<2019年7月12~15日>北ア秘境名峰「黒部五郎岳」3泊4日テント旅:(前編)


c0119160_20242543.pngc0119160_20245719.jpgc0119160_20253205.jpgc0119160_20255577.png

c0119160_20265228.gif



★北アルプスで唯一登り残していた日本百名山「黒部五郎岳」に挑戦!


7月中旬、一足早い夏休みを取得して7月12~15日北アルプスの奥深き域に鎮座する「黒部五郎岳」(2840m)に登ってきました。日本200名山163座(うち百名山81座)を登頂しているRWにとっては唯一北アルプスで登り残していた百名山であり遠く深き憧れの山、ついに登頂実現しました。


   .....黒部源流域に雄大で男性的姿を見せる「黒部五郎岳」、日本で数少ない氷河地形をもつ...
c0119160_20331112.jpgc0119160_20334865.jpgc0119160_20341108.png
c0119160_20343816.jpg
c0119160_20400026.jpgc0119160_07045638.jpgc0119160_07052509.jpgc0119160_20410325.png
c0119160_20414620.gif


今回のパートナーは昨年北アルプス難関峰「霞沢岳」を一緒に登ったT架橋さん、今年もテントを担いで奥深い難関峰に2人で挑戦となります。新宿発の高速深夜バスの格安チケット(往復21千円)を早めに取得しており、台風や余程の豪雨でない限り必ず行くと決めていました。

                       <2018年8月>北アルプス名峰「霞沢岳」、2泊3日テント旅  

   .....毎日旅行・高速バス(新宿駅23:00発)に乗車、当日も一日中雨、梅雨が長い今年の7月....
c0119160_21002246.pngc0119160_05165021.pngc0119160_21004343.png
c0119160_21010413.jpg


今年7月は長雨・天候不安定が続いており、雨中の苦行山行は間違いなしと完全に諦めていました。しかし今回は予想外に天候に恵まれ絶景パノラマも随所に満喫!無敗連続記録30(24勝6引き分け)へ伸ばすことができました。今回4日間の長い縦走旅を前後編に分けてレポートしていきます。






★【1日目】:富山県・折立から登山開始!急坂を登り五光岩ベンチ(薬師岳の大展望)


新宿駅を出発した高速バスは富山折立に翌朝6:40到着、朝食(コンビニパン) ・パッキングを整えて7:30折立の薬師岳登山口を出発しました。荷物は23kgの重さになっており厳しそう!


  .....折立バス停で準備を整える登山客、久しぶりに3泊4日長い山旅が開始(朝はまだ雨)....
c0119160_05202824.gifc0119160_21092672.jpgc0119160_21095606.jpg
c0119160_21102814.jpg


   .....(左)薬師岳登山口からスタート (右) 歩き出すと十三重之塔の遭難慰霊碑が現れる....
c0119160_21245906.jpg
c0119160_21252200.jpg

薬師岳遭難慰霊碑「十三重之塔」(昭38豪雪で亡くなった愛知大・山岳部13人)に祈りを捧げて、緑が濃い道を歩いて行くとすぐに急坂が連続します。全体的に階段状で道幅は広く整備されており歩き易いルートですが、初日の2人のザックは背が高く実に重い!最初から苦戦


   ....巨木が次々に出現する新緑の急坂道、背の高い荷物は重く先が思いやられるなア....
c0119160_21290988.jpgc0119160_21293851.jpgc0119160_05233122.pngc0119160_21300028.jpg
c0119160_21303397.jpg

c0119160_21463809.jpgc0119160_21470606.jpgc0119160_21475725.jpgc0119160_21461315.png
c0119160_21473774.jpg


7月3連休を挟む今回日程(7/12~15)の天気予報は傘マーク、出発の朝も雨が降っていましたが、歩き出して1時間もすると急に晴れ渡ってきたではないか!何か期待がもてるぞ~!
c0119160_21145927.gifc0119160_21175093.gifc0119160_21141801.gif

   .....(上)予想外の天気!雨が止み青空が出現! (下)整備された道を爽快に進んでいく....
c0119160_22135661.jpgc0119160_22141656.jpg
c0119160_22143566.jpg
c0119160_22180737.jpgc0119160_05275077.pngc0119160_22190519.jpg
c0119160_22193659.jpg


1870展望台から絶景を満喫して歩きを進め11:50昼食。13:15五光岩ベンチに到着しました!薬師岳の西に「五光岩」と呼ばれる大きな岩山があり、巨岩を眺めるベンチある休憩場所なのでこの名前があります。薬師岳は11年ぶりの対面、いつ見ても雄大で懐深い名峰です!


   .....(上)五光岩ベンチでゆっくり寛ぐ (右)巨大な山塊、包容力たっぷりの「薬師岳」の雄姿....           
c0119160_22280189.jpg
c0119160_22282623.jpg
c0119160_22303753.jpg







★高山植物や有峰湖風景を楽しみながら太郎山(太郎平小屋)を目指す


   .....英気も十分整えて再び出発!稜線にある太郎平小屋を目指していく!あと1時間半....
c0119160_04493757.jpg
c0119160_04501586.jpg
c0119160_04540635.jpgc0119160_04580495.jpg
c0119160_04583745.jpg


徐々に高度を上げていくと背後には「有峰湖」が見えている!有峰ダム北陸電力の発電用ダムで1959年に工事完成しました。高さ140m重力式ダムで最大53万KWの電力を生み出す有峰湖は人造湖ですが、北アルプスを富山から目指す登山者にとって象徴的な存在です。


   .....黒部ダムと並び北アルプス水力発電を支えるダム人造湖「有峰湖」、雲が晴れて幻想的....
c0119160_05024711.jpg
c0119160_05032044.jpg
c0119160_05050085.jpg
c0119160_05054516.jpg


まさに高山植物の宝庫!イワカガミ・ヤマユリ・アオノツガザクラ・ゴゼンタチバナ・ニッコウキスゲ・チングルマ等の可愛い花々が目を癒してくれます。チングルマは花が枯れると稚児の風車にソックリなのでこの名前がありますが、咲き誇る現役花と枯れグルマが同時に見られて興味深かった~!


   .....連続する滝を左手に眺望!鮮やかな高山植物を数々満喫しながら木道を進む....
c0119160_05220687.jpgc0119160_05390638.jpgc0119160_05393898.jpg
c0119160_05402557.jpg
c0119160_05404867.jpg
c0119160_05560211.jpgc0119160_05563982.jpg
c0119160_05570579.jpg


太陽の光が降り注ぐ木道を進むとようやく遠方に太郎平小屋が見えてきました。初日は荷物が重いので歩くスピードはやはり亀のような進みでノロノロ状態。(苦戦) あともう少しだ~!


   .....緩やかながらロングトレイルは続く!絶景パノラマが苦労の登山に癒しを与えてもらった....
c0119160_06063138.jpg
c0119160_06095816.jpg
c0119160_06000046.jpg
c0119160_06002050.jpg
c0119160_06182572.jpg
c0119160_06184849.jpg







★「太郎平小屋」に到着!太郎平(薬師峠キャンプ場)に降りてテント1泊目


木道の遥か先にいよいよ赤い屋根の「太郎平小屋」が見えてきました!14:40に小屋到着し!一服休憩。この小屋は、折立登山口から5時間の場所に位置するので、北アルプスの奥深い山々(薬師岳・雲ノ平・黒部五郎岳)への縦走で重要な基地となっています。


   .....長い長い道のりを歩き「太郎平小屋」にようやく到着!結構疲れました~!....
c0119160_06253358.jpg
c0119160_06260539.jpg
c0119160_06261903.jpg
c0119160_06272344.jpg
c0119160_06312215.jpgc0119160_06315618.jpg
c0119160_06322462.jpg


窓口登山届を提出してテント場利用料1000円を支払い20分ほど下った太郎平の「薬師峠キャンプ場」に向かいます。ここで水を満タンに詰めビールロング缶を買い込み荷物の重さはピークに達しました。あとでキャンプ場でも水もビールも買えたことを知り愕然~、さらにドッと疲れが出ました!(苦笑)


   .....太郎平小屋の手続を終え「太郎平」(太郎山と薬師岳の間にある薬師峠)へと向かう....
c0119160_06591884.jpg
c0119160_06594740.jpg


太郎平小屋から薬師峠に下っていく広大草原の木道は、雰囲気あり実に爽快な風景!フル充填した水とロング缶ビールを積んだ荷物は今回最大の重さ(25kg)で苦行でしたが、20分歩き漸くキャンプ場に到着してテントの設営に励みます。夕方は雨が降り出してやや作業が難渋、夏の山って夕方は雨が降る確率は毎回高いんですよね~!


   .....太郎平へと下り「薬師峠キャンプ場」に到着!雨の中でテントを張って防寒対策を整える....
c0119160_07021483.jpgc0119160_07024594.jpg
c0119160_07030693.jpg


その後も雨が降り続いたので2人での戸外宴会は諦め各自テントに籠って個別にビール乾杯と食事に勤しみました。19:00就寝しましたが、疲れが相当蓄積して爆睡状態だったかもしれない・・。


   .....(上)ハイシーズン期はテント密集状態となるが今回は余裕 (下)初日の夜は更け行く....
c0119160_07173197.jpgc0119160_07185797.jpgc0119160_07233347.jpgc0119160_07244332.jpgc0119160_07250595.jpgc0119160_07175404.jpgc0119160_07255337.jpg
c0119160_07192304.jpg







★【2日目】:太郎平から出発、北ノ俣岳へ!


翌朝はもう雨は上がりホっとして起床。気づいたら4時半近く!3時半には目覚めるつもりでしたが寝坊してしまった・・!大急ぎでトイレ・食事・雨に濡れたテント撤収するも、当初出発の5時には間に合わず、5:45遅延出発となり黒部五郎岳ルート(太郎平小屋方面)に向かいます。


   .....(上)テントを撤収し2日目の行動開始 (右)太郎平を振り返り朝霧の中を登って行く....    
c0119160_08065411.jpg
c0119160_08071705.jpg
c0119160_08094014.jpg
c0119160_08103124.jpg


今日の計画は北ノ俣岳・赤木岳を経由して黒部五郎岳へ向かい、カール雪渓を降りて黒部五郎岳小舎テント場まで歩く行程です。太郎小屋から1~2時間歩くと雲が晴れて今日も青空が覗いてきた!針葉樹林やハイマツの広大景色と雲や霧のコントラストはまさに絵画の如し!


   .....広々とした抱擁力ある雄大な景色、北アルプスの奥深き山を歩く醍醐味はここにあり!....
c0119160_08124927.jpg
c0119160_08130702.jpg
c0119160_08153529.jpg
c0119160_08161116.jpg


美しい高山植物が咲き誇る木道を歩き進んで行くと巨大な雪渓が出現!ここで2人はポーズを決めながら写真の撮り合いなどでお戯れ・・、まだ余裕で歩いていた頃だったかもしれない。北ノ俣岳に到着したのは8時、頂上はガスに覆われており眺望は全く利きませんでした。


   ....(左)傘をピッケル代わりにポーズを決めるT架橋さん (右)北ノ俣岳頂上は霧の中....
c0119160_08194318.jpgc0119160_08202471.jpg
c0119160_08211959.jpg


北ノ俣岳から赤木岳経由で中俣乗越を目指しましたが、ここからが予想外に時間がかってしまいました。黒部五郎岳の肩稜線で昼食予定でしたが、相当手前の乗越周辺で11:45ランチ。地図コース表記は何かおかしいなあ・・と不信感が芽生え始めてきたのはこの辺りからです。
c0119160_05331664.jpg
c0119160_19384372.png

   ....「薬師岳」&「赤牛岳」(日本一遠い山)の巨大なる大迫力の山塊!絶景満喫の昼食時間....
c0119160_19375556.jpgc0119160_19395003.jpg
c0119160_19415822.jpg


10時頃になると再び快晴に!巨大な貫禄山容を誇る「薬師岳」「赤牛岳」の両雄が並び揃う絶景を目の前にしてランチとは何て贅沢な時間だろう!この2名峰は北アルプスの奥深い山であり滅多に眺望できるものではありません。雨を覚悟していた長期山行の初日・2日目は絶好天気でウキウキ気分!「薬師岳」「赤牛岳」を眺めていると10数年前に挑戦した北ア縦走が脳裏に蘇ってきました。






