<2017GW>「佐渡ケ島」一周の旅④:朱鷺と古刹を巡る旅(内陸部編)


c0119160_17165340.jpgc0119160_17172028.jpg
c0119160_17174637.gif

                      佐渡ケ島一周の旅③:外海府~佐渡最北端編より続く


★佐渡最北端から内海府を南下、再び両津方面へ


弟&娘との佐渡一周の旅(2017年GW)はいよいよ3日目に入りました。日本海に沈む夕日と昇る朝日を同じ場所から眺めることができた佐渡最北端(大野亀・二つ亀)に別れを告げ、朝7:00過ぎにホテルを出発。内海府海岸道路を南下して再び両津方面へと向かいました。


  .....佐渡ケ島の北東海岸は内海府と呼ばれる。観光名所は少ないが景観はやはり雄大....
c0119160_17214415.jpgc0119160_17385445.gifc0119160_17395363.png
c0119160_17402158.png


  .....両津に戻ってくると佐渡ケ島の最高峰「金北山」(1172m).の雄姿が再び見えてきた!...
c0119160_17485722.jpgc0119160_17491857.jpg
c0119160_17493978.jpg


旅の2日目は佐渡北部海岸(外海府)の豪快大自然を満喫したでしたが、今日は佐渡のシンボル・朱鷺、能舞台、穴場の古刹、島流しされた日蓮上人の足跡などを巡るコースを紹介します。
c0119160_17453118.pngc0119160_17461477.jpgc0119160_18501090.jpg
c0119160_17463625.jpg







★「トキの森公園」、40数年ぶりに朱鷺(Nipponia nippon)と再会!


両津から加茂湖を対面側に回り込むと新穂の「トキの森公園」に到着します。ここは佐渡観光メイン名所の一つだけにやはり人の数が多いね~! 入口に向かうとトキの野生復帰を応援するマスコット「サドッキー」が出迎えてくれました。朱鷺と会うのは中学生の家族旅行以来かなあ・・!


  .....「トキの森公園」に到着、朱鷺見学の前に弟・娘と3人でサドッキーを囲んで集合写真....
c0119160_19194540.jpgc0119160_19202779.jpg
c0119160_19205114.jpg


  .....「トキの森公園」はトキ保護センター内の一般公開施設、リニューアルされて見易い展示だ!....
c0119160_19261294.jpg
c0119160_19263131.jpg


トキは日本では古文献に「桃花鳥」と記され、明治時代までは全国各地に生息していました。乱獲・開発による水田の消失・農薬環境影響等で激減、一時絶滅したと思われましたが、昭和8年に新穂村で営巣が確認され天然記念物に指定されました。


  .....(左)朱鷺の学名は「Nipponia nippon」  (中)日本最後の国産朱鷺だった「キン」の剥製....
c0119160_19314761.jpgc0119160_19321009.jpg
c0119160_19330020.jpg


最後の日本産朱鷺だった「キン」が2003年に死亡、現在生息するのは中国産子孫のみとなってしまったため、保護増殖活動・野生復帰の放鳥試みが続けられています。「トキ資料展示館」には、資料を多数展示。保護増殖に関するパネルや映像資料、剥製標本などを見ることができます。


  ..... さあいよいよ次は実物の朱鷺が飼育されているケージへ!40数年ぶりの対面だ!....
c0119160_19364514.jpg
c0119160_19365750.jpg


「トキふれあいプラザ」はケージ内で飼育されている朱鷺を間近に観ることができる人気スポット。設置双眼鏡で朱鷺の飛翔や採餌、巣作りなどを間近で見ることができます。


  .....「トキふれあいプラザ」は朱鷺が飛翔できる大型ケージ、マジックミラー越しの観察が可能....
c0119160_19433525.jpgc0119160_19441499.jpgc0119160_19444363.jpgc0119160_19495552.jpgc0119160_19502383.jpg
c0119160_19522591.jpg


                       佐渡ケ島一周旅②:七浦・佐渡金山・尖閣湾編   

今回の旅では、新穂の田んぼで野生に戻った朱鷺の姿が見られると大いに期待したものの、夢が叶わなかったのはちと残念でした。でもこれからどんどん朱鷺の自然繁殖が進み、昔のように田んぼで泥鰌を啄む光景が普通に見られる時代になっていくことを願います。





★「本間家能舞台」~奈良平安時代からの「古刹「清水寺」「長谷寺」を巡る


次はトキ保護センターの近くにある本間家能舞台に立ち寄ってみよう。明治18年に建立の本間家能舞台は加茂湖のほとり吾潟という地域にあり、個人所有ですが音響用の甕が床下に埋められてある本格的なもので全国でも珍しい能楽舞台です。


  .....佐渡宝生流の本拠として当代18代目の由緒ある「本間家・能舞台」を見学....
c0119160_20110736.jpg
c0119160_20113892.jpg
c0119160_20161615.pngc0119160_20181563.jpg
c0119160_20190321.png


