タグ:越後・上信越国境の山 ( 18 ) タグの人気記事

 

<2018年10.9~10>「谷川連峰」西部周遊(平標山・仙ノ倉山)、紅葉の山小屋旅


c0119160_21393966.jpgc0119160_21411430.jpg
c0119160_21413438.png




★谷川連峰に聳える「平標山」、「仙ノ倉山」(日本200名山)


今秋の紅葉登山は、三国山脈(新潟・群馬県境)の主峰「谷川連峰」の西端に聳える「平標山」と「仙ノ倉山」に行ってきました。今回のパートナーは、昨年めでたく念願の「日本300名山登頂」を達成した「食山人氏」(静岡時代から20年来の山仲間)と山小屋泊りでの2人周遊旅です。


   .....「平標山」&「仙ノ倉山」は谷川連峰・西部に横たわる豪雪エリアの隠れた名峰.....          
c0119160_21562817.jpg
c0119160_21564881.jpg


谷川連峰は東西南北の4つの表情を持っており、最も有名な場所は東部の谷川岳(双耳峰)恐怖の岩場・一ノ倉沢周辺ですが、我々が周遊したエリアは西部の三国山に近い「平標山」(tairappyo:1984m)と日本200名山「仙ノ倉山」(2026m)、寛容・優美な山容を見せています。


  .....平標山・仙ノ倉山(三国山の近く)は谷川岳の西にあり穏やかな山歩きが楽しめる.....
c0119160_22002253.jpg
c0119160_22004805.jpg


初日早朝5時過ぎに出発、練馬・豊玉陸橋(環7)近くで食山人氏と6:30に待ち合わせしました。関越自動車を北上し、関越トンネルを抜けて湯沢ICを出て国道17号(三国街道)を左折、火打峠の平標山登山口がある駐車場に9:30過ぎ到着して山行の準備を整えました。


   ....関越自動車・湯沢ICから国道17号(三国街道)を走り火打峠の平標山登山口へ.....
c0119160_22024016.jpg
c0119160_22025876.png







★【1日目】岩魚沢林道・平元新道経由で「平標山の家」へ

c0119160_22043747.jpg

平標山への登山道は、昔からの松手山経由コースと、「平標山の家」経由で登る平元新道の2つがあります。我々は平元新道から登り山小屋で一泊。翌朝に「平標山」と「仙ノ倉山」を登頂して松手山コースを下りてくる周遊行程の計画です。


 .....(左)登山口にあったコース地図版 (右)「平元新道」から登って「平標山の家」へ.....
c0119160_22101051.jpg
c0119160_22102976.jpg


  ....いざ出発!まずは「岩魚沢林道」の清涼感に満ちたコース、光が眩しく爽快気分.....
c0119160_22135457.jpgc0119160_22143040.jpgc0119160_22145017.jpg
c0119160_22152064.jpg


9:45駐車場を出発し、岩魚沢を辿って歩く林道コースはマイナスイオンに溢れて気持ちのいい歩き、やはり最初から渓流を楽しみながら水音を聞きながら歩き始める登山はいいね~!


    ....岩魚沢渓流の水は美しいネ~!紅葉の色付きはまだまだこれからという感じ.....
c0119160_22341186.jpgc0119160_22323566.jpgc0119160_22330909.jpg
c0119160_22320948.jpg


1時間程歩くと、平元新道の登山口(湧き水場あり)に到着。ここにはお地蔵さんが置かれ我々の安全登山を祈願してくれているかのようです。今日は予想外にいい天気になったね~!


  ....平元新道の登山口、お地蔵さんと句碑(一輪咲く花への愛)に心が癒される......
c0119160_07591903.jpgc0119160_08000202.jpgc0119160_08013126.jpgc0119160_08004036.jpgc0119160_08010876.jpg
c0119160_08101177.jpgc0119160_08103827.jpgc0119160_08105889.jpg
c0119160_08111954.jpg


ここからはお楽しみの紅葉コース。標高を上げていくにしたがって木々の色づきは増していきますが何となく冴えない感じです。光が足りないせいかも知れませんが、今年は残暑厳しく9月は強烈台風に何度も襲われたため、木々も相当疲れ切っているのかもしれないなあ・・。


   .....平元新道の森林コースを登っていくと徐々に紅葉の色が濃くなってきたぞ!.....
c0119160_08164532.jpgc0119160_08170388.jpg
c0119160_08171924.jpg
c0119160_08192145.jpg
c0119160_08193989.jpg


11:50に「平標山の家」(今日の宿泊場所)に到着。2006年に新築され25名収容のお洒落な山小屋です。テラスで昼食を摂り、目の前に広がる平標山の雄大な景色に見とれました。投宿手続きにはまだ時間があるので、南側に鎮座する大源太山を空身でピストンしてみよう。


    ....「平標山の家」に到着。雄大な景色を見ながら昼食を済ませて大源太山へ向かう.....
c0119160_08272835.jpg
c0119160_08275273.jpg
c0119160_08280871.jpg
c0119160_08282216.jpg


遠くに見える谷川岳・万太郎山の眺望・紅葉パノラマを楽しみながら歩いていきます。ちなみに谷川連峰には上越のマッターホルンとも呼ばれるもう一つの大源太山があり、こちらの名峰の方が有名です。13:40に登頂を果たし、来た道を戻って15時に宿泊手続を済ませました。


 .....左手前に「万太郎山」(ピラミッド然の雄姿)、遠くに「谷川岳」(双耳峰)も見える.....
c0119160_08314216.jpg
c0119160_08320610.jpg


  .....(上)静かな紅葉ウォーキングを満喫 (右)「大源太山」に登頂(ガスが出てきた).....
c0119160_08413122.jpg
c0119160_08405311.jpg
c0119160_08421204.jpgc0119160_08423635.jpg
c0119160_08430898.jpg


「平標山の家」はランプ数個が天井から吊るされた風情ある山小屋・・、ストーブの炎を見ながら心の温もり。家族経営の山小屋で、当日は息子さん夫婦・お母さんが優しく接してくれました。小屋内は原則写真撮影禁止のようですが、撮影許可を頂き豪華な夕食とお酒を頂きました。


 ....(左)雰囲気たっぷり「平標山の家」に泊まる (右)食山人氏は待ちきれず、プシュ・グイ!.....
c0119160_08511363.jpgc0119160_08514318.jpgc0119160_08520988.jpgc0119160_08531061.jpg
c0119160_08535592.jpg


山小屋主人(息子さん)は先日起きた若者グループの遭難寸前トラブルを話し始め、最近の無謀登山客やモラルやマナー低下を大いに嘆いていました。意気投合した我々と主人は、お互いの山経験話で大いに盛り上がりアルコールピッチは上がるばかり。持参焼酎はついに空となってしまいました。


    ....ランプの光の中で、お酒が進み過ぎてしまう。山小屋主人とも大いに会話が弾む....
c0119160_09001809.jpgc0119160_09004150.jpg
c0119160_09010229.jpg







★【2日目】平標山&仙ノ倉山は霧中の登頂・・、下山路は晴れて紅葉パノラマ


  ....朝食を済ませ山小屋を出発。今日のコースは「平標山・仙ノ倉山」登頂をめざす.....
c0119160_19483475.jpg
c0119160_19485742.jpg


やや二日酔い気味で起床し5:30朝食。登山準備を完了し6:30に山小屋を出発。昨日は晴れていましたが今朝は一面ガスに覆われています。1時間歩いて平標山に到着しましたが風も結構強くて全く何も見えません。頂上分岐に荷物を置いて、次は仙ノ倉山へと向かいます。


  .... 霧中の登山、上空は晴れているのに・・。平標山の頂上到着、ずっと白色世界(泣).....
c0119160_19550957.jpgc0119160_19553458.jpg
c0119160_19560159.jpg


天気図では雨雲は全くなく上空は青空が時たま覗くもののガスが晴れる気配は全くなく、期待した仙ノ倉山の頂上に到着しても何も見えない状態・・(泣)。もし快晴だったら広大な平原景色の中で越後・尾瀬に聳える名峰の数々が眺望できていたんだろうなあ・・。


  .....(左) 「仙ノ倉山」頂上もガスの中 (右)快晴だったらこんな絶景が楽しめたのに・・.....
c0119160_20004453.jpgc0119160_20011415.jpg
c0119160_20014873.jpg


この山は新緑時期には残雪が広がり高山植物の群落が数多く存在していることから、「山上の楽園」と呼ばれているようです。いつかこの時期にリベンジを果たしてみたいものだ・・!


  .....松手山コースの木階段を下山してくと、少しずつ霧が晴れてきたぞ!.....
c0119160_20095141.jpg
c0119160_20103665.jpg


2つのピークで展望得られずガッカリした気分で平標山・頂上分岐に戻り松手山コースを下山となりました。9:40松手山の頂上へ到着。ここではガスは消え雄大な紅葉山麓を楽しむことができました。まあ最後は晴れ渡ってくれたので「終わりよければ全てよし!」ということかな・・


   .....松手山に到着、パノラマ絶景を再び出会え、紅葉を今日もまた楽しめてよかった!.....
c0119160_20523760.jpg
c0119160_20531544.jpg
c0119160_20551881.jpgc0119160_21032621.jpgc0119160_21034598.jpg
c0119160_21041918.jpg


10:50平標山登山口の駐車場に到着。群馬側へ戻り水上町の温泉施設「湯テルメ谷川」で汗を流し、隣の食堂で蕎麦を頂きました。最後は谷川岳ロープウエイ脇道から一の倉沢岩峰を見る予定でしたが、下山で足を捻ってしまい1時間歩きは辛いので今回は見送りにしよう・・


    .....無事に下山し水上町の「湯テルメ谷川」温泉で疲れを癒し山菜そばを食する.....
c0119160_21113763.jpgc0119160_21121443.jpg
c0119160_21124759.jpg


  .....谷川岳ロープウエイ施設脇から一の倉沢岩峰を見に行くコースは今回見送り.....
c0119160_21204898.jpgc0119160_21212240.jpg
c0119160_21220458.jpg


再び関越道に入り帰京、練馬で食山人氏とお別れして17時過ぎに帰宅しました。今回は全く雨には降られず無敗記録は継続しましたが3つの頂上で霧の中・・、パノラマに恵まれなかったので引き分けって感じかなあ・・。

c0119160_21280462.jpgc0119160_21282876.jpg
c0119160_21285556.jpg

でもこんな贅沢を言っていちゃ大いなるバチが当たりますネ~。山小屋主人は「ここ1週間は台風や不順天候が続いた中で十分に恵まれた2日間ですよ。」と言ってくれていました。やはり「大いに結果よし!」の良き山行だったんだ・・と天に感謝しなければなりません。(反省)







★2018年に登った百名山・200名山を再度レビュー

c0119160_21381033.png

今年の200名山登頂(百名山を含む)は、6月「巻機山」・7月「大朝日岳」・8月「霞沢岳」、今回の「仙ノ倉山」と4座を上乗せができて、まあまあいい年でした。往年の勢いに比べれば僅か4座のスローペースですが、ここ数年は2~3座しか登らず体たらく続きだったのでまだマシな方かな・・。


   ....6月「巻機山」は10時間近いロングコースできつかったが残雪・新緑絶景を満喫.....
c0119160_21390085.jpg
c0119160_21392200.jpg


それにしても今年の夏山は難関峰ばかりだったなあ・・。6月の「巻機山」は長い道のり往復で相当疲れましたが、雄大な残雪風景・池塘に感動!そして北アルプス・わが故郷の米山・越後名峰・尾瀬の山々、そして富士山が全て見られて20年ぶりのリベンジ登山を果たしました。


  .....(上)民宿「雲天」に泊まり銘酒・山菜料理 (下)残雪風景・高層湿原・池塘に感動.....
c0119160_21405834.jpgc0119160_21415668.jpg
c0119160_21440661.jpg

                                 <2018年6月>越後名峰「巻機山」c0119160_21490861.jpg
c0119160_21494746.jpg


7月「大朝日岳」は山形・新潟県境の原始的な大自然(渓谷・巨木百選の原始林)を猛暑の中でヘトヘトになって歩きましたが、最後は東北の山々(飯豊・吾妻・磐梯・蔵王・鳥海・月山、遥か先には日本海に浮かぶ佐渡ケ島)の大パノラマが360度で見渡せました!


   .....(上)山形県の秘境「朝日連峰」 (右)猛暑の中で大苦戦、頂上の大絶景に感動.....
c0119160_22121438.jpgc0119160_22125608.png
c0119160_22131732.jpg

c0119160_22155576.jpgc0119160_22161364.jpg
c0119160_22163503.jpg
                             <2018年7月>東北の名峰「大朝日岳」  
c0119160_22194807.jpg
c0119160_22201239.jpg


8月の「霞沢岳」(北アルプス)は霧中10時間以上の苦行登山でしたが、天は我々を見放さず最後はガスが晴れて、ロスタイム寸前で逆転引き分けに持ち込み最高のパノラマをプレゼントしてもらい感激の幕切れ!久しぶりに上高地絶景を堪能できたこともよき思い出でした。
c0119160_05420326.png

   .....(左)上高地背後に聳える「霞沢岳」(右)霧頂上だったがLAST大逆転の絶景到来.....
c0119160_05433662.jpgc0119160_05424190.jpgc0119160_05430790.jpg

                             <2018年8月>上高地の名峰「霞沢岳」   
c0119160_05585241.jpgc0119160_06043680.jpg
c0119160_06050000.jpg


最近はあまり夏の登山はしたくないなあと思い始めています。地球温暖化による影響で夏の天候が猛暑・豪雨・台風であまりにも激しすぎて、その脅威・危険性に警戒感を持っています。


   .....今年の紅葉は例年と比べると異常気象の影響で疲れ果てた印象を受けた.....    
c0119160_06232522.jpgc0119160_06240365.jpg
c0119160_06245137.jpg


今回の谷川連峰「仙ノ倉山」で200名山の累計登頂数は163座、あと37座ですが、10年くらいかけて70歳前後にゆっくり達成できればいいかなと思っています。自然の厳しい条件変化の中で、決して無理をせず安全無事に・・。   


  ....今年の200名山挑戦は「仙ノ倉山」で一区切り163座、あと37座は気長に登っていこう・・.....
c0119160_06280906.jpgc0119160_06283367.pngc0119160_06285092.jpg
c0119160_06291602.jpg


  


                                                 おわり

  by rollingwest | 2018-10-26 07:00 | Comments(164)

<2018年6月16~17日>越後・南魚沼名峰「巻機山」、20年来のリベンジ登山


c0119160_08124477.jpg
c0119160_08132101.png
c0119160_08134599.jpg



★20年前敗退の日本百名山「巻機山」、南魚沼の民宿泊りで再挑戦


巻機山」(makihatayama)は新潟県南魚沼市と群馬県みなかみ町(利根郡)の境にある三国山脈に聳える日本百名山(標高1,967m)。この山は20年前に職場上司を案内する企画を立てたものの、夜明け前出発で登山口を間違えてしまい、情けなく登山を断念(米子沢に入り込み藪漕ぎの道迷い)した苦い思い出が残る山です。


  .....20年前に職場上司を巻機山に案内。米子沢に迷い込み登山断念、申し訳なし!....
c0119160_09174519.jpgc0119160_09180444.jpgc0119160_10165712.png
c0119160_09182435.jpg
c0119160_09234837.jpgc0119160_09372021.png
c0119160_09241317.jpg


当時のトラウマが残り続け登山敬遠していた名峰もいつかリベンジしなければと思いつつ、あっという間に20年の歳月が経過していました。そんな葛藤・逡巡を振り払ってくれたのは、山仲間のマツ氏(本人は300名山達成間近)。彼の計画に従って6月16~17日、山麓民宿に前日泊りで翌早朝から井戸尾根コースを登り、念願の登頂を果たすことができました。


  .....安全な井戸尾根コースを登り、ついに巻機山登頂が実現!実に素晴らしい山でした....            
c0119160_09274427.jpg
c0119160_09280410.jpg
c0119160_09294138.jpg
c0119160_09300092.jpg


16日は夕方に民宿へ入る余裕ある計画なのでマツ氏と14時に和光市駅前で待ち合せ。関越自動車道・練馬ICから北上して、新潟県側の塩沢石打ICへ。国道291号線に入りコンビニで食糧等を買い出し、今夜宿泊する越後・南魚沼の清水集落を目指しました。


    ....清水集落は巻機山の登山拠点、多くの民宿がある。「山の宿・雲天」に宿泊....
c0119160_10202228.jpg
c0119160_10205956.jpg
c0119160_10260115.jpg
c0119160_10265046.jpg


今回宿泊する「山の宿・雲天」は、風情ある庄屋建築で山菜料理と銘酒・八海山が満喫できる知る人ぞ知る民宿(昭和30年創業)。明治15年に建てられた六日町の庄屋・廣田邸を移築し、太い欅の梁と高い天井、囲炉裏、20 畳の大広間・・、実に見事な雰囲気を醸し出しています。


   .....(左) 「山の宿・雲天」の大広間で夕食  (下)囲炉裏で炙ったイワナが振舞われる...   
c0119160_10301707.jpgc0119160_10512411.pngc0119160_10305246.jpgc0119160_10314125.jpg
c0119160_10321472.jpg


夕食は、まさに山菜料理尽くし(木の芽・ゼンマイ・コゴミ・ウド胡麻和え等)、囲炉裏で炙ったイワナ、地元銘酒「八海山」を堪能。夕食席で隣に座った30台後半の男性(HJ氏)に声を掛けると会話が弾み、意気投合して明日は一緒に登ろうという展開になりました。当日は雨模様でしたが、翌日は快晴予報なので今回もパノラマ登山が期待できそうだ・・!


   .....夕食は山菜料理三昧、新潟魚沼の銘酒「八海山」も出てきて豪華な前夜祭に!....
c0119160_11084774.jpgc0119160_11092667.jpgc0119160_11111470.jpgc0119160_11193219.jpgc0119160_11120174.jpgc0119160_11013965.jpgc0119160_11021488.jpgc0119160_11030581.jpg
c0119160_11041533.jpg


                    【昨年(2017年)の山行記事】(八溝山・上州武尊山・皇海山)





★井戸尾根コースから「ニセ巻機山」へ向かう


4時過ぎに起床し準備を整え、5時過ぎにマツ氏・HJ氏と民宿「雲天」を出発し。登山口の桜坂駐車場へと向かいます。雨は上がり予想通りの快晴!桜坂駐車場は結構広大で、トイレや水場も充実しています。案内板の脇にある登山届箱に用紙を提出して5:45登山開始!


