<2008年10月18~19日>Fツアー・08秋の山旅「岩菅山&白砂山」:(その2)

(その1)岩菅・志賀高原の山から続く


                      「草津白根山」と「白砂山」


「岩菅山」と志賀高原の山々を十分満喫し、Fツアー一行は本日の宿「尻焼温泉」を目指します。
温泉へ向かう途中、志賀高原きっての観光地「草津白根山」の湯釜を訪ねてみることになりました。
ここは活火山・草津白根の火口が手軽に見渡せるビュースポット、私自身としては今回で3回目です。


      ....「草津白根火山」の「湯釜」、いつ見てもミルキーブルーで独特の雰囲気がある。.....
c0119160_22492487.jpg

日本には現在108の活火山があり、その危険度によりA~Cランクに3分類されているそうです。
浅間山・阿蘇山や伊豆大島などがAランク、草津白根山はBに分類されているとのこと。でもこの
ミルキーブルーの水を湛えた不気味で独特な雰囲気からはいつ爆発してもおかしくないような・・。
c0119160_22501190.jpg


c0119160_22524100.jpgc0119160_22522132.jpg

湯釜登山はバス駐車場から往復15分でお手軽!観光客多数が写真を撮っています。でもここは懐かしい場所・・!30数年前、高校3年のクラス旅行会(湯田中温泉・志賀高原)で訪れ、10年前にも家族登山で来ています。同級生達と初めてこの光景を見た時の感動は今もなお忘れません。

       ....「草津白根山」の火山礫・登山道は、秋のパノラマ光景が気持ちよく広がる。.....c0119160_2363866.jpgc0119160_237482.jpg


「尻焼温泉」の名は余り聞き慣れないですが、草津町に近い群馬県の山奥にある温泉で川床から
湯が沸きあがっています。清流脇の露天風呂は風情ある掛流しの湯、皆の気分も大盛り上がり!

     ....奥上州の秘湯「尻焼温泉」光山荘で宿泊。川床からお湯が湧出している。.....
c0119160_2392775.jpgc0119160_2394991.jpg

     ....清流「長笹沢川」を見ながら、川に面した露天風呂で今日の疲れを癒す。.....c0119160_23124725.jpg


c0119160_2313586.jpg

「光山荘」は素材抜群で心のこもった料理、本当に美味しかった!宿の持て成しも実に丁寧で、しかも値段も安い。(本当にオススメ) 今日は快晴パノラマ・お湯・料理の三冠に輝き皆大満足でした。





★[2日目]:上信越国境の日本200名山「白砂山」


朝食を済ませ7時に「光山荘」を出発、マイクロバスは「野反湖」(のぞりこ)に向かいます。「聞いた事がない、野尻湖のこと?」って言われそうにマイナーな観光地のようですが、キャンプを張る人達には人気があるらしい。東電所有の人造湖で岩石を積み上げて造られたロックフィルダムです。

       ....2日目朝、「白砂山」に登る前に「野反湖」の湖畔風景を1SHOT、カシャ!....
c0119160_2016072.jpg

       .... 「白砂山]登山口(野反湖畔)、この辺の標高が紅葉の盛りとなっていた。...
c0119160_2017570.jpgc0119160_2017214.jpg


本日のコースは、地蔵山・堂岩山経由で「白砂山」の頂上を極め、八間山に下りて野反湖に戻ってくるルート。この山は女性的な山容で視界がきく気持ちのいいパノラマウォークが楽しめるらしい。

       ....地蔵峠コースを上がる。途中にある沢の水は実に美味しかった。.....
c0119160_20313572.jpgc0119160_2032281.jpg

堂岩山に来ると一挙に視界が開けて「白砂山」が姿を現しました。稜線沿いは低潅木やクマザザ道なので頂上まで辿るジグザグコースがはっきりと認識できます。明るい印象の素晴らしい景観!
これは評判通りの爽快感のあるいい山だ!(女性登山者に人気が高いとのこと)
c0119160_20385793.jpg

