<2019.5.3>【令和・初登山】中高同級仲間と故郷名峰「米山」(柏崎)を登る


c0119160_05090852.jpgc0119160_05100255.jpgc0119160_05102395.jpgc0119160_05104256.jpgc0119160_05110836.jpg

c0119160_05425524.png


★令和・初登山はわが故郷・柏崎の名峰「米山」


平成から令和を迎えて異例のGW10連休、皆様はいかが過ごされましたでしょうか?RWは柏崎帰省して5月3日故郷の名峰「米山」(標高993m)を中高同級生達と久しぶりに登ってみました。日本300名山に名を連ね、有名な三階節にも謳われた故郷が誇る名峰です。


   .....「♪米山さんから雲が出た~」三階節で有名な柏崎の名峰と米山大橋のコラボ風景....
c0119160_05490709.jpgc0119160_05493057.pngc0119160_05495324.jpgc0119160_06051758.pngc0119160_06171627.pngc0119160_06002639.jpg

米山に登るのは2010年に山仲間(300名山達成の二人)と登って以来、9年ぶりですが、この時は超お手軽な柿崎側からの水野林道コース(駐車場から頂上まで1時間20分)でした。


     .....(左)2010年山仲間と柿崎側から登山 (右)頂上からは日本海と弥彦山も望めた....
c0119160_06105369.jpg
c0119160_06110870.jpg


我々が中高時代の学校登山は海岸部(米山駅)から約千m近くを登るハードな大平コースが定番でした。令和時代の初登山は、中高同級の山仲間(昨年11月の紅葉ハイキングのメンバー)が柏崎に集結して苦しかった急坂道を40数年ぶりに体験してみようという企画内容です。

                  <2019年元旦記事>中高同級生諸行事(忘年ハイク&懇親会) 






★「米山」、中高同級生仲間と大平コースを登る


中高同級山仲間6人は前日各自柏崎入り、駅前居酒屋で軽く前夜祭を済ませて5月3日登山日を迎えました。全般的に天候不順なGW10連休でしたが、この日はバッチリいい天気に恵まれました。またも無敗記録が28(22勝6分け)に更新できてムフフ晴れ男のRWです。


   .....(左)柏崎駅の背後に聳える米山 (右)今の時期しか見られない水田に映る「逆さ米山」....
c0119160_06204353.jpg
c0119160_06210774.jpg


2台の車で大平(おおだいら)コース登山口の駐車場に向かいます。米山ICから国道8号上越方面へ、3つ目のトンネルを過ぎて下り坂約300m進み左へ曲がる看板が出ています。


   .....大平登山口で集合写真を撮っていざ出発!このコースは学校登山以来40数年ぶり!....
c0119160_06225133.jpgc0119160_06231840.jpg
c0119160_06233749.jpg


8:10登山開始、暫く登ると林道と合流。さらに進むと米山・大平コースの登山口となり、ここからいよいよ本格的に山道が始まります。この季節はまさに山の輝く新緑が目に眩しい!


   .....ブナ林の道を進む。やはり登山は新緑の時期が空気も爽やかで最高だね!....
c0119160_06265419.jpgc0119160_06270974.jpg
c0119160_06272477.jpg


   .....春の高山植物も咲き誇る!(左)イワカガミ (右)ミツバツツジが綺麗だね!....
c0119160_06291896.jpgc0119160_05473852.pngc0119160_07065948.jpg
c0119160_06293413.jpg


いきなり急な登りの階段が連続登場!頻繁に休憩を取りながらゆっくり登りましたが、男性陣(ヒーチャン・T鳥氏)は最初から全くペースが上がらず苦戦の登り。対して女性陣(ryoko 様・ハマジュリ様・カボ様)はお元気でヒョイヒョイと上がっていき、早速序盤から明暗が分かれました。


   .....(左)男性陣は最初の登りから苦戦の始まり (右)女性陣快調・余裕の発進(対照的)....
c0119160_07061690.jpgc0119160_07064084.jpgc0119160_06055606.jpg
c0119160_07072718.jpg


この時期の米山は輝く新緑に高山植物の宝庫です。新潟県の花「雪椿」、ミツバツツジ、イワカガミ、ショウジョウバカマなどが続々と登場!多分、苦戦の男性陣は花を愛でる余裕は全くなかったかもしれません。いつもは軽快に登って行くT鳥さんは予想外の体調不良、初めて見た光景です。


