「My Favorite Songs」(第50巻)



【My Favorite Songs】の過去紹介した記事一覧(INDEX)はコチラから

c0119160_20292146.jpg


★(219)アニマルズ朝日のあたる家」 (1964年) (2019.7.16公開)



■RW洋楽記事もついに第50巻の節目に・・!
洋楽ブログメイトの皆様、2011年7月からスタートした洋楽記事「My Favorite Songs」特集も8年の歳月を積み重ねてついに節目の「第50巻」を迎えることができました。いつも洋楽記事へのご愛顧を頂きあらためてお礼申し上げます。記念すべき50巻に語呂合わせして、これからは「●●50周年特集」を連続レポートしていきたいと考えています。まずはアポロ11号の人類初・月面着陸 (1969.7.20)から50年が経過し、世界は再びこの偉業を称えた話題を取り上げ特集番組など大いにで盛り上がることでしょう。アポロ11号をテーマとした映画「ファーストマン」が今年2月公開されたことから、RWは「月をテーマとした名曲集」をすでに掲載したので、今回は「太陽テーマ名曲特集」に趣旨を替えて50年の節目をお祝いしたいと思います。(アポロが太陽神を意味すること、真夏を迎える太陽の季節⇒やや強引なこじつけかな・・) 太陽の名曲は月テーマ以上に多かったことから前後編に分けてレポートしたいと思います。これから古希・喜寿に向かって元気に150巻・500編目標に頑張って掲載していきますので皆様からの思い入れ深いマニアックアなコメントや情報提供を楽しみにしております。

■1960年代に活躍したアーティス達の太陽名曲からスタート!
c0119160_20343155.jpg冒頭掲載ナンバーは皆さんよくご存知の「アニマルズ」の歴史的名曲「朝日のあたる家」(1964)、この曲は東京オリンピックが開催時(昭和39年)のヒット曲ですからもう55年の歳月が刻まれましたが、小学2年生だったRWの脳裏にも鮮烈に刻まれています。エリック・バードンの野太いボーカルで始まりオルガン演奏とともに絶叫のクライマックス展開は子供心にもカッコいい曲だなあ~と思ったものです。当時の米国ヒットチャートはビートルズやストーンズ、ザ・フーなど英国アーティスト達が席巻して「ブリティッシュ・インベンション」と呼ばれる怒涛の勢いを見せており、アニマルズはその一角をなしたバンドとして今も語り継がれています。「朝日のあたる家」はアニマルズ・バージョンが一番有名ですが、ボブ・ディランやジョーン・バエズ、日本では尾藤イサオなど多くのアーティストがカヴァーしました。原曲は娼婦に身を落とした女性が半生を懺悔する歌詞だった内容を、アニマルズではニューオーリンズにある「朝日と呼ばれる刑務所」に収監された少年の心境を歌い上げたものです。小学校時代に抱いたイメージは「朝日が当たる丘から眺望抜群の家で暮らす優雅な人々」みたいな爽やかソングと勝手に想像していましたが内容はだいぶ違いましたね~。さて当時の英国旋風に対抗していた米国大物バンドは「ビーチ・ボーイズ」、まさに太陽が似合う若者文化のサーフロックに旗手でした。「太陽のあたたかさ」(1964)はサンシャインのビーチで聴きたいブライアン・ウイルソン主導する美いしコーラスハーモニーが抜群です。次は1960年代半ばにデビューし、トムジョーンズと比肩された甘いマスクのバラード歌手「エンゲルベルト・フンパーディンク」の大御所登場です。「キング・オブ・ロマンス」と称され人気を博したモテ男がダイナミックに歌い上げた「太陽は燃えている」(1970)はRWが本格的に洋楽に嵌った1970年に毎日のように深夜ラジオから流れており「太陽テーマ曲」というとこの歌をまず思い浮かべてしまいます。

