<2008年10月4~5日>南アルプス深南部の秘峰「池口岳」

★はじめに

8月に「黒部源流」を踏破しましたが、今回は静岡・長野県境の「大井川源流」を訪ねてみました。「池口岳」(2,392m)、この山の名前を初めて聞いたという人が多いことでしょう。「日本200名山」ですが、交通の便が悪く登山条件が厳しい山(往復14時間・水場なし)で殆ど訪れる人がいません。


                 ....地図をクリックすると拡大表示されます。....c0119160_1630505.gifc0119160_1631649.gif

しかしそれだけに、南アルプス最南部の原生的な雰囲気と静寂が味わえます。今回は「マツさん」(200名山達成まで残り20数座)に計画立案してもらい2人での秘境山旅です。辛い登りでしたが、深南部名峰(光岳・聖岳)を更に南から望むレア体験、こんな秘峰に登頂ができて大満足でした。 


....天竜奥三河国定公園のシンボル「佐久間ダム」(左)と「天竜峡」(右)を見ながら飯田線で北上....c0119160_21123952.jpgc0119160_16333257.jpgc0119160_2113152.jpg

池口岳のアプローチは「天竜村」(現・飯田市)、長野県南部にある山深い天竜川沿いの街です。(静岡在住時代でも天竜「秋葉神社」までは来ましたが、この辺は便が悪く訪れるのは初めて・・)


                  
★第1日目 (18kg近い重荷を担ぎ上げる苦行登山)

c0119160_16412235.jpg

朝早く新幹線に乗り込み豊橋経由で、飯田線(豊橋と長野県辰野を結ぶ)・平岡駅に向かいます。
飯田線はまさに秘境山岳鉄道、佐久間ダムや天竜渓谷を見下ろす車窓風景は実に素晴らしい!
登山口・遠山郷までは駅からタクシーで入るしかありません。10:30登山開始!絶好の天気だ~
c0119160_16415390.jpg

         ....キノコのお出迎え、 右はヌメリスギタケモドキ(何と食用だって!)....c0119160_16474250.jpg
c0119160_1648274.jpg

さて今日の登山は荷物が超~厳しい!何しろ山中に宿泊施設はなく水場もない。生まれて初めてテントを購入して自炊道具に水4L、合計の荷物18kg近くになりました。(北ア黒部源流の時は山は深いが小屋が充実しているので10~12kg程度) 奥深い急峻山道を牛歩の如く進みます。

      ....鬱蒼とした原生林の道、やがて道中には御神木のような「山の神」が現る。....c0119160_1652368.jpg






c0119160_16522278.jpg

しかし道はよく整備され(こまめに伐採がされている)、落葉が堆積したフカフカ感もあって実に歩きやすい!登山開始後は暫く針葉樹林が続きましたが、栗やキノコもいくつか発見。(秋どすなあ)

   ....(左) スギヒラタケ(食用) (右)キツネノチャブクロ(ホコリタケの一種、幼菌は食用だって)....c0119160_1744373.jpg
c0119160_1745948.jpg


        ....原生林の雰囲気だが、伐採・手入が行き届いておりいい山道だった。....
c0119160_1782112.jpgc0119160_7251474.jpg

バサバサ、ドドドッ~、「何だ?」と思って林の奥を見ると体長2mはある大きなイノシシ(親子連れ)が逃げ去って行くではないか!ビックリ・・。よかった、出合い頭じゃなくて。子連れイノシシは気が荒く猪突猛進してくる事もあるらしい。夜はシカの声も聞こえ、やはり奥深い山にいるんだなと感じました。

  ....登山途中でイノシシ親子に遭遇!遠くでシカの鳴き声も・・。チョウは見かけなかったけど....c0119160_17221637.jpg
c0119160_17224862.jpg
c0119160_172357.jpg

18kg近い重荷は中年オヤジにはやはり辛い・・。(水・テントを持ち上げるのも学生山行以来だ・・)
整備された山道ですが急勾配なので結構苦戦・・。湿度の少ない爽やかな日で樹林帯歩きだったのでまだ助かりましたが、悪天候や蒸し暑い夏場で登っていたら確実にへばっていたことでしょう。