   .....(左)巻機山の登山口(桜坂駐車場)  (右)朝日が当たる「ニセ巻機山」の山頂....
c0119160_12291787.jpgc0119160_12300296.jpg
c0119160_12302314.jpg


出発後すぐ分岐に出合い、右側が「井戸尾根コース」我々が登る一般登山道です。左が「ヌクビ沢コース」(上級者コースの危険な沢道)、近年ここで遭難するハイカーが後を絶たないとのこと。HJ氏は当初こちらを計画していましたが、マツ氏が昨夜「残雪期は特に危ない」と彼を説得し3人で安全なコースを一緒に登ることにしたのです。


   .....巻機山の長丁場な登山がスタート、東側の安全な「井戸尾根コース」を選択する....
c0119160_12333281.jpgc0119160_14453530.jpgc0119160_12334531.jpg
c0119160_12343384.jpg


井戸尾根コースは解り易い一本道、鬱蒼と茂る原生林をゆっくり歩き出します。最初は緩やかでしたが、3合目を過ぎると井戸の壁と呼ばれる急坂!RWとマツ氏は最近すっかり登山体力が衰えたと自覚しますが、還暦過ぎからは一層実感。急坂登りで初めからペースダウン・牛歩状態。蒸し暑い日なら更に厳しいですが、新緑の爽やか空気で木陰道なので今回は何とか助かりました。


  ....4~5合目までは樹林帯、登山道は川・滝がなく避難小屋まで水場がなく水は多めに....
c0119160_14542896.jpgc0119160_14545923.pngc0119160_14552276.jpg
c0119160_14555044.jpg


6:50焼松(5合目)に到着し一服。我々二人は依然超スローペースの体たらくぶりですが、若いHJ氏は軽やかにヒョイヒョイ登っていきます。このまま一緒に登ると彼の快調リズムが狂ってしまうので、「頂上で落ち会うことにしましょう」と方針変更、先に行ってもらいこのポイントで別れました。


   .....(左) 5合目の小平地「焼松」に到着  (右)還暦組の2人は最初からペース上がらず....
c0119160_15010564.jpgc0119160_15004254.jpg
c0119160_15013210.jpg


7:45漸く景色が良く見える6合目尾根展望台に到着しました。左手にヌクビ沢を挟んで突き出す天狗岩!その上方右には割引岳も見え、迫り来る岩壁峰の迫力に圧倒されました!


    .....6合目展望台からのパノラマ、ヌクビ沢・天狗尾根・割引岳の迫力絶景を俯瞰する....
c0119160_15041404.jpg
c0119160_15044091.jpg


再び樹林帯で展望が効かない長い登りが続き、時たま右手に米子沢の風景が目に入ります。7合目付近から、森林限界を迎えザレ場っぽい道となってきました。樹林帯も残すところあと僅か!・・とはいえ還暦コンビの我々は依然苦戦、休憩しまくってのスローペースが続きます。

c0119160_15064670.jpgc0119160_15070410.jpg
c0119160_15072514.jpg
c0119160_15163228.jpgc0119160_15102169.jpg
c0119160_15094411.jpg


7合目から上の道は整備されて歩きやすく展望良好!その反面、日差しを遮るものがないので暑い日は紫外線・日焼け対策は必須です。ついに視界が開ける「物見平」へ到着!目の前に見えているのは「ニセ巻機山」・・、巻機山の本峰山頂はあの裏手に隠れています。


  .....(左)7合目からは一挙に視界が開ける (右)遥か彼方には妙高・北ア絶景が見える....
c0119160_15301444.jpg
c0119160_15310584.jpg


  .....ニセ巻機山(前巻機山)を目指して木道階段を一歩一歩踏み上げていく快晴登山!....
c0119160_15342424.jpg
c0119160_15344623.jpg
c0119160_15394579.jpg
c0119160_15403048.jpg







★ついに念願の「巻機山」登頂達成! 頂上楽園から牛ヶ岳への大展望歩き


9合目「ニセ巻機山」に9時35分到着。何と素晴らしい大展望だ!北西方向には越後名峰「妙高山」、左手には真っ白な雪を被る北アルプス後立山連峰の大パラマが見えるではないか!


    ....「ニセ巻機山」の頂上に立つ!大絶景俯瞰、本当の頂上まではあと1時間弱だ・・....
c0119160_15523575.jpg
c0119160_15531824.jpg


    ....左は残雪で白く輝く北アルプス北部(後立山連峰)、右は焼山・火打・妙高の山々....     

c0119160_15560988.jpg

眼下には雄大で残雪山肌・池塘風景が広がっており、心が癒されます!下り窪地に巻機山避難小屋が見えるぞ。小屋に向かい歩き始めると遥か先に尖った形の山が目に入ってきました。位置関係を確認すると、何とわが故郷・柏崎の名峰「米山」ではないか!目から鱗の大感動!


    .....眼下に雄大・寛容な残雪山肌・池塘が広がる。コーデュロイのような質感風景かな?....
c0119160_15570152.jpg
c0119160_15573924.jpg


  .....避難小屋に向かって歩くと、目の前にわが故郷・柏崎の名峰「米山」↓が見えてビックリ!....
c0119160_16000389.jpgc0119160_16004430.jpg
c0119160_16013049.jpg

                               わが故郷・柏崎名所&名峰「米山」の紹介記事


美しい池塘を通過して避難小屋に到着。小屋で一服後、さあいよいよ巻機山頂上に向けて最後の大詰めだ!爽やかな風を受け、雄大な残雪風景を見ながらの登りは気持ちがいい!


    .....青空に映える池塘を通過、カエルの卵が沢山!オタマジャクシの姿もありました....
c0119160_16151504.jpgc0119160_16155888.jpgc0119160_16164204.jpgc0119160_16182826.jpg
c0119160_16174043.jpg


    .....(上)巻機山避難小屋で一服  (下)避難小屋を背にして残雪の雄大な道を進む....
c0119160_16313635.jpgc0119160_16322423.png
c0119160_16335496.jpg
c0119160_16360449.jpg
c0119160_16364211.jpg


10:30ついに巻機山(1967m)の頂上に立ち20年前の無念なる思いのリベンジを果たしました。越後名峰の奥深い頂上部はこんなにも雄大で嫋やかな山容の名峰だったのか・・!厳密に言うと真の頂上はこの先数百m歩いた所に目立たないケルンが積み上がっているらしい。


    .....(左) 巻機山頂上に向けて大絶景を楽しむ最後の登り  (右)ついに到着~!(喜)....
c0119160_16464046.jpgc0119160_16472355.jpg
c0119160_16475811.jpg


   .....(左)谷川連峰・仙ノ倉・平標山の雄姿! (右)北アルプス背景に高山植物が咲き誇る....
c0119160_16502805.jpg
c0119160_16510072.jpg


頂上にHJ氏の姿はなく、牛ケ岳の方にいるのだろうか?ここで2人はザックを頂上に置いて空身での別行動へ!全国一等三角点制覇を目指しているマツ氏は左側の割引岳へ向かい、小生はH嶋氏の後を追って右側の頂上楽園コースから牛ケ岳へと向かいました。


    .....マツ氏は割引岳へ向かう。 後で聞くと残雪が危険で途中で引き返してきたとのこと....
c0119160_16524620.jpg
c0119160_16533077.jpg


    .....(左)RWは牛ヶ岳に向かって頂上楽園コースへ  (右)このケルンが本当の頂上点...
c0119160_16553091.jpg
c0119160_16561859.jpg


牛ヶ岳までの広大な稜線歩きは池塘・湿原が散りばめられた抜群のパノラマを楽しめて、まさに天上の楽園コース!何と谷川岳の左・遥か先には富士山も眺望できるではないか!故郷・柏崎の米山と富士山を一緒に見られるなんて想像もしていなかった!凄いね、この山は!
                                  
c0119160_17112395.jpg

    ....頂上部は広大平原、池塘・湿原が沢山!未踏の苗場山も同様光景なのだろうなア....
c0119160_17134373.jpg
c0119160_17141895.jpg


広大な楽園コースを歩き、牛ヶ岳山頂が見えてきました。笹に覆われた最後の道をかき分けて辿り着くと頂上部には何人かの登山客がおり、一人絶景を見ながら昼食を摂っているHJ氏を発見し再会!小生は荷物・昼食は巻機山頂に置いてあるのでピストンでまた戻ります。


   ....まるで空を飛んでいるような開放感、右は尾瀬・平ケ岳方面。牛ヶ岳の山頂は近い!....
c0119160_17163772.jpg
c0119160_17171193.jpg


   .....昼食タイムのHJ氏と漸く再会! 目の前には南魚沼田園風景と越後三山の雄姿....
c0119160_17190371.jpg
c0119160_17193955.jpg


そのあとは3人は色々な行き違いがあって山頂部で全員揃うには時間がかかりましたが、漸く再会してお互いの無事を確認。帰路は3人一緒に下山し夕方、桜坂駐車場に到着しました。 


   .....(左)新潟県の山は奥深い味わいがあるなあ!  (右)下山は3人とも快調なペース....
c0119160_17291675.jpgc0119160_17295607.jpg
c0119160_21220996.jpg


   .....(左) 桜坂駐車場に到着、お疲れさまでした~  (右)再び「山の宿・雲天」に立ち寄る....
c0119160_20323122.jpg
c0119160_20332516.jpg


下山時刻が大幅に遅れ夕方都内で所用あるマツ氏は新幹線で帰京。越後湯沢駅まで送り、HJ氏と湯沢駅前の枌蕎麦を食べて2人で関越道経由にて帰りました。会話を深めるうちに彼は歴史・ロック・サッカー好き、さらに同じ大学の後輩だと分かりさらに意気投合!ライン友達になり、今度また3人で一緒に苗場山などの名峰を登ろうと約束した次第です。


    .....(左)越後湯沢の蕎麦名店「中野屋」 (右)関越道から見た谷川岳の雲海滝....
c0119160_20470561.pngc0119160_20475320.jpgc0119160_20482338.jpg
c0119160_20490311.jpg


20年ぶりにリベンジ登山が実現した越後名峰「巻機山」・・、新たな山仲間の縁繋がりもでき、北アルプス・妙高山・越後三山・谷川岳、故郷米山と日本海、さらに富士山までの大パノラマが一挙に満喫できた贅沢な山旅となり、自分自身に濃厚な思い出が刻まれました!


   .....快晴の巻機山からの大パノラマ!北アルプス・日本海・富士山が一挙満喫とは・・!....
c0119160_20594073.jpg
c0119160_21001159.jpg
c0119160_21071227.jpgc0119160_21074575.jpg
c0119160_21103191.jpg




                                                        おわり


  by rollingwest | 2018-08-06 05:00 | Comments(164)

<2017年9月>「上州武尊山」(日本百名山)登山&奥利根・水上紀行


c0119160_07105402.jpgc0119160_07072405.jpg
c0119160_07084388.jpg



★今年2つ目の日本百名山はまたも群馬県の名峰「上州武尊山」


この7月、4年ぶりに日本百名山へ挑戦し「皇海山」(sukaisan)を登りましたが、9月も「武尊山」(hotakayama)単独行にて連続で百名山の登頂、合計79座に積み上げました。2峰の共通点は一般には無名の存在、山名の読み方がよく解らない群馬の地味な山と言うところでしょうか・・(苦笑)


     .....夜明けの関越自動車道、空が赤く染まり始める!走行中撮影は危ないぞ!喝~.....
c0119160_19322439.jpgc0119160_19345826.gifc0119160_19363141.jpg
c0119160_19365662.jpg


「武尊山」を「ほたか」とは中々読み辛く、北アルプス穂高岳と間違えられるので「上州」の字を先に付けて呼ぶのです。早朝3時半に家を出発し、関越自動車道路から群馬県の最北部・水上ICを降り道の駅にて車内朝食。県道63号線で宝台樹キャンプ場を通過し、利根川源流部を目ざしました!


     .....関越道・水上ICを降りると明るくなってきた!宝台樹キャンプ場を通り藤原湖方面へ!.....            
c0119160_19570497.jpgc0119160_20025304.jpgc0119160_20032398.jpgc0119160_20243186.jpg
c0119160_20043310.jpg

c0119160_20130815.jpgc0119160_20134506.jpg
c0119160_20151268.jpg


山道の途中では猿軍団を発見!いよいよ藤原湖(藤原ダムで造られた人工湖)が見えてきた!矢木沢ダム・須田貝ダムと並ぶ奥利根三湖、ここが干上がると関東は水不足に陥る重要な水瓶です。


     .....(左)モンキー軍団、車接近!崖攀じ登って逃げる (右)藤原ダムを通過し裏見の滝へ.....
c0119160_20392632.jpgc0119160_20365684.jpg
c0119160_20395345.jpg
c0119160_20401617.jpg
c0119160_20404222.jpg


登山口手前には武尊神社が鎮座。山名は日本武尊(景行天皇時代の東征将軍)に由来します。この近くには高さ50mから勢いよく落ちる「裏見の滝」があるので足慣しに穴場名瀑を散策してみよう!


     .....(左) 武尊神社に参詣(無事登山を祈念) (右)神社前には「裏見の滝」遊歩道入口.....
c0119160_20511539.jpgc0119160_21214563.gifc0119160_20534391.jpgc0119160_06180232.jpgc0119160_20522766.jpg

駐車場の近くにある滝見ルートの山道に入り歩いて10分程で水量の多い豪快な滝に出会えました。現在は滝の裏側が見られる遊歩道は崩壊しており裏見ができない「裏見の滝」でしたが、滝の最上部に登り真下を覗きこみスリルを味わいました。武尊山登頂前のいい準備運動の散策になったネ~!


       .....「裏見の滝」展望台から、武尊川から断崖絶壁を豪快に落ちる名瀑を望む.....
c0119160_21413856.jpgc0119160_21421442.jpg
c0119160_21424735.jpg

     .....(左)滝の最上部まで登り、川が断崖下に落ちるアングルに張り付き名瀑を上から覗き込む.....
c0119160_21454479.jpgc0119160_21462387.gifc0119160_21470711.gifc0119160_21473710.jpg
c0119160_21480919.jpg






★「上州武尊山」への往復登山、絶景パノラマを満喫!


裏見の滝から車で悪路を登り上がり登山口駐車場に7:30到着。手小屋沢避難小屋ルートでの6時間半ピストン登山をいざ開始~!明るくなってきたカラマツ林・ブナ樹林の中を歩き、尾根を西から東に巻くように住んでいくと手小屋沢避難小屋があります。トタンのカプセルシェルターみたいで面白いネ~!


     .....(左)駐車場に到着して出発準備 (右) 「上州武尊山」の登山ルート(鳥瞰図バージョン).....
c0119160_22041117.jpgc0119160_22043495.jpg
c0119160_22051398.jpg

          .....カラマツ林・ブナ樹林の道を進み行く。手小屋沢避難小のユニークな外観.....
c0119160_22140509.jpgc0119160_22143799.jpgc0119160_22150145.jpg
c0119160_22152482.jpg


手小屋沢を過ぎ暫く平な道が続きましたが次第に斜度が増してきました。木の根の段差が大きい箇所が多くあり慎重に登り行くとようやく視界が開けました。全体的に厚い雲に覆われ今日のパノラマは望み薄なのかな・・ちと不安。さらに登り詰めていくと鎖場登りの断崖が何度も出てきました!


     ....稜線の高台岩に立つとパノラマが開ける!ガスがかかっており頂上は雲の中なのかな?.....
c0119160_05243891.jpg
c0119160_05470683.jpg

     .....鎖場は5箇所連続で登場しスリル満点!最後の詰めに向い緊張する登りが続く.....
c0119160_05485212.jpgc0119160_05492686.jpg
c0119160_05494135.jpg

       .....(左)ハイマツ帯からは断崖の大岩が登場! (右)まだ厚い雲に覆われている.....
c0119160_05530490.jpg
c0119160_05533507.jpg

森林限界を超えハイマツ帯の広い道に出ると名峰赤城山が見えてきた!目の前には目指す武尊山が緩やかなピラミダル姿を現した!期待していなかった眺望も雲が徐々に薄らぎ晴れ渡ってきたぞ!


       .....(左)雲がなくなり赤城山が見せてきた (右) 武尊山の頂上まであと40分!.....
c0119160_05560783.jpg
c0119160_05564794.jpg
c0119160_05584716.jpg
c0119160_05590754.jpg

11:00ついに頂上へと立つとガスは完全に晴れ渡り360度のパノラマ!何たるラッキー!目の前には今朝通過した藤原ダム湖がブルーレイクに変貌している!その左は突がっている山は剣ケ峰山・・


     .....上州武尊山の山頂に立つ!青空が広がり絶好のタイミングに恵まれた!.....
c0119160_06013483.jpg
c0119160_06020942.jpg

        .....(左)関東の水瓶「藤原ダム湖」 (右)剣ケ峰山は実に格好いい山だなア・・!.....
c0119160_06041378.jpg
c0119160_06045181.jpg

山頂パノラマは実に素晴らしい!尾瀬の2名峰(至仏山・燧ケ岳)、日光白根山、そして7月に登った皇海山、谷川岳など日本百名山がズラリと並んでいる!パノラマを大満喫しユックリ昼食タイムを楽しみました。


     .....(左) 至仏山と燧ケ岳の中間が尾瀬ケ原 (右)日光白根山・皇海山も見える.....
c0119160_06265767.jpgc0119160_06312863.jpgc0119160_06532195.jpg
c0119160_06274918.jpg
c0119160_07062696.jpg
c0119160_07070147.jpg

11:40下山開始、まだ緑が深い道には高山植物やキノコが随所に見られ秋の風情も感じられました。13:50駐車場に到着。軽装ザックの往復ピストンでしたが6時間半かかり歩き応えがあった・・。天気はドンドン回復し快晴度が増してきたぞ。次は奥利根の名湯「水上温泉」を散策してみよう!


     .....(上)樹の根が張り出した道を降りる (中)高山植物(下)キノコを発見し秋を感じる.....          
c0119160_08073555.jpgc0119160_08080891.jpg
c0119160_08082249.jpg

c0119160_08121402.jpgc0119160_08123949.jpgc0119160_08140749.jpgc0119160_08135015.jpg
c0119160_08163259.jpg
c0119160_08292200.jpgc0119160_08295368.jpgc0119160_08302585.jpgc0119160_08304390.jpg
c0119160_08314899.jpg

c0119160_08392070.jpgc0119160_08394464.jpg
c0119160_08401441.jpg






★利根川水源「奥利根」の名湯「水上温泉」散策


日本一長い川は信濃川ですが、茨城・千葉県境沿いに太平洋へ流れ込む首都圏の大河「利根川」は日本一の流域面積を誇ります。その源流は三国山脈・大水上山(群馬県利根郡みなかみ町)。当山域は深い沢と多くの滝があり、日本有数の探検秘境地(沢登り最上級グレード)なのです。


  .....奥利根源流は一般登山者が入れない奥深い秘境。峡谷の沢登りは高い登山技術が必要.....
c0119160_08505384.jpgc0119160_08513768.jpgc0119160_08520584.jpg
c0119160_08522974.gif

昭和初期に谷川岳を貫き関東と越後を繋ぐ清水トンネルが開通するまで深山幽谷温泉だった「水上(minakami)温泉」。有名になったのは若山牧水「みなかみ紀行」であり、文壇作家や谷川岳登山者に愛され活況を呈していました。今は関越自動車であっという間に行けますがやや人気低調な印象・・?


