<2011年7月23日>岐阜の名山「大日ケ岳」と「郡上八幡」を訪ねる

★長良川の源流「大日ケ岳」

今年2回目の山行、岐阜にある200名山「大日ケ岳」を登ってきました。7月下旬までまだ2回しか山に行っていないとは、嘗てない程のスローペースだナア・・。しかしこの夏からは本格的に登山を復活させます。本番への足馴らしも兼ねてFツアー企画に参加しましたが、またお手軽ハイキングの域だったかも・・(笑)

c0119160_21493123.jpgc0119160_10381941.gif






c0119160_21501155.gif


今回は金曜夜出発で「大日ケ岳」登山&「郡上八幡」(歴史深い山合いの城下町)、夜行日帰りで岐阜を訪ねるという弾丸ツアー。決して無理なく行程をこなせるこのツアーの機動力にあらためて驚きと感謝!

c0119160_2153847.gif

       ........(左)「大日ケ岳」の全貌山容(ひるがのSA)(右)アレ、思惑違い・・霧雨の中を出発.....
c0119160_21551733.jpg
c0119160_21561926.jpg


都内を21時半に出発し、翌日早朝4時に岐阜「ひるがの高原」へ到着。5時から早速に登山を開始。
台風一過の晴天を期待したのに朝はまだ雨が残り、登山中はずっと霧に覆われてやや予想外の出発


              ........(左) ダイナランドスキー場のゲレンデ沿いの道を出発 (右)オオバギボウシ.....
c0119160_21585772.jpg
c0119160_2212332.jpg


       .......夜明けまで降った雨が水玉状に滴る高山植物 (左)オオマツヨイグサ (右)タムラソウ.....
c0119160_2263867.jpg
c0119160_2265782.jpg


ダイナランドスキー場から前大日経由で頂上を極め、高鷲コースを下山するルート。依然ガス中の歩きでしたが前大日で後を振り返ると徐々に霧が晴れ始めてきたぞ゙・・!墨絵の様な幻想的な眺望が望めました。


               ........(左) ガスの山道を登っていく (中)ガクアジサイ (右)ギンリョウソウ.....
c0119160_22115123.jpg


c0119160_22121513.jpg
c0119160_22124621.jpg


              ........後ろを振り返ると幻想的な風景が・・!まるで水墨画の如し.....
c0119160_2220811.jpg

スキー場ゲレンデを登るので高山植物は期待していなかったのに結構多くの花に出逢うことができました。水の滴をたたえた花たちの色は鮮やか!2時間ほど歩くと視界が開け穏やかな道、頂上はもう近い。


            ........(左) ミヤマウツボグサ (右)ノアザミが実に生き生きとしていた。.....
c0119160_10404321.jpg
c0119160_10433575.jpg

       .......(左) いよいよ大日岳の頂上へ、最後の登り (右)頂上が遠方に見えてきた!.....
c0119160_11113567.jpg
c0119160_11115243.jpg

頂上に立ったのは7時30分、当然こんな早い時刻に誰もいるはずもなく我々の独占状態。青空も出始めましたが、ガスが完全に晴れなかったので眺望は今一つ。でも200名山をまた一つ制覇できました。


   ......(左) 大日ケ岳での頂上集合写真 (右)青空が出て晴れてきたが頂上展望は朧げな風景.....
c0119160_11224624.jpg
c0119160_11232152.jpg

       .......頂上で寛ぐメンバー。方位盤(渋い色合いだネ~) で周辺の名峰位置を確かめる。.....
c0119160_11241964.jpg
c0119160_11243818.jpg


白山の雄姿は見られませんでしたが、秋にまた北陸の山に来るのでその時に期待しよう!大日ケ岳は「長良川」の源流の山。稜線から北側の源流は日本海に流れ出しており、この山は分水嶺となっています。鵜飼で有名な「長良川」は、柿田川(静岡)・四万十川(高知)と並んで「日本三大清流」の一つ


         .......鵜飼で有名な「長良川」は「日本三大清流」、演歌でも有名ですね~!........
c0119160_1128678.jpg
c0119160_11282633.jpg

さて下山は高鷲コースの穏やかな稜線を下っていきます。こちらのコースは豊富な森林に覆われた味わいある道。7月でキノコを見たのは驚きでしたが、昨冬の豪雪やここ数日の雨が多かったことが理由か?


