RW/洋楽コーナー:「My Favorite Songs」 (第52巻)


RW洋楽コーナー「My Favorite Songs」(第52巻)は、1980年代後期に大活躍した美しいバラード名曲を放ち続けたリチャード・マークスの名曲「ライト・ヒア・ウェイティング」(1989)をお送りしています。♪\(^◇^)/♪… 下記URLよりクリック



              リチャード・マークス 「ライト・ヒア・ウェイティング」 (1989年)
c0119160_23091352.png


              【My Favorite Songs】過去紹介した名曲(INDEX)はコチラから


      *上記2つのURLをクリックすると今回の記事&過去紹介分のINDEXへ入れます。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
c0119160_15342514.gifc0119160_15405358.gifc0119160_1541379.gifc0119160_15412482.gifc0119160_15414376.gifc0119160_1542442.gifc0119160_15434219.gifc0119160_15441097.gif ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


  # by rollingwest | 2019-11-18 23:00 | 洋楽(ロック・POPS)

<2019年10月20~21日>ゼロ磁場「分杭峠」&200名山「経ケ岳」単独登山



★伊那路の山旅・一人旅:日本有数の最強パワースポットゼロ磁場「分杭峠」を訪ねる

c0119160_20391489.jpgc0119160_20400871.jpgc0119160_20402989.jpg
c0119160_20405145.jpg


令和初の200名山(百名山以外)は10月下旬、中央アルプス北端に鎮座する「経ヶ岳」(2296m:長野県塩尻市・辰野町)に単独挑戦してきました。本来は前週の3連休(10/12~14)で計画していたのですが、東日本に凄まじい風水害をもたらした台風19号が来襲したため翌週に延期した次第です。


   .....中央高速から塩尻・伊那方面へ。今日・明日とも天気は安定の予報で期待が持てる!....
c0119160_21002008.jpgc0119160_21123136.jpg
c0119160_21032473.png


秋の夕日は釣瓶落とし・・、先月「日光男体山」の暗闇下山でエライ目に遭ったので、今回は登山口に近い宿に前日入り翌朝から往復登山(今回も往復9時間の長丁場)をする計画です。中央高速に乗り、八ケ岳・南アルプス・諏訪湖を眺めながら塩尻ICから伊那方面へと南下していきます。


   .....目の前に「八ケ岳」の優美な姿が見えてきた!形が名前通り「八」の字みたい?....
c0119160_21192156.jpg


「経ヶ岳」に近い盆地を挟んだ伊那山系(旧・長谷村)には、日本最大パワースポットとして近年人気が高まっているゼロ磁場「分杭峠」があります。ここはかねてから行きたい場所だったので初日に訪問。桜で有名な高遠経由で山奥に入っていくと「戸台ケ原」「美和ダム」が出現!学生時代に南アルプス「仙丈ケ岳」から下山しこの河原を歩いてきたことが懐かしい!


   .....美和ダムは先週襲来した台風19号の土砂災害影響で流木が溢れ濁った水になっていた....
c0119160_21244322.jpgc0119160_21251243.jpgc0119160_21253431.jpg
c0119160_21255998.jpg


分杭峠」は、長野県伊那市にある南アルプスの西側を走る伊那山脈の峠の一つで、標高1424mの地点にあります。この分杭峠の周辺が「ゼロ磁場」(+-磁極が互いに打ち消し合う)という特異な空間を発生する世界有数の強力パワースポットであると中国の有名気功師が発見したのです。


   .....(左)ゼロ磁場ミネラル水が販売されている (右)隣にはゼロ磁場水の生産工場があった....
c0119160_21345478.jpgc0119160_21354573.jpg

「分杭峠」は10数年前にTVで紹介されて大ブームとなり、霊験あらたかな「気」を浴び、当日も驚異のパワースポット水を飲もうと人達が多く詰めかけていました。水の製造工場前からシャトルバスが発着しており峠広場の脇から降りていく「ゼロ磁場」の案内があります。


   .....入口にはゼロ磁場の発光写真が沢山飾られている。あまりよく分からなかったけれど・・....
c0119160_21374152.jpg
c0119160_21375941.jpg


