【常陸・房総の旅】⑦:「千葉・茨城・栃木の県境地」(関宿・坂東、結城・古河)

c0119160_06183467.jpg
c0119160_06191225.jpg

                              【常陸・房総の旅】⑥:野田・関宿より続く


★昨年公開した【常陸・房総の旅】の続編再開! (前回記事のおさらい)


常陸・房総の旅シリーズも今回で7回目を重ねます。前回編⑥は、千葉県野田市(醤油醸造・利根川水運・関宿水門)でしたが、今回は関宿から茨城県に入り坂東・結城・古河の歴史を紹介。千葉・茨城・栃木の県境地って何となく中途半端で、両毛エリア同様に無名で地味な場所ですが穴場見所は結構あるのです。


   .....野田(千葉)・坂東(茨城)は全国的に印象薄く「ちばらき」と揶揄される場所....
c0119160_06215482.jpgc0119160_06223427.jpgc0119160_06231410.jpgc0119160_06300337.jpg
c0119160_06235216.jpg


まずは前回の「野田市」レポートを軽くおさらいしましょう。野田市は千葉・茨城・埼玉に挟まれ一体どこの県か分かりにくいですが千葉県に属します。ここに日本最大の醤油メーカー「キッコーマン」の本社と野田工場があります。常磐自動車道柏ICから利根川沿いに北上


     ....ここに世界最大の醤油メーカー「キッコーマン」の本社と野田工場がある....

c0119160_07085584.jpgc0119160_07093686.jpg
c0119160_07095753.jpg

キッコーマン工場敷地内に設置された「もの知りしょうゆ館」で醤油醸造工程(原料麹・もろみ熟成・圧搾工程)や歴史展示を見学し、その後はキノエネ醤油(レトロな醸造所)や野田市内の街並み・史跡探索を巡ってみました。


    .....世界一のキッコーマン 「もの知りしょうゆ館」で醸造工程や利根川水運歴史をお勉強....
c0119160_07124414.jpgc0119160_07131152.jpgc0119160_07134456.jpg
c0119160_07140372.jpg


     ....キノエネ醤油醸造所は古い木製工場、手作りがあって実に雰囲気あるネ~....

c0119160_07363075.jpgc0119160_07364866.jpg
c0119160_07371177.jpg

       .....利根川水運・江戸川治水の最大キーポイント「関宿水閘門」を訪ねる.....
c0119160_07524050.jpgc0119160_07525819.jpg
c0119160_07532354.jpg

c0119160_07565349.jpgc0119160_07574043.jpg
c0119160_07580035.jpg


江戸川・利根川分岐点にある中之島公園(昭和初期の江戸川改修で造営)を散策し関宿水閘門を見学、関宿城博物館で水運史を再び勉強しました。徳川家康が利根川を銚子に東遷させた事業、江戸・明治期の治水史遺産、江戸経済を支えた重要拠点だったのかとあらためて再認識しました。


     .....関宿城博物館や水閘門を見学し、ここでも利根川の水運歴史を再学習....
c0119160_19193109.jpgc0119160_19201295.jpgc0119160_19205637.jpg
c0119160_19212024.jpg



関宿の発展理由は、①江戸に幕府が置かれ人口増加で醤油需要が増え和歌山(醤油発祥地)から船で運ぶ物流が拡大 ②太平洋に出ると黒潮影響で難破する危険性が高く安全な利根川経由の内陸水運が効率的 ③銚子・野田・土浦に醤油醸造所が続々進出 ④利根川~江戸に水運が繋がる関宿の繁栄に繋がったという訳です。


   .....関宿の繁栄、水閘門は近代治水事業の象徴、江戸時代は醤油を江戸に運ぶ水運基地....
c0119160_19340291.jpg
c0119160_19343197.jpg
c0119160_19371405.jpgc0119160_19373758.jpgc0119160_19380117.jpg
c0119160_19384337.jpg







★関宿「鈴木貫太郎記念館」、終戦宰相の波乱万丈人生


前回は関宿記事だったので、今回は関宿に縁が深い大人物「鈴木貫太郎」(太平洋戦争を終わらせた名宰相)にスポットを当てます。そして利根川を渡り茨城県坂東市の「平将門」(日本三大怨霊、江戸の総鎮守・神田明神も祭神)のルーツをレポート!


  .....外環状「圏央道」茨城エリアが全面開通し、関宿・坂東へアクセスは飛躍的に向上.....
c0119160_19522930.jpgc0119160_19533051.jpg
c0119160_19542316.jpg


関宿には「鈴木貫太郎記念館」があります。鈴木は「2.26事件」で襲撃され一度死にかけましたが奇跡的に復活。1945年首相に就任し軍部暴走に歯止めをかけてポツダム宣言受諾を実現。日本を終戦に導いた不死身人生の所縁ある品が多く展示されており、波乱万丈人生の教訓・誇り高き生き様の足跡が込められています。


    .... 「鈴木貫太郎記念館」、終戦を実現した鈴木が晩年を過ごした関宿に1963年開館....
c0119160_20062277.jpgc0119160_20080366.jpgc0119160_20084636.jpg
c0119160_20095157.jpg


