タグ:exhibit レビュー ( 10 ) タグの人気記事

 

<2017年8月>上野・日本橋で夏の展覧会を楽しむ


c0119160_19061104.jpgc0119160_19065603.jpg
c0119160_19071835.jpg



★だまし絵の天才絵師・「アルチンボルド展」鑑賞!(国立西洋美術館)


8月の関東は雨が21日も連続記録した異常な夏・・、アウトドアを封印して2つの展覧会を上野と日本橋で堪能しました。一つ目は、昨年世界遺産登録された「国立西洋美術館」にて今話題の「アルチンボルド展」を鑑賞。国立東京博物館は何度も行っているRWですが国立西洋美術館は初体験です。


     .....西洋芸術に疎遠なRW。2016世界遺産登録された「国立西洋美術館」を初めて訪問!....
c0119160_19142215.jpgc0119160_19145303.jpg
c0119160_19152134.jpg


                             <2015年1月>「国立東京博物館&上野公園散策」

アルチンボルドは16世紀後半で繁栄を謳歌したハプスブルク家の宮廷で活躍したイタリア・ミラノ生まれの騙し絵を描く異彩の画家で、歴代の神聖ローマ皇帝に寵愛された驚異の演出家でした。


     .....今話題の「アルチンボルド展」は大人気!6月20日~9月24日まで開催中....
c0119160_19341474.jpg
c0119160_19350010.jpg
c0119160_19230792.jpg
c0119160_19233542.jpg


アルチンボルドは、果物・野菜・魚・書物・道具の素材を使い、我々が想像しえない組合わせで人物画を描いたことで有名。知と驚異、奇抜な発想が交錯する絵画はまるで暗号解きのようだ!これから紹介する館内風景や絵画は撮影禁止につき、インターネット公開写真にて掲載させて頂きます。


        .....(左)アンチンボルド肖像画  (右)最も有名な作品「四季」等が展示される....
c0119160_19420898.jpg
c0119160_21011103.jpg
c0119160_19445427.jpg
c0119160_19450779.jpg


代表作は春夏秋冬の連作「四季」。季節の花や果実の組合わせで人物横顔が描かれています。一番華やかな【春】は薔薇・芍薬・ヒナ菊・菫・百合の花が散りばめられている!野菜と果物の【夏】はトウモロコシ・茄子・桃・ベリー等、収穫の【秋】は栗・葡萄・カボチャ・鬼灯等、【冬】は樹木・茸・柑橘類で構成・・


     .......【】花のオンバレード、【】野菜・果物、【】野菜・木の実、【】樹木・茸・ 柑橘....
c0119160_19482180.jpgc0119160_19483748.jpgc0119160_19490587.jpgc0119160_19493248.jpg
c0119160_19495033.jpg


これに対峙する「四元大素」自然を構成する4要素が表現されています。【大気】(孔雀・インコ・アヒル・梟・鴉)、【水】(蛸・烏賊・海老・エイ・魚・蛙・兜蟹の水生生物、これが一番不気味!)、【大地】(ライオン・羊・鹿・犬・象・猿・猪・豹・トナカイ)、【火】(蝋燭・オイルランプ・燭台・炎・銃・大砲)発想の凄さ・奇抜さに驚愕


      .....【大気】鳥、      【】水生生物、      【大地】動物、      【】火器....
c0119160_20324861.jpgc0119160_20331856.jpgc0119160_20334895.jpg
c0119160_20341457.jpg


寄せ絵や騙し絵では、「歌川国芳」の浮世絵(人や猫で構成された作品)も有名。コチラは江戸幕府の表現自由制限に対する反発、反骨心・風刺の姿勢、かたやアルチンボルドは御用絵師として体制側の人だったという対比も面白い!しかし人を騙すユーモアや機智の高さ・洗練さは共通項です。


   ....騙し絵の天才・歌川国芳の浮世絵「みかけハこハゐがとんだいゝ人だ」「化け猫絵」....
c0119160_22042505.jpgc0119160_22055848.jpgc0119160_22062428.jpgc0119160_22064782.jpg

                      <2012年4月>「開業を待つ東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー」

     .....(左)ソムリエ(ワイン道具) (中)庭師、逆にすると野菜の器  (右)本で作った司書士....
c0119160_06452261.jpgc0119160_06463528.jpg
c0119160_06473037.jpg


            .....あ~実に面白かった!エントランスの物販コーナーは大賑わい....
c0119160_06514669.jpg
c0119160_06521776.jpg


今回展示会の訪問トリガーは昨年夏に世界文化遺産になった国立西洋美術館(巨匠コルビジェエ建築)も一度は訪問してみたかったのも事実。でも何だかなあ・・という印象でモヤモヤ感が晴れない。日本古来の文化歴史が濃厚に詰まった多くの候補地が推薦に向け苦労挑戦を続けているのに・・


 .....この建物が首都東京で初の世界遺産指定か~、他の候補地を思うと何か複雑な気持ち....
c0119160_06551047.jpg
c0119160_06554162.jpg
c0119160_06573599.jpg
c0119160_06580591.jpg


西洋美術館を出て敷地内の庭を巡って見ると素晴らしい銅像や彫刻モニュメントが多くあることに気づきました。やはり西洋アートの粋を集めた歴史的建築なのだナア・・さすが!と認識を深めた次第


     .....(左) 弓をひくヘラクレス  (下)ロダンの考える人地獄門 (右)カレーの市民....
c0119160_07252188.jpg
c0119160_07255250.jpg
c0119160_07023515.jpg
c0119160_07030703.jpg







★上野公園散策 (2017年夏風景)


      .....世界遺産美術館展示を十分満喫し、今度は夏の上野公園を散策....
c0119160_07000927.jpg
c0119160_07004127.jpg


上野公園散策は過去30回以上を数えたと思います。越後・東北人にとって昔は上京玄関口であり、年末帰省時はよく公園風景を楽しんだものだ。今は東京駅が始発に変わり、帰省も車主体となったことで上野は疎遠傾向・・、でも美術館訪問や下町散策するとやはり上野公園を巡ってしまう。


     .....国立東京博物館前の池は鮮やかな花に囲まれ、噴水芸術が繰り広げられている....          
c0119160_08204402.jpg
c0119160_08215804.jpg
c0119160_08221182.jpg


40年前の上野光景に比べると国際色が相当強まっていることを実感します。公園内を散策していると2割位は外国人観光客の印象、お花見の時期は中国人がワンサと押しかけ3~4割も増える印象、まさにインバウンド時代になってきた!中央広場はパキスタンの交流イベント・バザーが開催中でした。


          .....パキスタン交流のイベント会場を巡り、上野動物園の正門を通過....
c0119160_08240402.jpg
c0119160_08242025.jpg
c0119160_08255219.jpg
c0119160_08260937.jpg


上野といえばやはり動物園!今はパンダ赤ちゃんで話題独占!6/12にシンシンが自然交配(父親リーリー)で女の子を出産、上野動物園は全国の人達から注目され大人気となっています。


     .....北朝鮮ミサイル等で物騒な世の中、でもパンダ赤ちゃん誕生は大いなる癒しニュース....
c0119160_08284255.jpg
c0119160_08285974.jpg
c0119160_08304573.jpgc0119160_08445436.gifc0119160_08310684.jpg
c0119160_08313088.jpg


母親シンシンは順調に育児をこなしており、ベビーパンダは筍や笹の採食状況も良好でスクスクと育っています。政治・国際情勢で嫌なニュースが毎日飛び交う中で日本国民は大いに癒されているのでしょう。名前は現在公募中、選考委員会協議で9月下旬には決定するとのこと


       ....次は上野東照宮や花園稲荷神社(精養軒周辺)を散策して見よう....
c0119160_08501378.jpg
c0119160_08513159.jpg


     ....上野東照宮の五重塔・並ぶ石灯篭、唐門・金色殿はいつ見ても素晴らしい!....
c0119160_08533381.jpg
c0119160_08535314.jpg
c0119160_08553647.jpgc0119160_08560387.jpgc0119160_08562844.jpg
c0119160_09102713.gif


さて上野公園に行けばやはり西郷さんの銅像を仰がずにはいられません。来年は明治維新から150年の節目を迎え、NHK大河ドラマ主人公も「西郷どん」!幕末維新ブーム再来の予感がします。


     .....2018年は西郷さん銅像前で記念撮影する沢山の人達が集まるのは間違いなし....
c0119160_09170514.jpgc0119160_09173707.jpgc0119160_09181674.jpgc0119160_09263022.jpg
c0119160_09185235.jpg


        ....スカイツリーも垣間見える上野公園を後にして次は日本橋方面へ....
c0119160_09302939.jpg
c0119160_09310735.jpg






★日本橋周辺の風景


次は久しぶりに日本橋を訪問しました。三井不動産が中心となり、日本橋再生計画の一環で2010年「コレド室町」がまずオープン。第2弾で2014年「コレド室町2と3」の商業施設が開業しています。


     .....(左)日本橋周辺地図  (下)コレド室町(2014年オープン)  (右)日本橋の欄干風景...
c0119160_09474299.jpg
c0119160_09480478.jpg
c0119160_09500027.jpg
c0119160_09501896.jpg


     .....(左)日本橋・三越  (右)三井不動産本社 いずれも風格漂う重厚な佇まい....
c0119160_09592796.jpg
c0119160_09595512.jpg


日本橋・三越百貨店前を通り裏手へ徒歩5分。日本貨幣の発行元「日本銀行」(銀行の銀行)が出現します。日銀前には貨幣博物館があり見学無料。貨幣の歴史が勉強できるのでお薦めです!


     .....(上)貫録に溢れる日本銀行  (下)貨幣博物館は入館無料、貨幣の歴史が学べる....
c0119160_10022011.jpg
c0119160_10030752.jpg
c0119160_10045563.jpgc0119160_10051883.jpg
c0119160_10053926.jpg
c0119160_10074778.jpg
c0119160_10080495.jpg


                             <2009年初夏>「大手町・皇居・日本橋周辺の風景」




★日本橋・三井記念美術館で「地獄絵ワンダーランド展」鑑賞


2つ目の展覧会は、「三井記念美術館」で開催中の地獄絵を集めた「地獄絵ワンダーランド」展へ!日本人のDNAに深く刻まれた仏教美術の地獄図。三途の川を渡った罪深き死者が閻魔大王により裁かれ、釜ゆで・血の池・炎責め等に苦しむ恐怖に身震いする地獄の真髄を堪能しました。


     .... 「三井記念美術館」で9月3日まで開催される「地獄絵ワンダーランド展」....
c0119160_10363791.jpgc0119160_10370329.jpg
c0119160_10373199.jpg


        ....平安時代に地獄概念を著した恵心僧都・源信「往生要集」も展示....
c0119160_10404645.jpgc0119160_10410269.jpg
c0119160_10411791.jpg


これから紹介する館内風景や絵画も撮影禁止でしたのでネット公開写真にて掲載。まずは「水木少年とのんのんばあの地獄めぐり」の原画13点が展示。漫画家水木しげるが少年時代を過ごした鳥取県境港市で当時子守りに来ていた近所の老婆「のんのんばあ」から語られた地獄世界が再現


    .... 「水木少年とのんのんばあの地獄めぐり」、恐ろしい絵だが何かコミカルな描写....
c0119160_10511059.jpg
c0119160_10514676.jpg


水木少年は、のんのんばあから語られる地獄や妖怪の話や、近所の寺で見た地獄絵に影響を受けました。灼熱炎によって責め苦に遭う八大地獄を描いた絵は鮮やかな炎の色使いが実に印象的!


    ....八大地獄とは、等活・黒縄・衆合・叫喚・大叫喚・焦熱・大焦・阿鼻(無間)の8つの地獄....
c0119160_10534260.jpg
c0119160_10541030.jpg


仏教の世界観である地獄と極楽は、平安時代に源信(天台宗僧、今年没後千年)が著した「往生要集」によって具体的イメージが確立されました。苛烈な責め苦が繰り広げられる地獄世界は平安貴族の関心が特に高まり地獄絵を絵師にその世界を数々描かせて多彩な作品が生み出されたのです。


 .....(左)熊野観心十界曼荼羅  (右)地蔵・十王図など滅多に見られないお宝物が続々登場...
c0119160_11043907.jpgc0119160_11053311.jpg
c0119160_11055722.jpg


「人間は六道(天・人・阿修羅・畜生・餓鬼・地獄)を輪廻する」インド・中国経由で入った思想が日本人の独特な精神文化として受け継がれました。冥界の裁判官「十王」(閻魔大王はその代表格)の裁きを受け、地獄に落ちるイメージが日本人のDNA脳裏に刻みこまれてきたのです。


     .....(左) 阿弥陀二十五菩薩来迎図 (右)十王尊・葬頭河婆・白鬼(木食仏)....
c0119160_11175919.jpgc0119160_11203528.jpgc0119160_11282361.jpg
c0119160_11214508.jpg


故郷・柏崎は閻魔様や地獄文化に縁が深い街。街の中心部に閻魔堂があり堂内に並ぶ地獄絵は幼少時から強烈な印象でした。6月中旬は露店市が立ち並ぶ「えんま市」も開催されます。また市内各地の寺に木食が彫刻した閻魔十王像が幾つかあり、柏崎博物館にも展示されています。


   .....柏崎の東本町に鎮座する「閻魔堂」、毎年6月14~15日の「えんま市」で大賑わいとなる....
c0119160_11335734.jpg
c0119160_11343513.jpg
c0119160_11394899.jpgc0119160_11401943.jpg
c0119160_11410503.jpg


      .....柏崎の各地の寺にある閻魔彫像(木食作)、柏崎博物館所蔵も見所あり....
c0119160_11482589.jpgc0119160_11470581.jpgc0119160_11474919.jpg

                             「<2014年9月>ふるさと「柏崎」の魅力再発見」

昨年100歳で亡くなった祖母が熱心な浄土真宗信者で、小学生の頃に地獄・極楽の解説本を与えて貰い地獄図を興味深く読んできたことから、自身の脳裏にも当世界観が刻まれてきました。


           .....ユーモラスな地蔵十王図(江戸時代)、東京「東覚寺」所蔵絵.....                 
c0119160_11505187.jpg

懐かしい気持ちが蘇った「地獄絵ワンダーランド」展を堪能、街に出て日本橋の欄干に立って見よう・・。真上を通る高速道路の圧迫感は相変わらず・・、1964東京五輪開催での負の遺産風景だ!


   .....高度成長期は高速道路の急ピッチ建設。景観保護の観点は皆無、かくなる事態に・・.....
c0119160_11531321.jpgc0119160_11541149.jpgc0119160_11544354.jpg
c0119160_11551938.jpg


首都高速道路も建設から50年が過ぎ老朽化が進んでおり、国はインフラ更新に合わせて日本橋の上を走る高速道路を地下に移し日本橋周辺の景観改善につなげ都心の新たな観光地にしたいと検討に入っています。過去何度も浮かんでは消えた夢の構想ですが、今度こそ実現してほしいネ~!


