<2019年5月>【目黒区探訪】②:目黒不動尊~目黒通り周辺~目黒川散策


c0119160_16542798.jpgc0119160_16545688.jpgc0119160_16553183.png


                   【目黒探訪】①:「大円寺・雅叙園・五百羅漢・林試の森公園」より続く



★「目黒区」の魅力を掘り起こすウォーキング・レポート(第2編)


目黒区探訪シリーズの第2編へと入りましょう。前回は目黒駅から「大円寺・ホテル雅叙園」「成就院・五百羅漢~林試の森公園」で終わりましたが、今回はその続きで「目黒不動尊~目黒寄生虫館~目黒元競馬場跡~大鳥神社」、目黒川」沿いを散策して中目黒駅に至ります。


   .....目黒区探訪はJR目黒駅からスタート、「林試の森公園」の次は「目黒不動尊」へ.....
c0119160_17023196.pngc0119160_09111650.pngc0119160_17025161.jpg
c0119160_17031376.jpg







★当地域庶民から篤く崇敬を集める「目黒不動尊」を参拝、「不動坂公園」へと上がる


目黒区のシンボル的なお寺「目黒不動尊」は徳川家の鬼門を守る寛永寺(天台宗)の末寺で正式名称は「泰叡山・瀧泉寺」です。寺縁起によれば慈覚大師が808年比叡山に向かう途中、目黒で宿をとった時、不動明王の夢を見たので明王像を彫り安置した寺がその起源とのこと


   .....(左)風格ある「目黒不動尊」の山門  (右)三角の頂点がある山王鳥居もみられる....
c0119160_17291208.jpgc0119160_17304746.jpgc0119160_17330871.png
c0119160_17333759.jpg


  .....「目黒不動」は徳川家鬼門守護を担う五色明王尊の一つで幕府から手厚く保護された......
c0119160_17365849.jpgc0119160_09242790.pngc0119160_17373211.jpg
c0119160_17380244.jpg


幕府の保護が厚かったことから江戸近郊の有名参詣行楽地となり、門前町も大いに賑わったようです。参道入口には老舗・鰻屋「にしむら」があり昼間から長い行列だ!歴史ある都内の高級鰻って一体どの位の値段なのだろう・・!小遣い制のRW財布には全く縁がないネ・・(泣)


     .....門前町参道は活気に溢れ、老舗・鰻屋「にしむら」には長蛇の列ができている....
c0119160_18545211.jpgc0119160_18552631.jpgc0119160_09274871.jpgc0119160_18554870.png
c0119160_18561108.jpg


正面階段の左手にある「独鈷の滝」は、寺を開闢した慈覚大師が独鈷を投げたら泉が湧き滝になったとの伝承があります。泉の前にある「水かけ不動明王」には多くの参拝者が不動様に水掛け祈願をしています。独鈷滝の左手には「前不動堂」が鎮座、本堂祈願するためにはここで徳を積む水修業が必要とのこと。自分は徳が全く積まないままで参拝しておりますが・・。


   .....(左)独鈷滝の左手にある赤い「前不動堂」 (右) 銅製竜口から 2筋の清水が注がれる....
c0119160_19082062.jpgc0119160_19084998.jpgc0119160_19090724.jpg
c0119160_19093004.jpg


江戸には五色の不動尊(目白・目赤・目黒・目青・目黄)があり、徳川三代将軍家光が天海大僧正(寛永寺創建者)の具申により、江戸府内の名ある不動尊を指定したと伝えられています。江戸五街道の出入口を守る結界を張り、地・水・火・風・空の五元を守るという説もあります。


   .....(左)江戸を守る五色不動尊(目白・目赤・目黒・目青・目黄) (右)不動坂を登っていく....
c0119160_19264234.gif
c0119160_19271147.jpg


目黒不動尊以外の残り4つはどこかと調べてみたら、目白(豊島区)・目赤(文京区)・目青(目黒区)・目黄(台東区)とのことです。自称各区に6~7つ程のお寺があるようですが、江戸城を守るゴレンジャーの不動明王様達をいつか全て廻ってご対面してみたいものだ!


   .....(左)裏手には「大日如来」が鎮座 (右)「青木昆陽」(薩摩芋を広めた蘭学者)の墓もある....
c0119160_19301149.jpgc0119160_09302397.pngc0119160_19304704.jpgc0119160_19311360.jpg
c0119160_19314272.jpg


目黒不動尊の裏山は、目黒区では最も古い「不動公園」(昭和9年開園)があります。公園には大きな段差階段があり、上の広場は幼児向きの遊具公園、下段の広場が昔は相撲場だったとのことで、両広場を繋ぐ大きなすべり台は、子ども達の人気の的です。


   .....(上)目黒区民憩いの場「不動公園」 (下)仲睦まじい親子がブランコを楽しんでいた....
c0119160_19353937.jpgc0119160_19355860.jpg
c0119160_19361528.jpg
c0119160_19400135.jpgc0119160_19403138.jpg
c0119160_19405584.jpg


周辺には縄文弥生期の集落遺跡もあり、公園下に幾つかの住居跡が眠っているそうな・・。探索すればする程に色々な物が出てくる目黒区、まだまだ新発見のミニ旅は続きます。






★都心の高級住宅エリアに気持ち悪いレアな博物館「目黒寄生虫館」


不動公園から目黒通りに出ると四ツ角左脇に「目黒寄生虫館」という気持ちの悪い名前の展示館がありました。寄生虫を専門に扱った世界で唯一の博物館ですが、近年若者たちの隠れた人気デートスポットとなっているのです。「怖いもの見たさ」なんでしょうか、時代は変わりましたね~。