佐渡のお寺といえば日蓮系だけかと思いきや、現地周遊してみて奈良平安時代に創建された素晴らしい古刹が沢山あることを再認識しました。その中でも最も感動したのは清水寺!京都の清水寺(kiyomizudera)に由緒あるお寺ですが、佐渡ではseisuijiと呼ばれます。


  .....(上)最初の古刹探訪は「清水寺」から訪問  (下)新緑の中に巨大な舞台建築が出現!....
c0119160_20334482.jpgc0119160_20351619.jpg
c0119160_20355529.jpg

c0119160_20431813.jpgc0119160_20471942.jpg
c0119160_20482884.jpg


佐渡の人々も京都清水寺を参拝できるようにと桓武天皇の勅命を受け、805年、賢応法師が来訪し当地に大舞台がある寺を建立しました。朽ち果て感がある古めかしい求世殿舞台に登り3人は大感動!この舞台前方に臨む曙の木の根元には黄金が埋られている伝説があるそうな・・


  ....京都清水舞台を模して建築された「求世殿舞台」、廃寺の如く朽ちた雰囲気が魅力的!....
c0119160_21002552.jpgc0119160_21013309.jpgc0119160_21021599.jpg
c0119160_21032446.jpg
c0119160_21085702.jpgc0119160_21094269.jpg
c0119160_21102990.jpg


次は畑野地区の「長谷寺」(choukokuji)を訪問しました。仁王門をくぐり、石段の参道を登ると観音堂・多宝塔(五智堂)に至ります。奈良「長谷寺」を模した古刹で807年弘法大師の開基。佐渡上陸後の世阿弥が立ち寄り「金島書」に記した所縁ある寺で牡丹など「花の寺」としても有名です。


  .....(左)佐渡中央部に鎮座する清水寺・長谷寺 (右)「長谷寺」新緑の長い石階段を登る....
c0119160_21141894.jpgc0119160_21145748.jpg
c0119160_21155418.jpg
c0119160_21182765.jpg
c0119160_21190327.jpg

c0119160_21210735.jpg
c0119160_21214854.jpg


長い参道階段ですが新緑に覆われた爽やかな雰囲気に満ち溢れ実に気持ちがよかった・・。観音堂・五智堂など威厳ある建物が続々登場!1434年佐渡へ流罪となった世阿弥が太田浦に上陸し、配流先の新穂万福寺に向かう途中で長谷寺に立ち寄ったと云われます。


  .....佐渡・能芸能の始祖「世阿弥」が島流しされこの峠道を越えたと謂れの地・句碑....
c0119160_21370430.jpg
c0119160_21373384.jpg
c0119160_21392925.jpgc0119160_21395811.jpg
c0119160_21402985.jpg


弘法大師作の十一面観音(国の重要文化財)、平安期金剛力士像もあり歴史を物語る文化財の宝庫のようです。佐渡のお寺がこんなにも歴史が深い魅力満載の古刹だったとは・・、目から鱗!


  .....(左)(右) 赤い扉の多宝塔(五智堂)  (中)観音堂 (下)竹林の道を周遊して下山路へ....
c0119160_21434212.jpgc0119160_21441523.jpg
c0119160_21444676.jpg
c0119160_21480544.jpgc0119160_21483922.jpgc0119160_21491191.jpg
c0119160_21494140.jpg






★日蓮上人が配流後、根本経典を著した所縁地「根本寺」


佐渡・名刹探訪の最後は、島流しとなった日蓮が2年半の流人生活を送り、「開目抄」を著した日蓮宗霊跡「根本寺」を訪問しました。寺名は根本経典を著したことに由来していたのか~、成程!


  .....日蓮宗霊跡「根本寺」、佐渡では最も大きな名刹、広大な敷地でよく整備されている....
c0119160_22105558.jpgc0119160_22113356.png
c0119160_22120346.jpg

c0119160_22153786.jpgc0119160_22161122.jpgc0119160_22170850.jpg
c0119160_22174967.jpg


根本寺の境内には日蓮に関わる様々な史跡が残っています。二王門が二つあるのも珍しい!一番奥には立派な本堂・塚原三昧堂あり、ここで他宗の僧と塚原問答を闘わせた場所。この地で著した「開目抄」法華経の正しい心得方を説いた日蓮宗の根本教典です。


  .....(左) 明治12年に改築された太鼓堂  (右)本堂から広大な境内を俯瞰する....
c0119160_06110475.jpgc0119160_06115023.jpgc0119160_06122214.jpg
c0119160_06125409.jpg


  .....流罪された日蓮は「塚原・三昧堂」に閉じ込められ、堂内に籠って「開目抄」を著した....
c0119160_06183516.jpgc0119160_06191060.jpgc0119160_06194667.jpg
c0119160_06202625.jpg

c0119160_07071575.jpg
c0119160_07074425.jpg


これで全国の日蓮所縁の地は9割程制覇しました。生誕地・安房鴨川(千葉)、修行を積んだ比叡山(京都)、権力と対峙し迫害を受けた鎌倉、流罪となった佐渡、一大道場を築いた身延山(山梨)、生涯を閉じた池上本門寺(大田区)、配流の佐渡にて「根本寺・妙宣寺五重塔」を訪問できて大満足!