   .....高山植物が続々と現れる!米山も結構、花の宝庫なんだと再認識した次第....
c0119160_07122484.jpgc0119160_07124138.jpg
c0119160_07125617.jpg


ハァハァ言いながら9:30ようやく開けた「二ノ字」に出たのでやっと休憩。「頂上まで2時間半」の標識があった登山口から8割程が急階段だった気がします。先に到着している女性陣からは余裕の激励言葉がかかりました。男性陣の苦戦状況だと当初計画よりは20~30分遅れになるかな・・。


   .....随所に現れるサルノコシカケの様な菌類がビッシリ張り付いた大木の中、急坂を上り行く....
c0119160_07193257.jpgc0119160_07195000.jpg
c0119160_07200776.jpg


   .....(左)「二ノ字」広場で一服休憩 (右)余裕の女性陣、孔雀が羽を広げたポーズryoko様....
c0119160_07222075.jpgc0119160_07224432.jpgc0119160_06130946.pngc0119160_07230842.jpg
c0119160_07232820.jpg


「七一一米峰」を通過し10:30コースの名物「ガンバレ岩」に到着!「山頂まで600米」地点もまだまだ階段。さらに上部に上がっていくと雪渓が現れました。今年は4月に何度か冷え込んだ日があり例年になく残雪が多いようです。


  .....名物「ガンバレ岩」に励まされながらも苦戦の男性陣、ついに雪渓が現れてきた!....
c0119160_19193458.jpgc0119160_06150789.pngc0119160_06263130.jpgc0119160_19202237.jpg
c0119160_19204482.jpg


昨年登山デビューしたヒーチャンはアイゼンも揃えて完璧な準備を整えていました。購入して初めて簡易アイゼンを装着し広い雪渓を歩き始めましたが、道の途中に張り出した沢山の藪に苦労させられながらも何とか確実に登りを進めて行きます。やはり5月の残雪登山はなめちゃ~いけませんネ!


  .....ヒーチャンは新調アイゼン装着、決まってるネ~!さあこれで雪渓歩きは万全だ!....
c0119160_19275439.jpgc0119160_19293825.jpgc0119160_19295885.jpg
c0119160_19302327.jpg


   .....(左)斜めに張り出す藪を漕ぎ苦闘 (右)最後の登りを終えるとフキノトウ群生が出現!....
c0119160_19564909.jpgc0119160_19542237.jpgc0119160_19571266.jpg
c0119160_19574796.jpg







★ついに「米山」頂上に到着!昼食タイム&山頂部散策


苦労を重ねて11:20米山の山頂(993m)に到着!女性陣に遅れを取ること20分、山小屋の脇に鎮座する「米山薬師」(日本三薬師)拝殿に向かって無事登頂のお礼参拝を済ませました。


      .....(左)フキノトウ群生の上には山頂小屋 (右・下)「米山薬師堂」に参拝....
c0119160_20092712.jpg
c0119160_20094843.jpg
c0119160_20100666.jpgc0119160_20111590.jpgc0119160_20102646.jpg

山小屋2階に陣取って昼食タイム。湯を沸かしてドリップコーヒーを用意している最中にRWは誤ってコンロを倒して床にお湯をブチまけてしまいました。その湯は床に染み渡り1階屋根天井から水がポタポタ。1階登山者の方に大いに迷惑をかけてしまいドタバタのリカバリーと謝罪で大わらわ状態!「伝説の米山お湯こぼし事件」とこれからも一生言われそうだなア~(苦笑)


   .....(左)女性陣は早く到着して小窓からお出迎え (右)昼食タイム、このあと○○事件が・・....
c0119160_20274753.jpgc0119160_20282020.jpg
c0119160_20285091.jpg


昼食を終え、山頂部周辺を散策してみよう!するとガスがどんどんと晴れて完全に高気圧に覆われ残雪に映える青空の快晴パノラマとなってきました。気温も上がってポカポカ状態に!


   ....昼食後に山頂周辺の散策、一挙に晴れ渡ってきたぞ~!快晴の山頂を大満喫!...
c0119160_20321766.jpg
c0119160_20323832.jpg
c0119160_20330701.jpgc0119160_20333284.jpg
c0119160_20335951.jpg







★帰路コースも膝ガクガク、苦労を重ねて無事下山


NHKBS放映「グレート・トラバース」は田中陽希が交通機関を使わず(自力歩行・カヌー)で全国100名山・200名山を一筆書き縦走してきた偉業記録ですが、彼は今300名山踏破に向けてチャレンジ中で丁度1ケ月前に米山頂上を通過したのです。ニアミスでもないけど惜しい・・・会いたかったなア!