     .....奥利根の川の流れが美し過ぎる!首都圏の奥座敷として有名な「水上温泉」.....
c0119160_09091550.jpgc0119160_09103132.jpg
c0119160_09105561.jpg

2007年3月に水上温泉街の真ん中にオープンした「みなかみ町山岳資料館」には谷川岳の登山史を語る資料や写真の数々や山仲間から寄贈された懐かしい登山用品が多数展示されています。


   ....温泉街の雑貨屋2階にある小さな山岳資料館は見学無料(地元山岳有志で開業).....
c0119160_09150364.jpg
c0119160_09151925.jpg

水上なのでやはりメインは谷川岳展示が中心で多くのパネルが飾られています。地元登山家の紹介、奥利根山岳エリアの立体模型・ビデオ案内があります。谷川岳は一ノ倉沢という穂高岳・剱岳と並ぶ日本三大岩場があり、関東から行き易いので昭和30年代は岩壁に挑戦する若者が多く殺到しました。


  .....(左)魔の山「谷川岳」の雄姿 (右)清水トンネル開通後、土合・土樽駅は登山者で賑った.....
c0119160_09180835.jpg
c0119160_09182724.jpg

   .....(左)断崖絶壁の一ノ倉沢 (右)この山の遭難死者数は800人を越え世界一(ギネス認定)....
c0119160_09242471.jpgc0119160_09244328.jpg
c0119160_09245743.jpg

しかしこれに伴い遭難も急増し「魔の山」として畏れられ、昭和41年には遭難死者が何と37名もの過去最悪事態が発生し「谷川岳遭難防止条例」が制定される程でした。今はロープウェイも開通し家族でも登れる山となりましたが、我々の世代では恐ろしい山としてのイメージが今も残っています。


  .....昔の登山道具も多く展示、学生時代は30kgの重荷で肩に食い込むキスリングが辛かった.....
c0119160_20000824.jpg
c0119160_20010436.jpg
c0119160_20015148.jpg
c0119160_20022285.jpg

水上町歴史民俗資料館には、当地の祭事道具・農具・民具・古文書2千点が展示され水上の歴史を知る上で興味深い資料館。前庭には移築された国重要文化財「旧戸部家住宅」もあります。


    ....水上歴史民俗資料館を覗いてみる。展示で外人マネキン人形を使っているのはチト笑ロた.....
c0119160_20141013.jpgc0119160_20150370.jpg
c0119160_20154653.jpg
c0119160_20180488.jpg
c0119160_20181961.jpg

旧戸部家住宅は江戸時代初期の川場村農家建築で当時の人々の暮らしぶりを垣間見ることができます。昭和48年、水上町が国の重要文化財を買い上げ、一般公開を始めたとのこと。中に一歩入れば150年前の奥利根村にタイムスリップした様な感覚になり、懐かしい気持ちに浸りました。


          .... 旧戸部家住宅は茅葺き家で昔の山間部農家の暮らしが伺える.....
c0119160_20211576.jpgc0119160_20215011.jpg
c0119160_20224091.jpg
c0119160_20324984.jpg
c0119160_20333797.jpg






★谷川岳を間近に仰ぐ清流風景「諏訪峡」を散策


諏訪峡は水上温泉を代表する景勝地の一つで、春は新緑、夏は涼、秋は紅葉、冬は雪景色と、四季それぞれに彩りを変えます。双耳峰の谷川岳が間近に仰げ、美しい清流で心が癒されます。渓谷の流れに沿って遊歩道が整備され「美しい日本の歩きたくなる道500選」にも選ばれている道


   ....道の駅「水紀行館」(水上温泉の近く)から「諏訪峡」巡りができる。コスモスの花が満開.....
c0119160_20571755.jpgc0119160_20581135.jpg
c0119160_20593049.jpg
c0119160_21031570.jpg
c0119160_21035319.jpg

水上温泉の玄関口に水紀行館の隣には清流公園があり諏訪峡への入り口になっています。奇岩、怪石が連続する渓谷で、坊岩・夫婦岩・玉簾の滝、高所吊り橋の笹笛橋などの見所があります。


     .....奥利根からの清流を体感できる諏訪峡の散策周遊路は実に気持ちがいい.....
c0119160_21102406.jpgc0119160_21111116.jpg
c0119160_21120191.jpg
c0119160_21150711.jpg
c0119160_21155443.jpg

公園内に「与謝野晶子歌碑公園」を発見!晶子は全国の温泉を巡っており各地に足跡を残しましたが、水上温泉は4回も訪問した縁で2009年、与謝野鉄幹も含めて9つ歌碑が建立されました。


       .....「与謝野晶子歌碑公園」有名な「君死にたまふことなかれ」の句碑が設置.....
c0119160_21242324.jpgc0119160_21250498.jpg
c0119160_21254197.jpg

     .....(下)笹笛吊り橋の渓谷は絵画如し! (右)谷川岳の双耳峰がよく識別できた!.....
c0119160_21312557.jpgc0119160_21320176.jpg
c0119160_21324201.jpg

今年9月は山仲間3人で谷川連峰周遊(平標山・仙ノ倉岳)を計画したのですが台風の接近で中止として、その代替として「上州武尊山」の単独登山をしました。今回は大して期待してなかったのですが、こんな素晴らしい山旅になるとは思わなかった!来年のリベンジ登山が大いに楽しみだ!


   .....谷川岳を眺め諏訪峡を巡り水上の湯に浸かって大自然を満喫するのもいいかも!.....
c0119160_21391683.jpg
c0119160_21395065.jpg

今年6月に谷川岳や奥利根・水上はユネスコエコパークにめでたく登録されました。世界で認められる大自然風景をお手軽に日帰り登山を楽しめる日本人の幸せをまた一つ実感した次第です。


                                                         おわり


                   



  by rollingwest | 2017-10-11 21:40 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(160)

<2016年9月24日>糸魚川の名峰・日帰り弾丸登山「青海黒姫山」

c0119160_155448100.jpg


★黒姫山を全山制覇!新潟・富山県境の名峰を日帰り登山


新潟県糸魚川周辺(富山県境)や頸城エリアには妙高山・火打山・雨飾山など名峰が多くあります。その中であまり知られていない「青海黒姫山」(日本300名山)に登ってきました。黒姫の名前を持つ山は全国で3つ(他に長野県と我が故郷・柏崎)ありますが、これで黒姫山3峰を全て制覇しました。


      .....北アルプスの最北端に位置し、日本海に面している新潟県の名峰「青海黒姫山」....
c0119160_15573583.jpg c0119160_15574898.jpg

c0119160_1558557.jpg
c0119160_15581695.jpg


      .....(左)わが故郷・柏崎の「刈羽黒姫山」 (右)最も有名なのは北信濃の「黒姫山」....
c0119160_1625093.jpgc0119160_163132.jpg
c0119160_1633185.jpg



                               <2014年7月>北信濃・歴史旅&「黒姫山」登山
 

糸魚川はつい最近まで交通アクセスが不便な場所(松本から「大糸線」、東京から「ほくほく線」、柏崎からは直江津経由乗継ぎは不便)で遠隔地イメージがありましたが、昨年3月北陸新幹線が開業して以来、状況は一変!今回は8時間行程の山歩きでしたが日帰り登山ができました。時代は変わったネ~


  .....2015年に開業した北陸新幹線、東京駅から糸魚川までのアクセス2時間20分、超便利!....
c0119160_1610158.jpgc0119160_16105515.gif

c0119160_16112245.jpg
c0119160_16114199.jpg


今回の同行者は山仲間マツ氏、彼とはこの2~3年糸魚川や北信濃の名峰4座(火打山・新潟焼山・斑尾山・戸隠山)を登っており今回でこのエリアは5座目。毎回天気に恵まれてありがたい・・。朝6時半の北陸新幹線で東京駅出発。糸魚川駅に9時前到着、タクシーで青海室姫山の登山口へ!


   .....(左)朝8:50糸魚川駅に到着 (右)3年ぶりに「奴奈河姫」(糸魚川駅前に鎮座)と対面...
c0119160_16174910.jpgc0119160_1618233.jpg

c0119160_16181889.jpg


  .....(左)糸魚川ジオステーション・ジオパル (右)早大校歌作詞の相馬御風 (右)大糸線の旧車両...
c0119160_1623303.jpgc0119160_16235249.jpgc0119160_1624958.jpg

c0119160_16243527.jpg


青海黒姫山は西頸城郡青海町の背後に聳え立つ石灰岩の独立峰で、その天然資源を利用して大正時代からセメント・化学肥料等の石灰工業が盛んになり半農半漁だった青海町は飛躍的に発展しました。タクシーは青海デンカ工場経由で青海川沿いに山奥へ入り清水倉登山口に向います。


      .....タクシーはデンカ(旧社名「電気化学工業株式会社」の青海川工場脇を通過...
c0119160_16365260.jpgc0119160_16376100.jpgc0119160_16375110.jpg


c0119160_1641948.jpg


       .....(左)姫川渓谷を走る「大糸線」列車 (右)青海川沿いに登山道へと向う...
c0119160_17183156.jpg
c0119160_17273998.jpg
c0119160_1728199.jpgc0119160_17282674.jpg


c0119160_172854100.jpg


山の位置を下記地図で見ると、青海黒姫山の東南方向には越後頸城エリアの山々(火打山・新潟焼山・雨飾山・高妻山・戸隠山)、南に北アルプスの「後立山連峰」(白馬・五竜・鹿島槍)、南西部に「剱岳・立山連峰」が鎮座しており、青海黒姫山は日本海に面したフォッサマグナ名峰群の最前線峰です。


       .....環境リサイクルセンターの脇へタクシー到着、ここが青海黒姫山の清水倉登山口...
c0119160_17361045.jpgc0119160_17364720.jpg
c0119160_17371437.jpg







★青海黒姫山の頂上へ!日本海や頸城エリア名峰の大展望!


清水倉登山口(リサイクルセンタ―脇)でタクシーを降りて9時半に登山開始。10時半に一本杉(実に巨大な杉の木で休憩場所に適した場所)に到着。急坂が始まり、ロープを使いながら登っていくと、夫婦縄文杉(根から2つに分かれ双方で支え合っている古木)が出現。今度は犬ヶ岳も見えてきたゾ!


       .....青海黒姫山の立体地図と清水倉登山ルート(鉱山道ルートは通行禁止)...
c0119160_18531051.jpgc0119160_18533075.jpgc0119160_18534851.jpg

c0119160_1854716.jpg


   .....(左)最初の休憩ポイント「一本杉」 (右)次は「夫婦縄文杉」 (下)白馬山・犬ケ岳.....
c0119160_1941467.jpgc0119160_1951681.jpgc0119160_1953233.jpg

c0119160_1954997.jpg


当日は曇り気味で直射日光は受けないものの9月下旬はまだ蒸し暑い空気が残っており結構汗をかいて全く調子が上がらない・・。12時、金木平に漸く到着。五葉松根元に飲料水の看板があり本当に水が美味かった~!ここで昼食を摂って英気を養い、12時半から最後の登りへ向います。


    .....12:00「金木平」に到着、唯一の水場(本当に美味い水!)、ここで昼食を摂る...
c0119160_1949463.jpgc0119160_1959225.jpgc0119160_19592422.jpg
c0119160_19571779.jpg


      .....ここからは急勾配の登り!あと頂上まで1時間半、キツイけれど頑張ろう!...
c0119160_2071334.jpgc0119160_2073038.jpg
c0119160_2074777.jpg


13時40分過ぎ、ついに視界開ける稜線上に出ました!今日は曇り気味にも関わらず遠方のパノラマコンディションは良好です。間近に日本海、遥かに能登半島・佐渡ケ島の広がりも識別できる!さすが日本海最前線のフォッサマグナ峰だネ。あともう少しで頂上・・、途中の大岩の上でポーズを取りました。


   ....稜線道からのパノラマ!日本海や能登半島も眺望できる!貴重なる穴場名峰かも・・...
c0119160_20114026.jpg
c0119160_20115559.jpg


        .....目の前には「青海黒姫山」の突兀頂上が迫る!あと20分でゴールだ・・...
c0119160_20141965.jpg
     
c0119160_20145332.jpgc0119160_20153951.jpgc0119160_20151840.jpg
c0119160_20213456.jpg
c0119160_2016656.jpg


14時過ぎ、青海黒姫山の頂上に到着、蒸し暑くて結構ハードな登りだった・・。頂上には三角点が設置されており糸魚川市街地の向うには日本海の海岸線、そしてわが故郷・柏崎と米山も見える!


   .....「青海黒姫山」頂上に立つ、日本海に臨む頸城エリア(新潟県南西部)の名峰群が俯瞰...
c0119160_20331098.jpgc0119160_20333166.jpg

c0119160_20434567.jpg


    .....(左)日本海の海岸線と糸魚川の街 (右)遥かに我が故郷・柏崎&米山も見える!...
c0119160_2046855.jpgc0119160_2046372.jpgc0119160_2046525.jpg

c0119160_2047966.jpg


標高は1100m弱ですが、標高差をそのまま登り同じ道を下る高低差の行程は結構厳しい山(足場も結構滑りやすく要注意)。しかしその苦労は海が間近に望める絶景の素晴しさで報われます。


   .....(左)地元で愛される「権現岳&鉾ケ岳」 (右)全国的メジャーな名峰「妙高・火打・焼山」...
c0119160_20512020.jpgc0119160_20513544.jpg

c0119160_20515896.jpg

c0119160_20523813.jpg





             
★越後頸城の名峰群の登山 (思い出レビュー①)


越後頸城エリア(新潟南西部)には青海黒姫山の他に、火打・焼山・雨飾・高妻山が有名。その南部は妙高高原・野尻湖を囲むように聳え立つ北信濃の名峰群(妙高・黒姫山・戸隠・飯綱・斑尾)があり「北信五岳」と呼ばれます。RWは10座全てを勝手に「信越国境10名峰」と名付けております。


     .....(左)越後頸城・北信濃の名峰が広がる! (右)明星山と石灰セメントの採石場...
c0119160_21122177.jpg
    
      .....「雨飾山」は2009年夏、食山人氏の百名山達成記念でFツアー仲間達と祝福...
c0119160_21125510.jpgc0119160_21131565.jpg

c0119160_21134054.jpg


                               <2009年8月>フォッサマグナの名峰「雨飾山」
 
越後頸城エリア(新潟県南西部)の名峰で思い出深いのは、Fツアー仲間の百名山達成を皆で祝った「雨飾山」(2009年)、雪景色の中をマツ氏と登った「火打山」(2013年)、2014年9月に登った「新潟焼山」、当日は奇しくも御嶽山が噴火し、まさに同日・同じ活火山にいたので本当に驚きました。.


     .....(左)2013年10月「火打山」に登る (右)朝の「高谷池」は一面の雪景色だった...
c0119160_2119465.jpgc0119160_21192035.jpg

c0119160_21194064.jpg


                                     <2013年10月>「火打山」雪景色登山
 
       .....火打山頂上からは雄大なる北アルプス「後立山連峰」!大絶景を俯瞰..
c0119160_21253976.jpgc0119160_2126085.jpg
c0119160_21263442.jpg


        .....2014年9月「新潟焼山」に登る。頂上付近では大岩峰の上に立つ...
c0119160_2135927.jpgc0119160_21353992.jpg
c0119160_21355518.jpg

                               <2014年9月>「新潟焼山」:雲上パノラマ登山
 



★糸魚川フォッサマグナ探訪 (思い出レビュー②)


新潟焼山も御嶽山と同じで「活発23火山」の一つ、40年前(1974)の大噴火で登山者3人が死亡していますが、今年5月「新潟焼山」は小噴火を起こしました。ここ数年、フォッサマグナ周辺の山では大地震が多発しています。そして今年は日本を横断する中央構造線で熊本地震や阿蘇噴火が・・


    .....(左)糸魚川フォッサマグナの最前線 (右)今年5月に小噴火を起こした「新潟焼山」...
c0119160_21501022.jpgc0119160_21502479.jpg

c0119160_21504745.jpg


         .....(左)構造線の露頭岩 (下)フォッサマグナは大地震の多発地帯...
c0119160_21551048.jpgc0119160_21552789.jpg
c0119160_21554333.jpg


2013年は「親不知」も訪ねました。北アルプスが日本海まで迫る断崖絶壁海岸は北陸街道・最大難所で岩礁通過の旅人達は荒波に呑まれ多くの命を落としました。親子が生き別れた悲劇の海は「親不知・子不知」の地名で今に語り継がれます。「ウエストン」(日本山岳界の先駆者)の像も鎮座


     .....「親不知・子不知」は北アルプス連峰が海に落ち込む断崖海岸(天下の難所)...
c0119160_21594360.jpgc0119160_2202370.jpgc0119160_2204724.jpg


c0119160_221868.jpg


2009年、日本の3地域(糸魚川・島原半島・洞爺湖有珠山)が世界ジオパークに初指定されました。(山陰海岸・室戸・隠岐も追加され現在は6地域)。糸魚川はフォッサマグナに代表される日本列島形成のレアな地質、見事な景観、歴史の深さにも触れられ、世界的に価値の高いジオパークなのです。


    .....(左)親不知海岸「ピアパーク」にある巨大な翡翠原石 (右)「奴奈川姫」と勾玉...
c0119160_2292962.jpg
c0119160_2295150.jpg

糸魚川フォッサマグナのハイライトは「明星山・高浪池・ヒスイ峡」、岩肌剥き出しの明星山の大岩壁は3億年前の珊瑚礁が変化したもので多くの化石が眠っています。ここは翡翠原石の大産地で古代の人は翡翠で造る勾玉を神の石として崇め、奴奈川姫(大国主の妻)が支配した神の渓谷でした。


        .....翡翠原石が多く採れる「明星山」(高浪の池とのコラボは実に絶景)...
c0119160_22113888.jpgc0119160_2212294.jpg

c0119160_22121881.jpg


                                  <2013年10月>糸魚川フォッサマグナ探訪
 





★北信濃の名峰群(北信五岳)の登山 (思い出レビュー③)


今度は北信濃の名峰を紹介。「北信五岳連峰」は飯縄・斑尾・黒姫・戸隠山の4座を制覇済み。2014年単独で登った野尻湖を包み込むように聳える「黒姫山」。山容は優美で丸味を帯びた姿が印象的です。2005年に登った「高妻山」は結構ハード!2015年「斑尾山」は楽チンな登山でした。


   .....越後頸城の南側には北信濃の名峰群「北信五岳」が鎮座!登り残しは「妙高山」のみ...
c0119160_2216959.gif
             
          .....2014年7月、長野県の「黒姫山」に登る(野尻湖から仰ぐ雄姿)...
c0119160_22163191.jpg
c0119160_22165245.jpg

   .....(左)2005年秋にFツアーの仲間達と登った「高妻山」 (右)2015年10月「斑尾山」登山...
c0119160_22191733.jpgc0119160_22195582.jpgc0119160_22201069.jpg

c0119160_2220276.jpg


当エリアの最難関峰は2015年に登った「戸隠山」!日本で最も危険な登山ルートの一つで両方が断崖絶壁になっている恐怖道「蟻ノ戸渡り」「剣ノ刃渡り」が出現します。滑落すれば両崖に墜落し即死するデインジャラスルートで毎年事故が起きており命の危険を感じる稜線通過は恐怖の連続でした。


    .....2015年10月「戸隠山」に登る。難所「蟻の戸渡り」は人生での最大恐怖体験の一つ...
c0119160_22265697.jpgc0119160_22271276.jpgc0119160_22272596.jpg

c0119160_22284563.jpg


                                  <2015年10月>「斑尾山・戸隠山」の山旅
 

   .....(左)越後頸城・北信濃エリアの名峰 (右)名峰10座のうち9座制覇、最後は「妙高山」だ...
c0119160_22312327.jpgc0119160_22313992.jpg
c0119160_22321278.jpg








c0119160_22322914.jpg





★「青海黒姫山」無事下山 (北陸新幹線で帰京)


再び、青海黒姫山の山行記事に戻りたいと思います。頂上からの日本海・越後頸城エリアの名峰絶景を十分に堪能した後、14:20に下山開始。ここからまた千mを降りるのだからまだまだ時間はかかりそうだ。歩くこと3時間17:20無事下山!約8時間の結構ハードな行程で大いに疲れました~!