鈴木は海軍出身で、日清戦争で水雷艇艇長として敵艦隊を沈め、日露戦争では駆逐隊司令として戦い日本海海戦の大勝利に貢献しました。1923年海軍大将、翌年は連合艦隊司令長官を歴任、1929年侍従長に就任します。


     ....日清戦争・日露戦争と勝利に貢献、連合艦隊司令長官へと上り詰める....
c0119160_20192095.jpg
c0119160_20201435.jpg


  .....(左)鈴木貫太郎連合艦隊司令長官時代  (右)甲板にて昭和天皇に艦内奏上....
c0119160_20304416.jpg
c0119160_20313139.jpg


昭和天皇の信任が厚かった一方で国粋主義達からは「君側の奸」と見なされ1936年「2.26事件」で青年将校から銃弾4発を受けて瀕死状態に・・。とどめを刺される寸前で、妻たかが気丈に阻止して命拾いした経緯にあります。


  ..... 「2.26事件」、青年将校達が自宅に乱入し銃弾を放つ。妻たかの機転で一命を取り留める....
c0119160_20345009.jpgc0119160_20353329.pngc0119160_20363401.png
c0119160_20371038.jpg


1945年枢密院議長だった鈴木は重臣会議で首班指名され固く断りましたが昭和天皇に「お前しかいない」と言われ引き受けました。7月連合国ポツダム宣言、8月広島・長崎原爆投下・ソ連参戦、15日終戦に至る1ケ月間、鈴木は77歳老体に鞭打ち不眠不休の日々で終戦工作に精力を尽くしたのです。


  ..... 8月9日御前会議、ポツダム宣言受諾で紛糾したが昭和天皇が涙で訴えて受諾が決定....
c0119160_20420446.jpg
c0119160_20422035.jpg


御前会議において昭和天皇の決断で降伏受諾、8月15日終戦詔勅のラジオ放送となりました。本懐を果たした鈴木は天皇に辞表提出し内閣は総辞職。幼い頃から何度も死にそうな目に遭遇しながら奇跡的に助かり波乱万丈の人生を過ごした鈴木でしたが、晩年は関宿で妻たかと農耕生活を営みながら穏やかに暮らしたそうです。

                      <2015夏>都心ド真ん中での「戦後70年」節目     

                      
c0119160_20450280.jpg




★茨城県坂東へ!日本三大怨霊と恐れられた「平将門」の史跡巡り


平安時代中期、関東を代表する豪族として名を馳せた「平将門」は日本史教科書にも載っている反乱人物ですが、菅原道真・崇徳上皇と並ぶ「日本三大怨霊」の一人として超有名。都心大手町にある「平将門の首塚」は不可解な出来事が勃発した経緯にあります。


  .....大手町ビル谷間の「平将門の首塚」、恐怖・怨霊パワーは「神田明神」祭神として祀られる....
c0119160_20540672.jpgc0119160_20545073.jpg
c0119160_20552265.jpg

関東大震災後や戦後に政府・GHQが過去何度も首塚の移転工事を試みるも、毎回関係者の不審死が相次ぎ、「将門の祟り」と恐れられて今では誰も手を付けなくなったのです。(触らぬ神に祟りなし・・) 隣接ビルは首塚を見下ろさぬよう窓は不設置、机の配置も墓に尻を向けないよう配慮がされているとのこと


  .....平将門の晒し首は夜な夜な叫び続け突然空高く飛び去り大手町に落下....

c0119160_21022880.jpg
c0119160_21030104.jpg

茨城県坂東市(旧・猿島郡岩井)は平将門がここに新皇と称して関東独立王国を築き上げ、朝廷軍との戦いで命を落とした所縁深い場所です。平将門は、桓武天皇~高望王(平氏の起源)の流れを汲む平良将の子として生を受けましたが、叔父(平国香)との確執を契機にこの地の領主となり勢力をどんどんと拡大していきました。



  .....坂東市に鎮座する茅葺の「国王神社」(将門の終焉地)、11月将門祭りが行われる....
c0119160_21072957.jpg
c0119160_21074438.jpg


そしてさらに関東所領を拡大し、ついに朝廷に対して反乱を起こし「新皇」を自称して猿島岩井(現・坂東市)に独立地方政権を作り上げたのです。激怒した朝廷は平貞盛、藤原秀郷ら追討軍を派遣して激戦となりましたが、将門は流れ矢に当たって絶命、新皇宣言後わずか2ヶ月で滅ぼされてしまいました。これが「平将門の乱」、ほぼ同時期に謀反をおこした「藤原純友の乱」とあわせて「承平天慶の乱」とも呼ばれます。


  .....「国王神社」境内を巡り将門の墓を参拝、神社拝殿には鬼気迫る肖像画で睨まれた....
c0119160_21100673.jpgc0119160_21104302.jpgc0119160_21111628.jpg
c0119160_21114524.jpg


晒された平将門の首はいつまでも腐らず生きているかの如く目を見開き、夜な夜な「斬られた私の五体はどこだ!ここに持って来い!首を繋いで再び戦おうではないか」と叫び続け、その後晒し首は関東を目指して空高く飛び去り、大手町に落下したと言われています。


