タグ:常陸・房総の旅 ( 11 ) タグの人気記事

 

<2018年1月>中高同級生との南房総・インスタ映えハイキング


c0119160_07131706.jpgc0119160_07141393.jpgc0119160_07144217.jpgc0119160_07152229.jpg


★中高同級生との南房総ハイキング(充実の日帰り旅)


アウトドア活動2018事始めは1/27中高同級との「南房総ハイキング」(チバニアン、亀岩洞窟・濃溝滝、日本寺・鋸山、岡本桟橋)でした。絶好の冬型快晴に恵まれ、東京湾越しの冠雪富士山、最近インスタで話題になっている新たな名所・絶景を濃厚にレポートします。


  .....鋸山から俯瞰した東京湾越しの富士、手前は浜金谷港、遥かに横須賀が見える....
c0119160_07224348.jpgc0119160_07231857.jpg
c0119160_07233857.png


今回も定番メンバー(T鳥氏、N-minto様・ハマジュリ様・ryoko様)が元気に参加してくれました。昨年11月「都内紅葉ウォーキング(杉並)」以来2ケ月ぶりの再会ですが、この5人でのハイキングとなると2016年秋の「山梨白州」(尾白川渓谷・日向山)なので結構久しぶりかな・・。

                      <2017年11月>中高同級との杉並ウォーキング記事 

  .....南房総の大人気SPOT鋸山・日本寺大仏は今回で3回目だがいつ来ても素晴らしい!....
c0119160_19203013.jpgc0119160_19205818.jpg
c0119160_19212108.jpg


                     <2016年10月>中高同級・山梨白州ハイキング一泊旅  

鋸山・日本寺大仏は過去2度訪問していますが、昨今話題沸騰のチバニアン(77万年前の地軸逆転痕跡が残る地層露頭、国際登録が間近!)やインスタ映えでブームになっている新名所(亀岩洞窟・濃溝滝、富浦岡本桟橋)を初体験できることもあり、幹事としても大いにリキが入りました。




★川崎からアクアライン経由で「チバニアン」「亀岩洞窟・濃溝滝」へ初訪問


川崎駅に朝7:20集合してもらいRW車5人で乗り込んでいざ出発!東京湾アクアライン浮島ITに入る前にまずは川崎大師へ皆を案内して旅の安全祈願を済ませました。


  .....(左)川崎大師へ参詣、本堂前で集合写真  (右)シンボルの赤五重塔が青空に映える....
c0119160_05040274.jpgc0119160_19284729.jpgc0119160_19330456.jpgc0119160_05581314.jpgc0119160_19334008.jpg
c0119160_19340977.jpg

メンバー2~3人が川崎大師は初めてとのことで、本堂参拝後は朝の静かな境内の見所を案内。五重塔脇には弘法大師像があり囲むように四国八十八箇所霊場の寺名・詠歌が記された標柱があります。これに触って一周すると同じご利益に預かれるとのこと


  .....(左)目を引く赤い橋と白いインド仏塔  (右)八十八箇所霊場石標を巡るハマジュリ様....
c0119160_19444648.jpgc0119160_19460195.jpg
c0119160_19453368.jpg


今回は千葉県最南端を巡り多くの見所訪問を折込みましたが、日帰り旅(夜は川崎で懇親会)で行けるのはアクアラインがあるからこそ!バブル時代に巨額投資した東京湾横断道路は開所直後は超高額通行料でしたが、森田健作知事が就任後800円に設定してくれたおかげで実に利用しやすくなりました。今話題の地軸逆転チバニアン地層へ川崎から1時間半で行けるのです。いざ、出発~!


  .....川崎浮島ITからアクアラインを通りチバニアンには1時間半で到着できる便利さ....
c0119160_20084045.gifc0119160_20163190.jpg
c0119160_20165661.png


千葉県市原市にある養老渓谷地層は世界に認められた「チバニアン」と命名登録される予定です。
77万年前の地軸逆転の痕跡が残る地球歴史の一時代を代表するに「国際標準地」に登録され、千葉時代と呼ぶことになるのです。「山が少ない千葉県でなぜ?」と思うでしょう。


  ....田淵会館駐車場から15分歩くと養老渓谷に到着。ハイシーズンは駐車場確保がポイント....
c0119160_20195911.jpg
c0119160_20203572.jpg


実は千葉は地質学的に我が故郷柏崎と断層線で繋がっている最東端。日本列島を東西に分ける「フォッサマグナ」とは糸魚川・静岡構造線(西断崖)と柏崎・千葉構造線(東断崖)の2大断層線に囲まれた地溝帯という意味なのです。確かに新潟も茨城・千葉も地震が多い訳だ!


  .....これが70万年前に地軸(NS極)が一挙逆転したチバニアン地層!氷柱が凄い!....
c0119160_20230312.jpgc0119160_20271851.jpg
c0119160_20275915.jpg

当日の露頭地層周辺は巨大な氷柱が沢山!養老渓谷の川水面も氷が張っていました。27日の朝は東京都心も氷点下2度、1月下旬は6日連続氷点下という記録的な寒さ(34年ぶり)が続いていました。今冬は全国的に厳しい冷え込みが続いていますね~!


  .....養老渓谷は一面「氷の世界」、氷柱に覆われたチバニアン地層を見て地学勉強....
c0119160_20434295.jpg
c0119160_20442098.jpg
c0119160_20485993.jpg
c0119160_20494322.jpg


   .....チバニアン正式登録後の渓谷はさらに人気となり大混雑が予想されるなあ・・....
c0119160_20535974.jpgc0119160_20552029.pngc0119160_20561364.jpgc0119160_20565639.jpg
c0119160_20572741.jpg


次に訪問したのは近年SNSで発信され君津市を代表する観光名所に大ブレイクした「濃溝の滝」「亀岩の洞窟」でした。季節によっては陽が差し込みむとハート型の光が現れジブリ世界の様な絶景が見られると話題になり、ハイシーズンは観光バスが押し寄せる人気SPOT!


    .....インスタ映えで大人気になっている「濃溝の滝」「亀岩の洞窟」を初訪問....
c0119160_21092022.jpgc0119160_21100592.jpgc0119160_21135106.jpgc0119160_21114891.jpg
c0119160_21110138.jpg

  ....ハートの光は今回残念ながら見られなかったが、ジブリ的な幻想的景観で話題沸騰....
c0119160_21385482.jpg
c0119160_21393087.jpg


清水渓流広場の駐車場から、幸運の鐘・濃溝滝・洞窟を見学、さらに進むと湿原ハイキング木道コースが現れました。ハイシーズンには多くの若いカップルが訪れるロマンチックコースですが還暦男女にとっては「何だ、こんなもんか・・」とやや期待外れ。まあ、ハートの光が見られたら感動したのかも・・


  .....残雪の木道コースを進み、清水渓流広場の駐車場に到着、お洒落なお土産店あり....
c0119160_21420901.jpg
c0119160_21424600.jpg





★南房総最大の観光名所「鋸山」で絶景ハイキング


さて次は皆が大いに期待する鋸山ハイク!鋸山は千葉県内房に聳える低山(329m)で海越しの富士山が見られる絶景の山。ロープウェイでも行ける手軽さですが、やはりこの山は大仏・羅漢像・巨大観音像を見ながら周遊歩きをしてこそ歴史的な雰囲気が深く味わえます。


  .....鋸山に上がっていく浜辺から眺めた海越し富士山、伊豆半島・伊豆大島も見えた....
c0119160_21570387.jpgc0119160_21575072.gifc0119160_21585323.jpg
c0119160_21593538.jpg


鋸山・東口管理所の駐車場(ここは無料)に車を置き、拝観料600円を支払い、まずは日本寺の大仏との対面を目指します。こんなに寒い1月下旬だというのに梅が咲き始めている!


  .....(左)鋸山ウォークは多様なコース歩きを楽しめる  (右)もう梅が咲いている!さすが南房総....
c0119160_22100073.jpg
c0119160_22104254.jpg


日本寺は約1300年前、聖武天皇の勅詔を受けて行基菩薩が開いた関東最古の勅願所です。鋸山の南側斜面10万坪余りの境内に、日本寺大仏(薬師瑠璃光如来)、百尺観音像、千五百羅漢石像群など鎮座しており実にバラエティな歩きが楽しめます。


  .....奈良東大寺大仏の1.8倍の高さを誇る「日本寺大仏」(高さ31m)、ヒャ~でかい!....
c0119160_22162999.jpgc0119160_22220244.jpgc0119160_22224382.png
c0119160_22232209.jpg


鋸山南斜面に広がるコースには千五百羅漢と呼ばれる1553体の石像群があります。石仏は1780年に日本寺禅師の発願により、上総国の石工達が21年をかけて彫ったもので一つとして同じ顔がなく見応えある羅漢群が鎮座する圧巻の散策道です。


  .....「千五百羅漢道」を登りゆく。凄い数の羅漢たち、結構首がない石仏も多かった....

c0119160_22321882.jpgc0119160_22424971.jpgc0119160_22331418.jpg
c0119160_22335466.jpg
c0119160_22445841.jpg
c0119160_22454175.jpg
c0119160_22494021.jpg
c0119160_22501490.jpg


羅漢道コースは急坂、もっと簡単に上がれると思い込んでいた女性陣はヒーヒー喘いでいる。二天門・西国観音を過ぎて漸く山頂展望台へと出ると、壮観なる大絶景が目に入ってきました!


  ....「鋸山展望台」大絶景!東京湾・三浦半島を従えた冠雪富士の雄姿にみたび会えた!....
c0119160_06175868.jpgc0119160_06182421.jpgc0119160_06184815.jpg
c0119160_06191405.jpg


     .....高さ100mの断崖絶壁(地獄のぞき)真下を覗けば地獄ではなく観音様が鎮座....
c0119160_06233342.jpg
c0119160_06235532.jpg


ここからの絶景を満喫するのはやはり西高東低の冬型快晴日に訪れるのがお薦め、です。名物ライオン岩(獅子咆哮)の最先端に上がり、東京湾大絶景を俯瞰できて皆さんは大喜び!


    .....海越しの冠雪富士が実に素晴らしい!右はまさに獅子が咆哮する「ライオン岩」....
c0119160_06281194.jpg
c0119160_06282880.jpg
c0119160_06284798.jpg
c0119160_06290983.jpg


鋸岩展望台から降りて、地獄のぞき直下へと向かい石切り場を過ぎると高さ30mの「百尺観音」が現れます。戦死病没殉難者と交通犠牲者供養のために年の歳月をかけて昭和41年に昔の石切場跡に彫刻されました。鋸山観音とは3回目の対面ですが、九州国東半島の磨崖仏群を思い出しました。


  .....石切り場には巨大な磨崖仏「百尺観音」、いつ見ても圧倒されるありがたきお姿!....
c0119160_07194696.jpgc0119160_07203025.jpgc0119160_07211844.pngc0119160_07215842.jpg
c0119160_07224970.jpg


  .....ライオン咆哮する地獄のぞき直下は地獄ではなく、慈愛観音様が鎮座(極楽じゃ~)....
c0119160_06224178.jpg
c0119160_06225932.jpg


百尺観音から散策道を進み西口管理所分岐から右手に登る展望台があります。ここは浅間神社も鎮座する「十州一覧台」。十州とは、安房・下総・上総・常陸・上野・下野・武蔵・相模・伊豆・駿河、つまり関東圏の旧10ヶ国が全て俯瞰できる絶景パノラマが味わえます。東京湾フェリー(横須賀・久里浜~浜金谷)も見えるぞ!丁度12時になってきたのでここで昼食


  .....「十州一覧台」パノラマを見ながら昼食。東京湾・冠雪富士や横須賀・浜金谷を俯瞰....            
c0119160_06261680.jpgc0119160_06263735.jpg
c0119160_06272018.jpg
c0119160_06592730.jpg
c0119160_07013217.jpg
c0119160_07020417.jpg


昼食を済ませて今度は西口管理所の麓に鎮座する数々の史跡を訪問しながらの下山コースへ!不動滝・弘法大師護摩窟・通天窟・源頼朝蘇鉄・源氏不動・乾坤稲荷・薬師本殿・大黒堂と歴史深い見所が続々と登場します。全く飽きない楽しいウォーキングコースですね~!


  
   
.....(上) 不動滝  (下)通天窟と修験道・密教史跡を訪問し明るい参道へと出た....
c0119160_07405894.jpgc0119160_20592730.jpg
c0119160_07413189.jpg
c0119160_07432951.jpg
c0119160_07435906.jpg

鋸山は円仁(慈覚大師)や空海(弘法大師)などの名僧が修行に訪れた山全体が霊域となっているパワースポット!東京湾の冠雪富士の絶景とあわせて大いなる力を頂きました。


      .... 薬師本殿・源氏不動・大黒堂を見て再び、日本寺大仏の駐車場へと戻る....
c0119160_07461449.jpgc0119160_07464469.jpgc0119160_07472768.jpgc0119160_07481228.jpgc0119160_07491691.jpg
c0119160_08040526.jpg
c0119160_08043043.jpg







★締めもインスタ映えSPOT!旅の終わりはモトスミ居酒屋で打ち上げ会


次も今話題の穴場SPOT!インスタ映えで掘り起こされた富浦原岡海岸の「岡本桟橋」を訪ねてみました!富士山が見える千葉県海岸はどこにでもありますが、「海富士に向かって伸びるレトロな木桟橋は唯一の場所!」と写真家の間では絵になる絶景が大人気になっています。


  .....知る人ぞ知る話題の「岡本桟橋」(富浦原岡海岸、海富士に向かって伸びる木桟橋....
c0119160_19152477.jpg
c0119160_19154102.jpg
c0119160_19172929.jpgc0119160_19174877.jpg
c0119160_19182549.jpg


  .....(左)木桟橋最先端で富士山をバックに集合写真  (右)夕暮れ絶景(ネット写真より)....
c0119160_19222766.jpgc0119160_19224424.jpg
c0119160_19230087.jpg


15時過ぎ富浦海岸から富津立山道路(コチラは高速料金4千円)~アクアライン(800円)に乗り「海ほたる」で夕暮れの東京湾絶景を楽しみました。東京湾横断道路を掘削したシールドマシンノカッターモニュメントが印象的!2016年11月大学サークル還暦同級会の帰りに寄って以来の再会だネ。

                  <2016年11月>大学サークル同期アラ還合宿(南房総の旅) 


  ....アクアライン「海ほたる」、東京湾のド真ん中に浮かぶ絶景満喫のオアシス休憩所....
c0119160_19532850.jpg
c0119160_19524456.jpg
      .....東京湾海底を掘削したシールドマシンのカッターモニュメントで今日最後の集合写真....
c0119160_19560624.jpg
c0119160_19562240.jpg

夕暮れ迫る「海ほたる」の最前線展望台からは東京湾に浮かぶ大都会の摩天楼群やスカイツリーの幻想的シルエットが実に素晴らしい!今日の充実した南房総旅の余韻に浸り大満足気分


  .....(左)ヨットの帆みたいな「風の塔」  (右)横浜ランドマークタワーと霞んだ夕暮富士がコラボ....
c0119160_20035817.jpg
c0119160_20041633.jpg



  .....夕暮れ東京湾の絶景を見ながら楽しい一日を噛み締め直す。さあ川崎へ戻ろう!...
c0119160_20070656.jpg
c0119160_20074013.jpg


川崎浮島ITを降り、RW自宅(川崎・元住吉)に到着したのは17:30過ぎ。その後は超ボリュームで有名な地元の居酒屋に繰り出して打上げ会を開催。20:00頃に解散、お疲れ様でした~!


  ....地元の名店居酒屋「オリエンタル」、注文しすぎてしまい食い切れないボリューム....
c0119160_20103107.jpg
c0119160_20104689.jpg

c0119160_20160702.jpgc0119160_20251420.jpg
c0119160_20255457.jpg


今回企画もRW晴男幹事の面目躍如で天に感謝!インスタ映えする絶景見所を十二分に満喫して日帰りで無事帰宅できて実によかったなあ・・。翌日は二日酔い気味でしたが・・(苦笑)


   .....再び、鋸山・展望岩から東京湾の冠雪富士山を噛み締め直してみて下さい!....                
c0119160_20373696.jpg

  .....(左) 菱川師宣記念館前で見返り美人ポーズ (中)東京湾ビル群絶景 (右)ライオン岩咆哮....   
c0119160_20382330.jpgc0119160_20390544.jpg
c0119160_20394849.jpg



                                                 おわり

  by rollingwest | 2018-02-16 20:45 | Comments(140)

【常陸・房総の旅】⑦:「千葉・茨城・栃木の県境地」(関宿・坂東、結城・古河)

c0119160_06183467.jpg
c0119160_06191225.jpg

                              【常陸・房総の旅】⑥:野田・関宿より続く


★昨年公開した【常陸・房総の旅】の続編再開! (前回記事のおさらい)


常陸・房総の旅シリーズも今回で7回目を重ねます。前回編⑥は、千葉県野田市(醤油醸造・利根川水運・関宿水門)でしたが、今回は関宿から茨城県に入り坂東・結城・古河の歴史を紹介。千葉・茨城・栃木の県境地って何となく中途半端で、両毛エリア同様に無名で地味な場所ですが穴場見所は結構あるのです。


   .....野田(千葉)・坂東(茨城)は全国的に印象薄く「ちばらき」と揶揄される場所....
c0119160_06215482.jpgc0119160_06223427.jpgc0119160_06231410.jpgc0119160_06300337.jpg
c0119160_06235216.jpg


まずは前回の「野田市」レポートを軽くおさらいしましょう。野田市は千葉・茨城・埼玉に挟まれ一体どこの県か分かりにくいですが千葉県に属します。ここに日本最大の醤油メーカー「キッコーマン」の本社と野田工場があります。常磐自動車道柏ICから利根川沿いに北上


     ....ここに世界最大の醤油メーカー「キッコーマン」の本社と野田工場がある....

c0119160_07085584.jpgc0119160_07093686.jpg
c0119160_07095753.jpg

キッコーマン工場敷地内に設置された「もの知りしょうゆ館」で醤油醸造工程(原料麹・もろみ熟成・圧搾工程)や歴史展示を見学し、その後はキノエネ醤油(レトロな醸造所)や野田市内の街並み・史跡探索を巡ってみました。


    .....世界一のキッコーマン 「もの知りしょうゆ館」で醸造工程や利根川水運歴史をお勉強....
c0119160_07124414.jpgc0119160_07131152.jpgc0119160_07134456.jpg
c0119160_07140372.jpg


     ....キノエネ醤油醸造所は古い木製工場、手作りがあって実に雰囲気あるネ~....

c0119160_07363075.jpgc0119160_07364866.jpg
c0119160_07371177.jpg

       .....利根川水運・江戸川治水の最大キーポイント「関宿水閘門」を訪ねる.....
c0119160_07524050.jpgc0119160_07525819.jpg
c0119160_07532354.jpg

c0119160_07565349.jpgc0119160_07574043.jpg
c0119160_07580035.jpg


江戸川・利根川分岐点にある中之島公園(昭和初期の江戸川改修で造営)を散策し関宿水閘門を見学、関宿城博物館で水運史を再び勉強しました。徳川家康が利根川を銚子に東遷させた事業、江戸・明治期の治水史遺産、江戸経済を支えた重要拠点だったのかとあらためて再認識しました。


     .....関宿城博物館や水閘門を見学し、ここでも利根川の水運歴史を再学習....
c0119160_19193109.jpgc0119160_19201295.jpgc0119160_19205637.jpg
c0119160_19212024.jpg



関宿の発展理由は、①江戸に幕府が置かれ人口増加で醤油需要が増え和歌山(醤油発祥地)から船で運ぶ物流が拡大 ②太平洋に出ると黒潮影響で難破する危険性が高く安全な利根川経由の内陸水運が効率的 ③銚子・野田・土浦に醤油醸造所が続々進出 ④利根川~江戸に水運が繋がる関宿の繁栄に繋がったという訳です。


   .....関宿の繁栄、水閘門は近代治水事業の象徴、江戸時代は醤油を江戸に運ぶ水運基地....
c0119160_19340291.jpg
c0119160_19343197.jpg
c0119160_19371405.jpgc0119160_19373758.jpgc0119160_19380117.jpg
c0119160_19384337.jpg







★関宿「鈴木貫太郎記念館」、終戦宰相の波乱万丈人生


前回は関宿記事だったので、今回は関宿に縁が深い大人物「鈴木貫太郎」(太平洋戦争を終わらせた名宰相)にスポットを当てます。そして利根川を渡り茨城県坂東市の「平将門」(日本三大怨霊、江戸の総鎮守・神田明神も祭神)のルーツをレポート!