    ....鬱蒼とした森林道から「黒薙の頭・ヤセ尾根」に出ると、視界が一挙に開けてきた......c0119160_7283545.jpgc0119160_730225.jpg

「黒薙の頭」に差し掛かると、薄暗い樹林帯歩きは終わり遂にパノラマが開けます。ようやく見えた「池口岳」!双耳峰・雄姿で「樹木に覆われたミニ鹿島槍」って感じかな、でも頂上はまだ遥か先~
全体的には穏やかな山容ですが、南斜面は凄まじいガレ場が幾つかあり迫力の景観が迫ります。

      ....「池口岳」(2,392m)がついに全貌を現わす!双耳峰でなかなか格好いい山だ。....c0119160_824961.jpg
c0119160_7363043.jpg

16時過ぎ、今夜の野営地「ザラ薙平」に到着。林に囲まれた草地で天泊には持ってこいの場所。生まれて初めて購入した一人用ドームテントを張ってみます。実に簡単な設営、昔に比べると軽量で操作性・居住性が遥かに優れている!時代は確実に進歩しているなあ・・本当に助かりますわ。
c0119160_20171758.gif

    ....山小屋がないので今回初めてマイテントを購入。秋の夕暮れは早い、夕食時は闇の中....c0119160_17395956.jpg







c0119160_17402054.jpg

テント設営を終え、ビールで乾杯!「秋の夕べはつるべ落とし」・・、夕食でマツさんと語らっている内にあっという間に闇夜に包まれた・・。早めに就寝、明け方はやはり寒かったけれどよく眠れました。



★第2日目 (南アルプス深南部の静寂なる雰囲気)

c0119160_7372079.jpg


翌朝5時に起床(まだ周囲は暗い)。テント・ザックはテン場に置いて5:45、空身ピストンで頂上を目指すぞ!苔に覆われた倒木が多く見られる深い森こそ南アルプスの雰囲気を象徴しています。

     ....南アルプスの森林道は苔の生えた倒木や切り株が多く、鬱蒼とした独特の雰囲気....
c0119160_17524278.jpg
c0119160_1753954.jpg

  .....(左)猛禽が飛び立つ? (中)富士山?いやの化け物か? (右)アフロヘアの河童君?....c0119160_17554297.jpgc0119160_1756168.jpg
c0119160_17561491.jpg


空身でのピストン登山(サブザックに水筒程度の軽装)は本当に楽だね~!前日は18kgの重荷を背負って苦しんだ後だけに、身が軽く感じヒョイヒョイと登っていけます。いよいよ頂上は近いぞ!

  ....断崖の間から望む奥深い山絶景。ここはまさに静寂の原生林、寂寥感漂う秘境の雰囲気....c0119160_7382999.jpg




c0119160_1802371.jpg

    ....本格的な紅葉期にはまだ早かったが、頂上付近は色づきが始まっていた。....c0119160_740282.jpg




c0119160_740452.jpg

朝7:30すぎに「池口岳頂上」(南峰)に到着、行程より40分も早く着いてしまった。(やはり空身はハイペース) 残念ながら眺望はきかない頂上でしたが、「光岳」より南の山に登ったことに感慨~!

  ....頂上(南峰)に到着、意外と早く着いた。視界は殆ど開けない。案内板↓(クリックで拡大).....c0119160_18125283.jpg
c0119160_18131930.jpg


当該の山域(南アルプス深南部)は手付かずの自然が広がり学術参考保護林環境保全地域に指定されています。ガイドブックの紹介も少なく、200名山でなかったら来ない山かもしれません。

    ....南ア・最南部の主峰群(聖岳・兎岳を南側から望む、左遥か向こうは赤石岳か?)......
c0119160_7424251.jpg

しかし岳人が憧れる奥深き「南アルプス・最南部の名峰」(聖岳・光岳等)を更に南から望める経験は滅多にできるものじゃない!稜線からのパノラマをしっかりと目に焼き付けることができました。