      ........(左) ガスの中で映える笹の葉、草の水滴  (右)気持ちのいい森林道を下山.....
c0119160_1143040.jpg
c0119160_11432286.jpg

        .......7月なのに森林にはもうサルノコシカケが生えている!今年の山は湿潤?.....
c0119160_11382988.jpg
c0119160_1138517.jpg

天候はどんどん回復し日光の量も相当豊富となってきました。炎天下での登山で喉の渇きを懸念したものの、登りの時は霧の中で下山時は森の中、意外と水分は摂らずに済んだ楽チンなコンディションでした。

     ........(左) 90度に曲がった珍しい木を突くアキタカ様 (右)いっぷく平で一服の皆様.....
c0119160_1150721.jpg
c0119160_11502714.jpg

        ......光り輝く緑の木々の中を行くN松氏 (結構味わいある絵になりました~)......
c0119160_11513371.jpg

「いっぷく平」で一服休憩を入れ10時には「ひるがの高原」駐車場に到着、11時に「湯の平温泉」へ。温泉はツルツルして素晴らしい湯だ!まだ午前中なのに山を制覇して温泉で身を癒しているとは驚き・・


         ........ 午前中から湯の平温泉に、露天風呂で心地よい汗を流しました。.....
c0119160_11585793.jpgc0119160_11593135.gif

c0119160_1226577.gif


c0119160_120085.jpg





★水に恵まれた歴史ある城下町・「郡上八幡」


「郡上八幡」は大日ケ岳から20数km南下した山合いに位置する名水の城下町。この街を訪れるのは3回目ですが、長良川の清流に沿った風景、爽やかな空気と水、いつ来ても風情があり素晴らしい~


         ........「郡上八幡」の街並風景、山に囲まれ清流とともに暮らす歴史ある街.....
c0119160_12311972.jpgc0119160_12314697.jpg
c0119160_12321317.jpg


       ........郡上八幡には歴史ある寺社が多くある。 (左) 岸剱神社  (右)秋葉神社.....
c0119160_12395386.jpg
c0119160_12401992.jpg


まだ時間があるので郡上八幡城を訪ねて見ようということに・・。お城はまだ未訪問だったので非常に嬉しい提案でした。駐車場にNHK大河「功名が辻」で有名になった山内一豊と妻・千代(郡上八幡の出身という説あり)の銅像があるではないか!二人の間には出世の駿馬、その遥か先には城が見える!


  ........(左) 吉田川と郡上八幡の風景 (中)山内一豊と千代の像 (右)円空仏の癒しの水......
c0119160_12444713.jpgc0119160_12451761.jpgc0119160_12455871.jpg


c0119160_1246529.jpg


遠藤氏が八幡山頂に「郡上八幡城」を築いたのは16世紀半ば、その後、関ヶ原の合戦時に家康側に勝利に貢献。 その後、明治の廃藩置県で廃城となりましたが、昭和の初めに城跡に再建されました。
c0119160_12541295.gif

                 .....「郡上八幡城」は本当に端正!優美なる姿をしていた!.....
c0119160_12543522.jpg
c0119160_12545298.jpg


    .......(左)山内一豊の妻「千代」の掛軸 (右)城主遠藤氏と甲冑3体 (右)豪華なる金屏風.....
c0119160_182058100.jpgc0119160_18211872.jpg
c0119160_18214685.jpg


城の姿は真に優美!昭和の建築物とは思えぬ程に風格があります。中に入ると千代の掛軸や甲冑など数々のお宝物が・・。天守閣から見る郡上八幡の街は山に囲まれ長良川がユックリと流れていました。


                ........ 天守閣から望んだ「郡上八幡」の街風景.....
c0119160_18302766.jpg

        ........(左) 「やなか水の小路」 (右)雰囲気ある蕎麦屋の建物、店には長蛇の列......
c0119160_18332637.jpg
c0119160_18334884.jpg


