タグ:富士山・秀麗富嶽絶景 ( 27 ) タグの人気記事

 

<2017年11月>静岡中部・駿河国探訪②:「静岡・丸子・藤枝・焼津」編


10月14日、ブログ開設11年半で累計アクセス数60万件の節目を迎えることができました。皆様方に感謝!今後もご愛顧よろしくお願い申し上げます。



c0119160_21423962.jpgc0119160_21431101.pngc0119160_21433642.jpg
c0119160_21440211.png


第1編で前述しましたが、RWは静岡市で3年間(1999~2001年)勤務しており、当時は娘が6歳前後(幼稚園から小学校入学)でした。昨年11月、家族で過ごした懐かしき静岡県の空気を久しぶりに味わいたいと思い立ち、郷愁懐古の還暦おやじ一人旅(1泊2日)の続編です。


                             静岡中部・駿河国探訪①:「由比・清水」編 より続く





★静岡市在住時を懐かしく思い出す一人旅(駿河国探訪)



c0119160_21250208.jpgc0119160_21252263.jpgc0119160_21254292.jpg
c0119160_21260184.jpg

静岡県・中央部「駿河エリア」の見所紹介シリーズを6月に開始しましたが実際の訪問(2017年11月周遊)からそろそろ1年も経ってしまいそうだ!前回は清水から美しい富士山を堪能して頂きましたが、今回は静岡市内~藤枝・焼津と西に移動してレポートしていきましょう!


    .... (左)幼稚園運動会 (右)小学校入学式 (中)両親を呼んで娘の七五三(浅間神社)....
c0119160_21504314.jpgc0119160_21510546.jpg
c0119160_21512820.jpg


第2編は静岡市内の見所紹介、娘が通った幼稚園・小学校、七五三祝いをした静岡浅間神社、家康が晩年暮らした駿府城・人質として暮らした臨済寺、弥生時代の農耕生活を再現する登呂遺跡、東海道の丸子宿(とろろ汁)、藤枝の藤棚、新鮮な魚が魅力の焼津港が登場!


          .....焼津大崩海岸展望台(グランドホテル前)から見た富士山の夜明け.....         
c0119160_21544023.jpg


そして焼津側から見る世界文化遺産・富士山の冠雪の美しい姿(駿河湾越し、伊豆半島に連なる夕暮れ、日の出)も感動モノです!再び、駿河国の絶景富士の数々も堪能して下さい。






★静岡市民の憩い「駿府城公園」(徳川家康が晩年過ごした城跡)


静岡市中心部にある二重の堀と美しい石垣に囲まれた「駿府城公園」。徳川家康が1585年に築城し、大御所として晩年を過ごした駿府城の遺構で、現在は東御門と巽櫓・坤櫓が復元されて日本庭園も整備されています。公園の一角には家康銅像が誇らしげに立っています。


      .....(左) 「駿府城公園」、園内に立つ鷹狩りの「徳川家康像」 (中)駿府城・東御門.....
c0119160_22004435.jpg
c0119160_22012564.jpg


徳川家康は将軍職を秀忠に譲り江戸から駿府に移り住みました。家康大御所時代の駿府は、江戸幕府と二元政治が行われていたため、政治経済の中心地として大いに繁栄していました。1635年の火災で天守等の殆どの建物が焼失しましたが、櫓・門は再建され今に至ります。


      .....駿府城の周りの御濠風景、当時は11月末で紅葉の色づきも深まっていた.....
c0119160_22070329.jpg
c0119160_22072442.jpg
c0119160_22043562.jpg
c0119160_22045514.jpg


戦後は市が買い上げ「駿府城公園」となり、駿府会館・児童会館を始め都市公園として整備されています。花見時期は大いに賑わい、静岡大道芸メイン会場にもなり静岡市民の憩いの場として色々な形で利用されます。毎年秋は家族で大道芸ワールドカップを楽しみました。


    .... 広大な「駿府城公園」は静岡市民の憩いの場、駆け抜けていく女子学生ランナー.....  
c0119160_22100664.jpg
c0119160_22103594.jpg


      ... 静岡11月の風物詩「大道芸ワールドカップ」。1992年以来、四半世紀の歴史.....  
c0119160_22124944.jpg
c0119160_22132205.jpg







★今川氏菩提寺「臨済寺」(家康の幼少人質の寺)、秀吉の妹(家康夫人)の墓「瑞龍寺」


静岡中心部に聳える賤機山の麓にある「臨済寺」、戦国時代に駿河国に君臨していた今川氏の軍師・太原雪斎により開山された今川氏の菩提寺です。また幼少期の徳川家康(竹千代)が「手習いの間」で人質として暮らした歴史深いお寺でもあります。


    ....戦国時代に駿河に君臨した今川氏の菩提寺「臨済寺」、家康の人質時代の寺.....
c0119160_08135107.jpg
c0119160_08332929.jpg


駿河国はかつて今川氏の支配下にありましたが、一族の歴史的痕跡は殆ど見ることができません。今川家菩提寺である「臨済寺」と「今川焼」に名前が残っているくらいのものです。まさに「敗者の歴史は抹殺され、勝者が歴史を都合よく塗り返る。」の典型事例だなあ・・。


  .....(左)太原雪斎から教育される人質時代の家康(竹千代) (右)今川義元・生誕500年.....
c0119160_08353360.jpgc0119160_08545924.jpgc0119160_08360498.jpgc0119160_08364309.jpg
c0119160_10194220.jpg


周辺にも今川氏所縁の寺院が多くあったようですが全て廃寺となり当寺に吸収されています。普段は修行寺なので一般公開はされていませんが、2018年は今川義元の生誕500年でしたがひっそりと法要と特別公開が行われたそうです。何か遠慮した感じで可哀そうだなア・・。


    ....境内は実に静かで殆ど人は見かけない。修行寺なので一般公開していないため.....
c0119160_08385639.jpg
c0119160_08393501.jpg


「瑞龍寺」には、秀吉の妹「旭姫」(家康夫人)のお墓があります。秀吉は家康と小牧長久手の戦いで対立したため、同盟関係を築くために妹の旭姫を夫と別れさせて強制的に政略結婚をさせました。その後家康の妻となりましたが、江戸から京都に向かう途中(母の大政所の病気見舞い)で亡くなったことから、家康は瑞龍寺に旭姫の墓を静岡に建て篤く回向しました。


   ....戦国時代に開創された曹洞宗「瑞龍寺」、徳川家康夫人「旭姫」(秀吉の妹)の墓がある.....   
c0119160_08424874.jpgc0119160_08433027.jpgc0119160_08442797.jpg
c0119160_08450579.jpg







★娘が通った幼稚園・小学校と「城北公園」「静岡浅間神社」を久しぶりに訪問

c0119160_09245483.jpg
c0119160_09252121.png

静岡在住3年間は娘が幼稚園年長と小学校1~2年生でした。小学校高学年から反抗期を迎え生意気娘になってしまいましたが、この時代まではまだ可愛かったなあ・・。我々が住んだマンション、娘が通った幼稚園・小学校は安東(安倍川の東)という地名です。


         .....1999年安東幼稚園の運動会、もう約20年前の懐かしい思い出.....
c0119160_09264563.jpgc0119160_09271176.jpg
c0119160_09272833.jpg


幼稚園入園式・小学校入学式・運動会の時は全て快晴天気!校庭から雄大な富士山が間近に見えて嬉しさが倍増したよき思い出が脳裏に刻まれています。毎朝出勤で自宅玄関を出る時に目の前に大きな富士山を見られる幸せ感・・、嗚呼素晴らしい!静岡市民は羨ましいと思ったものです。


    ....2000年4月、安東小学校の入学式。久しぶりに訪問、校舎・校庭の姿は変わらず.....
c0119160_09294703.jpgc0119160_09300412.jpg
c0119160_09302212.jpg


小学校の隣には「城北公園」があり、ここは娘が毎日友達と遊びまわっていた公園です。裏手向かい側には先ほど紹介した今川氏の菩提寺「臨済寺」があり、この辺りの地名は大岩です。


     .....(左)安東のマンションも全く変わらないネ (右・下)娘がよく遊んでいた「城北公園」へ.....
c0119160_09324739.jpg
c0119160_09330529.jpg
c0119160_09343243.jpg
c0119160_09345628.jpg


「こども」「水」「自由」「芝生」の4エリアに分かれる広場をもつ「城北公園」には、アスレチックや遊具地、花時計や美しい日本庭園なども充実しており、大人が散策しても十分楽しめる場所。今は昔よく娘を連れて散歩したものだ・・と懐かしく思い出しながら周遊してみました。


    .....(左)小学校の仲良し同級生達 (右)まだこの頃は親父と行動してくれていたなあ・・.....
c0119160_09372407.jpgc0119160_09374267.jpg
c0119160_09381135.jpg


静岡生活3年目で娘が7才を迎えるので、両方の両親・弟家族を静岡に呼び「静岡浅間神社」で七五三祝いをしたことも懐かしき思い出です。静岡浅間(sengen)神社は市の中心地にあり、徳川家康が晩年を過ごした駿府城にも近く所縁も深く、社格・歴史的価値も高い社です。


    .....駿河の総鎮守「静岡浅間神社」、創建は2100年前(10代崇神天皇時代)の古社.....
c0119160_09513809.jpg
c0119160_09520316.jpg


    .....2000年、娘の七五三祝を両方の両親・弟家族を呼んで静岡浅間神社にて祈願.....
c0119160_09542623.jpgc0119160_09550341.jpg
c0119160_09553461.jpg


古くから駿河国総社として信仰され、江戸時代には徳川氏の崇敬を受けました。宏壮華麗な社殿群は漆塗りの極彩色。国の重要文化財に26棟が指定されています。


  .....神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社を中心に七社、総称を静岡浅間神社と呼ぶ.....
c0119160_09595737.jpgc0119160_10002490.jpg
c0119160_10004885.jpg


神部神社は2100年前(10代崇神天皇期)に駿河の国魂神として鎮座、平安時代には駿河国総社となった当地方最古の神社です。浅間神社は醍醐天皇の勅願(901年)により富士山本宮より分祀され、富士新宮として国司の尊崇を受けました。


    .....浅間神社の文化財資料館前にある池を久しぶりに巡ってみる。鯉が沢山泳ぐ.....
c0119160_10031332.jpg
c0119160_10033193.jpg


ここは徳川家康が元服式も上げた神社であり、江戸幕府は威信をかけ60年の歳月と巨額の費用を投資して建てた総漆塗りの社殿は、国の重要文化財に指定されています。この神社に両親や兄弟家族を呼んで七五三祝いをできたことは非常にいい思い出となりました。


  ....駿河国総社への崇敬は非常に篤い。朝廷~国司~戦国武将~徳川氏へと連綿継承.....
c0119160_10050197.jpgc0119160_10052247.jpg






★教科書で習った弥生時代集落「登呂遺跡」、静岡の街


皆さんも教科書で習った記憶があると思いますが、弥生人の暮らしぶりが発掘・再現された「登呂遺跡」、この遺跡は静岡市内中心部の南に位置する田んぼ風景の中にあります。弥生時代後期に属し1世紀頃の集落・水田遺跡は国の特別史跡に指定されています。


      ....静岡に赴任した時、教科書で習った「登呂遺跡」はここだったのかと驚いた.....
c0119160_10210859.jpg
c0119160_10213001.jpg
c0119160_10225446.jpg
c0119160_10235438.jpg


遺跡は、戦時中(1943)、軍事工場を建設している時に発見され、戦後1947年に考古学・人類学・地質学の各分野の学者が加わり日本初の総合的発掘調査が行われ、8万㎡以上の水田や井戸の跡、竪穴式住居・高床式倉庫の遺構が続々と発見検出されたのです。


    ....「登呂遺跡」は住宅街と隣接した水田遺構、弥生人の火おこし作業の銅像もある.....
c0119160_10273756.jpg
c0119160_10280027.jpg
c0119160_10290133.jpg
c0119160_10292027.jpg


農耕や狩猟、漁労の木製道具・火起こし道具・占いに用いた骨などが出土、1999年以降の再発掘調査では新たに銅釧・琴・祭殿跡などが出土しています。休日は娘とサイクリングに来たものだなあ・・。


        .....ちなみに小生が勤務していた静岡時代の職場は登呂遺跡近くだった.....
c0119160_10305758.jpg
c0119160_10311569.jpg







★静岡市の「安倍川」エリアから仰ぐ富士山絶景&東海道五十三次「丸子宿」


静岡市内の代表的な川は地元銘菓餅にも名がつけられる「安倍川」です。身延山地の安倍峠に源を発し南流して静岡市西部で駿河湾に注ぐ安部川(長さ51km)は過去何度も氾濫し、旧東海道の通行を阻む難所川でした。


    ....静岡市の象徴「安倍川」、ここから仰ぐ富士山の美しい姿には毎回唸らせられる.....     
c0119160_10432754.jpg


毎年8月が近づくと「安倍川花火大会」が楽しみでした。1953年に開始された花火の歴史は終戦後の復興や鎮魂を目的として始められもう65回も積み重ねられてきたのか・・、凄いネ!


  ....富士の影も浮かぶ「安倍川花火大会」、川遊びをして夕暮れを待つ。花火大輪が間近に!.....
c0119160_10490806.jpgc0119160_10492500.jpgc0119160_10495413.png
c0119160_10501857.png


家族3人で静岡市内の低山ハイク(賤機山・竜爪山・満願峰)を楽しみましたが、満観峰からの富士山や西伊豆が駿河湾絶景は大感動!左に見える冠雪富士山、右には愛鷹山、沼津アルプス、さらに西伊豆が長く連なる駿河湾大絶景!こんな景色は当地でしか見られない~!


    .....「満願峰」ハイキング、茶畑コースを登りきる富士山と駿河湾・西伊豆の大パノラマ.....       
c0119160_12135054.pngc0119160_12150469.jpg
c0119160_12155088.jpg
c0119160_12213909.jpg


「駿府匠宿」は今川・徳川時代から継承された静岡市の伝統産業と歴史をテーマとした体験型施設です。参加型体験シアター・おもしろ体験館の他に、漆器・竹細工・木製品工房など、静岡市ならではの伝統産業に触れられる場所。夕方の閉館間際でしたが訪問して速攻のレビュー見学


  .....安倍川を越え丸子の手前辺りで「駿府匠宿」が見えてきた。久しぶりに寄ってみよう.....
c0119160_12222052.jpg
c0119160_12225357.jpg
c0119160_12245527.jpgc0119160_12253710.jpg
c0119160_12262981.jpg


匠宿近くには豊臣家を滅ぼし徳川が天下を制した「大阪冬の陣」の前哨舞台となった「誓願寺」がひっそりと佇んでいます。ここには豊臣家の家臣「片桐且元」の墓があります。発端は大阪冬の陣のきっかけとなった「京都方広寺・梵鐘銘文」事件。且元は駿府・家康の元へ嘆願に向かいました。


    .....「誓願寺」は源頼朝が創建し、戦火後に武田信玄が再建。片桐且元の墓がある.....
c0119160_12335760.jpgc0119160_12341828.jpg
c0119160_12350711.jpg


家康は豊臣家との関係に不和を生じさせて滅亡に追い込もうと「豊臣家菩提寺の方広寺の梵鐘に自分の名前があり切り刻まれて明記されている」という言い掛りをつけたのです。且元は「豊臣は徳川に逆らう意思はない」と駿府に弁明するためこの寺に滞在しましたが、任務は果たせず・・。豊臣家滅亡を防げなかった且元は責任を感じ自害、誓願寺に遺骨が葬られました。


    .....「大阪冬の陣」で秀頼・淀は敗れ豊臣家は滅亡。片桐且元も失意のうちに自害.....
c0119160_12382427.jpgc0119160_12385205.png
c0119160_12392549.png


静岡市内には蒲原・由比・興津・江尻・府中・丸子の6宿場町があり、丸子宿は一番西寄りの位置に当たります。「丸子宿」(日本橋から20番目)は東海道五十三次の中で最も小さな宿場(人口800)で「鞠子宿」とも書かれますが、どちらも読み方は「まりこ」です。


    .....東海道五十三次の「丸子宿」、名物「とろろ汁」(自然薯)が有名な茅葺の店.....
c0119160_12554639.jpgc0119160_12561512.jpg
c0119160_12564511.jpg


とろろ汁(自然薯の麦飯)で有名な「丁子屋」(慶長元年創業)が当地にあります。茅葺屋根の店が佇む風景は、広重の浮世絵にも描かれており、まさに東海道宿場町の象徴、江戸時代にタイムスリップしたかの如し。やはり当店の「麦とろ飯」は天然山芋だけあって超絶品です!


    ....広重の浮世絵にも描かれた丸子宿の「丁子屋」(自然薯の最高とろろ麦飯).....
c0119160_12581589.jpg
c0119160_12582823.jpg


「丸子宿」散策ととろろ汁を楽しんだ後は、店内にある資料館にも立ち寄ってみましょう。展示品店内には、江戸時代に実際に使われた旅人たちの道具や丸子宿・丁子屋にちなんだ芭蕉・十返舎一九・安藤広重の作品が常時展示されています。


    ....とろろ汁職人紹介や東海道五十三次の歴史・文化に沢山触れることができる.....
c0119160_13002792.jpgc0119160_13004432.jpg
c0119160_13010597.jpg







★峠を越えて藤枝・焼津へ!翌朝、駿河湾のサンライズ絶景富士に大感動!

c0119160_14380182.jpg

さていよいよ藤枝・焼津に入ります。もう夕暮れが深まり、今日は焼津の民宿に泊まる予定なので藤枝に寄る時間は完全になくなりました。初夏の「蓮華池公園」は蓮の花が池に沢山咲き、藤まつりが開催されます。鯉幟の時期に娘と行った藤枝の光輝く風景を掲載しておきます。


    .....藤枝(強豪高校サッカーの街で昔から有名)の名所地「蓮華池公園」、藤の花が見事!.....
c0119160_14390174.jpgc0119160_14402768.jpgc0119160_14405870.jpgc0119160_15583912.jpg
c0119160_15161069.png



日が沈み夕闇迫る静かな焼津漁港を訪ねてみよう。日本有数の水揚げを誇る焼津漁港は遠洋・沖合漁業の基地としてマグロ、カツオなどさまざまな魚が獲れます。当地で獲れる魚の6割がカツオ(年間漁獲量は10万t)、3割がマグロという構成比です。


  .....(左)暮れゆく焼津港 (右)焼津からの夕富士。明日は大崩海岸の山に上がってみよう.....
c0119160_15231678.jpg
c0119160_15240148.jpg
c0119160_15263776.jpg
c0119160_15271201.jpg


焼津漁港で水揚げされた海の幸を買い味わうならば「焼津さかなセンター」がお勧め!まぐろ、かつおを始め、多くの水産加工店や土産品がひしめく焼津の一大観光地です。場内は活気に満ち、幅広い年齢層の客が観光バスで乗り付けて賑わっています。


      .....(左)活気溢れる「焼津さかなセンター」 (右)静かな夜の焼津港もいいものだ.....
c0119160_15291547.pngc0119160_15295772.jpg
c0119160_15303550.jpg


今日の宿泊は、焼津港の近く瀬戸川河口の民宿「やなぎ亭」です。1階は居酒屋として営業しており、水揚げされたばかりの新鮮な魚料理を注文。ボリューム満点で大いに堪能して早めに就寝しました。明日は早起きして大崩海岸の山に上がり、夜明けの駿河湾と富士山の大展望を堪能してみよう!


    .....民宿と居酒屋を一緒に営んでいる「やなぎ亭」に宿泊、とにかく魚が旨かった!.....
c0119160_15340439.jpgc0119160_15350043.jpgc0119160_15354558.jpg
c0119160_15363269.jpg


日の出時刻は6:30.に合わせて民宿を6時出発し、静岡・焼津に跨る大崩海岸の山の上にある焼津グランドホテルの展望台に到着して富士山・駿河湾の日の出を待ちました。


      .....焼津の大崩海岸の山に上り、日の出を待つ。富士と駿河湾の色が刻々と変わる.....                       
c0119160_16075284.jpg
c0119160_16082589.jpg
c0119160_16095800.jpg


焼津グランドホテルは娘の七五三祝で両親・弟家族を呼んで宿泊したホテルです。両親のうち3人が鬼籍に入ってしまいましたが(今はわが母親だけが健在)、全員が元気に揃い娘の節句祝ができたことがよき思い出です。弟家族も合流してくれて10人で賑やかに大いに盛り上がったあの日からもう18年が経ったのか・・!