....「白砂山」は羽根を広げたような裾野を持つ山、低潅木で視界がいい。頂上目指す縦走路......
c0119160_20404750.jpgc0119160_20411497.jpg
c0119160_20423318.jpg

   .....上信越国境(豪雪地帯)に聳える200名山・遥か2座:鳥甲山(左)と佐武流山(右).....c0119160_205055.jpgc0119160_2050524.jpg

北側には、200名山の「佐武流山」や3年前に制覇した「鳥甲山」(秋山郷の近く)、100名山「苗場山」(頂上が平地湿原)が見えて、世界有数の豪雪地帯を歩いていることをあらためて再認識。

    .... 「白砂山」(2139m)に登頂、絶景を見て昼食ビール!いい気持ちで下山開始......c0119160_20574982.jpgc0119160_20581544.jpgc0119160_1692993.jpg

昼前に頂上に到着、上信越国境の雄大な展望とビール(一部の方はさらにアルコール)を味わいながら摂る昼食は最高です。2日目も快晴状態が続き何も言うことなし!さ~てあとは下るだけ・・。

      ....女性的な山容が続く。明るい日差しの中で幸せ気分のパノラマウォーク!......c0119160_21173096.jpgc0119160_21175286.jpg

          ....クマザサが多い山、笹が風にそよぎ日の光りに煌く雄大な登山路......c0119160_2125148.gif
c0119160_2126956.jpg

c0119160_21263895.gif

風は爽やか、陽光に輝く気持ちいい笹道を余裕で下山~FINISH、と思っていたら、結構きつい!
アップダウンは何回も続き、タフなコース・・、頂上で調子に乗って飲んだバーボンも効いてきた。
女性的な「白砂山」様から、「なめたらアカンゼヨ!」と夏目雅子風に言われているような気が・・

c0119160_21362056.jpgc0119160_21363754.jpg

     ....(左)遠くに離れると「白砂山」は横長の山容に (右)ナナカマドと笹が鮮やかな道...... c0119160_2143760.jpgc0119160_2143305.jpg

しかし道はよく整備されており実に歩き易い。終始視界が開けた山を快晴の下で歩けるとは(それも2日連続で)、実に幸せなことですなあ・・。遅れ気味で心配した後続組も何とか元気に合流!
c0119160_21523775.jpg

いよいよ終点・野反湖が見えてきた~!15時には駐車場で待機のバスに皆が到着できて一安心。山上の紅葉は意外と今回少なかったものの、パノラマが十分溢れる縦走を十分堪能しました。

 .... (左)下山路の八間山に到着、再び「野反湖」が見えてきた。(右)紅葉は麓の方が綺麗.....c0119160_2156798.jpgc0119160_21563329.jpg


ラスト締めは定番の温泉、昨日宿泊した「尻焼温泉光山荘」に湯に再び浸かり疲れを癒しました。
マイクロバスではまたも定番・宴会モード、お酒が一番浸透してハイになった食山人氏のワンマンショーと化していきます。車内は爆笑の渦に包まれ、予想された大渋滞にもあわずに無事帰京!

....再び「尻焼温泉」へ、汗を流して一路帰京、バスの中では爆笑の大盛り上がり......c0119160_22153764.jpgc0119160_22155358.jpg








c0119160_2216897.gif

それにしても今回の山旅は最高の快晴に恵まれた2日間でした。やはり脳裏に刻まれた美しいパノラマや写真は十分な光があってこそ・・! そして、Fツアー計画の深みと楽しさを与えてくれるバリエーションあるコース設計とバスの機動性はいつも素晴らしい!恩恵に頭が下がり、大感謝~!
c0119160_2224165.jpg

                                                      おわり



*最後に、今回辿ったバリエーション溢れる2日間の山旅コースの行程図を下記に示します。
          (クリックすると地図が拡大表示されます。)

....1日目:「岩菅山」~「赤石山」~「志賀山」......  ....2日目:「野反湖」~「白砂山」~「八間山」.....c0119160_22573278.jpgc0119160_22575017.jpg

  by rollingwest | 2008-10-25 22:54 | Comments(25)