ゼロ磁場は、日本列島最長の巨大断層地帯「中央構造線」の真上にあります。中央構造線とは九州から四国・紀伊半島を通り、愛知東部から北上して諏訪湖付近でフォッサマグナとクロス、さらに茨城鹿島へと続く全長千kmにも及ぶ日本列島を横に走る大断層です。両側地質の全く異なる地層がぶつかり合っており「地球のエネルギー・気」が集約されている所なのです。


   .....中央構造線上には阿蘇山・石鎚山・伊勢神宮・諏訪大社・鹿島神宮など重要聖地が鎮座....
c0119160_21450982.jpg
c0119160_21453278.jpg


巨大断層が分杭峠にゼロ磁極の「気」を発生させ「気場」溜まりができると謂われ、そこには多くの観光客が集まり心を整えていました。RWは特別な波動を体感することはありませんでしたが、明日のロング登山に向けて磁場英気を浴び収集して生命力パワーを臍の上(丹田)に注入しました。


   .....ここが日本最大パワースポット「ゼロ磁場」、よく分からなかったけど何かあるのでしょうネ....
c0119160_21481630.jpgc0119160_21484295.jpgc0119160_21491958.jpg
c0119160_21495248.jpg







★「仲仙寺」(羽広観音)参拝(登山ルート事前確認)、「羽広荘」に宿泊


パワースポット分杭峠を後にして駒ヶ根方面へと下り・伊那盆地の羽広(今日の宿泊地)へ向かいました。目の前には明日登山に挑戦する「経ケ岳」の雄姿を眺めることができました。


   .....伊那盆地越しに「経ケ岳」を仰ぐ。気力を充実して準備万端!明日は頑張って登るぞ!....
c0119160_22060619.jpg
c0119160_22063602.jpg


さて明日の「経ケ岳」の登山口は「仲仙寺」、日の出前から登るので事前に下見をしておこう!羽広山・仲仙寺は平安時代(816年)比叡山延暦寺の高僧「慈覚大師」により開創されました。夢のお告げ「信濃の国へ登り観音像を造り奉れ」に従い、この地へと向かったのです。


   .....登山出発地「仲仙寺」を事前下見、背後の山「経ケ岳」との深い所縁を知ることができた....
c0119160_22161871.pngc0119160_22164120.jpgc0119160_22173872.jpg
c0119160_22180682.jpg
c0119160_22124672.jpg
c0119160_22134857.jpg


慈覚大師は山に登ると光り輝く木を見つけ、木を17日間彫り続けると、十一面救世観音の姿が顕れました。この観音像を奉納し、残りの木片にお経を書いて奉納されました。これが「経ヶ岳」という名前となり、山岳信仰の山として今も地元の篤い崇敬を集めています。


   .....歴史深い1200年の古刹の境内を見学、「経ケ岳」登山の無事安全を祈願して宿へ....
c0119160_05014758.jpgc0119160_05063089.jpg
c0119160_05080858.jpg


今夜の宿「羽広荘」へ投宿。湯に浸かって食事を済ませラグビーW杯「日本vs南アフリカ」をTV観戦応援。完敗でしたが、結果的に南アフリカが優勝したので日本の強さ・活躍も再評価されたと再納得


   .....豪華な食事に舌鼓!ラグビー中継を見終えて21:00就寝、明日は4時前に起床....
c0119160_06162082.jpgc0119160_06170490.jpgc0119160_06095514.jpg
c0119160_06102673.jpg







★伊那の200名山「経ケ岳」単独登山、いざ出発!


4時前に起床、登山準備を整えて朝食を摂り5時過ぎに「羽広荘」をチェックアウト。今日も安定天気が期待できるぞ!仲仙寺駐車場で登山準備を整えて安全祈願をして5:30登山開始


   .....(上)夜明け前の仲仙寺駐車場に到着、南アルプスが見える (下)仲仙寺参拝後、いざ出発....
c0119160_06480712.jpgc0119160_06483633.jpg
c0119160_06490078.jpg
c0119160_07001501.jpg
c0119160_07003853.jpg


仲仙寺参道階段を歩き始めた時は真っ暗だったのでヘッドランプをつけて歩き始めましたがだんだんと日が高くなってきたぞ!鬱蒼とした林の中に光が差し込んできました。


   .....真っ暗な林道に日が差し始め明るくなってきた。この辺りはまだ穏やかな道のりが続いた....
c0119160_07025406.jpgc0119160_07032406.jpg
c0119160_07040440.jpg