  ....2020東京五輪後に日本橋・高速道路地下化(事業規模・数千億円)の着工予定...
c0119160_12330255.jpgc0119160_12362123.jpg
c0119160_12370937.jpg


今回紹介したアルチンボルド展は9月24日まで、地獄絵ワンダーランド展は9月3日まで開催中。興味ある方はお早めに!天気の悪かった関東の8月、アウトドアも控えて展覧会や柏崎帰省だけの夏に終わった感じかな・・。暑さもまたぶり返してきましたが季節は確実に秋へと向い始めています。


                                                         おわり





アルチンボルト絵と地獄世界のユーチューブ、こうやって並べると両方不気味だなあ・・(苦笑)



  by rollingwest | 2017-08-26 12:00 | Comments(144)

<2015年1月>「みちのく仏像展」鑑賞&冬の上野公園散策

★「みちのく仏像展」鑑賞(東京国立博物館)


東京国立博物館で特別展「みちのく仏像展」(1月14日~4月5日)が開催されています。東北には魅力的な仏像が多く残っておりいつか見に行きたいと思っていたところでした。今回大挙してわざわざ上京して下さったとは・・!ありがたい気持ちで東北各県の名仏像達に会いに上野へ出かけました。


         ........東京国立博物館に掲げられる「みちのく仏像展」のバナー.......
c0119160_1715588.jpgc0119160_1720812.gif
c0119160_1721798.jpg


当展覧会は「東北三大薬師」と称される黒石寺(岩手県)、勝常寺(福島県)、双林寺(宮城県)の薬師如来像を始め、東北各県を代表する国宝仏像が出品されており当日チケット千円とは安い!エントランスに入ると期待感が益々と高まる!展示仏像はネット写真(撮影禁止につき代用)ですのであしからず


       .....(左)本館脇に鎮座する「表慶館」 (右)「みちのく仏像展」のエントランス.....
c0119160_1725481.jpg
c0119160_17255922.jpg

福島・勝常寺の「薬師如来坐像」(平安時代)は、東北が誇る最高の国宝仏。巨材を用いた一木造の堂々とした姿は、みちのく仏教文化の繁栄を伝えています。また宮城・給分浜観音堂の「十一面観音菩薩立像」(鎌倉時代)は、牡鹿半島の給分浜の高台に祀られ漁安全を見守っているようだ!


  ....(左)福島・勝常寺「薬師如来坐像・両脇侍立象」 (右)宮城・給分浜観音堂「十一面観音」....
c0119160_17284727.jpgc0119160_1729540.jpg
c0119160_17294853.jpg
c0119160_17301132.jpg


山形・本山慈恩寺の「十二神将立像」(鎌倉時代)は東北を代表する十二神将(丑神、寅神、卯神、酉神)、寺の所在地・寒河江は都の影響を早くから受け、仏教文化が栄えました。青森の女神坐像や岩手の鬼子母神もある!まさに東北は神仏習合・ゴッタ煮状態!何でもありだな・・と思いました。


       ....(左)女神坐像(青森)&鬼子母神(岩手) (右)「十二神将立像」(山形).....
c0119160_174064.jpgc0119160_1740162.jpg
c0119160_17403934.jpg


岩手・黒石寺の「薬師如来坐像」(平安時代)は貞観4年(862)の墨書銘があり、7年後貞観地震を知る像で鋭い眼差しですが人々を包み込む優しさ。青森・秋田の円空仏3体は、初期の作品で表面を滑らかに仕上げた繊細な表現。ノミ跡が荒々しい後期とは作風が違うなア・・との印象を受けました。


      .....(左)岩手・黒石寺「本尊薬師如来三尊」 (右)円空仏(秋田・龍泉寺など).....
c0119160_2042940.jpgc0119160_205576.jpg
c0119160_2052676.jpg


イヤ~素晴らしかった!「みちのく仏像」は素朴な一木造り・素地仕上げで力強い表現が感じられます。顔は悟りを開いた超越者というよりは力強くそれでいて優しい人間味に溢れる表情なのです。「みちのく仏像特別展」を十分満喫し、今度は左手の廊下へと進みます。そのまま館内で無料鑑賞ができる一般常設館の方も覗いてみよう。途中には東京国立博物館の中庭がある!初めて見た!


        .....東京国立博物館の中庭は初めて見た!こんな場所があったのか....
c0119160_20303932.jpgc0119160_20332596.jpg
c0119160_20341181.jpg




               .....無料常設展では「日本美術の流れ」も大いにも見応えがあった!.....
c0119160_20535068.jpgc0119160_20551186.jpgc0119160_20552887.jpg



c0119160_20555022.jpg


       .....定番の神仏が続々と登場 (左)毘沙門天 (右)大黒様 (下)弁財天.....
c0119160_2114743.jpgc0119160_212140.jpg

c0119160_2121964.jpg


一般展には縄文時代から江戸時代まで、時代を追って展示する「日本美術の流れ」が公開されていました。国宝や重要文化財などの名品が多く展示され本物の美術史を時代ごとに辿る探訪展だ!さらにフラッシュを使わなければ写真撮影もOKという寛容さも嬉しい!見学客も少なくて快適鑑賞


         .....木造観音や数々の仏像が展示、無料にしては大いに見応えあり!.....
c0119160_19374375.jpg
c0119160_1938637.jpg


   .....(左)豪華絢爛なる壺や皿 (右)不気味な黒龍 (下)日本の刀剣は世界に誇る芸術.....
c0119160_19514424.jpgc0119160_1952489.jpg

c0119160_19522158.jpg

無料常設展に飾られる数々の神仏像も立派なものが多く、その他にも陶磁・刀剣・彫刻など日本美術の粋を集めたような内容に驚き!興味深かったのは北海道アイヌと琉球の文化が対比されて紹介されていたこと!各分野別展示と企画展示で構成されており無料では申し訳ないような気もする。


                  ....北海道アイヌの衣装や生活小物も展示.....
c0119160_19571588.jpgc0119160_19574778.jpg



c0119160_195899.jpg


            .....琉球とアイヌの文化が対比されていて興味深かった.....
c0119160_2043034.jpgc0119160_205118.jpgc0119160_2044676.jpgc0119160_2052291.jpg

         .....ここにも「十二神将立像」が登場、実に躍動的な迫力ある仏像群.....
c0119160_20105758.jpg

イヤ~、僅か千円(当日券)でこれだけの内容を楽しめるとは!結構割安感がありました。満足のRWは冬の日溜りで人々が寛ぐ博物館正門前を出て上野公園へと向います。久々に散策して見るか・・


           .....(左)博物館本館の正門を出る (右)正門前の広場で寛ぐ人々.....
c0119160_20115543.jpg
c0119160_20122744.jpg

          .....冬の東京国立博物館の広場も結構風情あり、日溜まりにホッとする.....
c0119160_20153570.jpg
c0119160_20131079.jpg





★冬の上野公園を散策


          .....「上野公園」の噴水広場、久しぶりに公園周辺を散策してみよう!.....
c0119160_4474677.jpgc0119160_5502939.jpgc0119160_448961.gif
c0119160_4504858.gif


上野動物園正門脇の小山に鎮座する「上野大仏」は受験生の合格祈願で賑わうようになりました。この大仏(1631年建立)は地震や戊辰戦争など数々災難に襲われその都度修復が行われましたが、ついに関東大震災(1923)で4度目の崩壊に遭い最後は顔だけがここに据えられました。その様子が「これ以上は落ちない」とのゲン担ぎで「合格大仏」として親しまれています。皆さん吉報を待つ!


  ....(左)「上野動物園」10数年も御無沙汰 (右)これ以上落ちない!合格祈願人気「上野大仏」....
c0119160_4564271.jpgc0119160_4565459.jpgc0119160_4571650.jpg


c0119160_4574115.jpg
c0119160_4575456.jpg


次は「上野東照宮」へ!徳川家康を祭る神社は日光が最も有名ですが、上野の東照宮は明治40年に国宝指定された金箔塗り極彩色の華麗な御宮です。この灯篭参道はいつ歩いても趣がある!


            .....(左)「上野東照宮」の参道 (右)数多くの灯篭群.....
c0119160_59452.jpg
c0119160_5923100.jpg

       .....(左)五重の塔 (右)冬のぼたん園が開催 (下)東照宮正門の到着.....
c0119160_512353.jpgc0119160_5122053.jpg





c0119160_5124228.jpg


戊辰戦争・関東大震災・太平洋戦争など上野の山は何度も火炎に見舞われましたが、東照宮は奇跡的に生き残り、今日に豪華で貴重な姿を伝えています。権現造りの唐門の奥には拝殿・本殿が並び拝殿正面には千鳥破風が飾られています。都心にかくも豪華絢爛な黄金宮があったとは!


        .....「上野東照宮」の輝く美しさに息を飲む!豪華な拝殿・本殿に参拝....
c0119160_9125322.jpgc0119160_9132147.jpg
c0119160_914666.jpg


           .....上野東照宮の帰り参道からはスカイツリーの頂上部が見えた.....
c0119160_918740.jpg
c0119160_918246.jpg

上野東照宮ぼたん苑のぼたんまつりは4月中旬〜5月中旬に開催されますが当日は冬牡丹が公開されていました。再び公園に出ると竹楽器の演奏を楽しむ人集り。寛永寺清水堂にも参拝し心穏やか


             .....竹の楽器で「アナと雪の女王」を路上演奏するグループ.....
c0119160_93210100.jpg
c0119160_9322758.jpg

              ....上野寛永寺「清水堂」、ここも久しぶりに訪問....
c0119160_9345013.jpg
c0119160_935828.jpg

寛永寺清水堂の右に坂を下っていくと、「不忍池」(sinobazuike)が広がっており「弁財天」のお堂が見えてきました。初夏には蓮や緑藻が覆い茂る池は、枯れた蓮が幾何学的な水面模様を見せていた・・


           .....(左)清水堂からは弁天堂が見える (右)「不忍池」の冬風景.....
c0119160_938439.jpgc0119160_939191.jpgc0119160_9391733.jpg

c0119160_9393483.jpg


        .....(左)「弁天堂」の参詣を終え仲睦まじいカップル (右)弁天堂に鷺も舞う.....
c0119160_9451018.jpgc0119160_945329.jpg
c0119160_9455163.jpg


徳川家光は1625年江戸の鬼門封じを目的として、比叡山「延暦寺」に倣い上野東叡山「寛永寺」を創建しました。その提案者は慈眼大師「天海」であり、「琵琶湖」→「不忍池」、「比叡山」→「上野の山」、「延暦寺」→「寛永寺」と見立てたのです。ナルホド~!東叡山とは東の比叡山との名前由来ですな!


         .....(左)池から見えたスカイツリー (下) 不忍池は何と駅伝発祥の地とのこと.....
c0119160_9483510.jpgc0119160_1064970.jpg







c0119160_1073079.jpg


           .....(左)不忍池のボート&高層ホテル風景 (右)餌やりで飛んでくる雀.....
c0119160_10222116.jpgc0119160_10224343.jpg
c0119160_10231051.jpg


そして上野駅へと向い帰路につきます。上野公園散策・最後の締めは、やはり西郷さんにご挨拶して帰らねばなりません。昔は上京・柏崎帰省する時は必ず玄関窓口駅は上野駅でした。新幹線始発は東京駅になったし、ここ20年での帰省はマイカーなのですっかり西郷さんにはご無沙汰ですネ~


        .....(左)西郷銅像&スカイツリー (右)「進撃の巨人」3D体験イベントに並ぶ長い列.....
c0119160_10273949.jpgc0119160_1027546.jpgc0119160_10281575.jpg
c0119160_10283975.jpg


              ....上野公園散策・最後の締めは、やはり西郷さん.....
c0119160_10341040.jpg

遥か先にはスカイツリー頂上部が覗いている。上野の山から長い間を見守り続けて来た西郷さんですがここ数年の東京の変貌ぶりには目を丸くしていることでしょう。アメ横や上野駅周辺はずっと昭和レトロな風景であってほしい・・。この思いは越後人や東北出身者が持つ共通の郷愁心ではないでしょうか。





★(PS)レビュー:思い出に残る東京国立博物館の特別展の数々


それでは最後にRWがこの数年間で鑑賞した東京国立博物館特別展で特に印象に残ったものをいくつかレビューして締めたいと思いす。いずれも仏像や神社ばかりですので趣味合わない方はご容赦


     .....「国宝・薬師寺展」(2008) (右)薬師本尊を囲む月光&日光菩薩像が色っぽかった.....
c0119160_10411342.jpgc0119160_10414697.jpgc0119160_1042067.gif


c0119160_1050324.jpgc0119160_10423755.jpg
c0119160_1042505.jpg


まずは2008年の「国宝・薬師寺展」、薬師本尊を囲む「日光・月光菩薩」が、見事なプロポーションで体をくねらせた自然な身のこなしが素晴しかった!ギリシャ文化の影響を受け、建立当初は黄金に輝く仏像だったとのこと。「玄奘三蔵像」(西遊記・三蔵法師)や「吉祥天像」も登場し実に贅沢展示でした!


    ....(中)切手デザインの憧れ「吉祥天像」 (右)「月光&日光菩薩像」を裏から鑑賞で感動!.....
c0119160_1053338.jpgc0119160_10533139.jpgc0119160_10551997.jpg
c0119160_10553240.jpg


                              <2008年6月>国宝「薬師寺展」(日光・月光菩薩)」



次は2010年の「東大寺大仏~天平の至宝展」、奈良の大仏建立に貢献した光明皇后(聖武天皇の奥様)没後1250年遠忌で開催された特別展、大仏殿前に立つ「八角大燈籠」が東大寺から初出張!


         .....「東大寺大仏~天平の至宝展」(2010)、不空羂菩薩の光背&八角燈籠.....
c0119160_1145894.jpgc0119160_1155218.jpg
c0119160_116538.jpg


         ....(中)僧形八幡神坐像 (右)誕生仏釈迦仏立像 (右)五劫思惟阿弥陀如来.....
c0119160_1194956.jpgc0119160_1110835.gif


c0119160_11102541.jpg
c0119160_11104954.jpg


           .....(左)東大寺・ 実物大の「大仏の手」、手の平で踊らされそうです。.....
c0119160_11193377.jpgc0119160_1120152.jpg
c0119160_11201534.jpg



c0119160_11203634.jpg


                              <2010年11月>「東大寺大仏展~天平の至宝」


2011年の「空海と密教美術展」は実に見応えがありました。空海が中国から持ち帰った絵画・仏像・法具、空海によって造られた京都東寺講堂の「立体曼荼羅」を構成する諸像、両界曼荼羅図(神護寺)、空海自筆書、空海所縁の作品を中心に日本の密教美術1200年の原点名宝が結集した豪華内容


        .....「空海と密教美術展」(2011) (右) 「両界曼荼羅図」(東寺)&「空海」.....
c0119160_11251910.jpgc0119160_11321330.jpgc0119160_11255433.jpg
c0119160_1126985.jpg


           .....(左)両界曼荼羅・胎蔵界 (右)五大明王像 (下)仏像曼荼羅.....
c0119160_1143684.jpgc0119160_11385094.jpg






c0119160_1139847.jpg


                     <2011年7月>「空海と密教美術展」&高野山・金剛峯寺レビュー

最後は2012年の「出雲~聖地の至宝展」、古事記編纂1300年の節目との出雲大社遷宮(60年ぶり)の記念開催。展示場には荒神谷・加茂岩倉の遺跡から発見された、数々の銅鐸・銅矛・剣が陳列されていました。358本の銅剣が1つの地域からこれ程大量な青銅器が出土し前代未聞の大発見


    .....(左)「出雲~聖地の至宝展」(2012) (右)銅剣・銅鐸(荒神谷・加茂岩倉遺跡から出土).....
c0119160_11524372.jpgc0119160_11531090.jpgc0119160_115333100.jpg
c0119160_12321638.jpg
c0119160_12322965.jpg


2000年に出雲大社境内から発見された巨大な「宇豆柱」遺構、当地域に一大勢力・文化圏があった確実な証明!古事記に記述された大神殿や国譲り神話に秘められた巨大神殿に心を奪われました。

                                 <2012年11月>「出雲展」鑑賞&「出雲大社」

       .....(左)巨大神殿が実在した歴史の謎 (右)出雲大社境内から出土した宇豆柱.....
c0119160_12443114.jpgc0119160_12444773.jpg
c0119160_1245065.jpg
c0119160_12451274.jpg


その他、2007年「レオナルドダビンチ展」、2009年「国宝・阿修羅展」(奈良・興福寺)、 2013年「飛騨円空仏展」も大きな話題を呼びました。今後も上野の杜には何度も足を運んでしまいそうです・・。



                                                       おわり

  by rollingwest | 2015-01-27 00:00 | エトセトラ | Comments(94)

<2012年11月(神在月)>「出雲展」鑑賞&「出雲大社」探訪旅へのプロローグ

★古事記1300年「出雲~聖地の至宝展」


    .......11月初旬、東京国立博物館(上野)の「出雲~聖地の至宝展」を鑑賞.......
c0119160_17453269.jpgc0119160_17454626.jpg
c0119160_1746457.jpg


今年は古事記編纂1300年の節目、そして来年は60年に一度行なわれる出雲大社遷宮の大行事を迎えます。以前から出雲・古事記の謎に興味があるRWは、10月から開催されていた「出雲~聖地の至宝展」(11/初旬)を会社同僚を早速誘って東京国立博物館(上野)へ鑑賞に行ってきました。


  .......(左)出雲展ポスター (右)中国王朝至宝展チケットを購入して出雲展(併設)も同時に鑑賞.......
c0119160_17482297.jpgc0119160_17484238.jpg



c0119160_17492599.jpg


出雲大社の創建は「日本書紀」に拠れば659年出雲国造に命じて神宮を造らせたとの記述がありますが、その起源は謎に包まれています。日本神話では、国を造った大国主が高天原の神々から国譲りを迫られ、その代償として出雲に大神殿を建立することを求めたと「古事記」に記されています。


    .......10世紀頃の「出雲大社」神殿復元想像図、日本最大の神殿伝承!これはスゴイ!.......
c0119160_17513268.jpg
c0119160_1752822.jpg

現在の出雲大社も、「大社造り」と呼ばれる風格ある最古の神社建築様式ですが、10世紀の「出雲大社」は何と高さ48m壮大なる巨大社殿(上記復元図)だったとのこと!正に天に届くが如くの神殿!