  .....将門の軍事拠点「島広山・石井営所跡」、平安時代の将門記にも書かれる史跡.....
c0119160_21394425.jpgc0119160_21401420.jpg
c0119160_21404476.jpg


「国王神社」参拝後は、関東制覇拠点の「島広山・石井営所跡」や国王神社の別当で鬼門除け寺院の「延命寺」も回ってみました。将門持念仏の薬師如来が祀られているところから「島の薬師」ともよばれ、この寺に首を刎ねられた平将門の胴が塚に葬られています。


 .....国王神社の別当寺「延命寺」の山門。何度も大火に見舞われても山門は焼け残った.....
c0119160_21435477.jpg
c0119160_21442595.jpg


新皇を名乗り朝敵となった平将門は表立っての崇敬が許されない存在となり、明治政府は神田明神の祭神から外しました。しかしその後名誉回復し、1976年大河ドラマ「風と雲と虹と」で放映されると再評価の声が高まり将門は再び神田明神の祭神として復活したのです。


 
..1976NHK大河「風と雲と虹と」(主演:加藤剛、吉永小百合・小林桂樹・緒形拳・草刈正雄等)...
              



  
....「逆井城址公園」は坂東市にある戦国時代の平城、後北条氏により築かれた....
c0119160_21554745.jpg
c0119160_21561662.jpg


茨城県坂東市の最後に寄ったのは逆井城。戦国時代に関東一円を支配した後北条氏によって大規模に築城され、飯沼城とも呼ばれました。干拓前は南北30kmに広がる飯沼があり沼に囲まれた「後堅固の城」だったとのこと。


   ....後北条氏の勢力下に入った逆井城は風魔忍者300人を抱えた侵攻拠点城....
c0119160_21580619.jpgc0119160_21584748.jpg
c0119160_21594628.jpg


後北条氏が下野・常陸方面へ進出する最前拠点となった逆井城でしたが、1590年豊臣秀吉の小田原征伐により北条氏滅亡に伴い廃城となりました。城址は公園化され、櫓・土塀・櫓門・木橋などが復元されています。

                             「小田原城・北条氏五代の史蹟探訪」







★歴史の深い「結城・古河」(茨城県西部)の散策旅


坂東から20~30㎞北上すると結城・古河に入ります。ともに茨城県の市ですが、ここは千葉県近接の印象は消え、栃木県境の色あいが強まります。最近、面白い漫才コンビ(U字工事vsカミナリ)の栃木・茨城対決が爆笑物で話題になっていますが、この2市はそんな賑やかさとは対極をなす風格と落ち着きぶりが感じられます。


  ....U字工事vsカミナリ栃木・茨城対決が今話題!結城・古河は由緒ある静寂な街....
c0119160_22053803.gifc0119160_22060921.jpgc0119160_22071022.jpgc0119160_21183598.png
c0119160_22075157.jpg


結城地方は古墳時代・大和時代)ら文献に残され、平将門の乱でも戦場となった歴史深い土地。城下町歴史は鎌倉幕府成立を支えた結城朝光の登場で幕を開けます。結城家は室町時代に結城合戦で敗北し一時断絶しましたが、戦国時代に見事再興を遂げました。


  ....(左)落ち着いた雰囲気の結城の町並み (右)結城紬は地元の一大産業....
c0119160_22135104.jpg
c0119160_22142025.jpg


18代(約400年)も続いた結城家は代々紬産業を保護育成し城下町の発展を築き上げました。結城紬は、茨城・栃木を主生産地の絹織物で国の重要無形文化財となりました。現代は技術革新で細かい縞・絣が特色の最高級品が主流とのこと。


 ....結城は古代から養蚕が盛んな織物の産地、鮮やかで細かい縞が印象的な結城紬....   
c0119160_22142025.jpgc0119160_22193578.jpg
c0119160_22202149.jpg


古河(koga)もまた歴史が深い街、何と2万年前の先土器・縄文時代の遺物・遺跡が続々出土する程、超古代から栄えてきた土地です。奈良時代では万葉集に船渡し歌もあり、渡良瀬川を中心に繁栄、現在地名は平安時代末期から文献に登場したとのこと。古河歴史博物館で地元史を十分お勉強させてもらいました。


 ....「古河歴史博物館」(1991年旧古河城跡に開館)を見学して古河の深い歴史を知る....
c0119160_22300154.jpg
c0119160_22301687.jpg
c0119160_06201582.jpgc0119160_22322194.jpg
c0119160_06212179.jpg


古河に初めて城が築かれたのは鎌倉時代、源頼朝の御家人・下河辺氏が城主だったと伝わります。室町時代になると、当初鎌倉にいた関東公方が足利室町幕府に対抗して下総古河に移り、古河公方として5代にわたり130年余り統治しました。


 ....古河の歴史はさまざま、結城紬産業史、平将門の乱、足尾鉱毒事件(田中正三)が登場....
c0119160_22360056.jpg
c0119160_22364608.jpg
c0119160_06232901.jpgc0119160_22392213.jpg
c0119160_22393507.jpg