郡上八幡の人達は清流とともに暮らし、名水は生活の一部、川にも親しんでします。長良川の支流「吉田川」に橋から飛び込む元気な子供達の姿は、今や郡上八幡を象徴する光景の一つとなっています。


       .......水が美しい「吉田川」、川飛び込みのイベントを見学する地元の人達.....
c0119160_18382636.jpgc0119160_18404873.jpg






c0119160_1842588.jpg

     .......元気が有り余る子供達、何て勇敢!こんな高さから怖くないのかな?いざ挑戦!.....
c0119160_19145421.jpgc0119160_19151879.jpg
c0119160_19155488.jpg


そしてこの街が全国的に有名なのは、やはり「郡上おどり」。400年に渡り郡上八幡で歌い踊り続けられてきた盆踊りです。藩内の村々で踊られていたものを、城主が士農工商の融和を図るため、城下に集め「盆4日間は身分の隔てなく無礼講で踊るべし。」と奨励したため年ごとに盛んになったものです。


       ......街の随所に「郡上踊り」の提灯や燈籠が・・、7~9月で33夜も!日本一長い盆踊り.....
c0119160_19573794.jpgc0119160_19581132.jpg








c0119160_19584989.jpg


郡上踊りも「見る踊り」ではなく「踊る踊り」といわれる理由はこの歴史背景にあります。お囃子と下駄の音、川のせせらぎが重り、山あいにこだまする短い夏の夜風情、実際には見ていませんが素晴らしそうですネ~。徹夜踊りの盂蘭盆会の夜明け近く、東の空が白々と明けゆく頃が最大の
圧巻風情らしい。


   ........8月中旬は徹夜で踊る「郡上踊り」、今や富山八尾「おわら風の盆」と並ぶ有名な盆踊り.....
c0119160_2136365.jpg
c0119160_21363725.jpg

城と歴史ある街並を堪能し、13時頃となりました。高速渋滞を考えるとそろそろ帰る方が賢明と判断し、バスに乗り込み帰京の途へ。車窓から見る長良川には鮎釣り太公望達がよき時間を過ごしています。


       ........清流なる長良川、おとり鮎を仕掛けながら釣り人達が竿をたむける。.....
c0119160_15413243.jpgc0119160_1543134.jpg

     .......さらば郡上八幡!今回3度目の訪問でしたが何度来ても風情あるいい街だ!.....
c0119160_15451219.jpg
c0119160_15453190.jpg


バスは東海北陸道から一宮経由で東名高速に入り一路東京へ。大きな渋滞には殆ど巻き込まれずに順調の極み。19時には帰宅することが」できました。前日家を出たのは20時ですから何と23時間で岐阜の山を登り温泉と城下町を味わって戻ってこれた・・。Fツアーの機動性に切に感謝でございます。


      .....帰りの高速も順調、.東名高速・富士川SAからの夏富士、やはり秀峰だネ~!......
c0119160_213556.jpg



c0119160_21354595.jpg




                                                                            おわり
                                                                                                                                       




次回は「カムイエクウチカウシ山」(前編:原始秘境・日高山脈へのアプローチ)をお送りします。
c0119160_21411515.jpgc0119160_21413115.jpgc0119160_4131044.jpg

  by rollingwest | 2011-08-16 00:00 | Comments(40)