...(左)深南の「加加森山」と「光岳」 (右)クローズアップ「光岳」、右稜線手前に「光石」が見える。....c0119160_8415185.jpg

c0119160_7451741.jpg

南アルプス南部は「奥大井」とも呼ばれ、東海道五十三次の難所(越すに越されぬ・・)、「大井川」の源流です。広大な南ア山脈主峰は静岡在住時に殆ど踏破しましたが、このエリアだけは難関の未踏だったので今回の登頂達成は大満足!絶景を仰ぎながら再びテント場に向かって下山路へ。

       ....(左)南ア連峰をバックにオブジェのマツ (右)マツさん、断崖の道を下る。.....c0119160_74832.jpg
c0119160_18342316.jpg
                     ....テント撤収前に記念に1枚.....
c0119160_18363115.jpg

野営地「ザラナギ平」に戻り、テント撤収して再びザックを背負い遠山郷に下山。登りの時の重荷は水・食料が減って大分軽くなり、ハイピッチで降りて昼には到着。タクシーを呼び再び平岡駅へ。

    .....(左)JR平岡駅(風情ある建物)には温泉が併設 (右)天竜峡から豊橋経由で帰京....c0119160_18384953.jpgc0119160_1839298.gifc0119160_18391559.jpg

JR平岡駅構内には温泉が併設されており、汗を流してスッキリ!車中のビールでほろ酔い満足!
飯田線・新幹線を乗り継いで19:00前に無事帰宅。NHK「篤姫」も余裕で見ることができました。



★おわりに

c0119160_18425025.gifc0119160_18431656.gif
c0119160_18435054.jpg
今回で「日本200名山」登頂も123座(ワンツースリー)となりましたが、あとの77座には結構難関の山(テントを使わないと踏破できない、登山道がなく残雪期のみ等の山)が幾つか残されています。
池口岳」もそんな難関でしたが、水場なしのテント山行を経験して少しは自信がついたかな・・・。


                                                       以上

  by rollingwest | 2008-10-10 16:07 | Comments(32)

Commented by 3式機龍 at 2008-10-13 23:59 x
18キロの背納を背負ってとなると、もうほとんど陸上自衛隊のレンジャー訓練ですね。そんなカリキュラムが有ったような気がします。
彼等はそのまま3日間歩き続けるそうです。

200名山全てを登るというのは、新潮文庫の100冊を全部読むより凄いのでしょうね(なんの比較だー)。
Commented by rollingwest at 2008-10-14 05:56
機龍殿、いつも一番乗りありがとうございます。(感謝)
学生時代は30kg近い荷物を担がされたので、その頃だったら「への河童」だったと思いますが、最近は楽な山行に慣れきってしまったのでこの重さはきついですねえ・・(泣)
でも200名山はまだ難関がいくつかありますので、若いうちに条件の厳しい山をこなしておかないと、どんどんきつくなります。(笑)
Commented by green-field-souko at 2008-10-14 11:26
こんにちは。谷川岳の紅葉がきれいでしたよ~ん♪^^
登りはしませんでしたが、ちょっと離れた藤原湖も絶景!
もう山のほうは寒いです。。。風邪ひいちゃった。 草子
Commented by alkinist at 2008-10-14 17:02
レポート読んでいるだけでも疲れそう。18KGは還暦の老人には無理です。金に任せてポーターでも雇って行きますかね。こちらは、もっと楽な200名山、2山登ってきましたよ。RWさんに抜かれないように・・・
Commented by rollingwest at 2008-10-14 19:39
green-fields-souko様、久しぶりにご来訪ありがとうございます。
群馬県境への出張旅でしたか・・。お疲れ様です。
山は紅葉が盛りで最高ですね!今年は台風が殆ど来なかったし、ここ数日の冷え込みで一段と鮮やかだったのではないでしょうか。
忙しい移動や取材でも「忙中閑職あり」で自分を癒して楽しまんといかんですよ!(笑)