■ビートルズの太陽テーマ3大名曲(サン・燦・賛)
1960年代英国旋風は「ビートルズ」なくしては語れませんが、彼らの代表曲にも「太陽」を歌い上げた有名曲が3つあります。まずは「アイル・フォロー・ザ・サン」(1964)、ポール・マッカートニーが16歳で作曲したナンバーは4枚目のアルバム 「The Beatles For Sale」 に収録されており、ポールがリードボーカルでジョンがコーラスで歌唱するほのぼの名曲ですね。そして名盤「リボルバー」からは、「グッデイ・サンシャイン」(1966) 、これもまたポール作品ですが、冒頭からインパクトが強いコーラス&ドラムが印象的です。ピアノ伴奏はジョージ・マーティンとポールが一緒に弾いている点が興味深いですね~!ビートルズで最も有名な太陽曲と言えばやはり「アビーロード」(彼らの金字塔アルバム)B面冒頭を飾るジョージハリスンの名曲「ヒア・カム・ザ・サン」(1969)を置いて右に出るナンバーはないでしょう!RWが洋楽カラオケでは毎回この名曲をトップバッターに歌い始めるマイフェイバリットSONG!爽やかなアコースティックなギターから始まり軽快な展開を見せる素晴らしいフォークロック・ナンバーは盟友エリック・クラプトンの家で春の柔らかな日差しを感じて書いたとされています。ちなみにジョージは「ヒア・カム・ザ・ムーン」という兄弟的な曲もありコチラは「月テーマ特集」で紹介していますのでまた聴いてみて下さい。

■エリック・クラプトン&クリームのサン名称曲
ジョージの親友「エリック・クラプトン」が登場しましたので、今度はハードロックの源流バンド「クリーム」に繋げていきます。このロック史に輝く伝説的バンドの活動時期は3年間と短かったですが、英国だけではなく世界のロック・シーンにおいて大きな影響を与えました。アルバム主体での音楽活動が目立ちましたが、ヒットチャートを賑わせたシングルも意外と多く、やはりその代表曲は名盤「カラフルクリーム」からシングルカットされた「サンシャイン・オブユア・ラブ」(1968)でしょうね~。エリック・クラプトンはソロ活動時代開始後も「ビハインド・ザ・サン」(1985) で太陽テーマ曲を歌っています。この頃になるとかなりアダルトなサウンドに洗練されており泥臭いブルースロックを愛する往年のファンはやや複雑な思いでこの曲を聴いていたのかもしれません。

■プログレッシブロックの歴史的大物バンド達が残した太陽テーマ曲
RWが1970年代初頭に滅茶苦茶嵌りまくっていたのがプログレッシブロック・・、その中で超大物3バンドも太陽をテーマにした名曲を披露しています。中学時代に針が擦り切れるほど聴きこんだ「ピンクフロイド」の歴史的名盤「原子心母」に収録されていた隠れたお宝物曲が「デブでよろよろの太陽」(1970)でした。宇宙・神秘的なサウンドの中に時折さりげなく登場する英国の牧歌的ナンバーに癒されるんですよね~。ギラギラとした陽射し放つ真夏の太陽に蒸され、デイヴ・ギルモアが気だるく疲れ切った心境を静かに歌い上げています。次はロック史の最先端を走り続けた「キングクリムゾン」が登場、強烈インパクトだったデビュー盤(クリキン宮殿)の印象を払拭できずにやや低迷していた彼らが新境地に導いたと評される作品が「太陽と戦慄」(1973)でした。「Prt1」は難解構成曲ですがいきなり冒頭からデビッドクロスのバイオリンとジェイミー・ムーアの狂気的なパーカッション・パフォーマンスの掛け合いが登場!ロバート・フィリップとジョン・ウエットンの演奏に、疾走感溢れるビル・ブラッフォードのドラムの絡み合いが凄すぎる~!メリハリ利いた高度な演奏技術、神秘性と緊張感が連続する楽器同士の応酬が迫力満載の名曲です。プログレ最後は小生が最も愛した「イエス」の歴史的名盤71年の名作「FRAGILE(こわれもの)」のストを飾るナンバー「燃える朝焼け」(Heart of the Sunrise)(1971)を紹介しましょう。11分に及ぶ大作は各メンバーの高い演奏技術が複雑なリズムを駆使し目まぐるしく変化していくドラマティックな展開で一糸乱れぬアンサンブルをなし壮大な名曲です。