仲仙寺登山口から、分岐点4合目まではよく踏みならされた登山道が続きます。今年の紅葉はやはり10月初めまで続いた残暑の影響でまだ盛りには早い気がしました。しかし道の途中にはキノコが随所に見られ、秋山の風情を感じながら4合目に7:15到着


   .....(上)紅葉はまだ早い感じ、4合目に到着 (下)キノコは足元でオンパレード状態だった....                    
c0119160_07090288.jpgc0119160_07102077.jpgc0119160_07104255.jpgc0119160_07111400.jpgc0119160_07121543.jpgc0119160_07130967.jpgc0119160_08400252.jpgc0119160_08411493.jpgc0119160_08423298.jpgc0119160_08425272.jpgc0119160_08431285.jpg

出発点から2時間程歩いたところで広場の様な5合目に到着。一休憩を入れた後、再び歩き出すと熊笹とカラマツが目立つ道。この後は展望が効かない尾根づたいの道が続きます。


   .....(上)5合目で一服休憩 (下)台風の影響で根こそぎ倒れた木々が続々現れる...
c0119160_09010028.jpgc0119160_09125540.jpg
c0119160_09132513.jpg
c0119160_09154987.jpg
c0119160_09161917.jpg


しかし道は徐々に荒れ始め、19号台風でなぎ倒された木々の惨状を目の当りにし、登山道が認識できない状態に何度も陥ったのです。長野県は千曲川水害がクローズアップされましたが、伊那エリアの方は強風被害が大きかったのでしょうか・・?とにかく木の倒れ方が凄まじい光景に驚きました。


   .....台風による倒木被害の凄まじさ、途中で赤リボンを見失い何度か道に迷った5~6合目....
c0119160_09213764.jpg
c0119160_09220081.jpg
c0119160_09222938.jpgc0119160_09225717.jpgc0119160_09243079.jpg
c0119160_09245629.jpg
c0119160_09500177.jpg
c0119160_09502653.jpg


8:45登山開始から3時間程歩いたところで三角点のある7合目に到着!ここでようやく少し視界が開け、木々の間から伊那盆地越しに南アルプスの山々が見え始めました。あのピラミッドの如く尖がった山は甲斐駒ケ岳、その右に鎮座するのは仙丈ケ岳だね~!


   ....(左)三角点がある7合目 (右)南アルプス(甲斐駒・仙丈)の雄姿に見とれて休憩タイム....
c0119160_09550089.jpgc0119160_09553947.jpgc0119160_09561727.jpg
c0119160_09565267.jpg







★「経ケ岳」の最大クライマックス地点「8号目」、360度の大パノラマ!


ついに8合目へ到着!このポンイントこそが「経ケ岳」登山のクライマックス地点!この山は北アルプス南部、中央アルプス、南アルプス北部、御嶽山のちょうど間に位置しており、日本の名峰をぐるりと見渡すことでできる大展望台なのです。いや~、実に素晴らしい場所だネ~!


   .....(左)絶景が大満喫できる8合目到着! (右)木曽駒を主峰とする中央アルプスが右手に....
c0119160_10095862.jpgc0119160_10102984.jpgc0119160_10110963.jpg
c0119160_10121722.jpg


   .....(左)北アルプス名峰(乗鞍・焼岳・穂高・常念) (右) 南アルプス北部(甲斐駒・仙丈)....
c0119160_10262569.jpg
c0119160_10264049.jpg

   .....(左)火山噴火被害の記憶も癒えぬ「御嶽山」 (右)中央アルプス(宝剣・木曽駒・空木)....
c0119160_10293075.jpg
c0119160_10294405.jpg

   .....左側の遥かに広がる北アルプス(南部)、手前は伊那盆地、右側は南アルプス(北部)....
c0119160_10250790.jpg

登り始めてから3時間で到着した8合目の大展望台、もう完全に山頂気分でしたが、真の頂上はまだまだ先にあります。これから2時間以上、歩かなきゃならないのか・・。地元で経ケ岳は「小僧泣かせの山」と謂われているらしい。「仲仙寺の小僧が寺の遣いで山頂を目指したが、いつまで経っても頂上に到着しないのでついに泣き出してしまった」との逸話があるようです。