      ...... 1984年に一度に358本の銅剣が出土、荒神谷遺跡が発見された!.......
c0119160_17533433.jpg
c0119160_1756769.jpg


出雲展の展示場には、数々の銅鐸・銅矛・銅剣が陳列されていました。これらは荒神谷遺跡(1984)、加茂岩倉遺跡(1996)から発見されたもので、358本の銅剣が出土など1つの地域からこれ程大量な青銅器が出たことは前代未聞とのこと。当地域に一大勢力・文化圏があった確実なる証拠です。


        .....さらに1996年、加茂岩倉遺跡から出土したおびただしい数の銅鐸.......
c0119160_17565944.jpg
c0119160_17571572.jpg


2000年には出雲大社境内から「宇豆柱」(uzubashira)という巨大な柱遺跡が発見されています。この出土は日本中を驚かせました。古事記に記述された大神殿や国譲り神話などは単なるつくりごとと思われていただけに日本古代史の事実と想定されるからです。こんな巨大建築があったとはネ~!


       ......出雲大社境内から出土した「宇豆柱」、巨大なる神殿実在の歴史を証明.......
c0119160_1825850.jpg
c0119160_1834388.jpg


       ......この階段規模と人間のサイズを比較してみてください!とてつもなくドデカイ!........
c0119160_1844440.jpgc0119160_1851233.jpgc0119160_1852645.jpg







c0119160_186426.jpg

平安時代の編纂書に「雲太・和ニ・京三」との記述があります。出雲大社が日本一、2番が大和の東大寺大仏殿、3番が京都御所・大極殿と言い表したもので、当時の出雲神殿がいかに巨大な建物だったかを物語っています。しかし出雲大社の栄華と国譲りの真実はミステリーに包まれているのです。


  .......平安時代の編纂書「口遊」(kuchizusami)伝承に「雲太・和ニ・京三」、真実と判明した!.......
c0119160_1883337.jpg
c0119160_1810666.jpgc0119160_18102971.jpg
c0119160_1895885.jpg


712年、太安万侶から元明天皇に奏上された「古事記」は今年1300年を迎えました。「日本書紀」(720年・舎人親王)にも神話は存在しますが、出雲の部分は古事記のみしか記載されていません。また「出雲風土記」には、大国主の宮を建てたのは高天原ではなく出雲の神々と記述されています。


      .......出雲には、天孫族(天皇家祖先)に屈服していった闇の歴史が隠されている.......
c0119160_18114736.jpgc0119160_18124470.jpg
c0119160_18122264.jpg





c0119160_18132942.jpg


記紀は天皇側(勝者の立場)から記載された歴史・神話書、その真実は作り変えられ闇に葬り去られた可能性が高いと云われます。6歳で観た東映映画「わんぱく王子の大蛇退治」は日本神話を物語った壮大なドラマだったナア・・。今も心に残る映画のルーツ出雲の旅に出てみることにしました。
c0119160_1815784.jpg

 ......映画「わんぱく王子の大蛇退治」(1963)、主人公スサノオノミコト、伊福部音楽が素晴らしかった.......
              c0119160_19383051.jpg

11月中旬、有休休暇を取って憧れの「出雲」の地についに足を踏み入れ、古事記・日本神話の史蹟・神社を訪問しました。夜行バスで現地入り、レンタカーを使い早朝から夕方までひたすら走りまくり~
c0119160_18161165.jpgc0119160_18163035.jpg
c0119160_18165151.gif






★古事記・日本神話ゆかりの地「出雲」を訪ねた旅

c0119160_18214932.jpg

詳細なレポートは来年公開する予定ですが、今回廻った出雲大社や古事記に所縁深い史蹟の数々をダイジェスト速報版として紹介しておきたいと思います。まずは出雲神話が濃縮されている「八雲立つ風土記の丘」を訪問、その後出雲大社へと向かいました。「旧JR大社駅」は実に見応えあり


     ......(左)「八雲立つ風土記の丘」 (右)かつての出雲大社の玄関、「旧JR大社駅」.......
c0119160_18224029.jpg
c0119160_18225338.jpg


そしていよいよ、伊勢神宮と並び古代より日本の歴史を見守り続けた出雲大社へ!まずは自称日本一の大鳥居がお出迎え・・、ここに祀られるは「大国主」(スサノオノミコトの息子)、国つ神の筆頭。銅鳥居手前にある「ムスビの御神像」は大国主大神が海神から「幸魂奇魂」の「おかげ」を授かる姿なのだ!


   ......日本最大級の大きさを誇る「出雲大社」大鳥居、ドでかい~!(1位は熊野大社).......
c0119160_18235899.jpg

     .......(左)「ムスビの御神像」、縁結びの御魂を現す海神 (右)御魂を授け受ける大国主.......
c0119160_18251185.jpgc0119160_18253918.jpg

c0119160_1825578.jpg


出雲大社の拝礼方法は「二礼・四拍手・一礼」、通常は「二礼・二拍手・一礼」ですが格式高い出雲大社は別。今回拝礼は「御仮殿」に行いました。60年に一度の遷宮(2013年)に向け現在は「本殿」「拝殿」が修理中のため、大国主大神は今仮の神殿移り鎮まっているからです。来年は遷宮の大行事!


  .......(左)出雲大社「拝殿」(遷宮前の仮殿だった) (右)本殿は修復中、2013/5月遷宮実施.......
c0119160_18271338.jpg
c0119160_18272995.jpg


出雲大社の西に広がる砂浜海岸は国譲り神話で知られる「稲佐の浜」。毎年陰暦10月10日(今年は11月23日)に神迎えの神事(神迎祭)が行なわれます。全国から集結する神々が当浜に上陸し出雲大社に集結します。オ~、遠く海上には国引き神話に由来深い「三瓶山」が望めるではないか!


    ......(左)国譲り神話の舞台「稲佐の浜」 (右)「三瓶山」(sanpeisan)は2003年に登頂した.....
c0119160_1828319.jpgc0119160_18284957.jpgc0119160_1829455.gif
c0119160_1829284.jpg


稲佐浜から北上すると、日御碕(島根半島、最西端)に行きつきます。ここに天照大神とスサノオを祀る日御碕神社が鎮座。ナルホド!太陽が命名される岬の神社だからアマテラスもおったか!ここに日本一の高さを誇る優美な灯台が屹立しています。素晴しい日本海サンセットを撮れて大満足でアリマシタ~!


     ......(左)日御碕神社、上宮がスサノオ、下宮がアマテラス (右)サンセットの光を浴びる鳥居.......
c0119160_1831529.jpgc0119160_18313394.jpg
c0119160_18315593.jpg


    ......(左) 日御碕から望んだ日本海の夕日 (右)夕暮れに輝く日御碕灯台(東洋一の高さ).......
c0119160_1834956.jpgc0119160_18331686.jpg
c0119160_18345078.jpg


出雲大社とはやや離れますが、伊弉冉尊(イザナミノミコト)を祀っている「神魂(kamosu)神社」にも訪問。本殿は日本最古の大社造り、初め出雲国造家はこの神社の祭主を代々勤めていましたが、杵築の地に出雲大社が創建され、祭主として移住したそうです。伊弉冉尊は女神、出雲大社の大国主命は男神


    ......(左)イザナミノミコトを祀る「神魂神社」 (右)「佐太神社」、神在月に全国八百万の神が集結.......
c0119160_18351672.jpgc0119160_1836062.jpg
c0119160_18363798.jpg


アマテラスノミコトが治める高天原で大暴れしたスサノオノミコトは天から追放され、出雲の斐伊川上流(船通山)に降り立ちました。当地で国神アシナヅチ娘の稲田姫(クシナダヒメ)と出会い八岐大蛇の生贄になる事実を知ります。彼女を救うためスサノオは大蛇を酒に酔わせ退治し、目出度く2人は夫婦となりました。


    ......(左)スサノオノミコトが八岐大蛇と対決 (右)「八重垣神社」、スサノオとクシナダヒメの縁結び聖地.......
c0119160_1838253.jpgc0119160_18382938.jpg
c0119160_1839969.jpg


「八重垣神社」はスサノオノミコトが稲田姫を愛しく詠んだ日本最初の和歌「八雲立つ出雲八重垣、妻籠みに八重垣作る。その八重垣を・・」に因んだ名前。出雲大社も縁結びの神、女性に人気の神社。


      .....多数の銅鐸・銅剣等が出土した(左)「荒神谷遺跡」と(右)「加茂岩倉遺跡」も訪問.......
c0119160_184013.jpgc0119160_18402117.jpg
c0119160_18403744.jpg


出雲展で鑑賞した.多数の銅鐸・銅剣等が出土した「荒神谷遺跡」と「加茂岩倉遺跡」にも行ってみました。出雲市から離れた山間部、当日は大雨でしたがレンタカーでないと不便な場所。奥出雲は見所が多いですが距離が離れており、朝~夕方まで精力的・効率的に廻らないと全ては見られません。





★2013年より、「山陰・山陽の旅」シリーズを開設いたします。


今回の旅は出雲を訪ねただけでなく、本当に欲張って山陰・山陽の名所をテンコモリに廻りましたので主な見所もダイジェストで掲載しておきます。夜行バスで米子到着でレンタカーを調達し、中海を右手に見ながら松江へと向かいました。松江城の天守閣・お堀、月照寺、小泉八雲の足跡なども巡りました。


      ......(左)松江城・天守閣の雄姿  (右)日本を深く愛した小泉八雲の旧居.......
c0119160_2063616.jpgc0119160_2062860.jpgc0119160_2072072.jpg
c0119160_2071326.jpg


              .....(左)松江城の堀川めぐり  (右)宍道湖の癒される風景.......
c0119160_209539.jpg
c0119160_2085594.jpg


奥出雲を巡り、名画「砂の器」(野村芳太郎監督、原作・松本清張)の舞台となった「亀嵩駅」にも寄ってみました。ここはいつか訪れたいと願っていた場所。山陰の山奥は滅多に来られないので感激!


     ......(左)名画「砂の器」ロケ地・記念碑 (右)砂の器「亀嵩駅」で奥出雲の蕎麦を味わう.......
c0119160_2011478.jpgc0119160_20105479.jpg
c0119160_20122729.jpg


奥出雲から西に向かい島根県部中央部にある世界遺産「石見銀山」も訪ねてみました。大航海時代の16世紀、世界で流通した銀の約3分の1近くが石見銀山で産出されたものと云われています。


  ......世界遺産「石見銀山」を訪問 (左)銀採掘坑道「竜源寺間歩」(右)「清水谷精錬所跡」.......
c0119160_2014176.jpgc0119160_20132251.jpg
c0119160_20143456.jpg


    ......(左)石見銀山で栄えた街並、赤瓦で統一感 (右)世界遺産センターで銀山の歴史も.......
c0119160_20143972.jpg
c0119160_2015564.jpg


石見からは瀬戸内方面に南下しもう一つの世界遺産「宮島」へ!広島で泊まったホテルを朝5時過ぎに出発、宮島口から始発フェリー(6:25)で渡り、干潮浜に佇む「厳島神社」の大鳥居を見ることができました。数々の史蹟や弥山に登って昼近くに戻ってみればもう大鳥居は海の中に浮かんでいました。


    ........世界遺産「宮島」の「厳島神社」 (左)朝の干潮風景 (右)昼には水上社殿となった.......
c0119160_2016271.jpgc0119160_2016629.jpgc0119160_20163797.jpg



c0119160_20164549.jpg


宮島・弥山から俯瞰した瀬戸内海・大パノラマは本当に感動的でした!ここはロープウェイで上がれますが、頂上まで歩くのは相当距離あるハイキングですので甘く見てはいけません。弥山は登る価値あり!広島名物もみじ饅頭のルーツはここだったのかと思うほどに紅葉谷の錦秋は見応えあるものでした。


      .....(左)厳島神社の背後に聳える弥山 (右)弥山の頂上から展望した瀬戸内パノ゚ラマ.......
c0119160_20185496.jpgc0119160_20185732.jpg


c0119160_201932100.jpg


        ......見事な紅葉日和に恵まれ大聖院(↓)や大願寺・五重塔・千畳間等を巡る.......
c0119160_2021350.jpgc0119160_20211425.gif





c0119160_5155821.jpg


最後は岩国(聖二殿故郷)に寄り「錦帯橋」「白蛇」「岩国城」を見て帰りました。天気のタイミングもあったと思いますが、やはり山陽はサンシャイン溢れた明るい雰囲気、山陰はやや翳あるミステリーな場所・・


                   .....日本三大名橋「岩国・錦帯橋」の勇壮・優美な姿.......
c0119160_2023380.jpg
c0119160_2024297.jpg


      ......(左) 岩国城から望むパノラマ (右)岩国の名物「白蛇」、巳年の来年はブームかも.......
c0119160_20254433.jpgc0119160_2025130.jpg

c0119160_20261234.jpg


大国主大神は、皇孫に国譲りをしましたが神世界(神事)は出雲が支配するという条件交換を行いました。旧暦10月に全国から八百万神を集結させ、死後世界や人の縁の決めごとをする「神在祭」。旧暦10月を神無月(出雲では神在月)と呼ぶのは全部の神様が出雲に出張で不在になるからです。


   .......(左)2012年11/23~30日「神在祭」が行なわれた (右)出雲大社のシンボル「大注連縄」.......
c0119160_20263050.jpg
c0119160_20265086.jpg