江戸時代になると徳川幕府により譜代大名11家が頻繁に交替し、古河城は徳川将軍が日光東照宮参拝時の宿泊場所にもなり、奥羽・日光街道の宿場町として発展、現在も武家屋敷や商家の町並み、由緒ある神社仏閣が多く風格が感じられます。


    .... 「鷹見泉石記念館」、古河藩土井家末裔の蘭学者が晩年暮らした住居....
c0119160_22432740.jpgc0119160_22440823.jpg
c0119160_22475955.jpg
c0119160_22482129.jpg
c0119160_22442147.jpg


明治・大正時代は、製糸業で発展し「糸の町」と呼ばれるほど活況を呈しました。東京へ60kmという交通の便利性もよく、北関東の商業都市として発展しています。結城・古河は調和のとれた街づくりがされており素晴らしい印象を受けました。


  .... 日本初・唯一の「篆刻美術館」(tenkoku=中国起源の印文彫術)も街並にマッチ....
c0119160_22541126.jpgc0119160_22542977.png
c0119160_22544570.png


  ....地元ゆかりの小説家・詩人を紹介する「古河文学館」(歴史博物館に隣接)....

c0119160_22593492.jpg
c0119160_22590004.jpg

「常陸・房総の旅」⑦は、栃木県境エリアだったので「毛の国探訪」の雰囲気でした。近日中に結城・古河に隣接する栃木県小山市・下野・壬生の史跡記事を紹介します。「常陸・房総の旅」の続編⑧は南房総の旅(チバニアン、濃溝滝・亀岩洞窟、日本寺・鋸山、富浦岡本桟橋)、インスタ映え・話題沸騰の見所が続々登場しますのでお楽しみに~!


                   過去に紹介した「常陸・房総の旅」のINDEX一覧表はコチラから


                                                 おわり

  # by rollingwest | 2018-01-31 23:00 | 常陸・房総の旅 | Comments(148)

<2017早春>伊豆半島・夫婦旅②:南伊豆(河津・下田)【後編】



c0119160_20463475.jpgc0119160_20473235.jpgc0119160_20480700.jpg
c0119160_20483947.jpg

                <2017早春>伊豆半島・夫婦旅①:南伊豆(河津・下田)【前編】より続く



★明治150年を迎え、昨年の旅の続き・・下田開国史探訪(後編)を!


2018年は明治維新(1968)から150年の節目年! RWが小4で迎えた明治百年のような国民的盛り上がりじゃないものの、大河ドラマ「西郷どん」の鹿児島、竜馬の高知、吉田松陰の長州等、幕末明治維新に所縁深い場所はまたブーム再来かも・・!


   .....今年は明治150年!大河ドラマは「西郷どん」、竜馬や吉田松陰もまた再びブームに?.....
c0119160_20532104.jpgc0119160_20540194.jpgc0119160_19570755.jpgc0119160_20543852.jpg
c0119160_20552715.jpg


下田も日本開国史に沢山史跡が残る街・・。昨年2月久しぶりにカミさんとの夫婦旅(南伊豆:河津桜&下田、修善寺温泉)に出掛け、前編記事(日米和親条約の了仙寺、黒船ミュージアム、ペリーロード)を公開しましたが、今回の下田続編でも幕末明治維新に所縁深い人達の史跡をレポートします。


    ....今回記事は昨年2月、修善寺温泉に泊った南伊豆・夫婦旅(河津・下田)の続編.....
c0119160_21010374.gifc0119160_21014875.jpgc0119160_21022064.jpgc0119160_21051355.gif
c0119160_21032876.jpg

c0119160_06265508.jpg
c0119160_06272546.jpg







★「下田開国博物館」で再び幕末開国史をお勉強


ペリー浦賀来航、1854年に日米和親条約締結のためペリー艦隊率いる米国海軍が下田港に上陸、これより下田の開国史が始まりました。米国は江戸に領事館を置きたかったものの攘夷派が強い反対を行ったため、下田玉泉寺に日本初の米国総領事館が開設されハリスが領事として駐在することになったのです。


  ....ペリー提督が浦賀(神奈川)来航、日本開港を迫り1854年下田開国史が始まる....
c0119160_07112091.jpgc0119160_20001919.jpgc0119160_05495917.jpgc0119160_07114857.jpg
c0119160_07122769.jpg
c0119160_07193518.jpg
c0119160_07195450.jpg


前回記事はペリーの記事が中心だったので今回は領事ハリスや愛人と揶揄された唐人・お吉に光を当てます。また吉田松陰の密航監禁、坂本龍馬の史跡もあわせて紹介したいと思います。


  .....開国の第一港になった下田はペリー、ハリス、唐人お吉、竜馬、松陰の史跡が満載....
c0119160_19262208.jpgc0119160_19335240.jpgc0119160_19342021.jpg
c0119160_19354126.jpg


下田歴史は前編で紹介した「黒船ミュージアム」で十分勉強をさせてもらいましたが、次に訪ねたのは、なまこ壁建物の「下田開国博物館」、開国に関する歴史資料や民俗資料を多く展示しています。