     .....青海黒姫山からも下山風景(犬ヶ岳と雲のコラボ)、もう17時となってしまった!...
c0119160_22375935.jpgc0119160_22431229.jpg
c0119160_22381929.jpg

c0119160_22383791.jpg


     .....携帯で下山途中にタクシーを予約。下山後5分でお迎えに来てくれ糸魚川駅へ・・...
c0119160_22463189.jpgc0119160_22464848.jpgc0119160_2247118.jpg


c0119160_22472742.jpg


北陸新幹線の発車時刻まで時間があるのでコンビニで蕎麦・ビールを買い込み休憩エリアにて乾杯~!
18:50糸魚川駅から乗り21:10東京駅到着。帰宅したのは22時過ぎと遅くなりましたが、能登半島が見える山の8時間登山が日帰りで可能になるとは北陸新幹線の便利さをあらためて実感!


        .....(左)夕暮れの糸魚川駅 (右)駅休憩室にてビール・コンビニ蕎麦で乾杯~!...
c0119160_2251536.jpgc0119160_22521311.jpgc0119160_22522985.jpg

c0119160_22524517.jpg


青海黒姫山を登り「信越国境10名峰」の内、9座を制覇!あと残りは「妙高山」のみ!そして百名山・200名山の最後を飾る山も妙高山にしたいな・・と秘かに目論んでおります。頂上から我が故郷・柏崎と米山を眺め山仲間に祝福横断幕を掲げてもらい美味しくビールで乾杯したいもんだネ~!


    .....(左)糸魚川の山々と青海デンカ (右)能登半島を仰ぐ「日帰り山行」を満喫した一日....
c0119160_2304663.jpgc0119160_231214.jpg
c0119160_2311881.jpg




                                                        おわり

  by rollingwest | 2016-10-17 00:00 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(112)

<2015年10月>錦秋の「斑尾山・戸隠山」(北信五岳の山旅)

c0119160_10262615.gif


★「北信五岳」の2座(斑尾山・戸隠山)へ挑戦


妙高高原・野尻湖を囲むように聳え立つ長野県北部の名峰5座(妙高山・黒姫山)は「北信五岳」と呼ばれます。飯縄山は17年前に、昨年は黒姫山、今秋は斑尾山・戸隠山を制覇して4座目をクリア


     ....越後と北信濃に鎮座する「北信五岳」、今回「斑尾山・戸隠山」登頂で4座制覇....
c0119160_10304881.gif
c0119160_10272510.jpgc0119160_10273559.jpg
c0119160_10274426.jpg
  
                           <2014年7月>北信濃・歴史旅&「黒姫山」(200名山)


残るは「妙高山」だけですが、日本百名山達成記念を飾る山にしたいとも考えており「北信五岳」全山制覇はまだ時間がかかるかな?今回、斑尾山・戸隠山は晴天日恵まれ最高の山旅となりました。


     ....「戸隠山」から眺望した雲海大絶景、右側遥かに北アルプス連峰(クリックで拡大表示)...
c0119160_10322481.jpg
       




★開放感あるススキ平原が印象的だった「斑尾山」


今回の1泊2日旅(斑尾・戸隠山の順番)も素晴らしい天気に恵まれました。RWはここ数年雨になった確率は1~2割、「晴れ男かな?・・」と勝手に自己満足\(^o^)pV 東京駅を朝6:30に出発。今春に開業した人気の北陸新幹線(実に格好いい車両!)に初乗車し飯山駅に8:20到着、便利になったネ~


  ....斑尾山は「飯山駅」が基点、今年開業の北陸新幹線駅ができ飛躍的に交通アクセス向上...
c0119160_10342823.jpgc0119160_10352321.jpgc0119160_10353767.jpg
c0119160_10361657.jpg





c0119160_10363655.jpg

飯山駅からタクシーで荒瀬原登山口に到着し9:15出発。斑尾山は信越トレイルのスタート地点、長野・新潟の県境に位置する標高千m前後の低山脈尾根を横断するに国内有数のロングトレイルの山道です;


  ....(左)信越トレイル(全長80km)の出発地 (右)荒瀬原登山口から出発(黒姫山をバックに)...
c0119160_10561832.jpgc0119160_10564116.gifc0119160_10565231.jpg
c0119160_105747.jpg

標高を上げ行くと徐々に紅葉光景に包まれてきた。今年は夏の日照時間が少なかったのでやや心配でしたが全国各地の山はいい感じの紅葉になっています。青空あってこそ錦秋は映えるもの!


    ....紅葉まっ盛りの山道を行くマツ氏の後ろ姿、イヤ~素晴らしい晴天日になったネ~!...
c0119160_1133878.jpgc0119160_1135172.jpgc0119160_20202996.jpg
c0119160_1145660.jpgc0119160_115665.jpg

c0119160_1153429.jpg


「北信五岳」は殆どが2千m級ですが斑尾山だけは1400m足らずの低山。しかし頂上手前の大明神岳からの眺望は実に素晴らしい~!目の前には野尻湖が美しい姿を見せています。昨年の黒姫登山時にナウマン象博物館など、湖の周遊観光したことが懐かしい!11:30斑尾山頂へ到着し昼食・・


  ....目の前には「野尻湖」を俯瞰!バックは妙高山(左)黒姫山(右)、何たる絶景~!...
c0119160_11254658.jpgc0119160_11252980.jpgc0119160_23203294.jpg
c0119160_1126631.jpg
c0119160_2321359.jpg
      ....(左)斑尾山の頂上にて (右)雲海が広がる秋の山、大パノラマ!最高の日だ!...
c0119160_1291279.jpgc0119160_1293178.jpgc0119160_1295452.jpg


c0119160_12101196.jpg

下山は斑尾高原スキー場方面へ!開けた視界を楽しみながらの緩やかな山下り。一面のススキ原はまさに圧巻!爽やかな空気の中で心癒される雄大な光景は紅葉とはまた違う趣を感じました。


       ....ススキ原が広がる裾野を下山、何たる開放感!風情がありますなア~...
c0119160_1220452.jpgc0119160_1221023.gif


c0119160_12211855.jpg

c0119160_1223404.jpgc0119160_1224196.gifc0119160_12241780.jpgc0119160_20243065.jpg




c0119160_12243659.gif

スキー場ゲレンデを下り切って、脇の斑尾高原ホテルのテラスにてビールで乾杯~!ああ今日は楽チンでした。さてここからはバスに乗って長野駅経由で乗り換えて戸隠高原(善光寺門前を通過)へと向います。


  ...(左)斑尾高原スキー場へ下る (右)ホテルのテラスにてビールで祝杯!この瞬間が堪らない...
c0119160_12404747.jpgc0119160_12411015.pngc0119160_12422975.jpg
c0119160_1242123.jpgc0119160_2322675.gifc0119160_23222811.jpg

         ....次は長野駅からバスに乗って戸隠高原へ(善光寺の前を通過し山へと登る).....
c0119160_12553397.jpgc0119160_12555315.jpg
c0119160_1256829.gif

戸隠高原ホテルに宿泊。眼前には戸隠山のギ゙ザギザ岩稜線が大迫力姿で鎮座しているぞ!右にピラミダルな高妻山の雄姿!山の端に消えゆく夕日を見届けて、湯上りは豪華食事で前祝い!乾杯~


   ....(左)戸隠高原ホテル宿泊 (下)豪華夕食で前祝い (右)戸隠山が目の前、美しいサンセット光景...
c0119160_13153943.jpgc0119160_13162224.jpg
c0119160_13163850.jpg

c0119160_13165553.jpg
c0119160_13171137.jpg

c0119160_1558394.jpg
c0119160_155856100.jpg





★神話と信仰の霊山「戸隠山」へ挑戦!超危険ルートの緊張登山!


翌朝は3時半に目が覚めてしまい入浴してリフレッシュ!山の準備を整えて朝食も済ませて宿を5時半過ぎに出発。宿のご主人が登山口に繋がる戸隠奥社入口まで車で送ってくれたことに感謝・感謝!


     ....翌朝5:50出発、戸隠奥社(登山口)に向い巨大杉の参道を延々と進んでいく...
c0119160_1335180.jpgc0119160_13432316.jpgc0119160_2247287.jpgc0119160_13352626.jpg





c0119160_13361137.jpg
c0119160_13362666.jpg


戸隠奥社への参道は立派な巨木杉の間をひたすら進みます。20分程歩くと茅葺きの「随神門」が現れて来た。そして右手に奥には真っ赤な朝焼けの戸隠岩峰が聳えている!何たる感動的な光景


    ....(左)朝日を浴びて戸隠山が真っ赤に染まる (右)随神門に到着、奥社はまだ先...
c0119160_13454876.jpgc0119160_1346233.jpgc0119160_13461615.jpg


c0119160_13472458.jpg


6時半に戸隠奥社到着!朝日当る紅葉が真っ青な空に映え実に美しい!奥社・九頭龍社に無事登山を祈願します。実は戸隠山も天岩戸の伝説地なのです。天照大神がウズメの舞で少し戸を開けた時、すかさず天手力雄命が岩屋の戸を放り投げ、岩戸は信濃まで飛んできて戸隠山になったのだ。


   ....戸隠山も天岩戸伝説の山!今年は宮崎と長野で天岩戸を2つとも対面できた~(嬉)...
c0119160_13541719.jpgc0119160_13544143.jpgc0119160_1355154.jpg

c0119160_14115792.jpg


c0119160_13554870.jpg
c0119160_13553279.jpg
c0119160_164363.jpgc0119160_1645783.jpgc0119160_22401080.jpg


c0119160_1654370.jpg
c0119160_166143.jpg


                        <2015年5月>高千穂・神話探訪旅③(天岩戸伝説)

 
日向国から信濃国に飛んできた天岩戸が形を変えた戸隠山、奥社から見上げる雄姿は神々しく紅葉と青空に浮かび上がっている。いざ出発!感動的な素晴らしき錦秋登山がいよいよ始まります。


        ....奥社登山口から戸隠山の荒々しい山容を見上げる、いざ登山開始!...
c0119160_1613397.jpgc0119160_1614161.jpg
c0119160_16142475.jpg
c0119160_16144059.jpg


     ....標高を稼ぎ上げて行くと岩峰がさらに迫る!そして眼下には美しい紅葉と雲海...
c0119160_1621133.jpgc0119160_16213828.jpgc0119160_20294672.jpgc0119160_1622127.jpg
c0119160_16223483.jpg

急坂の尾根道を暫く行き、最初の鎖場を過ぎると「五十間長屋・百間長屋」という岩回廊に出ました。ここは古の修験者が神力を得るために修行した岩の祠。ここから眺めた雲海絶景は素晴らしい~!


  ....「五十間長屋・百間長屋」という断崖絶壁下に穿たれた岩回廊(地蔵祠)を通過して行く...
c0119160_16355351.jpgc0119160_1636739.jpg
c0119160_16363087.jpg

c0119160_16371817.jpgc0119160_16374489.gifc0119160_16381296.jpg
c0119160_659467.jpg


c0119160_16383592.jpg
c0119160_1639848.jpg


雲海広がる大絶景の右手は長大なる北アルプス連峰、中央部の白い海原には山々が島の如く浮かんでいる。遥かに見える巨大な島は八ケ岳!絶好気象条件が重ならないと体験できないレア光景!


     ....紅葉と雲海に浮かぶ山々(遥か彼方に八ケ岳)のコラボ、感動的な絶景が続く...
c0119160_16583582.jpgc0119160_16585397.jpg

c0119160_1659102.jpg

c0119160_2033117.jpg

c0119160_20521072.gifc0119160_1701383.jpgc0119160_16595131.jpg

c0119160_1703196.jpg


戸隠最上部まで来ると危険な登りが連続出現。岩壁直登を繰り返していくと、ついに出ました~最大難関「蟻ノ戸渡り」!ここは日本で最も危険な登山ルートの一つ、命にかかわる程の恐怖の道・・!


        ....いよいよ危険な登山道へ!まずは断崖絶壁の鎖場を攀じ登っていく...
c0119160_1718473.jpgc0119160_17522312.jpgc0119160_175357.jpgc0119160_17533416.jpg

c0119160_1719934.jpg


    ....そして最大難関「蟻ノ戸渡り・剣ノ刃渡り」が出現!転落即死事故が多発する危険稜線...
c0119160_17341337.jpgc0119160_17343648.jpgc0119160_1735027.jpgc0119160_173516100.jpg

c0119160_17353553.jpg

c0119160_17355271.jpg


戸隠連峰は地質が凝灰角礫岩で風化崩壊が激しく滑り易い危険な山。「蟻ノ戸渡り」は両方が断崖絶壁となっている道で引き返す登山者も多いのです。最大恐怖の「剱ノ刃渡り」は何と最小幅が僅か15cmのナイフブリッジ!滑落すれば両崖に墜落して即死。毎年事故が起きている最大危険箇所です。


   ....「蟻ノ戸渡り」(両側断崖絶壁)の細い稜線を恐る恐る岩にへばり着き跨ぎながら進む...
c0119160_1858132.jpg
c0119160_1919587.jpg

c0119160_19245595.jpgc0119160_19261038.jpgc0119160_19253810.jpg
c0119160_19264453.jpg

c0119160_19285216.jpgc0119160_19291927.jpgc0119160_19293512.jpgc0119160_19295647.jpg

c0119160_1930309.jpg


今日は風もない安定快晴だったので何とか無事通過できましたが、雨が降り強風だったら転落危険は高まり確実に引き返したと思います。最大難所を乗り切り「八方睨」に到着!雲海絶景はついに360度の大パノラマとなり難関超えた安堵と満足で充実感!戸隠山頂上はピストン往復で満願達成!


   ....「八方睨」到着!大パノラマ絶景!ここから戸隠山頂上に空身ピストン、眼下には黒姫山...
c0119160_202372.jpgc0119160_20233672.jpgc0119160_20235082.jpg

c0119160_20243818.jpg

c0119160_2035351.jpgc0119160_20352145.jpg

c0119160_2241444.jpg
c0119160_20354712.jpg

頂上景色はさらに絶景大パノラマが広がっていました!北アルプス・妙高・黒姫山の北信五岳が一望!至福時間を大満喫して下山。再び「蟻ノ戸渡り・剣ノ刃渡り」を渡る恐怖を味わいましたが・・(苦笑)


  ....(左)戸隠最高峰「西岳」(超危険) (中)北アルプス「白馬岳」 (右)北信五岳盟主「妙高山」...
c0119160_20405841.jpgc0119160_20412284.jpgc0119160_20414823.jpg
c0119160_20422617.jpg





★無事故下山の御礼参り(戸隠中社)、戸隠そばで締めて帰京


帰路も最大難関を越えて再び「五十間長屋・百間長屋」へ到着。ここまで来ればもう安全、しかし神々しい雲海絶景ともお別れです。巨大杉参道・随神門を経過し、12:00奥社入口へと戻りました。


     ....素晴らしい雲海を楽しみながら下山。「蟻ノ戸渡り」再び挑み、無事通過で安堵....  
c0119160_22423285.jpgc0119160_22425095.jpg
c0119160_2243865.jpg
     
       ....神々しい巨木杉の参道は多くの観光客で賑い沢山の人が歩いていた.... 
c0119160_22461474.jpgc0119160_22463815.jpgc0119160_2248688.jpg

c0119160_2247751.jpgc0119160_22523896.jpg




c0119160_22482177.jpg


戸隠中社に到着し無事下山の御礼参拝。社祭神は「天八意思兼命」(天照大神の天岩戸隠れで、ウズメに岩戸神楽を舞わせる策を提案)で境内には樹齢700~800年超の巨木杉が林立している。最後は名物「戸隠そば」を頂き(ビールで乾杯)、山旅有終の美・至福を倍加させました。


    ....(左)「戸隠中社」前の巨大な神木杉 (右)この神社は日本有数のパワースポットで有名...
c0119160_21523559.jpgc0119160_2153163.jpgc0119160_2023353.jpg

c0119160_21532394.jpg


       ....戸隠中社に無事下山の御礼参拝を行い、最後は戸隠そばで打ち上げ会...
c0119160_2233174.jpgc0119160_2234992.jpgc0119160_224582.jpgc0119160_2242116.jpg







c0119160_2244865.jpg


今回で日本200名山は156座目を踏破達成!戸隠山は懸念していた難関でしたがマツ氏の綿密な計画立案と快晴日に恵まれ無事安全に終えて感謝感謝!強烈な印象の山を噛みしめながらの帰宅となりました。日本の山はバリエーションがあって実に魅力的。来年はどんな登山ができるのだろう・・


  ....超危険な難関峰「戸隠山」を無事下山でき本当によかった~!安全あってこそ登山の喜び...
c0119160_711088.jpgc0119160_2212810.jpgc0119160_22122963.jpg


c0119160_22125143.jpg
c0119160_221388.jpg


                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-11-14 00:00 | 山紀行・名峰レビュー | Comments(124)

<2014年9月27~28日>「新潟焼山」:雲上パノラマと紅葉の大絶景

エキサイトブログのシステム改修でコメント入力時に画面認証欄が追加されました。この画面が出てくる方は、表示されたアルファベット・数字を正しく入力頂くようご留意願います。

c0119160_1355519.jpg


★「新潟焼山」リベンジ登山

黒姫山・単独行(7月下旬)は、当初マツ氏と一緒に「新潟焼山」とのパック登山計画でしたが天候急変で焼山は中止、9月再挑戦を誓い合い今回リベンジ実現!久しぶりのテント泊も体験し楽しかった~

                               <2014年7月>北信濃・歴史旅&「黒姫山」登山 


          ......「新潟焼山」(日本300名山)は妙高エリアにある日本有数の活火山......
c0119160_13555968.jpgc0119160_13563971.jpg


c0119160_13563036.gif
c0119160_13565939.jpg


「新潟焼山」は妙高エリアに聳える活火山、2006年に登山規制が漸く解除されました。隣接する妙高・火打山が大人気なのに比べて焼山はネームバリューが薄く登る人は殆どいません。しかし実際に登って見ると「かくも素晴らしき絶景パノラマを満喫できる魅力的な山だったのか~!」と目から鱗でした。


         ......当日は快晴に恵まれ雲海と紅葉の絶景を大いに満喫!......
c0119160_1452052.jpgc0119160_1453290.jpgc0119160_1455144.jpg

c0119160_146363.jpg


      ......焼山頂上からのパノラマはまさに360度大絶景!大躍動する雲海群......
c0119160_1493069.jpg

9月27日練馬駅近くでマツ氏を拾いマイカーで関越道から上信越自動車経由で妙高方面へ。昼食は信州蕎麦を・・と店を探して入るタイミングで「11時52分御嶽山が噴火」のニュースが飛び込んできました。この時点では大災害になるとは夢にも思わず我々は他人ごと感覚で漫然とニュースを聴いていました。


  ......信州の里で昼食(蕎麦)時に「御嶽噴火」ニュース!この時は大災害になるとは想像もせず.....
c0119160_1494960.jpg c0119160_1410175.gif

c0119160_14101652.jpg
c0119160_14102988.jpg


実は新潟焼山も御嶽山と同じで「活発23火山」の一つ、40年前(1974)の大噴火で登山者3人が死亡しているのです。昨年秋に火打山を登った時は、眼前に迫る焼山には小噴煙が上がっていました。

                                    <2013年10月>「火打山」雪景色の登山  


 .....日本はまさに火山列島、全国の活発23火山、40年前に大噴火した焼山(昨年秋の雪姿)....
c0119160_14185533.jpgc0119160_1419104.jpg



c0119160_14193410.jpg
c0119160_14194410.jpg


「自分が登っている時に火山噴火が発生するとは思えない・・」確率論としてはほぼ正しいですが、何が起こるかは誰も予想しえない!直近の富士山噴火も宝永大地震の数年後に発生しているし・・





★今年3回目の北信旅情を満喫し笹ヶ峰キャンプ場で野営


    ......「北信五岳」の両雄「黒姫山&妙高山」、黒姫は今年7月(2ケ月前)に初登頂......      
c0119160_14495074.jpgc0119160_14502315.jpgc0119160_14504999.jpg



c0119160_145173.jpg
c0119160_14513095.jpg


いよいよ北信濃エリアへと入ってきました。この地域は夏の黒姫山登山・野尻湖探訪、秋の飯山街道旅(小布施)も含めて今年3回目でRWのマイブームになっており妙高・黒姫の山々が見えると、帰って来たゾ~と声をかけたくなるような気持ち。何度来ても心が癒される日本の原風景をまたも味わえました。


   ......(左)2ケ月前に探索周遊した「野尻湖」 (右)「小林一茶」歌碑&名峰「妙高山」......
c0119160_1502845.jpg
c0119160_1504130.jpg

                               <2014年晩夏>北信「飯山街道」(小布施)の旅 


      ......笹ヶ峰に向う途中で素晴らしいススキ草原が出現!秋が深まりつつある......
c0119160_1515940.jpgc0119160_1523898.jpg


c0119160_153249.jpg


「笹ヶ峰キャンプ場」に15:30到着、明朝5時に登山開始する計画なのでここで野営することに・・。笹ヶ峰でのキャンプは中学夏行事以来で実に懐かしい~!各自が一人用テントを設営完了して準備万端!


