タグ:職場仲間HUBの会 ( 3 ) タグの人気記事

 

<2019年6月>職場後輩達との秦野(神奈川)・新緑ハイキング


c0119160_15532999.pngc0119160_15542237.pngc0119160_15534778.jpg


★今年2回目の職場後輩達を連れてのハイキング(新緑の秦野エリア)


今年1月に職場後輩達を連れて「南房総ハイク」(富浦・岡本桟橋、鋸山、養老渓谷)に案内しましたが、今回企画は新緑の神奈川県秦野ハイキング。点在する名水&パワースポット探訪、弘法山登山後は鶴巻温泉で汗を流しました。当エリアも相当な穴場見所です!

                           <2019年1月>職場後輩達との南房総ハイキング


   .....(左)秦野市は神奈川西部にある大山・丹沢の麓街 (右)山好きの職場仲間が集合!....
c0119160_16034063.jpgc0119160_16040581.jpgc0119160_16042509.jpg
c0119160_16045121.jpg
c0119160_16111796.png


職場後輩とのハイキングは昨年6月「奥多摩鳩ノ巣渓谷&日原鍾乳洞」、今冬の「南房総ハイク」に続く3回目ですが参加者が徐々に増えて、今回は合計9名(男性6・女性3)となりました。6月2日(日)小田急線秦野駅南口に9:00待ち合わせ、皆で集合写真を撮っていざ出発~!


     ....秦野駅南口に朝9時集合。駅前広場に秦野の名水・湧水MAP板が掲示されている....
c0119160_16214388.jpg
c0119160_16220841.jpg


今回のハイキング計画は午前中に駅南口から出発し秦野盆地湧水群とパワースット神社参拝の平地巡りから開始。駅前の湧水巡り名水MAP看板が掲示されており興味深く事前確認をしました。

                       <2018年6月>奥多摩ハイキング(鳩ノ巣渓谷・日原鍾乳洞)  





★名水巡りを楽しみながらの秦野ウォーキングがスタート


今日は曇り予報で太陽を望むのは無理かな・・と思いきや、晴れ男・晴れ女が在籍するわがグループは土壇場で天気も変えるパワーを今回も発揮!薄日が差し始め、晴れてきたぞ~!


   ....(左)秦野駅南口から西側へ向かって歩行開始 (右)秦野の名水&神社周遊ルート....
c0119160_16234126.jpg
c0119160_16235513.jpg


富士山の湧水群は過去何度も楽しんできましたが、神奈川県秦野にこんなも凄い名水スポットがあったのか~!と初めて知って目から鱗でした!丹沢・大山からの伏流水が秦野盆地の扇状地に湧き出ており、この地下水は箱根の芦ノ湖の水量を上回るとも言われています。


   ....一番最初に訪問したのは「太岳院」、隣接する「今泉湧水」は別名「太岳院池」ともいう....
c0119160_16283196.jpgc0119160_16545123.pngc0119160_16285750.jpgc0119160_16292031.jpg
c0119160_16294740.jpg


    .....「今泉名水桜公園」の池を周遊、日差しが差し込む新緑と池の休憩所で集合写真....
c0119160_16403529.jpgc0119160_16405481.pngc0119160_16411848.jpg
c0119160_16414471.jpg


隣接する「今泉名水桜公園」は全国名水百選「秦野盆地湧水群」の中でも最大級の水量を誇る湧水池公園で古くから「太岳院池」と呼ばれて地域の人々に親しまれてきました。18種類もの桜が植えられており満開時期の4月は地元の花見客で大いに賑わいます。


   ....2005年市制50周年で整備された秦野「今泉名水桜公園」、大山を仰ぎながら新緑歩き....
c0119160_16473340.jpgc0119160_16475688.jpg
c0119160_16481303.jpg

c0119160_16571938.jpgc0119160_16575698.jpg
c0119160_16581850.jpg







★秦野の隠れたパワースポット「出雲大社相模分水祠」に参拝


出雲大社と言えば島根県ですが、その「分祠」が神奈川県秦野市にあります。出雲大社の関連社は全国にありますが、「分祠」が一番高い格付けで全国でも数えるほどしかありません。分霊も大社と同じご利益をもたらすとされ「関東のいづもさん」と呼ばれ崇敬を集めています。


   ....「出雲大社相模分祠」を参拝、秦野市にこんな凄いパワースポットがあったのか~!....
c0119160_17170002.jpg
c0119160_17171930.jpg


    ....相模分祠は出雲大社・富士山の真東に位置、春分・秋分の日は「太陽レイライン」一直線....
c0119160_17193604.jpg
c0119160_17195363.jpg
c0119160_13482946.jpg

   ....(左)参拝前の手水舎お清め (右)広い境内で5人が「出」の字を表現(チョットこじつけ)....
c0119160_17295975.jpg
c0119160_17302041.jpg


明治21年、出雲国造・千家尊福氏の要請により渋沢峠分院として創建されましたが、昭和50年に現在地へと移転され、その後分祠へと格上げされました。出雲大社は縁結び神様として有名ですが、「ニ礼四拍手一礼」の参拝方式は諏訪大社・弥彦神社・宇佐神宮など高い社格に限られたものです。


   ....(左)出雲大社と同じ風格ある拝殿、太い注連縄 (右)森林の摂社群、巫女さんの姿も....
c0119160_17320924.jpg
c0119160_17322777.jpg
c0119160_17324455.jpg
c0119160_17330985.jpg


   ....注連縄の拝殿に向かってパンパンパンパン「ニ礼四拍手一礼」で良縁を願う福娘達....
c0119160_19231255.jpgc0119160_19234062.jpgc0119160_19400022.pngc0119160_19242990.jpg
c0119160_19245922.jpg


縁結びの神様とあって女性陣は薔薇色の未来を期待しておみくじをドキドキ感で引きましたが結果は「小吉」。皆さん、やや不満ながらも明るい笑顔、まだ全く焦ることもないような気もしますが・・(笑)


  ....良縁のおみくじが出てくるかな・・?「小吉」かア・・でもまあ、いっか!心の持ちようだネ!....
c0119160_19503031.jpgc0119160_19514405.jpg
c0119160_19520433.jpg
c0119160_19563925.jpg
c0119160_19570003.jpg