Commented by desire_san at 2011-08-15 10:31
こんにちは。

「大日ケ岳」は私も以前登りました。ただ山を登っただけで、・「郡上八幡」など周辺の町には行かなかったので、写真を楽しませていただきました。
ありがとうございます。

私のブログにコメントをいただき、ありがとうございました。ご紹介の教会は、旧ソ連の時代は荒れ放題で、倉庫として使われていたというから驚きです。
こんなにすばらしいモザイクの壁画に囲まれた空間に、ほとんどの日本から来る観光ツアーは、中を見ないで素通りだそうです。まあ、私としては観光客が少なく、ゆっくり楽しめたのでよかったですが。
Commented by matsu at 2011-08-15 17:58 x
郡上八幡の、高い橋の上から川へ飛び込む子供たちの写真、既視感があると思ったら、2年前の6月の日曜日の夕方、フジテレビ系列で放送された「少年時代」(昭和40年代の郡上八幡を舞台に少年たちの成長を描いたドラマ、子役の他サトエリやV6の坂本昌行なんかが出ていました)というドラマで同じようなシーンがあったのを思い出しました。いろいろ調べたら、当地では新橋という橋の上から、吉田川へ飛び込むのが子供から少し大人になるための通過儀礼とされていたようで、今もその伝統が残っているのでしょうか。貴重なショットを有り難うございます。なお、今回は、RWさん御一行は立ち寄られなかったようですが、郡上八幡には、長良川鉄道「白山長滝」駅の近くに、「白山文化博物館」「長滝白山神社」「長滝寺」という素晴らしい施設や史跡もありますので、今度是非観られることをお勧めします。
Commented by yodogawasyuhen at 2011-08-15 19:00 x
こんばんは
大日ヶ岳ですか。
何時か登ってみたいですね。

郡上八幡は何回か行きました。
長良川鉄道の旅を楽しんでいました。
みなみ子宝温泉でゆっくりして帰りました。
Commented by setuojiji at 2011-08-15 20:33 x
大日ケ岳の登山とお山の花々、山の征服感と花々との出会い、興味深く拝見しました、郡上八幡、八幡城、山内一豊、千代、長良川、吉田川、地域の結びつきと歴史を結びつけ織り交ぜながらの探訪記事、何時もながら興味深々のうちに見せて頂きました。
Commented by rollingwest at 2011-08-16 06:06
desire_san様、大日ケ岳自体はあまり面白い山ではありませんが、この山が郡上八幡の自然や歴史・文化を培ってきた日本三大清流「長良川」の源であると思うと、また違う感慨を味わえます。このような背景が200名山に選定されている理由なのでしょうね。

日本の歴史よりもさらに深い東欧文化、素晴らしいですね。いつか訪れて見たいと憧れます。
Commented by rollingwest at 2011-08-16 06:12
マツ殿、郡上八幡にも白山文化博物館があるとは知りませんでした。確かに大日ケ岳頂上からまじかに白山が見えるはずなので当然のことかも!郡上八幡の吉田川飛び込み風景は結構有名な夏の風物詩ですが、ドラマにも取りあげられておりましたか!確かに子供たちにとって、衆目の中で恐怖の高さの橋から飛びこめることは最大のヒーロー像なのかもしれませんね!
Commented by rollingwest at 2011-08-16 06:15
yodogawasyuhen様、小生も今回で3回目の訪問ですがまだ再来訪してみたい街の一つです。こんな狭い街なのに懐が深いのかも・・。でも毎年、連夜の如く朝まで踊り続ける郡上八幡の人達のパワーって一体・・(驚)
Commented by rollingwest at 2011-08-16 06:25
setsuoji様、確かに北海道にはこのような地形・歴史文化・清流が凝縮された街はないので、とても新鮮に見えることと思います。
でも日本の国は、色々なバリエーションに溢れて実に素晴らしい国だとあらためて思います。
Commented by akiotakahashi at 2011-08-16 06:26
お世話になりました。RWさんのBlogの構成と写真に感心しました。光り輝く緑の木々の写真は、小生も景色だけを写しましたが、歩く姿があるのが、芸術的ですね。郡上八幡の写真も、楽しめました。
Commented by hirospace at 2011-08-16 10:06
天狗岳にコメントを頂きまして、ありがとうございました。
未熟で度胸がないので、なか~赤岳や横岳に登れませんが、今回は硫黄岳もガスと時間切れで、登れませんでした。
初心者や初級者の引率でしたが、何処でも平気で、タフで僕が参っていました。

夏の大日は登っていないのですが、スノーシューで登ったことがあります。
郡上八幡の徹夜踊りにも2度行きましたが、好きなところです。
以前も混んでいましたが、東海北陸道が完成してから、余計に混雑するようになりましたね。