★北アルプスの奥深いエリア、過去2回の大縦走(2006-8):思い出レビュー(その1)


c0119160_19573775.jpgc0119160_19585065.gifc0119160_19591792.gifc0119160_19593985.jpg

北アルプス奥深き山を長期間にわたって縦走した経験は過去6回あります。1回目は大学2年の1977年(雲ノ平~裏銀座~槍・穂高縦走:5泊6日テント)、2回目は大学3年の1978年後立山連峰(白馬岳~唐松・五竜・鹿島槍:4泊5日テント)、3回目は大学4年の1979年(燕岳~表銀座~槍・穂高縦走~ジャンダルム:5泊6日テント)


   .....2006年裏銀座ルートから水晶岳~赤牛岳に挑戦した時の写真(4泊5日の大縦走)...
c0119160_20070707.jpgc0119160_20083950.jpg
c0119160_20074266.jpg
c0119160_20092449.jpg


4回目は社会人の1984年(針ノ木岳~平の渡・黒部湖~五色が原~立山・剱岳~室堂:山小屋4泊5日)、5回目は2006年(日本三大急登・ブナ立尾根~烏帽子岳~水晶・赤牛岳~双六岳:山小屋4泊5日)、6回目は2008年(薬師岳~高天原温泉~雲ノ平~三俣蓮華~新穂高温泉:山小屋4泊5日)


   .....裏銀座・野口五郎岳を経由し水晶小屋2泊、.水晶岳から赤牛岳への長い稜線(2006年)....
c0119160_20215272.jpg
c0119160_20221910.jpg

昭和時代(大学・社会人)の4回の山行写真は殆ど残っていませんが、2006年に縦走した水晶岳・赤牛岳の絶景パノラマを懐かしくレビューしてみましょう!水晶岳(2978m)自体も奥深い名峰ですが「赤牛岳」(2,864m)はさらにそこから長く伸びる稜線を歩かなければ到達できず「日本一遠い山」と呼ばれています。



.....赤茶色の砂礫(花崗岩風化)に覆われ、巨大な牛が寝そべったような「赤牛岳」 (2006年)....
c0119160_20300994.jpg
c0119160_20303074.jpg


「薬師岳」(2926m)は、2008年に高天原温泉(日本一遠い温泉)と雲ノ平(北ア天上の楽園)に挑戦した大縦走コースの思い出深い旅で最初に登頂した山。薬師もスケールが大きい山で相当苦労して登った記憶があります。山小屋泊だったとはいえ4泊5日縦走なんてもうできないね。


   .....(左)赤牛岳の背後に聳える立山連峰(2006) (右)雲ノ平から望む薬師岳(2008)....
c0119160_21355603.jpg
c0119160_21362923.jpg


   .....薬師岳山荘に泊まってついに「薬師岳頂上」に立つ!強烈な風に悩まされたな~(2008)....
c0119160_20333472.jpgc0119160_20340411.jpgc0119160_20344356.jpg
c0119160_20352931.jpg


                       <2008年>北アルプス「黒部源流」4泊5日の山旅(薬師岳)

次回の黒部五郎岳の後編でも、北アルプスの奥深い山々の過去レビュー写真(高天原温泉・雲ノ平、黒部川の水源である鷲羽岳や鷲羽池)が続々登場しますのでお楽しみに~!






★雪渓を登り、いよいよ黒部五郎岳へと向かう(後編へ続く)


さて再び記事を本編に戻しましょう!今度はいよいよ黒部五郎岳頂上を目指します。次々に現れる巨大な雪渓を登り上がると今度は水晶岳~裏銀座~鷲羽岳の大パノラマが目の前に広がりました!北アルプスの奥深い山の絶景体験はこれで一生で最後の機会だ!目によ~く焼き付けておこう!


   .....(左)次々と現れる雪渓コース (右)今年は春先に寒い時期が多かったので積雪が多い!....
c0119160_20442622.jpg
c0119160_20450427.jpg
c0119160_20470057.jpgc0119160_20472940.jpg
c0119160_20480833.jpg
   .....(左)最高の景色にバンザ~イ! (右) 水晶岳~裏銀座~鷲羽岳の大パノラマに感激!.... c0119160_20511491.jpg
c0119160_20514081.jpg


しかし楽しく高揚気分に酔いしれていたのはこの辺りまででした。ここから黒部五郎岳頂上~カール雪渓~黒部五郎小舎へのコースは地図の誤表記に騙されて大変辛い歩きとなったのです!苦難苦行(2日目は11時間、3日目は雨の中を10時間超) の本番が始まり始まり~


   .....(左)太郎平~黒部五郎岳~黒部小舎の道のり (右)いよいよ黒部五郎岳の頂上へ!....
c0119160_20534649.jpgc0119160_20541328.jpg
c0119160_20543416.jpg


後編記事は8月の終わりに掲載したいと思います。さて、長く続いた梅雨の季節もついに終わりを告げてついに梅雨明け宣言が出ました。皆様、楽しい夏休みを大いに楽しまれて下さい!


      折立から太郎平・薬師峠キャンプ場         黒部五郎岳 ドローン空撮
   


                                                     後編に続く

  by rollingwest | 2019-07-25 21:00 | Comments(198)

Commented by せいパパ at 2019-07-25 21:04 x
山の景色が変わっていく感じが
読んでて楽しかったです。
自分は障害があるので登山は厳しいので
こうして見せて頂けるのが楽しみです。
応援!
Commented by 恵那爺 at 2019-07-26 05:31 x
天候に恵まれたんですね~
ついている人はそういもんなんだろうか?
羨ましいです。
素晴らしい景色を堪能出来ましたね。
Commented by rollingwest at 2019-07-26 06:00
せいパパ様、今回は天気と山風景が目ま苦しく変わっていきましたので次回後編も変化変化の連続での臨場感レポートをお届けします。今回は36時間も歩きましたが、雨に濡れて重い荷物で苦労したとはいえ自分の体力・脚力がめっきり落ちていることをあらためて実感いたしました。
Commented by rollingwest at 2019-07-26 06:10
恵那爺様、今回は天気予報はずっと傘マークだったので4日間とも全て雨かも・・と覚悟を決めておりました。しかし現地に入ってみると1~2日目は予想外の晴れで大パノラマの思わぬ天恵に感激!3日は朝から夕方までずっと雨の中を11時間歩く苦行でしたが、黒部五郎岳の頂上に立った30分だけ奇跡的にガスが晴れ渡りこちらも本当にラッキーでした。おかげさまで無敗記録を30(24勝6引き分け)に伸ばすことができました! \(⌒∇⌒)/
Commented by 花ぐるま at 2019-07-26 08:56 x
凄いです!!
もう100名山を81座も登頂されたとは…
跡19座などへ行いっちゃらでしょう!

黒部五郎岳はいいお天気のようでしたね
こちら泊折りが血の碑だったでしょうか~
もう雪渓は無いのですね

推奨d家に以前登られた時には雪渓がいっぱいあったようですね
私も実はカムチャッカで雪渓がありましたが、もう雪もだいぶ柔らかくなっていたのでアイゼンは不要でしたが、何となくおっかなびっくりでした
後編も楽しみにしています
Commented by 片田舎動物病院 at 2019-07-26 08:59 x
お疲れ様でした。
近くまでお越しでしたね。

後編楽しみです。
Commented by 架け橋 at 2019-07-26 14:31 x
お疲れさまでした。ひいこら下ばかり見て登ってばかりだったので、眺望写真を再確認できるのは有り難いことです。それにしても、薬師や赤牛~鷲羽方面が見えたのに、黒部五郎岳だけは、スカっと見ることができませんでしたね。
Commented by tomiete3 at 2019-07-26 14:53
沢山の山の風景・・
 そこに一緒に登っているような迫力にさせられました。
Commented by 安人の日記 at 2019-07-26 17:23 x
ご無沙汰してました  横須賀と違ってネタ不足も・・取り合えず 花の写真を中心に!これからも宜しくお願い致します
Commented by Ryouko 57 at 2019-07-26 18:21 x

23kgを背負っての登山とは大変でしたね
やはり2泊となるとそんなに荷物が増えるんですね
大切な水はともかくお疲れ様用のビール🍺が余計に重さを増していたかもね😅
30連勝おめでとうございます
予報は全部雨だったのにサスガに晴れ男☀️ですね
雨雲も吹き飛ばすとは‼️
太郎平にテント⛺がたくさんでシーズンにはめちゃ混みだとか⁉️
夜はたくさんの星も見られるんでしょうね
ちょっとロマンチック😍ですね✌️
Commented by 西やん at 2019-07-26 20:10 x
テント泊の登山はやったことがありません。
こういう山歩きは憧れでした。
雄大な景色を拝見させてもらいます。

Commented by simon777_ at 2019-07-26 23:30 x
南の国からこんばんは☆

重厚な山岳走破、楽しまれたことだと。
山紀行を書かれるブロガーさんは過去登山の整理も上手にされていることが多いです。

梅雨明けと共に、日本に帰国ですが、
台風とお伴とは・・・
被害の無い事を願います。
Commented by siawasekun at 2019-07-27 02:39 x
おはようございます

素敵なショットと解説から様子、雰囲気などが伝わってきました。
とても珍しい色々なショット、見せていただき、siawase気分です。
ありがとうございました。

ブログ交流で、ちょっと得した気分、いいものですね。
Commented by 地理佐渡.. at 2019-07-27 06:44 x
おはようございます。

黒部五郎岳

初登頂。おめでとうございます。
良かったですねぇ。たどった道
から見る風景や、思い出の山の
風景。どれを見ましてもだから
山は楽しいのだと訴えてきます。

さて、現在柏崎ですかね。
今夜の天候が心配です。

Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 07:07 x
花ぐるま様、 今回で200名山が合計で164座(うち100名山が82座)登頂となりました。ちょうどおなじ数に並び、あと36座を並行して制覇していきたいと思っております。一年に3〜4座のペースなのであと10年、70才頃で満願達成かなと思っています。
Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 07:18 x
片田舎動物病院様、貴殿のお住い北陸富山からアプローチして北アルプスの百名山をようやく全て達成することができました。 後編は8月末の公開となりますのでお楽しみに〜!
Commented by kimishin at 2019-07-27 08:38 x
はじめまして、kimishinと申します。
いつも楽しく拝読させて頂いてます。
これからも楽しみにしています。
Commented by hirugao at 2019-07-27 09:33 x
黒部五郎岳に登られたのですね。
今はもう登山はとても…なので
見せていただいてうれしいです。
Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 10:46 x
T架橋様、大変お疲れさまでした。昨年に続いて貴殿と北アルプスの奥深い山を踏破できてよかったです。小生は3泊4日の黒部五郎岳往復でしたが、貴殿は4泊5日槍ヶ岳まで行かれたのですから大したものです。来年も楽しみにしております。
Commented by akira at 2019-07-27 13:39 x
6月梅雨の中良く山に行かれましたね!
黒部五郎岳縦走25kの荷物でテント拍とは驚きです
自分も以前お大阪から一人で夜行列車で富山に富山から列車とバスで折立登山口に
太郎平を目指しました、途中の高山植物は綺麗ですね!太郎小屋で泊まりあくる日は
黒部五郎岳を目指します途中のチングルマの群生にはビックリ黒部五郎小屋で泊まり
双六小屋を通り鏡平小屋で泊まり下山しました
懐かしい山旅楽しく拝見させて貰いました
Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 15:02 x
tomiete3様、北アルプスの奥深い山の風景を臨場感を持って擬似体験してもらえたと嬉しい限りです。レポートのしがいがありましたね〜!後編も是非お楽しみくださいませ。
Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 15:30 x
安人の日記様、こちらも北アルプスから帰り記事作成期間もあったので皆様には大変ご無沙汰しておりました。横須賀は海や島がありネタが豊富だったでしょうから、三郷はでは川風景の穴場発見がカギかもしれませんね。
Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 15:48 x
Ryouko 57様、今回は23kgを背負っての3泊登山でしたー❗️梅雨の真っ只中、無敗記録は確実に途絶えるものと覚悟しましたが、予想外の好天となり、 30に記録更新が出来てホッとしております。今回頑張れたのも5月に貴女とハードな米山登山で足腰が十分鍛えられていたからかなと思います。 北アルプスの夜はたくさんの星も見らますが、今回は夜は雨ばかりでしたネ〜
Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 16:11 x
西やん様、テント泊登山は大学時代から久しくブランクがありまいたが、10年前から新しいテントを購入して再開しました。今のテントは張りやすくて機能的、軽量化されており、いい時代になったものだと思います。北アルプスの雄大な景色を満喫してもらって嬉しい限りです。
Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 16:22 x
siawasekun 様、奥深い山の雰囲気などが伝わってきましたか。siawase気分になって頂きこちらもありがとうございました。
Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 16:41 x
地理佐渡様、黒部五郎岳 ようやく初登頂の夢が叶いました。当日は厳しかったですが、今見る風景は思い出深くおおいに山も癒されます。昨夜の柏崎花火は本当に素晴らしかったです。
Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 16:51 x
kimishin様、ようこそ初の御来訪を頂き御礼申し上げます。そして日頃からじっくり記事を読んで頂いていたとは嬉しかったですね〜‼️これからも貴殿のコメントを毎回楽しみにしております。それにしても昨夜の柏崎花火は本当に感動的でしたねー‼︎ 今夜のカラオケ大会も大いに盛り上がっていきましょう❗️
Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 18:10 x
simon様、南の国から北アルプスの絶景を堪能して頂き嬉しい限りです。貴殿の交流されている山紀行ブロガーさんも過去登山の整理も上手にされていますか?小生もそのお仲間に加えて頂きましたかね。今度、日本に帰国されるのですね。明日にはもう青空で梅雨明け宣言になっていると予想されます。
Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 18:17 x
hirugao 様、黒部五郎岳は小生にとっても北アルプス最後の百名山だったので感慨深く4日を過ごしました。まさか36時間歩くとは思いませんでした。こんな長い縦走旅はこれで人生最後でしょうねー。
Commented by ローリングウエスト at 2019-07-27 18:27 x
akira 様、梅雨の中の長い縦走旅でしたが、7月中旬でした。昨年は猛暑日が続いていたのに今年は肌寒い長雨が続きましたね。貴殿もかつては一人で夜行列車で富山に富山から列車とバスで折立登山口にから太郎平に泊まられたのですね。黒部五郎小屋で泊まり 双六小屋を通り鏡平小屋まででしたか!相当な長い山旅でしたね。昔は夜行列車で行くのが当たり前でしたが今は高速夜行バスですから便利な時代になったものです。
Commented by てくっぺ at 2019-07-27 19:52 x
こんばんはです。^±^ノ