   .....さて気を取り直して、9合目・頂上へと向かおう。今回もハードな登山ですね~....
c0119160_10380513.jpgc0119160_10383586.jpgc0119160_10390087.jpg
c0119160_10392528.jpg


出発から5時間半、11:00に頂上到着!シラビソ林に囲まれ展望が効かない山頂は十一面観音像と天御中主がひっそりと立っているだけです。しかしこの山も昨日訪問した分杭峠と同じく滅多に来られないパワースポットだと思い直して、深い祈りを捧げ気の充実を図る一時を過ごしました。


   .....ようやく展望の効かない頂上に到着(長かった~!)、下山折り返しの9合目で昼食....
c0119160_10470437.jpgc0119160_10472837.jpgc0119160_10481106.jpgc0119160_10484221.jpg
c0119160_10490684.jpg


頂上から降りて9合目で昼食を摂り、あと3時間強の下山道。帰りは同じ道なので珍しい木々や自然の造形物を楽しみながら歩いて行きました。一番目を惹いたのは霧藻・蘿衣とも呼ばれる「サルオガセ」、落葉広葉樹林に霧のかかるように付着懸垂する糸状の地衣類です。


   .....帰りは木の観察を楽しむ。落葉樹に付着し枝分かれして下垂する「サルオガセ」....
c0119160_10590148.jpgc0119160_10594759.jpgc0119160_11070760.jpgc0119160_11005108.jpg
c0119160_11011730.jpg


軽快に下山していくと樹木に寄生する「ヤドリギ」(クマ棚のように丸く繁茂)を発見!久しぶりに見たなあ・・!自然木が造り出したオブジェ(鳥の顔・龍の横顔)なども見つけてニンマリ!


   .....(左)鳥や龍に見える木の造形 (右)樹上の枝に丸く繁茂する「ヤドリギ」を発見!....
c0119160_11093257.jpgc0119160_11110715.jpgc0119160_11115392.jpgc0119160_11142786.jpg
c0119160_11134417.jpg


 .....(左)右側の折れた木は龍の後ろ姿に見える (右)折れた木々の痛ましい現実に引き戻される....
c0119160_11303642.jpg
c0119160_11305868.jpg


14:45「仲仙寺」に無事到着!今回の登山も9時間を費やし3万歩近い長丁場の登山でした。9月日光男体山は下山が暗闇迫る時間帯になったことを踏まえれば15時前の下山は計画通り!秋の山行は夕暮れが早く、リスク回避のためには早めの出発・早めの行動が大事です。


   ....9時間往復コースを無事下山、「仲仙寺」に安全登山が完了できたことへの感謝参拝....       
c0119160_11351608.pngc0119160_11355825.jpg
c0119160_11362732.jpg
c0119160_11431376.jpgc0119160_11435601.png
c0119160_11442700.jpg


伊那ICから中央高速に乗り19:30無事帰宅!今年の200名山は3つの山(黒部五郎岳・日光男体山・経ケ岳)を登頂記録に積み上げ累計166座(残り34座)となり無敗記録も32に伸ばすことができました。地球温暖化脅威時代を迎えていますが来年も無事安全な登山ができることを願うばかりです!

c0119160_11502573.jpgc0119160_11505712.jpg
c0119160_11511449.jpg

                                  「黒部五郎岳」3泊4日テント旅:(前編)
                                  「黒部五郎岳」3泊4日テント旅:(後編)
                                  「日光男体山」修行登山」



                                                       おわり


   日本最強パワースポットゼロ磁場「分杭峠」    200名山「経ヶ岳」(田中陽希)     

  # by rollingwest | 2019-11-09 11:20 | Comments(154)

<2019年9月27~28日>「日光男体山」修行登山&日光・栃木観光(前編)



★奥日光に聳える「日光男体山」(日本百名山)へ中高同級仲間と登る


今年2つ目の百名山は黒部五郎岳(7月・北アルプス)に続き、奥日光に鎮座する「日光・男体山」へ登ってきました。同行者は今年GW故郷名峰・米山を一緒に登った中高同級生(ヒーちゃん&T鳥氏)、「男3人で男体山」、まさに男の世界「u~m・マンダム」(by Charles Bronson)‥古!