  .....外環状「圏央道」茨城エリアが全面開通し、関宿・坂東へアクセスは飛躍的に向上.....
c0119160_19522930.jpgc0119160_19533051.jpg
c0119160_19542316.jpg


関宿には「鈴木貫太郎記念館」があります。鈴木は「2.26事件」で襲撃され一度死にかけましたが奇跡的に復活。1945年首相に就任し軍部暴走に歯止めをかけてポツダム宣言受諾を実現。日本を終戦に導いた不死身人生の所縁ある品が多く展示されており、波乱万丈人生の教訓・誇り高き生き様の足跡が込められています。


    .... 「鈴木貫太郎記念館」、終戦を実現した鈴木が晩年を過ごした関宿に1963年開館....
c0119160_20062277.jpgc0119160_20080366.jpgc0119160_20084636.jpg
c0119160_20095157.jpg


鈴木は海軍出身で、日清戦争で水雷艇艇長として敵艦隊を沈め、日露戦争では駆逐隊司令として戦い日本海海戦の大勝利に貢献しました。1923年海軍大将、翌年は連合艦隊司令長官を歴任、1929年侍従長に就任します。


     ....日清戦争・日露戦争と勝利に貢献、連合艦隊司令長官へと上り詰める....
c0119160_20192095.jpg
c0119160_20201435.jpg


  .....(左)鈴木貫太郎連合艦隊司令長官時代  (右)甲板にて昭和天皇に艦内奏上....
c0119160_20304416.jpg
c0119160_20313139.jpg


昭和天皇の信任が厚かった一方で国粋主義達からは「君側の奸」と見なされ1936年「2.26事件」で青年将校から銃弾4発を受けて瀕死状態に・・。とどめを刺される寸前で、妻たかが気丈に阻止して命拾いした経緯にあります。


  ..... 「2.26事件」、青年将校達が自宅に乱入し銃弾を放つ。妻たかの機転で一命を取り留める....
c0119160_20345009.jpgc0119160_20353329.pngc0119160_20363401.png
c0119160_20371038.jpg


1945年枢密院議長だった鈴木は重臣会議で首班指名され固く断りましたが昭和天皇に「お前しかいない」と言われ引き受けました。7月連合国ポツダム宣言、8月広島・長崎原爆投下・ソ連参戦、15日終戦に至る1ケ月間、鈴木は77歳老体に鞭打ち不眠不休の日々で終戦工作に精力を尽くしたのです。


  ..... 8月9日御前会議、ポツダム宣言受諾で紛糾したが昭和天皇が涙で訴えて受諾が決定....
c0119160_20420446.jpg
c0119160_20422035.jpg


御前会議において昭和天皇の決断で降伏受諾、8月15日終戦詔勅のラジオ放送となりました。本懐を果たした鈴木は天皇に辞表提出し内閣は総辞職。幼い頃から何度も死にそうな目に遭遇しながら奇跡的に助かり波乱万丈の人生を過ごした鈴木でしたが、晩年は関宿で妻たかと農耕生活を営みながら穏やかに暮らしたそうです。

                      <2015夏>都心ド真ん中での「戦後70年」節目     

                      
c0119160_20450280.jpg




★茨城県坂東へ!日本三大怨霊と恐れられた「平将門」の史跡巡り


平安時代中期、関東を代表する豪族として名を馳せた「平将門」は日本史教科書にも載っている反乱人物ですが、菅原道真・崇徳上皇と並ぶ「日本三大怨霊」の一人として超有名。都心大手町にある「平将門の首塚」は不可解な出来事が勃発した経緯にあります。


  .....大手町ビル谷間の「平将門の首塚」、恐怖・怨霊パワーは「神田明神」祭神として祀られる....
c0119160_20540672.jpgc0119160_20545073.jpg
c0119160_20552265.jpg

関東大震災後や戦後に政府・GHQが過去何度も首塚の移転工事を試みるも、毎回関係者の不審死が相次ぎ、「将門の祟り」と恐れられて今では誰も手を付けなくなったのです。(触らぬ神に祟りなし・・) 隣接ビルは首塚を見下ろさぬよう窓は不設置、机の配置も墓に尻を向けないよう配慮がされているとのこと


  .....平将門の晒し首は夜な夜な叫び続け突然空高く飛び去り大手町に落下....

c0119160_21022880.jpg
c0119160_21030104.jpg

茨城県坂東市(旧・猿島郡岩井)は平将門がここに新皇と称して関東独立王国を築き上げ、朝廷軍との戦いで命を落とした所縁深い場所です。平将門は、桓武天皇~高望王(平氏の起源)の流れを汲む平良将の子として生を受けましたが、叔父(平国香)との確執を契機にこの地の領主となり勢力をどんどんと拡大していきました。



  .....坂東市に鎮座する茅葺の「国王神社」(将門の終焉地)、11月将門祭りが行われる....
c0119160_21072957.jpg
c0119160_21074438.jpg


そしてさらに関東所領を拡大し、ついに朝廷に対して反乱を起こし「新皇」を自称して猿島岩井(現・坂東市)に独立地方政権を作り上げたのです。激怒した朝廷は平貞盛、藤原秀郷ら追討軍を派遣して激戦となりましたが、将門は流れ矢に当たって絶命、新皇宣言後わずか2ヶ月で滅ぼされてしまいました。これが「平将門の乱」、ほぼ同時期に謀反をおこした「藤原純友の乱」とあわせて「承平天慶の乱」とも呼ばれます。


  .....「国王神社」境内を巡り将門の墓を参拝、神社拝殿には鬼気迫る肖像画で睨まれた....
c0119160_21100673.jpgc0119160_21104302.jpgc0119160_21111628.jpg
c0119160_21114524.jpg


晒された平将門の首はいつまでも腐らず生きているかの如く目を見開き、夜な夜な「斬られた私の五体はどこだ!ここに持って来い!首を繋いで再び戦おうではないか」と叫び続け、その後晒し首は関東を目指して空高く飛び去り、大手町に落下したと言われています。


  .....将門の軍事拠点「島広山・石井営所跡」、平安時代の将門記にも書かれる史跡.....
c0119160_21394425.jpgc0119160_21401420.jpg
c0119160_21404476.jpg


「国王神社」参拝後は、関東制覇拠点の「島広山・石井営所跡」や国王神社の別当で鬼門除け寺院の「延命寺」も回ってみました。将門持念仏の薬師如来が祀られているところから「島の薬師」ともよばれ、この寺に首を刎ねられた平将門の胴が塚に葬られています。


 .....国王神社の別当寺「延命寺」の山門。何度も大火に見舞われても山門は焼け残った.....
c0119160_21435477.jpg
c0119160_21442595.jpg


新皇を名乗り朝敵となった平将門は表立っての崇敬が許されない存在となり、明治政府は神田明神の祭神から外しました。しかしその後名誉回復し、1976年大河ドラマ「風と雲と虹と」で放映されると再評価の声が高まり将門は再び神田明神の祭神として復活したのです。


 
..1976NHK大河「風と雲と虹と」(主演:加藤剛、吉永小百合・小林桂樹・緒形拳・草刈正雄等)...
              



  
....「逆井城址公園」は坂東市にある戦国時代の平城、後北条氏により築かれた....
c0119160_21554745.jpg
c0119160_21561662.jpg


茨城県坂東市の最後に寄ったのは逆井城。戦国時代に関東一円を支配した後北条氏によって大規模に築城され、飯沼城とも呼ばれました。干拓前は南北30kmに広がる飯沼があり沼に囲まれた「後堅固の城」だったとのこと。


   ....後北条氏の勢力下に入った逆井城は風魔忍者300人を抱えた侵攻拠点城....
c0119160_21580619.jpgc0119160_21584748.jpg
c0119160_21594628.jpg


後北条氏が下野・常陸方面へ進出する最前拠点となった逆井城でしたが、1590年豊臣秀吉の小田原征伐により北条氏滅亡に伴い廃城となりました。城址は公園化され、櫓・土塀・櫓門・木橋などが復元されています。

                             「小田原城・北条氏五代の史蹟探訪」







★歴史の深い「結城・古河」(茨城県西部)の散策旅


坂東から20~30㎞北上すると結城・古河に入ります。ともに茨城県の市ですが、ここは千葉県近接の印象は消え、栃木県境の色あいが強まります。最近、面白い漫才コンビ(U字工事vsカミナリ)の栃木・茨城対決が爆笑物で話題になっていますが、この2市はそんな賑やかさとは対極をなす風格と落ち着きぶりが感じられます。


  ....U字工事vsカミナリ栃木・茨城対決が今話題!結城・古河は由緒ある静寂な街....
c0119160_22053803.gifc0119160_22060921.jpgc0119160_22071022.jpgc0119160_21183598.png
c0119160_22075157.jpg


結城地方は古墳時代・大和時代)ら文献に残され、平将門の乱でも戦場となった歴史深い土地。城下町歴史は鎌倉幕府成立を支えた結城朝光の登場で幕を開けます。結城家は室町時代に結城合戦で敗北し一時断絶しましたが、戦国時代に見事再興を遂げました。


  ....(左)落ち着いた雰囲気の結城の町並み (右)結城紬は地元の一大産業....
c0119160_22135104.jpg
c0119160_22142025.jpg


18代(約400年)も続いた結城家は代々紬産業を保護育成し城下町の発展を築き上げました。結城紬は、茨城・栃木を主生産地の絹織物で国の重要無形文化財となりました。現代は技術革新で細かい縞・絣が特色の最高級品が主流とのこと。


 ....結城は古代から養蚕が盛んな織物の産地、鮮やかで細かい縞が印象的な結城紬....   
c0119160_22142025.jpgc0119160_22193578.jpg
c0119160_22202149.jpg


古河(koga)もまた歴史が深い街、何と2万年前の先土器・縄文時代の遺物・遺跡が続々出土する程、超古代から栄えてきた土地です。奈良時代では万葉集に船渡し歌もあり、渡良瀬川を中心に繁栄、現在地名は平安時代末期から文献に登場したとのこと。古河歴史博物館で地元史を十分お勉強させてもらいました。


 ....「古河歴史博物館」(1991年旧古河城跡に開館)を見学して古河の深い歴史を知る....
c0119160_22300154.jpg
c0119160_22301687.jpg
c0119160_06201582.jpgc0119160_22322194.jpg
c0119160_06212179.jpg


古河に初めて城が築かれたのは鎌倉時代、源頼朝の御家人・下河辺氏が城主だったと伝わります。室町時代になると、当初鎌倉にいた関東公方が足利室町幕府に対抗して下総古河に移り、古河公方として5代にわたり130年余り統治しました。


 ....古河の歴史はさまざま、結城紬産業史、平将門の乱、足尾鉱毒事件(田中正三)が登場....
c0119160_22360056.jpg
c0119160_22364608.jpg
c0119160_06232901.jpgc0119160_22392213.jpg
c0119160_22393507.jpg


江戸時代になると徳川幕府により譜代大名11家が頻繁に交替し、古河城は徳川将軍が日光東照宮参拝時の宿泊場所にもなり、奥羽・日光街道の宿場町として発展、現在も武家屋敷や商家の町並み、由緒ある神社仏閣が多く風格が感じられます。


    .... 「鷹見泉石記念館」、古河藩土井家末裔の蘭学者が晩年暮らした住居....
c0119160_22432740.jpgc0119160_22440823.jpg
c0119160_22475955.jpg
c0119160_22482129.jpg
c0119160_22442147.jpg


明治・大正時代は、製糸業で発展し「糸の町」と呼ばれるほど活況を呈しました。東京へ60kmという交通の便利性もよく、北関東の商業都市として発展しています。結城・古河は調和のとれた街づくりがされており素晴らしい印象を受けました。


  .... 日本初・唯一の「篆刻美術館」(tenkoku=中国起源の印文彫術)も街並にマッチ....
c0119160_22541126.jpgc0119160_22542977.png
c0119160_22544570.png


  ....地元ゆかりの小説家・詩人を紹介する「古河文学館」(歴史博物館に隣接)....

c0119160_22593492.jpg
c0119160_22590004.jpg

「常陸・房総の旅」⑦は、栃木県境エリアだったので「毛の国探訪」の雰囲気でした。近日中に結城・古河に隣接する栃木県小山市・下野・壬生の史跡記事を紹介します。「常陸・房総の旅」の続編⑧は南房総の旅(チバニアン、濃溝滝・亀岩洞窟、日本寺・鋸山、富浦岡本桟橋)、インスタ映え・話題沸騰の見所が続々登場しますのでお楽しみに~!


                   過去に紹介した「常陸・房総の旅」のINDEX一覧表はコチラから


                                                 おわり

  by rollingwest | 2018-01-31 23:00 | 常陸・房総の旅 | Comments(148)

<2017年11月>Fツアー:山仲間の「300名山達成」祝賀登山(茨城・八溝山)


c0119160_06515714.jpgc0119160_06523552.jpgc0119160_06531083.jpgc0119160_06533959.jpg



★Fツアー山仲間の「日本300名山達成祝い」登山に参加!



貸切バスで名峰と酒宴を楽しむ気の合う山仲間の会「Fツアー」に初参加以来13年の年月が刻まれましたが、最近は参加頻度が激減状態でした。自分自身は「日本200名山」制覇を目指しているものの(8割の進捗)、ここ数年は登山回数自体が年4~5座と大幅なペースダウン


....Fツアーの山仲間O氏(自称:平成の食山人)が「日本300名山」制覇!(茨城・八溝山)....
c0119160_06590029.jpgc0119160_06593705.jpg
c0119160_06595962.gif


                      過去公開した「Fツアー登山記事」はコチラから 

構成メンバーの9割が70歳以上(主に団塊世代)で会社リタイアの方が大勢を占めるようになり最近は完全に平日開催が主流。200名山企画が少なくなったこともありRW は暫くFツアー参加から遠ざかり、前回(2016年1月)からもう2年近くもご無沙汰していた次第です。


..... 食山人氏の百名山祝いもFツアー山仲間と「雨飾山」に登って祝った(2009年).....
c0119160_07070917.jpgc0119160_07074247.jpg
c0119160_07081463.jpg


             <2009年>【食山人氏・日本百名山達成記念】「雨飾山」  

しかし今回は静岡勤務時代から18年間一緒に日本全国の難関峰を登ってきた山仲間・食山人氏がついに日本300名山の全制覇を迎え「お祝いの会」が開催されると聞いては欠席することはできません。偉業節目を大勢の仲間と茨城県北部「八溝山」」に登り盛大に祝いました。


   ....登山からバス帰京して、東京巣鴨の居酒屋で祝賀会にて再び大盛り上がり....                    
c0119160_08091712.jpg

11月2日(平日)有休取得、新橋駅から朝6時に集合しバスで出発!今年の8月・10月の週末は台風などで雨ばかり・・、まだ青空の下で紅葉を一度も体感できておらず欲求不満が高まっていたので、何とラッキー!まさに300名山達成に相応しい最高の快晴日に恵まれた!


     ....(左)新橋駅を朝6時バスで出発 (右) 首都高速でスカイツリーと朝日のコラボ!...             
c0119160_08130777.jpgc0119160_08133922.jpgc0119160_08140424.jpg
c0119160_08144470.jpg
c0119160_08194381.jpgc0119160_08203810.jpgc0119160_08211500.jpgc0119160_08241156.gif
c0119160_08242965.jpg







★茨城県の最高峰「八溝山」に登頂!


「八溝山」は茨城県最高峰(標高1022m)、常磐自動車道・那珂インター経由で県最北部大子町(袋田ノ滝で有名)を目指しました。10時、日輪寺駐車場に到着「八溝川湧水群コース」歩行開始


  ....日輪寺駐車場にバス到着、登山準備完了!いざ出発 (皆様、お気楽な表情)....
c0119160_08564298.jpg
c0119160_08570918.jpg


約20年前に家族3人でこの山を登りましたが頂上近くまで車で行けてアッという間の登頂で拍子抜けの山でした。食山人氏に「なぜ感動が薄い地味な山を最後に選んだのですか?」と質問したら「皆もう高齢者で関東近郊の楽な山にしないと沢山参加してくれないでしょ?」とのご回答。「成程~、仰る通り!大勢で祝ってもらうことが大切ですね!」と大いに納得した次第


 ....(左)食山人氏といつも元気なMchiko様の2SHOT (右)「八溝川湧水群コース」...
c0119160_08595019.jpg
c0119160_09001543.jpg


....紅葉が美しく色づいてきた山道を登る!10月週末は雨ばかりでやっと紅葉初体験....
c0119160_09251831.jpgc0119160_09260353.jpg
c0119160_09264345.jpg


「八溝山」の名は、八方に深く谷が刻まれている山の意味に由来。清冽な水と豊富な緑に恵まれた山で広葉樹大木が生い茂り、珍しい植物や小動物に出会うことができる自然の宝庫です。8合目付近には環境庁の「名水100選」に選定された「八溝川・湧水群」が点在しています。


  ...(左)金性水 (右)鉄水と次々に泉が登場(多少、人工的雰囲気があるが・・)....
c0119160_09292429.jpg
c0119160_09300554.jpg

八溝湧水群とは藩主水戸光圀が命名した「五水」(金性水・鉄水・龍毛水・白毛水・銀性水)、前回の家族登山では本コースは歩かなかったので新鮮な印象、バリエーションある山行が楽しめました。


   ....龍毛水・白毛水・銀性水と5つの湧水を巡り、紅葉の八丁坂を登り行く....
c0119160_09342747.jpgc0119160_09351649.jpg
c0119160_09355556.jpg
c0119160_09404475.jpgc0119160_09412329.jpg
c0119160_09415997.jpg

登山開始から1時間、11時に山頂に到着!やはり今回もあっけなかったナ~!頂上には日本武尊(ヤマトタケル)の建立と伝えられる「八溝嶺神社」が鎮座、お城のような展望台があります。


....(左)古より地元信仰の山で崇敬篤い「八溝嶺神社」 (右)天守閣の様な展望台....
c0119160_10123313.jpgc0119160_10132878.jpg
c0119160_10140326.jpg

城郭展望台からのパノラマは大感動もの!目の前には那須・日光の山々が雄大に広がっている。手前は紅葉、遥か彼方には雪が被った谷川岳も朧げにも確認することができました。


 ....展望台からは那須・日光連山が俯瞰できる絶景!快晴と紅葉の登山を漸く満喫!....
c0119160_10181365.jpg
c0119160_10185217.jpg
c0119160_10192585.jpg
c0119160_10201867.jpg

お待ちかねの昼食タイム!頂上脇の広場に座を囲み、食山人氏の快挙を祝いビールで乾杯!その後は恒例で各自が持ち寄った酒やつまみを交換しながらミニ宴会!今日は暖かい日だ!頂上で大いに盛り上り、12時過ぎに下山!再び輝く紅葉の山道を気持ちよく下っていきました。


 ....乾杯~!300名山制覇おめでとうございます!Fツアーでは4人目の偉業達成者....
c0119160_10232534.jpgc0119160_10241671.jpgc0119160_10245313.jpg
c0119160_10254137.jpg

       ....八溝山の頂上石碑・白い神馬を脇目に見ながら錦秋の中を下山....
c0119160_10345836.jpgc0119160_10351883.jpgc0119160_10365633.jpgc0119160_10372245.jpg
c0119160_10380119.jpg






★奥久慈の魅力を満喫して帰京、巣鴨の居酒屋で祝賀会!