  .....なまこ壁の「下田開国博物館」、日本開国の2千点の資料が展示されている....
c0119160_19514279.jpgc0119160_19521283.jpg
c0119160_19523805.jpg


ペリーが去ると次はロシア使節プチャーチンが訪れ、北方国境画定を含む日露和親条約締結。翌年は米国領事館開設でハリス赴任、英仏蘭も下田に来港。日米修好通商条約締結で横浜・神戸が開国主役となる前の数年間は下田こそが日本が世界に飛び出す役割を担う場所でした。


       .....下田の「ペリー上陸記念公園」にはペリー胸像が立っている....
c0119160_19590083.jpg
c0119160_19592704.jpg


  .....ロシア・プチャーチンの肖像、鬼の形相の如く描かれたペリー、米国総領事ハリス....
c0119160_20020965.jpgc0119160_20023880.jpgc0119160_20054061.jpg
c0119160_20033745.jpg


ハリスは下田で体調を崩し幕府に看護婦を要請し、芸者のお吉をハリスの世話をさせるよう仕向けられました。幼馴染の婚約者がいたお吉は当初固辞ましたが、幕府指示に従い僅か3日間だけ従事、羽振りが良くなったお吉に人々は嫉妬して「異国者の愛人だ」と侮蔑するようになりました。ついにお吉は婚約者とは別れ、酒耽りの生活に転落していきます。


   ....ハリスと唐人お吉の人形(辻村ジュサブロー作)やハリスが好んだ食膳等が展示....
c0119160_20415095.jpgc0119160_20442677.jpgc0119160_20452373.jpg
c0119160_20500973.jpg

 
その後小料理屋「安直楼」を開くもののアルコール障害となったお吉はたびたび酔って暴れ人々から疎外されて2年で廃業、その後近くの川に身を投げてしまう悲劇の生涯を閉じました。開国博物館では、世界的人形師辻村ジュサブロー作品も展示されています。


  ....品川砲台など大砲鋳造の韮山反射炉を建設した江川坦庵、下田市内にも大砲展示....
c0119160_21100886.jpgc0119160_21105917.jpg
c0119160_21114344.jpg


「下田開国博物館」には2015年世界遺産に登録された「韮山反射炉」や生みの親・江川坦庵も紹介されていました。韮山反射炉は明治日本の産業革命遺産(主に山口県や九州)にあわせて、静岡県 (伊豆の国市)は飛び地の如く世界遺産登録された場所です。


.....世界遺産登録の「韮山反射炉」は2014年に伊豆の国市を訪問して仕組を見学(下記参照)....
c0119160_21145913.jpgc0119160_21155249.jpg
c0119160_21163014.jpg
                        静岡東部探訪(その3):「三島・韮山・北伊豆」編 








★下田の開国史に縁あるお寺を訪問(玉泉寺・宝福寺・長楽寺)


「玉泉寺」は400年以上の歴史を誇る曹洞宗寺院ですが、1854年ハリスが下田着任後、日本初の米国総領事館を構えた場所です。境内には、総領事館跡の碑、日本初の屠殺場(米国への食肉提供)、ペリー艦隊乗員5名の墓地等があり、カーター大統領もこの寺を訪れています。


  .....「玉泉寺」は米国領事館に指定され、下田条約締結後は米国休息所・埋葬所にもなった....
c0119160_21292883.jpgc0119160_21300982.jpgc0119160_21304712.jpg
c0119160_21312679.jpg
c0119160_21404800.jpg
c0119160_21411216.jpg


「宝福寺」には唐人・お吉の墓と宝物館(遺品展示)があります。また勝海舟が土佐藩主・山内容堂に坂本龍馬脱藩罪の許しを願い出た謁見の間もあるぞ!藩主容堂が江戸上京の航路途中で嵐に遭遇し下田で寄港、海舟の説得が功を奏して龍馬飛躍の契機となった場所です。


      ....「宝福寺」には唐人・お吉の墓坂本龍馬像があった(木製は珍しいな~)....
c0119160_21451876.jpgc0119160_21454672.jpgc0119160_21461453.jpgc0119160_21464577.jpg
c0119160_21470974.jpg


下田市内を歩くと目立つのは白黒が斜めに交差したデザインの「なまこ壁」。骨組の上に土を何層にも重ね平瓦を並べ、継目に漆喰をかまぼこ状に盛り上げナマコに似ていることが由来です。唐人・お吉が自害する前に営んでいた料亭「安直楼」もこの建築で作られていました。


    ....お吉が2年間経営した「安直楼」等、なまこ壁建築を見ながら下田市街を散策....
c0119160_21544218.jpg
c0119160_21550462.jpg
c0119160_21563923.jpgc0119160_21572722.jpgc0119160_21575254.jpg
c0119160_21582237.jpg


最後は日露和親条約が調印された「長楽寺」を訪問。下田公園の丘麓にひっそりと佇んでいました。条約により択捉島とウルップ島の間に国境が確認されました。それなのに今、ロシアは全く北方領土を一向に返還しようとしない・・。実に嘆かわしいことですネ~!


