160_21485731.jpg


今回記事はワイン醸造所見学のレポート紹介からスタートしましょう。但し、勝沼からではなく甲府駅から下車して徒歩5分位の住宅街の中からです。エッ!こんな隠れた場所に醸造場があったのとビックリ!




★甲府駅近くにあるワイン醸造所を見学


甲府駅南口に降り立つと右手に甲斐の虎「武田信玄」像が鎮座しています。謙信と覇権を争った戦国ヒーローは今も山梨県民の尊敬を集め、4月に勇ましい武者行列の「信玄公祭り」が開催されます。


      .......甲府駅前の「武田信玄」像、風林火山の軍配団扇を持ちドッシリ構える......
c0119160_21542895.jpgc0119160_21544261.jpgc0119160_2155097.jpg

c0119160_21552099.jpg


甲府駅北口から5分程歩くとお洒落なワイン醸造所が現れました。ここは今も宮内庁御用達と指定される「サドヤ」ワイン(大正6年創業)の醸造場。閑静な住宅街の中に佇んでいることにビックリ~


   ......甲府駅すぐ隣にある「サドヤワイン醸造場」の全景、石州瓦で垢抜けた雰囲気......
c0119160_2264079.jpgc0119160_227150.jpg



c0119160_2272150.jpg


        .......ワイン醸造樽も露天陳列されていた明るい雰囲気の庭......
c0119160_2226634.jpgc0119160_22261966.jpg


c0119160_22263595.jpg


館内ではワイン展示のカフェレストランがあり、地下ワインセラー見学会も1日6回開催されていると聞き参加してみました。地上より数度低い気温でヒンヤリした地下醸造所へ案内してもらい説明に耳を傾けます。


          .......地下ワイン倉庫には、初期商品・醸造道具などが置かれていた......
c0119160_2229433.jpgc0119160_2230481.jpgc0119160_22302463.jpg








c0119160_22304538.jpg


欧州系葡萄に特化した醸造で、山梨のワインといえば「サドヤ」といわれる程古くからファンが多く熟成された味と香りを持つ商品を作っているらしい。白タイル貼り地下倉庫、レトロな醸造具に興味深々・・


        .......タイル貼りの地下ワイン倉庫、手作り感ある自家製醸造絞り......
c0119160_22384555.jpg
c0119160_22385787.jpg

       ......地下ワイン倉庫見学を終えて、地上に戻ればお洒落なブラックチェア......
c0119160_22415529.jpgc0119160_2242722.jpg


c0119160_22422540.jpg


甲府駅周辺には意外と知られていない見所SPOTが幾つかあります。サドヤワイン醸造所、五重塔が立つ長禅寺、島崎藤村記念館、これらは全て甲府駅に隣接し徒歩5分程度で行けるのです。そして今から紹介する「舞鶴城公園」(甲府市内や富士・南アルプスが一望)は甲府駅のすぐ目の前だ!


    .......(左)甲府駅近くに立つ長禅寺・五重の塔 (右)駅北口に完成した藤村記念館......
c0119160_2246813.jpg

c0119160_2246209.jpg





      
★甲府市街と富士・南アルプスの大展望が楽しめる「舞鶴城公園」


             ......甲府駅(南口)の目の前にある「舞鶴城公園」......
c0119160_19312178.jpgc0119160_19314647.gifc0119160_19331771.jpg




c0119160_1932553.jpg


舞鶴城(正式名:甲府城)は武田氏滅亡後、16世紀末に豊臣秀吉の命を受けた加藤光泰が着手し浅野氏に引き継がれて築城された20haの広大な城郭です。現在は城跡の一部が「舞鶴城公園」として開放され、市民の憩いの場となっています。展望台へと上がると甲府の景色が素晴らしい~!


          ....... 冬の夕暮れ、舞鶴公園を散歩する2人。遥かに冠雪富士を仰ぐ......
c0119160_19501055.jpgc0119160_19504170.jpg

c0119160_1951056.jpg


c0119160_19511946.jpg


    ......甲府市内一望!夕暮れの南アルプス、駅前から手軽にこんな絶景が眺められるのか!......
c0119160_2012524.jpg
   
この公園からの眺めが好きで何度か訪れましたが、甲府の街の背景に屏風の如く連なる南アルプスが実に雄大!甲府市街から見る富士山裾野は前衛の山に隠れて頭だけがチョコンと覗いています。


     ......(左)展望台から甲府市を見渡す (右)甲府ビジネスホテルから撮った朝の南アルプス......
c0119160_20105715.jpgc0119160_2011181.jpgc0119160_20113875.jpg




c0119160_2012794.jpg


    .......(左)甲府から見える富士山は山頂部だけ (右)甲府盆地越しに仰ぐ南アルプス名峰群......
c0119160_2021760.jpgc0119160_20212255.gif


c0119160_20213872.jpg


甲府盆地夜景と富士山の全景コラボを楽しむには長峰林道や和田峠まで上がることをお薦めします。裾野広げる富士山の下には甲府市街夜景がダイヤモンドを散りばめた如し!美し過ぎて言葉もない!


        .....「甲府盆地の夜景と富士山」、平成の「新日本百景」第13位の栄誉に輝く!.....
c0119160_20265176.jpg
            
       ......甲府の夜景がこんなにメジャーになるとは信玄公もビックリしていることでしょう・・......
c0119160_20271588.jpgc0119160_20273615.gif

c0119160_20275727.jpg






★歴史探訪&郷土料理の魅力も溢れる甲府市街


甲府の街には武田信玄が居を構えた「躑躅ケ崎の館」があり、今は甲府鎮守「武田神社」として祀られ盆地を見下ろしています。また信玄の菩提寺「恵林寺」(心頭滅却すれば火もまた涼し)も必見!


         ......(左)信玄の菩提寺「恵林寺」 (右)「武田神社」(躑躅ケ崎)の本殿......
c0119160_20404794.jpgc0119160_2041819.jpg
c0119160_2041234.jpg


                           甲斐の国探訪(その3)謙信・信玄ゆかりの地を行く


甲府市内にはオレンジ色の善光寺があります。長野善光寺と形はソックリですが甲府鎮座の由来は、信玄が「川中島合戦」の際、善光寺焼失を恐れ本尊如来や諸仏宝類を甲府に移し奉遷したのです。金堂吊天井には、巨大な「鳴き龍」が二匹描かれており、その下で手を叩くと不思議な反響音が!


        .......「甲斐善光寺」、川中島決戦に備え信玄が長野善光寺から宝物を移設......
c0119160_2047498.jpgc0119160_2048662.jpgc0119160_20482051.jpg





c0119160_20484799.jpg


「酒折の宮」の歴史由来は相当古い!日本武尊(ヤマトタケル)が東夷平定の帰りに「酒折の宮」にて慰労宴を行い、武者達に連歌問答した言い伝えから「連歌発祥の地」と云われ、石碑も残っています。
c0119160_205823100.jpg

    .......(左)酒折・風情街 (右)日本武尊が東国平定完遂の酒宴で歌った「酒折の宮」.....
c0119160_2058168.jpg
c0119160_2058396.jpg


甲府の歴史SPOTを過去記事から簡単にレポートし直しましたが、最後は当地名物や郷土料理の名店を紹介したいと思います。海産物や農作物に恵まれない山梨は比較的保存の効く食べ物が有名


       ......山梨名物料理,結構が種類が多い!あわび煮貝・ほうとう・馬刺し・鳥もつ・・......
c0119160_2164357.jpgc0119160_217470.jpgc0119160_2173453.jpg




c0119160_218996.jpg






c0119160_2182719.jpg

山梨料理と言えばやはり「ほうとう」が一番有名、甲府駅前には沢山のほうとう料理店がありますが最大手は「小作」。チェーン展開していますが民芸調の店構えで広い座敷でユックリ寛ぐことができます。


          .......ほうとう(南瓜汁)の地元有名店「小作」、大きな水車がモニュメント.....
c0119160_21284918.jpgc0119160_2129854.jpg


c0119160_21292653.jpg

c0119160_2133952.jpg
c0119160_213324100.jpg


甲府には意外と美味しい蕎麦屋やラーメン店が多くあります。蕎麦屋では「天目そば」や「奥藤分店」.がお薦め。初めての時に蕎麦屋なのに鳥もつ煮を頼む人が多くて珍しい店だなと思っていました。


        ...... (上)「天目そば」  山梨県には旨い蕎麦屋が多い (下)「奥藤分店」......
c0119160_2139574.jpgc0119160_21393198.gif


c0119160_21395274.jpg

c0119160_21404055.jpgc0119160_21405824.jpg
8
c0119160_21411230.jpg


しかし2010年B1グランプリで甲府鳥もつ煮がNO1栄冠を獲得、元祖の当店は長い行列ができるようになりました。肉は殆ど食べないRWはこの店の蕎麦が純粋に好きだったのでちと複雑な気持ち・・


   .....奥藤店内はいつも賑う。当店発祥「鳥もつ煮」は2010にB1グランプリに輝き一挙大ブレイク.....
c0119160_21551020.jpgc0119160_21593785.jpg


c0119160_21555249.jpg


c0119160_21561715.jpg







★過去紹介した「甲斐の国探訪シリーズ」を再レビュー

c0119160_2285671.jpg
c0119160_2291416.jpg


甲斐探訪シリーズは今回で一度締めますが山梨県の観光魅力を再度噛みしめ直すために、過去の記事をポイントで再レビュー!やはり山梨・最大見所は「昇仙峡」に間違いなし!一昨年秋、旧友と渓谷を往復ハイクしました。覚円峰・仙娥滝の大迫力に圧倒され弥三郎岳からの大眺望を満喫しました。


            
   .....(左)2012秋、中学同級との「昇仙峡」ハイク (右)最大見所「仙娥滝」には七色の虹が!.....
c0119160_2219446.jpgc0119160_22105057.gifc0119160_2211276.jpg










c0119160_22111965.jpg


昇仙峡奥地「金峰山」から水晶原石が多く発見され、江戸時代には服飾・宝珠品に利用される水晶需要が高まり、世界屈指の水晶細工技術が当地で発展しました。クリスタル三昧の博物館も凄いゾ!


      .......山梨県は有数の鉱物産地、水晶の展示殿堂「クリスタルサウンド」を見学......
c0119160_22264274.jpgc0119160_22265336.gif



c0119160_2227888.jpg


                          甲斐の国探訪(その5):旧友との秋の昇仙峡&パワースポット


RW記事ではもう富士山ネタ食傷気味かと思いますが、山梨レポートから富士レポートを外すことができません。山中湖・河口湖などから色々な角度から世界遺産となった霊峰を楽しむことができました。


   ......富士吉田や河口湖からの富嶽眺望は優美に裾野を広げる姿が一段と美しい!......
c0119160_22274227.jpgc0119160_2228574.jpgc0119160_22281651.jpg




c0119160_22282932.jpg


                              甲斐の国探訪(その1):山梨県の富士山(前編)


「プロジェクトX」の記念すべき第1回は「富士山レーダー観測所」の建設物語。気象衛星時代が到来し、頂上観測所は閉鎖され今は富士吉田でレーダードーム館として公開。当地の吉田うどんも有名です!


    .....かつて富士山で活躍した山頂気象レーダーの建設物語はプロジェクトXで紹介された......
c0119160_2229614.jpgc0119160_22292510.gif

c0119160_22294910.jpgc0119160_2230316.gif



c0119160_22302980.jpg


                              甲斐の国探訪(その2):山梨県の富士山(中編)


         .......富士吉田といえば「吉田うどん」、素朴な塩味に噛みごたえあり......
c0119160_22311667.jpgc0119160_22313083.jpg



c0119160_22314741.jpg


日本三霊山(富士・白山・立山or御嶽)として山岳修験の頂点として崇められてきた霊峰不二、万葉集・古今和歌集に詠われ浮世絵にも描かれてきた文化・芸術的評価が高い富士山。その圧倒的存在、歴史・文化の重み、民衆からの畏敬が評価され目出度く2013年に「世界文化遺産」へと登録!