   .....(左)高級マンション脇にある「目黒寄生虫館」 (右) 科学勉強と気持ち悪さが堪能できる....
c0119160_19553630.jpg
c0119160_19573093.jpg


1階は寄生虫の概要展示で、様々な寄生虫の説明と共に、数々の標本が展示されています。決して広くは無い展示室に、ホルマリン漬けの標本や模型、パネルなどが所狭しと展示されています。収蔵品は45,000点の標本もあるとこと!何とも驚くべきミニ博物館です。


   .....ホルマリン漬けの標本や模型・パネルなどが所狭しと展示、ひゃ~凄い世界を見た!....
c0119160_19593906.jpgc0119160_20002059.jpgc0119160_20172823.gifc0119160_20083819.jpgc0119160_20091784.jpg
c0119160_20094380.jpg


寄生虫といえば、我々世代では肛門にセロハンテープを貼ってぎょう虫卵の有無を調べるポキール検査が懐かしい!「ぎょう虫検査」は2015年度限りで廃止されたとのことですが、当時は自分達の体内にあんな生物が巣食っていた時代が当たり前だったんですね~!


   .....寄生虫の形態・分類学に関する絶大な業績を残した日本の寄生虫学者「山口左仲」....
c0119160_20382185.jpgc0119160_20394108.jpgc0119160_09384452.pngc0119160_20542265.png
c0119160_20421148.jpg


現代の食生活や住環境、そして衛生環境の改善による寄生虫感染率の激減が、その理由です。それもこれも日本の暮らしのクオリティが上がったと喜ぶべきかも・・!このような機会に私たち日本人にとって寄生虫とは何であったのか、改めて知ってみるのも一興でしょう。


   .....マニアックさが珍スポットハンターの心の琴線をかき鳴らす博物館、一度ご覧あれ!....
c0119160_20450775.jpgc0119160_20452900.jpg
c0119160_20455404.jpg







★日本競馬の発祥地「目黒元競馬場跡地」&歴代名馬レビュー!


目黒通り沿いの下目黒4丁目付近バス停は「元競馬場前」の表示になっています。目黒区がまだ田園風景だった明治40年に日本初の競馬場が開設されてレース日は大いに賑わった場所、目黒は横浜(根岸)と並んで日本競馬の発祥地だったのです。今は全く面影はなし・・


   .....(左)「元競馬場前」バス停 (右) ここに名種牡馬「トウルヌソル号」の銅像が立っている....
c0119160_21015790.jpgc0119160_21022669.jpg
c0119160_21024704.jpg


バス停脇にはダービー馬6頭を輩出した名種牡馬「トウルヌソル号」をかたどった記念碑ありました。実は日本ダービー(東京優駿大競走)の記念すべき第1回はこの目黒の地で開催されたのです。その後、近隣の宅地化進展によって敷地・施設の拡充が難しくなり、昭和8年に目黒競馬場は廃止されてしまい、府中市の東京競馬場に移転して現在に至っています。


   .....日本草創期ターフ「目黒競馬場」、1周1マイルの馬場で面積は約21万㎡だったとのこと....
c0119160_21054969.jpgc0119160_21063522.jpgc0119160_21070335.pngc0119160_21085988.jpgc0119160_09403379.jpg
c0119160_21094508.jpg


今年7月クラシック三冠馬・名種牡馬として競馬史に燦然と輝く最高名馬「ディープインパクト」が突然天に召されました。シンボルルドルフを超えたと言われる「7冠」名馬の死は本当に惜しいことだ・・。この両馬が対決したらどちらが強かったのだろう・・?ディープ 自身も驚異的に強かったし、子供達も物凄い名馬ばかり!現に今年のダービー馬・オークス馬の父親は両方ともディープの産駒です。


   .....2019年7月日本最高名馬「ディープインパクト」死す・・「衝撃を強く残して天馬逝く」....
c0119160_21220328.jpgc0119160_04451888.gifc0119160_04455593.png
c0119160_21224193.jpg


日本の競馬には「三冠」と呼ばれるレースがあります。サラブレッド3歳の春に行われる「皐月賞」「ダービー」と、秋の「菊花賞」、この3大レースに勝つことは大栄誉、これに全て勝った馬は「三冠馬」と呼ばれます。RWが夢中になった大学生の頃は、直近の三冠馬(古馬レースも制し五冠馬)シンザンこそが神格化された憧れの伝説名馬でありました。


  (左)セントライト(日本競馬史上初の三冠馬)  (右)ハクチカラ(海外も制した黎明期名馬)c0119160_9283111.jpgc0119160_9291960.jpgc0119160_9293377.jpg
   (中)トキノミノル(10戦10勝、7つのレコードを持つ名馬。オーナーは大映社長・永田雅一) 

「三冠」達成偉業は至難・夢の出来事です。サラブレッドは血統で実力が大きく左右し、距離の得意・不得意があり、皐月賞2,000m、ダービー2,400m、菊花賞3,000mと条件が異なる1回のチャンスを全て優勝するのはスーパーホースでないと到底実現できません。