Commented by 葛飾のオヤジ at 2008-11-02 07:27 x
「尻焼温泉」・・夏は川湯も楽しめそうな場所ですね!
Commented by rollingwest at 2008-11-02 08:59
オヤジさん、この宿は値段も食事も含めて本当にオススメ!
川の中で浸かるお湯もこの温泉の名物です。
Commented by ペガサス at 2008-11-04 07:04 x
気持良さそう!
羨ましい~~~~! ・・・・けど・・行動に移せないボヨヨンな私です。
Commented by rollingwest at 2008-11-04 21:24
温泉だったら思い立ったら吉日! パッと予約して行っちゃうことですな。
Commented by 神楽坂 at 2008-11-06 23:02 x
ただ今、パリです。ルーブル美術館のそばのネットカフェで書き込んでいます。パリは寒い。日本の山の写真を見てほっと和みました。週末はヴェルサイユ宮殿に行く予定。
Commented by rollingwest at 2008-11-07 05:46
お元気ですか~?楽しんでおられますね!
おフランス、このユーロ安の時にラッキーですね。
無事帰国後の報告楽しみにしております。
一昨日に「ばるぼらや」「唯尼庵」行ってきましたよ。実に楽しかった。
Commented by 架け橋 at 2008-11-10 23:22 x
こんばんは。相変わらずタフですねえ。夜行バスから温泉に山登りをハードにこなし、平日には歌う飲むの連日連夜(冗談ですよ)。あやかりたいものです。いやいやどっこい、インセンティブありがとうございました。RW教の信者より。
Commented by rollingwest at 2008-11-11 01:26
架け橋様、仕事のことも少しは触れてほしかったですなあ・・(笑)
まあ、ここまでやってこれたのも架け橋様のおかけですのでこれからも感謝の気持ちで何ぼでも「天狗」でお付き合いさせていただきます。(笑)
Commented by matsu at 2008-11-11 08:40 x
 白砂山は、去年の夏に登りましたが、稜線に出てから、頂上までのトレイルを見ながら、低灌木やクマザサを踏んで一歩一歩登っていく、あのコースが何ともいいですね。この山一体は、7月のニッコウキスゲの開花期には、あたり一面黄色のカーペットを敷き詰めたような景観を呈するらしいので、RWさんには、その時期に、もう一度行って頂いて、写真をアップして頂けるとうれしいです〈笑〉。
Commented by わかこ at 2008-11-11 08:42 x
アルバムをごそごそ探したが、3年のクラス旅行の写真がなかった!持っていたのは、2年の時の飛騨高山だった。わずかに湯釜の色を見た時の驚きの記憶と 高校生の旅行なのに、ストリップ劇場やスナックがある繁華街のネオンの中の宿だった。RWさんの記憶もほとんどない(^〇^)今と違っておとなしかった?
Commented by rollingwest at 2008-11-11 20:17
マツさん、「白砂山」のように全体が常時見渡せるパノラマビュー登山道がある山は実にいいなあ・・と新たな発見でした。しかし、実はかなりUP・DOWNの道を隠し持っており、なめてかかると痛い目に合う山だとも知りました。視界が開けてなだらかな山容が常に見えるだけに、騙されてしまう・・。こいつは意外に悪女だな・・、とも。(笑) これも新たな発見
Commented by rollingwest at 2008-11-11 20:19
猫わか様、確かに湯田中温泉は歓楽温泉の雰囲気があったように記憶しております。
(猿が湯につかる有名な温泉でしたね・・)
クラス旅行で雄大な志賀高原を登って行くバスからの車窓風景や車内の様子(ワイワイ、ガヤガヤと盛り上がっていた)もだんだん思い出してきたぞ・・。
Commented by shingo at 2008-11-11 23:06 x
3年1組だけで企画した一泊旅行だったっけね。あんなすごい湯釜なのに、小生の記憶にはどうも残っとらん。何か大事なものが欠落しているね、きっと。そのかわり、墓地で夜、肝試ししたことは覚えてる。ああ、それから、猿がうっとりした顔をして温泉浸かっていたよ、確かに・・・・。