      .... 娘の七五三祝を無事終え焼津グランドホテルに家族一同が集合宿泊(2000年)..... c0119160_16105398.jpg
c0119160_16113613.png
   ....(左)家族一同の集合写真(2000年・娘が撮影) (右)主役につき気遣いでお酌する孫娘.....
c0119160_16144623.jpgc0119160_16151057.jpg
c0119160_16154091.jpg


宿泊時の心残りは当日が雨で駿河湾と冨士山の絶景を皆に見せられなかったことでした。自分自身も憧れたここからの夜明け大展望の眺望リベンジがついに果たせる!太陽が昇ってきたぞ!


      ....伊豆半島の先から太陽がいよいよ登ってきた!黄金色に輝く駿河湾.....
c0119160_16274310.jpg
c0119160_16281466.jpg
c0119160_16303147.jpg
c0119160_16305435.jpg



最高のサンライズパノラマを十分に堪能し、再び焼津港に戻ります。滅多に見られないアングルの駿河湾富士の朝風景、贅沢な気分に満たされて駿河の旅はまだまだ続きます。次回の静岡中部編③は焼津~島田、牧之原の茶畑、相良油田、高天神城の風景を紹介いたします。
           
c0119160_16342280.pngc0119160_16344803.jpg
c0119160_16352773.jpg
c0119160_16402407.jpg


                                                      



                                                    おわり

  by rollingwest | 2018-10-10 19:40 | Comments(137)

<2017年11月>静岡中部・駿河国探訪①:「由比・清水」編


c0119160_10151479.jpgc0119160_10153717.png
c0119160_10155876.jpg


★静岡市在住時を懐かしく思い出す一人旅(駿河国探訪)

c0119160_10281058.jpg
c0119160_10284140.png


これまで静岡県の名所関連記事は東エリア(伊豆・富士市・沼津市)を中心に数回レポートしてきましたが、徐々に西移動(rollingwest)して、今回から県・中央部「駿河エリア」の見所紹介シリーズ(2017年11月周遊)を開始したいと思います。


    .....毎日富士山を間近に見て暮らした静岡時代(1999~2001)、素晴らしい思い出ばかり...
c0119160_10320377.png
c0119160_10322510.jpg


実はRWは静岡市で3年間(1999~2001年)勤務しており、当時は娘が6歳前後(幼稚園から小学校入学)でした。この時期は家族一緒で県内の様々な所へ出かけ、懐かしき思い出が濃縮・・、全国転勤地の中でも最も楽しかった時代です。今はカミサンも娘も、還暦オヤジには殆ど付き合ってくれなくなり誠に寂しい限りです。(苦笑)                

c0119160_10351757.png


    .....(左)1999年幼稚園運動会  (中)2000年七五三(浅間神社) (右)安東小学校入学式....
c0119160_10361964.jpgc0119160_10372033.jpg
c0119160_10373285.jpg


                                            静岡東部探訪①:「富士宮」編   

昨年11月、久しぶりに静岡県の空気を味わいたいと思い立ち、郷愁懐古の一人旅(1泊2日)に出かけました。世界文化遺産・富士山の冠雪雄姿も色々な角度から眺める目的なので冬の快晴日を狙いました。半年前記事なので今と季節感が合わず、2000年前後の家族写真も随所に入って、時間感覚も混乱するかと思いますがご容赦下さい。





★桜エビ・シラスの名所「由比」、富士絶景の古戦場「薩埵峠」


11月下旬、典型的な冬の快晴日(西高東低型)となった日を捉えて自宅を5:30出発!東名高速道・沼津IC・富士ICを通過して富士川を渡ると、いよいよ静岡県中部(駿河国)に入ります。由比PA(海岸沿い)で停車して一休みしよう。


    .....(左)東名大井松田から冠雪富士が間近に迫る  (右)富士川を過ぎ駿河エリアへ....
c0119160_10512930.jpgc0119160_10520074.jpgc0119160_10522221.jpg
c0119160_10524422.jpg


雲一つない好天気となった駿河湾上には眩しい朝日が輝いています。桜エビ・シラス名産地として名高い由比・興津周辺の周遊訪問は今回省きましたが、当エリアは多くの見所があるので静岡時代に訪ねた写真をレビューして紹介しましょう。


    .....(左)駿河湾・伊豆半島から昇る朝日 (右)歴史由緒深く桜エビも沢山獲れる「由比」....
c0119160_11024069.jpgc0119160_11030798.jpg
c0119160_11033608.jpg


由比(yui)は旧東海道16番目の宿場街、「由比本陣跡」は門と塀が立派な外観で、江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気!中に入ると葛飾北斎コレクション見学ができ、近くには「由比正雪」(江戸前期、幕府転覆を図った反乱首謀者)の生家もあります。


    .....歌川広重「東海道五十三次」の浮世絵で有名な「由比・薩埵峠」、由比宿を周遊....
c0119160_12435843.jpg
c0119160_12442420.png


由比には歌川広重が「東海道五十三次」で描いた浮世絵で有名な東海道の難所「薩埵峠」(フォッサマグナ=糸魚川・静岡構造線の最南端)が聳え立っています。海に迫る断崖絶壁からは眼下に広がる駿河湾と秀麗な富士絶景を満喫できる穴場の大展望台!


      .....「薩埵峠」や「浜石岳」は富士山大展望のお気軽ハイクが楽しめる。(1999年)....      
c0119160_12530688.jpg


峠の眼下は交通・物流の大動脈(東海道線・国道BO・東名高速)が集中、当時とは様変わりの風景ですが、広重が描いた浮世絵光景のアングルに変わりはありません。「薩埵峠」は古戦場としても有名です。「太平記」足利尊氏・直義の兄弟対決、武田信玄vs北条氏政の決戦舞台ともなりました。


    .....崖下は交通大動脈が集中する街道難所「薩埵峠」、桜エビ干し風景や古戦場が見所....
c0119160_12542044.jpgc0119160_12570811.pngc0119160_12573441.jpg
c0119160_13104629.jpg
c0119160_12555564.jpg
c0119160_12561358.png


薩埵峠を過ぎて清水方面に抜けると、西園寺公望・井上馨など名立たる政治家達が別荘を構えた興津(okitsu)へ出ます。ここには、奈良時代創建の「清見寺」(seikenji:日本十刹・第七位)があり一度は必見の名古刹!五百羅漢も並ぶ境内庭園は国の史跡名勝に指定され、幼少時代の家康(今川氏の人質)が学問を学んだ寺でもあったのです。


    ....浮世絵にも描かれた興津の古刹「清見寺」、2000年薩埵峠ハイクの後に立ち寄る....
c0119160_13152868.jpg
c0119160_13160878.jpg
c0119160_13180785.jpg
c0119160_13185687.jpg


                               静岡東部探訪②:「富士・沼津・伊豆の国」編  





★富士山の眺望景観地「三保の松原」(世界文化遺産)


東名高速・清水ICで降りて、清水中心街(今は静岡市に合併されて清水区と呼称)から三保半島へと向かいました。ここには約7kmの海岸に約3万本の松が生い茂る「三保の松原」が横たわり、天女伝説で知られる「羽衣の松」があることでも有名です。


      ....清水といえば、やはり世界文化遺産「三保の松原」の素晴らしい景観が有名....
c0119160_15451042.jpgc0119160_15461319.jpg
c0119160_15463911.png


2013年に富士山世界文化遺産となった場所だけに、近隣にはパワースポットとして人気の「御穂神社」や「神の道」(常世神の通り道)があり、清々しい気持ちで歩き進んで行きました。


    .....羽車神社は羽衣の変化名、「神の道」の先に「羽衣の松」が鎮座、家族でよく来たなア・・....
c0119160_15533219.jpgc0119160_15542253.jpg
c0119160_15544875.jpg
c0119160_15581878.jpg
c0119160_15582865.jpg


打ち寄せる白波、青い海を背景に富士山が聳える絵画絶景を満喫できる「三保松原」は、まさに日本を象徴する風景で歌川広重・浮世絵や数々の絵画・和歌に表現されてきました。ここを訪問するのは今回で5度目ですが何度見ても素晴らしい!


    .....羽衣松から砂浜に出て波打ち際に向かうと眺望地点、冠雪富士が姿を現した!....          
c0119160_16051638.jpg

2013年富士山世界文化遺産となった「三保の松原」ですが、登録まで紆余曲折がありました。イコモスから富士山との距離が遠く三保松原は対象除外すべきと勧告を受けたのです。静岡県と文化庁は猛烈な説得活動を続け、富士山景観地として構成資産価値を認めさせることに成功しました。


    ....日本人に生まれて良かったと思う絶景!今は亡き義父母を案内した回想2000年写真....
c0119160_16080097.jpgc0119160_16083821.jpg
c0119160_16091136.jpg


過去4回の訪問は全て穏やかな季節ばかりでしたが、今回(2017年11月下旬)は典型的な西高東低気圧配置となり、強風快晴の中で怒涛の波が押し寄せていました。護岸にぶつかる波は噴水の如く天に向かって飛沫を上げ、こんなレアな光景を眺めるのは初めてだ!


    ....日頃穏やかな三保半島海岸なのに、凄まじい荒海が押し寄せている!大感動~!....                   
c0119160_16141563.jpg
c0119160_16143244.jpg
c0119160_16150638.jpg
c0119160_16153019.jpg


荒波渦巻く海に冠雪富士、感動的な光景との出会いでした。三保の松原は今や富士絶景が体感できる外国人の憧れSPOT!日本人ならば一生に一度は訪問すべき景勝地(絶対お勧め)です!


    .....(上)怒涛の波と冠雪富士のコラボ  (下)真崎海岸の方は内海となり波は穏やかだ....
c0119160_16210826.jpgc0119160_16221614.jpg
c0119160_16225169.jpg
c0119160_16293719.jpgc0119160_16304152.jpg
c0119160_16310780.jpg


                                  静岡東部探訪③:「三島・韮山・北伊豆」編  






★清水中心部の歴史ある名刹を訪問


清水市街部には歴史あるお寺が沢山かあります。東海の名刹と謳われる「龍華寺」を最初に訪問しました。寺は高台にあり「観富山」と言われ富士眺望が満喫できます。境内には国の天然記念物「大蘇鉄&大サボテン」があり、中国上海の龍華寺から移植したと伝えられます。


    .....大蘇鉄&大サボテンが植えられる茅葺屋根、清水の名刹「龍華寺」は趣あり....
c0119160_16415813.jpgc0119160_16425272.jpgc0119160_16434679.jpg
c0119160_16452145.jpg


奥の本堂(江戸初期建立)は富士のような茅葺き屋根が特徴で富士山と並べて眺望すると一層趣が増します。明治文豪「高山樗牛」(小説・滝川入道で有名)の墓と銅像があり、資料館も覗いてみました。温暖な土地・静岡には文豪・文化人の足跡が多いなあと感心した次第です。


    .....(左) 龍華寺本堂と富士山が並ぶ眺望  (右)明治文豪「高山樗牛」に所縁あり....
c0119160_16493036.jpgc0119160_16502592.jpgc0119160_16511101.jpg
c0119160_16520168.jpg
c0119160_16590646.jpg
c0119160_16594438.jpg


「鉄舟寺」は明治維新に功績をなした「山岡鉄舟」に因むお寺。飛鳥奈良時代からの古刹で、行基(大仏開眼功労)が久能寺と名付け栄えました。江戸時代に衰退したものの明治初期に静岡藩大参事として赴任した山岡鉄舟が再興し彼の名を冠する寺に呼称変更されました。


        .....「鉄舟寺」は龍華寺に隣接する1300年以上の歴史が刻まれる名古刹....
c0119160_17020582.jpg
c0119160_17024139.jpg


鉄舟は剣客(千葉周作の北辰一刀流に師事)としても有名、当初幕臣でしたが江戸無血開城で活躍して天皇近臣となった歴史人物。勝海舟と西郷隆盛の江戸無血開城会談に先立ち、官軍駐留の駿府で鉄舟と西郷は面談しています。


       .....「山岡鉄舟」は西郷隆盛と面談し幕末・明治維新に名を残した重要人物....
c0119160_17052486.jpg
c0119160_17060243.jpg


清水といえば「清水の次郎長」!江戸末期~明治初期に「東海道の暴れん坊」として名を馳せた有名な侠客ですが、単なるやくざの親分ではなく地元開墾事業での大貢献者です。


  ....梅蔭禅寺には「清水の次郎長」の墓がある。次郎長親分は山岡鉄舟とも交流があった....
c0119160_17081568.jpgc0119160_17314185.jpgc0119160_17091169.jpgc0119160_17230497.jpg
c0119160_17102904.jpg


梅蔭禅寺境内に墓があり、寺の近く生家があり「清水次郎長資料館」として功績資料が展示されています。次郎長親分に子分の大政・小政・森の石松などの人形があり可愛らしいね~!


    .....(左) 清水の次郎長の生家  (右) 「清水次郎長資料館」は中々見応えあり!....
c0119160_17411184.jpg
c0119160_17415730.jpg


清水といえば、娘が幼少時からファンで家族一緒に見ていたTVアニメ「ちびまる子」でも有名。「さざえさん」と並び昭和の良き時代を思い出すことのできる長寿アニメ番組です。清水エスパルスプラザにある「ちびまる子ちゃんランド」に3人で楽しんだことが懐かしい!


    .....清水港・エスパルスプラザからの富士も絶景ポイント、「ちびまる子」とご対面(2000年)....
c0119160_17435334.gif
c0119160_17443182.jpg
c0119160_17450633.jpg
c0119160_17455550.jpg


                  <2017早春>伊豆半島・夫婦旅①:南伊豆(河津・下田)【前編】 





★富士山展望の「日本平」、徳川家康の墓がある「久能山東照宮」


「日本平」は静岡市駿河区と清水区境界の名勝地(日本観光地100選)!富士山の美しい姿と駿河湾・伊豆半島・三保松原の絶景を一望できる素晴らしい観望台として知られています。


    ....富士山と駿河湾の大展望「日本平」、この景勝地も5~6回は来ているかなア・・....            
c0119160_18562983.jpg


 .....日本平からの富士山18年ぶり!今は亡き義父母を案内した2000年以来だなあ.....
c0119160_18572415.pngc0119160_18574167.jpg
c0119160_18582770.jpg


日本平という地名は、古事記・日本書紀に登場する「日本武尊」(ヤマトタケル)に由来します。日本武尊が東征の折、駿河国に入り地元豪族に囲まれて当地で野火攻めに遭った際、「天叢雲剣」(三種神器の一つ)で周辺の草を薙ぎ払い火の勢いを止めて敵を倒しました。


    .....ヤマトタケルが草を薙いで切った「天叢雲剣」は八岐大蛇の尾から出てきた神剣....
c0119160_19035447.jpg
c0119160_19041044.jpg


神剣は霊験貢献により「草薙の剣」と呼ばれるようになり、近くには「草薙神社」も鎮座しています。静岡時代は日本神話に興味なかったRWでしたが今回違う目で神の空気に触れました。


    .....久しぶりに参拝した「草薙神社」、ヤマトタケルが活躍した足跡が残る....
c0119160_19055276.jpg
c0119160_19061325.jpg


                  <2017早春>伊豆半島・夫婦旅②:南伊豆(河津・下田)【後編】 

日本平から「久能山東照宮」結ぶロープウェイがあります。ここも4回目の参拝となりますが、社殿大改修が完成しているのでまた行ってみよう!久能山は日光、芝・増上寺、上野・寛永寺と並ぶ全国四大・東照宮の一つで、家康の遺命によって遺骸がこの地に埋葬されています。


    .....久能山参拝ルートは2通りのみ(ロープウェイor久能海岸側から1159石段を登る)....             
c0119160_19173975.jpgc0119160_19181019.jpg
c0119160_19183522.jpg
c0119160_19221700.jpg


家康は今川氏人質で幼き頃に静岡に暮らし、晩年も駿府城(静岡市)で余生を過ごし大御所政治を行いました。縁深い風光明媚な当地をこよなく愛し、75才で亡くなる直前に「遺骸は久能山に埋葬すべし」と遺命したことから、2代将軍秀忠が久能山に家康を権現として祀る神社の造営を命じたのです。


    .....静岡で唯一の国宝建造物「久能山東照宮」、日光東照宮建立の19年前に完成....
c0119160_19231122.jpg
c0119160_19235948.jpg


     .....(左)楼門への石階段を登る (右)18年前は義父母を案内して豪華建築を堪能....
c0119160_19322575.jpgc0119160_19332986.jpgc0119160_19335298.jpgc0119160_19342357.jpg
c0119160_19344838.jpg


日光東照宮同様に社殿は当時の最高建築技術・芸術が結集された権現造様式で実に豪華絢爛!創建時の極彩色きらびやかな江戸時代技巧の極みが今の世に甦っていました。権現・家康の他に、豊臣秀吉・織田信長も一緒に祀られており、全国47ある東照宮のうち戦国3英傑が同時に鎮座しているのは「久能山東照宮」だけです。


    .....豪華絢爛な建築の粋「久能山東照宮」、実は「日光東照宮」は久能を模して造営された....
c0119160_20164204.jpg
c0119160_20172265.jpg


         .....家康の遺骸が祀られる神廟の右側にあるは「金のなる木」が鎮座....
c0119160_20190019.jpg
c0119160_20193570.jpg


今回の参詣で驚いたのは韓国・東南アジアなどの観光客が圧倒的に多かったこと!静岡在住時には想像もしなかった客層変化でした。外国人にとって富士山周辺観光地はまさにゴールデンルート、インバウンド隆盛となった時代の変化をひしひしと肌に感じました。

                      <2017>伊豆半島夫婦旅③:中伊豆(修善寺温泉・吉奈温泉)  

    .....清水・三保半島(真崎海岸)からの冠雪富士、銭湯富士の3本指に数えられる風景....
c0119160_20233529.jpgc0119160_20242205.jpg
c0119160_20250223.jpg


数々の富士山絶景を捉え、静岡在住時の思い出をレビューする旅はまだまだ続きます。次回のレポートは静岡市内中心部に移動、家族で住んだ懐かしきマンション、娘が通った幼稚園・小学校、七五三祝いをした静岡浅間神社、家康が晩年暮らした駿府城・人質として暮らした臨済寺、弥生時代の農耕生活が再現された登呂遺跡などが登場しますのでお楽しみに~!            


  .....富士山眺望を楽しむのはやはり西高東低・冬晴日が最高!怒涛の波と富士には驚愕....
c0119160_20273057.jpgc0119160_20281974.jpg
c0119160_20285789.jpg





                                                          おわり


      世界文化遺産「三保の松原」          豪華絢爛建築「久能山東照宮」  
 




  by rollingwest | 2018-06-04 20:00 | Comments(170)

<2018年元旦>恭賀新年!平成30年を迎え年始めのご挨拶


c0119160_15353148.jpgc0119160_15362456.jpg
c0119160_15371686.jpg


★2018・新年を迎え年始冒頭のご挨拶


明けましておめでとうございます。旧年中はいろいろお世話になり、皆様から楽しいコメントを数多くお寄せ頂き誠にありがとうございました。2018年元旦を迎え、今年もまたお互いに健康・無事安全で過ごせるよき1年となりますように・・!皆様のご多幸を祈念いたします。


      ...毎年大晦日に川崎大師で年末の御礼参り、今回は快晴12月30日に参拝...
c0119160_15410855.jpg
c0119160_15413230.jpg
c0119160_15442267.jpg
c0119160_15444100.jpg

小生は、毎年川崎大師で静かな環境で年末御礼参りを済ませます。今は柏崎に帰省中。3日帰京・4日仕事始めでや短めの正月ですが一人暮らしのお袋に家族3人揃って顔を見せるのは久しぶり、実家にて4人でゆっくり過ごしております。本年も皆様と情報交換ができることを楽しみにしています。


  ....(左)境内は露店の開店準備が進められている  (右)仲見世通りを歩いてみよう....
c0119160_15501858.jpg
c0119160_15510137.jpg

    ....(左)川崎大師名物「トントコのど飴」 (右)老舗の達磨売店「かしわや」....
c0119160_15524590.jpg
c0119160_15533226.jpg








★新年はやはり富士山の絶景写真(静岡県)で目の保養を!