Commented by rollingwest at 2008-10-14 19:42
いやいや、食山人さんもきっと「200名山の全山制覇」を狙っているはず・・。まだ体力があるうちに難関な山は早めに消化しておいた方がよろしいですぞ・・(笑)
7年前に二人で登った光岳の大縦走のラストクライマックス「光石」から眺めた光景は、この「池口岳」だったんだ!・・とあらためて気づきました。
Commented by わかこ at 2008-10-15 07:11 x
写真の「スギヒラタケ」って地元では「カタヒラダケ」と呼んで 子供のころから山ほど食べてきたんだけど、今なお元気な私。でも数年前、腎患者はじめ 食を避けるようにお達しがあった。2004年?中越地震ころから 杉の木にしか生えなかったのが 松の木に生えて怖いと両親も採らなくなった。
ところで 今119座でしょうか?
Commented by まき子 at 2008-10-15 08:23 x
すごいなぁ・・・水場なしの登山、自分の想像の世界を超えています。
でも山の上からの眺めは、なんとも言葉にし難いぐらい綺麗でしょうね~~。
車で簡単に登っちゃうよりも感動も倍増しそうです。
Commented by matsu at 2008-10-15 13:49 x
 今、思い起こしても、25キロ近いザックを背負ってのロングコースのテント山行はきつかったです。でも、空身ピストンでも、夏場は水場のないあのコースはきついと思うので、季節、山行スタイルはベストの選択だったと思います。
 今度、機会があれば、光岳からの縦走コース、山麓の遠山郷巡りなどもやってみたいですね。
Commented by rollingwest at 2008-10-15 19:45
猫わか様、食山人氏情報によると「スギヒラタケは今まで食用とされてきたが、脳に障害を及ぼす食べ物かもしれない」と10月10日・農水省が発表したんだって・・!
大丈夫~?(笑)  登頂座数はちゃんと記事の中に123座と書いてございますが・・。
ついに蓄積されていたスギヒラヤケの毒が今になって出てきたか・・?119番~! 
nigero~、pyu~! (゜Д゜#)ヘ=З=З=З
Commented by rollingwest at 2008-10-15 19:46
まきっ子様、最初から据え膳で「豪華御膳」がドンと出されると・・・、ねエ。
ヒーヒーと苦しんだ後に得られる、眺望と温泉の喜びがたまらんものなのです。
やっぱり登山はMですかねえ・・(笑)
Commented by rollingwest at 2008-10-15 19:47
マツさん、今回はいろいろと計画立案・ご指南頂きありがとうございました。
マツさんの荷物は25kgだったんですか!? そりゃあ、キツかったわけだ・・。
次回の山行を楽しみにしております。
Commented by わかこ at 2008-10-16 13:28 x
今頃そんなことを言うなー。
子供の頃からずっと食べてるぞー。
RWさんだって高校の時のお弁当にスギヒラタケが山盛りに入っていたぞー。( ̄∀ ̄)?
みんな脳が壊れてるぞー。
Commented by rollingwest at 2008-10-16 19:39
蓄積された毒を中和するために今度は松の木に生えたスギヒラタケを食べてみたら、どぉ~? さらに悪化しても自己責任~(笑)
Commented by 神楽坂 at 2008-10-16 22:51 x
RWさんの軽石頭はスギヒラタケが原因だったんですね。納得…。ところで私、明日(17日)ゴールデン街劇場のイベントに出演、ゴールデン街について語ることになってしまいました。
Commented by 葛飾のオヤジ at 2008-10-17 00:27 x
生い茂った木々の道から、いきなり尾根が広がる景色、大好き!
「やまびこポイント探し」とかもやったりしませんか?

「木株の苔モニュメント」・・・リストかも出てきそう♪
Commented by rollingwest at 2008-10-17 05:54
ゲゲッ!・・神楽坂殿、そうかもしれない・・。