     .....(左)スーパー登山家・田中陽希が1ケ月前に米山登頂 (右)集合写真撮影して下山!....
c0119160_21175035.jpg
c0119160_21184055.jpg


   .....(左)日本海も眺望できるぞ! (右)登山時に苦労した雪渓の稜線道もよく見える!....
c0119160_21231791.jpg
c0119160_21241480.jpg


米山薬師前で集合写真を撮り12:30過ぎ下山開始!天気はドンドン快方に向かい、登りで苦労した雪渓下りもだいぶ慣れて苦にはなりません。高度を下げていくと雪はなくなりまた高山植物や輝く新緑光景が戻ってきました。振り返ってみると米山頂上が遥か遠くになってきた!


   .....再び藪のきつい雪渓稜線だが、もうだいぶ慣れてきた!軽快に下っていく女性陣....
c0119160_21385376.jpgc0119160_21393520.jpg
c0119160_21400121.jpg


   .....(上)振り返れば米山頂上 (右・下)再び新緑と花の咲き誇る風景がお出迎え!....
c0119160_21421605.jpgc0119160_21424130.jpgc0119160_21431844.jpgc0119160_06591080.png
c0119160_21435391.jpg

c0119160_21544781.jpgc0119160_21550907.jpgc0119160_06591080.png
c0119160_21553229.jpg


しかし下山も急坂階段で皆は膝がガクガク状態で相当苦労していました。帰路も女性陣が速いペースで下りていきました。男性陣の大平駐車場到着は15時(女性陣に遅れること30分)となりました。


   .....(上)最後の下りもきついなあ (下)ようやく大平登山口の駐車場に到着(疲れた~)....
c0119160_22104827.jpgc0119160_22113906.jpgc0119160_22130003.jpg
c0119160_22123791.jpg

c0119160_22185611.jpg
c0119160_22215632.jpg






★日本一・海に近い駅「青海川」の風景を楽しみ、打ち上げ会


下山後は米山大橋の真下にある「青海川駅」に寄ってみました。この駅は日本一海に近い駅として鉄道ファンには大人気の駅で、当日カメラをぶら下げた鉄道オタクの鉄男鉄子が何人かいました。


   .....米山大橋の真下(真っ赤な橋脚)を過ぎれば日本一海に近い「青海川駅」に到着....
c0119160_22321389.jpgc0119160_22330828.jpg
c0119160_22333454.jpg
c0119160_22434802.jpg
c0119160_22445012.jpg
c0119160_22480045.jpg


ホームに「越乃Shu*Kura」看板が設置されています。2014年運行開始された越後の地酒を楽しむ観光列車(越乃=越後、Shu=酒、*=米・雪・花、Kura=蔵)で人気が高まっています。


   .....「越乃Shu*Kura」は2014年運行開始された新潟地酒を楽しむ観光列車で大人気!....      
c0119160_05165732.jpgc0119160_05181427.jpg
c0119160_05191028.jpg
c0119160_05222514.jpg
c0119160_05230895.jpg
c0119160_05442264.jpgc0119160_05450386.jpg
c0119160_05454429.png


断崖が海に突き出た風景はフォッサマグナの東側の地質断層ライン(柏崎・千葉構造線)によって生み出された風景です。ちなみに西側ラインは日本アルプスを形成している有名な糸魚川・静岡構造線で、親不知の断崖海岸は北アルプス日本海側の最果てに位置しています。


   .....米山稜線崖が海に落ち込む絶景はフォッサマグ「柏崎・千葉構造線」が作り出したもの....
c0119160_06125317.pngc0119160_05595953.jpg
c0119160_06002548.jpg


この駅は真田広之&桜井幸子主演のドラマ「高校教師」(1993)、最終回の舞台になったロケ地。BGMは森田童子(昨年逝去)が歌った「ぼくたちの失敗」、最高視聴率33%を記録しました。実は脚本家の野島伸司は柏崎出身、二人の人生最後の場所として相応しいと思い舞台設定をしたのでしょう。