    .......(左)あと1ケ月もすれば河口湖に富士桜 (右)富士のシルエットに映える河口湖花火......
c0119160_22322276.jpgc0119160_22323689.jpg



c0119160_22325183.jpg

     
                             甲斐の国探訪(その6):山梨県の富士山(後編)


山梨県東部の大月市は、中央線と富士急行の分岐駅ですがここも見所がいくつかあります。代表的なものは猿橋ですが、駅前に聳える「岩殿山」は富士山の好展望台(秀麗富嶽十二景)であり、武田氏滅亡の歴史を今に伝える山。近くには「稚児落とし」と呼ばれる切り立った岩場もあります。


      ......(左)大月駅前に迫る「岩殿山」ここも桜の名所 (右)日本三奇橋の大月「猿橋」......
c0119160_2233398.jpgc0119160_22335958.jpgc0119160_22341270.jpg











c0119160_22342592.jpg


日本三大桜の一つ「山高・神代しだれ桜」は2千年も生き抜いてきた日本最古の老木です。日本が世界に誇る名桜の古里として知られる北杜市は南アルプス・八ヶ岳を背景に咲き誇る必見の花景色。


         ...... 南アルプス・八ヶ岳北山麓の「北杜市」には素晴らしい古桜が多くある......
c0119160_22345152.jpg
c0119160_22351812.jpg

  .......日本三大桜「山高神代桜」は2000年も生きている最古の老木。大迫力の枝垂姿!......
c0119160_223540100.jpgc0119160_2236275.gif





c0119160_22361787.jpg


                           甲斐の国探訪(その4):冬から春へ、さまざま山梨風景

枝垂れ桜の見事な枝ぶりと吹雪舞い流れる様な華麗な御姿!やはり世界に誇る日本最古の桜!神代桜の根回りは13.5m、日本一のエドヒガンザクラの古木です。2千年も生き抜いて青息吐息なのか、老木周りを多くの柱が支えます。懸命に生きる力と命の尊さに美を感じました。


   ......(左)日蓮宗「実相寺」境内も一面の桜 (右)神代桜の太い幹には多くの支え木......
c0119160_22364459.jpgc0119160_22365658.jpg

c0119160_5504474.jpg


山梨シリーズは今回一度筆を置きますが、身延・白州周辺の紹介を漏らしたのでまた続編が復活するかもしれません。冬が長ければ長い程、春を待ちのぞむ心は募り、桜開花時期の到来は人一倍嬉しいものです。今年は豪雪に辛い思いをした山梨に真の春が再来することを願ってやみません。


   .......(左)日本航空学園(甲斐市)の演習飛行場から見た富士 (右)早春の南アルプス......
c0119160_22382641.jpgc0119160_22383829.jpgc0119160_22385445.gif


c0119160_22391323.jpg


       .......北杜市の桜はまさに日本の原風景、実に風情と開放感に溢れる......
c0119160_2238815.jpg



                                                          おわり

  by rollingwest | 2014-03-14 18:48 | 旅の風景 | Comments(80)

<2013年5月31日>甲斐の国・探訪(その6):山梨県の富士山(後編)

                      【祝・世界遺産指定登録!】
c0119160_1223491.jpg
                             

★久しぶりに・・、「甲斐の国・探訪」&「山梨富士」記事を


                              
甲斐の国・探訪」シリーズは(その6)となりますが、2010年スタート以来チンタラと公開してきたので3年越し。「山梨の富士山」レポートは2011年1月(前編・中編)に掲載しましたが、LASTの後編記事は富士山が世界遺産登録に決まった時に掲載すると宣言して2年半、漸くその喜びの日を迎えられます。


   .....(左下)富士山からもスカイツリーが! (中下)白糸の滝 (右)6月世界遺産登録のニュース ......
c0119160_1224398.jpgc0119160_1316446.jpgc0119160_12241631.gif






c0119160_12243264.jpg
c0119160_12244326.jpg


                                山梨の富士山(前編)
 

ご存知の通り、5月にユネスコが条件付で富士山の世界文化遺産登録を勧告し6月に正式決定へ!鎌倉の推薦撤回ははチト残念でしたが、日本人・心の支柱の名峰が世界遺産になり実に喜ばしいネ~!観光客・登山客が急増して色々大変かと察しますが、お祝いメッセージを交えて後編記事を公開!


   ..... (左)御坂山塊へ登山し西湖を眼下に望む(07年1月)  (右)本栖湖の富士(01年5月)..... 
c0119160_1234299.jpgc0119160_12344899.jpg


c0119160_1235357.jpg

 
                       

富士山は当初は世界自然遺産登録を目指しましたが、山麓開発や不当投棄のゴミ・廃棄物等の環境問題がネックで2003年の国内選考で落選。捲土重来、文化遺産として再挑戦し10年後に夢叶う!


   .....世界遺産指定まで紆余曲折、歴史・文化の深さPRに切り替え戦略が功を奏す..... 
c0119160_13194349.jpgc0119160_13195737.jpgc0119160_13201259.jpg



c0119160_13203599.jpg


                                山梨の富士山(中編) 

1999~2001年、静岡に住んだことから駿河の富士は十分に堪能したので、5~6年前からは山梨の富士を訪ねることが多くなりました。「甲斐の国探訪」の前・中編では富士吉田や富士山レーダーの歴史等をレポートしたのでLAST後編は富士五胡や樹海風景を中心に紹介していきたいと思います。




★富士吉田・河口湖からの富士


大月から南下すると富士山三昧の風景が満喫できます。富士吉田や河口湖からの富嶽眺望は優美に裾野を広げる姿が一段と美しい!特に桜の季節は本当に絵になる。これぞ日本の風景だなア~!観光客で賑う河口湖から少し離れた勝山周辺は質素・鄙びた田舎風景が実にいい。穴場ですよ!


      .....(左)河口湖の富士桜 (右)河口湖大橋と桜 (下)勝山の湖畔風景.....
c0119160_13273159.jpgc0119160_13275049.jpgc0119160_1328616.jpg





c0119160_13282665.jpg


富士吉田・河口湖のレジャーランドはやはり富士急ハイランド!大学卒業記念にサークル仲間(都電荒川線メンバー)と初スケート体験で滑ったことが懐かしい。娘とも行ったけれどもう相手にしてくれないネ・・(笑)


     .......富士急ハイランドの冬風景。山梨富士はいつ見ても形が秀麗(09/2月).....
c0119160_13382355.jpgc0119160_13384029.jpgc0119160_1339466.gifc0119160_13392058.gif


c0119160_13394233.jpg


富士眺望はやはり冬が一番!西高東低・冬型の澄んだ青空で冠雪姿を仰げば日本人として幸せを感じます。でも夏の河口湖も花火とのコラボが素晴らしい!湖面からの夜空の華は絵画の如し


        ....09年8月河口湖湖上祭。富士山とコラボの花火は豪華!.....
c0119160_13542788.jpgc0119160_13544569.jpgc0119160_1355047.jpg


c0119160_13552377.jpg

     
2009年夏に河口湖の花火を初めて鑑賞しました。河口湖湖上祭は富士五湖の最大イベントで8月上旬開催、毎年15万人の見物客を集めます。スターマインや最後を飾る約400mのナイアガラは圧巻!湖に映し出される幻想的な光は柏崎の海上花火のようだ!湖や海に輝く花火は感動的でありました。


   .....90回を超える歴史、五湖最大の花火大会、ナイアガラは素晴らしかったなあ!.....
c0119160_1455998.jpgc0119160_9251280.jpgc0119160_1475447.jpg






c0119160_1473498.jpgc0119160_929598.jpg






c0119160_148992.jpg

         
                                「河口湖・09年夏の花火大会」の記事はコチラから  



★青木ヶ原樹海&富士五湖


富士五湖は富士山北部を取り巻くように点在しています。首都圏からは山中湖・河口湖が圧倒的にメジャーな観光地であり、残り3つの湖は殆ど注目されない静寂地ですが、そのマイナーな雰囲気が実にいいのだ。そして3湖と富士山に間には、有名な「青木ヶ原」大樹海が広がっています。


    .....富士山北部を取り巻く富士五湖、富士吉田は河口湖と山中湖の中間点.....
c0119160_14241570.gifc0119160_1424276.jpg


c0119160_14464441.gif

     
   .....秋の青木ケ原樹海と富士山紅葉は実に見事!2009年秋の紅葉台から絶景.....
c0119160_14284141.jpgc0119160_1429223.jpg

c0119160_14292495.jpg

「青木ヶ原樹海」は自殺者や心霊スポットで有名、森林の中に迷い込むと磁場が狂っているため、なかなか外に出て来られないと言われます。しかしここは大ツララや天然氷柱がある氷穴群やコウモリが住む地下洞穴が数多く点在していて、富士噴火が彫像した大自然が味わえる観光の森なのです。


      .....有名な青木ヶ原樹海!富士山の溶岩地に形成された膨大な樹林群.....
c0119160_14395416.jpgc0119160_14401194.gif


c0119160_14411063.jpg
c0119160_14412231.jpg


富士樹海の中には無数の溶岩洞窟群が存在します。最も有名なのは「富岳風穴」「鳴沢氷穴」。鳴沢氷穴の内部気温は平均3度と低く、一年中氷に覆われていることからこの名がつきました。 天井から浸み出した水滴が凍ってできた氷柱や氷筍は特に見もので、4月頃に最も成長するとのことです。


      .....「富岳風穴」と「鳴沢氷穴」は15年前に家族で訪問、寒かった~!.....
c0119160_15223363.jpgc0119160_1514881.jpg




c0119160_15142835.jpg


東日本大震災(2011/3月)はマグニチュード9で過去千年に一度の大規模地震と言われますが、千年前の地震こそ「貞観大地震」(平安時代)でした。大地震のエネルギーは富士山マグマ活動を刺激し大噴火を引き起こしました。当時の大噴火・溶岩により形成されたのが青木ヶ原樹海、富士五湖なのです。


   .....平安・貞観大地震の震源地も東北・宮城、津波にも襲われ東日本大震災と驚くほど酷似.....
c0119160_1526556.jpgc0119160_15262821.jpg


c0119160_15323189.jpg


c0119160_15265566.jpg


太古時代の富士五湖は1つの大きな湖でしたが、大噴火時に富士山から流出した溶岩流が随所で堰き止め地形が5湖に分れたらしい。本栖湖・精進湖・西湖は地下水源が一緒で、実質的には3つの湖底がつながった1つの大きな湖になっているため、3湖水位は常に同レベルで保たれているのです。


    .....青木ヶ原樹海に広がる池、火山が彫像したこうもり穴(いつかやってみたい樹海ツアー).....
c0119160_1533105.jpgc0119160_1533257.gif

c0119160_15334096.jpg


青木ヶ原樹海は平安大噴火の溶岩洞穴に植物が根付いた姿。1250年かけて繁茂してきた森林や氷穴群は貴重な自然遺産で、最近は樹海探索ツアー(コースガイド付)が増えてきました。2016年に大学時代の山仲間で40周年行事を企画する予定、青木ヶ原・樹海探索ツアーにしたいと思っています。


    .....(左)西湖と富士山の美しい姿 (右)絶滅魚クニマスを2010年に西湖で発見したさかなくん..... 
c0119160_15374545.jpgc0119160_1538139.jpg



c0119160_15383714.jpg



c0119160_15385339.jpg


溶岩が森を埋め尽くし、樹木が焼けた部分が空洞となり固まった「溶岩樹型」は、山中湖畔「花の都公園」で見ることができます。標高1000mに広がる当公園は30万㎡大地にチューリップ・ヒマワリ・コスモスなど季節の花々が一面に咲き誇る夢の様な花園。背景に名峰富士があるので余計素晴らしいネ~!


