タグ:静岡探訪 ( 10 ) タグの人気記事

 

<2018年10.27~28>大学時代・山仲間との「三島・修善寺合宿」(後輩の還暦祝い)


c0119160_16204126.jpgc0119160_16200001.jpgc0119160_16210221.jpgc0119160_16212780.jpgc0119160_16215092.jpg


★大学サークル後輩の還暦祝い(三島・修善寺)


自分が昨年還暦を迎え、昨年から今年に数回の祝い事イベントが開催されましたが、今年は大学サークルの1年後輩世代がその節目年を迎えました。「旅の会」の山仲間(GDMと呼称)のメンバー9人で「後輩(2人)の還暦祝い会」と称して静岡県(三島・修善寺)に集結しました。


   .....大学サークル山仲間GDMの恒例開催、今年は修善寺で1期後輩の還暦祝い.....
c0119160_16275664.jpgc0119160_16282401.jpgc0119160_16293636.jpgc0119160_16300795.jpgc0119160_16302836.jpgc0119160_10540594.jpg

本メンバーでの集まりは大学卒業以来、5年・10年スパンで合宿形式(丹沢・軽井沢・山中湖)や都内での飲み会など7~8回程のイベントを積み重ねてきました。合宿パターン行事は2年前に開催した山中湖(富士樹海探訪)以来です。還暦になると回数頻度が高まるものですね。

                      <2016年7月>GDM・OB会(山中湖・富士樹海ツアー) 

   .....(左)雨上がりの富士山雄姿が素晴らしかった! (右)ラフォーレ修善寺の夕餉.....
c0119160_16434378.jpgc0119160_16440127.jpg
c0119160_16442715.jpg


還暦祝いと称していますが、実は懐かしい仲間とおバカな青春時代の逸話ネタで大笑いする毎回恒例のお楽しみ行事。今回は伊豆半島・中央にある広大な総合リゾート「ラフォーレ修善寺」のロッジに泊まります。一級下のナベちゃん(還暦主役)に貸切予約をしてもらいました。


 .....(左)ラフォーレ・ロッジに集う還暦祝賀2次会の夜 (右)やや二日酔い気味の翌朝.....
c0119160_16465898.jpg
c0119160_16471526.jpg


今回の参加者は2期先輩のIWi御大(京都より)、1期上のY澤氏・神楽坂様、同期はリョースケ氏(福岡より)・F澤氏・しむけん様・RW、1期後輩(今回の主役)のナベチャン・ISG氏、合計9名が揃いました。1期上のエロおやじ先輩達や同期・寂蓮法師の欠席は残念でしたが・・。      


   .....「三島スカイウォーク」(日本一長い吊橋)から冠雪富士山の雄大な姿を仰ぐ.....               
c0119160_16492312.jpg
c0119160_16494104.jpg


1日目は修善寺温泉周辺の観光巡り、翌日は「三島スカイウォーク」(2015年に完成した日本一長い吊り橋)から冠雪富士山の絶景を満喫し、芦ノ湖・箱根神社を参拝して小田原で解散というコースでした。還暦過ぎた元気な9人の珍道中レポートをお届けしたいと思います。






★【1日目】(集合前の散策): 湧水が美しい街「三島」の紹介


13:00三島駅前の集合で皆さんには案内発信しているものの、万年幹事として車の提供・現地買い出しがあるので早めに家を出発しました。待ち合せ時間より早めに現地到着したので、三島大社近くに車を停めて、しばし清流風景が美しい「三島市」の街風景を満喫してみよう。


   .....(左)駿河一番の鎮守「三島大社」 (右)富士山の湧水・清流の街も巡ってみた.....
c0119160_16591646.jpgc0119160_17012934.gifc0119160_17014793.jpg
c0119160_17021583.jpg


                         静岡東部探訪(その3):「三島・韮山・北伊豆」編

駿河国・一之宮「三島大社」は七五三時期で駐車場は超満杯状態でした。この大社境内は以前じっくり回ったので今回はパス。(三島大社の風景は過去掲載した「静岡東部探訪」記事よりご覧下さい。) 市内を流れる清流「源兵衛川」沿いに歩いて「白滝公園」へと向かいます。


     ....「水の都・三島」を感じられるスポットは三島大社・神池の付近から始まる.....
c0119160_17094882.jpg
c0119160_17101261.jpg


三島市は、富士山の伏流水が湧き出る清流風景が沢山見られる街です。楽寿園内の小浜湧水池を水源とする源兵衛川は、三島駅から徒歩5分にありながら、初夏の夜にはホタルが舞う美しい流れです。川の中には梅花藻が見られ「せせらぎ散歩」を楽しむことができます。


   .....富士山湧水の象徴「源兵衛川」、カモもバイカモ(梅花藻)も見に来てカモ~ン.!....   
c0119160_19204773.jpgc0119160_19210916.jpgc0119160_19212813.jpg
c0119160_19215001.jpg
c0119160_19304748.jpgc0119160_19484141.png
c0119160_19311815.jpg


水辺の文学碑、柳が並ぶ川を進み行くと源兵衛川親水公園・白滝公園が現れます。富士山の伏流水(噴火で残された溶岩樹形がフィルター効果)が白い滝の如く湧き出ていることからこの名がついています。三島みたいな清流水の街に住めるなんて幸せなことだなあ・・!


     .....三島の水風景を代表する 「白滝公園」、まさに富士湧水が滝の如く流れる....
c0119160_19332872.jpg
c0119160_19334560.jpg
c0119160_19353777.jpgc0119160_19355541.jpgc0119160_19362048.jpg
c0119160_19364381.jpg


水の街風情を楽しんだ後、11:30副幹事ナベちゃんと待ち合わせて昼食&買い出し(宴会の酒・つまみ)を済ませて13:00三島駅前で皆さん全員と合流しました。駅前で3台の車に分乗して伊豆・修善寺(宿泊地)へと向かいます。

c0119160_21281287.jpgc0119160_05282444.pngc0119160_21283624.jpg





★【1日目】(昼): 修善寺温泉の観光地を巡り


本日の天気予報は雨マークだったのに早くも晴れ上がってきたぞ!この会は毎回素晴らしい天気に恵まれています。修善寺に無事到着して総合会館に駐車、まずは桂川を渡った温泉街入口に佇んでいる「ハリストス正教会」(静岡県有形文化財指定)から訪問してみよう。


   .....(左)修善寺観光のガイドMAP (右)最初の街巡りは「ハリストス正教会」から.....
c0119160_20111231.jpgc0119160_20112879.jpg
c0119160_20115185.jpg


明治時代ロシア正教を伝導したニコライ大主教の病気快復を願い1912年に落成した漆喰塗り・木造尖塔(高さ18m)の厳かな正教会です。しかしどう見てもGDMメンバーと品格高い正教会の観光組み合わせは全く似合いません。最初から違和感ある観光訪問となりました。


   .....「修善寺温泉」を代表する桂川と赤い橋、空海が開いた「独鈷の湯」(足湯も人気).....
c0119160_20155052.jpg
c0119160_20161161.jpg
c0119160_20175330.jpg
c0119160_20181231.jpg


次は「修善寺温泉」中心部の街歩き観光を楽しんでみよう。このコース周遊は2017年2月にカミサンと河津桜・下田の街・歴史巡りで修善寺温泉に宿泊して以来、1年8ケ月ぶりだなあ・・。空海が湧き出させた霊泉「独鈷の湯」から桂川沿いの散策道を歩いていきます。


                      <2017年2月>カミサンとの河津・下田・修善寺の旅 

  .....(上)桂川沿いの老舗「新井旅館」 (下)温泉街を巡るルートは実に楽しいネ~.....
c0119160_20200436.pngc0119160_21053281.pngc0119160_20203097.jpgc0119160_20211902.jpg
c0119160_20220261.jpg
c0119160_20275838.pngc0119160_20422237.pngc0119160_20474589.jpgc0119160_20283163.jpgc0119160_20294164.jpg
c0119160_20300825.jpg


紅葉にはまだ早かったものの、川沿いに佇む「新井旅館」(明治14年創業)やミシュランガイドにも紹介される「竹林の小径」はいつみても風情あり!外湯のシンボル「筥湯」などを巡る散歩は、さすが「伊豆の小京都」と言われるだけあって何度来ても飽きませんね~。 


   .....(上)「竹林の小径」はまさに京都の風情 (下)檜の香りがする日帰り温泉「筥湯」.....
c0119160_21371584.jpgc0119160_21374521.jpgc0119160_21381174.jpg
c0119160_21383224.png
c0119160_21452492.jpgc0119160_21455489.jpgc0119160_21464075.jpg
c0119160_21473396.png


最後の締めは弘法大師空海が807年に創建した「修禅寺」に参拝しました。漢字1字違いですが温泉名のルーツとなった伊豆名刹にて集合写真を撮り、今日の宿泊「ラフォーレ修善寺」へ向かいます。ホテルに向かう途中の展望台から見た冠雪富士の美しさに見惚れました!


   ..... 温泉地名は「修善寺」、名のルーツ古刹は「修禅寺」。「善」「禅」の違いあり.....
c0119160_22041744.jpg
c0119160_22043635.jpg
c0119160_22073288.jpgc0119160_22064667.jpgc0119160_22081215.jpg
c0119160_22083906.jpg


 .....(左)桂川の美しい流れ (右)ラフォーレ修善寺に向かう道の展望台から素晴らしい富士山.....
c0119160_22204188.jpgc0119160_22210474.jpg
c0119160_22212569.jpg







★【1日目】(夜): ラフォーレ・ロッジに宿泊、毎回恒例の大爆笑の宴


さて今日の宿泊はラフォーレ修善寺のA棟ロッジ。ナベチャンの会社施設で割安予約の恩恵を預かり、ラフォーレ軽井沢・山中湖に続き3回目の利用となりましたが、彼はこの羽目を外しそうなGDMメンバーを宿泊させるリスクをこの11年間いつもドキドキと感じていました。


   ....GDMメンバーには不釣り合いのリッチな雰囲気「ラフォーレ修善寺」に宿泊.....
c0119160_05423291.jpgc0119160_05433540.jpg
c0119160_05425941.jpg


「定年退職を迎えるあと数日、何事も起きず穏便に終わりますように・・」、危機感満載のナベチャンは周囲から隔離したロッジを我々に提供。しかし中に入ると螺旋階段の中央配置・中2階もある個性的建物ではないか!こちらもGDM品格が追い付かないお洒落なロッジでした。


 ....「聖ラフォーレ教会堂」、バブル時代は大人気のロケ地。GDMにはやはり似合わん.....
c0119160_05475939.jpg
c0119160_05493274.jpg


「聖ラフォーレ教会堂」は「101回目のプロポーズ」(浅野温子,武田鉄矢主演)でロケ地になったになったチャペルとのことで当時は年間400組以上のカップルが挙式した会場なのだそうです。まあそんなお洒落感もよそに、修善寺温泉から引いている湯に浸かって缶ビールで乾杯!


   .....(左)温泉浸かり早速に缶ビール・プシュ! (右)星空が美しい夜空となった夕暮れ.....
c0119160_05522177.jpg
c0119160_05524920.jpg


バイキング形式のレストランで食事(お酒は必要最小限)を済ませて、ロッジに移動。買い込んだお酒・つまみをテーブル日セッティングしていよいよして本格的な宴会が開始されます。


   .....(左)レストランで腹ごしらえ(お酒控えめ) (右)宿泊ロッジに移動でこれからが本番.....
c0119160_06142192.jpg
c0119160_06144462.jpg


    ....ロッジの談話テーブルを囲んで買い込んだ酒・つまみを広げて「乾杯~!」.....
c0119160_06302387.jpg
c0119160_06351504.jpg


メンバーの話題は毎回、各自の過去逸話を刳り合い(未来志向全くなし)、お馬鹿な爆笑ネタが同じように繰り返されます。下ネタ得意の大御所2名がいなかったので盛り上がりに欠けるかも・・という懸念は杞憂に終わり、今回も涙を出しながら大爆笑の時間が延々と続きました。


  ....ついに60歳を迎えた後輩(ナベチャン・ISG氏)に還暦祝いペナント贈呈(神楽坂様)....
c0119160_06361710.jpgc0119160_06364764.jpgc0119160_06370676.jpg
c0119160_06373414.jpg
c0119160_06533294.jpgc0119160_06542795.jpg
c0119160_06545765.jpg


 .....涙の大爆笑!話のネタは依然40年前の中身なき大バカ逸話ばかり、進歩がないネ~.....
c0119160_06575875.jpgc0119160_06593841.jpgc0119160_06583288.jpg
c0119160_07014398.jpg







★【2日目】: 日本一の大吊り橋「三島スカイウォーク」~芦ノ湖「箱根神社」へ


当初の2日目メインイベントは、伊豆の踊子で有名な「旧・天城トンネル探訪」や「河津七滝ハイキング」を計画していましたが、2015年12月に開業した日本一の大吊り橋「三島スカイウォーク」も近くにあることを話したら、そちらにも行きたいという意見になり、富士山が雲に隠れてしまわないうちに、三島スカイウォークへ朝一番に向かうことにしました。

c0119160_09113112.jpg
c0119160_09121544.jpg

「三島スカイウォーク」は三島市と箱根芦ノ湖との中間点に位置した日本国内最長400m高さ70mの歩行者用・大吊橋です。昨年一人で小田原城・山中城の北条五代歴史散策にあわせて吊り橋を渡りましたが、当日はガスに覆われ富士山が見えなかったのでリベンジ訪問です。


   ..... 「三島スカイウォーク」の展望台に立つ。雄大な駿河東部・富士山がバッチリ!.....
c0119160_09165392.jpg
c0119160_09171138.jpg


                      <2017年9月>小田原城・山中城・三島スカイウォーク  

9時前に到着したらもう観光客が沢山押し寄せ長い行列ができています。青空に映え白く輝く主塔とケーブルのデザインの美しさは圧巻!沼津市街と沼津アルプス、三島市街の遥か右側には冠雪した頂上も見せる雄大な富士山が鎮座しています。やっとリベンジ実現したネ~!


   ....「三島スカイウォーク」(2015年開業)は富士山景色を楽しめる夢の吊橋.....
c0119160_09203058.jpg
c0119160_09205185.jpg


富士山の雲が増え始めてきましたが十分なる絶景!展望パネル台を囲んで集合写真を撮り、いざ吊り橋を渡りましょう。もう観光客の長い行列ができており、渡り始めると橋は微妙に揺れて下も透けて見えスリル感満載!すれ違う人の合間を縫って各自が写真を撮っていました。


     .....初めて体験する吊橋からの富士絶景にGDMの皆さんは大喜び!ヨカッタネ.....
c0119160_09222523.jpgc0119160_09224949.jpg
c0119160_09231572.jpg


以前は山林が広がっていましたが富士絶景を雄大な吊橋から見せたいと地元の願いから着想7年、着工後約4年弱の長い時間をかけて開業しました。入場料金は千円でちと高い気もしますが、こんなレアな景色はなかなか味わえません。皆様も是非一度ご覧あれ~!


   .....最高の快晴に恵まれ自分自身も前回リベンジで冠雪富士山が見えて大満足!.....
c0119160_09294094.jpgc0119160_09301272.jpgc0119160_09395013.jpg
c0119160_09303626.jpg


さて再び中伊豆・河津に戻るのは非効率だし帰りの大渋滞に巻き込まれること必至なので、箱根・芦ノ湖方面を観光して小田原で解散する行程に急遽変更しました。何とIWi先輩は箱根体験が生まれて初めてらしい。箱根街道の途中高台から富士山・芦ノ湖が見えてきたぞ~!


   .....(左)展望台から写真バチバチ。IWi先輩、手を腰に当て (右)芦ノ湖に到着~!.....
c0119160_10113166.jpg
c0119160_10115043.jpg


芦ノ湖に到着すると、予想通りで観光客がワンサカ・大混雑状態です。海賊遊覧船に乗ってみたい気もありましたが乗船リクエストの声も上がらなかったので、鎮座1250年を超える「箱根神社」に参拝してみよう。駐車場の隣の入り口、第三鳥居から参道を上がっていきました。


   .....(左)芦ノ湖と箱根3神社 (右)箱根・芦ノ湖のシンボル的風景(遊覧船と富士山).....
c0119160_10143801.gifc0119160_10263007.jpg
c0119160_10145948.png


   ....「箱根神社」は、坂上田村麻呂・源頼朝・源義経・徳川家康が崇敬した関東総鎮守.....
c0119160_10322514.jpgc0119160_10325402.jpg
c0119160_10331691.jpg


背の高い大木に両脇を囲まれた拝殿へ向かう階段参道は実に幻想的な空間だ!箱根神社の境内もインバウンドブームで外国人観光客に溢れています。ようやく拝殿に到着すると、まるで初詣に並んでいるような行列状態。二礼二拍手一礼をして宝物館側の参道から下りていきました。


     ....戦略・交通要衝で「箱根を背にする者は天下を制す」と云われた「勝負の神」.....
c0119160_10350006.jpg
c0119160_10352241.jpg


「これから熱海の秘宝館でも行ってみるか~!」という下ネタ好きY澤先輩の意見提起もありましたが、渋滞に巻き込まれるだけだと提案を封殺却下。「昼飯を食べて混まないうちに解散しよう」と臨機応変にて対応、箱根新道から小田原漁港の市場食堂に行くことにしました。


  .....(左)小田原漁港の食堂へ(当地も大混雑) (右)昼食反省会(次会も大反省するでしょう).....
c0119160_10413607.jpg
c0119160_10420641.jpg
c0119160_10434192.jpgc0119160_10440568.jpg
c0119160_10442846.jpg


今回企画も快晴天気に恵まれ富士山を眺め、夜は恒例の大爆笑でGDMイベントも無事に終えることができてほっと一安心!次回は2年後にリョースケ様に幹事役をバトンタッチして博多開催となります。宝満山登山と中州・桃太郎での一夜を楽しみにしておりますぞ~!


   .....小田原駅で昼過ぎに解散。今回も楽しい大爆笑のGDM-OB会でした。.....
c0119160_10483792.jpgc0119160_10490310.jpg
c0119160_10494091.jpg



  
                                                

おわり

  by rollingwest | 2018-11-11 11:11 | 同級会・OB会 | Comments(125)

<2017年11月>静岡中部・駿河国探訪②:「静岡・丸子・藤枝・焼津」編


10月14日、ブログ開設11年半で累計アクセス数60万件の節目を迎えることができました。皆様方に感謝!今後もご愛顧よろしくお願い申し上げます。



c0119160_21423962.jpgc0119160_21431101.pngc0119160_21433642.jpg
c0119160_21440211.png


第1編で前述しましたが、RWは静岡市で3年間(1999~2001年)勤務しており、当時は娘が6歳前後(幼稚園から小学校入学)でした。昨年11月、家族で過ごした懐かしき静岡県の空気を久しぶりに味わいたいと思い立ち、郷愁懐古の還暦おやじ一人旅(1泊2日)の続編です。


                             静岡中部・駿河国探訪①:「由比・清水」編 より続く





★静岡市在住時を懐かしく思い出す一人旅(駿河国探訪)



c0119160_21250208.jpgc0119160_21252263.jpgc0119160_21254292.jpg
c0119160_21260184.jpg

静岡県・中央部「駿河エリア」の見所紹介シリーズを6月に開始しましたが実際の訪問(2017年11月周遊)からそろそろ1年も経ってしまいそうだ!前回は清水から美しい富士山を堪能して頂きましたが、今回は静岡市内~藤枝・焼津と西に移動してレポートしていきましょう!