来年は巳年、八岐大蛇や岩国シロヘビもブームになりそうな予感が!そして出雲大社60年ぶりの遷宮(修復)と伊勢神宮の21世紀初の遷宮(20年移転)が重なる凄い年!日本を代表する2大の社・神宮が同じ年に大祭を迎える訳で、ブームは頂点に達し日本国民は大いに盛り上がることでしょう。


   .......(左) 来年出雲は大社遷宮・大蛇でブームかも! (右)伊勢神宮の20年遷宮とも重なる!.......
c0119160_20294421.jpgc0119160_2029221.jpg



c0119160_20301519.jpg


                                     「伊勢神宮」レポートはコチラから

今回の旅内容については、来年以降、「山陰・山陽の旅シリーズ」としてジャンル分けで詳細に公開していく予定です。下記内容となりますが、全てレポート完了するには2年くらいかかりそうダナア・・(笑) 


(1)米子・大山~出雲風土記の丘 ⇒ (2)松江城・小泉八雲・月照寺 ⇒ (3)出雲大社・日本神話 ⇒ (4)日本神話・古事記ゆかりの史蹟を巡る ⇒ (5)奥出雲風景(銅文化遺跡・たたら製鉄・砂の器ロケ地) ⇒ (6)世界遺産「石見銀山」 ⇒ (7)世界遺産「宮島・厳島神社」 ⇒ (8)「宮島・弥山」からの瀬戸内海パノラマ&岩国「錦帯橋」   「2012秋・山陰・山陽の旅」の全レポート記事」

c0119160_4334372.jpg


                                                         おわり

  by rollingwest | 2012-11-25 00:00 | 山陰・山陽の旅 | Comments(75)

<2012年4月7日>開業を待つ東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー

                                                                                                                                        ★「東京スカイツリー」と「歌川国芳」


今年は厳しい冬の寒さがいつまでも残り、桜開花宣言は遅れに遅れました。4月に入り漸く全国の花便りが届き始め、5月22日に開業を迎える東京スカイツリーと隅田川周辺もようやく満開桜!昨年末、スカイツリーが着工(08/夏)してから伸長してきた軌跡記事を紹介しましたが、遂にオープンを迎えます。

                               「東京スカイツリー伸長の軌跡」の記事はコチラから


  ......待ちに待った今年の桜、隅田川・満開桜と完成した東京スカイツリーのコラボがついに実現!.....
c0119160_9239100.jpg
c0119160_558314.jpg
c0119160_5573859.jpg


スカイツリー伸長軌跡の記事でも紹介しましたが、昨年2月東京スカイツリー出現を予言した浮世絵が発見のニュースが報道されました。予言絵を描いた浮世絵師の名は最近俄然注目されてきた「歌川国芳」


     .......歌川国芳がスカイツリーを予言?国芳が江戸時代に描いた浮世絵「東都三ツ股の図」.....
c0119160_913189.jpgc0119160_9133640.jpgc0119160_9135091.jpg
c0119160_9141624.jpg


歌川国芳は画想の豊かさ・斬新なデザイン・奇想天外なアイデア・確実なデッサン力を持ち、浮世絵の枠に留まらない広汎な魅力を持つ作品を多数生み出し1800年代前半に活躍した個性的な絵師です。


         ........六本木ヒルズタワーで2月開催された「歌川国芳展」を見に行きました。.....
c0119160_9244627.jpg c0119160_9245522.jpg
c0119160_9251870.jpg


2月に「国芳没後150年展」が六本木ヒルズタワーで開催されていることを知り、鑑賞訪問してきました。またスカイツリー足元の隅田川に国芳の石碑があることも発見!スカイツリー&国芳をパッケージで満喫~!
まずその前に六本木ヒルズタワー展望台を楽しんでからにしよう。ここからの大都会パノラマは2回目だ。


       .......まずは六本木ヒルズタワー展望ラウンジを歩いてみよう。大都会パノラマを楽しむ.....
c0119160_113380.jpgc0119160_1133355.jpg

相変らずの絶景ですナ~!スカイツリー展望台ばかりが注目されていますが、六本木タワー展望はむしろ穴場だと思う。大混雑の中で慌ててスカイツリーに出かけて行くよりも今はコチラの方がお薦めかも(笑)
さてそれでは本日のお目当て・国芳の絵に会いに行きましょう。ウワ~、こちらの方は大混雑だ~!


         ........(左)グランドハイアット東京を見おろす (右)歌川国芳展の入口は大賑わい!.....
c0119160_1184727.jpg
c0119160_1194024.jpg






★個性的な浮世絵のオンパレード、「歌川国芳」の世界


        ........「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」 怪獣魚か?キワモノっぽいネ~!.....
c0119160_129779.jpg

歌川国芳の魅力は何と言っても画想の自由さ・豊かさ・無限に広がるイマジネーションの世界にあります。骸骨妖怪図や化け猫・怪魚・鳥獣戯画など物語の夢やロマンの世界を具現化する手腕において他に並ぶ者のない卓越した才能を示し、まさに江戸時代の先進的なグラフィックデザイナーと言えるでしょう。


        ........(左)五十三次之内猫之怪 (中)鍋島の猫 (右)源頼光公館土蜘作妖怪図.....
c0119160_1123276.jpgc0119160_11234726.jpg
c0119160_1124639.jpg

c0119160_112757100.gifc0119160_11271151.gifc0119160_11272574.gifc0119160_11274187.gifc0119160_1461856.jpg
一般的な美人画や人物図も描いていますが、その描き方が実に個性的です。右の男の顔は裸男が絡み合って構成されています。「欽チャンの仮装大賞」で上位入賞できるパフォーマンスかもね~(笑)


    ........(左)縞揃女弁慶・松鮨 (中)山海愛猫度図会、爪イタ~イ! (右)裸男が絡まった人面図.....
c0119160_12103964.jpgc0119160_12112713.jpg
c0119160_12114732.jpg

        ........影絵(獅子・ミミヅク・般若面)は、絡み合った猫の影(右図)を映したもの.....
c0119160_1219434.jpgc0119160_12192673.jpg
c0119160_12201049.jpg


国芳は無類の猫好きで、猫をモチーフにした個性的な浮世絵が沢山ありました。上記真ん中の影絵は、般若面と獅子面が睨みあいミミヅクが仲裁しているように見えますが、実は猫が影絵役(右)を演じていたのです。擬人化の猫絵も沢山!裃を着た猫、歌舞伎スターを猫の顔に準えた図、実に楽しいネ~


    ........(左)猫が大好きな国芳、猫ロール絵巻 (右)猫の顎掻く図 (下)猫パネル脇を行きかう人.....
c0119160_13451879.jpgc0119160_1345449.jpg


c0119160_134686.jpg


      ........(左)流行猫の曲手まり (中)猫達のオンパレード (右)猫歌舞伎役者の団扇絵.....
c0119160_14173716.jpgc0119160_14175920.jpg
c0119160_14185497.jpg


魚・蛸や蛙・金魚を擬人化した個性絵も数々登場!まさに江戸時代に描かれた「鳥獣戯画図」ではないか!その下の馬絵や忠臣蔵討入り図を見ると西洋画風にも仕立てあげている。スゴイ才能~!


      ........(左)坂田怪童丸 (中)魚の心 (右)金魚の蓮傘、ウ~ン、魚版・鳥獣戯画ダネ~.....
c0119160_14281598.gifc0119160_14283038.jpg
c0119160_14285595.jpg

      .......(左)近江国の勇婦 (右)忠臣蔵十一段目夜討之図、西洋透視画法で表現....
c0119160_14351957.jpg
c0119160_14354226.jpg

国芳によって擬人化された動物戯画や表情・仕草は江戸っ子の生態そのものでした。そんなお江戸風景を再び六本木ヒルズの展望屋上に出て満喫してみよう!東京スカイツリー遠望も期待を込めて!






★六本木ヒルズタワー展望デッキに上がり再び大都会パノラマ!


展望デッキに上がるには展望フロア(1500円)の他にさらに300円の追加料金を払う必要があります。チト高い気もするけれど、東京スカイツリーの展望料金(第1展望台2000円、450m第2展望は1000円追加で計3000円)に比べれば安いのかもしれん。オ~!今日は快晴で素晴らしい大都会パノラマだ~!


        ........(左)六本木ヒルズからの冬富士 (右)新宿高層ビル群の林立風景.....
c0119160_14412184.jpgc0119160_14414176.jpg
c0119160_14421737.jpg


真っ赤な「東京タワー」がウォーターフロント摩天楼を従えて存在感をシッカリと見せている。昭和33年デビューから50年以上も日本一の大都会展望を楽しませてくれた昭和時代の象徴塔。今後も頑張ってネ~


       .......「東京タワー」とウォーターフロントの絶景、やはり素晴らしい元祖・昭和日本の象徴タワー!.....
c0119160_14531778.jpg

さて待望スカイツリーは眺望できるかな?北東方向に遥かに見える!外観は完成形だが、展望台や商業施設は5月開業に向け着々準備中。もっと大きな屹立遠望を想像していたが意外と小さかった。


      ........(左)オッ!遥かに「東京スカイツリー」が見えている! (右)クローズUPしてみました~!.....
c0119160_1457116.jpgc0119160_14571555.jpg
c0119160_1458374.jpg






★歌川国芳・石碑があるミステリー神社(隅田川沿い)を訪問


歌川国芳の世界に触れ、六本木ヒルズからの大都会パノラマを満喫した後は、車で墨田区に向かいました。歌川国芳の石碑が隅田川沿い「三囲(ミメグリ)神社」にあると知り訪ねてみました。ここは隅田川七福神の一つで恵比寿・大黒が祀られ、祭神は宇迦御魂之命(ugatamanomikoto)、食物の神様です。


        .......「三囲神社」(mimegurijinjya)の鳥居、ここは「隅田川七福神」の一つ.....
c0119160_15114759.jpgc0119160_15133094.gif
c0119160_1514747.jpg


     .......三囲神社(向島)・鳥居から見上げる東京スカイツリー、まさにお膝元の光景ですナ~!.....
c0119160_15201437.jpg
c0119160_15254435.jpg

隅田川沿いの神社なので東京スカイツリーが間近に見える。境内には何と三越デパートのライオンが鎮座しているではないか!三囲神社は財閥の三井家が崇敬している神社(三囲はmitsuiとも読める)


          ........鳥居をくぐると、三越のライオンが狛犬に替わって堂々と鎮座!.....
c0119160_15304174.jpg
c0119160_1531880.jpg

昔は田中稲荷と呼ばれていましたが、地中から壺が発見され開けてみると狐に跨った翁像が入っており、その時に白狐が突然現れ壺を三度回って消えたため三囲神社になったといわれています。


          ........(左)三井家を祀る顕名霊社 (中)包丁塚 (右)白狐の祠.....
c0119160_1534510.jpgc0119160_15341976.jpg
c0119160_15344586.jpg


三井家を祀った顕名霊社・包丁塚・白狐の祠などがありましたが、歌川国芳の石碑はどこだろう?目立たぬ所に変哲もない石碑を発見!奇抜な物はないが刻印を読むと確かに国芳足跡が窺える。


              ........(左)これが歌川国芳の石碑     (右)歌川国芳の自画像......
c0119160_15434355.jpg
c0119160_1545388.jpg


         .......(左)金太郎尽・関羽見立 (中)天竺徳兵衛 (右)通俗水滸伝豪傑・花和尚.....
c0119160_15561559.jpgc0119160_15564493.jpg
c0119160_15575542.jpg

一番目を引いたのは不思議な「三柱鳥居」。キリスト教三位一体神社や天皇家や渡来人秦氏のルーツではないかと云われます。三柱鳥居は全国で数社しかなく、京都市太秦「木嶋坐天照御魂神社」(蚕の社)が最も有名らしい。秦氏は八幡神や稲荷神社のルーツや神仏習合にも関係ある謎の一族です。


     .......三柱鳥居は、原始キリスト教が古代日本に伝播した名残(三位一体)か?秦氏の謎を解明したいナ~.....
c0119160_15552445.jpgc0119160_1652320.jpg
c0119160_1662616.gif


秦氏は日本に土木・養蚕・鋳造技術を伝えた一族。(ハタ=機織・畑作の語源に・・)その末裔も三井・越後屋にも繋がり三越百貨店へと発展したのか・・日本の産業・商業の基礎を作った一族かも・・


    ......三越のルーツは越後屋(三井高利)、狛犬がライオンとは・・やはり西洋文化の神仏習合か?.....
c0119160_16134368.jpgc0119160_16135988.jpg



c0119160_16142619.jpg


あっ、完全に脇道話に外れてしまった・・!今日のテーマは「東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー」でした。秦氏のミステリーはいつの日か有名な八幡神社や稲荷を訪ねた時に究明して行きたいと思います。
c0119160_16301498.gifc0119160_16304861.gifc0119160_16311586.gif
c0119160_16312984.gif





★東京スカイツリー、いよいよ開業の日を迎える


折角、隅田川まで来たのだから開業前のスカイツリー雄姿を堰堤から楽しんでみよう。まずは白髯橋から遥かに聳える塔を撮影!この辺は人が少なく静かな雰囲気。輝く太陽とスカイツリーのコラボがgood!


        ........白髯橋から眺めた隅田川&スカイツリー、粛々とオープンの日を待っている.....
c0119160_174260.jpgc0119160_1741789.jpgc0119160_20241195.gifc0119160_20243433.jpg

c0119160_17315915.jpg


スカイツリー全景を収めるには一定距離が必要なので白髯橋辺りまで離れた方がいいかもしれない。でもやはり桜橋から仰ぐのがメインスポットとなることでしょう。アサヒビール・吾妻橋に向かって墨堤コースへ


       .......オ~!、アサヒビール本社(通称ウンチビル)が見えてきた!接近してみよう!.....
c0119160_17392528.jpgc0119160_20262281.gifc0119160_1740548.gif
c0119160_17402359.jpg


5月22日スカイツリー開業に向けて着々と準備が進んでいます。下記写真がいち早くマスコミ公開されたスカイツリー天望デッキからの大パノラマ。やはり六本木ヒルズ光景とは高さが断然に違うことが解ります。


       ........これぞ天望デッキからの東京大パノラマ光景!3月6日一早くマスコミに公開された.....
c0119160_17515385.jpgc0119160_174647100.jpg


c0119160_17473670.jpg


     ........(左)業平橋駅はスカイツリー駅に改名 (右)「とうきょうスカイツリー駅」地図......
c0119160_1833184.jpg
c0119160_183557.jpg


天望デッキ料金3000円は高いと思うけれど、当面は予約で一杯。小生はブームが一段落して冬になってから行ってみようと思います。西高東低冬型時こそ、富士山から筑波山まで眺望できる絶好機会


     ......(左)天望デッキの予約販売に並ぶ人、チト料金高い (右)「都市と塔の物語」展示ポスター.....
c0119160_1811715.jpgc0119160_18122498.jpg
c0119160_18112843.jpg

それにしてもやはり歌川国芳のスカイツリー浮世絵には驚かされます。この位置から撮影したスカイツリーと脇の商業ビルの構図は正に瓜二つ。予知夢で見た2012年の隅田川光景を描いたとしか思えません。


       .......何度見ても不思議・・!スカイツリーの予言図としか言いようがない・・。.....
c0119160_1815841.jpgc0119160_18152575.jpgc0119160_1815395.jpg


c0119160_18161256.jpg


     ........国芳が今も存命ならばスカイツリーをバックに隅田川で暴れる鯨絵を描いたかも・・!....
c0119160_18235450.jpgc0119160_1828692.jpg
c0119160_18242980.jpg