      ......「笹ヶ峰キャンプ場」も紅葉が始まっている。40数年ぶりにここでキャンプ......
c0119160_1511163.jpgc0119160_15111570.jpg


c0119160_15114021.jpg


  ......(左)笹ヶ峰ビジターセンター (右)テント設営!(昔に比べたら本当に簡単になったなア)......
c0119160_15145712.jpgc0119160_15151277.jpg


c0119160_15153374.jpg


秋の日暮は早く16:30を過ぎるともう暗くなってきました。マツさんと明日の無事登山を祈念してビールで乾杯!おでんを突つきながらヘッドランプ前夜祭を済ませ18:30就寝。夜は結構冷えましたね~!


  ......おでん(マツ氏持参)を肴にビールで乾杯!話を咲かせて就寝、、満天の星は凄かった!.....
c0119160_15173542.jpgc0119160_151750100.jpgc0119160_1518113.jpg

c0119160_15182792.jpg
c0119160_15183874.jpg






★新潟焼山への登山出発(往復11時間の長丁場)


4時に起床し朝食と登山準備を整え(テントはそのまま)、車で杉沢橋登山口まで行きました。ヘッドランプを装着して5時に登山開始。まだ真っ暗ですが夜明け空には一点の雲もなく快晴が見込めます。


     ......杉沢橋登山口を5時出発!真っ暗な中でヘッドランプを付けて歩き出す......
c0119160_15435316.jpgc0119160_1544767.jpgc0119160_15442135.jpg
c0119160_15443923.jpg


1時間半程登っていくと第1徒渉地点(渓流への出合い)を通過、本コースは4ケ所徒渉地点があり、豪雨増水時は危険な場所となります。しかし秋の水流は少なく穏やかで難なく渡ることができました。


        ......(左)渓流沿いのコースを登り行く (右)トリカブト達の華麗な舞踏会!......
c0119160_15595021.jpgc0119160_160672.jpg

c0119160_1603524.jpgc0119160_1611121.jpg







c0119160_1612789.jpg


     ......第1・第2徒渉地点は警戒したものの、水量は比較的少なく安全に通過......
c0119160_1611223.jpgc0119160_16113793.jpgc0119160_16121823.jpgc0119160_16123376.jpg

c0119160_16125158.jpg


徒渉点途中で「焼見台」という地点を通過。ここに来ると「焼山」が突然雄姿の全貌を現し最初の感動を味わえる場所なのです。実に格好よく風格が漂う名峰だ!と誰もが認識してしまうことでしょう。


    .....「焼見台」に到着!文字通り「新潟焼山」の威厳ある姿を完全俯瞰できる展望路......
c0119160_16165967.jpgc0119160_16172029.jpg

c0119160_16174193.jpg


    .....豪雪地帯であるため水流で深く刻まれた渓谷は見事!焼山コラボ風景も素晴らしい....
c0119160_1621898.jpgc0119160_16212135.jpg

c0119160_16221012.jpg
c0119160_16223079.jpg


6:40に第3徒渉地点を通過、標高を上げるに従って紅葉は徐々に鮮やかな色へと変化してきた。最後の第4徒渉地点に7:40到着。ここは貴重な水場ともなっており冷たい水が実にうまかった・・!


       ......今年は秋の訪れが早い!9月下旬の山は紅葉が結構鮮やかだった......
c0119160_162826100.jpgc0119160_1629229.jpg

c0119160_16292499.gif

c0119160_16294083.jpg


   ......(左)今回コースは往復11時間の長丁場 (右)第4徒渉地点では美味い水が飲める.....
c0119160_16365086.jpgc0119160_1637723.jpg
c0119160_16372016.gif

ここから廿楽折りが始まり草藪続きでしたが、徐々に視界が開けて来た!糸魚川エリアの日本百名山「雨飾山」が見えてきたゾ!2009年に山仲間・食山人氏(九州名峰を同行)の百名山達成を皆で祝ったことが懐かしい。ここからも双耳峰であることがよく判別でます。紅葉は更に深まりつつある。


      ......(左)「雨飾山」(日本百名山)の雄姿 (右)赤黄緑のコラボが見事に映える.....
c0119160_16393187.jpgc0119160_16394519.jpg

c0119160_16395984.jpg

                       <2009年8月>「雨飾山」(食山人氏の百名山達成祝)登山


   ......(左)深い谷間彫刻は豪雪によって生み出された光景 (右)雄大に横たわる岩壁......
c0119160_1643476.jpg
c0119160_16435921.jpg

開けたコースの右手を見上げると紅葉の垣間から焼山のギザギザした頂上部が見えてきました。北ア岩峰や北海道ニペソツ岳に似た威厳ある姿!9:20「富士見峠」(金山方面からの分岐合流) に到着!ここから暫くした所に「泊岩」分岐がありに岩の洞窟にトタンを張った「泊岩避難小屋」がありました。


     ......(左)富士見峠から金山の稜線を俯瞰 (右)焼山の岩峰を真下から見上げる......
c0119160_16453355.jpg
c0119160_16455359.jpg
         
  ......富士見峠からすぐに泊岩分岐へ到着、紅葉が見事!岩窟を利用した「泊岩避難小屋」......
c0119160_1648575.jpgc0119160_1648276.jpgc0119160_16483924.jpg


c0119160_16485181.jpg






★岩峰の迫力コースを登れば雲海の大絶景!


泊岩を過ぎればいよいよ最後の登り!噴火口・頂上に向けて巨岩を仰ぎ見ながらの大迫力登山コースへと変貌してきた。噴火の大巨岩には驚愕~!噴火のエネルギー・威力とは想像を超えるレベルだ!


    ......(左)巨岩・崖ガレ場を登り肩稜線を目指す (右)後続の登山者を見下ろす......
c0119160_17105159.jpgc0119160_17111980.jpg


c0119160_17114061.jpg


      ......噴火の大巨岩の脇を通解し、ついに頂上部の肩稜線へと登り上がった......
c0119160_17165392.jpgc0119160_17171385.jpg

c0119160_17173486.jpg


後ろを振り返ってみれば雲海絶景、眼前には巨岩・絶壁が迫る!そしてさらに登り進むと 40年前に大爆発した噴火口が左手に見えてきた!噴火の破壊力が激しく物凄かったことがよく判ります。


       ......(左)最後の岩峰を攀じ登る (右)大雲海の岩峰、登山者は蟻の如し......
c0119160_17211723.jpg
c0119160_17213464.jpg

     ......(左)巨大な爆烈噴火口  (右)大岩峰の頂上↓に佇む人、これは凄い光景だ!.....
c0119160_1724994.jpgc0119160_17255149.jpg

c0119160_17233169.jpg

c0119160_17262541.jpg

   
11:00苦戦しながらやっと頂上へと立ちました。結構きつかった~!鮮やか躍動的な大パノラマには大感動! 360度の青空に足元には大雲海が沸き立っている!大絶景にはもう言葉もありません!


       ......山頂に立つ!「火打山」(昨年秋に制覇)をバックに満足顔のRW......
c0119160_1831419.jpgc0119160_183398.jpgc0119160_1871042.jpg




c0119160_1835279.jpg


 .....澄んだ秋空に雲海が足元に湧き上がる!こんな360度絶景を俯瞰したのは久しぶり!.....
c0119160_18111626.jpg

目の前には昨年登った「火打山」背後に「妙高山」!さらに「雨飾山」、北アルプス・「後立山連峰」、雲海の遥か彼方には「八ケ岳」も見える!空気が澄んで稜線が明確に識別でき、素晴らし過ぎる~!


   .....(左)昨年登った「火打山」、背後に「妙高山」 (右).雲海の彼方に「八ケ岳」が見える!.....
c0119160_1811577.jpgc0119160_18121475.jpg


c0119160_18123297.jpg
c0119160_18125196.jpg

    
    ......(左)頂上部は穏やかな稜線路 (右)北アルプス「後立山連峰」名峰群が雄大!......
c0119160_1821698.jpgc0119160_18212141.jpg


c0119160_18213522.jpg


××は高い所に登りたがる・・、RWは頂上部目の前に聳える独立岩峰の上に立ちバンザイポーズを決め込んでみました!雲海360度パノラマのど真ん中に立つと大絶景を完全一人締めした様な気分で実に爽快でございました!ところで皆さんRWが立った巨岩は、螺髪姿の岩仏様に見えませんか?


      ......(左)トレイルランニング集団が駆け上がってきた!(右)頂上部に立つと大歓声!......
c0119160_18313782.jpg
c0119160_1832145.jpg

    ......頂上部近くの絶壁岩に立ってバンザイするRW!最高の絶景と開放感でした!.....
c0119160_18334911.jpgc0119160_1834481.jpg


c0119160_18342499.jpgc0119160_1834441.jpg




c0119160_18345918.jpg






★無事下山!山の楽しみは安全が確保されてこそ・・


           ......いざ下山!山風景は快晴の日光に映えて秋の風情深まる......
c0119160_19373988.jpg
c0119160_19375215.jpg

頂上で絶景満喫のビール&昼食は正に至福時間!11:40下山開始、4時間半近くの下りが始まりますが陽光は増し紅葉を一層照らし出しています。眩しき光景は長丁場を忘れさせてくれるネ~!


          ......やはり青空と豊富な光があれば紅葉の輝きと美しさが一段と増す......
c0119160_1939842.jpgc0119160_19392824.jpgc0119160_19394135.jpg




c0119160_19395857.jpg


            ......長丁場の帰りだったが深まりゆく秋を楽しみながら下りてくる......
c0119160_19481932.jpgc0119160_1948372.gif

c0119160_1948519.jpg


しかし最近、自分の体力が落ちてきているなア・・と実感します。ここ数年ヘバリ気味だった同行マツ氏の方が今回は本来のペースを取り戻して快適のコンデション。小生は足の捻りも気にしながら結構苦戦の下山でした。しかし噴火にも遭遇せず、無事に何とか11時間も歩き通せて、めでたしめでたし・・


    ......16時過ぎに無事下山!安全な登山こそ第一番・・!笹ヶ峰キャンプ場のテントを撤収......
c0119160_19551810.jpgc0119160_19553336.jpg


c0119160_2003849.jpg


下山後に御嶽山ニュースを見ると、何と30数人心肺停止の重大災害だということを知り暗然とした気持ちに・・。あれから1ケ月、ついに死者は57名・行方不明者6名という戦後最悪の火山災害となってしまいました。犠牲者の方々には心から哀悼申し上げます。まさに災害列島日本を象徴する2014年


  ......(左)御嶽山がこんな大災害に見舞われるとは・・ (右)思い出の御嶽山登山(2001GW)......
c0119160_20558.jpgc0119160_2051976.jpgc0119160_20243153.jpg

c0119160_20171395.jpg
c0119160_2054289.jpg


日本列島は地震・噴火災害と引替えに、大陸プレート凝縮によって生み出された大自然の造形美や豊かな緑・豊富な温泉に恵まれた世界的な財産があります。安全第一を心がけ日本の山の魅力を満喫したいものだ。それにしても、新潟焼山とはかくも素晴らしきお宝名峰だったとは・・目から鱗でした!


    ......日本の山の険しさ・美しさ、温泉や四季の恵み・・、まさに世界的に誇れる貴重な財産......  
c0119160_20175020.jpg



                                                         おわり

  by rollingwest | 2014-10-25 00:00 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(100)

<2014年7月27~28日>北信濃・歴史旅&「黒姫山」(200名山)登山

c0119160_171419100.jpgc0119160_1714348.gif
c0119160_17144349.jpg



★信越国境に聳える名峰群



長野県北部には「北信五岳」と呼ばれる妙高高原・野尻湖を囲むように聳え立つ名峰群があります。妙高山・黒姫山・戸隠山・飯綱山・斑尾山がその五岳ですが、隣接・新潟県南西部までエリア拡大すれば青海黒姫山・雨飾山・焼山・火打山・高妻山も範疇に入り「信越国境10名峰」と呼ぶべきでしょう。


        ......長野県北部の名峰を「北信五岳」と呼ぶ。今回は黒姫山に挑戦.....
c0119160_17182985.jpgc0119160_17184437.jpg

c0119160_1719212.jpg


上記10名峰の中でRWが実際登頂したのは雨飾山・火打山・高妻山・飯綱山の4座のみ。故郷新潟県も含むエリアなのに意外と登っていないなア・・と再度認識し、今回は野尻湖を包み込み北信濃に聳える「黒姫山」(優美で丸味を帯びた姿が印象的)に挑戦!やっと10名峰の半分を登頂実現か・・


   .....(左)雨飾山(2009夏)食山人氏・百名山達成祝 (右)火打山から北アルプス絶景(2013秋).....
c0119160_17242126.gifc0119160_17243137.jpgc0119160_17244111.gif



c0119160_17245976.jpg



本来はマツ氏と一緒に焼山にテント泊で登る予定でしたが、急遽天気予報が豪雨に変わり山行を秋に延期、小生は翌日の黒姫山登山計画で既にホテル予約していたため単独行で行くことにしました。

                                「雨飾山」登山(2009年8月)の記事はコチラから




★【1日目】:北信濃・歴史探訪旅(小林一茶の里を訪問)


今回の計画変更(焼山を秋に延期)で、1日目は北信濃エリア(野尻湖周辺)の歴史&考古学探訪旅へと切り替えることにしました。まずは芭蕉・蕪村と並ぶ三大俳人「小林一茶」の史蹟を訪問しよう!


   .....関越道から長野自動車経由で野尻湖周辺の歴史&考古学探訪へ(↓クリッククで拡大表示).....
c0119160_17425782.gifc0119160_17431278.gifc0119160_174321100.jpg


c0119160_17433862.jpg


「我と来て遊べや親のない雀」・・。野尻湖近くの信濃町柏原は江戸時代の俳諧師「小林一茶」の生誕地かつ終焉地です。ここをジックリ探訪するのは大学3年生以来、あれから30数年が経つのか・・


      ......(左)小林一茶の旧家(終焉地) (右)柏原に佇む一茶の立像.....
c0119160_1992090.jpgc0119160_1993618.jpg







c0119160_19102468.jpg


「やれ打つな蝿が手を擦り足を擦る」・・。旧家の近くには一茶記念館があるので訪ねてみることに・・。館内は一茶に所縁ある品々が展示され、北国街道の宿場町「柏原」ジオラマ模型もあるぞ!


       ......(左)小林一茶記念館の外観 (中)一茶像 (右)数々の展示物.....
c0119160_1943172.jpgc0119160_19433560.jpg


c0119160_19435317.jpg
c0119160_1944549.jpg


       ......(左)一茶が生まれ育った柏原宿(北国街道の宿場町)のジオラマ......
c0119160_2081634.jpgc0119160_2082990.jpg



c0119160_2085538.jpg


「やせ蛙 負けるな一茶これにあり」・・。記念館脇には大きな庭園があり、茅葺屋根の風情ある建物「俳諧寺」が見えてきました。傍らには一茶像と上記句碑が建てられていました。寺からの階段を下り園内を周遊すると随所に一茶の名句に触れることができます。 「初夢に故郷を見て涙かな」・・。


      .....(左)俳諧寺の脇に佇む一茶像 (右)句碑「初夢に故郷を見て涙かな」.....
c0119160_2031228.jpgc0119160_20312384.jpg


c0119160_20314065.jpg


      ......(左)風情ある茅葺きの「俳諧寺」、 (右)天井には数々の一茶俳句が.....
c0119160_20352695.jpgc0119160_20353921.jpg


c0119160_2036318.jpg


「めでたさも中位なりおらが春」・・。柏原から江戸に出て俳諧の西国修行で腕を磨いた一茶ですが、晩年は故郷に戻り、継母との遺産相続争い・子や妻を亡くしたりで必ずしも幸福な人生とは言えませんでした。でも故郷に残した俳句文化は素晴らしい・・! 「これがまあ終ひの住処か雪五尺」・・。


       .....「小林一茶旧宅」(終焉の地)、晩年の質素な暮らしが窺える囲炉裏端.....
c0119160_20542152.jpgc0119160_2054435.jpgc0119160_2111195.jpg


c0119160_2113113.jpg


      ......(左)一茶の弟が住んだ屋敷 (中)一茶終焉の地(石碑) (右)一茶の墓.....
c0119160_2193921.jpgc0119160_21102831.jpg



c0119160_21105785.jpg

c0119160_21111828.jpg
c0119160_21112935.jpg







★【1日目】:北信濃・歴史探訪旅(野尻湖湖畔&ナウマン象博物館)


次は野尻湖畔を散策してみよう!斑尾山(東)と黒姫山(西)に挟まれた標高654mの高原に位置しており面積は4.6km2、長野県では諏訪湖に次ぎ2番目に大きい天然湖です。古くは信濃尻湖(長野の端ッコの意味)と呼ばれ変化して野尻となりました。また湖の形から芙蓉湖という別名もあります。


            ......北信濃観光地のシンボル「野尻湖」の湖畔・桟橋風景.....
c0119160_212192.jpgc0119160_21214689.jpg


c0119160_2122711.jpg

ここはナウマン象化石が出土する湖としても知られており1962年から湖底や湖畔での発掘調査が始まりました。今も3年に1回、発掘ボランティアを募り大衆参加という形の発掘調査が行われています。


     ......(左)ナウマン象化石発掘地(立ち上がってるゾ~) (右)野尻湖ナウマン象博物館.....
c0119160_21272852.jpgc0119160_2128998.jpg
c0119160_2128517.jpg

c0119160_21283467.jpg

「ナウマン象博物館」を見学してみよう!いきなり化石から復元された実物大のナウマン象とオオツノジカが出現!湖底から発掘されたナウマンゾウの臼歯(発見当初は湯タンポ化石と呼称)や旧石器時代の人骨やナイフ形石器なども展示されており古代像と旧石器人類が共存していたことが証明されています。


       ......(左)ナウマンゾウの臼歯(奥歯) (右)実物大で再現された象、ドデカイゾ~!....
c0119160_2149159.jpg
c0119160_21494766.jpg

c0119160_2150785.jpg
c0119160_21502536.jpg


      ...... ソウギョ(野尻湖捕獲)、野尻湖原人・他国原人の頭蓋骨、ナイフ形石器も展示.....
c0119160_2232693.jpgc0119160_2234286.jpg






c0119160_2235777.jpg


象の名前由来は日本地質研究に大きな貢献をしたナウマン博士(明治政府が招聘したドイツ地質学者)の名前に因んでいます。彼は日本の地質構造研究にも大きな成果を残した偉大な学者であり、昨年秋「糸魚川フォッサマグナミュージアム」を見学した時に詳細記事を紹介しておりますので御覧下さい。


   .....エドムント・ナウマン博士(1854~1927):日本列島地質解明や古代像の化石研究で有名.....
c0119160_21571393.jpg



c0119160_21574922.jpg
c0119160_2158082.jpg


                     「フォッサマグナ断層」(ナウマン博士が名付け親)の解説記事はコチラから 

野尻湖には「琵琶島」という小島があり、真っ赤な鳥居が立ち宇賀弁財天が鎮座しています。島には上杉謙信の軍師「宇佐美定満」の墓があると聞いてビックリ!わが故郷柏崎には宇佐美定満が築城した琵琶島城址があるからです。「琵琶島の地名は野尻湖に所縁があったのか・・」と目から鱗!