  .....(左) 佐渡初日に対面した日蓮聖人佐渡銅像、ドでかい!  (右) 日蓮史跡全国MAP ....
c0119160_07112973.jpgc0119160_07121597.jpgc0119160_07125715.jpg
c0119160_07133618.png
                     <2016年4月>身延久遠寺(日蓮・波乱の生涯)


   ..... 佐渡初日に対面した五重塔の名刹「妙宣寺」、この寺も日蓮に所縁深い寺だった.....
c0119160_07232029.jpgc0119160_07235150.jpgc0119160_07244775.jpg
c0119160_07252706.jpg


トキ、能舞台、古刹、日蓮史跡を巡り、弟を両津港のフェリー乗り場に送りました。彼は仕事があるので旅途中での離脱となりますが、佐渡初体験の3日間旅は充実した内容だったので非常に満足してくれたようです。さて今度は娘との2人旅・・、佐渡南海岸ルートから小木へと向かいます。


  .....佐渡の旅レポはまだまだ続きます。次回は岩首棚田・赤泊・沢崎鼻灯台等が登場....
c0119160_07325335.jpgc0119160_07332901.jpgc0119160_07342078.jpg
c0119160_07350094.jpg

                                                                         佐渡ケ島一周の旅①:新潟~両津~相川編 


                                                おわり

  # by rollingwest | 2018-03-19 07:35 | Comments(150)

<2017早春>伊豆半島・夫婦旅③:中伊豆(修善寺温泉・梅林、吉奈温泉)

c0119160_19441025.jpgc0119160_19450741.jpgc0119160_19453035.jpgc0119160_19455768.jpg

*昨年早春の伊豆半島夫婦旅の最終編(南伊豆~中伊豆・修善寺温泉宿泊↓からの続き)です。

              <2017早春>伊豆半島・夫婦旅①:南伊豆(河津・下田)【前編】
              <2017早春>伊豆半島・夫婦旅②:南伊豆(河津・下田)【後編】より続く




★中伊豆「修善寺温泉」の朝散歩・足湯満喫


2017年早春の夫婦旅レポート(最終編)は中伊豆「修善寺温泉」の朝散歩からスタート。前日の南伊豆観光(河津桜・下田幕末史跡)を楽しみ「ホテル滝亭」で宿泊、翌朝は朝食を済ませてチェックアウト後に温泉街散策&修善寺歴史探訪を大いに満喫しました。


    .....ホテル滝亭のメインダイニングで朝食を摂りながら。朝の修善寺温泉街を見下ろす...
c0119160_19530227.pngc0119160_19540076.jpg
c0119160_19545060.jpg

  .....(左)「修善寺温泉」は伊豆半島中央部にある  (右) 由緒ある温泉街を歩いてみよう....
c0119160_20025410.jpg
c0119160_20034843.jpg


伊豆の小京都と呼ばれる伊豆最古の温泉場「修善寺」。空海が開山した「修禅寺」(一字違い)がルーツですがオススメ散策ルーが豊富にあり、趣き深いお店や足湯などが点在、街を流れる「桂川」沿いには清々しい「竹林の小径」朱塗りの橋など古都の風情に浸ることが出来ます。


  .....2月の朝はやや肌寒さを感じつつも、浴衣姿で下駄をカランコロン鳴らしながら温泉街を歩く....
c0119160_20184756.jpgc0119160_08230823.pngc0119160_08235603.jpgc0119160_20203047.jpg
c0119160_20214264.jpg


修善寺温泉は1200年の歴史を持つ「伊豆三古湯」の1つで「独鈷の湯」がルーツ、807年当地を訪れた弘法大師が桂川で病気の父親の体を洗う少年の姿に心を打たれ、手にしていた独鈷杵(仏具)を打ちつけて霊湯を湧き出させたのが発祥といわれます。


  .....(左)お目当ての「独鈷の湯」(修善寺温泉のシンボル)が見えてきた!ここが温泉発祥地....
c0119160_20295651.pngc0119160_20304384.jpgc0119160_20312626.png
c0119160_20320477.jpg


その後少年の父親の病気が治ったことから、中伊豆で温泉療法が広まった「独鈷の湯」は伊豆最古の温泉ともいわれ、今も熱い湯が湧き修善寺のシンボルです。桂川の中央部に鎮座する源泉は足湯として開放されており、カミさんと足を温めながら霊場湯の朝風情を味わえました。


    ..... 「独鈷の湯」の足湯に浸かりながら、朝から幸せ気分、実に風情がありますナ~....
c0119160_20405033.jpgc0119160_20413380.pngc0119160_20531959.pngc0119160_20422994.jpg
c0119160_20430518.jpg
c0119160_20433868.jpg
c0119160_20442621.jpg







★修善寺の街・歴史探訪(修禅寺~指月殿~竹林の小径)