元気を失っていた日本ですが、今年は世界一の電波塔開業で勇気づけられることは間違いなし!国芳さん、国良しの予言もありましょうな。桜の次は新緑季節・・「目に青葉・空見上げれば634塔


      .......さあ、いよいよ・・。5月22日オープンの日を待つスカイツリーと浅草・墨田の街、隅田川.....
c0119160_18323186.jpgc0119160_1832446.jpgc0119160_18331232.jpg
c0119160_18332917.jpg





                                                         おわり


次回は、「待ちに待った2012満開桜、旧友・家族と楽しんだ春爛漫(前編)」をお送りいたします。
c0119160_9404913.jpgc0119160_9413747.jpgc0119160_9413086.jpg

  by rollingwest | 2012-04-07 00:00 | 都会の風景 | Comments(64)

<2011年7月30日>「空海と密教美術展」&紀伊・高野山「金剛峯寺」レビュー

        <日本仏教史を飾った偉人達>: (その1)「弘法大師・空海」①

c0119160_923183.jpg

★「空海と密教美術展」 (2011・東京)


7月末に東京国立博物館・平成館(上野公園)で開催されている「空海と密教美術展」(7/20~9/25)を職場同僚3人で見に行きました。東寺の仏像曼荼羅を再現した展示会で人気は相当が高いようで、1ケ月弱で入場者数が20万人を突破、累計50万人を記録するのも夢ではないペースになっています。

c0119160_8571791.jpg

   
 (注):美術館内は撮影禁止につき、美術品写真はネット拝借or カタログからのスキャナー画像です。 


    .......京都「教王護国寺( 東寺)講堂」の密教彫刻群が遂に東京へやってきた!.......
c0119160_8592212.jpgc0119160_8594022.gif 

c0119160_90749.jpg


美術展は空海が中国から持ち帰った絵画・仏像・法具、空海により造られた京都東寺(五重の塔で有名)講堂の「立体曼荼羅」を構成する諸像、両界曼荼羅図(神護寺)、空海自筆の書、空海所縁の作品を中心に日本の密教美術1200年の原点ともいえる名宝が結集している貴重な展示会です。


    ......上野駅公園口の改札を出て、東京国立博物館「空海と密教美術展」へ........
c0119160_981021.jpg
c0119160_98467.jpg


我々が行った7月末は美術展が始まったばかり、観客大混雑の状況ではなかったので、比較的ジックリと鑑賞することができました。まずは空海が唐からもたらした経典や錫杖頭・密教法具類(実に芸術的!)、空海の直筆「聾瞽指帰」(三筆と称賛されただけあり達筆の極み!)に目を奪われます。


      ........ (左) 密教法具の数々 (右)空海の直筆「聾瞽指帰」(金剛峯寺).......
c0119160_9244349.jpgc0119160_925111.jpg

c0119160_9251418.jpg


京都市内のお寺以外では、空海が和歌山・高野山に開いた金剛峯寺からの美術品も展示されています。空海に所縁ある各地の寺からこれだけの宝物を東京に運ぶのも大変な事だっただろうなア・・


    ..... (左) 高野山国宝 「諸尊仏龕(syosonbutugan)」 (右)密教宇宙の中心「大日如来」.......
c0119160_938725.jpgc0119160_1031763.jpg
c0119160_938308.jpg


現存最古の「両界曼荼羅図」(神護寺)が登場!東寺・金剛峯寺からの展示もある。両界曼荼羅とは「大日如来」を中心に数々の仏を一定秩序で配置し、宇宙の真理を仏の形として表したものです。大日如来は「胎蔵界」「金剛界」の2つの姿(両界)があるとのこと。難解~!グルグル頭がローリング状態・・


     ........ (左)巨大な「両界曼荼羅」が展示されていた  (右)両界曼荼羅「胎蔵界」.......
c0119160_945452.jpgc0119160_1051131.jpg

c0119160_1061254.jpg





c0119160_9421788.jpg


   ...... (左) 東寺所蔵の「両界曼荼羅図」  (右)首傾げの色っぽい「如意輪観音菩薩坐像」.......
c0119160_1091651.jpgc0119160_10163616.jpg




c0119160_1093697.jpg


密教は古代インドで発祥、中国経由で平安時代初期に日本へ伝わった仏教の一派(即身成仏が最大目的)、日本では弘法大師空海の「真言宗(東密)」と最澄の「天台宗(台密)」とに二分されます。


   ...... (左)「千手観音菩薩立像」の複数手の影がgood! (右)五大明王像「大威徳明王」.....
c0119160_10191922.jpg

c0119160_10194160.jpg


密教では修行により生きながら仏に成り得る(成仏)」としています。(奈良仏教は経典研究を主とする顕教) そうイヤ、奈良仏像と密教仏像とでは全く違う。密教仏はインドの雰囲気が漂っています。密教は古代インドのバラモン教やヒンドゥー教と融合した仏教で護摩壇の火はゾロアスター教の影響も・・


       ....... (左)祈りの 「金剛菩薩坐像」  (右)力強さが溢れる東寺「仏像曼荼羅」.......
c0119160_10301345.jpg

c0119160_10303030.jpg


8世紀初めインド僧2人が中国を訪れ、別々に「大日経」と「金剛頂経」の2系の密教が伝えられたそうです。2つの教えを受け継ぎ統合発展させたのが「不空三蔵」という僧(中国密教を完成)です。そして不空の弟子「恵果」から2系密教を直接、同時伝授してもらったのが「空海」だったのです。


      ...... 2003年に訪ねた真言宗「東寺」(教王護国寺)、「五重塔」が有名.......
c0119160_10353934.jpg

新幹線から京都駅に到着すると有名な「東寺」(教王護国寺)五重の塔を見ることができます。東寺講堂の中に入ると、躍動感をもった迫力ある21体の仏像がひしめいた光景が思い出されます。


      ........(左) 東寺の「金堂」 (右)密教立体曼陀羅像が安置される「講堂」........
c0119160_10571540.jpgc0119160_10573194.jpg
c0119160_1058745.jpg


21体の中から、東寺より今回上京してきた8体の仏像が「仏像曼荼羅」を形作り、その世界を表現して、最後の展示コーナーを締めくくっていました。まさに見応えがありますネ~!数年前に大人気を博した「阿修羅展」「薬師寺展」と同様に仏像一体々を360度のアングルから見ることができます。


      .......東寺講堂から来た迫力ある「仏像曼荼羅」が展示場の最後を飾る.......
c0119160_11113084.jpg


持国・増長天は邪鬼を踏みつけ怒りの表情で咆えている。インド像に跨ったイケメン顔の「帝釈天騎象像」に多くの女性がウットリ見つめ人気を集めている。(ブツジョ・ブ-ムだ~)真っ暗な会場内に8体仏像が配置、金色ライトアップで妖しく浮かぶ姿は独特な雰囲気が醸し出され、神秘的魅力を大いに感じました。


      ....... (左)「帝釈天騎象像」  (右)帝釈天の端正なる表情をクローズアップ.......
c0119160_11415691.jpgc0119160_1113472.jpgc0119160_11243550.jpg







c0119160_11142058.jpg






★紀伊・高野山「金剛峯寺」レビュー (2002・和歌山)


先述しましたが、紀伊・高野山「金剛峯寺」は弘法大師・空海により開かれた真言宗総本山です。関西在住時に訪れ、空海眠る「奥の院」を見学し深い印象が残る・・。著名人のお墓の数もすごい!


           ........ (左) 高野山の時間(2002年) (右)「金剛峯寺」主殿.......
c0119160_11445691.jpgc0119160_11452689.gif








c0119160_11454846.jpg


高野山は、周囲を千m級の山に囲まれ、百以上の寺院が密集、弘法大師空海が宗教活動の拠点とした寺。真言宗の聖地を競い合う京都・東寺とはライバル関係!(他の宗派にも対立はあるね~)


    ...... (左)「根本大塔」(奥の院と並ぶ高野山2大聖地) (右)「大門」(重要文化財).......
c0119160_11524820.jpgc0119160_1153815.gif

c0119160_11533038.jpg


空海は774年・讃岐国(四国香川県)の善通寺に生まれ、12歳で国学に入り大学へ進みましたが、その後私度僧として山林修行に入ります。31歳、遣唐使として渡航(最澄と一緒)、長安に入りました。恵果から体系的な正当密教(純密)の全ては空海に教授されたのです。最澄との立場逆転へ・・


    .......(左) 最澄(天台宗開祖)    (中)遣唐使ルート    (右) 遣唐使船の図........
c0119160_1212020.jpgc0119160_1214910.jpgc0119160_1221136.gif

空海が唐を去り、その後中国では国家規模で仏教が弾圧なれ、中国密教はやがて姿を消しました。正統密教はインドでも中国でもなく、空海により極東の島国日本のみに伝わり受け継がれていたのだ。


      ........高野山・境内の広さは5万㎡もある! 金剛峯寺「客殿・台所」.......
c0119160_1261100.jpg


参道入口から奥の院・「弘法大師御廟」まで続く参道には、膨大な数の墓が立ち並んでいました。数は何と20万基以上、しかも日本史や現代有名人・企業家等のビッグネームが続々!御覧あれ~


     ........ (左) 織田信長の墓              (右)お江の墓........
c0119160_12155278.jpg
c0119160_1216875.jpg

     ........ (左) 明智光秀の墓             (右)石田三成の墓.......
c0119160_22523168.jpg
c0119160_22495692.jpg

     ........ (左) 上杉謙信霊屋             (右)伊達正宗の墓.......
c0119160_123927100.jpg
c0119160_22412420.jpg

    ........ (左) 鶴田浩二の墓             (右)松下幸之助の墓........
c0119160_1240409.jpg
c0119160_12405279.jpg

     ........ (左) 浅野内匠頭の墓             (右)徳川家墓所.......
c0119160_1249106.jpg
c0119160_124924100.jpg


深い杉木立奥には、大師信仰の中心聖地「奥の院・弘法大師御廟」が鎮座、毎朝の護摩壇・祈祷時には空海に朝食が捧げられています。「即身成仏秘法」により弘法大師はまだ生きており、御廟所で瞑想したままと信じられているのです。確かに御廟では物凄い霊気を感じた様な気がしました。


  ......(左) 奥の院への杉木立 (中)聖地「奥の院・弘法大師御廟」 (右)護摩壇・加持祈祷........
c0119160_12544250.jpgc0119160_12554799.jpgc0119160_13131687.gif






c0119160_1256974.jpg


中国僧・恵果から密教秘伝を受けた、空海は儀式で「遍照金剛」の灌頂号を授けられました。四国お遍路が唱えるお経「南無大師遍照金剛」は号に由来。今回の密教美術展鑑賞を機に司馬遼太郎の「空海の風景」を読みました。空海の生涯本は多くありますが、やはりこの著書がお勧めのようです。


       ........ (左)「空海の風景」(司馬遼太郎)     (右)「弘法大師・空海」の肖像.......
c0119160_13163933.jpgc0119160_13174646.jpg
c0119160_13172243.gif



毎年、節分参りに行く川崎大師も含め、過去幾つか訪ねた古刹にも真言宗寺院が多くあり、京都・東寺、高野山・金剛峯寺は行ったものの、空海が生まれた讃岐はまだ殆ど足を踏み入れていません。


     .......いつか訪れて見たい。空海の生まれ故郷・四国「多度津」の風景.......
c0119160_13244521.jpg
c0119160_1325965.jpg


     ........「四国八十八ケ所霊場の開創図」、弘法大師・お遍路巡り.......
c0119160_1329429.jpg
c0119160_13292196.jpg

いつか四国を訪ねて空海所縁地や史跡、「四国八十八ケ所霊場」もユックリと廻って見たいでネ~。もしかして歳を重ね一念発起し「南無大師遍照金剛」と唱えながらお遍路姿で歩いていたりして・・(笑)


   ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 


   ....... (左) 「空海と密教美術展」の看板 (右)「東京スカイツリー」(634m)を遠くに望む.....
c0119160_1340229.jpg
c0119160_13403986.jpg


今回の美術展は実に興味深い内容でした。今機会に空海・親鸞・日蓮・道元等、日本仏教史の偉人達の足跡も訪ねて見よう!本展示会は9月25日まで開催ですので興味ある方はご覧あれ~!



                                                           おわり



次回は再び山記事、「カムイエクウチカウシ山(後編):日高の奥深き難関峰に挑む」をお送りします。
c0119160_13463058.jpgc0119160_13465781.jpgc0119160_134782.jpg

  by rollingwest | 2011-08-28 08:50 | Comments(43)

<2010年11月14日>「東大寺大仏展~天平の至宝」(東京国立博物館)

★奈良遷都の節目の年に・・                         


今年はご存知、「平城京遷都1300年」の記念すべき節目。奈良の記事を何度も掲載しましたが、本年最後のレポートです。東京国立博物館で開催中の「東大寺大仏~天平の至宝展」を鑑賞してきました。
08年「薬師寺展」、09年「興福寺・阿修羅展」に続き、トリは奈良の象徴「東大寺大仏展」の登場~!

c0119160_21185319.jpg
c0119160_21194056.jpg


    ......「東大寺大仏展」開催の「東京国立博物館」、大銀杏がいい黄葉になってきた。.......
c0119160_13301111.jpg
c0119160_13303324.gif

c0119160_13311157.jpg


今年は光明皇后(大仏建立・聖武天皇の奥様)没後1250年でもあり、その記念で開催された特別展の目玉は大仏殿前に立つ5mに近い「八角の大燈籠」が展示されていることです。造立当初から「東大寺」と「大仏」を見守ってきた大燈籠が初めて寺を出たのです。天平時代・宝物の数々も一緒にご出張


      .......東大寺・大仏殿を守護してきた「八角燈籠」がついにお江戸へ上京してきた!.......
c0119160_14292838.jpgc0119160_14302024.jpgc0119160_14295140.jpg





c0119160_14235245.jpg


10月25日、奈良時代史に関する大ニュースが飛び込んできました。今回展示中の「金銀荘太刀」(明治時代に大仏足元から出土した国宝)が、伝説の「陽陰宝剣」 (1250年間行方不明)だったという事実がエックス線調査で判明!「陽・陰」2宝剣は光明皇后が大仏右膝の元に秘かに埋納したものだったのです!