年初冒頭記事は例年、富士山写真を掲載することが多いですが、今回は昨年11月静岡県内を巡り撮影した富士絶景をお届けします。静岡在住時代(1999~2001年度)を懐かしむ一人旅でしたが、快晴に恵まれ数多くの富士山の表情をGETできました。

c0119160_19305658.jpg
c0119160_17522126.jpg
今回は一部のみ掲載ですが、のちほど「静岡中部探訪」記事を公開して詳細にレポートしますのでお楽しみに~!


                       「富士仰ぎ、日本に生まれし喜びを噛み締む朝の年初めかな・・」


....静岡市の三保・真崎海岸(清水港に突き出た半島)から撮影した富士山(世界に誇る名峰風景)....      
c0119160_17531563.jpgc0119160_17555696.jpg
c0119160_17563811.jpg


まずは駿河湾越しの富士山が間近に望める景勝地・三保半島の富士山から紹介しましょう。2013年、富士山の世界遺産登録審査で「三保の松原は富士山から45km離れた砂浜だ」としてユネスコ諮問機関から一時は対象除外の勧告を受けました。しかし各国への粘り強い説得が実り、最終的には「羽衣伝説」等の文化的価値が認められ、LAST土壇場で一括登録に漕ぎ着けた経緯にあります。


....羽衣伝説で有名な「三保の松原」海岸から見る富士山、波飛沫とのコラボを大いに堪能!....
c0119160_19011101.jpgc0119160_19020734.jpgc0119160_19263093.jpgc0119160_19031487.jpg
c0119160_19034572.jpg


ここを訪れるのは4~5回目ですが、何度見てもこのアングルから仰ぎ見る駿河湾越しの冠雪富士は美しい!穏やかな海風景しか見たことがなかった「三保の松原」ですが、当日は西高東低の冬晴れで強い西風に煽られた波はテトラポットに波飛沫が砕け散り、富士山を背景とした豪快なる絵画の如し!


  .....(左)焼津の断崖から撮影した夜明けの海富士  (左)牧之原台地・金谷から望む茶畑富士...
c0119160_19280567.jpg
c0119160_19292637.jpg







★新たな気持ちで第2の人生へ ①:高校同級還暦祝賀会


昨年12月還暦を迎え、今年は第2人生がスタート!昔は赤いチャンチャンコで家族・親戚からお祝いをしてもらって隠居老人の仲間入りでしたが、今の60歳はまだ中年の延長という感じ。再雇用の継続なので職場や生活リズムに何ら変化もなく、自分にとっては平凡な日常が淡々と過ぎただけでした。しかしこれからは忍び寄る健康の衰えや不慮のリスクも意識し始めなければならないのかもしれない。

c0119160_19492553.jpgc0119160_19501550.png
c0119160_19504817.jpg

昨年夏から還暦祝いと称し中高大仲間の飲み会や祝賀行事が急に増え始めました。昨年10月は柏崎高校の同級還暦祝賀会(在校生1/3の110名以上が出席)が故郷で盛大に開催、大いに盛リ上がりました。昨年秋公開するつもりが、写真数溢れで限界につき今回元旦記事にずれ込み公開です。


....(2017.10.7)柏崎高校同級生110名以上が42年ぶりに会し還暦祝賀会が開催(柏崎シーポート)....  
c0119160_19564025.jpg

何十年ぶりの再会同級生も多くいて名前と顔が一致しない方や風貌激変で初めは誰かわからないメンバーも数人、でも会話するうちに昔の記憶が呼び起こされるものです。サッカー部同窓達とは小生が幹事企画したOB会以来数年ぶりの再会で、また次回要望を受けたのでいつか開催しなきゃ・・。


  ....やはり故郷の同級生は懐かしい!中には、小中高大13年間同級生というメンバーも・・....
c0119160_20015051.jpgc0119160_20085060.jpgc0119160_20033359.jpgc0119160_20050661.pngc0119160_20071487.jpg
c0119160_20080869.jpg

15年前北朝鮮から無事帰国したH池とは4回目の再会で本当に久しぶり!TVで見るし年賀状も交わしているが、直接対面の会話は9年ぶりだネ~。昔2人で一緒に遊んだ頃を思い出し馬鹿話に花を咲かせて大爆笑~。再びこの機会を与えてくれた幹事(故郷在住)のおかげと深く感謝しております。   


....大学2年夏休み帰省時に、H池とは2人で雀球店に通ったナ~、また再会できて本当によかった.... 
c0119160_20554296.jpgc0119160_20562149.jpg
c0119160_20565680.jpg


個別2次会は自宅近所にあるスナックに来てもらい、コチラもまた大いに盛り上がりましたが、皆さん本当にお元気!次回同窓会(5年後?)にてまた元気に再会したいね!今年9月は中学の還暦同級会が柏崎で開催される予定で、こちらへの参加も大いに楽しみです!


....2次会幹事はRW、自宅近くのスナック貸切で大いに盛り上がって頂きました(夜は更け行く)...
c0119160_21103714.jpgc0119160_21114027.jpg
c0119160_21123440.jpg
c0119160_21312919.jpg
c0119160_21314648.jpg


                   <2017年9~11月>中高大学の旧友と懇親を深めた秋 






★新たな気持ちで第2の人生へ ②:大学山仲間での還暦祝い会


大学時代の山仲間(GDM)からの還暦祝いは12月17日に高田馬場中華店でお祝い会してもらいました。わざわざ福岡や広島の遠方から駆けつけてくれた同期もおり感謝の限り・・。この仲間とは、一昨年夏の富士樹海ツアー(RWが幹事)以来の再会で、今回で4回目のOB会開催となりました。


   .... 高田馬場で真昼間から大いに盛り上がるRW還暦祝い(但し全員割り勘でした)....    
c0119160_21290301.jpgc0119160_21293543.jpgc0119160_21301380.jpg
c0119160_21345976.jpg


 ....リョースケ様は福岡から、寂恋法師は広島から遠路はるばる駆けつけてきてくれた!感謝!....
c0119160_21481810.jpgc0119160_21491987.jpg
c0119160_21494746.jpg


....還暦記念ペナントも頂き感謝!喜んでくれるCHA先輩の笑顔も素敵!2次会で亀吉様沈没....
c0119160_21541805.jpgc0119160_21544249.jpg
c0119160_21550043.jpg


いつも通り毎回繰り返される昔の失敗談・逸話・下ネタで盛り上がり爆笑の連続!中味は全く進歩していないこのメンバーと飲むといつも涙を流して腹の底から笑えます。次回は後輩ナベちゃん達の還暦祝いを今秋に伊豆で行うことになりました。RWが河津七滝巡りなどを企画いたしましょう!

                   <2016年7月>アラ還・大学サークルOB会(富士樹海ツアー) 






★日本の新しい玄関口「東京駅・丸の内広場」が完成


バラバラ記事で統一感がないのですが、最後は先月新規オープンした「JR東京駅・丸の内駅前広場」を歩いてきたので、リニューアルされた風景を新年早々皆様にお届けします。


  .....12月7日オープンした東京駅「丸の内・駅前広場」、赤レンガ駅舎全貌が真正面に一望!...           
c0119160_22060313.jpg

東京のシンボル東京駅は、2012年10月創建当時(大正時代)の姿を忠実に再現した赤レンガ駅舎がお披露目されて大きな注目を浴びましたが、その後も駅前工事が延々と続いていたので、一体何ができるんだろうと思っていました。


.....12/15本社出張の機会があり、朝の東京駅.の新しい雄姿を撮影しながら大手町方面に歩き行く.....
c0119160_22120750.jpg
c0119160_22135720.jpg
c0119160_22153268.jpg
c0119160_22155719.jpg

12月7日に完成した「丸の内・駅前広場」は赤レンガ駅舎正面の中央広場(6500㎡)で、駅前から皇居へ続く「行幸通り」とのデザイン統一が図られ、白基調の御影石での舗装・両側にはケヤキ並木・芝生が植えられており、実に開放感ある空間となっています。


  .....出張会議を終え再び東京駅へ戻る。和田倉門噴水公園は摩天楼ビルが連なっている...
c0119160_22183166.jpg
c0119160_22185645.jpg


中央広場を挟む南北には、路線バス・はとバス・タクシーが乗り入れる発着所が機能的に配備、コンサート等イベント会場にも使用可能でこれから人が多く集まる名所となること間違いなし!

  

  .....(上)皇居お濠周辺はまだまだ紅葉が綺麗!  (下)お堀の陽だまりで寛ぐカモメ達....          
c0119160_22204706.jpg
c0119160_22210899.jpg
c0119160_22303725.jpg
c0119160_22332328.jpg

2019年の新天皇皇位継承、2020年東京五輪と大きなイベントを控えて、皇居と調和した新景観はまさに首都圏の表玄関「東京駅」(1日乗車人員70万人)に相応しいものであり、これからドンドンSNS発信されて世界に誇る東京の新名所となっていくと思われます。


  .....(左)ライトアップ二重橋 (左)「静かなる平成春に退位して平和を祈る上皇と成らむや」 ...        
c0119160_22352872.jpg
c0119160_22361087.png



       ....東京中央郵便局KITTEのテラスより横から眺める東京駅の壮観な眺め....         
c0119160_22391545.jpg
c0119160_22410489.jpg



  
    ◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■


2018年も新たな名所やレアでマニアックな穴場を紹介しながら、皆様とのコメント交流を深めていきたいと思います。あらためて本年もお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。


c0119160_22432678.jpg
c0119160_22440055.jpg


  
                                                おわり

  by rollingwest | 2018-01-01 00:00 | ごあいさつ | Comments(194)

<2017年元旦>2017謹賀新年!霊峰富士&富士吉田・歴史探訪

c0119160_17455268.jpg



★2017・新年を迎えてのご挨拶


明けましておめでとうございます。旧年中はいろいろお世話になり、皆様より数多くの楽しいコメントをお寄せ頂き誠にありがとうございました。今年は酉年の年男!ついに還暦となる年を迎え、またブログもこの5月で開設10周年を迎え節目となります。本年も引続きご愛顧の程よろしくお願い致します。

c0119160_1443511.jpgc0119160_14431794.jpgc0119160_14433089.jpg
c0119160_1443396.jpg

     
今年冒頭記事は富士山からスタート!やはり新年挨拶には富士山が似合うネ・・「富士仰ぎ、日本に生まれし喜びを噛み締む朝の、年初めかな・・」。昨年は大学山仲間と富士樹海ツアー、3年前は静岡富士宮浅間神社から富士山を仰きました。2017年は富士吉田(山梨)の穴場紹介での執筆開始とします。

                                 
   .....(左)富士山はやはり日本・心の癒し風景 (右)東名高速・大井松田ICからの冠雪富士.....
c0119160_15482723.jpgc0119160_1548384.jpg
c0119160_15485493.jpg

c0119160_15491749.jpg

      
                   <2016年7月>アラ還・大学サークルOB会(山中湖・富士樹海ツアー)

                           <2014年1月>霊峰富士と共に恭賀新年!「富士宮」編
 

富士吉田は過去何度も訪ね、山梨富士の眺望地は殆ど巡ったつもりでしたが、2年前から話題になっている「新倉浅間神社」が未訪問だった!この隠れた名所はタイのTV番組で「富士と五重塔コラボ」が紹介され東南アジア観光客が一挙急増!外国人SNSブレイクでの穴場名所です。日本人も目から鱗!


      .....(左)富士吉田MAP (右)外国人のSNSで有名になった「新倉富士浅間神社」.....
c0119160_1555126.jpgc0119160_1614207.jpgc0119160_15555731.jpg

c0119160_15561343.jpg
c0119160_15562434.jpg


富士急・下吉田駅から徒歩5分にある新倉浅間神社は、705年荒倉郷の氏神で創建、何と1300年以上の歴史を誇る神社!平安時代、富士山大噴火があり平城天皇の命による勅使にて国土安泰の富士山鎮火祭が執り行われました。武田信玄の父も北条氏との戦で勝利祈願の刀を奉納しています。


     .....新倉浅間神社・赤鳥居から仰ぐ富士遠景、外国人の参拝客も結構多い!.....
c0119160_16135473.jpgc0119160_155528100.jpgc0119160_185624.jpg
c0119160_1615314.jpg


赤鳥居をくぐり石階段を登っていくと額縁富士が鳥居注連縄と重なってレア光景が早速目に飛び込んできました。新倉浅間本殿にお参りして高台休憩所ベンチへ、裾野広がる冠雪富士の絶景が出現!


   .....注連縄の冠雪富士と新倉浅間本殿」を参拝し、富士山の全貌が見える高台休憩所へ....
c0119160_1733898.jpgc0119160_18154.jpgc0119160_17332619.jpg



c0119160_17334832.jpg


    .....(左)富士山を見ながら寛ぐ老夫婦 (右)これからの新倉山公園への登りが大変!......
c0119160_178323.jpg
c0119160_17182423.jpg


五重塔が鎮座する展望台公園への到着までは、次の長い石階段を登っていかなければならない。やっと登り切ってみるとお目当ての五重塔(地元では忠霊塔と呼ばれる)とご対面!真っ赤な五重塔の真後ろに雪を被った霊峰富士は確かに初体験光景!これで満開桜が揃っていたら完璧ですナ~!


  .....冠雪富士と五重塔のコラボ、やはり素晴しい~!これこそ「THE日本」の象徴画なのかも!.....
c0119160_1712166.jpgc0119160_17121786.jpgc0119160_17124058.jpg


c0119160_171313.jpg


    .....富士吉田市と世界遺産・名峰「富士」のパノラマ写真、この開放感と絶景は凄い!.....
c0119160_17251590.jpg
 
RW訪問時は案の定、タイ人のカップルが沢山いて記念写真を撮影しまくっていました。富士山・五重塔・桜という「THE日本」のイメージが集約された風景は海外では日本の象徴として大人気となっているようです。日本人が知らなかった「新倉山浅間公園」のお宝風景が外国から逆輸入されたとは驚き・・


   ....日本ファンのタイ人ならば誰もが知っている新倉山浅間公園!満開桜の時に見たいネ~!.....
c0119160_1743145.jpg
c0119160_1742382.jpg


                     <2011年1月>甲斐の国・探訪(その2):山梨県の富士山(前編)





★富士大噴火で壊滅した富士古代王朝、富士吉田「徐福伝説」


神武天皇の遥か昔に富士山北麓に「富士・高天ケ原王朝」が栄え古代都の中心部に「不二阿祖山太神宮」があったことを御存知でしょうか?富士吉田市・大明見の旧家に秘かに伝えられた「宮下文書」なる古伝(神武天皇開闢以来の万世一系・天皇歴史を否定するため迫害・封印)に記されています。


....(左)神武以前の富士王朝を記載した「宮下文書(monzyo)」 (右)徐副伝説は全国各地に存在....
c0119160_192839100.jpgc0119160_19281932.gif

c0119160_1929299.jpg


富士山麓に勃興した超古代「富士・高天ケ原王朝」は、中国から渡来した「徐福」(BC3世紀・孝霊天皇期)が発見して筆録伝承しました。徐福とは秦の始皇帝に仕えた方士であり不老長寿薬を探せと命じられ3千人を率いて日本に渡航した伝説人物。彼が目指した蓬莱山は富士(不死)山だったのです。

                      全国各地に伝わる「徐福伝説」(富士吉田は一番下に表記)


        .....古代王朝「不二阿祖山太神宮」に縁の深い「富士小室浅間神社」.....
c0119160_1936254.jpgc0119160_19372662.jpg


c0119160_19381330.jpg
c0119160_19382880.jpg


徐福は富士を目指し高天ケ原阿祖谷に辿りつき、地元民に養蚕・織物技術を教えました。徐福は当地に富士王朝の超古代史が神代文字で伝えられている事実を知ると深く感銘し漢字翻訳して文書に記しました。徐福死後も子孫によって補記され膨大な古文書群「宮下文書」として今に伝わったのです。;


 .....小明見に鎮座する「徐福像」、堂内には、不老不死の薬を求めて渡来した徐福の船が!...
c0119160_1945540.jpgc0119160_1946491.jpg
c0119160_19442260.jpg

c0119160_19473229.jpg


富士王朝はやがて九州から勢力を伸ばしてきた神武天皇勢力に権威を徐々に奪われて衰退の道へ。そして平安時代の富士山大爆発で富士王朝は終に灰燼と帰し壊滅したのです。富士五湖・樹海が形成された契機は延暦噴火、まさにポンペイ火山噴火級の大惨事だったのでしょう。阿祖山太神宮は完全に焼失、宮司は難を逃れ相模国に移住しました。そこで創建された宮が寒川神社と謂われます。


     .....富士吉田の福源寺境内には徐福にまつわる「鶴塚」伝説が残っている..
c0119160_20102440.jpg
c0119160_2010401.jpg

富士王朝や当地の徐福伝説が全く認知されていない理由は、①富士大爆発で史跡・古文書が全て灰燼と帰したこと ②藤原氏が歴史抹殺・捏造(古事記・日本書記で天孫降臨神話・神武こそ初代天皇) したこと ③近代まで残った宮下文書も偽書扱いされ、歴史上全く認めらなかったことなのかな・・


    .....徐福は亡くなり鶴となって飛翔、この地に落ちて「鶴塚」に祀られたと伝わる..
c0119160_2014349.jpgc0119160_20141928.jpgc0119160_20144171.jpg
c0119160_2015582.jpg

c0119160_20151931.jpg


古事記・日本書記以前の古史古伝(竹内文書・先代旧事本紀・東日流外三郡誌・九鬼文書・上記・秀真伝)には神代文字で驚く様なことが沢山記されています。全て没落した王朝・豪族の伝承史であり殆どが抹殺または偽書扱いされ、国民は存在すら知らない状況にあります。隠された真実とは・・?






★「富士講」(山岳信仰)の導き案内「御師の家」を訪ねる


富士山は昔から神様が宿る山と信じられ、富士山に登拝するため各地から人々が訪れていました。寺社に所属し、参拝者案内や世話をしたりする人を御師といいます。富士吉田の御師は富士山を神体として信仰するため、特定寺社ではなく富士山へ信仰登山する人達の世話や祈祷を行いました。


    .....富士登山のシーズンが終わり「吉田の火祭り」が行われる富士吉田の街風景...
c0119160_2037448.jpgc0119160_20375961.jpg



c0119160_2038215.jpg


富士吉田の導師や世話人達は「富士御師」と尊敬され参拝者に自宅を宿坊として提供しており、その宿坊を「御師の家」と呼びます。昨年7月、大学山仲間とOB会を主催し富士山駅(富士吉田)で待ち合わせしましたが、早めに到着したので「御師の家」を訪問してみました。興味深かったのでレポート!