■ソロの名アーティスト達が70年代に歌い上げた美しき太陽名曲
前編記事LASTは美しいメロディで太陽を燦燦と歌い上げていた吟遊詩人(男性ソロアーティスト)3人の名曲で締めることとしましょう!まずはアメリカTVCMでもよく流れていた「ジョン・デンバー」が静かに歌い上げたほのぼの名曲「太陽を背にうけて」(1974)、この曲は「さすらいのカウボーイ」のB面でしたが、歌の内容が徐々に評価されて翌年に全米NO1(9週間)の大ヒットに輝いたのです。1997年自家用軽飛行機を操縦中に海へ墜落し帰らぬ人となったジョン・デンバー・・・。米国民から愛され彼の業績は世界に注がれた愛のサンシャインとなって今も称え続けられています。そして次はRWを洋楽魅力に目覚めさせてくれた恩人「エルトン・ジョン」の「僕の瞳に小さな太陽」(1974アルバム・カリブより)、彼も今年がデビュー50周年となり記念映画「ロケットマン」がいよいよ8月23日に公開されます。初期エルトンが大好きなRWは封切を大いに楽しみにしており、映画鑑賞後の9月初めにレポートしますので乞うご期待~!最後は1970年にラズベリーズのボーカルで活躍した「エリック・カルメン」がソロデビューした金色ジャケット名盤の冒頭曲「サンライズ」(1975)、紅顔の美少年を絵に描いたようなアーティストのソロデビュー盤からは、有名な「オールバイマイセルフ」「恋にノータッチ」などの名曲に溢れていました。彼の名曲は今聴いても心が癒されます。いつか彼の歴史特集記事をもう一度詳細レポートする予定です。

■後編も「太陽テーマ」曲が続々登場!
後編は、スティービーワンダー「サンシャイン」「太陽のあたる場所」、ビル・ウィザース「エイント・ノー・サンシャイン」、アース・ウインド&ファイアー「太陽の戦士」、ウォーカー・ブラザーズ「孤独の太陽」、タニア・タッカー「ミスターサンシャイン」、キンクス「サニー・アフターヌーン」「ウォーター・ルー・サンセット」、アンディ・ウィリアムス「カナダの夕陽」、レイ・チャールズ「ユーアー・マイ・サンシャイン」、アレサフランクリン「ザット・ラッキー・オールド・サン」、シンフォニック・オーケストラ「太陽がいっぱい」、ボビー・へブ「サニー」などが掲載予定ですが、「こんな曲もあるよ~」と情報提供頂ければありがたいです!

c0119160_20590735.png



⇒次回は、伝説のウッドストック・コンサート50周年記念、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング「ウッドストック」(1969)などフェスティバルで熱く燃えた大物アーティストの名曲を続々と公開します。♪\(^◇^)/♪ 

  # by rollingwest | 2019-07-11 20:52 | 洋楽(ロック・POPS) | Comments(19)

【熊野古道・伊勢路】一気参拝旅②:熊野速玉大社(神武天皇東征)&勝浦温泉編


7月12日から早い夏休み取得で北アルプス3泊4日(テント担いで)に出かけております。ブログ更新やコメント返信は3連休明けまでお休みとさせて頂きます。

c0119160_05163039.jpgc0119160_05171310.jpgc0119160_05175354.pngc0119160_05181686.jpg


                    【熊野古道・伊勢路】参拝旅①:レビュー&熊野本宮大社編より続く 


★熊野三山の2社目は「熊野速玉大社」(新宮市)を参拝


2018年GWに20数社のパワースポットを一気通貫で巡った2泊3日の巡礼旅(熊野三山~伊勢路~伊勢神宮・熱田神宮)の第2編を公開!1回目は熊野本宮大社でしたが、今回は熊野三山の熊野速玉大社、神武天皇の東征史蹟、勝浦温泉を紹介しましょう!