まずは修善寺の地名ルーツである弘法大師が開創した「修禅寺」を訪ねてみよう!空海だから真言宗と思いきや何と曹洞宗!初めは真言だったがその後臨済→曹洞と改宗したらしい。歌舞伎題材としても有名な「修禅寺物語」(源頼家・悲運の最期を描いた戯曲)も舞台でもあります。


  .....修善寺発祥地「修禅寺」、空海開創の寺を禅宗に変えたから禅の字を採用したのかな?....
c0119160_21062049.jpgc0119160_21070652.jpg
c0119160_21075191.jpg


  .....「修禅寺物語」は岡本綺堂1911作、源頼家の死を背景に修禅寺の面作り夜叉王の物語....
c0119160_21125208.jpgc0119160_21134899.jpgc0119160_21143111.jpg
c0119160_21151598.jpg


さて温泉街をスタートして地元お薦めの散策コースに入ります。レトロな街並を通過し鹿山の麓に上がると、鎌倉時代に暗殺された源頼家(頼朝の息子)の墓と経堂「指月殿」がありました。息子の冥福を祈り北条政子が寄進した本堂は伊豆最古の木造建築物で実に風格あり!


  .....(右) 修善寺の象徴的建物「筥湯」  (下)雰囲気ある温泉街散策道は実に気持ちいい....
c0119160_21251282.jpgc0119160_21261090.jpgc0119160_21265186.jpgc0119160_21283763.jpg
c0119160_21291902.jpg

.....北条政子寄進の「指月殿」、伊豆最古の建築物脇には暗殺された息子・源頼家の墓がある....
c0119160_21411730.jpgc0119160_21421342.jpgc0119160_21431909.jpgc0119160_21440932.jpg
c0119160_21445371.jpg


次は「竹林の小径」へと歩き進んで行きます。桂川に沿う遊歩道は20年前に整備されたコースで風情ある竹林道を歩き進むと茶処や火の見櫓が目を楽しませてくれるネ~。竹林の中央では大きな竹製の円形ベンチがあり清涼感溢れる空気の中で寛ぎの時間を過ごしました。


   .....「竹林の小径」はまさに京都のような雰囲気、背の高い竹林道に日が差し込む....
c0119160_21542480.jpgc0119160_21551062.jpgc0119160_08252964.pngc0119160_21554953.jpg
c0119160_21563023.png


  .....竹林の中央広場の円形ベンチでカミサンもねころん癒しの時間・・あぁ疲れが取れる~....
c0119160_22025375.jpgc0119160_22032371.jpgc0119160_22050038.jpgc0119160_08265149.jpg
c0119160_22052954.jpg


桂川沿いには5つ赤い橋があり川を何度か渡りながら温泉街を周遊しました。最後は再び修禅寺に戻り、隣にある神社「日枝神社」に参拝。この境内には高さ25mの「一位樫」が鎮座しています。県の天然記念物で、根元が一つになっている樹齢800年の「子宝の杉」もありました。


 ....(上)温泉街には朱塗り橋が5つ(恋の橋巡り) (下)「日枝神社」、巨大な一位樫が鎮座....
c0119160_22171879.jpg
c0119160_22175802.jpg
c0119160_22183316.jpgc0119160_08394507.jpgc0119160_22200654.jpgc0119160_22191861.jpg
c0119160_22213413.jpg







★富士山も望める広大な「修善寺梅林」


修善寺といえば富士山が望める広大梅林が有名!是非とも行ってみたかったので立ち寄ってみました。樹齢百年の古木や若木も合わせて20種千本の紅白梅が植えられていて実に圧巻!


  .....「修善寺梅林」、小高い3万㎡丘稜地に広がる大規模な梅林に早春の花が咲き乱れる....
c0119160_05154329.jpgc0119160_05160184.gifc0119160_05165066.png
c0119160_05183323.png
c0119160_05254906.jpg
c0119160_05260318.jpg
c0119160_06001421.jpgc0119160_06004149.jpg
c0119160_06011090.jpg


朝一番の訪問だったので人の姿は殆どなく静かな散策が楽しめました。やや地味な印象でしたが西と東の梅林が紅白に咲き誇りふんわりと梅の甘酸っぱい香りがわが鼻孔をくすぐった・・


   ....東西2つの大規模梅林を周遊、春を待ち焦がれる気持ちに梅を見ると心も豊か!....
c0119160_06073314.jpg
c0119160_06082720.jpg
c0119160_06090411.jpg
c0119160_06102526.jpg






★旅の最後も「足湯」に癒されて・・「吉奈温泉」でリッチな時間


  ....帰路途中に、江戸時代より伝わる子宝の霊湯「吉奈温泉」(創業400年)へ立ち寄ってみる...
c0119160_06165131.jpgc0119160_06173488.jpg
c0119160_06193114.png


カミサンが帰りに立ち寄ってみたいという「吉奈温泉」、修善寺温泉のすぐ近くにある長久歴史を誇る古湯ですがRWは初めて聞いた名前です。しかし知る人ぞ知る高級リゾート温泉として密かな人気があるようで実際に訪問してみて大いに納得!