ああ、黒部五郎岳に登られたのですか。
すごいですね。^±^ノ
こちら、もう、登れません。x±x
山はもう無理っぽいです。
なので、ローリングウエストさんのブログで楽しんでます。^±^ノ
Commented by FirstMESA at 2019-07-27 23:41 x
RWさん、こんばんは(^^)
行かれている週は、天候不順が続いていたため、山の方はどうなることやらと心配していましたが、さほど崩れた様子ではなく、青空も見えたとのことで安心しました。
後半も楽しみに待ってます!
Commented by sikisai04 at 2019-07-28 07:56
黒部五郎に登って来られましたか。
新穂高ー双六経由でも折立ー北ノ俣経由でもいずれもアプローチが長く簡単に登れる山ではないですが良くぞ!です。
長引いた今年の梅雨時の登山、少しでも晴れて良かったですね。

今夏、私は乗鞍で仕事をしていますが悪天候続きです。
やはり日頃の行いが出ますね。
Commented by hase at 2019-07-28 09:34 x
おはようございます。
昨日は台風接近中でしたが雨もそんなに降らずに終わり良かったです。
黒部あたり良い景色が広がっていますね。
私も1度は行きたい場所ですがテントとかでは無理です・・・・。
それにしても天気に恵まれて良かったですね。
良い景色やお花たちありがとうございます。
Commented by yokuya2006 at 2019-07-28 14:25
うへー、地図の誤表記なんてアリですかぁ。
生還おめでとうございます。
後編を読むのが、楽しみなような、怖いような、、、
しかし、貴殿はタフですねぇ。大したものです。
Commented by シクラメン at 2019-07-28 15:33 x
こんにちわ。いいお仲間があって良かったですね。天候にも
恵まれて良かったですね。私も大体晴れ女で今回は駄目であろうと思っていても一度も傘をささずに終わったことが幾度もあります。その時は自然の神様に感謝します。黒部五郎岳良かったですね。
Commented by 夏海 at 2019-07-28 18:07 x
登頂、おめでとうございます。
記事を拝見していると、そこを歩いているような気になりました。23kgを背負うのは大変そうですが・・f^^
それにしても自然はすばらしいですね。
花が咲いているかと思えば、雪もあり。
星もきれいなんでしょうね。いつか行った弥彦で見た星ですらキレイでしたから。

Commented by Soul Mate at 2019-07-28 19:03 x
ギョえええええっ~!これはまさしく苦行じゃの。身体をイジメぬいて精神の高みを目指すおぬしが一日も早く「真理」を得て「涅槃」の境地に達することを祈る。朝一の重労働は血管事故が起こりやすいみたいじゃけん気をつけんさいよ。竹島を60年以上不法占拠しとって「ホワイト国」とか笑わせるわ。。。
Commented by opaphoto at 2019-07-28 19:43
こんばんは。
天気が心配でしたが大丈夫だったみたいでなによりです。しかしその重量背負っての山行。
タフですね!素晴らしい(^ ^)
Commented by YAKUMA at 2019-07-28 22:49 x
7月は雨が多かったですが、良かったですね。
高山植物は魅力的です。私も行ってみたいですが、本格的な登山はしたことがありません。
Commented by ミコちゃん at 2019-07-28 23:33 x
こんばんは^^
いつもありがとうございます
100名山の中でも奥深い黒部五郎岳を踏破され
おめでとうございます💛本当に良かったですね~
にしても~23キロにもなる荷を背負って~~
ご立派でお若いです!(👏)

Commented by rollingwest at 2019-07-29 06:00
てくっぺ様、貴殿も登山家で黒部五郎岳をよくご存じのだったのですね!小生もこんな長丁場の北アルプス縦走はもう最後かなあ・・と思っています。後編もヘトヘトでしたが厳しい山行を一緒に体験して頂ければと思います。^±^ノ
Commented by rollingwest at 2019-07-29 06:07
FirstMESA様、今回は台風や豪雨でない限り雨天決行の覚悟で出発しました。当日も雨で梅雨明けはまだまだ遠い7月中旬だったので展望は全く効かないものと完全に諦めていましたが、これだけの大パノラマに恵まれて天の神様に感謝感謝でした!後半は雨の中の苦行登山からのレポート再開です。
Commented by rollingwest at 2019-07-29 06:13
sikisai04様、黒部五郎の奥深さをよくご存じのコメント、登山に精通されていることがよくわかります!一緒に同行した方は小生と黒部五郎小舎で別れて三俣蓮華から槍ヶ岳経由で上高地に下りた二ですから大したものです。乗鞍でお仕事でしたか!今回中部エリアの台風来襲の影響は相当あったようですがようやく梅雨明けとなりましたね。長かった~!
Commented by rollingwest at 2019-07-29 06:20
hase様、静岡から富山はなかなか行きにくいですが高速道路もだいぶ便利になりましたし、黒部五郎岳は百名山なので是非とも一度挑戦してみて下さい!この奥深き名峰は、山小屋泊まりでも結構長丁場の歩きですよ! 十分な脚力を鍛えてから登ってみて下さい。
Commented by rollingwest at 2019-07-29 06:27
yokuya2006様、山岳地図で有名なS文社がこんなにも誤った表記をしているとは思いませんでした。自分の体験や他ブログの行程時間を確認をしてみて、確実に地図表記は本来より2~3時間少ないコース記載になっていると確信しました。2日目は12時間・3日は11時間歩きましたが、本来の標準コースは8時間半くらいだと思います。しかしS文社地図の表記は5時間半、これに騙されて痛い目に遭っている方々が相当多くいるんだろうな~と思いました。
Commented by rollingwest at 2019-07-29 06:33
シクラメン様、今回のような厳しい縦走、軽いハイキングなど色々なバリエーションで山仲間をもっていることは実に幸せレと思っています。貴女も晴れ女様でございましたか!天の神様に感謝感謝、今回もお礼祈願をさせてもらっています。
Commented by rollingwest at 2019-07-29 06:42
夏海様、雨中で23kgを背負って連日11~12時間を歩くなんて思いもしておらず後編は苦行レポートです。この時期の高山植物はまさに最高の季節ですね!GWは弥彦を見ながら米山の高山植物を満喫しました。
Commented by rollingwest at 2019-07-29 06:49
聖二殿、何事も修行・苦行、懺悔懺悔六根清浄~の心境じゃったよ。「真理」を得て「涅槃」の境地に達するのはあまりにも凡夫ではあるが頑張って精神修行をするよ!かの国もローマ法皇に指摘されたとおり「人間として生まれ変わる必要」があるなあ・・。まあそれを自覚していない身勝手さと自分よがり、とても悟りには程遠きことよ・・。
Commented by rollingwest at 2019-07-29 07:01
ろーりんぐopaphoto様、北アルプスに出かけていたとき天気を心配してくださっていたのですね。自分自身も毎日雨かと殆ど諦めていましたが予想もしなかった絶景に恵まれるとは思いもしませんでした。でも、こんな荷物を背負っての長旅縦走は今回で人生最後にしたいです。(苦笑)
Commented by rollingwest at 2019-07-29 07:08
YAKUMA様、本当に今年の梅雨は丸々1ケ月に渡って雨が降り続きましたね。でもこの週末から待ちに待った梅雨明けで本格的な真夏の到来~!本格的な登山をしたことがなくても高山植物を見られる山は全国に沢山ありますよ。ロープウェイや頂上近くまで行ける乗鞍岳・伊吹山などは花で有名な山です。結構お手軽に行けますよ。
Commented by rollingwest at 2019-07-29 07:15
ミコちゃん様、日本百名山・200名山も今回で各82座ずつの達成となり、今後は難関峰は残り少なくなってきています。若いうちにこなしておかないと年寄りになってからだとキツイですからね~!もう23キロにもなる荷を背負って長期縦走するのはこれで最後かな・・と思っています。
Commented by さんぽみち at 2019-07-29 07:55 x
こんにちは。
雨の中を・・・とのつもりで出かけたはずが、天気に恵まれましたね。
各地で梅雨明けが進み、週間予報もお日様マークばかり。
これからは、標高の高い山でないとばてばてになるでしょう。
が、私も久々にハイキング程度に歩いてみたくなりました。
Commented by ひろし曽爺1840 at 2019-07-29 07:57 x
◇(^_-)-☆ローリングウエストさん、お早うございま~す!
蒸し暑い日が続きますがお互いに水分補給をしっかりとして夏を元気に乗りきりましょ~!

@(´・ω・`)@北アルプス3泊4日の旅前編にご招待有難う御座います。
初めての所を写真や解説またYoutubeで楽しい一時を過ごさせて頂きました✌✌
後編も楽しみにしております。
★悠々日々ブログFaceBookに➡「✔いいね!」OKで~す!