   (左)シンザン(日本競馬史上初・五冠の伝説馬崇拝)(右)グランドマーチス(障害の大天才)c0119160_9365791.jpgc0119160_9372062.jpgc0119160_937327.jpg
  (中)ハイセイコー(ご存知、競馬を大衆化させた大功労者、歌にもなり記憶に残る永遠の名馬)
c0119160_14332484.gif
栄光の「三冠馬」誕生は長い競馬史でわずか7頭だけです。セントライト(1941)、シンザン(1964)、ミスターシービー(1983)、シンボリルドルフ(1984)、ナリタブライアン(1995)、ディープインパクト(2005)、オルフェーヴル(2011)と日本競馬史に燦然と輝くグレートセブンです。


(左)トウショウボーイ(天馬と呼ばれテンポイントのライバル)(中)テンポイント(伝説・悲運の貴公子)c0119160_9394034.jpgc0119160_9395165.jpgc0119160_94084.jpg
  (右)マルゼンスキー(8戦無敗の名馬、当時は外国産馬にクラッシック挑戦の道は開かれず悲運) 

「シンザンを超えろ!」、RWが大学生だった頃の40年前の中央競馬会キャッチコピーでした。しかし当時の名馬ハイセイコーもトウショウボーイやテンポイントもついに「三冠馬」達成はできなかったのです。しかしその時は遂に来ます。1985~86年、ミスターシービーとシンボリルドルフ、2年連続で三冠馬が輩出!「不世出の栄光馬がようやく見られ、2年連続輩出するとは!」と実に驚いたものです。
c0119160_04074852.gif

  (中) シンボリルドルフ(日本競馬史上最強・伝説の7冠馬、皇帝と呼ばれ2年連続年度代表馬)c0119160_101137.jpgc0119160_1012920.jpgc0119160_1014362.jpg
(左)ミスターシービー(シンザン以来の三冠、驚異の差し却) (右)メジロラモーヌ(初の牝馬三冠)
  

シンザン以来の「三冠」偉業を達成したのは、最後の追い込みが凄かった差し脚の天才馬ミスターシービーでしたが、翌年現れた三冠馬・シンボリルドルフ(1年後輩)に全く勝てずやや色褪せてしまった感があり可哀想な気がします。ルドルフはその後「天皇賞」「ジャパンカップ」を制し「有馬記念」も連覇、古馬クラシックも総ナメで「7冠馬」の栄誉に輝いたのです。あまりにも強すぎて偉大でした!
c0119160_21001824.gif

(左)オグリキャップ(地方競馬から栄冠、女性ファン増加)(右)メジロマックィーン(名ステイヤー)c0119160_1041292.jpgc0119160_104268.jpgc0119160_1044289.jpg
       (中)トウカイテイオー(シンボリルドルフが生んだ名馬、皐月・ダービー・JC・有馬を制す) 


バブル時代に入り競馬は国民的な人気となりました。不世出の騎手・武豊も大活躍し女性中心にイメージが大幅向上。また当時は毎年のように連続して人気の名馬が輩出した記憶があります。

c0119160_1073537.gif
平成以降は、ミホシンザン、メジロラモーヌ、イナリワン、タマモクロス、スーパークリーク、オグリキャップ、トウカイテイオー、メジロマックィーン、ビワハヤヒデ、ライスシャワー、ナリタブライアン、エルコンドルパサー、テイエムオペラオー等の名馬が次々出て凄いなぁ・・と感心したものです。


(左)ナリタブライアン(三冠馬・ルドルフ以来)(右)タイキシャトル(短距離系初の顕彰馬。海外勝利)c0119160_1081718.jpgc0119160_1083134.jpgc0119160_1084271.jpg
        (中)テイエムオペラオー(天皇賞3連覇、史上最高賞金の18億円馬)

近年は牝馬が驚異的な大活躍(ダイワスカーレット、ウォッカ、アパパネ、ジェンティルドンナ等)そして今や日本の馬は世界で十分通じる実力を誇り尊敬羨望の目で見られる程に発展成長したのです。フランス凱旋門賞制覇・日本悲願の夢はどの馬が叶えてくれるのでしょうか?


      21世紀は女傑が次々登場 (左)ダイワスカーレット (中)ウォッカ  (右)アパパネ
c0119160_21385100.pngc0119160_21391192.png
c0119160_21393267.png


  (左)7頭目三冠馬オルフェーブル (中)葦毛ゴールドシップ (右)北島三郎のキタサンブラック
c0119160_21420879.pngc0119160_21422692.png
c0119160_21425476.jpg


ありゃりゃ~、すみませ~ん!「目黒元競馬場」のバス停景色紹介からすっかり脱線して「JRA名馬特集」になってしまっている・・。9月16日は「競馬の日」につきマニアックに語ってしまいました。再び、目黒区探訪記事の本来の散策道へ戻りたいと思います。(苦笑)





★目黒通り「大鳥神社」に参拝し、オシャレな「目黒川」(桜でも有名)の沿道を歩く


目黒通りを再び都心側に戻り山手通りとの交差点に「目黒のお酉さん」「鳥明神」と呼ばれ親しまれている「大鳥神社」があります。806年神勅によって社殿を造営された区内最古の神社で日本武尊が主祭神で、東征時に社に立ち寄り、東夷平定と部下の病気平癒を祈願すると霊験によって願いが叶いました。ヤマトタケルはこれに感謝して十握剣を奉納したと謂われます。


   ....目黒の最古社「大鳥神社」、「酉とりの市」は(商売繁盛の熊手)が始まると年末も近い....
c0119160_04294749.jpgc0119160_04301877.gifc0119160_04310255.jpg
c0119160_04313403.jpg


さあ、最後に山手通りに沿って流れている「目黒川」を散策してみましょう!目黒駅方面から中目黒駅を過ぎ、大橋まで約4kmのセレブ感溢れた散歩道。ここでも意外な発見が多く、目黒区が懐深い街であることを感じます。とにかく気持ちがいい新緑道のそぞろ歩きだったなあ!