  ....北方4島は紛れもなく日本領土だった!150年以上前に長楽寺で正式調印されたのだ!....
c0119160_22044167.jpgc0119160_22051353.jpg
c0119160_22053955.jpg






★吉田松陰の米国密航失敗と拘禁史跡を訪ねる


吉田松陰というと、幕末維新の志士を育て上げた松下村塾(長州・世界遺産)や安政大獄で投獄・処刑された江戸伝馬町牢屋敷が思い浮かびますが、実は下田でも投獄されていました。


    ....下田から米国黒船に密航乗船しようとした吉田松陰は失敗して牢屋に拘禁.....
c0119160_22212207.jpgc0119160_22214708.jpg
c0119160_22220753.jpg


松陰(当時25才)は世界情勢を知るため下田に来て、夜半ペリー艦隊に乗りつけ米国への密航を企てましたが、結局は米国に断られ踏海の夢破れ下田で獄中の人となりました。しかしその志を失わうことなく、松下村塾を開講し多くの人材を育てて明治維新への先駆けとなった訳です。


  .....「吉田松陰、踏海企ての地」は下田の弁天島西にあり今は公園整備されている。....
c0119160_22284260.jpgc0119160_22292370.jpg
c0119160_22301323.jpg
c0119160_22371670.pngc0119160_22380058.jpg
c0119160_22384015.jpg


吉田松蔭が弟子と一緒に渡航前に寓居していたのが「吉田松陰寓居跡」、下田市中心街にある藁屋根造りの建物は県指定文化財(机や硯箱なども展示)となっています。


c0119160_22421500.jpgc0119160_22425240.jpgc0119160_22433287.jpg
c0119160_22441102.jpg






★下田周辺のその他見所紹介 (2009年家族旅行時の写真追加)


最後は追加編、2009年下田家族旅行(当時中3娘の高校受験が無事終わり慰労名目)で撮影した「石廊崎」と「弓ケ浜」の光景も紹介して下田探訪記事を終了したいと思います。


  .....「弓ケ浜」はまさに弓なり状!押し寄せる細波の砂浜を散策し、菜の花畑に埋もれる....
c0119160_06100567.jpg
c0119160_06104351.jpg
c0119160_06135582.jpg
c0119160_06143279.jpg


  .....(左)石廊崎灯台  (右)「役行者小角」の立像 (下)石廊崎漁港に繋がる入江碧水.....
c0119160_06170305.jpgc0119160_06174889.jpgc0119160_06183106.jpg
c0119160_06190349.jpg


  ......(中)奇岩に建てられた「石室(イロウ)神社」で祈願 (右) 断崖の岩場釣りに挑む人....  
c0119160_06251750.jpgc0119160_06254940.jpg
c0119160_06264568.jpg


        .......南伊豆・奇岩群の海も雄大風景(遠景をクローズアップ!)......     
c0119160_06295010.jpg

            
 
        
<2009年2月>「南伊豆」(河津・下田)の家族旅行

さて2017年2月カミさんとの南伊豆(河津桜&下田)の夫婦旅・・・、次回続きは3月上旬頃に「修善寺温泉」と「修善寺梅林」レポートを公開して最終編としたいと思います。この頃になれば厳しい冬も終わりとなり春の足音が確実に聞こえているんでしょうね~!


  .....河津・下田をあとにして「修善寺温泉」(ホテル滝亭)に宿泊、美味しい料理に舌鼓....
c0119160_06575097.jpgc0119160_20131618.pngc0119160_06582096.jpgc0119160_20164506.jpg
c0119160_06585191.jpg


     .....(左)暮れゆく修善寺温泉の街 (右)翌朝は「独鈷の湯」で足湯を」満喫....   
c0119160_07021445.jpgc0119160_07024481.jpg
c0119160_07032370.jpg



                                                 おわり



  # by rollingwest | 2018-01-16 07:10 | Comments(156)

<2018年元旦>恭賀新年!平成30年を迎え年始めのご挨拶


c0119160_15353148.jpgc0119160_15362456.jpg
c0119160_15371686.jpg


★2018・新年を迎え年始冒頭のご挨拶


明けましておめでとうございます。旧年中はいろいろお世話になり、皆様から楽しいコメントを数多くお寄せ頂き誠にありがとうございました。2018年元旦を迎え、今年もまたお互いに健康・無事安全で過ごせるよき1年となりますように・・!皆様のご多幸を祈念いたします。


      ...毎年大晦日に川崎大師で年末の御礼参り、今回は快晴12月30日に参拝...
c0119160_15410855.jpg
c0119160_15413230.jpg
c0119160_15442267.jpg
c0119160_15444100.jpg

小生は、毎年川崎大師で静かな環境で年末御礼参りを済ませます。今は柏崎に帰省中。3日帰京・4日仕事始めでや短めの正月ですが一人暮らしのお袋に家族3人揃って顔を見せるのは久しぶり、実家にて4人でゆっくり過ごしております。本年も皆様と情報交換ができることを楽しみにしています。


  ....(左)境内は露店の開店準備が進められている  (右)仲見世通りを歩いてみよう....
c0119160_15501858.jpg
c0119160_15510137.jpg

    ....(左)川崎大師名物「トントコのど飴」 (右)老舗の達磨売店「かしわや」....
c0119160_15524590.jpg
c0119160_15533226.jpg








★新年はやはり富士山の絶景写真(静岡県)で目の保養を!