:(´・ω・`):今朝のMyBlogへのお誘い<👇>
・雨の日が続き撮影に出かけられない時に有名な詩集や短歌集の中より好きな句を選び写真とコラボさせYoutubeに編集アップしたのでご覧くださ~い!
ご覧頂いた感想コメントも楽しみにお待ちしていますネ。
🔷7月最後の週も暑さにめげずに頑張りましょ~!それだはまた・!👋👋
Commented by fukurou at 2019-07-29 08:07 x
おはようございます。
30㎏近い荷物を担いでテント泊。
高校生大学時代にしか経験ありません。
ましてや北アルプスの一番奥深い黒部五郎岳への山行、素晴らしいの一言です。
ブログを読みながら田中陽気さんの日本3百名山ひと筆書きで今頑張っておられる姿を思い出しました。
梅雨明けしていないアルプス、何とか天候に恵まれたことが何よりですね。
Commented by yuta at 2019-07-29 08:08 x
おはようございます
お疲れ様でした。
天気にも割合恵まれたようですね。
私は学生時代に白馬の雪渓を登ったくらいです。
Commented by koyuko at 2019-07-29 14:05 x
重量感のある大きなリックを背負いテントに泊まる。本格的ですね。
素晴らしい風景と高山植物 良いお天気に恵まれて最高でしたね。
Commented by しむけん at 2019-07-29 21:07 x
おーっ、黒部五郎岳でしたか!何と晴れるとは!なかなかの日頃の行いの良さかな⁇25㎏とは恐れ入りました。後半を楽しみにしています。
Commented by K藤仁 at 2019-07-29 21:15 x
無敗記録はわたしと回数、晴れか曇りの勝率は同じですね。
わたしも最近の三年間、自分が企画して実行した登山⛰は、22勝4引き分けです。26連勝(^^)です。
Commented by matsu at 2019-07-29 22:18 x
まずは、RWさんが、北アルプスの日本百名山の中で唯一未踏だった奥深い難関峰である黒部五郎岳の登頂そして無事な御帰還おめでとうございます。梅雨の真っ只中で、天候が思わしくない中、還暦越えの身ながら、25㎏近い荷物を背負ってのテント山行とは、小生なら思いもつかないことで、その大胆な計画と時間がかかったとはいえ、結果的に事故なく完遂したこと、奇跡的に登頂時に天候が回復して絶景を堪能できたこと等貴殿の並外れた体力と運の強さには感服せざるを得ません。ひよっとしたら同行していたかもしれない小生も、貴殿らが登山している時に、地図を見ながら、自分ならどのようなコース、装備で登っていたか仮想登山を楽しんでいました。来月の同行者T氏も交えての、反省会〈ただの飲み会?〉での検証、分析、意見交換を楽しみにしています。
Commented by OH塚 at 2019-07-29 22:21 x
素晴らしい🤗
梅雨時でも好天に恵まれる、これぞノー天気男、RWの真髄発揮‼️
Commented by 星船 at 2019-07-29 23:10 x
こんばんは。
北アルプス最深部「野口五郎岳」ですか!テント泊3泊4日とはまた凄い。私は最近はテントは重くなるので、やっぱり行くとしてももっぱら小屋泊まりです。「野口五郎岳」は行ったことないんですよ。なかなか行程が長くなって大変じゃないかって思っていました。でも天気が良くって良かったですね。
私も先週、1泊2日小屋泊まりでお恥ずかしいですが、南アルプス千枚岳・荒川三山にピストンで行ってきました。
たまたま両日とも午前中は晴れて素晴らしいご来光など見るとこができました。
Commented by 小石ペガサス at 2019-07-30 05:10 x
素晴らしい自然に囲まれて、澄んだ空気を吸って、健脚益々強靭になって、100才長寿間違いなし‼️👍すばらしいわ!
Commented by rollingwest at 2019-07-30 06:02
さんぽみち様、昨年7月は朝日連峰を1泊2日(山小屋泊り)で縦走しましたが、猛暑続きの毎日で完全にバテてしまいました。今回3泊4日でテントを担ぎ36時間歩いての苦行でしたが、もし昨年夏のような猛暑炎天下の中だったら歩けていなかったかもしれません。今回は3日目以降が雨の中で苦労もしましたが、気温はむしろ低めだったのである意味で長い山旅歩きを頑張れました。基本的に猛暑の中で縦走するのは昨年で完全に懲りました。真夏の登山は危険になっているのでこれからは避ける傾向ですね。
Commented by rollingwest at 2019-07-30 06:08
ひろし曽爺1840様、この週末から一挙に猛暑となってしまいましたね~!この蒸し暑さは本当に耐えがたいですが、やはり7月下旬からはこんなに天候にならいなと夏休み気分が盛り上がりませんね。今回の夏休みは北アルプス3泊4日の旅という大イベントを早めに達成することができたので、8月はクーラーの効いた部屋でおとなしく過ごしていようと思います。アウトドアは秋風が吹き始めた頃からの再スタートかな。猛暑の夏は家にこもって、日頃処理できないお手元ネタ写真や記事編集する時間に充てることがいいですね!
Commented by rollingwest at 2019-07-30 06:15
木曽fukurou様、30㎏近い荷物を担いで3泊以上のテント旅は大学時代の数回(北アルプス)しか経験ありません。北アルプスの一番奥深い山々へは50歳過ぎてから4泊5日の長い縦走を2回経験しましたが、いずれも山小屋泊りでしたのでテント縦走はやはり堪えますね~!黒部五郎岳縦走は山小屋泊まりでもよかったのですが、宿泊費節約と体力トライアル(還暦を過ぎて自分がどれだけ重い荷物で歩けるのだろう?)もありました。自分の体力が落ちていることを年々実感しており、今後は無理せずに200名山達成に向けて残り36座を安全にゆっくりと登っていきたいと思います。
Commented by rollingwest at 2019-07-30 06:25
yuta様、今回の北アルプス縦走旅は本当に疲れましたね~!貴殿も学生時代に白馬雪渓を登っておられたのですね!大学時代にこの雪渓を登り、北アルプス後立山連峰を縦走したことが懐かしき思い出です。もうあれから40年以上が経ってしまったのか~!時の経つのは早いものですね・・!
Commented by rollingwest at 2019-07-30 06:32
Koyuko様、久しぶりに20KGを越える重いザックを担いで長距離縦走でした。休憩後に再出発する時、「せーの!」と踏ん張ってザックを一挙に肩に担ぎあげましたが毎回難儀だったな~!最初の2日間は良い天気に恵まれて素晴らしい風景と高山植物を満喫しましたが、次回レポート後編からが地獄の始まり始まり・・。2日目はトータル12時間、3日目は雨の中を11時間となってしまいました。まさに「行きは良いヨい、帰りは怖い~」・・、でも最終日は気楽に下山して高速バスが温泉に1時間半も寄ってくれたので極楽気分のフィナーレとなりました。
Commented by rollingwest at 2019-07-30 06:44
しむけん様、憧れの北アルプスの百名山「黒部五郎岳」をようやく制覇することができました。30㎏近い重い荷物を背負った長期山行は大学2年でGDMメンバーで登った5泊6日ロング縦走(折立~雲ノ平~裏銀座~槍ケ岳~大キレット~北穂高~上高地)以来でした。あの頃は重い布テント・炊事器具・燃料・食料を肩に食い込むキスリングでよくも歩いたもんだなあと感慨深いものがあります。
Commented by rollingwest at 2019-07-30 06:51
K藤仁様、貴殿も晴れ男でしたか!無敗記録の回数はこれから追いついて来られると思いますが、晴れの勝率は85%とは驚異的!小生の80%を上回っていますね。天気男としてツキが連続しているのは、日頃から天に神に感謝している賜物ではないかとお互いに勝手に自己満足いたしましょう!(笑)
Commented by rollingwest at 2019-07-30 06:59
マツ殿、黒部五郎岳は完全に昭文社の地図に騙されて予想もしない11時間以上の歩きが2日連続となりドッと疲れました。3日目一日中雨でしたが気温が低かったため、ある意味何とか耐えて歩き切ることができました。昨年、貴殿と一緒に登った朝日連峰のような猛暑日だったら完全にバテていましたね。この詳細なお話は来月のマルカミ反省会にてお話しさせて頂きます。
Commented by rollingwest at 2019-07-30 07:06
OH塚様、エロ究極の大先輩からノー天気男とお褒め言葉を頂けるとはありがたき幸せ!ますますお互いの恥部を抉り合いながら楽しき人生を送ってまいりましょう!(笑)
Commented by rollingwest at 2019-07-30 07:15
星船様、今回小生が登ったのは「野口五郎岳」ではなく「黒部五郎岳」の方ですよ~!北アルプスの奥深い山には「五郎」と名の付く山が二つあり、野口さんの方は2006年に裏銀座ルート縦走の際に登りました。この時に登った赤牛岳(日本一遠い山)と水晶岳の素晴らしき思い出写真と合わせて今回記事に公開しております。貴殿も南アルプス千枚岳・荒川三山にピストンとは結構凄い山に挑戦しているんですね~!小生もこの山から見たご来光の素晴らしさは一生思い出に残っています。
Commented by rollingwest at 2019-07-30 07:23
小石ペガサス様、日本200名山は70歳前後で達成するつもりですが100才になっても元気に旅やハイキングができていれば、こんな幸せなことはないですね~。やはり歩くことやストレスを溜めないことが長寿の秘訣ですね!
Commented by imno1 at 2019-07-30 11:05 x
先ずはご無事でお帰りで良かったデス^^v
ずっとおかしな天気が続いていたので大丈夫かなぁ、って心配してました…
前半はお天気もまぁまぁだったようで

しっかし…地図の誤表記なんてちょっと許せなくないですか~^^;;