    .... (左)幼稚園運動会 (右)小学校入学式 (中)両親を呼んで娘の七五三(浅間神社)....
c0119160_21504314.jpgc0119160_21510546.jpg
c0119160_21512820.jpg


第2編は静岡市内の見所紹介、娘が通った幼稚園・小学校、七五三祝いをした静岡浅間神社、家康が晩年暮らした駿府城・人質として暮らした臨済寺、弥生時代の農耕生活を再現する登呂遺跡、東海道の丸子宿(とろろ汁)、藤枝の藤棚、新鮮な魚が魅力の焼津港が登場!


          .....焼津大崩海岸展望台(グランドホテル前)から見た富士山の夜明け.....         
c0119160_21544023.jpg


そして焼津側から見る世界文化遺産・富士山の冠雪の美しい姿(駿河湾越し、伊豆半島に連なる夕暮れ、日の出)も感動モノです!再び、駿河国の絶景富士の数々も堪能して下さい。






★静岡市民の憩い「駿府城公園」(徳川家康が晩年過ごした城跡)


静岡市中心部にある二重の堀と美しい石垣に囲まれた「駿府城公園」。徳川家康が1585年に築城し、大御所として晩年を過ごした駿府城の遺構で、現在は東御門と巽櫓・坤櫓が復元されて日本庭園も整備されています。公園の一角には家康銅像が誇らしげに立っています。


      .....(左) 「駿府城公園」、園内に立つ鷹狩りの「徳川家康像」 (中)駿府城・東御門.....
c0119160_22004435.jpg
c0119160_22012564.jpg


徳川家康は将軍職を秀忠に譲り江戸から駿府に移り住みました。家康大御所時代の駿府は、江戸幕府と二元政治が行われていたため、政治経済の中心地として大いに繁栄していました。1635年の火災で天守等の殆どの建物が焼失しましたが、櫓・門は再建され今に至ります。


      .....駿府城の周りの御濠風景、当時は11月末で紅葉の色づきも深まっていた.....
c0119160_22070329.jpg
c0119160_22072442.jpg
c0119160_22043562.jpg
c0119160_22045514.jpg


戦後は市が買い上げ「駿府城公園」となり、駿府会館・児童会館を始め都市公園として整備されています。花見時期は大いに賑わい、静岡大道芸メイン会場にもなり静岡市民の憩いの場として色々な形で利用されます。毎年秋は家族で大道芸ワールドカップを楽しみました。


    .... 広大な「駿府城公園」は静岡市民の憩いの場、駆け抜けていく女子学生ランナー.....  
c0119160_22100664.jpg
c0119160_22103594.jpg


      ... 静岡11月の風物詩「大道芸ワールドカップ」。1992年以来、四半世紀の歴史.....  
c0119160_22124944.jpg
c0119160_22132205.jpg







★今川氏菩提寺「臨済寺」(家康の幼少人質の寺)、秀吉の妹(家康夫人)の墓「瑞龍寺」


静岡中心部に聳える賤機山の麓にある「臨済寺」、戦国時代に駿河国に君臨していた今川氏の軍師・太原雪斎により開山された今川氏の菩提寺です。また幼少期の徳川家康(竹千代)が「手習いの間」で人質として暮らした歴史深いお寺でもあります。


    ....戦国時代に駿河に君臨した今川氏の菩提寺「臨済寺」、家康の人質時代の寺.....
c0119160_08135107.jpg
c0119160_08332929.jpg


駿河国はかつて今川氏の支配下にありましたが、一族の歴史的痕跡は殆ど見ることができません。今川家菩提寺である「臨済寺」と「今川焼」に名前が残っているくらいのものです。まさに「敗者の歴史は抹殺され、勝者が歴史を都合よく塗り返る。」の典型事例だなあ・・。


  .....(左)太原雪斎から教育される人質時代の家康(竹千代) (右)今川義元・生誕500年.....
c0119160_08353360.jpgc0119160_08545924.jpgc0119160_08360498.jpgc0119160_08364309.jpg
c0119160_10194220.jpg


周辺にも今川氏所縁の寺院が多くあったようですが全て廃寺となり当寺に吸収されています。普段は修行寺なので一般公開はされていませんが、2018年は今川義元の生誕500年でしたがひっそりと法要と特別公開が行われたそうです。何か遠慮した感じで可哀そうだなア・・。


    ....境内は実に静かで殆ど人は見かけない。修行寺なので一般公開していないため.....
c0119160_08385639.jpg
c0119160_08393501.jpg


「瑞龍寺」には、秀吉の妹「旭姫」(家康夫人)のお墓があります。秀吉は家康と小牧長久手の戦いで対立したため、同盟関係を築くために妹の旭姫を夫と別れさせて強制的に政略結婚をさせました。その後家康の妻となりましたが、江戸から京都に向かう途中(母の大政所の病気見舞い)で亡くなったことから、家康は瑞龍寺に旭姫の墓を静岡に建て篤く回向しました。


   ....戦国時代に開創された曹洞宗「瑞龍寺」、徳川家康夫人「旭姫」(秀吉の妹)の墓がある.....   
c0119160_08424874.jpgc0119160_08433027.jpgc0119160_08442797.jpg
c0119160_08450579.jpg







★娘が通った幼稚園・小学校と「城北公園」「静岡浅間神社」を久しぶりに訪問

c0119160_09245483.jpg
c0119160_09252121.png

静岡在住3年間は娘が幼稚園年長と小学校1~2年生でした。小学校高学年から反抗期を迎え生意気娘になってしまいましたが、この時代まではまだ可愛かったなあ・・。我々が住んだマンション、娘が通った幼稚園・小学校は安東(安倍川の東)という地名です。


         .....1999年安東幼稚園の運動会、もう約20年前の懐かしい思い出.....
c0119160_09264563.jpgc0119160_09271176.jpg
c0119160_09272833.jpg


幼稚園入園式・小学校入学式・運動会の時は全て快晴天気!校庭から雄大な富士山が間近に見えて嬉しさが倍増したよき思い出が脳裏に刻まれています。毎朝出勤で自宅玄関を出る時に目の前に大きな富士山を見られる幸せ感・・、嗚呼素晴らしい!静岡市民は羨ましいと思ったものです。


    ....2000年4月、安東小学校の入学式。久しぶりに訪問、校舎・校庭の姿は変わらず.....
c0119160_09294703.jpgc0119160_09300412.jpg
c0119160_09302212.jpg


小学校の隣には「城北公園」があり、ここは娘が毎日友達と遊びまわっていた公園です。裏手向かい側には先ほど紹介した今川氏の菩提寺「臨済寺」があり、この辺りの地名は大岩です。


     .....(左)安東のマンションも全く変わらないネ (右・下)娘がよく遊んでいた「城北公園」へ.....
c0119160_09324739.jpg
c0119160_09330529.jpg
c0119160_09343243.jpg
c0119160_09345628.jpg


「こども」「水」「自由」「芝生」の4エリアに分かれる広場をもつ「城北公園」には、アスレチックや遊具地、花時計や美しい日本庭園なども充実しており、大人が散策しても十分楽しめる場所。今は昔よく娘を連れて散歩したものだ・・と懐かしく思い出しながら周遊してみました。


    .....(左)小学校の仲良し同級生達 (右)まだこの頃は親父と行動してくれていたなあ・・.....
c0119160_09372407.jpgc0119160_09374267.jpg
c0119160_09381135.jpg


静岡生活3年目で娘が7才を迎えるので、両方の両親・弟家族を静岡に呼び「静岡浅間神社」で七五三祝いをしたことも懐かしき思い出です。静岡浅間(sengen)神社は市の中心地にあり、徳川家康が晩年を過ごした駿府城にも近く所縁も深く、社格・歴史的価値も高い社です。


    .....駿河の総鎮守「静岡浅間神社」、創建は2100年前(10代崇神天皇時代)の古社.....
c0119160_09513809.jpg
c0119160_09520316.jpg


    .....2000年、娘の七五三祝を両方の両親・弟家族を呼んで静岡浅間神社にて祈願.....
c0119160_09542623.jpgc0119160_09550341.jpg
c0119160_09553461.jpg


古くから駿河国総社として信仰され、江戸時代には徳川氏の崇敬を受けました。宏壮華麗な社殿群は漆塗りの極彩色。国の重要文化財に26棟が指定されています。


  .....神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社を中心に七社、総称を静岡浅間神社と呼ぶ.....
c0119160_09595737.jpgc0119160_10002490.jpg
c0119160_10004885.jpg


神部神社は2100年前(10代崇神天皇期)に駿河の国魂神として鎮座、平安時代には駿河国総社となった当地方最古の神社です。浅間神社は醍醐天皇の勅願(901年)により富士山本宮より分祀され、富士新宮として国司の尊崇を受けました。


    .....浅間神社の文化財資料館前にある池を久しぶりに巡ってみる。鯉が沢山泳ぐ.....
c0119160_10031332.jpg
c0119160_10033193.jpg


ここは徳川家康が元服式も上げた神社であり、江戸幕府は威信をかけ60年の歳月と巨額の費用を投資して建てた総漆塗りの社殿は、国の重要文化財に指定されています。この神社に両親や兄弟家族を呼んで七五三祝いをできたことは非常にいい思い出となりました。


  ....駿河国総社への崇敬は非常に篤い。朝廷~国司~戦国武将~徳川氏へと連綿継承.....
c0119160_10050197.jpgc0119160_10052247.jpg






★教科書で習った弥生時代集落「登呂遺跡」、静岡の街


皆さんも教科書で習った記憶があると思いますが、弥生人の暮らしぶりが発掘・再現された「登呂遺跡」、この遺跡は静岡市内中心部の南に位置する田んぼ風景の中にあります。弥生時代後期に属し1世紀頃の集落・水田遺跡は国の特別史跡に指定されています。


      ....静岡に赴任した時、教科書で習った「登呂遺跡」はここだったのかと驚いた.....
c0119160_10210859.jpg
c0119160_10213001.jpg
c0119160_10225446.jpg
c0119160_10235438.jpg


遺跡は、戦時中(1943)、軍事工場を建設している時に発見され、戦後1947年に考古学・人類学・地質学の各分野の学者が加わり日本初の総合的発掘調査が行われ、8万㎡以上の水田や井戸の跡、竪穴式住居・高床式倉庫の遺構が続々と発見検出されたのです。


    ....「登呂遺跡」は住宅街と隣接した水田遺構、弥生人の火おこし作業の銅像もある.....
c0119160_10273756.jpg
c0119160_10280027.jpg
c0119160_10290133.jpg
c0119160_10292027.jpg


農耕や狩猟、漁労の木製道具・火起こし道具・占いに用いた骨などが出土、1999年以降の再発掘調査では新たに銅釧・琴・祭殿跡などが出土しています。休日は娘とサイクリングに来たものだなあ・・。


        .....ちなみに小生が勤務していた静岡時代の職場は登呂遺跡近くだった.....
c0119160_10305758.jpg
c0119160_10311569.jpg







★静岡市の「安倍川」エリアから仰ぐ富士山絶景&東海道五十三次「丸子宿」


静岡市内の代表的な川は地元銘菓餅にも名がつけられる「安倍川」です。身延山地の安倍峠に源を発し南流して静岡市西部で駿河湾に注ぐ安部川(長さ51km)は過去何度も氾濫し、旧東海道の通行を阻む難所川でした。


    ....静岡市の象徴「安倍川」、ここから仰ぐ富士山の美しい姿には毎回唸らせられる.....     
c0119160_10432754.jpg


毎年8月が近づくと「安倍川花火大会」が楽しみでした。1953年に開始された花火の歴史は終戦後の復興や鎮魂を目的として始められもう65回も積み重ねられてきたのか・・、凄いネ!


  ....富士の影も浮かぶ「安倍川花火大会」、川遊びをして夕暮れを待つ。花火大輪が間近に!.....
c0119160_10490806.jpgc0119160_10492500.jpgc0119160_10495413.png
c0119160_10501857.png


家族3人で静岡市内の低山ハイク(賤機山・竜爪山・満願峰)を楽しみましたが、満観峰からの富士山や西伊豆が駿河湾絶景は大感動!左に見える冠雪富士山、右には愛鷹山、沼津アルプス、さらに西伊豆が長く連なる駿河湾大絶景!こんな景色は当地でしか見られない~!


    .....「満願峰」ハイキング、茶畑コースを登りきる富士山と駿河湾・西伊豆の大パノラマ.....       
c0119160_12135054.pngc0119160_12150469.jpg
c0119160_12155088.jpg
c0119160_12213909.jpg


「駿府匠宿」は今川・徳川時代から継承された静岡市の伝統産業と歴史をテーマとした体験型施設です。参加型体験シアター・おもしろ体験館の他に、漆器・竹細工・木製品工房など、静岡市ならではの伝統産業に触れられる場所。夕方の閉館間際でしたが訪問して速攻のレビュー見学


  .....安倍川を越え丸子の手前辺りで「駿府匠宿」が見えてきた。久しぶりに寄ってみよう.....
c0119160_12222052.jpg
c0119160_12225357.jpg
c0119160_12245527.jpgc0119160_12253710.jpg
c0119160_12262981.jpg


匠宿近くには豊臣家を滅ぼし徳川が天下を制した「大阪冬の陣」の前哨舞台となった「誓願寺」がひっそりと佇んでいます。ここには豊臣家の家臣「片桐且元」の墓があります。発端は大阪冬の陣のきっかけとなった「京都方広寺・梵鐘銘文」事件。且元は駿府・家康の元へ嘆願に向かいました。


    .....「誓願寺」は源頼朝が創建し、戦火後に武田信玄が再建。片桐且元の墓がある.....
c0119160_12335760.jpgc0119160_12341828.jpg
c0119160_12350711.jpg


家康は豊臣家との関係に不和を生じさせて滅亡に追い込もうと「豊臣家菩提寺の方広寺の梵鐘に自分の名前があり切り刻まれて明記されている」という言い掛りをつけたのです。且元は「豊臣は徳川に逆らう意思はない」と駿府に弁明するためこの寺に滞在しましたが、任務は果たせず・・。豊臣家滅亡を防げなかった且元は責任を感じ自害、誓願寺に遺骨が葬られました。


    .....「大阪冬の陣」で秀頼・淀は敗れ豊臣家は滅亡。片桐且元も失意のうちに自害.....
c0119160_12382427.jpgc0119160_12385205.png
c0119160_12392549.png


静岡市内には蒲原・由比・興津・江尻・府中・丸子の6宿場町があり、丸子宿は一番西寄りの位置に当たります。「丸子宿」(日本橋から20番目)は東海道五十三次の中で最も小さな宿場(人口800)で「鞠子宿」とも書かれますが、どちらも読み方は「まりこ」です。


    .....東海道五十三次の「丸子宿」、名物「とろろ汁」(自然薯)が有名な茅葺の店.....
c0119160_12554639.jpgc0119160_12561512.jpg
c0119160_12564511.jpg


とろろ汁(自然薯の麦飯)で有名な「丁子屋」(慶長元年創業)が当地にあります。茅葺屋根の店が佇む風景は、広重の浮世絵にも描かれており、まさに東海道宿場町の象徴、江戸時代にタイムスリップしたかの如し。やはり当店の「麦とろ飯」は天然山芋だけあって超絶品です!


    ....広重の浮世絵にも描かれた丸子宿の「丁子屋」(自然薯の最高とろろ麦飯).....
c0119160_12581589.jpg
c0119160_12582823.jpg


「丸子宿」散策ととろろ汁を楽しんだ後は、店内にある資料館にも立ち寄ってみましょう。展示品店内には、江戸時代に実際に使われた旅人たちの道具や丸子宿・丁子屋にちなんだ芭蕉・十返舎一九・安藤広重の作品が常時展示されています。


    ....とろろ汁職人紹介や東海道五十三次の歴史・文化に沢山触れることができる.....
c0119160_13002792.jpgc0119160_13004432.jpg
c0119160_13010597.jpg







★峠を越えて藤枝・焼津へ!翌朝、駿河湾のサンライズ絶景富士に大感動!

c0119160_14380182.jpg

さていよいよ藤枝・焼津に入ります。もう夕暮れが深まり、今日は焼津の民宿に泊まる予定なので藤枝に寄る時間は完全になくなりました。初夏の「蓮華池公園」は蓮の花が池に沢山咲き、藤まつりが開催されます。鯉幟の時期に娘と行った藤枝の光輝く風景を掲載しておきます。


    .....藤枝(強豪高校サッカーの街で昔から有名)の名所地「蓮華池公園」、藤の花が見事!.....
c0119160_14390174.jpgc0119160_14402768.jpgc0119160_14405870.jpgc0119160_15583912.jpg
c0119160_15161069.png



日が沈み夕闇迫る静かな焼津漁港を訪ねてみよう。日本有数の水揚げを誇る焼津漁港は遠洋・沖合漁業の基地としてマグロ、カツオなどさまざまな魚が獲れます。当地で獲れる魚の6割がカツオ(年間漁獲量は10万t)、3割がマグロという構成比です。


  .....(左)暮れゆく焼津港 (右)焼津からの夕富士。明日は大崩海岸の山に上がってみよう.....
c0119160_15231678.jpg
c0119160_15240148.jpg
c0119160_15263776.jpg
c0119160_15271201.jpg


焼津漁港で水揚げされた海の幸を買い味わうならば「焼津さかなセンター」がお勧め!まぐろ、かつおを始め、多くの水産加工店や土産品がひしめく焼津の一大観光地です。場内は活気に満ち、幅広い年齢層の客が観光バスで乗り付けて賑わっています。


      .....(左)活気溢れる「焼津さかなセンター」 (右)静かな夜の焼津港もいいものだ.....
c0119160_15291547.pngc0119160_15295772.jpg
c0119160_15303550.jpg


今日の宿泊は、焼津港の近く瀬戸川河口の民宿「やなぎ亭」です。1階は居酒屋として営業しており、水揚げされたばかりの新鮮な魚料理を注文。ボリューム満点で大いに堪能して早めに就寝しました。明日は早起きして大崩海岸の山に上がり、夜明けの駿河湾と富士山の大展望を堪能してみよう!


    .....民宿と居酒屋を一緒に営んでいる「やなぎ亭」に宿泊、とにかく魚が旨かった!.....
c0119160_15340439.jpgc0119160_15350043.jpgc0119160_15354558.jpg
c0119160_15363269.jpg


日の出時刻は6:30.に合わせて民宿を6時出発し、静岡・焼津に跨る大崩海岸の山の上にある焼津グランドホテルの展望台に到着して富士山・駿河湾の日の出を待ちました。


      .....焼津の大崩海岸の山に上り、日の出を待つ。富士と駿河湾の色が刻々と変わる.....                       
c0119160_16075284.jpg
c0119160_16082589.jpg
c0119160_16095800.jpg


焼津グランドホテルは娘の七五三祝で両親・弟家族を呼んで宿泊したホテルです。両親のうち3人が鬼籍に入ってしまいましたが(今はわが母親だけが健在)、全員が元気に揃い娘の節句祝ができたことがよき思い出です。弟家族も合流してくれて10人で賑やかに大いに盛り上がったあの日からもう18年が経ったのか・・!


      .... 娘の七五三祝を無事終え焼津グランドホテルに家族一同が集合宿泊(2000年)..... c0119160_16105398.jpg
c0119160_16113613.png
   ....(左)家族一同の集合写真(2000年・娘が撮影) (右)主役につき気遣いでお酌する孫娘.....
c0119160_16144623.jpgc0119160_16151057.jpg
c0119160_16154091.jpg


宿泊時の心残りは当日が雨で駿河湾と冨士山の絶景を皆に見せられなかったことでした。自分自身も憧れたここからの夜明け大展望の眺望リベンジがついに果たせる!太陽が昇ってきたぞ!