下山途中に坂東三十三観音札所の難所寺「日輪寺」に出ました。673年(天武天皇期)に役行者が草創。807年、弘法大師により十一面観音本尊で再興、鎌倉期は源頼朝が寺領寄進、室町時代は総欅造りの大伽藍のお寺であったとのこと!何たる由緒ある歴史深いお寺ではないか!


  ....坂東三十三観音「日輪寺」、何度も山火事に見舞われ、現本堂は1973年に再建....
c0119160_11021846.jpg
c0119160_11024436.jpg
c0119160_11030132.jpg
c0119160_11033040.jpg

下山して駐車場に到着!美しい紅葉を見収めてバスに乗り「大子温泉」へ!汗を流して疲れを癒した後はバス車中で再び宴会!道の駅「奥久慈だいご」でお土産を買い帰路につきました。


     .....「日輪寺」駐車場の紅葉が実に鮮やか!楽しい記念山行でした~......
c0119160_11070996.jpg
c0119160_11073241.jpg

   ..... 「大子温泉」(保養センター・森林の湯).、湯船にリンゴが沢山浮かんでいた....
c0119160_11101261.jpg
c0119160_11104681.jpg

  .....(左)帰りのバスで宴会開始 (右)久慈川のほとりにある道の駅「奥久慈だいご」....
c0119160_11161831.jpgc0119160_11164652.jpg
c0119160_11172879.jpg

久慈川の流れが実に美しかった!源流は八溝山であり、山間部を北東へ流れて福島県棚倉町に至りここから南流、茨城県那珂郡に至り日立市と東海村経由で太平洋に注いでいます。


 ....久慈川は茨城・福島・栃木3県に跨り流域面積1.5千km2、長さ530kmの一級水系....
c0119160_11143650.jpg
c0119160_11150378.jpg
c0119160_11254266.jpgc0119160_11261711.jpg
c0119160_11270006.jpg

そして夕焼けも素晴らしかった!10月は台風など雨の週末ばかりで、久し振りに天高く光が溢れる空を見た気がする・・!奥久慈の空には飛行機雲の十字軌跡が美しく描かれていました。


  .....夕焼け空の色が刻々と変化、名峰・筑波山の上空には飛行機雲の美しい芸術絵....
c0119160_11330522.jpg
c0119160_11334214.jpg
c0119160_11341682.jpg
c0119160_11344953.jpg

無事帰京後、締めは巣鴨居酒屋で正式な達成祝賀会が開催されました。(頂上で乾杯、バスで宴会、延長の会が正解かな・・苦笑) F滝会長の乾杯音頭、食山人氏の感謝ご挨拶、記念品贈呈と続き大いに盛り上がり、21時にお開き!久しぶりに山仲間とよき一日を過ごせました。


  ....300名山達成祝賀会は巣鴨の居酒屋にてF滝氏(Fツアー会長)の乾杯で開宴!....
c0119160_11384185.jpg
c0119160_11392454.jpg

    ....記念品贈呈!食山人氏のお礼挨拶(ブランド品ウインドブレイカーを着て満面の笑み)....
c0119160_11414051.jpgc0119160_11421281.jpg
c0119160_11424114.jpg







★食山人氏と登った数々の難関峰(思い出レビュー)

c0119160_12233102.jpg
c0119160_12242293.jpg


2人が初めて知り合ったのは2000年(静岡勤務時代)、当時RW(42歳)と食山人氏(52歳)が懇親会で互いの学生時代登山経験で話が盛り上がったことに端を発します。久しく山から離れていた食山人氏が南アルプス「塩見岳」に行きたいとの要望で、ご一緒した事が縁の始まりです。


 ....(左)静岡・山好きトリオ結成!南ア「塩見岳」 (右)食山人氏バテバテだった「大無間山」....
c0119160_12262297.jpg
c0119160_12270762.jpg

 ...2001年4月「恵那山」&「木曽御嶽山」(残雪まだ多くグリセード下山が面白かった)...
c0119160_12293276.jpg
c0119160_12302186.jpg


           「南アルプス」・名峰レビュー (その1:北部編)

それ以来、静岡勤務の山仲間Y氏も含め3人で静岡・山梨・長野の名峰を夢中になって登ったものです。RWの全国200名山登頂数は現在約160座ですが、静岡赴任前は大学時代以来22年間で30座しか登っていないのに、静岡時代は3年間で25座(家族登山含む)と一挙にハイペース!


  ....2001年7月、思い出深い南アルプス南部名峰の縦走(茶臼・上河内・光岳)....
c0119160_12324523.jpgc0119160_12333390.jpg
c0119160_12345470.jpg

   ....2001年9月南アルプスの難関峰「笊ケ岳」、稜線に張ったテントからの富士山絶景...
c0119160_12405269.jpg
c0119160_12412918.jpg

....2001年10月中央アルプス大縦走(木曽駒・宝剣・空木・南駒)で見た南アルプス全山パノラマ....
c0119160_12442669.jpg

                   「南アルプス」・名峰レビュー(その2:南部編)

静岡・登山トリオの交流はRWが関西勤務になっても続きました。当時で思い出深いのは日本三大渓谷「大杉谷」(三重)~「大台ケ原」(奈良)と、霊気の修験峰「大峯山」(奈良)。2004年、東京勤務に戻りFツアーに初参加。今回の山仲間と知り合いバスチャーターの山旅が主流となりました。


   .....2002年8月「大杉谷」、桃の木小屋宿泊で滝の数々を遡上登山!.....
c0119160_12451510.jpgc0119160_12460481.jpg
c0119160_12471040.jpg

 ...2003年5月熊野古道・修験「大峰山」(稲村ケ岳・山上ケ岳・大普賢・弥山・八経ケ岳)...                   
c0119160_12501177.jpg
 ...2005年6月、Fツアーで桧枝岐から登った難関峰「平ケ岳」 (13時間以上・長丁場)....
c0119160_12510496.jpg
c0119160_12513410.jpg

東京勤務時代は、皆と楽しく登る「Fツアー」登山&静岡トリオでの北アルプス北部峰の踏破での精力的登山。特に思い出深いのは、裏銀座縦走・雪の立山連峰・雲の平・高天原温泉かな・・


  ...2006年8月北アルプス裏銀座縦走(烏帽子・水晶・赤牛・鷲羽)、奥深い山々だった....
c0119160_12533366.jpgc0119160_12540694.jpg
c0119160_12545201.jpg

...(左)2008年5月、雪の「立山連峰」大周遊 (右)黒部湖と雪に覆われた後立山連峰....
c0119160_12585056.jpg
c0119160_12592568.jpg

 ...2008年8月、北アルプス「雲の平」 (左)豪雨の薬師沢 (右)「薬師岳」の雄大な姿....
c0119160_13023676.jpg
c0119160_13034878.jpg

                 <2008年>北アルプス「黒部源流」4泊5日の山旅②  

  ...2008年8月、雲ノ平から日本一奥深く遠い山の秘湯「高天原温泉」についに到着...
c0119160_13083999.jpgc0119160_13091167.jpg
c0119160_13100453.jpg

                 <2008年>北アルプス「黒部源流」4泊5日の山旅③  

2009年「雨飾山」で食山人氏・百名山達成を祝い、2010年難関峰「鋸岳」(南アルプス)はテント泊挑戦、2011~202年北海道日高山脈や飯豊連峰の縦走(超苦行だった)を何とか成し遂げました。


 ....(左)2009年「雨飾山」(食山人氏日本百名山達成)(右)2010年「鋸岳」でのテント泊....
c0119160_13131256.jpg
c0119160_13135019.jpg

  ....2011年北海道・日高山脈「カムイエクチカウシ山」(奥深い秘境・日高、熊の危険が大)....
c0119160_13155320.jpg
c0119160_13161591.jpg

            <2011年>日高の奥深き難関峰「カムイエクウチカウシ山」(後編)

   ....(左)2012年5月奥秩父「雲取山」  (右)8月飯豊連峰「エブリサシ岳」、猛暑でヘロヘロ...
c0119160_13182657.jpg
c0119160_13191009.jpg

 ...2013年8月越後奥只見「荒沢岳」&「越後三山」(越後駒・中ノ岳」の長距離縦走旅....
c0119160_13220237.jpg
c0119160_13222421.jpg

2013年、越後奥只見の名峰も猛暑の中でヘトヘトになり辛かった~。食山人氏と2人で登った山で特に思い出深いのは九州宮崎の難関峰「大崩山」(ベスト5に入る名峰)でした。2014年は雨と道迷いしての登山断念、翌年の再挑戦で雄大な花崗岩・山塊のスケールを体験し圧倒されました。


....2014年九州の山デビュー、2015年5月宮崎「大崩山」リベンジ登山(前年敗退の再挑戦)....
c0119160_13242566.jpgc0119160_13245094.jpg
c0119160_13251121.jpg

c0119160_13280962.jpg
c0119160_13282390.jpg

            <2015年>高千穂・日向の山旅:九州最難関峰「大崩山」

今、小生は登山回数が年4~5座に落ちる体たらくぶり状態ですが、食山人氏は今なお年40回以上のハイペース継続の驚異的お元気さで今回300名山の達成です。小生は200名山達成までをあと40座程残していますが、細く長く10年くらいの年月をかけてチンタラと登っていきます・・。(苦笑)


 ......(左)「大崩山」(宮崎県)(右)北アルプスの秘境「雲ノ平」.......   .....(左)「大杉谷」(日本三大峡谷)~「大台ケ原」 (右)日高山脈「カムイエクウチカウシ山」...... 


                                                       おわり
                                               

  by rollingwest | 2017-11-12 13:35 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(152)

<2016年2月>【常陸・房総の旅】⑥:「野田・関宿」(醤油文化&利根川水運)

c0119160_21154935.jpg
c0119160_211607.jpg



★久しぶりに【常陸・房総の旅】を再開!


東日本大震災の半年前(2010年秋)に茨城・千葉をグルリ一周して過去5編に分けて常陸・房総の魅力を紹介しました。でもまだ隠れ穴場スポットが沢山あり、今回は昨年2月に巡った「ちばらぎ」のミニ旅(野田・関宿)を掲載します。利根川水運を通じて発展した「醤油の歴史」を濃い口味でレポート!

                               【常陸・房総の旅】①:牛久・霞ヶ浦・土浦・笠間

                               【常陸・房総の旅】②:水戸・大洗・鹿島灘
  


★最大手・醤油会社「キッコーマン」の発祥地、野田市(千葉県)探訪


   ....何となく中途半端な「ちばらぎ」エリア、野田(千葉)・坂東(茨城)は全国的にイメージが薄い....
c0119160_21174788.jpgc0119160_2118518.jpgc0119160_21181745.jpgc0119160_14304569.jpg
c0119160_21183367.jpg


千葉県「野田市」は県北西部に細長く突き出た形で一般的にはどこの県なのか分かりにくい・・。埼玉・茨城に挟まれた市で、両毛エリアと同様に国内では殆ど無名・地味な存在です。しかし、ここに日本最大の醤油メーカー「キッコーマン」の本社があると聞けば、ビックリする人が結構多いかも・・


       ....ここに世界最大の醤油メーカー「キッコーマン」の本社と野田工場がある....
c0119160_21305891.jpgc0119160_2131966.jpg
c0119160_21312411.jpg


常磐自動車道を柏ICから利根川沿いに北上していくとキッコーマン野田工場に到着。敷地内には「もの知りしょうゆ館」があり、ここで醤油の製造工程を映像と展示(原料から麹やもろみ熟成や圧搾工程)でわかりやすく説明してくれます。館内は社会学習の家族連れなどで賑わっていました。


       .....工場に併設されるキッコーマン「もの知りしょうゆ館」に入ってみよう!....
c0119160_21344199.jpgc0119160_21345329.jpgc0119160_14325032.jpg



c0119160_21351928.jpg


   .....(左)何と豊富な商品群 (右)子供達の見学で賑う!醤油の生成過程が勉強できる.....
c0119160_21405165.jpgc0119160_2141944.jpg
c0119160_21412676.jpg

c0119160_581742.jpgc0119160_4571411.jpgc0119160_585060.jpgc0119160_21451556.jpg
c0119160_4523638.jpgc0119160_2146750.gif
c0119160_21462630.jpg


キッコーマンの原点は17世紀中頃、豊富な水資源に恵まれた同地域は醸造醤油産地として栄え、多くの醸造家が誕生したこと。20世紀初頭に野田の茂木6家、高梨家など8家が合同し「野田醤油株式会社」を設立。香取神宮紋「亀甲」と「亀は萬年」をかけた「亀甲萬」の商標が誕生しました。

 
     .....(左)醤油づくり錦絵 (右) 宮内省に納める御用醤油専用醸造所もある!....
c0119160_21535999.jpgc0119160_21541830.jpg
c0119160_21543596.jpg


歴代社長は3家から2人ずつ、2家から1人ずつ、8家以外の准ファミリーから2人、外部から2人選出されていますが、同族経営ながらも着々と発展を重ね今や有数のグローバル企業に成長!世界的な和食ブームの到来で、さらにグローバル戦略を展開中!これから益々発展することでしょう!


    ....和食ブームが世界に広がり醤油重要はさらに高まる。キッコーマンのグローバル戦略が注目.....
c0119160_21574472.jpgc0119160_2158492.jpgc0119160_21582583.jpg
c0119160_21583962.jpg

c0119160_222484.jpg
c0119160_223095.gif

                               【常陸・房総の旅】③:「鹿島神宮」「香取神宮」
 



★野田・醤油の里を巡る


次は「野田市郷土博物館」へ!ここでは野田の歴史や文化、伝統などを知ることができる展示や、醤油に関連する様々の資料が公開されています。敷地内にはキッコーマンの前身・野田醤油醸造組合を結成した旧茂木佐平治邸(国登録文化財)があり、今は市民会館としても利用されます。


       ....醤油関連資料を多数所蔵(全国でも珍しい)する「野田市郷土博物館」へ.....
c0119160_434948.jpgc0119160_4342766.jpg
c0119160_4345021.jpg


      .....(左)資料館前は梅の花が満開 (右)茂木家玄関には雛人形が飾られていた.....
c0119160_6123654.jpgc0119160_6125793.jpg
c0119160_6131228.jpg


昭和 34 年に開館した博物館は京都タワー・日本武道館の建築家で有名な山田守の設計によるもの。市民文化活動やコミュニティ拠点として市民に親しまれ、「野田に生きた人々の生活と文化」という常設展示もあります。醤油醸造業で発展してきた歴史・人々の暮らしに関する資料が沢山展示・・


 .....(左)建物は山田守らしいお洒落なレイアウト構造だ! (右)醤油の歴史・文化が丁寧に解説 .....
c0119160_824351.jpg c0119160_824295.jpgc0119160_8244945.jpgc0119160_825359.jpg
c0119160_8255665.jpg

c0119160_841472.jpg
c0119160_842227.jpg


   .....(左)懐かしき昭和の居間風景も再現 (右)蓄音機やエルビスプレスリーのレコードもある!.....
c0119160_8423075.jpgc0119160_8425189.jpg
c0119160_8431088.jpg



野田市内の路地に1830年に創業した老舗のキノエネ醤油の工場があります。白醤油は全国の生産量の3割以上を占めるらしい。古い黒板塀の建物風景は醸造の歴史が偲ばれるネ~!多くの醸造業がキッコーマンに集約される中、唯一独立を守ってきた老舗の頑固さを感じました。


    .....野田の老舗醤油醸造会社「キノエネ醤油」(1830年創業)、工場建物はレトロの極致.....
c0119160_9125020.jpgc0119160_913866.jpg
c0119160_9133345.jpg
c0119160_913538.jpg

c0119160_9211884.jpgc0119160_9213275.jpg
c0119160_9215169.jpg


          .....(左)野田醤油発祥の地 (右)江戸時代の醤油づくり風景図 .....
c0119160_928114.jpg
c0119160_9282428.jpg

老舗醤油工場近くに稲荷社があり「野田の醤油発祥地」を発見!さらに歩くと野田で最も崇敬される愛宕神社が鎮座しています。本社殿の立派な彫刻は実に見事!境内にある摂社、磐座信仰の痕跡である「磐境」、芭蕉の句碑などな結構見所の多い神社だと感心しました。


          ....「愛宕神社」は平安中期創建の古社、火伏の神(カグヅチ)を祀る.....
c0119160_93137.jpgc0119160_9312216.jpg
c0119160_9314582.jpg


        .....本社殿の彫刻は実に見事!江戸期の名工・石原常八の作によるもの.....
c0119160_9363321.jpg
c0119160_9364729.jpg

    ....(左)境内社も広く豪華配置 (右)芭蕉の句碑発見!「奥の細道」春日部通過時に参詣?....
c0119160_9433138.jpgc0119160_9392732.jpg
c0119160_9394641.jpg


清水公園は、野田市民営の自然公園で広大敷地に遊戯施設や史蹟を無料鑑賞できます。醤油醸造業柏屋5代目・茂木柏衛により1894年に開園。茅葺き屋根の花野井家住宅は必見です。


    .....野田市民の憩い「清水公園」、東京ドーム6個分敷地でフィールドアスレチックが楽しめる.....
c0119160_9471752.jpgc0119160_94730100.jpg
c0119160_947559.jpg


    .....(左)金乗院(室町時代開山の古刹) (右)花野井家(幕府直轄牧場を管理)の住宅.....
c0119160_950241.jpg
c0119160_9502834.jpg
c0119160_952717.jpgc0119160_9523537.jpg
c0119160_9525018.jpg


                               【常陸・房総の旅】④:水郷(潮来・佐原)
 




★「関宿水閘門」&「関宿城博物館」、利根川治水・水運の歴史を知る


次は野田から利根川を遡り、かねてから訪ねてみたかった「関宿町」(平成15年、野田市に吸収合併)へと足を伸ばしてみました。利根川と江戸川の分岐に位置する関宿は今や陸の孤島と化しましたが、江戸時代は幕府直轄領で関所も置かれ利根川水運の重要拠点・治水の要所だったのです。


       .....利根川水運・江戸川利水の最大キーポイント「関宿水閘門」を訪ねる.....
c0119160_14351670.jpgc0119160_10133612.jpg c0119160_1013514.jpg
c0119160_10141779.jpg
c0119160_1019773.jpgc0119160_1019214.jpg

家康が江戸入城した頃の関東平野は、利根川・隅田川の氾濫が毎年続く洪水脅威に晒される地帯でした。江戸幕府は膨大な水量をコントロール(隅田川の流水量を減ら)ために上流部で「会の川」を締切り、治水工事に着手しました。これで江戸の利水環境や河川航路は安定に向ったのです。


  .....関宿は、江戸時代初期と明治時代に行われた「利根川の東遷事業」のポイント要所 .....
c0119160_10215094.jpgc0119160_10213641.jpg
c0119160_10221942.jpg


江戸川と利根川の分岐点にあるのは中之島公園です。昭和初期の江戸川改修で関宿水閘門脇に造られた自然公園で江戸川の治水工事に関連した歴史遺産(関宿棒出し石、大型バケット、トロッコ線路、鉄橋など)や治水碑もがあります。また日本一のコブシ大樹や珍しい野鳥も見られる所です。


   .....利根川は工事に携わった人々の努力と功績を称えた「中之島公園」は梅満開!.....
c0119160_10272725.jpgc0119160_10275347.jpg

c0119160_10281528.jpg
c0119160_10283646.jpg
c0119160_10342237.jpg
c0119160_10343724.jpg


      .....地平線を感じる広大な関東平野の葦原には茨城の名峰「筑波山」が見える .....
c0119160_10365680.jpgc0119160_10362121.jpgc0119160_14425332.jpgc0119160_14491091.jpg
c0119160_10372172.jpg


                               <2016年>新春ハイキング(茨城名峰&餃子パーティ)
 

江戸川・利根川の合流点に聳える「県立関宿城博物館」(関宿城を模した外観が印象的)。建物の天守閣部分は昔の関宿城を古い記録に基づいて再現したもの。関宿を往来した高瀬船、利根川水運の中継地として栄えた往時の繁栄ぶりや歴史がビジュアルに分かりやすく展示されています。


     ...「県立関宿城博物館」。松平康元(家康の異父弟)の入城した往時の建物姿を再現.....
c0119160_10444057.jpgc0119160_1045497.jpgc0119160_1045246.jpg
c0119160_10454294.jpg


         .....(左)関宿城博物館は近未来的な展示 (右)「利根川高瀬舟」の模型.....
c0119160_10481520.jpgc0119160_10482974.jpg
c0119160_104852100.jpg


     ..... 利根川(暴れ川の異名)の洪水脅威に晒された地帯、東遷治水事業が進められた.....
c0119160_10551410.jpg
c0119160_10553895.jpg

明治時代になると政府は、利根川の膨大な流れをさらに東遷させるため(銚子・太平洋方向に流れを変える)、遠大な治水事業を推進しました。理由は足尾鉱毒事件が渡良瀬川で発生したからです。渡良瀬遊水地を作り、関宿門を閉ざし江戸へ銅鉱毒水が流れ込まないようにしたのです。

                               「毛野国」探訪③:(足尾銅山&田中正造)編



    .....明治時代以降も首都圏は河川氾濫や台風で水害に襲われた(明治時代の下町浸水)....
c0119160_10584129.jpg
c0119160_10585396.jpg

日本は自然災害多発国、特に豪雨水害は毎年必ず発生し、地球温暖化傾向でゲリラ豪雨の被害は年々増加傾向にあります。近年は首都圏治水対策が急速に進んでいることを実感します。


     .....春日部の地下にはパルテノン神殿のような「首都圏放水路」が存在(見学は予約が必要)....
c0119160_1114894.jpgc0119160_112929.jpg

埼玉県春日部市にある首都圏放水路(地下空間に巨大濠を備え溜め水で浸水緩衝を実施)はまるで地下帝国のパルテノン神殿のようだ!幻想風景体験と最新技術を勉強できてお薦め!(下記参照)。 江戸時代の関宿が果たした治水役割が隣接の春日部でこんな進化をしたのか~と実感!