後半の記事、愉しみにしてますね
Commented by ちびた at 2019-07-30 13:17 x
苦しい思いをして登った先で見る絶景が山登りの醍醐味ですね。素晴らしい景色に疲れも癒やされたことでしょう。
しかし23Kgは重いなぁ・・・(笑)
Commented by ココア at 2019-07-30 17:34 x
お天気も回復したようでよかったですね。
山には登らないので、このような絶景は
めったに見ることができません。
こちらで、楽しませて頂きます。
Commented by みすてぃ at 2019-07-30 18:08 x
こんばんはー
一足早い夏休みで、北アルプスへテントを担がれて
新宿発の高速深夜バスの旅ですか~
7月は天候が悪かったのですが、急に晴れ渡って
来たのですね(ラッキーです)
山々も黒部ダムも大きくて、高山植物の
宝庫でもあって、魅力です。
それに巨大な雪渓も出現してさすがに
山で、吸い込む空気も違うのでしょうネ。
お疲れ様です。
Commented by OH塚 at 2019-07-30 19:49 x
あの大キレットでキスリングのサイドが引っかかり危うく転落しかかった記憶が鮮明に蘇った。貧乏学生にとってはアタックザックなんて高嶺の花だったもんね⛰
Commented by K藤仁 at 2019-07-30 19:55 x
30キロ弱のザックを背負えるのは凄いです。昔平塚K高校山岳部2年生時にリーダーで10人パーティーで裏銀座縦走しました。(^^)
となりに松本深志高校のテント🏕があり、お話したのを思い出しました。
アルプス三大急登ブナ立尾根から烏帽子、野口五郎岳、双六、裏銀座、西鎌尾根〜槍ヶ岳⛰槍沢を5泊6日
黄色い帆布のキスリング、水5リットルポリタンク、スウェーデン🇸🇪製ラジウス、鍋、食料、全て背負っていた頃、男子2年生30キロ、一年生28キロ、女子20キロと決めて山に計りハカリを持参し全てのメンバーの装備配分を毎日公平に配慮していた昭和のオールドディの時代を思い出しました。笑(^^)
Commented by ちかこ at 2019-07-30 20:04 x
素晴らしい、景色と体力、いつもトレーニングしているのですか?私は、来週滝ツアーに参加予定で、登山靴を買いました😱
Commented by しむけん at 2019-07-30 20:28 x
私も、大キレットでキスリングのサイドが引っかかり、すんでのところで落ちそうになりました!
今考えると、本当に命がけでしたね。
Commented by 星船 at 2019-07-30 22:22 x
大変失礼をいたしました(-_-;)
「黒部五郎岳」でしたか。
雲ノ平周辺には一回行ってみたいとは思っているのですが、やっぱり3泊4日は必要ですよね。いまのところなかなかゆっくり休みが取れないのですが、いつかは行ってみたいと思っています。
Commented by rollingwest at 2019-07-31 06:00
Imno様、小生が縦走に出かけている間にずっと天気を心配して下さっていたのですね!感謝・感謝!出かける前はずっと傘マーク予報でしたので4日間雨・霧の中を歩く覚悟をしておりましたが、1~2日目は予想もしない好天に恵まれてラッキーでした。さすがに3日目は雨にやられました。地図表記では黒部五郎小舎から太郎平小屋まで5~6時間になっていたのに11時間もかかったのです。雨に濡れた重い荷物でへばりながら登ったので2時間以上の遅れは納得ですが、「何故こんなに違うのか?」とあとで他ブログの方の記事を見るとやはり8~9時間はかかっているようです。早出したので16時に何とか到着しましたが、17時を過ぎたり途中で雷雨になっていたらどうなっていたんだろう?と憤りの気持ちですね~。多くの登山者がこの誤表記で痛い目に遭っているのではないでしょうか。
Commented by rollingwest at 2019-07-31 06:07
ちびた様、23Kgの荷物を担いで4日間の長丁場は本当にきつかったですね~。でも日を重ねるごとに食料が消化されていくのでだんだん軽くなりザックの重さは最後に20kgは下回ったと思います。苦しい思いをして登った絶景、最後に疲れを癒して温泉(高速バスが帰路で寄ってくれるコース設定)で飲んだビールで全ては報われました!
Commented by rollingwest at 2019-07-31 06:15
ココア様、山には登らない方は北アルプスの奥深い山々の絶景は実際に自分の目で見る経験ができないと思いますのでRWがデジタル同行登山ガイドで詳細にご案内申し上げます。次回は日本で数少ない氷河風景をお届けしたいと思っています。お楽しみに~!
Commented by rollingwest at 2019-07-31 06:23
みすてぃむーん様、そうなんですよ!7月は毎日毎日雨が降り、天候が悪かったので今回の縦走旅でパノラマ絶景は見られないだろうと殆ど諦めていました。しかし予想外の快晴、3日目は一日中雨でしたが黒部五郎岳の」頂上に登った30分だけが晴れてくれました。今年は春先に寒い日が続いていたので巨大な雪渓はが次々と出現して絶景を満喫しました。
Commented by rollingwest at 2019-07-31 06:30
再びOH塚様、初めて登頂した槍ケ岳、そして北穂高に向かう大キレット、本当に怖かったですね~!大学時代に体験したあの思い出は今も強烈に脳裏に焼き付いています。キスリングのサイドが引っかかって転落事故って十分あり得ましたね。高嶺の花アタックザックはラインホルト・メスナーとか憧れでした。 今回の山行で担いだザックは30数年愛用している赤いショイナードザックです。
Commented by rollingwest at 2019-07-31 06:40
K藤仁様、30キロ弱のザックではなく20kg強でございます。大学時代は30kgのキスリングをよく背負ったもんだなと思います。帆布テント(黄土色)・スウェーデン製コンロ(ラジウス)・灯油と水のポリタンク・コッヘル、インスタントラーメンや野菜を詰めた食料段ボール、分厚いセーター・・、今の軽量化・機能化時代に進化した山装備からすれば本当に非効率的なアナログ装備でしたね。こりゃ~、重くなるわけだ・・!
Commented by リョースケ at 2019-07-31 06:44 x
長引いた梅雨時期に、30キロ近く担いでの北ア(黒部五郎)テン泊縦走、無事のご生還おめでとう。
さすがRWさんアブやねぇ!チープ&ハード・ストイックな山行は旅の会GDMの王道ですな!
一言で感想を言えば「うぅーん、マンダム!」(CMソングが懐かしいなぁ)
OH塚先輩のご指摘の通り、NO天気の双璧である私も白山登山では梅雨にも拘らず、晴れたとよ。S文社の話も含めて後半、楽しみにしとーけんね!
Commented by rollingwest at 2019-07-31 06:48
ちかこ様、滝ツアーですか!今度渓流登山に目覚められたのですね!北海道時代に貴女と一緒に登ったトムラウシや利尻富士などの思い出が鮮やかに蘇ってきました。あの日から30数年後、フェイスブックでお互いの登山レポートを相互に楽しみ合っているなんて想像もできませんでしたね。
Commented by rollingwest at 2019-07-31 06:56
しむけん様、貴殿との北アルプス大縦走は(表銀座~槍ヶ岳~大キレット~穂高~ジャンダルム~上高地)でしたね~!今から思えばよくあれだけ歩いたもんだと思います。横幅の広いキスリングで大キレットやジャンダルム、西穂高ガレ稜線を歩いて行く危険性、今考えると、本当にぞっとするような体験の連続でした。
Commented by rollingwest at 2019-07-31 07:04
星船様、北アルプスの最深部は、黒部五郎岳以外では、雲ノ平・高天原温泉、裏銀座(野口五郎・水晶)からの赤牛、三俣蓮華~槍ヶ岳は一度体験してみるべきと思います。これらを縦走するには3泊4日から4泊5日は必要となります。高齢になってからいくのはキツイのでここ数年で是非挑戦してみて下さい。
Commented by rollingwest at 2019-07-31 07:21
リョースケ様、GDMの臭い(荷負いかも・・)を嗅ぎつけてご来訪頂きありがとうございます。「ハード・ストイック」とはよきお言葉ですが、チープの方は「エコノミー(経済的)」という表現を使ってほしいもんですな~。でも実にリッチな気分でした。北アルプス最後の百名山達成、奥深き山々の大パノラマを満喫、最後は温泉に入って疲れを癒した充実感だったからね~!!貴殿も高山植物の宝庫「白山」を快晴のもと無事登山できましたか!やはりOH塚先輩のご指摘の通り、GDMのNO天気コンビは一点おの曇りなき明るいコンビだね~!後半記事をチミがワクワクしている姿が目に浮かびます。「S文社地図・騙され事件」とか言ってまたやたらに話を盛って次回の福岡大会のネタにしようと噴き出している姿が・・(苦笑)
Commented by たいへー at 2019-07-31 08:47 x
お久しぶりです。 ようやくブログ再開できます。またよろしくお願いいたします。
Commented by souu-4 at 2019-07-31 17:04
夏は山!明日から8月。山の日が待っています。
えェ私の誕生日の日でもあるのです。
黒部!雪渓!良いなぁ!!若くはならないからチャンスは
逃さないようにしないとダメですね。
Commented by Beat Wolf at 2019-07-31 20:58 x
北アルプスですか、名前だけでも涼しそうです。
でも3000m近いということは、上は寒いくらいでしょう。
今年は長雨が続き、地盤は大丈夫でしたか?
少し日がずれたら全く別の姿を見せてくれるのでしょうね。
だから山登りは何度やっても飽きないのでしょう。(笑)
Commented by rollingwest at 2019-08-01 06:00
たいへー様、夏の提灯づくりはついにピークを越えほぼ完了状態となりましたか!大変お疲れ様でした。いよいよ真夏の暑さ本番!夏祭りで貴殿の作品が沢山飾られ、これを見ながら酌み交わす酒、ゆっくり音楽を聴く時間はまさに至宝のご褒美ですね。次回はウッドストックコンサート50周年記事を掲載しますのでまた遊びに来られてください。
Commented by rollingwest at 2019-08-01 06:07
たまゆらsouu様、いよいよ今日から8月ですね~!長い梅雨が続き真夏が恋しかったですが、この猛暑が実際に来るとややげんなりですね~。山の日が貴女の誕生日でございましたか!最近は8月は猛暑・台風・豪雨のリスクが高まっているのでこの時期は家でおとなしくしているRWでございました~!黒部の山奥は体が丈夫なうちにチャレンジをお勧めします。
Commented by rollingwest at 2019-08-01 06:14
Beat Wolf様、20kg以上の重荷を背負い4日間で36時間を歩くハードな山旅でしたが、北アルプス最後の百名山達成では必ず通らなければならない道、まだ若いうちにとテント泊でチャレンジしてみました。4日間は気温が上がらず雨にも降られましたが、猛暑が苦手なRWにとっては気温的にはちょうどいい涼しさで助かりました。これだけ苦労して下山した後に浸かった温泉・ビールは本当に極楽のような幸福感でした。
Commented by small-talk at 2019-08-01 06:49
薬師、黒部五郎素晴らしいコースですよね。
若い時分、なんどか登りました。
黒部五郎のあのカールは、桃源郷みたいですよね。
Commented by rollingwest at 2019-08-01 07:04
ひつじ雲様、黒部五郎岳のカールに下りてみて日本にこんな絶景もあるんだなあ・・としばし見とれてしまいました。まさに桃源郷の名にふさわしいですね。しかしその後、黒部五郎小舎に向かう道のりが長かったこと・・、12時間歩いてヘトヘトになってテント場に到着でした。
Commented by takezii at 2019-08-01 08:30 x
いつも 爺さんの拙劣ブログにコメントいただき有難うございます。
黒部五郎岳、やりましたね。
梅雨明けが遅れ 台風の影響も有り 果たしてどんなだったかなと 心配していましたが 意外や意外 天候に恵まれ またまた素晴らしい山行だったようで 良かったですね。
晴れ男、ついている人は どこまでもついてる、山の天気は 良くも悪くも 分らないものですね。
黒部源流、黒部五郎岳、雲ノ平、水晶岳等 北アルプス最奥部は、ずっと憧れていながら 何回か計画しましたが 結局 長期日程の問題、体力問題で 諦めてしまった山域、
特に 黒部五郎岳の山容に 魅せられていました。
後期高齢者、もう 北アルプス等を訪れること叶わなくなり今回のRWさんの 黒部五郎岳のレポート、写真、
有難うー!・・・です。
Commented by びーぐる at 2019-08-01 09:02 x
おはようございます。

いつもながらのパワーにはまったく恐れ入ります。
天気にも恵まれ素晴らしい登山でしたね。
きれいな花たちに会えるのが羨ましい!
Commented by mcnj at 2019-08-01 09:06 x
お早うございます。

松本で育った当方としては、都会から来た山人達が、先ずは訪れる、常念山脈から、燕岳、大天井、槍ヶ岳の、表銀座コースに親しんでいました。
槍ヶ岳から後ろの、裏銀座コースは、とても遠い、夢のコースでした。