    ......野尻湖の真ん中に浮かぶ「琵琶島」、弁財天が祀られ観光船も往来している。.....
c0119160_221429.jpg


c0119160_2214696.jpg


   ......上杉謙信の軍師「宇佐美定満」と柏崎・琵琶島の地名由来の縁を初めて知った!.....
c0119160_2225177.gifc0119160_22366.jpgc0119160_2232076.jpg

北信濃の歴史・考古学を十分に勉強させて頂き、宿泊ホテル「アスティくろひめ」へと向いました。黒姫山登山に向け湯に浸かりビールで前祝い、明日の天気予報は快晴予報!大いに期待できると糠喜び


       ......野尻湖畔に別れを告げ、今日は黒姫高原スキー場近くのホテルに宿泊.....
c0119160_2281512.jpgc0119160_2283013.jpg

c0119160_2285237.jpg
c0119160_2291035.jpg






★【2日目】:終わりよければ全てよし~!黒姫山(日本200名山)登頂


       ......「黒姫高原スノーパーク」より、いざ出発!霧に覆われて何も見えない・・....
c0119160_22154990.jpgc0119160_22172530.jpg


c0119160_22173873.jpg


朝起きて青空かと思いきやみれば何と曇りではないか・・!快晴予報だから朝霧は晴れる筈と信じ、黒姫高原スキー場から小泉登山道を登って行きました。冬はスキーヤーで賑う高原には人影は殆どなし


    ........8:50出発!雨露の残るガス立ちこめたスキー場ゲレンデを登り標高を上げて行く。.....
c0119160_22201866.jpgc0119160_22203386.jpgc0119160_22205287.jpg




c0119160_2221766.jpg


        ......ゲレンデから「小泉登山道」を登って行くと背後には野尻湖が俯瞰!.....
c0119160_2226296.jpgc0119160_22263263.jpgc0119160_22264411.jpg


c0119160_2227174.jpg


真夏なのに紫陽花が盛りを迎え、北信濃の季節に1ケ月程タイムラグがあることを感じさせます。リフト最高所の裏からはゲレンデは狭まり山道となります。出発から1時間40分程で姫見台に10:30到着。


            ......ガクアジサイやオオバギボウシが随所に咲き誇っていた!.....
c0119160_5583010.jpgc0119160_22335254.jpg
c0119160_223446.jpg


     ......(左)「姫見台」到着、急登開始 (右)「黒姫乗越」から頂上まではあと50分.....
c0119160_21335168.jpgc0119160_21343369.jpg


c0119160_21345193.jpg


姫見台からは急な登りが続き、ここが一番きつい・・!12時前、黒姫乗越に到着して昼食を摂りました。依然ガスは晴れない。快晴予報は外れてこのまま視界不良の登山道を歩かされるのか・・?(泣)


        .....豪雪地帯の深い森林風景、真っ白なガスの中を歩き続ける・・.....
c0119160_21391262.jpgc0119160_21392754.jpg

c0119160_21394647.jpg


c0119160_21434131.jpgc0119160_21434822.jpgc0119160_2144773.jpg


c0119160_21442640.jpg


12:50黒姫山の頂上に到着!依然霧の中でガックリ・・(涙) 仲のよさそうな夫婦が楽しく語らっており記念写真を1枚撮ってもらいました。夫婦も30分程前に到着して晴れるのを待っているとのこと


   ......(左)ついに登頂(何にも見え~ん)・・しかし (右)何とガスが晴れ始めて来た!.....
c0119160_21493977.jpgc0119160_21494810.jpgc0119160_21501011.jpg

c0119160_21512168.jpg


暫くするとガスが徐々に切れ始め視界が開けてきたぞ!夏の青空が広がり戸隠牧場方面の古池・種池も見えている!「天気予報は当ったネ~、やはり人生は塞翁が馬!」と勝手な心境で下山開始


   ......(左)急に夏光景に!湧き立つ入道雲 (右)古池・種池が鮮明に見えてきた!.....
c0119160_220745.jpgc0119160_220188.jpgc0119160_2205074.jpgc0119160_5481111.jpg
c0119160_221918.jpg


        ......青空が出て野尻湖が一望!背後は「斑尾山」(北信五岳).....
c0119160_22121150.jpgc0119160_5563098.jpgc0119160_22123444.jpg


c0119160_22125334.jpg


ピストン往復なので同じ道を下りましたが、行きと帰りは風景が違って見えることがよくあります。ガスの中を登る不安な時の心境と、無事登山を終えて今後快晴に向う下山道を戻る安心感の違いかな・・


       ......(左)華麗なるユキヤナギ (右)幽霊草(ギンリョウソウ) (右)若いアザミ.....
c0119160_22154582.jpgc0119160_22155671.jpgc0119160_63156.jpgc0119160_22161172.jpg

        ......深い森林を下る!自然が造型した生命漲るオブジェは感動的!.....
c0119160_22184224.jpgc0119160_22185869.jpg

姫見台を通過し黒姫高原スキー場を真下に望める位置まで戻ってきた。野尻湖は斑尾山に包まれる如く真っ青な湖面を静かにたたえています。スキーゲレンデは真夏の光を浴びて明るく輝いており、行きと帰りでは全く雰囲気が一変!紫陽花が咲き誇るケレンデを通過し3時間程でスノーパークに下山完了


     ......(左)黒姫高原スキー場の全景 (右)真っ青な湖水「野尻湖」クローズアップ!.....
c0119160_6494025.jpgc0119160_6495983.jpgc0119160_6501177.jpg






c0119160_6502371.jpg


        ......(左)紫陽花が咲き誇るゲレンデを下山 (右)スキー場リフトの夏風景.....
c0119160_654673.jpgc0119160_6545549.jpg

c0119160_65514100.jpg

c0119160_2152167.jpg


朝のスノーパークからは霧で隠れて見えなかった黒姫の山容が一部雲に覆われつつもシルエットがよく認識できるぞ!今度は野尻湖から黒姫山を仰いで見たいと思い立ち、再び野尻湖畔へと向いました。


        ......7時間を歩き抜きスノーパークに到着、振り返れば黒姫山のシルエット.....
c0119160_6585683.jpgc0119160_659864.jpg

c0119160_659257.jpg

c0119160_21422826.jpg


      ......(左)野尻湖から仰ぐ「黒姫山」 (右)隣には地元の最大名峰「妙高山」.....
c0119160_20593035.jpgc0119160_210019.jpg
c0119160_2101741.jpg

c0119160_2103393.jpg

黒姫山は信越エリアに3座存在します。残り2峰は新潟県にあり、一つは糸魚川の青海黒姫山。昔デゴイチの愛称で親しまれた元関脇・黒姫山は出身地の山から付けられた四股名。もう一つはわが故郷で米山と並ぶ名峰「刈羽黒姫山」。小学校時代に登った記憶があるがいつかまた登ってみたい!


  ......(左)元関脇・黒姫山は地元「青海黒姫山」からの四股名 (右)故郷・柏崎の「刈羽黒姫山」.....
c0119160_2154260.jpgc0119160_2155910.jpg

c0119160_215114.jpg

c0119160_216236.jpg
c0119160_2152848.jpg
c0119160_21333064.jpg


故郷の山に向ひて言ふことなし故郷の山はありがたきかな」 新潟の未登名峰はまだ意外に多い。故郷を離れ時間が経つにつれて故郷の山に登りたいという心境になってきたのかも・・。歳ですな~

                     「火打山&フォッサマグナ探訪」(2013年10月)の記事はコチラから   


         ......北信歴史探訪と黒姫山登山を満喫し、故郷・柏崎へそのまま帰省.....
c0119160_21131491.jpgc0119160_21132698.gifc0119160_21134566.jpgc0119160_21125264.jpgc0119160_21182867.jpg


c0119160_21244910.jpg


さてこの秋は今回計画延期になった焼山に再チャレンジします。昨年秋に火打山頂上から真近で見た噴火火山の頂上に立ち、火打山・妙高・黒姫山を眺めることを楽しみにしています。それではまた!
 


                                  
                                                          おわり

  by rollingwest | 2014-08-23 06:00 | 山紀行・名峰レビュー | Comments(97)

<2013年10月18-20日>「火打山」雪景色登山&糸魚川フォッサマグナ探訪(後編)

                        「火打山・雪景色登山&糸魚川・フォッサマグナ探訪」(前編)より続く



★日本列島の大断層「フォッサマグナ」の風景を訪ねる旅


    ........(左)妙高山をバックに火打山頂上へ (右) 北アルプス後立山連峰の大雲海......
c0119160_18265354.jpgc0119160_1827824.jpg

c0119160_18272620.jpg


火打山登山後は天下の嶮として有名な「親不知」や日本列島を東西に分ける大断層「フォッサマグナ」が形成した糸魚川ジオサイト群(翡翠の渓谷等)を見学してきました。古事記・翡翠伝説でも有名な「奴奈川姫」(大国主の妻)の所縁地訪問も交えながら後編は地学的なお話と古代史の一端をご紹介


         ........糸魚川フォッサマグナの象徴的な光景(明星山と高浪池)......
c0119160_18341385.jpgc0119160_18342796.jpgc0119160_18343973.jpgc0119160_18351890.jpg

c0119160_18355587.jpg





★日本海側のフォッサマグナ、北陸街道の最大難所「親不知」


火打山登山後は糸魚川(宿泊地)に入る前に「親不知」を訪ねました。ここは北アルプスが日本海まで迫る断崖絶壁海岸(北陸街道・最大難所で有名)。岩礁を通過しようとした旅人達は荒波に呑まれ多くの命を落としました。親子が生き別れた悲劇の海は「親不知・子不知」の地名で今に語り継がれます。


      .......最寄駅「親不知駅」は無人駅で人の姿は全くなし。電車本数も殆どなし.....
c0119160_1938256.jpgc0119160_19381632.jpg


c0119160_19394923.jpg


「親不知」は過去何度か行きましたが、全て車による訪問で北陸自動車SAの記念碑を見学しただけだったので、今回初めてJR線で「親不知駅」(無人駅)に降り立ち海岸部まで歩いて訪ねてみました。


   ........(左)名勝「親不知」の案内板 (右)断崖絶壁と北陸自動車道が海岸部まで迫る......
c0119160_19453164.jpg
c0119160_19454721.jpg


歩くこと20分、道の駅「ピアパーク」に行き当たり「親不知」地名が彫られた翡翠石や巨大な海亀像(自称世界一)が現れました。亀の目には小さなフクロウや奴奈川姫が顔を出していたので面白かった・・!


    ........親不知海岸に鎮座する世界一の海亀ブロンズ像(目からフクロウが顔を出している)......
c0119160_19493253.jpgc0119160_19494839.jpgc0119160_1950662.jpg



c0119160_1950242.jpg


海岸沖には出雲の「大国主命」が地元の鬼と力比べをしたという伝説岩がありました。大国主命が投げた岩は鬼の投じた岩の遥か遠くへ飛び、負けた鬼は悔しがり岩を蹴って海中に身を投じたとのこと


      .......大国主伝説がある「投げ岩&鬼蹴り岩」、釣り人も沖に竿を投げる......
c0119160_20413822.jpgc0119160_20421338.jpgc0119160_20423155.jpgc0119160_20424756.jpg




c0119160_2043436.jpg


海辺の「ピアパーク翡翠ふるさと館」には翡翠展示場や「奴奈川姫」像がありました。翡翠は古代の祭祀装飾品、奴奈川姫は翡翠産地の支配者でしたが出雲の大国主に求婚され妻となりました。出雲帝国は海洋民族でもあったことから日本海に沿って越の国にも頻繁に上陸し影響を及ぼしていたのです。


 .......ピアパーク翡翠ふるさと館の「奴奈川姫」(大国主に見染められ妻にはなったが入水自殺)......
c0119160_20514095.jpgc0119160_2052176.jpgc0119160_20521589.gif


c0119160_20523314.jpg


c0119160_20524676.gif


    .......(左)100tを超える巨大な翡翠原石 (右)縄文土器の破片や翡翠工芸品が展示......
c0119160_2123967.jpgc0119160_2131114.jpg

c0119160_2134370.jpg





c0119160_21454.jpg


親不知も糸魚川ジオパーク(地学的観光地)の最大見所、まさに北アルプス山脈が海まで迫っている断崖絶壁!実際に「栂海新道」という登山ルート(1971全道開通)が存在し、親不知海岸から雪倉・白馬岳へと登山する頑強でマニアックな岳人もいます。ここには日本アルプスの名付け親「ウエストン」の坐像も・・。


  .......世界ジオパークに指定される親不知には「ウエストン」(日本山岳界の先駆者)の像が鎮座......
c0119160_2193069.jpgc0119160_2194949.jpgc0119160_2110696.jpg

c0119160_21102055.jpg


    .......北アルプスから親不知海岸まで直結する登山ルート「栂海(tsugami)新道」の入口......
c0119160_21152085.jpgc0119160_21154325.jpgc0119160_21155766.jpgc0119160_21161784.jpgc0119160_21163540.jpg


c0119160_21165028.jpg


親不知を越えた所には芭蕉が「奥の細道紀行」で句を残した「市振の関」があります。「一つ家に遊女も寝たり萩と月」・・、泊った宿では伊勢参りの遊女が隣り部屋にいたとの内容。この句は虚構ではないかと云われていますが、最大難所「親不知」を無事通過してホッとした芭蕉の実感が籠っています。


      ........(左)奥の細道で芭蕉は「市振」に宿泊し下記の句を詠んだ(芭蕉句碑あり)......
c0119160_2128144.jpgc0119160_21282983.jpgc0119160_21285041.jpgc0119160_2129877.jpgc0119160_21291967.jpg





★「糸魚川ジオパーク」:フォッサマグナの見所を探訪


親不知探訪後は糸魚川駅前でマツ氏と火打登頂達成の祝杯(⇒ビジネスホテル投宿)。翌日は各自別行動にして小生はレンタカーで糸魚川ジオパーク(地学的な自然・歴史・文化に纏わる見所)の数々を訪問


   ........翌朝は雨に濡れた奴奈川姫像(糸魚川駅前)に挨拶をして、フォッサマグナ探訪旅に出発......
c0119160_2124527.jpgc0119160_21242072.gifc0119160_21243650.jpg



c0119160_21251780.jpg
c0119160_21245655.jpg


2009年、日本の3地域(糸魚川・島原半島・洞爺湖有珠山)が世界ジオパークに初指定されました。その後、山陰海岸・室戸・隠岐も追加され現在6地域。糸魚川はフォッサマグナに代表される日本列島形成のレアな地質、見事な景観、歴史の深さにも触れることができる世界的に価値の高いジオパークなのです。


       ........雨の姫川を遡り糸魚川の内陸部(フォッサマグナのジオパーク)へと向かう......
c0119160_21385064.jpgc0119160_2139531.jpg
c0119160_21391642.jpg


糸魚川市街から姫川沿いに山間部へ遡上していくと「フォッサマグナパーク」の表示が出現。姫川支流の根知川沿いに歩くと糸魚川静岡構造線の露頭断層を見ることができます。断層破砕帯を挟み左がユーラシアプレート地層、右がフォッサマグナ構成岩。2億年を超える地球歴史が僅か2m間に凝縮されています。


   ........日本列島を東西分断するフォッサマグナの糸魚川・静岡構造線の断層(根知谷・露頭)......
c0119160_21433212.jpgc0119160_2144242.jpgc0119160_21444125.jpg









c0119160_2145146.jpg

c0119160_21452157.jpg


     .......根知川沿いにある地質露頭「根知谷フォッサマグナパーク」の銀ブロンズ看板......
c0119160_21563623.jpgc0119160_2157229.jpgc0119160_2157175.jpg



c0119160_21573432.jpg


そして次はいよいよ糸魚川フォッサマグナのハイライト「明星山・高浪池・ヒスイ峡」へと向かいます。県道483号から小滝地区に入り絶景を眺望できる高台へ。当日は雨だったのでガスで見られないかと心配しましたが杞憂に終わり期待通りのロケーション。岩肌剥き出しの明星山の姿はまさにフォッサマグナの象徴だ!