   .....どこまでも続く目黒川沿いを覆い被さる桜並木、新緑の桜もなかなか乙なものだネ!....
c0119160_04365061.jpg
c0119160_04371988.jpg


    .....(左)高層マンションとテニスコート (右)目黒美術館から陽だまりの広場へと出る....
c0119160_04535982.jpgc0119160_04553016.jpgc0119160_04561619.jpg
c0119160_04572793.jpg


中目黒方面に目黒川を歩いて行くと、防衛統合幕僚監部・陸海空自衛隊が共同使用する防衛省集中施設(調査研究・高等教育機関)が現れました。日本の国防を担う若き優秀な幕僚候補がこんなセレブ感がある都心中心部で育成されていたのか~!と目から鱗の心境でした。


   .....目黒川沿いに国防人材を育てる統合幕僚学校や研究機関があるとは知らなかった!....
c0119160_05084304.jpgc0119160_05091655.jpgc0119160_05094034.jpg
c0119160_05103134.jpg


さらに進むと「茶屋坂街かど公園」の石碑があり、江戸将軍3代家光8代吉宗等が鷹狩で富士絶景を見ながら、湧き出る清水の茶で喉を潤した茶屋跡です。この付近が「さんまは目黒にかぎる」でお馴染みの江戸落語「目黒のさんま」の由来なのだそうな・・。公園の石柱にはタイル絵がはめ込まれおり、将軍家と江戸庶民のゆかりを感じさせる小公園なのです。


   .....「茶屋坂街かど公園」にある「目黒のさんま」記念碑を発見!「さんまは目黒に限る」!....         
c0119160_05201280.jpgc0119160_05203794.jpg
c0119160_05210805.jpg


今年9月、恒例の「目黒のさんま祭り」が開催されましたが、ここ数年サンマの水揚げは深刻な状態が続き、値段が急騰・冷凍サンマなどで対応したり、かなり危機的な状況にあるようです。地球温暖化、中韓の乱獲による漁業不振で日本人にとって今やサンマは高級魚です。


   .....毎年大賑わいの「目黒のさんま祭り」、コストアップで魚の調達、祭の維持も大変だな~....
c0119160_05391900.pngc0119160_05401429.jpgc0119160_05404765.jpg
c0119160_05412082.jpg


   .....川面に映る「目黒清掃工場」の白い煙突、高級住宅街に気を使い環境に配慮している....
c0119160_05544170.jpg
c0119160_05550698.jpg


もうそろそろゴールが近くなってきたぞ!川には幾何学的な石が配置されており休憩がゆっくりできる「目黒川・親水広場」に到着。山手通りから一段下りた広場は、昭和初期まで船着き場でした。この地下には巨大な調整池があり都内の防災施設としての役割を果たしています。


   .....(左)目黒区民の憩いと防災を兼ねる「目黒親水広場」 (右)石の間を泳ぐ水鳥の風景....
c0119160_05574342.jpgc0119160_05584656.jpgc0119160_05591649.jpg
c0119160_05595694.jpg


橋の下を覗くとカルガモ・サギ等の水鳥達が川底に嘴を突っ込んでエサを探したり、石の上で羽根を乾かしつつ休憩したりよき時間を過ごしています。贅沢でまったりとした都心の風景!


   .....(中)目黒川散策ルート地図  (右) 幾何学的石に点在する水鳥、清涼感に溢れる風景....
c0119160_06080895.jpgc0119160_06083383.jpg
c0119160_06085539.jpg


目黒川と言えば何といっても桜風景が有名!セレブな街に見事なまでに延々と続く川桜の風景は芸能人がデートしていたなどと話題になり今や全国的に知られるようになりました。


   .....「目黒川の夜桜」、東京で屈指の高級感溢れる桜イルミネーションが楽しめる....
c0119160_06120157.jpg
c0119160_06122714.png
c0119160_06150393.jpgc0119160_06153792.jpg
c0119160_06161588.jpg


大橋から目黒駅辺りまで約3.8キロの川沿いに約830本のソメイヨシノが植えられており、ここの桜は木も大きく枝ぶりが立派な桜の木が多く実に見事な風景が広がっています。夜桜も素晴らしいですよ!10年前に撮ったイルミとコラボした夜桜写真を添付しておきます。


   .....散策路にはお洒落な店が立ち並ぶ。上野公園の様な喧噪感はなく洗練された雰囲気....
c0119160_06321215.jpg
c0119160_06324005.jpg
c0119160_06341171.jpgc0119160_06343020.pngc0119160_06352333.jpg
c0119160_06354690.gif
c0119160_06363397.jpg


漸く終点の中目黒駅にゴールイン、朝から目黒駅を出発し緑溢れる光景、江戸時代の史蹟・パワースポットに触れ、セレブな川散歩などを満喫できました。あー、実に楽しかった!今日は実に健康的な一日を過ごすことができたね~!