ある程度、熟練した登山家でないと挑戦できないところでした。
今は、富山方面から、沢山の登山家たちが入れるのですね。
それにしても、遠い山です。
Commented by 寂恋法師 at 2019-08-01 11:30 x
RWさんこんにちは
夜行バスで行って3泊4日のテント泊での縦走、アラ還とは思えない驚異的な気力体力にただただ感心しました。山の絶景やかわいらしい高山植物、雪渓の清涼感どれも素晴らしかったけど、今回はただただRWさんの若さ溢れる好奇心や基礎体力の素晴らしさに感心し羨ましく思いました。一回り若い40代でも十分に通用するね♪
Commented by マーチャン at 2019-08-01 16:45 x
こんにちは。
山男ここにありといういろんな風情に感動でしょう。
元気だから登れるし行ける。当たり前ですが、
なかなか出来そうでまた出来ない。それがまた人生。
もっともっと元気な限りつづけていただきましょう・・・。
Commented by もうぞう at 2019-08-01 19:27 x
黒部五郎か~
夢のまた夢ですね。
せめて雲ノ平には行ってみたかったな~
もう自信がありません。
Commented by 由乃 at 2019-08-01 22:35 x
こんばんは
山登り憧れますが
今の私は体力に自信がありません
素敵な光景、お写真で拝見出来て
嬉しいです
Commented by koba222 at 2019-08-01 22:36
テント泊で北アルプスへ!
すごいですね。
沢山の写真も撮れててやっぱり山男ですね。(笑)
過去の画像も綺麗に残っていますね。
いくつかの山は歩いていますので
あの頃は若かったと思いながら読みました。(笑)
いい思い出がまた増えましたね。
Commented by 自転車親父 at 2019-08-01 23:15 x
こんばんは。
野口五郎岳ですか。
行ったことがないと思います。
薬師岳は登ったと思います。
大きな山でしたね。
野口五郎岳は結構深い山ですよね。
Commented by akiotakahashi at 2019-08-02 05:29
梅雨の晴れ間もあったようですが、夜行バス、テントを担いでの3泊登山には驚きで、まだまだ体力は十分に若いです。雪渓もあり、無事なご帰還をお祝いします。
Commented by yamasa at 2019-08-02 05:42 x
本格的な山岳写真ですね。。。
行程がよくわかります。
景色や高山植物も素晴らしいです。
天気が青空があまり見られなかったのは残念ですが。。。
毎回、登山を楽しまれていますね。
素敵な写真見させて頂きました。。。(^O^)
Commented by rollingwest at 2019-08-02 06:00
たけじー様、貴方も昔はバリバリの山男でしたか!黒部源流や北アルプス最奥部(薬師岳・黒部五郎岳・雲ノ平・水晶岳等 )に深い憧れ抱いておられたのですね!確かに小生は天気は昔からついており、過去10数年で初めから終わりまで雨続きで景色が全くダメだったケースは数える程しかありません。でも今回7月は連続で雨続き・中旬の予報も殆ど傘マークでしたから、さすがに諦めていました。しかし初日・2日目は意外や意外の晴れに変わり絶景を満喫、3日目はさすがに朝から晩まで降られましたが、唯一30分だけ(それも黒部五郎岳の頂上に立った時)ガスが晴れたのです。無敗記録が30に伸びて天の神様に感謝した次第でした!後編では黒部五郎のスケールの大きいカール絶景写真をお届けします。
Commented by rollingwest at 2019-08-02 06:06
びーぐる様、今回のような20数kg荷物を背負って3泊4日テントでの縦走は、小生の人生でこれが最後かなあ・・と思っています。還暦を過ぎるとますます体力が落ちており、こんなに長時間の歩きになるとは思いもしませんでした。今後は安全に楽ちん登山に徹したいと考えております。やはりこの時期は美しい花を楽しめるので魅力的ですね。
Commented by rollingwest at 2019-08-02 06:12
mcnj様、松本市で生まれ育った方は、北陸エリアから入山するのは交通も不便なので、わざわざ富山側から回り込んで登山しようとは思わないですよね。とはいって上高地から雲ノ平や裏銀座に縦走するのは日程や体力面で相当ハードですし・・。そういう意味では夜行高速バスや新幹線で手軽に富山方面へアクセスできる東京方面の方が北アルプスの奥深い山には行きやすいのかもしれません。
Commented by のんのん at 2019-08-02 06:14 x
今年の梅雨期は長く
山行きはどうなったのか?と思っておりましたが
行ってきたのですねぇ・・
行動を友として本当に素晴らしい!
黒部五郎岳の日本で数少ない氷河地形の事
これも初めて知りました。
山の上は快晴のようにも思いましたが
青空は梅雨の時期はあこがれの空でした。
Commented by rollingwest at 2019-08-02 06:18
寂恋法師様、昔リョースケさん達と一緒に30kgを超える肩に食い込むキスリングを背負って縦走した大学時代と比べれば、大いに楽で便利な時代になっています。しかし体力の落ちた還暦過ぎのオジサンにとっては20kg超の荷物はやはり堪えたましたね~。雨に降られた日もあったけど、猛暑の中を歩くことがなかったのが大いなる救いでした。しかし昭文社の地図には騙されたけどね・・(後編にて解説)
Commented by rollingwest at 2019-08-02 06:26
マーチャン様、200名山は達成まであと残り36座となり、小生のペースでは年間3~4座なのであと10年、70歳過ぎの全山制覇かなと思っています。人生100歳時代となり70歳も今や若いと言われるようになっており、今の体力維持や健康ケアをしていけばそんなには衰えないと勝手に思っています。でも今回の様な難関峰は60歳代前半には終えておきたいものです。
Commented by rollingwest at 2019-08-02 06:33
もうぞう様、雲ノ平は薬師沢に下りてまた登り返しがあって相当厳しいです。またその後はどこに向かうかでルート行程も色々バリエーションがありますが、いずれも長丁場縦走には変わりありません。今回、黒部五郎岳(カール下部往復)がここまで時間がかかるとは思いませんでしたが、この山の登頂だけならば太郎平小屋2泊をすれば結構コチラの方がお手軽に行けると思いますよ。
Commented by rollingwest at 2019-08-02 06:43
由乃様、今回のようなハードな山登りは人生これで最後かなあ・・と思います。200名山達成に向けてまだいくつかの難関峰は残っていますが、山小屋泊まりで余裕をもってチャレンジしていきます。でも還暦過ぎてもまだまだ一応歩けるもんだと少しは自信が持てました。滅多に見られない北アの奥深い光景を写真で拝見してもらいコチラも嬉しいです。
Commented by rollingwest at 2019-08-02 06:50
めざめkoba222様、テント泊で北アルプス縦走は今回で最後にします。何とか天気に恵まれ、事故もなくてラッキーでしたが、猛暑やトラブルがあったら相当ヤバいことになっていたかも・・・。そんな事態に遭遇したらどこかでビバークしたかもしれませんが・・。貴方も若かった頃はハードのロング縦走をされていたのでしょうか?昔の絶景を思い出して頂き記事の書き甲斐がございました。
Commented by rollingwest at 2019-08-02 06:57
自転車親父様、今回は野口五郎岳ではなく黒部五郎岳ですよ!前回コメントでも勘違いされた方がおられましたが、北アルプスには「五郎」と名の付く山が二つあり、野口五郎は2006年裏銀座ルート縦走で登りました。確かに2つの五郎岳は一般の方がなかなか登頂が難しい奥の深い山です。
Commented by mariko789 at 2019-08-02 07:02
重い荷物を担いでの山登り、頑張りましたねー!
けれど、絶景のパノラマビューで報われたことでしょう♪
好天に恵まれてラッキーだったこと。
それにしても凄い積雪!
後編はどのような展開になったのでしょう。
Commented by rollingwest at 2019-08-02 07:04
アキタカ様、3泊4日総費用は40千円(高速バス往復23、テント・山小屋費8、食料買い込み4、その他5)くらいでお安く上がりました。まあ小生はビンボー症なもので高い金を払うくらいならば人生最後の北アルプステント泊の長旅縦走にしてしまおうと思い切りました。昔に比べると相当ペースダウンしましたが還暦過ぎでも何とか歩けるもんだと思います。まあFツアーの諸先輩方は70歳でもお元気ですからね~。
Commented by rollingwest at 2019-08-02 07:11
yamasa様、いえいえ、これだけの青空や奥深い北アルプスの山々の絶景が見られれば十分でしたよ!7月中旬は梅雨が長く続いており。バスで出発した日もずっと雨で4日間は何も見えないかも・・と殆ど諦めていましたが、これだけ晴れ渡ったのは奇跡的な天恵でした。10数年前の奥深い北アルプス縦走写真の絶景も皆様に披露できてコチラも大いに満足でございます!
Commented by rollingwest at 2019-08-02 07:21
のんのん様、今年の梅雨期は長かったですがこの時期は台風や豪雨が来なかったので助かりました。通常の雨や霧の中でテント担いでの長距離縦走は可能ですが、台風や強烈な豪雨や雷の中だと命の危険がありますからね。そんな天気予報ではないので思い切って出発しましたが、予想外の青空が広がって最高の気分でした!黒部五郎岳の雄大な氷河地形は後編でたっぷり披露しますね!
Commented by rollingwest at 2019-08-02 07:36
mariko789様、重い荷物を担いでの山登りはもうこれで最後かなと思いながら厳しかったですが何とか頑張りました!初めから快晴のパノラマ登山もいいものですが、全く期待していなかった雲の中から徐々に晴れ渡って眺望が開けてくる喜びはそれ以上のものがあります。今年は春先に寒い日が続いたので例年以上に積雪も多かったです!
後編はとにかく厳しい2日間、苦行登山からドラマは始まります。
Commented by メロン at 2019-08-02 08:00 x
日本200名山163座というのがあるのですか^^;
何も知りませんが山男さん、山ガールさんには憧れ(^^)/
苦労して登った頂上での景色は素晴らしいでしょうね。。
お天気にも恵まれて最高!!
おめでとうございます。
それにしてもお若い!!
健康・体力、鍛えてますね(^^)
Commented by 山小屋 at 2019-08-02 09:05 x
黒部五郎岳・・・
大きなカールを抱えたどっしりとした山です。
登ってからもう20年以上になると思います。

この奥の雲の平から高天原あたりもよく歩きました。
高天原の先にある露天風呂はまさに秘湯の名に相応しい
天然温泉でした。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-08-02 09:38
黒部五郎岳ですか、名前は聞いたことがありますよ。
そんな秘境にあるとは知りませんでした。
雪渓があるのですね。
猛暑の季節に見ると、眼福です♪
Commented by onorinbeck at 2019-08-02 12:40 x
凄いなあー。
めっちゃ元気ですわーーー!
僕なんて相当鍛え直さないと山は無理っす!
Commented by 笑子 at 2019-08-02 14:36 x
RWさん、こんにちは(*^_^*)
なんと壮大な山旅でしょう!!
3泊4日のテント旅ですか!そりゃ荷物も
まとめても激重ですよね!
ものすごい苦労なしにはお目にかかれない
絶景の数々に興奮しましたヽ(^o^)丿
ありがとうございました
Commented by mandakazu at 2019-08-02 18:50 x
北アルプス!すごいですね。
着ている服装が軽装だったり厚着だったりと
けっこう寒暖の差が激しそうですね。
それでも壮観な眺めは疲れもぶっ飛びそうです。
夜のキャンプは寒そうですが・・・。

パノラマで撮影したくなる気持ちもよーくわかる
スバらしい景色ですね。

ところで朝食(コンビニパン)が
朝食は(コンパニオン)に見えてしまいました!
Commented by riyo-009 at 2019-08-02 18:59
無敗記録更新、おめでとうございます!^^
素晴らしい景色も見せて頂きました(*^_^*)気持ちいいですね~。←行ってる気分(^_^)b
雪渓に@@~ この暑さなだけに^^;

Commented by tozan6411 at 2019-08-02 19:00
rollingwest様。こんばんは。
やはり、黒部五郎岳でしたね。
憧れの北アルプスの中でも誰しも奥深い山域と言われる山塊ですね。
まずは、ご無事の帰還お疲れ様でした。
九州の山しか知らない私には、憧れであり定年してからの山域になります。
山の天気は、どうしても変化が激しいので無事に歩けたことに感謝ですね。
北アルプスの変化にとんだ風景とこの季節ならではの変化を存分に楽しまれたようですね。
後半も楽しみにお邪魔させて頂きます。
Commented by Minoru at 2019-08-02 21:40 x
こんばんは。天気に恵まれて良かったですね。
Commented by teasakura3 at 2019-08-02 23:09
rollingwest様
お帰りなさい。ブログ見させていただきました。天候はなんとかの状況かな。後編楽しみに待っています。
Commented by rollingwest at 2019-08-03 05:36
メロン様、163座とは、小生が目標としている日本200名山を登ってきた数のことです。日本百名山と他の200名山を並行的に登ってきましたが、今回の黒部五郎岳登頂で百名山が82座となり、他の200名山が82座でちょうど同じ数で並び合計164座となりました。残りが36座ですが年3~4回のペースなのであと10年くらいですかね~。少しずつ積み上げていきますのでブログメイトの皆様に達成を見守って頂きたいと願っております。
Commented by rollingwest at 2019-08-03 05:43
山小屋様、貴殿は当然、黒部五郎岳も雲ノ平・高天原温泉も裏銀座名峰(水晶・赤牛)も全て制覇されていることと思います。高天原温泉は日本一遠い温泉ですのでここに露天風呂に浸かった時の達成感・喜びは大きかったですね~!黒部五郎の大きなカールは初めて見ましたが圧倒的な迫絶景に目を奪われました。カール絶景といえは、日高カムイエクチカウシ山とや針ノ木雪渓も心に残っています。劔沢雪渓や飯豊連峰カイラギ沢雪渓はまだ未体験ですがこちらの方もいつか行ってみたいものです。
Commented by rollingwest at 2019-08-03 05:50
blackfacesheep2様、黒部五郎岳も野口五郎岳も北アルプスの奥深き山域に鎮座しています。五郎とはゴーロ(岩の意味)から来ており、その名の通り凄い迫力絶景でした。
Commented by rollingwest at 2019-08-03 05:58
onorinbeck様、還暦過ぎても元気だけが取り柄ですわーーー!毎朝起きて腹筋50回・筋トレ・ストレッチを欠かさずやっております。継続は力という言葉が好きです!10年後に200名山達成しても今と変わらず健康にいたいものです。
Commented by rollingwest at 2019-08-03 06:06
笑子様、激重荷物を背負って3泊4日のテント旅は厳しいものがありましたが、滅多に見ることができない北アルプスの秘境風景を皆様に紹介できて大いに苦労が報われております。過去に撮りだめた数々の北アルプス絶景写真達もブログメイトの皆様のお目見えすることができて大いに興奮しているのではないかと思います。ヽ(^o^)丿
Commented by rollingwest at 2019-08-03 06:13
mandakazu様、小生の服装を細かく観察チェックされており、山の気温差に関する考察コメントはさすがですね!歩いている時は多少寒くても動いており体温が上がるので小生はTシャツ1枚で十分です。でも昼食休憩や宿泊の時は一挙に体感が冷えてくるので重ね着をしたりこまめに体温調節をします。ましてやテントで寝るときは夜中は相当冷え込みます、セーターやタイツなども着込んで羽毛寝袋などで温かくしないと寒くて眠れません。山に、コンパニオンはいませんが、昔に比べると美人な登山者が多くなったなあ・・と実感します。やはり山ガールブームの影響で登山ファッションもお洒落になり、山人気の裾野が広がっていますね。
Commented by rollingwest at 2019-08-03 06:20
riyo-00様、無敗記録更新への祝辞を頂きありがとうございます!今回は梅雨・長雨がずっと続いていた7月中旬に出かけたので確実に記録は途切れるだろうと覚悟していました。しかし初日・2日目は予想外の晴れに変わり絶景パノラマが俯瞰できて予想外の喜びでした。さすがに3日目は一日中雨でしたが黒部五郎岳頂上に立った時だけガスがなくなり晴れてくれたのでもう何も言うことはありません。^^。毎日の猛暑ですが、雪渓風景をご覧になって涼んで下さい~!(笑)
Commented by rollingwest at 2019-08-03 06:27
tozan6411様、黒部五郎岳は唯一北アルプスで登り残していた奥深い百名山でした。 憧れの北アルプスの中でも誰しも奥深い山域と言われる山塊ですね。 まずは、ご無事の帰還お疲れ様でした。 九州の山しか知らない私には、憧れであり定年してからの山域になります。 山の天気は、どうしても変化が激しいので無事に歩けたことに感謝ですね。 北アルプスの変化にとんだ風景とこの季節ならではの変化を存分に楽しまれたようですね。 後半も楽しみにお邪魔させて頂きます。
Commented by rollingwest at 2019-08-03 06:34
Minoru様、大変ご無沙汰でしたね!久しぶりのご来訪ありがとうございます!今回は天気には全く期待していなかっただけに、予想外の晴れに転じてくれて本当にラッキーでした!
Commented by rollingwest at 2019-08-03 06:41
teasakura様、大変ご無沙汰でした。今回は長い間、縦走の山旅に入っていたこと。帰宅してから写真を整理してレポート作成していたことから前回記事から3週間もブランクとなってしまいました。またご愛顧の程、よろしくお願いいたします。後編の記事はこれから作成、公開は8月末となりますがお楽しみに~。
Commented by だんだん at 2019-08-03 12:12 x
暑中 お見舞い申し上げます。