ゴールデン街のオーソリティになりつつありますなあ。神楽坂殿にご推奨いただいたお店の探訪、今月29日に職場仲間と行くことにしました。お名前使わせていただきます。
Commented by rollingwest at 2008-10-17 05:56
苔フェチのオヤジ殿には、これからもドンンドン苔モニュメント写真をお届けしたいと思うております。
Commented by 3式機龍 at 2008-10-18 16:09 x
コメント文を見ると「スギヒラタケ」が「スギヒラヤケ」になっています。
中越マタンゴ現象です。
柏高の購買部にはスギヒラタケパン100円やスギヒラタケサンド150円が有ったのかもしれません。
「みんな壊れている」(「帝都物語」の加藤保憲の声で)。
Commented by trial05 at 2008-10-18 23:48
こんばんは。
拝見してて・・・ただただ凄い体力の一言!!
体長2mのイノシシとのご対面、ご無事で何よりでした~。^^
豊富なキノコたち、絶景のパノラマ・・・  羨ましいぃぃ~
Commented by shingo at 2008-10-19 00:29 x
確か前日に「青空食堂」で生ビール4杯以上は飲んでいましたね?朝早いから早く帰ると言いながら・・・・・。
翌日、イノシシと出会うような秘境に行っていようとは考えもしませんでした。もう腰を大怪我して入院していた名残は微塵もないようで、えかった、えかった。体力完全回復だね。
Commented by Soul Mate at 2008-10-19 21:39 x
あ~、疲れた、疲れた。いつにも増して今回のは疲れるのう。休みの日に重い荷物しょって10時間以上も山道を歩きたいという発想はこの毒キノコのせいなん?GPSは持っとるん?迷子になったら死ぬど。はよ200座登って家でじっとしとりんさい。
Commented by rollingwest at 2008-10-19 22:59
あはは・・、そういえば機龍殿のお家ではキノコ料理を全て「マタンゴ」と呼んでいるんでしたねえ・・・。
奥様に早く中和剤を投与してあげてください。(笑)

Commented by rollingwest at 2008-10-19 23:06
トラさん、こんばんわ。イノシシ対面記事とは究極に異なる関西方面の都市風景・京奈良の文化歴史派をいつも楽しませていただいております。(笑)
タイガース、ペナントレースは残念でしたが是非ともクライマックスシリーズ頑張ってください!
Commented by rollingwest at 2008-10-19 23:10
H井殿、青空食堂でのお見送りありがとうございました。
翌日はテント泊で缶ビール1本しか飲めないのを見越して、前日に大ジョッキ4杯飲んでしまいました。(笑)また是非とも行こう!
ビートルズの記事、だいぶ後回しになっていたけれど今週に公開UPするね~!
Commented by rollingwest at 2008-10-19 23:12
S聖二殿、頼みもしないのに一緒に疲れていただかなくても結構なんですが・・。いつも心配しすぎてくれてありがとさん。(笑)
今週、ビートルス出すぞ~!
Commented by マサオ at 2008-10-20 10:00 x
先週末は志賀高原・岩菅山に登られたとのこと・・・ちょうど紅葉の真っ盛りだったことと思います。
食山人氏ほどではないにしても、このところRWさんも結構登山に励んでますね。200名山に挑戦しているようですが、南ア・鋸岳のようなザイルがあった方がベターな山などにはご一緒させて頂いてもいいですよ。
Commented by rollingwest at 2008-10-20 23:15
深山秘境のイメージを保ち続ける山はだんだん少なくなってきていますが、「いぶし銀」の如く味わい深い山でした。

200名山の中には、華やかなパノラマはなく自己主張せずとも、個性を光らせて存在感ある名山がまだまだ多くあるような気がします。

Commented by しむけん at 2008-10-25 18:45 x
頑張ってますね。人生、楽しんでますね。腰はもう全快ですね。だけども過信は禁物、くれぐれもご無理はなされぬよう。
平岡は、平岡カントリーとかがあって、25年くらい前に3~4回ほど行った事があるような。
Commented by RW at 2008-10-25 20:48 x
しむけん殿、このあたりは一応名古屋圏なんですね。
でも愛知・長野・静岡の県境という所もなかなかの秘境だということを身をもって知りました。
Commented by ペガサス at 2008-11-04 07:15 x
RWさんの、エネルギーは、マグマ級ですね。
いつの間に・・・ 
   やめられない…止まらない・ ・ ・ ♪ ♪ ~
Commented by rollingwest at 2008-11-04 21:25
カッパえびせ~ん・・どすな。 確かに山はやめられない。

<< 「アーティスト別・名盤レビュ... <2008年10月7日>... >>