   .....(左)新宮市に鎮座する「熊野速玉大社」 (右)紀伊半島にある「熊野三山」を再確認....
c0119160_05403431.jpg
c0119160_05410157.gif


本宮・速玉・那智の熊野三山社は紀伊半島南東部にあり、互いに30㎞前後の距離を隔てた位置にあり熊野古道中辺路によって結ばれています。3大社は個別の自然崇拝起源でしたが、各社主祭神を相互勧請し「熊野三所権現」として信仰されるようになりました。


   .....現在の社殿は明治16年9月に炎上して再建、 神倉山と一緒に2004年世界遺産指定....
c0119160_05440413.jpgc0119160_05442241.jpg
c0119160_05444109.jpg


熊野速玉大社の祭神は日本書紀に登場する「速玉之男」とされています。元々は神倉山の巨石がある地にアミニズム(自然信仰)の磐座神が祀られていましたが、その後現在の社地に移転鎮座、、神倉山神社を元宮・速玉大社を新宮と呼び分けています。


    .....熊野速玉大社の境内は開放感があり熊野三山の中では一番親しみ易さ感じる....
c0119160_05473752.jpgc0119160_05480298.jpgc0119160_05483142.jpg
c0119160_05490623.jpg


熊野速玉大社は洗練されたスマートな明るさが印象的、朱塗りの本殿と背後にある新緑のコントラストが眩しく、突き抜けるような開放感に心が洗われます。境内には5棟の社殿が並び「神宝館」には1200点近い国宝が保管展示されています。


   .....(左)速玉大社の「神宝館」 (右)金製・ミニ仏像や神仏習合の神像が次々と登場....
c0119160_06085356.jpgc0119160_06091693.pngc0119160_06093954.jpgc0119160_21480901.jpg
c0119160_06100383.jpg


境内には、夫婦円満や恋愛成就のパワースポットとして有名な「梛(nagi)の御神木」が鎮座、マキ科常緑樹では国内最大で樹齢は千年!「ナギは凪」に通じ海の航路を守る神木として崇められ、熊野詣の旅人からは「災いをナギ払う」と巡礼無事祈願の対象にもなっています。


   .....社殿脇の「梛(nagi)の御神木」、平治元年(1159年)平重盛の手植えと伝えられる....
c0119160_06192990.jpg
c0119160_06194848.jpg


次は「速玉大社」が当地に遷座前の古代より信仰地として自然崇拝されていた「神倉山」に登ってみましょう!この山の中腹には花崗岩巨石(ゴトビキ岩)と重なり合って鎮座する有名な「神倉神社」があります。二人旅の同行者O君はあまり登山経験がないのでかなり苦労して登っていました。





★巨石とともに鎮座する「神倉神社」、神武天皇が登り立った「天磐盾」


「神倉神社」の参拝道入口に立つと真っ赤な鳥居が現れ、そこから奥はいきなり急な石階段の登りとなっています。20分ほど急坂を登って行くとついに出現!「これがかの有名なゴドビキ岩か~!」と感動・・、長く憧れていたパワーストーン」についに対面することが叶いました!