    ........(左)「明星山&高浪池」の大絶壁 (右)新緑時の高浪池風景(ネット写真)......
c0119160_2223213.jpgc0119160_2224716.gif

c0119160_2232174.jpg

c0119160_2234421.jpg


明星山と高浪池のコラボはまさに絶景!雨に煙る標高540mの高浪池のほとりを訪ねてみると岸辺には巨大岩魚のモニュメントが湖岸に鎮座しています!地元では「浪太郎」と呼ばれる幻の伝説魚らしい。


     .......雨の高浪池は誰もいなかったが「浪太郎」のモニュメントがひときわ目立つ.....
c0119160_2292044.jpgc0119160_2293731.jpg


c0119160_2295989.jpg


明星山の断崖絶壁(ロッククライミング聖地)の最下部を訪ねると「小滝川ヒスイ峡」の激流轟音!明星山の大岩壁は3億年前の珊瑚礁が変化したもので多くの化石が眠っています。大岩壁の下は小滝川の清流に洗われた翡翠が観察できます。奴奈川姫が支配した翡翠産地はまさにこの源流の渓谷でした。


     .......「小滝川ヒスイ峡」(世界有数の翡翠生産地)を訪ねる。激しい渓谷の流れ......
c0119160_22152434.jpgc0119160_22153866.gifc0119160_2222733.jpg


c0119160_22155941.jpg


       ........フォサマグナの象徴「明星山」の大絶壁の下を流れるヒスイ峡の巨岩石......
c0119160_2219385.jpgc0119160_222023.jpgc0119160_22201613.gif




c0119160_22204158.gifc0119160_22205573.jpg



c0119160_22212090.jpg


明星山・高浪池・ヒスイ峡の大迫力を十分満喫し再び糸魚川の平野部に戻ります。単線の大糸線踏切から見えるのはフォッサマグナの象徴「雨飾山」、2年前に食山人氏100名山達成を皆で祝った名峰だ・・


                              「雨飾山」登山 (2009年8月) の記事はコチラから 

  .......(左)大糸線踏切から雨の「雨飾山」を望む (右)糸魚川は鉱石・セメントのプラント工場が林立......
c0119160_22322876.jpgc0119160_2232458.jpgc0119160_2233327.jpg


c0119160_22332040.jpg


糸魚川~信濃大町・松本に続く千国街道は「塩の道」と呼ばれる歴史街道で静かなブームの人気。フォッサマグナに沿った街道は塩・海産物が運ばれた道で上杉謙信が武田信玄に敵に塩を送った史実で有名。古事記では国譲りの戦いに敗れ出雲から諏訪に逃れた建御名方神が辿った道でもあります。


     ........(左)フォッサマグナと平行する「塩の道」ルート図 (右) 千国街道「塩の道祭り」......
c0119160_22364640.gifc0119160_22371020.jpg



c0119160_22373475.jpg


c0119160_22375310.jpg





★糸魚川「フォッサマグナミュージアム」で地学勉強


     ........「糸魚川フォッサマグナミュージアム」には地質学的お宝物(ジオアイテム)が満載展示......
c0119160_6511072.jpgc0119160_6513860.jpg

c0119160_6515562.jpg


「糸魚川フォッサマグナミュージアム」を訪ねてみよう。今まで見た景観や翡翠宝石がどんな経緯で形成されたのか地学的見地で頭の中を整理するいい機会だ!未来的展示場施設はビジュアルで非常に解り易い!見事に結晶した美しい石灰石、そして初めて見る魚群化石や巨大オウム貝に目を奪われた・・!


  ........(左)古代魚・オウム貝の化石 (右)小魚大群の泳いでいた姿が残る化石はビックリ!......
c0119160_19485498.jpgc0119160_19503245.jpg







c0119160_19513489.jpgc0119160_19505859.jpg

c0119160_19515074.jpg


Oh!巨大な翡翠石がドカンと登場、さすが世界的な翡翠産地・糸魚川!「ヒスイ」とも「カワセミ」とも読む「翡翠」に関する詳細解説があり、ムム・・確かに渓流の青い宝石の意味では一緒だ~、目からウロコ!


   .......(左)ここにも巨大な翡翠石が! (右)フォッサマグナから採取された地球のお宝物の数々......
c0119160_2019392.jpgc0119160_20203870.jpg


c0119160_20221010.jpg




c0119160_20211746.jpg


   ......「翡翠」の文字は「ヒスイ」とも「カワセミ」とも読む。渓流に映える青・緑の結晶美は共通呼称......
c0119160_2038148.jpgc0119160_20382531.jpgc0119160_20384099.jpg

フォッサマグナの命名者は日本で化石象を初めて研究したナウマン博士(独・地質学者)、明治政府招聘によりハタチで来日(明治8年から10年間滞在)、地質調査所設立・人材育成、日本列島を徒歩や馬で移動して測量しながら日本初の本格的地質図を完成させた偉い方。まさに外国人版の伊能忠敬だ・・


  .......(左)新潟に油田・ガス田が多い理由を再度理解 (右)フォッサマグナを発見した地質学者ナウマン.....
c0119160_20451466.jpgc0119160_20454986.jpgc0119160_2046442.jpg







c0119160_20462363.jpg


フォッサマグナとは「大きな溝」という意味で西断崖が糸魚川静岡線、東断崖が柏崎千葉構造線とのこと。えっ初めて聞いた!古代は深い海峡だったが、火山活動や土砂堆積で現在の地形になったらしい。その後伊豆半島が海から移動してきて列島に衝突し高い山脈を形成したとのこと。またも目から鱗!
c0119160_21434990.jpg
c0119160_2144475.gif


今まで糸魚川・静岡構造線が北米とユーラシアとのプレート境界断層線と思っていましたが大きな誤解だったことを認識・・!故郷柏崎が東側フォッサマグナだったとはビックリ!みたび目から鱗・・、剥がれっ放し





★奴奈川姫の神社から海のジオサイトへ


     .......古代から長い歴史が刻まれた由緒深い「天津神社&奴奈川神社」を訪ねる......
c0119160_20575180.jpgc0119160_205855.gif


c0119160_20582731.jpg


LASTは最も格式高い「天津神社」「奴奈川神社」を参詣、海のジオサイトを再度訪ね糸魚川紀行の締め括りとします。出雲の国譲りの話は前回記事で紹介済みですが、高天原の神々に抵抗し力比べに負けて、諏訪敗走(糸魚川経由)した建御名方命(諏訪大社祭神)は大国主と奴奈川姫の間にできた息子

                              出雲国譲り伝説(稲佐の浜)の記事はコチラから


 .......(左)「天津神社」の茅葺外観も拝殿も実に風格あり! (右)隣には奴奈川姫を祀った神社.....
c0119160_2134059.jpg
c0119160_2135763.jpg
c0119160_2165135.jpg
c0119160_2171640.jpg

翡翠産地をかつて支配していた奴奈川姫の生涯は相当に不運・・。大国主が求婚し(脅しをかけ服従させたと思われる)建御名方命が生まれ、大国主は奴奈川姫に出雲への通い婚を命じますが、姫は出雲行きを拒み最期は池に入水してしまいます。息子も諏訪に逃れて蟄居、悲劇的な親子の末路・・


  .......締めは海のジオサイト(能生海岸)を訪問。糸魚川海岸部にも奴奈川姫銅像があった。......
c0119160_21105266.jpgc0119160_21112939.jpgc0119160_21115689.jpg









c0119160_21121738.jpg


国道8号線沿いの能生海岸に大岩礁の弁天岩が浮んでいます。弁天岩は300万年前フォッサマグナ海底で噴出した溶岩で形成されており糸魚川ジオパークの一つ「弁天岩ジオサイト」と呼ばれる観光地です。


     ........(左)能生海岸に鎮座する「弁天岩」、親不知と並ぶ有名な海側のジオサイト......
c0119160_2120651.jpgc0119160_21201969.jpgc0119160_21203326.jpg

c0119160_2121114.jpg


岩の中央部には海の守り神である「市杵島姫命」を祭祀する厳島神社が鎮座しています。頂上部には白い灯台が聳えており能生漁港(ズワイガニなど豊富な海産物)に出入りする漁船の大切な道標となっています。弁天岩の海側に突き出ている岩礁群は松ケ崎岬と呼ばれ伝説では竜宮の入口らしい。


   .......弁天岩の最上部に登って見る。厳島神社が鎮座し、松ケ崎岬岩礁には竜宮入口の伝説......
c0119160_21271737.jpgc0119160_21272983.jpg





c0119160_21274694.jpg


今回の旅は火打山の頂上からフォッサマグナが形成した大絶景を楽しみ、大地に降りては糸魚川フォッサマグナパーク見学、古事記・翡翠伝説を知ることができて大変お勉強になる充実の2泊3日でありました。


    ........雨に煙る能生海岸から親不知方面を望む(今日はフォッサマグナ三昧であった・・)......
c0119160_21333714.jpgc0119160_2133492.jpgc0119160_2134469.jpg




c0119160_21342762.gif


    .......糸魚川フォッサマグナの象徴の「雨飾山」が北アルプス後立山連峰の背後に従える.......
c0119160_2145151.jpg
 

                                                         おわり

  by rollingwest | 2013-11-15 00:00 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(82)

<2013年10月18-20日>「火打山」雪景色登山&糸魚川フォッサマグナ探訪(前編)

★越後・西南部に聳える名峰群と糸魚川フォッサマグナ


今年の秋は越後西南部と北信濃国境に聳える日本百名山「火打山」(2454m)に登ってきました。妙高山・焼山・雨飾山等の名峰が隣接し、頂上から北アルプス「後立山連峰」が遥かに眺望できて大感動!


    .......(左)妙高の隣に聳える火打山・焼山 (右)冠雪した北アルプス大連峰を俯瞰......
c0119160_22175834.jpgc0119160_2218935.gif

c0119160_22181973.gif


c0119160_22183186.jpg

   
台風26号(伊豆大島・大被害)が過ぎ去り西高東低気圧配置で寒気が入ったため山は一面の雪景色と化していました。当初計画は焼山縦走も含めたルートでしたが、無理をせず火打山だけの登頂に・・


      ........翌日は糸魚川フォッサマグナの絶景の数々(高浪池やヒスイ峡など)を楽しむ......
c0119160_222853.jpg c0119160_22281690.jpg

c0119160_22282878.jpg


下山後は糸魚川に泊まり、日本の地形を2分する大断層「フォッサマグナ」が造形した数々のジオサイト(地学的観光地)や翡翠・名産地を訪ねました。今回の越後の山レポートも前後編に分けて掲載します。




★笹ケ峰から高谷池ヒュッテへ


              .......長野新幹線経由で妙高高原駅に昼前に到着......
c0119160_22332026.jpgc0119160_22333292.jpg

c0119160_22334689.jpg


今回同行者はマツ氏、昨年秋の飯豊・杁差岳以来1年ぶり。お互いに体力面の衰えや体の鍛え方が足らないのが難点かな・・(苦笑) しかし彼の立案は綿密に情報を調べてくれる計画で助かります。


  ......(左)タクシーで笹ヶ峰登山口へ(妙高山が正面!) (右)今回の登山ルート(クリックで拡大表示)......
c0119160_643622.jpg
c0119160_644895.jpg
 
東京駅を8:30過ぎに出発、長野新幹線経由で11:30妙高高原駅に到着し、タクシーで笹ヶ峰牧場(登山口)へ。昼食を摂り登山計画書を記入して12:30歩行開始(前日飲み会の酒が残り二日酔い気味・・)


       ........(左)小学校時代によく来た笹ヶ峰牧場 (右)登山口には立派な門舎が......
c0119160_665714.jpgc0119160_671186.jpgc0119160_672487.jpg

c0119160_674319.jpg


           ........(左)白樺林の道は気持ちいい (右)黒沢の出合に到着......
c0119160_6464873.jpg
c0119160_6473856.jpg

黒沢の出合いからは「十二曲り」というジグザク急坂が連続・・、二日酔いの影響もあって全くペースが上がらない・・。期待した紅葉もパッとしない感じだね~。目を見張るような錦秋の光景が見られません。


   ......「十二曲り」の九十九折り急登を行く、紅葉は期待外れだった・・、今年の秋は短い?.......
c0119160_6484736.jpgc0119160_649466.jpgc0119160_6492153.jpg

c0119160_6494538.jpg
c0119160_65024.jpg

c0119160_6555131.jpgc0119160_656847.jpgc0119160_6561988.jpg




c0119160_657079.jpg


今年は遅い春・夏の豪雨・猛暑・秋の台風と厳しい気象が連続して木々も疲れ果てているのかな・・。しかし当日は台風一過の快晴で非常に気持のいい爽快日でした。青空は天高くひつじ雲の芸術光景が広がっている!徐々に高度を上げて行くと新雪が現れてきた!秋の山行ではよくあることですが・・


          ......秋空の,ひつじ雲や紅葉の爽やかな空気を感じながらの登山......
c0119160_2147501.jpgc0119160_2148628.jpg
c0119160_21482278.jpg

    ........(左)木道にはだんだん雪が現れてきた (右)初冬の稜線紅葉は見事だった.......
c0119160_21561443.jpg
c0119160_2156289.jpg

15:40富士見平に漸く到着(依然体調は冴えない)。先に進んで行くと雪の量が更に増えてきたことから、頂上付近は相当積もっていると予想され、明朝は多分アイゼンが必要なんだろうなあ・・と再認識


    .......富士見平(妙高山との分岐)からは初冬風景になってきた!((◎д◎))ゝヒョエ~......
c0119160_21595989.jpgc0119160_2202075.jpg
c0119160_2205635.jpg

c0119160_22102257.jpgc0119160_22103653.jpgc0119160_2211454.jpgc0119160_22111878.jpg



c0119160_22113720.jpg

 
歩き進めば視界開けた平原(ナナカマドと雪風景が印象的)が現れ、漸く行くと高谷池に到着。そこには冬の高層湿原風景が広がっており、原則・冬山に行かないRWにとっては滅多に見られぬお宝風景!


        ........高谷池ヒュッテが近づくと平原状にナナカマドの赤い実と雪風景が現れる......
c0119160_7162377.jpgc0119160_7163692.jpg

c0119160_716566.jpg


        ........雪に覆われた高谷池が出現、10月中旬というのに完全に冬風景......
c0119160_728410.jpg

c0119160_7282658.jpg




c0119160_7284768.jpg

    
高谷池ヒュッテは三角形のお洒落な洋風・山小屋。百名山2峰(妙高山・火打山)にアプローチし易いこともあり最近は超人気の小屋で完全予約制となっています。夕食もカレーとハヤシのW盛りで美味しかった!


   ......雰囲気タップリの冬景色を従えた洋風ロッジの山小屋「高谷池ヒュッテ」が本日の宿泊場所.......
c0119160_7362057.jpgc0119160_7363553.jpg


c0119160_7365335.jpg

               
    .....宿泊者の寛ぎ時間 (左)夕食はワイワイ (右)その後は火打山の四季風景ビデオが披露......
c0119160_7431010.jpgc0119160_7432743.gifc0119160_7434283.jpg


c0119160_744287.jpg

      
夕食後は、火打山や高谷池の四季風景を記録したビデオ(小屋で作成)を宿泊登山者に見せてくれるサービスタイムが催され、さすが人気の山小屋だなあ・・と感心。明日は早朝出発なので19時過ぎに就寝


     .......手作りビデオで紹介されていた火打山や高谷池は四季折々の色々な表情が!......
c0119160_8213421.jpgc0119160_8214976.jpg




c0119160_8221045.jpg


         .......翌朝の火打山への無事頂上とパノラマ絶景を期待して・・、早めに就寝......
c0119160_18581072.jpgc0119160_18582729.jpgc0119160_185902.jpg



c0119160_18592451.jpg






★火打山の頂上へ!感動の雪山・大絶景パノラマを満喫!


    ........夜明け前の「高谷池」、荘厳な雰囲気が漂い、蒼い清晨絶景が広がっていた!.....
c0119160_191828100.jpg
c0119160_19184288.jpg

2日目朝は4時前に起床、自炊朝食を済ませ出発準備を整え(アイゼン装着)、5時半過ぎに山小屋を出発。天気は曇りがちだが安定した様子。清冽な朝の空気・・、雪道をザクザクと音を立てて歩き出す。


      ..... 高谷池越しには雪に覆われた「火打山」が見える。アイゼンつけていざ出発!.......
c0119160_19403255.jpgc0119160_194463.jpg

c0119160_19445149.jpg






c0119160_1945565.jpg

      
          ......「天狗の庭」から仰ぐ「火打山」、池塘も雪景色は実に感動的!........
c0119160_2014459.jpgc0119160_20227100.jpgc0119160_2024731.jpg




c0119160_2031045.jpg


暫く歩くと「天狗の庭」と称される高層湿原に入ります。池塘は新雪に覆われていましたが水面に映る火打山の雄姿は間違いなく感動するアングル!百花繚乱のお花畑になる初夏に是非来てみたい場所


        ......「天狗の庭」の右を巻くように雪の木道を進み「火打山」への登山ルートへ........
c0119160_2092379.jpg
c0119160_2094292.jpg

     ......冠雪の北アルプスは白馬・唐松・鹿島槍等の後立山連峰!ついに夜明けを迎える.......
c0119160_20112863.jpgc0119160_20114125.jpgc0119160_20115889.jpg

c0119160_20122580.jpg

     
標高を稼いでいくと雪を被った北アルプスの長大連峰が目に入ってきました。何と素晴らしい絶景だ!そして夜明けは着実に進み、妙高山左手の雲間からは朧げなる暁光が照らし出されてきました。


        .......眼下には昨日宿泊した高谷池ヒュッテ周辺が・・、雪に覆われた池塘平原!......
c0119160_2021139.jpgc0119160_20213330.jpg

c0119160_202206.jpg


              .......朝日に輝く雲海の彼方には魚沼の山々が望める!......
c0119160_20265567.jpgc0119160_20273111.jpgc0119160_20274392.jpg



c0119160_2028366.jpg


遥か彼方の雲海に浮かぶ山々は一体どこ?と調べたら今年の夏に登った越後三山や尾瀬方面の山と認識!ピラミダルな「尾瀬燧ケ岳」まで俯瞰できるとは!そして日本海側に故郷名峰「米山」も見える!

                              「越後三山」(駒ケ岳・中ノ岳」登山(2013年8月)の記事


  ........(左)今年夏の猛暑の中で登った「越後三山」 (左下)遥か遠くに「尾瀬燧ケ岳」も眺望......
c0119160_21184055.jpgc0119160_21191224.jpg






c0119160_21193059.jpg


  .......(左)妙高山の姿をバックにスノー登山 (右)日本海側には我が故郷柏崎の米山のシルエット......
c0119160_21253287.jpgc0119160_2126052.gif

c0119160_21262872.jpg

c0119160_2127092.jpg


c0119160_21264654.jpg

朝8時、ついに火打山頂上に立ちました!目の前には今も噴煙を上げている「焼山」と日本海方面が見えている!焼山への縦走はUPDOWNが激しく今日の積雪条件では危険であり中止して正解・・


        ........(左)火打山頂上に到着 (右)目の前には焼山と背後に北アルプス......
c0119160_21373889.jpgc0119160_21381141.jpg
c0119160_21384080.jpg



c0119160_2139358.jpg

 
     .......今なお噴煙を上げ続けている活火山「焼山」、右には日本海の海岸線が広がる......
c0119160_21445188.jpg
c0119160_21451460.jpgc0119160_5491175.jpg
c0119160_21453522.jpg


焼山の左に目を移すと遥か彼方に北アルプス・後立山連峰、手前にはフォッサマグナの象徴名峰・雨飾山、妙高・黒姫・戸隠の北信名峰も素晴らしい姿を見せている。これ以上のパノラマを望めようかという絶景


    ........北アルプス「後立山連峰」と「雨飾山をバックに!雲海と雪山とがコラボした大絶景!......
c0119160_553830.jpgc0119160_5534164.jpgc0119160_554182.gif



c0119160_5542496.jpg


     ........東側には北信越国境の名峰 (妙高・黒姫・雨飾)の雄姿、実に素晴らしいネ~!......
c0119160_6123364.jpgc0119160_6125764.jpg

c0119160_7391660.jpgc0119160_7411625.jpg

c0119160_6175882.jpg


日本列島の地質構造を東西分断するフォッサマグナに沿って糸魚川から静岡富士川まで南北に連なる日本アルプス長大山脈の雄大さをあらためて目に焼き付けました。明日の糸魚川ジオサイト訪問が楽しみだ・・。頂上の大パノラマを十分満喫して雪道を下山し、高谷池ヒュッテへ9時に戻りました。


         .......ナナカマドの真っ赤な実と雪山絶景の鮮やかな対照美に目を奪われる!......
c0119160_6252011.jpgc0119160_6255037.jpg
c0119160_6365186.jpgc0119160_637969.jpg


c0119160_6261169.jpg


             ........(左)サルノコシカケ (右)光が足らず、くすんだ紅葉の下山路......
c0119160_6405186.jpgc0119160_6412121.jpgc0119160_6455530.jpg

c0119160_6461631.jpg


高谷池で荷物をパッキングし直して再出発、昨日と同じ下山路を辿り11時半に笹ヶ峰に到着しました。下山場所にある明星山荘は山菜蕎麦が名物と聞いたので入店してみたら美味しかった・・。その後は妙高高原駅からJR電車で糸魚川方面(上越市経由)へと向かいました。車窓からは妙高の雄姿・・


          ........(左) 黒沢の吊り橋に到着 (右)明星山荘の山菜蕎麦を味わう......
c0119160_65820100.jpgc0119160_6593837.jpg




c0119160_6595940.jpg

      
          ........信越線車窓(高田駅付近)より妙高山を遥かに仰ぎ糸魚川へ ......
c0119160_781126.jpg









c0119160_783288.gif


帰りは親不知(天下の嶮)に寄ってフォッサマグナや翡翠の観光地を見学(後編で紹介)、糸魚川駅前の宿泊ホテルにチェックインし居酒屋でマツ氏と反省会。糸魚川駅前に古事記に記された翡翠・勾玉の姫「奴奈川姫」(大国主に求婚されたが最期は入水)の銅像が立っています。明日の探訪が楽しみだ!