      ....伊豆半島の先から太陽がいよいよ登ってきた!黄金色に輝く駿河湾.....
c0119160_16274310.jpg
c0119160_16281466.jpg
c0119160_16303147.jpg
c0119160_16305435.jpg



最高のサンライズパノラマを十分に堪能し、再び焼津港に戻ります。滅多に見られないアングルの駿河湾富士の朝風景、贅沢な気分に満たされて駿河の旅はまだまだ続きます。次回の静岡中部編③は焼津~島田、牧之原の茶畑、相良油田、高天神城の風景を紹介いたします。
           
c0119160_16342280.pngc0119160_16344803.jpg
c0119160_16352773.jpg
c0119160_16402407.jpg


                                                      



                                                    おわり

  by rollingwest | 2018-10-10 19:40 | Comments(160)

<2017年11月>静岡中部・駿河国探訪①:「由比・清水」編


c0119160_10151479.jpgc0119160_10153717.png
c0119160_10155876.jpg


★静岡市在住時を懐かしく思い出す一人旅(駿河国探訪)

c0119160_10281058.jpg
c0119160_10284140.png


これまで静岡県の名所関連記事は東エリア(伊豆・富士市・沼津市)を中心に数回レポートしてきましたが、徐々に西移動(rollingwest)して、今回から県・中央部「駿河エリア」の見所紹介シリーズ(2017年11月周遊)を開始したいと思います。


    .....毎日富士山を間近に見て暮らした静岡時代(1999~2001)、素晴らしい思い出ばかり...
c0119160_10320377.png
c0119160_10322510.jpg


実はRWは静岡市で3年間(1999~2001年)勤務しており、当時は娘が6歳前後(幼稚園から小学校入学)でした。この時期は家族一緒で県内の様々な所へ出かけ、懐かしき思い出が濃縮・・、全国転勤地の中でも最も楽しかった時代です。今はカミサンも娘も、還暦オヤジには殆ど付き合ってくれなくなり誠に寂しい限りです。(苦笑)                

c0119160_10351757.png


    .....(左)1999年幼稚園運動会  (中)2000年七五三(浅間神社) (右)安東小学校入学式....
c0119160_10361964.jpgc0119160_10372033.jpg
c0119160_10373285.jpg


                                            静岡東部探訪①:「富士宮」編   

昨年11月、久しぶりに静岡県の空気を味わいたいと思い立ち、郷愁懐古の一人旅(1泊2日)に出かけました。世界文化遺産・富士山の冠雪雄姿も色々な角度から眺める目的なので冬の快晴日を狙いました。半年前記事なので今と季節感が合わず、2000年前後の家族写真も随所に入って、時間感覚も混乱するかと思いますがご容赦下さい。





★桜エビ・シラスの名所「由比」、富士絶景の古戦場「薩埵峠」


11月下旬、典型的な冬の快晴日(西高東低型)となった日を捉えて自宅を5:30出発!東名高速道・沼津IC・富士ICを通過して富士川を渡ると、いよいよ静岡県中部(駿河国)に入ります。由比PA(海岸沿い)で停車して一休みしよう。


    .....(左)東名大井松田から冠雪富士が間近に迫る  (右)富士川を過ぎ駿河エリアへ....
c0119160_10512930.jpgc0119160_10520074.jpgc0119160_10522221.jpg
c0119160_10524422.jpg


雲一つない好天気となった駿河湾上には眩しい朝日が輝いています。桜エビ・シラス名産地として名高い由比・興津周辺の周遊訪問は今回省きましたが、当エリアは多くの見所があるので静岡時代に訪ねた写真をレビューして紹介しましょう。


    .....(左)駿河湾・伊豆半島から昇る朝日 (右)歴史由緒深く桜エビも沢山獲れる「由比」....
c0119160_11024069.jpgc0119160_11030798.jpg
c0119160_11033608.jpg


由比(yui)は旧東海道16番目の宿場街、「由比本陣跡」は門と塀が立派な外観で、江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気!中に入ると葛飾北斎コレクション見学ができ、近くには「由比正雪」(江戸前期、幕府転覆を図った反乱首謀者)の生家もあります。


    .....歌川広重「東海道五十三次」の浮世絵で有名な「由比・薩埵峠」、由比宿を周遊....
c0119160_12435843.jpg
c0119160_12442420.png


由比には歌川広重が「東海道五十三次」で描いた浮世絵で有名な東海道の難所「薩埵峠」(フォッサマグナ=糸魚川・静岡構造線の最南端)が聳え立っています。海に迫る断崖絶壁からは眼下に広がる駿河湾と秀麗な富士絶景を満喫できる穴場の大展望台!


      .....「薩埵峠」や「浜石岳」は富士山大展望のお気軽ハイクが楽しめる。(1999年)....      
c0119160_12530688.jpg


峠の眼下は交通・物流の大動脈(東海道線・国道BO・東名高速)が集中、当時とは様変わりの風景ですが、広重が描いた浮世絵光景のアングルに変わりはありません。「薩埵峠」は古戦場としても有名です。「太平記」足利尊氏・直義の兄弟対決、武田信玄vs北条氏政の決戦舞台ともなりました。


    .....崖下は交通大動脈が集中する街道難所「薩埵峠」、桜エビ干し風景や古戦場が見所....
c0119160_12542044.jpgc0119160_12570811.pngc0119160_12573441.jpg
c0119160_13104629.jpg
c0119160_12555564.jpg
c0119160_12561358.png


薩埵峠を過ぎて清水方面に抜けると、西園寺公望・井上馨など名立たる政治家達が別荘を構えた興津(okitsu)へ出ます。ここには、奈良時代創建の「清見寺」(seikenji:日本十刹・第七位)があり一度は必見の名古刹!五百羅漢も並ぶ境内庭園は国の史跡名勝に指定され、幼少時代の家康(今川氏の人質)が学問を学んだ寺でもあったのです。


    ....浮世絵にも描かれた興津の古刹「清見寺」、2000年薩埵峠ハイクの後に立ち寄る....
c0119160_13152868.jpg
c0119160_13160878.jpg
c0119160_13180785.jpg
c0119160_13185687.jpg


                               静岡東部探訪②:「富士・沼津・伊豆の国」編  





★富士山の眺望景観地「三保の松原」(世界文化遺産)


東名高速・清水ICで降りて、清水中心街(今は静岡市に合併されて清水区と呼称)から三保半島へと向かいました。ここには約7kmの海岸に約3万本の松が生い茂る「三保の松原」が横たわり、天女伝説で知られる「羽衣の松」があることでも有名です。


      ....清水といえば、やはり世界文化遺産「三保の松原」の素晴らしい景観が有名....
c0119160_15451042.jpgc0119160_15461319.jpg
c0119160_15463911.png


2013年に富士山世界文化遺産となった場所だけに、近隣にはパワースポットとして人気の「御穂神社」や「神の道」(常世神の通り道)があり、清々しい気持ちで歩き進んで行きました。


    .....羽車神社は羽衣の変化名、「神の道」の先に「羽衣の松」が鎮座、家族でよく来たなア・・....
c0119160_15533219.jpgc0119160_15542253.jpg
c0119160_15544875.jpg
c0119160_15581878.jpg
c0119160_15582865.jpg


打ち寄せる白波、青い海を背景に富士山が聳える絵画絶景を満喫できる「三保松原」は、まさに日本を象徴する風景で歌川広重・浮世絵や数々の絵画・和歌に表現されてきました。ここを訪問するのは今回で5度目ですが何度見ても素晴らしい!


    .....羽衣松から砂浜に出て波打ち際に向かうと眺望地点、冠雪富士が姿を現した!....          
c0119160_16051638.jpg

2013年富士山世界文化遺産となった「三保の松原」ですが、登録まで紆余曲折がありました。イコモスから富士山との距離が遠く三保松原は対象除外すべきと勧告を受けたのです。静岡県と文化庁は猛烈な説得活動を続け、富士山景観地として構成資産価値を認めさせることに成功しました。


    ....日本人に生まれて良かったと思う絶景!今は亡き義父母を案内した回想2000年写真....
c0119160_16080097.jpgc0119160_16083821.jpg
c0119160_16091136.jpg


過去4回の訪問は全て穏やかな季節ばかりでしたが、今回(2017年11月下旬)は典型的な西高東低気圧配置となり、強風快晴の中で怒涛の波が押し寄せていました。護岸にぶつかる波は噴水の如く天に向かって飛沫を上げ、こんなレアな光景を眺めるのは初めてだ!


    ....日頃穏やかな三保半島海岸なのに、凄まじい荒海が押し寄せている!大感動~!....                   
c0119160_16141563.jpg
c0119160_16143244.jpg
c0119160_16150638.jpg
c0119160_16153019.jpg


荒波渦巻く海に冠雪富士、感動的な光景との出会いでした。三保の松原は今や富士絶景が体感できる外国人の憧れSPOT!日本人ならば一生に一度は訪問すべき景勝地(絶対お勧め)です!


    .....(上)怒涛の波と冠雪富士のコラボ  (下)真崎海岸の方は内海となり波は穏やかだ....
c0119160_16210826.jpgc0119160_16221614.jpg
c0119160_16225169.jpg
c0119160_16293719.jpgc0119160_16304152.jpg
c0119160_16310780.jpg


                                  静岡東部探訪③:「三島・韮山・北伊豆」編  






★清水中心部の歴史ある名刹を訪問


清水市街部には歴史あるお寺が沢山かあります。東海の名刹と謳われる「龍華寺」を最初に訪問しました。寺は高台にあり「観富山」と言われ富士眺望が満喫できます。境内には国の天然記念物「大蘇鉄&大サボテン」があり、中国上海の龍華寺から移植したと伝えられます。


    .....大蘇鉄&大サボテンが植えられる茅葺屋根、清水の名刹「龍華寺」は趣あり....
c0119160_16415813.jpgc0119160_16425272.jpgc0119160_16434679.jpg
c0119160_16452145.jpg


奥の本堂(江戸初期建立)は富士のような茅葺き屋根が特徴で富士山と並べて眺望すると一層趣が増します。明治文豪「高山樗牛」(小説・滝川入道で有名)の墓と銅像があり、資料館も覗いてみました。温暖な土地・静岡には文豪・文化人の足跡が多いなあと感心した次第です。


    .....(左) 龍華寺本堂と富士山が並ぶ眺望  (右)明治文豪「高山樗牛」に所縁あり....
c0119160_16493036.jpgc0119160_16502592.jpgc0119160_16511101.jpg
c0119160_16520168.jpg
c0119160_16590646.jpg
c0119160_16594438.jpg


「鉄舟寺」は明治維新に功績をなした「山岡鉄舟」に因むお寺。飛鳥奈良時代からの古刹で、行基(大仏開眼功労)が久能寺と名付け栄えました。江戸時代に衰退したものの明治初期に静岡藩大参事として赴任した山岡鉄舟が再興し彼の名を冠する寺に呼称変更されました。


        .....「鉄舟寺」は龍華寺に隣接する1300年以上の歴史が刻まれる名古刹....
c0119160_17020582.jpg
c0119160_17024139.jpg


鉄舟は剣客(千葉周作の北辰一刀流に師事)としても有名、当初幕臣でしたが江戸無血開城で活躍して天皇近臣となった歴史人物。勝海舟と西郷隆盛の江戸無血開城会談に先立ち、官軍駐留の駿府で鉄舟と西郷は面談しています。


       .....「山岡鉄舟」は西郷隆盛と面談し幕末・明治維新に名を残した重要人物....
c0119160_17052486.jpg
c0119160_17060243.jpg


清水といえば「清水の次郎長」!江戸末期~明治初期に「東海道の暴れん坊」として名を馳せた有名な侠客ですが、単なるやくざの親分ではなく地元開墾事業での大貢献者です。


  ....梅蔭禅寺には「清水の次郎長」の墓がある。次郎長親分は山岡鉄舟とも交流があった....
c0119160_17081568.jpgc0119160_17314185.jpgc0119160_17091169.jpgc0119160_17230497.jpg
c0119160_17102904.jpg


梅蔭禅寺境内に墓があり、寺の近く生家があり「清水次郎長資料館」として功績資料が展示されています。次郎長親分に子分の大政・小政・森の石松などの人形があり可愛らしいね~!


    .....(左) 清水の次郎長の生家  (右) 「清水次郎長資料館」は中々見応えあり!....
c0119160_17411184.jpg
c0119160_17415730.jpg


清水といえば、娘が幼少時からファンで家族一緒に見ていたTVアニメ「ちびまる子」でも有名。「さざえさん」と並び昭和の良き時代を思い出すことのできる長寿アニメ番組です。清水エスパルスプラザにある「ちびまる子ちゃんランド」に3人で楽しんだことが懐かしい!


    .....清水港・エスパルスプラザからの富士も絶景ポイント、「ちびまる子」とご対面(2000年)....
c0119160_17435334.gif
c0119160_17443182.jpg
c0119160_17450633.jpg
c0119160_17455550.jpg


                  <2017早春>伊豆半島・夫婦旅①:南伊豆(河津・下田)【前編】 





★富士山展望の「日本平」、徳川家康の墓がある「久能山東照宮」


「日本平」は静岡市駿河区と清水区境界の名勝地(日本観光地100選)!富士山の美しい姿と駿河湾・伊豆半島・三保松原の絶景を一望できる素晴らしい観望台として知られています。


    ....富士山と駿河湾の大展望「日本平」、この景勝地も5~6回は来ているかなア・・....            
c0119160_18562983.jpg


 .....日本平からの富士山18年ぶり!今は亡き義父母を案内した2000年以来だなあ.....
c0119160_18572415.pngc0119160_18574167.jpg
c0119160_18582770.jpg


日本平という地名は、古事記・日本書紀に登場する「日本武尊」(ヤマトタケル)に由来します。日本武尊が東征の折、駿河国に入り地元豪族に囲まれて当地で野火攻めに遭った際、「天叢雲剣」(三種神器の一つ)で周辺の草を薙ぎ払い火の勢いを止めて敵を倒しました。


    .....ヤマトタケルが草を薙いで切った「天叢雲剣」は八岐大蛇の尾から出てきた神剣....
c0119160_19035447.jpg
c0119160_19041044.jpg


神剣は霊験貢献により「草薙の剣」と呼ばれるようになり、近くには「草薙神社」も鎮座しています。静岡時代は日本神話に興味なかったRWでしたが今回違う目で神の空気に触れました。


    .....久しぶりに参拝した「草薙神社」、ヤマトタケルが活躍した足跡が残る....
c0119160_19055276.jpg
c0119160_19061325.jpg


                  <2017早春>伊豆半島・夫婦旅②:南伊豆(河津・下田)【後編】 

日本平から「久能山東照宮」結ぶロープウェイがあります。ここも4回目の参拝となりますが、社殿大改修が完成しているのでまた行ってみよう!久能山は日光、芝・増上寺、上野・寛永寺と並ぶ全国四大・東照宮の一つで、家康の遺命によって遺骸がこの地に埋葬されています。


    .....久能山参拝ルートは2通りのみ(ロープウェイor久能海岸側から1159石段を登る)....             
c0119160_19173975.jpgc0119160_19181019.jpg
c0119160_19183522.jpg
c0119160_19221700.jpg


家康は今川氏人質で幼き頃に静岡に暮らし、晩年も駿府城(静岡市)で余生を過ごし大御所政治を行いました。縁深い風光明媚な当地をこよなく愛し、75才で亡くなる直前に「遺骸は久能山に埋葬すべし」と遺命したことから、2代将軍秀忠が久能山に家康を権現として祀る神社の造営を命じたのです。


    .....静岡で唯一の国宝建造物「久能山東照宮」、日光東照宮建立の19年前に完成....
c0119160_19231122.jpg
c0119160_19235948.jpg


     .....(左)楼門への石階段を登る (右)18年前は義父母を案内して豪華建築を堪能....
c0119160_19322575.jpgc0119160_19332986.jpgc0119160_19335298.jpgc0119160_19342357.jpg
c0119160_19344838.jpg


日光東照宮同様に社殿は当時の最高建築技術・芸術が結集された権現造様式で実に豪華絢爛!創建時の極彩色きらびやかな江戸時代技巧の極みが今の世に甦っていました。権現・家康の他に、豊臣秀吉・織田信長も一緒に祀られており、全国47ある東照宮のうち戦国3英傑が同時に鎮座しているのは「久能山東照宮」だけです。


    .....豪華絢爛な建築の粋「久能山東照宮」、実は「日光東照宮」は久能を模して造営された....
c0119160_20164204.jpg
c0119160_20172265.jpg


         .....家康の遺骸が祀られる神廟の右側にあるは「金のなる木」が鎮座....
c0119160_20190019.jpg
c0119160_20193570.jpg


今回の参詣で驚いたのは韓国・東南アジアなどの観光客が圧倒的に多かったこと!静岡在住時には想像もしなかった客層変化でした。外国人にとって富士山周辺観光地はまさにゴールデンルート、インバウンド隆盛となった時代の変化をひしひしと肌に感じました。

                      <2017>伊豆半島夫婦旅③:中伊豆(修善寺温泉・吉奈温泉)  

    .....清水・三保半島(真崎海岸)からの冠雪富士、銭湯富士の3本指に数えられる風景....
c0119160_20233529.jpgc0119160_20242205.jpg
c0119160_20250223.jpg


数々の富士山絶景を捉え、静岡在住時の思い出をレビューする旅はまだまだ続きます。次回のレポートは静岡市内中心部に移動、家族で住んだ懐かしきマンション、娘が通った幼稚園・小学校、七五三祝いをした静岡浅間神社、家康が晩年暮らした駿府城・人質として暮らした臨済寺、弥生時代の農耕生活が再現された登呂遺跡などが登場しますのでお楽しみに~!            