当社も名水秦野の重要なスポットであり、境内の隣には「龍蛇神の社」が森の中に鎮座しています。龍蛇神とは出雲「神在祭」を迎える際、稲佐浜から八百万の神々を先導する蛇神様のことで、水に纏わる神が東京の近くにこんなにも素晴らしい名水を湧き上らせていたのです。


   ....境内脇の森に鎮座する「龍蛇神の社」を参拝、ここにも秦野名水が沢山湧いている!....
c0119160_17072005.jpg
c0119160_19594053.jpg
c0119160_20012394.jpgc0119160_20022038.jpgc0119160_20024347.jpg
c0119160_20030560.jpg







★さらに穴場パワースポット発見!真っ赤な鳥居が連続出現する「白笹稲荷神社」


分祠近くには関東三大稲荷の一社に数えられる「白笹稲荷神社」が鎮座していました。巨大な赤鳥居が出迎え。正面の緩やかな坂を下ると左手に「笹の湧水」と「子守りキツネ」が登場。拝殿には油揚げが吊るされており、まさに狐ワールドの典型的なお稲荷さん神社だね~!


   .....秦野には関東三大稲荷「白笹稲荷神社」が鎮座(笠間稲荷・装束稲荷と並び称される)....
c0119160_20294995.jpgc0119160_20302357.jpg
c0119160_20312279.jpg


       .....(左)ここにも秦野名水「笹の湧水」(右)拝殿には油揚げが吊るされていた....
c0119160_20401908.jpgc0119160_20555186.jpgc0119160_21125617.pngc0119160_20420643.jpgc0119160_20413715.jpgc0119160_03405301.gifc0119160_03411674.gifc0119160_03405301.gif
c0119160_03411674.gif


参拝を終え、裏手に回ってみると「伏見稲荷」の様な赤鳥居が連続する参拝道が登場!鳥居道をくぐり最終地点には沢山の狐達が祀られています。赤い鳥居エネルギーと白狐の商売繁昌パワースポット、地元七福神の寿老人を祀る神社でもあり、大いに元気を貰ったネ~!


       .....真っ赤な鳥居が連続する参拝道、まるで伏見稲荷のようなパワースポット!....
c0119160_20570140.jpgc0119160_20572473.jpgc0119160_20574723.jpgc0119160_20581819.jpg

秦野は古代大和豪族・秦氏の所縁地で、地元風土記によれば山城国秦公が当地に「伊奈里神」を祭祀したことがルーツ!稲荷信仰を広めた秦氏が秦野地名由来だったのか!日本人苗字にも沢山隠れる秦の字。波多野・畑山・羽田・畠中・服部・大畑・白幡・・、実に沢山あるな~







★秦野の名水風景・田園地帯を抜けて、弘法山への道


再び秦野駅に戻りました。今度は秦野駅北口側に出て弘法山を目指しますが、護摩屋敷の名水、弘法の清水、葛葉の泉、竜神の泉など、各湧水にはさまざまな名称が付けられています。


   .....(左)秦野市街には名水が続々登場 (右)地元で一番有名な名水「弘法の清水」....
c0119160_03473522.jpgc0119160_03480567.jpg
c0119160_03483226.jpg

     .....秦野駅北口に出ると一挙に都会的、躑躅も咲き誇り開放的な空間が広がる....
c0119160_03541758.jpg
c0119160_03543743.jpg


秦野駅から北上して歩いていくと一挙に田園風景(落花生の名産地としても有名)が広がってきたぞ・・。遥か先には大山・丹沢山塊がゆったりと横たわっています。嗚呼、癒しの風景・・!


     .....大山・丹沢から流れ出る水無川沿いに広がる秦野の風景、弘法山へ向かう....            
c0119160_03574637.jpg
c0119160_03583988.jpg
c0119160_04010634.jpg


更に歩き進むと緩やか山容の「弘法山」が近づいてきました。午前中は結構歩いたので登山口手前の温泉施設「名水はだの富士見の湯」で一服休憩!足湯に浸ってから登って行こう!


   .....(左)弘法山の森が近づく (右)「富士見の湯」で足湯に浸って登山への英気を養う....
c0119160_04013666.jpgc0119160_04021205.gif
c0119160_04024321.jpg







★「弘法山公園」で楽しく過ごした昼食タイム


「弘法山公園」は浅間山・権現山・弘法山の3つの山を含む地域を総称し、神奈川県景勝50選、探鳥地50選、花の名所100選、関東の富士見百景に選ばれています。弘法山公園~吾妻山ハイキングコースは桜の名所でありお手軽なルート、一年を通じて多くの人が訪れます。


       .....(左)浅間山頂上にて集合写真 (右)弘法山公園への急な階段が始まる....
c0119160_04220646.jpgc0119160_04223441.jpgc0119160_04231382.jpg
c0119160_04240976.jpg


   .....(左)ガンバレ!ガンバレ (中)弘法山公園広場に到着! (右)お待ちかねの昼食タイム.....
c0119160_04332429.jpgc0119160_04341706.jpgc0119160_04345246.jpg
c0119160_04561864.jpg


計画通り12時過ぎ「弘法山公園」広場に到着!さあ、お待ちかねのランチタイム、冷蔵庫で少し凍らせた缶ビールをプシュ!皆がそれぞれ持ち寄ったつまみや惣菜を持ち寄り楽しい時間


   .....(左)広々とした芝生で寛ぐ男性陣 (右)各自好みの飲料を持ち寄りまったりタイム....
c0119160_04411063.jpg
c0119160_04420151.jpg


          .....紫陽花があちこちに咲き始めている!花弁もよく見ると多彩だね!....
c0119160_04435472.jpgc0119160_04442284.jpg
c0119160_04444414.jpg


お腹を満たした後は「権現山展望台」に登ってみよう!今日は曇りなので残念ながら富士山は見えませんが、快晴ならば大島や伊豆諸島が眺望できるパノラマが満喫できるのです。


   .....「弘法山公園」寛ぎタイムを満喫し、八角形屋根の「権現山展望台」に登ってみよう!....
c0119160_05402125.jpgc0119160_05414790.jpgc0119160_05421300.jpg
c0119160_04350792.jpg


   .....当日は雲が多くて富士山や伊豆諸島は見えずも、新緑森林と秦野の街が一望!....
c0119160_05490481.jpgc0119160_05492543.jpg
c0119160_05501153.jpg







★午後一番「弘法山」を登頂、吾妻山経由で無事下山


弘法山公園は桜の名所としても有名、2千を越える桜がある馬場道は春満開時には桜トンネルとなりピンク色に染まります。実はこのハイキングは桜開花時期の予定でしたがまだ早かったので6月にシフトした経緯にあります。でも新緑トンネルも実にいいね!さあ「弘法山」頂上へと向おう!