                        <2014年埼玉探訪>:春日部「首都圏外郭放水路」他

                   
 



★醤油のルーツは和歌山、千葉銚子との繋がり


     ....関宿は銚子から利根川・江戸川経由で醤油を江戸に運ぶ水運要衝地として大繁栄.....
c0119160_1273225.jpgc0119160_128447.jpg
c0119160_1283247.jpg


醤油の有力メーカーの本社は千葉(銚子・野田)や茨城(土浦)にありますが、実は和歌山県と非常に深い繋がりがあります。醤油発祥地は和歌山県の湯浅(玉井醤本舗)、また巨大地震発生で「稲むらの火」を炊き村人を高台へ津波避難させた濱口梧陵(ヤマサ醤油7代当主)は広川の生まれ


    ....(左)醤油のルーツは和歌山県 (下)津波回避の伝説「稲むらの火」の濱口梧陵は紀州人.....
c0119160_1213219.jpgc0119160_12131643.jpgc0119160_12133319.jpg
c0119160_12135188.jpg

c0119160_12192515.jpgc0119160_12194828.jpg
c0119160_1220853.jpg


       .....ヤマサ醤油の本社は千葉銚子。初代濱口儀兵衛が紀州から銚子に渡り創業。.....
c0119160_1226855.jpgc0119160_12262588.jpg
c0119160_12264519.jpg


江戸の醤油需要は人口が激増加で大消費地となり、紀州・関西の醤油製造業者は江戸に近い方が有利と判断し銚子・野田へ拠点を移転したのです。動機は、関宿の水運開拓で利根川・江戸川の商品輸送が経済的になったこと。銚子・野田での醤油生産が大発展へと繋がっていきました。


        .....銚子にはヒゲタ醤油など数多くのメーカーがあり、銚子も工場見学が楽しめる .....
c0119160_12302945.jpg
c0119160_1230519.jpg

2010年秋の茨城・千葉周遊旅(霞ヶ浦・土浦・利根川風景、銚子の醤油)、2年前の足尾銅山・渡良瀬遊水地・・、関西在住時に訪問した和歌山広川の風景、今回記事を書きながら「醤油文化の伝播、関西と利根川治水と水運が繋がっている!」と歴史背景が分かり、頭の中が整理できたなア・・


    .....銚子・土浦・野田の醤油メーカーの繁栄は、利根川の水運・治水が果たした役割が大きい.....
c0119160_12325367.jpgc0119160_12331542.jpg
c0119160_12332953.jpg

c0119160_1237199.jpgc0119160_14522032.jpgc0119160_12372159.jpg
c0119160_1237373.jpg


                               【常陸・房総の旅】(その5):銚子・九十九里浜

地味で観光面では殆ど見向きもされない茨城・千葉・埼玉・群馬・栃木。まだ隠れた魅力が沢山あるはず。常陸・房総・両毛の旅はさらに続きます。マニアックな発掘旅に今後もお付き合い下さい。


    .....2017年2月、外環状「圏央道」の茨城エリアが全面開通、次回は関宿・坂東の見所紹介.....
c0119160_12433392.jpgc0119160_12434446.jpgc0119160_12364758.jpg


c0119160_12435920.jpg



                                                        おわり

  by rollingwest | 2017-03-20 13:00 | 常陸・房総の旅 | Comments(154)

<2016年11月11~12日>大学サークル同期アラ還合宿(横須賀・南房総の旅)

c0119160_21481737.jpgc0119160_21484415.jpg
c0119160_214906.jpg




★今年3回目の旧友との再会イベント (大学サークル同期との千葉合宿)


アラ還を迎え、学生時代旧友との再会行事(人生節目)が増える傾向ですが、今年は7月GDM(サークル登山仲間)、10月中高同級生と山梨ハイク、今回は大学サークル同期との千葉合宿会と目白押し(M本夫妻・S木氏幹事お疲れ様~)!まさに中高大メンバーで中高年・大盛り上がりの年だった・・


  .....大学サークル同期生が還暦(小生は来年)を迎え、久しぶりに南房総民宿で集結合宿.....
c0119160_21543791.jpgc0119160_21544725.jpgc0119160_2155510.jpg

c0119160_21552353.jpg
c0119160_21553789.jpg


                  <2016年7月>「GDM」(大学サークル登山仲間)のOB会(富士樹海ツアー)

                  <2016年10月>中高同級生メンバーとの山梨・白州ハイキング一泊旅行


今回の集結地は南房総の民宿「甚五郎」。大学の旅サークルの卒業生追い出しコンパ(3月)で毎年宿泊した場所。建替えして当時の面影(昔は平屋)は全くないが、やはり懐かしい場所!今回参加者は18名の大盛況・・毎年チョクチョク飲んでるメンバー主体だが、何年かぶりの懐かしい顔も数名いる!


  .....往路は寂恋法師(一番右)を川崎で拾い横須賀観光。久里浜からフェリーで千葉金谷へ.....
c0119160_22155434.gifc0119160_22161218.jpgc0119160_22162699.jpg

c0119160_692383.jpg
c0119160_22181632.gif


メンバーの大勢は東京駅からJR内房線で岩井駅に集合ですが、小生は横須賀・久里浜からフェリーで渡り、翌日は南房総観光をしてアクアラインで帰宅するマイカー周遊での参加。今回、寂恋法師(広島から上京)がアクアラインに一度行きたいと切望しており同乗。横須賀から珍道中・観光2人旅がスタート


   .....帰りは東京湾アクアライン経由で「海ほたる」へ!寂恋法師・長年の夢がついに叶う.....
c0119160_22304158.jpg
c0119160_2230529.jpg




★横須賀観光をして久里浜から千葉・金谷へ


寂恋法師は広島から新幹線始発に乗って上京。彼を武蔵小杉駅前で10:30ピックアップ、昼前に横須賀に到着(第三京浜経由)。まずは「横須賀海軍カレー」で腹ごしらえ、ミルク入りの甘口味だった・・


  .....横須賀市内の有名店「よこすか海軍カレー」に入る。店内はレンガ風のお洒落な雰囲気.....
c0119160_6102263.jpgc0119160_6104594.jpgc0119160_611685.jpg
c0119160_6112450.jpg


  .....大日本帝国海軍糧食に由来する「海軍カレー」、艦内乗組員の栄養に配慮したミルク味.....
c0119160_6233640.jpg
c0119160_6235150.jpg
c0119160_626311.jpgc0119160_626199.jpg



c0119160_6263837.jpg


次はメインイベントである「YOKOSUKA軍港めぐり」のクルージングへ参加!米海軍第7艦隊の基地がある横須賀本港の湾内を巡り、自衛隊艦船や潜水艦を間近で見られる魅力的な周遊ツアーでした。


  .....「YOKOSUKA軍港めぐり」のクルージングを楽しむ(当日は真冬の様な寒さでブルブル).....
c0119160_711685.jpgc0119160_7112077.jpg

c0119160_7114196.jpg

c0119160_2135773.jpgc0119160_2141294.jpg

c0119160_2142918.jpg

           <2014年4月>中学同級生との観音崎・横須賀、新緑ウォーキングc0119160_7404777.gif

c0119160_20574134.jpgc0119160_21161254.jpg
c0119160_21163078.jpg
c0119160_21155529.gif


次は「ペリー公園」を訪問。開国を求めて来航した米国海軍提督ペリー上陸(1853)、記念碑建立(1901)と正に日本近代史の発祥地!再来年は明治150年で当地も大いに盛り上ることでしょう!


   .....久里浜海岸の「ペリー公園」。ペリー上陸の記念碑を見て、東京湾フェリーへ乗り込む.....
c0119160_21251367.jpgc0119160_2126472.jpgc0119160_21261943.jpg


c0119160_21263713.jpg

c0119160_2133949.jpgc0119160_21332345.gif
c0119160_21334356.jpg


フェリー乗船手続を済ませ15:40久里浜港を出発、40分の船旅を満喫して千葉・金谷港に到着。昔は川崎港から富津までフェリー(現在は廃止)で東京湾を横断したことがあるがこのルートは初体験だ!


     ......久里浜港&金谷港を約40分で結ぶカーフェリーの船旅を楽しみ、千葉県へ上陸.....
c0119160_21391252.jpg
c0119160_21392893.jpg
c0119160_21394251.jpg
c0119160_21395898.jpg

集合時刻17:30にはまだ時間の余裕があるので、「菱川師宣記念館」を見学してみよう。浮世絵の先駆者「菱川師宣」の業績が紹介されており、少年時代に切手収集マニアだったRWはやはり「月に雁」「見返り美人」を見ると懐かしい気持に・・!この2つは全く手が出ない高価な切手だった~!


     .....浮世絵の先駆者「菱川師宣」(見返り美人の作者)の記念館が当地にあった!.....
c0119160_22202415.gifc0119160_22205635.jpg

c0119160_2225544.gif
c0119160_22354729.jpg
c0119160_22355948.jpg


        ....切手デザインで有名な「見返り美人」とコラボする寂恋法師(美人見返り男).....
c0119160_2237307.jpgc0119160_22374584.jpgc0119160_22385349.jpg





c0119160_2239949.jpg





★大学サークル同期(懐かしのメンバー)と爆笑の宿泊大宴会


17:30「甚五郎」に到着(当時の面影は全くなくコンクリート4階建てビルでビックリ) 東京駅からのJR組は既に到着しておりミニ宴会がもう開始されている。全員が揃って18:00過ぎ、宴会部長ワカボンの乾杯音頭で本番懇親会がスタート!2次会は各自が持ち寄ったプレゼント交換をしながら、近況報告会


    ....民宿「甚五郎」へ夕方到着、東京駅からのJR組はすでにビール・おつまみでミニ宴会状態.....
c0119160_554339.jpgc0119160_5542573.jpg





c0119160_5544488.jpg


      ....全員が集合、ワカボン乾杯の音頭で本宴会がスタート!(ハイテンションでの仕切りまくり).....
c0119160_559195.jpg
c0119160_662440.jpg
c0119160_601499.jpgc0119160_604028.jpg


c0119160_605845.jpg


名司会・M本幹事の提案で近況報告は質問攻めの時間がタップリ用意されています。学生時代とても明かせなかった個人的秘話をカミングアウトさせられる企画で大爆笑の連続!12時近くとなり、更に残った3次会メンバー数人では麻雀のあり方について激論。ドーデモイイ下らない話で夜は更け行く・・


     ....2次会は各自近況報告&皆からの公開尋問を受ける会(過去タブー秘話にドンドン迫る).....
c0119160_611756.jpg
c0119160_6112212.jpg


       ....(左)麻雀天敵:S木&A木 (右)過去逸話の多いRWも逆襲の質問攻めを連射.....
c0119160_614512.jpg
c0119160_6143485.jpg


翌朝は爽やかな快晴!学生時代ハチャメチャな飲み方をしていた皆様も昨夜は意外と早めに切り上げてスッキとした表情をしている方が多いような気がする。還暦を迎え分別が付いたのかアルコール消化能力が衰えたのか?小生は懲りず、またも二日酔い・・。毎回反省しながら再反省を繰り返す・・


     ....皆さん、深酒をせずに爽やかな表情で朝を迎える。RWはまたも二日酔い(毎回反省).....
c0119160_6165963.jpgc0119160_6171879.gif

c0119160_617365.jpg


      ....民宿前でお別れ集合写真、2日目は鋸山観光。RWと寂恋法師は2日目も別行動.....
c0119160_621113.jpg
        
実に楽しい一夜でした!快晴青空の元、民宿前で集合写真を撮影して皆様とはお別れ・・!主流メンバーは鋸山観光へ、小生と寂恋法師は南房総観光をしてアクアライン経由で川崎に戻る行動計画




★南房総・一人旅(2006年鋸山・日蓮所縁の地):レビュー写真を紹介


今回は鋸山登山を外したものの、ここは南房総のメイン観光地(素晴しい絶景が味わえる)!未訪問の方は絶対お薦めの場所なので、10年前に訪ねた絶景写真を添付しておきたいと思います。


  ....鋸山は南房総メイン観光地、2006年に登山したことが懐かしい!驚異の大絶景が楽しめる.....
c0119160_74815.jpg
c0119160_742558.jpg

日本寺は聖武天皇勅詔で行基が開山した寺で31mの大仏(奈良や鎌倉大仏より巨大)があります。更に日本最大の磨崖仏もあり隠れた名所。鋸山山頂には「地獄のぞき」と呼ばれる崖が聳え、絶壁の上に突き出したライオン岩も大絶景!そして眼前には相模湾越しの富士山が眺望できます。


     ....(左)日本寺大仏 (右)日本最大の磨崖仏 (右)鋸山からの海富士大絶景に感動!.....
c0119160_744356.jpg
c0119160_745793.jpg
c0119160_75978.jpg

鴨川は日蓮聖人生誕地「誕生寺」と日蓮宗の立教開宗を宣言した「清澄寺」があります。杉巨木や「南無妙法蓮華経」を日の出の海に向かって唱える日蓮像、「鯛の浦」もお薦めの場所です。


      ....安房鴨川は日蓮の誕生地「誕生寺」「鯛の浦」、日蓮の題目開眼「清澄寺」も見所.....
c0119160_213528.jpgc0119160_2132543.jpg

c0119160_2124530.jpg

c0119160_2153652.jpg

                                   日蓮聖人の足跡・史蹟の記事はコチラから c0119160_21142718.jpg
c0119160_2115116.jpg

 






★南房総観光の隠れた名所探訪・・、いざ出発!


今回の南房総観光(寂恋法師との珍道中)は一般的には殆ど知られていないレアなお宝場所を訪問することが目的。まずは鴨川市山間部にある大山千枚棚田を訪問。まさに日本の原風景・・


            ....「大山千枚田」は、房総半島のほぼ真ん中の鴨川市山間にある.....
c0119160_21352670.jpgc0119160_21353995.jpg

c0119160_21355551.jpg


海岸部へ戻ると相模湾越しに冠雪の富士山が見える・・!ああ日本人に生まれてよかった・・!感動風景を噛みしめながら、館山市へ入ります。「常楽山萬徳寺」の巨大な釈迦涅槃仏にはビックリ!


      ....前日の寒さから10度近く暖かい快晴日(小春日和)だ!相模湾越しの冠雪富士.....
c0119160_21413298.jpg
c0119160_21414718.jpg

    
            ....「常楽山萬徳寺」の巨大な釈迦涅槃仏像(足の裏に願い事を祈念).....
c0119160_21444380.jpgc0119160_2145817.jpg

c0119160_21452840.gif
c0119160_21501921.jpg

    
    ....安房国一宮「洲崎神社」、源頼朝が平家打倒で石橋山の戦いに破れ参拝。リベンジ成功.....
c0119160_21585878.jpgc0119160_21591425.jpgc0119160_21592838.jpg
c0119160_21594691.jpg


次は館山の洲崎を訪問。ここには安房国一宮「洲崎神社」(神武天皇期からの深い歴史、源頼朝のリベンジ祈願)があります。もう一つは「洲崎灯台」、野島崎灯台と並ぶ南房総・海上交通の要所。東京湾へ出入する船舶の目印となっています。ここから眺望する海の絶景には圧倒されました!


        ....「洲崎灯台」(館山)は東京湾を航行する船舶の目印( 房総海上交通の要所)....
c0119160_2281279.jpgc0119160_2285110.jpg

c0119160_2292914.jpg

c0119160_22134971.jpg

        ....南房総の岩礁海岸に白波打ち寄せる(対岸に三浦半島、背後には洲崎灯台.....
c0119160_22141835.jpgc0119160_2214382.jpg
c0119160_22145984.jpg


館山市の城山公園には戦国大名里見氏の最後の居城跡である館山城跡があります。里見氏を題材にした「南総里見八犬伝」に関する資料展示と現在まで続く八犬伝人気を紹介しています。


        ....戦国大名里見氏の館山城跡(城山公園)、「南総里見八犬伝」の各種資料展示.....
c0119160_22195524.jpgc0119160_22201575.jpg



c0119160_22203427.jpg

c0119160_2224553.jpg
c0119160_22241942.jpg

館山城天守閣からの絶景を満喫後は、館山海軍航空隊赤山地下壕跡を探索。壕内は空襲が激しくなった戦争末期は防空壕として使われたとのこと。南房総穴場を十分堪能していざ帰路へ!


             ....館山城の天守閣からの絶景、目の前には沖ノ島が見える.....
c0119160_22314824.jpg
c0119160_22274363.jpg

c0119160_22273148.jpg


          ....館山海軍航空隊の「赤山地下壕跡」(戦争時は防空壕に使用された).....
c0119160_22332083.jpgc0119160_22333564.jpg

c0119160_22335098.jpg






★旅のフィナーレは東京湾アクアライン「海ほたる」の絶景


ラストフィナーレは寂恋法師が憧れていた東京湾アクアラインの「海ほたる」へご案内。館山自動車から富津を経由して東京湾のド真ん中に位置するパーキングエリアは快晴休日で大混雑!本当に外国人観光客が増えたな~!今回4回目訪問ですが快晴に恵まれ、過去最高の絶景を満喫できました!


       ....帰路は富津から東京湾アクアライン経由で川崎へ!「海ほたる」PAが見えて来た!....
c0119160_22523713.jpgc0119160_22534163.jpg
c0119160_22535568.gif


    ....今回で4回目、これ程の快晴絶景は初めて!通行料800円は安い(森田健作に感謝).....
c0119160_2258942.jpgc0119160_22583280.jpg
c0119160_22584866.jpg


        .....(左)川崎市浮島沖合の「風の塔」 (右)アクアライン掘削のシールドマシン機モニュメント....
c0119160_2345888.jpg
c0119160_2351076.jpg

東京都側に面した展望台にはアクアライン工事で海底掘削したシールドマシンのカッター機がモニュメントとして聳えています。ここからさらに下の堤防部まで降りることができます。対岸には世界に誇るスカイツリーも含めた大都会・東京のシルエット!川崎浮島の「風の塔」(トンネル内部の空気を排気)も印象的!