Commented by biwakokayo4 at 2011-08-16 10:26
23時間でこれだけ楽しめたのだから大満足ですね。
郡上八幡は近いのに行ったことがない場所です。
お写真を拝見してお城から町を眺めてみたいです。
Commented by 小石 at 2011-08-16 20:26 x
墨絵のような風景のお写真、写真展にでもお出しになったらいかがと思うほどの、素敵な構図。
いつもながら、素晴らしい!!
Commented by rollingwest at 2011-08-17 06:07
アキタカ様、久しぶりに山でご一緒できて嬉しゅうございました。それにしてもFツアーの機動性の素晴らしさにはいつも感動・感謝をしております。岐阜の山に登り温泉に入り郡上八幡観光してバスの中で宴会しながら帰京して実質23時間なのですからね~!会費も安くて本当にありがたいことです。次は新潟のニ王子岳に参加するつもりですが、また是非ともご一緒できることを楽しみにしております。
Commented by rollingwest at 2011-08-17 06:10
hirospace様、まだ南八ケ岳の主峰群は未踏でしたか!でもアプローチや山小屋が充実しているのでまだ何度もチャンスはありますよ。小生が生まれて初めて登った本格的な山が美濃戸口・行者小屋経由で登った八ケ岳でした。今でも南八ケ岳の雄々しい主峰群、北欧の様な北八ケ岳を見たときの感動は今も鮮やかに蘇ります。
Commented by rollingwest at 2011-08-17 06:15
ビワコカヨコ様、郡上八幡の街は何度訪ねても飽きません。水に親しむ山間の歴史町、日本でこのような町が少しでも多く残ってほしいものです。琵琶湖周辺にも探せば沢山ありそうですね。
Commented by rollingwest at 2011-08-17 06:25
小石様、デジカメで何も考えず適当にバシャバシャ撮っているだけですので、写真展に出すなんてありえません。プロの方のような拘り・技術は一切なく、フィーリングだけの勝負でございます。(笑)
ところで、あのあとハマジュリ様にメールを入れたらバタバタ状態でしたが、お父上の健康はよくなっているようです。9月にお会いしたらよろしくお伝えください。
Commented by m2-home at 2011-08-17 11:02
お帰りなさい。

ガスってる山行もなかなか雰囲気があっていいですね。
写真がすごくいいですよ。

今年は秋からちょっとずつ登るつもりですが・・
こんなレポートを読むとウズウズしてきました(^^;)

来月末は軽井沢を拠点にゆっくりするので
美ヶ原や尾瀬あたりでトレッキング&登山&キャンプをしたいと計画中です。
Commented by TARA at 2011-08-17 15:44 x
相変わらず元気で行動的で何よりです。日本の風情はいつ見ても味わい深くていいですね。

さて、航空券の手配も済み、OB会に出席する手はずは整いました。が、出発まで徹夜が続きそう・・・
Commented by small-talk at 2011-08-17 22:34
大日ヶ岳、知りませんでした。
良さそうな山ですね。高原状の草地とリフトが、なんとなく伊吹山を彷彿させます。
僕は、鉄道やバスでのアプローチが主体なので、きっと行きにくいのでしょうね。
Commented by そよかぜ at 2011-08-17 23:13 x
ずいぶん早朝の頂上だったんですね。
それに盛りだくさんの内容で、びっくりです。
企画される方はすごいですねえ。
子どもたちの飛び込みは怖そうですが、きっとそれが面白いんでしょうね。
親だったらドキドキもので見たくないかも。
Commented by kwc_photo at 2011-08-17 23:19
大日ヶ岳の山野草、いいですね~。
花好きの私は、花に反応しちゃいます。
ガスで眺望はイマイチだったと思いますが、花はしっとりとして
いいかんじですよ(笑)。
郡上八幡、いいところですね。
上高地へ行く途中で通りますが、風情がいいなぁと思っていました。清美の辺りからの山間ドライブも好きです~。
Commented by rollingwest at 2011-08-18 06:02
m2home様、軽井沢拠点での登山三昧もいいものですね。
これから週末にかけて信州方面は天候が悪くなりそうな予報ですが、その場合は無理して山には登らず鬼押し出しなどジョンレノンが避暑に辿ったコースを訪ねて見るというのも一興かもしれませんね。
Commented by rollingwest at 2011-08-18 06:09
TARA様、貴女との再会、実に楽しみにしております。5年前に浅間隠山で披露したコスチューム(豹柄模様の衣装・トンボめがね・エナメル調の子供サッカーシューズ)で登場されるのでしょうか?
それともガラガラ蛇の靴に、妖怪人間ベラの姿に変身して皆様の前に姿をあらわされるのでしょうか?怖いもの見たさに今からワクワク・ドキドキしております。お笑いの大元「亀吉さん」が残念ながら欠席ですので、笑いのネタの中心は「TARA様」&「空りお~」さんの2大キャラクターしかおりません。期待通り、涙が溢れるくらいの50半ばの天真爛漫ぶりで皆様を楽しませて盛り上げて下さい。