   .....目黒探訪の終点・東急東横線「中目黒駅」、駅前には超高層マンションが林立している....
c0119160_06444352.jpgc0119160_06450774.jpg
c0119160_06461998.jpg
c0119160_06465720.jpg
c0119160_06471109.jpg



目黒区って、探訪すればする程・掘れば掘る程、日頃滅多に見られないお宝物が次々と発見される懐が深いエリアだなあ・・とあらためて感心した次第。次回最終編は、碑文谷・祐天寺・駒場・自由が丘などの風景を紹介したいと思っております。乞うご期待~!


                                                       おわり


         目黒川の桜と目黒不動尊               目黒寄生虫館  
  


         目黒大鳥神社       ディープインパクト:歴史的レース名実況    


  # by rollingwest | 2019-09-16 07:00 | 都会の風景 | Comments(32)

RW/洋楽コーナー:「My Favorite Songs」 (第51巻)




RW洋楽コーナー「My Favorite Songs」(第51巻)は、話題の映画「ロケットマン」のサントラ盤とあわせてエルトンジョンのデビュー50周年記念レポートを公開しています。♪\(^◇^)/♪… 下記URLよりクリック



               エルトンジョン映画「ロケットマン」サントラ特集 (2019年) 
c0119160_14301894.png


              【My Favorite Songs】過去紹介した名曲(INDEX)はコチラから

      *上記2つのURLをクリックすると今回の記事&過去紹介分のINDEXへ入れます。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
c0119160_15342514.gifc0119160_15405358.gifc0119160_1541379.gifc0119160_15412482.gifc0119160_15414376.gifc0119160_1542442.gifc0119160_15434219.gifc0119160_15441097.gif ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


  # by rollingwest | 2019-09-08 14:30 | 洋楽(ロック・POPS)

<2019年7月12~15日>北ア秘境名峰「黒部五郎岳」3泊4日テント旅:(後編)

c0119160_20242543.pngc0119160_20245719.jpgc0119160_22084658.jpgc0119160_20255577.png

c0119160_20265228.gif
                       北ア秘境名峰「黒部五郎岳」3泊4日テント旅:(前編)より続く



★【2日目】:黒部五郎岳への長い道のり・・、いやな予感が!


さて北アルプスの奥深き百名山「黒部五郎岳」(3泊4日テント旅)の後編レポートに入りましょう。
RWは、初日・2日目の午前までは実に幸せな時間を過ごしていました。7月中旬梅雨時期の縦走にも関わらず、予想外の絶好天気に恵まれ「薬師岳」「赤牛岳」絶景満喫のランチ、雄大雪渓から仰いだ裏銀座の名峰・・、しかし午後から運命は一転し始めたのです。禍福が交互する人生縮図の如し。


   .....(左)太郎平~黒部五郎岳~黒部小舎の道のり (右)黒部五郎岳を目指す後編記事開始!....
c0119160_22142772.jpgc0119160_22144761.jpg
c0119160_22151139.jpg


    ....「薬師岳」&「赤牛岳」(日本一遠い山)の巨大なる大迫力の山塊!絶景満喫の昼食時間....
c0119160_22184767.jpg
c0119160_22190938.png
c0119160_22192928.jpg


北ノ俣岳から中俣乗越は予想外に時間がかかり、地図コース表記が何かおかしいと感じながらも、22kgの重荷を背負って年齢による体力の衰えを痛感しつつ苦行の登りが続きます。しかし黒部五郎頂上の肩にはもうそろそろ着いてもよさそうなのに・・、全くそんな雰囲気がありません。


  .....(左)午前中この時がクライマックス (右)水晶岳~裏銀座~鷲羽岳の大パノラマに感激!....
c0119160_22242576.jpg
c0119160_22244374.jpg


午後からはガスも濃厚に立ち込め始め、天気予報は下り坂模様・・。登山コースの先を見上げると、頂上と思しき山はまだ遥か先のようだし、不安な気持ちがもたげてきました。中俣乗越からの標高差400m直登をバテバテで登り切るとようやく五郎岳の肩に出ました。何ともう14時半を過ぎている!


   .....雪渓を歩き進むが相当な時間遅れになっていることを認識し始め焦りの気持ちが募る....
c0119160_22270100.jpgc0119160_22283692.jpg
c0119160_22285898.jpg

本来計画ならば昼には到着していなければならないのに・・、計画行程に相当な遅れを取っているぞ。これはヤバイ状況になりそうだ・・、嫌な予感!  「楽あれば苦あり」「禍福は糾える縄の如し」。
まさに人生教訓通りとなった後半レポートの始まり、始まり~






★黒部五郎岳のカール・大雪渓を体験!疲労困憊の11時間歩行


黒部五郎の肩に到着時、周りは真っ白なガスに覆われた世界・・。RWは2日目宿泊地の黒部五郎小舎から明日もう一度同コースでここに戻ってくるので今日の登頂はパスしました。同行のT架橋氏は荷物を置いて登頂を目指します。なぜなら明日からはRWと別れて南下し槍ヶ岳方面に向かい戻って来ないからです。天気は悪化傾向模様で昼間の晴れは完全になくなりガスの中で苦行登山が続く・・   


   .....黒部五郎岳登頂をパスして急傾斜を下山、お花畑と黒部五郎カールが見えてきた!....
c0119160_06112481.jpgc0119160_06270164.jpgc0119160_06210685.jpgc0119160_06120478.jpg
c0119160_06122867.jpg


ここから北側ルートを一気に下るとついに憧れの黒部五郎カールが出現!カール(圏谷)とは氷河地形の一種で氷食地域の谷頭・山腹斜面に発達する半碗状の凹地を称し、北海道日高山脈、北アルプス、中央アルプスに見られます。北アルプスでは涸沢・薬師岳・立山が有名ですが黒部五郎岳は最も見事なカールが見られると聞いておりここに立つのは長年の夢でした。