    .....山中湖からの富士絶景、花の都公園ではひまわり畑や溶岩樹型が見られる。.....
c0119160_15481793.jpgc0119160_15483978.jpgc0119160_15485814.jpg





c0119160_15492126.jpg






★富士山の地形・頂上風景

富士山は均整が取れた美しい円推ドームの山と思われがちですが、朝霧高原側から見ると巨大な亀裂「大沢崩れ」(西側斜面の浸食谷)があり、静岡側からは肩の形が歪み「宝永火口」(江戸時代噴火跡)が無残な形を残しています。世界遺産・富士山はいつか崩壊と噴火のリスクを抱えているのです。


    .....(左)「大沢崩れ」は富士山崩壊へのシグナル? (右)無残な噴火跡・「宝永火口」....
c0119160_161428.jpgc0119160_16144073.jpgc0119160_16142393.jpg  

c0119160_1615365.jpg


c0119160_16153344.gif

現在も大沢崩れでは毎年15万m3の土砂が崩れ落ち谷が削り取られています。頂上近くは凍結表層で雨が浸み込まず雪解け水や台風・大雨で地表を流れる土石流が堆積砂岩を崩壊させています。地球温暖化が更に進めば富士山内部を支えている凍土層が溶けて優美な姿が崩れる説も・・。また最近は噴火の可能性高まるとのニュースも報じられていますが下記の姿は想像したくないなア・・


  ....富士山噴火が現実となったら・・。日本縦断の大断層「フォッサマグナ」、巨大マグマが蠢いている....
c0119160_16193470.jpgc0119160_1620990.jpgc0119160_16202397.jpg



c0119160_16204345.jpg


富士山噴火の場合、周辺エリアには甚大被害が予想されます。溶岩の熱で住宅は焼き尽くされ田畑も壊滅状態に・・。そして火山灰は偏西風に乗り確実に首都東京を襲います。火山礫灰で交通は混乱・寸断、通信ネットワーク・機器障害・携帯電話も使えなくなり国内生活・経済は大打撃を受ける惧れが・・


        .....富士山噴火時の噴煙・火山灰が影響を及ぼすと予想されるエリア....
c0119160_16314763.jpgc0119160_1637385.jpg

c0119160_16322570.jpg

こんな光景に遭遇したくないけれど地球造山運動の激しい日本は災害大国として大地震・噴火・津波からは逃れられない運命なのかもしれません。でも我々が生きている間は起こってほしくないナア・・。富士山には15年前に登りましたが、頂上風景は荒涼たる火山岩の世界(巨大な爆裂火口は大迫力)


    .....小生の富士初登山は1998年(高山病に)、まだ頂上には富士山レーダーがありました....
c0119160_16525279.gifc0119160_16461461.jpgc0119160_16472424.jpg


c0119160_16475151.jpg
c0119160_20595078.gif

富士山に登ったのは1回きり・・。1998年富士宮から5合目まで行き9合目小屋に泊まり御来光を拝む山旅でしたが、高山病も患い苦しい思い出ばかり・・。木々の緑も水風景も全くなく岩と砂礫だけの荒涼たる光景もガッカリ・・、やはり富士は登る山でなく遠くから見て楽しむ名峰だと確信した次第

                                山紀行名峰レビュー「富士山」(その1)  




★山梨の名峰から仰いだ富士の雄姿


前編では南アルプス・笊ケ岳から見た富士の雄姿を伝えましたが、他にも山梨の山々からも素晴らしい富士絶景との出逢いが何度もありました。過去の山行から幾つかお気に入り写真を追加紹介しましょう。まずは七面山(身延山の隣)から見た山門額縁富士、雪の中で寒かったけど景色には満足・・


   .....2001年3月、食山人氏と身延七面山に登山、敬慎院・山門から見た「雪の額縁富士」..... 
c0119160_16551830.jpgc0119160_16553640.jpg



c0119160_1655561.jpg

     
富士山の西に連なる竜ケ岳・雨ケ岳・毛無山・・、目前に遮る山がなく富士を間近に眺望できる素晴らしい展望台の山々でした。元旦はここから望むダイヤモンド富士や初日の出ハイカーで溢れる人気の山


 .....(左)雨ケ岳からの冬富士 (中)茅ケ岳から左右対称・八面玲瑯富士 (右)岩殿山から望む.....
c0119160_1705393.jpgc0119160_1711934.jpgc0119160_1714199.jpg







c0119160_172638.jpg


2001年2月一人でトライした毛無山から間近に見た冬富士の絶景、同年12月の茅ケ岳(日本百名山の著者・深田久弥が登山中に急逝)からの富士山の美しいシンメトリックな姿が特に心に残っています。2006年、南アルプス鳳凰三山から見た富士(遠く水墨画の如く雲上に浮かぶ朧ろ姿)もよかったなア・・!


 .....(左)毛無山から撮った冬富士(手前は朝霧高原) (右)南アルプス・鳳凰山より望んだ朧ろ富士.....
c0119160_17105650.jpg
c0119160_1711107.jpg

静岡在住時、ヘリコプターに搭乗し駿河上空を飛び富士山頂上を鳥瞰して旋回周遊するという滅多に体験できないイベントに参加する機会を頂きました。霊峰富士の頂上火口や裾野は間近に迫り360度から様々な姿を見下ろすという光景は感動的だった・・!しかし短時間で眺望が叶えられることはチト違うなあ・・・とやや違和感の気持ちが湧いたのも事実。苦しんで登った末に頂上に立った感慨と比べれば物足りなさを感じました。やはり苦しい思いをして一歩一歩登ってこそ感動の得られ方は違います。
c0119160_2059739.gif

c0119160_2016975.jpg
c0119160_20162971.jpg
 
                                      山紀行名峰レビュー「富士山」(その2) 



 

★おわりに (再び、富士山へのエール賛歌)

c0119160_17155879.jpg
 
最近の富士登山ブームはディズニーランド状態(世界遺産指定後はさらに・・)となり目を見張るものがあります。山ガール自称の旧友からも早く連れて行けとのプレッシャーが・・。もう2度と登らないと誓った富士(前回は富士宮5合目から)ですが麓の北口本宮・浅間神社から登ってみようかな・・と心境の変化


    .....富士登山ブームはさらに盛り上がることでしょう。今度は正調の吉田側から登ってみたい.....
c0119160_17454097.jpgc0119160_1746050.jpg







c0119160_17462464.jpg


「万葉集」「古今和歌集」に詠われ、近世「浮世絵」にも描かれた文化・芸術的評価が高い富士山。日本三霊山(富士・白山・立山or御嶽)、山岳修験の頂点として崇められてきた霊峰不二。その圧倒的存在、歴史・文化の重み、民衆からの畏敬が評価され目出度く「世界文化遺産」として認められました。
         


       ....山梨富士(航空学園・河口湖など)は色々なアングルから仰ぎ楽しみました・・.....
c0119160_17165029.jpgc0119160_17171165.jpg
c0119160_17235822.jpg


       .....2010年、野口総一氏が送信してきた宇宙からの富士山(上空写真).....
c0119160_1729312.jpgc0119160_17431384.jpgc0119160_17294378.jpg



c0119160_1730016.jpg


畏怖崇敬されてきた富士山ですが、今の優美な姿が永遠に維持され日本人の心に癒しを与えほしいですね~!霊峰富士はやはり何度観ても素晴らしい!今後も我が日本を寛容に見守って下さいネ。
最後はエンヤのハイトーンヴォイス・BGMにて展開される富士絶景の数々をユーチューブでお楽しみください。

              
c0119160_1752385.jpgc0119160_17525262.jpg
c0119160_1753478.jpg


                        湘南海岸・冬富士絶景ロード(2013年1月)

c0119160_912684.jpg


                                                         おわり

  by rollingwest | 2013-05-31 00:00 | 山紀行・名峰レビュー | Comments(74)

<2012年11月10日>旧友と過した秋の山梨「昇仙峡」(甲斐の国:パワースポット探訪)

★渓谷歩きでの中学同級生との集い


定期的に交流(Jリーグ観戦・飲み会)を重ねている中学時代(柏崎)同級生メンバーの一人(N-minto女史)から「山ガール(?)にデビューしたいので連れて行け」と従前より盛んにリクエストされていました。「マア、近い内に行きましょう」と適当に社交辞令をしていたら本当に山装備をバッチリ揃えてしまった・・!


    ......「昇仙峡」は読売新聞が選定した「平成百景」で全国第2位に輝いた景勝地.......
c0119160_224254.jpgc0119160_2211084.jpg






c0119160_2212928.jpg


コレは本気ッぽい・・、対応せねばマズイ雰囲気になってきた・・。まさか2人で行く訳にはいかないので同級生メンバーGeさんにもお付き合い頂き、紅葉や渓谷で有名な「昇仙峡」(山梨)へ案内することにしました。ここならば一般観光客向けでもあるし、山と渓谷美の醍醐味を存分に味わえるオススメ場所


     ......今回歩いた「昇仙峡」コース(渓谷歩き・仙蛾滝・弥三郎岳・金杉神社)の概要図.....
c0119160_2283221.jpgc0119160_228573.jpg









c0119160_60988.jpg


今回コースは昇仙峡を下から渓谷沿いに歩き登り、メイン奇勝「覚円峰」や名瀑「仙娥滝」を満喫⇒水晶館や神社を見学⇒ロープウェイでパノラマ台を廻り展望岩場でお弁当⇒弥三郎岳頂上まで登り、富士山・南アルプスの大パノラマを遠望⇒同じ道を下ってスタート地点へと戻りました。約2万数千歩も歩いた~!





★奇岩が連続する紅葉渓谷を登っていく


関東・中部エリアの方に人気が高い「昇仙峡」は、数々の奇岩が織り成す雄大な渓谷美、次々と現れる変化に富んだ絶景、水晶も多く産出されるパワースポットとして古くから親しまれた魅力的な景勝地。読売新聞「平成百景」(2009選定)では何と全国第2位(1位は富士山)の栄冠に輝いているのです。

                                      読売新聞「平成百景」はコチラから


        ......長潭橋(nagatorobasi)から出発、橋から俯瞰した見事な渓谷紅葉!.......
c0119160_6502845.jpgc0119160_6472038.gif




c0119160_6474335.jpg


朝5:30に自宅を車で出発、御二人を7:30JR相模湖駅で出迎えました。中央道・甲府南IC経由で「長潭橋」に9:00到着。昇仙峡ハイクの登山口は快晴青空の下で真っ赤な紅葉に彩られている!
9:15出発、舗装道路でやや物足りないけど、渓流音を聞きながらトテ馬車も並び歩き、趣き十分!


  ......(左)水の音を心地よく聞きながら渓谷道を登り行く (右)観光用のトテ馬車がポックリポックリ.......
c0119160_22403920.gifc0119160_21414470.jpgc0119160_2142096.jpg



c0119160_2142844.jpg


    .....次々と奇岩が出現  (左)猿岩(ウ~ン、ヨォワカラン・・) (右)松茸石(コリャ、ワカリ易~イ!)......
c0119160_214812100.jpg
c0119160_21482862.jpg

まずは渓谷を左に見て歩き出していくと、次々に変わった名前のついた大きい石が現れてきます。オットセイ岩・トーフ岩・亀石・猿岩・松茸石・・、命名由来が?の石も一部ありましたが沢山の奇岩が鎮座


     .......(左)奇岩群の中で大満足! (右)オットセイ石(水から上がったばかり?).......
c0119160_7282390.jpg



c0119160_7281991.jpg


       .......今度は「亀石」!確かに巨大なガメラの様な顔が浮かび上がっている!.......
c0119160_7582077.jpgc0119160_21514957.jpg



c0119160_2152271.jpg


30分程歩くと「天鼓林」という美しい紅葉樹林に囲まれた東屋に到着、ここはまさに幻想的な赤の世界で素晴らしい雰囲気!名前由来は木の根や地下の空洞岩で太鼓の如く音が響くためらしい。


   ........(左)有名な紅葉spot「天鼓林」 (右)遂に山ガール(?)デビュー!喜びのN-minto女史......
c0119160_2251769.jpgc0119160_225275.jpg



c0119160_2255166.jpg


渓流道を進んで行くと「羅漢寺」が出現。甲斐国では平安時代に天台・真言密教の影響で金峰山の山岳信仰が成立し、当寺はその拠点となる修験道場でした。本堂の左手前に五百羅漢像の保存庫(檜材の一木造りの立像で合計154体)があります。宝石園の土産物通りに出ると人が賑やか~


      .......(左)羅漢寺の羅漢像群  (右)宝石園・土産物通りには何故かゴジラも!.......
c0119160_2291779.jpg
c0119160_2293512.jpg





★昇仙峡の最大ハイライト「覚円峰」&名瀑「仙娥滝」


いよいよ紅葉渓谷のハイライトが近づいてきました。前方に垂直に屹立する高さ約180mの屹立する巨岩が出現!これぞ昇仙峡のシンボル「覚円峰」、その昔「覚円」という修行僧がこの頂上(数畳の広さ)で修行したと言い伝えられています。観光客は一様に聳え立つ巨岩を見て驚嘆の声を上げる・・


  .......(左)これぞ屹立する大巨岩「覚円峰」 (右)N-minto女史、鮮やかなる紅葉に大感激!.......
c0119160_2211227.jpgc0119160_22114238.jpg









c0119160_22115535.jpg


   .......(左) 巨大花崗岩に囲まれた石門で集合写真 (右)青空・渓流に赤・黄の色彩映える.......
c0119160_22295460.jpgc0119160_2230822.jpgc0119160_2218851.jpg






c0119160_22175456.jpg


やがて岩の歩行者専用遊歩道となり、巨大な花崗岩に囲まれた「石門」が登場、何か崩れてしまいそうな不安定構造!石門を潜ると巨岩「覚円峰」の真下に・・、その迫力にあらためて圧倒される!
                 