PS:洋楽ロックコーナーを立ち上げ、毎週1970年前後の名曲を取りあげております。リクエストがあったら是非とリクエストして下さいね~!
Commented by rollingwest at 2011-08-18 06:14
ひつじ雲様、なだらかな登り・開けた眺望・花の豊富さという点で伊吹山に似ているかもしれませんね。大日ケ岳はスキー場から登るので、交通の便はそんなに悪くはないと思います。名古屋駅から、JR東海や名鉄のバス運行があようなので、是非とも一度訪れて見て下さい。
Commented by rollingwest at 2011-08-18 06:19
kwc phot様、さすがいい視点で見てくれていますね。ガスの中の登山で眺望がきかなかったので、水にしたたる高山植物の姿を撮ることにパワーを注ぎながら登っておりました。
今度紹介する日高山脈「カムイエクウチカウシ山」は本当に高山植物の宝庫で大変感激しました。のちほどレポート入れますのでお楽しみに~!
Commented by rollingwest at 2011-08-18 06:27
そよかぜ様、このツアーを企画してくれる山好きの人は、観光会社に昔勤めていた人で、取引先だった会社のミニバスを仕立ててくれるのです。有志が10数人が集まれば1万円前後の会費でツアー採算が成り立つようなので、どのようなリクエストでもバス応じてくれるので非常に助かっています。登山口に早朝に登り、夕方の別の下山口でバスが待っていてくれるので非常に機動性があるのです。
Commented by ryo_1989 at 2011-08-19 22:28
吉田川、キレイですね♪
東京の神田川・荒川とは比較できないくらい、透き通っている!
Commented by rollingwest at 2011-08-20 07:34
ryo様、吉田川の川飛び込み写真からは、井上陽水の「少年時代」が流れてきそうです。夏もそろそろ終わりか~・・、猛暑が一服して過ごしやすくなりました。
Commented by しむけん at 2011-08-20 16:36 x
山内一豊の妻は、郡上八幡の出身かもしれなくて夫婦の銅像があるんだね。旦那の一豊は尾張岩倉の出身で名鉄犬山線の岩倉駅にはその旨大書してあります。
中身が詰まった弾丸ツアー、みなさんの体力が素晴らしい。
雨露に濡れた高山植物の写真がまたいい。
TARAさん、すれ違う全ての人が振り返る強烈なコスチューム、また楽しみにしています。もう前回開催から5年経つんだよね。早いよなーホントに。
RWさま、またまたの幹事大変にお疲れ様です。では当日現地にて!
Commented by namazu_5757 at 2011-08-20 17:02
弾丸ツアーバスをうまく使えば行動範囲がかなり大きくなりますね。
200名山でもこの山は初心者にも登れそうな感じでしょうか?
チャンスがあれば登って見たいと思いました。
帰りは湯の平温泉と郡上八幡。いいコースを教えていただきました。
Commented by shingo at 2011-08-20 19:23 x
郡上八幡は実にいいところですね~。これだけで十分うかがえます。こんなところに住めたらいいでしょうね。
きっと、住民の方々も街を誇りに思っていらっしゃるでしょう。