   ....これが憧れていた「黒部五郎の大カール」!この迫力とスケール、素晴らしすぎる!....        
c0119160_07150412.jpg
c0119160_07152380.jpg
c0119160_07171812.jpgc0119160_07174240.jpg
c0119160_07180210.jpg


黒部五郎岳は北アルプスの奥深き名峰(富山市と飛騨市・高山市にまたがる飛騨山脈の標高2,840mの山)、深田久弥『日本百名山』によれば山中の岩場を「ゴーロ」(大きな岩がゴロゴロとした場所)と呼ぶことが山名の由来になっています。北アルプスにはもう一つ野口五郎岳という山も存在します。


   .....(上)岩場ゴーロの中を流れる黒部源流 (下)神が降臨するような巨大岩も見える!....
c0119160_07221920.jpg
c0119160_07224007.jpg
c0119160_07244371.jpg
c0119160_07250381.jpg


黒部五郎岳のカール雪渓の中は小川が流れ、花が咲き乱れ雲上の楽園そのものです。北アルプス最奥の大自然、男性的で雄大な黒部五郎のカールは、まさに天上の庭園と呼ぶにふさわしく、深田久弥は「青天井の大伽藍」と称賛しています。ついに憧憬の地に立てたのか~!


   .....実際の黒部源流は「鷲羽岳」、2006年「鷲羽池」に立つ(ここも神の楽園絶景だった)....
c0119160_07270715.jpg
c0119160_07272986.jpg


カール大雪渓には神座のような奇岩があちこちに鎮座しており黒部水流が流れる沢の水を飲み夢の様な世界に浸っていました。あと40分くらいで小屋に到着かな・・と勝手に思っていたら渓流の岩に書かれた「小屋まで2時間」の案内文字を発見して、大ショックを受けてしまいました。


   .....この光景こそ黒部源流と呼ぶに相応しいと思える神の楽園・黒部五郎カールを行く....            
c0119160_07292199.gif
c0119160_07295857.jpg


気を取り直して出発するも、9時間も歩いており疲労困憊状態・・、あと2時間歩くなんて信じられない・・。頂上に登り後を追いかけてきたT架橋様が合流し「黒部五郎岳小舎」に2人が到着したのは17時過ぎとなりました。もうへとへと2日目行程が11時間もかかるとは・・!


   .....渓流標識「あと2時間」は本当だった。ヘトヘト状態で「黒部五郎岳小舎」到着、テント設営....     
c0119160_12564147.jpgc0119160_12594781.pngc0119160_22280207.jpg
c0119160_22273951.jpg
c0119160_22295198.jpgc0119160_04592774.png
c0119160_22304074.jpg


テント場の手続きを行い、脱力感の中で幕営作業開始。予想通り雨が降り出してきた。食欲がない中で夕飯・ビールを流し込みましたが、今日も全くアルコールは進まず疲れ切って20時に就寝。明日は雨の中で苦行登山か・・。昭文社地図に完全に騙されてしまった気がする・・。 


   .....夕闇深まりテント場も幻想的な雰囲気・・。11時間苦行で疲労困憊の睡眠に陥る....
c0119160_22342892.jpg
c0119160_22345302.jpg







★【3日目】:朝から夕方まで雨中登山(10時間超)、黒部五郎岳頂上では奇跡の晴れ!


テントの中で3時半起床、予想通り雨は本格的に降っている・・。食事を済ませ雨の中をテント撤収してパッキング完了、槍ヶ岳に向かうT架橋氏に別れを告げて5:45単独行の出発・・


   .....(左)朝から雨が降り続く(3日目苦行の始まり) (右)小屋脇を通過し昨日の道を戻る.....
c0119160_22393415.jpgc0119160_22400675.jpgc0119160_22445088.gif
c0119160_22453038.jpg


昨日は下りルートで11時間かかったのだから、今日は同じコースを登るので同じような時間がかかるかもしれない。雨の中でこんな厳しい1日が始まるのか・・。梅雨の真っただ中に北アルプス長期間縦走すれば当然こんな日に遭遇すると覚悟していたものの、実際に迎えてみると心は憂鬱・・。疲れが相当蓄積しており、今日は最高に厳しい日になりそうだが頑張るしかない・・・。


   ....昨日、感動した黒部カールに到着。黒部源流の水流は雨で勢いをさらに増している.....
c0119160_04294062.jpgc0119160_04301463.jpgc0119160_13035580.jpgc0119160_04305163.jpg
c0119160_04314594.jpg


カールから黒部五郎岳稜線に向かう急登が今回最大の厳しい登り。雨に濡れて一層重さが増したザックを担いで肩で息をしながらの牛歩(10分程歩いては小休止)が続きます。標高を稼いでいくと再びカール全景が見渡せるアングルに来たぞ!しかし何度見ても雄大な景色だなあ!


   .....(左)カール全体が眺望できる場所に到着 (右)雪渓には鳥が次々飛翔する姿が見える.....
c0119160_04373566.jpg
c0119160_04380178.jpg


9時(歩き始めて3時間強)、ようやく黒部五郎岳の稜線道へ出ました。あと15分程歩けば頂上分岐点の肩に到着するはず・・。雨が降り続き全く視界の効かない山道でしたが、ここで急にガスが晴れ渡り黒部五郎岳が姿を現してきました。昨日も全く見えなかったのに何とラッキーなことではないか!