             ...海ほたるの回廊ウッドデッキを通り、千葉県側の展望台へ移動.....
c0119160_2372759.jpg
c0119160_2373988.jpg


       ....新日鉄住金・君津製鉄所が見える!京葉工業地帯のシルエットも美しい~!.....
c0119160_23123496.jpg
           
この素晴しい風景は世界観光遺産指定になるべき・・と思うくらいのパノラマ!またまた日本人に生まれた幸福感を噛みしめながら、海底道を通過し16:00に寂恋法師を川崎駅へ送り届けました。


   ....東京スカイツリー&ゲートブリッジも遠望!世界に誇る大都市絶景を海の真ん中から大満喫!....
c0119160_231305.jpg
c0119160_2313266.jpg
c0119160_23134349.jpg
         
今回ルート(横須賀・南房総・アクアライン)での周遊旅は、南房総での同期合宿が提案されなければ思いつかなかったかもしれません。M本ご夫妻・S木幹事様、ナイスな企画を頂き誠にありがとうございました。来年はついに還暦を迎えるのか~!また懐かしい旧友との再会が沢山ありそうだ・・!



                                                        おわり

  by rollingwest | 2016-11-30 00:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(122)

<2016年1月16日>2016Fツアー:新春ハイキング(茨城名峰&餃子パーティ)

c0119160_11325318.jpgc0119160_1133311.jpgc0119160_11331373.jpg
c0119160_11332156.jpg



★今年の初登山は茨城・「加波山」(Fツアー・ハイキング)


最近、Fツアーメンバーとの登山がメッキリ減っており(年1回ペース)、ちと反省・・久々に新春イベント参加し旧交を温めさせてもらいました。昨年と同じ恒例の餃子パーティ・ハイキングでしたが、今年も楽しかった!朝6:30、チャーターバスが待つ新橋駅SL前広場に集合!常磐自動車道経由でバスは茨城へと向う!

                          <2015年1月>Fツアー:新春ハイキング「房州アルプス・嵯峨山」

 
     ....(左)新橋駅を6:30出発 (右)首都高速に乗り常磐道へ!スカイツリーの夜明け...
c0119160_11362119.jpgc0119160_11363283.jpgc0119160_11364251.jpgc0119160_1137274.jpgc0119160_11372260.jpgc0119160_11462896.gif
c0119160_11374296.jpg


首都高から常磐道に入る途中に隅田川・浅草を通過するので夜明け前の東京スカイツリーが黎明青空に神々しく聳えています。葛飾・足立へと入り荒川を渡るタイミングでついに朝日が昇ってきたゾ~!


     ....バス車窓からの日の出(千住の倉庫エリア、高速道路橋脚、つくばエクスプレス鉄橋)...
c0119160_1364528.jpgc0119160_137185.jpgc0119160_1371267.jpg
c0119160_1372617.jpg


常磐道土浦北ICを降り、筑波山麓の街(下妻・筑西)経由で北上して行くと今度は筑波山頂上に太陽が輝くタイミングにバッチリ遭遇しました!バス車窓から「ダイヤモンド筑波山」が見られるとは!超ラッキ~!


      ....筑波山が間近に見えてきた!すると何と幸運、ダイヤモンド筑波山に遭遇!...
c0119160_1314135.jpgc0119160_13142058.jpg
c0119160_13143641.jpg


さて今回登山は筑波山ではなく、その周辺にある2つの山を登る計画です。最初は加波山(709m)にトライ。高山がない茨城県では千m峰は八溝山しかなく県南では筑波山(877m)に次ぐ標高。加波山・地名は確か記憶にあるゾ!明治初期・自由民権運動で有名な「加波山事件」の地と気付いた・・


         ....加波山神社・入口に到着、本日登る一つ目の霊山「加波山」を望む...
c0119160_13193198.jpgc0119160_13195445.png

c0119160_13201660.jpg


加波山は修験道と天狗で知られる信仰の山で、全国から多くの修験者が集まり山中での荒行が行われます。山麓には立派な加波山神社が鎮座します。日本武尊が東北平定で参拝、初代征夷大将軍・坂上田村麻呂も戦勝祈願、弘法大師も訪れたと謂うのですから大変由緒ある神社なのです。


        ....日本武尊が東北地方を平定で登拝した加波山神社(火渡り祭も有名)...
c0119160_1325713.jpgc0119160_13252347.jpgc0119160_13253753.png
c0119160_13255280.jpg


    ....(左)加波山の登山口にバスが到着し準備を整える (右)安全祈願をしていざ出発!...
c0119160_1336338.jpgc0119160_1336201.jpgc0119160_13363292.jpg




c0119160_2184750.jpg

 
登山口に到着したバスを降り登山前の安全祈願.を済ませ、9:50に登山開始。殆どの人が空身で登ったので身軽なハイペースで歩けましたが、低山とは侮るなかれ・・急坂が続いて結構ハードな山だぞ!


      ....(左)加波山本宮参道の鳥居を脇目に登山開始 (右)参道は急坂も登りが連続!..
c0119160_13483426.jpgc0119160_13484823.jpg
c0119160_13492341.jpg

c0119160_13535327.jpgc0119160_13541268.jpgc0119160_1354463.jpg
c0119160_1355098.jpg


         ....登山道の途中で「御嶽大明神の碑」が登場、信仰が深い山だと再認識...
c0119160_1843178.jpgc0119160_18432058.jpg
c0119160_18434978.jpg


霊場である山中には社や祠が霊石とされる巨岩・奇岩も数多く点在し、多数の神々が祀られています。山頂付近には鳥居が出現、日本武尊の東征時に創建された加波山神社と巨石が出現!霊験あらたかな神社に参拝して下山。今日は好天で暖かい日ですが頂上付近は風が強くて寒かった~


        ....(左)頂上手前の鳥居をくぐれば加波山本宮が出現 (下) 厚い氷にビックリ!...
c0119160_1515566.jpgc0119160_15161420.jpgc0119160_15163355.jpg
c0119160_15165698.jpg


          ....(左)巨石も鎮座する加波山本宮大神社 (右)参詣を終えて下山開始...
c0119160_152698.jpg
c0119160_15262938.jpg

      ....(左)視界が開け、山腹の石切り場に到着 (右)目の前には名峰「筑波山」が俯瞰...
c0119160_1530417.jpg
c0119160_15305672.jpg






★「筑波山」の思い出、日本神話に所縁が深い「パワースポット・茨城県」


茨城の名峰「筑波山」は、今から20年前(娘がまだ2歳半の時)に家族で登りました。ロープウエイで登り、双耳峰の「男体山・女体山」に登頂。巨岩が沢山出現する下りコースを歩きましたが、まさに日本神話・天岩戸の様な風景でスリルあるハイキングでした。筑波山はご存知、ガマの油売りでも有名です。


      ....筑波山は20年前(1996)に家族3人で登山、当時2才の娘も今春は社会人デビュー...
c0119160_15435921.jpgc0119160_15441838.jpgc0119160_15475928.jpgc0119160_15481374.jpgc0119160_15483524.gifc0119160_5414213.jpg


c0119160_15484817.gif


関東平野北東に聳える筑波山はイザナギ・イザナミが頂上に降り立った日本神話の霊峰。頂上には3千年の歴史を誇る筑波山神社が鎮座。意外と思えますが茨城県には神代からの由緒あるパワースポットが実に多く存在するのです。筆頭は神武天皇期に創建され天智天皇が造営した「鹿島神宮」です


      ....紫峰とも称される筑波山イザナギ・イザナミが頂上に降り立ったという日本神話の霊峰...
c0119160_169222.jpgc0119160_1695695.gifc0119160_1693983.jpg
c0119160_16102357.jpg
c0119160_16103755.jpg


     ...2500年以上の長い歴史を刻む「鹿島神宮」、軍神「武甕雷男神」(タケミカヅチ)が祀られる...
c0119160_16204977.jpgc0119160_16212419.jpgc0119160_16214191.jpg
c0119160_16215779.jpg
c0119160_16222988.jpg


鹿島神宮は神武天皇御代に創建、古事記「国譲り」に鹿島神(タケミカヅチ)がヒーローとして登場するのです。「天照大神」は出雲の「大国主」に国を明け渡すよう迫っていましたが、出雲の抵抗で事態は進展せず、業を煮やした天照神は鹿島神(タケミカヅチ)と香取神(フツヌシ)の2大武神を派遣しました。

                     「出雲大社&伊勢神宮」(日本神話・国譲りに潜む謎の関係)

 
     ....日本神話・国譲りで最強武神「タケミカヅチ」(鹿島神)は「タケミナカタ」(出雲神)を屈服させた...
c0119160_16403297.jpgc0119160_16392536.jpgc0119160_16533072.jpg
c0119160_16424879.jpg


鹿島神タケミカヅチは、出雲・稲佐の浜で剣を突き立て大国主に国譲りを迫ります。大国主と長男・事代主神は受け入れますが、次男・健御名方(タケミナカタ)は猛反対し鹿島神と力競べで雌雄を決することに・・。完膚なき敗退のタケミナカタは、平伏謝罪し諏訪に敗走。今は諏訪大社の神様となっています。


    ....2010/11月・鹿島(本州最東端)にて日の出を撮影、4ケ月後にコンビナートは大震災で壊滅...
c0119160_171050.pngc0119160_1721173.jpgc0119160_172342.jpgc0119160_1725743.jpg
c0119160_173940.gif


古代では日の出が一番早く拝める場所は鹿島や筑波山のエリア(房総半島・最東)でした。神話時代から太陽は絶対的な存在で「常陸」(hitachi)とは、太陽が出る聖地(常陸←日立=日が立ち始める神聖国)として崇められました。武神の威力は太陽によるパワーが注がれると考えられたのでしょう。

                         <2010年秋>常陸・房総の旅:「鹿島神宮」「香取神宮」
 

    ....宮崎・高千穂と茨城・鹿島を結ぶ線は太陽の通り道、日本有数のパワースポットが多く存在...
c0119160_17124894.jpgc0119160_17131431.gifc0119160_17133399.png
c0119160_530561.jpg
c0119160_17134982.png


地球は地軸傾斜(23.4度)があり、天孫降臨の「高天原」(宮崎)を起点として鹿島まで傾斜線を描くと不思議なことに気が付きます。「高千穂」からスタートすると「四国・剣山」⇒「高野山」⇒「奈良・吉野山」⇒「伊勢神宮」⇒「富士山」⇒「明治神宮」⇒「皇居」⇒「鹿島」とパワースポットが続々並んでいる!


     ....茨城は由緒ある神社が多く点在するパワースポット県、大洗の磯前神社も素晴しかった!...
c0119160_17364070.gifc0119160_17365361.jpg
c0119160_17371633.jpg


夏至の太陽ラインは最も力強い生命力を与えると信じられ、神の国高千穂から見て日が昇る地を求め、日本人はレイライン(太陽道)に聖地を造ってきたのか・・。その日の元こそが茨城・日立の国です。





★世俗的・享楽世界に逆戻り・・筑波山を仰ぎ見ながら「餃子パーティー」の大宴会


         ...次は筑波山の絶景で大人気の「宝篋山」(houkyouzan)に向けて登山開始...
c0119160_18492236.jpgc0119160_1849454.jpg
c0119160_1850634.jpg


昼から登った2つ目の山は「宝篋山」(houkyousan)、筑波山の南東側にある標高461mの低山は、眼前に筑波山が迫り、関東平野が一望でき知る人ぞ知る地元の穴場名峰です。空気の澄んだ日には富士山・榛名山・赤城山・日光連山と360度パノラマを楽しめます。12時に歩き始め1時間の登り


           ....登りは結構きつい!急坂を1時間程歩くと頂上の鳥居が見えて来た!...
c0119160_1856756.jpgc0119160_18562557.jpg
c0119160_18565228.jpg


     ....頂上へ到着~!何と素晴しい絶景パノラマ!目の前には霊峰「筑波山」が堂々と鎮座!...
c0119160_1901685.jpg
      
13時に宝篋山の山頂へ到着!噂通りの素晴らしい絶景が眼前に開けました!霊峰・筑波山と関東平野が一望、後方に霞ケ浦!今日は暖かい日で昼の気温も上がり空気が霞んでしまい富士山や北関東名峰は見えませんでしたが、今朝は360度絶景が楽しめたのだろうな~!イヤ~最高です!


          ....(左)宝篋山の山頂にて集合写真 (右)関東平野の絶景が眼下に広がる...
c0119160_1912574.jpgc0119160_1914542.jpgc0119160_192131.jpgc0119160_1921613.jpg
c0119160_1923659.jpg


     ....(左)朝に登った加波山の全景 (右)遥かに「霞ヶ浦」(国内第2位の湖面積)も見える!...
c0119160_19102836.jpgc0119160_19104967.jpgc0119160_19121578.jpg
c0119160_21112887.jpg


到着した時間は13時、お腹はもうペコペコ状態、本日のメインイベントの昼食タイム!Kz山さんご持参の生餃子や各種食材、持参の鍋を出して、各自が役割分担に従って料理やお酒の用意を始めました。


   ....お目当ての餃子パーティの準備開始!料理やお酒の用意、焼き餃子・ソーセージのボイルに着手...
c0119160_19224371.jpgc0119160_1923142.jpg


c0119160_19233297.jpg

c0119160_19321198.jpgc0119160_19323259.jpgc0119160_19325091.jpg
c0119160_19331557.jpg


さあ料理ができて全員集合で乾杯~!青空のもとでお待ちかねの宴会開始!ビール・ワイン・焼酎も沢山あり、ワイワイガヤガヤ!素晴らしいパノラマのもとで餃子・ボイルソーセージ・キノコ汁に舌鼓を打ちました。


     .... 乾杯~!青空のもとで皆で一緒に作った料理は美味いね~、まさに至上の喜び...
c0119160_1944177.jpgc0119160_19444673.jpgc0119160_1945436.jpg
c0119160_19494372.jpg

          ....焼餃子・水餃子・キノコ汁とワイン、満載料理にご満悦のアキタカ様...
c0119160_19545077.jpgc0119160_19554982.pngc0119160_19561085.jpgc0119160_1956241.jpg
c0119160_1958384.jpgc0119160_1958567.jpg



c0119160_21142870.jpgc0119160_21152437.jpg
       ....関東平野の絶景を楽しみながらホロ酔い気分!お酒は益々と進みます!...
c0119160_2081429.jpgc0119160_2084384.gifc0119160_5555773.jpg
c0119160_209182.jpg

 
Fツアーは10年程前から参加していますが、かつては200名山ツアーで9時間以上歩くこともよくありましたが、今は皆さん年齢を重ね低山中心のハイキング企画が多くなってきたかも・・。今回も餃子パーティで楽しい時間を過ごさせて頂きました。ホロい気分で食台を片づけ荷物撤収、さて下山開始・・


      ....絶景も名残り惜しいが・・大満足!浅間神社にお礼参りを済ませ、いざ下山!...
c0119160_20153985.jpgc0119160_2016387.jpgc0119160_20184379.jpg
c0119160_2018561.jpg

 
関東平野は平らで広いね~!筑波山は快晴冬晴れの日は横浜の職場からも見ることができます。今そこを歩いているんだなアと感慨深い気持ちになりながら冬の日溜まりハイキングを楽しみました。


          ....山腹途中でパノラマが開け関東平野が一望、軽快に下山路を行く...
c0119160_2022869.jpgc0119160_20222317.jpg


c0119160_20223877.jpg

 
    ....(左)冬の陽光を浴びてのウォーキングは実に気持ちいい (右)下山口にバスがお出迎え...
c0119160_2033148.jpgc0119160_20333781.jpg


c0119160_20335460.jpg
c0119160_20342164.jpg


茨城県周遊は2010年11月(大震災発生4ケ月前)に「牛久・土浦・笠間」~「水戸・大洗」~「鹿島・香取神宮」~「水郷」(潮来・佐原)~最東端「銚子・犬吠埼」と・・大周遊の旅をしたことが懐かしい!

                        <2010年秋>常陸・房総の旅:牛久・霞ヶ浦・土浦・笠間

                        <2010年秋>常陸・房総の旅:水戸・大洗・鹿島灘
  

        ....「霞ケ浦」の夕暮れ風景、楽しい充実の一日を過ごすことができました ....
c0119160_2040741.jpg

            ....当然、帰路バス車中は再びミニ宴会状態が継続されました...
c0119160_20405264.jpgc0119160_20413676.jpgc0119160_20415730.jpgc0119160_20421499.gif
c0119160_20423694.jpg

一般的に茨城は観光が少ないと思われていますが、素晴らしい場所が多いことに気付かされます。次回は日立鉱山史跡や北茨城パワースポットの旅に出てみたいなあと今から目論んでいるRWです。

                         <2010年秋>常陸・房総の旅: 利根川水郷(潮来・佐原)
 

        ....バスは東京駅到着!美しいイルミネーション駅舎前で解散!お疲れ様でした~...
c0119160_20502168.jpgc0119160_5425552.gifc0119160_20503379.jpg
c0119160_20505110.jpg
c0119160_2051867.jpg





                                                         おわり

  by rollingwest | 2016-02-15 22:30 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(110)

<2011年11月27日>【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅】⑤:銚子・九十九里浜編

昨年秋(2010年11月)に訪問し1年がかりでレポートしてきた【常陸・房総の旅】もついにフィナーレ記事・・・(これにて完了・大団円・・!)

c0119160_16192035.jpg


★日本一早い初日の出が拝める千葉・銚子の「犬吠埼」


「牛久・土浦・笠間」~「水戸・大洗」~「鹿島・香取神宮」~「水郷」(潮来・佐原)・・常総グルリ大周遊の旅は最後に本州最東端「銚子・犬吠埼」を訪ねました。「九十九里浜」を南下しアクアライン経由で無事帰宅。超ロングコースだった・・。欲張って色々な名所史蹟を廻ったけれど、実に見応えがあったネ~!

                  2010年秋・常陸房総(その2):「水戸・大洗・鹿島灘」編はコチラから
c0119160_17233073.jpgc0119160_23361596.jpg
c0119160_17165433.gif



    .....房総半島に突き出た銚子の「犬吠埼」に立つ・・(2010/11月、震災前発生前の秋).....
c0119160_17243632.jpgc0119160_2223520.jpg c0119160_17245815.jpg



c0119160_17251887.jpg


     ....鹿島灘の怒涛、強風に煽られ波しぶきが荒々しく押し寄せていた。....
c0119160_17274530.jpg
c0119160_1728088.jpg

鹿島灘に突き出る「犬吠埼」、やはり凄い波飛沫だ!地名由来は犬が吠える如く怒涛音の岬と思ったが、実は義経伝説らしい。兄頼朝に追われ奥州へ逃れる途中銚子に立ち寄った義経は愛犬を残し去り、犬は主人を慕うあまり七日七夜も岩頭で吠え続けたという言い伝えに拠るものだとのこと(涙)


    .....(左)随所に文人石碑が幾つか佇む。 (右)日本一早い初日の出が拝める。....
c0119160_188812.jpgc0119160_18173479.jpgc0119160_1883011.gif



c0119160_18282766.gif
c0119160_18175094.jpg


日本最東端岬は納沙布岬(北海道根室市)ですが、初日の出が一番早く拝める場所は「犬吠埼」。(冬季の太陽は南東から明けるため) 「鹿島神宮」が2500年の歴史を誇り神話時代から崇敬を集めた最大理由は、絶対的存在「太陽」の起源地が鹿島・銚子だと崇められたことに拠るものなのでは・・

               2010年秋・常陸房総(その3):「鹿島神宮」「香取神宮」編はコチラから

c0119160_19451736.gifc0119160_1941366.jpg
c0119160_19414499.jpg





★醤油の街「銚子」


銚子」の地名由来は地図で分かるように酒を注ぐ「お銚子」に似ているからです。千葉と茨城県境に流れる利根川河口部が確かにその形になっている。銚子・漁師・酒・醤油、イメージも繋がるネ~!