   .....(左)「神倉神社」の赤い鳥居 (右)源頼朝寄進の自然石の階段(538段)を登っていく....
c0119160_06234708.jpgc0119160_06240503.jpg
c0119160_06242694.jpg


    .....神倉神社の御神体「ゴトビキ岩」(ガマ蛙の意味)、アミニズム(自然崇拝の)磐座巨石....
c0119160_06271241.jpgc0119160_06273738.jpgc0119160_06275629.jpg
c0119160_06281619.jpg


この磐座は神武天皇が九州から東征した際に登った「天磐盾」(amenotateiwa)と謂われます。「古事記」「日本書紀」にはカムヤマトイワレビコ(のちの神武天皇)が東征途上で天から遣わされたヤタガラスの道案内により熊野・吉野の山中を行軍したということが記されています。 


   .....天照大神の子孫・神武天皇は日向国から九州北上・瀬戸内経由で大和に侵攻)....
c0119160_21323382.pngc0119160_21354783.jpgc0119160_07110774.jpgc0119160_07113142.jpg
c0119160_07115391.png


神武天皇は日向(高千穂の宮)で国を構えましたが、東方に天下を治める都を造ろうと兄達と一緒に大和へ向かいました。瀬戸内海を渡り、難波から淀川経由で河内に攻め入りましたが、大和豪族・長髄彦の迎撃に合って敗戦してしまい一時撤退で再戦略の練り直しとなりました。 


   .....2015年日向旅で神武天皇史跡を訪問、高千穂「槵觸神社」&東征出発地「美々津」湊....
c0119160_08004961.jpgc0119160_08010777.jpgc0119160_21170851.jpgc0119160_21444359.jpg
c0119160_08012976.jpg


                            高千穂・日向(最終編⑤):神武天皇・宮崎神宮編 

神武天皇はアマテラス子孫なのに太陽に向かって戦ったことが敗戦原因と考え、ヤタガラスの導きを得て紀伊半島を南に迂回して熊野から北上して大和へ西進する侵入作戦に変更。太陽威光を背に受け神武軍は敵に圧勝し、ついに初代天皇として大和橿原に都を造営したのです。


   .....(左)日向から東征、大和で一時敗退 (右)熊野から回り込んで大和侵攻・リベンジ勝利....
c0119160_20045591.jpgc0119160_20053832.jpgc0119160_20055644.gif
c0119160_20061887.png


   .....(左&上)ゴトビキ岩は神武天皇「天磐盾」伝説 (下) 松明 「御燈祭」石段急坂を下る....
c0119160_20340546.jpgc0119160_20344037.jpgc0119160_20345388.jpg
c0119160_20353534.jpg
c0119160_20355332.jpg


ゴトビキ岩から新宮の街を眺望し、「神武天皇も岩に立って戦の勝利を祈願してこの光景を俯瞰したのか・・」と実に感慨深いものがありました。毎年2月に行われる「御燈祭」ではこの急峻な石階段を闇夜の中で松明片手に一気に駆け下りるという神事が行われます。





★新宮から南紀勝浦へ向かう(熊野古道・伊勢路を南下)


今日は南紀勝浦温泉に宿泊するので新宮から紀伊半島を南下して伊勢路ルート史跡を訪問してみました。まず初めは「佐野王子」にある「神武天皇聖績・狭野顕彰碑」とご対面~!日向佐野(宮崎県)が神武天皇の出生地と謂われており、地名の由来繋がりを感じます。


   .....(左)「神武天皇聖績・狭野顕彰碑」 (右) 佐野王子~浜王子の南紀伊勢路ルート....
c0119160_20484235.jpgc0119160_20491645.jpgc0119160_20495361.jpg
c0119160_20501529.jpg


王子ヶ浜(阿須賀王子~高野坂の古道沿い)にある「浜王子」は神武天皇の兄2人を祭神としています。日本書紀によれば神武軍は途中で暴風雨に遭遇し船は遭難しました。兄達の命は奪われてしまいましたが、海中に沈む前に東征戦の守り神となるべく海に身を投げたのです。