                   「2019GW令和・初登山、故郷の名峰米山登山」の記事はコチラから


   .....中禅寺湖に聳える「日光男体山」(2484m)、成層火山円錐型で「日光富士」とも呼ばれる....
c0119160_18082390.jpgc0119160_18084821.jpgc0119160_18094537.jpg
c0119160_18260026.jpg
c0119160_18192792.jpg


今回の旅計画は1泊2日で天候を見ながら、登山&日光栃木観光のWヘッダーでスケジュールを組んでみました。前編は(初日)男体山の登山レポ、後編は(2日目)世界遺産「日光の社寺」や小江戸とも呼ばれる「栃木宿」観光など2回に分けてレポートをしていきましょう!


   .....(左)浦和駅西口に早朝集合し東北道北上 (右)「いろは坂」を上がり中禅寺湖へと向かう....
c0119160_18103085.pngc0119160_18104873.gif
c0119160_18121687.png


初日は曇りながらも安定の天気予報なので登山日に当て、翌日は観光のスケジュールにしました。早朝4:45自宅を車で出発し浦和駅西口6:30集合。本当は5時頃出発して早めの登山開始がベストでしたが、T鳥氏が市川から始発で来られる最速がこの時間なので致し方ありません。


 .....(左)ひと気が全くない中禅寺湖畔 (右)山頂への登拝は「二荒山神社・中宮祠」境内から....
c0119160_19094704.jpg
c0119160_19100846.jpg


浦和市の岩槻ICから東北道に入り日光宇都宮道路経由で奥日光へと向かいました。早朝に首都圏を出発できたため、混雑で有名な「いろは坂」はガラガラ、順調に中禅寺湖へ9時15分到着






★古からの山岳信仰聖地「日光・男体山」への修行登拝がスタート!


さていよいよ登山レポートを開始しましょう!「日光二荒山神社・中宮祠」は、男体山山頂にある奥宮と、日光東照宮に隣接する二荒山神社本社の中間地にあることから中宮祠と呼ばれています。ご神体の男体山を背にして、「幸の湖」とも称される中禅寺湖の畔の位置に鎮座しています。


     .....男体山をバックにした「二荒山(futarasan)神社」が登拝のスタート(3人で集合写真)....
c0119160_19133841.jpgc0119160_19140524.jpgc0119160_19143569.jpg
c0119160_19150395.jpg


中宮祠は784年に勝道上人が山頂を極め現在地に二荒権現大神を祀る社殿を建立したのが始まりと謂われます。男体山登拝口は二荒山神社の所有地であるため、入山料500円を払ってから境内へ・・。ここは神域なので登山ではなく「登拝」の呼び方をすることになっています。


   .....(左)登拝門が男体山への入り口 (右)出発にあたり無事安全を祈願するヒーチャン....
c0119160_20074267.jpgc0119160_20091841.jpgc0119160_09074524.pngc0119160_20025259.jpg
c0119160_20094462.jpg


登拝門をくぐるといきなり急坂の長い階段が出現!成層火山のコニーデ円錐型の山なのでその急傾斜ぶりを感じながら登ると一合目の表示石が見え、やがて樹林帯へと入ります。まだ登山経験が浅い同行2名は序盤から修行の辛さを味わっているようでした。頑張れ~!


   .....(左)最初はまだ余裕の笑顔 (右)中禅寺湖から頂上まで標高差1100mハードな登り...
c0119160_21162385.jpgc0119160_21164758.jpg
c0119160_21171368.jpg


 .....樹林帯を登り進むと、だんだん辛くなってきた・・。「今日は厳しい修行が始まるのか・・?」....
c0119160_07023712.jpgc0119160_07031148.jpgc0119160_07033928.jpg
c0119160_07040405.jpg

   .....三合目は舗装道・平坦コースでホッとした気分。登山道入口の鳥居前、3人で集合写真....
c0119160_07173601.jpgc0119160_07195859.jpgc0119160_07202825.jpgc0119160_07212640.png
c0119160_07215758.jpg


三合目からはアスファルト舗装道、再び鳥居が出現!ここからが本格的な登山道となります。暫くすると五合目の避難小屋に到着。11:20ですが早めに昼食を摂ってパワーをつけよう!