              ........糸魚川駅前の居酒屋で反省会、ビールで乾杯 !......
c0119160_7131095.jpgc0119160_7132311.jpgc0119160_7192624.jpg



c0119160_7134364.jpg


       .......(左) 糸魚川駅前の奴奈川姫 (右)明日は勾玉(翡翠)の名産地を訪ねよう......
c0119160_7215455.jpgc0119160_722935.gifc0119160_7222227.jpgc0119160_7223569.jpgc0119160_7225479.jpg





c0119160_7231379.jpg
c0119160_72327100.jpg


     .......フォッサマグナが造山した日本の屋根(雨飾山や北アルプス)の大絶景を再び御覧あれ!......
c0119160_7343816.jpg



                        「火打山」雪景色登山&糸魚川フォッサマグナ探訪(後編)へ続く


                                                            おわり

  by rollingwest | 2013-11-03 00:00 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(84)

<2013年8月6~9日>越後の奥深き名峰(後編):「越後三山」(駒ケ岳・中ノ岳)

猛暑の夏も過ぎて完全に秋を迎えていますが、8月越後の山記事(後篇)を・・

                                 (前編):奥只見の峻嶮峰「荒沢岳」より続く 



★【3日目】:越後三山の盟主「越後駒ヶ岳」(日本百名山)に登頂


年に2~3回、車で故郷へ帰省しますがその時の楽しみは車窓から数々の名峰が眺められることです。上州では「榛名・妙義・赤城」の山々、上越国境を越える時は「谷川連峰」、そして関越トンネルを抜けると「巻機山」に続き、魚沼地方(コシヒカリ名産地)の象徴「越後三山」の雄姿が右手に見えてきます。


  .....「越後三山」(左から駒ヶ岳・中ノ岳・八海山)雄姿、毎回感動するネ~(2010年3月帰省時)......
c0119160_557677.jpg


c0119160_5571980.jpg

c0119160_5574317.jpg


越後三山とは「越後駒ケ岳・中ノ岳・八海山」の総称、この中で断トツに知名度が高いのは日本酒で有名な「八海山」!他2峰の名前は馴染みが薄いですが、「越後駒ケ岳」こそが三山の盟主的な存在(重厚さと貫禄に溢れる)。「中ノ岳」は最も標高が高く、中央部奥に聳えてアプ゚ローチが長く制覇が困難な山


  .......夏の越後三山(2009年8月帰省時)、魚沼・小出周辺の魚野川からの山容は特に秀麗!.......
c0119160_63301.jpg

c0119160_63404.jpgc0119160_635079.gif

c0119160_6445.jpg

 
奥只見3日目は、「枝折峠」から「越後駒ケ岳」を登り「駒ノ小屋」に宿泊(3日目行程タイムは5時間)、4日目が「中ノ岳」をピストン(ほぼ空身状態)して下山しますが、当日は12時間を超えるロングコース・・。行程平準化したいけれど、夏場の「駒ノ小屋」は管理人常駐で布団も用意されている。装備軽量化で歩けるメリットを考えればこれ以外の選択肢はない・・。「奥只見山荘」で豪華な朝食を頂き、いざ出発!


      .......(左) 越後駒・中ノ岳へのアプローチは長大コース. (右)「枝折峠」を出発......
c0119160_21271614.jpgc0119160_2141963.jpgc0119160_21412082.jpg



c0119160_2134181.jpg


「枝折峠」を7:45出発(昼過ぎに山小屋へ着けばよいので余裕コイテマス・・)、今日も朝からガスが立ち込めて快晴とはあいならず。木道が随所に現れるダラダラとした緩やかな道を登っていき小倉山へ・・


      ......明神峠を経由して小倉山へと向かう。ガスに煙る山道・木道を延々と行く......
c0119160_21434419.jpgc0119160_21441773.jpgc0119160_21442919.jpg





c0119160_21444871.jpg


下りは大得意ですが登りは苦手のRWは、60代半ばの超健脚コンビに初めからドンドン離されていき、ほぼ単独行みたいな状態。明神峠・道行山・小倉山を過ぎ、蒸し暑さと重装備で早くも息絶え絶えになってきた・・。出発から歩くこと3時間半、漸く「百草の池」なるミニ湿原に到着。休憩をコマメに取ろう・・


    .......(左)「百草ノ池」というミニ湿原が出現 (右)遠ざかるにつれて手鏡の様な光景に......
c0119160_2154564.jpgc0119160_2155867.jpg

c0119160_21552527.jpg


12時頃、前駒を通過。日差しも強くなりこの辺りが一番辛かった~!左手に雄大な山稜・残雪沢、そして遥か彼方に「中ノ岳」手前の突兀峰が見える!あの峰よりさらに先にあるのか、遥かな山だ~!


   .......(左)「中ノ岳」手前のピラミダルな峰が!(右)雄大な滝ハナ沢、雪渓やコバイケソウが美しい!......
c0119160_2225661.jpg c0119160_2234678.jpgc0119160_2235844.jpg






c0119160_2241751.jpg


最後の辛い1時間を登り切り13時、今日の宿泊地「駒ノ小屋」に漸く到着。重荷を降ろし冷たい水で喉を潤して一息つきました。健脚2人は不在、多分今頃は「駒ヶ岳」の頂上にいるのでしょう・・。小生も遅れてはならじと駒ヶ岳頂上を空身で目指します。駒ノ小屋から山頂までは片道30分の至近距離


      .......(左)雄大な雪渓を背景に(結構お疲れ・・) (右)ようやく「駒ノ小屋」に到着......
c0119160_22111260.jpgc0119160_22113196.jpg


c0119160_22115199.jpg


   .......(左) 駒ノ小屋から駒ケ岳頂上に向かう (右)小屋がもうあんなに遠くに離れてしまった......
c0119160_22275528.jpg
c0119160_222876.jpg

空身だと登りは軽快、小屋は足元景色となりドンドン小さくなっていく。午前中はガスに覆われる時間が多かったものの、今は青空も覗きが徐々に視界が開けてきた。13時半、越後駒ヶ岳の山頂に到着!


       ......(左) 駒ケ岳頂上に到着!(右)雄大な雪渓が頂上から小屋に広がる.......
c0119160_2230464.jpgc0119160_2231587.jpgc0119160_22311653.jpg



c0119160_22313281.jpg


頂上から見る景色は実に雄大!夏の日差しを浴びて水蒸気が立つ雪渓と笹に覆われた山稜のコントラストが実に美しい。越後駒の標高は約2千mなのに真夏でこれだけの巨大な雪渓が残っているとは・・


         ......大雪渓のパノラマ写真、立ち上がるガスに青空が覗く幻想的な光景......
c0119160_22372775.jpg
     
頂上稜線付近で健脚の2名と再会、時刻はまだ14時過ぎ。小屋に戻って宿泊手続きを済ませ、広場で英気を養う前祝い(毎回こんなことを言っている・・)、ビールで乾杯!手持ちのつまみに焼酎で話を咲かせていると、今日の小屋宿泊客が続々登って来る。人の輪は徐々に広がり、皆で楽しくワイワイ・・


  ......(左)2人と合流し本日の宿泊「駒ノ小屋」へと戻る (右) さて夕食の前に一杯やりましょう......
c0119160_22381181.jpgc0119160_22382881.jpg


c0119160_22405423.jpg


      .....夕刻の雪渓部にダイヤモンド駒ケ岳!夕餉を楽しむ小屋宿泊者も歓声を上げる......
c0119160_2247034.jpgc0119160_22474174.jpgc0119160_22481195.jpg

c0119160_22483190.jpg

c0119160_2248513.jpg


初めて知り合った山仲間との会話も弾み夕刻の宴は楽しく過ぎていきました。小屋から見る荒沢岳の景色や絶え間なく変化する入道雲の芸術を十分満喫、明日の起床は3時なので早めに就寝しよう。


      ......(左)入道雲が湧き上り獅子咆哮の如し (右)山稜のガスは次々に表情を変える......
c0119160_2324058.jpgc0119160_642973.gifc0119160_232567.jpg




c0119160_2331335.jpg

c0119160_2382689.jpg
c0119160_2383980.jpg






                 
★【4日目】:奥深き名峰「中ノ岳」(日本200名山)に登頂 (12時間以上の踏破)


まだ真っ暗な夜中の3時に起床、熟睡中の宿泊客を尻目にヘッドランプを装着、ゴソゴソと道具を小屋の外に運び出して朝食の準備。今日は空身に近い中ノ岳ピストンだが小屋に戻るまでは9時間近い長丁場。3人は早朝4:15出発、夜明け前の稜線・雪渓はまるで墨絵のよう。空気はまだ涼しく身は軽い。



   ......早朝4時過ぎに出発、夜明け前の墨絵風景の様な稜線・雪渓を見ながら歩き出す......
c0119160_5595586.jpgc0119160_60395.jpgc0119160_602021.jpg


c0119160_604188.jpg


山の天候は午後からガスが発生して曇るケースが多いので、早朝出発ならば雲がない大パノラマを眺望できると期待したのに・・、今日もこんな感じかい。まあ全国的猛暑で不安定な天気が続いているのでしゃーないか・・。長丁場を炎天下の中で歩く辛さがないだけマシだな・・と、ブツブツ負け惜しみ(苦笑)


       ......遥かな山を目指し稜線を下り歩いて行く、だんだん明るくなってきた!......
c0119160_6444952.jpgc0119160_645181.gifc0119160_6453283.jpg


c0119160_645531.jpg


     ......(左)立ち込めたガスの中から薄日が差し始める(右) 檜廊下・四合目峰を目指す......
c0119160_6521459.jpgc0119160_6523779.jpgc0119160_6525375.jpg


c0119160_6531179.jpg


駒ヶ岳雲・竜ノ峰稜線の分岐・天狗平を過ぎ、2時間程歩くと「檜廊下」と呼ばれるナイフブリッジな道が出現しアップダウンが繰り返されます。この辺りの稜線が駒ヶ岳と中ノ岳の縦走路では最大のハイライトかも!


     ......(左)「檜廊下」の岩峰稜線を渡り行く食山人氏 (右)越後の高山植物が咲き誇る......
c0119160_2033091.jpgc0119160_2034015.jpgc0119160_204281.jpgc0119160_2043370.jpg










c0119160_204514.jpg


稜線から見る光景は巨大な垂直スラブが屹立、深き切れ込んだ谷と重厚たる山容!2千m級の山とは思えない程に、北アルプスの様な険しさが刻まれています。やはり世界的な豪雪の山であるだけに雪崩や膨大な雪解け水のエネルギーが山肌を荒々しく削り、深い谷が形成されてきたのですナ。豪快だネ~


       ......(左)垂直スラブが屹立する迫力の景色 (右)依然、霧中の稜線歩きは続く......
c0119160_20221316.jpgc0119160_20225542.jpg


c0119160_20231942.jpg


7時に四合目峰を通過、8:15に中ノ岳避難小屋が見えてきた。ここまで来ればもう頂上近し、5分後に越後三山最高峰「中ノ岳」(2085m)に到着!ガスは依然立ち込めて期待した眺望は全く得られず・・


          ......(左)中ノ岳避難小屋に到着、頂上は近し (右)コバイケソウの大群落.......
c0119160_20275928.jpg
c0119160_20281197.jpg


  ....(左)ついに中ノ岳頂上に到着(食山人氏写真) (右)山頂には真っ赤な鳥居・中ノ岳の標石......
c0119160_20312566.jpgc0119160_2032233.jpgc0119160_2032384.jpg






c0119160_2043361.jpg


頂上で時間をかけて待ってもガスは晴れずと判断し集合写真撮影後にすぐ下山。今日はまだまだ続くロングコース、早速に同じ道をピストンで戻ります。中ノ岳にも多くの高山植物が美しく咲き誇っていました。


          ......(左) ツリガネニンジンの花が咲く (右)黄色鮮やか! ミヤマキオン.....
c0119160_21122555.jpgc0119160_21124292.jpg



c0119160_2113216.jpg


      ......「越後駒ケ岳」の雄姿 (左)左肩は雲竜ノ峰 (右)「グシガハナの峰」越しに望む......
c0119160_21212742.jpgc0119160_21214925.jpg

c0119160_2122968.jpg


しかし眺望は無理だな・・と諦めていたら、慈悲深い山の神様は帰路で素晴らしい絶景をプレゼントしてくれました。ガスは徐々に薄くなり夏の青空が見え始めた!そして目前に盟主「越後駒」の雄姿が出現


              ......(左)ノハラアザミ (中)コメツツジ (右)タカネマツムシソウ......
c0119160_21421314.jpgc0119160_21423348.jpg


c0119160_2143284.jpg
c0119160_21431726.jpg


       ......(左) 垂直の大スラブ絶壁を再び! (右)中ノ岳の前衛峰も素晴らしい姿!......
c0119160_2147238.jpg
c0119160_21473924.jpg

さらに「八海山」(4日間で山容を一度も見ることができなかった)も遂に全貌を現してくれました。「八海山」は7年前(2006年10月)にFツアーメンバーと登頂しましたが、頂上部のギザギザ岩稜もよく見える。


     ......(左)八海山がついに姿を現した! (右)魚野川から見た八海山(2009年8月撮影)......
c0119160_21514321.jpgc0119160_21515764.jpg

c0119160_21521836.jpg


当時登った2006年の「八海山」写真(紅葉絶景の時期で思い出深い!)をいくつか掲載しておきます。この山は魚沼側からロープウエイを経由して登ればアプローチは比較的簡単。しかし真骨頂は頂上部の八つ峰(迂回路もありますが・・)、鎖場が30数ケ所もある危険ルートで断崖岩稜が続き恐ろしかった~!


     ......「八海山」は標高1778mと三山で最も低いがスリル満点の奇岩が続く山(2006秋)......
c0119160_21563073.jpgc0119160_2157268.jpg

c0119160_21572580.jpg


      ......(左)八海山の岩稜ルートは想像以上に危険な山だった!(右)奇岩背景の不動明王像......
c0119160_221679.jpgc0119160_8252436.jpgc0119160_2212713.jpg






c0119160_221539.jpg


峻嶮峰は古より修験道の行者が入り、山岳宗教のメッカで歴史は深い。麓や山頂部には天照大神や八海大明神が祀られ、岩稜を背に不動明王像が物凄い形相で鎮座しています。大迫力の山でした。


   .....(左)垂直の鎖場岩を慎重に下る(2006年10月) (右)雪の越後三山(2013年1月撮影)......
c0119160_2295799.jpgc0119160_22101047.jpg



c0119160_22102788.jpg


背後を振り返ると、越後三山・最高峰「中ノ岳」も雄大な姿が遠くから完全に俯瞰できるようになってきました。これで越後三山名峰の眺望が全て叶った!そして2日前に登った荒沢岳の突兀なる雄姿も見えるではないか!最初はガスで覆い、焦らしながらも最後はシッカリ見せてくれた山の神様に感謝・・


         ......(左)中ノ岳の重量感ある威容 (右)切れ込んだ奥深き谷が遥かに見える......
c0119160_7302490.jpgc0119160_13383412.jpgc0119160_13384832.gif


c0119160_13393723.jpg


    ......(左)2日前に登頂した「荒沢岳」の突兀峰 (右)駒ケ岳~中ノ岳間の「檜回廊」を下りゆく......
c0119160_13461930.jpgc0119160_13454238.jpgc0119160_1345572.jpg

c0119160_13512282.jpg


空身なのに健脚組からはまたまた離されてしまい先の姿は完全に見えない。あのお二方は2週間前に9日間も北海道の山に入って相当ハードな山を数座登ってきているのに・・、何であんなにタフで元気なのかネ~?と呆れつつ、単独行の稜線旅はまだまだ続く。長丁場でかなりヘロヘロ状態になってきた。


         ......(左)「越後駒ケ岳」の重量感ある雄姿 (右) コバイケソウとニッコウキスゲのお花畑.......
c0119160_7375773.jpgc0119160_746278.jpgc0119160_7463259.jpg



c0119160_7465838.jpg


越後駒稜線のLAST登り返しは辛かった・・。青空に映える巨大山稜絶景は素晴らしかったが、炎天下登山となり体力消耗は激しい・・。駒ノ小屋に着いたのは13時、お二方は1時間前に到着していたとのこと、恐れ入りました。でも最終ゴール「枝折峠」にはまだあと3時間半歩かなければならない・・。


          ......(左)駒ノ小屋から長い道のりを下りゆく (右)16時半、ようやく枝折峠に到着......
c0119160_75678.jpgc0119160_825123.jpgc0119160_9352696.jpgc0119160_7562787.jpg



c0119160_757879.jpg


駒ノ小屋から最後の歩き(小倉山~明神峠~枝折峠)もダラダラ続くアップダウンが続き苦行でした。16時半に漸く到着。真夏の12時間以上の登山は辛かった~!でも日中はガスが立ち込める時間が多く、昨年夏の飯豊「杁差岳」の様に直射日光に晒される時間が今回は少なかったので何とか助かった。


       .....越後三山の盟主「越後駒ケ岳」(日本百名山)の全容姿、重厚感に溢れていた!......
c0119160_82581.jpg

異常高温が続いた今夏の超猛暑、8/6~9日はガスが多く比較的コンディションには恵まれた4日間だったかも・・。下山の翌日は全国で40度越えが続出。当日が炎天下の登山だったら熱中症になってさらに大変なことになっていたかもしれません。越後の山は夏に登るものではないナ~と再認識しました。
下山後は、食山人氏を浦佐駅(新幹線)まで送り、越後出身組(Miz本氏と小生)は各自車帰省でお別れ


    ...... (2009年4月)関越道を車で走りながら撮影してしまった<(_ _)>残雪の「越後三山」  ......
c0119160_832339.jpgc0119160_834145.jpg


c0119160_84059.jpg


思い出深い苦行の4日間・・、越後の奥深き山々を全て眺望することが叶い最高の山旅でした。今後も帰省時に何度も「越後三山」の雄姿を遠望すると思いますが、難関峰を苦労して登頂した経験後に仰ぐ山々は新たな感慨と共に蘇ることでしょう。 「苦しんで歩き通した越後峰 故郷の山に心深まる



                                                          おわり

  by rollingwest | 2013-09-17 00:00 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(83)