       .......奈良大仏・造営の詔を発した「聖武天皇」 &「光明皇后」(今年は1250年御遠忌).......
c0119160_14511047.jpg
c0119160_14513393.gif
c0119160_1451475.jpg


陽・陰の寶劔は聖武天皇の遺愛品で光明皇后が正倉院に献納後持ち出された幻の宝剣。天皇愛剣を「大仏と一体になる形で国を見守るのが相応しい」と皇后が考え、大仏の元に埋葬したようです。遷都後1300年・皇后没後1250年の節目を待っていた様に発見されるとは・・、古代ロマンの不思議を感じる。


     .......「金銀荘太刀」のレントゲン写真で陽・陰の字が発見!今回展示の目玉の一つだ!.......
c0119160_1533467.jpg
c0119160_1534846.jpg


もう一つのTOPICSは、東大寺・創建時に建立された高さ100mの東西「七重塔」のうち「東塔」の再建構想が4月に発表されたことです。「東塔」は、大仏殿を囲む回廊の東側に建立され、1180年平氏の南都焼き打ちで焼失、1227年再建され室町時代に落雷で焼失した幻の塔。今後新たな見所が増え楽しみ~


       .......東大寺「七重の塔」の相輪(塔の再建計画が発表された).......
c0119160_15104290.jpg

c0119160_15124040.jpg


東大寺にまつわる大ニュースが駆け巡った遷都1300年の晩秋に、大仏建立の秘話・天平至宝群を真近に見られるとは幸せ~!紅葉輝く上野の森に、遠い歴史文化に触れるべく出かけました。(niawane~)





★「東大寺大仏展~天平の至宝」、国宝の数々


朝一番9時過ぎに国立博物館に駆けつけるともう行列ができている・・。「薬師寺展」や「阿修羅展」ほどの大フィーバーにはなっていませんが、やはり奈良記念の節目の年なので人気は非常に高いんだなぁ・・


              .......東大寺・天平至宝展の会場ロビー(国立博物館の平成館).......
c0119160_16385388.jpgc0119160_13303324.gif

c0119160_1712630.jpg





c0119160_16392853.jpg


今回場内撮影禁止につき、数々の天平至宝の紹介写真はインターネットから拝借多用させて頂きました。
まずエントランスに入ると、霧に煙った「東大寺」の白黒絵画が飾られている。期待感が益々と高まる・・。


          ......至宝展のエントランスに飾られていた「墨絵のような東大寺」風景 .......
c0119160_1793323.jpg
c0119160_179489.jpg


中に入ればまさに天平至宝の数々が次から次にお出まし~!「天上天下唯我独尊」と生誕時に喋ったお釈迦様の姿はありがたい・・。大仏造営に関り東大寺を開山した「良弁」、大仏焼失後の再建に力を尽くした「重源」、頑固で意志の強い僧正に間違いなし、その性格さえ容易に想像できる写実ぶりだ・・。


    ......(左)「西大門勅額」 (中)「重源上人坐像」 (右)「誕生仏釈迦仏立像」・唯我独尊.......
c0119160_171697.jpgc0119160_17162411.jpg
c0119160_17163942.jpg

              .......「八角燈篭」展示がいよいよ間近に、手前は「良弁僧正座像」......
c0119160_1721360.jpg

今回展示の目玉の一つは、東大寺から展示のために移設されてきた高さ5m近い巨大「八角灯籠」!
灯籠八面にはめられている銀色の羽目板も立派です。表面には菩薩が彫られた見事な文様が印象的。しかし東大寺大仏殿に長年鎮座していたこの重量物を展示場に運ぶのは大変なことだったろうなぁ・・


    .......(左下)東大寺から運び出す時は大作業  (右上)燈籠の「火袋羽目板」&「八角燈籠」......
c0119160_17302888.jpgc0119160_17305914.jpg










c0119160_17312472.jpg

「僧形八幡神坐像」もあった!受験勉強で暗記した有名な国宝という記憶があるが、これでしたか~!
鎌倉時代彫像らしいが古さを全く感じさせない。そして一段と目を引いたのが、「不空羂県菩薩」の光背!「ありがたや~」という華やかさ。この光背を作った人も、外して運搬した人もお疲れ様でした~


      ......(左)国宝「僧形八幡神坐像」    (右)「不空羂菩薩の光背、ド派手だね~!.......
c0119160_183308.jpgc0119160_184393.jpg
c0119160_1863534.jpg


そしてハイライトはまだまだ続きます。冒頭に紹介した「金銀荘太刀」(陽陰宝剣)、珍しいアフロヘアの如来様「五劫思惟阿弥陀如来」(頭が重くてジッと耐えてるような可愛らしさ・・)も今展示の目玉の一つです。


 .....(左)「金銀荘太刀」(陽陰宝剣) (中)光明皇后の薬木「桂心」 (右)「五劫思惟阿弥陀如来」....
c0119160_1828066.jpgc0119160_1829231.jpg





c0119160_18282987.jpg


今回は期間限定で「正倉院宝物」特別公開も行われていました。光明皇后は民衆を病気から救うため施薬院をつくりましたが、そこで使われた薬木も展示されている。菩薩様のような光明皇后様に敬礼~





★「大仏の世界:バーチャルリアリティー」


上映時間約12分に及ぶバーチャルリアリティ映像「大仏の世界」は、東大寺の成り立ち・大仏開眼へ向けての人々の想いを最新映像で表現しています。大仏開眼・供養会の日の星座位置をコンピュータで精巧に計算し配置して、星空を背景に天平を代表する大建築の物語が現代に蘇る。よく出来ているネ~!


     ......(左)奈良の大仏開眼は752年      (右)バーチャルリアリティ映像・「大仏の世界」.......
c0119160_1855415.jpgc0119160_1856120.jpgc0119160_18562927.jpg










c0119160_1856484.jpg


東大寺は聖武天皇の発願で大仏様(盧舎那仏)が造立され、国家的な仏教信仰の中心になりました。
普段は決して見られない大仏の背面を含め360度ぐるりと眺めていく映像はなかなか貴重なものだ。


                ......エントランス脇のロビーには実物大の「大仏の手」があった!.......
c0119160_1965354.jpg

これでメイン展示は終了・・、相当に見応えのある至宝展だったなぁ。出口に向かうとロビーには実物大の大仏の手が飾られていました。ビックリ!平成館に隣接する本館では無料常設展も公開されています。


               .......「仏像の道」常設展(拝観無料)、仏像の伝播歴史を解説.......
c0119160_19105627.jpgc0119160_19113063.jpg

この常設展では、仏像の発祥(インド)から中国・朝鮮半島を経由して日本まで伝播してきたルートなどが模倣仏像とともに解説されている。こちらも大変勉強になりました。これが無料なのは大いにお得感!


     ......(左)中国西域の首仏像 (右)現代美術も無料展示、高村光雲作「野猿」があった!......
c0119160_20361819.jpg
c0119160_20443769.jpg


この展覧会は、東大寺に所縁深い宝物を紹介し、寺のルーツや大仏開眼に至る歴史や奈良時代の人達の心をも分かりやすく解説。12月12日まで開催されているので興味ある方は是非ともお見逃しなく・・





★秋の上野公園、あざやかな紅葉


        .......平成館の建物脇、遥か先に「東京スカイツリー」が見えた。クローズアップ!.......
c0119160_2051759.jpg
c0119160_20521473.jpg


国立博物館を出ると、紅葉木々が綺麗に色づき始めている。ふと平成館の横を見ると東京スカイツリーが頭を覗かせている。10月中旬に497m到達、即500m越えかと思ったが、まだそのニュースは入ってきません。頂上部が風や地震で揺れを抑える「頂部制御装置」を設置しているとのこと。500越えは12月上旬?


    ......(左)博物館前の「大銀杏」が立派! (右)上野公園の噴水、桜並木の紅葉が鮮やか!.......
c0119160_20583969.jpg

c0119160_20594234.jpg


上野公園は桜で有名ですが、サクラの紅葉も実に見事なものです!今年は残暑が長く続いたことから、いつまでも色つかずヤキモキした時期もありましたが、猛暑のあと早い寒さの訪れで寒暖差が激しくなったことで結構見頃になってきた。都心部の紅葉はクリスマス・大晦日まで続き冬の風物詩になるのかも・・

c0119160_21275276.jpgc0119160_21281165.jpg




c0119160_21284030.jpg






★奈良時代の節目の年、レビュー


         ......今年6月に訪ねた「平城京遷都1300年祭」、「大極殿」の前で集う人.......
c0119160_21375513.gifc0119160_21385796.jpg



c0119160_21401225.gif


今年は自分にとっても奈良マイブーム再来の年となりました。今年奈良の記事を7回も掲載してしまった。
関西在住時に訪ねた奈良の記事を整理レビューできたこともよかったし、1300年祭の現地を訪問に合わせて憧れだった唐招提寺・薬師寺をついに訪問できた事が最高でした。(まさに奈良漬け満足状態)
c0119160_21467100.jpg
c0119160_21462853.jpg

 
平城京1300年祭会場地は、まだ発掘や研究も続けられ今後さらに整備・拡充されていくことでしょう。
「第ニ大極殿」も今後できるようですが、完成はいつ頃かな?その時また奈良ブームが再来するかも・・。


     .......①「朱雀門」開門  ②奈良宮廷官女 ③大極殿の「高御座」 ④「金色の鴟尾」......
c0119160_22133872.jpgc0119160_22141245.jpgc0119160_22142958.jpgc0119160_2215429.jpg

         ......今年秋の「正倉院展」では「螺鈿紫檀の五絃琵琶」が公開された。......
c0119160_22195699.jpgc0119160_2220164.jpgc0119160_22205633.gif

c0119160_22212311.jpg


関西時代に長い間修復中で見ることができなかった「唐招提寺」(天平の甍)、そして今後10年間修復に入る薬師寺「東塔」を6月に一緒に見られたのもラッキーでした。30年前の映画「天平の甍」も初の鑑賞


      ......(左)薬師寺の国宝「東塔」&「薬師三尊」   (右)「唐招提寺・金堂」(国宝)......
c0119160_22313745.jpgc0119160_22315769.jpg
c0119160_22322281.jpg


      .....6月に見た「興福寺・五重の塔」の夜景、「猿沢池」に幻想的に浮かぶ。.......
c0119160_2237837.jpg
c0119160_22372588.jpg


奈良はまだ訪ねていない史跡や道が多く残っています。面積が狭い県ですが、見所が沢山あって分散しているので何回も行かないと見切れないんですよね。新薬師寺・大安寺・當麻寺・長谷寺・宇多分水神社・談山神社・朝護孫子寺・法華寺・海龍王寺・当尾・暗峠・葛城山・高見山・・・。またいつか来よう。
  

             ......奈良県庁屋上から「東大寺、若草山・春日山」を望んだ(6月).......
c0119160_2240377.jpg


                             今年(2010年)に掲載した奈良に関する記事はコチラから



                                                          おわり




次回は、「ジョンレノン生誕70年、暗殺30年目の命日」の記事をお送りします。
c0119160_22463351.jpgc0119160_22465994.jpgc0119160_22472374.jpg

  by rollingwest | 2010-11-25 00:00 | 寺社・史跡・古道 | Comments(48)

 <2010年6月>伊勢路・奈良の旅(その2):「奈良公園」&「奈良遷都1300年祭」

                             伊勢路・奈良の旅:(その1):「伊勢神宮」より続く



★夜の静けさ、「Silent Light 奈良」


伊勢神宮から名阪国道を経由で奈良に入り、奈良公園の近くにある本日の旅館へと向かいました。
「奈良公園」といえば、修学旅行生がのんびり寛ぐ鹿にお煎餅を与える光景が目に浮かぶ。若草山麓に広がる都市公園(国有地)には、東大寺・春日大社・興福寺など錚々たる寺社が鎮座します。


   ........「猿沢の池」に幻想的に浮かび上がる「夜の興福寺」(阿修羅像があるお寺).........
c0119160_22453024.jpg




c0119160_18453336.jpg


関西在住時に、「猿沢池に浮かぶ興福寺」のライトアップ夜景を初めて見た時は感動したね~。今回あらためて見るけれどやはり風情があります。県庁近くなのに音が殆どしない・・。シ~ンとした夜景がいいネ!


      .......「興福寺」ライトアップ2景 (左)五重の塔  (右)南円堂   静かなる時間.........
c0119160_22461711.jpgc0119160_22463964.gif




c0119160_22471054.jpg


前回は「ライトアップ興福寺」を池越しに遠くから眺めただけですが、今回は目の前まで入ってみよう。公園の石階段を上がり、五重塔と南円堂の周辺を散策。いつもは観光客に溢れているのにこの静けさは・・


    ........興福寺は、天皇摂家として権勢を奮った藤原氏の氏寺、「南円堂」クローズアップ.........
c0119160_2248486.jpg
c0119160_22481863.gif




c0119160_22494746.jpg


c0119160_7251057.jpg幻想的な興福寺を見て回った後は、ちょっと足を伸ばして「奈良町」の小路周辺をホロ酔いでフラフラ


          ......風情ある奈良町の小路をホロ酔い気分で歩く.........
c0119160_20512134.jpgc0119160_20515582.gif






c0119160_20521688.jpg


猿沢池の南、元興寺の境内一帯を「奈良町」と呼びます。奈良最古の町は近世に筆・墨を作る産業が栄え、町衆文化が発展した地域。町家の美しい格子や狭い路地に古都奈良の違う一面が覗えます。


     .......奈良町は元興寺境内にあり、長らく町衆文化を支えてきた。 (元興寺の極楽坊↓)........
c0119160_2054980.jpgc0119160_20543052.gif




c0119160_20544860.jpg


     .........猿沢池と興福寺の夜景を見ながら、明日の奈良遷都祭への訪問に期待を寄せる。............
c0119160_2254995.gif
c0119160_22542953.jpg

夜の奈良公園・奈良町は静かでなかなかの風情がありました。皆様、機会あれば是非ご訪問を!
さて明日は昼間の奈良公園を散策してみよう。そしてその次は「奈良遷都1300年祭」へと向かう。


                「大和路・旅の思い出レビュー」(その1):東大寺・春日大社・興福寺を紹介




★陽光の「奈良公園」から「奈良ホテルへ」


昨夜の静かなライトアッフ「゚奈良公園」から打って変わり、今朝は本来の観光地の姿を取り戻していました。修学旅行生や観光客が、陽光溢れる若草山の麓でシカに餌をやる。これが「奈良公園」の定番です。


         ......... 春日大社や奈良公園にはやはりのんびりとしたシカの姿がよく似合う。......
c0119160_1911793.jpg c0119160_1914499.gif


c0119160_1434021.gif


c0119160_20535493.jpg


              ........ 開放感ある「若草山」を背景に公園でたわむれる親子......
c0119160_2115939.jpg

せっかくだから「関西の迎賓館」とのいわれる「奈良ホテル」を訪ねてみよう。明治42年に創業、昨年で100周年を迎え、皇族や各界著名人・外国大使が宿泊することで知られる大変由緒あるホテルです。


                   ......明治42年創業「奈良ホテル」(関西の迎賓館)の正面玄関......
c0119160_218399.jpgc0119160_219312.jpg





c0119160_2192267.jpg


「奈良ホテル」は荒池のほとり(興福寺・猿沢の池の近く)にあり、本館は桃山御殿風の総ヒノキ造り。
建物の雰囲気が古都奈良の景観に調和しており、創業当初の面影をそのまま残す貴重な建物です。


       ..........「 奈良ホテル」のクラシカル建築 (左)エントランス階段 (右)メインダイニンク......
c0119160_2281025.jpgc0119160_2283059.jpg

外観のみならず、館内のインテリアは高い天井・ロビー・ダイニングルーム等、温かみある木造りの風情で明治浪漫のレトロな雰囲気を満喫することができます。昼夜にわたって奈良公園の数々の表情を楽しめて満足・・


           ............奈良公園周辺の観光MAP(クリックで拡大表示されます).........
c0119160_22185112.gif





★「平城遷都1300年祭」、平城京跡地に「大極殿」を訪ねる


今年は奈良・平城京に都が移されてから1300年の節目の年を迎え、4月24日の開催式で始まった「平城遷都1300年祭」は大いに賑わいを見せています。「せんとくん」も当初の批判を完全に覆し今や超人気ユルキャラで大活躍!奈良は関西勤務時代に各所を廻りましたが、平城京跡地は初訪問だ〰!


   .........今は瑞穂田の「平城京跡地」。88年前に史跡指定されて以来、ついに大極殿が完成!.......
c0119160_22351774.jpgc0119160_22362710.jpg





c0119160_22365041.jpg


平城京跡地は遺跡価値が評価され、1998年には「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産として登録されました。「平城京・大極殿」は、小生が関西勤務の頃より修復工事が開始されましたが9年の歳月をかけて完成したのです。「平城遷都1300年祭」開催に間に合わせ、雄姿をついにお披露目!