   .....稜線に出ると急にガスが晴れ渡り「黒部五郎岳」の全景を初めて見ることができた!.....
c0119160_04394912.jpg
c0119160_04403185.jpg


黒部五郎岳の肩に到着、ここで荷物を置いて空身で頂上を目指します。15分程登るとついに北アルプスで唯一登り残していた百名山「黒部五郎岳」の頂上に立つことができました。視界は開けて360度の雲海パノラマ(青空も見える!)を満喫して感動・至福の時間!5分後に薬師平から頂上に登ってきた人がいたのでお願いして登頂の証拠写真を撮ってもらいました。


  .....黒部五郎岳の肩から頂上へは15分!あともう少し!雨が止み青空が見えて晴れたネ~!.....
c0119160_04442105.jpg
c0119160_04453258.jpg


    .....黒部五郎岳の頂上をついに極める!雲海と青空、感動的な絶景が目の前に広がる.....
c0119160_05030034.jpgc0119160_05034532.png
c0119160_05043248.jpg
c0119160_05105419.jpgc0119160_05111816.jpg
c0119160_05121086.jpg
c0119160_05123722.jpg


しかし頂上を極めて肩に戻ったら再びガスが立ち込めてまた雨が降ってきました。「このまま晴れが続く訳じゃなかったのか・・?人生は糾える縄の如し(泣)」と嘆きつつも「こんな雨の中で、天は頂上到着した一時を敢えて晴れさせてくれたのだ!」と前向きに思い直し、午後の苦行登山に再出発しました。


   .....ここからは前日同様に中俣乗越・赤木岳・北ノ俣岳へのダラダラとした長い道のり.....
c0119160_05503530.jpgc0119160_06141734.jpgc0119160_05525406.gif
c0119160_05522320.jpg


雨の中でやっと頂上到着と思いきや、また先に山が見えて何度も何度も騙され、疲れは溜まるばかり・・。ガスの中で北ノ俣岳頂上到着は15:20、薬師平小屋は16時になりそうな気配


   .....長い長い雨の中の歩きは続く。撮影写真は殆どなかったのでのGIFアニメを添付.....
c0119160_06245162.jpgc0119160_06253617.gif
c0119160_06263682.png
c0119160_06265987.gif
c0119160_06260211.gif


出発してからもう10時間が経過、ようやく遥か先に太郎平小屋が見えてきました。ズブ濡れの疲労困憊状況なので「テント泊はもう無理・・」と気力は萎えており、今夜はこの小屋に宿泊することにしよう。


  .....太郎平小屋が見えてきた!雨の中で重荷背負っての10時間超の歩きは辛かった~.....
c0119160_07162303.jpg
c0119160_07164688.jpg


覚悟していたものの、何で本コースが前日の下りで11時間(午前中の余裕歩きが裏目)、本日は休憩も殆ど取らずにひたすら頑張って歩き続けたというのになぜ10時間以上もかかったんだろう。昭文社地図の表記時間は半分なのです。還暦過ぎて年々体力が落ちていること・雨で濡れて過重な重荷を背負っての遅々とした歩きだったとはいえ、こんなにも地図表記と乖離がある筈はありません。


  ....16時過ぎ太郎平小屋到着、スタッフの皆さんは非常に親切で非常に好印象の山小屋.....
c0119160_07160403.jpg
c0119160_07181766.jpg


黒部五郎頂上で出会った人も同様の発言をしており、帰宅後ネットで調べてみてもやはり地図の表記は間違っているようにしか思えません。下記が本来のコース時間なのでは・・?

      【昭文社地図表記】   【我々の時間】   【ネット記事】   【正しい地図表記(想定)

■太郎平小屋~北の俣~黒部五郎肩のコース(下り)   
       3時間45分        7時間半       6時間半        5時間45分 
■黒部五郎岳肩~カール~黒部五郎岳小舎(下り)
       1時間40分        3時間半       3時間          2時間45分  
(合計)  (5時間25分)      (11時間)       (9時間半)       (8時間半)が正解?   


   .....山小屋は乾燥室があって助かるなあ・・!濡れたテント・ザック・衣類を乾かして一安心.....
c0119160_06200811.jpgc0119160_13092557.pngc0119160_07404797.jpg
c0119160_07411278.jpg


愚痴を言ってもしょうがない。天の配剤により黒部五郎岳頂上でパノラマが見られ、無事安全に小屋に辿り着けたことに感謝しよう!山小屋の布団でゆっくりと快適睡眠を取ることができました。






★最終日は再び晴れ!温泉に浸かり「終わりよければ全てよし!」


翌朝4時半起床、久々に布団で熟睡して3日間の疲れがかなり取れた気がする・・。朝食後、乾燥室に行って見るとシュラフ・衣類・ザックなどは見事に乾いていました。ゆっくり時間を過ごし、パッキングを済ませて小屋の外に出ると快晴の青空!さあ今日は最終日、7時過ぎ気持ちよく、いざ出発~!