   .....小屋で昼食タイム、食後のコーヒーで一服。さてこれからが苦行の始まり・始まり・・....
c0119160_07321485.jpgc0119160_07323522.jpgc0119160_07330637.pngc0119160_18095191.pngc0119160_07332910.jpg
c0119160_07335833.jpg






★胸突き八丁の急坂を登り切りついに山頂登拝が実現!


登山を再開し急坂で高度は徐々に上がり、中禅寺湖全体が見渡せるようになってきました。例年9月末では山の紅葉は色づく筈なのに今秋は30度近い高温が続いていたので錦秋にはまだ早い感じ・・


   .....(上)高度を稼ぐと真下に中禅寺湖が見える (下)紅葉はまだ早かったが黄色も目立つ....
c0119160_09110318.jpgc0119160_09115455.jpgc0119160_09322226.jpg
c0119160_09123976.jpg
c0119160_09194220.jpgc0119160_09342781.jpgc0119160_09202886.jpg
c0119160_09352082.jpg


中禅寺湖は、2万年前に男体山の噴火でできた堰止湖で栃木県最大の湖です。人造湖を除く広さ4km2以上の湖としては、日本一標高の高い場所にあり、周囲は約25kmであるとのこと


   .....中禅寺湖・男体山3D地図、立体俯瞰すると標高差1100mは厳しい急坂だとよく分かる....
c0119160_09501105.jpg
c0119160_09503045.jpg


さていよいよ胸突き八丁の急なロックガーデンが登場!この区間は初心者やシニア登山者にとっては一番厳しい登りかもしれません。同行のお二方も相当へばっている様子が窺えます。


   .....七合目小屋に向かう急傾斜・岩場道、急角度と見上げる開放感!でも本当にキツイね~....
c0119160_10082162.jpgc0119160_10101203.jpgc0119160_10104118.jpgc0119160_10112547.jpgc0119160_10115334.jpg
c0119160_10121831.jpg


ようやく七合目小屋に到着しワンブレイクを入れました。そしてさらに上にはまたも傾斜道に鳥居が登場。ここは瀧尾神社があり、小さな祠に向かって手を合わせ無事の登頂・下山を祈願


   .....(左)七合目小屋まで来たぞ!ヒ-チャン意気揚々 (右)アングル意識で撮影して貰うRW....
c0119160_10294428.jpgc0119160_10301077.pngc0119160_10311278.jpgc0119160_10315763.png

   .....急坂鳥居(8合目)を潜ると「瀧尾(takkinou)神社」が鎮座、再び神に祈って気力を再充電....
c0119160_11504565.jpgc0119160_11510674.jpgc0119160_11512302.jpg
c0119160_11514638.jpg


   .....中禅寺湖がさらに小さくなり全体が完全俯瞰できる!実に雄大なパノラマだなあ・・!....
c0119160_12011846.jpgc0119160_12014899.pngc0119160_12020700.jpg
c0119160_12023440.jpg


さあ九合目まで来た!一挙に視界は開け、ここで山の光景は一変します。まるで月面世界の様な岩と赤土が広がる様子は男体山が火山噴火で生成されたことをまざまざと実感します。


   .....九合目・赤土登山道が出現!振り返れば中禅寺湖、目の前には崖の祠が見える....
c0119160_12135585.jpg
c0119160_12141135.jpg
c0119160_12200498.jpgc0119160_12205812.pngc0119160_12203215.jpg
c0119160_12213098.jpg


辛いけれど最後の正念場、お二方は相当疲労の様子!標高を上げるにつれ視界はさらに開け、前を見上げれば男体山の奥宮鳥居が見えてきた! 達成感を味わえるまであと少しだ!



   .....まだ頂上に着かないのかなあ・・視界広がり頂上までもう一息、最後の登り頑張ろう!...
c0119160_12311581.jpg
c0119160_12315560.jpg

   .....(左)いよいよ最終ゴールが近いぞ! (右)遠くに尾瀬の最高峰「燧ケ岳」が見える!....
c0119160_12334457.jpgc0119160_12340436.jpgc0119160_12434924.jpg
c0119160_12583668.png






★山頂の大展望!帰りも苦労したが無事下山、宿で達成感の祝杯!


