タグ:新緑山行 ( 1 ) タグの人気記事

 

<2008年4月27日>秀麗富嶽十二景(その4):奈良倉山

c0119160_8264966.jpg
奥多摩と大菩薩嶺を結ぶ山塊にある「奈良倉山」、ここは秀麗富嶽十二景(山梨大月周辺の富士山絶景ビューの山々)の1つですが、今回は職場で山好きの方の紹介により低山愛好グループ「テオリア」に初参加。皆さんから明るく迎えて頂き、春の新緑山行を楽しく過ごさせてもらいました。


      .....当日は雲の中で見えなかったが、奈良倉山から眺望される富士山風景......
c0119160_7354580.jpg
                 第14回「秀麗富嶽十二景」写真コンテスト入賞作品より


写真家「白旗史朗氏」監修コンテストで有名な「秀麗富嶽十二景」の山々を昨年から登り始め、これが4座目の登頂。ガスで富士は見えず(天気はGood)少々残念でしたが、実におもしろかった~!

                 「秀麗富嶽十二景」デジタルミュージアム



....(左)不思議の花(カサネランという葉緑素のない植物)  (右)木々の芽が膨らむ春の山......c0119160_843630.jpgc0119160_845762.jpg

JR中央本線「上野原駅」に8時過ぎ集合。初めてテオリアの皆さんにご挨拶。富士急バスで鶴峠にて下車。JTの森から植林された山道を登っていくと、まもなく奈良倉山(1349m)に到着しました。
意外にあっさりと到着。晴天なのに残念ながら期待の富士山は見えず~!(冒頭写真でご勘弁・・)


 ....(左)芽吹寸前の木々の道を行く (右)ヤブレガサ(若葉が破れた傘に似ている由来の名)......c0119160_89556.jpg




c0119160_892336.jpg
                                  クリックすると拡大表示されます。↑


さてパノラマが駄目なら最大の楽しみは、心地よい風を受けながら、新緑・芽吹きを味わう山歩き。地面に変わった葉や綺麗な花があれば、ついバシバシと写真を撮ってしまいました。(若干2~3名)
c0119160_812679.jpg


  ...(左)生き々と開き始めるコナラの新緑.....(右)大きなカタクリの花に遭遇。実に鮮やか!...c0119160_8333892.jpgc0119160_8335719.jpg


自然林を歩き抜けていくと松姫峠の林道に出ました。最盛期には富士急バスは1300m近いこの峠まで乗り入れており、ハイカーの新コースとして人気が高まっているようです。ここから程なく次のピーク鶴寝山に到着。さあ昼食!手作りラーメンや手持料理を振舞い合い楽しい時間が過ぎていく。


...(左)テオリアの皆さんと集合写真(奈良倉山頂)... (右)昼食風景、皆お互い実に面倒見がよい...c0119160_836161.jpgc0119160_8361436.jpg

するどい突っ込みとボケの応酬が常に飛び交いワイワイと明るく楽しいテオリアの皆さんでした。c0119160_18325372.gif
マイブログに時たまコメントを頂けるリトルセサミさんは写真のプロ。道具にもこだわり抜き、十数万円もするカメラ(レンズ代は別)を最近買ったとのこと。三脚も数万円・・・、スゴイ!


 .....(左)トチノキの大木を見上げるS川さん......実が猫の目に似る↓.ボタンネコノメソウ(右)....c0119160_844596.jpg









c0119160_8454718.jpgc0119160_8502725.jpg
.....(中)苔に覆われた二股の倒木、縦にすると↑コマネチッ!・・(あっ品がなくて失礼~)......


    .....トウゴクミツバツツジが鮮やか! 芽吹きの淡緑と、紫の花のコラボは心が和む。.....
c0119160_8553018.jpg



さて本コースの目玉は「オオトチの巨樹」と「ワサビ田」です。山腹を巻くように下山道を進んでいくと、涸れ沢がぶつかる曲り道にその「神々しい栃の巨大樹」は斜上するように鎮座していました。
その高さを全て写真では表現できませんが、下から見上げた画像でその大きさをご想像あれ!
c0119160_8573726.jpgc0119160_858192.jpg
 .....ついに出た、トチの巨大樹!下から見上げるとムーミンかトナカイが変化した巨大怪獣だ~!.....
c0119160_925211.gif


さらに下って沢筋が近くなると段々畑然とした「ワサビ田」に遭遇!清冽な谷間の流れに沿って営まれています。若々しく柔らかなワサビの葉には白い花が点々と咲き、そよ風に揺れていました。

     .....渓流沿いには「ワサビ田」が棚田のようにも見える。実に風情と清涼感がある。......
c0119160_934878.jpgc0119160_94882.jpg
静岡時代にはよく遭遇した光景だけど、まさか東京近郊でこんな場所があったとは・・(目にそよぐ)
c0119160_962181.gif



登山道はやがて人里に入り、いよいよゴール。終点での楽しみはもちろん温泉!ここで浸かった「小菅の湯」は非常にツルツルとした名泉でした。この泉質は、国内の有名な温泉やかけ流し温泉にも十分渡りあえる素晴らしさです。本当にオススメ、皆様も是非とも一度訪れてみて下さい。

....(左)鄙びた民宿とユキヤナギ  (右)小菅の湯に到着~(最近人気上昇の穴場らしい)......c0119160_981545.jpgc0119160_983120.jpg
c0119160_9101840.jpg

     .....「小菅の湯」入り口の前には、美しい菜の花畑が広がっていた!......
c0119160_911664.jpg


最近、JR中央本線沿線の山に行く機会が増えました。自宅から2時間以内で行ける近さは非常に魅力的です。そして結構穴場の見所や温泉が多いことも新発見。昨年から秀麗富嶽十二景の山々は自分にとっての確実にマイブームとなってしまいました。さて5番目はどの山にしようかな。
c0119160_9114066.gif

                                                       おわり

        リンク:「秀麗秀麗富嶽十二景」に関する記事、過去登った山の記事はこちらから。

  by rollingwest | 2008-04-28 07:32 | Comments(16)