   .....さあ午後も頑張って歩きましょう!桜のトンネルを歩き弘法山コースを登って行く....
c0119160_06180089.jpgc0119160_08302513.jpgc0119160_06182125.jpg
c0119160_06184591.jpg


階段を登ると弘法山の山頂に到着!頂上エリアは広場になっており弘法大師(空海)の釈迦堂がありました。空海は若い頃ここで修行していましたが地元に予言を残すなどのエピソードがあり、弘法山の名前由来になっています。お堂を参拝後は公園内の史跡を巡ってみよう!


   .....(左)「弘法山頂上」に到着 (右)前田夕暮の歌碑や鐘楼がある広場で一服休憩....
c0119160_08340506.jpgc0119160_06315423.jpgc0119160_06322092.jpg
c0119160_06310811.jpg


        .....山の名前由来になっている弘法大師・空海が祀られる「釈迦堂」に参拝....
c0119160_08372052.jpgc0119160_06454048.jpgc0119160_06461061.jpg
c0119160_06463225.jpg


弘法山には「乳の井戸」と呼ばれる井戸があり白く濁った乳の香りを漂わせた水が湧き出ていたそうです。赤子を持つ母親がこの水を飲むと乳の出がよくなると伝えられていました。山旅もそろそろ終盤を迎え、善波峠・吾妻山を通過して鶴巻温泉へと無事下山しました。


   .....(左)「弘法・乳の井戸」を覗きこむ (右)さあ最後の歩きを頑張っていきましょう!....
c0119160_06560098.jpg
c0119160_06562333.jpg


    .....(左)大樹道を下り「善波峠」へ (右)最後のピーク「吾妻山」、もう下山のゴールは近い....
c0119160_06582023.jpgc0119160_06583709.jpg
c0119160_06585955.jpg


    .....(左)東名高速が見えてきた (右)高速を横切るトンネルを抜ければいよいよ温泉だ!....
c0119160_07005834.jpg
c0119160_07011683.jpg







★「鶴巻温泉」で癒しの時間、最後は町田で打ち上げ懇親会


鶴巻温泉は秦野市にある小規模な温泉郷ですが、豊かな自然と日本有数のカルシウム含有量(牛乳並)が湧き出る名湯。新宿から65分で来られる東京の奥座敷温泉で大山詣の客でも賑わっており、数件の老舗旅館の他に気軽に立ち寄れる日帰り温泉も充実しています。


     .....(左)お疲れ様でした~ (右)「弘法の里湯」の足湯(無料)に浸かってホっと一息....
c0119160_07060118.jpg
c0119160_07062773.jpg


無事下山して秦野市公営の温泉「弘法の里湯」に入りましょう。まずは駐車場横にある無料の足湯でいい気持!大型旅館の跡地に2001年にオープンした建物の中は明るくホテルのような雰囲気で大きな浴槽。カルシウム効果で疲れを癒し座敷休憩所でリラックスタイム~


   .....公設日帰り温泉施設「弘法の里湯」で汗を流しリフレッシュ!やはり最後は温泉だネ!....
c0119160_07082491.jpg
c0119160_07084222.png
c0119160_07100906.pngc0119160_07103326.jpgc0119160_08522402.png
c0119160_07110169.jpg


    .....(左)小田急線「鶴巻温泉」の駅前広場 (右)町田駅での懇親会が楽しみ!....
c0119160_07213339.jpgc0119160_07215290.png
c0119160_07221157.jpg


最後は町田駅に移動して締めの反省会!今日は2万5千歩、よく歩きましたね~!心地いい疲れで気分よく酔いました。次の4回目企画は紅葉の那須連峰(山小屋温泉1泊2日)の周遊登山旅計画を皆さんに案内しました。また秋にこのメンバーで楽しい時間を過ごしましょう!


   .....最後は町田駅前で恒例の「打ち上げ反省会」、今日は2万5千歩、よく歩きました!....
c0119160_07300557.jpgc0119160_07304040.jpgc0119160_07310193.jpg
c0119160_07312277.jpg




                                                       おわり

   秦野名水プロジェクションマッピング          弘法山ハイキング(花見時期)            

  by rollingwest | 2019-06-16 07:42 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(184)

<2019年1月20日>新春アウトドア事始め:職場後輩達との南房総・新春ハイキング


c0119160_20574938.pngc0119160_20580933.jpg
c0119160_20583591.jpg


★2019年活動開始!今年も職場の後輩達を連れてハイキング(南房総を周遊)


昨年のアウトドア活動開始は中高同級生を連れての「南房総ハイキング」(チバニアン、亀岩洞窟・濃溝滝、日本寺・鋸山、岡本桟橋)でしたが、今年は職場後輩達を富浦・岡本桟橋、鋸山、養老渓谷に案内して楽しいウォーキングデイを過ごしました!