  .....富士山眺望を楽しむのはやはり西高東低・冬晴日が最高!怒涛の波と富士には驚愕....
c0119160_20273057.jpgc0119160_20281974.jpg
c0119160_20285789.jpg





                                                          おわり


      世界文化遺産「三保の松原」          豪華絢爛建築「久能山東照宮」  
 




  by rollingwest | 2018-06-04 20:00 | Comments(170)

<2017早春>伊豆半島・夫婦旅③:中伊豆(修善寺温泉・梅林、吉奈温泉)

c0119160_19441025.jpgc0119160_19450741.jpgc0119160_19453035.jpgc0119160_19455768.jpg

*昨年早春の伊豆半島夫婦旅の最終編(南伊豆~中伊豆・修善寺温泉宿泊↓からの続き)です。

              <2017早春>伊豆半島・夫婦旅①:南伊豆(河津・下田)【前編】
              <2017早春>伊豆半島・夫婦旅②:南伊豆(河津・下田)【後編】より続く




★中伊豆「修善寺温泉」の朝散歩・足湯満喫


2017年早春の夫婦旅レポート(最終編)は中伊豆「修善寺温泉」の朝散歩からスタート。前日の南伊豆観光(河津桜・下田幕末史跡)を楽しみ「ホテル滝亭」で宿泊、翌朝は朝食を済ませてチェックアウト後に温泉街散策&修善寺歴史探訪を大いに満喫しました。


    .....ホテル滝亭のメインダイニングで朝食を摂りながら。朝の修善寺温泉街を見下ろす...
c0119160_19530227.pngc0119160_19540076.jpg
c0119160_19545060.jpg

  .....(左)「修善寺温泉」は伊豆半島中央部にある  (右) 由緒ある温泉街を歩いてみよう....
c0119160_20025410.jpg
c0119160_20034843.jpg


伊豆の小京都と呼ばれる伊豆最古の温泉場「修善寺」。空海が開山した「修禅寺」(一字違い)がルーツですがオススメ散策ルーが豊富にあり、趣き深いお店や足湯などが点在、街を流れる「桂川」沿いには清々しい「竹林の小径」朱塗りの橋など古都の風情に浸ることが出来ます。


  .....2月の朝はやや肌寒さを感じつつも、浴衣姿で下駄をカランコロン鳴らしながら温泉街を歩く....
c0119160_20184756.jpgc0119160_08230823.pngc0119160_08235603.jpgc0119160_20203047.jpg
c0119160_20214264.jpg


修善寺温泉は1200年の歴史を持つ「伊豆三古湯」の1つで「独鈷の湯」がルーツ、807年当地を訪れた弘法大師が桂川で病気の父親の体を洗う少年の姿に心を打たれ、手にしていた独鈷杵(仏具)を打ちつけて霊湯を湧き出させたのが発祥といわれます。


  .....(左)お目当ての「独鈷の湯」(修善寺温泉のシンボル)が見えてきた!ここが温泉発祥地....
c0119160_20295651.pngc0119160_20304384.jpgc0119160_20312626.png
c0119160_20320477.jpg


その後少年の父親の病気が治ったことから、中伊豆で温泉療法が広まった「独鈷の湯」は伊豆最古の温泉ともいわれ、今も熱い湯が湧き修善寺のシンボルです。桂川の中央部に鎮座する源泉は足湯として開放されており、カミさんと足を温めながら霊場湯の朝風情を味わえました。


    ..... 「独鈷の湯」の足湯に浸かりながら、朝から幸せ気分、実に風情がありますナ~....
c0119160_20405033.jpgc0119160_20413380.pngc0119160_20531959.pngc0119160_20422994.jpg
c0119160_20430518.jpg
c0119160_20433868.jpg
c0119160_20442621.jpg







★修善寺の街・歴史探訪(修禅寺~指月殿~竹林の小径)


まずは修善寺の地名ルーツである弘法大師が開創した「修禅寺」を訪ねてみよう!空海だから真言宗と思いきや何と曹洞宗!初めは真言だったがその後臨済→曹洞と改宗したらしい。歌舞伎題材としても有名な「修禅寺物語」(源頼家・悲運の最期を描いた戯曲)も舞台でもあります。


  .....修善寺発祥地「修禅寺」、空海開創の寺を禅宗に変えたから禅の字を採用したのかな?....
c0119160_21062049.jpgc0119160_21070652.jpg
c0119160_21075191.jpg


  .....「修禅寺物語」は岡本綺堂1911作、源頼家の死を背景に修禅寺の面作り夜叉王の物語....
c0119160_21125208.jpgc0119160_21134899.jpgc0119160_21143111.jpg
c0119160_21151598.jpg


さて温泉街をスタートして地元お薦めの散策コースに入ります。レトロな街並を通過し鹿山の麓に上がると、鎌倉時代に暗殺された源頼家(頼朝の息子)の墓と経堂「指月殿」がありました。息子の冥福を祈り北条政子が寄進した本堂は伊豆最古の木造建築物で実に風格あり!


  .....(右) 修善寺の象徴的建物「筥湯」  (下)雰囲気ある温泉街散策道は実に気持ちいい....
c0119160_21251282.jpgc0119160_21261090.jpgc0119160_21265186.jpgc0119160_21283763.jpg
c0119160_21291902.jpg

.....北条政子寄進の「指月殿」、伊豆最古の建築物脇には暗殺された息子・源頼家の墓がある....
c0119160_21411730.jpgc0119160_21421342.jpgc0119160_21431909.jpgc0119160_21440932.jpg
c0119160_21445371.jpg


次は「竹林の小径」へと歩き進んで行きます。桂川に沿う遊歩道は20年前に整備されたコースで風情ある竹林道を歩き進むと茶処や火の見櫓が目を楽しませてくれるネ~。竹林の中央では大きな竹製の円形ベンチがあり清涼感溢れる空気の中で寛ぎの時間を過ごしました。


   .....「竹林の小径」はまさに京都のような雰囲気、背の高い竹林道に日が差し込む....
c0119160_21542480.jpgc0119160_21551062.jpgc0119160_08252964.pngc0119160_21554953.jpg
c0119160_21563023.png


  .....竹林の中央広場の円形ベンチでカミサンもねころん癒しの時間・・あぁ疲れが取れる~....
c0119160_22025375.jpgc0119160_22032371.jpgc0119160_22050038.jpgc0119160_08265149.jpg
c0119160_22052954.jpg


桂川沿いには5つ赤い橋があり川を何度か渡りながら温泉街を周遊しました。最後は再び修禅寺に戻り、隣にある神社「日枝神社」に参拝。この境内には高さ25mの「一位樫」が鎮座しています。県の天然記念物で、根元が一つになっている樹齢800年の「子宝の杉」もありました。


 ....(上)温泉街には朱塗り橋が5つ(恋の橋巡り) (下)「日枝神社」、巨大な一位樫が鎮座....
c0119160_22171879.jpg
c0119160_22175802.jpg
c0119160_22183316.jpgc0119160_08394507.jpgc0119160_22200654.jpgc0119160_22191861.jpg
c0119160_22213413.jpg







★富士山も望める広大な「修善寺梅林」


修善寺といえば富士山が望める広大梅林が有名!是非とも行ってみたかったので立ち寄ってみました。樹齢百年の古木や若木も合わせて20種千本の紅白梅が植えられていて実に圧巻!


  .....「修善寺梅林」、小高い3万㎡丘稜地に広がる大規模な梅林に早春の花が咲き乱れる....
c0119160_05154329.jpgc0119160_05160184.gifc0119160_05165066.png
c0119160_05183323.png
c0119160_05254906.jpg
c0119160_05260318.jpg
c0119160_06001421.jpgc0119160_06004149.jpg
c0119160_06011090.jpg


朝一番の訪問だったので人の姿は殆どなく静かな散策が楽しめました。やや地味な印象でしたが西と東の梅林が紅白に咲き誇りふんわりと梅の甘酸っぱい香りがわが鼻孔をくすぐった・・


   ....東西2つの大規模梅林を周遊、春を待ち焦がれる気持ちに梅を見ると心も豊か!....
c0119160_06073314.jpg
c0119160_06082720.jpg
c0119160_06090411.jpg
c0119160_06102526.jpg






★旅の最後も「足湯」に癒されて・・「吉奈温泉」でリッチな時間


  ....帰路途中に、江戸時代より伝わる子宝の霊湯「吉奈温泉」(創業400年)へ立ち寄ってみる...
c0119160_06165131.jpgc0119160_06173488.jpg
c0119160_06193114.png


カミサンが帰りに立ち寄ってみたいという「吉奈温泉」、修善寺温泉のすぐ近くにある長久歴史を誇る古湯ですがRWは初めて聞いた名前です。しかし知る人ぞ知る高級リゾート温泉として密かな人気があるようで実際に訪問してみて大いに納得!


  .....「東府や」は吉奈川沿い広大敷地に客室、食事処、温泉が点在する「和のリゾート」....
c0119160_06242251.jpgc0119160_06254459.jpg
c0119160_06262059.jpg


吉奈温泉は奈良時代に高僧行基によって発見された伊豆最古の温泉。江戸時代は徳川家康側室「お万の方」が入湯して紀伊・水戸の徳川親藩の世継ぎを生み「子宝の霊湯」として知られ多くの方が子宝祈願に訪れているとのこと


  .....(左)徳川家康側室・養珠院「お万の方」 (中)樽桶オブジェが面白い(右)高級美術品満載....
c0119160_06313563.jpgc0119160_06320529.jpg
c0119160_06323569.jpg


地元の老舗旅館「東府屋」を2011年に赤倉観光(オーナーが伊豆出身)が買い取り「東府やResort&Spa-Izu」として再出発させた宿!川沿いの高級客室に工夫が凝らされ、上質料理、森林浴温泉楽しめる伝統と和モダンのリゾート感が満載!高価格でRWには無縁そうだ・・(苦笑)


  .....(左)由緒ある入り母屋造くりの建築は威厳ある風格 (右)高級クラシック外車が玄関前に!....
c0119160_06353818.jpg
c0119160_06360834.jpg


カミサンの目当ては足湯が併設されているベーカリー・カフェパンのお店!国産小麦を使った焼き立てパンを買って、プールみたいな光景が広がる足湯(水に面してずらりと並ぶ席の足元)に浸かりながら美味しい焼き立てパンとコーヒーを味わいながら癒しの時間を過ごしました。


  ..... 吉奈川の橋を渡るとプールみたいなテラス店舗が現れる!カミサン待望の足湯カフェ....
c0119160_06432934.jpgc0119160_06440649.jpg
c0119160_06444438.jpg
c0119160_06510936.jpgc0119160_06513822.jpg
c0119160_06520820.jpg


最後は川端康成が伊豆の踊子を書いた有名な湯ヶ島温泉の老舗旅館「湯本館」(明治5年創業)に立ち寄って帰宅しました。川端康成の神経痛も一週間で癒したという効能ある温泉だそうです。


 .....狩野川ほとりに露天風呂がある湯ヶ島温泉「湯本館」、川端康成「伊豆の踊子」執筆の宿....
c0119160_06564216.jpg
c0119160_06571494.jpg


2~3年に1回くらいのカミサンとの2人旅でしたが、満開の河津桜、下田の幕末・開港史、足湯と歴史散歩(修禅寺温泉・吉奈温泉)、満開の紅白梅林など1泊2日ながら充実した伊豆旅でした。今年の冬は相当寒かったので、河津桜も修善寺梅林も2018年の開花は遅れ気味だったようです。満開時期の見極めがなかなか難しいですが皆様も一度お越しあれ!


  .....(左)河津桜満開の壮観!  (右)下田のペリーロード開国史散歩 (下)修善寺梅林....
c0119160_06594447.jpg
c0119160_07001461.jpg
c0119160_07015063.jpg
c0119160_07022028.jpg

  

                                                
おわり

  by rollingwest | 2018-03-04 07:00 | Comments(156)

<2017早春>伊豆半島・夫婦旅②:南伊豆(河津・下田)【後編】



c0119160_20463475.jpgc0119160_20473235.jpgc0119160_20480700.jpg
c0119160_20483947.jpg

                <2017早春>伊豆半島・夫婦旅①:南伊豆(河津・下田)【前編】より続く



★明治150年を迎え、昨年の旅の続き・・下田開国史探訪(後編)を!


2018年は明治維新(1968)から150年の節目年! RWが小4で迎えた明治百年のような国民的盛り上がりじゃないものの、大河ドラマ「西郷どん」の鹿児島、竜馬の高知、吉田松陰の長州等、幕末明治維新に所縁深い場所はまたブーム再来かも・・!


   .....今年は明治150年!大河ドラマは「西郷どん」、竜馬や吉田松陰もまた再びブームに?.....
c0119160_20532104.jpgc0119160_20540194.jpgc0119160_19570755.jpgc0119160_20543852.jpg
c0119160_20552715.jpg


下田も日本開国史に沢山史跡が残る街・・。昨年2月久しぶりにカミさんとの夫婦旅(南伊豆:河津桜&下田、修善寺温泉)に出掛け、前編記事(日米和親条約の了仙寺、黒船ミュージアム、ペリーロード)を公開しましたが、今回の下田続編でも幕末明治維新に所縁深い人達の史跡をレポートします。


    ....今回記事は昨年2月、修善寺温泉に泊った南伊豆・夫婦旅(河津・下田)の続編.....
c0119160_21010374.gifc0119160_21014875.jpgc0119160_21022064.jpgc0119160_21051355.gif
c0119160_21032876.jpg

c0119160_06265508.jpg
c0119160_06272546.jpg







★「下田開国博物館」で再び幕末開国史をお勉強


ペリー浦賀来航、1854年に日米和親条約締結のためペリー艦隊率いる米国海軍が下田港に上陸、これより下田の開国史が始まりました。米国は江戸に領事館を置きたかったものの攘夷派が強い反対を行ったため、下田玉泉寺に日本初の米国総領事館が開設されハリスが領事として駐在することになったのです。


  ....ペリー提督が浦賀(神奈川)来航、日本開港を迫り1854年下田開国史が始まる....
c0119160_07112091.jpgc0119160_20001919.jpgc0119160_05495917.jpgc0119160_07114857.jpg
c0119160_07122769.jpg
c0119160_07193518.jpg
c0119160_07195450.jpg


前回記事はペリーの記事が中心だったので今回は領事ハリスや愛人と揶揄された唐人・お吉に光を当てます。また吉田松陰の密航監禁、坂本龍馬の史跡もあわせて紹介したいと思います。


  .....開国の第一港になった下田はペリー、ハリス、唐人お吉、竜馬、松陰の史跡が満載....
c0119160_19262208.jpgc0119160_19335240.jpgc0119160_19342021.jpg
c0119160_19354126.jpg


下田歴史は前編で紹介した「黒船ミュージアム」で十分勉強をさせてもらいましたが、次に訪ねたのは、なまこ壁建物の「下田開国博物館」、開国に関する歴史資料や民俗資料を多く展示しています。


  .....なまこ壁の「下田開国博物館」、日本開国の2千点の資料が展示されている....
c0119160_19514279.jpgc0119160_19521283.jpg
c0119160_19523805.jpg


ペリーが去ると次はロシア使節プチャーチンが訪れ、北方国境画定を含む日露和親条約締結。翌年は米国領事館開設でハリス赴任、英仏蘭も下田に来港。日米修好通商条約締結で横浜・神戸が開国主役となる前の数年間は下田こそが日本が世界に飛び出す役割を担う場所でした。


       .....下田の「ペリー上陸記念公園」にはペリー胸像が立っている....
c0119160_19590083.jpg
c0119160_19592704.jpg


  .....ロシア・プチャーチンの肖像、鬼の形相の如く描かれたペリー、米国総領事ハリス....
c0119160_20020965.jpgc0119160_20023880.jpgc0119160_20054061.jpg
c0119160_20033745.jpg


ハリスは下田で体調を崩し幕府に看護婦を要請し、芸者のお吉をハリスの世話をさせるよう仕向けられました。幼馴染の婚約者がいたお吉は当初固辞ましたが、幕府指示に従い僅か3日間だけ従事、羽振りが良くなったお吉に人々は嫉妬して「異国者の愛人だ」と侮蔑するようになりました。ついにお吉は婚約者とは別れ、酒耽りの生活に転落していきます。


   ....ハリスと唐人お吉の人形(辻村ジュサブロー作)やハリスが好んだ食膳等が展示....
c0119160_20415095.jpgc0119160_20442677.jpgc0119160_20452373.jpg
c0119160_20500973.jpg

 
その後小料理屋「安直楼」を開くもののアルコール障害となったお吉はたびたび酔って暴れ人々から疎外されて2年で廃業、その後近くの川に身を投げてしまう悲劇の生涯を閉じました。開国博物館では、世界的人形師辻村ジュサブロー作品も展示されています。


  ....品川砲台など大砲鋳造の韮山反射炉を建設した江川坦庵、下田市内にも大砲展示....
c0119160_21100886.jpgc0119160_21105917.jpg
c0119160_21114344.jpg


「下田開国博物館」には2015年世界遺産に登録された「韮山反射炉」や生みの親・江川坦庵も紹介されていました。韮山反射炉は明治日本の産業革命遺産(主に山口県や九州)にあわせて、静岡県 (伊豆の国市)は飛び地の如く世界遺産登録された場所です。


.....世界遺産登録の「韮山反射炉」は2014年に伊豆の国市を訪問して仕組を見学(下記参照)....
c0119160_21145913.jpgc0119160_21155249.jpg
c0119160_21163014.jpg
                        静岡東部探訪(その3):「三島・韮山・北伊豆」編 








★下田の開国史に縁あるお寺を訪問(玉泉寺・宝福寺・長楽寺)


「玉泉寺」は400年以上の歴史を誇る曹洞宗寺院ですが、1854年ハリスが下田着任後、日本初の米国総領事館を構えた場所です。境内には、総領事館跡の碑、日本初の屠殺場(米国への食肉提供)、ペリー艦隊乗員5名の墓地等があり、カーター大統領もこの寺を訪れています。


  .....「玉泉寺」は米国領事館に指定され、下田条約締結後は米国休息所・埋葬所にもなった....
c0119160_21292883.jpgc0119160_21300982.jpgc0119160_21304712.jpg
c0119160_21312679.jpg
c0119160_21404800.jpg
c0119160_21411216.jpg


「宝福寺」には唐人・お吉の墓と宝物館(遺品展示)があります。また勝海舟が土佐藩主・山内容堂に坂本龍馬脱藩罪の許しを願い出た謁見の間もあるぞ!藩主容堂が江戸上京の航路途中で嵐に遭遇し下田で寄港、海舟の説得が功を奏して龍馬飛躍の契機となった場所です。


      ....「宝福寺」には唐人・お吉の墓坂本龍馬像があった(木製は珍しいな~)....
c0119160_21451876.jpgc0119160_21454672.jpgc0119160_21461453.jpgc0119160_21464577.jpg
c0119160_21470974.jpg


下田市内を歩くと目立つのは白黒が斜めに交差したデザインの「なまこ壁」。骨組の上に土を何層にも重ね平瓦を並べ、継目に漆喰をかまぼこ状に盛り上げナマコに似ていることが由来です。唐人・お吉が自害する前に営んでいた料亭「安直楼」もこの建築で作られていました。


    ....お吉が2年間経営した「安直楼」等、なまこ壁建築を見ながら下田市街を散策....
c0119160_21544218.jpg
c0119160_21550462.jpg
c0119160_21563923.jpgc0119160_21572722.jpgc0119160_21575254.jpg
c0119160_21582237.jpg


最後は日露和親条約が調印された「長楽寺」を訪問。下田公園の丘麓にひっそりと佇んでいました。条約により択捉島とウルップ島の間に国境が確認されました。それなのに今、ロシアは全く北方領土を一向に返還しようとしない・・。実に嘆かわしいことですネ~!


  ....北方4島は紛れもなく日本領土だった!150年以上前に長楽寺で正式調印されたのだ!....
c0119160_22044167.jpgc0119160_22051353.jpg
c0119160_22053955.jpg






★吉田松陰の米国密航失敗と拘禁史跡を訪ねる


吉田松陰というと、幕末維新の志士を育て上げた松下村塾(長州・世界遺産)や安政大獄で投獄・処刑された江戸伝馬町牢屋敷が思い浮かびますが、実は下田でも投獄されていました。


    ....下田から米国黒船に密航乗船しようとした吉田松陰は失敗して牢屋に拘禁.....
c0119160_22212207.jpgc0119160_22214708.jpg
c0119160_22220753.jpg


松陰(当時25才)は世界情勢を知るため下田に来て、夜半ペリー艦隊に乗りつけ米国への密航を企てましたが、結局は米国に断られ踏海の夢破れ下田で獄中の人となりました。しかしその志を失わうことなく、松下村塾を開講し多くの人材を育てて明治維新への先駆けとなった訳です。


  .....「吉田松陰、踏海企ての地」は下田の弁天島西にあり今は公園整備されている。....
c0119160_22284260.jpgc0119160_22292370.jpg
c0119160_22301323.jpg
c0119160_22371670.pngc0119160_22380058.jpg
c0119160_22384015.jpg


吉田松蔭が弟子と一緒に渡航前に寓居していたのが「吉田松陰寓居跡」、下田市中心街にある藁屋根造りの建物は県指定文化財(机や硯箱なども展示)となっています。


c0119160_22421500.jpgc0119160_22425240.jpgc0119160_22433287.jpg
c0119160_22441102.jpg






★下田周辺のその他見所紹介 (2009年家族旅行時の写真追加)


最後は追加編、2009年下田家族旅行(当時中3娘の高校受験が無事終わり慰労名目)で撮影した「石廊崎」と「弓ケ浜」の光景も紹介して下田探訪記事を終了したいと思います。


  .....「弓ケ浜」はまさに弓なり状!押し寄せる細波の砂浜を散策し、菜の花畑に埋もれる....
c0119160_06100567.jpg
c0119160_06104351.jpg
c0119160_06135582.jpg
c0119160_06143279.jpg


  .....(左)石廊崎灯台  (右)「役行者小角」の立像 (下)石廊崎漁港に繋がる入江碧水.....
c0119160_06170305.jpgc0119160_06174889.jpgc0119160_06183106.jpg
c0119160_06190349.jpg


  ......(中)奇岩に建てられた「石室(イロウ)神社」で祈願 (右) 断崖の岩場釣りに挑む人....  
c0119160_06251750.jpgc0119160_06254940.jpg
c0119160_06264568.jpg


        .......南伊豆・奇岩群の海も雄大風景(遠景をクローズアップ!)......     
c0119160_06295010.jpg

            
 
        
<2009年2月>「南伊豆」(河津・下田)の家族旅行

さて2017年2月カミさんとの南伊豆(河津桜&下田)の夫婦旅・・・、次回続きは3月上旬頃に「修善寺温泉」と「修善寺梅林」レポートを公開して最終編としたいと思います。この頃になれば厳しい冬も終わりとなり春の足音が確実に聞こえているんでしょうね~!