  .....「富士講」と呼ばれる地元山岳信仰と「御師の家」(富士詣での宿坊)を訪ねてみる...
c0119160_2046674.jpgc0119160_20462064.jpg

c0119160_20464291.jpg
c0119160_20491571.jpgc0119160_20493382.jpg
c0119160_20495759.jpg


夏の開山期になると富士講信者達は富士登山で当地に沢山来訪。御師の実際生活は、経営宿坊での信者から宿泊料や通行料、祓い料・布施などの収入によって維持されていました。御師と信者は師弟関係にあり一度縁を結ぶと信者は他の御師の宿坊に泊まることはありません。コアなお客様だネ~

c0119160_2284483.jpg

        .....富士山信仰の拝殿、富士講登山の白装束等が飾られている...
c0119160_20565025.jpg
c0119160_2057545.jpg
c0119160_2057572.jpg
c0119160_20582485.jpg
c0119160_218596.jpgc0119160_2192842.jpg

c0119160_2194795.jpg


富士吉田はまだまだ見所が沢山あります。富士信仰のルーツ「冨士浅間神社北口本宮」、「吉田の火祭り」、「富士山レーダードーム館」、「富士急ハイランド」、「河口湖花火湖上祭」、下記の記事よりご参照ください。吉田うどんも美味しいよ~;

                    <2011年1月>甲斐の国・探訪(その2):山梨県の富士山(中編)

   .....(左)富士閉山で行われる「吉田の火祭り」 (右)NHKプロジェクトX「富士山レーダードーム」.....
c0119160_14451811.jpg
c0119160_14453651.jpg


      




★富士湧水の里「忍野八海」、感動の光景!


.....次は富士湧水の里「忍野八海」へと向おう!当地へは4~5回訪問したが何度来ても感動的!...
c0119160_21185222.jpgc0119160_211974.jpg

c0119160_21192547.jpg


さて次は美しい水風景が感動的な「忍野八海」へ!心洗われる富士湧水の里、ここを訪問するのはこれで5回目ですが何度来ても飽きません。富士の湧水風景は今や世界的な人気を誇っています。


     .....(左)富士山をバックに (右)茅葺家と透明湧水と名峰富士のトリプルコラボ!......
c0119160_21384937.jpgc0119160_2139289.jpg
c0119160_21395169.jpg

c0119160_21455625.jpgc0119160_21461448.jpg
c0119160_21462427.jpg

c0119160_21464794.jpg
c0119160_2147576.jpg


富士山の雪解け水は地下溶岩の間で数十年の歳月をかけて濾過され8か所の泉が形成され湧き出しています。忍野八海の水は桂川・相模川と名前を変え、神奈川の美味しい水源となっているのか!


   .....「忍野八海」は富士6つ目の湖だった!富士五湖と比較するとダントツに標高が高い.....
c0119160_22573457.jpgc0119160_22575510.jpg


c0119160_22581185.gif

c0119160_232097.jpgc0119160_2323398.jpgc0119160_2325072.jpg
c0119160_2345849.jpg
c0119160_2351219.jpg


昔は素朴で清らかな湧水里風景が静かに佇んでいました。しかし今は中国人観光のゴールデンルートとなっておりワイワイガヤガヤ喧騒の極み・・。PM2.5汚染空気に工場排泄水に辟易とする環境劣悪な中国人にとってかくも深い透明な水に鯉が泳ぐ奇跡的光景は夢のような世界に見えるのでしょう。


 .....中国人観光客が独占状態、PM2.5の空に汚染水の国と違う夢の世界に驚嘆の声!.....
c0119160_237922.jpgc0119160_2372418.jpg
c0119160_2374153.jpg


c0119160_238156.jpg


忍野八海の近くには、「富士湧水の里水族館」や湧水公園があります。昨年夏に大学サークル山仲間(GDM)OB会が終わり、I井先輩と寂恋法師を駅まで送り届ける途中でここに立ち寄り案内しました。


   .....湧水池の「さかな公園」で遊ぶ子供達、「富士湧水の里水族館」を訪問して見よう.....
c0119160_23142415.jpgc0119160_23143955.jpg



c0119160_23145681.jpg

c0119160_23193460.jpg
c0119160_2319465.jpg


2001年に山梨県内初の水族館として開業した「富士湧水の里水族館」は、県内の河川や湖沼に生息する淡水魚(イトウ・ニジマス・ヤマメ・アマゴ・サクラマスなど)の泳ぐ姿を見せる水族館です。海の水族館のような派手さはありませんが、渓流の魚たちが泳ぐ景観はなんとも言えない清涼感と品位を感じます。


     .....清流や川に生息する淡水魚の水族館は興味深い!水槽の見せ方にも工夫....
c0119160_23225075.jpg
     
     .....水槽を泳ぐ魚と戸外景色との光の屈折差で織りなされる水景が面白い!....
c0119160_2323361.jpg
c0119160_23231594.jpg

当水族館はエントランスからすぐ水槽全部見渡せ、通路から魚の遊泳を見上げることができるトンネンル水槽等もあり、八景島や葛西の水族館を意識し魚の見せ方に工夫している印象があり楽しかった~!


          .....古代魚や南米アマゾンに生息する珍しい魚や亀なども続々登場....
c0119160_23264863.jpgc0119160_23271215.jpg
c0119160_23272871.jpg

c0119160_2328487.jpgc0119160_23282292.jpgc0119160_2328365.jpg

             .....富士湧水が育む魚の大周遊には目を見張った!....
c0119160_23335846.jpg
                      
山梨県の富士は実に魅力的!今まで何度も通った山梨名所に何度も行ってみたくなる理由はやはり背景に映える名峰富士があるからこそ!♪富士は日本一の山~!日本人に生まれてよかった!

c0119160_23363382.jpg
c0119160_23364414.jpg


      .....山梨の平原から眺めた雪煙を上げる名峰富士(やはり日本一の山)・・!....
c0119160_23382740.jpg
              
                    <2013年5月>甲斐の国・探訪(その6):山梨県の富士山(後編)


                                                        おわり

  by rollingwest | 2017-01-01 00:01 | ごあいさつ | Comments(144)

<2016年7月23~24日>アラ還・大学サークルOB会(山中湖・富士樹海ツアー)

c0119160_18422065.jpgc0119160_18423834.jpgc0119160_18425620.jpg
c0119160_1843628.jpg


★10年ぶりに大学時代の山仲間が再集結!


7月下旬、富士山麓で大学サークル「旅の会」GDM(登山グループ)のOB会を開催しました。第1回目(1984)が丹沢で開催、第2回目は軽井沢での開催(2006・RWが幹事)、今回も幹事を仰せつかり1日目は山中湖ホテルに夕方集合して大宴会。翌日は富士樹海ツアーを楽しむ内容で案内しました。


   .....「旅の会:GDM」(山仲間)メンバーで10年ぶりのOB会を開催(宿泊・ラフォーレ山中湖)....
c0119160_18492745.jpgc0119160_1850239.jpgc0119160_18502359.jpg
c0119160_8315191.jpg


c0119160_1850516.jpg


   .....翌日は「富士樹海ツアー」(西湖コウモリ穴の洞窟探検)を楽しんだ還暦前後の中年軍団....
c0119160_19304885.jpgc0119160_1944192.jpgc0119160_8564336.jpg


c0119160_1931412.jpg

c0119160_19312467.jpg


10年前はラフォーレ軽井沢で懇親会を行い、翌日「浅間隠山」に登頂する内容でした。前夜はkozueさん(GDMの華)も参加頂きましたが翌年突然逝去され本当にショックでした。今回はド派手ヒロイン・TARA嬢やishigami先生が急遽欠席となったことも残念でしたが10年ぶりに懐かしいメンバーが再集結


   ..... 2006年「ラフォーレ軽井沢」の前夜祭!今は亡きkozueさん(左2番目)もお元気でした.....
c0119160_19522090.jpgc0119160_195241100.jpg


c0119160_1953086.jpg

                            「2006GDM-OB会・浅間隠山登山」の記事はコチラから


   ..... GDM略称は「グループ・ド・モンターニュ」(仏語で山仲間)、10年前は日本200名山に登頂.....
c0119160_2063785.jpgc0119160_2065135.jpg

c0119160_858272.jpg
c0119160_2071166.jpg
c0119160_2073137.jpg






★【1日目】:富士山麓「ラフォーレ山中湖」で10年前の爆笑宴会が再現


今回参加者は15~18回生の4世代メンバー13名、富士急行「富士山駅」に現地集合で案内済み。RWは車で10時自宅出発。サブ幹事ナベちゃん(リョースケさんも一緒)と15時前に待ち合わせ酒・ツマミを買出し完了。16時に改札口で出迎えましたが電車の皆様は相当飲んで出来上がっていた!


   .....幹事としての準備(買い出し等)を済ませ富士急「富士山駅」で皆様を16時出迎える....
c0119160_20352318.jpgc0119160_20355351.jpgc0119160_20361798.jpg
c0119160_2036521.jpg


   ....今回もナベちゃんに手配頂き「ラフォーレ山中湖」へ宿泊、17回生(同期)5人で集合写真....
c0119160_2112252.jpg
c0119160_2113915.jpg

車3台で移動し「ラフォーレ山中湖」に夕方チェックイン。17:30にビュッフェに集合し夕食会。茶さんの乾杯音頭で宴開始!今は亡きkozueさん・N際君の遺影も飾り、昔懐かしき話題に花を咲かせました。


  .....(左)夕食はビュッフェ形式 (右)茶さん(ロッククライマーを集めた会社社長)が乾杯音頭で開宴....
c0119160_2145283.jpgc0119160_215613.jpg

c0119160_2155842.jpg


  .....乾杯~!今は亡きkozueさん(10年前は健在)&N際君(初回幹事)の遺影も一緒に!....
c0119160_21111133.jpg





c0119160_21113577.gif
c0119160_21115347.jpg


     .....昔の若かりし頃の写真を見たり、会員誌(旅友)の懐かしい文章を読んで爆笑....
c0119160_21202972.jpgc0119160_21214752.jpg
c0119160_21223055.jpg


c0119160_21224829.jpg


宴が盛り上った頃、各自の近況報告。40年前の外観はかなり変貌を見せているものの懐かしき思い出を語れば心は青春時代に逆戻り。閉宴時刻を過ぎても最後まで居残るズーズーしさも不変


 .....(左)近況報告トップバッター15回生T田さん (右)次は神楽坂様、自称・広瀬すずヘアスタイル....
c0119160_21381714.jpg
c0119160_21383060.jpg

  .....(左)OH塚さん、真面目な銀行員は仮面だった (右)亀吉様、常に話題と注目の的!....
c0119160_21402380.jpg
c0119160_21403950.jpg

   .....(左)昔はジュリーと呼ばれたしむけん様、自ら変遷経緯を語る (右)1次会終え温泉に....
c0119160_21422557.jpgc0119160_21425336.jpgc0119160_21431398.jpg
c0119160_2143275.jpg


1次会終了後は各自温泉に入り、幹事部屋に再集結して2次会へ突入。まずはリョースケさんが福岡名物くろがね堅パンを配り大好評!今回は初参加のOH塚様が品行方正・銀行員の仮面を脱ぎ去り本性現して、スケコマシY沢様とのWシモネタ話題が炸裂!宴会は10年前と同じ大爆笑の佳境へ!


   .....(左)2次会開始!くろがね堅パンを配るリョースケさん (右)笑顔のI井さん、堂々の鎮座....
c0119160_21485426.jpgc0119160_21491497.jpg



c0119160_21494111.jpg


      .....シモネタ旋風連続の16回生エロコンビ、ついに本性を現わしたOH塚氏&Y沢氏....
c0119160_21554011.jpgc0119160_2156026.jpgc0119160_21562240.jpg

c0119160_21564249.jpg


当日は夏休みスタート初日であり宿泊層は幼児連れ家族客が殆ど。昭和期・職場旅行の乗りで大騒ぎしまくったアラ還軍団・・、ナベチャン(ラフォーレ)今回も苦虫状態・・またもご迷惑をおかけしました。10年前は午前2時頃まで飲んでいましたが、今回は0時頃には就寝。明日もあるので年相応に・・


       .....(左)大爆笑の2次会は延々と続く (右)ついに夢の世界へ入ったF沢さん...
c0119160_221159100.jpgc0119160_22121583.jpg

c0119160_22123071.jpg





★【2日目】:富士樹海&コウモリ穴・洞窟探検ツアー


昨日はガス・小雨天気でしたが、今朝は素晴しき快晴となり富士山の雄姿も見えている!前夜の行いの良さに天も呆れ果て味方してくれたのか?茶さん・しむけん様は所用があるため朝のうちに帰京予定でお別れ。2人を見送り、残り11名は富士樹海&西湖コウモリ穴の探検ツアーへいざ出発


  .....(左)今朝は富士山が雄姿を見せた!(右)茶さん・しむけん様と別れを惜しみ、いざ出発....
c0119160_22275483.jpgc0119160_222893.jpg

c0119160_22282664.jpg


 .....青木ケ原樹海・西湖方面へ車3台で向かう(山中湖からは結構距離あり1時間は必要)....
c0119160_223308.jpg

    .....山中湖展望所から世界遺産「富士山」の美しき姿に感動!天候に恵まれた~....
c0119160_22342392.jpgc0119160_22343663.gif


c0119160_2047144.jpg


c0119160_22345460.jpg


9:45に樹海ツアー案内所に到着。「青木ケ原樹海ツアー」はガイドが案内してくれる2時間コース予約を入れてあります。コウモリ穴探検なので「バットマン」が鎮座している!スタート前に樹海の成立過程(太古の大噴火で流出した溶岩地から樹海形成に至る)を科学的見地から蘊蓄解説をしてくれました。


  .....「バットマン」が鎮座する案内所。事前にエコガイドが樹海形成の解説。勉強になった~!....
c0119160_22392877.jpgc0119160_2240444.jpgc0119160_22394619.jpg
c0119160_22402273.jpg


富士樹海と言えば、磁場を狂わせ道に迷う森・自殺名所としても有名。何だか怖い場所というイメージでしたが、道は整備(ウッドチップが敷き詰められフワフワ)されており非常に歩き易い!ガイド付きの観光コースなので全く安心です。ヘルメットを装着し、いよいよコウモリ洞窟へと足を踏み入れていきます。


   ....樹海洞窟探検へ!ナベちゃん(中央)は昨夜の騒宴で精神的にヘトヘト?お疲れ気味....
c0119160_22521891.jpgc0119160_22524057.jpgc0119160_22525726.jpg

c0119160_22531967.jpg


    .....いよいよ「西湖コウモリ穴」(天然記念物の蝙蝠が生息)、洞窟探検がいざスタート!....
c0119160_2257918.jpg
c0119160_2257267.jpg

c0119160_5414783.jpgc0119160_542021.jpg
c0119160_835236.jpg
c0119160_542234.jpg


ガイドに先導され洞窟入口へ向うと鉄階段、下って行くと広大な空洞エリアに降り立ちます。真っ暗ダ~!そこから先へと進むと狭い横穴が出現!中腰でしゃがんで進まざるを得ずヘルメットに岩がゴツンコヅンと当る~。富士大噴火が創り上げた溶岩跡の迫力!これは一度体験する価値ありです!


   .....ウワ~真っ暗・・!ガイド指示に従い木道を渡って、狭い洞窟へ向う。コリャ、面白そう~....
c0119160_5471283.jpg
c0119160_5473387.jpg


   .....腰を屈めながら狭い洞窟をくぐる(頭上注意)、平安大噴火の溶岩跡が生々しい....
c0119160_5495821.jpgc0119160_5501486.jpg

c0119160_5503251.jpg

c0119160_553713.jpgc0119160_5532770.jpg
c0119160_203451.gif

c0119160_5534840.jpg


洞窟を出て次は富士樹海をグルリ周遊するコースへ!先導するガイドおじさんは遊歩道沿いにその都度立ち止まり、樹海自然(植生・動物)への蘊蓄を過剰な程ご丁寧に語り続けてくれます。もう正午に近い・・。「スミマセン、説明を端折って早めに進めてくれませんか?」焦る幹事としては巻を入れる。


  .....蘊蓄絶好調~(饒舌過剰気味)のネイチャーガイドおじさんに引率され樹海コースを進み行く....
c0119160_603722.jpgc0119160_605555.jpg



c0119160_61195.jpg

c0119160_662756.jpgc0119160_67844.jpg





c0119160_665239.jpg
c0119160_681434.jpg


N巻がガイドに巻きを入れるとフジの蔓巻きが出現!これは左巻きとか言われて意味不明・・。暫く歩くと西湖根場浜へ到着!ここからは富士山を仰ぐことができて樹海から開けた解放感に浸る!


        .....(左)富士の藤、弦巻・N巻・左巻~! (右)西湖の根場浜へ漸く到着....
c0119160_617079.jpgc0119160_20185074.jpgc0119160_61713100.jpg
c0119160_6173418.jpg

c0119160_6221931.jpg
c0119160_6223368.jpg


     .....(左)根場浜からは、西湖越しに富士山が姿を現した! (右)透明感ある湖水....
c0119160_6241385.jpg
c0119160_6243734.jpg

樹海コースを楽しく歩き終えて「西湖いやしの里」に到着。ここで昼食を取り打ち上げ会と致しました。蕎麦を注文してビールで乾杯!楽しい再会行事も1日足らずでしたが実に濃厚な時間を共有した気がします。ここで精算を済ませ現地解散としました。皆様に喜んで頂き幹事としてもホッと安堵感・・


      .....(左)樹海コースを歩き切る (下)「西湖いやしの里」に到着、茶屋で昼食会....
c0119160_627962.jpgc0119160_627323.jpg
c0119160_6275638.jpg
c0119160_6281173.jpg


  .....(左)乾杯~!酒を飲む時は超幸せ満願「西條・寂恋呆師」 (下)蕎麦を食してフィナーレ....
c0119160_63275.jpg
c0119160_6322618.jpg




★帰路途中で「富士湧水の里:忍の八海」に立ち寄る


「西湖いやしの里」で解散後、大半の皆様は「富士山駅」から帰京。小生は遠路・西日本から駆け付けてくれたI井先輩と寂恋呆師を御殿場駅に送り届けるため富士五湖道路を南下していきます。途中でお二人に富士湧水の観光名所として有名な「忍の八海」を案内することにしてチョット道草・・


      .....帰路途中で I井さん・寂恋呆師を「忍の八海」(富士湧水の里)に案内する....
c0119160_7502983.jpg
c0119160_7505113.jpg
c0119160_854831.jpgc0119160_8422545.jpgc0119160_86476.jpg






c0119160_862241.jpg


忍野八海を訪問するのはこれで5回目ですがここは何度来ても心が洗われる富士の湧水風景が広がっている。富士山の雪解け水が地下溶岩の間で数十年の歳月をかけてろ過され湧水となり8か所の泉を形成、神奈川県水源(相模川水系)は忍野八海がルーツ!美味しい水の理由に納得~


    .....(左)「忍の八海」は太古は富士6つ目の湖だった (右)湧水にはバイカモが似合う....
c0119160_8104984.jpgc0119160_8111518.jpgc0119160_8114552.jpg
c0119160_845312.jpg



c0119160_812350.jpg
c0119160_8164272.gif
c0119160_816582.jpg


昔は素朴で清らかな湧水里風景が静かに佇んでいました。しかし今は中国人観光のゴールデンルートとなっておりワイワイガヤガヤ喧騒の極み・・。PM2.5汚染空気に工場排泄水に辟易とする環境劣悪な中国人にとってかくも深い透明な水に鯉が泳ぐ奇跡的光景は夢のような世界に見えるのでしょう。


   .....(上)中国人観光客が溢れ返る程、犇めき合う (下)深蒼透明の湧水には鯉が犇めく....
c0119160_8191388.jpg
c0119160_8192639.jpg
c0119160_8193917.jpgc0119160_8195354.jpg
c0119160_8201069.jpg






★光陰矢の如し・・、思い出深いGDM山行(若き青春時代)


RWが本格的な登山の魅力に嵌ったのは1977年(大学2年19歳)。GDM先輩に連れて行ってもらった6月の八ツ岳縦走(美濃戸口~行者小屋~南八主峰・赤岳~横岳~硫黄岳~北八ケ岳)。


  .....本格的登山を初体験したのは1977年「八ケ岳縦走」、皆若いネ~(オーレン小屋にて)....
c0119160_6351818.jpgc0119160_635313.jpg


c0119160_6355271.jpg

      
続く8月「北アルプス裏銀座大縦走」(雲ノ平~裏銀座~槍ケ岳~大キレット~北穂高~涸沢~上高地)、重いキスリングを背負い辛かったが、日本にはこんな迫力ある素晴しい絶景があるのかと大感動!