  .....今年も南房総ハイクから事始め!昨年の海越し冠雪富士を今回は見せられずチト残念....
c0119160_21013001.jpgc0119160_21014779.jpgc0119160_21021060.jpgc0119160_21023009.jpg
c0119160_21032426.jpg


     .....昨年は中高同級生達と歩いた南房総ハイクコースに今年は職場後輩達を案内....
c0119160_21183964.jpgc0119160_21175833.jpgc0119160_21190745.jpg
c0119160_21193079.jpg


                   <2018年1月>中高同級との南房総インスタ映えハイキング 

昨年6月初めて職場仲間を連れて行った奥多摩「鳩ノ巣渓谷&日原鍾乳洞」ハイキングメンバーに新たな3名が加わり、合計8名(男性5・女性3)の参加者となりました。皆さん登山は殆どが初心者(女性陣はわが娘とほぼ同世代)ですが、自然を愛し歩くのもお酒を飲むのも意欲満々・・。笑いの絶えない元気で賑やか・華やかな新春ハイキングとなりました。


   ..... 2018/6月初めて職場メンバーを連れて奥多摩ハイク開催、快晴下で2万3千歩の旅....
c0119160_21292176.jpg
c0119160_04485095.jpg


                   <2016年6月>奥多摩ハイキング(鳩ノ巣渓谷・日原鍾乳洞)  

    .....今回も元気な女性陣、新たなメンバーも加わりさらに賑やかな会となりました...
c0119160_22085342.jpgc0119160_22100426.jpg
c0119160_22102814.jpg







★朝一番、インスタ映え人気の「冨浦・岡本桟橋」へ


今回メンバー8名は全員神奈川県在住者であり車2台が横浜と川崎で各集合場所を決めて、アクアライン金田IC付近で8:40集合。館山自動車道経由で冨浦市原岡にある「岡本桟橋」に向かいます。ここは海上に浮かぶ木道桟橋が富士山に向かって実にインスタ映えする最近人気のスポット!


     .....(左)アクアライン「海ほたる」の朝風景 (右)今回の南房総ハイク周遊地図....
c0119160_22221112.jpgc0119160_22213129.jpgc0119160_22215262.png

       .....まずは最近インスタ映えで人気の「冨浦・岡本桟橋」に立ち寄ってみよう....
c0119160_22250501.jpg
c0119160_22253365.jpg


職場N先輩もたまたま夫妻で南房総旅行に行くと聞き「この桟橋で待ち合わせましょう」と約束して現地合流。朝一番にここを選んだのも典型的冬型気圧配置になれば午前中は海に浮かぶ冠雪富士が確実に見られるからです。


   .....(左)ワクワク気分で木道桟橋を渡り始める (右)N先輩夫妻も交えて全員の集合写真....
c0119160_22284857.jpg
c0119160_22290732.jpg


当日は終始晴れでしたが朝は曇りがちで待望の富士山は見えずじまい・・(泣) 午後からは雲なき快晴になったんだけどなあ・・。ちょっと目算が崩れてしまいRWはがっかり残念でした。


   .....本当は皆に下記のような海富士絶景をお見せしたかったのだが雲の中・・(残念)....
c0119160_22313607.jpgc0119160_12184274.jpg
c0119160_12191559.jpg


しかし女性陣は沖合に向かって木造桟橋が伸びている珍しい光景に気分もハイになって大喜び!海上富士を見せてあげられなかったことが悔いが残ったもののこんなに盛り上がってくれて幹事としてもホっと一安心・・。


   .....海上富士は見えなかったものの満足してくれた模様!いつもながら元気な女性陣....
c0119160_22331563.jpgc0119160_22333491.png
c0119160_22340101.jpg







★百尺観音・羅漢・日本寺大仏に1年ぶりのご対面!3回目の「鋸山ハイキング」


次は鋸山の周遊ハイキング!無料駐車場(東口管理所)に10:30到着、拝観料600円を払って鋸山観光エリアに入ると梅が昨年同様咲き誇っており、南房総の早春を実感しました。RWはこれで3回目の鋸山ですが、今回は1年前に中高同級生を案内したコースを逆に歩こう!


   .....(左)今回歩いた「鋸山周遊コース」 (右)今年も梅が咲いていた!昨年と同じ早春光景.... 
c0119160_22494400.png
c0119160_22500894.jpg


   .....(左)薬師本殿から中殿エリア散策開始 (右)鋸山周遊コース全体をあらためて確認....
c0119160_22525397.pngc0119160_04422726.jpgc0119160_22533771.jpg
c0119160_22541639.jpg


駐車場から石階段を上がって左に曲がり薬師本殿・源氏不動・大黒堂を通過してウォーキング開始。弘法大師護摩窟・千五百羅漢像・通天窟・不動滝と次々見所が現れてきました!日本寺は約1300年前、聖武天皇勅詔を受けて行基菩薩が開いた関東最古の勅願所です。


   .....(左)通天窟の岩洞窟の中を覗き込む (右)急な石階段を上がっていく(疲れる~)....
c0119160_22581000.jpg
c0119160_22583772.jpg


鋸山の南側斜面に広がる境内には日本寺大仏(薬師瑠璃光如来)、百尺観音像、千五百羅漢石像等が鎮座しており実にバラエティな歩きが楽しめます。個々興味深く見学して西口管理所に到着!皆さんは急階段が苦手なようでしたが、朝からワイワイ賑やかに上って行きました。


   .....道途中で登場した「千五百羅漢像」 某女子曰く「あの羅漢は〇〇さんに似ている!」....           
c0119160_04322386.jpg
c0119160_04324902.jpg
c0119160_04361091.jpgc0119160_21390206.jpgc0119160_04425945.jpg
c0119160_04440366.jpg


最後の急階段を上がっていくと一挙に展望が開ける「十州一覧台」に到着。十州とは関東圏の旧10ヶ国(安房・下総・上総・常陸・上野・下野・武蔵・相模・伊豆・駿河)が全て俯瞰できるという意味でつけられた名前です。初めて見る東京湾パノラマに皆さんの歓声が上がりました!


   .....「十州一覧台」の絶景に歓声!目の前が横須賀と知って「こんなに近いんだぁ!」....
c0119160_04571578.jpg
c0119160_04575459.jpg


目の前には三浦半島が横たわり、横須賀(久里浜)と房総(浜金谷)のフェリー航路も見えます!海上に浮かぶ富士山を見せてあげたかったのに・・雲の中で依然見えないな~


   .....富士山は見えずとも東京湾絶景で皆は大喜び(昨年ここから見た富士はこんな光景)....
c0119160_04593877.jpg
c0119160_04595855.jpg


十州一覧台から降りて、次は石切り場に聳える高さ30mの「百尺観音」が登場!「何これ!凄い~」、予想通り先ほどを上回る感嘆の声が上がります。今回で3回目の巨大磨崖仏「百尺観音」様との対面ですが、いつ見ても圧倒されるありがたきお姿に感動しますね~!