年初冒頭記事は例年、富士山写真を掲載することが多いですが、今回は昨年11月静岡県内を巡り撮影した富士絶景をお届けします。静岡在住時代(1999~2001年度)を懐かしむ一人旅でしたが、快晴に恵まれ数多くの富士山の表情をGETできました。

c0119160_19305658.jpg
c0119160_17522126.jpg
今回は一部のみ掲載ですが、のちほど「静岡中部探訪」記事を公開して詳細にレポートしますのでお楽しみに~!


                       「富士仰ぎ、日本に生まれし喜びを噛み締む朝の年初めかな・・」


....静岡市の三保・真崎海岸(清水港に突き出た半島)から撮影した富士山(世界に誇る名峰風景)....      
c0119160_17531563.jpgc0119160_17555696.jpg
c0119160_17563811.jpg


まずは駿河湾越しの富士山が間近に望める景勝地・三保半島の富士山から紹介しましょう。2013年、富士山の世界遺産登録審査で「三保の松原は富士山から45km離れた砂浜だ」としてユネスコ諮問機関から一時は対象除外の勧告を受けました。しかし各国への粘り強い説得が実り、最終的には「羽衣伝説」等の文化的価値が認められ、LAST土壇場で一括登録に漕ぎ着けた経緯にあります。


....羽衣伝説で有名な「三保の松原」海岸から見る富士山、波飛沫とのコラボを大いに堪能!....
c0119160_19011101.jpgc0119160_19020734.jpgc0119160_19263093.jpgc0119160_19031487.jpg
c0119160_19034572.jpg


ここを訪れるのは4~5回目ですが、何度見てもこのアングルから仰ぎ見る駿河湾越しの冠雪富士は美しい!穏やかな海風景しか見たことがなかった「三保の松原」ですが、当日は西高東低の冬晴れで強い西風に煽られた波はテトラポットに波飛沫が砕け散り、富士山を背景とした豪快なる絵画の如し!


  .....(左)焼津の断崖から撮影した夜明けの海富士  (左)牧之原台地・金谷から望む茶畑富士...
c0119160_19280567.jpg
c0119160_19292637.jpg







★新たな気持ちで第2の人生へ ①:高校同級還暦祝賀会


昨年12月還暦を迎え、今年は第2人生がスタート!昔は赤いチャンチャンコで家族・親戚からお祝いをしてもらって隠居老人の仲間入りでしたが、今の60歳はまだ中年の延長という感じ。再雇用の継続なので職場や生活リズムに何ら変化もなく、自分にとっては平凡な日常が淡々と過ぎただけでした。しかしこれからは忍び寄る健康の衰えや不慮のリスクも意識し始めなければならないのかもしれない。

c0119160_19492553.jpgc0119160_19501550.png
c0119160_19504817.jpg

昨年夏から還暦祝いと称し中高大仲間の飲み会や祝賀行事が急に増え始めました。昨年10月は柏崎高校の同級還暦祝賀会(在校生1/3の110名以上が出席)が故郷で盛大に開催、大いに盛リ上がりました。昨年秋公開するつもりが、写真数溢れで限界につき今回元旦記事にずれ込み公開です。


....(2017.10.7)柏崎高校同級生110名以上が42年ぶりに会し還暦祝賀会が開催(柏崎シーポート)....  
c0119160_19564025.jpg

何十年ぶりの再会同級生も多くいて名前と顔が一致しない方や風貌激変で初めは誰かわからないメンバーも数人、でも会話するうちに昔の記憶が呼び起こされるものです。サッカー部同窓達とは小生が幹事企画したOB会以来数年ぶりの再会で、また次回要望を受けたのでいつか開催しなきゃ・・。


  ....やはり故郷の同級生は懐かしい!中には、小中高大13年間同級生というメンバーも・・....
c0119160_20015051.jpgc0119160_20085060.jpgc0119160_20033359.jpgc0119160_20050661.pngc0119160_20071487.jpg
c0119160_20080869.jpg

15年前北朝鮮から無事帰国したH池とは4回目の再会で本当に久しぶり!TVで見るし年賀状も交わしているが、直接対面の会話は9年ぶりだネ~。昔2人で一緒に遊んだ頃を思い出し馬鹿話に花を咲かせて大爆笑~。再びこの機会を与えてくれた幹事(故郷在住)のおかげと深く感謝しております。   


....大学2年夏休み帰省時に、H池とは2人で雀球店に通ったナ~、また再会できて本当によかった.... 
c0119160_20554296.jpgc0119160_20562149.jpg
c0119160_20565680.jpg


個別2次会は自宅近所にあるスナックに来てもらい、コチラもまた大いに盛り上がりましたが、皆さん本当にお元気!次回同窓会(5年後?)にてまた元気に再会したいね!今年9月は中学の還暦同級会が柏崎で開催される予定で、こちらへの参加も大いに楽しみです!