     .....「浜王子」には神武天皇の二人の兄(稲飯命&三毛入野命)が祀られている....
c0119160_20593920.jpgc0119160_21000768.jpgc0119160_21002853.jpg
c0119160_21005996.jpg
c0119160_21011752.jpg


浜王子に隣接する「補陀洛山寺」も世界遺産に登録されているお寺です。補陀落(fudaraku)とは南方海上にある観音浄土のことで生きながらにして極楽往生を果たすため1ケ月分だけの食糧を積み込み、外から釘を打ちつけ航海に出た不思議な宗教儀式です。自殺行為の修行ですが、その目指す心境は山形・新潟に多く見られる即身仏ミイラと同様なものに思えます。


   .....(左)世界遺産「補陀洛山寺」 (右) 死を決した補陀洛渡海の朱色船が展示されている....
c0119160_21242081.jpgc0119160_21244101.png
c0119160_21252305.jpg


    .....補陀洛山寺の裏には極楽往生を目指して渡海した僧たちの墓が沢山残されている....
c0119160_21310225.jpgc0119160_21314609.jpg
c0119160_21322371.png







★南紀勝浦のアミューズメント温泉「ホテル浦島」、15年ぶりの宿泊


今日の宿泊は南紀勝浦温泉「ホテル浦島」、ここは2003年家族旅行で宿泊して以来15年ぶりの再訪で実に懐かしい!紀の松島と一体となったワンダーランド的なホテルです。


   .....南紀勝浦温泉「ホテル浦島」はアミューズメントに徹した豪華で楽しいホテル....           
c0119160_21393567.jpgc0119160_21385734.jpg
c0119160_21395426.jpg
c0119160_21425278.jpg


前回(家族旅行)では車で直接ホテルに乗り付けましたが、今回はホテル側で運行する送迎フェリーに乗船での上陸でチェックインしました。相変わらずこのホテルは独特で面白いな~!


   .....(左)対岸に渡るホテル送迎フェリーの乗り場 (右)船の航跡を見ながらまったり気分....
c0119160_21502317.jpg
c0119160_21505160.jpg
c0119160_21511255.jpg
c0119160_21513279.jpg


    .....ホテル浦島がだんだん近づいてきた!山上の建物もエスカレーターで繋がっている....        
c0119160_21560729.jpg
c0119160_21562634.jpg


フェリー桟橋に到着すると亀さんがお出迎え(なるほど浦島だもんね)!宿泊手続きを済ませ15年ぶりにホテル内を散策してみました。だいぶ老朽化した感は否めないけれど、複雑な迷路構造は15年前と全く同じだ!アミューズメントに徹している姿も変わってないね~!


   .....乗船桟橋に到着~!浦島の名前にちなんで亀の置物もお出迎え、チェックイン手続き....
c0119160_21581644.jpgc0119160_21562634.jpg
c0119160_21585873.jpg


   .....(左)ホテル浦島の建物構造図 (右)各建物はエスカレータ等で迷路の様に繋がっている....
c0119160_22022988.png
c0119160_22025360.jpg


さあ久しぶりにホテル浦島が誇る数々の海に面した洞窟温泉に入ってみよう!「忘帰洞」など海と繋がった洞窟温泉に浸りながら望む日の出パノラマが楽しめて最高!大正時代に紀州藩徳川家が来訪し「帰ることを忘れるほど心地よい」と誉めた由来命名です。


   .....さあ温泉に行こう!お土産店が連続する長い廊下を歩いていくと洞窟風呂の入口へ!....
c0119160_22123827.jpgc0119160_22125872.jpg
c0119160_22131668.jpg


    ..... 当ホテルの最大名物の洞窟温泉「忘帰洞」、天然洞窟を生かした大迫力の露天風呂....
c0119160_22152852.jpg
c0119160_22154556.jpg


洞窟温泉は「玄武洞」もお勧め!細長いが太平洋に面しているので迫力ある波が打ち寄せるのを見ることができます。押し寄せる波を見ながら自然の岩の中で温泉を満喫できるとは・・!この温泉を作り上げた人は本当に凄いな~とあらためて感心しました。


   ....数々の洞窟温泉を渡り歩いて大満足!熊野に沈む夕日を楽しみながら大食堂へ....
c0119160_22174059.jpg
c0119160_22182583.jpg


海夕日を楽しんだ後はお楽しみの夕食時間・バイキング形式の雑多雰囲気で宿泊客が犇めいています。料理はそんなに大したものではありませんが、食に拘らないRWにはこんなもんで十分!