  .....「東府や」は吉奈川沿い広大敷地に客室、食事処、温泉が点在する「和のリゾート」....
c0119160_06242251.jpgc0119160_06254459.jpg
c0119160_06262059.jpg


吉奈温泉は奈良時代に高僧行基によって発見された伊豆最古の温泉。江戸時代は徳川家康側室「お万の方」が入湯して紀伊・水戸の徳川親藩の世継ぎを生み「子宝の霊湯」として知られ多くの方が子宝祈願に訪れているとのこと


  .....(左)徳川家康側室・養珠院「お万の方」 (中)樽桶オブジェが面白い(右)高級美術品満載....
c0119160_06313563.jpgc0119160_06320529.jpg
c0119160_06323569.jpg


地元の老舗旅館「東府屋」を2011年に赤倉観光(オーナーが伊豆出身)が買い取り「東府やResort&Spa-Izu」として再出発させた宿!川沿いの高級客室に工夫が凝らされ、上質料理、森林浴温泉楽しめる伝統と和モダンのリゾート感が満載!高価格でRWには無縁そうだ・・(苦笑)


  .....(左)由緒ある入り母屋造くりの建築は威厳ある風格 (右)高級クラシック外車が玄関前に!....
c0119160_06353818.jpg
c0119160_06360834.jpg


カミサンの目当ては足湯が併設されているベーカリー・カフェパンのお店!国産小麦を使った焼き立てパンを買って、プールみたいな光景が広がる足湯(水に面してずらりと並ぶ席の足元)に浸かりながら美味しい焼き立てパンとコーヒーを味わいながら癒しの時間を過ごしました。


  ..... 吉奈川の橋を渡るとプールみたいなテラス店舗が現れる!カミサン待望の足湯カフェ....
c0119160_06432934.jpgc0119160_06440649.jpg
c0119160_06444438.jpg
c0119160_06510936.jpgc0119160_06513822.jpg
c0119160_06520820.jpg


最後は川端康成が伊豆の踊子を書いた有名な湯ヶ島温泉の老舗旅館「湯本館」(明治5年創業)に立ち寄って帰宅しました。川端康成の神経痛も一週間で癒したという効能ある温泉だそうです。


 .....狩野川ほとりに露天風呂がある湯ヶ島温泉「湯本館」、川端康成「伊豆の踊子」執筆の宿....
c0119160_06564216.jpg
c0119160_06571494.jpg


2~3年に1回くらいのカミサンとの2人旅でしたが、満開の河津桜、下田の幕末・開港史、足湯と歴史散歩(修禅寺温泉・吉奈温泉)、満開の紅白梅林など1泊2日ながら充実した伊豆旅でした。今年の冬は相当寒かったので、河津桜も修善寺梅林も2018年の開花は遅れ気味だったようです。満開時期の見極めがなかなか難しいですが皆様も一度お越しあれ!


  .....(左)河津桜満開の壮観!  (右)下田のペリーロード開国史散歩 (下)修善寺梅林....
c0119160_06594447.jpg
c0119160_07001461.jpg
c0119160_07015063.jpg
c0119160_07022028.jpg

  

                                                
おわり

  # by rollingwest | 2018-03-04 07:00 | Comments(156)

<2018年1月>中高同級生との南房総・インスタ映えハイキング


c0119160_07131706.jpgc0119160_07141393.jpgc0119160_07144217.jpgc0119160_07152229.jpg


★中高同級生との南房総ハイキング(充実の日帰り旅)


アウトドア活動2018事始めは1/27中高同級との「南房総ハイキング」(チバニアン、亀岩洞窟・濃溝滝、日本寺・鋸山、岡本桟橋)でした。絶好の冬型快晴に恵まれ、東京湾越しの冠雪富士山、最近インスタで話題になっている新たな名所・絶景を濃厚にレポートします。


  .....鋸山から俯瞰した東京湾越しの富士、手前は浜金谷港、遥かに横須賀が見える....
c0119160_07224348.jpgc0119160_07231857.jpg
c0119160_07233857.png


今回も定番メンバー(T鳥氏、N-minto様・ハマジュリ様・ryoko様)が元気に参加してくれました。昨年11月「都内紅葉ウォーキング(杉並)」以来2ケ月ぶりの再会ですが、この5人でのハイキングとなると2016年秋の「山梨白州」(尾白川渓谷・日向山)なので結構久しぶりかな・・。

                      <2017年11月>中高同級との杉並ウォーキング記事 

  .....南房総の大人気SPOT鋸山・日本寺大仏は今回で3回目だがいつ来ても素晴らしい!....
c0119160_19203013.jpgc0119160_19205818.jpg
c0119160_19212108.jpg


                     <2016年10月>中高同級・山梨白州ハイキング一泊旅  

鋸山・日本寺大仏は過去2度訪問していますが、昨今話題沸騰のチバニアン(77万年前の地軸逆転痕跡が残る地層露頭、国際登録が間近!)やインスタ映えでブームになっている新名所(亀岩洞窟・濃溝滝、富浦岡本桟橋)を初体験できることもあり、幹事としても大いにリキが入りました。