    .......覚円峰の真下で再び仰ぎ見る。大絶壁奇岩を見上げ驚嘆の声を上げる紅葉ハイカー.......
c0119160_22482745.jpgc0119160_2249745.gifc0119160_22491761.jpg










c0119160_22495279.jpg
c0119160_2250374.jpg


            .......輝くような紅葉の渓谷は青空のもとでますます映えていく.......
c0119160_22582952.jpgc0119160_22584639.jpg



c0119160_2259461.jpg


石門から上流300m程進んだところが昇仙橋、さらに岩肌の下を削ったような遊歩道を進むともう一つのハイライト「仙娥滝」が出現!地殻断層によってできた高さ30mの壮麗な滝は日本の滝百選にも選ばれています。滝の轟音は神聖な雰囲気、大自然オーラに思いっきり包まれることができました。


              ......昇仙峡・最大スポットの一つ「仙娥滝」がついに現る!.......
c0119160_6531231.gifc0119160_6532518.gif
c0119160_6534810.jpg


     .......(左) 「仙娥滝」クローズアップ!(右)滝壺には飛沫が日光に反射しが見える!.......
c0119160_6562434.jpgc0119160_6564418.gifc0119160_6571569.jpg





c0119160_6572461.jpg






★水晶のパワースポットに満ち溢れた甲斐の国

仙娥滝から長い階段を登り滝の上部に出ると、右手は商店街で、左手に「昇玉堂」と「天幸五龍神」があります。「昇玉堂」殿内には巨大球体の水晶が!パワーストーン好きのN-minto女史は大興奮!


    ..... (左)縁起の良い風水の神様「天幸五龍神」 (下)立ち並ぶ宝石店のテラスには七福神.......
c0119160_20455636.jpgc0119160_20462154.jpg









c0119160_20463299.jpg


   ......「昇玉堂」、御神体は何と巨大水晶!N-minto女史、大水晶に抱きつきパワー貰い過ぎ.......
c0119160_20552895.jpg
c0119160_20554641.jpg

c0119160_2056863.jpg


宝石や土産品店街を抜けると静観橋、バス停「昇仙峡滝上」を通過して行くと「夫婦木神社・姫の宮」が鎮座していました。性器木が祀られる神社で、結婚縁祈願、子供の欲しい夫婦が参詣すれば子宝に恵まれるとのこと。夫婦木神社の上社は最後で紹介する金桜神社の近くに鎮座していました。


  .....(左)さらに進むと「夫婦木神社・姫の宮」 (右)「夫婦木神社・上社」は金桜神社の近くに鎮座.......
c0119160_2153421.jpgc0119160_215593.gif

c0119160_2161049.jpg


甲府市は日本一の水晶の街、現在も世界中からも多くの原石が集められ、高い技術の水晶加工を駆使する職人・企業が集まってお互いに競い合っています。超巨大な白水晶オブジェが飾られる観光展示場の「クリスタルサウンド」に入館するとビックリ!様々な鉱石が展示され豪華な水晶アートが沢山!


    .......水晶の展示殿堂「クリスタルサウンド」、入口には大結晶オブジェ。ホールに入っても水晶だらけ......
c0119160_2110190.jpg
c0119160_2110176.jpg

c0119160_21122641.jpgc0119160_21125089.jpg
c0119160_21125440.jpg


千年前に昇仙峡の奥地「金峰山」(日本百名山)から水晶の原石が多く発見されたことが名産地に発展した起源。江戸時代には数珠や帯止めに利用される水晶の需要が高まり、世界屈指の水晶細工の技術地として確立されたのです。オ~、甲斐の武田信玄に因んで川中島合戦の作品もある!


    ......数々の芸術的な水晶細工 (左)川中島決戦図も水晶製 (右)神秘的なクリスタルオブジェ.......
c0119160_2121075.jpgc0119160_21211183.gif


c0119160_21214188.jpg





★昇仙峡ロープウェイ~弥三郎岳頂上(富士山・南アルプスの大絶景)


さて今度はロープウェイでパノラマ台まで上がってみよう。紅葉シーズン真っ只中でもあり乗車を待つ人混みは相当なものだ・・。パノラマ台はその名の通り眺望は抜群!「八雲神社」に祈願して見晴らしの岩へ


        ......昇仙峡ロープウェイに乗ってパノラマ台(富士山眺望が抜群)をめざす.......
c0119160_21325138.jpg
c0119160_2133136.jpg


      .......パノラマ台に鎮座する「八雲神社」、縁結びの神(ここもパワースポットかな?).......
c0119160_21361255.jpg
c0119160_21362643.jpg


ポカポカの陽気、見晴らし良い花崗岩の上に座り各自で持参した弁当・オニギリやおかずを広げました。眼前には遮る物なし、雄大な富士山・南アルプスの大パノラマが・・!昼食後は珈琲タイムで幸せ気分・・


    ......青空に映える冠雪富士を満喫しながら昼食。山岳コンロでお湯を沸かして珈琲ブレイク.......
c0119160_2139381.jpgc0119160_2274458.jpgc0119160_21391648.jpg


c0119160_21393716.jpg


c0119160_21394341.jpg

      ......右手には南アルプス!鳳凰山・甲斐駒ケ岳の雄姿が見事!あ~珈琲が旨い!.......
c0119160_22101637.jpgc0119160_2210491.jpg



c0119160_22111241.jpg



c0119160_22113948.jpg


昼食を済ませて、次は弥三郎岳(羅漢寺山の最高峰)の頂上をめざし登山道を上がっていきます。頂上手前の花崗岩にある鎖場・鉄梯子では登山客が順番待ちの大渋滞。ゴールはもう目前に迫る!


     .......(左)羅漢寺山(弥三郎岳頂上)をめざす (右)スリルある花崗岩の登りが続く.......
c0119160_22203532.jpgc0119160_22205572.jpg




c0119160_22212365.jpg


ついに登頂!雪化粧したばかりの富士山は雲ひとつない快晴の中で貫録の鎮座!左手には金峰山や奥秩父連峰、その足元には荒川ダム、右手を見れば南アルプス連峰、言うことなしの大パノラマ!
登山初体験のお二方、かくも素晴らしい眺望を見られて大感激、コッチも連れてきた甲斐があったネ~


        .......ここから眺望する富士山は均衡ある左右対称形、まさに八面玲瓏!.......
c0119160_22245044.jpgc0119160_2225735.jpg

c0119160_2244385.gif





c0119160_22253055.gif


      .......(左)左手には荒川ダムが見える (右)花崗岩・大岩から見る南アルプス大展望!.......
c0119160_22271650.jpgc0119160_22273679.jpgc0119160_22274210.jpg



c0119160_2228561.jpg






★再び昇仙峡の紅葉路を下り、金桜神社を訪ねて帰京

絶景を堪能した後、ロープウェイ駅に降着。まだまだ観光客の行列は続いている。そして今日辿ってきたコース(仙娥滝・石門・覚円峰・渓流道)を逆に戻ります。紅葉はさらに陽光を浴びて輝いている!


         .......帰りも同じ道を下る。日光を浴びた紅葉はますます輝きを増していた!.......
c0119160_739215.jpgc0119160_7391892.jpg







c0119160_7395673.jpg


スタートした長潭橋の駐車場に到着したのは15時。アチコチ道草を食いながら、真珠展示・神社・ロープウェイ・昼食タイム等を入れ5時間半の行程、結構歩きましたね~。歩数計を見たら2万数千歩、お二方もこんなに歩いたのは初体験らしいが疲れを全く感じていない感じ。水晶パワーの御利益でしょうか。
c0119160_1228524.jpgc0119160_12291469.jpg






c0119160_12294696.jpg


ハイキングを満喫し最後は昇仙峡のパワースポット神社に寄って帰京しました。金櫻神社の由来は約2千年前、少彦名命が金峰山に降り立ったと云われ、ヤマトタケルが東征の帰路に参詣して社殿の造営を命じたとのこと。八重桜・染井吉野・枝垂桜・山桜が600本も植えられている桜の美しい神社です。


        .......(左)ヤマトタケルも参詣したパワースポット・金櫻神社 (右)龍のトーテムポールみたい.......
c0119160_82168.jpgc0119160_823228.jpg
c0119160_83057.jpg


          ......本殿の両脇には、復元された昇龍・降龍の彫刻があった!.......
c0119160_872426.jpgc0119160_21425440.jpgc0119160_874083.jpg



c0119160_881765.jpg


日本は世界有数のパワースポット国と云われます。地殻変動の激しい日本は地球からの気のパワーが多く噴出されているからでしょう。日本最大級のパワースポット「富士山」がある山梨県も霊験修行の痕跡が多く存在しています。水晶・滝・奇岩・霊験神社・・、昇仙峡も大いに運気が強い場所かも・・!

                             過去に紹介した「甲斐の国探訪シリーズ」はコチラから


         ....... 甲府に戻る昇仙峡ラインから眺望した富士山と甲府盆地の絶景.......
c0119160_816070.gifc0119160_8162489.jpg


c0119160_817359.jpg




c0119160_8163469.gif




c0119160_8171223.jpg

絶景とパワースポットに元気をもらい、登山初体験のお二方は大変感激されたようで、N-minto女史は今度娘さんも連れて参加したいとのこと。お付き合い頂いたGeさんからも新たな提案が・・。ここまで満足されると幹事も遣り甲斐あり。次回は同級会メンバーが数名増えて一層楽しい会になりそうだ。


c0119160_8292029.gif
c0119160_8275294.jpg


                                                          おわり

  by rollingwest | 2012-12-08 00:00 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(58)

<2012年3月26日>甲斐の国・探訪(その4):冬から春へ、さまざま山梨風景

c0119160_1751890.gif

今年の冬は実に寒かったですネ~!5年程前までは暖冬続きだったのに最近は3年連続で寒さ厳しい冬が続きました。日本海側や山間部では豪雪に悩まされ本当に大変な年となりました。桜開花も遅れており関東地方の満開は4月上旬のようですが、ついに待ちに待った本格的な春を迎えます。


          .......今年の冬も寒かったなあ・・、雪に覆われた甲府盆地の果樹園風景.....
c0119160_1773024.jpgc0119160_1774732.gif


c0119160_1785288.gif

c0119160_1791838.jpg


3~4年前、仕事の関係で山梨県を訪ねる機会が多くあったことから、その合間に撮った甲州の名所・史蹟、四季・自然の写真が手元に数多く眠っています。富士や南アルプスを背景とした山梨県の諸風景は実に美しい!冬から春に移ろう風景の写真を蔵出して桜満開の日に思いを馳せましょう。



         .......笛吹フルーツ公園高台からの甲府盆地全景パノラマを俯瞰(10/5月).....
c0119160_17162750.jpg





★甲府盆地と釜無川から見る味わい深い山風景


     ........(左)日本航空学園・滑走路上に聳えていた富士 (右)遥かに真っ白な南アルプス連峰.....
c0119160_17174686.jpg
c0119160_17181268.jpg

山梨県は、富士山・南アルプス・奥秩父・八ケ岳に囲まれる甲府盆地を中心とした狭い県(面積4465㎡全国32位)で13市が犇めき合う如く立地しています。甲府周辺、富士・大月、北杜・韮崎、身延が大まかなエリア分けかな・・。丘陵から見下ろす甲府盆地、富士山・南アルプスとのコラボで絵になる景色!