     .....鋸山の3大見所の一つ巨大な「百尺観音」!石切場からライオン岩を見上げる!....
c0119160_05015010.jpgc0119160_05021580.jpg
c0119160_05024256.jpg


さていよいよ鋸山のハイライト「地獄覗き」に上ってみよう!百尺観音の石切り広場から左上にある突き出た岩は登山道を上がって真横に見るとまさにライオンの横顔にそっくり!咆哮する獅子の最先端に上がると垂直に切り立った絶景が広がっています!


   .....頂上部も富士山が見えず残念だったが大絶景!昨年の中高同級生ハイク写真添付....
c0119160_05061283.pngc0119160_05261185.jpgc0119160_21404297.jpgc0119160_05065877.jpg
c0119160_05071781.jpg
c0119160_05131847.jpg
c0119160_05134005.jpg


   .....高さ100m断崖絶壁(地獄のぞき)から真下を覗けば百尺観音様の広場が見える!....
c0119160_05152515.jpgc0119160_05154451.jpg
c0119160_05161209.jpg


東京湾絶景と断崖スリルを十分満喫した後は、展望台脇の広場に座を囲んでお楽しみの昼食・もぐもぐタイム!人それぞれの昼食・お菓子を交換し合っての和気あいあいとした時間を過ごしました。RWがコンロでお湯を沸かしドリップコーヒーを各自に配り、寒い中では大好評でした。



   .....頂上広場でワイワイとモグモグタイム!RWはお湯を沸かし暖かいカップ麺を啜る....
c0119160_05195874.jpgc0119160_05202489.jpgc0119160_05204291.jpg
c0119160_05210730.jpg
c0119160_05344798.jpg
c0119160_05352131.jpg


昼食時から天気は曇りから快方に向かい、晴れだんだん青空が広がってきました!富士山は相変わらず姿を現しませんが、冬の陽光が海を照らし出して明るくなってきたぞ!腹ごしらえ・コーヒータイムを終えて、さあ下山!東側ルートを周遊していていくコースを選択します。


   .....東京湾は光の幻想風景に・・、さあ午後の活動を開始いたしましょう!下山出発....
c0119160_05372933.jpg
c0119160_05375398.jpg


     .....下山路も急階段!二天門を潜って降りていくと「千五百羅漢」が東側にも登場.... 
c0119160_05435701.pngc0119160_05465157.jpgc0119160_05472183.jpg
c0119160_05474614.jpg


いよいよ鋸山周遊コースもフィニッシュが近づき3つ目のハイライト「日本寺大仏」が登場!奈良東大寺の2倍近い大きさを誇る石大仏が目の前にいきなり現れ、「何これ!こんな凄い仏様が千葉県にあったの~!」と皆さん驚愕の声をあげて目を丸くしていました。


   .....3回目のご対面「日本寺大仏」、全国的にはあまり知られていないのがチト惜しい....
c0119160_05530525.jpgc0119160_05535455.jpgc0119160_05541561.jpg
c0119160_05544160.jpg
c0119160_06165838.pngc0119160_06162237.jpgc0119160_06172666.jpg
c0119160_06175134.jpg


楽しい鋸山周遊ハイキングを終えて、満開梅の門を出て駐車場へ!鋸山は円仁(慈覚大師)や空海(弘法大師)などの名僧が修行に訪れた山全体が霊域となっているパワースポットです。まだ行ったことがない方は是非ともこの周遊コースを歩くことをお勧めします。 


     ....「鋸山周遊ハイキング」は無事終了!梅の香りを感じながら駐車場へと戻る....
c0119160_20352829.gifc0119160_06205056.jpgc0119160_05063530.jpgc0119160_06211373.jpg
c0119160_06213694.jpg







★千葉県にも立派な渓谷があるのだ・・!「養老渓谷・滝めぐりコース」を行く


日本大仏駐車場を13時出発し大多喜町に北上し次は「養老渓谷」を目指します。千葉にも立派な渓谷と滝巡りをできるコース岐阜の養老の滝と間違え易いかも)があるのです。車を出発地「水月寺」と到着地「原の台」に車を1台ずつ置いて滝巡りコースを歩いていく計画です。


     .....(左)出発地「水月寺」  (右)終点「原の台」まで約40分滝や渓谷を楽しむ歩き....
c0119160_06282890.jpg
c0119160_06285596.jpg


   .....整備された木道コースを進んで行く。光と水が織りなす幻想的な渓谷ウォーク....
c0119160_06322906.jpgc0119160_06324784.jpgc0119160_06331221.jpgc0119160_21423889.png
c0119160_06333669.jpg
c0119160_07053800.jpg
c0119160_07060268.jpg


森に囲まれた渓流道の先には晴れ渡った青空が見えています。差し込む光に水流が美しく反射して幻想的な渓谷風景を歩く気分は実に雰囲気がいい!しかし今年1月は全く雨が降っておらずカラカラ天気が続いているため水流が異常に少ない状況、滝も枯れた状態でした。


   .....水量は少なかったがジブリ世界に身を置いたような「養老渓谷」は美しかった!....
c0119160_07081111.jpg
c0119160_07084014.jpg
c0119160_07101001.jpgc0119160_07102946.jpgc0119160_07105205.jpg
c0119160_07111582.jpg
c0119160_07173956.jpgc0119160_07180191.jpg
c0119160_07182877.jpg


途中で現れた幾つかの滝も水枯れで水流はチョロチョロ、最後に現れた養老渓谷最大の見所「粟又の滝」も岩が露呈した滑滝状態でした。ネットで水量多い時期の滝写真でお許しを~!


   .....(上)枯れても滝は滝、皆カメラをパチリ! (右)最の見所「粟又の滝」も単なる濡れた岩....
c0119160_07240781.jpgc0119160_07265005.jpg
c0119160_07243291.jpg
c0119160_07262420.jpgc0119160_20400845.pngc0119160_07270844.jpg
c0119160_07273360.png


滝巡りを終えて、幹事はスタートとゴール駐車場2ケ所に置いた各車を回収へ。皆さんは終点「原の台」にあるお土産屋さんで休憩待機してもらいました。今回のハイキングはこれにて完了!15時過ぎに帰京出発、大多喜町から袖ケ浦経由でアクアラインに入り神奈川県に戻ります。         


      .....地元名産のゆず・梨サイダーを飲んでほっこり疲れを癒す女性陣....    

c0119160_07313217.jpgc0119160_07315452.jpg
c0119160_07322165.jpg


  .....アクアラインからの東京湾夕景色、ここで今日初めて富士山の姿を見ることができた....    
c0119160_07364695.jpg
c0119160_20342827.png






★旅の終わりは横浜の展望居酒屋で反省会の打ち上げ!