★川崎からアクアライン経由で「チバニアン」「亀岩洞窟・濃溝滝」へ初訪問


川崎駅に朝7:20集合してもらいRW車5人で乗り込んでいざ出発!東京湾アクアライン浮島ITに入る前にまずは川崎大師へ皆を案内して旅の安全祈願を済ませました。


  .....(左)川崎大師へ参詣、本堂前で集合写真  (右)シンボルの赤五重塔が青空に映える....
c0119160_05040274.jpgc0119160_19284729.jpgc0119160_19330456.jpgc0119160_05581314.jpgc0119160_19334008.jpg
c0119160_19340977.jpg

メンバー2~3人が川崎大師は初めてとのことで、本堂参拝後は朝の静かな境内の見所を案内。五重塔脇には弘法大師像があり囲むように四国八十八箇所霊場の寺名・詠歌が記された標柱があります。これに触って一周すると同じご利益に預かれるとのこと


  .....(左)目を引く赤い橋と白いインド仏塔  (右)八十八箇所霊場石標を巡るハマジュリ様....
c0119160_19444648.jpgc0119160_19460195.jpg
c0119160_19453368.jpg


今回は千葉県最南端を巡り多くの見所訪問を折込みましたが、日帰り旅(夜は川崎で懇親会)で行けるのはアクアラインがあるからこそ!バブル時代に巨額投資した東京湾横断道路は開所直後は超高額通行料でしたが、森田健作知事が就任後800円に設定してくれたおかげで実に利用しやすくなりました。今話題の地軸逆転チバニアン地層へ川崎から1時間半で行けるのです。いざ、出発~!


  .....川崎浮島ITからアクアラインを通りチバニアンには1時間半で到着できる便利さ....
c0119160_20084045.gifc0119160_20163190.jpg
c0119160_20165661.png


千葉県市原市にある養老渓谷地層は世界に認められた「チバニアン」と命名登録される予定です。
77万年前の地軸逆転の痕跡が残る地球歴史の一時代を代表するに「国際標準地」に登録され、千葉時代と呼ぶことになるのです。「山が少ない千葉県でなぜ?」と思うでしょう。


  ....田淵会館駐車場から15分歩くと養老渓谷に到着。ハイシーズンは駐車場確保がポイント....
c0119160_20195911.jpg
c0119160_20203572.jpg


実は千葉は地質学的に我が故郷柏崎と断層線で繋がっている最東端。日本列島を東西に分ける「フォッサマグナ」とは糸魚川・静岡構造線(西断崖)と柏崎・千葉構造線(東断崖)の2大断層線に囲まれた地溝帯という意味なのです。確かに新潟も茨城・千葉も地震が多い訳だ!


  .....これが70万年前に地軸(NS極)が一挙逆転したチバニアン地層!氷柱が凄い!....
c0119160_20230312.jpgc0119160_20271851.jpg
c0119160_20275915.jpg

当日の露頭地層周辺は巨大な氷柱が沢山!養老渓谷の川水面も氷が張っていました。27日の朝は東京都心も氷点下2度、1月下旬は6日連続氷点下という記録的な寒さ(34年ぶり)が続いていました。今冬は全国的に厳しい冷え込みが続いていますね~!


  .....養老渓谷は一面「氷の世界」、氷柱に覆われたチバニアン地層を見て地学勉強....
c0119160_20434295.jpg
c0119160_20442098.jpg
c0119160_20485993.jpg
c0119160_20494322.jpg


   .....チバニアン正式登録後の渓谷はさらに人気となり大混雑が予想されるなあ・・....
c0119160_20535974.jpgc0119160_20552029.pngc0119160_20561364.jpgc0119160_20565639.jpg
c0119160_20572741.jpg


次に訪問したのは近年SNSで発信され君津市を代表する観光名所に大ブレイクした「濃溝の滝」「亀岩の洞窟」でした。季節によっては陽が差し込みむとハート型の光が現れジブリ世界の様な絶景が見られると話題になり、ハイシーズンは観光バスが押し寄せる人気SPOT!


    .....インスタ映えで大人気になっている「濃溝の滝」「亀岩の洞窟」を初訪問....
c0119160_21092022.jpgc0119160_21100592.jpgc0119160_21135106.jpgc0119160_21114891.jpg
c0119160_21110138.jpg

  ....ハートの光は今回残念ながら見られなかったが、ジブリ的な幻想的景観で話題沸騰....
c0119160_21385482.jpg
c0119160_21393087.jpg


清水渓流広場の駐車場から、幸運の鐘・濃溝滝・洞窟を見学、さらに進むと湿原ハイキング木道コースが現れました。ハイシーズンには多くの若いカップルが訪れるロマンチックコースですが還暦男女にとっては「何だ、こんなもんか・・」とやや期待外れ。まあ、ハートの光が見られたら感動したのかも・・