  .....河津・下田をあとにして「修善寺温泉」(ホテル滝亭)に宿泊、美味しい料理に舌鼓....
c0119160_06575097.jpgc0119160_20131618.pngc0119160_06582096.jpgc0119160_20164506.jpg
c0119160_06585191.jpg


     .....(左)暮れゆく修善寺温泉の街 (右)翌朝は「独鈷の湯」で足湯を」満喫....   
c0119160_07021445.jpgc0119160_07024481.jpg
c0119160_07032370.jpg



                                                 おわり



  by rollingwest | 2018-01-16 07:10 | Comments(156)

<2017早春>伊豆半島・夫婦旅①:南伊豆(河津・下田)【前編】

c0119160_15463436.jpg
c0119160_15464693.jpg



★久しぶりの伊豆半島巡り(修善寺温泉泊)、河津桜・下田歴史の探訪旅


伊豆半島の主な見所は8割方(過去10回程の旅)は巡ったのですが、有名な修善寺温泉は未訪問だったので2月下旬(梅や河津桜が盛りの時期)にカミサンと二人旅に出かけました。2009年の家族旅行(3人で南伊豆・下田弓ケ浜)では河津はもう葉桜だったので、今回こそリベンジ実現を期待!


      ....今回の夫婦旅は、伊豆最古の修善寺温泉に泊まって河津・下田の春を楽しむ.....
c0119160_15514738.jpgc0119160_15515863.jpg
c0119160_15521211.jpg

<2009年2月>「南伊豆」(河津・下田)の家族旅行


      .....2017年2月の河津桜、ついに桜満開の堤風景に出会うことができて大満足!.....
c0119160_15592321.jpgc0119160_1614385.jpg
c0119160_1615960.jpg


c0119160_1621339.jpg


さらに前回旅行で見そびれた下田開国歴史(ペリー来航、ハリス領事)もジックリ訪問することも主目的。来年は明治維新150年!薩長土肥の観光地や横須賀・横浜・神戸・函館に合わせ下田も大いに賑うことでしょう!今回はブーム喧騒にはまだ早く、静かな下田歴史旅を満喫できてW満足気分!(^O^)/


    .....来年は明治維新150年!大河ドラマ主人公も「西郷どん」、幕末維新ブーム再来の予感.....
c0119160_167473.jpgc0119160_168330.jpgc0119160_1681335.jpg
c0119160_1682524.jpg


  .....(左)ペリー提督が下田滞在時に毎日歩いた道 (右)後編は初代駐日総領事ハリスも登場....
c0119160_16193710.jpgc0119160_16195429.jpg



c0119160_16201030.jpg






★いさ出発!沼津・伊豆大仁経由で下田街道を南下


自宅を早朝出発!絶好の天気に恵まれ、東名高速から真っ白な富士山を楽しみながら沼津インターを降り、内浦湾の絶景を楽しみながら車を走らせて行きます。ここから眺望する海越しの富士山や南アルプス連峰は何度観ても感動的!富山湾の北アルプス光景と匹敵する世界に誇る絶景です!


   .....(左)東名あしがらSAからの白雪富士を望む (右)内浦湾三津にポッカリと浮かぶ淡島富士.....
c0119160_16262321.jpgc0119160_16264353.gifc0119160_16341986.jpg

c0119160_16272451.jpg


      .... 沼津の内浦湾は.海に浮かぶ富士や冠雪南アルプスが海から見られる貴重な場所...
c0119160_16373716.jpg
c0119160_1637473.jpg

沼津市街を抜けると巨大奇岩「城山」が目の前に迫ってきました。2010年Fツアー仲間と城山・葛城山・発端丈山を登り、内浦湾と冠雪富士の絶景(頂上に若き日の源頼朝も鎮座)を満喫したことが懐かしい。2001年には隣接の「沼津アルプス」も縦走しましたがこの周辺の山はパノラマが最高です!


   .....(左)伊豆大仁の奇岩名峰「城山」(2010年登頂) (右)2001年「沼津アルプス」の縦走制覇.....
c0119160_16403016.jpg
c0119160_16404476.jpg
             
                               静岡東部探訪:「富士・沼津・伊豆の国」編
 

    .....2010年「城山・葛城山」を登山時に撮影した「沼津・内浦湾と冠雪富士」の大絶景!.....
c0119160_1642463.jpg
                 
伊豆の国市(旧・伊豆長岡・大仁・韮山が合併)に入ると、伊豆配流された若き日の源頼朝とラブラブ状態だった北条政子のペア銅像に出会えます。冠雪富士を仰ぎ、二人の未来に思いを馳せる姿がいじらしい~!さらに「三島大社」(伊豆総鎮守)や世界遺産となった「韮山反射炉」も見所です。


     .....伊豆の国市「蛭ケ小島」(源氏再興の地)から愛を貫いた「頼朝&政子」が富士を仰ぐ.....
c0119160_16423476.jpgc0119160_16425436.jpg

c0119160_16431317.jpg


    .....(左)頼朝源氏再興祈願「三島大社」(伊豆総鎮守) (右)世界遺産2013指定「韮山反射炉」.....
c0119160_1647546.jpgc0119160_16472239.jpgc0119160_16473491.jpg



c0119160_16475512.jpg

                                      静岡東部探訪:「三島・韮山・北伊豆」編





★いよいよ南伊豆へ!満開の河津桜絶景とご対面!


伊豆の国市から下田街道(国道414号線、伊豆半島の中央部を縦貫)を南下して行くと、名物橋「河津七滝ループ橋」が独特なデザインの橋梁が出現!かつて交通の難所だった天城峠を立体的に2回転しながら高低差45mを下ります。ループ橋周辺の河津桜も実に見事に咲いておりました。


   .....「河津七滝ループ橋」を通過、グルグルとソフトクリームを描くユンーク立体橋(河津桜が満開!).....
c0119160_1725259.jpgc0119160_1731440.jpg
c0119160_1734653.jpg

c0119160_174351.jpg

c0119160_1775497.jpg
c0119160_178682.jpg

平地に入り河津川沿いに車を走らせると、いよいよ出現、本場・本物の河津桜満開光景!長大な桜並木パノラマについに逢えた~!河津桜とは毎年2月上旬~3月初めに渡って咲く早咲き種(寒緋桜と大島桜の自然交配)で花が大きく濃い桃色が特徴。最近、各地でも多く植えられています。


     .....河津川の桜並木は満開!ついに憧れの光景に出合えた~!リベンジ実現の喜び.....
c0119160_17102065.jpgc0119160_17104239.jpgc0119160_17105948.jpg
c0119160_17185413.jpg
c0119160_1711148.jpg


河津町では昭和50年に河津町の木として認定され、毎年2月上旬より約1ヶ月間「河津桜まつり」が開催され観光バスが多く乗りつけてきます。桜並木と菜ノ花の春絶景を満喫し、次は下田の開国史跡へと向おう!案の定、渋滞に嵌ってしまいましたが、山側迂回ルート経由で下田の街へ入りました。


        .....河津桜&菜ノ花のコラボ、桃色と黄色が連続する華やかな堤通りに感激!....
c0119160_17221523.jpg
c0119160_17223053.jpg
c0119160_17241097.jpg
c0119160_17242212.jpg


   ....本場の河津桜はやはり違うなア・・!川沿いに連なる日本一早い豪華長大なる桜ロード!.....
c0119160_17264690.jpg c0119160_17272100.jpgc0119160_17305330.jpg
c0119160_17275659.jpg



c0119160_22565827.jpg

     




★日本初の開国地(日米下田条約)「了仙寺」&「黒船ミュージアム」


前回の南伊豆家族旅行では下田で観光時間が殆ど確保できなかったので今回は開国の歴史をタップリと味わってみよう!下田は黒船来航により日本で最初に港が開かれた街で歴史の宝庫だ!


   .....2009家族旅行で撮影した下田港の黒船クルース(幕末開港の日米下田条約締結の観光船).....
c0119160_1736252.jpgc0119160_17363962.gifc0119160_17381457.jpg
c0119160_17383083.gif
c0119160_17471187.jpgc0119160_17472966.jpg


c0119160_17484959.jpg


1853年、米国艦隊司令長官ペリー率いる蒸気船4隻が浦賀に来航し幕末歴史は大きく動き始めます。「太平の眠りを覚ます上喜撰・・」、大老・井伊直弼が強引に開国へ踏み切り1854年、日米和親条約が締結されました。下田・箱館の2港が指定され、下田が全国初の開港となったのです。


        .....日米下田条約が結ばれた「了仙寺」を訪問、見事な紅梅の大木が満開!.....
c0119160_1904866.jpg
c0119160_1913276.jpg

日本最初に港が開かれるにあたって日米下田条約が結ばれましたが、その場所が「了仙寺」です。そうだったのか~!・・目から鱗!本堂正面に開国締結の絵が飾られており開国殿と呼ばれています。


    ....下田は黒船来航で日本最初に港が開かれた街、その締結がお寺だったとは意外!.....
c0119160_1945929.jpgc0119160_1953578.jpg


c0119160_196096.jpg
c0119160_19154277.jpg
c0119160_19155667.jpg


   .....(左)満開紅梅前でカミサン満足 (中)境内裏手には横穴遺跡  (右)日米下田条約締結図....
c0119160_19332219.jpgc0119160_1933432.jpgc0119160_19335862.jpg

c0119160_19341792.jpg


了仙寺境内には未来的な黒船ミュージアムが併設。このアンバランスな共存が実に興味深い!早速入館して日本開国歴史を勉強して見よう!館内に入るとロビーには眉を顰めたペリーのビッグ顔にご対面!


     .....(左)黒船ミュージアムは未来的なデザイン設計 (右)寺門の先に見える道がペリーロード.....
c0119160_1942196.jpgc0119160_19422415.jpg


c0119160_19424732.jpg


  .....(左)デフォルメされたペリー大きな顔 (右)黒舟来航(浦賀)、日本に開国を迫り国内はパニック.....
c0119160_19453540.jpgc0119160_1946057.jpg

c0119160_19462532.jpg

    
当時の米国は捕鯨大国(産業革命で工場油需要が急増)であり、長期航海用の食料や燃料の太平洋での補給拠点、難破事故の救難受入場所が必要であり日本に開国を迫って来たのです。


    .....(左)ペリーが所持していた世界地図  (右)当時の日本地図は北海道が記載されていない.....
c0119160_195179.jpg
c0119160_19512628.jpg

   .....(左)了仙寺での日米締結式 (右)エッチング手法で描かれた米国水夫&相撲力士の記録絵.....
c0119160_1953692.jpgc0119160_19532219.jpg
c0119160_19534328.jpg


   ....(左)水夫の望遠鏡は鮮明色彩 (中)黒船のミニュチュア模型 (右)長筒鉄砲も並べられている.....
c0119160_19582850.jpgc0119160_19585094.jpg
c0119160_19593615.jpg

黒船ミュージアムではペリー来航の光景、当時日本人が見た異人の姿、船乗りの望遠鏡や鉄砲、下田条約締結後の外人との民間交流風景、唐人「お吉」の遺品等が展示。大変興味深い物ばかり!


       .....唐人「お吉」(初代日本総領事ハリスの侍女)が使用した三味線や手鏡.....
c0119160_203748.jpgc0119160_2325316.jpg








c0119160_2034449.jpg


   .....(左)数々の異人を描いた図 (右)下田の街では日米民間レベルの平和な交流が進んだ.....
c0119160_20104186.jpgc0119160_2011171.jpg
c0119160_20112882.jpg


現代アート美術館のような展示ルームには明治時代の漫画や風刺画も実に面白い!.お洒落な「ミュージアム映像ルーム」もあり、ペリー来航~開国~明治維新への歴史絵巻をタップリ勉強させて頂きました。


      ....明治時代の漫画は何かカルタの絵のようだ!日米露中の風刺画も展示されている....
c0119160_20155914.jpgc0119160_20162721.jpg
c0119160_20165219.jpg
c0119160_20215867.jpg
c0119160_20221984.jpg






★異国情緒溢れる小径「ペリーロード」を散策


そして次は、今旅の最大目的「ペリーロード」の散策へと向いましょう!ペリー提督が了仙寺から下田港へと毎日歩いた小径は、平滑川沿いの柳並木道は石畳で、石造洋館・なまこ壁・立派な和風屋敷が立ち並んでいる!異国情緒・レトロ感が漂い実に素晴しい!これは皆様、お薦めの散歩道


   .... (左)今回旅の目的「ペリーロード゙」の散策へ (中右)柳並木やアロエの花も咲き風情あり.....
c0119160_20253810.jpgc0119160_20255642.jpgc0119160_20261047.jpg





c0119160_20263166.jpg
c0119160_20311818.jpgc0119160_20313135.jpg


c0119160_20315389.jpg
c0119160_2037279.jpg


黒地に白い碁盤目が斜めに交差した模様壁(なまこ壁)を随所に見かけることができます。独特模様の壁は下田の風物詩となっており、なまこデザインのレプリカも売られており結構人気らしい。


       ....柳並木・なまこ壁・石造洋館・石畳が美しい!異国情緒・レトロな雰囲気ある小径.....
c0119160_20374998.jpg
c0119160_203815.jpg
c0119160_20402922.jpg
c0119160_20404479.jpg

ペリーロードから真ん中に長楽寺へ立ち寄れる路地坂があります。本寺は 1854年ロシア使節プチャーチンと日露和親条約の調印場所!米国だけでなくロシアとも国交開始ルーツ地がこんな近距離とは!


     .....(左)雰囲気ある石畳みの裏路地坂を歩く (右)日露和親条約が調印された長楽寺.....
c0119160_20422350.jpgc0119160_20423645.jpg
c0119160_2043157.jpg
c0119160_20431360.jpg

 ....デザイン硝子窓が素晴しい木造家(アンティークショップ兼喫茶店)や石造建物が川沿いに並ぶ.....
c0119160_2052665.jpgc0119160_20522485.gif

c0119160_20524381.jpg
c0119160_20583396.jpg
c0119160_2053208.jpg


下田富士・寝姿山・稲生沢川の風景に心癒される街・下田。この街が日本開国史の最初の港であり、函館・新潟・神戸・長崎・横浜という世界に誇る5大港都市開港の先がけになったのかと再認識!


     .....下田市は実に開放感ある街、下田富士・寝姿山に抱かれ穏やかな空気が流れる.....
c0119160_2059258.jpgc0119160_20593781.jpg

c0119160_2059524.jpg

      
今回前編だけでは下田歴史はまだまだ語り切れません。後編ではペリー、ハリスの史蹟、悲劇のヒロイン唐人お吉、黒船での密航を企てた吉田松陰、坂本竜馬の史蹟などを紹介する予定です。





                                                        おわり

  by rollingwest | 2017-03-05 21:00 | 旅の風景 | Comments(142)

<2014年5月>静岡東部探訪(その3):「三島・韮山・北伊豆」編

静岡東部」探訪シリーズも3回目を迎えます。初回は「富士宮編」(霊峰富士を間近に仰ぐ絶景と信仰ルーツ)、2回目は「富士・沼津・伊豆の国編」(沼津周辺名所や古代ミステリー)、今回は、頼朝・政子の史蹟や伊豆国鎮守「三島大社」、世界遺産の新候補「韮山反射炉」、北伊豆「丹那断層」もあわせてご紹介

c0119160_5441962.jpgc0119160_5443180.jpgc0119160_5445055.jpgc0119160_54595.jpgc0119160_5452564.jpg
          
                          静岡東部探訪(その1):「富士宮」編

                          静岡東部探訪(その2):「富士・沼津・伊豆の国」編より続く
  



★源頼朝・北条政子の逢瀬が重ねられた「蛭ケ小島」

葛城山頂上には少年時代の源頼朝像がありました。山頂から東側には伊豆の国市を流れ行く狩野川の光景が広がっていますが、その平野部の中に源頼朝が北条政子と逢引きをしていた「蛭ケ小島」があります。頼朝は若き頃、平清盛から伊豆へ配流されたこの地で雌伏の時代を過していたのです。


   ......葛城山頂から望んだ伊豆の国市&狩野川(kanogawa)風景、少年時代の源頼朝像も......
c0119160_5552621.jpgc0119160_5553953.gifc0119160_6431826.jpgc0119160_5554944.jpg


c0119160_556116.jpg
c0119160_5562276.jpg


2人のラブロマンス地は現在、「蛭ヶ小島の夫婦」と題した頼朝・政子の銅像が仲睦まじく建っている公園、「源頼朝公配流地」の石碑もあるぞ。地名は水田地帯に広がる湿地で蛭が多かったことが由来らしいが、周囲を見渡すと一面の田んぼだらけ。デート場所としては名前も含め、ムードには欠けるなア・・(笑)


      ........頼朝&政子Fall in Love!若き日のラブ゙ロマンス舞台は韮山「蛭ヶ小島」......
c0119160_79655.jpgc0119160_792372.jpgc0119160_793457.jpg


c0119160_795059.jpg
c0119160_710252.jpg


1157年北条時政の長女として生まれた政子(韮山・成福寺に産湯井戸あり)は、父・時政が監視していた源頼朝(平治の乱後14歳で伊豆に配流)とやがて恋に落ち、この「蛭ケ小島」で何度も逢瀬を重ねました。時政は当然猛反対、源氏嫡流で罪人の身である頼朝との仲を何とか引き裂こうとします。


      .........(左・中)政子の産湯井戸(韮山・成福寺) (右)北条氏・父と娘の葛藤.....
c0119160_2273373.jpgc0119160_2283846.jpgc0119160_16555880.jpg

c0119160_2275713.jpg

時政は政子を無理やり他の男と結婚させるべく婚礼の夜を迎えますが、激しい雨中に政子は逃げ出し山・川を越えズブ濡れになって恋しき頼朝の元に向かい、遂に伊豆山神社で2人はついに結ばれます。花嫁の夜逃げとは・・、映画「卒業」みたいだ!時政も遂に折れてその仲を許すことになりました。


      .........「蛭ケ小島」(源氏再興の地)から愛を貫いた「頼朝&政子」が富士を仰ぐ.....
c0119160_22131756.jpgc0119160_22133132.jpg
c0119160_22134578.jpg


そして政子と結婚した頼朝は源氏再興に向けて当地から挙兵(1180年)、5年後には壇ノ浦で平家を滅ぼし1192年に鎌倉幕府を開いていきます。その後、2人の人生は激動を迎えますが、大恋愛していた頃が一番いい時だったのかもしれない。逢瀬を重ねた当地「蛭ヶ小島」ではどんな語らいが・・?



