タグ:鎌倉探訪 ( 1 ) タグの人気記事

 

<2007年8月23日>金沢八景「称名寺」ライトアップ

横浜市の南東部・金沢区には「称名寺」という鎌倉時代に建立されたお寺があります。この寺の名前は知らなくとも「金沢文庫」という名を聞けばピンと来る方も多いでしょう。


このお寺のライトアップが8月下旬から始まったというNHKニュースを聞き、早速カミサンと見に行ってきました。なるほど・・・噂どおりの美しさ!薄暮の時から暗闇に向かう中、徐々に映えていく「光の移ろひ」は見る価値十分!皆様も是非とも訪れてみてください。

c0119160_19564390.jpg

「称名寺」は北条実時が13世紀中頃に創建した北条氏一門の菩提寺です。(隣接する「金沢文庫」は、実時が武家文献を集めて創設した日本初の私設図書館として有名)


すぐそばには海がありますが、三方を山に囲まれた小高い丘の中にあって、境内は浄土式庭園となっています。
c0119160_19572483.jpg

ここは「金沢八景」の1つで歌川広重の浮世絵にも描かれており、寺にある鐘楼は「称名晩鐘」と呼ばれて昔から地元の人々へ「時の音」を刻んでいました。 (Goh~n・・・)


.....↓歌川広重:金沢八景「称名晩鐘」、昔は海から見えたんですねエ(今は住宅街の中).....
c0119160_2016059.jpgc0119160_20163639.jpg☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆..... 「阿字ヶ池」に架かる朱塗の「反り橋、」正面は「金堂」。↑浄土庭園が再現されている。.....


浄土庭園で最も有名なものは京都宇治「平等院鳳凰堂」や平泉「毛越寺」ですが、それらと同じように極楽浄土を模した池や金堂が配置されています。(2つの有名なお寺と比べると、鎌倉文化らしく質素な佇まいでしたが・・・)

c0119160_2024359.jpg


このライトアップは数年前から行われているようですが、池の真ん中を渡るように朱塗りの弓形橋「反り橋」がオレンジ色に光り輝き、中央に建立されている「金堂」は青白く幽玄の世界のように浮かび上がります。
c0119160_20251450.jpgc0119160_20252915.jpg☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆18時前に境内に到着。(称名寺は道の狭い住宅街の中にあり、車で行く場合は事前に駐車場情報を調査しておくことがオススメ。でも平日ならば近くの空きスペースが運よくGETできるかも・・)

毎日続く猛暑の気温も夕方頃にはようやく収まり、虫の鳴く声も涼やかな聞こえます。それぞれの場所にはすでに、写真マニアと思える多くの人が三脚を据え付けベストポジション確保でそのときを待ち構えていました。

c0119160_20373632.jpgc0119160_20381366.jpg☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆照明が投影され始めた頃は、周囲がまだ明るい薄暮の中なので初めは光もそれほど目立ちません。しかし時間が経つにつれて朱色橋はオレンジ光の色を徐々に強めて、「阿字ヶ池」に映るもうひとつの半月弧と一緒に浮かび輝いてきます。


また正面入り口にある「仁王門」には、ふたつの「金剛力士像(阿形と吽形)」が憤怒の形相でこの浄土庭園を守護していますが、こちらの方も同時にライトアップが開始されました。

c0119160_20504752.jpgc0119160_20511581.jpg☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆暗闇が迫り来る中で、最初は薄蒼い感じだった力士像はオレンジに色を変えていき、だんだんと力強く照らし出されていきます。

c0119160_2054184.jpgc0119160_20543090.jpgc0119160_20544436.jpg☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆....↑(左)(中)称名寺の門前風景、(右)仁王門を守る2体の金剛力士像も闇で輝き出す。.....☆
c0119160_21275735.jpgc0119160_2128204.jpg☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆.....(右):口を開ける「阿形像」、(左):口を閉じている「吽形像」、「あうんの呼吸」の語源.....


池がある浄土庭園もすでに闇に包まれていきますが、シ~ンとした闇の中で時間と光が少しずつ積み重ねられていく「余韻美」は何ともいいようがありません。朱色だった「反り橋」は「光輝金色」、それに向き合う「金堂」は対照的な「静寂ブルー」、暗闇が深まっていく中でついに最後はこの2つの妖艶な光だけとなりました。

c0119160_2195337.jpgc0119160_21102263.jpg☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この背景のなかで「薪能」が舞われることもあるようですが、そのときはこの世のものとは思えないムードとなるのでしょう。幽玄の世界って一度体験してみたみたいものです。



実はこのお寺は「世界文化遺産」登録候補なのです。「武家の古都・鎌倉」は当初は「鎌倉市」だけで世界遺産申請の活動をしていましたが、10年前「逗子市」「横浜市」とタイアップし共同自治体での取り組みに拡大しています。(横浜市では「朝比奈切通」とこの「称名寺」の2つが登録候補) 奈良や京都のお寺のように、世界遺産ライトアップのお寺になればこの住宅街は観光客で溢れかえって大変になるだろうなあ・・。(余計な心配かな。)

c0119160_21111236.jpg

c0119160_21115513.jpg


完全に日が落ちて暗闇の中で浮き上がるライトアップも非常に美しいですが、夕暮れの薄明りの時から徐々に変化していく様を目に焼き付けていく方がより大きな感動が得られることでしょう! 

  一度体験されることをおすすめいたします。         
                                                     おわり

  by rollingwest | 2007-08-23 19:55 | 寺社・史跡・古道 | Comments(4)