  .....1977年 (左)薬師岳仰ぐ雲ノ平を踏破 (右)裏銀座から槍ケ岳、大キレットから穂高へ....
c0119160_6404570.jpg
c0119160_6405885.jpg
            
翌年1978年(大学3年)は北アルプスの後立山縦走(白馬大雪渓~白馬~唐松~五龍~爺ケ岳)、秋は奥穂高岳(涸沢から登り岳沢へ山)、そして1979年(大学4年)は表銀座から槍穂高縦走(キレット~奥穂高・ジャンダルム~西穂高~上高地)、当時は北アルプスのメインコースばかり登っていたもんだ。


  ....1978年 (左)白馬大雪渓から後立山連峰へ (右)奥穂高岳(しむけん様がジュリ-時代)....
c0119160_6463417.jpg
c0119160_6464834.jpg

  .....1979年 (左)北アルプス表銀座から槍・穂高・ジャンダルム・西穂縦走 (右)冬の北八ケ岳....
c0119160_6483593.jpgc0119160_6485389.jpg


c0119160_6491695.jpg

 
社会人になりGDMメンバーとはお別れになりましたが1984年第1回GDM・OB会が亡きN際君幹事によって開催。彼も天国から第3回目OB会が継続されていることを喜んでいることでしょう。


 ...第1回GDM・OB会(1984秋:丹沢)(左)鹿島槍で遭難死する2ケ月前に開催してくれた幹事N際クン...
c0119160_6531648.jpgc0119160_6535967.jpgc0119160_6541470.jpg

c0119160_6544581.jpg


次回OB会は福岡(リョースケ様が幹事)で開催することが決定!アラ還を迎えて皆様ますます元気なのは何より!今回参加できなかったお二人も博多中州にご参集頂き、楽しい仲間達と爆笑しながら盛大に楽しい時間を過ごしましょう!全員が健康第一で5年後の再会を迎えたいものです!


    .....楽しかった第3回OB会、根場浜での集合写真、西湖の霊峰富士(絵画の如し)....
c0119160_6581423.jpgc0119160_6584892.jpgc0119160_6583117.jpg







c0119160_659597.jpg



                                                        おわり

  by rollingwest | 2016-08-18 07:30 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(120)

<2014年2月>静岡東部探訪(その2):「富士・沼津・伊豆の国」編

新年の冒頭記事で世界文化遺産・富士山と富嶽信仰に関するルーツ(富士宮周辺)を紹介しましたが、(その2)では富士田子ノ浦・沼津・伊豆の国市の風景・歴史に関する見所をレポートしたいと思います。

                     霊峰富士と共に恭賀新年!静岡東部探訪(その1):「富士宮」編
 



★万葉集にも歌われた富士の絶景「田子ノ浦」


「田子ノ浦」といえば万葉集で山部赤人に「田子ノ浦、打ち出でてみれば白妙の、富士の高嶺に雪は降りつつ・・」と歌われた程かつて白砂青松の名所浜でしたが、少年時代に抱いていたイメージは高度成長期に製紙工場が吐き出すヘドロ公害に悩む工業港の姿でした。昔ヘドラとかいう怪獣もいたナア・・


  .....美しい空気と海を取り戻した「田子ノ浦港」から「愛鷹山(左)」と「冠雪富士」(右)を望む......
c0119160_21531422.jpgc0119160_21532648.jpgc0119160_21533723.jpg




c0119160_2154097.jpg


しかし環境技術の進歩や企業努力で日本から「公害」という言葉は殆どなくなりました。ヘドロが浮いていた田子ノ浦も今は青く静かな海を取り戻し、工場煤煙で汚れていた空気は清浄となり美しい富士山を綺麗に仰ぐことができます。工業港のため工場・タンク・煙突の風景から逃れることはできませんが・・


   ......高度成長期にヘドロ公害で失われた万葉の風光明媚さが復活!富士山&愛鷹山........
c0119160_222256.jpgc0119160_2214734.jpg
c0119160_2221761.jpg


工業港の中を走り抜け駿河湾方面へと向かうと2012年に完成した「田子ノ浦みなと公園」が現れます。田子ノ浦港の大型船入港を可能にするため海底から掘り出した土砂を利用して整備された公園


    ......(左)「沼津アルプス」(香貫山・徳倉山等)が海に浮かぶ (右)「三保の松原」も遠望......
c0119160_2274025.jpg c0119160_2275595.jpgc0119160_2281847.jpg

c0119160_2283565.jpg


広大な公園の芝生にはアスレチック遊具が並び冒険広場や休憩用ベンチが整備されており市民が憩える場となっています。目の前には駿河湾越しに沼津アルプス・西伊豆半島、右に目をやれば三保半島(土壇場で世界遺産指定された三保ノ松原)も見える。テトロラポットは邪魔だが万葉時代の感動を共有


   .......(左)「田子ノ浦みなと公園」は広い芝生 (右)田子の浦港からの南アルプス(真っ白!).......
c0119160_22164080.jpgc0119160_2217242.jpgc0119160_22172010.jpgc0119160_22173577.gif


c0119160_2218264.jpg


    .......「みなと公園」からの駿河湾大絶景!(左)沼津アルプス&(右)伊豆半島の西側.......     
c0119160_22264571.jpg


嗚呼・・、かくも美しき世界遺産・富士を綺麗な空気で堪能できるなんて、日本人は幸せだなあ・・。中国に生まれなくてよかった・・シミジミ。富士市で田子ノ浦絶景を満喫後、国道1号で沼津へと向おう!





★沼津の青松海岸&「御用邸公園」


   .......「沼津・千本松原」は、田子ノ浦から沼津・狩野川河口まで続く10kmの松並木海岸......
c0119160_5542723.jpgc0119160_5544955.jpg
c0119160_555755.jpg


万葉集で歌われた白砂青松風景は「沼津・千本松原」に今も残っており、近くにはかつての皇室別荘「沼津御用邸」や若山牧水記念館が佇んでいます。詩情溢れる短歌で知られる若山牧水は、明治18年に宮崎県で生まれ、大正9年に沼津へ移り住み、晩年の8年間を沼津で過ごしました。


        .......風光明媚な沼津千本松原の中に佇む「若山牧水記念館」.......
c0119160_15443411.jpgc0119160_15445148.jpg


c0119160_1545829.jpg


千本松原をこよなく愛した牧水の歌には、沼津周辺の風物を詠んだものが多く見られます。温暖かつ風光明媚な気候、駿河湾に面した砂浜から眺望する霊峰富士、新鮮な魚介類が豊富な地。皇室や数々の著名人がここを静養地とした理由がよく解ります。地震・津波がチョット怖いけれどね・・


    .......(左)伊豆半島をバックに砂浜で遊ぶ子供たち (右)富士山&青松は絶妙のコンビ.......
c0119160_558116.jpgc0119160_5585334.jpg




c0119160_5591474.jpgc0119160_5592852.jpg
 
「沼津御用邸」は明治~昭和中期まで使われた皇室別荘(大正天皇が皇太子時代に静養)。15万㎡の敷地を誇り千本松原と連なる広大な松林の中にあります。1969年廃止されましたが、記念公園として翌年保存され、多数の来園者が美しい庭園や優雅な皇室邸宅を静寂の中で楽しんでいます。


     .......(左)「沼津御用邸記念公園」の入口 (右)記念公園(皇室の旧保養所)の庭......
c0119160_6513664.jpgc0119160_6515220.jpg




c0119160_6529100.jpg


西附属邸は皇室で使用された家具・調度品が復元されており、当時の皇族の暮らしに触れることができます。東附属邸は皇孫殿下の学問所としての性格を受け継ぎ、文化活動施設となっています。


  ......「沼津御用邸西付属邸」の内部、天皇家の別荘内部は威厳と高貴な雰囲気に満ちる......
c0119160_6571725.jpg
c0119160_6573382.jpg
 




★新鮮な海の幸、活気溢れる「沼津漁港」


沼津といえば何と言っても新鮮な海の幸が味わえる場所。沼津漁港周辺には海産センターや市場食堂が軒を連ね美味しい鮨・海鮮丼等が目一杯味わえます。静岡勤務時代に漁港食堂で時たま食事をしましたが結構お値段は高い気がしました。バスツアーで多くの観光客が乗り付けて大人気ですからネ~


   ......沼津港は海の幸・宝庫(ひものが特に有名)、豊かな駿河湾の恵みが続々と水揚げ.......
c0119160_218356.jpgc0119160_2184417.jpgc0119160_219058.jpgc0119160_2191328.jpg



c0119160_219373.jpg


   .......(左)沼津海産センターは観光客で賑わう (右)光るような新鮮ネタ満載の寿司・海鮮丼.......
c0119160_21255637.jpgc0119160_21263535.jpg

c0119160_21264541.jpg



c0119160_2127515.jpg


2011年には水産会社が経営する「深海水族館」が沼津港にオープンしました。日本で初めて「シーラカンス」(生きた化石)を常時展示しており評判も高いらしい。地元水族館では「淡島マリンパーク」が老舗で有名


   ........沼津漁港にある「深海水族館」、「シーラカンス」の冷凍保存姿は世界で当館だけらしい........
c0119160_21391035.jpgc0119160_21392439.jpg

c0119160_21395074.jpg

     .......沼津レジャーランドの老舗は「淡島マリンパーク」、家族連れで賑わうイルカ・アシカのショー......
c0119160_21462413.jpgc0119160_21464967.jpg


c0119160_21471718.jpg


駿河湾は最深2500mを誇る深海湾、その沖には黒潮が流れており大量プランクトンに支えられる多重な食物連鎖によって豊穣の海が形成されています。伊豆半島西側付根には「大瀬崎」という有名なダイビングSPOTもあり、カラフルな魚や珊瑚の海中鑑賞が楽しめます。正に世界に誇る生態系・宝庫の海!


      .......(左)大瀬崎の風光明媚な風景 (右)スキンダイビングを楽しむ海中楽園の写真......
c0119160_21522727.jpgc0119160_21524150.jpgc0119160_21525426.jpg

豊穣の海は黒潮からの恵みだけではなく、静岡東部・伊豆半島の海洋地形学的な造山プロセスにも大きな要因があります。日本列島を東西に分断するフォッサマグナ西側構造線は静岡東部(富士川沿い)から親不知・富山湾まで走っていますが、駿河湾・富山湾とも底深く落ち込んでおり深海魚の宝庫
また日本の交流周波数(東50Hz・西60 Hz)の境界も糸魚川・静岡構造線に沿って分断されています。


     ......(左)日本列島を東西分断していたフォッサマグナ (右)交流周波数(Hz)の東西境界......
c0119160_21585316.jpgc0119160_624547.gifc0119160_21591167.jpg

c0119160_21594254.jpgc0119160_21595683.jpg

伊豆半島はかつて太平洋上の火山島が日本列島へ接近し衝突して今の形になっています。衝突時に富士山や日本アルプスが形成されたのかも・・(インドがユーラシア大陸に衝突しヒマラヤ山脈ができた過程と同じ)!地球を巡る海洋深層水は沼津・焼津沖からも採取され、健康水として商品化されています。


    ......(左)伊豆半島衝突・形成のプロセス (右)静岡県の沖合から採取される海洋深層水.....
c0119160_2210115.jpgc0119160_2210381.jpgc0119160_6345911.jpgc0119160_22102423.gif

久しぶりに沼津を訪問しましたが、海鮮市場の賑わいや風光明媚さは全く変わっていません。沼津からは南下し伊豆大仁・韮山・三島方面へと向かうルートを取りました。この辺も大いに見所があります。




★伊豆大仁の「葛城山・城山・発端丈山」&「沼津アルプス」縦走の思い出
                     

沼津から伊豆半島北部「伊豆の国市」へと向かいました。平成の市町村合併で生まれた地名で耳慣れない方も多いと思いますが「伊豆大仁」(巨人長嶋若き時代の自主トレキャンプ地で有名)と聞けばピンと来るかも・・。ホノボノとした水田風景が広がっており、右手には「葛城山・城山・発端丈山」が見える!


  ......(左)伊豆大仁の田園地帯から見る葛城山・城山 (右)2010年1月Fツア-登山以来の再訪......
c0119160_2213539.jpgc0119160_22142279.jpgc0119160_2215723.jpg

c0119160_22153078.jpg
c0119160_22154387.jpg

   
この連山には4年前「Fツアー」メンバーとバスを仕立てて登山したことがよき思い出。城山は低山ですが巨大な岩壁が聳え立っており、眼前にロッククライマーが垂直に近い岩の登攀にチャレンジしていました。頂上から見る絶景パノラマは超一級!駿河湾越しに富士山と南アルプスの大絶景を見ることができます。


   ......2010Fツアー登山時に間近で見た「城山・大岩壁」(ロッククライマーが数人攀じ登っていた).......
c0119160_6505260.jpgc0119160_6512350.jpgc0119160_6514139.jpg










c0119160_6521597.jpg


                            2010/1月「伊豆大仁ハイキング」(葛城山・城山)の記事 


  .......葛城山から俯瞰できる「駿河湾越しの南アルプス連峰と冠雪富士」、冬こそが見頃です!.......
c0119160_21444354.jpg
          
沼津には葛城連山の他に「沼津アルプス」という最近大人気の低山連峰があります。昔からの憧れでしたが静岡在住時(2001) 、山仲間・食山人氏(当時・三島在住)に案内して頂き遂に夢を実現しました。


   ......2001年(43才)、食山人氏と「沼津アルプス」縦走、鷲頭山の背景には真っ青な駿河湾.......
c0119160_21451452.jpg
c0119160_21452787.jpg

 
この山の縦走は低山だと思って舐めてかかると禁物です!アルプスの名前が冠されているだけあり厳しいアップダウンが繰り返され結構難関の山です。しかし縦走路からの眺望は絶景パノラマの連続!やはり岩崎元郎の新・日本百名山に選ばれただけはあるネ~。富士山が美しく見える冬の時期がお薦め


  ......(左)葛城山ルートから見た沼津アルプスの山並 (右)内浦湾にポッカリ浮かぶ「淡島」mini富士?......
c0119160_2150146.jpgc0119160_21503216.jpg

c0119160_2151328.jpg





★「葛城山」に潜む古代史ミステリー (役行者と鴨族の謎)


葛城山と聞けば思い出すのが修験道開祖「役小角」(超能力で全国の山を巡った役行者)が修業した大和・葛城山。2009年家族旅行で南伊豆「石廊崎」を訪ねた時「役行者」銅像を発見して驚きました。奈良山奥にいた役小角が何故に伊豆最南端の海に足跡を残したのか?と大いに疑問なのでした。


  .......(左)石廊崎岩壁には「石室神社」が建つ (右)役小角像は南伊豆・賀茂郡の地に立つ......
c0119160_5523488.jpgc0119160_553296.jpgc0119160_22372066.jpgc0119160_22373478.jpgc0119160_223737.jpg
c0119160_22375989.jpg
c0119160_22362491.jpg


                            <2009年2月>南伊豆(河津・下田)家族旅行の記事 

役小角は「鴨族」(賀茂氏)出身、「鴨・賀茂・葛城」キーワードに日本古代史ミステリーが潜んでいそうな気が・・。「鴨族」は「葛城氏」(歴史から抹殺された大和朝廷匹敵の豪族)から派生しましたが、そのルーツは伊豆半島や三宅島に縁が深い氏族らしい。大和政権から島流しされたか、元来は伊豆に大勢力を構えた国かは不明ですが、魏志倭人伝に登場する「伊都国」(一般では九州説)は「izu」とも読めるゾ・・


  .....伊豆半島・最南部「石廊崎」(賀茂郡)は断崖絶壁が続く大奇岩の海(2009年家族旅行)......
c0119160_7193874.jpg
c0119160_7195537.jpg

天皇の重要祭祀は京都「上賀茂・下鴨神社」で行われ、裏天皇「八咫烏」(原始キリスト教系・秦氏で祭祀を司る最高氏族→鴨族)が行っているらしい。神社祭祀ルーツは古代イスラエルにあると云われ、鴨族はユダヤ民族で最高祭祀を司る「レビ族」の末裔。八咫烏は神武東征時に高皇産霊尊が神武天皇の元に遣し熊野国から大和国へ道案内をした鳥。神武神話で奇跡を起こした金鵄とは八咫烏の化身です。


   .......天皇祭祀は京都「上賀茂・下鴨神社」で「八咫烏」(裏天皇)が取り仕切ると云われる.......
c0119160_7281727.jpgc0119160_7284581.jpgc0119160_729087.jpg

c0119160_7292434.jpg
c0119160_7295336.jpg


天孫降臨神話で瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が高天原から降りる際、迎えに出た「猿田彦大神」の姿は鼻が長く正に天狗の姿と完全一致する。神仏習合の修験道には必ず天狗と烏天狗が登場してきます。


 ....超能力駆使で全国飛翔した「役行者」、修験道「烏天狗」や「猿田彦」「八咫烏」との繋がりは?.....
c0119160_7403790.jpgc0119160_7405249.jpgc0119160_741797.jpgc0119160_7411827.jpg

c0119160_7415931.jpgc0119160_7413878.jpgc0119160_7425836.jpg

全国を飛翔する役行者と修験道・烏天狗と八咫烏の共通点。天狗のルーツは天孫降臨の「猿田彦」?呪術を駆使した役行者と裏天皇が執り行う陰陽道の関係、秦氏・鴨族と上賀茂・下鴨神社(天皇祭祀)の関係・・、これらキーワードには隠された秘密が必ずあるはず。日本古代ミステリーの謎は深まるばかり・・


     .......葛城山頂から望む伊豆の国市&狩野川(kanogawa)風景、少年時代の源頼朝像も.......
c0119160_841328.jpgc0119160_842975.gifc0119160_844161.jpgc0119160_845859.jpg


c0119160_85266.jpg
c0119160_854186.jpg


葛城山頂には少年時代の源頼朝像がありました。山頂東側には伊豆の国市を流れる狩野川光景が広がりますが、平野部の中に源頼朝が北条政子と逢引きを重ねた「蛭ケ小島」があるのです。今度は頼朝・政子のロマンス愛や源氏再興に向け挙兵に祈願した社(三島大社・伊豆山神社)を紹介します。


        ......沼津・伊豆大仁を訪ねた後はいよいよ「三島大社」や「韮山反射炉」へと向かう......
c0119160_8134564.gifc0119160_814696.jpgc0119160_8142048.jpg

c0119160_8144525.jpg



                           静岡東部探訪(その3):「北伊豆・韮山」編へと続く

                                                       おわり

  by rollingwest | 2014-02-18 00:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(90)

<2014年1月13日>「品川区探訪」(後編):南品川・大井・大森・お台場・荏原

c0119160_9101158.jpg

久々に都心散策シリーズを復活したいと思います。品川区の変貌をとげゆく姿を前回レポート(北品川・八ツ山橋、立会川・鮫洲)してから早くも1年が経過してしまいました。後編は旧東海道のレトロな雰囲気が残る寺社、鈴ヶ森刑場、公園見所、ウォーターフロントお台場風景などを織り交ぜて紹介しましょう。

c0119160_8384127.jpgc0119160_8385223.jpgc0119160_83965.jpgc0119160_8393858.jpgc0119160_839198.jpg

                           「品川区探訪」(前編)):八ツ山橋・北品川周辺~品川神社




★旧・東海道の風情溢れる寺社通りを行く
               

前編紹介の通り、最近はハイテク都市のイメージが強い品川区(駅は港区)ですが、本来の姿は北品川などに見られる旧・東海道のレトロな宿場町、由緒ある寺社、係留船の運河などが原風景。でも現在は目を凝らして意識的に探さないと、景色に埋没してしまって気が付かないものが多いのも現実・・
    
c0119160_9114586.jpgc0119160_9115955.jpgc0119160_9121286.jpg

c0119160_9122756.jpg


南品川の「海晏寺」は鎌倉時代に漁師網にかかった鮫の腹から観音像が出てきたので執権・北条時頼がこの地に寺を造営し海の平安祈願をしたので「鮫洲観世音」と呼ばれているとのこと。境内には岩倉具視・陸奥宗光等の著名人の墓があり、江戸時代から紅葉名所として賑わったそうです。



    .......(左)風格が漂う「海妟寺」の本堂  (右)岩倉具視・陸奥宗光など著名人の墓.......
c0119160_9312716.jpgc0119160_9314770.jpg



c0119160_932580.jpg


江戸末期から「品川の荒神様」として親しまれる「海雲寺」は青物横丁駅から徒歩2分の所にあります。「千躰荒神王」という聞きなれないインドの神を祀っているらしい。仏法僧の三宝を守護し、火と水を守る神なので台所に祀れば一切の災難を除き衣食住に不自由なしと崇拝されているとのこと


      ........(左)防火の神を祀る「海雲寺」本堂  (右)天井の奉納額は実に立派!.......
c0119160_9363324.jpgc0119160_9365760.jpgc0119160_9371016.jpg


c0119160_9372770.jpg

 
「品川寺」(honsenji)は、南品川三丁目にある真言宗のお寺で、本尊は水月観音と聖観音を祀ります。江戸33ケ所観音霊場の第31番であり、東海七福神の毘沙門天に位置付けられているとのこと


     ........(左) 江戸33ケ所観音霊場第31番「品川寺」 (右)立派なお地蔵様が鎮座.......
c0119160_10181269.jpgc0119160_10182991.gif


c0119160_10185441.jpg


        ........(左)品川寺(東海七福神)  (右)境内には中国風の建物もある......
c0119160_10264870.jpgc0119160_1027183.gif

c0119160_10272224.jpg


江戸城を築いた太田道灌により伽藍が建立され、境内の銀杏大木は高さ25m、幹周りも5mを越え推定樹齢が600年との古木だとのこと。それだけに当寺の歴史が深いということが分かります。


             ........波乱万丈の末、海外から品川へと戻った観音鐘楼.......
c0119160_10321276.jpgc0119160_10322848.jpg








c0119160_10325492.jpg


ここには観音像が刻まれた立派な梵鐘があります。幕末に海外へ流出しパリ万博(1867)とウィーン万博(1873)に展示され、その後所在不明となっていたらしい。寺の住職が探し求めスイスの美術館に所蔵されていることを突き止め返還してもらったという逸話が・・。こんなにも流浪した鐘も珍しい!