14:30ついに男体山の山頂に到着!山頂からは360度の展望中禅寺湖・女峰山・戦場ヶ原が一望!何と素晴らしいパノラマだね~!二荒山大神が頂上に鎮座しており下界を睥睨しているぞ~!!手を合わせてご神体象への登拝が実現しました。


   .....(左)二荒山神社奥宮 (中)登頂で祝福の集合写真 (右)「二荒山大神」が頂上に鎮座....
c0119160_13154463.jpgc0119160_13161535.jpg
c0119160_13163907.jpg


   .....頂上からの大パノラマ満喫、目の前には女峰山・赤薙山等の連山絶景が広がっている....
c0119160_13190978.jpg
c0119160_13193242.jpg


真の頂上はさらに5分程先の岩山にあり、山頂には「草薙の剣」にもたとえられる美しく光り輝くダイナミックな大剣(男体山のシンボル)が突き刺さっています。初めて見る不思議な光景にこの山がご神体であることを再認識!360度の大展望をしばし見とれていました。


   .....山頂には大きな「神剣」が鎮座!(7年前腐食で根元から折れて付け替えられた)....                                  
c0119160_13222587.jpgc0119160_13220089.jpgc0119160_13225744.jpg
c0119160_13232053.jpg


時計を見るともう14時半を過ぎており、出発から5時間以上経過しているではないか!下りは3時間を超えることが予想され、秋は日没が早いので相当やばい状況・・!今日は中禅寺湖周辺の民宿予約なので多少安心ですが、焦る気持ちが募ってきました。17時半頃までには下山しなければ・・!


     .....14:40下山開始、秋の夕暮れは早い・・、急いで降りなければ暗くなってくるぞ!....
c0119160_13392484.jpgc0119160_16130511.jpgc0119160_13395101.jpg
c0119160_13402702.jpg


同行お二方は登りでかなりバテていましたが、帰りもこの急坂下りで膝に負担がかかり相当苦労していました。RWは下り歩きが大得意なのでリズムよく降りていけましたが、離れないように後ろ2人の姿が見えてくるまで、その都度待機しながらの下山が暫く続きました。


   .....七合目小屋下のロックガーデン。お二方は経験したことがない急坂下りで苦戦が続く....
c0119160_13450099.jpgc0119160_13500869.jpg
c0119160_13460341.jpg


いよいよ夕暮れが近づいてきた。民宿に「到着が遅れる」と連絡しようと思ったら、何とスマホのバッテリーがもう切れている!駐車場に置いた車の充電器でスマホチャージして民宿に通知するため、6合目で2人と別れて先に下山を決意。走るようにポンポンと降り到着を急ぎました。


 .....ようやく最終ゴールの二荒山神社登拝門が見えてきた。安心感を得て参道階段を下りていく....
c0119160_13525881.jpgc0119160_13543388.jpgc0119160_13532839.jpg
c0119160_13550240.jpg


二荒山神社・中宮祠に17:20下山、車でスマホ充電を行い何とか民宿に連絡することができました。「2人は何時頃に下りてくるのだろうか?18時を過ぎるかな」と心配しつつ車中で待機


   .....(左)二荒山神社境内に到着 (右) 登拝門を振り返り2人が無事安全に戻ることを祈る....
c0119160_14074202.jpg
c0119160_14080806.jpg


しかしいつまで経っても下りて来ない・・。夕闇迫る中で漸くヒーチャンから電話が入ってきました。
「T鳥さんが足を痛めて歩けない状態!周囲がもう真っ暗で今どこを歩いているのか分からない・・!」
RWは救援に向かうためヘッドランプをつけて、下山した階段道を再び駆け登って行きました。


 .....(左)スマホを車中充電して民宿連絡 (右)夕暮れ深まり、下りてこない2人を救助へ向かう....
c0119160_14015429.jpgc0119160_15585428.jpgc0119160_14021753.pngc0119160_14024131.jpg
c0119160_14030466.jpg


真っ暗な中でホイッスルを鳴らし進むと、音を聞きつけRWのヘッドランプの光を見つけたヒーチャンから電話が入り、すぐ目の前まで降りてきていることが分かり一安心。T鳥さんもビッコを引きつつ何とか自分の足で下りて来られ、民宿に19時到着!安全無事で帰還できてよかった!