アクアラインからスイスイと思ったら袖ケ浦から予想外の渋滞(複数事故発生によるもの)が発生。海ほたる展望台デッキで夕暮れ富士を皆で見てから帰ろうと思ったのですが横浜で反省会の予約時間が迫ってきたので諦めました。でも夕暮れの川崎コンビナートの向こうに見える富士山が美しかった!


   
.....京浜工業地帯から見える夕焼けの富士山も実に幻想的!工場夕景も素晴らしい!....
c0119160_07444456.jpg
c0119160_07442592.jpg
c0119160_16131470.png


いよいよお楽しみの反省会!18:30に横浜天理ビル25F展望抜群の居酒屋「北海道」に集合して、いざ打ち上げ会開始!RWも含め車提供者2人は自宅に車を一旦置いてから遅れての参加ですが、RW到着時には皆さん相当に出来上がっていました。


   .....反省会(横浜駅前)、高層の展望居酒屋「北海道」で大いに盛り上がり飲み過ぎ状態!....
c0119160_20191108.jpgc0119160_20193399.jpg
c0119160_20444659.jpg


当日は日曜日、明日は週初めの月曜日なので皆さん仕事を念頭に控え目に終わるかと思いきや、大盛り上がりになり4時間以上も居座ってしまい帰宅は23時半頃。翌朝は小生を筆頭に全員二日酔い状態での勤務(フワフワ気分)。職場仲間との楽しい企画は今度は花見時期に計画予定です。  


c0119160_07482176.jpg
c0119160_07490488.jpg



                                                        おわり


c0119160_20233772.jpg
c0119160_20225373.jpg
         

  by rollingwest | 2019-02-01 07:40 | 千葉県探訪 | Comments(182)

<2018年6月9日>奥多摩ハイキング(鳩ノ巣渓谷・日原鍾乳洞)


c0119160_15160946.jpgc0119160_15163735.jpgc0119160_15165978.jpg


★職場同僚達との奥多摩で新緑ハイキングを楽しむ


最近登山に興味を持ち始めた職場後輩達からアウトドア企画のリクエストを受けていたので、6月9日に「奥多摩ハイキング」を提案し、新緑の多摩川源流渓谷歩き(古里駅~ 雲仙橋~玉川水神社~鳩ノ巣渓谷~白丸ダム~数馬峡)と東京都の人気SPOT「日原鍾乳洞探検」を5名で楽しんできました。


      .....(左)奥多摩トレイルコース  (右)青梅線経由で多摩川源流の大自然を満喫....
c0119160_15205370.jpgc0119160_15421292.gifc0119160_15364987.jpg
c0119160_15383155.jpg


同行者はアウトドア好きの職場同僚・男性2名(Y氏・K氏)女性2名(S嬢・T嬢)。うち数人は昨年富士山を登頂しましたが、まだ皆さんビギナーなので都心に近い「鳩ノ巣渓谷」「日原鍾乳洞」をチョイスして新緑のウォーキングを計画して案内をしました。 


      .....白丸湖ハイキングコースから見る神秘的なエネラルドグリーンの湖水風景....  
c0119160_15233267.jpg
c0119160_15241213.jpg


    .....東京都の隠れた穴場「日原鍾乳洞」、イルミネーション洞窟探検で近年人気上昇中....
c0119160_15264985.jpg
c0119160_15271251.jpg


「ここが東京都!?」と思う程の素晴らしい大自然の中を気軽に散策できる奥多摩町はウォーキングコースが沢山、魅惑の鍾乳洞も今や大人気SPOT。電車で東京・横浜方面から約70分で行ける近さ!皆様も多摩川源流エリアの大自然を楽しんでみてはいかがでしょうか?




★「大多摩ウォーキングトレイル」を歩いて「鳩ノ巣渓谷」へ!


当日3日前が関東の梅雨入り宣言でしたが、今回も晴れ男RWの面目躍如・・(笑)朝から目の覚めるような大快晴となりました! JR青梅線の「古里(kori)駅」に9:40現地集合。改札前で集合写真を撮り正面先のコンビニ買出し後に出発、青梅街道を右方面へと向かいます。


      .....(左) 青梅線「古里駅」からスタート  (右)立派な民家の脇を歩いて行くと下り道....
c0119160_15520251.jpg
c0119160_15522215.jpg


暫く歩くと木製工芸品「木の家」があり、その先の「ウォーキングトレイル入口」看板から多摩川に向かって30分ほど下って歩いて行きます。橋脚の高い「寸庭橋」に到着、真下には多摩川源流の河原が見渡せます。橋の脇から山道へ入り、川沿いコースを進んでみよう。 


        .....「寸庭橋」から本格的なハイキング道へと入る!輝く新緑が眩しいネ~!....
c0119160_15551778.jpgc0119160_16105558.jpgc0119160_15553563.jpgc0119160_15555897.jpg
c0119160_15563049.jpg


コース脇道をそれて河原に出てみると何と素晴らしい光景が広がっている!滝があり開放感ある空間に身を置きラフティングを楽しむ人もいる!再び沢沿いの道に戻り、道標に沿って森の中へ。アップダウンの歩きを繰り返すと、蛍の沢・滝も現れマイナスイオン浴を満喫! 