★品川区の見所公園

しながわ区民公園は1987年にオープンした「花と水の緑の広場」をテーマとした総合公園で、5つのテーマ(桜・スポーツ・噴水・潮・遊び場)の広場で構成されています。野球場・テニスコート、屋外プール、キャンプ場の施設、アドベンチャーウォークや子供の遊ぶエリアも充実しており、品川区民の憩いの場となっています。


          ........(左)しながわ区民公園は緑が多い! (右)初夏の噴水公園.......
c0119160_1040132.jpgc0119160_10403079.jpg

c0119160_10405123.jpg

 
噴水公園中央には、水を高く噴き上げるクジラの噴水があります。また日本庭園には水の広場が・・。人に馴れきって餌をもらうカモメが飛び交い、海鳥にとっても寛ぎ憩いの場所であるようだ。


         .......冬の日本庭園で人に馴れたカモメが飛び交い餌付けされていた.......
c0119160_104497.jpgc0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gifc0119160_10442715.jpgc0119160_10444370.jpg


c0119160_1045693.jpg


「しながわ水族館」は平成3年開設、品川の海や川にかつて生息した生物と直接触れ合う水族館で。イルカ・アシカのショーもあり子供たちの大人気!公共施設なのでお値段もリーズナブルで行きやすい。


              ........(左)品川水族館  (右)水族館のアクアドーム道.......
c0119160_10543610.jpgc0119160_10545073.jpg
c0119160_1055124.jpg


大井・大森の臨海部には競馬場と大井公園があります。バブル期に入りJRA(中央競馬)は若者にも人気が拡大した競馬ですが、公営ギャンブルの方は労働者イメージが強く、大井競馬場は売上低迷に陥りジリ貧の一途を辿っていました。しかし大井競馬は1986年起死回生策を打ち出したのです。


    ........(左)東京シティ競馬・大井競馬場の外観  (右)煌めきの華やかなさ「トゥインクルレース」.......
c0119160_10574854.jpgc0119160_1058664.jpg

c0119160_10583693.jpg

c0119160_10585634.jpg


それは日本初のナイター競馬「トゥインクルレース」。美しい照明に彩られ従来の競馬場からはイメージを一新!若者層にターゲットを絞って大成功!今は「東京シティ競馬」として人気デートスポットになっています。その隣には大井公園があり、かつて土佐藩屋敷跡なので藩主「山内容堂」の墓が眠っていました。


     .......大政奉還へプロデュース役割を果たし鯨飲公(大酒飲み)と呼ばれた山内容堂の墓......
c0119160_1143995.jpgc0119160_1165183.jpgc0119160_117420.jpg




c0119160_1172255.jpg


「大森貝塚」は縄文後期遺跡で国の史跡に指定されています。多くの貝殻、土器・土偶・人骨、鹿・鯨の骨、縄文代日本の姿を窺い知る出土品が多く発掘され日本初の考古学的調査が行われた場所。発見したのは米国の動物学者モース、横浜に向かう汽車の窓から貝塚を偶然見つけたのです。


             .......大森貝塚公園には発見した科学者モースの像が座る。.......       
c0119160_112925.jpgc0119160_11291528.jpg


c0119160_11294157.jpg


モースの発掘調査は日本の人類学・考古学・縄文時代の再評価に大きく貢献しました。日本初の貝塚調査という考古学史の重要性もさることながら、東京のド真ん中23区の海岸部から有史以前(縄文時代人)の生活痕跡が発見されたことが当時は驚愕ニュースとして日本中を騒然とさせたようです。


      .......(左)エドワード・モースの肖像  (右)貝塚の堆積跡(古代日本人のゴミ捨て場).......
c0119160_11165337.jpgc0119160_111764.jpg



c0119160_11172837.jpgc0119160_11195315.jpg

      



★品川区のお台場、臨海部の未来都市風景

お台場エリアは港区・江東区のイメージですが意外なことに、西端部(潮風公園・船の科学館)は品川区(八潮東)に属します。天王洲アイルと東京湾を挟んだ対岸の高層ビル群埋立地が今のお台場です。


    ........南品川埠頭から撮影したレインボーブリッジと東京湾高層ビル群風景(対岸がお台場).......
c0119160_11343985.jpg

       ........(左)品川運河と天王洲アイル (右)東京海洋大学(旧・商船大学)の帆船.......
c0119160_1135073.jpgc0119160_11354627.jpgc0119160_11353329.jpg


c0119160_1136580.jpg


1970年代でお台場を象徴する建物といえば「船の科学館」しかありませんでした。37年間に渡り船に関する博物館として賑ってきましたが老朽化に伴い2011年9月末で閉館しました。しかし今も南極観測船「宗谷」展示公開と屋外展示場での収蔵物展示を中心に博物館営業は継続しています。


                                  2011年9月「さようなら、船の科学館」の記事 

    .......2011年閉館となった「船の科学館」、南極観測船「宗谷」&青函連絡船「羊蹄丸」.......
c0119160_1142717.jpgc0119160_11422420.jpgc0119160_1142372.jpg



c0119160_114386.jpg


        ....... 船の科学館展望台から見た潮風公園と未来都市・東京ベイの絶景.......
c0119160_13364026.jpgc0119160_1337533.jpg


c0119160_13373793.jpg

    
「船の科学館」の隣には、2009年夏に「ガンダム」像が聳え立っていた「潮風公園」があります。目前には東京港湾施設・天王洲アイル・レインボーブリッジが目の前。殆ど知られていない公園ですが穴場!


    .......潮風公園の広場風景、2009年にガンダムが屹立していた場所と言えば納得かな!.......
c0119160_134172.jpg

c0119160_13412291.jpg

   
お台場が品川区とは意外と書きましたが、よく考えてみれば名称はペリー来航を契機に攘夷目的で黒船対抗の砲台場を品川沖に設けたことが由来、当然のことかも・・。立会川駅前には竜馬像が立っていますが、2020年五輪開催に向けて大変貌する東京臨海部の姿に目を丸くすることでしょう。


 ......(左)ペリー来航で国内騒然!品川沖設置の砲台群 (右)立会川駅前の浜川砲台跡&竜馬像.....
c0119160_1353628.jpgc0119160_13532531.jpgc0119160_1353438.jpg
c0119160_13535650.jpg






★再び、江戸時代の品川にタイムスリップ!


品川には東京都の心霊スポットとして有名な「鈴が森刑場」跡がヒッソリ佇んでいます。ここは荒川・小塚原刑場と並ぶ江戸の処刑地(1651~1871年)ですが、火炙り・磔りつけ・水磔・鋸引き・さらし首などが堂々と実施されました。220年間の累計処刑者数は20万人近くになるらしい。あな恐ろしや~!


   .......(左)数々の罪人が処刑された「鈴ケ森刑場」跡の石塔 (右)鈴ケ森刑場の古地図......
c0119160_1453276.jpgc0119160_146228.jpgc0119160_1465055.jpg






c0119160_1471172.gif

  
鈴ケ森へと渡る「浜川橋」は「泪橋」とも呼ばれました。荒川区の南千住を探索し「小塚原刑場」を訪ねた時にも同地名(「あしたのジョー」で登場してくるあの泪橋・・)があったなあ・・。「立つんだジョ~」!


         ........浜川橋(泪橋)は罪人が刑場(あの世)に向かう涙の渡り橋.......
c0119160_14242850.jpgc0119160_14244860.jpgc0119160_1425476.jpg





c0119160_14252844.jpg


                             荒川南千住の「小塚原刑場」「泪橋」訪問の記事 

罪人の中には濡れ衣や謀事で無念の内に命を断たれた人も多かったことでしょう。鈴ケ森刑場には無数の怨念が残り、処刑された罪人の幽霊が出るとの噂が今も絶えないようです。江戸を火の海にした「八百屋お七」の火焔台もあり、命日の夜には「衣が欲しい」と言いながら彷徨い出てくるとか・・


    ......(左)鈴ケ森には浮かばれぬ霊が・・ (右)八百屋お七が火炙りにされた「お七火炎台」.......
c0119160_14353528.jpgc0119160_1436226.jpgc0119160_14363886.gif





c0119160_1438323.jpg

     
京浜急行の新馬場駅から目黒川に沿って河口部へ進むと、品川の総鎮守だったという「荏原神社」が鎮座しています。709年に大和から勧請されスサノオを祀っていると云う古社。社前には目黒川にかかる赤い鎮守橋があります。この由緒ある神社には明治天皇も行幸で宿泊された行在所が!


          .......品川の旧東海道の運河沿いの道は人も疎らで静かな散策ができた.......
c0119160_14471110.jpgc0119160_14472862.jpg



c0119160_1447442.jpg

      
    .......(左)荏原神社(新馬場近くの川沿いに佇む) (右)神社脇に明治天皇行幸の行在所.......
c0119160_1456974.jpgc0119160_14562627.jpg


c0119160_1457040.jpg




   
★おわりに

昭和29年(1954)、世界に誇る大怪獣ゴジラ(初代)が東京(品川・八つ山橋)の初上陸以来、60年目の節目を迎えます。還暦を迎えたゴジラを祝し再び米国がハリウッド版GODZZILAを公開する予定。前回のトカゲみたいな奴じゃなく、貫禄漂う日本ゴジラを忠実に再現する予感・・大いに期待したい!


   ......1954年にデビューした水爆怪獣ゴジラ品川・八ツ山橋に上陸し東京を恐怖に陥れた.......
c0119160_1524463.jpgc0119160_153186.jpg

c0119160_1572964.jpgc0119160_1574229.jpg


c0119160_1575919.jpg


   .......そして還暦を迎える2014年、3D映像となったゴジラは米国を襲い世界を震撼させる.......
c0119160_15145134.jpg                    
                             2014年ハリウッド映画「ゴジラ」の情報はコチラから


これで品川区レポートを締めますが、新旧風景が入り乱れ話題もアッチャコッチャと取りとめもなく申し訳なし・・。高層ビルの未来都市風景にドンドン駆逐されてきている品川区ですが、ジックリ歩いてみると江戸時代の雰囲気や由緒ある寺社、水辺風景がまだまだ残っていることに気付きホッとしたRWでした。

c0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gifc0119160_16225747.gif

        ........(左)品川運河と係留船 (右)ウミネコに餌をやる人(クローズアップ).......
c0119160_15153564.jpg
c0119160_15155191.jpg





                                                          おわり

  by rollingwest | 2014-01-13 00:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(72)

<2014年1月2日>霊峰富士と共に恭賀新年!静岡東部探訪(その1):「富士宮」編

c0119160_9163897.gif


★恭賀新年(2014)のご挨拶

c0119160_918233.jpgc0119160_9174812.jpg
c0119160_9181338.jpg
                 

皆様、新年あけましておめでとうございます!昨年は多くの皆様方とブログを通じて情報交換やコメント交流を楽しくさせて頂き、誠にありがとうございました。2014年新たな年を迎え本年も引き続きご愛顧の程よろしくお願いいたします。それでは早速に賀詞とともに新年記事をスタートさせたいと思います。


   .....新年はやはり霊峰富士!荘厳な富士山を眺望できる穴場SPOTの「田貫湖」(2013秋).......
c0119160_9332940.jpg
c0119160_9445495.jpg


毎回、新年冒頭はワンパターンの如く「富士山」記事でスタートしていますが、昨年目出度く「世界文化遺産」に登録されたので今年も取り上げない訳にはいきませんネ~。昨年11月快晴日に富士山信仰のルーツを訪ね富士宮を訪問しました。沼津・三島・北伊豆も廻ってきたので数回に分けてレポートします。


   ......(左)昨年ついに世界遺産となった富士山 (右)世界遺産を今後目指す「韮山反射炉」......
c0119160_9594852.jpgc0119160_1082493.jpgc0119160_101323.jpg




c0119160_1004143.jpg

                            「湘南海岸・冬富士絶景ロード」(2013年1月) 




★霊峰富士を祀る最高格式「富士山本宮浅間大社」


小生は静岡市で3年間勤務(1999~2001)していたので富士宮・三島・沼津は公私ともに何度も訪問している場所ですが、久しぶりに行ってみたいという気持ちがフツフツと沸上がってきました。その理由は「富士宮浅間本宮大社」の近くに富士山信仰の原始的な崇拝場所があることを知ったからです。加えて新たな世界文化遺産候補として北伊豆「韮山反射炉」が急遽クローズアップされたことも契機でした。


   .....(左)東名大井松田IC付近からの富士 (右)今回は富士山・西南部のパワースポットを訪問......
c0119160_10131262.jpgc0119160_10132980.jpg





c0119160_10135145.jpg

    
昨年11~12月は安定した秋晴れが続いており、快晴日を狙って朝早くから出発。東名高速ドライブでは大井松田IC付近で眼前に現れ迫りくる霊峰富士に毎回感動しますが、今日は雲なき青空に冠雪した優美な姿を見せており一段と素晴らしい~!東名高速から西富士道路を北上して富士宮市へ!


     ......「富士山本宮・浅間(sengen)大社」の大鳥居と冠雪富士の荘厳なる姿.......
c0119160_10194259.jpgc0119160_10271839.gif






c0119160_10202677.jpg

    
「富士山本宮浅間大社」は浅間(sengen)信仰の全国総社、富士山噴火の鎮静を祈願した垂仁天皇時代を起源として遷座した2千年の歴史を持つ由緒ある大社。毎回見る度に荘厳な霊峰富士と並び立つ大鳥居の威容に感動しますが、世界遺産指定後の名峰を仰ぎ見るとその思いは一層募る・・


       ......「富士山本宮・浅間大社」の脇を流れるせせらぎ川の源流は富士の湧水.......
c0119160_10301650.jpgc0119160_10303425.jpgc0119160_10304933.jpg



c0119160_1031837.jpg


鳥居の右脇に流れる川はまさに清流水!「冠雪の霊峰富士から湧き出てくる水」を映す絶好アングルを見つけて早速にカメラを撮りまくり・・。この水は浅間大社境内の「湧玉池」(富士の伏流水が湧き出る池)から流れています。そして本宮大社には水を司る「木花之佐久夜毘売命」(コノハナサクヤヒメ)が富士噴火鎮静の御神体として祀られているのです。水の神様だから富士の噴火を消すという訳ですな・・


          .......「赤い楼門」をくぐりぬけて玉砂利を踏みしめがら本殿へと向かう.......
c0119160_1043622.jpgc0119160_10364051.jpg

c0119160_10374963.jpg


威厳ある真っ赤な楼門をくぐり本殿へと向かいます。「コノハナサクヤヒメ」」は大山祇神の娘で天孫降臨の主役「瓊々杵尊」(ニニギノミコト))の奥様でもあります。火山噴火も鎮めてくれる物凄いパワーの女神様は火除・縁結び・安産・航海・農漁業の守護神としてもご利益があり全国的崇敬を集めているとのこと


    .....「富士浅間大社本殿」に祀られる女神は「コノハナサクヤヒメ」、楼門の富士絵画が印象的.......
c0119160_10465057.jpgc0119160_1047420.jpgc0119160_10473391.jpg








c0119160_10474963.jpg


「富士本宮浅間社記」によれば第7代孝霊天皇時代の富士山大噴火で住民は離散し荒廃した惨状が長期化したと記されています。憂いた垂仁天皇は山霊を鎮めるために浅間大神を祀りました。信州・浅間山は活火山として有名ですが、古語で火山を「アソ」「ウス」と発音したことでその呼称が今も全国の活火山(阿蘇・浅間・有珠)の山名として残ってきたのです。富士浅間は「センゲン」と読み替えた訳か・・


  .......(左)本殿内部には朝の清らかな空気が・・ (右)朝早くから神事準備に忙しい巫女さん.......
c0119160_10545290.jpgc0119160_1055933.jpg





c0119160_1056349.jpg


富士を祀る浅間神社は全国に多くありますが、富士宮の本宮大社は朝廷から篤い尊崇を受け、延喜の制では名神大社(駿河国の一宮として勅使の奉幣・神領の寄進を受けているNO1の格の高さです。富士吉田(山梨)にあるのは北口本宮浅間神社、コチラは富士講の総社で庶民の人気NO1かな・・


                                     山梨県の富士山(祝・世界遺産) 

        .......祝言・喜びの日を迎えた新郎新婦、霊験あらたかな神社で厳かに挙式.......
c0119160_1134318.jpg
c0119160_1135852.jpg

いよいよ「富士山御霊水」とも呼ばれる「湧玉池」へと向かいましょう。本宮浅間大社の境内の地下は巨大な溶岩洞窟で形成されており、ここから1日約20万トンもの富士山の伏流水が湧き出ているのです。かつては富士登山者の禊ぎにも使われていた池で国の特別天然記念物にも指定されています。


   ......富士山本宮浅間大社の象徴SPOT・御霊水「湧玉池」、富士山伏流水がコンコンと湧く.......
c0119160_1154763.jpgc0119160_116771.jpgc0119160_1162318.jpg









c0119160_1165447.jpgc0119160_1171032.jpg

富士の高嶺に降った雪や雨はすぐに川となって流れ出すのではなく一旦地下の溶岩洞窟に入り込み伏流水となって何百何十年の後に湧き水として地上に流れ出してくる仕組みとなっています。富士山湧水はバナジウムを多く含む超軟水であり、和食素材に合うと云われています。地下に浸み込んだ伏流水は長い年月をかけて岩のフィルターで濾過されて癖がなく、日本人の味覚にマッチしているのでしょう。


         ......高い透明度の澄み切った水面を水鳥たちが気持ちよさそうに泳ぐ.......
c0119160_1622103.jpgc0119160_16223178.jpgc0119160_1622527.gifc0119160_1623382.gif


c0119160_16232520.jpg


富士山周辺には湧水Spotが多くあり、「湧玉池」の他に「忍の八海」や「柿田川湧水」が有名。三島も水に恵まれて鰻が旨い。本栖湖・西湖・精進湖の地下は繋がっており湖面標高は常時同レベルです。