   .....昨日とは打って変わって青空となった最終日。地獄から天国へ解放された気分.....
c0119160_18173391.jpgc0119160_18180189.jpgc0119160_13205574.jpg
c0119160_18185216.jpg


折立バス停から五光平経由で登ってきたコースを再び下山。初日は23kgの重荷で苦しみの登りでしたが、4日目になると食料も消費され荷物も乾き18kg程の軽さになっており快適ペースで下山


   .....お世話になった太郎平小屋に別れを告げ余裕を持って出発、荷物が軽くて楽だ・・!.....
c0119160_18185216.jpg
c0119160_18225316.jpg


   .....太陽の光が眩しい雲沸き立つ絶景を楽しみながら太陽の光が降り注ぐ木道を進む.....
c0119160_18244842.jpg
c0119160_18251494.jpg
c0119160_18270165.jpg
c0119160_18272617.jpg


8:20五光岩ベンチで休憩、9:45三角点通過、順調な歩きで予定通り11:20折立バス停に到着。予約済の新宿行「毎日あるぺん号」バスが待機しています。無事安全に下山できた~!


   .....木道を快適に歩き下り、五光岩ベンチで休憩、薬師岳が見えなかったのはチト残念.....
c0119160_18303020.jpgc0119160_18305096.jpgc0119160_18332065.jpgc0119160_18313670.jpg
c0119160_18320519.jpg
c0119160_18311476.jpg


   .....(左)折立登山口に無事到着 (右)「毎日あるぺん号」(砺波交通)新宿行バスに乗る.....
c0119160_19380682.jpgc0119160_19393157.pngc0119160_19452024.jpg
c0119160_19400330.jpg


乗車後、運転手さんが「このバスは帰路途中で近くにある亀谷温泉に寄ります」とのご案内(思わぬ朗報に大喜び!)。「さすが登山観光客用の高速バスだ・・、気が利いているなあ・・!」4日間の疲れを温泉で洗い流し、心も体もリフレッシュ!旨い生ビールを飲み干し美味しい昼食を頂き天国気分~!


   .....高速バスが「亀谷温泉」に寄り、思わぬプレゼントに大いなる幸福感を最後に味わう....
c0119160_20155592.jpgc0119160_19554902.jpgc0119160_13222947.pngc0119160_19595468.jpgc0119160_19561831.jpg
c0119160_20004902.jpg


   ....富山~新潟~長野(東部湯の丸SA)~関越道経由で新宿へ向かう高速バス.....  
c0119160_20305810.jpgc0119160_20312518.gif
c0119160_20314326.jpg


バスの中で寛ぎ、一緒に同行したT架橋さんにラインで「無事に帰ってきてくださいね~」と激励発信。彼はまだ槍ヶ岳を目指して雨の中を頑張って歩いてます。こちらは開放感に浸り缶ビールを飲み干しウトウトいい気持。新宿に20:30到着し、21:30無事安全に帰宅して安堵の喜びに浸りました。


   .....新宿に到着!色々あった長い山旅だったけど安全無事に帰れてよかった!....
c0119160_20411574.jpgc0119160_20415224.jpg
c0119160_20422844.jpg
c0119160_22340085.jpg
c0119160_22343557.jpg


長雨が続く7月で雨の苦行山行は間違いなしと完全に諦めていましたが、予想外の天候に恵まれ絶景パノラマも満喫できました。今回は引分けで無敗連続記録を30に更新。還暦過ぎて20数kgの重荷を背負う長期間テント泊は年齢的・体力的にもう今後は無理かな・・。地図に騙されて予想外の長歩き(4日間35時間)でしたが、難関峰をこなして自信もつきました。「終わりよければ全てよし」ですネ~!

c0119160_22370475.png
c0119160_22372477.jpg







★エピローグ&北アルプス思い出レビュー写真(その2)


今回記事の最後は、前編で紹介できなかった過去の北ア名峰の奥深いエリアを縦走した時のお気に入り写真を約20枚公開します。皆さんが滅多に見られないレアな絶景をお届けして、RWにとっての北アルプス最後の百名山「黒部五郎岳」挑戦レポートを締めたいと思います。


   .....2006年夏、黒部源流の名峰「鷲羽岳」登山、「鷲羽池」(槍ヶ岳とのコラボ)と対面....    
c0119160_21032847.jpg
c0119160_21345597.jpgc0119160_21352369.jpg
c0119160_21355447.jpg


      .....2008年7月、笠ヶ岳の頂上から見た槍ヶ岳・穂高連峰の日の出パノラマ....
c0119160_21072011.jpg
c0119160_21080603.jpg
c0119160_21524593.jpg
c0119160_21531351.jpg


   .....2008年8月、雲の平、高天原温泉(日本一遠い温泉)に辿り着いた4泊5日の山旅....   
c0119160_21115637.jpg
c0119160_21122455.jpg
c0119160_22120617.jpgc0119160_22123860.jpg
c0119160_22132635.jpg


   .....2009年Fツアーメンバーと奇岩満ち溢れる北アルプスの秘峰「餓鬼岳」に挑戦....
c0119160_21154531.jpg
c0119160_21160856.jpg
c0119160_22240229.jpgc0119160_22243461.jpg
c0119160_22245630.jpg

       .....(左)黒部五郎岳登山空撮         (右)北アルプス ドローン大縦走....                   


今回「黒部五郎岳」の制覇で日本200名山は合計164座(そのうち日本百名山が82座、それ以外の名山82座と同数に並ぶ)となりました。あと残りは36座ですが70歳前後までに気長に達成していきたいと思っています。あくまでも安全無事に・・、健康な心身で有終の美を飾ることが必然なのです!


c0119160_06020618.jpgc0119160_06035390.gifc0119160_06045605.jpgc0119160_06054689.jpg
c0119160_06070583.png


                                                       おわり

  # by rollingwest | 2019-08-30 20:30 | Comments(184)