★創建歴史の深い霊験あらたかな「三島大社」

「三島大社」(事代主命と大山祇命が主祭神)は伊豆国一の宮として崇敬を集める歴史深い神社。また頼朝が挙兵前に戦勝祈願し、源氏再興が成就されたことでその霊験の強さが知れ渡っています。


   .......頼朝が深く崇敬し源氏再興の戦勝祈願した「三島大社」は伊豆の総鎮守.......
c0119160_221872.jpgc0119160_22181867.gif
c0119160_22183995.jpg


平清盛は京都でクーデターを企て後白河法皇を幽閉、安徳天皇を即位させました。皇位継承を絶たれた後白河法皇の子・以仁王は平氏追討の令旨を全国の源氏に発布し、1180年頼朝はついに挙兵!


   ......源氏再興旗上げした源頼朝は「石橋山」で一度敗れるが、安房に渡り巻き返しを図る....
c0119160_22224080.jpgc0119160_2223433.jpg
c0119160_22231770.gif


緒戦敗退の頼朝でしたが房総半島に渡り体制を立て直し、平家打倒に呼応する東国武士の相次ぐ加勢で形勢逆転。鎌倉入りした頼朝に弟・義経が駆けつけ破竹の勢いとなり、壇ノ浦へ追い詰めて平家を滅ぼしました。源氏再興が実現したことにより三島大明神の威光も全国に轟くこととなりました。


  .......(左)三島大社「本殿」(七五三の記念写真を撮影する親子) (右)境内中央の「舞殿」.......
c0119160_2225480.jpgc0119160_22251757.jpg

c0119160_2225358.jpg


大社には恵比寿様が祀られ商売繁盛・五穀豊穣にもご利益があると云われ、訪問時は七五三参拝の家族連れで大いに賑わっていました。恵比寿神とは大国主の長男「事代主神」とイコールなのです。


   .......(左)厳島神社池脇を祝言の列が行く (右)恵比寿(事代主神)と三宅島の関係は?.......
c0119160_5164451.jpgc0119160_517530.jpgc0119160_5172470.gif




c0119160_537928.jpg


「事代主神」を祀る最古の本宮神社は何と伊豆七島「三宅島」に存在します。(その2)記事で山岳修験の祖「役行者」(鴨族)が伊豆や三宅島に深く関係すると書きましたが、事代主神は葛城臣王・賀茂氏の神でもあり修験道神道と強く結び付いているらしい。三島大社は役行者との関係も深いカモ・・


    .......南伊豆「石廊崎」に連なる断崖奇岩、ここにも「役行者」(鴨族)の足跡が残される.......
c0119160_533421.jpgc0119160_5335945.jpg
c0119160_5341620.jpg


三島大明神に潜む謎、役行者が賀茂・石廊崎に立てた岩室神社、修業した大和葛城山との名前一致、三宅島~下田・石廊崎~葛城山~三島大社と辿った「鴨族」(=秦氏の呪術集団)、裏天皇として祭祀を司る京都「上賀茂・下鴨神社」との繋がり・・、「kamo」は古代史ミステリ-と深く関係あるに違いない。

 



★富士湧水の里「三島・清水町」、鰻が旨い!

過去何度も紹介しましたが、三島には日本三大清流の一つ「柿田川湧水群」があります。柿田川には過去3回訪問しましたが、車の往来が激しい国道1号線のすぐ脇に風光明媚な清流が広がっていること自体が驚きだ。因みに日本三大清流の他2つとは「四万十川」(高知県)「長良川」(岐阜県)です。


    .....「柿田川湧水」、3回目の訪問は2008年12月、食山人氏・マツ氏と雨ケ岳登山後に訪問.......
c0119160_8383587.jpgc0119160_8402846.jpgc0119160_8404216.jpg





c0119160_841168.jpg


柿田川の成り立ちを調べてみると、「富士山に降った雨・雪が火山灰礫地下に一旦潜って貯留され、三島溶岩流の地下(三島市・清水町)まで流れ来て湧水として地表に現れる」と解説されています。富士山周辺の湧水といえば富士宮大社「湧玉池」、山梨(南都留郡)「忍野八海」も素晴らしいですね~!


  .......静かな柿田川清流。富士山に降った雨・雪は地下で豊富なバナジウム水となって湧出.......
c0119160_8515616.jpgc0119160_8521744.jpg




c0119160_852352.jpg


       .......三島駅の近くには有数の湧水SPOTが3つもある。写真は白滝公園.......
c0119160_915788.jpgc0119160_921266.jpgc0119160_923632.jpgc0119160_925049.jpg


c0119160_931170.jpg


柿田川訪問の直近は2008年、「雨ケ岳」登山後に食山人氏宅(当時単身赴任)に泊めてもらい、三島名店「うな繁」でご馳走になりました。水が綺麗な当地は旨い鰻で有名、当店オリジナル「鰻の櫃まぶし・石焼鍋」を頂きましたが、鰻タレがお焦げと相まって絶品の味でした。最近鰻は高くて全く縁がない・・


   .....「うな繁」の(左)玄関風景と(右)「鰻の櫃まぶし・石焼鍋」、静岡は食文化も東西分岐点....
c0119160_994236.jpgc0119160_995825.jpgc0119160_9101062.jpg



c0119160_9102513.jpg


                            雨ケ岳登山・柿田川湧水訪問(2008年12月)の記事
  




★世界遺産候補となり今後ブレイクの予感・・「韮山反射炉」

富士山が世界文化遺産登録で喜びに沸いた昨年に続き、今年6月に「富岡製糸場」がその夢を叶えることとなりました。富岡は10年以上前から街を挙げて地道な活動を積み上げてきましたが漸く実現!本当に目出度いことだ。当時の富岡と同じ境遇で盛り上がっているのは伊豆の国市韮山です。


  ......2014年6月「富岡製糸場」が世界文化遺産に!同じ流れで期待を寄せる「韮山反射炉」.......
c0119160_9341912.jpgc0119160_9345782.jpg

c0119160_9351579.jpg

     
昨年政府はユネスコに新たな世界遺産として申請する推薦候補を絞り込みましたが、最終まで候補争いしたのは「明治日本の産業革命遺産(九州・山口と関連地域)」と「長崎の教会群遺産」でした。最後は産業革命遺産に軍配が上がりましたが安倍政権の経済景気優先策が裏の選定理由かもネ・・


 .......2013年世界遺産候補(明治日本の産業革命遺産の一つ)として名乗り出た「韮山反射炉」.......
c0119160_9402172.jpgc0119160_9405315.jpg
c0119160_941950.jpg








c0119160_9412646.jpg


選定地域は主に九州と山口県ですが東日本に2ケ所飛地があり、釜石(岩手)・韮山(静岡)が思いがけなく世界遺産候補へと一躍脚光を浴びる事になったのです。韓国は軍国主義生産拠点で世界遺産指定は大反対と騒いでいますが(最近この国はエキセントリック過ぎる)、各地元の期待は相当大きい・・


    .......(左)韓国は軍国施設を世界遺産にするな!と宣伝 (右)各候補地は大盛り上がり.......
c0119160_104748.jpgc0119160_1042874.jpgc0119160_6452736.jpg

c0119160_735440.jpg
c0119160_6462296.jpg
c0119160_1044757.jpg

     
今回、静岡東部探訪に出たトリガー(最大理由)は当ニュースを知ったことです。世界遺産となった富士山の信仰ルーツと世界遺産候補に名乗り出た「反射炉」を見たい・・、「反射炉」とは一体何なのだろう?RWの好奇心は擽られました。垢抜けた雰囲気漂う網目煉瓦の3基塔が天に向かって聳えている!


         ......煉瓦積みの韮山反射炉、炉体断面図で鉄を溶かす仕組みを解説.......
c0119160_1013185.jpgc0119160_10121671.jpgc0119160_10132241.jpg



c0119160_10134392.jpg

    
見学後、品川区探訪(後編)で紹介した「お台場砲台」を製造した装置だったということが判りました。煉瓦塔土台部には溶鉱炉の役目を果たす石室があり、炉内部は効率よく鉄を溶かすため反射板が設置してあります。太陽光を虫眼鏡で集め紙を焦がす原理と同じで炎熱を集中させる仕組みらしい。


        .......ペリー来航で海防強化のための大砲は韮山反射炉にて製造された.......
c0119160_1020135.jpg
c0119160_10201561.jpg
 
           .......攘夷に向けて現在のお台場エリアに設置された品川砲台.......
c0119160_10223839.jpgc0119160_1023280.jpg
c0119160_10231580.jpg

 
                            品川区探訪(後編):お台場の砲台に関する記事  

装置考案者は江戸後期の西洋流兵学者で砲術塾を開いた「江川担庵(英龍)」。門下に佐久間象山・桂小五郎らの名前が!ペリー来航後に防衛責務を任され品川台場建設と大砲鋳造に尽力した韮山出身の偉い方らしい。地元で盛り上がる世界遺産への期待!選ばれれば江川さんも一挙に有名人~


  ......(左)反射炉・生みの親・江川担庵 (右)九州・山口の遺産群と一緒に喜べる日は来るか?.......
c0119160_10285457.jpgc0119160_10291080.gif

c0119160_10295758.jpg




★北伊豆地震を引き起こした「丹那断層」

韮山からは熱海に抜け小田原経由で帰宅しましたが、途中で「丹那断層」という80数年前に起きた北伊豆大地震(マグニチュード7.5、最大震度6、内陸直下型)の痕跡があると知り立ち寄ってみました。無料見学できる公園ですが地下観察室まである!ここでは丹那断層の断面を見ることができます。


       .......「丹那断層」・北伊豆地震(1930年直下型震度6)の痕跡をまざまざと残す......
c0119160_20492271.jpgc0119160_20494160.jpg


c0119160_2050229.jpg
 
高齢の方は「丹那」とくればトンネルを連想するのでは・・。東海道本線は昭和初期までは箱根北側を迂回するルートで山越えしていましたが、ショートカットするために箱根南側をトンネルで貫く計画が進められました。工事は断層破砕帯からの大量出水で困難を極め、起工から実に16年もかかり1934年完成


    .....昔は御殿場の裾野をエッチラ登っていた東海道線、「丹那トンネル」開通で喜ぶ工夫......
c0119160_2057370.jpgc0119160_20572294.jpg




c0119160_20574095.jpg


丹那断層は伊豆半島北部を南北に走る断層帯ですが、実は1930年発生の「北伊豆地震」は丹那トンネル掘削の工事真っ最中だったのです。もしかして工事が原因で断層を刺激し大地震が引き起こされた人災だったのかも・・。海から衝突してきた伊豆半島は今もグイグイと本州を押しまくっている筈だ・・(怖)


      .......太古に日本列島に衝突した伊豆半島は今後も大地震を繰り返す運命にある.......
c0119160_2143659.jpgc0119160_2145634.jpg





c0119160_2151431.jpg





★再び頼朝&政子のラブロマンス・・、「伊豆山神社」(熱海)に寄って帰宅

今日は早朝から出発して富士宮・沼津・三島・韮山と思う存分廻ったのでもう夕暮れが迫ってきた。熱海に出てからも「貫一・お宮の所縁地」等の名所もと欲張ったのですが時間がなくなり、史蹟訪問最後は頼朝・政子の愛が結ばれた「伊豆山神社」(熱海の小高い山に鎮座)だけに立ち寄ってみました。


       .......(左)頼朝と政子が結ばれた伊豆山神社 (右)頼朝と政子の像.......
c0119160_21174435.jpgc0119160_2118668.jpg


c0119160_21182963.jpg

  
伊豆山神社は伊豆の名がつく神社の全国総本社格であり、婚礼から逃げ出した北条政子が頼朝と当地で愛を成就させた所縁ある神社として有名。縁結び・恋愛成就を願い参拝者が結構多いらしい。



    ......(左)熱海の山の伊豆神社へ (右) 立派なご神木の陰には2人が愛を語った「腰掛石」!......
c0119160_21242751.jpgc0119160_21245060.jpgc0119160_21254689.jpg
c0119160_21265097.jpg


     .......伊豆山神社から眺望した夕暮れの相模湾、海のかなたに初島が見えた.......
c0119160_21525655.jpg
  
頼朝が源氏再興に向け旗揚げしデビューした「石橋山古戦場」(初戦敗退)も訪ねたかったものの既に夕闇が迫っていたので諦めました。小田原海岸に降り立ち、相模湾の名月を撮影して帰宅の途に・・


    ......頼朝挙兵「石橋山古戦場」近く相模湾海岸(小田原付近)に幻想の月が浮かぶ!.......
c0119160_21431427.jpgc0119160_2144111.jpgc0119160_21442430.jpgc0119160_2144375.jpg           


c0119160_21453813.gif
c0119160_2146131.jpg
c0119160_21463411.gif


     ......石橋山古戦場の夕暮れ海岸は怒涛の波音に包まれていた(さあ帰ろ~!).......
c0119160_21531793.jpgc0119160_21533118.jpg

静岡東部探訪シリーズは今回で完了・・。次回は久しぶりに熱海・小田原を廻り、新シリーズ記事をスタートさせようかなと思っています。当該記事には昔訪ねた伊豆半島・名所レビューも入れるkamo・・(鴨~n!)



                                                          おわり

  by rollingwest | 2014-05-25 00:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(84)

<2014年2月>静岡東部探訪(その2):「富士・沼津・伊豆の国」編

新年の冒頭記事で世界文化遺産・富士山と富嶽信仰に関するルーツ(富士宮周辺)を紹介しましたが、(その2)では富士田子ノ浦・沼津・伊豆の国市の風景・歴史に関する見所をレポートしたいと思います。

                     霊峰富士と共に恭賀新年!静岡東部探訪(その1):「富士宮」編
 



★万葉集にも歌われた富士の絶景「田子ノ浦」


「田子ノ浦」といえば万葉集で山部赤人に「田子ノ浦、打ち出でてみれば白妙の、富士の高嶺に雪は降りつつ・・」と歌われた程かつて白砂青松の名所浜でしたが、少年時代に抱いていたイメージは高度成長期に製紙工場が吐き出すヘドロ公害に悩む工業港の姿でした。昔ヘドラとかいう怪獣もいたナア・・


  .....美しい空気と海を取り戻した「田子ノ浦港」から「愛鷹山(左)」と「冠雪富士」(右)を望む......
c0119160_21531422.jpgc0119160_21532648.jpgc0119160_21533723.jpg




c0119160_2154097.jpg


しかし環境技術の進歩や企業努力で日本から「公害」という言葉は殆どなくなりました。ヘドロが浮いていた田子ノ浦も今は青く静かな海を取り戻し、工場煤煙で汚れていた空気は清浄となり美しい富士山を綺麗に仰ぐことができます。工業港のため工場・タンク・煙突の風景から逃れることはできませんが・・


   ......高度成長期にヘドロ公害で失われた万葉の風光明媚さが復活!富士山&愛鷹山........
c0119160_222256.jpgc0119160_2214734.jpg
c0119160_2221761.jpg


工業港の中を走り抜け駿河湾方面へと向かうと2012年に完成した「田子ノ浦みなと公園」が現れます。田子ノ浦港の大型船入港を可能にするため海底から掘り出した土砂を利用して整備された公園


    ......(左)「沼津アルプス」(香貫山・徳倉山等)が海に浮かぶ (右)「三保の松原」も遠望......
c0119160_2274025.jpg c0119160_2275595.jpgc0119160_2281847.jpg

c0119160_2283565.jpg


広大な公園の芝生にはアスレチック遊具が並び冒険広場や休憩用ベンチが整備されており市民が憩える場となっています。目の前には駿河湾越しに沼津アルプス・西伊豆半島、右に目をやれば三保半島(土壇場で世界遺産指定された三保ノ松原)も見える。テトロラポットは邪魔だが万葉時代の感動を共有


   .......(左)「田子ノ浦みなと公園」は広い芝生 (右)田子の浦港からの南アルプス(真っ白!).......
c0119160_22164080.jpgc0119160_2217242.jpgc0119160_22172010.jpgc0119160_22173577.gif


c0119160_2218264.jpg


    .......「みなと公園」からの駿河湾大絶景!(左)沼津アルプス&(右)伊豆半島の西側.......     
c0119160_22264571.jpg


嗚呼・・、かくも美しき世界遺産・富士を綺麗な空気で堪能できるなんて、日本人は幸せだなあ・・。中国に生まれなくてよかった・・シミジミ。富士市で田子ノ浦絶景を満喫後、国道1号で沼津へと向おう!





★沼津の青松海岸&「御用邸公園」


   .......「沼津・千本松原」は、田子ノ浦から沼津・狩野川河口まで続く10kmの松並木海岸......
c0119160_5542723.jpgc0119160_5544955.jpg
c0119160_555755.jpg


万葉集で歌われた白砂青松風景は「沼津・千本松原」に今も残っており、近くにはかつての皇室別荘「沼津御用邸」や若山牧水記念館が佇んでいます。詩情溢れる短歌で知られる若山牧水は、明治18年に宮崎県で生まれ、大正9年に沼津へ移り住み、晩年の8年間を沼津で過ごしました。


        .......風光明媚な沼津千本松原の中に佇む「若山牧水記念館」.......
c0119160_15443411.jpgc0119160_15445148.jpg


c0119160_1545829.jpg


千本松原をこよなく愛した牧水の歌には、沼津周辺の風物を詠んだものが多く見られます。温暖かつ風光明媚な気候、駿河湾に面した砂浜から眺望する霊峰富士、新鮮な魚介類が豊富な地。皇室や数々の著名人がここを静養地とした理由がよく解ります。地震・津波がチョット怖いけれどね・・


    .......(左)伊豆半島をバックに砂浜で遊ぶ子供たち (右)富士山&青松は絶妙のコンビ.......
c0119160_558116.jpgc0119160_5585334.jpg




c0119160_5591474.jpgc0119160_5592852.jpg
 
「沼津御用邸」は明治~昭和中期まで使われた皇室別荘(大正天皇が皇太子時代に静養)。15万㎡の敷地を誇り千本松原と連なる広大な松林の中にあります。1969年廃止されましたが、記念公園として翌年保存され、多数の来園者が美しい庭園や優雅な皇室邸宅を静寂の中で楽しんでいます。


     .......(左)「沼津御用邸記念公園」の入口 (右)記念公園(皇室の旧保養所)の庭......
c0119160_6513664.jpgc0119160_6515220.jpg




c0119160_6529100.jpg


西附属邸は皇室で使用された家具・調度品が復元されており、当時の皇族の暮らしに触れることができます。東附属邸は皇孫殿下の学問所としての性格を受け継ぎ、文化活動施設となっています。


  ......「沼津御用邸西付属邸」の内部、天皇家の別荘内部は威厳と高貴な雰囲気に満ちる......
c0119160_6571725.jpg
c0119160_6573382.jpg
 




★新鮮な海の幸、活気溢れる「沼津漁港」


沼津といえば何と言っても新鮮な海の幸が味わえる場所。沼津漁港周辺には海産センターや市場食堂が軒を連ね美味しい鮨・海鮮丼等が目一杯味わえます。静岡勤務時代に漁港食堂で時たま食事をしましたが結構お値段は高い気がしました。バスツアーで多くの観光客が乗り付けて大人気ですからネ~


   ......沼津港は海の幸・宝庫(ひものが特に有名)、豊かな駿河湾の恵みが続々と水揚げ.......
c0119160_218356.jpgc0119160_2184417.jpgc0119160_219058.jpgc0119160_2191328.jpg



c0119160_219373.jpg


   .......(左)沼津海産センターは観光客で賑わう (右)光るような新鮮ネタ満載の寿司・海鮮丼.......
c0119160_21255637.jpgc0119160_21263535.jpg

c0119160_21264541.jpg



c0119160_2127515.jpg


2011年には水産会社が経営する「深海水族館」が沼津港にオープンしました。日本で初めて「シーラカンス」(生きた化石)を常時展示しており評判も高いらしい。地元水族館では「淡島マリンパーク」が老舗で有名


   ........沼津漁港にある「深海水族館」、「シーラカンス」の冷凍保存姿は世界で当館だけらしい........
c0119160_21391035.jpgc0119160_21392439.jpg

c0119160_21395074.jpg

     .......沼津レジャーランドの老舗は「淡島マリンパーク」、家族連れで賑わうイルカ・アシカのショー......
c0119160_21462413.jpgc0119160_21464967.jpg


c0119160_21471718.jpg


駿河湾は最深2500mを誇る深海湾、その沖には黒潮が流れており大量プランクトンに支えられる多重な食物連鎖によって豊穣の海が形成されています。伊豆半島西側付根には「大瀬崎」という有名なダイビングSPOTもあり、カラフルな魚や珊瑚の海中鑑賞が楽しめます。正に世界に誇る生態系・宝庫の海!