                                     「冬富士展望登山&柿田川湧水」 


         ...... 湧水の池には赤い橋がコントラストをなして大いに映えていました.......
c0119160_16363788.jpg
c0119160_16365114.jpg

垂仁天皇によって祀られた山霊鎮静の社(浅間大神)は現在地から北側に6km離れた「山宮浅間」(下に記述)という場所にあったのだそうです。現在の壮大社殿は有名な初代征夷大将軍「坂上田村麿」が平城天皇の勅命を奉じて平安時代(806)に山宮社から遷座して造営した経緯にあるとのこと


    ......全国の浅間神社の総社「本宮大社」、どうか富士山が噴火しませんように・・(祈).......
c0119160_16395438.jpg
c0119160_1640750.jpg





★「山宮浅間大神・遥拝所」&「人穴富士講遺跡」


いよいよ本日の最大目的「山宮浅間神社」へと向かいます。富士周辺の見所は殆ど訪ねたつもりでしたが、「富士山信仰のルーツ」が「白糸の滝」の近くにあったとは恥ずかしながら今まで知らなかった・・


    ......富士山信仰のルーツ「山宮浅間神社」!山岳遥拝の痕跡が残るアミニズム・原始的神社......
c0119160_1751747.jpgc0119160_17512362.jpgc0119160_17513858.png


c0119160_1751558.jpg


日本武尊」(ヤマタケル)が景行天皇(第12代)に蝦夷征伐を命じられて東征を進め駿河を通過した時、敵に野火を放たれましたが富士浅間大神に脳裏祈念し窮地を脱しました。有名な「草薙の剣」の伝説ですネ~。ヤマトタケルは富士山麓に到着後、山宮を参詣し篤く浅間大神に感謝したと伝えられています。


     ...... 灯篭立ち並ぶ参道を行くと山宮浅間の神門、ここから石段を登ると遥拝所が!.....
c0119160_18222375.jpg
c0119160_18223823.jpg

山宮浅間神社には社殿が存在せず富士山自体が御神体、アニミズムの雰囲気が漂うパワースポット。古代祭祀の原初形態(山や磐石を直接崇拝)から現在に至るまでの足跡変化を伺い知ることができます。


      ......これぞ山宮浅間神社の「富士山遥拝所」(山自体を御神体とする自然崇拝).......
c0119160_18255744.jpgc0119160_18272088.jpgc0119160_18273699.jpg









c0119160_1828689.jpgc0119160_18281789.jpg
c0119160_18283213.jpg


富士山を直接崇拝・祭儀の遥拝所が設置される以前(縄文・弥生時代)は自然畏敬のアニミズム祭祀の痕跡が多く点在していたようです。自然を駆逐してきた現代人に怒りをなしてそろそろ富士山噴火が起こらなければいいが・・。折角、世界遺産指定されたので穏やかにお過ごし下さい・・と小生も祈願


 .....殆ど人が来ない寂しさ漂う神社だったのに世界遺産指定された途端に多数の観光客が!......
c0119160_19491516.jpgc0119160_19493350.jpgc0119160_1950136.jpg


c0119160_19503920.jpg

    
富士宮に来たのだから「富士宮焼きそば」を食べようと思い立ち推奨店を尋ねてみたら、山宮遥拝所のすぐ近くの「にこにこ長屋」を紹介してくれました。どこにでもあるようなお好み焼き風の内装で、焼きそばもごくフツーという感じ。でもB級グルメの火付役だし世界遺産富士で大繁盛しているのでしょう。


     ..... 「富士宮焼きそば」(B級グルメの先鞭)、「にこにこ長屋」は地元では有名店らしい.......
c0119160_19582249.jpgc0119160_19593338.jpg





c0119160_2001078.jpg

c0119160_2002497.jpg


                                    名峰レビュー:「富士山」(その1)   

さて次はもう一つの穴場スポット「人穴富士講遺跡」を訪ねてみました。富士山周辺には溶岩洞穴が多数存在しますが、ここは江戸時代に隆盛を誇った冨士講の聖地となった場所で洞内修行をする人も多かったらしい。神社境内へと続く石段左右には数多くの苔むした石碑や墓が林立し不気味な感じ


   ......(左)不気味な雰囲気漂う「人穴富士講遺跡」 (右)建物はまだ真新しい人穴浅間神社.......
c0119160_2075956.jpgc0119160_2082210.jpg


c0119160_2084917.jpg


穴はどこ?と探してみたら、曰くありげな2つの石柱と石灯籠があり、そこから地下に伸びる石段、先には日光の届かない闇が見える・・。御霊の祟り・バチに当たらぬ前にそそくさ穴から立ち去りました。


   .......(左)ここが異界の入口とも謂われる「人穴」 (右)勝手に入った者には祟りがあるらしい.......
c0119160_20133669.jpgc0119160_2014026.jpgc0119160_20141179.gif




c0119160_20143692.jpg


洞穴には因縁伝説も多くあり、鎌倉期に源頼朝が仁田忠常に人穴探検を命じ家来が息途絶えたと云われます。歌川国重も浮世絵に描き、富士山ミステリースポットとして昔から有名だったことが伺えます。


    .....歌川国重が描いた浮世絵「仁田忠常・富士の人穴探検」、昔から話題のミステリースポット.......
c0119160_20252898.jpgc0119160_2025438.jpgc0119160_202664.jpg





★富士絶景の穴場「田貫湖」、豪快優雅な「白糸の滝」


      .......富士山西麓の「田貫湖」(富嶽絶景の穴場)、写真家も絶景に見惚れていた.......
c0119160_20312882.jpgc0119160_20314573.jpg


c0119160_2032377.jpg


富士宮北部にはまだ沢山お薦め場所があります。富士五湖には入りませんが「田貫湖」をご存知でしょうか?ここは「ダイヤモンド富士」が見られる絶好スポットとして最近人気沸騰の場所。今回で3回目の訪問ですが久々に湖畔をジックリ廻ってみよう。冠雪富士には雲がかかり始め、まるで絵画の様だ~!


     ......田貫湖は「逆さ富士&ダイヤモンド富士」が同時撮影できる名所!(解説板プレート).......
c0119160_20361759.jpgc0119160_20364342.jpg








c0119160_2036589.jpg

c0119160_20371729.jpg



                                   名峰レビュー:「富士山」(その2) 

田貫湖近くには名瀑「白糸の滝」があります。久しぶりだネ~ここに来るのは3回目。世界遺産指定で人出は多い!入口に豪快な「音止滝」が現れ、いつもながら豪快な水量で轟音を響かせていました。


        .......(右)紅葉の「白糸の滝」を遠望 (左)「音止滝」は豪快な水量だった......
c0119160_20454488.jpgc0119160_20461675.jpg






c0119160_20463230.jpg
c0119160_20465392.jpg


さて「白糸滝」へ向かおうとしたら何と散策コースの工事中で滝壺へは通行止めとなっていました。実に残念・・!過去に訪れた滝壺に接近した撮影写真を掲載しておきますので臨場感を味わって下さい。


 .....「白糸の滝」は過去2回訪問(1999/3月と2007/6月)、滝壺写真は過去撮影写真.....
c0119160_2132488.jpg
c0119160_2133737.jpg

c0119160_21172197.jpg
c0119160_21173396.jpg






★富士市へと入る

富士宮の穴場SPOTを十分堪能した後は、再び西富士道路を南下して沼津・三島方面へと向かいました。富士宮南部は富士市、ここには戦国有力大名(今川・北条・武田)が三国同盟を結んだ舞台となった「善得寺」(現在は公園)があります。この同盟って歴史を振り返ってみると何だったのかネ~?


         .......戦国時代の三国同盟(駿河・相模・甲斐)は「善得寺」会談で実現.......
c0119160_219127.jpgc0119160_2193126.jpg

c0119160_2194923.jpg


富士川を挟んで東海道・東名高速越しに仰ぐ霊峰富士も実に素晴らしい絶景です。後編は田子の浦から見る富士、沼津港、沼津御用邸、霊験あらたかな三島大社、世界遺産候補となった韮山反射炉、源頼朝が蟄居した蛭ケ小島、鎌倉幕府の旗揚げ祈願をした伊豆山神社(熱海)などが登場する予定 


      .......(左)富士川鉄橋を通過する新幹線&富士 (右)東名高速道路&富士山.......
c0119160_21121813.jpgc0119160_21123147.gif



c0119160_21124767.jpg


最後に素晴らしいユーチューブ映像「♪富士は日本一の山~!」と一緒に「田貫湖富士」の雄姿を再びお楽しみ下さい。実はこのユーチューブ、我がブログに何度も登場頂く「ひろし爺」様が作成された力作なのです。色々な場所から季節の移ろいとともに霊峰富士を仰ぐことができる日本人って幸せですネ~!


    .......(左)田貫湖からの富士は絶景! (右)♪富士は日本一の山~......        
c0119160_840482.jpg


                                     (その2)富士・沼津港・伊豆の国編へ続く


                                                         おわり

  by rollingwest | 2014-01-01 16:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(82)

<2013年7月18日>鎌倉・湘南探訪(その7):逗子・葉山の風景

c0119160_21323297.gif
c0119160_21332023.gif

いや~!本当に猛暑が続きますね~!平年よりも半月も早い梅雨明けとなり、日本全国の海水浴場も大賑わい!湘南の夏といえば、やはり逗子・葉山のセレブなマリーナ風景が脳裏に浮かぶますネ~。





★湘南・鎌倉の海から満喫した冬富士 (おさらいレビュー)


c0119160_1481523.gifc0119160_1485543.jpg
c0119160_11504767.gif


    .....(左)今年の冬、湘南の富士を楽しんだ周遊ルート (右)大磯の岩場海岸からの富士.......
c0119160_1243583.jpgc0119160_1243245.gifc0119160_12434046.jpg

c0119160_1244031.gif


先月、山梨からの富士山岳パノラマをレポートしましたが、今回は湘南海岸から仰いだ富嶽絶景!半年前に車で廻った逗子・葉山の撮り溜め写真をサマーバージョンに味つけし真夏気分を味わって頂きましょう。


                              山梨の山々から見た名峰富士の記事はコチラから 


 ......(左)南国植物と冠雪富士のコラボは珍しい (右)冬富士を背に波乗りを楽しむ湘南サーファー.......
c0119160_12485953.jpgc0119160_12491272.jpgc0119160_12492522.jpg


c0119160_12494087.jpg


今年の冬、富士山がクッキリ見える快晴日(西高東低)を狙い、湘南海岸(二宮・大磯・茅ヶ崎・江ノ島・鎌倉・逗子・葉山)を2回に分けて訪ね歩きました。夏の当エリアは大混雑で近づきたくない場所なのでRWの訪問空白地帯でしたが、冬の閑散期に出かけ海越しの冠雪富士絶景をジックリ満喫できました。
鎌倉の湘南海岸はこの夏、海水浴というレジャーが始まって以来、130年目の記念年を迎えたらしい


                              大磯海岸の富士山記事はコチラから 


     .....七里ガ浜付近からの冬富士は江ノ島を脇に従えた絶景だった!.......
c0119160_12552135.jpgc0119160_12562894.gif

c0119160_12564672.jpg





c0119160_1257282.gif


 .....(左)北斎「神奈川沖浪裏」稲村ヶ崎版 (右)神に祈り稲村の海に剣を捧げる新田義貞.......
c0119160_131827100.jpgc0119160_13184833.gif

c0119160_1416952.jpg


c0119160_13191359.jpg
c0119160_13193428.jpg

c0119160_1319489.jpg


海越しに聳える富士山は過去色々な場所から眺望しましたが、特に印象深かったのは三保ノ松原(清水)、薩埵峠(由比)、満願峰(静岡)、西伊豆(土肥・戸田・達磨山)、沼津(内浦湾周辺)、房総半島(鋸山)からの光景が感動的でした。今回の湘南海岸から見る富士は勝るとも劣らず素晴らしいネ~!


                              湘南海岸の冬富士の記事はコチラから


        .....材木座海岸のウインドサーフィンの帆、気持よさそうに波の上を漂っていた.......
c0119160_1651986.jpgc0119160_1654078.jpg

c0119160_16607.jpg

        ......材木座海岸からは岬越しの冠雪富士、稲村ヶ崎の間から冬の顔を覗かせていた.......
c0119160_1694812.jpgc0119160_161068.jpg



c0119160_16103332.jpg


さて前2回のレポートは鎌倉(材木座海岸あたり)で終わっていましたので、今回は逗子・葉山のレポートを掲載します。お洒落でセレブで明るいイメージのSPOTですが、ここに入るには小坪トンネルを越えていかねばなりません。ここは神奈川県を代表する心霊スポット(全国的に超有名)・・何かドキドキするネ~


      ......鎌倉から逗子に抜けるには日本有数の心霊スポット「小坪トンネル」を通過する.......
c0119160_16154950.jpgc0119160_16162269.gifc0119160_16165190.gif


c0119160_16172439.gifc0119160_16173917.jpg





c0119160_16175570.gif


小坪トンネル(県道311号)は、鎌倉駅と逗子駅の中間に位置しトンネルが3本ありますが、一番南側の「小坪隧道」で数多く怪奇現象が発生するらしい。歩行者でなく車に乗る人がよく遭遇するとのこと


    ........様々な怪奇現象の噂が昔から伝わる小坪トンネル、一時は新聞でも大きく報じられた.......
c0119160_1629337.jpgc0119160_162931100.jpg

c0119160_16295894.jpg


フロントに幽霊が被さってきた、複数の手が壁から出ていた、トンネル上部から男が覗いていた、後部座席に女が座っていた等、多くの恐怖体験が・・。トンネル上には火葬場があるらしい。工事で亡くなった人の霊も出るなど様々な噂があり、一時は大ブームとなった場所。最近は心霊番組って少なくなったなア・・


c0119160_1634231.gifc0119160_16344141.gifc0119160_16345959.gif
c0119160_16351665.gif

夏は怪談がつきものですが、本日は太陽が輝き渡る湘南海岸がメインレポートなのでジメジメした恐怖話題はこの辺にしておきましょう。小坪トンネルを出るとそこにはセレブなマリンスポーツ世界が広がっていた~





★セレブの象徴・湘南マリーナ(逗子・葉山)


        ......逗子マリーナに林立する富裕層マンション群、ここからはセレブのお洒落スポット!.......
c0119160_16445364.jpgc0119160_1645112.jpg

c0119160_16453280.jpg


湘南のマリーナといえば江ノ島を以前紹介しましたが、その他には三浦半島西部に点在する3つのマリーナ(逗子・葉山・佐島)が有名です。まずは逗子からスタート!葉山中心部から南下すると椰子の並木に囲まれた白亜の高級マンションが林立、ここは地中海リゾート(行ったことないけど・・)か?と見紛うばかり


       ......逗子マリーナのヨット艇置保管場、撮影時(冬)は静寂風景だったが今は繁忙?.......
c0119160_16543133.jpgc0119160_1654564.gifc0119160_1655133.jpg

c0119160_16554414.jpg


逗子マリーナの開発は西武流通G(セゾン)によって、鎌倉霊園造成工事で生じた残土を使用し逗子小坪の岩礁を埋め立てて1971年に開業しました。敷地内には9棟(1,226戸)の豪華マンションが建設・分譲され、ヨットマリーナやプール・レストラン・ボウリング場など各種施設も充実しているセレブな一体型リゾートエリアです。


        .....リヴィエラリゾート逗子マリーナはお洒落な雰囲気、RWには全く縁がゴザイマセ~ン.......
c0119160_17414580.jpgc0119160_17422521.gif

c0119160_17485164.jpg
c0119160_1743261.jpg


湘南の海に囲まれパームツリーが植えられた景色はまさに地中海的雰囲気が溢れており、1980年代後半のバブル期にかけては、トレンディドラマや映画・CM等の撮影地として使われ人気を博した場所です。


       .....逗子ハーバーの白亜灯台、真っ白なクルーザー・・、やはり縁もかけらもゴザイマセヌ.......
c0119160_1758453.jpgc0119160_17561856.gifc0119160_1756426.jpg



c0119160_17581529.jpg


開発に携わった西武流通Gの不動産会社が経営悪化により破綻、現在の逗子マリーナの所有・運営はリビエラグループ(東京・南青:結婚式場やレストラン経営企業)となっているとのこと。西武は嘗ての面影なし


          ......椰子の木に彩られる逗子リゾートマンション群、コチラもまたまた関係ネ~.......
c0119160_19132880.jpgc0119160_19134669.jpg

c0119160_19141457.jpg



次は葉山へと向かいます。当地は日本のマリーナ発祥地(1965年設立)であり「ブルーアンカークラブ」という歴史ある組織(船舶所有オーナー達の交流クラブ)が運営しているらしい。リッチな方ばかりなんでしょうネ~


                  ......日本のヨット発祥地・「葉山マリーナ」の風景.......
c0119160_2202268.jpgc0119160_19293412.jpgc0119160_19294891.jpg


c0119160_19313681.jpg


小生が抱く逗子葉山のイメージはやはり「加山雄三」!1960年代の東宝「ゴジラ」映画と併映された「若大将シリーズ」ですネ~(古!)。湘南の海をヨットで自由に周遊しエレキギターを片手にスマートに遊ぶお金持ちの城南大生(K大?)を爽やかに演じておりました。♪「二人を~夕闇が包む~この窓辺で~」(懐)


   .....我々の世代が少年時代に憧れた湘南サウンドといえば若大将(加山雄三)とワイルドワンズ......
c0119160_19415647.jpgc0119160_19423655.jpgc0119160_19425655.jpg





c0119160_19434381.jpg

            ♪加山雄三「君といつまでも」♪⇒


そして当時小学5年生だった小生はグループサウンズに完全に嵌っていました。湘南海岸をテーマとしたGS曲と云えば、やはりザ・ワイルドワンズの「想い出の渚」とザ・タイガースの「シーサイドバウンド」がその代表曲!


       .....(左) ♪ザ・ワイルドワンズ「想い出の渚」♪     (右) ♪ザ・タイガース「シーサイドバウンド」♪.....
   

ザ・タイガースは何度か再結成していますが、解散以来参加したことがなかったトッポ(加橋かつみ)が遂に今年12月復帰!完全復活コンサートが企画されており、11月にGS特集を組んでみたいと思います。


     .....ザ・タイガース「シーサイドバウンド」も湘南サウンド、今年12月に往年メンバーで完全復活!.......
c0119160_20324481.jpgc0119160_20481066.gifc0119160_2033657.jpg




c0119160_2034719.jpg




c0119160_2033379.jpg





★逗子・葉山からの富士山絶景


さらに海岸線を南下していくと葉山の総鎮守「森戸大明神」が現れました。平治の乱に敗れ伊豆に流された源頼朝は、三嶋大社の神を深く信仰し源氏の再興を祈願しました。旗挙げに成功し天下を治めた頼朝は深く謝恩し、鎌倉に帰ると三嶋明神の分霊を葉山森戸に歓請し奉納したと伝えられます。


  ....(左)葉山の総鎮守「森戸大明神」(1月) (右)神社裏手の「千貫松」、枝ぶりが素晴らしい!.......
c0119160_21225173.jpgc0119160_2123531.jpg


c0119160_21232642.jpg

  
海の安全と大漁祈願で毎年6月に湯立神楽(潮神楽とも呼ぶ)の神事が執り行われるとのこと。起源は不詳ですが、熊野灘より移住してきた漁業従事の人々により江戸時代中頃から始められたと云われます。神社裏手磯辺の岩上に切り立つ「千貫松」は見事!源頼朝が松を仰ぎ見て感銘したらしい。


   .....森戸神社から見る海越しの世界遺産「富士山」(1月)、沖合の赤鳥居が実に神々しい!.......
c0119160_2129943.jpgc0119160_21293346.jpg


c0119160_21295184.jpg


ここから海越しに見る富士山絶景は感動的!沖合いには名島(赤鳥居の建つ岩礁)があり、霊峰富士と重ね仰げば神々しいの一言!展望海岸の一角に「石原裕次郎」の記念碑があり今も多くのファンが訪れています。湘南で青春を過ごし当地をこよなく愛した裕次郎。彼の映画のロケ地にもなった場所


      ..........「石原裕次郎」の記念碑、映画「太陽の季節」「狂った果実」の舞台になった.......
c0119160_21324425.jpgc0119160_21325941.jpgc0119160_21332575.jpg
c0119160_214367.jpg



   ......沖合に「裕次郎灯台」、右は赤い鳥居が浮かぶ「名島」。夕陽に照らされる絶景の名所.......
c0119160_21461284.jpg
  
海越しの富士山絶景は夕暮れ時には一層感動的な絵となるらしい。神奈川の景勝50選「森戸の夕照」として称えられ、江ノ島・伊豆箱根の山々、富士山が海・空とも茜色に染まる光景。一度見てみたいものだ・・


      ......これこそ地元が誇る絶景「森戸の夕照」(インターネット写真)、本当に素晴らしいネ~.......
c0119160_21464110.jpgc0119160_2147649.gifc0119160_21472235.gif

c0119160_21474284.jpg


葉山は御用邸(天皇御一家の別荘)があることでも有名。明治時代,天皇家の侍医(ドイツ人)が予防医学で日本に保養の思想を導入、「気候温暖で風光明美。近代的保養地として整備すべき」と宮内庁に推奨したことが発端らしい。因みに葉山以外の御用邸は那須(栃木)・須崎(静岡)にもありますネ


        ......天皇陛下の湘南保養地「葉山御用邸」、裏には一色海岸が穏やかな潮騒.......
c0119160_215246.jpgc0119160_21583114.gifc0119160_1803484.jpgc0119160_180501.jpg

c0119160_21522515.jpg
c0119160_21524615.jpg


御用邸門前をカメラ撮影したら、厳重警備の警官が追っかけて来て「画像を消せ!」と命じられ、ビックリ!調べてみると、1971年御用邸は精神異常者によって放火され全焼していたのです。1981年再建されましたが、それ以降は警察メンツにかけピリピリ状態なのか、それともRWが異常者に見えたのかいな?