   ....無事安全に戻れたことを祝ってビールで乾杯~!今回はまさに修行登山だったなあ・・!....
c0119160_14102266.jpgc0119160_14104513.pngc0119160_14111052.jpg
c0119160_14115053.jpg


 .....(左)お世話になった民宿「おかじん」 (右)翌朝は快晴!男体山と中禅寺湖の姿が美しい....
c0119160_14263407.pngc0119160_14270632.jpg
c0119160_14230323.jpg
c0119160_14303289.jpg
c0119160_14305418.jpg

奥日光の地下には強大な「龍脈(大地のエネルギー)」があると謂われています。その発生源ともいわれる霊峰「男体山」に登拝し、大いなる大地のエネルギーを感じ吸収することができました。皆様も体力に自信がある方はぜひ「登拝」してみて下さい。








★2日目は日光観光を楽しみながら帰京 (詳細は後編で紹介)


翌日は日光・栃木観光を楽しみながら帰京しました。今回記事では書き切れないので詳細は後編でレポートします。観光周遊地の一部写真を添付してサラリと事前紹介をしておきます。まずは奥日光大自然(竜頭滝・戦場ヶ原・華厳の滝)を訪問、人が全くいない静けさで堪能!


   .....(左)竜頭の滝は豪快な流れ (右)広々とした戦場ヶ原(かつては尾瀬の様な湿原だった)....        
c0119160_14354970.jpgc0119160_14362767.jpg
c0119160_14370919.jpg


 .....(左)華厳の滝はいつ見ても感動的な絶景 (下)中禅寺湖周辺に点在する数々の見所....
c0119160_14485105.jpgc0119160_14494421.jpgc0119160_14505222.jpg
c0119160_14502702.gif


朝の「いろは坂」は渋滞がなくスイスイと下れました。次は世界遺産指定された日光の社寺(東照宮・輪王寺・二荒山神社・大猷院など)を訪問しました。世界的な有名な観光SPOTだけあって、昼間になると一挙に人の波に揉まれましたが、10数年ぶりに見た日光社寺は素晴らしかった~!


     .....世界遺産「日光の社寺」を訪問、輪王寺・日光東照宮・二荒山神社・大猷院を参詣....   
c0119160_15081267.jpg
c0119160_15083826.jpg
c0119160_15313021.jpg
c0119160_15314620.gif

「二荒山」の語源は「補陀落山」。南紀の補陀落信仰でも分かる通り「ふだらく」とはインド語 Potalaka(観音菩薩の降臨する伝説の霊場山)に由来します。日光の地名は「二荒山」がNikouとも読めるので呼称変化した由来で、「男体山」とは日光パワースポットの御神体そのものなのです。

c0119160_15250306.jpg
c0119160_15253495.jpg
c0119160_15275210.jpgc0119160_15283169.jpg
c0119160_15285577.jpg
c0119160_16153337.pngc0119160_16160781.jpg
c0119160_16164858.jpg
c0119160_16192632.jpg
c0119160_16194919.jpg

最後は、小江戸と呼ばれる「栃木宿」(蔵の街・川巡り風景)などを楽しんで浦和へ戻りヒーチャンの家へ招かれて奥様の珈琲をご馳走になり帰京しました。


   .....栃木市内で「とちぎ蔵の街・美術館」や「川の遊覧船」のほのぼのとした風景を満喫....
c0119160_15103936.jpgc0119160_15110567.jpg
c0119160_15112997.jpg
c0119160_15362421.jpg
c0119160_15364311.jpg
c0119160_16381871.jpg
c0119160_16385830.jpg


後編では、奥日光の大自然(竜頭滝・戦場ヶ原・華厳の滝)、世界遺産「日光の社寺」(輪王寺・日光東照宮・二荒山神社・大猷院)、「とちぎ蔵の街巡り」の詳細レポートをしていきますのでお楽しみに~!



                                                     おわり



       「日光男体山」登山・ドローン光景            「二荒山神社・中宮祠」
   





  # by rollingwest | 2019-10-22 15:00 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(180)