     ....銚子は漁業と醤油産業で発展した街。ヤマサやヒゲタのブランドが有名....
c0119160_19491224.jpg
c0119160_19494259.jpg

醤油生産地で有名な野田・銚子・土浦(キッコーマン・ヤマサ)は霞ヶ浦や水郷の水運業と共に発展してきました。水郷・佐原が大いに栄えたのも醤油・酒を水路で江戸に運んだ大供給地になったからです。


             2010年秋・常陸房総(その4):「水郷」(潮来・佐原)編の「記事はコチラから


   .....銚子名物「ぬれ煎餅」、醤油に浸した煎餅は独特(銚子電鉄が大いにPRし有名に)....
c0119160_203975.jpgc0119160_2039341.jpg


c0119160_20395728.jpg


NHK朝のTV小説「澪つくし」(沢口靖子が悲恋のヒロイン)が話題になってから何と四半世紀以上が経ってしまった。その舞台となった銚子電鉄「外川駅」も訪ねてみました。何ともレトロでいい雰囲気・・


    ....「澪つくし」(1985)の舞台・銚子電鉄「外川駅」。可愛いネ~沢口靖子、今やタンスにゴン・・!....
c0119160_20481377.jpg c0119160_20483177.jpgc0119160_20484351.jpg




c0119160_204974.jpg






★銚子の断崖絶壁・「屏風ケ浦」~「刑部岬」


銚子~旭市飯岡「刑部岬」の延々10㎞続く海岸に海抜50mの絶壁が続く「屏風ヶ浦」があります。荒削りな断崖が連続する雄大かつスケール感ある絶景は英仏ドーバー海峡「白い壁」に匹敵!穴場だ~


         ......銚子市の犬岩から続く切り立った豪快な断崖「屏風ケ浦」....
c0119160_2057770.jpg

     ......屏風浦の南端(刑部岬付近)にあった工場廃墟!烏だけがギャーギャー鳴いていた。....
c0119160_205836100.jpgc0119160_20585443.jpg

c0119160_20591155.jpg


屏風浦・高台を九十九里浜(南西方向)に車を走らせると断崖敷地に工場廃墟を発見!中を覗いてみると、閉鎖後10数年は経過した様な朽ち果てぶり・・。人っ子一人なく、烏10数羽が突然の闖入者を睨みつけ、何か霊気も漂うヤバイ雰囲気。崖から見下ろす海面は光で美しく輝いているのに・・


     ......「刑部岬」へ押し寄せる鹿島灘の海面波、夕日に輝き実に美しかった・・!....
c0119160_2135128.jpg

     ......岬に残された工場廃墟は、昼間なのに不気味。独特ムードが漂う・・(不思議空間)....
c0119160_2155267.jpgc0119160_2161874.jpg
c0119160_2163774.jpg


何か憑依されそうな予感に襲われ、こんな所に長居は無用!脱兎の如くこの場を逃げ去り刑部岬へと車を走らせて行きました。「刑部岬」は屏風浦の南端、九十九里海岸の北端に位置する断崖岬です。


     .....「刑部岬」・飯岡海岸は海一面が怒涛・波飛沫!壮観光景が広がっていた!.....
c0119160_2118855.jpg
c0119160_21183280.jpg

岬の先には、広大な九十九里の砂浜が広がっています。そこには浜全体を嘗めるが如く、常時押し寄せ続ける長大な波の数々!多くのサーファー達が大波を捉え華麗な舞を繰り広げていました。懐かしいなあ・・、この光景!この砂浜に来たのは初めてではありません。今回で4回目の訪問です。


    .....「九十九里浜海岸」の広長大・遠浅な砂浜、サーフィンのメッカ(次々にビッグウエーブ)......
c0119160_2123576.jpgc0119160_8323298.gifc0119160_21232899.jpg


c0119160_21411243.jpg






★学生時代に何度も歩いた「九十九里浜」


   .....「九十九里浜海岸」は旭・飯岡「刑部岬」~上総一宮「大東海岸」の南西60数kmの砂浜......
c0119160_21534537.jpg

「九十九里浜」、百里にも到達しそうな(実際は60数km⇒十六里浜?)長い砂浜を意味します。当「地名を知ったのは小学校時代、漫画「巨人の星」で左門豊作が打倒・星飛雄馬の打倒に燃えこの砂浜で特訓をした場面(百目ローソクを何本も置き、自らのスイングで灯火を消す)を見て知ったのですタイ!

c0119160_21551665.jpgc0119160_8333994.jpgc0119160_21553993.jpg
c0119160_21555919.jpg
c0119160_21561344.jpg



   .....九十九里浜踏破時(35年前)と比較し、テトラポット護岸が増え砂浜が小さくなった気が・・......
c0119160_2214760.jpg
c0119160_2221283.jpg



大学時代にこの浜を3回歩きました。「旅の会」メンバーと一緒に砂浜にテントを張りワイワイ旅(2泊3日)が2回、アサリ取りもしたなア・・、ドザエモンを発見しビックリしたことも!大学4年では1泊2日で単独踏破。我がサークル歴史でも3年連続で九十九里浜を歩いたのは多分小生だけと思います。(アホの一言)


   .....大学サークル仲間と踏破した九十九里浜。小生はハタチ前後:初パーマヘアは大失敗(苦笑)......
c0119160_2245680.jpg
c0119160_2251148.jpg

   .....ひたすら浜を歩くお馬鹿集団、神楽坂様には当時も棍棒でドラム缶の上で踊らされイジメに・・....
c0119160_226128.jpg
c0119160_2261420.jpg

ビンボー臭い学生時代の旅の思い出に浸っていた所、ふと視線に入ったのはラブラブカップル・・。密着し熱く愛を語り合う羨ましき光景、嗚呼、当時憧れた砂浜の愛など一切縁がなかった我が青春時代。当時彼女がいなくて柏崎砂浜で北朝鮮に拉致されなくてよかったと負け惜しみを呟くRW・・


   .....羨しいナ~!こんな光景は我が青春時代に記憶ナシ、全くモテない貧乏学生だった・・(泣)......
c0119160_22103150.gif
c0119160_22111282.jpg

愛に溢れたほのぼのカップル・・、34年ぶりの懐かしき潮騒砂浜・・、小生がこの光景を感慨深く味わったのは丁度1年前。九十九里浜にも4ケ月後に大津波が襲い壊滅的な被害を齎すとは想像さえしませんでした。茨城・千葉も福島と同様に農漁業・観光・市民生活が破壊されてしまった・・。


   .....九十九里浜大パノラマ。津波被害から早く立ち直り、再び当時の平穏な光景に戻ってほしい....
c0119160_22121438.jpg


35年ぶりに懐かしい九十九里浜潮風を浴びて満足!帰路に着こう。牛久大仏から始まり、霞ケ浦・笠間・水戸・鹿島へと大周遊した印象的な旅だったナア。最後に・・、過去に訪ねた千葉・茨城観光地の中から今回レポートできなかったお薦め名所を追加し、今回記事の綴りを終えたいと思います。

       2010年秋・常陸房総(その1):「牛久・霞ヶ浦・土浦・石岡・笠間」編の「記事はコチラから

c0119160_793561.jpg
c0119160_22135356.gif

c0119160_6122542.jpg

      ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  

c0119160_16194997.jpg


★過去訪問した千葉・茨城の名所(レビュー)


南房総・富津金谷港の背後にギザギザの岩壁が連なる個性的な「鋸山」があります。鋸山は標高僅か329mながら、その名の通り鋸歯の如くアルペン的で迫力ある姿・・・。鋸山頂上はまさに絶景!


   .....千葉「鋸山」に登り断崖絶壁「のぞき岩」から見た富士と東京湾絶景(2006/10月)......
c0119160_8394346.jpg

鋸山日本寺は聖武天皇勅詔を受けた高僧行基が1300年前に開いた名刹、当地に日本最大の「薬師如来大仏」やバーミヤン石仏の様な磨崖仏が鎮座。コース途中には1,553体もの「羅漢石仏」が各所点在しており、頂上付近の石切り場には垂直岩肌に彫刻された「百尺観音」もありました。


     ......(左)房総半島にも磨崖仏があった! (右)日本寺・石大仏を発見!(驚)......
c0119160_841231.jpgc0119160_8412664.jpg
c0119160_8414743.gif



頂上部は「地獄のぞき」と呼ばれる断崖絶壁のスリリングな岩場風景があり、岩はまるでライオンの横顔(東京湾に向かって豪快に咆哮)!青空のもと東京湾の全景が一望でき、三浦半島越しに富士山・箱根の山が間近に横たわっています。こんな角度から富士山を海越しに見られるとは・・!感激~


   .....(左)「鋸山」から仰いだ東京湾(富士山&三浦半島) (右)「のぞき岩」は獅子ンの横顔!......
c0119160_8472854.jpgc0119160_8475591.gifc0119160_8483536.jpgc0119160_8481583.jpg
c0119160_8494442.jpg

           ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇   

鴨川シーワールドの10km程東側、天津小湊には日蓮聖人のルーツが存在す。ここには日蓮聖人の生誕地「誕生寺」と日蓮宗を立教開宗を宣言した「清澄寺」があります。清澄山に佇むこの寺には、年輪深く刻まれた杉巨木や「南無妙法蓮華経」を日の出の海に向かって唱える日蓮像がありました。


   ....朝日を仰ぎ日蓮が開眼した「清澄寺」(鴨川市)、初めて「南無妙法蓮華経」を唱えた立像......
c0119160_9155496.jpgc0119160_9164494.gifc0119160_9191486.jpg

c0119160_9193471.jpg


   .....日蓮聖人生誕地(安房小湊)の「誕生寺」、南洋植物が植えられ明るい雰囲気のお寺......
c0119160_9285842.jpg
c0119160_929877.jpg

聖人生誕時、この天然湾に祝福するようにマダイの大群が現れたとの伝説が残っていました。天然マダイ生息地「鯛の浦」・・。春うららのような水平線の光の輝き、そして誰もいない秋の海でした。


      .....日蓮聖人誕生の吉兆で、鯛の大群が海面に舞い現れたという「鯛の浦」......
c0119160_9323576.jpg
c0119160_9331415.jpg

清澄寺から北上、大多喜・市原方面には「養老渓谷」があります。山の少ない千葉県にも渓谷があるんだ~と驚いた!木漏れ日の中で癒しの川辺歩きをゆっくりと楽しんだことがいい思い出です。


     ......山が少ない千葉にも立派な渓谷があるのだ!光り輝く「養老渓谷」(2006/10月).....
c0119160_9354693.jpgc0119160_93653.jpgc0119160_948407.jpg


c0119160_9363716.jpg


          ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 


茨城の名峰「筑波山」には、15年前(娘がまだ2歳半の時)に家族で登りました。ロープウエイで登り、下りは巨岩(日本神話の天岩戸のような風景が続く)が沢山出現するスリルあるハイキングでした。


   ......家族で登った「霊峰・筑波山」、遠くから見ると威厳あり正に神の山(1996/10月)......
c0119160_10232223.jpgc0119160_1024150.jpg


c0119160_10215970.jpg


      ......ガマ油売りでも有名な筑波山、神々の岩や祠の道を下山した。......
c0119160_10343261.jpgc0119160_10345576.gifc0119160_10423738.jpg

c0119160_1038516.gif


関東平野北東に凛と聳える筑波山は、イザナギ・イザナミが頂上に降り立ったという日本神話の霊峰。頂上には3千年の歴史を有する筑波山神社が鎮座、山頂からの眺めは関東一円が見渡せます。


      .....筑波山は双耳峰(男体山・女体山)、イザナギ・イザナミ神話と日の出霊峰......
c0119160_1048186.gifc0119160_10491111.jpg
c0119160_10493493.jpg



茨城県・太子町の「袋田の滝」は高さ120m・幅73mの大きさを誇り日本三名瀑の一つ。春は雪解け水量、夏は鮮やかな緑、秋は紅葉で彩られ、冬は滝全体が凍結するといった四季それぞれ見所があり、4度見なければ本当に滝を満喫出来ないので「四度の滝」と言われます。まだ1度だけ・・
             

  .....日本三大名瀑「袋田の滝」(日光・華厳の滝、熊野那智の滝と並び称される)(1996/10月)......
c0119160_1054516.jpgc0119160_10535964.jpg
c0119160_10534416.jpg


          ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 

茨城・千葉は一般的には観光県とは見られませんが、こうやって周遊すると実に素晴らしい場所が多いのに気付かされます。皆様も是非とも訪れて見てはいかがでしょうか?今年は東日本大震災に襲われ正に悪夢の様な年でしたが、復興祈念!日はまた再び昇る。ガンバレ茨城・千葉

                              
       .....日本一早い初日の出が拝める常総・最東端は「日出る国」のルーツと崇められた。....
c0119160_112164.jpgc0119160_11262360.jpg
c0119160_11253100.jpg




                                                         おわり




次回は、「京浜(横浜・川崎)工場夜景クルージング」の記事をお送りします。
c0119160_1165131.jpgc0119160_11981.jpgc0119160_1195949.jpg

  by rollingwest | 2011-11-27 00:00 | 常陸・房総の旅 | Comments(70)

<2011年7月9日>【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅】④:水郷(潮来・佐原)編

RW洋楽コーナー(My Favolite Songs)をINDEX左下に開設いたしました。主に1970年代前後の名曲が中心となりますが是非ともお楽しみください!



★あやめ・菖蒲の水郷・茨城「潮来」

c0119160_2205550.jpgc0119160_1527456.gif

c0119160_2213573.gif

常陸・房総旅を1年がかりで公開しております。前回は鹿島(茨城)・香取(千葉)の両神宮を紹介しましたが、今回は利根川を挟んで向かい合う2つの水郷、潮来(茨城)・佐原(千葉)をレポートしましょう。昨年当地を訪問した時は、震災発生など夢にも思わずほのぼのとした風景だった。


       ......水郷(潮来・佐原)、鹿島・香取神宮の地図位置(クリックで拡大表示).....
c0119160_2138149.jpg

                   【常陸房総の旅】(その3)鹿島神宮・香取神宮の記事はコチラから

c0119160_221205.jpg

        ......潮来の河川道路から眺めた利根川(日本一の流域)の風景は雄大だった!...
c0119160_22143760.jpgc0119160_221512.jpg





c0119160_12272819.jpgc0119160_15302045.jpg
                 
茨城の水郷「潮来」は水風景にあやめ・菖蒲が咲き誇る6月中旬~7月上旬に訪ねるのが一般的。小生が訪問したのは11月・・、当然観光客は殆ど不在でしたが、逆にゆっくりと散策できてよかった。潮来あやめ祭りで有名な「前川あやめ園」とその近くにある名刹・神社を紹介いたします。

c0119160_10411013.gif


          ..........「前川あやめ園」(市営庭園)のアーチ橋&「潮来」の看板......
c0119160_10582551.jpg
c0119160_1058389.jpg

♪「潮来の伊太郎~、ちょっと見なれば~ 薄情そうな渡り鳥~」♪ .潮来といえば・・、やはり橋幸夫デビュー曲「潮来笠」(1960)が有名(古~)。 最近は氷川きよしが歌ってるから結構知っているかも・・。前川あやめ園入口には潮来の伊太郎像が佇んでおり、像の前に立つと「潮来笠」の曲が流れます。


       ..... 潮来の象徴「伊太郎像」、橋のデビュー曲が流れる。橋幸夫、若けエ・・......
c0119160_12204163.jpgc0119160_1221542.jpgc0119160_12213051.jpg




c0119160_16443985.jpg
c0119160_12215848.gif

橋幸夫&氷川きよしデュエット「潮来笠」 ⇒

誰もいない秋~、あやめ田を見おろすアーチ橋上に立つと蒼い川面、静かにそよぐ柳並木連なる川堤、遊覧船の航跡・・、ほのぼのとした風情があるなア・・。潮来いたく気に入ったネ。(oyajigyag)寒・・


       ......川面に映る柳並木、遊覧舟が静かに行く・・(アーチ橋に昇って俯瞰した景色)......
c0119160_15342462.jpgc0119160_15345479.jpg
c0119160_1535192.jpg


    ...... 秋に見た「あやめ園の全景」、人が疎らだっただけ静かな風情で味わいがあった。......
c0119160_15555390.jpg
c0119160_15561623.jpg


折角、梅雨時期に合わせ記事公開したので、.鮮やかな花菖蒲・あやめの華麗な姿・一斉競演する光景(見てきたかの如く・・)を掲載します。ここには約5百種類100万株の花が植えられています。


      .....祭りの時期に訪ねたら、かくなる華麗なる花の競演が見られたはず・・....
c0119160_161209.jpg
c0119160_1614152.jpg


祭りで有名な光景(よくTVで放映されるシーン)は「嫁入り舟」、白むくに身を包んだ綺麗な嫁入り娘を乗せて川遊覧します。 舟の船頭は、潮来市商工会青年部の選り優りのイケメン達が漕ぐらしい。


         ......ハイシーズンには一面の花田が広がり、嫁入り舟が川を行く......
c0119160_1645123.jpg
c0119160_165938.jpg


スミマセ~ン。リアルに撮った写真とバーチャル(インターネット拝借)写真とが複数交錯し、またも皆様に混乱を与えているかもしれません。アーチ橋が写り込んだものはリアル、花咲き誇り写真はバーチャルでした。





★潮来の名刹「長勝寺」


あやめ園内を周遊し、近くにある「長勝寺」を訪ねて見ました。数分歩くと、立派な唐様建築の「山門」が現れてきた。風格ある門をくぐれば茅葺の本堂、禅宗寺の剛健質素な姿を保っているネ~


       ...... 長勝寺の山門、前川あやめ園の裏手から少し歩いた所に佇んでいた。......
c0119160_16545838.jpg
c0119160_16552045.jpg


              ...... 長勝寺の本堂は歴史を感ずる実に風格ある姿.....
c0119160_16544023.jpgc0119160_1721981.jpg
c0119160_17251100.jpg


長勝寺の禅寺の屋根は厚く盛り上がった冠帽子の如し・・、お堂の中を覗いて見よう。暗くて誰もいない「仏殿」の中は、阿弥陀三尊仏(禅宗なのに・・?)が祀られ、荘厳な気が漂っている。この寺にある庫裡・書院等は元禄時代の建物で、水戸家所縁の宝物が多く収蔵されているそうです。


        ..... (左)威厳ある寺の堂内には阿弥陀本尊 (右)鐘楼脇には紅葉風情 .....
c0119160_1717411.jpg
c0119160_1718864.jpg


寺は江戸時代に荒廃したそうですが、修復し中興したのは水戸黄門様(徳川光圀)。ルーツは源頼朝の開基、武運長久を祈願し「長勝」と名づけられたとのこと。すごいビッグネームが二人も登場してきたネ~!近くには稲荷神社が鎮座する稲荷山があり、水郷・潮来の街も見渡すことができました。


     ......(左)稲荷山神社の鳥居 (右)境内には野口雨情・中山晋平の詩碑があった。....
c0119160_17212313.jpgc0119160_17214974.jpg
c0119160_17222199.jpg





★潮来市民の結束、大震災からの復興に向けて


今年の「あやめ祭り」・・、東日本大震災で潮来も大きな被害を受けたため、今年の開催が危ぶまれていましたが無事行われたようです。復興の象徴としてニュースで何度も放映されていたネ・・


  .....今年開催が心配された「あやめ祭り」だが、市民が結束し被災地・潮来を元気づけた!......
c0119160_17342077.jpgc0119160_1733533.jpgc0119160_1732128.jpg





c0119160_17351471.jpg


    .....(左)震災亀裂が激しかった潮来の川岸  (右)香取佐原の水郷風景も傷つけられた。......
c0119160_17461139.jpg
c0119160_17473010.jpg
c0119160_17482720.jpg

今年の「あやめ祭り」は震災復興を願い1万個の「水郷の燈」が灯されたそうです。ネット写真を見ると、潮来市民が一体になり苦境を乗り越えようという漲った気持ちがヒシヒシ伝わってきます。