   .....(左)ドラマ「高校教師」(1993)の最終回映像 (下)海に近駅の絶景を楽しみ散策....
c0119160_05585536.png
c0119160_06150334.jpg
c0119160_06171573.jpg
c0119160_06174027.jpg
c0119160_06192251.jpg
c0119160_06194686.jpg


「日本の渚100選」にもなっている「青海川海岸」に下りて散策。断崖絶景の海をバックに記念写真を撮って「米山登山」を終えました。その後は市内のアクアパークの湯に浸かり、18時から反省会となりました。またも飲みすぎてしまい翌日は完全に二日酔い状態でした。


      ....市内に戻って「柏崎アクアパーク」の湯に浸かって登山の疲れを癒す...
c0119160_06250055.jpgc0119160_06252161.jpg
c0119160_06254272.jpg


   ....40数年ぶりの大平コースは結構きつかったけど充実達成感!打上げ会で「乾杯」~!....
c0119160_06282350.jpgc0119160_06284361.jpg
c0119160_06291206.png


「故郷は遠くにありて想うもの」と謂いますが、たまには同級仲間と故郷の山を実際に登って体験してみるのもいいなあと感慨深い山旅でした。皆さんもいつか機会があれば米山や柏崎の魅力に触れてみて下さい。


   .....(左)夕暮れ日本海に映える米山風景 (右)残雪が多かった米山をあらためて仰ぎ見る....
c0119160_06320352.jpg
c0119160_06322282.jpg

↑上記写真はブログメイト・柏崎おじしゃん様の写真を拝借させて頂きました。
                                          「柏崎の魅力・再発見!」



                                                      おわり


          米山山頂からの大展望              柏崎海岸と米山          
 TVドラマ「高校教師」(1993)森田童子「僕たちの失敗」  柏崎市観光プロモーションビデオ          

  # by rollingwest | 2019-05-15 06:30 | Comments(128)

RW/洋楽コーナー:「My Favorite Songs」 (第48巻)



RW洋楽コーナー「My Favorite Songs」(第48巻)は、ビージーズ 「マサチューセッツ」(1967)をお送りしています。♪\(^◇^)/♪… 下記URLよりクリック



                  ビージーズ 「マサチューセッツ」 (1967年)
c0119160_20164508.jpg


              【My Favorite Songs】過去紹介した名曲(INDEX)はコチラから



      *上記2つのURLをクリックすると今回の記事&過去紹介分のINDEXへ入れます。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
c0119160_15342514.gifc0119160_15405358.gifc0119160_1541379.gifc0119160_15412482.gifc0119160_15414376.gifc0119160_1542442.gifc0119160_15434219.gifc0119160_15441097.gif ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


  # by rollingwest | 2019-05-07 20:25 | 洋楽(ロック・POPS)

<2019年4月28日>【熊野古道・伊勢路】一気参拝旅①:レビュー&熊野本宮大社編


c0119160_08320002.jpgc0119160_08323362.png

c0119160_08362987.jpg


★「平成」から「令和」の時代へ!ブログ12周年の節目を迎えて


30年余り続いた元号「平成」がついに終わり、新たな「令和」時代を迎えます。自分自身も2007年5月のブログ開始から丁度12年の筋目(4/27に累計アクセス64万件)となり「干支が一巡したのだなあ・・」と感慨深いものがあります。「継続は力なり」・・、皆様方と楽しく交流を続けられたことに大感謝です!今後「令和」の時代もお付き合いよろしくお願いいたします!


   .....天皇・皇后両陛下伊勢神宮を参拝し退位報告三種の神器が一堂に揃うレア光景....
c0119160_08402202.pngc0119160_08412532.jpgc0119160_18014498.jpgc0119160_08423770.jpgc0119160_08430422.jpg
c0119160_08432378.jpg


天皇・皇后両陛下は4/18伊勢神宮に参拝し退位報告されました。その後は「上皇・上皇后」となり、象徴として行ってきた公務から離れ、皇太子徳仁親王(浩宮)が令和の新天皇として即位されます。最後の行幸・伊勢神宮では三種神器が揃い儀式は非常に厳かなものでした。

                             <2010年6月>伊勢路・奈良の旅①:「伊勢神宮」

                                出雲大社&伊勢神宮(日本神話に潜む謎の関係)

   .....歴代上皇が行幸を重ねた「熊野詣」、蟻行列にも比喩される程の平安時代で大ブーム....
c0119160_09054359.jpgc0119160_09061377.jpgc0119160_09063431.jpg
c0119160_09065908.png