北アルプス、黒部五郎岳の登山記を興味深く読みました。
アルプス銀座縦走などは昔のことで、今は羨ましく拝見するのみです。
地図コースに不信感を抱いた・・・計測時間は何度か登ったから分かるのですね。

赤牛岳は日本一遠い山
高天原温泉は日本一遠い温泉

北アは格言が多いけど、この表現は初めて知りました。

Commented by いわどの山荘主人 at 2019-08-03 20:39 x
憧れの黒部五郎だけに行って来られたのですね。台風や余程の豪雨がなければ決行と信念が通じたのでしょう・・
割合に天候に恵まれたと記しておられます。
画面を見させてもらうにイイ写真を拝見させていただきました。長梅雨が過ぎて猛暑の到来です。
年寄りの身の置き場なくて困ります。
Commented by 村夫子BUN at 2019-08-03 22:45 x
涼をとるどころか、読むだけで疲れて汗をかきそうでした。
23㎏の荷物、やはりテン泊でしたか。
でも思いの外天候に恵まれて、その甲斐がありましたね。
Commented by tombee-yanaze at 2019-08-04 04:07
テント担いで登るなんて・・・
考えたこともないですね^^
もう十数年前の裏銀座を思い出しました。
あの時は野口五郎小屋に泊まって
高瀬ダムから下山しました。
腰痛が治まって3ヶ月ぶりに暖機運転から始めました。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-08-04 05:36
3泊4日の黒部五郎岳ですか。
しかも、テント泊。
頭が下がります。
若いころ、この辺りを縦走しているはずですが、
どこをどう歩んだのか、記憶も定かではなく…。
梅雨明け前の強硬軍、
天気に恵まれ、ヨカッタですね。
ナマッた身体と脳が刺激されました。
Commented by rollingwest at 2019-08-04 06:00
だんだん様、毎日うだるような暑さが続きますね~!北アルプスの奥深き・黒部五郎岳の縦走レポートをじっくり読んで頂き嬉しい限りです!貴女も昔はアルプス銀座縦走されていたんですね~。基本的には地図のコース時間は信じていますが、5時間半コース表記に11時間以上かかりました。還暦を過ぎて、雨の中で重い荷物を背負って亀の如くの歩きでしたから2~3時間以上の遅れ・乖離はしょうがないにしてもこんな5~6時間以上違うなんてあり得ないと思ってブログで他の登山者レポートを確認してみました。案の定、皆さん8~9時間はかかっており間違いなく誤表記だと確信しました。
Commented by rollingwest at 2019-08-04 06:07
いわどの山荘主人様、長らく憧れていた北アルプスの百名山「黒部五郎岳」をついに登頂できて達成感に溢れて満足しております。天気は完全に諦めていたのですが思わぬ天恵で感激!台風や豪雨でなけれが絶対行くと開き直ったのが逆によかったのかもしれません。それにしても毎日続く猛暑は体に堪えますね・・。雪渓写真を見ながら涼んで頂ければ幸いに存じます。
Commented by rollingwest at 2019-08-04 06:15
村夫子BUN様、23㎏重荷を背負い一緒に歩く気分でデジタル体験して頂き、毎日うだるような猛暑の中、涼感をお届けするどころか逆にドッと疲れさせてしまい大変申し訳ございませんでした。まだ当時は雨が長く続いていましたが、高速バスのキャンセル代を払いたくなかったので、4日間雨のテン泊縦走も覚悟で出かけましたが、意外にも晴れ上がってくれて思わぬプレゼントを頂けました。
Commented by rollingwest at 2019-08-04 06:22
清治の花便り様、十数年前に裏銀座を登っておられましたか!小生もちょうど同時期に裏銀座の初体験(高瀬ダム~ブナ立尾根(日本三大急登)~烏帽子岳~野口五郎岳経由で水晶小屋)でしたので、もしかしてお互いすれ違っていたのかもしれませんね!
Commented by rollingwest at 2019-08-04 06:29
j-garden-hirasato様、貴殿も若かりし頃に黒部五郎岳エリアを縦走していたのですね!結構ハードな登山をされていたんではないですか!今回の前後編で昔の朧げな記憶が呼び起こされれば幸いに存じます。梅雨明け前は台風や豪雨が来やすい季節ですが、その兆候がなかったので今回は思い切って出発しました。お陰様で快晴に恵まれて本当にラッキーでした!
Commented by よしころん at 2019-08-04 07:51 x
懐かしい折立の登山口、平坦地の少ない薬師のテン場(笑)、北ノ俣岳から黒部五郎の稜線…
コースの誤表記?「残雪時や濃霧時は稜線ルート」とありますよね。
私たちは秋だったのでカールルートで特に不都合なしでしたが…
続きを楽しみにしています。
Commented by rollingwest at 2019-08-04 08:11
よしころん様、折立から薬師のテント場も、北ノ俣岳から黒部五郎の稜線コースも体験済でしたか!昭文社地図では5時間半表記でしたが、貴女たちもその時間で行けたのでしょうか?我々は20数kgで重荷で苦戦とはいえ11時間もかかり本当に地図コース時間が正しく表記されていたのか、まだ解せません。ネットで他の登山者は8~9時間かかっているケースが多くやはりそのくらいの時間が本来表記ではないかと思っている次第です。
Commented by hirugao at 2019-08-04 09:53 x
念願の山に登れてよかったですね。
残雪が見事でしたね。
若い頃は夜行バスとか夜行で出かけたものです。
Commented by mako at 2019-08-04 10:47 x
こんにちは~
猛暑お見舞い申し上げます。
記事拝見致しました(*_*)
何時も思います、体力、気力、知力、充実ですね!
良い人生街道満喫ですねぇ~...
羨ましいなぁ~と思いながら、拝見しましたよ!!
Commented by silvergray2 at 2019-08-04 11:37
日本200名山163座を登頂!凄いですね。
20kgを超えるザックも私には腰にきてダメですね。
水とビールの話は山に行っても下界の経済を見るようで面白いですね。
もっともお高いのでしょうが。
日本の夏はアフリカよりも暑いと言われる様相で今後もこの傾向は続くのでしょうが、涼しい中での200名山全登頂を目指しお励みください。
Commented by ばらりん at 2019-08-04 12:57 x
その昔の山ガール、山行記事を楽しく拝見しました。
それにしても荷物マックス25Kとはスゴイですね!
私はその半分位でした。
今はもう到底高山には登れませんが、比較的楽に登れる
八ヶ岳の山に登ってみたい気はあります。
山の清涼な空気に触れてみたいです。
Commented by Soul Mate at 2019-08-04 22:39 x
「海の大花火大会」行ったんか?是非一度見てみたいもんじゃのう。しかし、毎日メシがバカうまじゃわ。通貨スワップもないし、日本の銀行が信用状の保証を停止したら通貨危機で完全に滅亡。でもそうなったら逆ギレして本気で攻めてきそうじゃなあ。あ~怖い、怖い。。。
Commented by さかきんぐ at 2019-08-04 22:46 x
こんばんは。