    .....奥多摩源流の河原に出てみると清流風景、ラフティングの練習に励む人もいた....
c0119160_16182788.jpgc0119160_16180042.jpg
c0119160_16184689.jpg


     ....滝の音を楽しみながら再びトレイルコースを登っていく。マイナスイオン一杯!....
c0119160_16262450.jpgc0119160_16264539.jpg
c0119160_16270447.jpg


滝を過ぎると静かな森林コース、ここからは結構急な登りが20分ほど続きます。松の木尾根に出て暫くして東屋に到着。奥多摩の山々・集落を見渡せる展望台で疲れを癒す一服休憩。その先の分岐を右側に下り坂下集落を経て前半のポイント「雲仙橋」に到着しました。


    .....(左) 松の木尾根の東屋展望台一服休憩  (右)雲仙橋から見降ろした多摩川源流風景....
c0119160_16323443.jpgc0119160_16330456.jpgc0119160_16440934.jpgc0119160_16332390.jpg
c0119160_16334429.jpg


雲仙橋で多摩川を渡り返して、道標分岐点を確認。真直ぐ行くと鳩ノ巣駅前に出ますが、トレイル案内版に従って左手の道を下り進んで行くと手打ちそば屋が見えてきた。そこに玉川水神社の水場があり、「鳩ノ巣」の地名由来を刻んだ石碑パネルがありました。


      .....(左)「雲仙橋に到着  (右)巨大岩が連なり轟音が響く渓谷風景を楽しむ....
c0119160_19035141.jpgc0119160_19051643.jpgc0119160_19055912.jpg
c0119160_19062911.jpg


1657年明暦の大火(お七の振袖火事)で江戸の街は焼け落ち、幕府は材木商に奥多摩の木々を切り出して復興資材の調達を命じました。木材伐採や運搬人夫の飯場小屋ができましたが、近くの森に2羽の鳩が子育ての巣を作りました。その様子が実に仲睦まじく、心を和ませたことから「鳩ノ巣飯場」と呼ばれようになりやがて渓谷全体の名前となったのです。


    .....(左)「玉川水神社」は岩の上に鎮座  (右)神社の滝・水場に「鳩ノ巣」の命名由来碑....
c0119160_17193616.jpgc0119160_17211361.jpgc0119160_17293940.jpg
c0119160_17214336.jpg


渓流の脇で聳え立つ巨大岩の上に「玉川水神社」の祠があり、渓谷全体を見渡す様に祀られています。創建は相当古いらしく主祭神は罔象女神(多摩川の守護神)とのこと。ここから見渡した渓流景色は素晴らしくこれからの期待感を大いに膨らませてくれました。


   .....「鳩ノ巣小橋」を渡れば、本日お目当ての「鳩ノ巣渓谷」絶景が目の前に広がる....
c0119160_17310484.jpgc0119160_17313790.jpg
c0119160_17320780.jpg


ここからが「鳩ノ巣渓谷」のハイライト!「鳩ノ巣小橋」という名の吊り橋から素晴らしい渓谷絶景が一望!美しい渓谷の両脇には芸術的な巨大岩が連なり自然彫刻の圧巻パノラマを見せています。いや~実に見事、ここが東京都だなんて何か信じられない気持ちです!


    .....(左) 鳩ノ巣小橋と渓谷風景!絵になります  (右)吊り橋でポーズを取る女性陣と一緒に....
c0119160_17400266.jpgc0119160_17402362.jpgc0119160_17404624.jpg
c0119160_17411151.jpg


多摩川の源流は巨岩に行く手を遮られ、谷の狭い岩間を流れる水は激流となり轟轟と音を響き渡せています。自然の力強さに圧倒されながら周囲を散策して写真撮影。その先の渓流岩場で昼食タイム、マイナスイオンを十分吸いながら喉に流し込むビールの味は最高でした!


    ....鳩ノ巣渓谷の水流音を楽しみながら昼食タイム!ビールで乾杯~!(ご満悦Y氏)....
c0119160_17464637.jpgc0119160_17471523.jpgc0119160_17474016.jpg
c0119160_17480308.jpg


   .....昼食・エネルギー補給を終えて、白丸ダムに向かってトレイルのウォーキングを再び開始....
c0119160_17594089.jpg
c0119160_18000115.jpg


実はRWは「鳩ノ巣渓谷」が初体験でしたが「さすが奥多摩随一の渓谷美と言われるだけあるなあ!」と感動しました。昼食休憩後、次は白丸ダムに向かって再び歩きを進めていこう!






★白丸ダム湖から数馬峡経由で奥多摩駅へ


遊歩道を歩いて行くと次の目的地「白丸ダム」に到着しました。 東京都が 白丸狭窄地帯と呼ばれる多摩川断崖谷に建設した水力発電用ダム(昭和38年)は1万7,500kWの発電能力を持っており、都民のエネルギー供給の一翼を担っています。


    ......(左)奥多摩源流「白丸ダム」周辺地図、烏天狗がご案内  (右)ダムからの放流水....
c0119160_19132497.jpg
c0119160_19134511.jpg


白丸ダムの上から川を眺めると、階段状になっている変わった水路を発見!解説によると魚がダムで遮られている反対側の川へ移動するための導水路らしい!遡上する魚がダムで行き止まりにならず生態系維持するため、自然環境に優しい配慮がされているのですネエ・・!


    .....(左) 「白丸ダム」を見下ろす  (右) 階段状になっている「魚道」(遡上環境を整備)....
c0119160_19154056.jpgc0119160_19160217.jpg
c0119160_19162556.jpg


          .....人造ダム湖(白丸湖)はエメラルドグリーンの神秘的な水を湛える....
c0119160_19214343.jpg
c0119160_19221964.jpg


次はダム人造「白丸湖」沿いのハイキングコースを歩いて行きました。新緑が美しい鳩ノ巣渓谷からエメラルドグリーンの水を湛える神秘的な光景!インスタ映えする静寂・幻想の湖畔散策道、あらためて「ここは東京都だよな・・?」とそのギャップに感動、目から鱗~!