歴史的に有名な上皇行幸といえばやはり「熊野詣」。平安時代の宇多法皇(907)以来、法皇上皇の熊野御幸が始まり、後白河上皇・後鳥羽上皇・鳥羽上皇・白河上皇などが物凄い頻度で参詣しています。平安期に「蟻の熊野詣」と呼ばれる程ブームになった信仰の道は、江戸時代でも「伊勢へ七度、熊野へ三度」とお伊勢参り後に伊勢路を通って熊野詣が行われました。






★関西在住時代(2002~4)に駆け巡った各種の熊野古道ルート


「熊野古道」は紀伊半島南部の「熊野三山」(本宮、速玉、那智の各大社)に向かう5つのルート(紀伊路・小辺路・中辺路・大辺路・伊勢路)&霊場吉野からの山岳道(大峰奥駈道)があります。

c0119160_09330126.jpg

   .....(左)「熊野古道」の全ルート (右)2003年11月熊野へ家族旅行(那智大社・橋杭岩等)....       
c0119160_09255152.jpgc0119160_09262024.jpgc0119160_09264871.jpg
c0119160_09271743.jpg


世界遺産登録は2006年ですが、RWは関西勤務時代(2002~04)に中辺路・大辺路・大峰奥駈道へ、山仲間や家族と一緒に何度も足を運んで道の歴史深さを味わったものです。


   .....2002年10月、初めての熊野古道体験!「中辺路」の歴史深い石畳道を歩き抜く....
c0119160_09440121.jpgc0119160_09442735.jpg
c0119160_09445533.jpg


熊野は神話時代から神々が宿る場所として特別地域と考えられていました。吉野「金峯山寺」(山岳修験の根本道場)から大峯山を縦走して熊野に至る「奥駈け道」は1000-1900m級の険しい峰々を踏破する修行古道、役行者(修験道開祖)が8世紀初頭に開いた聖地ルートです。


   .....2003年4月、吉野へ家族旅行、一大霊場「金峯山寺」から「吉野千本桜」を満喫....
c0119160_10113053.jpg
c0119160_10120040.jpg


熊野の山中は、仏教では深い森林に覆われた山々を阿弥陀仏・観音浄土に見立て、超自然的な能力を習得するための修行の場だったのです。まさに神仏習合・山岳修験道の日本最大聖地かもしれません。「奥駈道」に鎮座する主な名峰(大峰山・八経ケ岳・釈迦ケ岳・伯母子岳等)は一通り制覇することができました。


   .....2003年5月、「大峰山・奥駈道」の名峰縦走、霊気に満ち溢れた山岳自然を体験....
c0119160_10151593.jpgc0119160_17085792.jpgc0119160_10153548.jpgc0119160_10155958.jpg
c0119160_10320516.png


今も女人禁制「結界門」で仕切られる場所が幾つか残っているのが本当に凄いことだネ~!深い森に囲まれた奥駈山行をした時に独特な霊気を感じ驚くような体験をしました。我々山仲間3人 がテントを張っている近くで山伏たちが樹木に向かって呪文を唱え始めると、突然雷が鳴り出し稲光とともにそこに雷が落ちるという不思議な光景を目の当たりにしたのです!本当にビックリしたな~!


   .....(左)2003年4月後醍醐天皇の御所訪問 (右) 2003年5月、大峰・女人禁制「結界門」...
c0119160_10221613.jpgc0119160_10223572.png
c0119160_10225590.jpg


熊野メイン見所(本宮大社・那智の滝・青岸渡寺・熊野那智大社・勝浦・太地・串本潮の岬等)も15年前の家族旅行で巡りましたが、まだ行きそびれたパワースポット(熊野速玉大社・花窟神社・伊勢路ルート)も残っていました。いつかリベンジ再訪問したいと強く思っていたのです。






★熊野三山~伊勢・熱田神宮へ駆け抜けた一気参拝旅(2018GW)回顧レポート!