   .....バイキング形式大食堂、寿司・天ぷら・蕎麦・焼き物など各種料理やデザートが取り放題....
c0119160_22210686.jpg
c0119160_22213022.jpg
c0119160_22225658.jpgc0119160_22233069.jpg
c0119160_22235282.jpg


メインイベントのマグロの解体ショーが始まりました!前回の家族旅行では見られなかったので初体験!さすがマグロ漁港で有名な南紀勝浦だけあってドでかい大物が小気味よく捌かれていきます!迫力のマグロ解体の包丁さばきとプロセスをとくとご覧あれ~!


   .....大人気のマグロ解体コーナー!メインの迫力ショーに人だかり、皆の目は釘づけ状態....
c0119160_22285465.jpgc0119160_22291870.jpgc0119160_22293920.jpg
c0119160_22300445.jpg
c0119160_22363004.jpgc0119160_22341718.jpg
c0119160_22365453.jpg
c0119160_22394508.jpgc0119160_22391813.jpg
c0119160_22401324.jpg


さて夕食後にもう一度洞窟温泉に浸かり夕闇の勝浦港の夜景を楽しみました。明日はホテル浦島の屋上部にある山上稲荷に上がって朝日を楽しみ「紀の松島」絶景を俯瞰してみよう!


   .....ほろ酔い気分で夜風に当たってみよう。静謐な勝浦漁港の夜景湾光景を楽しむ....
c0119160_22442521.jpg
c0119160_22445319.jpg


次回の第3編は熊野三山の最大クライマックス「熊野那智大社」&「那智の滝」、巨大花崗岩のパワースポット「花窟神社」などがいよいよ登場しますのでお楽しみに~!


    ....熊野伊勢路の旅は始まったばかり、熊野三山から伊勢神宮・熱田神宮まではまだまだ遠い....
c0119160_22463334.gif
c0119160_22465230.jpg


     .....次回は熊野三山で最大人気を誇る那智大社・青岸渡寺・那智の滝がまず登場!....
c0119160_22482915.jpgc0119160_22484995.jpg
c0119160_22490798.jpg




                                                        おわり

          「熊野速玉大社」               「神倉神社ゴトビキ岩」      
        「神武天皇の東征ルート」             「補陀洛渡海」       





  # by rollingwest | 2019-07-02 22:50 | 寺社・史跡・古道 | Comments(161)

RW/洋楽コーナー:「My Favorite Songs」 (第49巻)





RW洋楽コーナー「My Favorite Songs」(第49巻)は、女ロッドスチュワートと呼ばれた迫力のダミ声「ボニー・タイラー」の「愛は哀しくて」(1978)をお送りしています。♪\(^◇^)/♪… 下記URLよりクリック



                 ボニー・タイラー 「愛は哀しくて」 (1978年)
c0119160_21442229.jpg


              【My Favorite Songs】過去紹介した名曲(INDEX)はコチラから


      *上記2つのURLをクリックすると今回の記事&過去紹介分のINDEXへ入れます。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
c0119160_15342514.gifc0119160_15405358.gifc0119160_1541379.gifc0119160_15412482.gifc0119160_15414376.gifc0119160_1542442.gifc0119160_15434219.gifc0119160_15441097.gif ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


  # by rollingwest | 2019-06-24 22:00 | 洋楽(ロック・POPS)