      ........(左)甲府盆地雪景色(09/2月) (右)笛吹川フルーツ公園付近の春息吹(09/4月).....
c0119160_17215298.jpgc0119160_17221815.jpg

c0119160_17225111.jpg

読売新聞が2009年に「平成百景」という企画を立て、全国300候補(自然観光地・史蹟・レジャー施設も含む)の中からベスト100を選ぶ投票を行いました。その中に山梨県がベスト15に3ケ所(①富士山②昇仙峡⑬甲府夜景)が入っていたのです。山梨勢の組織票がチト怪しいですが堂々立派な結果・・


      ......(左)甲府ビジネスホテルから撮った朝の南アルプス (右)甲府夜景は平成百景・第13位.....
c0119160_17284443.jpgc0119160_1729113.gif



c0119160_1729515.jpg

     .......「甲府盆地・夜景と富士山」、確かに日本の百景に数えられる価値ある絶景かも!........
c0119160_22213597.gifc0119160_22222128.jpg



c0119160_2223215.gif
         

                   「平成百景」ベスト100の上位30名所はコチラから(2009読売新聞)


甲府盆地からの山風景は、冬晴れ日に釜無川沿いから見るのがお薦め・・、広い川原に空の開放感、遠くに仰ぐ真っ白な名峰・・、実に雰囲気があるのですよ。そしてGW時期に盆地斜面は桜や桃・プラム・スモモのフルーツ楽園、白やピンク色に染まり、まさに日本一の桃源郷、青空の日は眩しいくらい!

 
       .......釜無川からの風景は実に素晴らしいヨ!(左)南アルプス(右)茅ケ岳の冬パノラマ.....
c0119160_17465967.jpgc0119160_1747337.gifc0119160_17474893.jpgc0119160_1748544.jpg

c0119160_1748205.jpg



        ........GW時期の甲府盆地斜面は桜や桃景色、一面にピンク色に染まる....
c0119160_1757834.jpgc0119160_17572756.jpg
c0119160_17575716.jpg

竜王エリアの「信玄堤」は戦国時代、武田信玄によって築かれました。堤は甲府盆地釜無川・御勅使川の洪水から守り、取水目的でも重要な地点でした。その特徴は河川の力を分散させ勢いを弱める霞堤という堤防方式。人は石垣・人は城・・、民衆を大切にして忠誠を誓わせる信玄戦略の真髄だ。


       ......(左)ほうとう「小作」竜王店で撮った釜無川絶景 (右)治水の信玄堤&信玄像......
c0119160_1834633.jpgc0119160_1841442.jpgc0119160_1851184.jpg




c0119160_188330.jpg
c0119160_1885553.jpg


                    甲斐の国探訪(その3)「信玄ゆかりの地を行く」記事はコチラから




★八ケ岳山麓風景も冬から春へ、北杜市の風景


     ........初冬の八ケ岳、雄大に羽を広げる裾野はいつ見ても飽きないナア(09/11月).....
c0119160_19442347.jpg

日本百名山「八ケ岳」は長野県の名峰ですが、山梨北西部「北杜市」は裾野を広げる八ケ岳を美しく見ることができる魅力的なエリアです。北杜市の名は聞き慣れていませんが、平成市町村大合併により明野村・須玉町・高根町・長坂町・大泉村・白州町・武川村が合併して2004年に生まれた市です。


             ......北杜市(山梨県・北西部)の白桃花と高原田園風景(10/5月).....
c0119160_19454361.jpg

        ........(左)甲斐駒ケ岳はいつ見ても豪快でボリューム感ある (右)冬の畑から仰ぐ八ケ岳.....
c0119160_1954922.jpgc0119160_19542867.gifc0119160_195445100.gif

c0119160_19555981.jpg


冬から春に移ろう北杜市の景色は実に雄大で素朴、牧歌的な雰囲気さえ漂う高原風景・・。積雪に悩まされる日本海側の冬とは違い、当エリアの冬は快晴に常時恵まれてムードが明るいんだヨネ~!全国的にも晴天率が最も高い場所なのです。青空に映える南アルプス・八ケ岳、高原野菜の広い畑・・


            ........「神田の大イトザクラ」、一度この目で見てみたい大枝垂の古木.....
c0119160_20171371.jpgc0119160_20113685.jpgc0119160_20131992.jpg
c0119160_20231445.jpg



c0119160_203016.jpg


北杜市は、日本が世界に誇る名桜の古里です。南アルプス・八ヶ岳を背景に咲き誇る必見の花景色。2年前に見た実相寺「山高・神代桜」を下記に紹介しますが、北杜市は日本ベスト10に入る有名な枝垂桜を多く見ることができます。「神田の大イトザクラ」(上記写真)という古木も有名らしい・・。立派~!





★2千年を生き抜いた日本一古い桜、実相寺の「山高・神代桜」


           ........(左)山高・神代桜の幟り旗 (右)実相寺山門前の桜.....
c0119160_20354271.jpg
c0119160_20355670.jpg

2年前に、「山高・神代しだれ桜」(日本最古の2千年桜)と初対面し感動しました。古来より日本人の心を虜にしてきた名桜として、「根尾谷淡墨桜」(岐阜県)「三春滝桜」(福島県)とともに国の天然記念物第1号指定(大正11年)を受けており、これら銘木は「日本三大桜」として称されています。


          .....「実相寺」には満開桜に拝む「日蓮聖人」像が・・(10/4月).......
c0119160_20421423.jpgc0119160_2043535.jpgc0119160_2042452.jpg

c0119160_2043495.jpg

「山高・神代しだれ桜」は、日蓮宗「実相寺」の境内にあり日蓮聖人の祈願像が立っていました。この桜は日本武尊が東夷征定時に当地に留まった記念で植樹したとの言い伝え。その後、身延山から来た日蓮聖人がこの老木の衰えを見て回復を祈ったところ再生したため「妙法桜」とも呼ばれます。

c0119160_21515210.gifc0119160_21515210.gifc0119160_21515210.gifc0119160_21515210.gifc0119160_21515210.gifc0119160_21524978.jpgc0119160_21533420.gifc0119160_21515210.gifc0119160_21515210.gifc0119160_21515210.gifc0119160_21515210.gif

          ........これぞ2千年を生き抜いた「山高・神代しだれ桜」(日本最古の桜).....
c0119160_20445229.jpg

ヒャ~素晴らしい!しだれ桜の見事な枝ぶりと吹雪舞い流れる様な華麗な御姿!やはり世界に誇る日本最古の桜!神代桜の根回りは13.5m、日本一のエドヒガンザクラの古木です。2千年も生き抜いて青息吐息なのか、老木周りを多くの柱が支えます。懸命に生きる力と命の尊さに美を感じる・・


       ....... (左)見上げれば雪の鳳凰山と甲斐駒 (右)古代の老木桜には数多くの支柱.....
c0119160_216274.jpgc0119160_2192626.gif

c0119160_2195238.jpg


                    「南アルプス北部名峰」(鳳凰山・甲斐駒)の記事はコチラから


            .......南アルプス前衛の「鳳凰山」と桃源郷のコラボ(10/4月).....
c0119160_21484227.gif
c0119160_21503111.jpg

長い歴史を生き続けてきた誇りと逞しさに溢れる「山高・神代しだれ桜」、幽玄なる銘木を満喫した後は、南アルプスが一望できる畑を散策へ。実相寺と神代桜の里は日本人が郷愁を感じる桃源郷・・


 .....「実相寺・神代桜の里」、素朴な田舎風景に豪華な桜。パノラマ写真で撮りました(10/4月).....
c0119160_21572467.jpg






★大月・岩殿山を一面に覆う満開桜

       .......(左)猿橋・水力発電水路の架橋(08/6月) (右)武田氏滅亡の岩殿城跡の外観.....
c0119160_647063.jpgc0119160_6475226.gifc0119160_6481759.jpg






c0119160_6484348.jpg


山梨県東部の大月市は、中央線と富士急行の分岐駅ですがここも見所がいくつかあります。代表的なものは猿橋ですが、駅前に聳える「岩殿山」は富士山の好展望台(秀麗富嶽十二景)であり、武田氏滅亡の歴史を今に伝える山。近くには「稚児落とし」と呼ばれる切り立った岩場もあります。


   ......(左)下山路からの中央高速道・架橋。幾何学的風景 (右)民家横で鎮座していた超デブ猫.....
c0119160_1016134.jpgc0119160_10164377.gifc0119160_10171729.gifc0119160_10173657.gif







c0119160_101892.jpg

                              大月の岩殿山(08年3月)登山記事はコチラから

「岩殿山」は桜の名所山でもあります。2年前の春に、一枚岩の大壁を背にした満開桜を楽しんできました。その前年冬に大月駅車窓から撮った雪景色と満開桜を比較対照させると興味深いかも・・


      .......(左)大月駅から撮った雪の岩殿山(09/2月) (右)桜一面の岩殿山(10/4月).....
c0119160_20134311.jpg
c0119160_20142111.jpg

          ........(左)岩殿山資料館も面白い (右)一枚岩の大壁を背にした満開桜......
c0119160_20243413.jpgc0119160_2025433.jpgc0119160_2027025.jpg





c0119160_20274767.jpgc0119160_20282350.jpg

大月駅周辺はやはり「猿橋」が有名!この橋の下からは桂川沿いの散策路があり、進んで行くと先には「大月郷土資料館」(有名な山岳写真家・白旗史朗写真展;も常設)。↓訪ねてみるのも一興

                              大月探訪(07/9月)の記事(山中湖も含む)はコチラから




★甲斐の国・山梨風景さまざま

      ........秀麗なる雪化粧富士と河口湖大橋の桜、イヤ~映えますナア~(09/4月).....
c0119160_20504544.jpgc0119160_20512527.jpg

c0119160_2051378.jpg


c0119160_2113112.jpg


                              「山梨県の富士山」(中編)の記事はコチラから

富士山は世界文化遺産登録を目指し、今年1月下旬、鎌倉と一緒にユネスコへの推薦書が提出されました。正式登録への実現時期を見計らって、次回「山梨の富士山」(最終編)を掲載致しましょう。

c0119160_2164312.jpg

      ........(左)満開桜から覗く南ア地蔵岳 (右)貫録の神代桜(実相寺の境内より).....
c0119160_21112118.jpg
c0119160_21114155.jpg

冬が長ければ長いほど、春を待ちのぞむ心は募り、桜開花時期の到来は人一倍嬉しいものです。
今年の神代桜の満開はGW初めかな・・?東北も満開時期に重なり大いに人出で賑うことでしょう。

c0119160_21142282.jpg


冬から春の甲斐自然風景を多く掲載してきましたが、今回は身延・昇仙峡・白州・勝沼エリアの絶景を紹介を漏らしてしまいました。またおいおいと追加で紹介していきたいと思います。次回の甲斐の国探訪は、「山梨のうまいもん」(ワイン工場・ほうとう・鳥もつ・煮あわび等)紹介記事にする予定です。