そんな中、職場後輩OH君(柏崎出身・御朱印集め趣味・霊場巡礼好き)から「熊野に連れて行ってほしい」と要望があり「これはいい機会!」と思い立ち、熊野三山~那智勝浦~伊勢神宮~熱田神宮まで車で駆け抜ける旅を昨年GWに実現しました。1年目にようやく写真を蔵出しで記事を初公開します。


   .....昨年GWに熊野・伊勢路20数社巡る一気通貫の旅(2泊3日)をシリーズレポート開始....
c0119160_10522296.gifc0119160_10530529.pngc0119160_10532991.jpgc0119160_10534971.gif
c0119160_10541135.jpg


初日に熊野本宮大社・速玉大社を廻り勝浦温泉宿泊。翌日は熊野那智大社・那智の滝~伊勢路パワースポット経由で鳥羽に宿泊。最終日は伊勢神宮を含めたパワースポット&熱田神宮まで行き名古屋から帰京。20数社を2泊3日で巡るパワースポット一気通貫の旅計画です。


   .....(左)武蔵小杉駅から羽田空港直行バス (右)快晴の羽田空港、早朝に搭乗出発...
c0119160_11045625.jpgc0119160_11052188.jpg
c0119160_11053432.jpg
c0119160_11083878.jpg
c0119160_11085881.jpg


今回も「3日間可能な限り神社を廻るぞ~!」と欲張りなテンコ盛り計画でしたが、綿密に準備を重ねました。羽田でOH君と待合わせ早朝出発、雄大な雲海風景を楽しみ南紀白浜空港へ



   .....(左)美しい雲海を飛行機から満喫 (右)いよいよ南紀白浜空港が見えてきたぞ!....        
c0119160_11110166.jpg
c0119160_11113594.jpg






★中辺路起点の「滝尻王子・熊野古道館」


8:40南紀白浜空港に到着後、レンタカーを借りて9:00熊野古道の旅がいよいよスタートしました!紀伊田辺から南紀山岳部へと走り、まず初めは中辺路の出発点である「滝尻王子」を訪問!ここには熊野古道の観光案内や歴史紹介を兼ねた「熊野古道館」があります。


   .....(上)南紀白浜空港に到着、レンタカー手続き (下)空港から熊野古道・中辺路へ向かう...
c0119160_11592762.png
c0119160_12000853.jpg
c0119160_12020182.jpg
c0119160_12022334.jpg


   ....中辺路出発地にある「熊野古道館」、熊野古道の観光案内拠点で事前学習を完了....
c0119160_12042088.jpgc0119160_12044676.pngc0119160_12051217.jpg
c0119160_12053986.jpg


「滝尻王子」の鳥居前に来たのは16年ぶり!熊野古道歩きを初めて体験したのは関西勤務2002年10月、まだ世界遺産指定もされておらず静かなブームになり始めた頃でした。「熊野古道館」であらためて全体歴史や陳列を眺め頭の中を再整理して旅のスタートを切りました。


   .....中辺路ルート出発地「滝尻王子」の鳥居前。懐かしいね~、もう10数年が経ったか!....
c0119160_12202227.pngc0119160_12204642.jpg
c0119160_12211958.jpg


   .....(上)「熊野古道館」を十分満期して再出発 (下)変化ある風景、熊野川沿いドライブ....
c0119160_12235563.jpg
c0119160_12240912.jpg
c0119160_12270698.jpg
c0119160_12272842.jpg







★熊野巡礼の目的地:「熊野本宮大社」&「大斎原」(旧社地跡)


さあいよいよ「熊野三山」の最初の参拝社は「熊野本宮大社」、上皇達一行が目指したのはまさにこのパワースポット。全国3千社ある熊野神社の総本宮であり、熊野三所権現とも言われます。2003家族旅行以来2回目ですが、再び荘厳な雰囲気と歴史の深さに圧倒されました。


   .....今回のメインスポット「熊野本宮大社」を参拝、「八咫烏」のマークが堂々聳える....
c0119160_12585054.jpg
c0119160_12594047.jpg


   .....(左)OH君は熊野本宮の初体験 (右)拝殿祈りを捧げた後は御朱印スタンプ・行列待ち....
c0119160_13013685.jpg
c0119160_13020640.jpg


左手から第一殿・夫須美大神、第二殿・速玉大神、第三殿・家津美御子大神、第四殿・天照大神が祀られており礼拝を済ませて境内を散策。歴代上皇・熊野御幸石碑があり、後白河上皇33回・後鳥羽上皇29回・鳥羽上皇23回・白河上皇12回・・、遠方遥々よく来られたものだ!