      .......(左)大瀬崎の風光明媚な風景 (右)スキンダイビングを楽しむ海中楽園の写真......
c0119160_21522727.jpgc0119160_21524150.jpgc0119160_21525426.jpg

豊穣の海は黒潮からの恵みだけではなく、静岡東部・伊豆半島の海洋地形学的な造山プロセスにも大きな要因があります。日本列島を東西に分断するフォッサマグナ西側構造線は静岡東部(富士川沿い)から親不知・富山湾まで走っていますが、駿河湾・富山湾とも底深く落ち込んでおり深海魚の宝庫
また日本の交流周波数(東50Hz・西60 Hz)の境界も糸魚川・静岡構造線に沿って分断されています。


     ......(左)日本列島を東西分断していたフォッサマグナ (右)交流周波数(Hz)の東西境界......
c0119160_21585316.jpgc0119160_624547.gifc0119160_21591167.jpg

c0119160_21594254.jpgc0119160_21595683.jpg

伊豆半島はかつて太平洋上の火山島が日本列島へ接近し衝突して今の形になっています。衝突時に富士山や日本アルプスが形成されたのかも・・(インドがユーラシア大陸に衝突しヒマラヤ山脈ができた過程と同じ)!地球を巡る海洋深層水は沼津・焼津沖からも採取され、健康水として商品化されています。


    ......(左)伊豆半島衝突・形成のプロセス (右)静岡県の沖合から採取される海洋深層水.....
c0119160_2210115.jpgc0119160_2210381.jpgc0119160_6345911.jpgc0119160_22102423.gif

久しぶりに沼津を訪問しましたが、海鮮市場の賑わいや風光明媚さは全く変わっていません。沼津からは南下し伊豆大仁・韮山・三島方面へと向かうルートを取りました。この辺も大いに見所があります。




★伊豆大仁の「葛城山・城山・発端丈山」&「沼津アルプス」縦走の思い出
                     

沼津から伊豆半島北部「伊豆の国市」へと向かいました。平成の市町村合併で生まれた地名で耳慣れない方も多いと思いますが「伊豆大仁」(巨人長嶋若き時代の自主トレキャンプ地で有名)と聞けばピンと来るかも・・。ホノボノとした水田風景が広がっており、右手には「葛城山・城山・発端丈山」が見える!


  ......(左)伊豆大仁の田園地帯から見る葛城山・城山 (右)2010年1月Fツア-登山以来の再訪......
c0119160_2213539.jpgc0119160_22142279.jpgc0119160_2215723.jpg

c0119160_22153078.jpg
c0119160_22154387.jpg

   
この連山には4年前「Fツアー」メンバーとバスを仕立てて登山したことがよき思い出。城山は低山ですが巨大な岩壁が聳え立っており、眼前にロッククライマーが垂直に近い岩の登攀にチャレンジしていました。頂上から見る絶景パノラマは超一級!駿河湾越しに富士山と南アルプスの大絶景を見ることができます。


   ......2010Fツアー登山時に間近で見た「城山・大岩壁」(ロッククライマーが数人攀じ登っていた).......
c0119160_6505260.jpgc0119160_6512350.jpgc0119160_6514139.jpg










c0119160_6521597.jpg


                            2010/1月「伊豆大仁ハイキング」(葛城山・城山)の記事 


  .......葛城山から俯瞰できる「駿河湾越しの南アルプス連峰と冠雪富士」、冬こそが見頃です!.......
c0119160_21444354.jpg
          
沼津には葛城連山の他に「沼津アルプス」という最近大人気の低山連峰があります。昔からの憧れでしたが静岡在住時(2001) 、山仲間・食山人氏(当時・三島在住)に案内して頂き遂に夢を実現しました。


   ......2001年(43才)、食山人氏と「沼津アルプス」縦走、鷲頭山の背景には真っ青な駿河湾.......
c0119160_21451452.jpg
c0119160_21452787.jpg

 
この山の縦走は低山だと思って舐めてかかると禁物です!アルプスの名前が冠されているだけあり厳しいアップダウンが繰り返され結構難関の山です。しかし縦走路からの眺望は絶景パノラマの連続!やはり岩崎元郎の新・日本百名山に選ばれただけはあるネ~。富士山が美しく見える冬の時期がお薦め


  ......(左)葛城山ルートから見た沼津アルプスの山並 (右)内浦湾にポッカリ浮かぶ「淡島」mini富士?......
c0119160_2150146.jpgc0119160_21503216.jpg

c0119160_2151328.jpg





★「葛城山」に潜む古代史ミステリー (役行者と鴨族の謎)


葛城山と聞けば思い出すのが修験道開祖「役小角」(超能力で全国の山を巡った役行者)が修業した大和・葛城山。2009年家族旅行で南伊豆「石廊崎」を訪ねた時「役行者」銅像を発見して驚きました。奈良山奥にいた役小角が何故に伊豆最南端の海に足跡を残したのか?と大いに疑問なのでした。


  .......(左)石廊崎岩壁には「石室神社」が建つ (右)役小角像は南伊豆・賀茂郡の地に立つ......
c0119160_5523488.jpgc0119160_553296.jpgc0119160_22372066.jpgc0119160_22373478.jpgc0119160_223737.jpg
c0119160_22375989.jpg
c0119160_22362491.jpg


                            <2009年2月>南伊豆(河津・下田)家族旅行の記事 

役小角は「鴨族」(賀茂氏)出身、「鴨・賀茂・葛城」キーワードに日本古代史ミステリーが潜んでいそうな気が・・。「鴨族」は「葛城氏」(歴史から抹殺された大和朝廷匹敵の豪族)から派生しましたが、そのルーツは伊豆半島や三宅島に縁が深い氏族らしい。大和政権から島流しされたか、元来は伊豆に大勢力を構えた国かは不明ですが、魏志倭人伝に登場する「伊都国」(一般では九州説)は「izu」とも読めるゾ・・


  .....伊豆半島・最南部「石廊崎」(賀茂郡)は断崖絶壁が続く大奇岩の海(2009年家族旅行)......
c0119160_7193874.jpg
c0119160_7195537.jpg

天皇の重要祭祀は京都「上賀茂・下鴨神社」で行われ、裏天皇「八咫烏」(原始キリスト教系・秦氏で祭祀を司る最高氏族→鴨族)が行っているらしい。神社祭祀ルーツは古代イスラエルにあると云われ、鴨族はユダヤ民族で最高祭祀を司る「レビ族」の末裔。八咫烏は神武東征時に高皇産霊尊が神武天皇の元に遣し熊野国から大和国へ道案内をした鳥。神武神話で奇跡を起こした金鵄とは八咫烏の化身です。


   .......天皇祭祀は京都「上賀茂・下鴨神社」で「八咫烏」(裏天皇)が取り仕切ると云われる.......
c0119160_7281727.jpgc0119160_7284581.jpgc0119160_729087.jpg

c0119160_7292434.jpg
c0119160_7295336.jpg


天孫降臨神話で瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が高天原から降りる際、迎えに出た「猿田彦大神」の姿は鼻が長く正に天狗の姿と完全一致する。神仏習合の修験道には必ず天狗と烏天狗が登場してきます。


 ....超能力駆使で全国飛翔した「役行者」、修験道「烏天狗」や「猿田彦」「八咫烏」との繋がりは?.....
c0119160_7403790.jpgc0119160_7405249.jpgc0119160_741797.jpgc0119160_7411827.jpg

c0119160_7415931.jpgc0119160_7413878.jpgc0119160_7425836.jpg

全国を飛翔する役行者と修験道・烏天狗と八咫烏の共通点。天狗のルーツは天孫降臨の「猿田彦」?呪術を駆使した役行者と裏天皇が執り行う陰陽道の関係、秦氏・鴨族と上賀茂・下鴨神社(天皇祭祀)の関係・・、これらキーワードには隠された秘密が必ずあるはず。日本古代ミステリーの謎は深まるばかり・・


     .......葛城山頂から望む伊豆の国市&狩野川(kanogawa)風景、少年時代の源頼朝像も.......
c0119160_841328.jpgc0119160_842975.gifc0119160_844161.jpgc0119160_845859.jpg


c0119160_85266.jpg
c0119160_854186.jpg


葛城山頂には少年時代の源頼朝像がありました。山頂東側には伊豆の国市を流れる狩野川光景が広がりますが、平野部の中に源頼朝が北条政子と逢引きを重ねた「蛭ケ小島」があるのです。今度は頼朝・政子のロマンス愛や源氏再興に向け挙兵に祈願した社(三島大社・伊豆山神社)を紹介します。


        ......沼津・伊豆大仁を訪ねた後はいよいよ「三島大社」や「韮山反射炉」へと向かう......
c0119160_8134564.gifc0119160_814696.jpgc0119160_8142048.jpg

c0119160_8144525.jpg



                           静岡東部探訪(その3):「北伊豆・韮山」編へと続く

                                                       おわり

  by rollingwest | 2014-02-18 00:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(90)

<2014年1月2日>霊峰富士と共に恭賀新年!静岡東部探訪(その1):「富士宮」編

c0119160_9163897.gif


★恭賀新年(2014)のご挨拶

c0119160_918233.jpgc0119160_9174812.jpg
c0119160_9181338.jpg
                 

皆様、新年あけましておめでとうございます!昨年は多くの皆様方とブログを通じて情報交換やコメント交流を楽しくさせて頂き、誠にありがとうございました。2014年新たな年を迎え本年も引き続きご愛顧の程よろしくお願いいたします。それでは早速に賀詞とともに新年記事をスタートさせたいと思います。


   .....新年はやはり霊峰富士!荘厳な富士山を眺望できる穴場SPOTの「田貫湖」(2013秋).......
c0119160_9332940.jpg
c0119160_9445495.jpg


毎回、新年冒頭はワンパターンの如く「富士山」記事でスタートしていますが、昨年目出度く「世界文化遺産」に登録されたので今年も取り上げない訳にはいきませんネ~。昨年11月快晴日に富士山信仰のルーツを訪ね富士宮を訪問しました。沼津・三島・北伊豆も廻ってきたので数回に分けてレポートします。


   ......(左)昨年ついに世界遺産となった富士山 (右)世界遺産を今後目指す「韮山反射炉」......
c0119160_9594852.jpgc0119160_1082493.jpgc0119160_101323.jpg




c0119160_1004143.jpg

                            「湘南海岸・冬富士絶景ロード」(2013年1月) 




★霊峰富士を祀る最高格式「富士山本宮浅間大社」


小生は静岡市で3年間勤務(1999~2001)していたので富士宮・三島・沼津は公私ともに何度も訪問している場所ですが、久しぶりに行ってみたいという気持ちがフツフツと沸上がってきました。その理由は「富士宮浅間本宮大社」の近くに富士山信仰の原始的な崇拝場所があることを知ったからです。加えて新たな世界文化遺産候補として北伊豆「韮山反射炉」が急遽クローズアップされたことも契機でした。


   .....(左)東名大井松田IC付近からの富士 (右)今回は富士山・西南部のパワースポットを訪問......
c0119160_10131262.jpgc0119160_10132980.jpg





c0119160_10135145.jpg

    
昨年11~12月は安定した秋晴れが続いており、快晴日を狙って朝早くから出発。東名高速ドライブでは大井松田IC付近で眼前に現れ迫りくる霊峰富士に毎回感動しますが、今日は雲なき青空に冠雪した優美な姿を見せており一段と素晴らしい~!東名高速から西富士道路を北上して富士宮市へ!


     ......「富士山本宮・浅間(sengen)大社」の大鳥居と冠雪富士の荘厳なる姿.......
c0119160_10194259.jpgc0119160_10271839.gif






c0119160_10202677.jpg

    
「富士山本宮浅間大社」は浅間(sengen)信仰の全国総社、富士山噴火の鎮静を祈願した垂仁天皇時代を起源として遷座した2千年の歴史を持つ由緒ある大社。毎回見る度に荘厳な霊峰富士と並び立つ大鳥居の威容に感動しますが、世界遺産指定後の名峰を仰ぎ見るとその思いは一層募る・・


       ......「富士山本宮・浅間大社」の脇を流れるせせらぎ川の源流は富士の湧水.......
c0119160_10301650.jpgc0119160_10303425.jpgc0119160_10304933.jpg



c0119160_1031837.jpg


鳥居の右脇に流れる川はまさに清流水!「冠雪の霊峰富士から湧き出てくる水」を映す絶好アングルを見つけて早速にカメラを撮りまくり・・。この水は浅間大社境内の「湧玉池」(富士の伏流水が湧き出る池)から流れています。そして本宮大社には水を司る「木花之佐久夜毘売命」(コノハナサクヤヒメ)が富士噴火鎮静の御神体として祀られているのです。水の神様だから富士の噴火を消すという訳ですな・・


          .......「赤い楼門」をくぐりぬけて玉砂利を踏みしめがら本殿へと向かう.......
c0119160_1043622.jpgc0119160_10364051.jpg

c0119160_10374963.jpg


威厳ある真っ赤な楼門をくぐり本殿へと向かいます。「コノハナサクヤヒメ」」は大山祇神の娘で天孫降臨の主役「瓊々杵尊」(ニニギノミコト))の奥様でもあります。火山噴火も鎮めてくれる物凄いパワーの女神様は火除・縁結び・安産・航海・農漁業の守護神としてもご利益があり全国的崇敬を集めているとのこと


    .....「富士浅間大社本殿」に祀られる女神は「コノハナサクヤヒメ」、楼門の富士絵画が印象的.......
c0119160_10465057.jpgc0119160_1047420.jpgc0119160_10473391.jpg








c0119160_10474963.jpg


「富士本宮浅間社記」によれば第7代孝霊天皇時代の富士山大噴火で住民は離散し荒廃した惨状が長期化したと記されています。憂いた垂仁天皇は山霊を鎮めるために浅間大神を祀りました。信州・浅間山は活火山として有名ですが、古語で火山を「アソ」「ウス」と発音したことでその呼称が今も全国の活火山(阿蘇・浅間・有珠)の山名として残ってきたのです。富士浅間は「センゲン」と読み替えた訳か・・


  .......(左)本殿内部には朝の清らかな空気が・・ (右)朝早くから神事準備に忙しい巫女さん.......
c0119160_10545290.jpgc0119160_1055933.jpg





c0119160_1056349.jpg


富士を祀る浅間神社は全国に多くありますが、富士宮の本宮大社は朝廷から篤い尊崇を受け、延喜の制では名神大社(駿河国の一宮として勅使の奉幣・神領の寄進を受けているNO1の格の高さです。富士吉田(山梨)にあるのは北口本宮浅間神社、コチラは富士講の総社で庶民の人気NO1かな・・


                                     山梨県の富士山(祝・世界遺産) 

        .......祝言・喜びの日を迎えた新郎新婦、霊験あらたかな神社で厳かに挙式.......
c0119160_1134318.jpg
c0119160_1135852.jpg

いよいよ「富士山御霊水」とも呼ばれる「湧玉池」へと向かいましょう。本宮浅間大社の境内の地下は巨大な溶岩洞窟で形成されており、ここから1日約20万トンもの富士山の伏流水が湧き出ているのです。かつては富士登山者の禊ぎにも使われていた池で国の特別天然記念物にも指定されています。


   ......富士山本宮浅間大社の象徴SPOT・御霊水「湧玉池」、富士山伏流水がコンコンと湧く.......
c0119160_1154763.jpgc0119160_116771.jpgc0119160_1162318.jpg









c0119160_1165447.jpgc0119160_1171032.jpg

富士の高嶺に降った雪や雨はすぐに川となって流れ出すのではなく一旦地下の溶岩洞窟に入り込み伏流水となって何百何十年の後に湧き水として地上に流れ出してくる仕組みとなっています。富士山湧水はバナジウムを多く含む超軟水であり、和食素材に合うと云われています。地下に浸み込んだ伏流水は長い年月をかけて岩のフィルターで濾過されて癖がなく、日本人の味覚にマッチしているのでしょう。


         ......高い透明度の澄み切った水面を水鳥たちが気持ちよさそうに泳ぐ.......
c0119160_1622103.jpgc0119160_16223178.jpgc0119160_1622527.gifc0119160_1623382.gif


c0119160_16232520.jpg


富士山周辺には湧水Spotが多くあり、「湧玉池」の他に「忍の八海」や「柿田川湧水」が有名。三島も水に恵まれて鰻が旨い。本栖湖・西湖・精進湖の地下は繋がっており湖面標高は常時同レベルです。

                                     「冬富士展望登山&柿田川湧水」 


         ...... 湧水の池には赤い橋がコントラストをなして大いに映えていました.......
c0119160_16363788.jpg
c0119160_16365114.jpg

垂仁天皇によって祀られた山霊鎮静の社(浅間大神)は現在地から北側に6km離れた「山宮浅間」(下に記述)という場所にあったのだそうです。現在の壮大社殿は有名な初代征夷大将軍「坂上田村麿」が平城天皇の勅命を奉じて平安時代(806)に山宮社から遷座して造営した経緯にあるとのこと


    ......全国の浅間神社の総社「本宮大社」、どうか富士山が噴火しませんように・・(祈).......
c0119160_16395438.jpg
c0119160_1640750.jpg





★「山宮浅間大神・遥拝所」&「人穴富士講遺跡」


いよいよ本日の最大目的「山宮浅間神社」へと向かいます。富士周辺の見所は殆ど訪ねたつもりでしたが、「富士山信仰のルーツ」が「白糸の滝」の近くにあったとは恥ずかしながら今まで知らなかった・・


    ......富士山信仰のルーツ「山宮浅間神社」!山岳遥拝の痕跡が残るアミニズム・原始的神社......
c0119160_1751747.jpgc0119160_17512362.jpgc0119160_17513858.png


c0119160_1751558.jpg


日本武尊」(ヤマタケル)が景行天皇(第12代)に蝦夷征伐を命じられて東征を進め駿河を通過した時、敵に野火を放たれましたが富士浅間大神に脳裏祈念し窮地を脱しました。有名な「草薙の剣」の伝説ですネ~。ヤマトタケルは富士山麓に到着後、山宮を参詣し篤く浅間大神に感謝したと伝えられています。


     ...... 灯篭立ち並ぶ参道を行くと山宮浅間の神門、ここから石段を登ると遥拝所が!.....
c0119160_18222375.jpg
c0119160_18223823.jpg

山宮浅間神社には社殿が存在せず富士山自体が御神体、アニミズムの雰囲気が漂うパワースポット。古代祭祀の原初形態(山や磐石を直接崇拝)から現在に至るまでの足跡変化を伺い知ることができます。


      ......これぞ山宮浅間神社の「富士山遥拝所」(山自体を御神体とする自然崇拝).......
c0119160_18255744.jpgc0119160_18272088.jpgc0119160_18273699.jpg









c0119160_1828689.jpgc0119160_18281789.jpg
c0119160_18283213.jpg


富士山を直接崇拝・祭儀の遥拝所が設置される以前(縄文・弥生時代)は自然畏敬のアニミズム祭祀の痕跡が多く点在していたようです。自然を駆逐してきた現代人に怒りをなしてそろそろ富士山噴火が起こらなければいいが・・。折角、世界遺産指定されたので穏やかにお過ごし下さい・・と小生も祈願