          ......再び「航空学園の冬富士」、芸術的な雪煙でした。(09/12月).....
c0119160_21153135.jpgc0119160_21154850.jpg








c0119160_21161250.gif

                              「山梨県の富士山」(前編)の記事はコチラから



                                                         おわり





次回は「東京スカイツリー歌川国芳ミステリー」をお送りします。
c0119160_21233666.jpgc0119160_21331147.jpg





c0119160_21301022.jpg

  by rollingwest | 2012-03-26 16:58 | 旅の風景 | Comments(65)

<2011年8月2日>謙信・信玄ゆかりの地を行く(その3)&甲斐の国探訪(その3)



★甲斐の国探訪といえば・・、やはり「武田信玄」


3年前、仕事の関係で甲斐の国を多く訪ねる機会に恵まれました。山梨県は面積4465㎡(全国32位)、山に囲まれる狭い甲府盆地を中心に13市が押しクラ饅頭のように犇めいています。新たな市名が多く甲府や韮崎は別にして馴染みのない名前ばかり・・。平成市町村合併の弊害ですかネ~。ようワカラン・・


  .....(左)平成大合併山梨県には馴染みない新設市が乱立 (右)甲府周辺の見所spot.....
c0119160_18192191.gifc0119160_18194836.jpg
c0119160_18201420.gif


                                      甲斐の国探訪シリーズはコチラから


甲斐の国といえばやはり「武田信玄」を抜きに語ることはできません。「人は城、人は石垣、人は堀、情は味方、仇は敵なり」・・、地元領民を守ることを優先とし治水事業・新田開発に力を尽くし、金山採掘での莫大な資金獲得、士気高い軍事力の増強。正に名経営者の鏡、山梨県民が崇敬する伝説の武将!

c0119160_18254927.jpg


甲府駅を降りると駅脇に堂々たる「信玄公」が鎮座し睨みを利かせています。「甲斐の国をいつまでも見守り続けるぞ・・」と迫力ある姿は頼もしい。4月には「信玄公祭り」が行われ「風林火山」の幟をたなびかせた武者行列絵巻が繰り広げられます。山梨の人達は「信玄公」を深く尊敬している気がする。


     ....(左)甲府駅前に鎮座する「信玄公の銅像」(右)信玄が旗に掲げた「風林火山」.....
c0119160_18372687.jpgc0119160_18375048.jpgc0119160_1836443.jpg








c0119160_18381228.jpg


     ........4月上旬に行われる「信玄公祭り」、騎馬の武者行列が甲府市内を進んでいく。.....
c0119160_20195486.jpgc0119160_20201225.jpg
c0119160_20202980.jpg


小生は越後出身なので当然「上杉謙信」ファンですが、09年末の帰省時に信州「川中島の合戦地」と越後の「春日山城」を訪ねました。両雄に所縁ある地は、数年前から意識して訪れるようにしています。


                            「謙信・信玄ゆかりの地を訪ねて」のシリーズはコチラから





★「武田神社」:信玄が拠点を構えた「躑躅ケ崎」居館跡


甲府駅から北に裾野坂を上がっていくと、高台から市内を見守るように信玄公を祀った「武田神社」が鎮座しています。大正8年、大正天皇の即位を契機に創建されました。この地は武田氏三代が63年間に渡って国政を執った「躑躅ヶ崎」(tsutsujigasaki)の居館跡であり国の重要史跡に指定されています。


            .......「武田神社」の本殿、入口には「風林火山」の幟がはためく.....
c0119160_20443634.jpgc0119160_2045718.jpg

c0119160_20453371.jpg


「躑躅ヶ崎」の居館は戦国大名の中でも全国最大級の規模を誇るとのこと。この館には信虎・信玄・勝頼の三代が居住しましたが、この親子の間にもいろいろ相克のドラマがありましたネエ・・。息子の信玄から故郷を追われた父・信虎が哀れに思われますが、親に対する非情も信玄の活力となったのかも・・


       ........武田神社の「石灯籠の道」は見事!「躑躅ケ崎」は(武田氏三代の居館跡).....
c0119160_21113297.jpg

館跡には堀・石垣・古井戸が残り、石灯籠の連なる道、数百種の樹木が四季折々の風景を見せます。庫裡玄関には立派な「風林火山」の屏風があり、お堀には水鳥が優雅に泳いでいました。honobono・・


       ........(左)信玄の入道姿  (右)「躑躅ケ崎館」のには「風林火山」の屏風が・・.....
c0119160_21135793.jpgc0119160_21142369.jpg
c0119160_21151057.jpg


神社を出ると高台からは甲府の街が見渡せます。躑躅ヶ崎館には、戦国大名の城のような立派な石垣はありません。まさに「人は石垣」、強固な家臣団の忠誠心が名武将を支え守ってくれたのでしょう。


     .......(左)お堀を優雅に泳ぐ水鳥 (右)高台の武田神社からは甲府市内が見下ろせる。.....
c0119160_21194457.jpg
c0119160_21204091.jpg





★信玄の菩提寺「恵林寺」(erinji)


信玄の菩提寺として有名な「恵林寺」は、「夢想国師」(鎌倉末~室町初期の臨済宗の高僧)によって開山されました。簡素で美しい外観を誇り、参道の赤門は重要文化財に指定されていまする。境内の広さは何と3万㎡!信玄公の墓所には戦国時代ファン(最近は歴女?)が多く訪れるとのことです。

c0119160_2222144.gif
     .......信玄の菩提寺「恵林寺」は快川和尚「心頭滅却すれば火もまた涼し」と唱えた寺.....
c0119160_21315557.jpg
c0119160_21321481.jpg


戦国時代、信玄から寺領を寄進され寺勢が高まりましたが、武田氏滅亡後は、織田軍の焼討ちに遭いました。その後、徳川家康により再興され今に至ります。寺ん勢、常に塞翁が馬・・?(oyaji gayag・・寒)


        ........(左) 恵林寺のお堂と三重の塔  (右)立派な庫裡(kuri)をもつ寺務所.....
c0119160_2138267.jpg
c0119160_21382059.jpg


恵林寺の社務所は立派な庫裡建築を誇っています。京都では大規模のものは有名な寺で幾つか見ることができますが、山梨県の寺ではこれほどの大きな庫裡を見ることはなかなかありません。


    ....... 庫裡の庭には「平等性智の前庭」。鬼瓦が鎮座し、鶏が放し飼いにされていた。.....
c0119160_21422763.jpgc0119160_21425253.jpg






c0119160_2143122.jpg


恵林寺を訪ねるにはJR塩山駅が最寄りの駅ですが、駅前にも見所がありますのでもう一つご紹介。
「甘草屋敷」と呼ばれる広い庭を持つ旧高野家住宅があります。ここは豪農の邸宅だったのでしょう。
調べてみると高野家は、江戸時代に薬用植物である甘草の栽培をして幕府に納めていた家とのこと


         ........ 重要文化財旧高野家住宅「甘草屋敷」の立派な外観と大広間.....
c0119160_2225165.jpg
c0119160_22252270.jpg


       .......JR塩山駅前には立派な名家の屋敷、ここにも「信玄像」が鎮座していた。.....
c0119160_2229880.jpg

c0119160_22323853.jpgc0119160_22325971.jpg

帰りはJR塩山駅から乗車し東京へと戻ります。おっ、ここにも信玄像が座して睨みを利かしている!
ところで塩山は合併で何市になったんだっけ?「甲州市」・・。冒頭にも嘆きましたが、山梨市・甲斐市・中央市・笛吹市、ア~モ~、さっぱりわからん!昔の地名(塩山・勝沼・石和)の方が余程イメージが湧く。





★甲府市内の歴史深い古刹

c0119160_2282826.gif

甲府市内にも歴史ある素晴らしいお寺が沢山ありますが、甲府市内にも何と善光寺があるのです。長野善光寺と形はソックリだが、でも色はオレンジに彩られて全く違う!ここに鎮座した由来は、信玄が「川中島合戦」の際、善光寺の焼失を恐れ本尊如来や諸仏宝類を甲府に移し奉遷したことに始まります。

                          
  ......「甲斐善光寺」はオレンジ色が特徴的!川中島合戦前に長野「善光寺」から宝物が移された。.....
c0119160_2293396.jpgc0119160_2294886.jpg



c0119160_22101589.jpg


確かに川中島合戦時の戦陣配置を確認すると、信玄は海津城に陣を張っており、信濃善光寺は上杉謙信側の拠点となっている。合戦開始前に多くの宝物を甲斐に持ち出したとは・・、何としたたかだネ~


   ......(左).本家・長野「善光寺」は渋いこげ茶色 (右)川中島合戦の善光寺の位置地図.....
c0119160_22185725.jpg
c0119160_221919100.jpg


金堂中陣天井(吊り天井)には、巨大な「鳴き龍」が二匹描かれています。その下に立ってパン!と手を叩くと不思議なビィーンという反響音を聴くことができます。これぞ「鳴き龍」の名の所以なのであります。


       ......甲斐善光寺の本堂には、吊天井の「鳴き龍」。多重反響現象による共鳴音.....
c0119160_6281845.jpgc0119160_6324067.jpg






c0119160_6331536.jpg


甲府市内にある「酒折の宮」の歴史由来は相当古い!日本武尊が東夷平定の帰りに「酒折の宮」にて慰労宴を行い、武者達に連歌問答した言い伝えから「連歌発祥の地」と云われ、石碑も残っています。


       .......(左) 日本書紀に記載される「酒折の宮」 (右)「連歌発祥の地」の石碑.....
c0119160_715383.jpgc0119160_716446.jpg




c0119160_7162473.jpg



甲府駅の北口近くに「五重の塔」があるのを御存知ですか?注意していないと気づきませんが、電車の窓から見ることができます。信玄が追放した父・信虎の妻の菩提寺「長禅寺」境内に聳えています。自分の夫が、息子と憎しみ合い故郷を追われた悲劇を見て「大井夫人」は相当涙を流したことでしょう。
c0119160_8302346.gif

     ........(左) 「長禅寺」正門 (右)甲府駅前近くに立つ五重の塔(中央線車窓から見える).....
c0119160_8291455.jpgc0119160_829305.jpg







★その他、信玄に所縁深い寺社・史蹟


最後に甲府を離れたエリアの信玄に所縁深い寺社史跡を追記します。まずは「甲斐・浅間神社」、「せんげん」様は富士山を崇敬する神社ですが、笛吹市(甲府市の東)にあるこの神社は「あさま」と読むようです。甲斐の国を治める者にとって富士は正に守り神・・!本殿には雄々しい富士の雄姿の額縁が・・


       .......信玄が崇敬した「甲斐・浅間神社」には、富士山の額縁が飾られている。.....
c0119160_2152120.jpgc0119160_21562822.gif


c0119160_839124.jpg

信玄の軍師はご存知「山本勘助」。彼の生涯は謎に包まれますが北杜市山本家に「勘助の墓」がありました。信玄と側室「湖衣姫」との間に入り、主君に忠誠を尽くしながら姫を恋い慕う勘助がいじらしい。


    ...... 「山本家」(北杜市高根)の庭に眠る「山本勘助」の墓(一般公開されていなかった).....
c0119160_20122418.jpgc0119160_2011379.jpgc0119160_20115841.gif




c0119160_20104566.jpg


そして故郷・諏訪の地を攻められ、信玄の側室にされてしまった「湖衣姫」(諏訪御料人)、信玄を憎み続けながらも信玄の後継者・勝頼を生んだ悲劇の姫。その墓は当然、諏訪湖近くで祀られていました。
この訪問記事は諏訪シリーズで紹介したいと思います。いつになるかわかりませんが・・、多分来年以降


    ......信玄の最愛の側室「由布姫」に所縁が深い「小坂観音」(諏訪市)の神社本殿.....
c0119160_2054360.jpg

        .......「諏訪御料人」(由布姫、湖衣姫)は静かな諏訪の杜の中で眠っていた。.....
c0119160_2035373.jpgc0119160_20322110.jpgc0119160_2122988.jpg






c0119160_20353068.jpg


戦国時代のTVや映画では無敵の「武田騎馬軍団」が有名ですが、実際には存在しなかったという説が有力。ポニーの如く脚の短い甲斐駒に跨った騎馬武者一人に対し、数人の農民が周りを固めた歩兵単位で行動していたらしい。ドラマではそんな姿じゃ絵にならんので脚色されているのかもネ・・(苦笑)