それにしても丸一日の弾丸ツアーは、濃いい時間でしたねえ~。この後また北海道に行ったわけね・・。
益々元気で何より!
Commented by rollingwest at 2011-08-21 06:45
しむけん様、そうなんですよ。Fツアーーのメンバーは60~65歳の方が中心ですが、体力・飲食パワー・好奇心・行動力が溢れている方ばかりでコチラが何とかついて行っている状態です。(苦笑)
GDM-OB会での再会を楽しみにしております。富士の樹海ガイドツアーで、我々とすれ違った他のお客さんが「とんぼメガネの妖怪」を発見して悲鳴を上げて逃げたらどうしましょう。TARA様と一緒に第3者から好奇心の目で見られたくないのですが・・・、致し方ありません。(笑) それではよろしくお願いいたします。
Commented by rollingwest at 2011-08-21 07:06
ナマズ様、大日ケ岳は往復4~5時間の行程ですので、お手軽なコースと思います。早朝登山開始すれば、スケジュール余裕は十分あります。是非ともお試しになって下さい。
Commented by rollingwest at 2011-08-21 07:22
楽shingo様、このような美しい自然・綺麗な水との共生・歴史の深い城や街並み・・、そして盆踊りを通じての地元の一体感が綿々と受け継がれている街・・、郡上八幡は日本の中でもそれらの魅力が凝縮された貴重なSPOTだと思います。
皆さん、我々は日本一魅力ある街で生まれ育ってきたんだと誇りを持っているのでしょうね。
Commented by arak_okano at 2011-08-21 21:02
アラックです。
山はまだ初夏の花のような?
お城大好きです、もっと再建して欲しいです。
川ガキ、元気よく飛び込んでいますね。
今回もいっぱいの報告、バグースです。
凄い旅の報告に、いつも一言ですいません。
Commented by 葛飾のォヤジ at 2011-08-21 21:10 x
振り返ると足元に雲海、いいですね!
子どもン時、母親から「雲の上では雨は下から振る」と教えられたが、いまだにその体験はしていない。。

・・・で、先輩も川に飛び込んだのですか?
Commented by Soul Mate at 2011-08-21 21:19 x
郡上八幡って「ぐじょうはちまん」って読むんじゃなあ。50年も生きとって初めて知ったあまりの無知ぶりが我ながら恥しい。山内千代はここの出身なん?おぬしの奥方も千代に負けず劣らずの「内助の功」ぶりじゃの。山行ったり、酒飲んどられるのも奥方のおかげじゃけん感謝せんといけんよ。。
Commented by rollingwest at 2011-08-22 06:05
アラック様、ダイビングに城郭にと幅広い趣味はさすがです。安土城の時にも一番鋭い反応でしたね!
川ガキですか?アハハ、ウマイ!素晴らしい表現です。河童の様な、地元の元気な川ガキ達も大人になれば「郡上八幡」の歴史・文化を守っていく頼もしい男たちに成長してことでしょう。
Commented by rollingwest at 2011-08-22 06:10
葛飾おやじ様、ご無沙汰いたしておりましたね~!久しぶりのコチラへのご来訪、嬉しいですね。おやじさんもこの厳しい夏に、郡上八幡と同じような元気な子供達の野球指導に力を尽くされ誠にお疲れ様です。やっと涼しくなって子供たちの熱中症の心配も少なくなりましたが、また残暑がぶり返すかもしれませんので十分お気をつけ下さい。
Commented by rollingwest at 2011-08-22 06:29

聖二殿、確かに・・、北海道・日高も含めて、自由にあちこちに行かせてくれるカミサンには感謝せんといかんの・・(苦笑) しかし財政の締め付けは厳しく、またも小遣い減らされてしもうた・・。うちの千代はホントにシッカリし過ぎて困るわ・・(再び苦笑)

<< <2011年8月5~8日>「カ... <2011年8月2日>謙信・信... >>