無事登頂お疲れ様です。
大変の中、登った事で見える絶景は、やっぱりいいですね。
Commented by rollingwest at 2019-08-05 06:00
hirugao様、貴女も昔は夜行出発登山によく出かけられていたのですね。我々の時代は新宿駅アルプス広場に集まって中央線夜行列車に乗って南アルプスや北アルプスへ出かけたものですね~。
Commented by rollingwest at 2019-08-05 06:07
mako様、還暦を過ぎて体力・気力・知力も徐々に落ちておりますが、人生100歳時代ですからあと30年は維持して健康に長生きしていきたいものです。健康・無事・安全が一番ですね。
Commented by rollingwest at 2019-08-05 06:18
silvergray2様、山のビールは350缶でも600円くらいします。まあヘリコプターなどで荷揚げするコストを考えれば当然のことですね。日本の夏は蒸し暑さが厳しいですし暑さに弱いRWは8月は登山は避けるようにしています。今回の長丁場も猛暑の中で歩いたら確実にへばっていました。200名山全登頂は毎年3~4座位のペースであと10年くらいかけて焦らずに登っていきたいと思います。
Commented by rollingwest at 2019-08-05 06:28
須玉ばらりん様、貴女もかつては山ガールをやっておられましたか!今回でこんな重い荷物を背負って奥深い山の縦走の長旅は最後にいたします。やはり10kgくらいのサックで軽快に歩いて行くのがいいです。八ヶ岳は南側は険しい山が連続しますが、北側は牧歌的で手軽に楽しい山歩きができますよ。
Commented by rollingwest at 2019-08-05 06:35
聖二殿、柏崎の「海の大花火大会」は何と30数年ぶり(新婚時代、カミサンと行ったきり・・)だったが、内容の進化・豪華さにただただ驚くばかりじゃったよ!親戚やいとこ達も久しぶりに会って非常に楽しい時間を過ごせた。かの国に対する一貫した姿勢を貫き、相手が無駄に発狂している姿も冷ややかに見ているが実にビールが旨いね~!
Commented by rollingwest at 2019-08-05 07:15
さかきんぐ様、簡単に登って観た大絶景よりも、苦しんで登ってようやく見えた雲間からの風景の方が感動の度合いが違います。やはり自分の力で勝ち得た達成感・満足感ですかね~。でも無事に帰って来られたことが一番です。
Commented by ひろし曽爺1840 at 2019-08-05 08:46 x
●タブレットよりテスト投稿です
◆(^_-)-☆RWさん、お早うございま~す!
今日は新規購入したタブレットよりお伺いさせて頂きました。
@(´・ω・`)@旅先よりの投稿で帰りましたらゆっくりとまた邪魔させて頂きますネ。
:(´・ω・`):今日のMyBlogへのお誘い<⇓>
・本日より高都県の四国88ヶ所霊場巡りを再開しますので一緒に観光した気持ちで見て頂ければ幸せま~す!
🔷それではまた水曜日にお伺いしま~す!👋
Commented by nao♪ at 2019-08-05 15:54 x
このコース25年位前にトレッキングツァーに参加し縦走しました。
ロングでしたが、最初と最後以外はさしてUPダウンもなく、若さもあってお花を充分に楽しめました。
こんなに雪が残っていなかったですよ。
太郎平小屋~黒部五郎小屋~鏡平小屋の予定が、双六の下りで滑落者が出て、急遽三日目は医者のいる双六小屋泊りになった忘れられない思い出があります。
もう行きたくても行けない「北アルプス」
お陰様で爽やかな空気はだけは味わえました。ありがとうございました。
Commented by ゆうき at 2019-08-05 23:54 x
ひええ、凄いですね!
これがトレッキングというやつですか。
テント泊なんて人生で一度しか経験がないですが、気がねない仲間と進んで行くのは思い出に残るんでしょうね!
次々と景色が変わり、色んな魅力があるルートなのですね!
Commented by rollingwest at 2019-08-06 06:00
ひろし曽爺1840様、夏休みの宿泊先からの新規購タブレットからの投稿でしたか!ちゃんとコメントが入っておりますよ~!暑い日々ですがいい旅をお楽しみください!
Commented by rollingwest at 2019-08-06 06:07
nao♪様、大変ご無沙汰でしたね~!貴女のコメントご来訪は令和時代になって初めてです。久しぶりにお顔を見せて頂きありがとうございます!四半世紀前に黒部五郎岳トレッキングツァーで歩いたコースを懐かしく思い出して頂き嬉しい限りです。太郎平小屋~黒部五郎小屋~双六方面の大縦走だったのですね。事故があって色々と大変だったのですね。
Commented by rollingwest at 2019-08-06 06:14
ゆうき様、このケースはトレッキングではなく「縦走」と呼んだ方がいいですね。トレッキングyとは山の頂上は目指さず、周囲近くのコースを歩いてから高い山風景を楽しむことをいいます。今回はバリバリの登山で頂上を目指しているので・・。でも今回は縦走と呼ぶよりは「苦行」の呼称が相応しかったかも・・。苦しんでこそ、人生の深い思い出に残る経験です。(苦笑)
Commented by つちや at 2019-08-07 05:25 x
お早うございます
やりましたね。黒部五郎岳登山。
長編ブログを羨ましく拝見させて貰いました。
若い、元気、実行、完璧、どれも羨ましい限りです。
昭和一桁生まれの私などは体験できません。
これからも素晴しい記事を見せてください。
Commented by rollingwest at 2019-08-07 06:01
つちや様、貴殿は昭和一桁生まれ・・、亡くなった親父と同世代(米寿)なのに積極的に取材活動されブログを毎日公開していることに頭が下がります。小生も難関峰は元気で若いうちに踏破して、70歳を過ぎたらパワースポット参拝を中心にした旅にどんどんシフトしていきたいです。これからもお互い健康第一でよき人生を送って参りましょう!
Commented by hibikorekouji2-2 at 2019-08-08 22:14
「3泊4日の縦走」、夢のある憧れの世界だけど23㎏もあるザックを担がれたと聞きやっぱり夢の世界だと思いました。
疲労回復にとビールのロング缶を買われ、25㎏にもなったザックを担いで頑張って登った後の件には、rollingwestさんのお顔が浮かぶようでした^^
読み進んで行っていると縦走の疑似体験が出来ました♪
写真を拝見しながら頭の中で超ズームにして、大自然の中に身を置いてみました。
後編を楽しみにしています^^
Commented by Kmori at 2019-08-08 23:29 x
残暑お見舞い申し上げます
黒部五郎岳の登頂素晴らしいですね。
自分では登る事は出来ないのでこちらのブログで
おおいに感動させて頂きました。
雪渓写真に涼を感じて涼みました~~♪

柏崎の花火楽しみにしています。
私も行って来ましたが(まだUPしていませんが)
素晴らしかったです。
Commented by rollingwest at 2019-08-09 06:00
hibikorekouji2-2様、還暦過ぎて久しぶりに23㎏の重荷を背負って3泊4日の長旅縦走でしたが、もうこんな苦行登山は人生最後だと思います。厳しい長時間歩きでしたが、日本では数少ない雄大なカールを目の前で体験して、まさに夢の憧れの世界に身を置くことができて幸福気分!北アルプス最後の百名山に相応しい体験となりました。後編でじっくり夢の世界を公開しますのでお楽しみに~!
Commented by rollingwest at 2019-08-09 06:08
Kmori様、黒部五郎岳の登頂祝辞を頂き感謝にございます!デジタル登山体験も後編でもご案内いたしますので雪渓写真に涼を感じて下さい。この時はまだ梅雨の肌寒い時期でしたので今の猛暑にはちょうど涼めるかも!貴殿も柏崎の花火に行かれたのですか!小生も故郷の花火を30年ぶりに見ましたが本当にすばらしかったですね!レポートはこの3連休に公開しますのでコチラもお楽しみに~!
Commented by siawasekun at 2019-08-10 02:29 x
ローリングウエストさん
おはようございます

人生、まず、心身ともに健康が一番ですね。

「好きこそものの上手なれ」、好きなブログ活動を続けられるのは、siawaseですね。
Commented by rollingwest at 2019-08-10 06:10
siawasekun様、「人生心身ともに健康一番」「好きこそものの上手なれ」、次々と人生訓ありがとうございます!好きなブログ活動は人生の充実ツールです。この猛暑3連休は家にこもってブログ編集でまったり過ごそうと思います。
Commented by ぼの at 2019-08-10 09:10 x
漸く拝読させていただけました(笑)。
いやあ、いいですねー。
私もこのルートは歩きたいのですが、中々4連休が取れず、妄想のみとなっています(苦笑)。
私は盆明けに夏休みをとって、針ノ木岳周回に挑戦する予定です🎵
Commented by おじしゃん at 2019-08-10 09:54 x
ローリングウエスト さん、こんにちは ♬

今回は、黒部五郎岳登山、3泊4日の長旅ですね。
登山は、米山、刈羽黒姫山、八国山、位しかありませんね (笑)
本格登山はどのようにするのか、少々興味深く拝見いたしました。
天候は心配でしたが、登山中は晴れて良かったですね。
それにしても、荷物が凄い。
いったい何が入っているのか、いつも気になります。
今度は公開願います (笑)
ひとつ不思議。
友達さん、傘をもって登山していますが、普段から 傘もち登山 ありですか?
整備された登山道ですね。
誰が整備?  ボランティアの方でしょうか?
高山植物が疲れを癒してくれますね。
チングルマは二度楽しめる花です。
太郎平小屋は宿泊できないのですか?
そこから20分も下ったキャンプ地まで行かなくてはならないとは・・・
ちょっとしんどいですね (笑)
キャンプ場に来て雨とは、不運であります。
更に、外で一杯飲めないとは、これまた不運。
一人淋しくテントで一人寝ですね。

翌日、寝坊ですか。  お疲れモードですからしょうがないでしょう (笑)
朝霧流れる風景、遠くに雲海、この風景だけは見てみたいものですね。
車で行けたら最高ですが、到底無理、無理。
雪渓・・・根雪は凄いですね。記念撮影、いい感じ (笑)
それにしても、山の天気はころころ変わりますね。
素人にはこの天候変化が危ないですね。

何故、苦しみながら山に登るのか・・・
美しい風景がそこにあるから?
感動する風景がそこにあるから?
分からないでもないけど、山に登った人でないと分からないな (笑)
Commented by てくっぺ at 2019-08-10 22:19 x
こんばんはです。^±^ノ

山の上は雪渓でしたか。^±^ノ
まあ、立山ですからね。^±^ノ
このルートは、反対側に、高瀬渓谷のほうに降りるルートがありますね。
高瀬渓谷は秋に行く予定でしたが、今年は親せきの結婚式で中止になりました。
紅葉がきれいな場所なんですがね。^±^;←また夢の湯で泊まりたかった
Commented by rollingwest at 2019-08-11 06:04
ぼの様、このルートは奥深いですから長い休みを取らないと行けないですが、若く体力のあるうちに挑戦された方がいいと思います。今年は針ノ木岳ですか!そういえば北アルプスに奥深い長旅は合計6回で、あと3つ記載漏れがありました。そのうち一つは針ノ木岳を大雪渓から頂上に登り、黒部湖側に下りて「平の渡し」経由で五色が原~立山・剱岳~室堂の4泊5日旅、・・!これらのコースも含めて本編記事を追加修正しておきました!
Commented by rollingwest at 2019-08-11 06:11
柏崎おじしゃん様、大変ご無沙汰でした~!心の準備を整えて頂き、久しぶりのご来訪は実に嬉しい限りです!興味深い数々のご質問を頂きましたので下記内容にて回答させて頂きます。【1】重いザックの中身は、テン類ト一式・寝袋・防寒具・替え下着・炊事コンロ・4日分の食料(10回分)・水・行動食・ラジオ・ヘッドランプなどの備品です。 【2】雨が降れば折りたたみ傘を取り出して差して歩きますよ。同行の方は折りたたみでなく普通の傘を持ってきて不思議でしたが、杖代わりに使っておりました。 【3】登山道の標識設置は、都道府県・市町村行政部署、道の管理整備は山小屋や地元山岳会など様々ですね。 【4】太郎平小屋は宿泊できますよ。今回は基本的にテント泊での挑戦でしたが、雨がひどくなれば山小屋泊まりにする計画でおりました。現に最終日は往復で帰ってきてズブ濡れ状態だったので太郎平小屋に泊まりましたよ。乾燥室が実にありがたかったです。【5】なぜ苦しみながら山に登るのか?→目標を決めて少しずつ積み重ねていく人生の過ごし方の一つの体現方法ですかね~。苦しい経験をして達成した喜びは大きいですから・・。頂上に登った達成感と下山の温泉・ビールが実に旨いこと!これがあるからやめられないんですよね~!
Commented by rollingwest at 2019-08-11 06:18
てくっぺ様、今年は4月に冷え込んだ時期が多かっただけに例年になく残雪が多いサマーシーズンになっていました。2006年の裏銀座縦走(水晶岳・赤牛岳)は高瀬ダムの方から登りました。日本三大急登のブナ立尾根はきつかったです。貴殿の山行は結婚式で中止とはちょっと残念でしたが、山は逃げるわけでなし。またいつか挑戦してみて下さい。
Commented by おじしゃん at 2019-08-12 19:17 x
ローリングウエスト さん、お晩です ★

越後の今日は、暑かったですねぇ~
おじしゃん体感で、今日が最高? でありました (笑)
お盆がきます。
お盆は帰省予定はありませんか?
花火の時に来られましたから、お盆はパスかな?

お忙しい中、くだらない質問にお付き合いいただき感謝であります。
親切な説明、納得であります。
登山、挑戦してみたい気もありますが、この歳ですから諦めましょう (笑)
皆さんの登山記を拝見し、その気分にさせていただきます (笑)
Commented by rollingwest at 2019-08-13 06:00
おじしゃん様、登山質問への回答内容にご納得頂けましたでしょうか?GWに米山に登り、7月に柏崎の花火でいたからお盆はもう帰省しませんね~。花火バナー写真ありがとうございました。スケール感ばっちりですね!
Commented by つちや at 2019-08-22 05:47 x
お早うございます
故郷の柏崎の花火も大々的で見事な花火大会ですね。
以前、帰省時に故郷の花火大会を舟で見に出かけたことが
あります。
花火が打ち上げらると花火の灰が舟上に落ちて来て慌てた
思い出があります。

友だちの皆さんとの登山が羨ましいです。
下山してからの会食の打ち上げがまた良いですね。
Commented by rollingwest at 2019-08-22 06:25
つちや様、佐渡の花火大会を舟で見たとはこれはまた風流でしたね!花火の灰が舟上に落ちて来るほど間近で空を見上げて大輪を楽しまれて羨ましいです。中高同級生と故郷の名峰を登るなんてもう2度とない貴重な経験でした。
Commented by たいへー at 2019-09-03 07:18 x
マレットゴルフを18ホールやっただけで疲れちゃう私は、
登山なんて夢のまた夢・・・(汗
Commented by rollingwest at 2019-09-03 07:29
たいへー様、小生も還暦過ぎてこらからは程ほどにいたしまする~(苦笑) 無理せず無事安全が一番ですね。

<< <2019年初夏・盛夏>わが故... 【熊野古道・伊勢路】一気参拝旅... >>