   .....(左)熊野本宮大社の4殿を遠方撮影 (右)神鏡に大接近、歴代上皇御幸の石碑....
c0119160_13073532.jpgc0119160_13084564.jpgc0119160_13090782.jpg
c0119160_13093705.png


本宮大社のシンボルは「八咫烏」(ヤタガラス)、日本神話において神武東征の際、神に遣わされて神武天皇を熊野 に導いたのです。ご存知サッカー日本代表のシンボルマーク(1987から採用)ですが、今回調べてみると「明治時代に日本に初めてサッカーを紹介した中村覚之助氏の出身が和歌山県那智勝浦町」という経緯とのこと!次回W杯は神の力で、是非日本をベスト8に導いて下さい。

                    <2015年5月>神武天皇・東征出発(日向の国)訪問の記事

   .....(左)熊野本宮大社のシンボル「八咫烏」(三本足)  (中)サッカー日本代表の守り神....
c0119160_13140962.jpgc0119160_13143879.jpg
c0119160_13150643.jpg


次は大社旧社地跡「大斎原」(ohyunohara)に向かおう!かつて熊野本宮は熊野川など3つの川が合流する中洲にあり、1万坪の境内に現在の数倍規模の社殿・楼門・神楽殿・能舞台等が犇めいていました。しかし1889年に大水害が起こり社殿の殆どが流されてしまったのです。


   .....熊野本宮から河原へ下り右手に「日本一の大鳥居」(本宮のルーツ)が見えてきた!....
c0119160_13301265.jpgc0119160_13303876.jpgc0119160_13310689.jpg
c0119160_13313275.jpg


   .....熊野本宮大社旧社地「大斎原」、明治22年の大水害で社殿が流され現在位置に遷座....
c0119160_13490152.jpgc0119160_17191739.jpgc0119160_13492742.jpg
c0119160_13495510.jpg


大斎原は現在の熊野本宮大社から500mほど離れており、道路を隔てて、大鳥居(高さ約34m、幅約42m)が見え、背後のこんもりとした森の中にあります。日本で高さ30mを超す大鳥居は3つしかありません。①熊野本宮大社(和歌山県田辺市) 34m、②大神神社 (奈良県桜井市)32m、③弥彦神社 (新潟県弥彦村)30m、まさに熊野の鳥居が日本一の高さなのです!


   .....(左下)流された8社を祀る石造小祠 (右)三角州に聳える大鳥居は古え歴史の長さ....
c0119160_13534281.jpgc0119160_18182184.jpgc0119160_13543499.jpg
c0119160_13550343.jpg

水害を免れた4社を現在の熊野本宮大社がある場所に遷座しました。かつて多くの人々の祈りを受け止めた大斎原には、流失した中・下の8社を祀る石造の小祠が建てられており、巫女の舞が行われていました。まさに霊気エネルギーが満ちた場所だったんだなあ・・!



   .....大斎原の広場で「巫女の舞」が繰り広げられる。昔は天空の神との語らいが行われた....
c0119160_14023272.jpgc0119160_14025860.jpgc0119160_14032154.png
c0119160_14034716.jpg


帰りは熊野古道観光の情報提供施設「世界遺産熊野本宮館」(2009年完成、総工費8億円)を覗いてみました。「大斎原は理想的な風水地形」との解説から、古代から当地は癒しのエネルギーが沸き渦巻いた場所であり、人々が祈った超パワースポットなのでしょう。


   .....熊野本宮大社前の「世界遺産熊野本宮館」、紀伊山地の霊場と参詣道」の案内拠点....
c0119160_14080903.jpgc0119160_18064352.pngc0119160_14085299.pngc0119160_19340355.png
c0119160_14092665.jpg







★【熊野・伊勢路】一気参拝旅:シリーズ全編の概要紹介


<熊野伊勢路参拝旅シリーズ>第1編は、熊野古道の歴史・関西時代の懐かしい写真レビュー、昨年GW周遊旅の熊野本宮大社でスタートしましたがこの辺で筆を置きたいと思います。さて今回スタートした熊野・伊勢路参拝シリーズは全5編で纏めることにしました。


   ....第1~3編熊野三山を中心にレポート!その後4~5編は伊勢路を北上していく....
c0119160_14185370.jpgc0119160_17231258.jpgc0119160_14192836.jpg
c0119160_14195530.jpg



次回第2編は「熊野速玉大社」、巨岩ゴトビキ岩鎮座の「神倉神社」、神武天皇東遷した上陸史跡、「補陀落渡海」出発点の寺、宿泊した那智勝浦の「ホテル浦島」等のレポートをお届けします。