  .....残雪の木道コースを進み、清水渓流広場の駐車場に到着、お洒落なお土産店あり....
c0119160_21420901.jpg
c0119160_21424600.jpg





★南房総最大の観光名所「鋸山」で絶景ハイキング


さて次は皆が大いに期待する鋸山ハイク!鋸山は千葉県内房に聳える低山(329m)で海越しの富士山が見られる絶景の山。ロープウェイでも行ける手軽さですが、やはりこの山は大仏・羅漢像・巨大観音像を見ながら周遊歩きをしてこそ歴史的な雰囲気が深く味わえます。


  .....鋸山に上がっていく浜辺から眺めた海越し富士山、伊豆半島・伊豆大島も見えた....
c0119160_21570387.jpgc0119160_21575072.gifc0119160_21585323.jpg
c0119160_21593538.jpg


鋸山・東口管理所の駐車場(ここは無料)に車を置き、拝観料600円を支払い、まずは日本寺の大仏との対面を目指します。こんなに寒い1月下旬だというのに梅が咲き始めている!


  .....(左)鋸山ウォークは多様なコース歩きを楽しめる  (右)もう梅が咲いている!さすが南房総....
c0119160_22100073.jpg
c0119160_22104254.jpg


日本寺は約1300年前、聖武天皇の勅詔を受けて行基菩薩が開いた関東最古の勅願所です。鋸山の南側斜面10万坪余りの境内に、日本寺大仏(薬師瑠璃光如来)、百尺観音像、千五百羅漢石像群など鎮座しており実にバラエティな歩きが楽しめます。


  .....奈良東大寺大仏の1.8倍の高さを誇る「日本寺大仏」(高さ31m)、ヒャ~でかい!....
c0119160_22162999.jpgc0119160_22220244.jpgc0119160_22224382.png
c0119160_22232209.jpg


鋸山南斜面に広がるコースには千五百羅漢と呼ばれる1553体の石像群があります。石仏は1780年に日本寺禅師の発願により、上総国の石工達が21年をかけて彫ったもので一つとして同じ顔がなく見応えある羅漢群が鎮座する圧巻の散策道です。


  .....「千五百羅漢道」を登りゆく。凄い数の羅漢たち、結構首がない石仏も多かった....

c0119160_22321882.jpgc0119160_22424971.jpgc0119160_22331418.jpg
c0119160_22335466.jpg
c0119160_22445841.jpg
c0119160_22454175.jpg
c0119160_22494021.jpg
c0119160_22501490.jpg


羅漢道コースは急坂、もっと簡単に上がれると思い込んでいた女性陣はヒーヒー喘いでいる。二天門・西国観音を過ぎて漸く山頂展望台へと出ると、壮観なる大絶景が目に入ってきました!


  ....「鋸山展望台」大絶景!東京湾・三浦半島を従えた冠雪富士の雄姿にみたび会えた!....
c0119160_06175868.jpgc0119160_06182421.jpgc0119160_06184815.jpg
c0119160_06191405.jpg


     .....高さ100mの断崖絶壁(地獄のぞき)真下を覗けば地獄ではなく観音様が鎮座....
c0119160_06233342.jpg
c0119160_06235532.jpg


ここからの絶景を満喫するのはやはり西高東低の冬型快晴日に訪れるのがお薦め、です。名物ライオン岩(獅子咆哮)の最先端に上がり、東京湾大絶景を俯瞰できて皆さんは大喜び!


    .....海越しの冠雪富士が実に素晴らしい!右はまさに獅子が咆哮する「ライオン岩」....
c0119160_06281194.jpg
c0119160_06282880.jpg
c0119160_06284798.jpg
c0119160_06290983.jpg


鋸岩展望台から降りて、地獄のぞき直下へと向かい石切り場を過ぎると高さ30mの「百尺観音」が現れます。戦死病没殉難者と交通犠牲者供養のために年の歳月をかけて昭和41年に昔の石切場跡に彫刻されました。鋸山観音とは3回目の対面ですが、九州国東半島の磨崖仏群を思い出しました。


  .....石切り場には巨大な磨崖仏「百尺観音」、いつ見ても圧倒されるありがたきお姿!....
c0119160_07194696.jpgc0119160_07203025.jpgc0119160_07211844.pngc0119160_07215842.jpg
c0119160_07224970.jpg


  .....ライオン咆哮する地獄のぞき直下は地獄ではなく、慈愛観音様が鎮座(極楽じゃ~)....
c0119160_06224178.jpg
c0119160_06225932.jpg


百尺観音から散策道を進み西口管理所分岐から右手に登る展望台があります。ここは浅間神社も鎮座する「十州一覧台」。十州とは、安房・下総・上総・常陸・上野・下野・武蔵・相模・伊豆・駿河、つまり関東圏の旧10ヶ国が全て俯瞰できる絶景パノラマが味わえます。東京湾フェリー(横須賀・久里浜~浜金谷)も見えるぞ!丁度12時になってきたのでここで昼食


  .....「十州一覧台」パノラマを見ながら昼食。東京湾・冠雪富士や横須賀・浜金谷を俯瞰....            
c0119160_06261680.jpgc0119160_06263735.jpg
c0119160_06272018.jpg
c0119160_06592730.jpg
c0119160_07013217.jpg
c0119160_07020417.jpg


昼食を済ませて今度は西口管理所の麓に鎮座する数々の史跡を訪問しながらの下山コースへ!不動滝・弘法大師護摩窟・通天窟・源頼朝蘇鉄・源氏不動・乾坤稲荷・薬師本殿・大黒堂と歴史深い見所が続々と登場します。全く飽きない楽しいウォーキングコースですね~!