Commented by rollingwest at 2008-11-12 20:08
私は肝試しの記憶の方が薄く、自然光景やバス車内の方が印象強いなあ・・。
また日曜日、皆で思い出しましょ。
Commented by 食山人 at 2008-11-14 22:24 x
工夫を凝らしたレイアウトにいつも感心しています。この次お会いしたときにでもいろいろとご教授賜りたく。・・・それにしても11月7日の夜は山の恰好で、そのあとどうされたのでしょうか?お気の毒と思いつつも興味津々の私です。
Commented by RW at 2008-11-14 22:26 x
食山人殿、お気の毒と言いつつも、半分吹き出してません?(プッ・・て)
当日夜はまた運悪く携帯を家に忘れてしまい、公衆電話から食山人さんを始めいろいろな人に電話をしましたが誰にも出てもらえなかった・・。
「何が起きたんだろう・・?」と頭の中が整理できないまま、帰り電車で納得できない登山姿のオヤジでした。
そして翌日は、山で味わうはずだった豪華弁当(毎回ワンパターン)を家で寂しく食いました。
Commented by akiotakahashi at 2008-11-14 22:26 x
11/8 榛名山に山の仲間と行きました。RWさんの岩菅山、白砂山の紅葉、天候には及びませんが、今年初めての紅葉が見られて満足できました。RWさんが一人寂しく夜の寒空の中をバスを待っていたとは知らず・・・
Commented by RW at 2008-11-14 22:30 x
土曜日、頭の中が整理されずに呆然としていたときに、AKIO様のブログを開いてみたら、またもビックリ!Fツアーの皆様が榛名山に集合している!何で~?
まさに狐につままれたような週末でした。(笑)
でも御神楽岳は皆で次回リベンジできるのでその日を楽しみにしております。
Commented by RW at 2008-11-14 22:49 x
神楽坂様~!ごめんなさ~い!
折角頂いたRW道迷いのファンタジーツアーの名文、こちらに移動させる作業中に誤って消してしまいました。(shock・・)
もし原文残っているならば、再投稿願います。
Commented by 神楽坂 at 2008-11-15 12:09 x
駄文でございますので気にしないでください。紅葉は青空に映えますね。さて、「戦艦大和で・・」のブログ拝読。3式さんは幕末ファンと知りました。私も幕末ファン(長州藩&『燃えよ剣』)です!ローリンさん、次回の遊就館探訪記事も楽しみにしてますよ。場違いコメントご容赦。
Commented by rollingwest at 2008-11-15 12:51
3式機龍殿は、昭和レトロ・怪獣・ミリタリー・幕末史マニアの漫画家で、実は猫わか様の旦那様です。明日、猫わか様の紹介のもとに初めて面会する予定なので楽しみにしています。
「遊就館」はこの方から教えてもらい、足を運びました。
これから「遊就館」の記事をUPします。
来週はいよいよ、「神宮球場WK戦」&「新宿ゴールデン街」の公開予定

Commented by わかこ at 2008-11-15 13:18 x
【仲間が寒空の下ひとり待ちぼうけを食わされていたとは・・・】
さすがRWさんじゃ・・・・Ψ( `∀´ )Ψ ウケケケケケ
Commented by rollingwest at 2008-11-15 15:27
あのねえ、あくまでは私は「可愛そうなヒ・ガ・イ・シャ」!~ρ(`O´*)..!
いい加減グダグダ説明するのは疲れた・・。(明日は慰めてくれい)

怪獣博士のご主人との初対面、楽しみにしちょります。
Commented by 3式機龍 at 2008-11-15 16:53 x
あっ、神楽坂さんがうちのHPを見てくれていたんですね。有り難う御座います。実は以前、私は神楽坂さんと同業だったことがありました(ライバル出版社「ブルー×××」で)。
明日はRW教授と未知との遭遇ですね。
Commented by rollingwest at 2008-11-15 17:28
明日はよろしくお願いいたします。
そうですか、猫漫画だけでなく、ガイドブックも手がけていたんですか?招き猫のイラストも入れて・・?(笑)

<< <2008年10月18~19日... 「アーティスト別・名盤レビュ... >>