    ........(左)平城京の条坊図(他の寺との関連がよくわかる!) (右)遷都の歴史(奈良は2回も).....
c0119160_22472289.jpg
c0119160_22475241.jpg


今から1300年前の首都は、東西に約6km・南北に約5Kmの規模を誇り、中心部には75mの道幅をもつ「朱雀大路」が貫かれていました。この大路を中心に碁盤の目の様に道路が整備され10万人の人が暮らしていたとのこと。「朱雀門」は平城京の南側に位置し、四神(後に記述)の一角を担います。


    ........(左)「朱雀門」は大極殿の南側に構える。(右)「開門の儀式」がいよいよ始まった。.....
c0119160_22542635.jpg





c0119160_22551325.jpg


朝早く会場に到着すると、この朱雀門を開門するイベント儀式が始まりました。奈良時代の守衛兵姿に扮した人が古式ゆかしき手続きを取り儀式を粛々と進めていきます。そして・・ついに開門〰!gigigi〰


      .....ついに朱雀門が開かる!守衛兵の主が仁王立ち!何か中国の宮城のような雰囲気......
c0119160_23143740.jpg






c0119160_23151219.jpg

本当に平城京跡は広い!遥か先に見える大極殿に歩いて辿り着くには20分はかかりそうだ!朱雀門から大極殿へ続く敷地の中を近鉄電車が横切り走っている。確かに復元前は単なる野っ原でした。

c0119160_20571538.gif


    .......大極殿は実に大きく、正面幅44m、高さ27mの大威容!これは「第一次大極殿」......
c0119160_730462.jpg


c0119160_731644.gif


メイン会場近くには、遣唐使船の復元展示や平城京シアターが設けられ、当時の衣装を貸し出すコーナーもあります。因みに「第一次大極殿」とは710年藤原京から遷都してきた時の宮殿を指し、「第二次大極殿」は945年に再遷都(上記・遷都歴史図参照)された際に第一次とはやや離れた場所に造営されました。


.......(左)日本から中国に吉備真備や玄昉らが「遣唐使船」で渡った。 (右)奈良時代の宮廷衣装......
c0119160_7384177.jpgc0119160_7382426.jpg



c0119160_910450.jpg



           ..........平城京最大の宮殿「大極殿」、瓦を9万7千枚も使っている大屋根だ!.....
c0119160_743321.jpg

大極殿の意味は「北極星」(=大極星)に由来。中国思想に倣い、天皇が宇宙の中心という威光を見せたかったのでしょう。そして中心星を囲むように平城京は「四神相応の地」という詔が発布されました。


     ........「四神相応図」、平城京を四禽(東・青竜、西・白虎、南・朱雀、北・玄武)が守る.....
c0119160_746940.jpg

「四神相応」とは上記に記載してあるように、四方(東西南北)を守護する聖禽を表します。そういえば冒頭の朱雀門は南側入口だったし、高松塚古墳やキトラ古墳の壁画にもこの四禽図があったねえ・・・


  ........(左)天皇が座した「高御座」(takamikura)  (右)巨大な「金色の鴟尾」(shibi)..........
c0119160_7481088.jpgc0119160_7482848.jpg

大極殿の中心部は「高御座」!ここには天皇が座り、「朕は北極星なり」とか詔ってあれこれと指示を出した場所なのでしょう。その隣に飾られていた金色の「鴟尾」(shibi)もド迫力がありました〰!


      ..........古代建築の「鴟尾」が進化し「金のシャチホコ」や「鬼瓦」になったと思われる。.....
c0119160_874211.jpg

c0119160_88955.gif
c0119160_88267.jpg


「鴟尾」とは古代大建築で屋根両端につけた飾り瓦(中国発祥)です。鳥の尾or魚のような形をしており、沓(kutsu)にも似ているところから「沓形」とも呼ばれ、後世の鬼瓦やシャチホコの原型となりました。
c0119160_637584.jpg
c0119160_8112696.jpg


古の都・跡地の復元遺跡を堪能!「平城遷都1300年祭」はまさに博覧会のような人出の賑わいだ。
前夜に味わったライトアップ興福寺の静けさとは対極的でしが、遷都の祝福なので盛大さが似合うね!「平城京遷都1300年祭」のメイン会場展示は11月7日まで開催しておりますので皆様も是非ともご覧あれ。

                              「平城京遷都1300年祭」のHPはコチラから
                                                                 さて次は「西の京」エリアを訪ねてみよう。ここはずっと憧れていた「唐招提寺」と「薬師寺」が鎮座します。



                                                        つづく



次回は、伊勢路・奈良の旅(その3):「西ノ京の国宝寺」をお送りします。
c0119160_8255415.jpgc0119160_8264865.jpg

  by rollingwest | 2010-09-16 00:00 | 寺社・史跡・古道 | Comments(38)

<2008年6月1日>国宝「薬師寺展」(日光・月光菩薩)

いや~!話題の「国宝・薬師寺展」、実によかった~!「日光・月光菩薩」の生の姿をこの目で見ることができて大感動!マジマジと見入ってしまいました。また「玄奘三蔵像」(西遊記・三蔵法師)や、小学生時代に切手趣味で憧れた「吉祥天像」も直接鑑賞、「素晴らしい~」の一語に尽きる!

c0119160_5594563.jpg



c0119160_601788.gif

平城遷都1300年行事の一環として開催された本展覧会は「日光・月光菩薩、聖観音菩薩立像」の国宝3体が光背を外した独立姿を全角度から鑑賞できる展示であり、実に画期的なできごと!
3月に前売券を購入して、この夢の展示会に来る日を予てからワクワク・楽しみにしておりました。

 
     .....東京国立博物館(上野)の正門に飾られていた「薬師寺展」のエントランスパネル....
c0119160_651240.jpg


本展示会は75日間(3/25~6/8)で何と70万人近い入場者を記録する大盛況、5月末には天皇陛下も訪れています。展示会最終日が迫っているせいか予想通りの大混雑。行列最後尾の係員の立札は2時間近い待ち時間!博物館側も外の暑さに気を使い、日傘を貸してくれていました。


.....館内は大賑わい。当展示会が大きな話題となり高い関心を呼んでいることがわかる。....
c0119160_69214.jpg



見事なプロポーションと体をくねらせた自然な身のこなし。有名な菩薩像ですが、これほどまでに写実的なブロンズ像だとは思いませんでした。ギリシャ文化の影響を受け、建立当初は黄金に輝く仏像だったとのこと。でも黒光りする現在姿の方が歴史の重みと威厳がひしひしと感じられます。


 ....「月光菩薩像」(正面は左)(後姿は手前)と「日光菩薩像」、側背面を拝めることがスゴイ!....c0119160_620049.jpg





c0119160_635150.jpg
   ....(左)背中が見える写真は、3月の読売新聞インターネット記事より拝借しました。....



07年12月、金堂内の修復作業で「薬師三尊像」の光背を取り外す作業が行われました。過去に光背を取り外したことは殆どなく、搬出移送は一大行事だったようです。(TV特集でも放映してた。)

  
....(左)「日光・月光菩薩」の↓光背を外す薬師寺での大作業(国宝薬師寺展の公式HPより)....c0119160_6281172.jpgc0119160_6282356.jpgc0119160_6283428.jpg
    ....(中)薬師寺東塔・上部の水煙(模造)↑、(右)「聖観音菩薩立像」↑も背面から鑑賞....



もう一つの興味深々は「吉祥天像」(切手で有名)と「玄奘三蔵像」(教科書でよく見た)との対面。「日光・月光菩薩」が想像以上に巨大だったこと驚いたけど、逆に「吉祥天」は非常に小さかった~!
でもお多福顔におちょぼ口(光明皇后がモデル)が、和風癒し系・奈良美人のお顔でございました。


   ....小学生時代・小生は切手マニア。憧れだった「吉祥天像」、本物についに会えた!.... c0119160_7134588.gifc0119160_7135511.gif
c0119160_714868.jpg
 

「玄奘三蔵」の絵はさすがに遠征苦労しただけあり、放浪修行僧のようです。女性に「三蔵法師」を演じさせる国なんて日本だけだぞ~!(夏目雅子イメージが強すぎ) 本国はこれに怒っています。

  ....歴史的に有名な「玄奘三蔵像」(右)、仏の経典を求めてシルクロードから天竺を往く姿..c0119160_72418100.jpgc0119160_7243138.jpg
c0119160_7244360.jpg


ちょうど一年前にダビンチ展を鑑賞した時もこの博物館でしたが、「上野の森」はいつ来てもアカデミックですなあ・・!前回レポートで「上野駅周辺は殆ど変わっておらず懐かしい」と書きましたが、駅前レストラン「聚楽」が時代の波に取り残されて閉鎖、無残な姿を晒していたのがやや残念・・。

                             「上野・両国風景」和洋ごった煮レポート

                        
   ....いつ見ても東京国立博物館の建物は威厳がある。菩薩像ポスターとのコラボ!...
c0119160_7351672.jpg



博物館周辺は新緑で輝き、珍しいユリノキの花も見られました。奈良の都も花の都だったのかな?

  .....博物館脇に聳える「ユリノキ」大木、何とチューリップに似た不思議な花が咲いていた!....c0119160_738160.jpgc0119160_7381291.jpg


中高・日本史授業で、奈良・京都遷都の西暦暗記は「なんと(710年)素敵な平城京」・「うぐいす鳴くよ(794年)平安京」と覚えたものです。再来年(2010)は、ついに奈良都も1300年を迎えるんですなあ・・。鹿角仏キャラの「せんとくん」・マントを纏った「まんとくん」も大活躍することでしょう。


   ......(左)世界遺産・西の京「薬師寺」(法相宗大本山)、金堂と東塔(右奥)は国宝.......c0119160_7513885.jpgc0119160_7515398.jpg
c0119160_752465.jpg

....(右)「薬師三尊像」。本来・光背がある日光・月光菩薩は、本尊「薬師如来」の両脇を固める。....



関西在住時代に、奈良の都・寺社(奈良市内・橿原・飛鳥・斑鳩等)は何度も行きましたが「万葉の里・まほろば風景」は京都と違い、素朴な田園・自然と一体感の雰囲気があり実に素晴らしい・・。
c0119160_758578.jpg
c0119160_7581776.jpg


5年前に家族3人で巡った「飛鳥・斑鳩の里」や「山の辺の道」など、当時のスナップ写真を今度デジタル化して「奈良・いにしえの路」のレビュー記事をいつかレポート紹介したいと思っています。

                                                      おわり

  by rollingwest | 2008-06-14 05:48 | 寺社・史跡・古道 | Comments(12)

<2008年2月11日>「ジョンレノン・ミュージアム」を訪ねて 

★はじめに

最近友達と洋楽カラオケにいく機会が増えましたが、歌う曲の大半はやはりビートルズが占めます。
好きな音楽アーティストは人それぞれですが、ビートルズは洋楽世界でのスタンダード、各世代においても共通基盤・ルーツになっています。だからこそ皆にとわに愛され歌い継がれるのでしょう。

c0119160_20451745.jpgc0119160_20455667.jpg

かねてから「ジョンレノンミュージアム」(さいたまスーパーアリーナ内)を訪れてみたいと思っていました。
ビートルズの歌を唄いながら、「一度ここを見学しあの時代をフラッシュバック・レビューしよう」と心に決め、先日行ってきましたので今回紹介いたしましょう。 今年は小生が洋楽を好きになって40年の節目も迎え、ビートルズの歴史を振り返りながら思い出の一端も語ってみたいと思います。

         ビートルズ解散40周年「アビーロードでパロッツ・LIVEを堪能」記事はコチラから



★ジョンレノンミュージアム

「ジョンレノンミュージアム」は、さいたま新都心の中核施設「さいたまスーパーアリーナ」の中に常設されジョンレノン60歳生誕を記念して2000年10月にオープンしました。オノ・ヨーコが正式許諾した世界初のレノン記念館であり130点のジョンゆかりの品々(ギター・眼鏡・衣類等)が展示されています。

   .....エントランスには「ジョンレンノン肖像」のタペストリーが飾られていた。(撮影可)......
c0119160_210631.jpg


ヨーコは「ビートルズに不協和音をもたらし、解散の原因となった悪女」として非難を浴びましたが、ジョンは彼女を愛し解散後も一緒に諸活動を展開しました。(一部内容には奇行に近いものもあり、ビートルズファンにはヨーコは不人気なようです。小生もヨーコの呻くようなあの曲はチョット勘弁・・) 


.....(左)「さいたまスーパーアリーナ」、大宮駅からはちょっと離れた「さいたま新都心駅」下車.......
c0119160_2165346.jpg


当然展示内容物の殆どは、ヨーコとの共同活動・愛の生活(ビートルズ解散後)が中心でしたが、ビートルズ時代のエピソード・写真や記念品(愛用楽器など)も結構公開されていましたよ。
(ジョンの前妻やその息子ジュリアンレノンの写真も掲載されていたことはチョット驚いたけれど・・。)


      .....(右)受付の横に飾られているジョン&ヨーコの等身大写真(撮影可)....
c0119160_2174127.jpg


ジョン主演の映画「僕の戦争」が存在したこと、ヨーコと一時別居状態にあり麻薬中毒だったこと、反戦活動展開で米国政府から国外退去命令を受け闘争勝利、3年連続(1977-79)で軽井沢来訪・日本各地を巡っていたこと等、意外とジョンについて知らなかったことも多くて勉強になりました。


.....ジョン愛用のピアノ(本当は館内撮影禁止だがこの写真だけは撮ってしまった。ご容赦).....
c0119160_21193372.jpg


名作「ダブルファンタジー」発表後に1980年ジョンが凶弾に倒れてからもう30年近くも経つのですねえ。
それ以来、未亡人ヨーコは「ジョンの肖像」を守り神格化しようと頑張っているような気もします。
再来年はジョンレノン生誕70年、レノン逝去後30年、ビートルズ解散後40年の大きな節目の年。
その時ジョンレノンミュージアムは多くの若者・昔を懐かしむオジサン達で満員になることでしょう。




★ビートルズの歴史① (初期:アイドル時代)

我々の世代は「ビートルズ来日」(1966.6月)が小学生時期だったこともあり、初期全盛期(黄色い声の熱狂コンサート時代)にリアルタイムで夢中になった人は少ないと思います。(私は当時GSに夢中) 我々「ウルトラマン世代」がビートルズを聴き始めたのは、音楽性が完成域に高められた後半期~解散期(1967~1970年)、or各自ソロ出発期(70年初頭)あたりから興味をもった人が大半と思います。
団塊世代の方にとっては、POPなビートルズ前半期こそが熱中した思い出の時期でありましょう。


  ....(左)デビューシングル「ラヴミ-ドゥ」「PSアイラヴユー」....(右).1st.アルバム「プリーズプリーズミー」....
c0119160_21213414.jpgc0119160_2122063.jpg



リヴァプール出身の4人組は1962年10月にデビュー、第2弾シングル「プリーズプリースミー゙」の全英NO1大ヒットを皮切りに、翌年も立て続けにNO1曲を連発し人気を不動のものにします。1964年にはアメリカに上陸して大成功、観客動員・レコード売上も史上空前の記録を次々に塗り替えていきました。

c0119160_21405231.jpgc0119160_2131895.jpg

初の主演映画「ハードデイズナイト」は白黒ながら、ビートルズの日常的な姿を動的に捉えています。
1964年4月「ビルボード」上位5曲が彼らに独占されたというのですから実に驚異的なことですね。


  .....「ア・ハードデイズナイト」 (ビ゙ートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!)......c0119160_21364318.jpgc0119160_213786.gifc0119160_21431288.jpg


1965年は主演映画第2弾「ヘルプ!4人はアイドル」で更にトップスターの地位を固めていきます。
マネージャー:ブライアンエプスタインやプロデューサー:ジョージマーティンの名辣腕も大きかったのです。 
この年はエリザベス女王から勲章を授与、「サー」称号も与えられ「英国文化の顔」となりました。


  .......映画「ヘルプ!4人はアイドル」で世界的なスターへ、女王叙勲で一躍名士に昇格...c0119160_21452049.jpgc0119160_21455125.jpg

この頃の曲は演奏公演主体で活動していたこともあり、シンプルでPOPなナンバーが中心です。
最近、ビートルズ再現の「おやじバンド」が多く存在していますが、当時代の数多いヒット曲を懐かしみながら絶叫していることでしょう。(演奏側・観客ともに特に団塊世代の方が多いようですね。)




★ビートルズの歴史② (音楽性の転換~史上最高の名盤登場)

ビートルズがめざす音楽性の転換期は「ラバーソウル」「リヴォルバー」が発表された1966年頃です。
テープを逆回転したり重層的に音を編集したり遊び心で新たな音楽境地を開いていきました。
ジャズ・クラシック・インド音楽への接近、LSD麻薬体験での幻想性やエレクトロ技術を駆使した曲が登場。
傑作名盤「リヴォルバー」の「トゥモローネバーノウズ」はそれを象徴するサイケデリックサウンドの曲でしたね。
ジョンのキリスト冒涜発言を契機に彼らはライブを一切停止、スタジオ編集路線に方向転換します。


.....(左)「ラヴァーソウル」は方向性変化の転機........(右)数々の音楽性を求めた傑作「リヴォルバー」....c0119160_21561355.jpgc0119160_21563269.jpg


そして遂にロック音楽史上で最高傑作のアルバム「サージェント・ペッパーズ・ロンリーハーツ・クラブバンド」が1967年に発表されました。ロックの音楽概念を変えたこのアルバムは世界初のコンセプトアルバムでシングルカットされた曲はゼロですが、当アルバムが存在したからこそ70年代のロック大発展に繋がるのです。
(キングクリムゾン、フー、ピンクフロイド、イエス等のプログレ勢が隆盛した原点はまさにこのコンセプトアルバム!)