  
   
.....(上) 不動滝  (下)通天窟と修験道・密教史跡を訪問し明るい参道へと出た....
c0119160_07405894.jpgc0119160_20592730.jpg
c0119160_07413189.jpg
c0119160_07432951.jpg
c0119160_07435906.jpg

鋸山は円仁(慈覚大師)や空海(弘法大師)などの名僧が修行に訪れた山全体が霊域となっているパワースポット!東京湾の冠雪富士の絶景とあわせて大いなる力を頂きました。


      .... 薬師本殿・源氏不動・大黒堂を見て再び、日本寺大仏の駐車場へと戻る....
c0119160_07461449.jpgc0119160_07464469.jpgc0119160_07472768.jpgc0119160_07481228.jpgc0119160_07491691.jpg
c0119160_08040526.jpg
c0119160_08043043.jpg







★締めもインスタ映えSPOT!旅の終わりはモトスミ居酒屋で打ち上げ会


次も今話題の穴場SPOT!インスタ映えで掘り起こされた富浦原岡海岸の「岡本桟橋」を訪ねてみました!富士山が見える千葉県海岸はどこにでもありますが、「海富士に向かって伸びるレトロな木桟橋は唯一の場所!」と写真家の間では絵になる絶景が大人気になっています。


  .....知る人ぞ知る話題の「岡本桟橋」(富浦原岡海岸、海富士に向かって伸びる木桟橋....
c0119160_19152477.jpg
c0119160_19154102.jpg
c0119160_19172929.jpgc0119160_19174877.jpg
c0119160_19182549.jpg


  .....(左)木桟橋最先端で富士山をバックに集合写真  (右)夕暮れ絶景(ネット写真より)....
c0119160_19222766.jpgc0119160_19224424.jpg
c0119160_19230087.jpg


15時過ぎ富浦海岸から富津立山道路(コチラは高速料金4千円)~アクアライン(800円)に乗り「海ほたる」で夕暮れの東京湾絶景を楽しみました。東京湾横断道路を掘削したシールドマシンノカッターモニュメントが印象的!2016年11月大学サークル還暦同級会の帰りに寄って以来の再会だネ。

                  <2016年11月>大学サークル同期アラ還合宿(南房総の旅) 


  ....アクアライン「海ほたる」、東京湾のド真ん中に浮かぶ絶景満喫のオアシス休憩所....
c0119160_19532850.jpg
c0119160_19524456.jpg
      .....東京湾海底を掘削したシールドマシンのカッターモニュメントで今日最後の集合写真....
c0119160_19560624.jpg
c0119160_19562240.jpg

夕暮れ迫る「海ほたる」の最前線展望台からは東京湾に浮かぶ大都会の摩天楼群やスカイツリーの幻想的シルエットが実に素晴らしい!今日の充実した南房総旅の余韻に浸り大満足気分


  .....(左)ヨットの帆みたいな「風の塔」  (右)横浜ランドマークタワーと霞んだ夕暮富士がコラボ....
c0119160_20035817.jpg
c0119160_20041633.jpg



  .....夕暮れ東京湾の絶景を見ながら楽しい一日を噛み締め直す。さあ川崎へ戻ろう!...
c0119160_20070656.jpg
c0119160_20074013.jpg


川崎浮島ITを降り、RW自宅(川崎・元住吉)に到着したのは17:30過ぎ。その後は超ボリュームで有名な地元の居酒屋に繰り出して打上げ会を開催。20:00頃に解散、お疲れ様でした~!


  ....地元の名店居酒屋「オリエンタル」、注文しすぎてしまい食い切れないボリューム....
c0119160_20103107.jpg
c0119160_20104689.jpg

c0119160_20160702.jpgc0119160_20251420.jpg
c0119160_20255457.jpg


今回企画もRW晴男幹事の面目躍如で天に感謝!インスタ映えする絶景見所を十二分に満喫して日帰りで無事帰宅できて実によかったなあ・・。翌日は二日酔い気味でしたが・・(苦笑)


   .....再び、鋸山・展望岩から東京湾の冠雪富士山を噛み締め直してみて下さい!....                
c0119160_20373696.jpg

  .....(左) 菱川師宣記念館前で見返り美人ポーズ (中)東京湾ビル群絶景 (右)ライオン岩咆哮....   
c0119160_20382330.jpgc0119160_20390544.jpg
c0119160_20394849.jpg



                                                 おわり

  # by rollingwest | 2018-02-16 20:45 | Comments(140)