....2次会幹事はRW、自宅近くのスナック貸切で大いに盛り上がって頂きました(夜は更け行く)...
c0119160_21103714.jpgc0119160_21114027.jpg
c0119160_21123440.jpg
c0119160_21312919.jpg
c0119160_21314648.jpg


                   <2017年9~11月>中高大学の旧友と懇親を深めた秋 






★新たな気持ちで第2の人生へ ②:大学山仲間での還暦祝い会


大学時代の山仲間(GDM)からの還暦祝いは12月17日に高田馬場中華店でお祝い会してもらいました。わざわざ福岡や広島の遠方から駆けつけてくれた同期もおり感謝の限り・・。この仲間とは、一昨年夏の富士樹海ツアー(RWが幹事)以来の再会で、今回で4回目のOB会開催となりました。


   .... 高田馬場で真昼間から大いに盛り上がるRW還暦祝い(但し全員割り勘でした)....    
c0119160_21290301.jpgc0119160_21293543.jpgc0119160_21301380.jpg
c0119160_21345976.jpg


 ....リョースケ様は福岡から、寂恋法師は広島から遠路はるばる駆けつけてきてくれた!感謝!....
c0119160_21481810.jpgc0119160_21491987.jpg
c0119160_21494746.jpg


....還暦記念ペナントも頂き感謝!喜んでくれるCHA先輩の笑顔も素敵!2次会で亀吉様沈没....
c0119160_21541805.jpgc0119160_21544249.jpg
c0119160_21550043.jpg


いつも通り毎回繰り返される昔の失敗談・逸話・下ネタで盛り上がり爆笑の連続!中味は全く進歩していないこのメンバーと飲むといつも涙を流して腹の底から笑えます。次回は後輩ナベちゃん達の還暦祝いを今秋に伊豆で行うことになりました。RWが河津七滝巡りなどを企画いたしましょう!

                   <2016年7月>アラ還・大学サークルOB会(富士樹海ツアー) 






★日本の新しい玄関口「東京駅・丸の内広場」が完成


バラバラ記事で統一感がないのですが、最後は先月新規オープンした「JR東京駅・丸の内駅前広場」を歩いてきたので、リニューアルされた風景を新年早々皆様にお届けします。


  .....12月7日オープンした東京駅「丸の内・駅前広場」、赤レンガ駅舎全貌が真正面に一望!...           
c0119160_22060313.jpg

東京のシンボル東京駅は、2012年10月創建当時(大正時代)の姿を忠実に再現した赤レンガ駅舎がお披露目されて大きな注目を浴びましたが、その後も駅前工事が延々と続いていたので、一体何ができるんだろうと思っていました。


.....12/15本社出張の機会があり、朝の東京駅.の新しい雄姿を撮影しながら大手町方面に歩き行く.....
c0119160_22120750.jpg
c0119160_22135720.jpg
c0119160_22153268.jpg
c0119160_22155719.jpg

12月7日に完成した「丸の内・駅前広場」は赤レンガ駅舎正面の中央広場(6500㎡)で、駅前から皇居へ続く「行幸通り」とのデザイン統一が図られ、白基調の御影石での舗装・両側にはケヤキ並木・芝生が植えられており、実に開放感ある空間となっています。


  .....出張会議を終え再び東京駅へ戻る。和田倉門噴水公園は摩天楼ビルが連なっている...
c0119160_22183166.jpg
c0119160_22185645.jpg


中央広場を挟む南北には、路線バス・はとバス・タクシーが乗り入れる発着所が機能的に配備、コンサート等イベント会場にも使用可能でこれから人が多く集まる名所となること間違いなし!

  

  .....(上)皇居お濠周辺はまだまだ紅葉が綺麗!  (下)お堀の陽だまりで寛ぐカモメ達....          
c0119160_22204706.jpg
c0119160_22210899.jpg
c0119160_22303725.jpg
c0119160_22332328.jpg

2019年の新天皇皇位継承、2020年東京五輪と大きなイベントを控えて、皇居と調和した新景観はまさに首都圏の表玄関「東京駅」(1日乗車人員70万人)に相応しいものであり、これからドンドンSNS発信されて世界に誇る東京の新名所となっていくと思われます。


  .....(左)ライトアップ二重橋 (左)「静かなる平成春に退位して平和を祈る上皇と成らむや」 ...        
c0119160_22352872.jpg
c0119160_22361087.png



       ....東京中央郵便局KITTEのテラスより横から眺める東京駅の壮観な眺め....         
c0119160_22391545.jpg
c0119160_22410489.jpg



  
    ◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■


2018年も新たな名所やレアでマニアックな穴場を紹介しながら、皆様とのコメント交流を深めていきたいと思います。あらためて本年もお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。


c0119160_22432678.jpg
c0119160_22440055.jpg


  
                                                おわり

  # by rollingwest | 2018-01-01 00:00 | ごあいさつ | Comments(194)