 .....殆ど人が来ない寂しさ漂う神社だったのに世界遺産指定された途端に多数の観光客が!......
c0119160_19491516.jpgc0119160_19493350.jpgc0119160_1950136.jpg


c0119160_19503920.jpg

    
富士宮に来たのだから「富士宮焼きそば」を食べようと思い立ち推奨店を尋ねてみたら、山宮遥拝所のすぐ近くの「にこにこ長屋」を紹介してくれました。どこにでもあるようなお好み焼き風の内装で、焼きそばもごくフツーという感じ。でもB級グルメの火付役だし世界遺産富士で大繁盛しているのでしょう。


     ..... 「富士宮焼きそば」(B級グルメの先鞭)、「にこにこ長屋」は地元では有名店らしい.......
c0119160_19582249.jpgc0119160_19593338.jpg





c0119160_2001078.jpg

c0119160_2002497.jpg


                                    名峰レビュー:「富士山」(その1)   

さて次はもう一つの穴場スポット「人穴富士講遺跡」を訪ねてみました。富士山周辺には溶岩洞穴が多数存在しますが、ここは江戸時代に隆盛を誇った冨士講の聖地となった場所で洞内修行をする人も多かったらしい。神社境内へと続く石段左右には数多くの苔むした石碑や墓が林立し不気味な感じ


   ......(左)不気味な雰囲気漂う「人穴富士講遺跡」 (右)建物はまだ真新しい人穴浅間神社.......
c0119160_2075956.jpgc0119160_2082210.jpg


c0119160_2084917.jpg


穴はどこ?と探してみたら、曰くありげな2つの石柱と石灯籠があり、そこから地下に伸びる石段、先には日光の届かない闇が見える・・。御霊の祟り・バチに当たらぬ前にそそくさ穴から立ち去りました。


   .......(左)ここが異界の入口とも謂われる「人穴」 (右)勝手に入った者には祟りがあるらしい.......
c0119160_20133669.jpgc0119160_2014026.jpgc0119160_20141179.gif




c0119160_20143692.jpg


洞穴には因縁伝説も多くあり、鎌倉期に源頼朝が仁田忠常に人穴探検を命じ家来が息途絶えたと云われます。歌川国重も浮世絵に描き、富士山ミステリースポットとして昔から有名だったことが伺えます。


    .....歌川国重が描いた浮世絵「仁田忠常・富士の人穴探検」、昔から話題のミステリースポット.......
c0119160_20252898.jpgc0119160_2025438.jpgc0119160_202664.jpg





★富士絶景の穴場「田貫湖」、豪快優雅な「白糸の滝」


      .......富士山西麓の「田貫湖」(富嶽絶景の穴場)、写真家も絶景に見惚れていた.......
c0119160_20312882.jpgc0119160_20314573.jpg


c0119160_2032377.jpg


富士宮北部にはまだ沢山お薦め場所があります。富士五湖には入りませんが「田貫湖」をご存知でしょうか?ここは「ダイヤモンド富士」が見られる絶好スポットとして最近人気沸騰の場所。今回で3回目の訪問ですが久々に湖畔をジックリ廻ってみよう。冠雪富士には雲がかかり始め、まるで絵画の様だ~!


     ......田貫湖は「逆さ富士&ダイヤモンド富士」が同時撮影できる名所!(解説板プレート).......
c0119160_20361759.jpgc0119160_20364342.jpg








c0119160_2036589.jpg

c0119160_20371729.jpg



                                   名峰レビュー:「富士山」(その2) 

田貫湖近くには名瀑「白糸の滝」があります。久しぶりだネ~ここに来るのは3回目。世界遺産指定で人出は多い!入口に豪快な「音止滝」が現れ、いつもながら豪快な水量で轟音を響かせていました。


        .......(右)紅葉の「白糸の滝」を遠望 (左)「音止滝」は豪快な水量だった......
c0119160_20454488.jpgc0119160_20461675.jpg






c0119160_20463230.jpg
c0119160_20465392.jpg


さて「白糸滝」へ向かおうとしたら何と散策コースの工事中で滝壺へは通行止めとなっていました。実に残念・・!過去に訪れた滝壺に接近した撮影写真を掲載しておきますので臨場感を味わって下さい。


 .....「白糸の滝」は過去2回訪問(1999/3月と2007/6月)、滝壺写真は過去撮影写真.....
c0119160_2132488.jpg
c0119160_2133737.jpg

c0119160_21172197.jpg
c0119160_21173396.jpg






★富士市へと入る

富士宮の穴場SPOTを十分堪能した後は、再び西富士道路を南下して沼津・三島方面へと向かいました。富士宮南部は富士市、ここには戦国有力大名(今川・北条・武田)が三国同盟を結んだ舞台となった「善得寺」(現在は公園)があります。この同盟って歴史を振り返ってみると何だったのかネ~?


         .......戦国時代の三国同盟(駿河・相模・甲斐)は「善得寺」会談で実現.......
c0119160_219127.jpgc0119160_2193126.jpg

c0119160_2194923.jpg


富士川を挟んで東海道・東名高速越しに仰ぐ霊峰富士も実に素晴らしい絶景です。後編は田子の浦から見る富士、沼津港、沼津御用邸、霊験あらたかな三島大社、世界遺産候補となった韮山反射炉、源頼朝が蟄居した蛭ケ小島、鎌倉幕府の旗揚げ祈願をした伊豆山神社(熱海)などが登場する予定 


      .......(左)富士川鉄橋を通過する新幹線&富士 (右)東名高速道路&富士山.......
c0119160_21121813.jpgc0119160_21123147.gif



c0119160_21124767.jpg


最後に素晴らしいユーチューブ映像「♪富士は日本一の山~!」と一緒に「田貫湖富士」の雄姿を再びお楽しみ下さい。実はこのユーチューブ、我がブログに何度も登場頂く「ひろし爺」様が作成された力作なのです。色々な場所から季節の移ろいとともに霊峰富士を仰ぐことができる日本人って幸せですネ~!


    .......(左)田貫湖からの富士は絶景! (右)♪富士は日本一の山~......        
c0119160_840482.jpg


                                     (その2)富士・沼津港・伊豆の国編へ続く


                                                         おわり

  by rollingwest | 2014-01-01 16:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(82)

<2009年2月27~28日>「南伊豆」(河津・下田)への家族旅行 

★久しぶりの家族旅行


数年前までは家族で旅行・登山等によく出かけたものですが、娘が中学になると同時にオヤジとは一緒に行動してくれなくなりました。(各家庭・色んなパターンありで一概に言えないでしょうが・・)
高校受験も無事終わり、「娘の慰労」名目(実はオヤジの希望)で1年半ぶりに家族旅行実現~!


           ......南伊豆:田牛(トウジ)海岸付近から見た伊豆の海、寄せ波青し....
c0119160_19433839.jpg


c0119160_1944391.jpg

伊豆は広くて見所が沢山ある半島ですが、車の渋滞で移動に時間がかかり、全てを巡るには相当の日数が必要となります。東・中・西部の観光SPOTは殆ど行きましたが、南伊豆(下田周辺)だけはじっくりと観ていなかったので、早咲きで有名な「河津桜」と合わせてここを訪れることにしました。




★箱根「サン・テグジュペリ・ミュージアム」

         ......「サン・テグジュペリ・ミュージアム」(箱根)のエントランス風景、モニュメントには雪が・・......
c0119160_2031183.jpg

東名高速沼津IC~修善寺道路経由で河津へ入る予定でしたが、娘が箱根「サン・テグジュペリ、星の王子様ミュージアム」を見たいというので、途中・御殿場ICで降りて乙女峠~箱根仙石原へ。
当日はみぞれ混じりの雨で、箱根の山は薄っすらと雪化粧・・・。朝から晩まで寒~い一日でした。

         ......(左)地理学者通り                 (右)点灯夫の広場.....c0119160_204140.jpgc0119160_2043780.jpg

何かメルヘンチックな名前だし、グリム童話「お菓子の家」のような外観で少女趣味な内容かな・・と思っていたら、結構興味深くて引き込まれてしまいました。飛行士・作家としてのサン・テグジュペリの生涯やモノクロ写真・アンティークな遺品などが飾られ、いい雰囲気で紹介されています。

                .........郵便飛行基地(アルゼンチン)勤務時代のオフィス......
c0119160_2036275.jpg

     .......(左)寛ぎのホームパブ、アンティークな雰囲気があるねエ・・ (右)テグジュペリの写真パネル.......c0119160_2046167.jpgc0119160_2048222.jpg

外観の建物風景は生まれ育ったフランスリヨンの街並みや家屋がアイボリーピンク色で再現されています。ドメスティックな私ですが洋風な雰囲気にたまには身を置くのもいいか・・(niawan kedo・・)

      .......(左) リヨンの街並を再現~王様通り (右)雪を被る読書老人&サンテグジュペリ教会.....c0119160_20533968.jpgc0119160_10104084.jpg

「鑑賞価値の高いミュージアムだったなあ・・」と満足した気持ちで、再び御殿場ICから東名に乗り沼津IC経由で伊豆半島に入ります。修善寺・天城峠・河津ループ橋を通って南下、いざ目的地へ。




★早咲きの「河津桜」~葉桜(涙)


K山さんブログで以前紹介された「河津桜」(07.2月)の光景をいつか見てみたいなあ・・と思っていたので、今回の目的メインイベントは梅の季節を前にして「満開の早咲き桜」を満喫することでした。
しかし今年は異常暖冬、やばいなア・・と懸念していたら、花は案の定もう終わっとりました。(--、)

    .......(左)2月末で葉桜並木になってしまった雨の堰堤 (右)濡れた蕊桜もまた風情あり...c0119160_2165629.jpgc0119160_2173470.jpg

       ......満開時ではこんな光景が広がる (K山さんブロク:07年2月写真より拝借)......c0119160_21172621.jpg




c0119160_21162098.jpg


「河津桜」は「寒緋桜」と早咲き「大島桜」の交配種で「ソメイヨシノ」より1ケ月程早く開花します。花が大きく濃いピンク色が特徴で、上記の堰堤風景は早春の風物詩としてTVでよく紹介されます。

 .......(左)河津桜クローズアップ!(ピンク色が濃いね~)  (右)一番見頃だったのはお寺の脇の桜.....c0119160_21261388.jpgc0119160_21261762.jpg

     ........桜に滴り落ちる冷たい雨に身も凍え・・・、あとは温泉だけが楽しみ・・(寒)......
c0119160_21321196.jpg

この早咲き桜を目当てに全国から観光バスが乗り付けてくるので、満開時の週末は相当な渋滞を覚悟する必要があります。当日は葉桜・雨天だっだので堰堤はマバラな人出、むしろお土産屋の方が賑わっておりました。当初目的はスカに終わってやや残念。もう楽しみは温泉だけか・・(泣)




★南伊豆の民宿「磯崎荘」

今日の宿泊は南伊豆町・弓ケ浜近くにある温泉民宿「磯崎荘」。食山人氏から穴場オススメ民宿として教えてもらいました。超豪華な海鮮料理をご覧下さい!w( ▼o▼ )wとても食いきれない~!
海水のようなしょっぱい塩水温泉ですが、お肌ツルツルになる本格的な湯でポカポカ暖まります。

    .......(左)民宿「磯崎荘」の玄関  (右)超豪華な海の幸(刺身舟盛・ブリ大根・鮑ステーキ等).....c0119160_21535419.jpgc0119160_21541074.jpg

帰りに新鮮なアジ干物や海苔佃煮のお土産も付いて宿泊料は1人1万円チョット。本当にお得だ!
宿を営むご夫婦も非常に誠実・丁寧で感じがいい・・!皆様も是非一度お越しあれ!
     . → リンク:民宿「磯崎荘HP



★伊豆半島の最南端「石廊崎」
c0119160_22151477.jpg

石廊崎(いろうざき)は伊豆半島最南端(賀茂郡南伊豆町)にある岬。太平洋に突き出たこの岬より西は駿河湾・東は相模灘で、強列な風・荒々しい岩場・海岸風景で有名な観光地となっています。

  .....(左)「役行者小角」(エンノギョウジャ・オヅヌ)の立像  (右)石廊崎漁港に繋がる入江の碧水↓.....c0119160_2219599.jpgc0119160_22304157.jpgc0119160_22232029.jpg



c0119160_22233343.jpg

岬へ登る石廊崎漁港に銅像が立っている。誰かと思えば修験道の伝説仙人「役行者小角」ではないか!(まさに上記単行本を読んでいたところ) 日本全国の峻険な山を登った山岳宗教の開祖ですが、何故伊豆に縁があるか?と調べたら、天皇謀反の疑いをかけられて伊豆流罪になったとのこと。伊豆南部は賀茂郡ですが、役小角が大和の賀茂一族出身なのでその名を残すようです。


    .......(左)石廊崎灯台、遠い水平線に光  (右)岬断崖から望む南伊豆の大絶景.....c0119160_22454282.jpg
c0119160_22452176.jpg

灯台が立つ石廊崎突端は目も眩む断崖絶壁!黒潮が流れる海の色はその名の如く濃紺で深い。遠く水平線には奇岩が並び、伊豆らしい男性的な海風景が270度の展望角で広がっていました。


    ......(左)断崖の岩場釣りに挑む人 (右)奇岩に建てられた「石室(イロウ)神社」で祈願.....
c0119160_22492121.jpgc0119160_22495114.jpg

道を進むと、断崖絶壁に張りつく様に海に突き出る「石室(イロウ)神社」が現れてビックリ!やはりここにも「役行者小角」が祀られている!さすが行者殿、高所恐怖症が近づけない場所が好きだねエ・・
神社から崖を見下ろすと、何と岩壁で磯釣りをしている人がいる!“(゚◇゚;) !! 行者太公望だ~!


            .......南伊豆の海に列なる奇岩群(遠景をクローズアップ!)......
c0119160_22533157.jpg

伊豆半島最南端まで来る機会は滅多にないし、こんな絶景を見られるとは思っていなかったので大満足でした。天気も回復傾向・・・2日目は、葉桜に涙を飲んだ前日のリベンジができそうな予感!




★南伊豆の癒し風景


早過ぎ桜にはガッカリさせられましたが、素晴らしい花畑風景に遭遇!ここは下賀茂の「菜ノ花畑」の群生です。天候は徐々に回復し始め太陽光に反射する鮮やかな黄色が眩しい!リベンジ満足~

            .............下賀茂・R136号沿いにある「菜の花畑」にて......
c0119160_655185.jpg
南伊豆「弓ヶ浜」は「日本の渚100選」にも選定された非常に美しい白砂で、伊豆屈指の長さ1200mを誇るロングビーチです。その名の通り弓の形をした入江状になっており、波も穏やか~!


     ........「弓ケ浜」の砂浜を散策(まさに弓なり状の浜だ!)左側も湾曲してます。......
c0119160_658247.jpg

     .........(左) 「弓ケ浜」の細波・光・遠い島 (右)久しぶりに娘と2ショット(最近滅多にない).....c0119160_6581476.jpgc0119160_6583386.jpg

雲間から日差しが現われ、さざ波に乱反射した光が目に優しく心地いい~感じになってきた。
白い砂浜でしばし戯れた後は、「下田港」を目指して伊豆東側の海岸沿いに北上していきます。


                   ..........伊豆の猫・2匹 ( two izu cats ).........
c0119160_735330.jpg
c0119160_74928.jpg





★近代日本・開国の港「下田」

1853年ペリー黒船来航で開国を迫られ、日米和親条約で一早く開港されたのが「箱館」と「下田
「下田」には「ペリーロード」「開港博物館」「なまこ壁街並」「白浜神社」や水族館等・見所満載ですが、ここでゆっくりすると帰宅が相当遅くなりそうなので「下田港」でお土産を買うだけに留めました。


     .......(左)下田港から出ている「黒船の遊覧船」  (右)ペリー来港⇒下田開港.....
c0119160_845543.jpg






c0119160_853561.jpgc0119160_86116.jpg


下田漁港は、金目鯛・伊勢海老・アワビなど近海の地魚が豊富に水揚げされる伊豆屈指の漁港。
魚市場や停泊する漁船の脇には、人に全く怖じないウミネコ・カモメの群れが我が物顔状態です。
この近くのバースからは、「黒船」を模した雰囲気あるお洒落な遊覧船が発着・航行していました。


     ........(左)漁船とウミネコ  (右・下)飛び来る・・カモメ、飛び行くカモメ.....c0119160_8164928.jpg
c0119160_817891.jpg

c0119160_8172531.jpg




★吊橋と断崖絶景の「城ケ崎海岸」
c0119160_8534798.jpg

半島の東海岸を北上していくと、伊豆高原エリア(伊東市)に13:30頃到着。ここまで来れば帰宅時刻は目処が立つ。カミさんたっての希望で、吊橋断崖で有名な「城ケ崎海岸」を訪ねてみます。


     ......(左)城ヶ崎海岸の遊歩道(断崖の海)        (右)木陰道を登り行く。......c0119160_8574023.jpg





c0119160_8575788.jpg

当奇勝は大室山の噴火溶岩が流出し、海の侵食作用で削られて成った雄大なリアス式海岸です。
伊豆海洋公園から片道20分以上歩くハイキングコースを辿って、北にある門脇崎を目指します。

        ........(左)はるかに伊豆大島を望む     (右)下を覗けば断崖怒涛の絶景.....c0119160_971893.jpg






c0119160_1192383.jpg

天気は完全に回復!相模湾は青空に映えて濃い蒼色の海に変化してきました。(まさに黒潮!)遠く水平線には、今から20数年前に大噴火を起こした三原山を擁する伊豆大島が見える・・!
大島は今頃、「椿まつり」であんこ姿の「つばき娘」が笑顔を振りまいているかなあ・・。Anko~・・!


   .......(左)城ヶ崎の門脇吊橋と灯台        (右)吊橋真下の渦巻く青飛沫.....
c0119160_920159.jpg
c0119160_9205044.jpg

ハイキングコースを20分歩くと、ついにお目当ての「門脇吊橋」に到着!ここには純白灯台も聳えています。噴火溶岩が海まで押し寄せて冷え固まってできた爪跡、その断崖風景は実に大迫力~


   ...........(左)強烈な自己主張をする独立断崖    (右)断崖足元に渦巻く波模様.....c0119160_925316.jpg







c0119160_92547100.jpg
直立断崖の下を見れば、深い蒼波と白飛沫が瞬時変化するモザイク模様の如く渦巻いている~
積丹岬・陸中海岸・東尋坊で見た風景に似ているけれど、ここは侵食溶岩の若々しさが印象的!

         .......(左)城ヶ崎散策路の木陰からの波・岩      (右)黒船防備の砲台跡.........c0119160_9345710.jpg




c0119160_9351853.jpg


     .........まるで「東尋坊海岸」の如く、チャッ・チャッ・チャ~(火曜サスペンス劇場)......
c0119160_936386.jpg


....(左)吊橋ワイヤー越しの城ヶ崎、青い大パノラマ(右)今回辿った伊豆半島ビュースポット(クリックで拡大)....c0119160_9374296.jpgc0119160_937588.gif


伊豆も最南端まで足を伸ばすと結構な長旅になります。下田もまだまだ見所があるので、またゆっくり来て見たいなあ・・。よし、また何かの名目をつけて家族旅行を企画してみよう・・っと!
でも娘は「勝手に行けば」とか次回言いそう・・。まあ久しぶりに付き合ってくれただけマシか・・(笑) 
c0119160_14534431.jpg



                                                       おわり

  by rollingwest | 2009-03-07 19:34 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(27)