        .......(左)「武田二十四将」と騎馬軍団 (右下)甲府駅前の「ライトアップ信玄」.....
c0119160_2129512.jpgc0119160_21292317.gifc0119160_2130749.jpg

c0119160_21303945.gif


c0119160_21305683.gif

c0119160_21311281.gif


でも忠誠心の篤い「武田二十四将」のもとで農民を組織的に駆使したことは事実。やはり地元をよく治め、戦に勝てば人民に還元する姿勢がモチベーションUPに繋がって、強力なる軍団が築けたのでしょう。
信玄と謙信、こらからも2大英雄(優れたライバル同士)の史蹟訪問の旅を少しずつ紹介していきますネ。

c0119160_21413476.jpg




                                                          おわり





次回は、岐阜の200名山「大日ケ岳」&「郡上八幡」の記事を紹介いたします。
c0119160_21445198.jpgc0119160_214585.jpg

  by rollingwest | 2011-08-03 00:00 | 上杉・武田の史蹟めぐり | Comments(46)

<11年1月22日>甲斐の国・探訪(その2): 山梨県の富士山(中編)

                                                                   甲斐の国・探訪(その1)山梨県の富士山(前編)より続く



★富士吉田と富士急行


前編では吉田の火祭りや浅間神社を紹介しましたが、まだまだ富士吉田市からの記事は続きます。
中編は、富士急関連情報・地元名物吉田うどん、富士山レーダードーム館レポートをお届けします。


        .....富士吉田から仰いだ朝の冬富士、クローズアップ(10年1月)....
c0119160_1604546.jpg

富士山への電車アプローチは富士急行が便利。09年8月、開業80周年を記念し「富士登山電車」という観光列車(大月~河口湖間)の運行をスタートさせました。まだ乗ったことはありませんがこの車内の内装写真を見ると豪華!今年夏に富士吉田駅を「富士山駅」改名して相当リキが入っているなあ・・



  .....(左)7月、富士吉田駅を「富士山駅」に駅名変更 (中・右)「富士登山電車」、お洒落な内装....
c0119160_21353237.jpgc0119160_21364959.jpgc0119160_2137527.jpg


富士急オーナー会長は堀内光雄氏、衆議院議員10期当選(労働、通産大臣、自民党総務会長歴任)の大物政治家(宏池会派閥長も経験)。09年衆院選挙では民主党旋風で落選してしまいましたが・・


        ......(左)富士吉田の周辺地図  (右)富士急のドン・堀内光雄オーナー....
c0119160_21424874.jpgc0119160_2143764.gif

c0119160_2159166.jpg


c0119160_21432945.jpg


富士急ハイランドには広い屋外スケートリンクがあります。30数年前に学生仲間と行き、初スケート体験をしましたが転んでばっかりいたなあ・・(苦笑) 富士急所属の五輪名選手といえば橋本聖子や岡崎朋美が有名です。岡崎選手は子供が生まれましたが次の冬季五輪も目指すというから偉いなア・・


  ....富士急スケートリンク橋本聖子(参議院、日本スケート連盟会長)、岡崎朋美の五輪名選手輩出....
c0119160_2271936.jpgc0119160_2275633.jpg






c0119160_2281059.jpg



富士急ハイランドは、世界ギネス級ジェットコースター「フジヤマ」(最大落差70m)や「ドドンパ」「鉄骨番長」など絶叫マシンを次々に投入、常に高い集客力を誇ります。全国各地で旧来型遊園地が苦戦する中で健闘を見せるのは、広大な土地に雄大な富士絶景を見ながら絶叫できることが大きな魅力からなのかも・・


    ....富士急ハイランド(2006年)、最近娘はもう殆ど親父に付き合ってくれないネ~(苦笑)....
c0119160_22195576.jpgc0119160_22202452.gif
c0119160_22205649.jpg



    ....富士山と富士急ハイランド絶叫マシン、最大落差70mフジヤマ心臓が止まりそう・・....
c0119160_22353937.jpgc0119160_22365416.jpgc0119160_2236319.jpg

先にレポートしたように富士山登山が若者の間で大ブーム、中国など世界各国から富士の雄姿に惹かれ富士吉田への観光客数は着々伸びています。そのトレンドを察知し「富士山登山鉄道」の運行開始、富士山駅改名など効果的な設備投資で集客を目論む辺り、この電鉄会社は結構したたかなのかも・・






★吉田うどん、これぞ真のB級グルメ!


富士吉田では「吉田うどん」をよく食べました。 麺は太いものが多く、非常に固いことが特徴です。喉越しではなく、噛み応えを重視した麺が好まれます。切り方も野性味溢れた感じがしてチョッとワイルド・・


          .....吉田うどんの名店「美也樹」。ここはいつも行列が・・。.....
c0119160_6263342.jpg
c0119160_6265523.jpg


多くの店は味噌と醤油による汁を使用しています。(うどんの汁で味噌の味を主体は珍しいかも・・)
手打ちという手のかかる製法でありながら、一杯300~350円程度の超低価格を維持していることが素晴らしい!桜井うどんと白須うどんが最も古い吉田のルーツ店と語られることが多いようです。


                .....老舗「白須うどん」は普通の民家のよう、広いお座敷.....
c0119160_6294140.jpg
c0119160_6295766.jpg


民家広間を使い家庭的な雰囲気の店が多い気がする。富士吉田は農作物に恵まれず保存が利く食材を大事にしてきた歴史が受け継がれます。最近B級グルメブームに乗り、俄か作りで街おこし目的メニューが生まれてるけれど、吉田うどんの様な名物こそ脚光を浴びるべき地元B級グルメだと思うなア・・





★「富士山レーダー」建設・プロジェクトX


小生が初めて富士山を登った98年7月、頂上剣ケ峰には真っ白いドームの「富士山レーダー観測所」がまだ雄々しく聳えていました。しかし気象衛星時代が到来し、翌年ついに観測所は閉鎖。日本最高所の厳寒環境の地から、35年間にわたって日本気象観測の最前線的な役割を果たし終えたのです。


     .....(左)富士山レーダードーム館  (右)昔、山頂にあった頃の光景(影富士とレーダー).....
                                                         c0119160_1674727.jpg
c0119160_1682850.gif


c0119160_1693369.jpg





c0119160_17352992.jpg


2000年3月スタートした「プロジェクトX ~挑戦者たち」(NHK制作ドキュメンタリー番組)、 記念すべき第1回は「富士山レーダープ゚ロジェクト成功物語」でした。今から11年前の番組ですがシッカリ記憶に残っている。


     ....富士山レーダーの設置プロジェクト成功物語は「プロジェクトX」第一回で取り上げられた。.....
c0119160_1619687.jpg
c0119160_16193552.jpg




c0119160_1620872.jpg




    【それでは「プロジェクトX」の番組再現、田口トモロヲ風に穏やかなナレーション開始!エ~ックス・・!】
                                             

 
1959年、伊勢湾台風は死者行方不明者を5千人も出す記録的な大災害となった。これを教訓に台風の動きを早期探知することが求められ、気象庁の事業計画として富士山にレーダーを設置することが決定された。気象庁測器課長・藤原寛人はそのプロジェクト中心メンバーの一人に選ばれていた・・


    ....富士山レーダー模型、頂上観測し続けたレーダーは台風観測で災害予防の役割を果たした.....
c0119160_16395680.jpg
c0119160_16403273.jpg





c0119160_16404627.jpg

電機メーカー、測量・建設会社技術者達のプロジェクトメンバーの前に立ちはだかった大きな壁は、冬富士山頂の想像を絶する程の厳しい気象条件だった。氷点下20℃最大風速100mの突風が吹き荒れる場所、最新鋭の気象レーダーを建設することは当時の技術では不可能にも思える至難の大事業だった・・


     ....冬富士の猛烈な気象条件、凍りついた斜面は滑落危険に晒される(ネット写真拝借).....
c0119160_16531760.jpg
c0119160_16533524.jpg


最初は建設資材を人馬で荷上げしたが、500t重量物を全て短期間では不可能だった。ブルドーザーやヘリコプターでの運搬に切り替え再度挑戦。当時、日本は東京五輪を翌年に控え空前の建築ラッシュ。こんな厳しい環境で苦労して働きたくないと辞めていく多くの作業員を説得し引き留める毎日だった・・
 

   .....資材搬送の試行錯誤(①馬で担ぎ上げる⇒②ブルドーザーで登る⇒③ヘリコプター搬送).....
c0119160_1658398.jpgc0119160_16583181.jpgc0119160_1659065.jpg


c0119160_16594668.jpg

ドーム骨組み(重さ620kg)はヘリコプターで一気に山頂に運ぶ計画を立てたが、乱気流が渦巻く頂上部は墜落の危険が高く、誰も運搬操縦する者がいない。そこに名乗り上げたのは海軍航空隊出身の神田真三である。しかし気圧が不安定な日々が続く。乱気流を避け、いつ決行するかが最大問題だった・・


             .....(左)乱気流で危険、ヘリコプター搬送 (右)映画になった「富士山頂」.....
c0119160_17165461.jpg
c0119160_17171732.gif



c0119160_17324479.jpg


気象庁で指揮取る藤原が天気図をにらみ続けていた。藤原は気圧配置を読み取り、ヘコプター空輸の決行日は8月15日しかな いと判断し指示を出した。神田が操縦するヘリコプターはドームを吊り頂上部へと飛び立って行く。ついにレーダードームは富士剣ヶ峰に初めてその姿を記すことが実現したのだった・・


  .....プロジェクト中心メンバー、気象庁・藤原寛人・測器課課長は退官後、あの有名作家に転進.....
c0119160_1746635.jpgc0119160_17463290.jpg





c0119160_1747110.jpg


伊勢湾台風の無念から5年、気象庁・藤原らの執念は9千人を巻き込む大プロジェクトとなり、空前の難工事を成功させた。1964年9月、富士山レーダーはついに動き始めた。 全員協力体制の結実だった。藤原寛人は1966年退官、作家生活に入った。『新田次郎』、小説「富士山頂」の著者その人である・・


    .....新田次郎の山岳小説・歴史小説は30刊にも及ぶ。若い頃によく読んだものだなア・・。....
c0119160_17585531.jpgc0119160_17592585.gifc0119160_180360.jpg






c0119160_1802989.jpg






c0119160_180486.jpg


気象庁在職中に「強力伝」で第34回直木賞受賞。その後も山岳小説や歴史小説を通じ日本人の夢と挑戦の物語を書き続けた。1980年没、享年68歳・・。男たちのドラマは今も語り継がれている・・。


    ....(左)挑戦者たち (右)引退レーダーは04年にドーム館として復活、富士吉田で第二の人生.....
c0119160_18153578.jpg
c0119160_1816640.jpg

           ◆  ◆  ◆   ◆  ◆  ◆   ◆  ◆  ◆   ◆  ◆  ◆  ◆  ◆     



・・・~なんてね。田口トモロヲ風を気取るのもこれで終わりジャ、それでは第1回の放送を御覧下さい。
素晴らしい山岳小説を著した巨匠・新田次郎、作家転身前にこんな大きな仕事をしていたと再度認識
ちなみに新田次郎の息子は藤原正彦(日本の有名な数学者)で「国家の品格」の著者でもあります。


               「プロジェクトX挑戦者たち」の主題歌:「地上の星」(中島みゆき)
                    

今から50年前の高度成長時代、日本が発展し続けてきた基礎には先人達の挑戦歴史があったからなのですね~。本当にスゴイことです・・。 PJ・X~! ♪風の中のす~ばる、砂の中の銀河~!草原のペガ~サス、街角のビーナス~♪…///…♪ヘッド・ラ~イト、テール・ラ~イト、旅は~まだ終わら~ない~♪