.....(左)歴史的名盤「サージェントペッパーズ」..... (右) イント超越瞑想゙の影響を与えたマハリシュ・マヘシュ・ヨギ....c0119160_21574699.jpgc0119160_2158610.jpg


今もカラオケで唄うお気に入りは「ア・デイ・インザ・ライフ」(壮大な名曲)と「ルーシー・インサ・゙スカイ・ウィズザ・ダイヤモンド」(LSDの頭文字と言われる)。この頃は麻薬や幻想的なインド哲学に傾倒していました。
ビートルズに影響を与えたインドの瞑想師ヨギ(仲違いしましたが・・)が今年2月亡くなりましたね。



★ビートルズの歴史③ (名マネージャーの死~分裂への萌芽)

1967年8月、今までビートルズを支えてきた名マネージャー:ブライアンエプスタインが睡眠薬中毒で死去(自殺?)しました。この頃からビートルズは糸の切れた凧の様になっていったといわれます。


....(左)世界初の同時衛星TVで歌った「愛こそはすべて」.... (右) 批判が多い「マジカルミステリーツアー」....c0119160_2254760.jpgc0119160_2261954.jpg


「マジカルミステリーツアー」の映画評は厳しいものがありました。個々をみれば素晴らしい名曲が多くあり悪くないのですが、やはり史上最高名盤「サージェントペッパーズ」の次作アルバムだと期待が大きすぎて辛いものがありますね。 名マネージャーの死→酷評の嵐・・と「泣きっツラに蜂」状態・・。


.....1968年.全米9週連続1位の名曲「ヘイジュード」、1300万枚を販売。(世界歴代4位)...... c0119160_2281742.gifc0119160_2283257.gif



「ヘイジュード」は私が生まれて初めて購入したEPレコード。それ迄ニュース・雑誌で何となく耳にしていたビートルズをこの時、能動的に意識しました。アップルデザインのレコードは印象的でしたが、
エプスタイン亡き後、彼ら独自のレーベルを設立したのです。(リンゴスターがいるからアップルと信じてた。)


 .....(左) 一般評価は意外に厳しい「ホワイトアルバム」....(右)サントラ盤「イエローサブマリン」....c0119160_221058.jpgc0119160_22103246.jpg


ホワイトアルバムは彼ら初の2枚組アルバムでしたが、残念ながら「全体が散漫な印象」と厳しい評価です。グループ゚のまとまりが欠け、勝手気ままに個々の曲を持ち込んでいたことも大きな原因といいます。しかしこの頃からジョージやリンゴも自らの才能・個性を発揮しアピールを始めます。
実に意外なことに、ジョンが「ホワイトアルバムが一番好きだ。」と語っていることをミュージアムの展示で知りました。何故なら「あるがままの姿」だからと解説してあります。「レットイットビー」の心境は・・。




★レノン&マッカートニーの名曲

c0119160_22123133.jpg

ビートルズの数ある名曲は殆どこの2人が作曲しましたが、どちらが書いても「レノン&マッカートニー」の連名と取り決めました。どちらが書いたのかを推測するのもマニアの楽しみの一つとのこと。リードボーカルを取っている方が、作曲の主体者で主導権を握っていることは間違いないようです。
しかし二人の心は徐々に離れていき(ヨーコの出現とともに・・)、末期は「仮面の連名コンビ」状態? 




★ビートルズの歴史④ (最後の閃光、そして解散)

私が洋楽に本格的な興味を持ち始めたのが1970年(中学1年後半)でした。丁度その時ビートルズは解散してしまいました。映画「レットイットビー」を観た時、それがビートルズ終焉の記録映画だったとは認識しておらず、その表面的なカッコよさだけに憧れ夢中になっていました。ビートルズが「再び原点に戻ろう」という「ゲットバック」志向がありそれが挫折してしまったとは露も知らずに。


.....(左)「ゲットバックのライブ」アップル社屋上にて....(右)原点回帰もかなわず「レットイットビー」....c0119160_2222396.jpgc0119160_22222943.jpg

 
ビートルズの実質的なラストアルバムは超名盤「アビーロード」!ビートルズはやはりライブバンドには回帰できず、再びスタジオ編集での最高峰(サージェントペッパーズの再現)を目指すことにしました。ジョンの「カムトゲザー」に始まり、ジョージの名曲「サムシング」「ヒアカムザサン」、リンゴの「マックスウェルズシルバーハンマー」、再びジョンの美しい「ビコーズ」。圧巻はポールの「ゴールデンスランバー」「ジ・エンド」を頂点とするB面の大メドレー! 「サージェントペッパーズ」と双璧をなすビートルズ最後の偉大なる傑作でした。


.....(左)最後の傑作「アピーロード」....(右)数々のアーティスト名盤を生んだ「アビーロードスタジオ」....c0119160_22234628.jpgc0119160_2224492.jpg


私が最も尊敬する名盤「AB.R.」。LPジャッケットの裸足のポールに死亡説が飛び交ったのも懐かしい。1,300万枚を越す超大ヒットとなりましたが彼らの分裂の流れを止めることはできませんでした。
1970年4月、ポールが一方的に「解散宣言」を出して遂にビートルズの歴史は終幕を迎えました。

      

★ソロ活動スタート、各自の活躍

ジョンのソロ第一作はプラスティックオノバンド「ジョンの魂」、母親の愛に飢えていた心情を吐露・「マザー」の曲で幕を開けます。「マインドゲーム」「ハッピークリスマス」等の佳曲もありますが、やはり「イマジン」が最高の名曲ですね。「20世紀最高の歌詞」と呼ばれ、ヨーコの芸術意識の影響を受けたと云われます。


.....(左)ジョンの生んだ永遠の名曲「イマジン」・71年....(右)「マインドゲーム」、ヨーコを描写・73年...c0119160_2332959.jpgc0119160_22384090.jpg


ポールは妻リンダと共にウイングスを結成、世界的なヒット曲「マイラブ」・傑作アルバム「バンドオンザラン」で1970年前半ソロ時代の頂点を極めました。その後、環境保護・社会活動を展開し1997年にエリザベス女王から騎士称号も受けました。1998年に愛妻リンダが癌で他界で失意、2006年に35才年下の美女と再婚しましたが、翌年離婚。08年3月に47億円もの巨額な慰謝料をふんだくられています。スゴイ

c0119160_2247630.jpgc0119160_22473415.jpgc0119160_22482570.jpgc0119160_2248762.jpg


ビートルズ時代最も影の薄かったジョージは、末期・ソロ時代になると俄然才能を発揮し始めます。
名盤「オールシングスマストパス」が絶賛され、世界的な大ヒット「マイスィートロード」(盗作敗訴となりましたが)が生まれます。私のお気に入りは「ギブミーラブ」を収録した「リビング・インザ・マテリアル・ワールド」ですね。
難民救済「バングラデシュコンサート」をEクラプトン、Bディラン、レオンラッセル、リンゴ達とともに成功させました。


 .....(左)ポールウイングス名盤「バンドオンザラン」....(右)リンゴの名盤「センチメンタルジャーニー」....c0119160_22501148.jpgc0119160_22503917.jpgc0119160_2251174.jpg
       .....(中)ジョージの最高傑作「オール・シングス・マストパス」、何と3枚組LPだった。....  

リンゴスターの解散直後の活躍は素晴らしく次々とヒット曲を放ちました。彼のドラム演奏技術評価は結構高いものがあります。初期メンバーのピート・ベストが脱退させられたのも、演奏技術と華があるリンゴが登場したからなのです。ソロ活動時代では、映画俳優や監督での高い評価も受け、その飄々としてほのぼのとしたキャラクターはビートルズ時代から「一服の清涼剤的な存在」でしたね。




★ジョンレノン暗殺、ジョージの死

1980年12月8日、世界に衝撃が走りました。ジョンレノンの暗殺です。狂信的なファンに撃たれてロック界最大のカリスマは40歳の若さでその命を閉じました。一時別居したヨーコとの仲を取り戻し、息子ショーンを授かり主夫をしていたジョンが名盤「ダブルファンタジー」で復活した直後の悪夢・・・。
ヨーコの衝撃は計り知れませんがその悲劇を受け入れ、現在は彼の伝説化に傾注しています。

    .....(左)ジョンの遺作となった「ダブルファンタジー」....(右)ベスト盤「レノン・リジェンド」....c0119160_23325853.jpgc0119160_2301244.jpg

ソロになってから一番生き生きと活躍していたジョージハリスンが、2001年11月癌で亡くなってしまいました。(享年58歳)  余りにも早過ぎる死。(_ _。)   天に召されてからは、シタールを片手にラビシャンカール(インド音楽の師匠)の所へ行ってしまったのかもしれません。
彼のギターもジョージとの死別で悲しみに暮れ、ジェントリーに泣いたことでしょう。



解散30数年を過ぎてから知るビートルズの真実(回想)

「アンソロジー」はビートルズの誕生から解散までを、メンバー自身の回想で綴った映像ストーリー(1996年)です。貴重なフィルム・音源が公開され、時系列でビートルズ真の姿が表現されています。
ここから4半世紀ぶりに彼らの新曲「フリー・アズ・ア・バード」がリリースされて大きな話題となりました。

.....(左)未発表曲「フリー・アズ・ア・バード」が入る「アンソロジー」....(右)魅力的な編集のベスト盤「LOVE」..c0119160_2314362.jpgc0119160_232635.jpg

2006年にはビートルズ楽曲の音源(マスターテープ等)をリミックスしたコラージュ風のアルバム「LOVE」が発売されました。ジョージマーティン(プロデューサー)と息子2人によって創作されたアルバムで一度聴いてすぐに嵌まってしまいました。ビートルズの意志が反映されていないのでこれは亜流だという批判の声もあるようですが、実に素晴らしい編集!新鮮な感覚で聞けるので、是非とも必聴・オススメ!



     
★おわりに

今年2月5日、「レットイットビー」に収められた名曲「アクロスザユニバース」(宇宙横断の意味)が、「NASA」から北極星に向けて発信されたそうです。431光年も遠い北極星への到達は2439年。
壮大なロマンですが、果たして宇宙人には届くのか?そして、その頃地球や人類は一体どんな姿になっているのでしょうか?(地球環境激変で人類が不幸な状態になっていないことを願うばかり)

c0119160_2335541.gifc0119160_2343782.jpg


未来の地球人・宇宙人に「遙か大昔にこんな素晴らしい音楽があったのか!」と驚かれ、「ビートルズをリアルタイムに体験できた当時の人々は羨ましいなあ・・」と言われれば実に楽しいですね。(笑)
体に染み付いたビートルズの曲は、これからも「インマイライフMusic」であり続けることでしょう。

                                                       おわり

         アーティスト別名盤レビュー「ビートルズ」名盤からのお気に入り曲

         リンク:⇒このHPからビートルズの名曲が聴けます。(アルファベット順に検索)


.....ジョンレノンミュージアムのエントランスは時節によって違う表情・雰囲気で装飾演出される。.....
c0119160_2362179.jpg


PS: 次回は、「洋楽(ロック・POPS)に魅せられて40年」のテーマで、ビートルズ以外の名アーティストや名盤の数々を紹介し、その歴史を振り返ってみたいと思います。

        洋楽(ロックPOPS)に魅せられて40年(その1)
        洋楽(ロックPOPS)に魅せられて40年(その2)
        洋楽(ロックPOPS)に魅せられて40年(その3)
        洋楽(ロックPOPS)に魅せられて40年(その4)

  by rollingwest | 2008-02-19 20:32 | 洋楽(ロック・POPS) | Comments(39)

<2016年11月6日>世界遺産「ラスコー展」(クロマニヨン人が残した洞窟壁画)

c0119160_16481471.jpg


上野の国立科学博物館で開催されている「世界遺産ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」(11月1日スタート)の展示を観賞してきました。中学校時代の教科書でしか見ていなかったラスコー洞窟を間近に体験できるとは・・これは滅多にない体験だと思い立ち早速行ってきました。

c0119160_16493566.jpg
c0119160_16494345.jpg


フランス南西部に位置するこの世界遺産ラスコーの壁画は、今から2万年前にクロマニヨン人によって描かれた動物達の彩色画で、洞窟内部には600頭の動物が豊かな色彩で描かれています。

c0119160_16591722.jpg
c0119160_1659284.jpg

c0119160_1711893.jpg
c0119160_171275.jpg


展欄室においてラスコー洞窟の全貌がリアルに紹介されており、高精度で再現された実物大の壁画展示のスケールの大きさ、技法の素晴らしさからに感動しました!クロマニョン人が特徴的な技法を用いて描かれて残した実物の大壁画、彫刻物、絵画造形で使われた多彩な道具も公開。

c0119160_1742342.jpg
c0119160_1743542.jpg


クロマニヨン人って類人猿のようなイメージを持っていましたが、実際観るとこんなにも現人類に近い存在で、日本の縄文時代に生きた人たちの祖先だったんだなあ・・と目から鱗でした。2017年2月19日(日)まで開催されていますので皆様も是非御覧になってみることをお薦めいたします。

c0119160_1762738.jpg
c0119160_176391.jpg

c0119160_1784043.jpgc0119160_179341.jpg
c0119160_1791749.jpg




                                                        おわり

  by rollingwest | 2002-01-01 00:01 | エトセトラ | Comments(4)