             ......葉山の最南端、長者ケ崎は鄙びた雰囲気も感じられる。.......
c0119160_2040063.jpgc0119160_20401479.jpg

c0119160_20403554.jpg


さらにビーチラインを進むと長者ケ崎が現れます。この岬周辺はホノボノとした雰囲気で、もう逗子葉山のハイソ・セレブな感じは殆ど薄らいできたなア・・。この岬が葉山町の南限であり、ここから先は横須賀市に入って行きます。横須賀にも佐島マリーナがあり、湘南リゾート風景の最後の締めで立ち寄ってみました。


            ......佐島マリーナは横須賀市だが、逗子・葉山と雰囲気は同じです.......
c0119160_20491545.jpgc0119160_20494822.gif

c0119160_2051336.jpg


   .....佐島マリーナ入口の公園で寛ぐ猫達、富士山世界遺産お祝いムードも関係ねーか(マイペース).......
c0119160_20565671.jpgc0119160_20573094.jpg




c0119160_20575294.jpg
c0119160_2058548.jpg


世界遺産・富士が遠望できる湘南海岸はやはり贅沢な場所でした。鎌倉は登録難航で申請を取り下げましたが何かホッとした気もする。今も観光期は混雑する鎌倉や湘南海岸、これ以上外人や国内観光客がワンサカ押しかけたら完全に芋の子洗いになっちまう。でも夏の湘南はやはり混みそうだネ~!


    .....最後にもう一度、大磯海岸からの冠雪富士。海から楽しむ富士は贅沢な景色です。.......
c0119160_21132778.jpg
     

                                   富士山世界遺産祝福の記事はコチラから


                                                          おわり

  by rollingwest | 2013-07-18 00:00 | 鎌倉・湘南探訪 | Comments(66)

<2013年5月31日>甲斐の国・探訪(その6):山梨県の富士山(後編)

                      【祝・世界遺産指定登録!】
c0119160_1223491.jpg
                             

★久しぶりに・・、「甲斐の国・探訪」&「山梨富士」記事を


                              
甲斐の国・探訪」シリーズは(その6)となりますが、2010年スタート以来チンタラと公開してきたので3年越し。「山梨の富士山」レポートは2011年1月(前編・中編)に掲載しましたが、LASTの後編記事は富士山が世界遺産登録に決まった時に掲載すると宣言して2年半、漸くその喜びの日を迎えられます。


   .....(左下)富士山からもスカイツリーが! (中下)白糸の滝 (右)6月世界遺産登録のニュース ......
c0119160_1224398.jpgc0119160_1316446.jpgc0119160_12241631.gif






c0119160_12243264.jpg
c0119160_12244326.jpg


                                山梨の富士山(前編)
 

ご存知の通り、5月にユネスコが条件付で富士山の世界文化遺産登録を勧告し6月に正式決定へ!鎌倉の推薦撤回ははチト残念でしたが、日本人・心の支柱の名峰が世界遺産になり実に喜ばしいネ~!観光客・登山客が急増して色々大変かと察しますが、お祝いメッセージを交えて後編記事を公開!


   ..... (左)御坂山塊へ登山し西湖を眼下に望む(07年1月)  (右)本栖湖の富士(01年5月)..... 
c0119160_1234299.jpgc0119160_12344899.jpg


c0119160_1235357.jpg

 
                       

富士山は当初は世界自然遺産登録を目指しましたが、山麓開発や不当投棄のゴミ・廃棄物等の環境問題がネックで2003年の国内選考で落選。捲土重来、文化遺産として再挑戦し10年後に夢叶う!


   .....世界遺産指定まで紆余曲折、歴史・文化の深さPRに切り替え戦略が功を奏す..... 
c0119160_13194349.jpgc0119160_13195737.jpgc0119160_13201259.jpg



c0119160_13203599.jpg


                                山梨の富士山(中編) 

1999~2001年、静岡に住んだことから駿河の富士は十分に堪能したので、5~6年前からは山梨の富士を訪ねることが多くなりました。「甲斐の国探訪」の前・中編では富士吉田や富士山レーダーの歴史等をレポートしたのでLAST後編は富士五胡や樹海風景を中心に紹介していきたいと思います。




★富士吉田・河口湖からの富士


大月から南下すると富士山三昧の風景が満喫できます。富士吉田や河口湖からの富嶽眺望は優美に裾野を広げる姿が一段と美しい!特に桜の季節は本当に絵になる。これぞ日本の風景だなア~!観光客で賑う河口湖から少し離れた勝山周辺は質素・鄙びた田舎風景が実にいい。穴場ですよ!


      .....(左)河口湖の富士桜 (右)河口湖大橋と桜 (下)勝山の湖畔風景.....
c0119160_13273159.jpgc0119160_13275049.jpgc0119160_1328616.jpg





c0119160_13282665.jpg


富士吉田・河口湖のレジャーランドはやはり富士急ハイランド!大学卒業記念にサークル仲間(都電荒川線メンバー)と初スケート体験で滑ったことが懐かしい。娘とも行ったけれどもう相手にしてくれないネ・・(笑)


     .......富士急ハイランドの冬風景。山梨富士はいつ見ても形が秀麗(09/2月).....
c0119160_13382355.jpgc0119160_13384029.jpgc0119160_1339466.gifc0119160_13392058.gif


c0119160_13394233.jpg


富士眺望はやはり冬が一番!西高東低・冬型の澄んだ青空で冠雪姿を仰げば日本人として幸せを感じます。でも夏の河口湖も花火とのコラボが素晴らしい!湖面からの夜空の華は絵画の如し


        ....09年8月河口湖湖上祭。富士山とコラボの花火は豪華!.....
c0119160_13542788.jpgc0119160_13544569.jpgc0119160_1355047.jpg


c0119160_13552377.jpg

     
2009年夏に河口湖の花火を初めて鑑賞しました。河口湖湖上祭は富士五湖の最大イベントで8月上旬開催、毎年15万人の見物客を集めます。スターマインや最後を飾る約400mのナイアガラは圧巻!湖に映し出される幻想的な光は柏崎の海上花火のようだ!湖や海に輝く花火は感動的でありました。


   .....90回を超える歴史、五湖最大の花火大会、ナイアガラは素晴らしかったなあ!.....
c0119160_1455998.jpgc0119160_9251280.jpgc0119160_1475447.jpg






c0119160_1473498.jpgc0119160_929598.jpg






c0119160_148992.jpg

         
                                「河口湖・09年夏の花火大会」の記事はコチラから  



★青木ヶ原樹海&富士五湖


富士五湖は富士山北部を取り巻くように点在しています。首都圏からは山中湖・河口湖が圧倒的にメジャーな観光地であり、残り3つの湖は殆ど注目されない静寂地ですが、そのマイナーな雰囲気が実にいいのだ。そして3湖と富士山に間には、有名な「青木ヶ原」大樹海が広がっています。


    .....富士山北部を取り巻く富士五湖、富士吉田は河口湖と山中湖の中間点.....
c0119160_14241570.gifc0119160_1424276.jpg


c0119160_14464441.gif

     
   .....秋の青木ケ原樹海と富士山紅葉は実に見事!2009年秋の紅葉台から絶景.....
c0119160_14284141.jpgc0119160_1429223.jpg

c0119160_14292495.jpg

「青木ヶ原樹海」は自殺者や心霊スポットで有名、森林の中に迷い込むと磁場が狂っているため、なかなか外に出て来られないと言われます。しかしここは大ツララや天然氷柱がある氷穴群やコウモリが住む地下洞穴が数多く点在していて、富士噴火が彫像した大自然が味わえる観光の森なのです。


      .....有名な青木ヶ原樹海!富士山の溶岩地に形成された膨大な樹林群.....
c0119160_14395416.jpgc0119160_14401194.gif


c0119160_14411063.jpg
c0119160_14412231.jpg


富士樹海の中には無数の溶岩洞窟群が存在します。最も有名なのは「富岳風穴」「鳴沢氷穴」。鳴沢氷穴の内部気温は平均3度と低く、一年中氷に覆われていることからこの名がつきました。 天井から浸み出した水滴が凍ってできた氷柱や氷筍は特に見もので、4月頃に最も成長するとのことです。


      .....「富岳風穴」と「鳴沢氷穴」は15年前に家族で訪問、寒かった~!.....
c0119160_15223363.jpgc0119160_1514881.jpg




c0119160_15142835.jpg


東日本大震災(2011/3月)はマグニチュード9で過去千年に一度の大規模地震と言われますが、千年前の地震こそ「貞観大地震」(平安時代)でした。大地震のエネルギーは富士山マグマ活動を刺激し大噴火を引き起こしました。当時の大噴火・溶岩により形成されたのが青木ヶ原樹海、富士五湖なのです。


   .....平安・貞観大地震の震源地も東北・宮城、津波にも襲われ東日本大震災と驚くほど酷似.....
c0119160_1526556.jpgc0119160_15262821.jpg


c0119160_15323189.jpg


c0119160_15265566.jpg


太古時代の富士五湖は1つの大きな湖でしたが、大噴火時に富士山から流出した溶岩流が随所で堰き止め地形が5湖に分れたらしい。本栖湖・精進湖・西湖は地下水源が一緒で、実質的には3つの湖底がつながった1つの大きな湖になっているため、3湖水位は常に同レベルで保たれているのです。


    .....青木ヶ原樹海に広がる池、火山が彫像したこうもり穴(いつかやってみたい樹海ツアー).....
c0119160_1533105.jpgc0119160_1533257.gif

c0119160_15334096.jpg


青木ヶ原樹海は平安大噴火の溶岩洞穴に植物が根付いた姿。1250年かけて繁茂してきた森林や氷穴群は貴重な自然遺産で、最近は樹海探索ツアー(コースガイド付)が増えてきました。2016年に大学時代の山仲間で40周年行事を企画する予定、青木ヶ原・樹海探索ツアーにしたいと思っています。


    .....(左)西湖と富士山の美しい姿 (右)絶滅魚クニマスを2010年に西湖で発見したさかなくん..... 
c0119160_15374545.jpgc0119160_1538139.jpg



c0119160_15383714.jpg



c0119160_15385339.jpg


溶岩が森を埋め尽くし、樹木が焼けた部分が空洞となり固まった「溶岩樹型」は、山中湖畔「花の都公園」で見ることができます。標高1000mに広がる当公園は30万㎡大地にチューリップ・ヒマワリ・コスモスなど季節の花々が一面に咲き誇る夢の様な花園。背景に名峰富士があるので余計素晴らしいネ~!


    .....山中湖からの富士絶景、花の都公園ではひまわり畑や溶岩樹型が見られる。.....
c0119160_15481793.jpgc0119160_15483978.jpgc0119160_15485814.jpg





c0119160_15492126.jpg






★富士山の地形・頂上風景

富士山は均整が取れた美しい円推ドームの山と思われがちですが、朝霧高原側から見ると巨大な亀裂「大沢崩れ」(西側斜面の浸食谷)があり、静岡側からは肩の形が歪み「宝永火口」(江戸時代噴火跡)が無残な形を残しています。世界遺産・富士山はいつか崩壊と噴火のリスクを抱えているのです。


    .....(左)「大沢崩れ」は富士山崩壊へのシグナル? (右)無残な噴火跡・「宝永火口」....
c0119160_161428.jpgc0119160_16144073.jpgc0119160_16142393.jpg  

c0119160_1615365.jpg


c0119160_16153344.gif

現在も大沢崩れでは毎年15万m3の土砂が崩れ落ち谷が削り取られています。頂上近くは凍結表層で雨が浸み込まず雪解け水や台風・大雨で地表を流れる土石流が堆積砂岩を崩壊させています。地球温暖化が更に進めば富士山内部を支えている凍土層が溶けて優美な姿が崩れる説も・・。また最近は噴火の可能性高まるとのニュースも報じられていますが下記の姿は想像したくないなア・・


  ....富士山噴火が現実となったら・・。日本縦断の大断層「フォッサマグナ」、巨大マグマが蠢いている....
c0119160_16193470.jpgc0119160_1620990.jpgc0119160_16202397.jpg



c0119160_16204345.jpg


富士山噴火の場合、周辺エリアには甚大被害が予想されます。溶岩の熱で住宅は焼き尽くされ田畑も壊滅状態に・・。そして火山灰は偏西風に乗り確実に首都東京を襲います。火山礫灰で交通は混乱・寸断、通信ネットワーク・機器障害・携帯電話も使えなくなり国内生活・経済は大打撃を受ける惧れが・・


        .....富士山噴火時の噴煙・火山灰が影響を及ぼすと予想されるエリア....
c0119160_16314763.jpgc0119160_1637385.jpg

c0119160_16322570.jpg

こんな光景に遭遇したくないけれど地球造山運動の激しい日本は災害大国として大地震・噴火・津波からは逃れられない運命なのかもしれません。でも我々が生きている間は起こってほしくないナア・・。富士山には15年前に登りましたが、頂上風景は荒涼たる火山岩の世界(巨大な爆裂火口は大迫力)


    .....小生の富士初登山は1998年(高山病に)、まだ頂上には富士山レーダーがありました....
c0119160_16525279.gifc0119160_16461461.jpgc0119160_16472424.jpg


c0119160_16475151.jpg
c0119160_20595078.gif

富士山に登ったのは1回きり・・。1998年富士宮から5合目まで行き9合目小屋に泊まり御来光を拝む山旅でしたが、高山病も患い苦しい思い出ばかり・・。木々の緑も水風景も全くなく岩と砂礫だけの荒涼たる光景もガッカリ・・、やはり富士は登る山でなく遠くから見て楽しむ名峰だと確信した次第

                                山紀行名峰レビュー「富士山」(その1)  




★山梨の名峰から仰いだ富士の雄姿


前編では南アルプス・笊ケ岳から見た富士の雄姿を伝えましたが、他にも山梨の山々からも素晴らしい富士絶景との出逢いが何度もありました。過去の山行から幾つかお気に入り写真を追加紹介しましょう。まずは七面山(身延山の隣)から見た山門額縁富士、雪の中で寒かったけど景色には満足・・


   .....2001年3月、食山人氏と身延七面山に登山、敬慎院・山門から見た「雪の額縁富士」..... 
c0119160_16551830.jpgc0119160_16553640.jpg



c0119160_1655561.jpg

     
富士山の西に連なる竜ケ岳・雨ケ岳・毛無山・・、目前に遮る山がなく富士を間近に眺望できる素晴らしい展望台の山々でした。元旦はここから望むダイヤモンド富士や初日の出ハイカーで溢れる人気の山


 .....(左)雨ケ岳からの冬富士 (中)茅ケ岳から左右対称・八面玲瑯富士 (右)岩殿山から望む.....
c0119160_1705393.jpgc0119160_1711934.jpgc0119160_1714199.jpg







c0119160_172638.jpg


2001年2月一人でトライした毛無山から間近に見た冬富士の絶景、同年12月の茅ケ岳(日本百名山の著者・深田久弥が登山中に急逝)からの富士山の美しいシンメトリックな姿が特に心に残っています。2006年、南アルプス鳳凰三山から見た富士(遠く水墨画の如く雲上に浮かぶ朧ろ姿)もよかったなア・・!


 .....(左)毛無山から撮った冬富士(手前は朝霧高原) (右)南アルプス・鳳凰山より望んだ朧ろ富士.....
c0119160_17105650.jpg
c0119160_1711107.jpg

静岡在住時、ヘリコプターに搭乗し駿河上空を飛び富士山頂上を鳥瞰して旋回周遊するという滅多に体験できないイベントに参加する機会を頂きました。霊峰富士の頂上火口や裾野は間近に迫り360度から様々な姿を見下ろすという光景は感動的だった・・!しかし短時間で眺望が叶えられることはチト違うなあ・・・とやや違和感の気持ちが湧いたのも事実。苦しんで登った末に頂上に立った感慨と比べれば物足りなさを感じました。やはり苦しい思いをして一歩一歩登ってこそ感動の得られ方は違います。
c0119160_2059739.gif

c0119160_2016975.jpg
c0119160_20162971.jpg
 
                                      山紀行名峰レビュー「富士山」(その2) 



 

★おわりに (再び、富士山へのエール賛歌)

c0119160_17155879.jpg
 
最近の富士登山ブームはディズニーランド状態(世界遺産指定後はさらに・・)となり目を見張るものがあります。山ガール自称の旧友からも早く連れて行けとのプレッシャーが・・。もう2度と登らないと誓った富士(前回は富士宮5合目から)ですが麓の北口本宮・浅間神社から登ってみようかな・・と心境の変化


    .....富士登山ブームはさらに盛り上がることでしょう。今度は正調の吉田側から登ってみたい.....
c0119160_17454097.jpgc0119160_1746050.jpg







c0119160_17462464.jpg


「万葉集」「古今和歌集」に詠われ、近世「浮世絵」にも描かれた文化・芸術的評価が高い富士山。日本三霊山(富士・白山・立山or御嶽)、山岳修験の頂点として崇められてきた霊峰不二。その圧倒的存在、歴史・文化の重み、民衆からの畏敬が評価され目出度く「世界文化遺産」として認められました。
         


       ....山梨富士(航空学園・河口湖など)は色々なアングルから仰ぎ楽しみました・・.....
c0119160_17165029.jpgc0119160_17171165.jpg
c0119160_17235822.jpg


       .....2010年、野口総一氏が送信してきた宇宙からの富士山(上空写真).....
c0119160_1729312.jpgc0119160_17431384.jpgc0119160_17294378.jpg



c0119160_1730016.jpg


畏怖崇敬されてきた富士山ですが、今の優美な姿が永遠に維持され日本人の心に癒しを与えほしいですね~!霊峰富士はやはり何度観ても素晴らしい!今後も我が日本を寛容に見守って下さいネ。
最後はエンヤのハイトーンヴォイス・BGMにて展開される富士絶景の数々をユーチューブでお楽しみください。

              
c0119160_1752385.jpgc0119160_17525262.jpg
c0119160_1753478.jpg


                        湘南海岸・冬富士絶景ロード(2013年1月)

c0119160_912684.jpg


                                                         おわり

  by rollingwest | 2013-05-31 00:00 | 山紀行・名峰レビュー | Comments(74)