                                 過去に公開した「富士山」の記事はコチラから



                                                        つづく



*「山梨富士レポート」はあと1回、富士五湖や青木ヶ原樹海周辺エリア等を紹介する予定。世界遺産登録が決まった時にお祝いで紹介したい思っております。
c0119160_6573749.jpgc0119160_6575765.jpgc0119160_6581669.jpg





次回は、【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅シリーズ】(その1):牛久・霞ヶ浦・土浦・笠間編をお送りします。
c0119160_714920.jpgc0119160_715930.jpgc0119160_7152645.jpg

  by rollingwest | 2011-01-22 00:00 | Comments(52)

<11年1月11日>甲斐の国・探訪(その1): 山梨県の富士山(前編)

                                                                  ★富士は日本一の山~♪
                      
11年1月11日、1尽くしの日です。日本一の山「富士山」で今年の初めを飾る記事といたしましょう。初夢で最も縁起の良いと言われる富士山は日本人の心のルーツ、過去何回か富士山記事を紹介してきましたが、まだまだ書き切れていませんねエ。何度観ても飽きない・・♪「富士は日本一の山~」

c0119160_16224618.jpg

                                 過去紹介した「富士山特集の記事」はコチラから

小生はかつて静岡市に3年間(1999-2001)住んだので駿河の富士は馴染み深かったのですが、山梨県側からの富士山表情は、登山以外では縁が薄かったような気がします。しかし2年前に仕事の関係で山梨エリアも担当となり、そのチャンスも生かして山梨富士の美しさも十分知ることができました。


    .....(左)中央道から撮った冬富士(10年1月) (右)富士吉田側より冬富士・クローズアップ.....
c0119160_1731173.jpgc0119160_17312412.gifc0119160_17313917.jpg

c0119160_1732440.jpg




c0119160_1743214.jpg


今回記事は主に山梨の目線で名峰富士の姿を3回に分けて紹介してみたいと思います。前編は、山梨各地からの富士のさまざまな表情・富士登山・火山を鎮める浅間神社の紹介。中編は富士山観測レーダーの歴史・河口湖周辺の光景・樹海周辺の風景などを中心に紹介、そして後編は富士山が世界遺産に目出度く登録が決定した時にお祝い記事(富士五湖・樹海周辺)を掲載したいと思います。

c0119160_22443875.jpg




★山梨各地からの富士のさまざまな表情


静岡・山梨両県は富士山を共有する間柄であり、お互い富士山を巡りライバル意識を燃やしていますが、それぞれ味わいがあり甲乙はつけ難いと思います。秀麗な姿の美しさでは山梨富士に軍配が上がる気もしますが、静岡が優位な面(駿河湾とのコラボ、東海道五十三等、歴史深さ)も多くあるなア


 ....(左)甲府市内ホテルからの夏富士は頭だけ覗く (右)日本航空学園滑走路に聳える富士......
c0119160_1875111.jpgc0119160_1881376.gif


c0119160_1883924.jpg


富士山は山梨と静岡で形が変わりますが、同じ山梨でも見る場所によっても様々な表情を見せます。甲府市内からの富士は、前衛の山が名峰全景を遮り裾野の広がりが今一つのようにも思える・・


   ....(左)河口湖から見た満開桜と富士(10/月) (右)河口湖大橋・夕暮富士(09年7月)......
c0119160_18155887.jpgc0119160_18162075.jpg



c0119160_18164065.jpg


小生はやはり富士吉田や河口湖から見る富士山が一番気に入っています。滑らかな裾野に広がりを持ち頂上部も美しく秀逸!本栖湖からの富士山も五千円札・絵柄になっただけあり素晴らしい!


      .....本栖湖からの富士山は、湖の静けさ・雰囲気がいい!(01年5月)......
c0119160_18215419.jpg

山梨富士に電車でアプローチする場合は富士急に乗ると便利。 今年7月から富士急「富士吉田駅」は「富士山駅」と名前を変えるらしい。ご当地こそが富士玄関口という自負を持っているからでしょう。


   .....(左)富士吉田駅より雪煙  (右)富士スバルライン入口からの大雪煙(09年12月)......
c0119160_1823553.jpg
c0119160_18231829.jpg


登山では南アルプス・奥秩父から何度も山梨富士を眺めましたが、今まで一番間近で感動的な富士だったのは10年前の南アルプス・笊ケ岳(ザルガタケ)からの光景!夕暮れと日の出が素晴らしかった~!


   ....01年秋、笊ケ岳登山のテントから見た富士、夕暮れに・・孤高名峰が感動的だった!......
c0119160_18265123.jpgc0119160_1956174.jpg





c0119160_19344974.gif

c0119160_1925898.jpg

笊ケ岳(2629m)は山梨西部(静岡県境)の200名山ですが、ここから見る富士山(手前は身延・朝霧高原)は遮る山がなく霊峰が孤高の姿で見えるのです。標高日本一の富士と同じ目線で俯瞰できる錯覚にも陥ります。笊ケ岳へのアプローチは厳しいですが、富士・南アルプスの大展望台の山でした。


   ....翌朝、笊ケ岳登山道から富士山&日の出を撮影、今も忘れられないネ~!(01年9月)......
c0119160_1952155.jpg
c0119160_2047599.jpg





★富士登山が大ブーム


登山に殆ど興味ない人でも、富士山だけは一度登ってみたいと思う名峰。今、若者を中心に富士登山が大ブーム(山ガールも闊歩)になっています。夏シーズン登山者は何と40万人(2/3は山梨側より)にもなっているとのこと。夏の夜の富士山はヘッドランプで光の行列がジグザ゙グ状態で連なります。


     .....(左)夏の富士登山は大行列  (右)富士登山ブームを報じる写真......
c0119160_20142474.jpg
c0119160_2018675.jpg


小生も今から13年前に初めて富士山を富士宮(静岡県)から登りました。5合目から登り始め初日は九合目小屋に宿泊。翌日はヘッドランプで早朝に登頂し、日本一のご来光を体験するコースでした。


    ......会社仲間と富士山初登頂!(98年7月) 高山病に罹い、苦労登山だった。......
c0119160_20521479.jpg
c0119160_20412052.jpg

         ......98年7月、富士山頂から仰いだ美しいご来光は感動的だった!......
c0119160_2059474.jpg

結果的に念願叶い素晴らしい日の出を拝むことができましたが、前日九合目小屋で完全に高山病に罹ってしまい、吐き気と闘いながらヘロヘロ状態の登山でした。3776m空気は本当に薄かった~


      ....富士山の山肌はまるで月面クレーターのよう、頂上火口はお鉢めぐりができる。......
c0119160_21161644.jpgc0119160_2117589.jpg




c0119160_21154079.jpg
頂上お鉢巡りもしましたが、頭がガンガン痛くて見渡すばかりの殺伐風景(溶岩に覆われた火口)の中を歩いても辛いばかり・・。この時「富士山は登る山でなく見る山だなア・・」つくづく思ったものです。


     .....ご存知「山ガール」、富士吉田から登山コース(イラスト地図はクリックで拡大表示)......
c0119160_2138535.jpgc0119160_21392826.jpg
c0119160_21394577.jpg


でも富士登山はいつかもう一度挑戦してみたい。やはり富士吉田の浅間神社に参拝した後、正規ルートで登らないと一丁前に富士山を語る資格はないかもしれない・・というような気がしています。
次回は、高山病にならないようユックリ歩いて体を慣らすか、酸素をこまめに補給して登ろうと思う。




★富士の火山爆発を鎮める「富士浅間神社」


夏山登山終了の8月末に「吉田の火祭り」が行われます。日本三大奇祭の一つと云われ「北口本宮・浅間神社」や「富士講」(江戸末期からの霊峰富士を崇めて登る信徒組織)を主体として、松明(taimatu)が焚かれる幻想的な行事。この祭りを見るともう山閉まい・秋到来だと感じます。


    ......吉田の火祭り(日本三大奇祭)、松明点火され、祈りの行者が列を連ねる。......
c0119160_21571666.jpgc0119160_2157362.jpgc0119160_21575727.jpg

c0119160_21584876.jpg

富士講」信者が登山前に必ず参拝する「北口本宮富士浅間神社」は10年前に初めて訪ねました。鬱蒼なる巨木杉がそそり立ち、長い350m参道の威厳ある神社、浅間はせんげんと読みます。


      ....富士山の怒りを鎮めるために建立された「北口本宮・冨士浅間神社」......
c0119160_2263589.jpgc0119160_227726.gif



c0119160_22733100.jpg

c0119160_20352093.jpgc0119160_20354290.jpg

静岡市や富士宮市にも「浅間神社」があります。静岡勤務時代に娘の七五三で地元鎮守・浅間神社に参拝しましたが実に歴史・威厳ある社でした。富士宮も富士山の立派な大社があるり市名の由来になっています。当時は富士山を祀る神社が何で浅間という名前なのだ?と疑問に思っていました。


     .....(左)静岡浅間神社の本殿  (右)娘の七五三は当神社で祝う(00年10月).....
c0119160_22205993.jpgc0119160_222137100.gif


c0119160_2222494.jpg
  ......(左)富士宮浅間大社(静岡県)本殿  (右)大社が本宮、湧玉池という湧水池がある。......
c0119160_22335845.jpgc0119160_22332136.jpg

浅間(sengen)の語源はやはりアサマ、古語で火山を意味します。(アソやウスも同様)そのルーツは各地の有名火山に残され、浅間山(長野)・阿蘇(熊本)・有珠山(北海道)の呼び名に変化しています。火の怒りを鎮める神社、浅間山(活火山)との共通キーワードだったのかと気付いたのは数年前のこと。


  ....(左)木花開耶麻姫命を祀った富士御室浅間神社(勝山) (右)石灯篭参道.......
c0119160_22443879.jpgc0119160_22451746.jpg



c0119160_2246880.jpg

富士吉田にもう一つ浅間神社があることを昨年春に発見!2合目勝山地区にある「冨士御室浅間神社」。699年に勧請されたとの言い伝えがあり、富士山近辺では最も古い神社とされています。


       .....村上天皇が建立した里宮、桜が満開でした。(10年4月).....
c0119160_22553644.jpgc0119160_2256750.jpg

祀られるのは「木花開耶姫」(konohanasakuyahime)で水の女神のこと。ナ~ルホド・・、水が火を消すって訳か・・!富士山は古代から何度も大爆発を繰り返してきました。姫の鎮めが十分効いているのか、江戸時代の宝永大噴火以来、富士山は現在おとなしくしている。今後も暴れないよう願います。


   .....(左)御室大権現の神石 (中)木花開耶麻姫命 (右) 拝殿賽銭箱は富士と桜デザイン.....
c0119160_231559.jpg


c0119160_2322543.jpg
c0119160_2324030.jpg


富士浅間神社近くには「忍野八海」(oshinohakkai)と呼ばれる素晴らしい湧水里があります。富士講導師は「御師(oshi)」と呼ばれますが「忍野村」は「御師の村」という意味なのかもしれない。
     

       ....信じられないくらいの透明度をもつ富士の湧水「忍野八海」.....
c0119160_23241371.jpgc0119160_7273432.jpg

c0119160_23262111.jpg
c0119160_23264130.jpg

忍野八海の湧水は山梨の桂川となり、相模湖・津久井湖・宮ケ瀬湖のダムに貯えられ神奈川県水源となっています。神奈川は渇水に困らない県で水も美味しいと云われますが、な~るほど豊富な水源は富士湧水なのだから頷ける話。(静岡も同様) 水のありがたさを知り、またも富士山に感謝!


       ......再び、富士吉田側の冬富士、やはり裾野が広く美しい容姿......
c0119160_23463934.jpg



                                                         おわり
 



次回(中編)は、富士山レーダーの歴史(プロジェクトX)富士吉田関連の記事を中心に紹介します。   
c0119160_23501621.jpgc0119160_2215421.jpgc0119160_2216370.jpg
       

  by rollingwest | 2011-01-11 01:11 | 山紀行・名峰レビュー | Comments(60)