    .....東京都にいるとは思えない程の神秘幻想的な風景が目の前に広がっている....
c0119160_20275967.pngc0119160_20284085.pngc0119160_20303393.jpg
c0119160_20312076.jpg
c0119160_20410894.jpg
c0119160_20415175.jpg


ウォーキングトレイルはいよいよ終盤、数馬峡橋に漸く到着!峡谷独特の景色、エメラルドグリーンの湖にカヌー・カヤックを楽しむ人たちの姿が実に絵になっていました。    


    .....「数馬峡橋」に到着 カヌー・カヤックが優雅に浮かぶ。水風景とはここでお別れ....
c0119160_20461101.jpgc0119160_20472042.jpg
c0119160_20481427.jpg


幻想的なトンネルを抜け、数馬鏡峡遊歩道(緩やかなアップダウン)を進み、海沢橋で多摩川を渡って青梅街道を左折。日差しが厳しいので自動車道トンネルを抜けて14:00前に奥多摩駅に漸く到着!皆さん割とケロリとしており余力ある元気な姿、中々の健脚だと感心した次第


        ....トンネルを抜けると道祖神 、奥多摩のトレイルコースの終着も近い....
c0119160_21011689.jpgc0119160_21023701.jpgc0119160_21033000.jpg
c0119160_21041575.jpg
c0119160_21231896.jpgc0119160_21243190.png
c0119160_21253196.jpg


     .....終着点の「奥多摩駅」(JR青梅線)、タクシーを待つ迄まったり癒しタイム....
c0119160_21364491.jpg
c0119160_21370663.jpg


奥多摩駅はクラシックホテルのような駅舎でお洒落な姿で実にいい雰囲気です。日原鍾乳洞へ向かうタクシーの待合所には鳥のオブジェ塔もあり、興味深く見上げました。


    .....(左)奥多摩駅はレトロな建築駅舎  (右)重なり合う鳥のオブジェが興味深い....
c0119160_21444164.jpgc0119160_03252661.gifc0119160_21450510.jpgc0119160_21534860.jpgc0119160_21454284.jpg
c0119160_21460004.jpg






★東京都の隠れた人気SPOT「日原鍾乳洞」に潜入探検


最後は「日原鍾乳洞」にご案内。RWはこれで3回目ですが、30年ぶり訪問なので実に懐かしい!ここは東京のイルミネーション鍾乳洞としてかなり人気が高まっています。奥多摩駅からタクシーを呼び鍾乳洞へ!運転手さんは我々が戻るまでここで待ってくれるという有難さ!


  .....関東随一とも言われる「日原鍾乳洞」、近年人気が高まっている話題の奥多摩スポット....
c0119160_03412306.jpgc0119160_03420192.jpgc0119160_03422448.jpg
c0119160_03454955.jpg


さあいざ探検開始!洞窟の中は年間を通じて気温約11度に保たれており、夏は涼しく冬は暖かいという環境。関東随一という規模の洞窟は、全行程を歩くと45分程の周遊時間です。


    ..... いざ出発!鍾乳洞探検が初めての方はワクワクの入洞、案内図を見て奥へ進む...
c0119160_04001467.jpgc0119160_04004201.jpg
c0119160_04010796.jpg

              .....(左)岩窟修行の「弘法大師学問所」 (右)水琴窟の音色に聞き入るS嬢....
c0119160_04033176.jpgc0119160_04043175.jpg

急な階段で手すりなしに登るのが怖い程、急な下りもあり、まさにジグザクの岩窟迷宮。恐る恐る真っ暗な洞窟内を進み行くと弘法大師が洞窟に籠り修行した「弘法大師学問所」洞窟で聞く水琴窟の美しい音色の「水琴窟」「三途の川」などが登場します。


        .....(左)いつかは渡らねばならぬ「三途の川」  (右)十二薬師が祀られる....
c0119160_04194116.jpgc0119160_04203264.jpg
c0119160_04211263.jpg


日原鍾乳洞は古く山岳信仰のメッカとして栄えた洞窟で、岩間各所の命名にその名残を見ることができます。自分がどこにいるかを忘れてしまうほど神秘的な空間の中に身を置くことが、瞑想修行するには最適の場所だったのかも・・。


        ....「日原鍾乳洞」の全体図、複雑な形状で縦横無尽の空間が広がっている....
c0119160_04291376.jpg
    .....(左)幻想的な広い空間に向かう (右)華やかイルミにハイな高揚気分(S嬢)....
c0119160_04303356.jpg
c0119160_04312442.jpg


三途の川を抜けると巨大空間が開け感動的なイルミネーション世界が出現します。最近リニューアルされたらしく最新のカラフルなライトアップで舞台作りに工夫がされていました。30年前はこんな華やかじゃなかったなあ!インスタ映え意識の時代ですね。


      ....カラフルなライトアップ、この幻想的な広い空間は「死出の山」と呼ばれる....
c0119160_04382755.jpg
c0119160_04390395.jpg
c0119160_04413280.jpg
c0119160_04421552.jpg

カラフル世界の岩場最奥部には「死出の山」、そこには「縁結び観音」鎮座しています。日原鍾乳洞を象徴する広大空間にいると不思議な異世界に迷い込んだ感覚に陥ります。


    .....(左)死後の世界入口は神仏石像が沢山  (右) 鍾乳石や石筍には苔が蒸す....
c0119160_04463623.jpgc0119160_04471264.jpgc0119160_04480279.jpgc0119160_04484080.jpg
    ....石灰岩が水によって浸食されてできた鍾乳洞窟が幻想的な色で浮かび上がる....
c0119160_04515467.jpg
c0119160_04522511.jpg


日原鍾乳洞の探検を終えて15:30待機してくれたタクシーに戻ります。今日の歩行数は2万3千歩近くとなりましたが、まだまだ皆さんお元気です。奥多摩駅からは青梅線で立川駅へ!


    .....(左)鍾乳洞出口で集合写真  (右)2万3千歩を歩いてご満悦のT嬢、まだまだ元気...
c0119160_04560090.jpg
c0119160_04563101.jpg

       .....(左)夜の立川駅、都会ですね~  (右)本日の反省会!お疲れ様でした~!...
c0119160_04582076.jpg
c0119160_05003865.jpg


立川駅前の居酒屋に入り18時から打ち上げ会開催!今日のレビューや日頃聞けない社内裏話等も聞かせてもらい2次会も含めて大いに楽しい時間を過ごしました。21:30お開き、南武線で武蔵小杉・横浜方面へ。自宅帰宅は23時近くでしたが実に内容の濃い一日だった~!


          .....2次会も大いに楽しみ、立川駅から南武線で帰宅の途に就く....
c0119160_05023043.jpg
c0119160_05030009.jpg


このメンバーとは、次回冬の快晴日を狙って南房総ウォーキング(鋸山や養老渓谷・富浦原岡桟橋)の予定。滅多に見られない千葉県の絶景名所を案内してあげようと思っています。


                                                          おわり


  

  by rollingwest | 2018-07-08 00:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(160)