   ....(左)三山の一つ「熊野速玉大社」 (右) ゴトビキ岩が鎮座する新宮「神倉神社」....
c0119160_14242439.jpg
c0119160_14244543.jpg


   .....(左)上空から見る新宮市内・神倉神社 (右)海の浄土拠点となった「補陀落寺」....       
c0119160_14262677.jpg
c0119160_14264705.jpg


   .....(左)宿泊した那智勝浦温泉「ホテル浦島」 (右)勝浦湾から見た夕陽光景....
c0119160_14281907.jpg
c0119160_14283633.jpg



第3編は、那智勝浦の朝日&「紀の松島」、「熊野那智大社」「青岸渡寺」「那智の滝」、伊勢路ルートを北上して「産田神社」「花窟神社」などのパワースポット紹介を予定しています。


   .....(左)那智勝浦の高台から仰いだサンライズ (右)「紀の松島」の絶景を眺望....
c0119160_14393656.jpg
c0119160_14400912.jpg


   .....(上)「熊野那智大社」&「那智の滝」 (下) 「青岸渡寺」(右下)「花窟神社」....
c0119160_14472272.jpgc0119160_14490396.pngc0119160_14483067.jpgc0119160_14480609.jpgc0119160_14493703.jpg
c0119160_17574520.jpg



第4編は、秦の始皇帝が不老不死薬を求めて日本に遣わせた「徐福」の伝説が伝えられる「阿須賀神社」、徐福上陸の地「波多須」、世界遺産「獅子岩」、ゼロ地場のパワースポット「滝原宮」、伊勢神宮の起源とも謂われる「伊雑宮」、夫婦岩「二見浦」を紹介。そして宿泊・鳥羽ホテルからのレポート


   .....(左)「獅子岩」「楯ケ崎」、熊野地形の秘密 (右)「徐福伝説」の「阿須賀神社」(新宮)....
c0119160_15123127.jpgc0119160_15135515.jpgc0119160_15141763.pngc0119160_15133109.jpg
c0119160_15144632.jpg


   .....(左)ゼロ地場のパワースポット「滝原宮」 (右)伊勢神宮とは謎の関係「伊雑宮」....
c0119160_15344482.jpg
c0119160_15354154.jpg


   .....(左)伊勢志摩へ向かい鳥羽宿泊 (右)翌朝は夫婦岩の「二見ケ浦」を訪問....
c0119160_15472352.jpg
c0119160_15474729.jpg



最終第5編は「伊勢神宮」(外宮・内宮)・「猿田彦神社」、そして名古屋まで移動して「熱田神宮」(草薙剣が奉納)を参拝して帰京。そして熊野三山・伊勢路の旅全体を総纏めして振り返ってみます。
続編のレポートは、気が向いた時にだらだらと公開していきますので完結編は2020東京五輪が終わった後かもしれません。気を長~くしてお待ちください。


   .....最終日は天皇家の皇祖神「伊勢神宮」を参拝 (左)「」 (右)「内宮」....
c0119160_15494128.jpg
c0119160_15500444.jpg


   .....伊勢の「おかげ横丁」は大賑わい!この通りは何度歩いても活気が満ちています....
c0119160_15512979.jpg
c0119160_15514928.jpg


   .....最後は「熱田神宮」を参拝して長旅の無事安全に感謝、名古屋から新幹線で帰京....
c0119160_15533134.jpg
c0119160_15534936.jpg


平成最後の4月末公開の熊野&伊勢路記事ですが、コメントが沢山入ってくるのは改元後の新時代になってからかな・・?令和・新時代になっても皆様との交流を大いに楽しみにしており、あらためてお付き合いよろしくお願いいたします!GW10連休を大いに楽しまれて下さい。


  .....今回巡った熊野・伊勢路ルート。当初計画した神社参拝をほぼ完璧に実現でき満足....
c0119160_15584349.jpgc0119160_15590863.jpg
c0119160_15593315.jpg




                                                       おわり


  [美しき日本] 吉野高野熊野の国 熊野古道        「熊野古道伊勢路」           
  大社旧社跡地「大斎原」の日本一大鳥居   サッカー日本代表の守り神「八咫烏」伝説           

  # by rollingwest | 2019-04-28 16:00 | Comments(194)