   ......今年の「あやめ祭り」、復興を願い1万個の「水郷の燈」が灯された。(ネット写真より)......
c0119160_17594423.jpgc0119160_1804254.jpg
c0119160_181923.jpg
c0119160_1873854.jpgc0119160_1882638.jpg


c0119160_1885837.jpg


さて震災発生前の時間に戻しましょう。昨年秋、かくなる悪夢が当地を襲うことなど夢想だにしていなかったRWは、長閑な潮来風景をノーテンキに逍遥・満喫して次の目的地「佐原」に向かいました。


     ......再び潮来のアーチ橋に戻ったRWは、車を再び発進して利根川を渡っていく。......
c0119160_18211213.jpg


c0119160_21424216.jpg




c0119160_18221162.gif


   ......茨城・潮来の街を後にし、水郷・佐原(香取市)へ車を走らせる!広大な地平線風景だネ~.....
c0119160_18242977.jpg







★伊能忠敬の生まれ故郷、千葉の水郷「佐原」


江戸時代の歴史街で有名な「佐原」(千葉県香取市)は利根川を挟んで潮来と対峙します。水郷の地の利を生かし水運業が発展、醤油・酒醸造も大いに栄え江戸への大供給地となりました。


     ......水郷・佐原は千葉県香取市、利根川を挟んで潮来の向かい側にある歴史の街......
c0119160_20214345.jpg
c0119160_20221347.jpg


江戸中期に35軒の造り酒屋で「関東の灘」とも呼ばれ、水運・産業の活況で豊かになった人々は、江戸文化を取り入れ発展させ独自の佐原文化に昇華させました。面影残す街並(歴史的建物・商家が軒を並べ重要伝統建造物群の保存地区選定)が小野川沿いに今も残っています。


   ..... 水運で江戸文化を取り入れ「江戸優り」(edomasari)と呼ばれるほど栄えた佐原の街.....
c0119160_20281144.jpg
c0119160_20283967.jpg


佐原が「伊能忠敬」に縁ある地だったことも、当地を是非訪れた動機の一つ。江戸っ子が神輿担ぎで血を滾らす「富岡八幡宮」(江東区)を訪ねた時、驚異なる地図事業を成し遂げた「伊能忠敬」像を見つけました。佐原の醤油・酒屋を婿養子で継ぎ50歳まで働いた街風景を見たかったからです。


  .....「富岡八幡」は、忠敬像・深川祭(江戸三大祭)の日本最大神輿・横綱顕彰碑など見所多し.....
c0119160_20392796.jpg
c0119160_20412690.jpg

                           「富岡八幡」を闊歩する「伊能忠敬」の記事はコチラから

佐原から江戸に出て忠敬は第2の人生を目指し、全国各地を巡り歩き日本地図作成の大事業(16年間で10回遠征)に着手した時が55歳だったことに驚かされます。寿命全うは74歳。江戸時代の寿命が今の7割とすれば78歳で日本を行脚し始め、106歳で人生を全うしたのか・・


     ......「伊能忠敬記念館」は、佐原の街風景の中に溶け込んだよう存在していた。......
c0119160_2211017.jpgc0119160_2213471.jpgc0119160_222162.jpg

          ......館内では忠敬が使った測量器具類が展示されていた。.......
c0119160_2273045.jpgc0119160_2275552.jpg




c0119160_2282389.jpg


忠敬は16年間で10回遠征し全国各地を歩いて、緻密な測量を刻み続け大事業を完成させました。伊能地図はグーグル衛星地図とも大幅な狂いはなく、精緻な偉業図は世界を驚かせています。


    ......日本全国を歩き廻り丁寧に測量を繰り返して精密な地図を作りあげた!....
c0119160_22262336.jpgc0119160_2227186.jpgc0119160_22274830.jpg

c0119160_22283873.jpg


忠敬が婿養子として人生の大半を捧げて働いた江戸時代の醸造商都は小野川の柳沿いの道を歩くとさらに風情が味わえます。明治時代の帝冠建築銀行や昭和レトロのボンネットバスもあり興味深い・・


   ......(左)江戸の風情・中村屋商店 (右)旧三菱銀行佐原支店「三菱館」とボンネットバス......
c0119160_2225891.jpg
c0119160_2231837.jpg


   .... 江戸文化を残す.歴史街を南北に流れる小野川、さらば水郷(潮来・佐原)......
c0119160_227124.jpg
c0119160_2218175.jpgc0119160_22164946.jpg

c0119160_2272393.jpgc0119160_2275078.gif

「潮来・佐原」の水郷風景を十分と満喫し、マイカーは利根川沿いの道を進み太平洋側へと向かいます。それにしても利根川ってドでかい~!さすが日本一の流域面積を誇り、水はゆったりと流れます。水源は新潟・群馬県境、谷川・水上の山々。世界的豪雪地帯から流れ来る大量なる水の集結


     ......再び利根川に出る。水郷地区の風景はひと際広いね~!......
c0119160_20541787.jpg

次なる目的地は千葉県銚子「犬吠崎」、そして「九十九里浜」を南下していくルートを経由して東京へと戻って行きました。常陸・房総の旅はいよいよフィナーレに。次回記事をお楽しみに・・。


     .....アヤメ・菖蒲・紫陽花の季節も終わり・・、いよいよ梅雨明け・本格的な夏へ!......
c0119160_2058925.jpgc0119160_20583725.gifc0119160_20592350.jpgc0119160_20594226.gif
c0119160_21016.gif


本記事公開はまだ梅雨時期の前提で作成していましたが、何と7月9日に関東地方も梅雨明け宣言!(平年より12日も早い)季節が相当早く展開していますが、夏の暑さは9月頃まで続きそうな気がする
長い猛暑の中で原発供給不足による電力危機が到来・・・、チョッと辟易とするなあ・・(苦笑)

c0119160_11504986.gifc0119160_1151897.gif
c0119160_11512219.gif


皆様、熱中症に気をつけ、栄養水分を摂り、夏バテせず健康第一でこの猛暑を乗り切って参りましょう!



                                                         おわり



次回は、「近江琵琶湖の風景」レビュー(その2):「湖東エリア」編をお送りします。
c0119160_2181185.jpgc0119160_2184294.jpgc0119160_658976.jpg

  by rollingwest | 2011-07-09 00:00 | 常陸・房総の旅 | Comments(50)

<2011年5月9日>【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅】③:「鹿島神宮」「香取神宮」

                                    (その2):「水戸・大洗・鹿島灘」編から続く


       ≪日本の夜明けは、常陸(hitachi)の国から・・ガンバレ・茨城!Sunrise!≫


★茨城・千葉に鎮座する憧れの古代神社

10年11月に巡った茨城・千葉の旅・3回目をお届けします。1回目は牛久大仏・土浦・石岡・笠間稲荷、2回目は水戸・大洗でしたが、今回は日本を代表する古代神社「鹿島神宮」&「香取神宮」を紹介しましょう。実は、茨城への旅情を掻き立てられた動機は2大神宮を訪ねたかった事に他なりません。


      .....(左)「鹿島神宮」....神宮への憧れが茨城・千葉へのトリガー...(右)「香取神宮」.......
c0119160_2135822.jpgc0119160_6474723.jpg
c0119160_2295040.jpg

昨年秋に訪ねた茨城・鹿島の地は期待に違わず思い出深い訪問旅でした。日の立つ常陸国の由来、鹿島工業地帯の夜明け、神宮の歴史深いパワースポット、Jリーグの雄アントラーズの聖地・・、堪能した半年前の風景は今や震災に襲われ苦しみの境地に陥りました。一刻も早い復興祈願、ガンバレ茨城!


   .......鹿島神宮は茨城県・香取神宮は千葉県だが、利根川を挟みぼ同じエリアで隣接......
c0119160_22165534.jpg
c0119160_22172426.jpg

    




★鹿島コンビナートの夜明け


鹿島コンビナート(鹿島・神栖)は日立と並ぶ代表的な茨城の臨海工業地帯です。早朝の工場群(Jリーグ鹿島アントラーズ母体の住金や鹿島石油等)から仰いだ感動的な日の出に出逢え実にラッキーだったなア・・


     .......鹿島臨海公園から望む鹿島コンビナート(住金鹿島)の夜明け........
c0119160_21493750.jpg
 
宿泊した市内のホテルを早朝まだ暗い中で出発、港湾道路から海岸へと行き果てると「鹿島臨海公園」に到着。夜明け前からの護岸堤は釣りに興ずる太公望達、自分だけのよき時間を満喫していました。

c0119160_21335941.gif

     ........日の出前、静かに佇む「鹿島石油」タンク群、製油所装置からスチーム上昇........
c0119160_21413149.jpg
 
    .......鹿島港貨物船、堤防で釣を楽しむ人々。当時は震災なんて全く想像もせず.......
c0119160_21394121.jpgc0119160_214022.jpg

快晴確実となる黎明、11月早朝は放射冷却で身震いするような肌寒さでしたが、常陸国の日の出を間近に見られると思うと心躍る期待感・・!濃い群青色だった空は徐々に明るくなり水色~オレンジ雲へと輝き色を変化させてきた・・。ついに待ち兼ねた太陽が鹿島石油タンクから顔を出し始めました。


          ........朝日が昇り始めた!石油タンク前を通過する艀船.........
c0119160_21475192.jpgc0119160_2148153.jpg

本州の最東端(銚子・鹿島)から登る太陽は誠に有難タヤ~! 背筋に感動が走り、日出づる国に生まれてきたDNAが刺激されます。朝から日の出を待ち構えていた若者達も大歓声を上げていました。


   ........(左)鹿島臨海公園・タワー下に集う若者 (右)朝の陽光を浴び感激に浸る......
c0119160_21494575.jpgc0119160_2152865.jpgc0119160_21424786.jpg
今回の大震災報道は東北が中心となっており茨城・千葉は割を食っていると思います。津波被害の悲惨さ・原発被害で東北の深刻度とは比較にならない事が理由かもしれませんが、茨城被害も相当なものです。度重なる余震が連続、福島原発の農漁業への風評被害、苦しみは量り知れません。


   .....(左)「鹿島臨海鉄道」広い野原の線路 (右)「住金鹿島」(今度新日鉄と合併)も大被災.....
c0119160_21445479.jpgc0119160_21564975.jpg
c0119160_21572635.jpg
鹿島はまさに企業城下町。工場操業が止まり生産活動停止となれば、下請け業者への仕事が減少、従業員の給料カット・市の税収減へと繋がり、影響は即、街の景気に大打撃となることが確実・・


     .........鹿島工業地帯の上には大雲塊、北アルプス連峰の様だった!.......
c0119160_221198.jpg

これから被災地に残った課題は余りにも多く半年前に見た鹿島・黎明光景(ホンワカした雰囲気)に戻るには相当時間がかかるのかもしれません。一刻も早く平常な生産活動や日常に戻ることを祈念!




★2500年以上の歴史を誇る古代神社「鹿島神宮」

さあ、最大のメインイベント!憧れの「鹿島神宮」への訪問です。早朝の凛とした空気の中、神社の鳥居をくぐると赤い「楼門」(日本三大楼門)が出迎えてくれました。やはり威厳が漂い雰囲気があるね~


    .....ついに「鹿島神宮へ!鳥居くぐると真赤な楼門・・、何とこの鳥居も震災で倒壊......
c0119160_2254287.jpgc0119160_21575994.jpg
c0119160_2264911.jpg
神武天皇の御代に創建、天智天皇が神宮を造営。その後歴代の天皇や将軍により修造・寄進され、現在の本宮社殿は2代将軍徳川秀忠より奉納(1619)の国・重要文化財、桃山期の極彩色が華やか!社殿背後の巨木は根廻り12m、樹齢1,200年と推定されるご神木。確かに巨大杉が多いね~


  ......ルーツは何と紀元前660年鹿島神宮「本殿」、2500年超の歴史を刻む社殿は威厳が漂う........
c0119160_2283831.jpgc0119160_21592778.gif

c0119160_2291452.jpg
神宮本殿には、日本古代史から崇められた軍神「武甕雷男神」(タケミカヅチノミコト)が祀られています。社殿から奥へと進むと、巨大杉林立の奥参道が奥宮の方に延びていました。神寂びた雰囲気ある美しい大森林は「鹿島の杜」と呼ばれ21万坪800種以上の草木が茂る天然記念物となっています。


   ......朝の清冽な空気の中、「鹿島の杜を進み行く。巨大な古代杉から空仰ぐ.......
c0119160_22122282.jpgc0119160_22125039.jpgc0119160_22132097.jpgc0119160_222588.jpg


c0119160_22134522.jpg
「天照大神」は当時出雲の大勢力「大国主」に国を明け渡すよう迫っていましたが、出雲の抵抗で事態は進展せず・・、業を煮やした天照神は、武甕槌(タケミカヅチ:鹿島)と経津主(フツヌシ:香取)の2大武神を出雲に派遣、最後は大国主に国譲りを行わせました。鹿島神宮と香取神宮の兄弟神話の由来・・


     ........神話時代、最強武力を誇った武甕槌神(タケミカヅチノミコト)が祀られる。.........
c0119160_22283320.jpgc0119160_22285775.jpg
c0119160_2212891.jpg

参道を行くと左手に鹿園があり「神鹿」の由来が記載してあります。大和朝廷時代となり権勢を握った藤原氏は、奈良を守るためには鹿島の地からこの軍神を呼び寄せることが平定の道と考え「春日大社」を建立しました。鹿島軍神を奈良に分祀する際、神鹿を守りとして一緒に奈良へ招き入れました。


     ........神の使い「神鹿」の立て札、鹿島神宮は名の通りシカに深い由来........
c0119160_22305382.jpgc0119160_22311418.gif
c0119160_22315582.jpg
そして神鹿の末裔達は、奈良観光の名物「春日大社の鹿」となっています。そうか~、奈良公園のルーツは鹿島アントラーズのご先祖様の鹿達だったのか!ちなみに「アントラー」とは鹿の角という意味です。


     ........奈良公園(春日大社)の鹿はここがルーツ、鹿島神宮から運ばれた。.........
c0119160_22392136.jpgc0119160_22395157.jpgc0119160_22401624.jpg
やや薄暗い木漏れ日注ぐ一角に鳥居と、鯉が泳ぐ群青の湧水の池があります。神秘的な清冽な泉は「御手洗池」(mitarashinoike)。鹿島の七不思議の一つとして、この池には誰が入っても同じ深さ、子供が入っても大人が入っても水面が胸の高さを越えないと伝えられます。


      .......参拝前に信者が身を清める「御手洗池」、紅葉が輝いていた。.......
c0119160_22461964.jpgc0119160_22472115.gifc0119160_22475655.gif


c0119160_22484049.jpg
  ......神代から湧き出ずる御手洗池,鹿島七不思議の一つ(干ばつ時も涸れたことなく鯉泳ぐ).......
c0119160_5344542.jpgc0119160_5351042.jpg

鹿島神は元々常総地方の土着神でしたが、神話に最強武力神として登場した背景には、大和政権の蝦夷征伐との関係があるようです。朝廷軍が東北地方に遠征する時、鹿島の地は重要な軍事拠点でした。そして北進する朝廷軍を守護する軍神として霊威力を発揮したのが鹿島神だったという訳です。


        .........鹿島神宮「奥の宮」、ここは最大パワースポットかも・・・........
c0119160_537880.jpgc0119160_7171931.jpgc0119160_2263198.jpg


c0119160_5381293.jpg
尊王攘夷の基礎となった水戸学は、鹿島神宮など茨城に根ざした神話や古事記がルーツとなっています。「常陸」(hitachi)は、日本で一番先に太陽が出る最東端(常陸←日立=日が立ち始める神聖な国)として崇められてきました。武神の威力は太陽によってパワーが注がれると考えられたのでしょう。



★「レイライン」(太陽の通り道)の最東端、日本の夜明けは「鹿島」から・・


初日の出が一番早く拝める場所は、鹿島灘に突き出た房総半島・最先端「犬吠埼」。神話時代から太陽は絶対的な崇高な存在であり、鹿島の地は崇敬を集めていました。ちなみに日本での最東端は納沙布岬(根室市)ですが、冬季の太陽は南東から明けるので初日の出はやはり鹿島エリアが一番先


  .....出雲と対峙した「天照大神」の要請を受け、2武神(タケミカヅチ&フツヌシノミコト)出征の絵図.......
c0119160_22414983.jpgc0119160_22425264.jpgc0119160_22434057.jpgc0119160_22442741.jpg

地球は地軸が23.4度傾いているため、公転時に太陽から受ける光・エネルギー量の変化が生じ四季が存在します。天孫降臨の「高天原」(宮崎県)を起点として太陽の通り道(地軸傾斜23.4度)に線を描くと不思議なことに気が付きます。線上に日本有数のパワースポットが多く位置しているのです。


   ......日本列島を縦断通過する太陽の道「レイライン」の上に数々の神社・パワースポットが存在......
c0119160_2315101.jpgc0119160_2255361.jpgc0119160_22552860.gif
c0119160_2257799.jpg


最も力強い生命力を与える夏至の太陽の動きを、「高千穂」からスタートすると「剣山(四国)」⇒「高野山」⇒「吉野山」(奈良)⇒「伊勢神宮」⇒「富士山」⇒「明治神宮」⇒「皇居」、最東端がまさに「鹿島」。高千穂から太陽が昇る日の出方向を求め、日本人はレイライン(太陽の道)に聖地を造ってきたのかも・・


     .......最大のパワースポット「要石」、大地震の根源「なまず」を抑える石として祀られる。.......
c0119160_228529.jpgc0119160_2291237.jpg
c0119160_229406.jpg

鹿島七不思議の最大のパワースポットは「要石」。これは地中に眠る大鯰が暴れて大地震が起きないように頭を押さえている封じ石とのこと。見かけは人間の頭程度しかありませんが地中深くまで続く一枚巨岩らしい。水戸光圀が一週間掘ってみたが、終に実現しなかったという伝説の不思議石なのです。


        ......鹿島神宮、朝の境内。神聖空気に触れ大きな力を受けたような気が・・.....
c0119160_2216052.jpg
c0119160_22142411.jpg

茨城沖は太古時代から地震が多い場所だったのかも・・。今回は要石の封じが外れちゃったのかな?
太陽&地震、まさに自然威力を恐れ、崇めてきた日本人のルーツがこの神宮には存在する気がします。




★燦然と輝くJリーグ屈指の名門「鹿島アントラーズ」


鹿島と言えばアントラーズ、今やJリーグ超名門!Jリーグのスタート(1993)以来18年になりますが何とその内6回優勝しているのです。その他ナビスコ杯・天皇杯も各2回優勝、まさに無敵の強さを誇ります。
c0119160_2225282.gif
c0119160_22261461.jpg

Jリーグ発足当初は鹿島にプロチームをつくること自体に無理があると言われました。小規模の街で大スタジアムもなかったからです。しかし住金を母体に鹿島市民が一体となって即座にカシマサッカースタジアムを造り上げ開幕に間に合わせました。今回初めてその雄姿を目の当たりにしてその熱気を感じました。


  ...(左)鹿島スタジアム熱狂サポーター応援風景 (右)アントラーズ戦士(大船渡の小笠原、シャルケ内田も)....
c0119160_22285190.jpgc0119160_22291410.jpg
c0119160_22294248.jpg

W杯で活躍したスーパースター・ジーコをブラジルから招聘し、プロ意識を徹底的に植え付けられて何と発足の年に準優勝の好成績、その後、アルシンド(友達ならアタリマエ~)やビスマルクなどを補強し1996年に初優勝!その後の強さは今に至り、2007-09年は3連覇も果し、その栄光の輝きはまさに偉大です。
               

   .....アントラーズの礎を築いた初期スーパースター達(ジーコ、アルシンド、ビスマルク、マルキーニョス、レオナルド).......
c0119160_22385789.jpgc0119160_22391637.jpg
c0119160_22393897.jpg
c0119160_659210.jpg
c0119160_2240623.jpg

鹿島市民が一丸となって応援する熱狂的なサポーター体制が選手達に勇気を与えるのでしょう!鹿島アントラーズの強さは、神の鹿が「鹿島神宮のパワー」を運び与えてくれる賜物なのかもしれません。カシマスタジアムも地震に見舞われたが鹿島軍神が守ってくれる!


   .......鹿角アントラーの強さ!右は怪獣「アントラー」模型(3式機龍殿のプレゼント)・・、アッ関係ね~か.......
c0119160_224625100.jpgc0119160_732253.jpg
c0119160_22464171.jpg





★上総一之宮の「香取神宮」(鹿島神宮と兄弟神社)


そして鹿島神宮の近隣には(千葉県ですが)、先程紹介した兄弟なる「香取神宮」が鎮座しています。天照大神命を受けた香取軍神「経津主」(フツヌシ)は鹿島タケミカヅチと一緒に西征し出雲の国譲りを実現


    .......「香取神宮」の鳥居、 紅葉や菊祭りで賑う境内。菊花が雪の如し.......
c0119160_7393218.jpgc0119160_740726.gif

c0119160_7474484.jpg

鹿島神宮の色彩が全体的に落ち着いたダーク系色であるのに対し、香取神宮は朱色で明るい感じがする。しかし兄弟神宮であるだけに、建物は楼門・本殿・奥宮・森など全て同じように対で存在


          .......香取神宮「総門」、朱色・黄葉のコントラストが映えていた(10/11月)......
c0119160_7465967.gifc0119160_7403619.jpg
c0119160_7472521.jpg


対の極めつけは、香取神宮にも地震封じの「要石」が存在、水戸光圀が掘り出せなかった逸話も一緒
鹿島神宮も昔は香島神宮と呼ばれ「香」の字・共通でしたが、鹿に縁があり鹿島に名を替えたとのこと


      ......香取神宮にも地震封じ「要石」があった!正に鹿島神宮と対なす兄弟神社!......c0119160_813189.gifc0119160_8132419.jpg
c0119160_8135290.jpg


    ......(左)神宮参道を「七五三親子」が歩く。微笑ましいネ~ (右)「奥宮」は少し離れた場所......
c0119160_8193641.jpg
c0119160_8195989.jpg

香取神宮の長い参道は、両脇に沢山の石灯籠が配置され明るい緑に包まれて実に風情があります。七五三参拝を終え、3歳の女の子がチョコチョコと長い参道を歩き下り行く可愛らしい姿が印象的でした。




★カンバレ!茨城・SUNRISE!

今回の旅は「鹿島神宮」(茨城)から利根川を渡って「香取神宮」(千葉)に入りましたが、この辺りは常総地区と呼ばれ一体感があります。次回はアヤメの咲く頃に合わせて利根川を挟んだ水郷(潮来・佐原)を紹介してみたいと思います。このエリアも液状化現象で内陸部でも相当被害があった模様・・


          .........茨城南部ルートを辿り、いよいよ上総国(千葉)へと入っていく。........
c0119160_9531286.jpg

大地震発生1週間前(3/4)に鹿島海岸浜にイルカ50頭が打ち上がっていたそうです。地震封じの神様であるべき鹿島神宮も鳥居が壊滅状態となり、まさに千年に一度の大震災というしかない惨状です。


   ......大地震発生前の鹿島海岸にイルカ50頭・・、予兆?そして鹿島神宮の鳥居も無残な姿に・・.....
c0119160_9262482.jpgc0119160_9264683.jpgc0119160_92783.jpgc0119160_9272756.jpg

c0119160_1221432.jpg

茨城・千葉の被災規模は東北に比べれば小さいもしれませんが、続く余震恐怖、農業・漁業・観光での福島原発の風評被害、精神的ダメージは相当なものと察します。心からお見舞い申し上げるとともに日の出の聖地・茨城が一刻も早く復活し明るい夜明けを迎えられるよう祈念します。ガンバレ茨城!

c0119160_111426100.jpgc0119160_11112249.jpgc0119160_11134421.jpg
c0119160_11121327.gif

c0119160_12353152.jpg
c0119160_1236326.gif
   ....(上)日が立つ常陸国、鹿島の海・怒涛サンライズ (下)鹿島コンビナートの夜明け......
c0119160_11105827.jpg


                                                        おわり

                                     (その4):「水郷」(潮来・佐原)編へ続く


次回は「横浜開港の道:夜景ライトアップバージョン」(その3)を予定
c0119160_1024138.jpgc0119160_103119.jpgc0119160_103215.jpg

  by rollingwest | 2011-05-09 00:00 | 旅の風景 | Comments(52)

<2011年2月24日>【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅】②:水戸・大洗・鹿島灘編

                                  (その1):牛久・霞ヶ浦・土浦・笠間編より続く



★彰考館「徳川博物館」

c0119160_20264267.gifc0119160_20273910.gif
c0119160_2028733.gif

石岡・笠間から東進、茨城・県庁所在地「水戸」(初の訪問)に入りました。水戸といえば「偕楽園」が有名ですが、その記事は後程・・。水戸駅前には黄門様・助さん・格さんが象徴の如く並び立っています。♪「人生~楽あリャ苦労あるサ~♪」・・まずは徳川家に所縁深い彰考館「徳川博物館」を紹



    ......(左) 水戸駅前の黄門様&助さん・格さん (右)ご存知、水戸将軍家のご印籠.....
c0119160_21211815.jpgc0119160_20335265.gifc0119160_20393110.gif

c0119160_2142576.jpgc0119160_20401646.jpg


c0119160_20405534.gif



偕楽園公園の西端に彰考館「徳川博物館」はありました。水戸光圀(黄門様)、中興の祖・徳川斉昭、最後の将軍・徳川慶喜を顕彰しています。さすが徳川御三家(水戸・尾張・紀伊)の地元だナア・・


   .....(左) 水戸黄門(徳川光圀)の銅像、遠くには慶喜像 (右)歴代の著名な徳川将軍.....
c0119160_21153319.jpg
c0119160_2123930.jpg

水戸徳川家伝来の大名道具や古文書を寄贈して設立された(財)水府明徳会の博物館ですが、ここには歴代所縁の甲冑・刀鎗・弓・武具・馬具・絵画・調度・楽器・遊戯具など3万点が所蔵されていました。


        ......(左)水戸徳川家の宝物厨子       (右)蒔絵の酒杯、宝物箱.....
c0119160_21284434.jpg
c0119160_2129145.jpg


ご存知と思いますが、黄門様の諸国漫遊は全くの作り話。助さん・格さんは架空人物ですがモデル家臣は実在したらしい・・。ウッカリ八兵衛や風車弥七はドーデモいいけど、由美かおる美貌は化け物級!


  ....水戸光圀の肖像、顎鬚ないとイメージ違うなア・・。あっ黄門様、由美様を見詰めてます?H.....
c0119160_22341124.jpgc0119160_11403721.jpg


c0119160_22512795.jpgc0119160_22425920.jpg
c0119160_22342718.jpg


水戸藩2代藩主の徳川光圀公(黄門様)は全国行脚はしませんでしたが、「大日本史」の編纂に取り組みました。1657年に着手、1906(明治39)に完成し明治天皇に献上されたそうです。250年の歳月をかけて編纂された歴史書ってスゴイネ~!「大日本史」が編纂された場所が「彰考館」だったのです。


      ......彰考館「徳川博物館」には徳川斉昭(烈公)の直筆「尊攘」の掛け軸が・・.....
c0119160_11383294.jpg
c0119160_22555378.jpg

「水戸学」は日本古来の伝統を追求する学問、吉田松陰・西郷隆盛など多くの幕末志士に多大な影響を与え「尊王攘夷」思想として明治維新の原動力となりました。水戸学は前期(光圀の修史事業)と後期(徳川斉昭が開いた藩校・弘道館)に分かれるとのこと。弘道館の記事は後半で紹介します。


        ......(左)徳川慶喜の晩年・楽山翁の姿  (右)若き頃の慶喜(Last将軍).....
c0119160_891112.jpgc0119160_8211718.jpg

c0119160_8214288.jpgc0119160_894326.jpg
c0119160_81041.jpg


第15代将軍「徳川慶喜」は水戸出身、江戸幕府最後の将軍として幕末・明治維新のキーマンで登場する人物です。フランスと手を組み幕府の軍制改革を行いましたが、大政奉還で江戸城を明け渡し、鳥羽伏見の敗戦ではあっさり朝廷側に降伏してしまいました。無血開城も含めて彼の評価は様々です。


             .......展示室入口のガラスも「葵の御紋」でゴザイマシタ~!.....
c0119160_8281995.jpgc0119160_8285460.jpg
c0119160_8292359.jpg


慶喜の真意は定かではありませんが、水戸徳川家が天皇家中心の世界を理想としたこと、慶喜の母も皇族出身だったので朝敵になることを極端に恐れていたからではないでしょうか。結果的には薩長の仕掛けで朝敵にされたのだから少し可愛そうダナア・・。勝てば官軍・負ければ賊軍って訳か・・





★日本三公園「偕楽園」(梅の名所)


c0119160_8345985.jpgc0119160_8353474.jpg
c0119160_8355162.jpg


水戸「偕楽園」は、金沢「兼六園」・岡山「後楽園」と並び「日本三公園」の一つ。この名園は徳川斉昭(水戸藩第9代藩主)によって1842年に造園されました。斉昭は千波湖を望む高台を切り開き、領民・皆と偕(とも)に楽しまんと願い「偕楽園」と命名したのです。望台の眺めは実に素晴らしかった!


             .......水戸「偕楽園」から見渡す晩秋の千波湖(10年11月).....
c0119160_8452057.jpg


   .....(左)偕楽園の晩秋風景、実に広大な梅園! (右)屋根つき滑車井戸(10年11月).....
c0119160_8592125.jpg
c0119160_859437.jpg


公園の一周距離は500m程度ですが、小高い山なので自然丘陵地形が全体に生かされ、ゆっくり歩いて20分はかかります。偕楽園といえばやはり梅!広大な園内(約13ha)には100品種・3千本の梅が植えられ、早春は多くの観梅客で賑わいます。今回は晩秋訪問でしたが春に訪れてみたいネ~


      ......梅・満開時の偕楽園の賑いは実に壮観だネ~!(ネット写真).....
c0119160_935835.gifc0119160_9686.jpgc0119160_98776.jpgc0119160_983375.gif





c0119160_994462.gif

梅林に名を馳せる偕楽園、その他の花や緑でも四季折々の風情・見所があり、春には桜、初夏は深紅のキリシマツツジ、真夏に緑鮮やかな孟宗竹や杉林、秋は萩、初冬には二季桜で彩られるとのこと


             ......孟宗竹林の入口、「一の木戸」は実に風情あり.....
c0119160_9314090.jpg

偕楽園のシンボルは「好文亭」。徳川斉昭が偕楽園内に文人墨客や家臣・領民を招いて詩歌や養老会を催す場所として建てられました。三階「楽寿楼」からの眺望は見事!素剛優雅な外観は水戸武士風格が漂うような建築。「好文」の名は梅の異名で中国の故事に由来して名付けられたそうです。


   ....晩秋の「好文亭」 (左)入口風景 (右)渋い雰囲気の建物から素晴らしい眺望が得られる....
c0119160_9361062.jpgc0119160_9363694.jpgc0119160_10154345.jpg





c0119160_9373031.jpg


       ......(左) 好文亭を囲む満開の白梅紅梅 (右)秋のライトアップは実に幻想的.....
c0119160_9403881.jpgc0119160_941115.jpg

昨年末から寒~く厳しい冬が続いていましたが、漸く春到来!全国的に梅が盛りの時期となってきたナ~!今年の「水戸・梅祭り」は2月20日から開催しているそうです。いつか行ってみたいネ~!


       ......水戸梅まつり全景の写真、100品種・3千本の梅園は実に壮観!......
c0119160_9444135.jpg







★水戸学の精神を受け継いだ藩校「弘道館」

先述した後期水戸学の「弘道館」(1841年徳川斉昭が開いた藩校)を紹介します。水戸城・三の丸にあり敷地面積は2万㎡(大半は武術場と馬場)、正庁は国の重要文化財指定の書院造りです。
c0119160_113466.gif

      ......(左)「弘道館」外郭門入口 (右)水戸学のメッカ・弘道館の正面玄関.....
c0119160_10241580.jpgc0119160_10243987.jpg

弘道館は正庁を中心に左右に武館・文館があり、その他に天文・数学・地図・医学館などが立ち並び、まさに総合大学として日本一の偉容を示しました。水戸学のメッカとして「学問と事業の一致」や「尊王攘夷」の明確な理想を持ち、幕末・明治維新に活躍した尊王志士に大きな影響を与えたのです。


    ......(左)床の間には水戸思想「尊攘」の掛軸  (右下)七郎麻呂(慶喜)と斎昭(烈公).....
c0119160_10344910.jpgc0119160_10351129.jpgc0119160_10353514.jpg



c0119160_11221648.jpg


弘道館の教育理念を実際に示したのは藤田東湖であり、古事記・日本書紀の建国神話を基に日本固有の秩序・道徳を明らかにし尊皇思想が確立されました。徳川斉昭は文武両道の藩校・弘道館を発展させた水戸徳川家・中興の祖ですが、「烈公」と呼ばれるだけに気性が相当激しい人だったのかも


   .....(左) 慶喜が謹慎した「至善堂」御座の間 (右)居間には木製・消防ポンプ(雲龍水).....
c0119160_10514035.jpgc0119160_105235.jpg

Last将軍・徳川慶喜は鳥羽伏見の戦いに敗れ江戸無血開城後は、弘道館の「至善堂」で蟄居謹慎をしていました。しかし静岡へ移転させられ生まれ故郷に滞在できたのは僅か4ケ月だったらしい
c0119160_10542337.gif

今日は欲張って史跡探訪巡りをしてきましたが、結構いい時間になってきた。今夜の宿泊は鹿島市内で予約なので、大洗海岸の「幕末明治記念館」や「磯前神社」を回ってしまおう・・、いざ大洗へ!
c0119160_1055322.gif






★鹿島灘の怒涛、「大洗海岸」

水戸から南東10km程移動すると鹿島灘・大洗海岸に行き着きます。鹿島灘とは茨城県東部「大洗岬」~千葉県東部「犬吠埼」に広がる太平洋海域を指し、南北に緩やかな弓状の弧を描く美しい砂浜海岸が広がっています。でも外海の波が直接押し寄せてくる場所なのでまさに怒涛荒海の光景!


     ......(左)「大洗岬灯台」には鹿島灘の怒涛が押し寄せる (右)大洗港が一望のマリンタワー......
c0119160_1164846.jpg
c0119160_117940.jpg


茨城の港というとコンビナート工業港の鹿島や日立が頭に浮かびますが、大洗港は北海道・苫小牧へのフェリーターミナル(商船三井)が知られています。広大な砂浜(サンビーチ)を持つ大洗海水浴場も有名!


    .....(左) 岸壁釣りに興ずる夫婦 (右)漁船の合間から見る夕暮れの大洗フェリー.....
c0119160_11103168.jpgc0119160_1111191.jpg

大洗海岸は海草の種類が日本一多い所らしい(驚!)釣り場所でも有名で岸壁には沢山の太公望達がいました。太平洋でぶつかる黒潮・親潮から多くのミネラルや栄養素が寄せられてくるのでしょう。


    .....日沈後、徐々に暗くなる海。怒涛の大洗海岸はさらに荒々しさを増していた。.....
c0119160_1113465.jpg






★常陸国の「明治記念館」


明治記念館というと明治神宮の結婚式場(赤坂)が有名ですが、茨城にも「常陽・明治記念館」が存在!コチラは「幕末明治記念館」と呼ばれ、明治天皇の御下賜品や維新の志士・元勲達の書画等を展示しています。明治天皇の宮内庁長官を務めた田中正顕伯爵(元・幕末志士)が寄贈し大洗海岸に開館


    .....(左)「幕末明治記念館」の明治天皇像 (右)天皇の衣装・太刀、肖像が陳列......
c0119160_11211864.jpgc0119160_11214191.jpg
c0119160_1122790.jpg


昭和初期に開館した「常陽明治記念館」は大洗松林に囲まれ落ち着いた雰囲気で多くのお宝物を鑑賞できます。明治天皇の肖像や衣装、幕末動乱の瞬間を活写した「桜田門外襲撃図」や徳川慶喜の書など貴重な品ばかり。因みに映画「桜田門外の変」のロケ撮影は水戸で行われました。
           

     ....明治維新へと繋がった「ペリー来航」と「桜田門外の変」ジオラマが展示.......
c0119160_1237812.jpg

「桜田門外の変」は水戸浪士18人が大老・井伊直弼(開国推進)を襲撃した有名な幕末維新史・最大エポックですが、薩長志士のヒーロー扱いに比べると、水戸浪士達の人生は全く知られていません。事件背景や彼らの計画内容・その後の顛末等がどのように描かれたのか、結構興味がありますねエ・・


  .....映画「桜田門外の変」(2010年秋)、ロケ地水戸には幕末の江戸城が再現された。.....
c0119160_1248538.jpg





★神代の創建「磯前神社」・・、大洗岬を後にして鹿島へと向かう


「大洗磯前(isosaki)神社」は古代神話の神様(大己貴命&少彦名命)が祀られ、創建は平安時代初期(856年)だそうです。一度荒廃した時期もありましたが、現存の社殿・神門は徳川光圀らが寄進して再建されました。茨城は古代神社が多いね~、(その3)で紹介する鹿島神宮はもっと凄いゾ~!


   .....(左)「大洗磯前神社」の威厳ある拝殿 (右)菊御紋に囲まれ、大己貴命らが祀られる。.....
c0119160_1257214.jpgc0119160_12575290.gif
c0119160_12582092.jpg


磯前神社は大洗岬の丘の上に鎮座、漁業の神・医療の神として地元で篤く信仰されます。856年、鹿島の海に光が突然現れて大洗磯前の神として降臨・鎮座したと文徳天皇実録は伝えています。
c0119160_1435592.jpg

         .......大洗岬「磯前神社」の拝殿・鳥居越しにと荒磯海岸が広がる。.....
c0119160_14264430.jpgc0119160_12575290.gif
c0119160_1428923.jpg

海岸岩礁には神霊が出現すると言われる「神磯の鳥居」が建てられています。陸地と海原の境界は「この世と異界の境界」らしい。下記写真を見ると異界への神霊ゲートという雰囲気がするねエ・・。


        ......月光の海に輝く「神磯の鳥居.」(ネット写真拝借)、何と荘厳神秘的!....
c0119160_14361712.jpg

先程紹介した鹿島灘は外海に面した怒涛の波が荒ぶる海。ここから日本一早い日の出を拝める海であることから古の人々は当地を神聖な場所として崇め、パワースポット神社が数多くあるのでしょう。古事記・日本書紀を礎に尊皇・水戸学が発展したのは当地に数々の神話が残っているからなのか・・


          .......再び、夕暮れの大洗岬・灯台と鹿島灘・大洗海岸の怒涛.....
c0119160_14525475.jpgc0119160_14531922.gif

c0119160_14535046.jpg

水戸・大洗の見所を十分満喫し、海沿い国道51号線を突っ走り今夜の宿泊地・鹿島へと向かいます。もう周辺は完全に真っ暗・・。鹿島までは30数kmの距離があり、宿に到着したのは19時半頃。(その3)は日本最大2600年の歴史を誇るパワースポット「鹿島・香取」の2神宮が登場!


  ......【常陸・房総の旅】(その3)鹿島神宮(左)香取神宮(右)の記事は6月初め公開予定......
c0119160_14591989.jpg
c0119160_14593716.jpg




                                  (その3):「鹿島神宮」「香取神宮」編へ続く


                                                        つづく



次回記事は、「近江・琵琶湖の風景、レビュー」(その1):坂本・大津編をお送りします。
c0119160_1562010.jpgc0119160_1564198.jpgc0119160_1565913.jpg

  by rollingwest | 2011-02-24 00:00 | 常陸・房総の旅 | Comments(54)